5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

山東省青州市香山の墓から、西漢時代の文物発見

1 :新宿:2006/07/05(水) 01:36:09 ID:e0KGBv9E
香山にある漢時代のこの墓は、山東省青州市香山
(さんようしょう·せいしゅうし シャンサン)
譚坊鎮大趙村(タンファンジェン·ダーチョウツン)
の北西に位置している。2006年6月4日、
現地の建築会社が土を掘削している時に見つけたという。
山東省文物考古研究所の専門家によると、
墓は南北7.3m、東西5.1mで、埋葬品の種類が多く、
その数は千件余りに上るという。
鼎(三本足のかなえ)、箱、壷、皿、耳杯
(楕円形の器口の両長辺に翼状の把手のつけられた杯)のほか、
陶俑類(陶土で作られた人形)には、人の直立、
騎馬の様子をした物、その他に馬、牛、豚、犬などが見られる。
色も鮮やかということで、赤、白、黒、ブラウンを使った図柄で、
とても鮮明に絵が浮き出ている。出土した物品と墓の形から、
西漢前期(紀元前206〜紀元後8年)のものと見られ、
漢時代の考古学研究資料としてとても重要だと指摘されている。

2 :池袋:2006/07/05(水) 01:36:44 ID:e0KGBv9E
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=1164

3 :出土地不明:2006/07/05(水) 01:43:06 ID:hiR6iK6p
日本の昭和30年代みたいにオリンピック景気に伴う
工事で遺跡がバンバン発見されてるが、公表されずに
抹殺されてる遺跡はその10倍はあるんだろうな。

なにせ金の亡者&言論抹殺の共産党のお国。

4 :出土地不明:2006/07/05(水) 13:15:55 ID:NFvXZXgk
>鼎(三本足のかなえ)、
>耳杯(楕円形の器口の両長辺に翼状の把手のつけられた杯)
>赤、白、黒、ブラウンを使った図柄 ← 加彩灰陶


日本の弥生遺跡から出てこないものばーっかり(嘲笑)




2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)