5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

資本主義の次の経済体制を考えるスレ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/16 01:52:36 ID:ITg1FX6n
正直、資本主義経済は限界にきてると思うし、
今後さらに進化した経済体制というのができると思う。
でもそれは、何百年あとの話か分からないけど。

たとえば、人間並みの高度知能を持ったロボットが生産者となり、
人間は消費者となる。
要するにある程度は、働かなくても生きていくことができる社会が実現できるかもしれない。
そういったことを考えるスレです。


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/16 02:25:48 ID:Ow30d1+S
超資本主義の時代
国を超え金持ちがあつまり資本が集中しはじめる。
国をも脅かす超資本主義の到来です。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/16 04:51:02 ID:ITg1FX6n
>>2
それは既にアメリカがそうなっているという気がしますけどね。
市場の自由を極限まで推し進めて、
20%の金持ちがアメリカの富の93%を独占する状態で拝金主義の異常な社会になってるからね。
競争に勝ち抜いた成金は、周囲を高い塀やゲートで囲んだ「要塞町」に住んで、
貧乏人を遠ざけて生活している。
このゲートコミュニティーは、全米に2万箇所あり、800万人がそこに住んでるらしい。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/16 10:29:03 ID:sGt4DTa0
北斗の拳やマッドマックスみたいな世界

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/16 10:55:20 ID:pnv+oLrO
使徒とかそういうのが攻めてくる世界

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/16 11:14:44 ID:7qEy531Y
ナウシカみたいな世界

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/16 14:56:14 ID:7LhHvcq/
資本主義→独占→革命による崩壊→共産主義w

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/16 16:09:02 ID:Ice7ENrQ
資本主義→独占→選挙の重要性の認識→貧乏人優遇候補者多数当選
→富裕層への高税額→?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/17 08:00:43 ID:RbXOSlou
自由経済主義は常に変化してゆくのでこの仕組み自体は変わることはないと思う

需要にあわせて供給側が変化するという仕組みを内在しているため
供給に需要をあわせて硬直し崩壊したソ連のように朽ち果てることはない

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/17 08:09:35 ID:GVC3n2Sj
資本主義→独占→勘違い勢力による革命による崩壊→社会主義→崩壊→資本主義

もしくは

資本主義→資本主義→資本主義→資本主義→資本主義→・・・・・

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/17 15:11:21 ID:8zjHcNgx
夢見る共産主義馬鹿のいる資本主義
   ↓
そいつらの淘汰された資本主義
   ↓
   ∞

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/17 19:58:30 ID:UgtM+Vc5
働かなくても、ある程度は自分の欲しいものが、欲しいだけ手に入るような社会になったら、
資本主義という制度自体の意味も薄れていくんじゃないの?

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/18 00:05:46 ID:QMGERpGy
そのある程度は自分の欲しいものは誰が作るんだろうね・・・。
人、これをユートピアという。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/18 00:28:22 ID:U2DLSH3D
自分の欲しい物が欲しいだけ手に入る世の中になったら、経済というものがなるなるね。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/18 02:36:55 ID:A4EtN3Ne
>>13
1にも書いてあるとおり、機械のオートメーション化の行く末に、
高度知能を持ったロボットの生産主体が出来上がるかもしれないってことだよ。


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/18 18:45:42 ID:LMU+sL5/
自我に目覚めた機械と人間の戦争。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/20 15:38:50 ID:og4xvtg6
それがペプチド。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/21 13:03:24 ID:9rMo8rwO
完全に機械が生産開発を行えるようになれば、
それはつまり生産者が”人間の性質”から離陸するわけであるから、
欲望を労働の原動力とする必要もなければ、善意によって支える必要もない。

所有権によって個々が富を独占し、それを等価交換するという資本主義システムは存在意義を失う。
やはり次は共産主義だろうな。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/21 13:45:36 ID:JH3PB9WQ
「労働から解放」と「個々の欲望が飽和するまで消費可能」とは別かと。

後者が解決されなければ分配上の問題は残る。
(それとも、それさえも解決された社会を想定するの?)

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 12:52:34 ID:nUzRrxN4
資本主義経済の限界ってどういうところで決定打なんだろうね?
(もともと経済にラインなんて引かないけどさ…)

現在来ている矛盾点や、時代とのアンマッチングってどんなところ?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 13:37:15 ID:vN25LiU+
小中学生ら少女30人暴行の50代男を検挙

小中学生ら10代の少女数十人を日常的に暴行してきた50代の会社員が警察に検挙され、
衝撃を与えている。
光州(クァンジュ)南部警察署は23日、日常的に小中学生の少女30人を凶器で脅して暴行
した容疑(性暴力犯罪の処罰および被害者保護に関する法律違反)でユン某(53/保険外
交員)容疑者に対し拘束令状を請求した。
警察によると、窃盗など前科6犯のユン容疑者は昨年12月13日午後2時ごろ、光州西区
ファジョン洞の住宅街で通行中のA(11)さんを凶器で脅し、近くの空き地に連れ込んで
暴行するなど、昨年7月から最近まで小学生約20人を含む10代の少女30人を暴行した
疑いが持たれている。
ttp://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/08/23/20040823000004.html




22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 13:49:58 ID:SLzhd05j
ガッツなオヤジが居るんだ、南鮮にゃ。
科刑はチン叩きにチンカットに決定だよな。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/12/12 18:17:32 ID:S8DsQZrS
社会民主主義・・・って、これも資本主義の一形態。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 21:19:29 ID:nsfYnU/t
神本主義

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 02:37:43 ID:Rg+ADKo4
社会的共通資本(宇沢弘文)って考え方
この流れ(経済体制)の中で捉えてもいいの?

26 : :05/02/03 07:59:31 ID:Lsf3by7S
かつての日本型こそ究極。
株を持ち合って、土地で信用創造して従業員を何より大切にする。
社会主義的と揶揄されたがこれが一番日本人の国民性に合ってる希ガス。
バブル崩壊で駄目になったけど復活させるべき。


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 19:49:16 ID:+U4Ekf8K
どうやって復活させるの?

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 19:56:17 ID:qLPdd6yq
無理だよ。そんな動き、竹中先生が全力で潰します。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 15:44:51 ID:W2ux+IQV
資本主義

大部分の人間は家畜同然に扱わ
一部の人間が人間らしい生活を享受できる社会

極端に貧富の差が広がる
富める者は、機械の体に改造して永遠に生きられる
で、一人の少年が美女と一緒に列車に乗って、機械の体を求めて宇宙へ……

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 01:59:32 ID:gAz96zrD
貨幣制度の廃止

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 15:19:41 ID:O/wra2nQ
資本主義→環境破壊→地球滅亡

という論調は存在するが・・

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 21:10:51 ID:nUKS5eLt
>>31 しかし世界資本の中で環境破壊につながる生産に回されてる
  資本は小額だぞ

  世界の貿易額の10倍↑の金がバーチャルマネーで動いてる

  実際は持たざる物が富める物になる為に環境破壊もいとわず生産してる
  という認識が正解

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 21:17:17 ID:GrAr4+8D
みんな同じって考えは嫌だろ?

人よりお金持ちになりたいって気持ちがある限り資本主義はなくならないよ。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 21:33:14 ID:nUKS5eLt
進化する貨幣経済の一部に資本主義と言う名前をつけたにすぎないから

次に現れるのは世界的な経済圏の統一と貨幣の統一だろ
その前に地域的な統一が先か

>>1 今の先進国は生産に従事しなくても生きていけるし
生産に従事しないほうが年収が↑だったりするので
すでに実現されてるぞ

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 22:25:19 ID:prlCsYFK
>>33
安い人件費を求めて、富めない国に工場を移転するのは富める国、
そこで生み出された生産物を大量に消費するのは、国際的に富める者である先進資本主義国。
環境問題、負の外部性の問題は、先進国一国(例えば議定書に参加しないアメリカ)だけの問題じゃないことは当然だ。
大事なことは環境問題が、決して均等化せず、常に格差を生み出しながら、自己増殖し、それ以外に目的を持たない経済機構、
つまり資本主義経済自体により生み出されている問題だということ。
そして資本主義の崩壊が現実的でないとすれば、>>31の論理にも首肯できる。

36 :35:05/02/05 22:26:06 ID:prlCsYFK
>>35>>32へのレス

間違えた・・・・

37 :>>32 >>34:05/02/06 06:28:55 ID:SXprcRTW
>>35 生産に頼る経済活動を資本主義と呼ぶならそれは衰退してます
それは >>34 書きましたが世界資本の中で生産にかかわってるのは数%です

今先進国は環境問題さえもビジネスとして取り組もうとしています
そして、環境汚染を広げてるのは中国や東南アジアや南米です

しかし先進国の工場等も環境汚染がこれらの国で広がるのを
低く抑えてるのも事実です

資本主義は環境問題すらもビジネスにしています
工業的な環境ビジネス先進国は米国ですが
農業的な環境ビジネス先進国はオランダです2位は米国と言われてますが・・

>>31 のように警鐘をうながすのは良い事だと思いますが
もう一歩考えを進めてビジネスとして取り組める枠組みを創れるかが重要だと
思いますが・・・

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 07:28:31 ID:4A3fH+YE
どう考えても人口過多だよな。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/07 19:33:09 ID:oQiSFl/1
ベブレンとか言う人の「制度主義」ってのは、どうなった

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 02:53:19 ID:vmQRae++
とりあえず医療福祉教育なんかと
自然環境は国有ならぬ地域共有財にする。
鉱石や地下水なども市場からは切り離し
偉い人に適正価格を随時決めてもらって共有にする。
個は地域からそれらを買う。
地域の財産は個々が管理の義務を負う。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 03:25:14 ID:kqI7jLaT
共産主義というのは、アンチ資本主義ではなく、マルクスが資本主義の
発展の末に想定したもので、資本主義の前提の上になりたつもの。
資本主義がみずからの矛盾を改善していって、近代の理念を実現する、
すなわち歴史が終焉するとヘーゲル同様にマルクスは考えた。
マルクスは資本主義の発達に対して楽観的にすぎた。
資本主義を崇拝しすぎたのがマルクスの間違えだった。


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 03:31:55 ID:kqI7jLaT
マルクスは、資本主義の発達が必然的にその矛盾を止揚し、階級社会を消滅へ向かわせるとした。
資本主義の発展こそが人類に幸せをもたらし、暗黒の封建社会から人類を解放するのだと。
しかし事態はむしろ逆になった。資本主義はむしろ封建社会へと人類史を逆行させ始めた。
階級を固定させ、再び絶対的な身分社会へと人類を導こうとしている。それが資本主義の本性なのだ。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 23:56:25 ID:LcQa6bhM

もう資本主義と共産主義の2元論で考えるのは
辞めようか、というすれだと思っていたが。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 15:42:04 ID:dzK2Clts
資源が本気で足りなくなったときが資本主義の崩壊のときだろうね。
ペスト時代並みの大変革が訪れるはず。
でも貨幣経済は無くならないと思う。
しばらく統制経済が続くとしても、人口が十分減ったら
前近代の水準ではあっても貨幣経済は一応続く。
そして人口調整が為政者の最大の課題になると思う。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 21:55:24 ID:RvmxXHJR
test
http://red.jpg-gif.net/bbsx/1/img/204022.jpg

*ただのTestです このスレには関係ありません

46 :秋花水 ◆UYpQvTYj6k :05/02/17 00:36:21 ID:PqVuS3ud
>>40
「社会的共有」という概念をご存知でしょうか?
今となっては北朝鮮とキューバにしか残っていませんけど。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 05:05:27 ID:tblhzdwF
「希少資源のうち、市民が基本的な生活を営む為に必要不可欠なものを
社会的共通資本として社会的に管理され、そこから産み出されるサービスは
社会的に配分される」システム。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 08:06:00 ID:65nTwLF/
>>資源が足りなくなったときが資本主義の崩壊のとき。
こういう話が流行しているのか?
単純に食べ物がなくなるとき、とか。


49 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 08:07:11 ID:65nTwLF/
食欲・性欲そのものを押さえるということ?

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 03:22:54 ID:Cy21qyDA
「資源」ってのは食べ物もそうだが
主に産業資源。
自然環境、社会インフラ・通信交通、情報、制度…

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 14:06:22 ID:yxot+XQ1
資本主義の次の経済体制

これを思いついたらノーベル賞狙えるよ。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 11:13:00 ID:QJHaYibB
>>51

日本人の科学者と経営者とアラブの金持ちが実験してるよ。
名づけて「循環資本主義」です。ニューオーシャンズアソシエーション。
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1097972964/
ネオ・アレクサンドリアという環境を循環都市を作っています。
イスラムは金利が禁止で近代化をせず日本が保管しています。
その他、インド人と華僑が保管しています。

53 :地方に公共事業の誘致を:05/02/20 12:09:56 ID:xo8laR1T
東京はインフラが行き届いているが、地方にはインフラが無い。
同じ日本でこんなに格差があるのは、おかしいし、恥ずべき事である。
高速道路や新幹線の開通を東京者が反対する事に納得がいかない!
公共事業の全てが悪ではないのだ! 公共事業で雇用が守られている現実に
東京者は理解すべき! 地方を東京並のインフレと街並にするまでは、
公共事業は断固、行なわれるべきである。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 14:09:46 ID:U8oAy5vj
地方に住むどれくらいの割合の奴が内心>>53みたいなこと考えてんだろう?


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 22:20:39 ID:xf44AORr
>>51
ノーベル賞ってあったっけ?

資本主義って言うのは現実をそのまま数値化しているということだと思う
資源が減ったら価格が高くなる、多ければ下がる
それを数量的に分りやすくしてる

それと参加者が自由に活動できる

そもそも経済学ってなんだろうな?
経済学には目的はあるのだろうか?
強い目的があるとするとそれは参加者を隷属化してしまう可能性がアル

目的ほど強い意味ではないが
ソフトウェア工学には要件定義という言葉がある
経済学の要件とはなんだろうか?

http://www.ntt-comware.jp/recruit/c4/d_02_main.html

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 22:26:25 ID:OqZBoj6U
資本主義って、システムでも体制でもなんでもないじゃん。


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 22:34:25 ID:xf44AORr
>>56

自由だからまあ、どんなシステムかと問われれば
場当たり的なシステムといえるのではないだろうか?

しかし未知の問題が起こるわけだから
場当たり的な対応をすることは正しい

よって資本主義はただしい
ゆえに次の経済体制は不要

終了?
だとつまらなすぎる

限られた資源の中で自由な需要とそれに従属する供給
のフィードバックによってに発展しつづけるシステム
というのはどうだろうか?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 00:01:35 ID:v2r/gUS1
 国家がなくなる!というのはどうですか?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 00:07:36 ID:BmG118DZ
無政府資本主義
国家という幻想

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 17:43:12 ID:36cfAgJK
株式会社日本
一定の代金を支払って、ある程度の安全や教育などを買う。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/27 22:48:47 ID:nb3MoFFA
資源なんざ宇宙にでればくさるほどある。はず、無意味に無数の星がわれわれ
の頭上にちりばめられている訳もなかろうに、、、これからは
宇宙ビジネスさ。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 14:08:30 ID:mElRHla9
そりゃ経済体制じゃなくてビジネスモデルじゃん。
それとも、宇宙に目を向ければ実質的に資源は無限にあるから資源制約は
乗り越えられる、とか?

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/02 00:10:20 ID:bjAy+FFk
日枝会長、健全な資本主義って言ってるけど

日本の健全な資本主義って政治がらみで新規

の人間を排斥することか?

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/02 00:14:58 ID:bjAy+FFk
>>53 俺、静岡県民だけど他県の人様の税金まで使って一部の土建屋と政治家だけが
   潤うのは許せない。 医療費やいずれ来る東海震災の復興費にまわしてほしい。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/02 21:17:07 ID:b99Q2XWW
>>64
交付税で都市から地方へと所得再分配を行う。
地方団体は公共事業を行い、受注した土建屋が静岡で金使えば、それなりに地域経済への貢献がある。
しかし東京に本店を構える大手土建屋が地方の公共事業を受注すると、結局所得は都市へと還流してしまう。
では、入札制限で地元の土建業だけの入札制度にすればよいか?
それもだめだ、公共支出の非効率をまねくし、生産性の低い地方土建屋ただ生きながらえさせてるだけ。
どうすればよい?誰か教えれ。

66 :秋花水 ◆UYpQvTYj6k :05/03/03 10:36:18 ID:ei3kiyNa
なんだかんだいって、次はアナルコ・キャピタリズムだな。
政府は資本家の代弁者に過ぎなくなる。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 02:29:29 ID:QgXeLpSW
需給関係ではなく
住民の社会的同意が得られる限りの価値基準に従って
価格が決まる経済制度は作れないものかな。
現在も、そもそも単純な需給関係で価格が決まらないのが問題なのだが。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 22:56:02 ID:lnbrZu3K
案外、貨幣的な理由で今世紀中にも資本主義が崩壊したりして。
ほっとけばどんどんデフレになるのが資本主義社会だからね。
確かに管理通貨制度のおかげである程度はデフレを克服できたけど、
管理通貨制度はどこに飛んで行くか分からない面もある。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 01:38:40 ID:Ph/mD/oF
技術進歩から日本ではデフレになっている。
そのデフレを埋めるには公的負担が必要。
技術進歩とあいまって、公的負担の増額、公務員の増員。
いつしか資本主義から社会主義体制へ。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 05:41:25 ID:lC/Km0fC
日本は既に社会主義経済。公共投資=計画経済で波及効果なし。ケインズも
アダム・スミスも資本主義を前提にしているのだから、なにしても無駄!
そもそも「天皇現人神」を拒否した時点で、日本に資本主義は無理と決まった。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 07:23:34 ID:fzWDr62Z
>>68
自由通貨制度にするだけでだいぶ変わるはず。
資本主義の欠陥として叩かれるのは実際たいていが政府の独占による弊害

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 11:19:54 ID:Ph/mD/oF
>>70
公共事業が効率化すれば乗数効果は下がる。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 20:51:38 ID:DlCTgV/2
公共事業が効率化?>>72・・スマン!意味が理解できない。
社会主義経済ではケインズなんて関係ありませんW

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/06 02:07:38 ID:rEVxkDn+
>>72
俺も意味が分からん。
公共事業の効率化って何?乗数効果とどう関係ある?
説明しれ。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 00:08:13 ID:lLFmFFDl
波及効果がなくなるんじゃないの?

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 21:20:34 ID:PrUNKpb7
今の日本、公共事業で8割生活水準を維持してる予感。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 16:41:39 ID:OuGEPGDI
古典派→ケインズ→新古典派→ポストモダン
って理解でおk?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/20 12:30:25 ID:daWudNqU
今やってる労働のほぼ全てが機械によって行われる。
スーパーには自動的に産地から送られてきた野菜がならび、
そのスーパーでは代金を払うことなくそれらの野菜などをもらうことができる。
ほぼ全ての労働を機械がこなすので、全てがタダ同然の価格で売られ、いずれ
全ての商品はタダになる。そして、貨幣は無くなる。
人間のすることといえばもっぱら趣味的なボランティア的な労働である。
全ての商品が好きな時間に無料で確実に手に入れることができるので、
『買いだめ』などをする人は皆無で、このことは誰も必要以上の物質的な
富を求めないことを意味する。
人々が求めるものは、非物質的な富でそれはもっぱら『愛』という形で
現れる。

来るべき次の社会は『愛』に満ち溢れている。
人間愛主義の到来である。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/22(火) 01:32:18 ID:8U1H01PH
>>78少なくともキリスト教徒はうけいれないな。人間は労働しなきゃ!

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 21:55:26 ID:nfdQonDF
クリスチャンでニートの俺様が来ましたよ

81 :1111111:2005/03/29(火) 22:53:46 ID:UW/1GPAD
 やはり次の社会は人類が皆敵の社会じゃないか?

 ホッブスみたいな時代

 既にそうかもしれんが

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/30(水) 01:53:03 ID:i9H87jsS
…あぁ。えーとヴァンサンカン。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/03(日) 20:26:11 ID:tZtR3r/T
"もとで"という意味での資本を使う経済制度は交易の歴史とともに古い。
古代ギリシャのターレスも資本運用には力量を発揮したことがあるらしい。
有史以来のものを簡単には代替することはできないだろう。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 22:09:18 ID:ORLPRv+G
古代ギリシャは資本主義ではないのだが・・・。資本を使うのが「資本主義」デハナイ。


85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/08(金) 19:40:18 ID:4NPVyNpS
地方の三大金持ち パチンコ、病院、宗教

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/27(水) 23:25:56 ID:/bW+oiVs
オレは社会的共通資本を管理する専門家になりたい。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/28(木) 00:07:41 ID:AfvX8FDC
資本主義の限界は二つ
・サービス向上の限界
・ダンピングの限界
業界によってはもう限界きてるとこあるでしょ。

労働組合カルテルとか容認してもらえねーかな。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/01(日) 00:27:26 ID:gT2XDAmr
ダンピングの限界って何なんだ?

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/01(日) 00:53:47 ID:NRpp+v3Q
>>87
サービス向上の限界が来てる業界って具体的になんだ?

90 :くろしろー(本物):2005/05/01(日) 13:20:05 ID:pwaKOHCJ
資本主義は資源枯渇で崩壊して残り少ない資源を求めての戦争・
大飢饉が起きるのよ。ああ、平和な時代に生まれてよかった。
多分人間は今よりもっと原始的な資源コストの低い社会に戻る
のよ。その方が幸せかどうかは私にはわからん。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/02(月) 12:31:47 ID:uesf1Dsf
資本主義や >>2-3 の資本独占主義の現体制の層は、
共産自体は資本独占主義の下請けと認識していると思われるが
社会主義的な経済の平等化のベクトルを極端に嫌うだろうね。



92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/02(月) 12:43:09 ID:uesf1Dsf
>>87
資本主義の限界にこんなのはどうだろう?

資本独占主義へのシフトとそれに対する反発
労働者の労働環境の不満
福利厚生の不備
情報流通の階層化による現体制維持の限界

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/02(月) 21:14:20 ID:LUxVMSBm
>>90
資源枯渇の時代ってくるのかな、あと100年もすると原油なんか石炭のように
使われなくなってそうだし。
ジョージソロスファンドの誰かが更なる環境汚染から農業の時代を期待してる。
資源枯渇による資本主義の崩壊というよりそれを保護しようと新たなビジネスが
また生まれるんじゃない?町へ出てきた労働力がまた田舎へと帰っていく。
もっとネットが普及し町へいる意味も薄くなってくる。自然回帰と文明発達の調和
しかし戦争はまた起きるだろうけど 



94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 00:21:07 ID:0gA33I2H
nanda原理主義へ導くスレですか?

95 :Corentin ◆bBm/UfuWG2 :2005/05/14(土) 03:54:25 ID:rPjWEZJk
ユートピアはやっぱ夢なんだよなぁ。

http://green.ap.teacup.com/hase11/

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/08(水) 04:02:38 ID:c8za9ymv
ロボットによる生産物は全て無料。
ロボットが食料を生産することになれば、働かなくても一応生きていける世界になるが、
芸術や風俗等人間によるサービスが存在するとすれば、それがボランティアでない限り、そこに小さな経済が生まれる。
特に性欲は強大なので女とヤるためなら男は働くだろう。
金を得た者は、他に対する優越を得るために、ロボットが作ったものと差別化された人間メイド(ブランド)の生産物を手にする。
結果として、欲のあるものだけが、
ロボットが作ったものと差異化された人間の生産物を得、様々な欲を満たすために働く世界になり、小さな資本主義経済だけが残る!

97 :くろしろー:2005/06/08(水) 12:26:36 ID:xVIR8DbL
まず石油なのだが、枯渇説から、化石燃料ではない(つまりは
枯渇するでもなく大量に残るという)説まであるそうだ。
地球温暖化も然り、まだ仮説の段階である。
未来エネルギーの最大手「水素」も実用化するには
問題やコストが大きすぎる。
そして南北問題を考えると、要するに「環境にやさしい」説
は、南の発展を苦しめるための金持ちの道具だと言う結論
に他ならないと「幻の水素社会」藤井耕一郎は言う。
この本自体がトンデモなのかも知れないが、
一応視野に入れておくべきだろう。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 10:47:30 ID:9Oka+Eum
アダム・スミス(経済学者-「国富論」の著者)
『生命を維持するのに肉が必要であるかどうかは疑問である。穀物や野菜、牛乳、チーズ、
バターは量が豊富で健康に良く栄養価が高く、エネルギーを与える食物である』

チャールズ・ダーウィンは菜食主義だった。

この2点から、生存競争と弱肉強食を是とする資本主義思想には

疑問を呈示せざるを得ない。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 22:15:18 ID:XVSGsHuk
>>96
あー、マルクスかリカードか誰かが完全に機械で生産された財に価値はあるのか?
なんて問いかけてたな。結論はどうだっけ?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 16:11:17 ID:zmOX3iT0
>>99

財の所有権が機械に移行。
つまり機械が主体として台頭するってこと。


101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 17:00:27 ID:8GkzfxlJ
プラウトに決まっているだろ。
このシステムは、通しか知らない。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/24(金) 02:47:56 ID:kzZqJHm/
資本主義社会における

会社=荘園
経営者=荘園の管理人
従業員=農奴
株主=荘園の所有者

日本の資本主義化=日本の荘園化

次の経済体制=荘園制度の破壊(鎌倉幕府を参考にせよ)

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/25(土) 02:21:42 ID:DVDEezzf
>>99
その機械をつくった人がいるわけだから、間接労働がある。
機械が機械をつくったとしても、一番最初の機械はやはり労働でつくられているから、
時間とともに製品ひとつあたりの労働の量が減っていくため価値は漸減していくだろうが、
やはりわずかながらにせよ価値を持つことになる……

……と、一回生のパンキョーレベルの知識で書いてみたけど、どうかな。
(メンテナンスや交換部品の生産などもすべて機械がするという前提ね、もちろん)

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/26(日) 14:44:57 ID:zUuQXwEV
aegeege

105 :三造柄長:2005/07/03(日) 01:18:34 ID:v0WtNR5C
機械やロボットによる生産のオートメーション化を進めながら、機械で出来ないことは
無償労働でいいと思います。
少しでも働かずにはいられない人っていうのは案外います。
「宝くじ当たってもこのお仕事つづけます」という感じで、お仕事が好きな方たちです。
それになんらかの活動をしていないと暇で耐えられないでしょう。

貨幣制度の世の中では失業敗北者が多く、この方達は自力で生きていくことが出来ずに
自らの命を絶つ選択をとることも多いんです。

僕は貨幣制度廃止、無償労働の社会を望みます。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/06(水) 02:00:24 ID:49DVOxdW
資本主義社会の特質って何ですか?

107 :三造柄長:2005/07/10(日) 18:50:39 ID:jns+Djhc
資本主義の特質は科学技術の発展が早く成功者は豊かになりますが、3の方が言っているように
貧富の差が激しく敗北者をうみ弱肉強食となります。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 19:49:49 ID:/eS7awDL
>>107
 そう?
 台湾と中国大陸では、中国大陸の方が貧富の差が激しいのよ。
 それも今じゃなくて、1980年代でよ。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 20:20:59 ID:1BhJjwVk
>>107
厨房の教科書ではそんなことが書いてあるが語弊があるなぁ。
実体では貧富の差に資本主義も共産主義も大して違わない。
むしろ途上国か先進国かでの違いが大きい。

110 :三造柄長:2005/07/11(月) 02:14:08 ID:BF+s7Foh
確かにそうでした。資本主義も共産主義も貧富の差が激しいです。
貨幣制度は貧富の差が出ると思います。
資本主義は弱肉強食で共産主義は身分差別による収入の差ですか?

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 01:37:13 ID:uOHWf6QP
ってか、今の日本の労働状況を考えれば、職の数そのものが物凄い勢いで縮小していってるんじゃないか?
つまるところ、今後はどんなに日本の経済が発展しても、職が増えることは無いってことじゃあ・・・

そんな状態で弱肉強食とかやって効率化していけばどんどん職がへってくだけじゃあ。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 01:41:19 ID:HMKdvx7D
とりあえずタバコの値段を大幅に上げるべし!そうすりゃ喫煙者も減るし
利益も下がることはない。欧州ではとっくに実施してるって

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 02:05:49 ID:uOHWf6QP
企業が巨大化して利潤を求めてつきつめていくと、
ライバルが出てくる自由が存在している自由主義・資本主義体制そのものが邪魔になってくるからなあ。

国民の自由を制限し、国家に市場を独占利権として認めてもらうのが一番利益が上がるのではないかね?

政府が国王、企業が領主、市場を領土、社員を農奴と置き換えれば封建制が復活してもおかしくない。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 02:54:50 ID:NedmNKJ/
「次の経済体制」なるものが、自明であるかのような
その思考の枠組みこそが、経済成長の根源的なエネルギーであり
資本主義を永久運動装置の如く、可能ならしめるものなのである

と今更ながらに、ポストモダンの請け売りをしてみる

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 03:56:19 ID:uOHWf6QP
資本主義のプレイヤーたる企業が自らが左前になる恐れのあるダイナミズムを望んでいないとしたら?
拡大よりも利潤を恒久的・永続的なものにしたいとしたら?

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 05:17:35 ID:9ZUblbnJ
ここまでのどの意見にも一理あるな。
提示されていないと思われる視点を提供すると、
社会主義統制経済が失敗したのは、
ひとえに、正しい情報を中央計画当局が把握できなかった、
という理由なので、
これだけ科学技術が進歩してくると、
扱えるデータの量は格段に増えているし、
また、ウソ発見器とかにより、本心を暴くことができるように
なってきている。
なので、集権型の意思決定が見直されてくるかも。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 13:36:13 ID:/Lk9oGep
むり。
サンタフェ研究所の悲惨な末路を直視するしかない。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 14:04:10 ID:VPxBHsQS
>>116
それが出来たら先物取引でえらく儲かるんじゃないか?w

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 04:35:57 ID:yi/6OhgR
>>117
サンタフェ研究所って「複雑系」って本で紹介されてた研究所ですよね?
本の内容もあまり覚えてないんですけど、悲惨な末路だったんですか?w

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 13:53:22 ID:ftVqUsL1
>>117
どういう話なのか凄く気になる。
詳細きぼんぬ

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 01:33:19 ID:s7FZU84l
一言で言えば結果が複雑すぎて人間には理解できなかった。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 02:46:56 ID:pNYfiuBP
ブームは去ったけど、サンタフェ研続いているし、研究費もちゃんと
とれてるみたいだけど。
tp://www.santafe.edu/

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 09:32:54 ID:4IdpQdBs
複雑系経済学って、

現実経済には大量の変数がある→超ややこしい→複雑すぎて人間にはわかりません
→じゃあ、考えるのをやめちゃえ→あーひゃっひゃっひゃっ

っていう経済学じゃないの?

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 20:42:51 ID:Per0o3kE
http://www.prout.org/index.html

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 20:54:07 ID:Per0o3kE
去る5月16日、財務相の諮問機関が、2015年までに国のプライマリーバランスを均衡させるためには消費税率を19%に引き上げ必要があるとの試算を出した。
今や累積財政赤字は1000兆円にのぼり、国民1人当たり800万円の負債を抱える借金大国となった日本では、もはや消費税の引き上げは避けられないとの見方が強 い。
 しかし、こうした見方に対し、シンクタンク『構想日本』の加藤秀樹氏は、「国は半分の予算で運営できる」と主張し、消費税をあげる前に抜本的な財政の削減が可能と説く。
構想日本が8県4市の自治体と共同で公共事業の仕分けを行ったところ、概ね3割の事業が不要な上、残る7割の事業も3割以上のコスト削減が十分可能であることがわかったという。
 税金で借金の帳尻あわせをする前に、予算の無駄を削減が不可欠なことは言うまでもないが、日本では行政も議会も予算のチェックには後ろ向きなのが実情だ。
 なぜ日本では予算の十分なチェックができないのか。現在の予算の何が問題なのか。国は本当に半分の予算で運営できるのか。予算運営の現状と問題点を加藤氏と共に考えた。
http://www.videonews.com/

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 22:30:41 ID:Jgi1p9Uc
なんだぁ ええっと
要は「富の分配の仕方」の違い
だけなんだろう?


127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/27(水) 01:14:51 ID:09Tpm7o5
富の定義はどうするよ?

金銀財宝 -> 生活必需品+サービス -> ??????

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/27(水) 22:27:00 ID:GnqBOmlY
人間が欲しがるもの?

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/27(水) 22:55:32 ID:qu77fu9C
アフターキャピタリズム

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/17(土) 15:58:45 ID:4Q6YRoyV
「日本は最も成功した社会主義国家」 byゴルバチョフ

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/11/05(土) 05:52:08 ID:IedftEkD
てかもうリヴァイアサンですらないよなこの世界

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/03(月) 08:29:43 ID:GlN08hsY
資本主義の産みの親

概念、意味:マルクス
言葉:ルル

らしい

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/03(月) 08:33:04 ID:GlN08hsY
資本主義を定義付けた人が言ってるんだから
資本主義の次は資本主義じゃないんだろう
ゆっくり変わっていくんじゃないか
「何かなあ、これは資本主義と違うなあ」と万人が思うようになった時
資本主義は終わる気がする
資本主義→次への中間の時代が長いと思うよ

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/04(火) 20:31:32 ID:bs/sjnv6
ねえよ 馬鹿

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/05(水) 13:09:03 ID:dqzeaZoH
>>134
哲学が無いからそういう答えになる

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/05(水) 13:12:59 ID:rrxZM+We
コミュニタリアニズムへ by 青木孝平

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/05(水) 15:15:03 ID:CRIZrfpf
>>134
恥ずかしいヤツ。


138 :ふしあなさん:2006/04/05(水) 17:01:47 ID:O23huAW5


139 : :2006/04/10(月) 17:50:47 ID:csg68wNV
 へぇーー

 一応この板にもまともな脳を持ってる香具師がいるんだなぁ。。。

 "資本主義マンセー"の受験オタクしかいないと思ってたよ…

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/13(木) 02:15:52 ID:nRhOR+fg
日本の経済的な国力が落ちても、日本は国として世界から一応認められてるんだし、
資源もない痩せた国で今じゃとりえの経済も赤字の自転車操業国なんだから、平和
ぐらいしか良い所はない。それも怪しくなってきてるけど。。。

国家は、生まれてきた国民の自給自足を保障する為に、国土を分割してw
人数分均等に割って、とりあえず全員、世帯当りで自分らで食う飯を自給自足する
もっとも安心な体制、自給自立体制にする事だね。ライフラインは各自治体単位で
技術を学んで住民で運営しあえば税金の必要もない。
自家用車の必要も自給自足できれば必要ないし、行きたい所は自分の足で行くか
自給自足の義務を果たしている者の権利として衣食住以上の欲求は経済活動の権
利を使うことが許される。

それから、生きたい人以外、むりやり生きていなくてもいいように(不満がなけ
りゃ問題を起こす者もいないからw)医療を義務教育にして自己責任で自分の命
を自分で安楽に終わらせる事ができるという平等は絶対必要。健康も自己管理で
きるしw

とりあえず医療行為が国民に普及するまでは、国民は自由意志で安楽死ができる
法律もつくっちゃえw

金がないと生きていけないアホらしい体制って動物の中でも人間だけだし、そろそ
ろ本物の自己責任で人生決定する体制になったほうがいいと思うぞっていう妄想

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 05:19:45 ID:DTzz74oz
>140
さらに国力を低下させるだけですよ。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 05:25:20 ID:DTzz74oz
>135>137
オナニーな哲学がありすぎではないかなあここ。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 08:22:36 ID:SjWCrl7o
今時資本主義とかグローバリゼーションとかいう言葉を使う人間は知性が足りないと思う

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/15(土) 13:55:03 ID:3hyHGuWK
金持ちイラネ
死ね

145 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/04/16(日) 12:59:56 ID:6+u0nsf9
2020年問題を忘れてはいないかね?

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 17:08:50 ID:jLYN9/0b
競争社会は物騒である

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 12:28:46 ID:L81m2PJJ
123 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/21(木) 08:50:43
428 :名無しさん@3周年:2005/02/24(木) 03:45:42 ID:bhjIjp
亀井や綿貫先生は人相が悪すぎる致命的なほどw

資産100億あったら
郵政民営化反対連合に50億程支援したい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ぃ
って、それでも郵政民営化は止められないか、アメリカとの約束なんだろうから

商法改正も1年先延ばしがせいいっぱい〜〜〜〜〜〜〜か

ユダヤ人〈ビルゲイツ バフェット ロス●ャイルド〉   >アメリカ >日本        >中国


342 :名無しさん@3周年:2004/01/21(木) 04:45:21 ID:ghyhopd
貧富の差が拡大→中流階級崩壊→治安が悪くなりやけくそ型犯罪が増える→日本製品は売れなくなり車はヒュンダイ 家電は中国製品が当たり前
になる→ゆとり教育〈愚民化政策〉→借金大国な上に日本の国力も衰退→かくして日本は三等国→アメリカも日本の2倍の借金→日米壊滅→世界のGDP?50%ブっ飛ぶ→世界の資本
主義が崩壊→出番でつよユ●ヤ連合


パチンコ関連は朝鮮人が7割方経営してるからね。半分ぐらい税金とっていいんじゃない?
そうすれば消費税10%にせずにすむでしょ、なんで善良な日本人が苦しまなければいかんのだ。

あとは、
テレビ局の連中の平均年収は1400万円ですから
格差社会の痛みも分かりませんし、いやもっと金持ち優遇の税制に改悪しようと
してるでしょう。日本を良い国にするには、マスコミの平均年収を下げることかもしれない。



148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 00:42:59 ID:Vuw2WGm/
共産主義が資本主義より進んだ経済体制であることは間違いないが、それを使う人間の方がついていけてなかった。
人間が「生物」を超越した存在になれれば共産主義が理想体制であるのは間違いないんだけどね。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 16:41:10 ID:bL3EGMTP
次に来る政治経済体制は無政府資本主義だよ。
全てが民営化されて政府は無くなるんだ。
ノーベル賞を取った経済学者ミルトン・フリードマン…………の息子も無政府資本主義者だ(権威による論証)。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4326101466/

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 23:27:14 ID:lr2IqzX+
資本主義の定義が曖昧なのを知ってる人っているのか?
ただ単に市場を利用してるってだけじゃダメ。価格とか情報とか、計画経済下でもある程度利用してたわけだし。

151 :竦 清:2006/04/25(火) 17:10:40 ID:FAF+39Zs
一つでも現状を超えると愛が生まれる
現状が一致しないと大きな愛は生まれない
You body love with me.
あなたは愛と私を具体化させる。
愛の税金による、新しい経済体系
愛情主義経済、LOVE SYSTEM
必要経費税と逆人頭税による、経費の再分配
安定した経済変動、税の責任者負担説へ
税金は公益か、それとも公費なのか?
所得課税による、資本主義経済から
経費課税による、愛情主義経済へ


152 :竦 清:2006/04/25(火) 17:14:13 ID:FAF+39Zs
家では、トマトを作っていていつも、いいものを、モットいいものをと、自然を超えるようなものを作ってますが、
経済学でも、自然を超えるようなものを、作れるのでしょうか、仮に自然を、「不安定で不変動」な存在だとすると、そのような状態に落ち込んでいるのではないでしょうか?

153 :竦 清:2006/04/25(火) 17:14:47 ID:FAF+39Zs
デフレありインフレあり、バブルあり不景気あり、金持ちあり貧しい人あり、と自然状態を超えられない状態ではないのでしょうか?また、景気を安定させる自動安定化装置・ビルトインスタビライザーも景気を変動させることはできないのでしょう。
不安定で不変動な経済状態の中、株で儲けても一瞬であるだろうし、普遍の農業をやっても、儲けは少ないだろう。


154 :竦 清:2006/04/25(火) 17:16:18 ID:FAF+39Zs
仮に、自然を超える「超自然現象」を、安定と変動、両方採るものだとしたら「安定して変動させる」ことが、経済学を一歩超えるものだと思います、そして安定して変動させるとしたら、「利害の一致」と「反比例の関係」をとる事が大事だと思います。

155 :竦 清:2006/04/25(火) 17:17:42 ID:FAF+39Zs
何をそうさせるかと言うと、「税金」による」景気と財政の関係をあやつること、経費の再分配『経費課税』がいいと想うのですがどうでしょうか???

安定した経済変動のためには、景気と財政を反比例の関係に持ち込むことが大事ではなかろうか



156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 20:56:19 ID:4+meJFXa
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価字会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!

答えが欲しけりゃ葬火に入信汁!!
こんなところで下らん論議する前にな!


157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 23:19:42 ID:H0rl7KGH
神羅カンパニー級の企業が地球の53%を支配。
本社ビルの87階に国連本部と旧アメリカ政府がオフィスを
構えている。
一方残りの47%は原始共産制度よろしくの自然崇拝宗教団体に
よって支配されている。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 08:07:19 ID:1TgWEOXY
エロ本主義ってことでFA?

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 14:39:28 ID:o3hEUaT7
BRICSが経済成長するうちは資本主義安泰

成長が止まってモノが余りだすと
各国のナショナリズムが高まり
第三次世界大戦勃発
人類滅亡

よって次の経済体制は無い

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 16:29:02 ID:eDsOL0rV
>>141
国力などいらないんだよ、世界的に平和を目指すと言う建前はできてるから、

日本が、経済的に弱体化したとしても、日本という国の存在自体を脅かそ

うとするような、野蛮な戦争はおこらない。

資源もない日本が、経済力も弱まって、自給自足で生きられる人口で、他国

に頼らないバランスを保つ事で国力が弱まるとイメージしちゃうのはわかる

けど、現実的に考えれば、先進国の間で言われている国力って、金をを持っ

ているか、影響力を持っているか、武力を持っているか、資源があるか?

そんなところなんだよ。

日本は、これまで経済大国として影響を与えてきたけど、それがなくなれ

ば相手にされる国じゃなくなるだけで、元から、その他の国力などないん

だから。




161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 16:54:19 ID:+jhxC920
>>150
ただしくは資本制社会。賃労働-資本家関係によってしか
個人の生計(経済)がなりたたない社会のこと。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 18:15:10 ID:xHGW0SYV
経済がないと成り立たない社会体制にしがみつき続けていたのでは
永遠に資本制?社会に沿った人間レベルで停滞し続けるのは必然。
それは非常に愚かなんだけど、しがみつかなければ生きられない、
そんな完璧な資本主義社会をどうやったら変えられるのか?

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 15:58:41 ID:tK0hxOBg
マルクスがいうには、資本制産業社会は賃労使関係によって
技術的にも発展していくが、その成熟段階では賃労働の完全
なオートメーション化によって労働者は職を奪われ、あるいは
機械の下で低賃金労働を再び強いられることになる。

資本制産業社会の多数派である労働者の生存条件が危うくなり、
社会・経済は危機と崩壊の道を辿るか、賃労使関係の抜本的
改革を必要とするようになるだろうと。
労働者にとって革命は生き残るためのまさに不可避の選択になると。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 00:06:11 ID:Ywo/GybZ
思うに、日本の場合、革命を起こさなくても、弱者が黙って死んできそう。
機械を作る工程とか修理、維持には結局労働者が必要だしなあ・・・
生存条件の危うさは競争を激化し、ニートや低所得者、高齢者といった
社会的弱者を蹴落として職に有り付く弱肉強食原理がしっかり働くだろうから、
社会も経済も、それなりに、例えばインドのような階級体制になってでも
資本制産業社会は人間が存在する限り永遠に続くな・・・。それが人間の
性だと思う。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 12:05:37 ID:jj+/1mX4
>正直、資本主義経済は限界にきてると思うし、

どの変が限界なんでしょ?

>今後さらに進化した経済体制というのができると思う。

どうやって?

>たとえば、人間並みの高度知能を持ったロボットが生産者となり、
ロボットを生産するのは人間だし、ロボットが生産するものを
消費しても、お金払うことに変わりは無い。

資本者も他の資本者が作ったロボットが生産したものにはお金払うよね・・・

>人間は消費者となる。
>要するにある程度は、働かなくても生きていくことができる
>社会が実現できるかもしれない。
>そういったことを考えるスレです。

結果的に人口が減るだけかな。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 19:25:14 ID:F4xT+lIk
>>1
あらゆる保険や福祉の一本化、ベーシック・インカム制だろう。
生産がそのまま金になるわけじゃないから、そういう分野には税金を分配している。
しかし最低生活のために労働しなくてよいなら、金にはあまりならない分野でも
生産、サービスを行なう人は増える。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 20:12:01 ID:2iWOzo3J
>>164
> 思うに、日本の場合、革命を起こさなくても、弱者が黙って死んできそう。

だから、マルクスは、市民社会が高度に発達した段階にいたることが革命的
闘争の達成をめざす絶対条件になると強調していたわけでしょ?
そしてそれは資本制社会の発展と相関しているから、資本制社会は歴史に
おける必然的進歩とみなして、これを歴史過程として肯定すべきだと。
しかし、ロシアみたいな封建的な傾向の強く残る、資本制的成熟を経ていない
社会で労働者革命らしきものが起こっちゃった。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 05:32:19 ID:rJGaCWqP
市民社会が高度に発達した段階=ロボットが人間の代わりに労働
して市民に職が無くなり、金もなくなった段階なわけないよな???

169 :土木大学校の経済学教授?:2006/04/29(土) 13:18:58 ID:tpP+eRei
ゾンバルトはマルクスの資本主義に近代と着けただけの人(プッ

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 14:32:42 ID:gwMaqM6k
ゾンバルトってだれだ?

171 :中川泰秀:2006/04/29(土) 21:21:21 ID:82liEVn8
今の日本は資本主義ではなく修正資本主義だろう。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 23:23:19 ID:LNHHHmsO
修正資本主義とは?

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 00:04:06 ID:G2IQBzzM
独占段階の資本主義

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 02:44:56 ID:bVPOPRli
独占段階の資本主義ってアメリカじゃないの?

175 :朝日はスパイ機関:2006/04/30(日) 11:11:16 ID:65tAcoON
 ≪国益を忘れた日本の漂流と没落≫
 彼らは自らの売国の事実を闇の中に隠し続けたい、それ故にスパイ防止法に
反対している。またこれら売国奴の「反対」に迎合して情報省設置やスパイ防止法
制定を避けてきた自民党も同罪だ。それは自民党の中にも事実上の中朝のスパイが
存在してきたことにも由来する。普通は政治家や国家公務員が国家機密を外国の
スパイに提供すれば死刑か終身刑、民間人でも無期懲役なのに、日本では微罪にしか
ならないのだから、まさに左翼や媚中派にとっては国を「売り放題」の大安売りだ。
http://ryutukenkyukai.hp.infoseek.co.jp/spy_boshi_1.html

176 :中川泰秀:2006/04/30(日) 14:03:13 ID:jptwh15L
>>172
私企業と公企業との混合型。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 21:58:55 ID:naFB3TTL
社会主義と資本主義の混合型とか、共産主義と資本主義の良いところを組み合わせた
とか、解釈が人によって違うようですね。


178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 01:44:20 ID:lnNN27Ru
どちらも言っていることは同じじゃないの?

混合経済

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 06:52:53 ID:NHJdNS6Y
諸君、これでも読んで勉強したまえ。
http://www.workers-2001.org/w318.html#w318l

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 14:31:00 ID:fcier2/r
資本主義って奴は最初から混同経済だし。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 22:12:09 ID:rym59Fjl
混合経済って言葉は今もあるのか?

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 23:44:21 ID:Ci2OOUuc
くぐるとでてくるから、使っている人はいる

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 00:07:00 ID:qU68jPcA
コンピュータが進化を続ければ完璧な計画経済ができるんじゃないか?

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 00:09:07 ID:rN+03VC+
価値基準を設定するのが人間だから、なんもかわらんとおもう。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 02:59:49 ID:lc1KzJTQ
経済学が進歩すれば完璧な計画経済ができる計算なんだが。
経済学は所詮 ( ´,_ゝ`)プッ

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 03:18:27 ID:MKyvMvsn
計画経済ってどんなものなの?

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 05:37:11 ID:sjn4ppxp
いまさら何十年前の議論しているんだよ

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 06:33:10 ID:sLInjdEm
>>185
厚生経済学の基本定理も知らないのか

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 07:00:45 ID:lctiN3vy
いや、計画経済は共産主義だから。カレツキ云々じゃなくて、共産党がその頂点だから。資本主義を事実上操作した左翼の構造と一緒。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 07:06:50 ID:lctiN3vy
いや〜それにしても混同経済という言葉には危機感(ry
日本の学力の限界を象徴していると思われ

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 08:34:05 ID:GYHbEGzn
>183
コンピュータが進化しても人々の選好がわからないから計画経済は正当化できないでしょ。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 13:31:42 ID:1ItlQsuY
>>190
高卒だと、こんなレベルが多いよ。自分で言うのもなんだけど・・。
一般市民が知識集めて危機感もったところで、政治も経済もかわらないからね。
危機感持てる人達がんばって日本をよくしてね。着いて行くからさ。


193 :土木クラスの経済学担当教授:2006/05/03(水) 13:47:23 ID:e7JTRjPa
職業訓練施設で低学歴の連中に土木と経済を教えている私から言わせてもらうと、20代の人は学力が不良より低い。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 14:02:59 ID:Cfv5fZLD
となると、混同君は20代のアポーですね。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 14:11:17 ID:LWjrD9Cz
その肩書きに疑問を持ってるんですけど、普通土木クラスに経済学を教える人はいないと思う。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 14:13:03 ID:N/BJryY+
と高卒が言っております。

197 :土木クラスの経済学担当教授:2006/05/03(水) 14:21:08 ID:bH1zNPAW
ん?私の土木クラスでは経済は歴然たる履修科目なんですけど。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 15:35:56 ID:jpNmYL5J
>>194
高卒なら20代も30代も40台も同じぐらいのレベルだよ。と高卒の自分が申しておきますw

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 16:01:43 ID:iY0z1s2g
>>191
> コンピュータが進化しても人々の選好がわからないから計画経済は正当化できないでしょ。

選好は計量化できないと認めちゃっているのかい?

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 16:05:06 ID:0Pc4Jwix
戦後,アメリカは朝鮮の人々に日本の裏の統治をさせるために
力を貸して来たので,強くなるのは当たり前でしょう,で
別に,元々が在日の力が強いわけでもないですし,どうも
”支配者”が長いスパンで考えている事は,権力が集中している
”ウエイト”をアメリカ→中国に移行させるのが目的らしく
1970年代に,キッシンジャーが創価のテチャクに接触している
理由も納得がいくというものです。そのあと茹でタコのサイモン
とかも何気に出てきて普通に”人権圧力団体”と創価は仲良くしてますし。
公明が与党になったのも,何か裏からの”お導き”があったかもしれません〜(笑)
確かに考えてみれば,戦前の中国の民度であれだけ経済発展を遂げられるのは
”全く持っておかしい”と云わざるを得ませんね。

と,,,,云うわけでして,しかし,,,,,,,,,
読みませう,,,, ”副島 隆彦 (翻訳)”ヴィクター ソーン (著)である
『次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた〈上〉〈下〉』を!!(笑)


・・・・宣伝かよ。。。うえうえ,ていうか,うぇっうぇっ(馬鹿)

『次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた』ナド,モサド,

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/249-8862072-6951524

※”うえうえ/うぇっうぇっ?”
http://72.14.203.104/search?q=cache:AsRaw5BewTIJ:news4vip.livedoor.biz/archives/50548944.html+%E3%81%86%E3%81%87%E3%81%86%E3%81%87&hl=ja&ct=clnk&cd=15


終わり。。



っていうか,それでは,失礼でおま(笑)


201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 16:06:51 ID:0Pc4Jwix
戦後,アメリカは朝鮮の人々に日本の裏の統治をさせるために
力を貸して来たので,強くなるのは当たり前でしょう,で
別に,元々が在日の力が強いわけでもないですし,どうも
”支配者”が長いスパンで考えている事は,権力が集中している
”ウエイト”をアメリカ→中国に移行させるのが目的らしく
1970年代に,キッシンジャーが創価のテチャクに接触している
理由も納得がいくというものです。そのあと茹でタコのサイモン
とかも何気に出てきて普通に”人権圧力団体”と創価は仲良くしてますし。
公明が与党になったのも,何か裏からの”お導き”があったかもしれません〜(笑)
確かに考えてみれば,戦前の中国の民度であれだけ経済発展を遂げられるのは
”全く持っておかしい”と云わざるを得ませんね。

と,,,,云うわけでして,しかし,,,,,,,,,
読みませう,,,, ”副島 隆彦 (翻訳)”ヴィクター ソーン (著)である
『次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた〈上〉〈下〉』を!!(笑)


・・・・宣伝かよ。。。うえうえ,ていうか,うぇっうぇっ(馬鹿)

『次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた』ナド,モサド,

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=books-jp&field-keywords=%E5%89%AF%E5%B3%B6%E9%9A%86%E5%BD%A6%E3%80%80%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC/ref=xs_ap_l_xgl14/503-8547201-0771947

※”うえうえ/うぇっうぇっ?”
http://72.14.203.104/search?q=cache:AsRaw5BewTIJ:news4vip.livedoor.biz/archives/50548944.html+%E3%81%86%E3%81%87%E3%81%86%E3%81%87&hl=ja&ct=clnk&cd=15


終わり。。



っていうか,それでは,失礼でおま(笑)

202 :sage:2006/05/03(水) 16:16:40 ID:mLIzmQde
過去から割り出して計量化できても、人の可能性までは計量化できないんだろう
から、計画が立たないんじゃないの?

203 :sage:2006/05/03(水) 16:17:34 ID:mLIzmQde
間違えた

204 :191:2006/05/03(水) 23:20:56 ID:GYHbEGzn
>199
指摘された通り俺の間違い。>202の表現が正しいね。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 11:39:56 ID:2/C7m7tL
>>190
混合経済の何が悪いのか解らない。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 12:19:02 ID:pBkTAKpC
社会主義または共産主義が無批判に資本主義の対抗軸になっていること

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 12:47:05 ID:2/C7m7tL
社会主義や共産主義は無条件で批判しないと行けないものなの?


資本主義者コワス('A`)

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 12:52:16 ID:4/+TKwt9
対抗じぁなく、共存していれば問題ないわけ?

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 13:25:51 ID:pBkTAKpC
>>207 20世紀の歴史を見たらそう思うだろ

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 13:33:11 ID:EyhTXTB6
封建社会になる悪寒

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 15:02:30 ID:Qj5oLJdE
だからさ、人が人に仕えて回す社会っていうのはもう終焉を迎えるべきなんだよ。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 17:17:46 ID:HjmB17ve
原油高でチャリ
ユニクロ人民服
100円ショップ配給制

共産主義は勝利したのだ

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 18:07:16 ID:WdZ9Z8g9
マルクスが構想した共産主義は資本制的発展の帰結に訪れる社会です。
市場経済の発展段階を経ていない社会主義革命はマルクス主義とは別物で、
サン=シモン主義というべきもの。マルクスは社会主義批判者です。念のため。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 18:55:50 ID:EyhTXTB6
オーウェニズム

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 00:51:20 ID:0TBb169l
帝国主義へ。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 15:46:47 ID:Sc9T9jua
日本人には自殺の自由化が必要。
人口多すぎ、貧乏人多すぎ。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 16:40:00 ID:6gn48pDp
これはどうですか?
  ↓
http://www.geocities.jp/ing9702/sihonsyuginokata0603.htm


218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 18:12:28 ID:qcKDg8L6
なにそれ?怖くて踏めない

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 18:37:40 ID:6gn48pDp
>>218
ゴメン、 怪しげだよね。
>>217は、「資本主義の進化と発展段階」についてのコメントです。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 17:51:08 ID:Z3AnMCt/
資本主義って決して自由じゃないと思うんだよね。
自由と言うよりは金がなければ生活できない人を作り出しているだけでしょう。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 17:53:00 ID:FNpIlarR
ここはマル経スレ?
「近経」でこういう問題を扱った本を教えて。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 12:17:39 ID:kbX/Sah0
日本が一番先にしなければならないことは、自己決定権の確立じゃないだろうか?
社会問題が騒がれる背景には、自己決定権により生を放棄する権限や、死にたいよう
な死に方が法律によって禁ぜられている事が根源にある。
生の法的強制は労働の義務すら強制と化し、人間として生きるために人の尊厳が
失われている。人間として円満で意欲的な社会貢献や人生を歩む為には真の自由が
あってこそではないだろうか。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 01:32:42 ID:3JFDwxBQ
>>217
その人は、
「アメリカ型」←「ヨーロッパ型」←「日本型」
というふうに段階付けるわけだけども、資本制社会の初期は
その人のいう意味でアメリカ型だったんじゃないの?

むしろ、
「アメリカ型」→「ヨーロッパ型」→「日本型」
ということが資本主義の発展として言われてもいて、
70年代以降、産業界も「日本型」に学べという方向にあったし、
バブル経済が崩壊した後でも、その傾向は変わっていないのでは?

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 01:34:12 ID:3JFDwxBQ
>>220
> 資本主義って決して自由じゃないと思うんだよね。
> 自由と言うよりは金がなければ生活できない人を作り出しているだけでしょう。

鋭くマルクス的な観点(疎外論)ですね。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 01:37:28 ID:3JFDwxBQ
アメリカ型資本主義は、けっきょく、格差化を強め、社会的分断を促すといわれているし、
実際の経営現場でも生産効率をむしろ下げる不合理なシステムだともいわれている。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 02:43:32 ID:nkeAsfUl
人が動物からスタートして人間という社会を構築する為に
資本主義社会の自由経済競争をしてきたのは仕方がない事
だとは思う。

自然界の食物連鎖から外れた動物が、それでも社会を築い
て繁殖するための模範は弱肉強食しかなかった訳だからね。

しかし、人間社会がこれから先も資本主義社会を続けるな
ら、人の理性はだんだんと劣化していくだろうと思う。

人が理性によって、理解できる価値を野生動物並に奪いあ
っていたのでは言葉をしゃべる動物というレベルから人間
は抜け出せないだろう。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 01:23:49 ID:x8Wrrlag
お腹いっぱい

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 03:45:38 ID:xbr7BTzT
>>223
そういうことについて書かれた本を教えて。
勉強します。


229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 10:02:05 ID:HWQ0xSwM
アダムスミスの考えを理解することで、現代の経済の問題を解釈するのにどう役にたちますか?皆様の
ご意見をお聞かせください。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 12:18:41 ID:ASxv3K7b
アダムスミスって誰よ?

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 02:24:44 ID:6rKWhR69
>>228
トヨティズムとかいう用語で書籍などを検索すれば分かるよ。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 23:08:49 ID:ux9MDm59
次の経済体制は私権共産自由主義です。
第一に私の権利(生存できる土地と、家、そして衣食住・健康を個人単位で維持でき
、死ぬ権利も含めた基本的人権の尊重です)をこの政治体制によって保障します。
その上で、個々人のコミュニケーション能力によって、各々が表現しうる価値を
表現し、他者がそれを必要とした時は各々の事情をお互いに尊重し合いながら、
決して強制したりされたりせず、その価値を形にする技術や知識を提供する。
提供される側は理解に努め、共に価値を慈しみ、共有できる喜びと感謝を言葉
にして伝える、そして社会に価値を広めて成熟していく社会体制。
そこには経済は存在しません。完全フリーの社会体制です。
これまで通り通用するのは、犯罪者を罰する法律です。


233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 15:58:35 ID:O2NiS1+G
お腹いっぱい。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 00:33:33 ID:LfDBsme5
やっぱ立憲君主制だろ

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 00:41:26 ID:mgZTvFvX
>>232
>>生存できる土地と、家、そして衣食住・健康を個人単位で維持でき
、死ぬ権利も含めた基本的人権の尊重です

今でも、法律の調整とかで実現できるだろ。
資本主義との相互背反性や競合性がない。

>>提供される側は理解に努め、共に価値を慈しみ、共有できる喜びと感謝を言葉
にして伝える、そして社会に価値を広めて成熟していく社会体制。

これも経済関係ないだろ。


てか、おまいらの言う経済が何を定義しているのかよくわからんwww
ど素人の集まりでしかないのか。このスレはwwww

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 00:45:47 ID:mgZTvFvX
結局のところ
>>1
のいう

人間並みの高度知能を持ったロボットが生産者となり、
人間は消費者となる。
要するにある程度は、働かなくても生きていくことができる社会が実現できるかもしれない。
そういったことを考えるスレです。

からして、資本主義の究極的な部分を指しているんじゃないのかと
いいたい。www

ロボットに生産を全て任せられたら、生産コストと物価水準は
限りなくゼロに近づき、働かなくても食っていける世の中に
なるってことでしょ??

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 01:25:21 ID:7sIxWYwB
時間の問題ってことか。

238 :企業献金禁止にしようよ:2006/05/21(日) 02:12:43 ID:EgLbHv+M
>>1
のいうこともありえるな。競争したいものは残るだろうから競争はなくならないだろうが、
働きたくないものは全く働かない社会はありえる。
それでもやっぱり国際競争をやめない限りは無理だな。
世界中のプロレタリアートががんばらないと。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 02:28:54 ID:T6QU+RQy
弱肉強食で強者による収奪の時代と、
下級階層の権利拡大・経済的な底上げの時代と、
交互に来てるんではないの?

で、今、市民革命から続いてきた下級階層の権利拡大・経済的な底上げの時代が
終わって、強者による収奪の時代になってきてるいるんではないか。
ローマ時代から中世に転がり落ちてていったように、さ。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 03:43:59 ID:z42e2saF
>>238
それがあったね。第一日本はアメリカに輸入しろと言われてほいほい
輸入しちゃうような国だから競争から外れられる程強くないしね。
ねたまれて、どんどん悪循環を起こしそう。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 13:59:14 ID:dYnfByqH
>>239
弱肉強食で強者による収奪の時代と、
下級階層の権利拡大・経済的な底上げの時代と、
交互に来てるんではないの?

「交互」なわけないでしょ。
下級階層の権利拡大・経済的な底上げの時代が終わったなんてどうかしてるわ。
経済的な底上げは、ずっと続いてるし。何いってんだか。
経済活動っていうのは、もともと世の中に転がっている「財・サービス・人材」
を奪い合う活動というよりは、もともと価値のなかったものに、いかに付加価値を
つけることができるかを追求・実現する活動でしょ??
最低賃金法みたいな法整備もきちんとしてて、労働組合も機能していて、
なおかつホワイトカラーとブルーカラーの賃金格差も小さい日本において、
不公平競争に基づく、収奪社会なんてばかげてるんだよ。www

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 22:22:34 ID:Y/dDGWda
ゆりちゃん可愛いよ、ゆりちゃん

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 22:36:47 ID:ua4WzFAc
経済的な底上げってどういう意味ですか。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 22:43:36 ID:bk/Y24ie
>>238 >>240

国際競争...orz
国と国とは(経済的には)競争関係に無いのだが。
輸入は別に悪いことじゃないのだが。
「交換に輸入するために」輸出するのだが。
まあ、このスレでまともな経済学の話をしても多分むだなのだが。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 03:00:59 ID:jQxzYBbq
>>244
いや、真面目に色々知識をわかりやすく披露してくれると助かる。
無駄なんていわんで、猿にもわかる経済学ってことで、宜しく。
例えば、米国と日本で交換とは言っても、結局損得関係はあるから
競争になるんじゃないかと、思うんだけど違うんですか?

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 03:29:48 ID:0kn0/WTk
ベーシックインカムなんてどうでしょう?

247 :たけ ◆gO12M07FMI :2006/05/22(月) 04:01:30 ID:WJNf41Ye
>>243
まぁ俺は、実質GDP成長率っていう観点から「底上げ」って言っているんだけど。
よく経済学では、パイを例にもってくるよな。
食べるための、あのパイを
「いかに上手く分配するか」
っていう話と、
「いかに大きく作るか」
っていう話の違い、みたいな。
経済の成長、底上げっていうのは、パイを大きくする話だよ。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 11:24:00 ID:IUVASSwX
>>247
ありがとうございます。

>「いかに上手く分配するか」
っていう話と、
「いかに大きく作るか」
っていう話の違い、みたいな。
経済の成長、底上げっていうのは、パイを大きくする話だよ。

とてもよくわかりました。難しい話をしているのですね。
口を出せるような知識もないので、ロムしています、勉強になるので
できれば、無知な俺のような人間には、経済用語
に注をつけてくれるとありがたい・・・というか足手まといですね。。
有難うございました。



249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 12:00:20 ID:puu6qgy5
国と国が競争してないことについて。

取引は基本的に「等価交換」(1万円のものと1万円の交換)だから、
どちらも金銭的な損得は無い。

「お金を払っても品物が欲しい」側と、「品物を売ってお金を手に入れたい」
側が交換すると、どちらも満足を得るわけで、そういう意味ではどっちも得してる
といえる。

競争関係に無いことについては、たとえば、
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%94%E8%BC%83%E5%84%AA%E4%BD%8D
ttp://members.at.infoseek.co.jp/tc_nagano/kzz_sb02.html
などをみてください。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 17:32:04 ID:nMjg8a3z
どういう意味かよくわからないんで、ちょっと教えてください。
その競争関係に無いというのは、どこまで適用されているのですか?
例えば、中国が経済発展して外貨を貯めた結果、ロシアから兵器を以
前より多く手に入れられるようになった事などまで含まれているのです
か。


251 :たけ ◆gO12M07FMI :2006/05/22(月) 17:54:36 ID:WJNf41Ye
FTA結んだり、経済統合した結果、一方の国が多少の損失をこうむることはあっても
(失業とか倒産とか)、お互いが不幸に陥ることはふつーに考えて絶対にありえないよね。
グローバリゼーションを必死になって批判している人間は、根本的に
経済学向いてないんだと思う。
(・∀・)ニヤニヤ

252 :企業献金禁止にしようよ:2006/05/22(月) 21:02:21 ID:j3obmss8
>>251
なんのニヤニヤだよ。バーロー。社会の急激な変化を嫌う人間だっているんだよ。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 21:50:07 ID:cCrZFz/U
>>252
ここにもいます。経済的な知識を多少持ってても
ニヤニヤ笑ってるような人間って感じ悪い。


254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 23:08:12 ID:QUlSuT0M
>>39
制度主義は 宇沢弘文でしょう 社会的共通資本とか

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 23:09:18 ID:puu6qgy5
>>250

>中国が経済発展して外貨を貯めた結果、ロシアから兵器を以
>前より多く手に入れられるようになった事などまで含まれているのです
>か。

外交的・政治的な対抗関係・競合関係については述べてません。
あくまで経済的な話です。

国と国との経済的な関係は、企業間の競争とは違い、
片方が得したら他方の損になるような関係
にはありません。貿易相手の経済成長は、自国の経済にとってほとんど関係が
なく、少なくとも損にはなりません。また、貿易によって(黒字・赤字にかかわり
なく)両国とも利益を得ています。

輸入によって、ある産業の失業や倒産が一時的に増えることはありますが、
他の国民全体にとっては輸入の利益が上回ります。

256 :たけ ◆gO12M07FMI :2006/05/22(月) 23:11:59 ID:WJNf41Ye
>>252
どうだろね。
金融資本の移動みたいな、変化があまりに急激で、相応のモニタリングシステム
を必要とするような場合は例外かもしれないけど、人やモノの移動に限っては、
自由化に伴うシステマチックなリスクは存在しないっしょ。
有るのか無いのかよく分からない不安材料を恐れてばっかりで、目の前の確実な利益(自由化に伴う利益)
を損なうことがあっちゃーいけないって思うんだけど。
だめかな??
(=゚ω゚)ノ

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 00:23:44 ID:wgQdeOcg
自由貿易が有益なことは確かだと思いますけど、
あまり急激だと問題があると思います。
たとえば、「来年からコメ完全自由化」とかいうと、農村は
大パニックかと。10年くらいの移行期間があればよいと思いますけど。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 02:23:04 ID:MGHKjVcW
姥捨山経済

働けない者は捨てる。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 07:18:09 ID:wgQdeOcg
>>258
所得格差や社会保障を解決するのは「所得再分配政策」
自由貿易のように効率を向上させる「資源配分政策」とは
別の問題ですから、別々の政策によって解決すれば良いのです。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 18:52:19 ID:ouwZg1gE
>>243
239だが、
一番貧乏な部類の人の生活水準が良くなるということの意味で使いました。

平均の水準が上がるのなら、単に、経済が向上するとか拡大するでいい。
「底」というのは、その社会で経済水準が最低ランクの人の状況のこと。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 19:06:17 ID:ouwZg1gE
>>257
10年も猶予を与えたら、既得権の保持のためにいろいろな工作をされて、
折角決めた自由化の方針も骨抜にされてしまう。
そんなものは、一夜のうちに断行しなきゃダメだ。
大きな方向転換のときだって、一瞬で行うからうまくいく。
実例もあるぞ。
玉音放送、「ともかく今すぐ全軍降伏」だから、うまく武装解除ができた。
これが「何月何日までに降伏」だったら、大混乱だ。
廃藩置県も、予告もなんもなく爵位持ちは全員集合で、なにが起こるのかかしらん?
と事前に何も知らされていない藩主の前で、領主特権の剥奪を読み上げたから混乱無く
うまくいった。

262 :たけ ◆gO12M07FMI :2006/05/23(火) 21:54:27 ID:3j8Dw48S
>>259
核心ですねwww

>>261
>一夜のうちに断行しなきゃダメだ。

原則、そうだよね〜(・∀・)ニヤニヤ
ただ、あせりすぎて大事なことを見落として、致命的な結末を迎えるような
ことはなんとしても避けなくちゃいけないってことだろね。
ロシアの経済革命の失敗や、アジア通貨危機なんかがその教訓。
どんなに優れたエコノミストや政策提言者であれ、所詮人間だからね。
完璧な政策なんて、出せるはずもない。



263 :たけ ◆gO12M07FMI :2006/05/23(火) 22:08:17 ID:3j8Dw48S
てか、根本に立ち返るけど、このスレッドのテーマはどうなったん
だろうね。www

>1にしてもそうだけど、資本主義と共産主義の定義を、みなきちんと
理解しているのか禿しく疑問。

【資本主義】
封建制度に現れ、産業革命によって確立した生産様式。商品生産が支配的な
生産形態となっており、あらゆる生産手段と生活資料とを資本として所有する
資本家階級が、自己の労働力意外に売るものを持たない労働者階級から労働力を
商品として買い、それの価値とそれを使用して生産した商品の価値との差額
(剰余価値)を利潤として手に入れる経済体制。

【共産主義】
@私有財産制の否定と共有財産制の実現によって貧富の差をなくそうとする思想・運動。
古くはプラトンなどにも見られるが、主としてマルクス・エンゲルスによって
体系付けられたものをさす。

Aプロレタリア革命を通じて実現される、生産手段の社会的所有に立脚する社会体制。
(@)その第一段階は社会主義とも呼ばれ、生産力の発達程度があまり高くないため、
社会の成員は能力に応じて労働し、労働に応じた分配を受ける。
(A)生産力が高度に発展し、各成員が能力に応じて労働し、必要に応じて分配を
うける段階。これが狭義の共産主義。



定義に忠実になるならば、今の日本はどちらにも当てはまらないって
ことですな。
言い換えるならば、今の経済体制は資本主義じゃないから、
>1の議論は前提の時点で崩れているということかな。www
(・∀・)ニヤニヤ

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 22:09:43 ID:wgQdeOcg
>>263
そういうシバキアゲ清算主義は、まともな経済学とは相容れないものです。
雇用の調整とか農地の転用なんてものが「一瞬で」すむわけないのです。
「悪いやつを懲らしめるために」米作農家を全員失業させて良いなんて
まあ、ちょっと単純すぎると思います。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 22:11:32 ID:wgQdeOcg
失礼、>>263 ではなくて >>261 の間違いです。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/23(火) 22:30:35 ID:ZfyooSRy
資本主義の、「主義」たる限界。<「第4次経済」の時代>新評論社は、3次までの資本主義と、第4次部門、との共存を説く?

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 00:49:08 ID:P5KRlgJq
>>264
そういうこと言ってるから、「経済学者を重役にすえると会社が傾く」なんて
いわれる状況なんよ。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 01:00:20 ID:xxFSHauX
>>267
・経済学と経営学はまったく別の知識体系だが。
・経済学知らない大衆迎合政治家が、大衆の鬱憤晴らしのためだけに
 経済的大虐殺を行った例は枚挙に暇が無い。
・しかし、通貨危機のときは、「一瞬で断行しろ」と言ったのが経済学者。やらなかったのが
 政治家・通貨当局。
・輸入自由化を「一瞬で断行しろ」なんていう大虐殺好きの経済学者はいない。それは
 経済的にも大損だから。通貨危機とはまるで違う。
なんにせよ、

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 01:36:48 ID:P5KRlgJq
輸入自由化が、経済的に大損なことはないよ、票田には大損だけれど。
やらなければならないと判っている、やったときに起こることも、事後対処として
やらなければならないことも判っている、だから、断行せんにゃあならんのよ。
断行しなければ、加えて、既得権を維持しようとする勢力の対策と、邪魔されて
やらなければならなことができなかったときの対策というものが増えるだけ。


270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 09:28:37 ID:Vp1KSwqd
>>269
輸入自由化が大損だなんて言ってないよ。よく読んで。
移行期間なしで「一瞬で断行」なんてショックをわざわざ与えるのが大損。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 18:38:13 ID:FhCjuOAk
>>236
>>238
> それでもやっぱり国際競争をやめない限りは無理だな。
> 世界中のプロレタリアートががんばらないと。

マルクスの予言していたテクノロジー失業の問題だね。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 09:01:53 ID:awHFa2Oc
変化を嫌う人は現状に満足しているわけ?

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 12:14:16 ID:o3skVuA+
これ以上良くならないという核心に満足してるわけ。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 14:26:56 ID:zTBjbdAO

昔は働くことなら誰でもできた
日本のデフォルト美徳のひとつとして、能力なりの職について一生頑張るというプランが示された
学歴が能力のモノサシになっているということに疑問が呈されもしたが、基本的には公平な競争ができた
ところが時代が変わって人間が余りだした
ここで認識をパッと切り替えることができれば良かったんだが、日本人はそういうとこ真剣にバカだ
「マジメなら働ける。おかしな怠け者だけがいつまでもブラブラしてる」という伝統的な考え方を、時代の変化を顧みずそのまま当てはめやがった
かくしてやることやって子供なりに頑張って結果出したのに、どこも受け入れてくれないという状況が産まれた
どうしても働きたければ人間なら何でもいいという職場、それが嫌なら無職で叩かれろという選択を迫られた
従来から働いていてて役職ついてるヤツは医者で弁護士でMBA持っててTOEIC900オーバーだったのか?
違う。ただマジメに頑張ってきてたという「だけ」。とりあえず会社は回せるので現状維持で雇われた
さて、これがどのような結果になるだろうか。
@中高年の勘違いは温存されたままで不景気に導いた無能っぷりの反省は無用なままで増長しまくる
A氷河期は何を頑張っても無駄という強烈な経験でヤル気を無くしまくる
Bゆとり世代は頑張らなくても結果が出せるので世の中をなめまくる
最悪。誰に言えばいい文句なのかもわからん。ジャーナリストがその時々で言うべきことをしっかり言ってればもう少しマシだったかもしれない
でも奴らはただの勘違い野郎でしかなく氷河期の病巣をえぐる力なんて持ってなかったんだ


275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 15:26:22 ID:ooL9FIl5
で、なんでこれだけ機械化が進んだのにまだ働かないといけないんだっけ?

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 03:57:38 ID:paAe+61m
ええっとね、お金でしか物を手に入れられないから。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 21:03:11 ID:uU4oZfQb
>>275
同感です
人間はロボットを使うのでなく逆にに使われている
ロボットは人間のために働くのに、そのロボットが増えて益々忙しくなり矛盾を感じます。
特に時代の進歩につれてストレスが多くなる、犯罪が多くなるのは当然と諦めムード、これで良い
はずはないのです。
人間の努力の結果を享受できないためいろいろな問題が起るのです。
時代の進歩とともに人生を楽しく送れるよう知恵を出し合いましょう。人間は働くために生れて
きたのではないのです。

次より一部引用
http://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/846.htm

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 02:36:15 ID:fO39+gOJ
そうは言っても、働かないと生活ができないし一応労働は義務付け
られているので、生きる為にはストレスを解消する楽しみを金で
買うか、癒しを提供してくれるサービスに金を払うなどするしか
手段がありません。
強いて言えば、ストレスを少なくする為に、ストレスが多くて
生きているのが辛い人、死を望む人にお金を払えば安楽死させて
くれる制度を作る。そして人工が減れば労働人を切実に必要とし、
労働者を尊重せざるを得なくなる精神構造に陥り、ストレスを
与えられる立場は崩壊し、円満に敬遠し合える状況に落ち着くと
いう結論しかない。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 13:58:03 ID:62slKV8/
>>278
> 一応労働は義務付けられているので、

労働の強制は禁じられているはず。それに労働は賃労働にかぎらないし。

> 強いて言えば、ストレスを少なくする為に、ストレスが多くて
> 生きているのが辛い人、死を望む人にお金を払えば安楽死させて
> くれる制度を作る。

なんだか怖いことを言う人だなあ。
生活苦から生き辛さを感じて苦悩して生きている人たちを
死なせてやる制度をつくることがその問題の解決策だなんて。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 20:00:30 ID:ocAwKfvQ
累進課税を現界まで徹底して、
とりあえず生きていける程度の金を無条件で国民に配るとか。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 09:36:16 ID:afacARoE
>>278
安楽死に使うのはやっぱりサリンですか?

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 14:37:29 ID:/Yzj6c6p
>>279
>生活苦から生き辛さを感じて苦悩して生きている人たちを
死なせてやる制度をつくることがその問題の解決策だなんて。

選択肢を与えるだけでいいんだって^^;
生きている人達を死なせてやるって?誰が決めるの?制度って
意味わかるよね?問題解決策だなんていってないんだけどw
労働が強制じゃないのに安楽死が強制だったら大変だよ^^;



283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 14:38:19 ID:/Yzj6c6p
>>281
サリンは苦しいよ^^;

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 14:41:50 ID:/Yzj6c6p
ちなみに制度って、社会的に公認され、定型化されているきまりや慣習。
の意味で法制度化するってことね。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 21:28:20 ID:SNL7a7AK
環境の価値を資本に加えていないので現状の資本主義は不公平です。
古典派経済学の時代には環境の価値は無視できたが現在は高価なのです。
環境を資本に加えた「環境資本主義」こんなのが
http://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/107.htm

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 22:53:19 ID:3Tvf3pIG
石高制

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 20:46:45 ID:KaUSR7eL
>>286
江戸幕府が倒れた一番の原因は石高制だろ。ww

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 22:36:57 ID:KyNjchgK
税本位資本主義、税制でも資本主義の鉄則を貫け、
資本主義社会は、どこから金を集めどこに使うのが最も儲かるか、すなわち「金の集め方と使い方」を工
夫し、如何に金を儲けるかの社会なのです。税でも例外であってはならず、国の予算も税制でも資本主義
の鉄則を貫くべきです。このことが最大多数の最大幸福追求につながるのです。
すなわち『税をどこからどれだけ集め、どこに投入するのが翌年度の税収額が最大になるかを目指した政治』
▼yahooで、資本主義の鉄則、で検索すると次が
ウェブ結果
1. 税本位資本主義、税制でも資本主義の鉄則を貫け
税本位資本主義、税制でも資本主義の鉄則を貫け (副題)税収額最大を目指した予算と税制 ... を見定め
ることにもなるので、これが最大多数の最大幸福追求で、この考え方が資本主義の鉄則なのです ...
www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/139.htm - 2006年5月3日 - 12k - キャッシュ - このサイト内で検索
2. 資本主義の進むべき道は福祉社会です。でければ退廃します
資本主義社会の進むべき方向は (副題)資本主義社会は福祉大国に進まなければ衰退します。 経済のも
でなく ... ならない」時代になったのです。 資本主義社会は福祉社会に進む必然性がある ... ケインズの
理論と理解しています) 古典派経済学者S,K,Mが現状を見たら 税資本主義(資本主義の鉄則を貫く ...
www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/120.htm - 2006年5月21日 - 8k - キャッシュ - このサイト内で検索
 

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 18:22:06 ID:TBh+T1dO
だから無政府資本主義だって。
あらゆるサービスが市場で供給されるようになって政府はゴミ箱に捨てられるんだよ。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 21:21:50 ID:JiHUKqpI
>>289
不公平な理論のもとでの無政府資本主義は当然不公平、なぜなら
▼資本主義は昔なら良かったが現在では不公平な理論になったしまったのです。
環境の価値を資本に加えていないからです。加えるなら無政府資本主義に賛成します。
▼環境の価値は人類が平等に保有する高価な共有財産です。したがって金さえあれば
いくらでも多くの有限な資源を消費し、いくらでも多くの二酸化炭素を排出して
良いはずはないのです。
「環境の価値を資本に加えた環境資本主義、環境の価値も市場原理で」次からの引用です
http://www002.upp.so-net.ne.jp/HATTORI-n/107.htm 


291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 22:26:24 ID:+bJ2z3eg
ロボットとかの労働に頼って
人の手を介する労働がなくなれば経済体制も変わってくるだろうね

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 22:40:33 ID:5tE9+Jej
>人の手を介する労働がなくなれば
戦前からこのことはずっと言われてますねぇ。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 23:09:19 ID:fj3E7+lv
無政府資本主義の元で経済活動が行われたらだれが環境に対しての規制を行うの?



294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 01:13:44 ID:3zR7uxWs
>>293
環境汚染の被害を受けた人や受けるおそれのある人は私立裁判所Aに訴える。
私立裁判所Aは判決を出して、私立警察を使って、加害者に対して汚染活動の停止や損害賠償を強制する。

加害者とされた人は別の私立裁判所Bに訴えるかもしれない。
別の私立裁判所Bが最初の私立裁判所Aと違う判決を出した場合は、
2つの裁判所は協議したり別の裁判所Cに訴えたりして判決を確定する(さもなければ、AとBで戦争する)。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 05:24:42 ID:Y9PbOvVr
光に乗ってどんな原子核も移動可能という事は
光ケーブルが繋がっていれば物質移動も可能な訳で

実現してそれから考えよ〜よ。物質を作れば物流とサービスが要る。
それまで人気=需要・は変わらず。人気の仕組みは株式市場の仕組みだし。

296 :渚 水帆(阪大のアイドル):2006/06/27(火) 07:27:25 ID:GEp3EMpm
3986.毎日新聞主催、浜水100周年パーティー♪ 返信 引用

名前:渚 水帆 日付:6月27日(火) 7時3分
いよいよパーティー、カクテルがこんなにたくさん!!?
と思ったら色とりどりの、お豆腐の和風の味付けの
洒落た料理の一品でした!


Re: 浜寺水練学校100周年パー... 渚 水帆(作家) - 2006/06/27(Tue) 07:02 No.2447


渚が招待されたパーティーの席は、なんと5番テーブル!
舞台のすぐ近くの横バイオリンの演奏が一番前で見られました!
バイオリン奏者のみんさま!
素敵な演奏をありがとう!!


http://jpdo.com/a/cgi21/236/joyful.cgi?

うちのお兄ちゃんは阪大の経済卒です☆

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 11:37:00 ID:vvhjeQt6
>>294
それってかなり金持ってないと訴えられないよね。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 18:33:19 ID:PcLH3dHy
資本家は、各人が各人の利益追求のために
争ってモノをつくって売る。それゆえ地球資源の消費が
「無政府」状態におちいって環境は破壊される。
また、資本家は安い労働力などを求めて、
平気で国外へ出て行く。このような「無政府主義」的な行動が
グローバリズムという単語によって正当化されている。
本質的に無政府主義的な生き方を貫く資本家が
しかしながら、現代においては、
国家・政府のど真ん中に居座って、国政を動かしているのである。
この矛盾は深刻である。

たとえば、アメリカでは、軍事産業が国政を動かしており
「国益を無視しても軍事産業がもうかればよい」という方向で政治が
動いている。
日本では土建屋が政府を動かしていて、
日本中の土地が意味もなく年がら年中掘り返されている。
それで日本国民は年中、無意味な騒音と空気の汚染に
悩まされている。

一部の大資本家の群れが国家を経営している現代においては、
「無政府主義者が政府をうごかしている」という深刻な矛盾が生じている
わけなのである。

大資本家の大資本家たるゆえんは
もはや彼の意思を抑えるほどの競争相手がいないという点にある。
つまり、彼は、彼の無政府主義的行動原理を
競争相手からの抑止力を受けずに行使する暴君として現れる。
こういう人物が政府をコントロールしており
相変わらず自己の利益のみを求めて行動するために
国家財政を破綻に導いている。
これが現代資本主義の最大の特徴なのである。


299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 04:45:51 ID:JW0zrA3L
最近経済に興味を持ちはじめました、アホ大学生です。
面白そうなスレだったんで一通り読んでみたんですけど、要するにあれですよね。
経済を学ぼうと思ったら経済を構成し得る全ての事象について詳しく理解できるようにならないとだめだよね?それとも変数は追究しないで先に進むってのが経済学ですか?


300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 10:01:21 ID:SK8uxJJn
案外、簿記もおもしろいぞ

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 00:22:54 ID:hhDit0tV
>>292
そのことが21世紀に入ってますます現実化しつつあるんだよ。
実際に第一次産業の労働者人口は激減してきたし、第二次産業の
労働者人口も減るいっぽう。
新に雇用が創造されるのは残りのサービス部門か知識情報部門だけ
になってきたけど、サービス部門はともかく、知識情報産業で雇用が
そのぶんだけ生み出されるのかは疑問。サービス労働者は製造業界
に勤める労働者よりも賃金が低くなる傾向にあるらしい。
つまり、徐々にだけど、全体の雇用量は減りつつあるんじゃないか。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 12:27:16 ID:164g67Y0
サービス化と情報化の流れのなかで、一時期の資本主義の黄金時代(経済発展)
を支えたフォーディズム的な雇用の安定需要は徐々に崩れつつあるんだよ。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 14:10:17 ID:HYz6awq/
だから、どうすればいいんだ?
その解答を求めて、このスレに来たんだが。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 16:00:32 ID:E6obJLAy
多額の預貯金は勝ち逃げの理屈で社会悪です。景気もよくならないのです。
金でも、金に限らないが、使ってこそ生活レベルが上がるのです。
だから預貯金の貯まらない政策が必要です。
もちろん多額の貯金がなくても安心できる社会も必要ですね。



305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 17:44:34 ID:nIOT2Z9A
>>301
貨幣を抜きにしてみると、人が生活するには
労働と生活に必要なものとを交換していると考えられます。
労働力が必要なくなってくるとその分安くか多く買えるようになってきます。
その余った分でまた別のものを買えるようになると、
その別のものの需要が生まれ、それを生産する人が必要になり…、
という風に考えられます。少なくとも私はそう考えています。
人間の欲が青天井なら、
どこかで人が働く必要がありますし、ゼロにはなりえません。
雇用量は減ってるのでなくて、むしろ能動的に減らしてるのであって、
モノよりも時間を確保しているように感じられます。
一人じゃ無理でしょうけど社会的なコンセンサスというか流れの中で。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 19:39:18 ID:HYz6awq/
>>305
勝ち組・負け組に象徴される貧富の格差が拡大し、
大多数の負け組が駆逐され、不幸な人ばかりになります。

>>304 の策はこの貧富の差を埋められるが、どうしたら
そんな政策が実施できるのだろうか・・・・・・

例えば、多額の預貯金に対して税金をかける、とか?
外国でそのような先例があれば視野に入りそうだが

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 22:49:13 ID:ww6u0crF
>>294
なんとなくイメージは湧きますが実際出来得るのでしょうか?政府がないなら
憲法も法律も形骸化しますし・・警備ならともかく警察の私設化は何かと問題がある気がします。
最終的には封建制のような関係のうようになってしまうのではないのでしょうか?


>>298
なるほど・・無政府主義者の資本家が政府を動かす・・か。
興味深い見解で参考になりました。

とすると大資本家は自らの手で次の体制への移行を加速させてるともとれますね。


308 :305:2006/07/01(土) 00:52:41 ID:uziBM9zS
>>306
>勝ち組・負け組に象徴される貧富の格差が拡大し、
>大多数の負け組が駆逐され、不幸な人ばかりになります。
それは何に対するレスですか?

あと、貯蓄に関してですけど
貯蓄があるからといってそれは豊かであるということではありませんよ。
使わなければただの紙屑にすぎませんから。
経済学的には銀行に預けてる以上、
マネーサプライが増えてるんで社会的に豊かになってます。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 00:55:50 ID:RXLtIgTe
なんか、主義とかって生まれてきたらもう既に決まってて従うしかない
わけで、そっから変えようとしたところで人生かけてもまず無理になってるのに
このまま生まれてきた人の能力(才能)によって、経済的に安定できる人と
出来ない人に振り分けられるのはたまらんと思う。
格差広がってるし、働いてまで生きたいと思うほどの世界じゃないのに
死ぬ苦しみ避けるために生きてるだけになっていく人が増えそう。
なんか人生って8割方の人が不幸だと思う、そんな自分を皆は見てみぬふりしてるんだろうけど。

310 :チャップリン:2006/07/01(土) 01:23:59 ID:OTaomG/Q
チャップリンの映画から時代背景(世界大恐慌)をよみとり 工場制手工場を語ってください

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 04:46:30 ID:tws3M4ar
民主主義の欠陥をなんとかした方が良いと思う。



312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 08:22:16 ID:6h0D9X1k
理系は損だよ。まじで・・・
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1145366983/

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 14:39:12 ID:noG1+7l/
子曰く、

民主主義の欠陥を何とかする前に、おまえの欠陥を何とかしろと。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 14:52:41 ID:ofBtI705
>>307
警備保障会社、民間仲裁機関、イラク戦争で有名になった民間軍事会社など、
これまで政府の仕事とされてきた治安、司法、軍事の一部がビジネスとして行われるようになっている。
この傾向がさらに進めば(100年後か200年後か知らないが)、
非常に小さな政府しか持たない無政府資本主義に近い社会になるかもしれない。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 20:17:03 ID:BPkGHdyz
ttp://kanabun-2.kir.jp/g2%20shiroutokeigazou/src/1141524828006.jpg

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 17:50:26 ID:Hd/+lrXm
問題は、次の経済体制らしきものを実際に実験してみる場所がないことだな。
いくら机上の空論を並べてみても意味がない。
まずは大勢の被験者による実験場を作るべきなんだよ。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 13:34:11 ID:GcDRvI1t
>>316
アメリカが一番先走ってる実験場なのかな

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 00:21:13 ID:HfaoraVh
>>316
個人的にはオンラインゲームの擬似経済で実験してみたい

319 :連載:「産業主義近代」の終焉:2006/07/11(火) 17:35:48 ID:k8UsJKd4
>産業資本家と労働者は本当に対立(敵対)関係にあるのか?
http://www.asyura2.com/0403/dispute18/msg/690.html

労使の共犯関係



320 :kajikawa kiyosi:2006/07/13(木) 01:34:06 ID:qhGTYDA+
愛情主義経済に変えないかい

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 18:41:41 ID:ZPHA7ddg
>>320
それってどういう経済体制になるんだ?

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 02:02:41 ID:lCF387oA
俺は320じゃない。
おなかが減ったら食い物屋に行くとただで食わしてもらえる。あるいは八百屋がただで野菜を譲ってくれる。
でも感謝の気持ちがあるのなら御礼を支払うのも可能。

ありがとう経済

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 10:38:33 ID:iZhlCr+W
>>322
それは資本主義のままでも実現可能だよ。
私有財産制のもとでも、人にタダで物をあげるのは個人の自由なんだから。
世の中がさらに豊かになるとか、宗教的観念が広がるとかして気前のいい人が増えればいいだけ。
今でも家族や友達の間ではタダで物を与えるのは普通にあるし、ホームレスのために炊き出ししてる慈善団体もたくさんある。

財産の私有を法律で禁止すべきなんて過激な共産制を目指しているなら別だけど。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 10:58:11 ID:mjB3/KO/
ありがとう大地ありがとう太陽って言って
カウボーイルックで芋子を探す経済

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 05:21:27 ID:M+kacq+x
         我々人類を含む全てを創造した神の意思をを感じましょう!

  DNAがなぜYES(+)、NO(-)、YES(+) AND NO(-)、YES(+) NOT NO(-) の4値なのか知ってますか?

     ゼロがなぜプラス(+)でもマイナス(-)でもある数字だかわかりますか?

本来の聖書は神の言葉ですが核心に迫る一部分は悪魔崇拝者によって書き換えられたものです。

            ((肉体=物質)+-乗)+-((精神=神)+-乗)=人間=+−0

我々人間を含む全ての生命体は肉体に宿る生成途上の神なのです。貴方は宇宙からの意思を持って生まれたのです。

326 :kajikawa kiyosi:2006/07/30(日) 09:21:31 ID:Tr5zFsFq
>>320
http://www2.plala.or.jp/TAX/plalaboard/message/122.html
http://www.google.co.jp/search?num=100&hl=ja&q=%E6%8E%B2%E7%A4%BA%E6%9D%BF%EF%BC%9Aganz+nach+Belieben+%21+%2F21%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%81%AE%E5%AD%A6%E5%95%8F++++love+system&lr=

2006年度新しい文章ができました。
今の資本主義は、景気の良い時に財政に経済を任せ(所得税、法人税)
景気の悪い時に景気に経済を任せる(経費で落とす)、悪い制度だ
本当は、利益課税から費用課税に改め、
景気の良い時に景気に経済を任せ、景気の悪い時に財政に経済を任す仕組みにしたほうが良い。


327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 02:21:02 ID:CT8snvCw
経済体制が続く限り資本主義を成り立たせている不平等、理不尽な体制自体は変わらない
体制を変えたいなら経済体制を見直すべきだと思う。

328 :kajikawa kiyosi:2006/08/11(金) 16:54:11 ID:LiZkazGx
『愛情主義経済』を信じられない奴は、性格の悪いbody持つ事に為るんだぜ!!

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 14:23:31 ID:Onq7ByMZ

小泉政権はどこまでアメリカに貢ぐ気か? ――船井
‥‥たとえば、彼(小泉純一郎)が総理になった最初の3年間で、銀行の90%がアメリカの金融機関に握られてしまいました。
製造業も70%までが、いまはアメリカ資本です。東京のホテルに至っては、ほとんどがアメリカ資本になっています。
流通も、食糧も、土木建築も、日本の産業すべてがアメリカ資本に組み入れられているのが現状です。
郵政三事業の民営化にしても、アメリカの金融業界がいちばん喜んでいます。
民営化の暁には、簡保と郵便貯金を合わせた350兆円ものお金が、“ゼロ金利”の日本を嫌ってアメリカへと流れ込むことになる。
ウォール街の人たちは今からもう笑いが止まらないようです。そもそもこうした資金の流れを生むゼロ金利政策自体が、
アメリカに言われて唯々諾々と受け入れているものなのですから、話になりません。
これでは、アメリカから「憲法を改正して戦争ができるようにしろ」と言われれば、
小泉さんやその後継者なら「ハイッ」と二つ返事でその方向に進みかねないと心配です。

戦争に反対する政治家たちの粛清が始まった ――副島
もうとっくに事態はそのセンに沿って動いていますよね。
日本の産業界がアメリカ資本に大きく乗っ取られつつあるとおっしゃいましたが、
それはメディア(マスコミ)も例外ではない。
アメリカの意思に反抗して、日本の国益を守ろうとする温厚な愛国派の政治家、官僚、財界人たちが次々に狙い撃ちされて、
週刊誌による「カネと女」のスキャンダル攻撃にさらされるという傾向が強まっている。
最後の最後で、“新たなる日中戦争への反対”を表明しそうな政治家たちが今のうちから次々と失脚させられる。
戦争は10年後だと私は予想していましたが、このままではあと5年ほどで中国とぶつかって戦争を始めるのではないか。
その前に、金融・経済面で統制体制になって国民生活が厳しく監視される。事態はそのぐらい深刻だと考えています。
        ――『昭和史からの警告』(船井幸雄・副島隆彦・共著/ビジネス社)





330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 00:02:16 ID:v26miZBe
資本主義を支えているのはモラルです。
強欲だけに走った資本主義は必ず崩壊します。
貨幣自体が信用に支えられているのです。

次の経済体制はモラル信用資本主義です。
モラルある信用ある人格がある程度の商業的才能を有していれば
それはなによりもの担保となるでしょう。

331 :kajikawa kiyosi:2006/09/08(金) 22:29:44 ID:ivpB8zlQ
360 名前:kajikawa kiyosi :2006/08/15(火) 12:20:12 ID:???
みんな知らないの??『俺らはstoryに操られている』んだよ!
すべての悪は、『利益課税』と言われる悪の税金のお陰なんだよ!!!所得税や、法人税、消費税、といった・・・!!!
もっと、愛の税金と言われる『費用課税』を採用しなきゃ!!!必要経費税、逆人頭税、法人経費税、生産費税・・・・こう言った税金を採用しないと、
物凄くおっかない事が起きるよ!!??#####&&&%%

http://www2.plala.or.jp/TAX/plalaboard/message/139.html


332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 00:07:51 ID:ONyEpKEW
資本主義だけ置き換えることは無理がある。民主主義も、ガタが来ている。
そこで、私は、完全なる機械制御、コンピューター制御の、水溶液に人間が
使って、首の後ろから電極を刺し、そこからバーチャル空間にアクセスする
マトリックス的な世界がもっともいいと考えている。人間は、バーチャルな
世界の中で、自由を手に入れ、望むかがままの世界をだれもが手にすることが
出来るようになる。全ては、コンピューターが制御する。電源は、人間の体と
太陽、原子力により永久的に発電し続けることが可能である。
もはや、これしかないと私は確信している。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 02:47:57 ID:vh2VDgzD

供給ってのは極論すれば、地球の資源のことでしょ?
いずれその供給が途絶えることは確実なのだから
それとともに資本主義も終わるわけでしょ?
であれば、アーミッシュだかなんだかってのがしてる生活が主流になるんでないの?

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 13:36:17 ID:lMfX6FoF
>>332
そのコンピュータをメンテするリアル人間は負け組み?w

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 13:13:55 ID:3Mi5BMs+
コンピュータのメンテもコンピュータがやるに決まってるじゃんwwww

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 02:40:16 ID:83WKW6Dt
>>334
>>335
みんなが、水溶液につかり、電極でバーチャル空間にアクセスする。
メンテもコンピューターが全て制御する。人間は、支配をコンピューターに
ゆだねることで、逆に真の自由を手に入れるのである。もはや、これしかないと、確信している。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 02:58:06 ID:iNsH/7zG
なぜ日本人女性は韓国男性に憧れるのだろうか。
まず韓国人男性は紳士的な振る舞いをします。
そして女性を大切に扱います そして情熱的です。
このような韓国人男性の振る舞いに日本人女性はコロリと落ちるのです。
日本人のような幼児的な男性にあきあきしてる裏返しの行動でしょう。
韓国人男性に憧れる日本女性は週末になるとソウルを訪れるそうです。
ソウルで運命的な出会いを期待しての訪韓です
ソウルでは毎週末にお見合いパーテーが開かれています
日本女性と韓国男性のお見合いパーテーです
日本女性の参加者が圧倒的に多く韓国男性を集めるのに苦労するそうです。
日本女性は婚前交渉に積極的だと聞きました。 韓国では婚前交渉はタブーです。
お見合いパーテーで知り合い、その日のうちに関係を持つカップルが多いと聞きます。
「日本人女性は優秀な遺伝子を求めて韓国で股を開く」と韓国のWEBサイトで話題になっていました。
韓国では不道徳なものは、東から来ると言われています。
韓国は日本から多くの不道徳を持ち込まれています。
すべて事実だ。 日本の女は淫乱で男はまったく魅力がないインポ。
かわいそうな劣等民族

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 23:22:44 ID:qMyrSypq
>>336
そこまで情報化された社会で、生身の肉体そのものを水溶液につけて
保存しておく意味はあるの? 脳(自我)は電子回路に置き換わればいいわけで。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 15:18:52 ID:vKkwEIfC
>>336
現実逃避の妄想乙。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 20:08:34 ID:FLNSDXKl
永遠に妄想で終わればいいんだが、時代が時代だからなあ。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 23:26:36 ID:BrfpG4DM
>>18,>>213に同意。100年後かいつかはわからないが、究極の技術革新の果てに
共産主義になるだろうね。


342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 17:23:17 ID:nkIxw8cB
宗教的な基礎をもたない資本主義は
賎民資本主義と呼ばれる( Max Weber )
日本の資本主義はまさにこれだ。
ただただ金儲けすればよいのだという変質者がのさばる社会は
終わっている。
強欲な変質者がのさばる社会ではうつ病患者が増える。
宗教がすたれている国では精神的な救いも得られにくい。

手段をえらばず金儲けに走る異常者たちの競争に
大多数の凡庸な人間が巻き込まれてこき使われている。
商売人の価値観が世界を改悪しつづけている。
精神的な環境破壊ともいうべき現象だ。

しかし8割以上の人間は、うまれつき
他人に使われるしか能のないアホだから
これでよいとも言える。


343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 16:26:36 ID:uMlXx6f0
>8割以上の人間は、うまれつき 他人に使われるしか能のないアホだから
これでよいとも言える。(>>342も含む)

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 16:27:43 ID:zTokq1s0
マジレスすれば、文明崩壊して原始共産主義へ移行

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 18:58:20 ID:0hCdbUoN
>>344
原始共産主義って具体的にどんな状態のことをいうの?

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 06:32:54 ID:cMsMwyaK
>>342
要するに金持ちは富の再分配をしろってことだろ?

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 00:03:02 ID:zVafbn/B
今の金持ちはセコイんだよちまちまちまちま金持ってるにもかかわらず、まだ貯めようとするだろ。
ぱぁっと使っちまえばいいものを、しみったれた貧乏根性が抜けないとこが嫌いだ。

宵越しの金は持たなかった江戸っ子を少しは見習って欲しいものだ。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 07:44:54 ID:U/oQcblV
現在の資本主義は資産配分の流動性が低すぎるだろ。貧富の格差があるのは結構だが、もっと流動性が高いシステムがあればいい。証券市場はまさに流動性を作るが、もっと根本的に資産配分を高めるものがほしい

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 08:04:50 ID:U/oQcblV
現在の資本主義は資産配分の流動性が低すぎるだろ。貧富の格差があるのは結構だが、もっと流動性が高いシステムがあればいい。証券市場はまさに流動性を作るが、もっと根本的に資産配分を高めるものがほしい

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 21:03:07 ID:/H/0/6t6
>>345
ウルルン滞在記にしばしば出ているような社会じゃないの?
その社会でいちばん重んられる規範は、収穫した物を一人占めしないことらしい。
つまり、収穫した物は共同体全体の収穫として、村の成員に平等に分配する
というのがその村の掟だそうだ。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 21:23:53 ID:/H/0/6t6
そのなかでいちばん印象に残っているのがタイ王国のムラブリ族。
この回ではちょうど上述のことがクイズになっていた。
集団内には特にルールらしいルールは存在しないが、唯一仲間から嫌われ
タブー視されている行為があるそうで、それが「一人占め」だということ。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 21:24:58 ID:1rrhZGx4
ルソーさんじゃあるまいし今更ね〜

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 21:30:47 ID:/H/0/6t6
ルソーのいう自然はまったく違う概念なので別問題だと思います。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 18:05:20 ID:1hdTam+w
マルクスによれば資本主義の発展の最終的段階で1が危惧する事態が起きる。
労働者が機械に雇用を奪われてしまう。第一次産業ではそれが起きた。
第二次産業や第三次産業でもそれが起きようとしている。
サービス業界は非正規雇用の温床で、IT産業界も雇用を生み出せるかどうか。
残るはドラッガーが提唱するような知識=創造産業だけだが、果たして。
そろそろ発想の転換が必要だろう。それが本当の意味での共産主義革命だ。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 01:24:14 ID:qrW9Cm+2
経済が拡大する中では貧乏人も落ちこぼれも資本主義経済下で吸収されるが
いざ成長が緩やかになると富の偏在を助長する。
また「金を儲けて何が悪い」と言った有名人がいたように結果至上主義が徹底
されるとそのプロセスがあまり重要視されないことも問題だと思う。
>>330
モラルは重要なんだがモラルとか正義とかって人によってズレがあるからそれを
どう評価していくのかが問題なんじゃないか。


111 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)