5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ゴビ砂漠が湖だった頃

187 :がいやまん:2006/05/13(土) 17:04:44 ID:brEppqz5
「日本書紀、推古20年5月の後」
この年、百済から日本を慕ってやってくるものが多かった。そのものたちの顔や体に、
白斑(まだら)や白癩(しろはた)があり、その異様なことを憎んで、海中の島に置き去り
にしようとした。しかしその人が、「もし私の斑皮を嫌われるのならば、白斑(まだら)の
牛馬を国の中に飼えないではないか。また私にはいささかな才能があります。築山を
作るのが得意です。私を留めて使ってくだされば、国のためにも利益があるでしょう。
海の島に捨てたりして無駄にしなさるな」といった。それでその言葉をきいて捨てない
で、須弥山の形と呉風の橋を御所の庭に築くことを命じた。時の人はその人を名づけて
路子工(みちこのたくみ)といった。またの名を芝耆麻呂(しきまろ)といった。

143 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)