5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

遺跡は、何故、地中に埋まっているのか?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/15 22:31 ID:aOkm+h9w
遺跡は、何故、地中に埋まっているのか不思議でなりません。
現在、我々が住んでいる建物が少しづつ地中に埋まっていくという話は聞いたことがないですし・・・
ひょっとして、二千年後には、東京タワーも半分くらい土の中に埋まっているのか?


460 :出土地不明:2006/10/18(水) 22:25:08 ID:OfApn7HV
>>458
ほんとだ。どうしてナスカ、埋まらなかったんだろ?
法隆寺みたいにお坊さんが何百年と、掃除し続けたわけでもないし…
不思議だな。

461 :出土地不明:2006/10/18(水) 22:44:43 ID:dTnNXxZG
>>460
埋まっても、下地のでこぼこが、上の堆積層に浮かび上がるってことだと
思うんだがな。まあ、時代として1000年かそこらだろ。乾燥地で、
砂漠に近い状況だ。下に水脈があるともいうが、基本的には乾燥地だから、
堆積は少ない。だいたい、1センチから数センチの砂利のようなものが
一面にあるような環境で、その砂利のようなものが排除された部分が、
絵を描く線になっている。1000年でせいぜい1センチか2センチし
か砂などの堆積がないなら、埋まらないだろう。

462 :出土地不明:2006/10/19(木) 00:14:47 ID:ntAe2pyd
風くらい吹くだろ。砂埃で簡単に埋まりそうだが。
未知なるパワーがあるんだよ、あそこには。
UFOの目印などと言われる所以だ。

463 :出土地不明:2006/10/19(木) 00:20:53 ID:MWo9zr+H
          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \
    |      |r┬-|    |    風くらい吹くだろ。砂埃で簡単に埋まりそうだが。
     \     `ー'´   /    未知なるパワーがあるんだよ、あそこには。
    ノ            \    UFOの目印などと言われる所以だ。
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)  だっておwwwwwww
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

464 :出土地不明:2006/10/19(木) 00:27:37 ID:ntAe2pyd
UFOが飛んできて定期的にメンテナンスしていたのだろう。
目印というか、飛行場のようなものだから。
今もメンテナンスされているかもしれない。

465 :出土地不明:2006/10/19(木) 01:23:00 ID:HAQPh3PE
今は定期的に人が掃いたりして現状維持してるとか
前に世界不思議発見でやってたよ。

466 :出土地不明:2006/10/19(木) 02:06:15 ID:L9gDdw+G
それは20世紀以降の話だろ。それまではUFO

467 :出土地不明:2006/10/19(木) 02:18:40 ID:bhfuDYo4
ナスカ、少し埋まってたときいたような・・・
考古学の中の人が掃除してきれいに見えるようにしたんじゃなかったっけ?

468 :出土地不明:2006/10/19(木) 06:09:36 ID:xYeJUmAP
>>464
UFO論者が「あれは滑走路だ!」って言ってるの見て大笑いしたのを思い出した。
UFO=空飛ぶ円盤は空力飛行するのか?と・・

469 :出土地不明:2006/10/21(土) 16:38:20 ID:XZjz0Oys
ばかやろう。埋まってなけりゃ、この世に発掘も考古学者も必要ないんだよ。

470 :出土地不明:2006/10/21(土) 17:56:44 ID:jQlWQwwN
>>469
最初から、地下につくられたものは、理由もなく埋まっているよな。
それから、アフリカの原人とか猿人とかの骨がぽこぽこ見つかる理由は、
そういう数百万年前の骨が、地表に出ているからだ。こういう場所では、
掘る必要もない。地表面に存在する、骨らしきものをひっぱってきて、
探すだけだよ。
だから、まあ、数百万年前の原人とか猿人の骨のある場所を遺跡というか
どうかはおいといて、いったん埋まったものが浸食とかで表面にでてくる
ケースもあるってことだ。

471 :出土地不明:2006/10/21(土) 19:41:44 ID:+aMn3VP1
>>470
そのことに関連するが、みんなに意見を聞きたい。俺の昔からの疑問なのだ。

古墳に立てられた埴輪、とくに円筒埴輪を問題にしたいんだが、
千何百年経った今、そのまま立っているのは、まず無いだろう。
だいたい墳丘の表面近くに埋まっている、バラバラに壊れてな。
もちろん↑が言うように、雨なんかで表面に露出する場合もあるだろう。それは分かる。

だが、俺が疑問なのは、どうして壊れて、埋もれていくのか、だ。
ずっと立っておったら、あんな風にバラバラには、ならんと思うのだが。
昔の人で、誰か見た人はいないのかな。埴輪に突如メリメリッとヒビが入り、やがてバラバラッと崩れ、そして埋もれていくさまを。

472 :出土地不明:2006/10/21(土) 21:22:06 ID:/8WQ/pzK
埴輪は、もともと棺桶だったんだよ。メスリ山古墳あたりの埴輪などは、
そのまま棺桶としてつかわれていて、しかも、それは中に生きたまま殉死
者をいれておき、気が狂って死ぬまでほっておく、というものだ。で、
死んで、鳥とかにすっかりつつかれて、死体が朽ちたところで埴輪をこわ
して、残った骨を取り除き、そして、その場に埴輪を埋める。だから、
埴輪は最初から壊れていたわけだ。まあ、そもそもは、特殊器台だった
わけだが、実際に特殊器台はそのまま棺桶として使われている。










という説もある。

473 :出土地不明:2006/10/21(土) 21:37:46 ID:OBZc2hTO
>>471
風化以外に、誰かに破壊される可能性だってあるでしょ。
盗掘者なり、近所のガキなり。
古墳が放置されるようになれば現在見れるように草木が生い茂り、
それが朽ち、土へと分解され、それが堆積する事によって埋もれていく。
草木が生い茂ってるから風雨による土砂流失も少ないしね。


いや、ホントは全然知らんし単なる妄想でしかないんだけどさ。

474 :出土地不明:2006/10/22(日) 00:00:30 ID:crdaNGa6
回答サンクス。
>>472 でも、それだったら、人物埴輪はどうなる? やっぱり壊れて埋まっているのが多いんじゃないか?
>>473 近所のガキは昔から悪さばっかりしてるのか。…でも人為的に壊さないなら、埴輪はまるまる無キズで埋まる、てこと?

475 :出土地不明:2006/10/22(日) 00:26:30 ID:2LBZInyP
近畿にある古墳のほとんどは、中世・戦国時代に砦や城塞とされたり
しているからな。

476 :出土地不明:2006/10/22(日) 00:43:54 ID:crdaNGa6
もし「まるまる無事」で、つまり埴輪が完形のまま、きっちりと埋まってくれれば、その上の地面を戦国の武将たちが少々歩いたり走ったりしても、埴輪は簡単には壊れないような気がするのだが。

477 :出土地不明:2006/10/22(日) 01:34:38 ID:9gUML8HQ
天皇陵が立ち入り禁止になったのは、江戸時代からだろ。
それまでは、仁徳陵の上で秀吉がお茶会開いたりしているし、たんなる
のっぱらと同じだったんで、そういうところにものがあったら、ふつう、
千年もつったっていることはありえねー。どけるのが面倒なほどでかい
とか重いとかなら別だけどさ。

478 :出土地不明:2006/10/22(日) 01:52:30 ID:uhdm6gic
埴輪は、まずは、倒れるのではないでしょうか。
日本は台風王国ですよ。50年に1回ぐらいは、日本のどこでも大型台風に襲われるでしょう。
そのときかなりの数が倒れ、その衝撃で割れてしまうはずです。
それから徐々に、埋まっていくのだと、私は思います。

479 :出土地不明:2006/10/22(日) 01:55:09 ID:9gUML8HQ
>>478
ってか、平城京遷都のときに、そこらにあった古墳(それもたぶん、天皇陵
もあったはず)を全部平らにして、都市建設やっちまったことが記録にもある
んだから、古墳なんて、その程度の意味しかなかったわけよ。だったら、
そんなにありがたみがあったわけでもないので、人も壊すし、自然災害でも
壊れるし、どうにでもなる。

480 :総合結果:2006/10/23(月) 03:35:06 ID:TCM+lC5y
ミミズ          10%
ちり・ほこり(コケ含む) 25%
火山灰          20%
洪水            20%
盛り土          15%
黄砂             5%
鳥の糞           3%
花粉             1%
藤村             1%

481 :出土地不明:2006/10/23(月) 14:58:18 ID:YvCVqfxz
水分が凍ると体積膨張して岩でも破壊するぞ。

482 :出土地不明:2006/10/23(月) 15:03:36 ID:oM2zX5sN
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1158952870/l50
中国の学者たちは「中華文明のルーツを探るプロジェクト」の第一段階の研究活動で、「西ア
ジアを起源とする小麦が4500年前に中国の中央部地域に伝来したたことは、中国の北部で
根本的な農業革命を引き起こすきっかけとなり、この地域がそれ以後の長い間に中国の政治、
文化ひいては経済の中心となるための確固たる基盤を打ち固めた」という結論を引き出した。

陶寺、新砦、二里頭、王城崗など4ヵ所の遺跡から発掘された数万粒の炭化したさまざまな
種類の植物のタネなど貴重な植物遺物に対する測定や数量化分析を通じて、「紀元前2500
年から紀元前1500年にかけての時期に、この地域の農耕生産はアワを主な農作物としてい
た」ことが明らかになった。つまり、中国北部では伝統的な畑作農業が行われていたというこ
とである。

紀元前2500年から紀元前2000年までの竜山時代に、この地域においてはアワの栽培だけで
なく、イネもは重要な農産物となっている。二里頭時代に、イネの作付け規模や人々の生活に
おける地位はこれまでなく重要なものとなっていた。また、西アジアを起源とする小麦がこの
地域に伝来し、中国の商代(紀元前16世紀−紀元前1066年)の初期の二里崗期において、
イネの地位はいくらか低下し、小麦の作付け規模が急きょ大幅に向上した。この地域の農業
生産における小麦の台頭は、中国北部の畑作農業の作付け制度の根本的な変革を告げる
ものと言える。


483 :出土地不明 :2006/10/23(月) 21:55:43 ID:y1TO5xvX
>>480
モグラとダイダラボッチも追加しといてくれ。

484 :出土地不明:2006/10/23(月) 22:19:34 ID:kScTbMF/
>>478
明石海峡を望む神戸市垂水区の五色塚古墳は、ずいぶん前に復元整備したんだよな。
「築造当初の古墳の姿だ」っていうので、子どもの頃、見学に行った。
円筒埴輪がズラリと並んでいて、なんか異様な感じがした。
あれからもう十年以上たつが、案外あの埴輪たち、倒れずに頑張ってるぞ。
台風もあったし、大地震もあったけどな。

485 :出土地不明:2006/10/23(月) 22:28:26 ID:p50+sbHy
>>484
今後はちゃんと整備もするから、大丈夫だろう。
でも、結構金かかるぞ。古墳の多くは埋もれていないまでも、周囲は、
木がぼうぼうってのが一般的だろ。

486 :出土地不明:2006/10/25(水) 16:37:00 ID:dmlKOXBX
日本の場合、縄文と弥生の線引きが不確実

縄文時代に渡来弥生人が来た説の方がスッキリする。

487 :出土地不明:2006/10/26(木) 02:23:20 ID:QvogpHrH
何を当たり前の事を。
そしてスレ違いだぞ。

488 :出土地不明:2006/10/27(金) 00:53:31 ID:PrFb+oSM
おいらの田舎に廃止された農道があるのだが、ちゃんとアスファルト舗装して
いたのだが10年くらいで草ぼうぼうになってしまった。
また山火事で焼けたところがあったのだが、5年で人が通れなくなって
10年で潅木が生い茂り、30年でぱっと見たところもとの森林に
なっていた。

489 :出土地不明:2006/10/27(金) 01:11:20 ID:GoPTdBhU
その書き込みからわかる事実は、つまりあなたの年齢は30歳以上だという事ですね。

490 :よろずこ:2006/10/27(金) 21:47:39 ID:MwaNPGZ6
>489


488は身をもって、
30年の身をもって、
がんばってるのに。

そういう発言は、明日の明日、






自分の首を絞めるぞ。

491 :星神:2006/10/27(金) 21:56:20 ID:3iOOigCn
 違う視点から見た中国文明、ご参考ください。
 http://blogs.yahoo.co.jp/sinagawa50/folder/900440.html

492 :出土地不明:2006/10/28(土) 07:05:17 ID:ZgKEfd6R
大雨での洪水による土砂堆積
砂漠化による砂の堆積
火山による火山灰・溶岩の堆積
地震による地面の陥没、後の土砂堆積、海底埋没
開発放棄後の森林拡大

493 :出土地不明:2006/10/28(土) 09:04:22 ID:CO5kvS3y
実務者としていえば、人為的な破壊行為が一番かな。古墳だと盗掘痕や城等の造営
際に石室の石材を供出されたりしている痕跡が露骨にある。

盗掘者が、掘り出してもそう転売価値のない埴輪や木棺を丁寧に発掘なんてしない
し、放り出した際に壊れたり、欠けたりしたんだと思うね。あとは雨風がすべてを
埋設すると。

494 :488:2006/10/29(日) 00:32:38 ID:JfDicUso
>>489
ばれたかww
おいら今38だ。
田舎暮らしだとマジで土に返るのが実感できるからなぁ。
ちなみに木造家屋でも、人がすまなくなって10年もすると崩れだすし、
コンクリでも人が定期的にメンテナンスしないとマジで10年で住めなくなる。
50年もすると崩れだす。

495 :出土地不明:2006/10/29(日) 11:08:00 ID:msWvu3NN
>>494
崩れるのはいいとして、埋まる理由は?
まあ、日本の場合は、草が生い茂り、木も生えたりして、ということで、
がんがん埋まる傾向があるのはわかる。
でも、乾燥地帯だと、そういうことはないとかね。
逆に砂漠だと砂に埋もれるわけだが。
もっとも、かりに、日本が、黄砂に埋もれるとしてだ、黄砂のもとに
なっているゴビ砂漠とかタクラマカン砂漠とかあーゆーところの砂は
いったいいつになったら、なくなるんだろうとか、微妙なところで疑問
はわくな。

496 :出土地不明:2006/10/29(日) 16:35:38 ID:jGVpwPXO
>>1
 最近の建物は基礎がコンクリートで、建物をつぶす時に、その基礎を壊すのが面倒臭く、埋め立てられ、後に遺跡化するって事だと思う。

497 :出土地不明:2006/11/01(水) 01:13:12 ID:+NQkWP8P
あと馬鹿にできないのは地衣類やコケだな。
どんなコンクリ面でも一週間も雨が降るといつの間にかコケが生え出す。
それが積もればすぐに1センチくらいの土になり、一センチも土があれば
イネ科の雑草はすぐに生えだす。
>>495ゴビはどうか知らんがタクラマカンの砂漠はチベット高原の方から河が流れ込んで
枯れてしまうからチベットの造山運動が続く限りは永遠に砂が
貯まり続けるのではないか?

498 :出土地不明:2006/11/02(木) 01:22:15 ID:X+tSqx9t
砂は砂が作るね

499 :出土地不明:2006/11/18(土) 23:32:51 ID:5wFbaAJJ
>>478
>埴輪は、まずは、倒れるのではないでしょうか。
>日本は台風王国ですよ。50年に1回ぐらいは、日本のどこでも大型台風に襲われるでしょう。
>そのときかなりの数が倒れ、その衝撃で割れてしまうはずです。
>それから徐々に、埋まっていくのだと、私は思います。

あんたはそう言うがね、もし円筒埴輪を発掘してる古墳があったら、現地説明会に行ってみな。考えが変わるから。
http://obito3.hp.infoseek.co.jp/imasiro02.html
http://obito3.hp.infoseek.co.jp/igeyama04.html
ご覧のように、円筒埴輪の基底部は、しっかり埋まって、整然と並んでいるだろ。
もし埴輪を立てて何年かして、猛烈台風で根こそぎ倒れてしまうなら、こんな残り方はしないよ。

500 :出土地不明:2006/11/19(日) 11:54:52 ID:nwhoxn7i
比較的新しい遺跡、古墳等の下に、もっと古い年代の遺跡があったりするよね。

501 :出土地不明:2006/11/19(日) 13:07:48 ID:IyKS+suM
>>500
元々聖なる土地、というのがまずあるから遺跡の上に
また教会や寺院、墓などが立ったりするね。
日本に限らないと思う。
キリスト教会もそれ以前のドルイドなどの遺跡跡にたつ事が多いし。

502 :出土地不明:2006/11/19(日) 15:43:47 ID:SygpZPGA
>>501
そうだね、
あと権力中枢も、一つの権力を打倒すると、その跡地に新しく建物を
立てたり、そうでなければ徹底的に破壊して無視をするからな。
徳川将軍の江戸城に天皇が入ったり、天皇の真ん前にマッカーサー元帥が
居座ったりするからな。

503 :メイラックス:2006/11/19(日) 20:08:02 ID:DU8RgxJr
オイオイ馬鹿ども、雨の存在は無しかよ。土は風よりも雨で多く移動するぞ。特に柔らかいものが固い場所へとな。その繰り返しとメンテ無しの繰り返しで畑作る位の地層はできるよ!

504 :メイラックス:2006/11/19(日) 21:02:41 ID:DU8RgxJr
ということで終了。
因みに日本人は忌むべき場所へはそこが完全に風化するまで近付かない風習が有ったことと、長いあいだ経済母体が農場にあり新規開墾が常に切迫した希求事項でありゃ古代の平地遺構が土の下に来んのは自然なことですよ。
無智と巨視眼は低いレベルで仲良くなるもんだね。
ペッ

505 :出土地不明:2006/11/30(木) 08:49:29 ID:12gKlkL8
こいつ、あちこちでムカツクね
議論してるのが楽しいのに
リアルで友達いないニートだろな

506 :出土地不明:2006/11/30(木) 21:01:25 ID:nKCek7rP
ID:b/DEbCvz
潰すから(^ω^#)

507 :出土地不明:2006/12/01(金) 20:24:18 ID:Ur650U9G
考古学板じゃ馴れ合いが議論?長渕聴いてろ。

508 :よろずこ:2006/12/26(火) 23:44:31 ID:IpCFwECY
たまにはあげましょう。

509 :出土地不明:2006/12/29(金) 09:09:32 ID:QETsfn6p
ハマコーは
               然れども一時地
上に存在せしものが、或は風雨に破壊せられて、
其上に有機物の構成せる土壌を生じ、或は噴火流
砂の為め等各種の原因により、今や地下に埋めら
れたるもの最も多し。
(濱田耕作「考古學の栞(第二回)」『史林』3(2),p.87,1918)
といってる

145 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)