5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日銀の隠れた債務免除益はいくら?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/20(月) 22:25:43 ID:p00lztYG
 地震、雷、火事、おやじの埋蔵金で紛失した紙幣だけど、アレって日銀の帳簿に残ったままになるの?
 市中銀行なら、一定期間払出しの行われない預金や、期限を遠く過ぎても支払請求のない手形・小切手は、時効にして債務免除益にしちゃうけど、滅失した日銀券の債務は日銀は放ったままなの?
 聖徳太子の万券とか、債務消滅時効にして(日銀は受取拒否)、債務免除益出しちゃった方がいいんじゃないの。結構あると思うけど。
 だれか、知っている人、いない?

2 :わたしの肛門は美しい!!!!!:2005/06/24(金) 01:36:49 ID:OMNsbuP2
わたしの肛門は美しい!!!!!
わたしの肛門は美しい!!!!!
わたしの肛門は美しい!!!!!
わたしの肛門は美しい!!!!!
わたしの肛門は美しい!!!!!
わたしの肛門は美しい!!!!!
わたしの肛門は美しい!!!!!
私の美麗なる菊をとくと見よ!
私の美麗なる菊花をとくと見よ!


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/26(日) 12:40:38 ID:REEd7Rx6
>>1
日銀券は不換紙幣なので、どっちみち返済義務はないですよ。
1万円札を日銀に持っていって「これ換えてくれ」とお願いしたら、
黙って新しいお札を出してくるだけ。日銀の債務残高は変化しない。
つまり彼等の借金は永久に返す必要がないということ。

彼等が債務を減らすのは、金融政策の一貫として引締めを行うとき。


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 00:02:45 ID:kmL2vQXC
 だったら燃えちゃった紙幣はどうすんの?
 日銀はずっと「借金」だと思い続けているわけ?
 さっさと債務免除益を計上して(自己資本に組み入れて)、国庫に返納しなさい。


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 10:59:13 ID:BxpGJwQg
>>4

燃えちゃったお札を「借金と思い」込んだふりをしているのは確かだが、
だからといって、それ自体で実害はない。普通は。

問題は、不快なほどのインフレや、景気を悪くするデフレを、お札の量を制御
することで避けるという日銀の任務がちゃんと果たせているか否か。

もしもインフレなら、いくらお札が燃えても、もっとお札を減らさなければ
ならないし、デフレならお札が全く燃えていなくてもドンドンお札を刷らきゃ
ならない。

果たして、デフレ下で、失業率も歴史的に最高水準でありながら、景気やデフレ
を無視して、銀行経営が安定化しからとか、都心の地価が一部あがったからとか
不動産投信が人気過熱しているからとか、短資会社が困っているからとか、
正常な金融政策のあるべき姿から逸脱しているからとか、預金金利が低下して
金持ち老人の利子所得が減っているからとかといった、働く一般国民にはどーでも
良いような下らない理由で、お札(正確にはベースマネー)を減らそうと言う
日銀のやり口が正しいか否かだな。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 12:29:59 ID:9zPcJOy+
実際、日銀の通貨供給が少なすぎてデフレな今は、ぶっちゃけバレなければ
偽札作る人が神に見えてしまったりする。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 17:11:26 ID:BxpGJwQg
>>6

まあ実際、アメリカが身の程わきまえず借金して輸入してくれている
結果として日本の景気が保っているわけで、その元手はドル札を刷り
まくって作っているわけで、その比喩はまんざら嘘ではないわけだが(藁

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 17:21:07 ID:k4MA4mqM
まあ、変動相場制な日本では、外需に頼る必要もないし、日本経済の規模の大きさ
からいったら、輸出産業はゴミなんだけどね。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 18:23:03 ID:BxpGJwQg
>>8

内需が元気ならねぇw 残念ながら、バブル崩壊以来、日本のGDPの
変化は、ますます輸出に依存するばかりなりwww 今増えてる設備投資
だって、輸出産業中心でしょうに。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 18:26:06 ID:Sm4RB+st
それは内需削減政策の権化である構造改悪をやっているからじゃないかと。

増税しない約束して、ほっとけば景気回復するよ。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 18:27:02 ID:2FWtICG8
>>9
輸出産業の設備投資が増えても、ちっとも景気が回復しないのが、
「輸出産業はゴミ」という証拠じゃないかなと思いますが。何か?


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 20:58:09 ID:wnGE8WBO
>>6
ずっとゼロ金利じゃないか。

>>11
経済成長率、消費水準、失業率なんかを見ると
一時期よりもだいぶましになってるが。
何をもって回復してないといってるんだ?
それなりに信頼できるデータ出せ。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 21:02:27 ID:2FWtICG8
>>12
偽札作りは一種のパラシュートマネーでございますことよ。


>何をもって回復してないといってるんだ?

そういう前に、お得意の産業連関分析とか使って、輸出産業の設備投資増加がもたらす
経済効果とやらを試算してみたらどうですか?5千億あったら御の字でしょう。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 21:06:05 ID:hG+Aw774
現地生産が定着した今なら、ちゃんと計算してみたら
輸出なんて大したことないかもしれませんね。ちょっとおもしろい視点だ。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 21:32:40 ID:Ftr9sqoi
日銀の実質輸出指数と内閣府のCI一致指数でも重ねて描いて見れw
ラグ付きでべったりで嗤うwww

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/28(火) 07:55:36 ID:+vXYUD5b
めんどい。ってか話そらしてないでデータだせ。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/28(火) 16:53:09 ID:76nsZ5jF
>>5
 ぼくちゃんが心配しとるのは、日銀のBSが実体よりも悪く現れているばってん、お国が損をしてるんじゃなかとばいということずら。


18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/28(火) 22:53:46 ID:Wy/PL83f
>>17
日銀が余剰利益をちゃんと国庫に納めているのかという疑いは昔からあるね。

しかしそんなことどうでもいいんだ。日銀職員がいくら不正な行為を行って私
腹を肥やそうが、そのことが日本経済全体に与える影響は塵ほどもない。

だが、奴等の無能に関してはそうはいかん。そのおかげで俺達国民はどえらい
迷惑をこうむっている。もっと狡くて悪い奴でかまわんから、ちゃんと仕事を
してくれる優秀な人間に総裁になってほしい。


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/29(水) 00:53:49 ID:mY4SoErP
>>18

だよねぇw 粉飾しようがなにしようが、不換紙幣出している中央銀行が
破綻するわけがないのであって、過度のインフレ&デフレを回避すれば
モーマンタイ

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 09:46:31 ID:YInV39DM
日銀保有株、含み益1兆円規模に=相場上昇受け半年で急増−2年後に売却開始

 日銀が銀行から買い取って保有している株式の含み益が、相場上昇を背景に9月末に1兆円規模
に膨らんだことが20日明らかになった。11月にまとめる2005年9月中間決算の中で公表する。2年
後に売却を始める予定で、それまで現在の相場水準が続いていれば国庫への納付金が増える要因
になる。
 3月末時点での日銀保有株の含み益は6376億円。その後、政府・日銀が「景気の踊り場脱却」を
宣言したほか、衆院選での与党圧勝で構造改革進展の期待も高まったため、9月末の日経平均株価
は3月末より1905円上昇し、1万3574円と4年4カ月ぶりの水準に回復。これにより、含み益は大幅
に増加した。
 日銀は、最終利益に当たる当期剰余金のうち一定割合を毎年国庫に納付している。保有株は07年
から17年にかけて売却する方針で、売却益が出れば最終的には財政赤字の縮小に寄与することになる。 
(時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051020-00000208-jij-bus_all

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 17:38:45 ID:Ryw4u1uh
国債が借金であることは事実であるが、それは形式的な議論でのみ妥当
するのであり、国債とは本質的には、総支出(総需要)を調節するため
の手段でしかないのだ (ラーナー『雇用の経済学』第一章)
それはまた、庶民が想像するところの借金とは異なるものである。すな
わち日銀が国債をたとえば、500兆円買取って保有した場合に、その
利息収入は日銀の手にはいるが、その利益は政府に納めなければならず、
単なる帳簿上の債権債務となることから明らかである。
さらに明確に国債の本質をとらえるためには、政府の子会社である日銀
を、年末30日に政府に吸収合併するところを想像すれば良い。そうな
ると国債の債権者が政府となるのであり、債権債務が同一人格に帰属す
ることになり、民法における混同の法理により、債権債務が消滅するの
である。これを借金と呼称することには、いささかの無理があることが
分かるだろうと思う。


9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)