5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

漢民族絶滅の真偽

1 :名無的発言者:2005/09/23(金) 04:55:08
http://zhongguo.livedoor.biz/archives/50043692.html
最近ネット上でまことしやかに流れている漢民族絶滅論。
元ネタは岡田英弘の「この厄介な国、中国」である。
細かい説明は省くがこの本には漢末期に漢民族は五百万人までに激減し、異民族にとって代わられたと書いてある。

五百万人?
この五百万人という数字を鵜呑みにしたとして、そこにいったいどれくらいの異民族が流入すれば絶滅したなんていえるんだろう。
しかもこの本にはどれくらいの異民族が流入したか

書いていない。

五百万人も残っていてしかも流入した異民族の数すら書かずに

「絶滅した」

とか書いちゃってるのである。
しかもこの五百万人説もかなり怪しい。
ただ単純に流民が大量に発生したのと三国時代の各政権に人口把握能力がなかっただけだという説が有力である。
しかも岡田英弘の数え方によると城壁の中に住んでる人間だけが漢民族にカウントされる。文化的に連続性のある人間は無視されるのである。
またなんと城壁の中から出て行くともう漢民族じゃなくなってしまうのである。
ちなみに260年ぐらいに三国時代が終わったとして280年にはもう千六百万人と不自然なぐらいに増えている。
普通に考えると政治が安定してきて人口の把握能力が強化されただけである。
もしその三分の二が異民族だったとしてもとても絶滅とはいえない。
今まで平気で「漢民族は実は絶滅してたんだよ。」なんていっていた人は今後気をつけよう。
ちなみにこの本「この厄介な国、中国」にはまだまだおかしな内容がたくさんあるので随時紹介していこうと思う。


2 :名無的発言者:2005/09/23(金) 05:05:17
現地に行って数えたのさ

3 :名無的発言者:2005/09/23(金) 10:45:58
あの先生はDQNで有名だから・・・
いまさらいわなくても。

4 :名無的発言者:2005/09/23(金) 11:22:08
歴史書で語られる民族と近現代で語られる民族とでは、
その意味も連続性の有無も大分違うものになるから注意が必要。

その論理でいけば、特に中国でよく言われるウイグル族。
古代ウイグル族と現代ウイグル族はそれほど強固な歴史的連続性を
有している訳ではないから、彼らが現在どんなに民族的帰属意識が
強くても、あくまで行政上で分類された存在でしかないと語られる。

「この厄介な国」は、「嫌韓流」と同様に小林よしのりの手法を用いた
便乗本の域をまだ出ていない作品ではあるだろう。
とは言え、日本人が議論し世論化するに値する内容も少なくはないのだが。
学術的な批判を行なうべきところで行なっていくのが、ベストだろうな。

5 :名無的発言者:2005/09/24(土) 10:20:49
ああいるいる。
漢民族絶滅したらしいとか言う馬鹿。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)