5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

マルクス主義・マルクス経済学スレッド第3

1 :Jimmy:2005/10/17(月) 22:36:25 ID:7RQMsCZn
ホレ、も一回行くヶ?

89 :Jimmy:2005/10/22(土) 01:56:24 ID:P+PY9X2a

大笑い。そういうのこそ自然主義的誤謬つーの!!
何らかの「見解」を持ち出して、どれが説得的かを議論してどうなる。
G−W−Pm,A−W”−G”という流通運動のどこをとっても、
商品流通の原則をはずした交換はない。この表面性が資本主義の
最も深部から支配している。正当な取得根拠を流通表面以外のところに
求めたくて仕方ない衝動にブルジョア的思考は常に覆い尽くされている。
簡単に言おう。「搾取」こそがブルジョアイデオロギーの根源だと。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/10/22(土) 02:24:32 ID:Kql3z7wv
で、チミは誰に何を搾取されたの?

91 :Jimmy:2005/10/22(土) 02:31:59 ID:P+PY9X2a
>>85
じゃあ、祠でも造って「大地」に返せ。

92 :Jimmy:2005/10/22(土) 02:44:49 ID:P+PY9X2a
スマンSpecさん、少々シニカルな受け答えになりすぎた。
が、どんな解説をしようが、資本にとって事態は同じ。
まあ搾取なし説でいったら、資本蓄積に意味ありませんて言ってるのと同じで、
何もしないでじっとしておけが正解でしょう。農耕に投下すると
自然災害の脅威にさらされるだけ、期待値が下がる。意味ないじゃん。
マジ学者馬鹿のトンでも説でしょう。

93 :Jimmy:2005/10/22(土) 09:04:05 ID:P+PY9X2a
>>79
Specさん。本当にあなたは大真面目な正統派ですね。これはオチョクリではありません。
何か「価値」という重大、おそらく最も重大な「概念」があって、それを計算しまくること自体に
大いなる意義を見出されている。
この場合、それが「計算」出来てナニがわかるのですか。
ある期間では自動車一台=10時間が翌年5時間になりました。この技術パラメタの変化
が例えば資本蓄積にどう影響し例えば相対的過剰人口の吸収反発がどう動くのか、
とかに議論を発展させようというのか。
私は、先にも言ったように解析はよく分かっていませんが、技術係数が変化していくような
場合、その前後の生産物に投下された労働時間を直接比較し、その間の交換比率などを
決定できると考えたりするのはナンセンスだとみなしています。

94 :Jimmy:2005/10/22(土) 09:26:26 ID:P+PY9X2a
>>86
この小麦経済モデルは、なんらの生産関係も定義されていない。
それで誰が何を式の搾取云々を語ること自体無意味つーか出来ない。
理論経済学に規範的な観点を持ち込むことがこの場合大いなる混乱
を導いているのではないか。この場合とは資本主義における搾取とは
をめぐるブルジョア的見解の諸バージョンの開陳と言い争いのこと。
マルクス式の定義を受け入れたところで厄介な問題がある。生産的労働
とは何かを正確に述定することが出来ない。労働者というが、
どういう労働をするものが、労働者なのか、流通労働は生産的でない理由は?
資本家の労働は価値を生まないのか、などなど。
せいぜい、直接的生産過程に投じられる単純労働だけが価値を生むという、
証明も反証も不可能な定義がそこにあるだけでしょう。
仮に資本家をも含むどんな労働も価値を生むとして、相互に変換不能な労働の種類
がn種あるとして、例えばレオンチェフ型経済の下でn種類の搾取率と価値(労働時間)
が決定される。これに形式的な不整合は全くない。

お聞きしたいが、搾取があると何か不正が生じているのでしょうか?
その不正とは搾取だからという同義反復以上の説明があるのでしょうか。

95 :かつて○だった男:2005/10/22(土) 10:34:57 ID:gEl1eLNA
確かに生産技術等の具体的な設定はしてなかったね。
人が土地を耕し、種をまき、育てるとしよう。
道具や機械や肥料も使ってね。
彼には小麦を作るために必要な知識と技術がある。
但し、ここには市場その他一切の制度やルールもない。
市場がないから所有権もない。
社会という言葉はこの世界では意味を持たない。
敢えて意味を持たせるとすれば、人々の集合、
そこには人と人との間にはなんらの関係性もない、となるか。

96 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/10/22(土) 11:00:26 ID:lx+w4Dhw
収穫の一部を自然や神にささげるのって世界中でありますよ。
資本主義だとなくなって言っちゃうのかもしれないけど。

97 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/10/22(土) 11:13:01 ID:lx+w4Dhw
皆さんお話聞いてると交換価値で自然が消えてる、人の労働や市場
の価格だけになってしまうんですね。でもそれは科学じゃない。
農作物の出来不出来をパラメータにしないと。

98 :Jimmy:2005/10/22(土) 11:15:43 ID:P+PY9X2a
>>95
ハァ、分かりました。ロビンソンクルーソーの世界ですね。
人間と人間の関係性がないから、その意味の搾取は存在しない。
問われてるのは人間−小麦−土地連関でこの剰余の源泉はどこにあるのか。
少ししゃれて言うと、このモデルでの「一般化された商品搾取定理」の
妥当性を吟味せよと。

99 :Jimmy:2005/10/22(土) 11:29:38 ID:P+PY9X2a
>>97
その農作物の出来不出来で収益の左右されるような部面を、どう資本は
取り込むのか、あるいは取り込まずに外部においてどう処理するかを
考えるのが私のマルクス経済学。
普通は現にそうであるように、農業部面に固定資本を伴うような資本主義的
経営は成り立たない、だろう。
かそういう変動リスクを十分補償しておつりが来る様な、参入障壁を作れるような、
要は独占性が何かあるような場合とか、自然の驚異から農業生産過程を隔離できる
ような技術を用いることが出来る場合は、資本主義的生産が成立するだろう。

今言ったような論理は新古典派的アイデアと変わらないではないかといわれたら、
そうですと取り敢えず言っておこう。つーのは資本の合理性を私のマルクス経済学
は認めているからだ。

100 :Jimmy:2005/10/22(土) 11:31:00 ID:P+PY9X2a
>>99
驚異→脅威ですた。

101 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/10/22(土) 11:39:16 ID:lx+w4Dhw
>>99 よくわかりました。

経済学徒のみなさんも、私の最後で最初の小説を読んでください。
ふて浮き連載ですが、この世の悲惨さは貧困だけでなく喪であると
理解できるとおもいます。コレは共産主義でも改善できない。
毎日日記形式で連載しています。

ボッキーhttp://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/

102 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/10/22(土) 12:13:37 ID:lx+w4Dhw
コメントももらえるとうれしいです。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)