5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★初心者歓迎 考古学板質問スレッド その3★

1 :出土地不明:2006/05/15(月) 15:53:53 ID:5xQC197K
スレッドを立てるまでもない疑問は、このスレッドで質問してみましょう。

□質問前に、スレッド一覧チェック
 各分野の専門スレがあるかもしれません。
□過去ログチェック
 既出のQ&Aかもしれません。
□検索してみよう
 google(http://www.google.com/)、yahoo(http://www.yahoo.co.jp/)、goo(http://www.goo.ne.jp/)など
 有益な情報がみつかるかも…。
<お願い> 
 ・常時age進行でお願いします。
 ・回答に時間がかかることもあります。ご了承ください。
 ・既に専門スレがあったり、板違いの質問があったりすれば、速やかに誘導してください。
 ・過度な論争は自粛してください。
 ・煽り質問はスルー。
 ・>>950getterの方は、次スレを立ててください。

2 :出土地不明:2006/05/15(月) 15:57:10 ID:5xQC197K
込み入った質問・相談専用のスレ

【質問・議論】発掘に関する質問等【発掘限定】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1067426102/
【洗浄注記】整理作業に関する質問等【実測拓本】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1091230435/
【質問】発掘調査報告書総合スレッド【議論】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1100083872/
こんな私で良ければ相談に乗りますin考古学板
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1076305605/

3 :◆Kr61cmWkkQ :2006/05/15(月) 22:08:09 ID:JiOUwiGW
980オーバーしたら即落下ですね…1000取り合戦がないこの板では…。

前スレの積み残しのようなもの
 ↓

923 名前: 出土地不明 [sage] 投稿日: 2006/04/29(土) 20:26:13 ID://rutaZU
公有地を学術調査した場合でも、
遺物は研究者のものになるのですか?

944 名前: 出土地不明 投稿日: 2006/05/06(土) 11:07:12 ID:2AWdZi5O
質問しますが、弥生〜古墳までの土器編年を主題として取り扱っている
本ってありますか?

956 名前: 出土地不明 投稿日: 2006/05/09(火) 15:24:01 ID:GAwPpDrR
すみません
トンカラリンという遺跡?はいつごろ、どんな目的でつくられたのですか?

4 :出土地不明:2006/05/16(火) 04:53:14 ID:JFVY4H3l
道路工事などに際して行われる考古学の事前調査は何かの法律で義務つけられているのですか?
文化財保護法を少し読みましたがちょっと違うようです。
よろしければ教えていただけますか?

5 :岩屋山亜式 ◆CAT9FZUkUk :2006/05/16(火) 14:58:18 ID:b99orG7a
>前スレ956

48 :岩屋山亜式 ◆CAT9FZUkUk :04/04/14 11:03 ID:T/dB9OB6
>>45
熊本の「トンカラリン」も県の調査で明治期の農業用施設と結論が出ていま
すが、未だにその手の番組では「農業用施設であるとの説もあるが…」って
やってますね

49 :出土地不明 :04/04/14 11:22 ID:GGrcfV7X
>>48
できればソースきぼん。
ググった程度では「結論が出た」という話がみつからないもんで。

たとえば
http://homepage2.nifty.com/iitoma/PASTNEWS/jidai/edo.html
に出てる情報だと2000年末の段階では県教委もまだ結論に
達していないようなのだが。

50 :岩屋山亜式 ◆CAT9FZUkUk :04/04/14 13:15 ID:T/dB9OB6
>>49
ああ、失礼しました。
80年代に県教委が出した報告書(すみません、今、手元にありません)では、
「近世〜近代の農業用施設」(おそらく明治期)との結論が示されておりま
した。
御指摘の報道はキャッチしておりませんでした。ありがとうございます。

あまり詳しく書き込むとアレですが…
前回の調査では、観光資源にという地元議員の圧力に屈した県教委上層部に
対して、調査担当者がただ一人気を吐いて、報告書を適正な結論に導いた状
況でありました。
御指摘の報道から考えると、またぞろ再燃したかという感があります。
ただし、掘り屋の〈業界〉では噂にさえなっていませんので、そういことか
と…

51 :出土地不明 :04/04/15 01:23 ID:LidfkIMc
>50
> 御指摘の報道から考えると、またぞろ再燃したかという感があります。

 なんかやる気満々なようでつ・・・。

http://www.town.kikusui.kumamoto.jp/siseki/tonkararin.html

6 :岩屋山亜式 ◆CAT9FZUkUk :2006/05/16(火) 15:27:17 ID:b99orG7a
>>4

○文化財保護法第93条第2項「当該発掘前(ここで云う『発掘』はいわゆる『土木工事』のこと)に
 おける埋蔵文化財の記録の作成のための発掘調査の実施その他の必要な事項を指示すること
 ができる。」

○文化財保護法第99条第3項「地方公共団体は、第1項の発掘に関し、事業者に対し協力を求める
 ことができる。」

 国及び地方公共団体が、埋蔵文化財の保護措置として行う発掘調査の法的根拠は、上記の2点
となります。

7 :出土地不明:2006/05/16(火) 16:01:43 ID:jJ4BvS3P
ありがとうございました。ついでにもうひとつ質問をしてよろしいでしょうか?
周知の遺跡ではなくても自治体がその管轄内にある遺跡の有無の確認のための事前調査を進めることは良くあるのでしょうか?


8 :岩屋山亜式 ◆CAT9FZUkUk :2006/05/16(火) 20:21:53 ID:b99orG7a
>>7
有ります。「良く」かどうかは、その自治体によりますが…
「周知の埋蔵文化財包蔵地」内でも、保護措置が出来ていないところも多いですから。

現状では「周知の埋蔵文化財包蔵地」ではない土地での埋蔵文化財の有無を確認する
ための発掘調査の法的権限は不明確です。
したがって、事業者側らみると、それについての承諾は完全に任意です。
まぁ、公共事業では拒否されることは無いでしょうが…

法的根拠が不明確なので、こちらでは「包蔵地」外での予備調査は事業者からの試掘
願いで対処しているようです。「包蔵地」内では、県教委から事業者への(行政)指導
文書が直接の根拠です。

文化財保護法第99条第1項「地方公共団体は、文化庁長官が前条第一項の規定により
発掘を施行するものを除き、埋蔵文化財について調査する必要があると認めるときは、 
埋蔵文化財を包蔵すると認められる土地の発掘を施行することができる。」と云う条文を
もって、「包蔵地」外における発掘調査の法的根拠としているところも有りますが、どう
でしょうかね…

9 :出土地不明:2006/05/17(水) 13:25:05 ID:2Cs1JXOR
櫓ってなんですか??

10 :出土地不明:2006/05/17(水) 15:57:15 ID:N8eC8qaT
現場で用いる写真撮影台。高所から撮影するのに用いる。昔はローリングタワーなどともいった。

11 :出土地不明:2006/05/17(水) 18:54:18 ID:kqndE0OY
海の民てどれほど強かったのですか?

12 :出土地不明:2006/05/17(水) 19:44:57 ID:AjmnH4YK
世界史板にレスがついてる

13 :出土地不明:2006/05/19(金) 22:37:47 ID:hcyewBcL
すみませんこないだ授業で聞いて興味をもったのですが、
メゾサウルスについてなんでもいいので教えていただけませんか?
どんな生物だったとか、大陸移動説との兼ね合いのはなしとか、お願いします。


14 :出土地不明:2006/05/19(金) 22:38:53 ID:gkzeKjHE
恐竜は板違い
地球科学板へどうぞ

15 :出土地不明:2006/05/20(土) 06:43:15 ID:QHfx1Nwu
古代エジプトの壁画で、
奴隷の去勢シーンを描いてあるのはどこの神殿ですか?

16 :出土地不明:2006/05/20(土) 07:14:07 ID:73y8BYmv
メゾサウルスは恐竜誕生前の爬虫類です14は馬鹿決定

17 :出土地不明:2006/05/20(土) 15:18:46 ID:nsEHc8ot
どっちにしても鼬害

18 :出土地不明:2006/05/21(日) 12:13:40 ID:zqcZIqPP
古墳はある程度の権力者がつくるものですか?
すごく小さい古墳とかはどういう立場の人なのでしょうか?

19 :出土地不明:2006/05/22(月) 22:29:12 ID:V6B7NxBI
>>古墳はある程度の権力者がつくるものですか?
そうです。
>>すごく小さい古墳とかはどういう立場の人なのでしょうか?
陪葬墓と古墳の区別ができていますか?前期の長野県森将軍塚古墳の周囲には中期に入っても陪葬墓が伴いますが、これは一般的には古墳とは言いません。
しかし、後期末葉から終末期にかけての奈良県龍王山古墳群などでは墳丘も伴わないような無袖式石室や2m四方ぐらいの小区画がありこれは官僚層の墓とみられています。
つまり、状況や時期により一概には言えない。質問の仕方がまずい、ということです。

20 :218:2006/05/23(火) 21:19:30 ID:3iq2B2kp
ありがとうございます。
すみません、初心者なんで質問の仕方が悪かったみたいですね、、
ということは、うまくいえないのですが、4世紀頃できた地方にある小さい古墳は地方豪族か関係者か地位者ということでしょうか?

21 :19:2006/05/23(火) 22:10:03 ID:exOByFpt
ご質問の「4世紀頃できた地方にある小さい古墳」とは具体的にどのようなものを指すのでしょうか?
方形周溝墓?池の上や古寺のような土壙墓?

22 :出土地不明:2006/05/24(水) 09:11:49 ID:abE1UfNA
たぶん、方形の方です。
古墳に埋葬されてる人は、どんな人なのかと思いました

23 :出土地不明:2006/05/24(水) 16:01:56 ID:gBmh4bEL
考古学と直接関係無いんだけど、ちょっと聞かせて。

東京国立博物館のサイト(http://www.tnm.jp/)、実用に堪えないほど遅いんだけど・・・
一応つながるけど、収蔵品の検索なんかできたものじゃない。

他の人もそうなの?俺だけ?

24 :19:2006/05/24(水) 22:21:17 ID:5dvauPVm
>>22
困りましたね。弥生時代以降古墳時代に継続した方形周溝墓なら「(村落)共同体内の家父長層など」というのが一般的な回答だと思いますが、地域・時期・状況により古墳時代の方形周溝墓(風)の「古墳」にはそれを遙かに逸脱するものがある。もう少し
地域:○○県○○市(町村)
時期:前期・中期・後期(○○式の土器伴出などでも可)
状況:墳形・規模・主体部の種類・副葬品など
の情報をキボンヌ。
>>23
特に問題なく繋がります(光100mb)が。。。

25 :出土地不明:2006/05/25(木) 15:57:25 ID:atosryih
私、物書きなんですが質問させて下さい。
イエス・キリストに関する宝物(遺産?)に“もし”文字が刻まれるとしたら何語でしょうか?
また、なんて刻まれましょう?
変な質問ですみません。話に登場させたいので。

26 :岩屋山亜式 ◆CAT9FZUkUk :2006/05/25(木) 16:33:36 ID:OUv7FdSY
>>25
世界史板の方が、的確な回答が返ってくる公算が高いです。

27 :出土地不明:2006/05/25(木) 16:55:49 ID:atosryih
>>26
わかりました。ではあちらにいって来ます。
レスありがとうございました。

28 :出土地不明:2006/05/25(木) 21:56:46 ID:rOoJDZ0y
この板でいいのか判りませんが、質問しつれいします。

史学に詳しい方から「資料と史料は違う」といわれ、混乱しています。

史料:主に当事者や同時代人が記した文書記録
資料:史料を根拠として構築された叙述物や図表

ということらしいのですが
この定義だと資料が史料化するってことがあるので
史料≠資料とは、言い切れないきがします。

実際、歴史を学問として研究する分野においては
資料と史料の違いというのは、どのように切り分けられているのでしょうか?



29 :出土地不明:2006/05/25(木) 22:01:00 ID:rIkz+Twa
>>28 まさに「資料の史料化」ということはよく言われる。
あくまで便宜的なものと考えたらよいのではないでしょうか。

30 :出土地不明:2006/05/25(木) 22:03:48 ID:XIyzmIGM
坪井九馬三の定義
 一等史料:事件発生当時、発生場所で、関係者の記した記録
 二等史料:時間的に遅れて同じ場所で書かれたか、別の場所で同じ時に書かれた記録
 三等史料:以上の史料を基に作成されたもの


内藤智秀の定義
 史料を価値判断の対象として一等から六等まで分類するのである。
 その中の一等から三等までが「根本史料」で、四等以下五等までは「参考資料」となり、
 六等が「等外史料」となる。
 
 一等史料は、史実の発生当時、同所において責任者が自ら作成した文書類で、例えば当
 該責任者の日記・書簡・覚書の類の如きはこの中に入るのである。
 二等史料は、史実発生当時の同所に、最も近き場所、最も近き時、又は同じ場所で時間が
 幾分異なるもの、又は時が同じで、場所が幾分異なる所で、責任者が自ら作り上げた報告とか、
 日記・遺言・覚書・追記類の如きもの、ないしは後日に作り上げた日記とか、随筆類の如きが
 この中に入るのである。例えば当事者が後日、暇を得て作成した文書類などがそれである。

 三等史料は、前の一、二等史料を材料として作成した伝記とか、家譜の如きがその中に
 入るのである。もちろん、この場合人物も年代も場所も違っているのであるが、編纂の方法が
 正確である限り、これは三等史料というべきであろう。



31 :出土地不明:2006/05/25(木) 22:35:23 ID:rOoJDZ0y
やっぱり、すこし理解しずらいので、もうちょっと具体的に質問したいと思います。
例えば「古事記」、700年ごろに編纂されたこのドキュメントは、史料なのでしょうか?資料なのでしょうか?
定義によると、後年になってからまとめられたものなので「資料」ということでいいのでしょうか?


32 :出土地不明:2006/05/26(金) 00:01:40 ID:mhlguFBM
九州人ども、それはカタカナで表記するところキュウシュウ。この言葉はその
昔、弥生時代に近い頃渡来人などと呼ばれていた、朝鮮人及び朝鮮半島から渡
ってきていた地域部落の鮮卑(朝鮮人の祖先)どもからなる、部落地域だった
。部落民どもは己のことをチュクンと呼び、自分の国のことをミュン・クンな
どと読んでいた、ハングル人どものことである。こやつらは大和朝廷の初代に
よって先手を打たれて屈服される以前から、我が大和民族側ではチクシノミヤ
ツコ(筑紫野)という名前とその当て字により識別されていた。その中でも火
の国などと称している(実際はヒュン)豪族の中にイ・ウォン(岩井)と呼ば
れる実力者がおり、こやつが大和朝廷の降伏命令を退け、小生意気にも(現在
の九州人とまったく同様に)強気な態度を取り付けていたのだ。しかしながら、
どんなにいきがろうとも所詮、チョン公はチョン、戦略性もゼロに乏しく、進
んだ軍事技術(鉄器、須恵器など)を使用しながらも、内部からの裏切りにあ
い、呆気なく敗北。こうしてめでたく大和朝廷の属国となったが、しかしなが
ら奴らは徹底した自治にこだわった。こやつらはありとあらゆる手段を用いて
大和朝廷に対して拝み倒し、アイドンウォンツーダーイー アアアー! アーー
イウォントゥーリーブ!!などとアホ見たく叫ぶ、アルカイダに捕まった南朝
鮮の新聞記者の吉本顔負けのお笑いパフォーマンスを真に受けてしまい、その
お人よし振り(日本人の最大の弱点として、チョンどもにいつも利用されてい
る)から、こうした劣等人種の存在を続く約2000年以上、絶滅させるというく
び木から遠ざけてしまったのである。


33 :出土地不明:2006/05/26(金) 00:03:10 ID:mhlguFBM
チョンどもはアメリカの黒人奴隷宜しく、その後日本の各地に奴隷(奴
婢)として連行され、今ではその名残で日本全体に在日が散ってしまっ
た。彼らとの闘争はそれこそ今の日本の現状の証である。部落差別と呼
ばれる階級闘争。この戦いはそのまま大和民族と劣等人種との主権の奪
い合いを意味する。哀願のスキルを2000年以上も蓄え続けたこのチョン
どもは、本国のチョンに比べ日本の文化を寄生虫の如く吸い取り、狡猾
で、詐欺を働き、政治を扇動し、日本人の異性感覚を根こそぎ破壊し、
ありとあらゆる暴挙、欺瞞、メディア、言論全てにおいて、劣等人種と
の同化政策を続けさせているのだ。これはもはや、奴らの真の母国であ
る南朝鮮においても十分に見識が得られるところであり、竹島同様、日
本の実効支配においてもそれ相応の目的を達したと不気味にほくそえん
でいるのである。奴らは大和民族の善良統治を真に善なるものとは思わ
ない。悪意に満ちた在日どもは、お人よしという肉の丸焼きがテーブル
に乗っかっているだけのものにしか移らず、奴らにとっての目的は、い
かに日本の、大和民族の内的価値、芸術的精神を取り付くことによって
破壊するかである。代表例が靖国神社であろう。在日漫画家の小林よし
のり(パク・ヨン・シュウ)は、有名な福岡(筑前:チュクジュン)の
出身だが、在日ライブドア宜しく、日本の伝統である己を律するという
戒め精神を破壊しにかかっているのだ。



34 :出土地不明:2006/05/26(金) 00:04:19 ID:mhlguFBM
奴らは現実を偽造する。第2次世界大戦に負けたのは、こうした在日勢力
どもが、不況に苦しむ大和民族の弱みに付け込み、不安を煽って扇動さ
せ、ヤクザまがいの気違いどもを救世主として、祭り上げ、自爆戦術を
奨励し、ありとあらゆる戦術を敵の陣営にリークして、垂れ流し、日本
を敗北させたあとはいち早くGHQにへばり付き、巨万の富を得て、今
日、野中、古賀、林、中曽根など有名な在日名称で呼ばれるインチキ政
治家として日本の心臓部をついに手中にしてしまっている。といっても
実質的支配はアメリカであるのに、国内の政策についてはこうした在日
どもによる実行支配のクビキにさらされ、言論は全く意味を持たないも
のとなった。新聞は在日が書いている。流行のテレビ番組も在日が編集
している。週間の漫画雑誌も在日が書いている、ラジオも、企業も、あ
りとあらゆる情報媒体が在日による実質的支配下にあり、そうして反対
派を徹底して叩き込んでしまうのである。日本の伝統はありとあらゆる
ところで破壊され、一切のリアリズムはもはや崩壊してしまっているの
だ!だからこそ虚構がはびこり、そうした中で生み出される虚構の愛国
心の存在というものに無責任な希望を抱く愚か者どもが増えることに対
して何の抵抗があろう。靖国神社に参拝し、不幸な戦争の犠牲になった
兵士に黙祷するなどという台詞がのうのうと吐けるのは、詰まるところ
本物を知らないからである。彼らは本当に逆賊であり、それは日本の内
的価値を、あの昭和の時代に、国家を扇動させ民族を敗北に突撃させる
という非理性的判断を決断せしめた、本当の意味での反逆者である。所
謂在日どもに対して、結果的に賞賛を送っているのだ!


35 :出土地不明:2006/05/26(金) 00:06:14 ID:mhlguFBM
日本の為にやろ
うと思っていることがその実、日本を叩き潰した裏切り者に対して、墓
参りを遣っているのである!!これは自分の親を殺した人間の墓参りを
強制されることと同じことであり、国家を転覆させ、口先だけの愛国心
で一国家を崩壊させ、その後、大和民族を絶滅寸前の危機に追いやろう
としている、現在の憎むべき反逆者政府、インチキ詐欺師の在日政府に
もはや従い得ないという決意の現われと考えるべきことなのである!!
在日メディアは靖国を扇動する!!しかしながら、それは大和民族のた
めでもなく、在日が大和民族から、反骨という正義の剣を奪い取るだけ
の、忠誠という名前の現実逃避を強いているだけに他ならない!!喜ん
で国にファックされようという精神は愛国心ではないのである!!そう
した文化を溶解させる猛毒を、この腐れ外道であるキュウシュウ人ども
は今も不特定多数の在日メディアを駆使して一方的に、かつ執拗に垂れ
流しているのだ!


36 :出土地不明:2006/05/26(金) 02:23:08 ID:rJg7iK1V
古代において直角をどう作ったか?
という話をある講演で聞いてて、
「それはおそらくピタゴラスの定理をわかっていたのであろう。
3/4/5比の三角形で直角ができることを知っていたのであろう。
事実、奈良時代には3/4/5比にマーキングされた尺が出土している」
ような話を聞きました。
↑この遺品って、どこで見れるのでしょうか?


37 :出土地不明:2006/06/01(木) 02:51:11 ID:8Y3WTOnw
古墳の盗掘者について気になってしまいました。
鏡類なり刀類なり玉類なり、
盗掘者はそれらをどうやってお金に換えてたのかな?
古い時代から骨董屋さんがいたとは思えないし、
でもまさか鉄やら銅を鋳つぶして、素材としてお金に換えてたとも
想像しにくいし…

盗掘物の追跡課程みたいなの、わかってる事例、なんかありますか?

38 :出土地不明:2006/06/01(木) 10:02:35 ID:Z2rfZEo1
盗掘したのを隠し持ってることもある。
奈良の旧家で某古墳から盗掘した鏡をコソーリ伝世してる家が
あるとかないとか・・・・

39 :出土地不明:2006/06/01(木) 13:11:39 ID:w5N9mPfU
小林行雄の型式論の概念が当事浸透しにくかったみたいなことが書いてあったんですが
、それは山内清男のせいですか?
書いてあった文献があいまいにしか書いてなくて困ってます。

40 :出土地不明:2006/06/02(金) 00:53:11 ID:7uc2GUXe
キミ間違い。小林行雄の「様式論」です。
様式概念が導入される以前に「型式学」があり、「縄文型式学」の御大が山内清男だったのは確かでしょうね。
最近では縄文土器研究でも様式の概念を使うようになりつつありますね。(『古代史復元』)


41 :出土地不明:2006/06/02(金) 09:47:48 ID:/IbZ43S/
様式論のほうがすっきりしてて使いやすいと思うんだが。

42 :40:2006/06/02(金) 12:30:58 ID:OxZtZxby
当然でしょうね。

43 :出土地不明:2006/06/03(土) 07:37:44 ID:dvB/KmCs
>>40-41
ありがとうございます。
もう少し文献を読んでみることにします。


44 :考古学?世界史?どっち…:2006/06/04(日) 21:50:28 ID:TdeAwI83
諸葛亮の、お墓って見付かってないんですよね?
埋蔵金、考古学、世界史、どれにレスすればいいか…
わからないから、ここにレスっちゃいました。
誰か教えて下さい。また、見付かってない時、誰か探してるのか?とかも良かったら

45 :出土地不明:2006/06/07(水) 03:04:59 ID:10mf3OK4
「掘立柱建物の弱点は根が腐ること。
およそ20年くらいが寿命であろう」
という建築史の講義を聞いたのですが
たとえば三内丸山とか吉野ヶ里とかの復元住居も
20年後には建て直せねばならないのでしょうか?
また、20年以上放置したため、柱の根本が腐って倒壊した
みたいな復元住居とか、例があるのでしょうか?

46 :出土地不明:2006/06/07(水) 12:13:32 ID:Y89w8c7P
 諸葛亮の墓って漢中の天蕩山の武侯祠違います? 魏の方向を臨む位置らしいです。

47 :出土地不明:2006/06/07(水) 12:21:01 ID:SmGGh0kh
>>45
うちの近所の遺跡に復元した住居があったんだが、
ガキの花火が引火して焼失家屋になったことはあるな。

48 :出土地不明:2006/06/07(水) 20:13:31 ID:oa1uq5Ty
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1149675570/l50
縄文・弥生時代にありそうなスレ

49 :出土地不明:2006/06/08(木) 02:34:36 ID:cllbJzl1
オーパーツって何ですか???

50 :出土地不明:2006/06/08(木) 04:36:23 ID:6S+oeUUH
>>49
時代から考えると存在するはずがない遺物。
たとえば、日本の古墳にカンガルーの埴輪や壁画が存在するわけがないが、
ひょんな拍子で出てきたらオーパーツとして扱われる。

実際に話題になったものだと
人類誕生より前に滅んだはずの恐竜土偶とか、
20世紀に完成した飛行機そっくりのアステカの金細工とか…。
前者は最近の研究で否定された古い学説に基づいてつくられた贋作、
後者はプレコという人気熱帯魚がモチーフで飛行機とは無関係。
というふうに、捏造や思い込みがほとんど。

51 :出土地不明:2006/06/14(水) 01:09:16 ID:jHQzSX6J
記紀神話のいわゆる「アメノヌボコ」について
考古学の人にお尋ねします。

1.「玉飾りのついた矛」みたいな出土物は、
なんかあるのでしょうか? 国内外問わず。

2.7世紀くらいまでに限って
矛の出土例の東限はどのあたりですか?



52 :出土地不明:2006/06/16(金) 07:01:28 ID:sfGn9kN/
C14がきりひらく古代史、とかに興味がある場合、
大学は理系に進むべきなんでしょうか

53 :出土地不明:2006/06/26(月) 16:41:23 ID:Daa13sxg
セトリメントパターンって、何ですか?

54 :出土地不明:2006/06/27(火) 20:45:49 ID:lFhtagx9
大学で考古学専攻したいんですが、どこの大学がいいとかありますか?

55 :出土地不明:2006/06/27(火) 22:08:17 ID:ZzpXQzwf
いつの時代のどこの何をどの程度までやりたいのか
分かってる範囲でいいから明記しろ

56 :出土地不明:2006/06/27(火) 22:26:41 ID:4nutgyCq
7SI3XsB5tI <= #C53[t`8d
7Si3oaZTi. <= #xnZk?Jx|
7Si3S.O8eU <= #$#tdh=jW
7Si3oYuiUQ <= #}6`:EzH9
7si3Sba8QY <= #u].sS7W.
7si3XEpPX2 <= #WiRF9}?q
7SI3Io.jqU <= #5Pa24YBo
7si3fAGpT6 <= #iPaQZ(v3
7si3COWRzY <= #(UrP+]Ga
774KSa24H6 <= #K]{G(}${
774C6WjUQM <= #Q]{v)~5o
774HjdPtnM <= #=5zJRU2*
774PPz40mY <= #v]+$=:Q`
774cz71vr2 <= #p]+%vl'a
774BxHVon6 <= #1Rldjp$H
774vnhjm.6 <= #v1hT!S`R
774b37pkZw <= #X1hm4pzt
7749kEm2Zc <= #l1h^!S`R
774KIb3SYw <= #+C3M0s'`
774IrSE9Z. <= #@C3!ibBm
774DM3OXGI <= #NC3&}PS{
774hjxLgi6 <= #PC3{kXHW
774wHUT6yo <= #KEp34]]V
774NzH/26I <= #QEpsr9PP
774TYcHlGU <= #V4?hp2A*
.774lwvVz. <= #54?rc9`'
774StNPCJM <= #/4?&B-2_
7si3GTq00k <= #:4?*Q#Td
774GtwKIeQ <= #'4KMbOt&
774jM/WV0g <= #D4K'73gK
774OvFmhxU <= #$4K~bOt&
774mchfiCc <= #AHA*cDl'
774bqgS/xg <= #})&0Y!T{

57 :出土地不明:2006/06/27(火) 23:51:49 ID:lFhtagx9
>>55
まだ考古学とゆうものをしてみたいとゆう大まかなものしか決まってないんです…

58 :出土地不明:2006/06/28(水) 00:02:26 ID:jT/sLMuk
何にも分かんないならとりあえず東大目指せ
日本やるんでも海外やるんでも就職するんでもレベル的に間違いないし一番軌道修正しやすい

59 :出土地不明:2006/06/28(水) 10:18:13 ID:tvBoYrDw
>>58
明治・青山・国学院
に行こうと考えてるんですが…

60 :出土地不明:2006/06/28(水) 12:00:41 ID:I4YFHj6B
青学の考古学はないに等しいでしょうが…


61 :出土地不明:2006/06/28(水) 14:38:51 ID:tvBoYrDw
関西の私大なら関大ですか?

62 :出土地不明:2006/06/28(水) 16:19:47 ID:2fyfaQG8
関西では東大阪大学の子ども学部で決まりだな。

63 :出土地不明:2006/06/29(木) 10:35:31 ID:GLSMa3Wp
>>61
なんでわざわざ落ち目のとこを選ぶんだ

64 :出土地不明:2006/06/29(木) 23:42:46 ID:8DgM72wM
博士論文で、例えば古墳で検索。
http://dbr.nii.ac.jp/infolib/meta/CsvSearch.cgi?INIT=&DEF_XSL=default&SUM_KIND=CsvSummary&SUM_NUMBER=20&META_KIND=NOFRAME&IS_KIND=
CsvInitSearch&IS_SCH=CSV&IS_STYLE=default&IS_TYPE=csv&DB_ID=G0000008OUDAN&GRP_ID=G0000008&IS_START=1&IS_EXTSCH=&IS_TAG_S1=Record&IS_KEY_S1=%E5%8F%A4%E5%A2%B3&IS_NUMBER=20&IS_LGC_S2=AND&IS_TAG_S2=Id&IS_CHK_OR_S2=G0000016GAKUI
関西8、九州4(3)、大阪3(1)、立命3(1)、明治3、國學院3、筑波2(1)、岡山2、
あと、京都、広島、千葉、法政、武庫川、奈良が1。早稲田、慶応、長崎が(1)。
  *( )内は異分野または留学生。
どこが落ち目なんだね?

65 :出土地不明:2006/06/30(金) 00:23:10 ID:bZMq5Cms
一日も早く、雅子が皇室から駆除されるを希求す。

皇太子の妻である雅子は、跡取りを作ろうとせず、精神病を装ってぐうたらな生活をし、
挙げ句の果てにはオランダで療養するときた。

バカ面の娘の授業参観に行く体力があるなら、夜な夜な励んで男を産め。
音楽会に出て行く暇があるなら、まじめに公務しろ。

皇太子が繁殖能力を有しているうちに、新しい皇太子妃を迎え入れなければ、
我が国の「天皇制」は根幹から揺るがされることになる。

この期に及んでも、雅子は、ありもしない色気を駆使して、
女性に免疫のない皇太子をたぶらかしたり、娘の養育を盾に取って、
お心優しい皇太子を言いくるめるなど、実に罪深い悪女である。

日本国民は、この歴史上最も怠惰な皇太子妃・雅子を徹底的に糾弾し、
一日も早く皇室から追放すべきである。

なお、この際、万が一、皇太子が雅子の肩を持って、我が国のあり方を脅かす場合、
皇太子も皇籍を剥奪し野に追放されることやむなしとする。

66 :出土地不明:2006/06/30(金) 08:49:42 ID:r9oDVB6y
>>58
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/dame/1150721802/

67 :出土地不明:2006/07/03(月) 20:17:11 ID:69TECjwB
>>64
D論なんぞどこも大安売りだろ、今は。
そんなもん何の指標になる。
じゃあ聞くがここ10年で関大出身の研究者で著名な人間はいるかね?
埋文でウダウダやってる自称研究者じゃない研究者が。

68 :出土地不明:2006/07/03(月) 20:34:21 ID:7/567t0Z
西洋史系だと最近がんがってんだけどねぇ関大
ただレベルはイマイチと専らの噂

69 :出土地不明:2006/07/03(月) 20:38:37 ID:eKGTbeXW
日本の西洋史のレベルなんてどっちにせよイマイチでしょ?
東大行っても、凄いといえるの2・3人だし。

70 :出土地不明:2006/07/03(月) 20:40:10 ID:7/567t0Z
それを言ったら日本の史学なんてry

71 :出土地不明:2006/07/03(月) 21:05:03 ID:dWcNyb/b
D論の数は研究室のレベルを考える場合あてにならないお。
今はどこの研究室も課程博士出すのに躍起になってるから
大バーゲンセール状態だお。
ドクター持ちのプータローで溢れかえってるお。

72 :出土地不明:2006/07/03(月) 21:07:05 ID:eKGTbeXW
まあ、一昔前は博士課程満退のプータローがたくさんいただけだから、
実態はなにも変わってないのよね。


73 :出土地不明:2006/07/03(月) 21:24:28 ID:a7RWIbRK
最近はやり方が目に余るというか酷すぎるお。
一度卒業して就職した卒業生を強引に呼び戻して
D論を書くためだけに大学院に入れるとかやり過ぎだお。
教え子の人生のことなんかこれっぽちも考えないお。
僕の同級生もせっかく県埋文に就職したのに
辞めて博士課程に入院したお。
「やめろ」って止めたけど、「自分でも馬鹿だと思うけど研究を形にして残したいんだ」
って言って退職してしまったお・・・・
何かおかしいと思うお。

74 :出土地不明:2006/07/03(月) 23:10:16 ID:EUSYQmTj
>67
彼らのことを著名ではないという時点でお前の知識の貧弱さがわかる。

75 :出土地不明:2006/07/04(火) 00:04:11 ID:c9irJoNS
>>71
>>73
研究室に活気があるって事じゃないの?終わっている大学ではあり得ない光景だろ?

76 :出土地不明:2006/07/04(火) 00:43:05 ID:uM1tSf/Q
いや、単に大学教員の保身のためだろ。
どこも学生数は減ってるからな。
減った分院生を増やさなきゃと必死だよ。
目先の予算や教職の定員確保のためになw
就職した奴まで呼び戻すのはやりすぎだろ。
まー自己責任といえばそれまでかもしれんが、
「この機会を逃すと論文として発表するのは許さん」なんていう恫喝じみた
ことをしてる例もある。
俺の母校だけどなw
ほんとこの人たちにとっては自分の教え子の人生なんてどうでもいいんだろうなって思うよ。

77 :出土地不明:2006/07/04(火) 01:00:57 ID:c9irJoNS
>>76「この機会を逃すと論文として発表するのは許さん」なんていう恫喝じみた
ことをしてる例もある。
は確かにひどいが、それも大学や研究室が機能している証拠とも言える。それで釣られてくる以上、一定程度の目算もあるのだろうよ。


78 :出土地不明:2006/07/04(火) 01:32:39 ID:c9irJoNS
>>73
Dの講義なんて週1日出れば良い方だろ?社会人入試扱いで、職場の理解さえ得られれば年休で対応できないのか?それができないとしたら確かに冷たいが。

79 :出土地不明:2006/07/04(火) 08:10:59 ID:u15Ths+D
>>68
西洋系でがんばってるというのは、オリエントのO氏のことですか?
まあ、がんばってるのは確かだね。

>>77「この機会を逃すと論文として発表するのは許さん」なんていう恫喝=それも大学や研究室が機能している証拠

おまえこれパワハラだぜ。考古では業績たる学会誌掲載が縁故で決まることをにおわせてるやな発言だ。パワハラが大学の機能の一部か?考古学会は、東大新領域分野の博士課程のひどさと同じだな。

80 :出土地不明:2006/07/04(火) 09:05:01 ID:w/l8DNhr
勘違いも甚だしい。この場合の論文はD論のことだろ。
教授の激励と本人の照れ隠し的な要素もあると読むのが妥当だろ。
いずれにせよ本人が納得して行っているのだから周囲がとやかく言う必要はない。

81 :出土地不明:2006/07/04(火) 09:39:46 ID:u15Ths+D
あんた書き方見てると教員ぽいね。
公表成果はD論でなければいけないと言うこともないんだよな?

駒場あたりと同じで、本人にうまい餌を見せて釣ってるケースが多々ありそうだから要注意だな。

82 :出土地不明:2006/07/04(火) 10:18:03 ID:KJCisnz0
指導教官によっては

「研究室の資料を使ったんだから、俺の許可なしに発表することは認めない」
って言う人はいるよ、確かに。

そういう人だとD論だろうが、学会誌だろうが機嫌を損ねたら公表はアウトだよ。
酷い話だが実際にそういう教員も居るのは事実だ。
全部がそういう人間じゃないけどな。

83 :出土地不明:2006/07/04(火) 15:23:30 ID:ynNh/tWl
分布論とはどういうものなのか教えてください。
お願いします。

84 :出土地不明:2006/07/04(火) 15:38:14 ID:KJCisnz0
遺物の分布論ですか?
それとも遺構の分布論?
あるいは遺跡の分布論なのか?

答えが微妙に違ってきますが。

85 :出土地不明:2006/07/04(火) 23:15:00 ID:ynNh/tWl
>>84
お返事がおくれてしまってすみません。
一応全部教えてほしいのですが、長くて大変でしょうか?

86 :出土地不明:2006/07/05(水) 00:14:52 ID:2gPvE76/
>>81「公表成果はD論でなければいけないと言うこともないんだよな?」
教えておいてやる。D論は、一定テーマに即した公表成果の集合体+序章・終章+(必要なら:一定テーマの既発表論文の欠を補う論考)+全体をつなぐ論考もしくはそこに向かっての既発表論文の修整が最低条件。
「学会誌掲載が縁故で決まる」なんてレベルではない。
査読誌への掲載(複数以上。3編以上が望ましい。)は当たり前。
もしも査読誌掲載に縁故というか、有利不利があるとするならば、それへの掲載を目標に出来、近くにその査読誌の世話をしている人がいるか否か、つまり出しやすいか否かといった程度の環境のレベル。
D論のレベルまで来れば関係ない。
この点については>>82も同じ事。一つ二つの資料を使えないから書けないって、卒論・修論のレベルと一緒にしないでね。

87 :出土地不明:2006/07/05(水) 10:49:03 ID:OdfeKm4Z
>>85
遺物の分布の場合、
例えば遺跡の形成過程(どういう過程で堆積・埋没が進んだか)がわかったり、
場の機能(そこで何をしたのか)が推定できたりすることがある。

遺構の分布だと
例えば集落遺跡の場合、遺跡全体の空間構造や機能の使い分け(ここは墓地として使用、ここは貯蔵エリアみたいな違い)や
建物の配置からある程度の社会構造(ex.身分差が存在した)や親族構造が推定できることがある。

遺跡の分布からは、
どのような場所に遺跡が立地してるかで
当時の生業を考える場合の手掛かりになるし、
黒曜石やヒスイ、貝輪などの原産地が明らかな遺物の交易ルートがわかる場合がある。

ただし分布論はいずれの場合も、「発掘された」データに基づく考察・推定であって、
発掘されてない遺物・遺構・遺跡がデータに含まれてないことに注意する必要がある。

大雑把に言うとこんな感じでしょうか。
詳しい方は補足をお願いします。


88 :出土地不明:2006/07/06(木) 01:08:27 ID:8vpVk3iS
>>86
おっしゃる通りですが、目安としては他にいくつかの条件がありますね。
「400字詰原稿用紙換算で1000枚程度以上」「学位取得後1年以内の出版」など。ま、これは概ね5年以内と読み替えて良いかも知れないですけれど。

89 :出土地不明:2006/07/06(木) 23:33:23 ID:O5WXlB9G
あの〜
明治か国学院大学に行こうと思って勉強しているんですが
考古学でどの時代をやりたいとかってゆうのが
全く決まってないんです…orz
おすすめの時代とかってありますか?

90 :出土地不明:2006/07/07(金) 00:34:50 ID:IoDYCZhg
複数のスレッドに同趣旨の発言をするのはマナー違反ですが、逆に釣りではない可能性が高いと判断したので、自分なりの意見を書いてみます。
旧石器・縄文をやるなら関東・東北、弥生・古墳をやるなら関西以西の、少なくとも空気は吸っている必要があると思います。
明治、國學院は古墳時代には比較的強いけれどそれは先生たちが関西の空気を思いっきり吸ってきたから。ご参考まで。

91 :出土地不明:2006/07/07(金) 19:19:23 ID:iYEpW7c3
>>90
御意見ありがとうございます
マナー違反なんですか…すいませんでした
明治、国学院は旧石器・縄文なんですね
わかりました
本当にありがとうございます

92 :出土地不明:2006/07/07(金) 19:32:07 ID:WCe/Zyt6
「ひとつに絞れていない」のではなく「決まっていない」のですか?
具体的な対象は決まってないのに、とにかく考古学をやりたいと。
率直に言って、おじさんには理解不能です。
若い人の考え方を知りたい。なぜ考古学を志すにいたったのか、
きっかけを教えて下さい。
たいていは何かの本やテレビや展覧会、それと旅行の経験や
裏の畑に散らばってる土器が気になって…とかなにかしら原点があって
探求するテーマがそれに引っ張られて行くものだと思っていたのですが。

93 :出土地不明:2006/07/07(金) 20:54:42 ID:iYEpW7c3
>>92
確かにそれがもっともな意見だと思います
考えが浅はかすぎですよね
納得いくまでちゃんと調べもせずにみなさんに頼るのが間違いでした
一度しっかり自分なりに調べて
それでもわからないことがあればまた質問を書き込んでよろしいですか?

それときっかけはマンガになります
でもそれは考古学という名前が出てきただけで、あとは好奇心です
小さい頃から河原で石を探しては石器なのではないかと考えるのが好きだったのですが
いざそれを勉強しようと深くは考えていませんでした
でも進路を考えた今、マンガというきっかけでやってみたいと思いました

ちゃんと答えになっていなかったらすいません

94 :出土地不明:2006/07/07(金) 21:25:35 ID:PuNN3t9P
[通名]
公式書類にまで使える(会社登記、免許証、健康保険証など)。
民族系の金融機関に偽名で口座設立→犯罪、脱税し放題。
職業不定の在日タレントも無敵。
凶悪犯罪者の1/3は在日なのに実名では報道されない。

[生活保護]
家族の人数 × 4万円 + 家賃5万円 在日コリアンは、
ほぼ無条件で貰えます。
日本人は孤児だろうと病気だろうと、絶対に貰えない。
予算枠の大半を、人口比率1%未満に過ぎない在日が独占。
ニートは問題になっても、この特例は問題視されない。

[住民票]
「外国人登録原票」は通常、一般人では閲覧できない
(日本人の場合、債権関係の係争で住民票を閲覧される)。
「生活保護予算の大半は在日だけの特権保護費」

優雅な彼らを養っているのは我々の血税。日本は誰のための
国ですか?

http://tkj.jp/book/book_12138501.html >>


95 :出土地不明:2006/07/07(金) 22:11:03 ID:WCe/Zyt6
>>93 
受験勉強と平行してということになるけど、考古学のことを
ぜひ色々調べてみたらいいと思いますよ。志望校じたいを
見直すことになるかもしれません。
石器というキーワードが出ましたが、それが心の琴線に
触れていたりはしないんでしょうか?

マンガというのは心当たりがあります。私の同期や先輩後輩にも
マンガや映画に影響されて進学した人はいました。
ただ、最終的にほとんどの人が研究職には就きませんでしたが…

96 :90:2006/07/07(金) 23:48:34 ID:IoDYCZhg
>>91
レスを良く読んで欲しい。自分は「明治、国学院は旧石器・縄文」などとは言っていません。
明治の現在の先生方は「弥生」「古墳」「理論」あたりがご専門。
ただ、明治は長らく日本の旧石器・縄文の研究をリードしてきた。
正直な事言いますと、どこの大学でもどの時代、どの分野でも勉強はできます。あとは貴方の覚悟次第。
ただ、以前のレスにも書きましたが、いつかの時点で、研究上の資料が充実している(研究者が多い)地域の「空気をおもいっきり吸う」ことが大事だと思います。

97 :90:2006/07/08(土) 00:07:13 ID:oYfu2+1d
>>95
マンガというのは遭難したときにルヴァロワ型石器を作っていたあれでしょうか?
ナイフ形石器作れよな、と思わずつっこんでしまいましたが。
あのマンガはともかく、確かにインディジョーンズなどに憧れて考古学を始めたかれらは、現在私の周囲でも生き残っていません。

98 :出土地不明:2006/07/08(土) 00:09:28 ID:WnchUwBc
マスターキートン読んでた世代の知り合いが赤ポス就き始めてる

99 :出土地不明:2006/07/08(土) 01:11:18 ID:oYfu2+1d
知り合い、ということは本人ではないということですね。やはり不純な動機は痛いかも。

100 :出土地不明:2006/07/08(土) 01:14:29 ID:WnchUwBc
俺はドロップアウトで公務員組だもん

101 :出土地不明:2006/07/08(土) 01:18:12 ID:kYZ/LCjt
まあ動機なんて何でもいいでしょ
適当な学力と論文構成力と政治力がある奴が残るだけの話

102 :出土地不明:2006/07/08(土) 08:20:07 ID:1iN2zRGU
>>97
> あれでしょうか?

それですねw 勧められて私も読みました。
つっこみどころには事欠かないですが、まあ好きです。
遺跡に戦車落としたり金属器で銃弾受けたり、そういう展開には引きますが…

103 :出土地不明:2006/07/08(土) 11:01:01 ID:9T8YmLHA
>>あのマンガはともかく、確かにインディジョーンズなどに憧れて考古学を始めたかれらは、
現在私の周囲でも生き残っていません。

そりゃそうだよ、要領のいい人は人生を楽しむ術を知ってるから、考古を正職に選ばないのが
彼らにとっての正しい選択。


104 :出土地不明:2006/07/08(土) 17:54:25 ID:Bu53F9Vs
質問です、よろしくお願いします。
縄文生活の中期以降の停滞の要因は、気候の寒冷化以外に何が考えれますか?
最近、「日本の歴史 縄文の生活史 岡村道雄著」を読みました。
私の感じるところ、宗教的な精神方面に問題があるように思うのですが。
関連著書をお願いします。


105 :出土地不明:2006/07/16(日) 08:33:59 ID:7841PJey
こんにちは
学校の課題を進行していく上で、わからないことがあったので、よろしければご返答お願いします

奈良県橿原市新沢千塚126号墳より出土した、金製垂飾付き耳飾(上野の博物館で保管されています)
についてを調べているのですが、学校の図書室などでは資料がみつかりません

ですので、よろしければ、参考資料に成りえそうな書籍またはサイト等々を教えて頂きたいです
又、調査のテーマは資料を見ながら絞っていく予定になっているので、現在は特にありません

106 :出土地不明:2006/07/16(日) 09:54:06 ID:q/Uz+AFf
初心者ですが、質問させて下さい。
砂に埋もれていた町を発掘しているのを見て
疑問に思ったのですが、どうして
固まっているのに、掘っていてきれいに形が出てくるのでしょうか?
なぜ崩れないんですか?

107 :出土地不明:2006/07/16(日) 10:08:44 ID:VCg4bBB2
>>105
http://www.google.com/search?num=100&hl=ja&inlang=ja&q=%E6%96%B0%E6%B2%A2%E5%8D%83%E5%A1%9A126%E5%8F%B7%E5%A2%B3&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=
ネットじゃこの程度かも知れぬ。

108 :出土地不明:2006/07/17(月) 02:20:26 ID:kmMyolnr
無文字社会において、遠距離集落間の意思疎通はどんなのだったか
なんかイメージわきません。どうしても、口伝えですよね。
それにしてはたとえば関東の諸磯浅鉢の広がりとか、なんか腑におちません。

先学の参考書をおしえてくださればうれしい


109 :出土地不明:2006/07/17(月) 21:24:48 ID:nKGpzeFH
日本の考古学は編年や技術などでは世界でも評価されているそうですね。
だけど、論理(セオリー)や遺跡のマネージメントなどが発達していないと聞きました。
具体的にどのようなことなのでしょうか?
緊急調査とか行政調査がほとんどで学術調査があまりないことなのでしょうか?


110 :出土地不明:2006/07/17(月) 23:45:17 ID:PxyMRDmr
石器の石材の鑑定について学ぶためには、
どのような本がおすすめでしょうか?

111 :出土地不明:2006/07/18(火) 00:49:27 ID:t3BxEtF9
石材のCD岩石図鑑 がいいんでネ
発売元はググれば見つかる(宣伝ではない)

112 :105:2006/07/18(火) 13:27:10 ID:O0RJT6fq
>>108
どうもありがとうございます
大変参考になります

調べていくうちにいくつか疑問点がでてきましたので、お答え頂けるとうれしいです
小だしになってしまってすみません

この時代(古墳時代)の人は、どのようなルートで材料を確保していたのでしょうか?
朝鮮などからの輸入かと考えていますが、当時の貿易背景のようなものをテーマにしたいと思っていますので、何か参考になるサイト、またはお持ちの知識を拝借させていただきたいです

何度も失礼しますがよろしくお願いします

113 :110:2006/07/18(火) 20:27:13 ID:vY4VyD3c
>>111
ありがとうございます。見つかりました。
購入を検討してみます。

114 :出土地不明:2006/07/19(水) 02:44:33 ID:H8Rb1Pig
質問です。
今度課題でアドベというレンガを作ることになったんですが材料がいまいち分かりません。
普通の土でいいんでしょうか?それとも適した土はありますか?
また、作り方で分かりやすいやり方があったらご教授お願いします。

115 :出土地不明:2006/07/21(金) 10:06:49 ID:77n6/fL4
日干しレンガなの?

そこいらの粘土じゃダメかな。

116 :出土地不明:2006/07/24(月) 21:53:03 ID:tGCB3fJq
モンテリウスの古典式形式学はどういうものか教えてください。

117 :岩屋山亜式 ◆CAT9FZUkUk :2006/07/25(火) 00:04:09 ID:OG+zgf0r
>>116
1)一括出土遺物群の概念規定
2)痕跡(ルジメント)による型式変化の方向付け

118 :出土地不明:2006/07/25(火) 01:12:36 ID:l7jNO0mF
ありがとうございます。もう少しくわしく説明していただけないでしょうか?

119 :岩屋山亜式 ◆CAT9FZUkUk :2006/07/25(火) 09:29:30 ID:2WnIpG0D
>>118

1-a)「層位は型式に優先」の考え方の確立。
 特に一括資料の取扱いについては、今日でも学ぶべき点が多いのではなかろうか。

2-a)型式組列(セリエーション)の概念の確立。
 但し、その19世紀的進化論の影響を受けた一定方向的な変化の想定は、今日的には
単純に過ぎるか?

まあ、原文にあたってみて下さいね。
ttp://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9840339990

120 :出土地不明:2006/07/26(水) 07:43:18 ID:yPLD3xhj
>>113
それ買おうか迷ってた
買ったら感想教えて下さい

121 :出土地不明:2006/08/11(金) 12:21:45 ID:eTSWWJ10
沖の島はなぜ女人禁制なのですか?
古代から神聖な場所だったのでしょうか

122 :出土地不明:2006/08/23(水) 10:50:03 ID:boM5Ngc/
縄文時代の土器・土偶の写真集が欲しいのですが、お奨めの物は無いでしょうか。

江坂さんの『土偶』とかつてルーブルで開かれた縄文展の図録を持っているのですが江坂さんのは写真がモノクロ
な上に如何せん古さが否めず、ルーブルもフランス語が読めず宝の持ち腐れに。

123 :出土地不明:2006/09/08(金) 21:55:45 ID:i9BbMlD6
スフィンクスの微笑みについて調べているのですが、
微笑みの逸話や微笑んでる理由などが知りたいです。
よろしくお願いします。

124 :出土地不明:2006/09/11(月) 15:41:25 ID:ZirG20Vd
縄文時代以前の人間の暮らしの様子や文化がわかる本・資料などを教えてください。

125 :岩屋山亜式 ◆CAT9FZUkUk :2006/09/12(火) 12:14:53 ID:DTo2UBz8
>>124
縄文はよく解からないけど、入門書としてよさげですよ。図版もカラーだし。

勅使河原 彰(2003)『縄文の姿』白鳥舎
http://www.bk1.co.jp/product/02418394

126 :岩屋山亜式 ◆CAT9FZUkUk :2006/09/12(火) 12:16:21 ID:DTo2UBz8
>>125  すみません。

×  縄文の姿
○  縄文の素顔

127 :出土地不明:2006/09/12(火) 13:53:06 ID:B/v9VPmW
唯一キャンプ地を確保できなかった国
http://020.gamushara.net/bbs/giron/html/680.html

★参加国中、唯一キャンプ地をドイツに確保できなかった韓国
韓国のキャンプ地をドイツの各都市が嫌がって韓国のキャンプ地誘致にどこも名乗りを上げなかった。
結局、キャンプ地が決まらなかった。
親善試合をしたくても、参加国は韓国とはしたくない。前大会でフランスのジダンが怪我させられたから。 欧州各国は前大会の行いを見てるから、 親善試合は受けてくれない。
★キャンプは断固拒否され★宿泊のみ、ようやくケルンが渋々呑んだ。★
★宿泊=ケルン(★ドイツ★)
★キャンプ=グラスゴー(★イギリス・スコットランド★) という
参加国中唯一の奇妙な形態をとる形となった。
だいたい韓国代表チームのドイツ国内の拠点に立候補した都市がゼロ。
韓国側から申し込んでもすべて拒否。
FIFAに泣きついてやっと決まったが、大会開催中の宿泊のみでキャンプはドイツ国外。w
親善試合も相手がいない。直前の対戦相手も難航。ユニ交換も拒否。w


128 :出土地不明:2006/09/14(木) 18:12:52 ID:MhLyAFGO
人類の進化について、詳しく優しい入門書を読みたいと思うのですが、お薦めってありますか?
私は高校生世界史程度の知識しかありません。

よろしくお願いします。

129 :岩屋山亜式 ◆CAT9FZUkUk :2006/09/14(木) 18:19:49 ID:XI7Czslg
>>128
下記のサイトを参照のこと。

河合信和の人類学
ttp://nobukazu-web.hp.infoseek.co.jp/

130 :出土地不明:2006/09/14(木) 18:28:19 ID:MhLyAFGO
>>129
面白そうです。ご親切にありがとうございました。

131 :出土地不明:2006/09/24(日) 10:03:44 ID:IqMn4RAw
ペトログラフに下心付きの興味がありますがどのスレに行くべきですか?

132 :出土地不明:2006/09/27(水) 22:06:39 ID:6BLA6mzh
質問です。
装飾古墳とその他の古墳(前方後円墳等)では、
通説はその他の古墳の方が古いのですが、
装飾古墳が古いとは考えられませんですか?

古墳は大陸文化の影響を指摘されていますが、
もし秦の始皇帝陵が初期古墳だと考えたとすると、
その後退化して、
装飾古墳が先に出来て、
前方後円墳で終焉したのでは?
と言う仮説が建ちました。

不合理な部分も多いとは思いますが、
専門家の方々のご意見を教えてください。


133 :出土地不明:2006/09/27(水) 22:07:20 ID:6BLA6mzh
そうりー

134 :岩屋山亜式 ◆CAT9FZUkUk :2006/09/28(木) 15:25:35 ID:X4Gfxc66
>>132

えぇ〜とですねぇ〜、
横穴古墳や横穴式石室墳などの横穴系埋葬主体部に装飾が加えられている
ものを、普通は「装飾古墳」と呼んでいます。
だから、前方後円墳の横穴式石室に装飾されているものも多いのです。
したがって、「装飾古墳とその他の古墳(前方後円墳等)」と云うふうに
対比的に捉えることに、先ず無理があります。

135 :出土地不明:2006/09/28(木) 22:20:40 ID:AhPoRIX4
>>132 衝撃的な内容ですね

136 :出土地不明:2006/09/29(金) 02:43:32 ID:p/cSOnai
くだらない質問なのですが、
エジプトの壁画とかソッチ系のわりと大き目の画像をGoogleのイメージ検索で検索したいのですが、
いまいちどういうワードでぐぐればいいのかわかりません
ひっかかりやすいワード、あるいはサイトとかあったらおしえてほしいです。
Pharaoh、totomes、Nebet=Het、anubisなどでは検索してみました

137 :出土地不明:2006/09/29(金) 08:41:01 ID:0U8h8yle
ある時期に日本の考古学は50年遅れたと言われましたが、どこまで取り戻したのでしょうか?

138 :出土地不明:2006/09/29(金) 13:56:40 ID:0V85/k33
>>136
egyptian relief だけでも腐るほど出てくる件

139 :出土地不明:2006/09/29(金) 15:42:29 ID:p/cSOnai
>>138
ありがとうございました、いっぱいでてきました!w

140 :出土地不明:2006/09/30(土) 11:17:17 ID:19jz702f
>>134
それで終りですか? 返事になってませんよね 
定義ならある程度私も勉強した上でご質問しました。
古墳のタイプの厳密な区分は、当然不可能ですよね。

>>132の仮説が成り立つかどうか質問したつもりです。
大括りで考えて頂いて、それが成り立つかどうかお聞きしたのです。

141 :出土地不明:2006/09/30(土) 12:51:31 ID:ugzvTVAT
>>140 クン 自説に懲りすぎていない? 先学に教えを乞う時は、自らの発言や態度から気付けなさいよ!

岩屋山亜式先生には、礼節を知りなさい。この大先生をダレ様と知っているのか?ご無礼ですぞ!!


142 :岩屋山亜式 ◆CAT9FZUkUk :2006/09/30(土) 17:58:56 ID:t9XMxl9p
>>140 >>132

>装飾古墳が先に出来て、
>前方後円墳で終焉したのでは?
>と言う仮説が建ちました。

成り立ちませんね.

前方後円墳は3世紀末には成立していたと考えられています.
装飾古墳が流行するのは,6世紀後半からです.
暦年代が修正される事は今後あっても,この新旧関係が逆転することは有り得ません.

143 :出土地不明:2006/09/30(土) 20:32:36 ID:99UwrCFf
>>141
オレも知らないんだけど、ダレ様なの?

>>140
3世紀代の装飾古墳が発見されれば、成り立たないこともない。
がんばって探してくれ。

144 :出土地不明:2006/09/30(土) 20:40:37 ID:UgM4Aids
>>141
だれ様なんですか?

+   +
  ∧_∧  +
 (0゚・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゚∪ ∪ +        
 と__)__) +

145 :出土地不明:2006/10/01(日) 13:33:29 ID:jRlEZyjY
>>141 何方様?
>>142 主旨が解っていないね、通説を聞きたかったのか>>140は?


146 :出土地不明:2006/10/01(日) 17:07:06 ID:uT1hH67a
                      考古学          

 「 女子高生コンクリート詰め殺人事件 」
昭和63年11月夕方、足立区東綾瀬で女子高校生が帰宅中に少年らに拉致
され、少年の自宅に40日間監禁され強姦・殺害されました。監禁中に食事
はほとんど与えられず、尿を飲まされたそうです。少年らはステレオをかけ、
女子高校生を音楽に合わせて全裸で踊らされ、歌の合間に一斉に蹴りました。
女子高校生の遺体は、歯が殆ど折れ、全身火傷、陰毛が剃られ、性器には
オロナミンCの瓶が突き刺ささったままで、肛門は形がなかったそうです。
性器を灰皿代わりにしたなどの虐待の悲惨な様子のHPにあります。 :
http://www8.ocn.ne.jp 」と
「 /~moonston/lynch.htm 」と結合させてひと続きにすると接続できます。
犯人はほとんど6年程度で出所しているそうです。
法務省は考えてほしいものです。 TEL O3−3580−4111


147 :出土地不明:2006/10/02(月) 01:56:58 ID:HCeUjTsX
再葬墓についての主な研究者を教えてもらえないでしょうか?

148 :出土地不明:2006/10/02(月) 11:43:37 ID:MUEoK7G4
岩屋山亜式先生、有難う御座います。私ども学芸関係者からもエールを贈らせて頂きます。
解説の奥深さ、幅の知識、最新の考古視点、素人への易しい考古説明・・・・センター在籍クラスのお方では有りませんよ。
こんな広域板でも懸命に考古学の普及に情熱を注いでくれて・・・・本当に、岩屋山亜式先生には頭が下がります。
迷惑メール対策で・・・伏せざる得ませんが・・・考古学に関係している方なら、先生の推定が出来るはずです。
 「岩屋山亜式」先生、参加していただき深謝、尊敬、感謝です。  N博考古 M生

149 :出土地不明:2006/10/02(月) 21:35:17 ID:0y2Ohe0s
>>140
ちゃんと勉強してる人なんて住んでないよ。 
悪い事言わないから、別に聞いた方がいいよ。

150 :出土地不明:2006/10/03(火) 10:05:23 ID:nZIdplgI
>>149へ 「世の中で一番みじめな事は人間として教養の無い事です」(福澤諭吉)
       _,___
      /   __`ヾ),_
     /〃 (⌒゛`ヾv"ヽミ、 
    i / /´ _ニ=-=ニ .i l|
    | 彳  〃_.   _ヾ!/ 
    | _ !"  ´゜`冫く´゜`l   
    (^ゝ "  ,r_、_.)、 |
     ヽ_j   、 /,.ー=-、i リ  <あなたは何も知らないのですねぇ・・・
    __/\_ "ヽ  ^ )ソ_
   |ヽ. |  |` ー--ィ´i |
   |   > |、/□、/| < |
   |  i \|   / |  |o/i |

151 :出土地不明:2006/10/03(火) 23:34:25 ID:j840n4Vh
「クィアな考古学」というスレは
どこへ行きましたか?


152 :出土地不明:2006/10/04(水) 19:33:35 ID:d4Br1nU9
初心者ですいません。
遺跡発掘の現場でラジコンヘリと機械が満載されたバンで何かを計測してました
空中撮影で埋まっていて、見えない遺構の構造がわかったりするんでしょうか?

153 :出土地不明:2006/10/04(水) 19:57:58 ID:q+8dEB1K


http://society3.2ch.net/test/read.cgi/atom/1159150492/102


まぁいいから見てみろって

154 :出土地不明:2006/10/05(木) 20:30:04 ID:vBbpkCFe
その昔、万年通宝という古銭を地面下より堀当てて古銭屋に売り飛ばした
事がある。価値的にどうか知ってる人いてる?

155 :出土地不明:2006/10/06(金) 11:17:59 ID:ALZa8XqF
>>152
それは単なる空撮か
もしくは写真測量じゃないの

156 :出土地不明:2006/10/06(金) 16:30:39 ID:i0eutngZ
157 :夢見る名無しさん :2006/07/10(月) 22:53:34 O
時々目にする「竹石圭佑」という奴をまとめてみました…

@両親が在日(中国人)。名古屋在中?
A顔が出目金or宇宙人そっくり。
B新成人だが、知能が小学生程度(理由は下記の事項より)。
C「自分より力の弱い」女子生徒や女子教師をイジメの格好の的としていた。
D意中の女子には例外なく「ちょっかい」を出して気を引こうとしていた。
E万引きで数回捕まり、長期停学を検討していた(らしい)校長や他職員に大声で泣きながら謝罪。廊下まで泣き声が響いたらしい。
F自分は一般人とは違うと思っており、異常なほどの目立ちたがり屋で注目される為なら何でもする。
Gあまりにも女子に相手にされないことから気が触れ(?)、後輩や仲の良い男子生徒にも手を出す。噂だが注意が必要。
…ちなみにこれらは竹石圭佑の一部にすぎないらしく、
詳しく知りたいならば本人に直接聞くのが一番手っ取り早いそうです。


157 :出土地不明:2006/10/08(日) 22:38:16 ID:oKbcQkAC
>>156
竹石ってあの有名人かな?

158 :便所飯:2006/10/15(日) 15:34:52 ID:iWfbsGOp
質問です。

過去の人類の歴史において、便所で食事を取るような文化は存在しましたでしょうか(いわゆる便所飯)?。
数としては多ければ多いほど良いので、そのような例をご存知でしたらどうかご教示願います。

期限が一週間ほどしかないため、いくつかの板の質問スレで聞いております。ご容赦ください。
勝手なお願いですが、どうかよろしくお願いします。



159 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/10/16(月) 13:42:40 ID:ejBwh22F
>>154
>価値的にどうか知ってる人いてる?

オークションで1900円で売ってるよ。

−−−−−(引用開始)−−−−−
商品の情報
現在の価格: 1,900 円
http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c128767239?u=tefutefu195

160 :出土地不明:2006/10/27(金) 23:44:30 ID:7ihYcbl7
恥ずかしいけどお尋ねします。

研究者対象ふうのシンポとか研究会とかに、無学の一般ド素人が
参加聴講するていうののは…、つまりなんというか、浮きまくりですかね?

具体的には11月25日〜26日の公開研究会「異系統土器の出会い」(東大)と
同じく11月25日〜26日国際研究会「日朝古墳時代の年代観」
に、ひどく魅力を感じているのですが、そういう会場って、俺みたいな
ド素人が行けるような空気なんでしょうかね?


161 :出土地不明:2006/10/28(土) 02:04:22 ID:tizKssYn
シンポによる
東大の一教室でやるようなのは見知った顔しかいないうえ
参加者10人程度なんて事もあるから「誰あれ?」状態になるし
いくつもの分野の人が入り乱れる大きな研究会なら
どっかのおっさんが来てても分からない

入り口で所属チェックとかあるとこも少なくないけど
一般歓迎を表に出してる研究会もあったりする
研究会に問い合わせるとかしてみたら

162 :出土地不明:2006/10/28(土) 06:42:14 ID:mMo/Jd3n
たぶん東大の方は、普通に入れると思うよ。
人それなりに来るだろうし、遠くからも人来るし。
前回も人多かったし。

163 :出土地不明:2006/10/29(日) 00:29:20 ID:RTwX8iNt
>>161 >>162
ありがとうございました。
なんというか、小心者としては
ものすごい参考になりました。
東大のほう、こっそり行ってみようかな

164 :出土地不明:2006/11/08(水) 02:42:43 ID:d6j2RL7g
この板は2年前くらいと比べると
ものすごく人が減ってませんか? なんでですか?
初心者としてもさびしい

165 :出土地不明:2006/11/08(水) 10:37:02 ID:iIZpknP9
昔からこんなもんだろ

166 :出土地不明:2006/11/11(土) 14:34:08 ID:vQZ91JP/
インカの遺跡を見て考古学に興味が沸いた理系出身の完全初心者です。
土器や遺跡などを調べて当時の生活や信仰などを「どのように」解明
していくかに特に興味が沸いて勉強してみたいのですが、何から手を
つけて良いかわかりません(本屋を眺めてみましたが皆目検討もつかず…)。
何かヒントだけでも頂けないでしょうか。宜しくお願いします。

167 :出土地不明:2006/11/11(土) 17:41:11 ID:X1YdW1+a
「どのように」ということでしたら、まずは概説書になるのでしょうか。

・藤本強 2000 『考古学の方法-調査と分析-』 東京大学出版会 2700円
・鈴木公雄 1988 『考古学入門』 東京大学出版会 2200円
・C・ギャンブル(田村隆 訳) 2004 『入門現代考古学』 同成社 3600円

とか。


168 :166:2006/11/11(土) 17:47:41 ID:vQZ91JP/
>>167

あ、まさにこのような本だと思います。
早速のご回答有難うございました!

169 :出土地不明:2006/11/12(日) 19:24:16 ID:v1928vAE
大田区郷土博物館の横穴墓展で
須恵器のフラスコ形長頸瓶(壷?)というのをいくつか観てきたのですが、
これって胴部の輪づみ痕というか巻き上げ痕が縦なんですねえ。形はふつうの壷なのに。
帰宅後、疑問がどんどん膨れ上がり、貧しい蔵書とネットで調べてみたのですが、
どうも知りたいことにぶつからずにいます。

いつから、どこから、どのように、こんな奇妙な作りの須恵器が生まれたのか。
ふつうの壷じゃだめだったのか? などなど。

よろしければフラスコ形長頸瓶(壷?)についてご教示or参考図書(サイト)紹介
お願いいたします。




170 :出土地不明:2006/11/14(火) 02:29:19 ID:DUT1+d6W
古代人(民族・部族は問わない)の栄養の概念ってどんなものだったんでしょうか?

寿命が短かったとは言っても40〜50年は普通に生きてたわけですから、
そこまで栄養バランスが崩れてたとは思えません。
とはいうものの、大航海時代においても壊血病に苦しんだぐらいですから、
過去に置いては栄養バランスのような概念は無く、
カロリーが取れれば充分としていたようにも思います。

171 :出土地不明:2006/11/14(火) 19:21:43 ID:jnWkSkhv
亀棺って価値のあるものなんでしょうか?
実はある神社付近で亀棺と人骨が出てきたのですが
大騒ぎになるのを恐れて埋め戻したそうなんです。


172 :出土地不明:2006/11/14(火) 19:22:44 ID:pR4qk33A
「きゅうはん」 とは何でしょう?
よく聞くのですが・・・・学会?

173 :岩屋山亜式 ◆CAT9FZUkUk :2006/11/15(水) 02:08:36 ID:LNYI2wYP
>>172

>きゅうはん

それは「九阪研究会」(関西地区は「阪九」と呼ぶらしいが)のことでしょう.今では「埋蔵文化財
研究会」呼ぶらしですが…
もともとは1970年代後半に,九州と関西の若手・中堅研究者(もちろん行政担当者が主体)が土器
の実物を持ち寄る会として発足したらしいです.年2回,九州と関西の持ち回りで開催されました.
初期には古代・中世がメインだったらしいですが,後に様々テーマで行われるようになり,古代・中
世の主要メンバーは「中近世土器研究会」に分離したようです.
1980年代後半からは徒らに資料集の厚みを競うようになり,参加者数百人規模の研究集会となりま
した.
前世紀末にはかなり衰退してきたようですが,現在でもなお続いているようです.

174 :田中:2006/11/15(水) 02:12:16 ID:+3wHOMct
大和川原寺出土の緑釉波文磚が百済滅亡期に亡命してきた工人によって
作られたと言うのは本当でしょうか?どなたかこの説の出典をご存じ
でしたらご教授下さい。

175 :出土地不明:2006/11/15(水) 03:20:26 ID:RJ5lq9cu
須恵器編年について。
ふつうの書籍ではほとんどTK〜期だから云々、とか書かれてるのに、
今書店で手にはいる須恵器の本は、TKとかの云い方
をほとんど無視してる
ように思えるのですが、これはなぜでしょう?

TK73とかTK43とかしょっちゅうに目にするのに
土器の本だとたいていは、1とかUとか別の枠組みで語られてますよね。
で、たとえばTK73の特徴とか、よくわからんくなってしまう


176 :出土地不明:2006/11/15(水) 19:49:06 ID:N5NAzHXw
遺跡ってなんで地下に埋まってるんですか?

177 :出土地不明:2006/11/16(木) 16:10:56 ID:bVdq0u8B
女子高生・OL・素人の○○を全部見せます!
画像掲示板(エロ画像可)
http://katamichi.homeip.net/imgbbs/index.htm

178 :出土地不明:2006/11/17(金) 00:29:47 ID:+NBbAsQp
>>171
地域による。周辺の博物館で実物を見ることが出来るならば「大騒ぎ」にはならない。
むしろ邪魔なのでタダで配ってるくらい。

>>172
名称は、究班という書名に残っている。
基本的にいろんな集成をやってくれる便利屋さん。感謝して使いましょう。

>>174
知らん。

>>175
「普通の書籍」と、「今書店で手に入る須恵器の本」の差を示してくれ。
例示してもよい。

>>176
専用スレがあるので参照のこと。

>>177
無料なら見る。ただし、居ニュウが必須条件。




179 :175:2006/11/18(土) 03:47:21 ID:c+26tVCd
>>176
「今書店で手に入る須恵器の本」→たとえば…
『土師器と須恵器(東京書籍)』『古墳時代の研究6/土師器と須恵器』
↑これらを読んでも例えばTK43の特徴はわからない。

ところが、さきたま古墳群将軍塚出土の土器は「TK43」だとかいわれる。

180 :176:2006/11/19(日) 11:51:43 ID:nwhoxn7i
>>178
ありがとうございます。

181 :出土地不明:2006/11/25(土) 16:26:04 ID:u1J1rYTj
ところで浦沢の漫画「マスターキートン」の学者能力はどんなもんでしょうか?

182 :出土地不明:2006/11/26(日) 00:37:44 ID:F+KhqcKg
姥山貝塚の1住居内5遺体が、中毒などによる同時死である
…みたいな説はもはや古いのでしょうか?
そう思い込んでいたのですが、某講演会で
あれは廃屋墓だという話を聴いたので

183 :出土地不明:2006/11/26(日) 16:19:20 ID:zFKBwnIX
http://news18.2ch.net/news4plus/

184 :出土地不明:2006/11/28(火) 03:19:55 ID:IsTXGvCf
東京都下野谷遺跡は
完掘されれば縄文中期としては少なくとも関東最大、
もしかして三内丸山以上の巨大集落の可能性がある
というのはマジですか?

185 :出土地不明:2006/12/03(日) 00:34:43 ID:gIOFLssS
高松塚古墳を元に戻すと言う事らしいのですが、
どうしてですか?
うまく保存出来ないのですか?


186 :出土地不明:2006/12/04(月) 00:20:15 ID:s+tUCzBS
高塚墳と墳丘の違いを教えてください。

187 :出土地不明:2006/12/04(月) 23:41:23 ID:1YlTqQ+N
二つの顔を持つ埴輪の意味を教えて下さい

188 :出土地不明:2006/12/05(火) 04:11:07 ID:SRa6+VQh
俺も
二つの顔を持つ埴輪の意味が知りたいです

189 :出土地不明:2006/12/05(火) 12:05:05 ID:wn6Qkx0y
片方は柔らかい表情で、もう片方は意地悪そうな表情と見えるけど
気になるのは意地悪そうな顔の方は口蓋裂唇なんだよね。
どういう意味なんだか…
それとも動物風の表現なのかな?

190 :出土地不明:2006/12/06(水) 12:29:39 ID:TfNP6stS
埼玉県新座市ですが、雑木林で木を根元から抜くと縄文式土器の破片や骨が出土するのですがなぜでしょうか?

191 :出土地不明:2006/12/06(水) 13:40:14 ID:KNeBRA0P
それは埋蔵文化財包蔵地(簡単に言うと昔、人が住んでいた
痕跡がある場所)だからです。
現在認識されているかどうかは分かりませんが、その場所は遺跡
、おそらく貝塚なのだと思います。

なるべく破壊しないように
現状のまま保全することが望ましいと思われます。
詳しいことは教育委員会などに、問い合わせてみるのが
よいでしょう。


192 :出土地不明:2006/12/06(水) 14:00:29 ID:TfNP6stS
〉191 私が小学生でカブト虫を捕りに行き、見つけた話で今だにその小高い雑木林はありますが誰も知らないようで荒らされてはいません。不思議なのは木を掘り起こすと根元から大量に出ることです

193 :出土地不明:2006/12/06(水) 16:18:39 ID:KNeBRA0P
>>192
その遺跡からは骨などが見つかる状況であるようですし、
樹根は有機養分を求めて伸びますから、その根の周りに
遺物が集まるのは自然なことではないでしょうか。

本郷にある弥生式土器の標式遺跡が所在不明になったとき、
倒木の根に貝殻がたくさん付いているのを不思議に思った
子どもの見聞が、遺跡再発見のきっかけになったといいます。

194 :出土地不明:2006/12/06(水) 17:09:43 ID:TfNP6stS
〉193 そこから出土することはどこかの機関に知らせた方が良いのですか? 私はこの方面に詳しくはないので。

195 :出土地不明:2006/12/06(水) 18:46:14 ID:KNeBRA0P
>>194
埋蔵文化財の包蔵地は、発掘調査はされていなくても
自治体などによる分布・確認調査などによって遺跡
として認識されているものがあります。

その場合には、その場所をそのままの状態で保全して
おけばよいと思います。もし、その場所が開発される
おそれがある場合でも、周知の遺跡であると認識され
ていれば、自治体などによって然るべき措置が取られ
ますので、とりあえずは大丈夫です。

しかし、その場所が周知の埋蔵文化財包蔵地と認識
されていない新発見の遺跡であるならば、自治体の
文化財係に伝えるのが宜しいかと思います。

もし、194 さんが、労を厭わないのでしたら、
教育委員会などに、この場所が遺跡であるかどうか
問い合わせてみてはいかがでしょうか。


あるいは、直接リンクは控えますが

奈良文化財研究所という独立行政法人のサイトに
「公開データベース」というものがありますので、
そこの「遺跡データベース」を選択して検索をして
みてはいかがでしょうか。

その場合、「第一ソート」のプルダウンメニューを
「所在地コード」にして「言葉」のところに
193さんのおっしゃっている場所の町名・字名などを
入れて探してみてください。

全ての遺跡を網羅しているわけではありませんが、
けっこうヒットします。

196 :出土地不明:2006/12/06(水) 20:19:57 ID:TfNP6stS
〉195 わかりました。調べてみますね。いろいろ教えて頂き勉強になりました!

197 :出土地不明:2006/12/19(火) 00:12:41 ID:QfxBxUhS
てす

198 :出土地不明:2006/12/19(火) 14:04:21 ID:5Sxyzqbx
移動式の建物、例えばインディアンの居住スタイル・モンゴルの居住スタイルに関心があります。
日本であのような建物で暮らすということはできますか?
特に縄文時代・弥生時代あたりで。
湿気が多くて無理でしょうか

199 :出土地不明:2006/12/19(火) 15:19:20 ID:R6PRJnBR
たぶん時期によっては、そういう生活をしていた
と思いますよ。縄文・弥生時代とひとくちにいっても、
列島で文字が使われるようになってから
現在までの時間をあわせたよりも、ずっと長い
時代ですから。

移動しないと生きていけない時期もあったはずです。
ただ、そういう生活についての証拠はなかなか
見つかりませんからね。柱穴が浅いとか、床面が
フカフカだとか、そういう状況証拠はありますが。

200 :出土地不明:2006/12/19(火) 15:25:53 ID:5Sxyzqbx
早速ありがとうございます。
可能性があるとわかって、うれしいです。
部屋の中の快適さなどはどうだったか、なんてわかりますか?
タテアナ式は結構厳しいとききました。
中で煙をたいたら一酸化中毒で死にますよね?

201 :出土地不明:2006/12/19(火) 17:34:03 ID:xpQuzcew
そんなに気密性は高くないと思われ。

202 :出土地不明:2006/12/19(火) 19:30:55 ID:5Sxyzqbx
ありがとうございました。
ということは、冬なんか寒かったんでしょうね。
毛皮の布団なんかでねていたのかな…

203 :出土地不明:2006/12/20(水) 20:26:48 ID:mioO0ZIl
>>202です。
重ね重ねすみませんが、古代の(縄文、弥生)狩猟方法が詳しく乗った本を探しています。
教えてください。

204 :出土地不明:2006/12/20(水) 22:11:02 ID:G4HfFgIf


http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1150543737/62

亀田vsランダエダ

またもや不正疑惑

205 :出土地不明:2006/12/20(水) 23:30:02 ID:NTB1x7bb
そうですね。

論文とかではなくて
手ごろで、実践的な本だと、楠本政助さん
の本など宜しいかと思います。

でも古代の狩猟法とかっていうのは、
民俗学から受け取ったところが
大きいですから、『磯漁の話』とか
そっち系の本が宜しいのかも。

霧ヶ峰とか読んでも、ねぇ。

206 :出土地不明:2006/12/21(木) 00:42:59 ID:O5K91qfQ
すいません。
訂正です。霧ヶ峰じゃなくて霧ヶ丘です。

蛇足ですが...

207 :出土地不明:2006/12/22(金) 18:59:19 ID:T54RITqs
奈良県桜井市の、有名な箸墓古墳について。

この古墳からこぼれ落ちたとみられる石材が、鑑定の結果、
大阪府柏原市にある芝山から運ばれたことが判った、と、
よく考古学の本などに書かれています。

で質問ですが、この石材は、いまどこに保管されているのでしょう?
実際に見てみたいのですが、手続きをすれば見学可能ですか?

208 :出土地不明:2006/12/22(金) 19:29:40 ID:xMW3ogX0
人は他物と接することで人格形成するのだったら、一番最初は無機的なモノだったという学説はないの?


209 :出土地不明:2006/12/22(金) 20:03:29 ID:UnB3SwIJ
>>207
考古学・文化財系の学生あるいは研究者なら手紙等で希望すればいい。
橿考研が持ってるのか、桜井市が持ってるかわからんけど。どっちに
してもまず有無を問い合わせたら?一般人だと実見は難しいかもしれ
ないけど。

210 :出土地不明:2006/12/23(土) 22:52:15 ID:0Zr6kj9Q
五領ケ台式土器。写真や図は目にしたことはあるのですが
今日、某考古学展で1点だけ初めて実物を見て、非常に興味を持ちました。
常設で五領ケ台式土器を多数見れる資料館ってどこかないですか?

73 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)