5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

資本論全部読んだ人いんの?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/16(金) 03:05:15 ID:JHXtwkAw
ああ?ビキビキ

2 :Spec:2005/12/17(土) 07:25:08 ID:zxU4B50c
 私は縮約版の資本論(世界の名著)なら全部読みました。初めは岩波の向坂逸郎訳の
分厚いのを読んでいたんですが、電車の中で読んでると目立つし、重くて腕が痛く
なってくるんで変えました。
 といっても、1回読んだだけでは理解したとはいえないんで、また
読まないとと思っています。いまどき資本論を全部読む人は経済専攻の人でも
ほとんどいません。私のように数学専攻ならなおさら。
 まあ、自分に自信がつくようにはなりました。資本論にかぎらず
長い本をよむと、根性がつく気がする。
 でも本当はドイツ語で読むべきなんだろうな。ドイツ語はほとんど忘れてるので
勉強しなおしていつかはマルクスの直筆原稿を読んでみたいものです。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 07:29:09 ID:mh7jhVhn
一番最初の貨幣のところでロジックがよくわからなくて止まった
誰かが講義してくれるならもう一度読んでみたいと思ってる、暇があれば

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 13:32:10 ID:Bqq/HePh
>>2
世界の名著の資本論って、第1巻だけしかないだろが。
資本論は3巻まで読んで、はじめてマルクスの言いたいことが分かる仕組み。
1巻じゃよんだことにならん。ドイツ語や直筆なんて偉そうなこといってないで、
まず日本語で3巻まで読んでからにしろ。ヴァーカ。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 13:36:45 ID:MJE+Z96b
>>4
ってあなたは読んで仕組みを理解しましたか?
それとも誰かから聞いてきた話?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 13:37:39 ID:Bqq/HePh
>>3
最初の貨幣のところ、つまり価値形態論が、もっとも難解。
ここで止まったのは正直、君がきちんと読もうとしている証拠だ。
アドヴァイスとしては、価値形態論は、すっとばして3巻全部読み通せ。
価値形態論は宇野・久留間論争あたりから入門するとよい。
ここはマルクス自身循環論に陥っていて、分かる方がおかしい。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 13:38:38 ID:Nsci5UhI
>>2 悪いことは言わないから、〇なんぞに関わるのはやめな。
>>4 〇の分際で生きてんじゃねえ、バ〜カ!

8 :3:2005/12/17(土) 13:58:13 ID:bD3uP2G8
>>6
ふーんそうなんか。アドバイスありがとう!
ちょっと今手元に本がなくて正確な用語を思い出せないんだけど、
たしか、それ自体に価値のない紙切れが貨幣として流通し始める時に、
「魔法」だか「神秘の何とか」だか何だかが介在する、みたいな表現を使ってる箇所なかった?
そこのところがどうしても理解できなかったような記憶がある、うっすらと。
もう読んだの5年くらい前だからよう覚えてないんだけど。
当時日本語の解説書いくつかあたったんだけど、
どれ見てもそこの部分の説明はようわからんかったわ。

まあとにかく、いつか暇を見つけてアドバイスどおり3巻読み通してみたい。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 14:10:52 ID:fIckrm8w
嘘つきターニャの真っ赤な真実。

ロシアの肉便器タニヤ(写真付き)
肉便器女は日本人に限ったことではないようです。
こんな女でも日本人の子供を産むのはイヤなのだそうです。
スタイル悪くてブサイクだから。

http://www.antiscam.net/modules.php?name=coppermine&cat=11108

ロシアン結婚詐欺師の手口

@滞在費用をだまし取り
A妊娠したら経口堕胎薬でわざと流産させ
http://www.imedical.com.kh/ru486peking.asp ←経口堕胎薬のHP
B慰謝料をふんだくる

金で女が買えるとか愛情が買えるなどという発想をする日本の成金
オヤジどもが露嬢を手に入れようなどとすれば、こんな結末になるのが落ち。

ヒント:
本当にロシア美女と幸せな家庭を築きたいのであれば、
結婚斡旋業者などを絶対に相手にせず、
露語か英語をマスターし、現地で信頼できる人脈を作った上で
信頼できる女性かどうか見極めてから結婚するべきでしょう。

参考:このサイトをよく読んでおくべき。
http://www.womenrussia.com/blacklist.htm


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 15:15:51 ID:1bSUgX8e
資本論は読むのが大変だから学部時代しか読む時間がない。


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 16:26:27 ID:w1Og0oop
基本書相田慎一「経済原論入門」岡崎次郎「資本論入門」
を読んで通読するのが一番。マルクスは考えながら隠し、
文体を下手に気取っているし、教科書とは考えないで、
考えながら書く人なので、諸学者には難しいでしょう。
私は一応は全部読みましたが、具体的にあれどーよ
診たいな話になると基本書レベルで堪えるかそこのとこ
ろをもう一度手にするしかないでしょう。
「怒りの葡萄」というビデオを見れば「労働力」土地
から切り離されルルンペン・プロレタリアートの部分があり
心がまともならばマルクスの「ピンはね論」を読んで、
本気になるのもわかります。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 16:30:36 ID:w1Og0oop
しかしマルクスは労働価値説をとったがゆえに、
初めから全部駄目な所は駄目な瀕死状態なのです。
しかしそこら辺は今の私たちが考える仕事でしょう。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 16:39:20 ID:w1Og0oop
マルクスのエッセンス化は簡単です。
まず資本家は生産企業の労働者を搾取し、それのみを利潤とする。
その利潤は生産資本だけでなく地主、商人、金融生産企業に分配
される。それだけです。現実には全然あってません。
だから、マルクスは基本書で済ませ、他の経済書で近経を学んだ
方が有益だと考えます。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 16:40:26 ID:bD3uP2G8
質問。マルクスの言う「搾取」された価値っていうのは、
今の経済学で言う「資本の対価」に相当する、って理解で正しい?

これを踏まえて、>>12 の意味は、マルクスは最初から
「全ての価値は労働者に帰属する(または起因する)」という仮定をおいて
資本の対価という概念を認めなかったため、搾取はほぼアプリオリに
存在することになるが、一般均衡で考えようとすると理論上無理が生じてくる、
という感じかしら?すげー憶測でしゃべってるが。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 17:06:15 ID:w1Og0oop
「資本の対価」がわからん。w 私は単位マルクスをいかに楽に読む
化を目指すものですからww
しかし林檎一個は100円ですとする時
マルクス経済学では「100円の内、50円は搾取して
100円にします」という分析、無視で供給側を主に分析しています
需給をもっと取り入れれば「資本論」もうなずける話ですが・・・
搾取しているのは上部構造がそうなってるだけです。
どちらかと言うと私はマルキシズムが好きではありません。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 17:08:37 ID:w1Og0oop
単にマルクス 読むか に訂正

すいません。体調が悪くて。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 17:10:14 ID:Bqq/HePh
いまやマル経でも労働価値説は否定的な解釈が一般的ですよ。
古くは宇野弘蔵から最近では分析的マルクス主義まで
労働価値説抜きの価値形態論は普通です。
搾取論にも批判的なマルクス経済学者は山ほどいますよ。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 17:13:21 ID:w1Og0oop
『労働力』と『労働』
労働力=労働者の家族の最低生活賃金
労働は普通の労働でいいでしょう
労働ー労働力=搾取です

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 17:16:47 ID:w1Og0oop
>>18その通りですね
宇野はもっと簡単な入門書で、大雑把な理解が出来る入門書
があればいいのですが。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 17:18:31 ID:w1Og0oop
>>17
ですねすいません

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/17(土) 17:22:41 ID:w1Og0oop
>>15
無視で>需要を無視で
訂正します。

22 :Spec:2005/12/18(日) 23:14:59 ID:02wDrCUt
>>4さん
誤解じゃないですか?
世界の名著版は2冊あって、資本論第3巻まで入ってますよ。
資本論は長いんで翻訳だと世界の名著2冊分いるってことでしょう。


23 :Spec:2005/12/18(日) 23:21:30 ID:02wDrCUt
>>7さん
>悪いことは言わないから、〇なんぞに関わるのはやめな。

マル経の方がアカポスを得やすいって聞いたんですが、本当ですか?
もしそうならマル経専攻は選択肢としてありでは。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/18(日) 23:39:01 ID:xinX12CB
>>23 
もしかするとそうかも知れんが今後君は社会のお荷物になりながら
既得権にしがみついて生きていきたいのか?
そんなんいやだろが。

それにマルクス自身はともかく、今、日本でまともな人は〇なんか誰もやってないだろ。
優秀な人達と関わらないと脳みそくさるぞ。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/19(月) 14:12:14 ID:86awQwDe
>>22
地代や平均利潤、利子産み資本はでてる?

26 :111111111111:2005/12/19(月) 20:03:42 ID:6svZDh+n
 いっぱいいるだろ

27 :1111111111111:2005/12/19(月) 20:16:47 ID:6svZDh+n
 そもそも商品経済は近代になって生じたというニュアンスはおかしいな 

 人類の誕生と同じくらい交換経済は古いものでありその時点から資本主義は
 始まりウル ある一定の時点を理想の時代と考えている風を捨てる必要が
 あると思う

28 :1111111111111:2005/12/19(月) 20:23:19 ID:6svZDh+n
 まー 優秀な人はアプリオリに資本論くらい読んでるだろ...

29 :Spec:2005/12/19(月) 22:11:56 ID:QcIopyxa
すみません。今、手元に世界の名著版がないんで記憶違いかも。
資本論第3巻は岩波版で読んだ気もする。
なにぶん7年前くらいに読んだので記憶違いかも。

30 :Jimmy:2005/12/20(火) 00:20:38 ID:HfsotBct
>>29
世界の名著 43巻 資本論第一巻 第二巻 44巻 第三巻
いずれも鈴木鴻一郎大先生の訳で収録されてますよ。
国立国会図書館の蔵書検索でもやれば一発でわかる。
もっとネット使い倒せャ!

31 :通りすがり:2005/12/20(火) 23:44:05 ID:ZUTkMQTU
学部生の時に「読んだ」というより「目を通しました」って感じ。
っていうか、上のほうで商品経済と資本主義を混同してる人がいますね。。。
きっと「目も通していない」のでしょう。
あるいはヴェーバーの資本主義論に依拠しているのでしょうかね。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/21(水) 11:32:20 ID:r+XK5HRx
資本論読もうとして最初でつまずき、
その前にデカルト読まなきゃって思い立ち、
読んだらさらにわからんかった。

33 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/21(水) 13:46:46 ID:WG8o2hFK
>>32
学生なら数学勉強しろ。数学が出来ないと
経済学者にはされない
33歳、もう出発す気配だが体がうごかん。

34 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/22(木) 16:25:19 ID:FLKtOkg2
だから、地代を見ればわかる絶対地代とか。途中で偉大なるマルクス先生
お亡くなり気なられたのです。
でも「怒りの葡萄」に描かれた、
「労働力」以下の生活を見ればいいでしょう。あれじゃあ革命おきそうです。
でも所詮ロックフェラーとロスチャイルドに操られてるだけ。

35 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/22(木) 16:40:25 ID:FLKtOkg2
「カール・マルクス」で、レーニンは新中間層をどう評価するか
マルエンが書いてたといっていました。結局、民主主義・非暴力
で、これらの財閥の子供たちを洗脳させるべきでしょう。
まあ、誰にも出来ますまい。

36 :111111111111:2005/12/23(金) 18:19:27 ID:Xl0Ymrqc
 別に資本主義と商品経済を混同していようが根本的な考え方さえ
 理解していれば資本論なんて詳細は無用

 オマエラマルクスバカがいつの間にか詳細を検討することに時間を費やして
 最も大事な貨幣経済を廃絶することに時間を割かなかったことが最大の
 敗因要因 共産主義はまず貨幣を廃止して労働で繋がる世界を作ることを
 しなければ実現は無理 バカでも解る

37 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/23(金) 18:47:36 ID:OVb8Gf9I
>>36
貨幣の消失などを重要視し頭は悪いッぽいが
いいところを付いている。
ただ共産主義とは何なのか何が出来るのかを
考ええておけばもしかすると。

























成功しなかっただろうな

38 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/23(金) 18:56:28 ID:OVb8Gf9I
やっぱりあのころはお祭りだったんですよ。だから解き放たれた
発展途上国にしてみれば、後に独裁、秘密警察は必要
なデストピアが生まれたのでしょう。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/23(金) 19:11:54 ID:Jed7XwPt
この前本屋行ったら資本論が経済じゃなくて思想・哲学のコーナーにおいてあった
まあ、そんだけ

40 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/23(金) 19:15:53 ID:OVb8Gf9I
個々からは陰謀説だけど(話半分に聞け)資本主義の崩壊を食い
止めるためにゴールドフィンガーがイル。ロス・・・すまん
血がここまでしかない。
輸血した。記憶に名前はのってないが、共産主義になろうとする
国は、所詮発展途上国、それを永遠不滅の資本主義にさせる陰謀
ガあったとしたら? それは共産主義社会ブランドを気づくこと
そう考えれるヤバイ奴は一体どこで・・・・それはロック・・・
また打たれた
モルガンの財閥はどこへlろrんxmm;lm;

41 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/23(金) 19:22:09 ID:OVb8Gf9I
経済学はマルクスもケインズも考えられない、上級社会のご令嬢
ガいつか迎えに来るだろうここまで彼らの陰謀を突き止めたから。
電話の音
「2ちゃんねるなんかに書き込めるような馬鹿の秘密
を知ってわかるから、あんたももう役ただず」
がーん「ロックのご令嬢に婚約解消が通知されました。

42 :1111111111111:2005/12/24(土) 00:10:41 ID:6SYjLP5E
 くろしろさんは ヤクでも常用なさってるのですか?

43 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/24(土) 09:13:43 ID:XfErXxRK
してるよー、でも君の貨幣が無くなるが、資本論の最大の問題
ってのはおかしいでしょ。

44 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/24(土) 09:20:48 ID:XfErXxRK
重要課題の一つ、位が関の山だと思うでしょ。それに国家の消
滅なんかもそうだね、夢のような話をしていつのは資本主義
が後は欠陥だらけの住宅問題に似ているね。マア宗教でしょ
う>資本論

45 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/24(土) 09:38:27 ID:XfErXxRK
資本主義が、じゃおかしいな共産主義が結婚住宅を〜だね

46 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/24(土) 09:41:19 ID:XfErXxRK
俺はモウダメポ。結婚住宅だって、ああ喪男の苦しさを共
産主義が変えてくれるものか。

47 :111111111111:2005/12/24(土) 15:13:05 ID:6SYjLP5E
 もし労働だけさえあったら価値の現象形態にすぎないモノを貯める
 必要も無くしたがって資本主義の矛盾も現れない

 要は貨幣を根絶する努力をするかあるいはもう出来ないものを思って
 享楽を生きるかのどちらか 俺は後者 人間には無理

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/24(土) 15:24:46 ID:vZwDfksO
    /    ||    :ヽ
   ┌|(⌒ヽ :|| ..:⌒: |┐  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |::|::ヽ.__:):||(___ノ ::|::|  │
    |:|: ..   :||    .. |:|  │
    :|: ..   ||    ..|| <   日本語でおk
     :\ [_ ̄] /::|    │
::     |\|_|_|_|_/:::|     \_______


49 :111111111111:2005/12/24(土) 16:32:07 ID:6SYjLP5E
 しかし戦争が無い世界というのは恐ろしくつまらない社会だ

 2005年になっていよいよその感が増した気がする

 ソ連がいた頃は仮想敵国としてオナニー戦争が一杯出来たのに
 今や超資本主義国家アメリカの敵はどこにもいないので何も
 起こらない有様

 2006年以降はさらにつまらない社会になるだろう それだけは理解できる

50 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/24(土) 18:57:40 ID:/u+2Pe9e
>>47
うんうん共産主義者ではなく宮台の言ってた脱社会少年なわけだね。
でもレーニンの「帝国共産主義」が失敗しても
イエスはアメリカははねハネをもっていたから
強くなれるんだよね。まさしく資本主義が共産圏を席巻した。
その内容を見るとレーニンの世界が一番の誤りを見せていた、
帝国主義のドンパチに「いや世界革命に欠陥がある」
と気づいていたが、「共産主義論」が必要、それが可能ならば
まさにジーザスの奇跡。素晴らしい世の中じゃないか。


51 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/24(土) 19:03:14 ID:/u+2Pe9e
>>48
じゃあこうしろ。自分で素っ裸になって「共産産主義!、共産主義!」
と叫べ。そんで街中言って警察に捕まってけつのアナ舐めてもらえ。
多分今より面白いよ


52 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/24(土) 19:13:57 ID:/u+2Pe9e
共産主義を目指すと、ここにいる多数の人だけど。
大根を手に入れるのか、それすら難しい
塩沢氏はチェスの必勝法を考えるのは今の技術じゃ不可能だ。
まず何か問題化を考えよう。やっぱり生物的問題が一番だと
思う。後はブログに書いておく。


53 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/24(土) 20:45:01 ID:/u+2Pe9e
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/
遺産がどうつかめばいいのかわかりませんが集中
していく上流階級の政略結婚を考えたほうがいいと思う。
マルクスを読んでマンキュー読んでも、その個人
が恣意的なその通りで、現実のッために経つのか
非常に怪しいと思います。

54 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/25(日) 09:35:50 ID:xNTyIwBB
読んでくれる人はいないと思うけど、マアクリック程度なら
ということで俺のブログをチラ読みしているのだと思う。
あと重要な部分を間違えた。
資産が増えた資本家は確かに血族に縁組による結合で
マルクスはそれを考えなかったのは資本論としていか
がわしいが、その社員からしてみれば、価値がどうの
から資本にいたるまで、結婚しても、下働きには変わ
らんから、価値や剰余価値も家族からのアプローチ
をすることが出来る。だからマルクスの説を論破する
よりマルクスの考えられなかった部分をつついただけ
だと思う。

55 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/25(日) 14:36:56 ID:G1GCyTUH
ロシア2月革命で勝利を得たのは、直接蜂起に農民出身の兵士
からなんだよね。ゼッタイ支持基盤がないと困るけどエスエルも役には
足らず、結局、競争に勝った。このように階級問題は非常に有益である。
そこら辺がわかればもはや革命につく中間層がいなければ、ならないも
のにはとてもそんな社会は想像できてる。やっぱ現在似革命は無理だし
民主的な投票にかけるしかない。でも共産党も戦前の共産党の事を自慰
史観しているしそこらへんどうなんだがね。
それとあわせて「共産主義論」やっぱり共産主義論が
なければ、難しいよね。俺はメンヘル好きのかわいい看護士がいれば
十分だけど。ww

56 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/25(日) 15:22:27 ID:G1GCyTUH
すまん今日は書きたくって
「まず貨幣は金本位制度だと考えてください。
 このたびに
 1 X量のA商品=Y量のB商品と言う関係使用価値があるとします。

この時に注意していただきたいのはこの等号の意味が「変」だということです。
左辺は常に売る立場、相対的価値形態といいます(まどろこっしいですね)
右辺は常に買う立場、等価形態といい直接的交換可能性(買う権利)をもっています。等号でありながら右辺と左辺で意味が違うんです。
もちろんこの量は「使用価値の量」です。
これは物々交換でよく見られますが、これだと一般性が無いですね。

2、で、X量のA商品=Y量のB商品
           C量のD商品
            E量のF商品
             ・
             ・


57 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/25(日) 15:26:43 ID:G1GCyTUH
と等価形態を無限に増やしてみますが (宇野派はいつも無限の市場につる   
確かにさっきより便利ですがお金は産まれません。

58 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/25(日) 15:32:35 ID:G1GCyTUH
3、で、
Y量のB商品=X量のA商品    
  C量のD商品           
  E量のF商品           
   ・                

     ・

と右辺と左辺を反転させて見まし
ょう
                   この時X量のA商品は貨幣
                   的性質を得ることが出来ます。
                   「一般等価物」といいます。


59 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/25(日) 15:42:47 ID:G1GCyTUH
ヒントは全部書きました。
4、で、一般等価物はそれまで作ってきた貨
幣となります。これは私はマルクスの凡ミス
で一番の批判を答えるべくに市場を分けて置けばよかったのです。


60 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/25(日) 15:51:13 ID:G1GCyTUH
57
(宇野派はいつも無限の市場につる   
(宇野派はいつも無限の市場につっ込みたくなる)
間違えた。   

61 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/25(日) 16:05:19 ID:G1GCyTUH
で結論です、系図を調べた結果。麻原焼香にたどり着きました
オウムのことなそどうでもいい金や、金が世を返るんじゃ。
アレ0は、マルクス趣味者の巣窟になります。

62 :111111111111:2005/12/25(日) 17:14:35 ID:KMoz7KWR
 しかし マルクスの時代は絶対的貧困と呼べるまでに困窮した人々が
 多かったようだから"救い"の対象として扱う"ネタ"にこと欠かなかった
 ように思うが今は殆ど自ら賃金奴隷に成りたいと思う人々が多くてむしろ
 そっちの方が問題だろ 金のために生きているリーマン及びそれに付随する
 人々ばかりだからまー革命も起こす必要は無いだろう

63 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/25(日) 18:51:59 ID:p9LGXmmZ
ハハハ、若いねえ。賃金奴隷になるのが嫌ならニート志向
バリバリだろうね。
でも、マルクスは9歳からの労働を考えていたらしい。
どの道、共産主義が終わりつつある僕は殉死しようかな
仕事はもううんざりだ。「怒りの葡萄」(スタインベック?)
を見てごらんあそこでおい詰められては大変を通して
生きれネーよ「労働力」くらいは上のレスにあるだろう。
それに比べれば今の社会のなんと素晴らしいことか


64 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/25(日) 19:04:22 ID:p9LGXmmZ
むしろ「労働者階級」「ニート」「季節労働者」「農民」「漁民」
これにひっかかんなからまさしく「無職」で行くしかない。
昔、趣味で各板の革命度を調べたんだけど、「無職」のみ
革命しようしせた。あと安楽自殺苦もメンヘル・無職に
多かったねえ。

65 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/25(日) 19:17:07 ID:p9LGXmmZ
うーん、国民の危機は今のブルジョア「テレビ、ビデオ、雑誌等々」
取り上げない。タブー中のタブーだからね。
でもやっぱり必要な事は共産主義モデルの構築だが資本論じゃだね
マクロ経済学を学んでその後で教科書になってる共産主義を知った
方がいいと思うが。

66 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/25(日) 19:19:15 ID:p9LGXmmZ
うーむちょっと違うな

67 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/25(日) 19:26:40 ID:p9LGXmmZ
そうだ。マクロ経済学だけでなく近代経済学で動く
「くろしろーセンター」、新しい経済学は必要だ。
マアでも人間も神の世界のバビルの棟が必要だ。
つまり昼間は労働し夜は寝た方がいい。
麻原波の信者がいない事は寂しい。

68 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/27(火) 22:35:37 ID:snya+GjS
こっちは上げ
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/

くろしろーマルクスを論破

69 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/28(水) 12:29:42 ID:VGyAOksN
マアいいや群像に行くか。
http://www.ime.st/d.hatena.ne.jp/kurosiro1/
著作権は上の文書みてね。

70 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/28(水) 12:38:05 ID:VGyAOksN
http://d.hatena.ne.jp/kurosiro1/
ごめんこっちだ

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 03:39:10 ID:KTxPFr9W
質問です。
マルクス主義や社会主義のイデオロギー的側面を勉強するなら、経済学部よりもむしろ他学部で社会思想史や哲学を専攻すべきなのか、或は経済学部でも、経済史の範疇でそれを掘り下げる事は可能でしょうか?
東大志望の浪人生ですが、マルクスの社会科学における位置付けが曖昧にしか理解できず、進路に困っています。
皆様の議論中に申し訳ありません。スレ違いなら本当に失礼しました。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 05:41:37 ID:ttf1JQKm

【にちゃん名物、貧乏ニートの特徴】
・面倒なことから逃げ回ってきたので経験値が非常に少なく人間総合レベルが低い。
・なので、ダメな自分を言い繕うことが習い性になっており、言い訳力ばかりが高い。
・狭い視野と世界で生きているので、知識自慢をしたり、すぐに対立を煽る。
・一般人を知的ではないと見下している割には、自分は他人の与える答えを憶えやすい。
・恐ろしくカラーがなく無視されてきたので、カラーのある人間を攻撃対象に選ぶ。
・自分が無能で退屈であるとばれないように、発言しないで誰かの意見をそのまま言う。
・答えを憶える勉強ばかりしてきた為HQが低く、自分で考えたり判断することができない。
・自分より優れたひとや、自分の足らないところを補う人と付き合えず、とんでもなく孤独。
・もはや自分が自力で今より幸福になることはないので、他人の不幸をクローズアップして忘却。
・人と目を合わせて話すことができず、ひとに聞こえるように話すこともできず、促すと怒る。
・断片的知識ばかりで、体験を通じた知恵や情感が無い。

73 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/29(木) 13:58:04 ID:i/DER7Jg
>>71
2流私大しか出てない私は、負け犬人生を送っておりますが、
あなたの質問では自分が何をやりたいのかが見えてきません。
まずそこを明確にすべきでしょう。経済学史をやりたいのか
歴史として社会思想史の研究をやりたいのか、哲学として
やりたいのか、まずそこを明確にすべきです。まず院や学部の
卒業論文はどうするか? 位は恥ずかしがらずに考えておくことです。
稚拙でかまいません。
こういうことをやりたい、と考える。それが第一歩です。
その上で実際に目星をつけている大学のカリキュラムを手に
入れることです。学生課に相談してみればいいのではないで
しょうか? 運がよければカリキュラムを教えてくれるはずです。
大学には学生カウンセリングがあります。学生以外はお断りされる
かもしれないのですが、あなたのように向学心に燃える受験生をこれ
少子化の進む今そう無碍には出来ますまい。それで駄目なら、偽学生
をやって目ざす先生の講義を聴いて、その後に、先生を捕まえ、暇な
時間をつかんで、相談されるのがベストです。それとOB訪問です。
東大志望であればあなたは
優秀な高校を出たはずです。
つてを探してOB訪問すればよろしいでしょう。
礼儀正しく雰囲気によっては三千円程度の謝礼金を用意してやれば、
いいバイトだと思って後輩のために人肌脱いででくれるでしょう。
そういう高校でないのなら、場合は偽学生として大学にも繰りこんで
謝礼金を餌に各学生各学部の様子をつかむことです。ナンパのつもり
でがんばりましょう。
ただし学生の情報は質がいいのも悪いのもあります。
金もかかるし、浪人生のあなたには難しいでしょうね。
やはり、大学の学生課に連絡し、事情を話して、先生に
相談されるのが一番と思います。下戸な場合もあるので、
土産は菓子折りでセンスのいいのを買って生きましょう。

もちろんネットで調べ付くような情報は最初に調べておか
ないと、相手の先生にも失礼でしょう。そこは十分調べておく
必要がありますね。それで悩みは解決するかも知れないし、
就職活動の練習だと思ってがんばってみて下さい。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/12/29(木) 14:30:34 ID:KTxPFr9W
くろしろーさんへ。
無知で稚拙な質問に、ご親切な解答をどうもありがとうございます。
高校時代に漠然とマルクスに興味をもって以来、一応経済学部の経済史への進学を目指してやってきましたが、皆さんの議論をはじめ様々な文献にふれ、マルクスへのアプローチは必ずしも一通りではないと無教養ながら感じました。
曖昧ながら自分の中で固まっている物もありますので、くろしろーさんのご意見通りに、何かしら積極的な行動に移してみようと思います。
受験間際に優柔不断な質問で、情けない限りです。
本当にありがとうございます。

75 :11111111111:2005/12/29(木) 16:42:56 ID:TwxhSPWB
使用価値が無ければ交換価値も無いなんて当たり前だろ? マルクスは
 どこかで言っていただろ... どこだか忘れたが "市場である商品が
 売れるようになることは命がけの飛躍である"云々なんとか 俺はここに
 資本主義が資本主義足りうる根拠があると思う

 何せ人々の欲望は絶えず移り変わる自然の影響を受けてまともに定まる
 ことが無いので"これを生産すれば必ず金になる!"という商品は存在
 しようが無い... 移ろいやすい世の中を前にして経営者はどの商品が
 認められるのかギャンブルをするしか無い... こう考えると嫌な世の中
 だな(w

76 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/12/29(木) 19:56:37 ID:ItxQJvlV
>>74
若さと言うものは金では買えません。長い人生ですが
私も失敗を繰り返し、大学は予備校だったのだと言うこと
を悟りました。私も作家と学生と言う立場を確立するため
がんばっているつもりです。もう中年ですが。www
>>75
資本論一巻の商品論第一節の老バーボンのせりふの次のところ。
使用価値を一原子も残さないが、緒商品に残るものは一つの属性、
すなわち労働生産物うんぬんで労働価値説が始めて顔を出してきて
る。マルクスの躓きはこの所で、論証もなく労働価値説投入
していること。交換するには確かに価値が必要だが使用価値を全て
度外視すれば交換価値など消えてしまう。ここから労働価値説の
ドグマが始まっている。ここで価値をどう考えるのかは、マルクス
ルネッサンスにとって大いなる遺産となるだろう。新資本論ととも
に共産主義論を私は待っている



77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/08(水) 17:10:29 ID:V0ZpgKTf
やっぱり、体が大きくて頑健なやつは賃金労働者コース
私のように小さくてか弱いものは頭使ってそいつらから搾取するしかないね。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/08(水) 19:13:21 ID:emYt5FfH
ソ連崩壊で存在感のなくなった○経だけど、この事実についてどう考えますか?

中南米に「左」旋回の波 経済自由化政策の失敗→高まる反米感情

米国は世界銀行や国際通貨基金(IMF)の背後で資金援助、それと引き換えに経済自由化を促した。
各国とも債務返済の重圧がのしかかり、米国の改革案をのまざるを得なかった半面、グローバリズムの進展に中南米が対応していくには不可避の選択でもあった。
 この結果、欧米資本の流入で経済は回復したものの、中南米全体で成長率は3%台と低く雇用は増えず九〇年代には失業率が倍に跳ね上がった。
 中南米は元来、経済格差が大きい社会で、その格差は縮まるどころか拡大、四割に達する貧困人口も減らなかった。数百年来の構造的問題が解決されないことへの批判も加わって、左派政権の相次ぐ誕生という形となって現れた。
この傾向はここ五年ほどのものながらさらに強まる勢いだ。
(中略)
(産経新聞) - 12月28日2時27分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051228-00000013-san-int

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/18(土) 15:06:20 ID:UX7y5fjq
一番薄い「賃銀、価格および利潤」を買ってきて読始めましたが
見ひらき2ページを読むとまぶたが重くなりその先に進めません。
皆さんはどうやって克服しましたか?

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/07(金) 09:16:24 ID:l/MQiYz0
今カントンの純粋理性批判を読んでるけど体系的に書かれた大著ってのは
読むのに本当に忍耐を要するな。資本論もそういうものなのかもしれんね。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 15:33:50 ID:jCjSZq7o
みんな読んでる。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 16:31:32 ID:aSOZdQBj
資本論読み始めたけど 内容が抽象的で難しいな

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 04:21:35 ID:hWgr89Ve
新日本新書のやつ、古本屋で安く手に入れて、
「1日1冊」とか決めて、ともかく無理やり1回通読する。
そしたら2回目以降は楽に読める。
わかってもわからなくても、とりあえず字ずらを眺めつつページをめくっていくのがコツ。
3回目でなんとなくわかってきて、5、6回目で体系がつかめてきて、
10回読むと人に説明できるようになる。
5回目以降あたりから、いろいろな訳を読み比べると面白いと思う。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 06:41:31 ID:drYpYSjG
こんな下らん本を何回も読むより、別の本を読んだりしてたほうが
よほど時間を有意義に過ごせる。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 10:25:48 ID:MuVyyeWZ
そう思うんなら、読まなければいいんでは。
多分「下らん」と思ってる人が読んでも、何の効用もないと思うよ。
ま、『資本論』に限らず、経済学の古典って全部そうだ。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 06:50:09 ID:5V+51zjV
19世紀末から20世紀の中ごろ過ぎまでの知識人の発言を理解するには、
結局避けて通れない本だと思う。
中身には賛同しないが、人に与えた影響は計り知れない。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 12:38:20 ID:ie7w1YPc
資本論の原稿が書かれた(出版された時代ではない。)をみれば、
何故、丸タンが書こうとしたかが解る。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 16:22:40 ID:pi8lzwPV
経済学徒なら一度は読むべきだと思う、教養として

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 00:53:51 ID:YbOomxAB
>経済学徒なら一度は読むべきだと思う、教養として

他に学ぶべきものはたくさんある。退職して暇なら読みます。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 10:49:53 ID:KrJO8Ur7
【映画DVD】メトロポリス

未来都市メトロポリスは資本家は地上に暮らし、工場で家畜同然に管理され働く労働者は地下奥深くに住む世界。
工場の社長の息子は地下に降り悲惨な現状を目の当たりにし呆然とするが…。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000HA4WBG/sr=1-1/qid=1161358237/ref=sr_1_1/250-2270936-9168221?ie=UTF8&s=dvd

本日発売!

91 :通りすがり:2006/10/22(日) 00:09:45 ID:uHh1BGEH
読まなきゃ評価はくだせない。で
読んだけど、まあ、正直よくわからないなw

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 10:37:30 ID:xOSOSPzU
ひとつ解るのは、マルクスは当時最先端の経済学をすべて勉強してから、書いたってこと。
つまり、資本論を読んだ人間が次にすべきなのは、現代経済学を最先端まで勉強することだな。

93 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/10/22(日) 10:57:18 ID:LO7S+Nd0
まず岡崎次郎の「資本論入門を」呼んで全体をつかんで読めば
そう苦労はしない。もっと早く知っていれば。。。
>>92
同感だ。しかし仕事と勉強のトレードオフ、どうすればいいのか?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 17:09:13 ID:Ly/1AhZp
>>93
2ちゃんで遊べるということは、一日最低一時間は時間があるってことでしょ?
中級ミクロ(奥野鈴村ミクロやヴァリアンのミクロ経済分析とか)を一日2,3Pくらいのペースでじっくり読むのを薦めよう。
ちゃんとノートに数式を写したり、変形させたり、それが何を意味しているのか考えたりするんだぞ。

休日とかでまとめて時間が取れるときは、今までの復習をするのがいいかも。
まあ、これを一年くらいやれば結構力付くと思うよ。
一番やってはいけないのは、ドンドン読み続けていって、理解しないまま読破しちゃうこと。
グッドラック

95 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/10/22(日) 22:46:58 ID:OdrlZESr
>>94
これはどうも。ヴァリアンのもってたんだ。やってみるよ。
今日は序章でもまとめてみるか。別にちびちびと何ページ
が熟読してノートとっていけばいいわけでしょう。
俺は謹啓の概念で表現して過重労働社会をどうにかできないか
をテーマにしているので、その考察もあわせてやりましょう。
ただ日経ゼミナールシリーズをブックオフで大量入荷したので
それは平行して読み飛ばす。w やっぱり広く浅くも大事
でしょ。でもあなたの言うことあたってる。正直読むだけだと
理解はしてるけど忘れちゃってることも多い。終わったらマン
キューマクロのの入門と応用をやってみようかな。
資本論読む人もはっきりいって岡崎次郎の「資本論入門」
だけでいいと思うよ。あとは本当、日経ゼミナールでもブックオフ
で見つて読んだ方がいいと思う。

96 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/10/23(月) 01:12:49 ID:ebeI7pTF
イヤーいい勉強になったわー
明日もやれたらやろ。

97 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2006/10/23(月) 01:19:13 ID:ebeI7pTF
労働基準マークってのを思いついたよ。
つまり消費者が労働基準のマークを見れるわけ。
で、ちょっと高めだけど、そういう社会がいいなーって人は
労働基準マークの優良品を買っていく。で、やっぱり高すぎる
なーって思ったら労働基準マークが悪いのかっていく。
つまり市場を利用して社会改革するわけ。俺としては
いい安打と思うけど。w
ヴァリアン読んでたら思いついたわ。

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)