5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

古代出雲東北日本海新羅王朝の謎

1 :出土地不明:2005/07/15(金) 22:08:57 ID:sf2ZcjIY
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/4sumi1.html
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/4sumi1.html
四隅突出型墳丘墓をたずねる

2 :出土地不明:2005/07/16(土) 22:07:02 ID:WYKGRRsX
2げっとだけどね。
出雲スレと合体すれば?
四隅のおはなし出てるよー。
いっこうに盛り上がらないけどね。

3 :出土地不明:2005/07/17(日) 13:00:43 ID:Zm6Ao8B7
合体ですか・・
でも、出雲の謎は日本の根幹に関わることなので
一つ二つ余計にあってもいいような気もする。

4 :出土地不明:2005/07/17(日) 13:20:41 ID:Zm6Ao8B7
出雲族(天孫)が白を好むことから白狄と関係がありそう、国が滅んだのも
BC3Cころで天孫族の出雲渡来と一致する、
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/4sumi1.html
墓の形状でも一致すれば確定なのだが。。

白狄<はくてき>【異民族】

 主に山西省西部や陝西省東部に居住していた異民族の総称。
白い衣を着ていたので白狄と呼ばれる。
http://www.npo-shoken.or.jp/denshi_juihitu/zuihitu/gyoku.htm

5 :出土地不明:2005/07/29(金) 16:31:26 ID:VRYnwYDu
■ハングル板基本用語解説■其の14

(理由2) <<白丁(ペクチョン)>> 日韓併合されるまで朝鮮に存在していた被差別階級。在日=白丁とされる韓国では
現在でも在日は差別される。実際は全ての在日が白丁な訳ではないがその多くは朝鮮社会での被差別階級だった。朝鮮の身
分階級は大別して「良人(両班、中人等)」「賤人=奴隷」とあり、「賤人」のうち個人所有=民婢、公有=官婢と称した。
国家的奴隷制、贈り物・相続・売買され、殺生しても罪に問われなかった(←部落との違い)「白丁」は、これの更に下層
に奴隷以下の被差別民として位置づけられた。李朝時代に身分として固定され、柳細工の製造販売や屠畜などに従事、衣服
も指定され、居住地も制限され、目印として平壌笠と呼ばれる笠をかぶらねばならなかった。(コピペ)
(理由3) <<済州島出身者>> 白丁よりも済州島が多い。ソウル>地方>全羅道>白丁>済州島 済州島に対する差別
は酷く、完全な野蛮人扱い。済州島出身者との結婚となると、在日の間でさえ「血が汚れる」と一族が猛反対。
1948年、南朝鮮の単独選挙に反対する南朝鮮労働党が組織した済州島四・三蜂起が発生し、朝鮮戦争後の1950年代
半ばまで、弾圧とテロ、山岳ゲリラ活動が続き、のべ8万人の島民が殺されたとされている。今日でも、済州島は反中央の
気風と結びつけて語られることが多く、半島には済州島出身者への差別意識が残っていると論じられることも多い。
済州島は、民族的に陸(半島)と著しく異なり、倭人に近い。昔は独立国だったが、いつの頃か朝鮮に侵略されて現在に至
る。ただ、完全な支配となると意外と新しく、三別抄の乱後、元寇以後になるんじゃないかな。日本では、神功皇后が済州
島を征伐し、その時百済に与えたと伝えられてる。 (コピペ)

――戦後の補償と謝罪―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
戦後の補償と謝罪に関するデータ http://tenpura_c.tripod.co.jp/


360 :日本@名無史さん :2005/07/29(金) 15:41:29
早い話満州人が倭人(縄文)をB扱いして差別・排除してきただけだね。
半島も日本も構造は同じじゃん。

6 :出土地不明:2005/08/03(水) 03:14:49 ID:+nBVSzhr
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1120914010/329-359

7 :がいやまん:2005/08/08(月) 16:33:09 ID:G5rFIDHS
出雲は玉造、つまり、装飾品製造文化があるので中国の紅山文化などとの関連
はあるかもしれない。但し時代が古いのではっきりとした証拠はない。時代が下ると
日御碕に月支族が襲来する。これは馬韓から辰韓、慶州の月城、半月城あたりに
進出し、壱岐などで月読みの命とされる神を奉じtる部族で、アマテラスからは糾弾
されているから、多分、出雲に来たものであろう。弓月というのはトルコ系の半月マーク
だから、月支族のシンボルなんだろう。月山富田場、山中鹿之助なんかと関係がある
のかもしれない。来日の目的はアマテラスが製造していた絹織物のシルクロード経由
輸出」ではなかったのかな。新羅にはインドのアユダヤ国の姫が輿入れすると言うが
馬韓あたりでも絹を作っていたというから漢の東西を結ぶ交易路が大月氏国にまで
伸びていたり、フツの教えが、漢よりも早く馬韓、九州に到来しているということもあり
えるのでは。

8 :出土地不明:2005/08/20(土) 04:38:24 ID:danTIXz1
926 名前:nikuko ◆zpNikuko.w [] 投稿日:2005/08/20(土) 04:37:24 ID:Qlg6PCOY
連絡船には、連絡せん

9 :出土地不明:2005/08/22(月) 22:02:47 ID:s6WosyA+
イザナミの墓って本当に出雲にあるの?

10 :出土地不明:2005/08/26(金) 07:44:12 ID:AlirTRAh
イザナミの話はどう捉えればいいかわからないけど
少なくとも、イズモと北部九州が異なる勢力であったことを
強く暗示してるよね。事実、遺跡からもイズモ系の特殊性が伺えるし
なぜ、イザナミがイズモに
葬られているようにしたか・・・それがわからん。

11 :がいやまん:2005/08/26(金) 10:44:21 ID:lDCCecdE
>>10
イザナギ/ミはカップルでセックスというのが特徴。
http://www.infonet.co.jp/nobk/other-folk/sainokami.htm
弥生に入り農耕、原始的畜産が始まり、生殖に焦点があてられたものだろう。
同時に、兄妹等の近親相姦タブーを神の怒りに触れるものとし、カップル像を
ムラの境界に配置し外敵を怖がらせたようだ。東北では巨大な藁のペニスを
村はずれに設置し、よそ者を怖がらす。いずれにせよ現代人の考えではなかなか
理解しにくい。

12 :出土地不明:2005/09/07(水) 11:08:10 ID:5lJ0m9o6
日本海側が表で、裏は和歌山の方です、海をわたり白木人も多く来たことでしょう

13 :がいやまん:2005/09/09(金) 10:01:13 ID:6YbJUYno
旧石器、縄文時代に日本列島は幾度となく地球規模の火山噴火、火山灰、火砕流
により世界各地に避難しなくてはならない宿命があった。
「■歴史を揺るがした火山の噴火
★喜界(きかい)カルデラ
鹿児島の南、硫黄島と竹島の間に喜界カルデラがあります。
約6,300前に大噴火をおこし、その火山灰(喜界アカホヤ)は遠く関東・東北でも
確認されています。
この噴火で縄文文化、特に南九州のそれは壊滅的打撃をうけます。
その時、逃げ出した縄文人が太平洋を渡って広がったなど、夢のある説がいろ
いろ出されています。
樹齢7,200と言われる屋久島の縄文杉、どうも年齢の修正を迫られているようです。
実は喜界カルデラが噴火した時の火砕流で屋久島は甚大な被害をこうむった
はずなのです。
最近は、樹齢は意外と若く2,500年前後だとか、3本ほどの合体木説など出ていて、
今後の調査が待たれます。 」
http://www.geocities.jp/minami_zatugaku/vol_148.htm
12,000年ほど前からウラジオストークでは隠岐島の黒曜石が出回っているが、
四隅突出墳文化圏の姫川、八上などのヒスイ産地とその加工地出雲玉造の文化も
米州大陸、ユーラシアの各地に拡散した可能性がある。中国、内モンゴルの紅山文化
なども全ては中国からではなく、全ては列島からの視点に立つ必要も重要であろう。

14 :がいやまん:2005/09/09(金) 10:05:11 ID:6YbJUYno
↑出雲が縄文時代からずっと列島の中心ということでもなく、諏訪湖、黒姫山
の辺りもマンモスハンターの中心であったのだから、石器時代の中心であった
ということがいえる。

15 :出土地不明:2005/09/09(金) 11:36:53 ID:In2tmQbw
最新の錬金術をもった、渡来人がはいって初めて鉄とか金をとれて
都会になったので、白木人は入ってたが、田舎のままの東北でありました

16 :出土地不明:2005/09/14(水) 21:00:16 ID:x9cL2YiI
中国大陸にいた倭人は朝鮮半島と九州の2手に分かれて東方に移動した。日本海
王朝は朝鮮半島を経由した倭人の連合で加耶(朝鮮半島)、出雲、越を拠点として
後に、吉備、奈良、尾張に進出した。この王朝は方墳(四隅突出墳を含む)を基礎
とした埋葬をし、加耶を中心に産鉄を行った。それが新羅の圧迫を受けて出来な
くなると出雲、吉備での製鉄の拠点を移していった。九州は、朝鮮半島だけでな
く中国から鉄を輸入していたので大量の鉄を保有していたが鉄を生産した形跡は
ない。この2つの倭人勢力がそれぞれ太平洋側、日本海側に別れ発達したが、
ついに両者を統一することとなった。九州系の初期古墳は円墳が多いが、それと
日本海系の方墳を合成して前方後円墳が出来た。


17 :出土地不明:2005/09/17(土) 03:04:05 ID:4Pc9w8LC
http://blog.livedoor.jp/spwjun/archives/50019581.html




18 :出土地不明:2005/09/20(火) 22:09:10 ID:+0gwr2Hc
対等合併なんかありえるのかな、制服か服従しかないのでは

19 :出土地不明:2005/09/21(水) 18:50:46 ID:Xb91icHf
>>18
邪馬台国なんかは、まさに対等合併なのでは?
合併というよりも連合国って感じだけど。

初期の大和政権も、多分に連合国的な性格をもっていたのではないだろうか。
地方豪族の力はかなり後まで強大なまま保たれていたわけだし。

20 :出土地不明:2005/09/21(水) 23:03:35 ID:oabROwZl

 YAP+型は“縄文系”の男性とみられる。宝来聡・総合研究大学院大学教授
(人類学)の研究では、アイヌ民族の88%にYAP+がみられる。古い形質を
残した遺伝子型のようだ。このタイプはアジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や
中国、シベリアにはみられない。世界を見渡しても日本人のほかには黒人にしか
みられない変わった遺伝子型だ。

 中堀教授は、YAP+の集団を「タイプ2」とした。タイプ2は、都市部では
北から南まで均等に分布し、金沢、福岡、大阪、札幌のいずれで調べても、人口
の三割程度を占める。しかし本州や四国の山間部では五割を占めていた。
弥生人に追われた縄文人という通説にほぼ合致する結果だ。精子濃度が薄いという
特性があるという。

http://www.horagai.com/www/salon/edit/ed2003g.htm

アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない

21 :出土地不明:2005/09/22(木) 23:11:22 ID:Gq7zARio
 由緒正しき出雲は新羅が大嫌い。
最近の洗脳された出雲はしらないが。

22 :出土地不明:2005/09/23(金) 10:35:29 ID:OiFKCd9j
なんで白木がきらいやねんやろ、高麗とか百済はすきなんかな

23 :出土地不明:2005/09/23(金) 13:41:12 ID:909w76EA
>>16
50年以上前からいわれている、しょーもない考え方だな。

24 :がいやまん:2005/09/24(土) 16:29:03 ID:6F81LHY3
方角規矩鏡↓
http://home.b06.itscom.net/kodaishi/page024.html
これを睨んでいると四隅突出墳、土俵、諏訪神社御柱等色んなことが眼に浮かぶ。
ヨモノヒラサカとは四面平境と書くのではなかろうか。土蜘蛛から木造住宅へと移行
してゆく時にも再生したのであろう。
日野宮(ひのみや)神社↓
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~raifuku/special/wolf/map/area/chubu/shrine/hinomiya/hinomiya.htm
田和山↓
http://www1.harenet.ne.jp/~sugi/kouko/tawayama.htm
天日宮↓
http://www.kyowa.ne.jp/kyowa/txt/a02.htm
岡山県「熊山」山行報告↓
http://www.irorimura.com/bun1/geki01.htm
漏れはこれらは明らかに一つの文化であると思う。高句麗将軍塚というのは
これを巨大にしたものではないのか。しかし、これらは高句麗文化というより
高句麗文化をも含むより大きな文化であったのではなかろうか。

25 :がいやまん:2005/09/24(土) 16:41:48 ID:6F81LHY3
↑考えられる根源は↓
秦始皇帝陵↓
http://www.ii-okinawa.ne.jp/people/ume/Sin_no_Sikoutei.htm


26 :出土地不明:2005/09/25(日) 00:18:38 ID:n2N32LMs
白木人が高麗も滅ぼして、全部白木になった時代もあるのだから

27 :出土地不明:2005/09/26(月) 00:03:47 ID:8nKqZx/L
 出雲倭人の領土であった、任那を歴史上占領したばかりか、
今度は、歴史から葬り去ろうと新羅はしているからだろ?

28 :出土地不明:2005/09/26(月) 09:22:41 ID:/Fan6/Hy
白木人に日本の領土の返還を早くするように、漢の皇帝にお願いしたい。

29 :出土地不明:2005/09/26(月) 12:49:15 ID:ZJSYHEdl
そんな事言ってると、ミョウチクリンな論理で中国やアメリカに
二階にあげられハシゴはずされるぞw

奴さんらがネタに困る訳じゃないがな。

30 :出土地不明:2005/09/26(月) 20:55:27 ID:OXgqnSFh
それで新羅系の秦氏がいじめられて、消えていったのか。藤原氏だらけになって
しまった。

31 :出土地不明:2005/09/27(火) 10:05:32 ID:0PycuEEb
日本書紀によると、「久太良」(くたら)と表現されているので、
文字よりも音が大切なことはすぐに分かる。つまり、「百」と「済」の二文字は何ら意味を持たず
白木人も同じでしょうか

32 :出土地不明:2005/10/01(土) 09:02:26 ID:LHBqL7VM
おなじかもしれまへん

33 :出土地不明:2005/10/05(水) 11:16:09 ID:pNBkWlSt
白木人はすらっと背が高くて男前が多かったので、もてた、が原住民は背が低いのであまりもてなかった、
女は小柄な原住民がきりょうよしで、すごくもてたので、でこぼこコンビで
仲良く暮らした。

34 :がいやまん:2005/10/05(水) 18:12:48 ID:oAHKFatB
出雲というのは広島県三次盆地から福島県にと広がる四隅突出墳の中心地。
新羅というのも同じ日本海側であるが四隅の発掘は余り耳にしない。山口県など
には分布しないことを考えると新羅は関係ないのかもしれない。方墳について
バイカル、アルタイ、ユーラシア西部には多くの遺跡があり、スサノオ神話が
ギリシャ、インド等と関係するのを考えると「新羅帝国」ではなく、単なる匈奴
文化の一つと考えた方が適切かもしれない。

35 :がいやまん:2005/10/05(水) 18:24:30 ID:oAHKFatB
天円地方、天孫地祇など読んで字のごとくそもそも円墳は天孫のもので配下の
首長は方墳に甘んじるのが筋なんだが、こうした教養を最後まで身につけていたのが
裏日本と東国の四隅、方形周溝墓、前方後方墳の地方であり、由緒正しい家柄といった
感じ。前方後円墳の天皇サイズ以下のものとか、三角縁神獣鏡偽ブランドは現在の
赤字国債の押し付けのようなもので、邪馬台国政府の財政がうまくいかなかったので
あろう。逆に裏日本、東北なんかはぶったたいても鼻血も出なかったのだろう。
伊那のほうに行くとヤマトタケルが来たので村長が家を建て娘を提供したといった
話が残っているが、あんなところではそれが精一杯で、息吹山で自殺したヤマトタケル
というのも初期邪馬台国の邪馬台国の落日を示すものであると思う。そして九州、熊襲
更には三韓征伐。国家とはできてみればその運営は大変なものであったのだろう。

36 :がいやまん:2005/10/05(水) 18:36:25 ID:oAHKFatB
春秋の末スサノオ等匈奴の先祖の神話体系を描いたのはこれだと思う。↓
度朔山(どさくざん)
http://www.pandaemonium.net/menu/devil/dosakuzan.html
これを吉備、伯耆近辺に当てはめるとスサノオ神話の原型に触れられる。
この神話体系は春秋時代の中国がバイカル東部のものを収録したのであろう。
鳥居、三つ鳥居、コマイヌ、牛寅岬、茅の輪、鳥居くぐり実に見事に描かれている。
このトラということからアムール、ウスリー江の付近だとわかる。

37 :がいやまん:2005/10/05(水) 18:42:29 ID:oAHKFatB
匈奴は冒頓単于(松尾神社、唐松神社にその名を残す)が月支を撃破、
小月氏を併合し、百サイとして半島南部に雌伏していたのであろう。
出雲日御碕神社は月支王の来襲を伝え、田和山遺跡は崑崙山を模した
三段構えである。妻木晩田経由こうした渡来民が吉備に入るのであろう。

38 :がいやまん:2005/10/05(水) 18:45:29 ID:oAHKFatB
しかし、出雲は外国航路とは直接につながっていない。直接につながるのは
やはり関門、遠賀川下流である。そして最初に集結するのは香春であったの
だろう。

39 :がいやまん:2005/10/05(水) 21:16:04 ID:oAHKFatB
四隅突出墳の極めて重要な点は何故それが出雲で発生したのかということに尽きる。
漏れは、ずばり、それは吉備の楯築に初代倭国王権が成立したことの裏表であると
見る。本来ならばそれは豊前にあるべきものであったのであろうが、資源バランスなど
からして吉備に移動し、更に、伯耆方面からの渡来系も合流し始めての本州における
倭国代表国、倭人伝に言う男王の国、多分投馬国が成立したのであろう。楯築遺跡に
多量に蓄積される丹沙はニニギという言葉を想起さす。

40 :がいやまん:2005/10/06(木) 07:33:25 ID:zsNrYbIk
>>36
>頂には二人の神が居て、ひとりを神茶、ひとりを鬱壘といい、悪鬼を調べ取り締まる
>役目を負っている。害をもたらす鬼を葦の縄で捕らえて虎に食わせる。

谷間の狭い獣道に自然の草木でカモフラージュした輪の中に強い綱を忍ばせる。
多分これが注連縄に起源であろう。獣がその輪を通る時2人の狩人が綱を引く。
或は又、鹿の牧場に設けられた狭い捕獲用通り道のことであるのかもしれない。
古代中国ではトラの出没するのは単に吉林のみならず相当広範囲であったようで
あるが、比較的遅くまで残るのは満州東部であろう。檀君神話はあえてトラと対比
させたうえで、熊を神とするのでどちらかといえばアイヌ系であるが、このトラを
守り神とするのは匈奴を構成する民族なのであろう。その神話体系を山海経が記録
したものだと思うのだ。

41 :がいやまん:2005/10/06(木) 08:52:18 ID:zsNrYbIk
>>36
ここでは三柱鳥居
http://www.page.sannet.ne.jp/tsuzuki/hozumi3.htm
http://suzukishokai.cool.ne.jp/photo%20kaiko/torii.html
http://suzukishokai.cool.ne.jp/sub%2014%20kaikonoyashiro.html
http://suzuki-t.hp.infoseek.co.jp/3hasira2.htm
のことを言ったつもりであった。対馬の古い形のものを見ると渡来したものとわかる。
真ん中が春秋時代はトラのトーテムポールということになろうか。両脇が仁王、コマイヌ。
仏閣においても山門の後に「おたきあげ」というのか、かまどのようなものがあり
お線香を投げ入れ、煙を患部に撫で付ければ癒しとなるというのがあるが同類か。
ちなみに、スクナヒコナ系、つまり、三輪神社等の三つ鳥居については崑崙山というか
三ツ輪、或は、三つ巴の意味か、三重お供え餅型の本山の出入り口的なものかとも
思う。

42 :出土地不明:2005/10/06(木) 21:12:56 ID:yxhxY3Jt
松尾神社は白木系秦氏の○まるで、そのへんはたしだらけみたい。

3本足のカラスは軍師もやってたのか

43 :がいやまん:2005/10/06(木) 22:14:21 ID:zsNrYbIk
>>41
対馬のアマテル、九州のマテラフ、京都のマタラという流れにおいて三本鳥居
を見る時↓ここにいる後戸に立つ食人王・摩多羅(またら)神 
http://www.kuniomi.gr.jp/geki/wa/seireo07.html
がどうも山海経のトラのようだ。漏れはユーラシアの狩人が北斗七星の投げ輪
で害獣、罪人を捕らえる伝承があったのかなと思っているんだ。どうもこの祭り
牽牛とは縁がないようだ。しかし、牛への何らかの思い入れ、それは丑寅(鬼門)の
方角とかの関係かもしれないが、牛がなんかの救いになるということかも。ユーラシア
各地の情報と比較できればいいんだがね。眠くなったきた。今夜はこの辺でね。

44 :出土地不明:2005/10/07(金) 10:23:33 ID:5JZMyP4+
3本足のカラスは重要な役目をはたしたので、その役目とは古代の政権交代で
しょうか。

45 :出土地不明:2005/10/07(金) 11:23:12 ID:2l1icvwM
畠さんと鈴木さんと藤原さんの三つ巴の争いではなかろうか

46 :がいやまん:2005/10/07(金) 12:35:03 ID:ay9m6YqD
>>41
三本鳥居の原型の候補の一つはエベンキ(ツングース)シャーマン・テント↓
http://www.rosbrs.ru/konkurs/web/2003/pages/rodin/gryppa_hat.jpg
伊勢神宮の横持柱のようなのも遠くに見える。↓
http://tradkulzab.narod.ru/Evenk05.jpg
二人の狩人が鳥居(獣を取るつるべのやぐらってことか)を作って待ち伏せている
いる姿はカレリア地方出土の線画↓の一番下にある。↓
http://www.vottovaara.ru/?url=karelia/drev/galery/b3.html
漏れの仮説として、トラ神様の前に狩人二人がトリイから投げ輪で罪人、害獣
を捕獲し、トラの神様に献上するのではないかということだ。閻魔の思想と同じ。

47 :がいやまん:2005/10/07(金) 17:12:38 ID:ay9m6YqD
例えば、夏越しの祓・茅の輪くぐり
http://www.rokko.or.jp/organization/chinowa/
左で3回、右で3回なんてことはそこに仁王さまのような鬼がいて、くぐる人間の
この世での罪科の調べをし、限度以上の罪のあるものは即、索、しめ縄、を締め
てつるし上げ、後門のトラの餌食とするというルールがあればこそ真剣になれるけど
そんな話がないとなんとウザイことか。

48 :出土地不明:2005/10/07(金) 17:26:35 ID:+YJq1IxT
韓国の国旗は二つの勾玉と四隅に四つの卦。
八幡の三つ巴と出雲の四隅墓と無関係ではなかろう。


49 :がいやまん:2005/10/07(金) 18:31:06 ID:ay9m6YqD
「韓国の国旗は「太極旗」で、太極と八卦を中心に構成されている。
太極は宇宙自然の窮極的な生成原理を現わすものとして、赤色は尊貴と陽を
象徴して、青色は希望と陰を現わす。
八卦は天地日月・四時四方を意味する創造的な宇宙観を盛っている。 したがっ
て太極旗全体では平和・統一・創造・光明・無窮を象徴している。
韓国で国旗制定の論議が初めて挙論されたのは1876年(高宗13) 1月だった。

(斗山世界大百科辞書より)」

50 :がいやまん:2005/10/07(金) 18:37:41 ID:ay9m6YqD
三つ巴神紋はどちらかといえばスキタイ思想を受けた匈奴の持つ3機能思想、
三貴神、三女神などに由来するものであるが、四角は大地、つまり、天孫に
対する地祇の立場を押し付けられている、つまり、スサノオ追放の影響を受け
ていると考えられる。

51 :がいやまん:2005/10/07(金) 18:46:06 ID:ay9m6YqD
秦氏を傘下に収め、豊前にいた天孫オシホミミの子孫は吉備、播磨、いわゆる
投馬国に移動、この間出雲はその統制下に置かれていた。が、倭国乱が始まり
天孫は河内、尾張、越の系統に押し返され、妥協的な卑弥呼共立時代に入るのでは
ないだろうか。

52 :がいやまん:2005/10/07(金) 18:59:39 ID:ay9m6YqD
韓国が受けた「八卦は天地日月・四時四方」等の思想と、日本の八幡・四隅等は
共に、中国の思想であるが、これは匈奴にも入っており、日本に入ってきたのは
移動する匈奴系ツングース、ブリャート等を経由しているのではないかと思われる。
高句麗、百済等も本来匈奴系文化の担架者であろう。

53 :がいやまん:2005/10/08(土) 08:09:56 ID:ULb7FMZV
よく白木という言葉がでるんで気になるのは白蚕/白山>気多神社>八上>出雲>
新羅>シ歳貊>貊>白頭山(長白山)>北方ツングースといった線で四隅等とつなが
らないのかということだ。秀吉に切られた千利休、出雲の神主等の千というのは
韓国に特有の名前だ。この辺になると全く解からないが何かありそうだ。ブリャート
・ツングースの日本への流入が北周り、南回りとあって、夫々、地祇と天孫になった
ということだって考えられるんだけどね。しかし、肥前肥後甕棺文化は千年も続く
世界レベルの存在であり、これも天孫の候補としては外せないが。

54 :がいやまん:2005/10/08(土) 08:24:24 ID:ULb7FMZV
白頭山のように頂上付近に池を持ったものには白山、金毘羅山、四国の剣山
等があるが、水源、雨乞いから龍、蛇、瀬折津姫などの思想が出てくるのであろう。
白頭山天池はバイカル湖を髣髴とさすが、カイラス近辺、日光中善寺湖、猪苗代湖
十和田湖なんかもなんだか似ている。

55 :がいやまん:2005/10/08(土) 08:59:30 ID:ULb7FMZV
>>51
記紀で言うとおり、オシホミミが降臨しようとしていたが、空中でニニギが生まれた
というのは、地上で言えば関門近辺のことであり、1000年続いた甕棺文化、三雲・
前原遺跡の神、オシホミミはオシホミミオシホネとして英彦山近辺に祭られるに
とどまり、空中出産のニニギの子孫である神武が、イザナギのように、日向で禊
を受け、血統を正して東遷するのであろう。面白いのは大和三輪山の神が地元
の姫と結婚してはならない。天孫側の送るミホツ姫と結婚するよう天孫の指定が
あったのにもかかわらず、この姫は冷遇され結局は地元のイスケヨリ姫やモモソ
ヒメ等が寝技で勝っていることで、天孫降臨はスローガンであり、結局は力の強い
地元の豪族が神武の連れ子、タギシミミ、を殺して皇位についていることである。
仁義なき戦いであったのか。

56 :がいやまん:2005/10/08(土) 09:06:54 ID:ULb7FMZV
考古学的に三輪山祭祀の始まるのは河内王朝時代であり、ミホツ姫神社も
後代の史書編纂の結果に基づいて建造されたのかもしれないが、逆に、矛盾
を浮き彫りにする感じである。三輪山の神がオオナムチでドンファンであったと
言ったしまえばそれだけだけど。

57 :出土地不明:2005/10/08(土) 10:01:51 ID:MvoMyzvE
四隅は新羅とは直接関係がなくもっと北、西の文化だろうね。
中国東北部かあるいはもっと北西か。
彼らは文化を受け入れただけなのかそれとも人の移動と共に
埋葬文化も継承したのか。
鉄器や農耕など実用品より埋葬などの文化は人の移動と密接な関係があるとは
思うが


58 :出土地不明:2005/10/08(土) 10:10:40 ID:MvoMyzvE
やはりシラギは扶余語であろうと推測する、百済支配層か
新羅、高句麗の一部から伝わったのだろう。
日本(倭ではない)と半島の繋がりはシッラ人ではなく扶余人中心であった。
では九州を中心とした倭国は半島とどういう繋がりをもち、
どういう言葉を喋っていたのであろう、漏れはかなり違っていたと思う。
沖縄、鹿児島方言に近い言葉だったのではないだろか?
そしてそれはハヤトやクマソの言葉でもあったと思う。
そして半島の南部もこれに近い言葉だったように思う。

59 :出土地不明:2005/10/08(土) 23:10:42 ID:TLynm8zS

googleマップ見てたら、面白いことが分かるよ。

新羅の慶州も、金海も、北九州も、出雲も、みんな港町だよ。

新羅の王子が舞鶴経由で来たという話もあらーね。



古来より、日本が百済と仲がよく、新羅と仲がよくないのも、

朝鮮半島の海岸線をみると、何となく分かるような・・・


任那から百済にかけては、港だらけだよ。

一方、新羅側は山地に囲まれてる。


実は高句麗の方まで、船で交流あったかも知らんね。

60 :妄想中:2005/10/09(日) 11:47:20 ID:YU95BJbB
でも白木と久太良は半分ずつ日本に接しており、百済とおなじくらい
白木神社や系統があってもおかしくないのでは、途中で嫌われて消されたのか

61 :出土地不明:2005/10/09(日) 13:12:13 ID:+4DEK8jK
新羅、唐に占領されたというのも漏れは捨ててないけどね、
百済人の移民押しつけもあったがそれだけでなく、
新羅、唐が倭に干渉してきた、新羅と仲よかった関東の防人が
倭に朝鮮式山城築いて監視してたんじゃないかな
角餅食べながら・・
だいたい、なんで朝鮮人は九州、瀬戸内ばかり狙い山陰から侵入してこないのか
江戸時代の半島の漁民も島根の方に漂流してるのに、まるでこの地域を
聖域にでもしてるかのようだ。
山城は本来山陰にも沢山作るべきだったはずだ。

62 :がいやまん:2005/10/09(日) 13:53:43 ID:VqWvGcxK
白木、白木で思ったんだけど、
「春川説  故金達寿氏は『日本の中の朝鮮文化4』の「伊太祁曽から隅田八幡へ」
の中で、曽尸茂梨とは朝鮮の江原道春川にある、元新羅の牛頭山の事である。
と一つの説を紹介する。
 また八坂神社の真弓宮司は『新撰姓氏録』八坂造の項に「狛国人の之留川麻乃
意利佐(シルツマノオリサ)」とあり、春川には古くから狛国があったことを指摘されて
おられる。 斉明天皇二年に来日した狛人81人は春川の狛人ではないかとの仮説を
出されている。三韓覇権争いの地であり、その頃の高句麗の南下で、狛人の亡命が
想定され、それに該当するとの見方である。 」
http://www.kamnavi.net/it/sosimori.htm
この民族名狛人と国名新羅とをごっちゃにしているような気がする。

63 :がいやまん:2005/10/09(日) 14:21:15 ID:VqWvGcxK
上記のカンナビさん情報
http://www.kamnavi.net/it/sosimori.htm
「高い柱の頂上説    韓国の宗教文化研究院長の崔俊植梨花大学教授の説
(平成神道研究会主催での真弓八坂神社宮司の講演の中で紹介)*4
「ソシモリというのは、地名ではない。「ソシ」は「高い柱」、「モリ」は「頂上・てっぺ
ん」の意味、したがって、「ソシモリ」は「高い柱の頂上」という意味だ」。 「牛頭天王
の「牛」は「ソ(シ)」という音にあたる漢字の牛を当てはめただけ。」という。
 牛頭天王を祀る八坂神社宮司は学者として「ソシモリ」の場所の可能性を広く
求められておられる。 氏は新羅降臨後「ソシモリの所においでになった」と敢えて
「所」を入れてあることへ注目される。単なる地名なら「ソシモリにおいでに」で良い
訳で、やはり「ソシモリ」とは聖地を形容する普通名詞だったと言うことだろう。
 さて『日本書紀』の書かれた8世紀の日本列島で離されていた言葉と韓半島で
話されていた言葉がどの程度違っていたのかは不明である。一体「ソシモリ」とは
何語であるのかは特定できないと云うことだ。 」
これに関連し、
ソシモリの祖形か?
http://www.rosbrs.ru/konkurs/web/2003/pages/rodin/grob.jpg
とも思われるのが、このエベンキ族の杭柱上木箱葬である。これが出雲大社、
三内丸山遺跡の六本の柱跡ではないかと思う。どうだろう。



64 :出土地不明:2005/10/09(日) 14:54:19 ID:2VJ/TqVQ
そういえば朝鮮語と鹿児島弁と似てるな。

65 :出土地不明:2005/10/09(日) 15:00:19 ID:+4DEK8jK
鹿児島弁は普通に九州弁だし、
イントネーションは沖縄弁、長崎弁にも伝播している。

66 :出土地不明:2005/10/09(日) 15:36:01 ID:9cewvKD6
なんだ伝播って?
朝鮮思考は脳内に止めとけw

67 :出土地不明:2005/10/09(日) 23:17:58 ID:BKSF8hbc
白木の影が濃いのかなあ

68 :出土地不明:2005/10/10(月) 10:56:47 ID:5xvV7FwX
高麗も高来にしてるので、やはり嫌われていたのかも、一番好かれてたのが
百済で、高来の春川の地は韓国ですか

69 :がいやまん:2005/10/10(月) 11:15:27 ID:h/sLtplb
三韓の韓とは国の意味だが、民族的には南方ツングース、北方ツングース、倭人
そして南方朝鮮人、他方、楽浪・帯方には中国人・北方朝鮮人といった感じで、
春川あたりはシ歳貊の貊という北方ツングースで、これが白木、白木と騒がれたり、
白山(白頭山)信仰を裏日本に持ち込んだんじゃなかろうか。朝鮮人は余り移動性の
強い民族ではないと思うんだが。

70 :がいやまん:2005/10/10(月) 11:26:01 ID:h/sLtplb
沿海州、ハンギョン道のケマ、北陸の気比、気多などに残るケという言葉は
シ歳貊のワイ<カイかなとも思う。

71 :妄想中:2005/10/14(金) 11:42:40 ID:stMEi8so
四角い土俵と、四角い餅の関東は白木系やろか。

72 :出土地不明:2005/10/14(金) 13:08:18 ID:OXNYhd5r
白木というか、もっと上、高句麗の上、白頭山に四隅墓のルーツが
あるからこの地方の人が故郷を偲んで白山信仰、角餅持ち込んだん
じゃないかな。

73 :出土地不明:2005/10/14(金) 13:12:46 ID:OXNYhd5r
岡山にも角土俵があるらしい、驚き。


74 :がいやまん:2005/10/14(金) 13:22:11 ID:QxAUaMgm
四角>マージャン>中国、どうしても中国に行っちゃうんだけどな。

75 :出土地不明:2005/10/15(土) 14:49:17 ID:3amOijUW
>まあ日本人には多かれ少なかれ朝鮮半島の血が流れているわけだが。

実はほとんど流れていない。
続日本紀によると、7C、百済滅亡で日本に来た百済人が3100人くらい。
高句麗滅亡で来た高句麗人が1800人くらい。
それらとは関係なく自主的に来た百済人や新羅人が数百人。
7Cに来た半島帰化人は全部合せて5000人くらい。

それ以前の帰化人が始まった5C、続く6Cに来た半島帰化人が合せて
2〜3000人くらい。

半島帰化人の総数は7〜8000人くらい。

古墳時代の日本人口が400万人くらいの時だから、
朝鮮半島の血など、日本人の血の僅か 0.2% ほどに過ぎない事が分かる。

76 :出土地不明:2005/10/15(土) 22:33:02 ID:LLhOCwRO
「ビタミンの里よしの」

品種・品名 きねつき餅
参考価格 700円/550g10ヶ入

自然をたっぷり残した静かな山里。
清らかな水が生み出した美味しいお米からつきあげる、
昔ながらの杵と臼でのこだわりのまろやかなお餅が出来上がります。
標高350メートルの冷淳な気候で育んだもち米を原材料に湧き出づる清水で研ぎ、
昔ながらの臼と杵でつきあげたお餅。
粘りとコシの強さが定評でふるさとの香りが味わっていただけるものと確信しています。

住所 〒693-0505 島根県出雲市佐田町吉野475
URL http://www.chusankan.jp/Brand/00000174/

77 :出土地不明:2005/10/16(日) 20:29:41 ID:0yF6ccmh
そろそろ神在月だね。安来に鉄を
求めて神様がやってくるのだろうか?

78 :白木人:2005/10/20(木) 20:14:03 ID:OCJULinW
今の土俵も四角で俵がまるくなってるので

79 :がいやまん:2005/10/22(土) 13:51:03 ID:mrdzUvX+
俵を茅の輪とするとスサノオゲーム。ヨモノヒラサカを四面平境とするとボクシング
のリングにおけるスサノオゲーム。四隅は結界の通路でトリイが発生することになる。
この通過儀礼というのが加賀の潜戸を想起させ、遠く天岩戸、トンカラリン等とも
関係があるのであるのかもしれない。

80 :こぴぺ 八幡の:2005/10/26(水) 08:58:12 ID:gFPflogX
最も早い神仏習合神。本来は豊前国(大分県)宇佐地方で信仰されていた農業神とされる。
781年、仏教保護・護国の神として大菩薩の号を贈られ、
以後寺院の鎮守に勧請されることが多くなった。
また八幡神を応神天皇とその母神功皇后とする信仰や、
平安末期以降、源氏の氏神とする信仰が生まれ、
武神・軍神としての性格を強めた。




81 :がいやまん:2005/10/26(水) 14:45:59 ID:JtPvZhuW
八幡神は神功 皇后とする説は正しいと思う。他方歴史的には高句麗広開土王碑文
では倭と百済はさんざんな敗退をきしたことになっている。国内もカゴサカ、オシクマ
王が反乱している。三韓征伐とは高句麗に対する勝利ではなく応神朝には百済から
大量の移民があるような百済との友好関係樹立程度のことなのだろうか。

82 :出土地不明:2005/10/26(水) 15:03:26 ID:dZzhQXtG
原始宗教→神仏習合→神社建立なので
基本的に神仏習合が現代神道の直接の始まりだと思う。
神仏習合は宇佐八幡地区で始まったが、
神社は出雲地域を中心に建立されている。
特に日本の万の神は殆ど出雲系神社になってる。


83 :出土地不明:2005/10/26(水) 16:09:22 ID:dZzhQXtG
http://iseki.ipc.shimane-u.ac.jp/tanken/Chrctr/kofun/img/2/kofun_bunpu.jpg
古墳の分布状況

84 :がいやまん:2005/10/26(水) 19:11:04 ID:JtPvZhuW
出雲は吉野ヶ里の時代にアマテラスにより九州を追放されたスサノオ系が移住し、
畿内方面に銅鐸文化をもたらす中核的役割を果たす。その後、弥生末の倭国乱
時代に天日槍が渡来すると抗争するも共鳴し、四隅突出文化圏を拡大、北陸、東海、
山城の勢力を扇動し邪馬台国と抗争を繰り返したのではなかろうか。最後はフルネ、
タケミナカタのような形で大和朝廷に屈服するのでは。基本的に北方草原から
中原を侵略する匈奴の思想を受け継いでいるのであろう。それは剣を背景にする
思想である。また、格闘技の相撲も出雲が起源である。

85 :がいやまん:2005/10/26(水) 19:34:31 ID:JtPvZhuW
出雲(四隅)は、全くといって、鏡とは縁遠い。鏡は中国/四郡とのパイプの証である。
出雲は先祖が満州の反中国の匈奴なのであろう。朝鮮半島なんかでは差別され
鉄鉱関係労働者みたいなものであったのではないか。それに引き換え北九州の倭人は
中国から金印を受けている。

86 :出土地不明:2005/10/26(水) 20:50:27 ID:OQwFMBta
http://www.geocities.jp/monerakun/bouenkyou1.html

87 :出土地不明:2005/10/27(木) 22:15:05 ID:cEML4Wjs
稲荷信仰は、京都市伏見にある伏見稲荷神社を中心にした信仰です。
古くは、大和地方で大変な力を誇った秦氏の神様とされていました。
豊前風土記・逸文=昔、新羅の国の神、自ら渡り来りて、この河原に住みき。即ち、名づけて鹿春の神という。
また、里の北に峰有り。頂きに沼有り。柘植の木生い、又、龍の骨あり。第二の峰には銅並びに柘植等あり。
この新羅の神様は「辛国息長(からくにおきなが)大姫大目命」という名前です。

88 :出土地不明:2005/10/28(金) 23:16:41 ID:Wco2pG45
古墳の分布で出雲が小さくて少ないようですが

89 :がいやまん:2005/10/29(土) 19:11:59 ID:Ndtk6CHP
四隅突出型古墳の全国分布図を取れば出雲が中心になり、日本海沿いに福島県
まで伸びる地図になります。上記の図は前方後円墳時代に絞ったものでしょうから
出雲の姿がはっきり見えません。記紀の国譲りの部分では出雲が中心の話ですから
四隅突出型古墳とそれを取り巻くものとの対比が欲しいですね。

90 :出土地不明:2005/11/16(水) 22:45:42 ID:F9SYGGrf
出雲人は東北人と同じくズーズー弁を話している。
彼らのルーツがアイヌ系縄文人であることは明白だ。

91 :出土地不明:2005/11/25(金) 23:24:40 ID:j1QIJ1Xu
【写真】200年ぶりに再演された「風流」   2005.11.22 20:22:21
 京畿道楊平郡楊西面(キョンギド・ヤンピョングン・ヤンソミョン)ヨンダム里にある
「蓮」特化団地の洗美苑(セミウォン)で「流觴曲水宴」が、約200年ぶりに再演された。

流觴曲水宴とは、流れる水に杯を浮かべ一巡する間に詩を作り、酒を交わす伝統の宴会。
社団法人「韓国の文化を育てる会」は、漢江(ハンガン)を眺められる洗美苑に
大きさ513平方メートルの流觴曲水台を作った。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=69913&servcode=700§code=700


曲水宴は両国とも中国から伝わったとされているけど、なんだかなぁ・・・。

参考 日本の曲水宴
http://www.geocities.jp/sailorsladyluck/2005JYONANGU.kyoto.html
http://www.geocities.jp/sailorsladyluck/2005.KAMO.kyoto.html
http://kanko.toyamaken.jp/img_100/h3_img/i0094.jpg
重要文化財 曲水宴図
http://www.kyohaku.go.jp/jp/tenji/heijou/kaiga/kinsei/detail.html
http://www.home-nagahama.org/rekishi/tiiki/daituu2.htm

韓国に残っているとされる曲水宴の庭園遺跡 「鮑石亭」
http://inoues.net/korea/korea_awabi.html
http://homepage1.nifty.com/sawarabi/kankounotabi/81.23posokke.jpg
http://members10.tsukaeru.net/ariera/walk/abroad/korea2002/dscn0149.jpg
http://members10.tsukaeru.net/ariera/walk/abroad/korea2002/dscn0150.jpg
 ここ↑から、どうやったら↓みたいな様式になるんだろうか・・・
http://japanese.joins.com/upload/images/2005/11/20051122202148-1.jpg

92 :出土地不明:2005/11/26(土) 20:40:40 ID:gQAMlRj5
新羅系の難波吉士や草壁きしは淀川の水運を担当していて
白木人は船運に強かった

93 :出土地不明:2005/11/28(月) 18:39:50 ID:e0G7ATmd
 島根県安来市には四隅突出墳墓から方墳への連続的変化が
見ることができるというのは本当ですか?

94 :出土地不明:2005/12/03(土) 12:31:36 ID:RAu5lKdJ
 その話よく聞くね。
加耶から来た、倭人の産鉄族が作ったのでは?

95 :出土地不明:2006/01/22(日) 10:16:08 ID:ltLEkzfx
 出雲東部は謎だらけ。

96 :出土地不明:2006/01/22(日) 23:37:54 ID:8TjEAcmG
>>84
未だに○○族っていいかたやめれ、このぶっさいくハゲじじい!

97 :出土地不明:2006/01/23(月) 08:16:05 ID:eDCxs4bo
平氏(赤旗=先住民の色)はどこに拠点があった?
源氏(白旗=朝鮮人の色)はどこに拠点があった?
南朝はどこに拠点があった?北朝はどこに拠点があった?
水神と共に祀られる平氏、水神といえば西日本だよね。
平氏も貴族だから朝鮮の血は濃いよ、しかし先住民の
反乱だったんだ。あれは単なる権力闘争じゃないんだよ。
南朝しかりだ。よーく考えよう。
記紀、倭人伝、東夷伝、風土記をよーく読もう。
先住民はいま朝鮮人(源氏=東日本人)により根絶やしに
されようとしているのである。

98 :出土地不明:2006/01/24(火) 14:11:25 ID:xFx285Jj
133 :日本@名無史さん :2006/01/24(火) 13:35:53
新羅は出雲人の国
http://makimo.to/2ch/mentai_whis/980/980828553.html

134 :日本@名無史さん :2006/01/24(火) 14:00:44
新羅人は出雲・丹波・但馬人(銅鐸=鈴、五十猛)かもしれないが。
出雲系が純粋な倭系とは思えない。

彼らは少なからずその前に高句麗の影響を受けている。
だから出雲系(出雲人、初期近畿人、関東東北人)は
当初は高句麗との混血であり、更に新羅からの渡来人と
混血したと考えられる。
だからあそこまで高句麗、新羅文化に拘りがあるのです。

99 :日本@名無史さん:2006/01/24(火) 21:42:50 ID:RW0RsUB6
>>75
>>7Cに来た半島帰化人は全部合せて5000人くらい。

半島帰化人のほとんどは、日本から以前に渡った兵士の子孫。
科野や関東からの防人。

渡来人は里帰りがほとんどだ。

難民も混じっていたが・・・。

100 :出土地不明:2006/01/25(水) 04:01:49 ID:YYd1cPY3
>>99
根拠を示して下さい。
元々その前から出雲丹波ラインは高麗人が渡来してた地域です。

もれは、ブーメラン型(高句麗→出雲→新羅)の出戻りを想定してる。
更に新羅から東北関東に一直線だ。

220 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)