5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

チベットのために捧げた人生*H・ハラー氏永眠

1 :名無的発言者:2006/01/09(月) 17:53:50
ハインリヒ・ハラー氏がなくなったそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060108-00000099-reu-ent
セブン・イヤーズ・イン・チベットの原作者で、中国に侵略される前のチベットを知る数少ない生き証人だった人。
中国は時間稼ぎをして、こうやって生き証人が亡くなっていくのを待っているんだろう。
そして、チベット人を虐殺し、不法に植民地化している事を既成事実化してしまうつもりなんだろう。
14世ももう70歳を超えられている。残された時間は長くない。
チベットを守りたい。


2 :名無的発言者:2006/01/10(火) 00:29:01
セブンイヤーズ・イン・チベットをテレビで放映してほしい。

3 :名無的発言者:2006/01/10(火) 01:59:01
日本や台湾も将来こうなるかもしれないな…。
相変わらず中国は、悪い国だ。

4 :名無的発言者:2006/01/11(水) 00:07:30
 [ウィーン 7日 ロイター] 映画「セブン・イヤーズ・イン・チベット」(ブラッド・ピット主演)のモデルになったオーストリアの登山家、ハインリヒ・ハラー氏が7日に死去した。93歳だった。
 同氏はヒマラヤ登山中だった1939年にインド北部で英軍の捕虜となったが、1944年に収容所を脱出。チベットに逃れ、1946─1951年までラサに滞在し、そこでダライラマと親交を深めた。
 チベットに関する著作を持ち、ハラー氏と個人的な親交があった英国人研究家のロジャー・クロストン氏は、ハラー氏は人生の大半をチベットの人々のために捧げた、と同氏の死を悼んだ。
(ロイター) - 1月8日15時7分更新


5 :名無的発言者:2006/01/11(水) 00:09:37
ヤフーニュースの写真、2006年ロイターって載ってるけど、
2006年ってまだ10日しか経ってないよね。
ってことは、ごくごく最近の写真?
いつのだろう?

6 :名無的発言者:2006/01/11(水) 00:27:17
大日本帝国が漢人の挑発に載せられ(第二次上海事変、通州虐殺)
アメリカに追い詰められて(石油禁輸措置、ハル・ノート)破滅しなければ、
今頃は「チベット仏教国」「東トルキスタン共和国」「満州国」が存在し、
内モンゴルはモンゴルに統一されて人々は平和に暮らしていたのだろうと思うと・・・

本当に悲しいですね。

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)