5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

書匠豈輕〜書道を語りましょう6〜約定俗成

1 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/12(月) 01:52:32
第6巻目です。マナーよくお話しましょう。

2 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/12(月) 01:58:58
↓前スレッド

書道について語りましょう(初代)
http://makimo.to/2ch/academy_gallery/1002/1002529942.html

書道について語りましょうvol.2
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1047639684/

書道について語りましょうvol.3
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1089818491/

書道を語りましょう.4
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1111767323/

書道を語りましょう.5
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1122153018/

3 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/12(月) 02:07:46
↓関連スレッド

書道が趣味の人3
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1126794636/l50

前衛書道は詐欺
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1013154211/l50

国立大の書道科出たやつの会話するスレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1094635739/l50

篆刻スレッド
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1042187357/l50

4 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/14(水) 00:59:57
保守

5 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/15(木) 02:29:02
すこし上げておきます。

6 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/15(木) 17:24:05
読売の下見会ってどこの社中が上手かった?

7 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/15(木) 20:36:49
最後まではいなかったんですが やはり U原先生のところは安心して見ていられました。
あとは・・・O島先生だったかな? ちょっとはっきりと社中名は覚えてないのですがほとんど行草であと調和体が少しだけで書体の幅?は狭いかも
しれないけれど出てくる人みんな一定のラインを超えていました。でもやはりU原先生のところはバラエティに富んでいてかなり見ごたえがありました。若くてかわいいお姉ちゃんも数人いましたし・・・(^^♪
やっと書き上げました・・・っていうのを持って来ている社中もありで やっぱりどの先生につくかによって違うなぁ・・・と痛感させられました。

8 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/15(木) 21:09:53
下見会に2000円払ってるんですよね?批評してくださる先生によってかなりの差があったように思います。           あと確かに可愛い人とかいましたよね…前に出て手伝っていた格好いい人達はどこの人なんですか?

9 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/15(木) 21:27:05
それなんて出会い系?



チャットはさあ(ry

10 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/16(金) 00:12:48
他で聞いたんだけど、下見会の時に前で手伝った人達は、午前は高木社中、午後は有岡社中と高木社中の一部の人。前に出るのは男子限定だったそうです。

11 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/16(金) 01:04:06
そうですね、若い男性がほとんどでしたね。 ただ 作品を折りたたんで返してくれたのは若い女性でした(*^_^*)
確かに 先生によって差はあるでしょうが あれがすべてではなく 自分の作品の批評が気になるのはもちろんで
すが他の社中の方がどんな作品を書いておられるのか、また審査員の先生がどんな所に重点を置いてみておられる
のかも勉強になると思います。疲れたし緊張しましたがとても有意義な時間でした。

12 :大学生:2006/06/16(金) 07:50:35
高木社中は学生が多い気がしますが有岡社中も学生が多いんですか?

13 :大学院:2006/06/16(金) 14:59:31
なんだ、帰国して見てみたら、相変わらずショボイレスの応酬だな。


14 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/16(金) 15:10:49
↑そんなこと言うんだったらここに来なければいいだろ!!自分の好きなスレ作って書き込め!

15 ::2006/06/16(金) 15:15:06
また、しょぼいのが来たな。

16 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/16(金) 17:31:36
>>13
で、海の向こうはいかがでした?

17 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/16(金) 17:57:22
前で見ている限りでは有岡社中には学生はいないみたいでした。多分前にいた若い男の人は午前もいたので高木社中の人かと思います。

18 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/16(金) 19:40:31
いい世界でした。

19 :大学生:2006/06/16(金) 20:09:05
17サンは社中にはいらないんですか?

20 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/16(金) 20:27:13
社中に入ってないと下見会に行けないですよね?    ところで大学生さんは大東の人ですか?

21 :大学生:2006/06/16(金) 20:38:25
確かに一般の人はムリですね…先生が大学の先生もやってたら学生を連れていくこともあるかもしれないけど(^^ゞ大東じゃないです!あなたは?

22 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/16(金) 20:47:50
こっちも大東じゃないです。そんなに書道に夢中になりたいわけでもないし。

23 :大学生:2006/06/16(金) 20:53:42
ドコ大?

24 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/16(金) 20:58:10
某国公立大学

25 :大学生:2006/06/16(金) 21:04:35
関東?

26 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/16(金) 21:13:12
どうせ、四国大だろ、

27 :大学生:2006/06/16(金) 21:21:39
四国大じゃないだろ…

28 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/16(金) 22:00:24
チャットはよそでや
いい加減ウザス
半年ROM

29 :大学生:2006/06/16(金) 22:57:23
話に入れないからって…そういう時だけ発言するなよ

30 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/16(金) 23:07:11
今お薦めの展示は?

31 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/16(金) 23:10:41
あ‾あ‾ 有料だなんて.. 0 ㅠ0ㅠ

32 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/16(金) 23:13:50
>>28
まあすこしの間だけ黙ってみてようよ。スレッドができたころは彼等もほんと
いくつだったか。

33 :大学生:2006/06/16(金) 23:33:36
この前?結構前だけど、愼社文会展見たけど…見に行った人いますか?

34 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/16(金) 23:40:25
他所の美術大の学生はアフォでももう少しレベルの高い会話が出来るが、
書道は学生のレベルが痴れてるからね。会話にならん。
せいぜい、高大展か、社中レベルの会話。
外なる世界がそれだから、内なるレベルはおっぺけぺ〜

35 :大学生:2006/06/16(金) 23:53:20
だったらここに何でいるの?そういう説教しかできないのかよ!

36 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 00:00:39
むしろお前がなんでいる?

37 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 00:58:17
下見会ってのはようは談合だからな。
「大学院」がコテなのには流れがあるが、空気嫁ないガキウザス


38 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 01:02:24
976 名前: わたしはダリ?名無しさん? 投稿日: 2006/06/12(月) 22:15:16
えーと、とりあえず謙慎とか創玄の大学生がうざいってとこまで読んだ。

982 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/13(火) 17:58:32
高大展出します!!誰か出す人いますか?
990 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/14(水) 00:59:04
高大展のレベルって高いと思います… 下見会を知ってると言うことは謙慎系の人ですか?
新着レス 2006/06/15(木) 12:07
992 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/14(水) 19:57:17
大東の学生ですか?
994 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/14(水) 21:01:19
そんな偉い先生は批評してくれませんよ(^^ゞ審査員になった先生方が批評してくれるんです!993サンは読売ださないんですか?
996 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/15(木) 00:11:34
それはよかったですね☆作品は篆隷ですか?
21 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/16(金) 20:38:25
確かに一般の人はムリですね…先生が大学の先生もやってたら学生を連れていくこともあるかもしれないけど(^^ゞ大東じゃないです!あなたは?
23 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/16(金) 20:53:42
ドコ大?
25 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/16(金) 21:04:35
関東?
27 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/16(金) 21:21:39
四国大じゃないだろ…
29 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/16(金) 22:57:23
話に入れないからって…そういう時だけ発言するなよ
33 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/16(金) 23:33:36
この前?結構前だけど、愼社文会展見たけど…見に行った人いますか?
35 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/16(金) 23:53:20
だったらここに何でいるの?そういう説教しかできないのかよ!


39 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 02:37:25
先生のお言葉をみんなが有難がっている感じ。

その場にいた男が・・・女が・・・って話題。

ともにそれぞれの世界が狭すぎるのが面白くもエロい。

40 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 11:17:25
確かにそういう低レベルな話の方が楽しい。そもそも書道専門でやってないからよくわかんないし。それでは下見会のお手伝いさんで誰が可愛かった&格好よかったかとでも語ろうか。

41 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 11:18:44
どんどんスレのレベルが落ちていくよ…どうでもいいけど。

42 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 11:46:53
>>40 こっちへ移住しろ

書道が趣味の人3
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1126794636/l50


43 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 12:28:55
「文藝春秋」7月号、高樹のぶ子「夕陽と珊瑚」は、書道家が出てくる話。
この書道家は石川さんをモデルにしているのだろうか。
エロくていいぞ。とくに別荘でセーターを……、ネタバレになるから書かないけど。
立ち読みでも読めるくらいの長さです。

44 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 15:07:16
読まないからネタばらして。

45 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 15:25:41
書道家が出てくる小説があるよ、というレスですから。
小説を読む人のためにネタバレしないようにしているのであって、
読まない人に内容を教えても、聞いた方もわからないと思うし、意味がない。
小説のネタバレを、ワイドショーのネタかなにかと勘違いされているのでしょうか。

46 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 15:30:50
>書道家が出てくる小説があるよ、というレスですから。

空気嫁ないガキウザス

47 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 19:43:33
文芸春秋さえ読めないガキきたー

48 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 20:08:19
文芸春秋なんて読むのが時間の無駄じゃないかな。
世の中もっと読まなきゃならんものがあるんじゃないのかな。

49 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 20:12:16
トークが書道じゃねぇ....>>12 有岡社中には学生いないに等しいと思いますよ。

50 :大学生:2006/06/17(土) 20:22:13
有岡先生は大東の先生?

51 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 21:17:25
文藝春秋は創価学会批判の急先鋒だからな。
学会員は本気で文藝春秋を恨んでる。
聖教新聞でも読むか。
>>48サリゲナサ、ワロス

52 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 21:23:43
>>50昔は大東にいたそうですが、今は岐阜女子大学にいます。

53 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 21:44:43
岐阜女子大学 客員 教授。
なんでだろ。
大東では非常勤だったと思うけど。
教授じゃなくても客員教授にはなれるものなんだ。

54 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 21:59:52
書道研究所にいたっていう話も聞いたことあるけど。青山先生と一緒にやめたらしい。

55 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 22:11:09
青山先生と共に逝ったという話?

56 :大学生:2006/06/17(土) 22:30:23
マジで!

57 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 22:45:41
↑だから、お前は2ちゃんの素人なんだよ。
早く、移民しろ趣味板へ。

58 :大学生:2006/06/17(土) 23:59:47
うるせーな。世の中おまえみたいなのばかりじゃないんだよ!シカトしてくれてかまわないんだけど。てかつっこまないで!

59 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/18(日) 00:01:03
青山先生が亡くなる直前まで有岡先生が一緒にいたという話を聞いたことがあります。

60 :大学生:2006/06/18(日) 00:04:37
青山先生のお気に入り?

61 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/18(日) 00:07:22
>>58
コテやめてみたら。
>57じゃないけど、お前のレスはイラっとくる。ウザキモ

62 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/18(日) 00:18:42
コテの大学院にたいして、大学生があまりにバカでオコチャマだからでしょ。


63 :大学生:2006/06/18(日) 00:33:02
はいはい

64 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/18(日) 00:37:43
突っ込まれるのが2ちゃんの常。淫を褒めるわけではないけど、嘗て彼はここで作品晒しても叩かれなかったしそれなりの清さがあったな。
全体として美術板のレベルが下がっているのは否めない。

65 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/18(日) 00:38:54
バカが主演では客は集まらん。

66 :>64:2006/06/18(日) 00:40:48
全体としても美術板のレベルが下がっているのは否めない。
このスレに限らず。という意味で

67 :大学生:2006/06/18(日) 00:46:39
ふ〜ん。

68 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/18(日) 00:51:05
大東の学生ですが何か?

69 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/18(日) 00:51:28
>星先生についている人いますか?

これもお前だろ?違っても同じレベルだな。
こいつと友達になることからはじめたらいいとおもうよ。
ま、がんばりなよ。みんなはじめは馬鹿のほうに近いんだから。

70 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/18(日) 00:52:47
>67は68とお友達になって、いろいろ教えてもらえ、そこからスタートしろ。

71 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/18(日) 00:55:22
読売の下見会は行きましたよ。午前から午後までフルで見ましたよ。今年からサンシャインだから広くてよかったですね

72 :大学生:2006/06/18(日) 01:03:11
サンシャインより新宿のがよかった

73 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/18(日) 01:04:55
サンシャインの方が作品が見やすくてよくないかぁ?

74 :大学生:2006/06/18(日) 01:08:23
見やすいのはサンシャインだけど、見て頂く側はイヤ

75 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/18(日) 01:14:17
皆に見て頂いた方が自分をあげるためにかかせない事だと思うよ?

76 :大学生:2006/06/18(日) 01:22:42
逆にへこむ!学生は目の勉強だけでイイよ。また怒られそうだけど…どこの社中?

77 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/18(日) 01:28:17
高○社中です。学生のうちだけだよ、書けるのは。しっかりやらないと社会人になっちゃ厳しいからね

78 :大学生:2006/06/18(日) 01:34:20
じゃ大きい社中だから刺激いっぱいでいいな!学生のうちに沢山書いておいたほうがイイって言われます

79 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/18(日) 01:35:13
そうですよね。書けるのは学生の間ですね。社会人の方ですか?

80 :大学生:2006/06/18(日) 01:39:07
思いっきり大学生ですけど…

81 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/18(日) 01:41:34
いや大学生さんは普通に考えて大学生ってわかりますよ...>>77さんに社会人かどうかって聞いているんです!

82 :大学生:2006/06/18(日) 01:48:34
77も学生だから…

83 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/18(日) 15:42:28
今度のNHK大河ドラマ「風林火山」の題字は柿沼康二が書くんだって。
プリンストン大学にも客員で行くと。
ソースは本人のホムペ

文句を言おうが言われようが、行動することは大切だと素直に思う



俺は引きこもりだけど。


84 :大学生:2006/06/18(日) 16:06:21
B'Zのプロモといい、いいともの先生といい、結構目立ちたがりやなのか?これで書道ブーム到来?

85 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/18(日) 20:57:16
恥ずかしいやつだなお前は。
ハズーハヅーだな。このスレの恥部だ、チヴ。

86 :大学生:2006/06/18(日) 21:16:17
冗談だよ…でも書道に興味をもつ人が…増えないか(^^ゞ

87 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/19(月) 13:10:12
僕も社中立ち上げようとおもいます。主な活動はオッパイ鑑賞。
オッパイも文字もただ単に見るだけで、満たされるということですから。
ただ。オッパイの方が実用的。書はウンコ。

88 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/19(月) 17:19:43
いきなりスレが伸びとると思って来てみたら
チャットしとるあふぉがおるんかOTL

テキトーにメッセンジャーでもmixiでも使えよ

89 :大学生:2006/06/20(火) 01:25:41
来年?かもしれないけど読売展が六本木のほうに変わるんだって。

90 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/20(火) 15:30:48
順番からいったら、勝瀬景流より土橋靖子が
先に審査員をやるとおもっていたが、まあそんなことは
チラ裏にでも書けってカンジなわけで。

ていうか2人続けて日比野家から特選出した後に
水穂のなかで誰が特選を取るのかとか、
一東は一先に特選ゆずったりしないのかとかいった
下衆い勘繰りも嫌いではないのですが
書道スレでは相手にされず趣味板では理解されないのが
オチだろうからこれもチラ裏逝きですかそうですか。

91 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/20(火) 20:06:11
趣味板は結構そういうの好きなんじゃないの?
僕は見に行かないけど。

92 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/20(火) 20:59:25
>>90
大東のひとたちっていつもそんな話してんの?

93 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/20(火) 20:59:57
>>88
バカじゃね?ここ2chだぞ。

94 :大学生:2006/06/20(火) 21:14:14
青山杉雨文集買った人いる?

95 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/20(火) 21:33:06
>>92

えっ?
順番とか、勢力とか、それが書道でしょ?


ここで思いっきり裏を赤裸々にしてみるのも面白い。

96 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/20(火) 21:42:51
日展って関西系と謙慎系でほとんどできてるんでしょ

97 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/20(火) 23:13:04
>>94
二冊目まで買いましたよ。

98 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/20(火) 23:37:56
日展の半分は優しさで出来ています。

99 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/21(水) 10:33:52
日展の半分はカネで出来ています。

100 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/21(水) 12:11:38
隠し味に少年愛を一握り

101 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/21(水) 12:13:03
>>95
それは書壇

102 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/21(水) 12:36:46
学生で日展に出せる社中と出せない社中があると聞いたんですけど、どこか教えてください

103 :大学生:2006/06/21(水) 13:32:12
学生の時は出す必要ないだろ

104 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/21(水) 13:38:59
高〇社中の方は学生から出品してると聞きましたが…上手いですか?

105 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/21(水) 13:44:09
>>103

順番が回ってこないからか?(W

106 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/21(水) 13:49:17
順番て……?

107 :大学生:2006/06/21(水) 13:56:45
それもあるけど…手本もらってたり、まだ授業でならってたりする人が日展って(^^ゞ佐川先生の息子サンも入ってたけど

108 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/21(水) 14:22:38
佐川先生の息子さんは高木社中ですよね?高木社中は有名な先生の息子さんとか親戚だという人が多いて聞きますがホントですか?

109 :大学生:2006/06/21(水) 16:33:27
入選を気にしなければ誰でも出せるんじゃない。

110 :大学生:2006/06/21(水) 17:01:00
権力があるからみんなつかせたいんじゃん!井上先生の親戚もそうだし…結構いるんじゃん

111 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/21(水) 17:51:09
井上先生の親戚って有岡社中だったと思った。

112 :大学生:2006/06/21(水) 20:11:32
もう一人高木社中にいたような…

113 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/21(水) 22:25:05
えっ…高木社中にもいるってコト?

114 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/21(水) 23:10:51
有名な先生の子息が高木社中にいる?有名な先生って誰?有名ってどんくらい有名なの?
有名な先生って謙慎の有名な先生?その子息達はみんなで一斉に篆書を書くの?
それは将来高木が偉くなるから?子息ってみんな20〜30代でしょ?
いい年して自分で先生選べないの?親に選んでもらった先生についていくの?
教えてエロい人!

115 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 00:00:07
みんな必死になって勘繰りしてる。
やれ創玄のトップは誰だ?特選は誰だ?あそこの二代目が誰の弟子になった?
知ったとこで君達に影響はないよ。
みんなガキだにゃー。そんなことより漫画書の歴史の完成度について話し合おうよ。

116 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 00:01:38
>>115
大人だな。誰もついて行けないよw

117 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 00:17:18
>>112         井上先生の親戚は有岡社中と高木社中両方にいる。確か兄弟だったと思う。兄が有岡社中で、弟が高木社中

118 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 00:25:49
じゃあ僕から、第一巻の王懿栄が甲骨文字を見つけた時、オーイエー!って
叫んでいるけどおかしいよね。この場合、アイヤー!オッタマゲ−ション!の方が正しい
と思うんだけど、みんな、どう思う?

119 :大学生:2006/06/22(木) 00:48:15
117逆だべ

120 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 00:50:04
>>118そんなのどうでもいい           >>117兄と弟が逆じゃね?

121 :大学生:2006/06/22(木) 00:56:19
親戚だともう絶対書道やめられないような(^^ゞ

122 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 01:08:59
120よ、どうでもいいって・・
兄弟がどっちの社中にいようがいよまいが・・・
どっちだっていいじゃん!友達なの?


123 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 01:11:11
相撲は、同じ力量の相手とやらなきゃ、成立しないんだよ。
馬鹿には馬鹿のレス
社中坊には社中坊のレス
学者には学者のレス
作家には作家のレス
天才には天才のレス

124 :大学生:2006/06/22(木) 01:13:59
高木先生って恐い?どんな感じ?

125 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 01:18:16
もし違う先生につけるとしたら誰につく?俺は殿村藍田!

126 :大学生:2006/06/22(木) 01:22:56
岩井韻亭先生かな?

127 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 01:28:12
もともと先生には付いてないが、付けるのならば井上清雅先生につきたい。ああいう格好いい字を書いてみたい。先生も格好いいって話を聞いた。

128 :大学生:2006/06/22(木) 01:33:30
127本当に?具体的にどういうところがスキ?

129 :姫っこ ◆6YWik2E.Ys :2006/06/22(木) 11:31:22
真剣に書道やりたいなら、先生につくべきだよ。

130 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 12:21:25
そう言い切れるだけの根拠は?

131 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 12:25:43
↑うぜえ

132 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 15:56:09
仰木監督だな。

133 :大学生:2006/06/22(木) 16:30:09
去年書星展見た人〜感想聞かせて☆

134 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 18:50:16
20 名前: わたしはダリ?名無しさん? 投稿日: 2005/08/04(木) 23:14:40
井上清雅先生ってどんな人なんですか?知ってる人教えてください〜

135 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 19:22:58
有岡先生は大東の先生?
マジで!
うるせーな。世の中おまえみたいなのばかりじゃないんだよ!シカトしてくれてかまわないんだけど。てかつっこまないで!
青山先生のお気に入り?
はいはい
ふ〜ん。
サンシャインより新宿のがよかった
見やすいのはサンシャインだけど、見て頂く側はイヤ
逆にへこむ!学生は目の勉強だけでイイよ。また怒られそうだけど…どこの社中?
じゃ大きい社中だから刺激いっぱいでいいな!学生のうちに沢山書いておいたほうがイイって言われます
思いっきり大学生ですけど…
77も学生だから…
B'Zのプロモといい、いいともの先生といい、結構目立ちたがりやなのか?これで書道ブーム到来?
冗談だよ…でも書道に興味をもつ人が…増えないか(^^ゞ
来年?かもしれないけど読売展が六本木のほうに変わるんだって。
青山杉雨文集買った人いる?
学生の時は出す必要ないだろ
それもあるけど…手本もらってたり、まだ授業でならってたりする人が日展って(^^ゞ佐川先生の息子サンも入ってたけど
入選を気にしなければ誰でも出せるんじゃない。
権力があるからみんなつかせたいんじゃん!井上先生の親戚もそうだし…結構いるんじゃん
もう一人高木社中にいたような…
117逆だべ
親戚だともう絶対書道やめられないような(^^ゞ
高木先生って恐い?どんな感じ?
岩井韻亭先生かな?
127本当に?具体的にどういうところがスキ?
去年書星展見た人〜感想聞かせて☆

136 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 19:32:55
>>135
寂しいんだろ。ほっといてやれよ。
華麗にスルーしておけばよろし。

137 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 19:37:03
http://www.jatahq.org/fukujyujishi/308/308.pdf
あー、紀子さんの書初めて見た。なかなか上手だね。
まあ、お手本を誰かに書いてもらってから書いたんだろうけど、そんなのはOK。
これは、ごく普通のかな書道だね。

>>60
http://ja.wikipedia.org/upload/8/88/Calligraphy_of_prince_takahito.jpg
有栖川書道は、そう、こういうの。
一般的なかな書道と違い、太く濃い文字を書くのが特徴。
「細く薄く書くのは、本来の書道ではない。
薄暗い所で視力の衰えた人でもはっきり読めるような字こそが本来の書。
だから太く濃く書くべき。これは、書をやる者が必ず心得るべきこと」
というのが、有栖川流の教えなのだそうです。
(瀬尾謙一著「有栖川流書道」という限定500部の貴重な本に書いてありました)

138 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 21:52:49
暇なんだな

139 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 22:11:28
たしか秋篠宮妃殿下の書道の先生は笹波系の人
だったような希ガス。記憶が激しくおぼろげだけど。

140 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/22(木) 22:23:58
まぁ、書壇の勢力争いと自分の位置ばかりを気にして、こんなことを日常会話
にしてるんだ。
伸びるわけが無い。

自分達の思考がどれだけ汚染されてるか、それにさえ気付いてないんだろうな。
・・・実力がなくても、うまく組織に依存しておけば公募展の結果も回ってく
るもんね・・せいぜい頑張ってくだせぇ。

あと、謝礼金もちゃんと用意しとてね。
見捨てられないように!


141 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/23(金) 19:26:35
読売のバイトって大東の学生限定なんですか?

142 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/23(金) 23:29:51
>>140
結局うらやましくて妬ましいんでそ?実力も経歴もある自分が取り残されて。

143 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/24(土) 11:54:11
なぜに、140が
>実力も経歴もある自分が取り残されて

という妄想にいくのでしょうね。
実力と経歴のある人間はそれなりにやってくよ。
嫉妬しなきゃならん立場にいるのなら、結局それは
実力も経歴もないんだよ。
技術の練磨だけが実力とは言わないんだから。

144 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/24(土) 12:41:33
皮肉にマジレスってのもなんだかね

145 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/24(土) 15:19:33
枠にはまることでしか、価値を生み出せない人たちは放って置けばいいんですよ。
そこでの表現と、そこでの価値基準でしか自分を見出せない人たちは
そこで生きることに満足しているのだし、それが悪いということでもない。
イスラム教、天理教、オウム、仏教、キリスト教、創価学会、
それぞれ組織の信条と自己の信条とが合致して、そのコミュニティーに属することで
自己を見出しているのだから。
改革者のみが次の舞台を見ているのだし、文化の陣取りゲームに参入する
権利を有しているのだから。
既存の既に無価値となった価値概念を引きずっている場所に対して人は
妬みも羨望も感じないはずです。
妬みと羨望はそこに価値を見出しているものの、自己が入り込めない
状況を言うのでしょうね。
ちなみに私は140ではありませんから。
文章からの気韻を感じてもらわないと。

146 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/24(土) 17:40:24
>>142
ちょつっっ ヽ(゚▽゚;)ノ  羨ましいってっ。
おまい、選ばれてその環境にいると思てるのか?
その感覚にビックリでつ。

オマイら、金と機嫌取りでやってるパラサイトよ。
自分を嫉妬の対象に解釈できた脳内にGJだな(w

147 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/24(土) 18:49:47
下衆の勘ぐりは醜いな

148 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/24(土) 19:23:12
>>145
そいでどこに改革者はいるのさ?

149 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/24(土) 20:02:50
探せよ。

150 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/24(土) 21:55:35
俺まだ若いけど、結構うまいぜ
先生の書く字とほとんど変わらないくらいうまい
生意気なほかの弟子たちは、お手本見て書いてもまだまだ
のーてんきな主婦じゃねえ
おれなんてお手本そっくりに書けるから、社中の中でも一目置かれてる
もしかしたら、先生は俺に名前を継がせるつもりかも
ちかい将来、大先生の村上先生をこえてみせるよ
やしのみ

151 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/24(土) 22:32:51
下衆の釣りは醜いな


152 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/25(日) 23:31:54
すみませんが、そろそろ来年の20人展のメンバーにオファーを出さなければならないので、
とりあえず、メンバーを考えて貰えませんか?
いろいろあってメンバー選考の方法が変わったので、誰にするか悩んでます。
ことしからそっちでメンバーを考えろと言われても、こちらも困ってしまって。
びみょーな関係があるのですが、ここの住人の方なら、いろいろな都合も考慮して選んでいただけると思います。
っぎょ!とするようなものでなくてもいいです。
ちゃんとしたやつをお願いします。
すべてその通りになるわけではないですけど。
きたいしてます。

153 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/26(月) 21:21:34
20人なら長公開は定員の1割までに抑えてください。


154 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/26(月) 21:31:35
もっと広いとこでやってほしいし時期も考えてほしい

155 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/27(火) 00:42:56
>>153
改組されました。
>>154
どちらの会場でしょうか?
もっとも、会場・時期は私にはどうしようもありませんが。

156 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/28(水) 14:07:07
僕はこのような展覧会見に行くような気も興らないんですが、
改革するなら、毎年、20人の面子を変えるべき、
大御所でも3年に一度くらいに登場するように抑えるべし、
展覧会を通して、人間を発掘するのが主体的な展覧会屋の取るべき正義。
流動的であることがむしろ不易である。
留まる水は腐る。

157 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/28(水) 20:29:53
無理に毎年変える必要はないと思うけど。
脂がのっている時期というのは、数年は続くと思う。
どっしり構えている大御所ってのも必要だろうし。
老害は困るけどね。
20人のうちの何人かに見たい人がいるから見に行くかな。
そこでほかの作家にも出会えるかもしれないし。

158 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/30(金) 15:59:19
銀座画廊の受け付けにいるおねーさんって有岡社中の方なんですか?

159 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/30(金) 19:38:22
そんなことよりも何かお薦めの展示ない?

160 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/30(金) 19:44:34
明日から大東書道部の臨書展だよ

161 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/30(金) 20:00:36
場所など詳細をお願いします

162 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/30(金) 20:49:12
成増アートギャラリーで2日までです!

163 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/30(金) 20:57:43
お前の自演はウザイ

164 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/30(金) 22:29:36
いつのまにか大東に占拠されてるな。


ま、展覧会案内、大いに結構☆

165 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/01(土) 17:07:16
大東の展覧会行った人感想よろしく

166 :私はダリ。妻はガラ。:2006/07/01(土) 17:07:55
>>156>>157
20人展はデパートの商品として流通しうる作家しか対象にしないと思います。
日展の地位がいくら高くても20人のメンバーになれない人がいるのは、作品に
魅力がない人だと思います。
常識的に考えて、三島→迫樹の交代のみではないでしょうか。


167 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/01(土) 17:53:31
去年のはひどかった。今年は行く気にもならない

168 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/01(土) 18:17:05
>>167 何が?

169 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/01(土) 18:24:24
大東の臨書展

170 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/01(土) 20:26:26
>>166 さん。それは二十人展に対するむちゃくちゃな誤解でござる。
といっても誤解のままでも、まあいいやとも思いますが。
ところで二十人展は50回展で終わるべきだったのではと思っています。
なお続けたいなら、
保守の看板は下ろすとか
だめなら俊秀五人繰上げにして、
老人五人は退いてもらうとか(現に引退を希望しているし)
それくらいやってよ。

171 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/01(土) 20:43:21
というか、書道の世界で市場機能が働いている
と思っている人がいること自体に驚いた…。

172 :私はダリ。妻はガラ。:2006/07/01(土) 21:50:50
>>171
ご存じないようですが、20人展は、松坂屋の展示即売会なのでございます。
会場で担当者にご確認ください。

173 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/01(土) 23:10:36
>>172
170/171さんは松坂屋の商売であることは
了解したうえでなお書いています。
(ついでに展示即売会ではありません)

174 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/01(土) 23:31:38
毎年メンバー全員変えたらいいんじゃない。同じ人でつまらない。しかも日展の後すぐだから大変らしいし…

175 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/02(日) 06:09:47
二十人展が保守の看板を掲げたのはいつ頃からなのかねぇ。
読売独立くらいから?
初期はアカヒ主催という背景から保守系が嫌われたという
田宮文平の文章を何十回か目にしたが…。
あのおっさんもネタ使いまわしすぎやわ。

てゆーか今時「前衛」な人たちをもってきても
人は集まりませんよ。メディア露出が多い人ほど
集客力がある時代。ソーウンとかもってきますかw

176 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/02(日) 13:29:17
あんなに調和体のことを言ってるのに調和体の出品者が少ないのもつまらん。特別企画とか毎年色々やったらいいのに

177 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/02(日) 19:19:01
ワークショップでオッパイもみもみ体験とりいれたらとりあえず
客は来るぞ。じゃ、おれはパイゲ付き乳輪拓本でも出品する。

178 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/03(月) 01:05:33
どれだけ自分の無能さと対峙していかなくてはならないのだろうか。
知るは憂いの始まりか。見るは憂いの始まりか。


179 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/04(火) 01:24:36
日本の顔書展?ってどういった人達がだしてますか?

180 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/05(水) 00:54:37
そのトシを代表するフェイスとかなんとかいって、
毎年、文化庁の日本の顔委員会がいっしょになって、
二十人選出している。そんなことも知らないとは、
おいっ、日経よくよめ。
〜んなわけないぢゃん。だいたい
タイトルからして商売臭プンプンの展覧会。知らねっ。
---先生このたびはおめでとおございます、
今年の日本の顔に選ばれました、すばらしい、
えっ!
まだ通知がいってませんでしたか、なんてね。

181 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/05(水) 01:33:13
>>180
それで何の商売になるの?

182 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/05(水) 07:22:52
じゃ他にお薦めの展示ないの?

183 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/07(金) 21:03:26
日展作家で今一番脂が乗ってるのって誰?柏樹?

184 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/07(金) 21:58:47
高木厚人先生はどうかな。若いのに会員賞頂いてるし。

185 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/07(金) 22:25:01
う〜ん…でも大物感に欠けるなぁ

186 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/07(金) 22:26:30
http://members.jcom.home.ne.jp/bijutsu/
ここってもう更新しないの?

187 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/07(金) 22:42:27
大物感じゃなくて字で判断しなきゃだめだろ。個人的には岩井韻亭先生の字がいいけど。石飛先生はどうだろうか?

188 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/08(土) 01:52:18
ここは美術板なのに、なぜ作家の名前に先生という呼称を
つけるのか理解に苦しむ。

大学生が自分の大学の教師を呼ぶんだったらともかく…
ってそのとおりですかそうですか

189 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/08(土) 10:53:47
「書道を語りましょう」=「書壇を語りましょう」

190 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/08(土) 15:36:27
こんなところで言うのは変なのはわかってるのですが…師弟関係で悩んでいます。師匠がいることによってどんなプラスがありますか?つかなきゃいけないんですか?

191 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/08(土) 23:21:33
マイ日点がはじまりした。
金コ鯛ゾウなる32歳の人物が会員賞をとりました。
これでいいのかしょどうかい

192 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/08(土) 23:28:50
親が死んだから、その影響力があるうちに有る程度いけるところまで
育てといてやろうという周りの計らいだろう。

193 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/08(土) 23:32:15
書道界というのは、ギルドであって組合そのもの。
書を論じる為の場ではないでしょう。
論じられるような書もあまりないわけだし。
ピアノの発表会と一緒で、今までやったことの確認の場と
場で確認することに意味を見出させる為の経営と組合の
意味合いしかない。

194 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/08(土) 23:49:16
退蔵。
あからさま過ぎてひく。
こんな都合のいい出来レースの中で有り金叩いて苦労を重ねてる
一般人がかわいそス。(ノ_・。)

195 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/09(日) 00:31:46
>>190

書道界で出世したいのですか?

でしたら、現実的に師は必要です。
師は歩兵を集めて勢力を高めながら戦いに挑みます。
何十人の歩兵が一斉に戦地に飛び込み
その内の数人が生き残ります。
これが入選、さらには入賞です。

その数人になるか、勢力拡大のための捨て駒になるかです。


嫌気のさす世界ですが、個人で同じ結果を得るには
師に就いている場合の何倍もの年月が必要です。

すなわち、ほぼ無理です。


196 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/09(日) 01:16:14
出世したいとは思わないけど賞には入りたいと思う。 何かある意味宗教団体みたいで嫌な感じがする。出品表にも社中を書く欄があるけど、そんなのなくせばいいのに。やっぱり社中の何割が賞に入るとか決まってるのだろうか。もしそうなら本当に嫌な世界だ。

197 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/09(日) 10:36:33
須藤元気また勲章!書道展入選
http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2006/07/09/01.html

どうよ?

198 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/09(日) 11:34:24
>>179
とおりすがりのものです。180で誤解されてもいけませんので。
日本の顔書展、有楽町マリオンで開催中12日まで
全国書道団体連合会主催。出品者ほか、
http://www.hpmix.com/home/hirakubo2002/
に情報あり。「日本の書展」とよくにた面々。

199 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/09(日) 16:53:18
アエラに石川9よう発見。記事中ささいなことですが、
ガンシンケイのケイはウソ字? 活字としてはみたことない変なかたち。
そんで石川9ようがこだわるヒッショクのショクの字を間違っている
おそまつ

200 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/09(日) 23:32:11
墨蹟展@五島どうよ?

201 :大学院:2006/07/10(月) 01:07:45
 ここらへんの時期に学生が高大展で騒いでいますが、ちなみに僕は
学生時代に大賞はとっています。経歴としては使えませんけど。
書の学生が切磋琢磨しているのは微笑ましいですけど。


202 :大学院:2006/07/10(月) 01:21:54
すみません。えらそうに書きましたが言いたいことは、
なにかを目標に頑張ることは、学生時代には美しいことですね。
ということです。
 社会に出てからは、頑張っているだけでは意味はありません。
外国の故事に、豚の毛を刈るものと、羊の毛を刈るものの話が
あるようで、ここでの教訓は同じ努力をしても方向性が違うと
価値を生じないということです。

203 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 04:15:22
アンリうまいなぁ〜  (´∀`

フランスのってきたぞ。

204 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 06:42:51
大東の院生?

205 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 08:04:33
フランス負けたんね。
寝ながら応援してたのに。

206 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 14:26:31
>>204
そこん所はどうでもいいことです。肯定も否定もしません

207 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 16:19:17
>>206
というか高大展とかwそんなんもどうでもいい。
毎回言われていると思うが、なぜ懲りずにそのどうでもいいとこを
書きに来る?
相手にしてくれる人を探したいなら他で。
     権威欲に溢れたあなたの言動はとても悪趣味です。

208 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 16:51:32
高大展ってやりようによっては良い物になると思うけど、
書芸院と大東と毎日と三つも同じようなものがあると、高校生と大学生の全国大会というよりも、
ミニ書芸院展、、ミニ毎日展になってるだけだしなあ。
俳句甲子園は結構盛り上がるのに。

209 :大学院:2006/07/10(月) 18:26:50
文脈の読めないウンコはかわいそうだな。

>権威欲に溢れたあなたの言動は・・・
馬鹿じゃないの?




210 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 18:35:37
俳句甲子園W


211 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 18:52:36
俳句甲子園は松山でやるし、高校生が主体になって運営する良い大会だよ。
書の甲子園という名前だけの大会よりは、よっぽどすばらしい活動だと思う。
高校生の俳句って新鮮でなかなか面白い。

>>210
外じゃ蝉が鳴いているのに、お寒いやつだな。

212 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 19:01:25
四国大学へ帰れ

213 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 19:07:45
四国では高大店が権威です。W

214 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 19:22:07
大学は、もう夏休みに入ったのか。
鬱陶しい季節になったな。

高大展大賞作品
http://www.nihonshogeiin.or.jp/tenrankai/10/ta00.html
書の甲子園主な入賞作品
http://www.mainichi-msn.co.jp/kansai/etc/shodo/2006/sakuhin/index.html

しかし、こうしてみると高校生の段階で社中色があるもんだな。
毎日系のやつが、大学入って読売系の社中に入ったりしないのかね。
「北魏の佛」って書く時点で読売からは断られるな。だいたい高校生がなんで「北魏の佛」なんだろう。
高校教師が生徒使ってポイント稼ぎしてんのかな。
高校生まで書壇の死すテムに。

>>212
松山→四国大の発想が怖い。たぶん池沼だ。
なぜなら四国大学は松山にはないからだ。
俳句、松山ときたら、子規、漱石、坊っちゃん、道後温泉だろ。
河東碧梧桐は子規の弟子だったかな。

215 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 19:31:35
見れない

216 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 19:34:14
明らかに書の甲子園は程度が低いな。

217 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 19:35:25
死国じゃ、セックスか習字しかすることないらしいからな。
田舎の典型的モデル

218 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 19:37:21
いや、セックスか習字か俳句。

219 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 19:56:49
叩く相手がいつのまにか四国になってるし。阿呆だな。
それに、セックルと習字と俳句なら、なかなか良い趣味じゃないか。
珍走団やマス掻いてるより高尚だ。
あとはなんだ? 一本釣りとキンちゃんラーメンか?
池田高校山彦打線とかもあるぞ。

220 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:00:06
四国大学へ帰れ


221 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:01:05
星先生についている人いますか?

222 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:01:40
>>218
うどん!うどん!のどん!

223 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:02:02
私は公募展活動はしていないのですが、
かといって、暇を見つけて、自分で何か好きな言葉を書くということもありません。
普段は臨書してます。
時々、よし制作するかと思い立って、漢詩なりを書くことはあります。
その場合は、まあぼちぼちと結構長い期間をかけて書くことになります。
毎回数枚残していきますが、最終的に一枚取るということはあまりありません。
とりあえず、しばらく寝かせます。もしかしたら、しばらくしてまた書くかもしれません。
外からの要求(公募展や社中展、グループ展)がないので、作品を仕上げる必要がないんですね。

こういうのって、あんまり上達しないものですね。
私は尻に火がつくか、人から尻を叩かれるかしないと、自分を追い込まないようです。
だから中途半端なんだ。
チラシウラですいません。新スレなのでageておきます。


224 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:02:37
>>212
徳島だし

225 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:04:15
われわれ市国には狸と金毘羅様が控えておられるら。
本州人には相手にされないけど。頑張るら。

226 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:06:13
四国は4つで一塊

227 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:07:14
>>221
>>223
???
何でコピペ?

228 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:07:45
>>226さん
教えていただき、ありがとうございます。

229 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:08:07
四国四県って仲悪かったと思うけど。

230 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:10:59
これから痛いやつには「四国大学へ帰れ」と言うことにした。

231 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:12:11
>>230
四国大学へ帰れ

オスナヨ!オスナヨ!ゼッタイオスナヨ?

232 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:12:51
WWWお前アホだな。↑

233 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:15:15
>>219
阿波踊り

234 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:15:20
これからの書道界は四国が中心となるし、レベルが高いのは本州よりも四国です。

235 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:16:04
↑四国大学へ帰れ

236 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:19:09
俳句甲子園は結構盛り上がる なぜなら四国という文化的に高い位置にいるから。
阿波踊りは結構盛り上がる なぜなら四国という文化的に高い位置にいるから。
空海は結構盛り上がる なぜなら四国という文化的に高い位置にいるから。
ウドンは結構盛り上がる なぜなら四国という文化的に高い位置にいるから。



237 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:24:46
俳句に甲子園と付けるのが既に痛いけど。甲子園は関西のもの。
兵庫だっけ?

238 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:44:10
>>237
わかりやすくて良いんじゃね。
高校生の大会だろうなあ、ってわかるし。
ちなみに映画にもなっている。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000AMZ3NW

書の甲子園も、三島高校(四国中央市w)でドキュメント撮ってるし。しかも2本。
「書道ガールズ!〜 高校日本一への軌跡 〜」
「感涙書道ガールズ2!熱血教師、突然の辞任▽高校日本一の乙女たちが絶体絶命…」

書道でも「ウォーターボーイズ」「スイングガールズ」みたいなの創ればいいのに。
「恋の右払い、少年と乙女と筆おろし」とかさ。


239 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:49:35
↑四国大学へ帰れ

240 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:51:51
あれ見た、結局最後は熱心にやってたようにみえる先生が、生徒を捨てて、
自分の行きたいところへ移動したってやつでしょ。

241 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:54:03
まあ、高校教師よりは大学の専任だわな。

242 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 20:55:29
異動

243 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 21:55:12
小学生の時の書道の時間に先生が「お手本をよく見て1枚に15分くらいかけて書きましょう」って言われた。小学生なので半紙に2文字。これを守った人の半紙は究極ににじんでいた。

244 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 21:59:17
↑四国大学へ帰れ

245 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 23:20:14
26 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/16(金) 21:13:12
どうせ、四国大だろ、


27 :大学生 :2006/06/16(金) 21:21:39
四国大じゃないだろ…


既にこのころから別称ですか。

246 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 23:22:47
蔑称

247 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 23:32:48
四国大学
http://www2.shikoku-u.ac.jp/shodo/gakkai.htm

書道文化学科は,西日本では唯一の学科。伝統文化としての書道の発展を図るとともに,
書道文化に関する研究を行う。学校教育における書道・国語・書写の指導力を身につける。
 専門科目には,書学書道史等関係科目,国語学・国文学・中国学等関係科目などがある。
美術館・博物館での研修も実施している。


248 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 23:34:41
西日本では唯一の学科??????????どう意味で西日本では唯一????????



249 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 23:37:06
四国大学の売りは、大東文化大学との単位互換??????????

250 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 23:39:45
我らが四国大学!
これから書道界で攻めるんなら、四国大学出てないとモグリと言われるよ。

251 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 23:47:41
>>250
大学は、もう夏休みに入ったのか。
鬱陶しい季節になったな。

外じゃ蝉が鳴いているのに、お寒いやつだな。

252 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 23:55:17
976 名前: わたしはダリ?名無しさん? 投稿日: 2006/06/12(月) 22:15:16
えーと、とりあえず謙慎とか創玄の大学生がうざいってとこまで読んだ。

982 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/13(火) 17:58:32
高大展出します!!誰か出す人いますか?
990 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/14(水) 00:59:04
高大展のレベルって高いと思います… 下見会を知ってると言うことは謙慎系の人ですか?
新着レス 2006/06/15(木) 12:07
992 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/14(水) 19:57:17
大東の学生ですか?
994 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/14(水) 21:01:19
そんな偉い先生は批評してくれませんよ(^^ゞ審査員になった先生方が批評してくれるんです!993サンは読売ださないんですか?
996 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/15(木) 00:11:34
それはよかったですね☆作品は篆隷ですか?
21 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/16(金) 20:38:25
確かに一般の人はムリですね…先生が大学の先生もやってたら学生を連れていくこともあるかもしれないけど(^^ゞ大東じゃないです!あなたは?
23 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/16(金) 20:53:42
ドコ大?
25 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/16(金) 21:04:35
関東?
27 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/16(金) 21:21:39
四国大じゃないだろ…
29 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/16(金) 22:57:23
話に入れないからって…そういう時だけ発言するなよ
33 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/16(金) 23:33:36
この前?結構前だけど、愼社文会展見たけど…見に行った人いますか?
35 名前: 大学生 投稿日: 2006/06/16(金) 23:53:20
だったらここに何でいるの?そういう説教しかできないのかよ!

253 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/10(月) 23:58:33
>>250
情報感謝します


254 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/11(火) 00:06:10
和洋女子大の夏期講座で書道の教職単位がとれるんだって

255 :大学院:2006/07/11(火) 00:20:24
くだらんレスばっかりですね。

256 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/11(火) 00:26:32
↑四国大学へ帰れ

257 :207:2006/07/11(火) 03:22:44
>>209-255

オマエが発端だろ。

昔にも、どこの教授と対等に意見を交わしただの、本を出すだの、ムーブメント
を起こすだの、明日から海外だの。
こんなところでどうでもいい自己紹介をお披露目してるのはあなただけですよ。

ここの住人ならそんな自己紹介にも寄ってきてくれると思うので、
【漢文】大東文化大学【書道】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1085662669/l50
に移動してみては?


258 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/11(火) 06:54:55
四国大って何人ぐらいいるの?

259 :大学院:2006/07/11(火) 10:07:35
>>257 すべて本当のことですから。趣味で書道してるんじゃないですから。
言葉を単に抜き出しても、仕方ないですね。
言葉、言葉の因果関係、文脈の流れを理解し、その中でそれぞれの言葉を
位置づけ、意味を理解しないと、単にあなたの妄想の道具にしか
なりませんね。
私は、期限付きで、やらないといけないことがありますから、
四国大学坊とここで遊んでいたらよろしい。
無価値な時間をあなたと共有する必要性を感じません。


260 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/11(火) 10:34:51
↑四国大学へ帰れ


261 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/11(火) 13:49:51

>無価値な時間をあなたと共有する必要性を感じません。

だからもうここに来るなって言ってるのにorz
言葉の因果関係・文脈の流れ云々よりもっとストレートに多くの人が
君にそう伝えてるでしょ。
受け止めてね。


262 :大学院:2006/07/11(火) 15:05:23
↑あなたには自分の意見を言う権利があります。
言ってることに内容があるかどうかは知りませんが。(w

 言いたいことは聞いてあげましたから、俳句甲子園でも堪能(たんのう)していなさい。

 >261でのレス自体が文脈から破綻してますね。

 国語をもう少し勉強した方がいいですよ。ちなみに当方はセンター試験で
国語は9割は取れました。リテラシー能力の無い人とはコミュニケーションは
とれません。
 ではさようなら、金曜以降なら少し時間が取れますので、それまでに
もう少しまともな思考とそのための思考の手順がふめるように、自分を
高めておいてください。
 私は礼は礼に値する人物のみに払います。犬馬に礼は無意味です。
読み取れませんから。そこで行われている意味と内容が。

263 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/11(火) 18:18:59
四国大で書壇の話する人いませんよ…
社中って言葉を知らないんですから。


264 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/11(火) 22:33:09
>>262
俳句甲子園書いたのは俺なんだが。
>>261と俳句甲子園レスは無関係だと思う。
ずーとお前に突っかかってるのがいるだろ。おそらくそれが>>261だ。

それから、俳句やってるひとは、異様な語彙力を持っている。
現代句集開いてみ、読めない字ばっかりだから。
友達に高校から俳句やってるやつがいるんだが、まあ、面白いもんだね。
常に言葉を転がしてる。
書家が俳句をバカにするなんて、俺には信じられんのだが。

265 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/11(火) 23:17:31
そういや漢詩の要領で五・七・五にした、漢俳(かんぱい)ってのもあるな。
趙朴初が作ったのを見たことがある。


266 :大学院:2006/07/15(土) 01:08:01
>264

 別に馬鹿にはしてません。ただ、俳句甲子園が書家が表現を求めて
場にするところではありません。
 書は文学を含みますが、文学ではありません。
そこに有る差異は、視覚的にということが常に表に来ます。

267 :探求者:2006/07/15(土) 01:59:37
ミケランジェロで圧倒されたのは、
フィレンツェのサンロレンツォ協会メディチ家礼拝堂、秘密の地下室の壁面に描かれた人体デッサン。
4これは、鬼気せまるものがありました。
あと個人的には彼の最高傑作はバチカンのピエタでも最後の審判でもなく、
ミラノのスフォルツァー城にある遺作、ロンダニーニのピエタだと思います。
ロダンはこの作品を観て彼を超えることはできないと言ったそうですが、
殆ど死にながら彼が彫ったピエタ像は、若いころの精緻な作品とはまるで違います。
原始彫刻にも、現代彫刻にも見えますし、東洋のお地蔵様のようにも見えます。
彼の遺体は、このピエタ像の脇で発見され、傍らの遺書には「我が肉体は天に、
魂はピエタと共に」書かれていたそうです。
僕はこの作品を観た時、自然と涙が出てきてとまりませんでした。


268 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/15(土) 02:19:01
なんでここに書いてるの↑
いいことは書いてるけど。

269 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/15(土) 17:38:32
美術鑑賞板にもホスト表示希望
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1152765908/
ご意見お願いします。



270 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/16(日) 14:21:08
唐様の書、見にいった人〜、東はくの特陳です。
池のめだかの五書体を収める折帖「水流帖」
なかなかよろしいですね。
淡墨というほどでもないのですが、
ほどよく薄いために大雅の筆の動きがよおくわかります。
すいすい、すいすい、流麗なのが印象的でした。

271 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/16(日) 19:30:38
今月の『墨』で青山杉雨のアトリエが載っていた。畳の部屋とどっちが好みですか

272 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/18(火) 13:00:35
「墨」買わないそこの写真アップして

273 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/18(火) 16:37:42
筒井茂徳は?

274 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/18(火) 23:41:02
>>270 米庵の教科書みたいなのが面白かった。

275 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/19(水) 01:45:13
>>274
>>270
ボウサイは越後帰りで字がくねりって
良寛と鵬齋がならんでいたけど、一見似ているな。
くねくねは似ている。防災がまねたような字形もある。
それは分かるとして、
良寛の針金みたいな線は良寛でしかない。
この、多分どうでもいい比較検証が、なかなか楽しかった。


276 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/19(水) 22:09:17
ttp://www.ie-g.com/sho.htm
これすごくない?

277 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/24(月) 00:26:55
物故者も平気で載ってるから、何年も前の書道年鑑から
引っ張ってきたんちがいますか。古書ではよく出ていますよ。
一時、書においても市場価格の確立をはかる、ということで成功しなかった・・・・
某信山氏ももちまえの人の良さからか、その運動に一役買おうとなさったが
結局うまくいかず、相変わらず書は弟子が買うものとなっている。

278 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/25(火) 22:55:39
長興会って名前変わった?

279 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/25(火) 23:46:10
長谷川紙店の題字は誰が書かれたものなんですか?

280 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/26(水) 08:09:57
>>278
名前変わったんじゃなくてなくなった。
○と○に分裂

281 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/26(水) 11:34:44
>>280
kwsk

282 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/26(水) 15:34:48
で、くりはらの所はなんちゅう名前になったの?

283 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/26(水) 15:39:51
もともと、実質、古谷の所は日展なんか出品するとき長江使ってないでしょ。
実際の分裂に三頭死ぬのだけ、待ってたようなものでしょ。
これで関西の漢字も細分化して勢力弱まるかな。声調みたいに。
権力だけが表現の根幹だからな。

284 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/26(水) 18:17:31
声調って青潮のこと?

285 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/26(水) 19:04:37
そう。とうそん、なんぼく ぐらいでパワーなくなっちゃったでしょ

286 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/27(木) 15:13:49
長興展とかもなくなっちゃうの?

287 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/30(日) 09:34:21
再合流決定

288 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/01(火) 17:44:59
お礼金ってめちゃ高いんやね…知らんかった
K原R水に20万も払わんといかん…会ったことも無いのにorz

289 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/01(火) 21:59:26
>>288 新聞社賞でもとった?

290 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/02(水) 12:21:53
そう、

291 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/02(水) 18:41:24
大賞は誰だと思う?

292 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/02(水) 20:17:36
うわさによると高木聖鶴のお弟子さんらしい

293 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/02(水) 23:16:22
>>288
祝賀会とかも開かなきゃね。金捨てる覚悟でw

294 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/02(水) 23:47:26
新聞社賞ごときで祝賀会はないだろう

295 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/03(木) 00:21:20
7/28読売長官によると読売大賞長谷川鶴山(55)
準大賞伊織蘇峰(50)遠藤昌弘(46)山本高邨(60)
山下方亭(63)澤田虚遊(54)だそうだ

296 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/03(木) 06:58:52
やっぱり50代が多いのか

297 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/03(木) 08:04:41
祝賀会は日展の審査員になった時とかだよ

298 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/03(木) 08:24:51
祝賀会にでたことある?

299 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/03(木) 18:17:51
長谷川鶴山が大賞?

朝陽の人だね? 読売とか毎年退屈なだけだから
今年も見に行くつもりなかったけど、この人の
大字/超大字わりと好きだから見に行こうかなぁ…

300 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/06(日) 12:40:31
読売も毎日も毎年たいくつせずに観られるけどな。

301 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/06(日) 17:50:49
紅星牌って書きにくくない?
みんな紙は何使ってる?

302 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/06(日) 18:32:54
あれは書きにくい。南華箋?玉蘭堂のやつ使ってるけど、書きやすいと思う。

303 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/06(日) 18:44:34
へ〜、台湾の紙なんだ。薄い?

304 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/06(日) 19:05:35
色々厚さがある。肌ざわりがいい。

305 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/07(月) 16:59:20
有栖川の宮 御宸筆

http://tonkatsuichiban.com/map/Nishi/hiunnkaku5.jpg

306 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/08(火) 03:08:46
紅星牌を使いこなせないヤシはド素人。

307 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/08(火) 17:43:31
まぁ、一口に紅星牌って言ってもたくさんあるけれど。

308 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/08(火) 18:15:59
読売展のホームページ更新されないね。

309 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/08(火) 18:34:37
高大展の結果まだかなぁ

310 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/08(火) 22:37:15
高大展で大賞取るのってすごい?

311 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/09(水) 01:24:39
関西系と審査員の弟子ならとりやすいんじゃない。

312 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/09(水) 12:16:03
伊織蘇峰って下っ端のくせに、何で日展で特選とれたのかな?
そんなに良い字だったのだろうか・・・

313 :私はダリ。妻はガラ。:2006/08/11(金) 00:20:01
第37回の審査員のうち、長興は栗原蘆水と宮崎葵光。
第36回の特選は栗原社中の堂本。
来春の20人展の新メンバーは鈴木春朝。私の予想が外れました。

314 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/12(土) 19:26:39
徴候のつぎの名前わかったけど、全国ネットでまだ言っちゃだめなの?

315 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/12(土) 19:35:53
ダメとかあるの


316 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/12(土) 20:04:11
お披露目会があるような感じだし。

317 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/12(土) 21:23:52
興朋会なり

318 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/13(日) 12:47:19
>>316
ゆううんの祝賀会のときのやつ?

319 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/13(日) 19:49:49
僕部外者やからそんなん知らんわ。ゆううんってアンパンマンみたいな
顔したYちゅうやつか?
詳しいことは317にでも聞いたほうがええんとちゃうか?

320 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 11:55:29
アンパンマンってひどいw

321 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 17:42:39
今の書道界における有栖川流書道の位置づけは?

322 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 19:30:37
今年の読売展はどう?行草のレベルが下がった気がする…皆さんの意見を聞きたいです。

323 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 19:55:43
>>321 どうでもいい、という位置づけ。

>>322 展覧会としての意識が既に低下。撒き餌、養殖用の生簀。ピアノの発表会。
    だから見に行かないので、低下してるかどうかわかりません。多分してるって
   いうことでいいんじゃないの?。多分能力無いやつが、作家意識もって、自分で
   作らなきゃという脅迫観念と偽者の芸術家根性でやってるから、
   師匠のお手本のレベルに近づけないんじゃない。近づくと似るし。
   似ると、丸写しだし。もしくは近頃の年寄りは、写す事の忍耐や能力すら
   低下しているのかも。いづれにせよ死んでルナ。

324 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 20:14:07
逆に展覧会として意識の高いのは?

325 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 20:30:27
展覧会という形式が既にアボ〜ンだから。

高い低いがあるとしたら、意識じゃなくて、完成度の上下か、
付き合った彼女達の土手の高さの上下くらいじゃね?


326 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 20:50:22
展覧会ってどうあるべきなのか?ただいっぱい作品をならべればいいわけでもないし…

327 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 21:31:51
作品からその人が推測できるだけの作風がある展覧会

328 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 21:45:41
それどういう規模で言ってるの?個展?
それ以外なら全部アウトだな。あと、作風なんて大まかな
括り方じゃなくて、では作風というのは突き詰めていくと
どういうところなのかを思考しないと意味ないよね。
書道家は修養としてのまた芸道としての習字の発展系でその
存在意味があるんだから、あんまし難しいこと考えないほうが
いいかもしれないね。べつに芸術としての存在意味は今のところ
無いんだし。
書壇でみんな仲良くルンルでいいんじゃね?サロン的なおしゃべりと
仲間意識の集合体でさ。


329 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 21:47:20
仲良くルンルン ね

330 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 22:14:35
社中展は師匠の真似で何の意味があるかわからないし、結局読売展は社中展の集まりみたいな感じだし。 ある書家が全書体を書けるようにして、その中で好きな書体を極めろと言っていた。賛成?

331 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 22:21:07
全書体を書けるように の定義が曖昧。
書法を学んで再構築という意味で 好きな書体と付き合っていったらいいんじゃね。

332 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 22:33:51
お習字と書道の境界は曖昧だけどその書家の書風ってやっぱりこだわって欲しい。
絵画で世間にもてはやされるのはミーハーなとこで奈良だったり村上だったり
キャラがはっきりしてるんだよね。
書道界は閉鎖的でいいんだと言われればそれまでだが。

333 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 22:36:09
>>330
まぁ多くがこの程度の認識だからねぇ。

334 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 22:46:45
>>333 君はどの程度の認識してるの?つりとか煽りとかじゃなくて。
  


335 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 22:47:05
書風として認められるまでが大変だと思う。師匠の真似をしてはいけない?だっけ?同じことをしてはいけないみたいなこと言ってますよね。今これが自分の書風だって言える人いるのか?

336 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 22:55:12
認めさせなきゃいけないんじゃない?
認められないのは腕がないってことでしょ。

337 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 22:56:32
せいぜい、ハッキリ言うなら、肥大天来の弟子群、辻本雌雄の弟子群
くらいが古典との係わり合いを考えながら、独自の書を作り上げて
いったな。
 それ以降のお絵かき教室になった前衛書家の弟子は、お絵かきをどうするか
という点でしか前衛書を思考できないし。お絵かき教室展だな。
三等、王帝らの年代の孫弟子、4、5十代になると、流儀書道だな。
あいつら存在価値なし。まさしく日展のための書道であって。
思考停止のオナニークイ〜ン。男の腐ったような奴等ばっかしだな。
何のために書道やってるのかわからんような根無し状態のお釜野郎どもだな。
チンチンついてるのか?あいつらは。

338 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 22:58:53
>>336 おまえ死んでろ。認められないのは腕なんです。

   ってばかじゃねーの。お前の視点は節穴。一生書道ごっこしてろ。馬鹿

339 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 23:00:53
なるほど

340 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 23:03:10
今回の読売展では臨書作品が出品できなくなったが、 臨書は作品にならないのか?

341 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 23:03:14
>>338
かっこいいね

342 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 23:12:00
>>338がすべてを代弁してる。腕もないのに文句ばっかり。

343 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 23:15:14
自演ですか・・

キモッーーーー!!!

344 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 23:16:19
>>342
腕もあるけど文句も言うよ。次世代なんだから。
腕があっても頭が無いで通用するのは、あなたの世代くらいまで。

345 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 23:22:32
>>343
だなw夏休み終わるまで我慢我慢。

346 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 23:24:26
>>342 あんたらは三等らへんが作り出した文脈の書道でそろそろ
   その表現としての生命が終わるのを待っていればいいんですよ。

   僕は次の世代を教育し、次の表現の文脈を扇動し、新たの表現としての
   生命を宿らせることに努めます。

   さよなら流儀書道作家。

347 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 23:39:14
>>346
どんなプラウザ使ったらそんな改行になるんだか。
ID出てないスレでこんなにはっきり自演がばれてる人初めて見たw。
かわいそうっていうか痛いんですけど・・・
次の世代が絶望的に思えてきたw

348 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 23:47:05
そう言っていた人がみんな廃れていったんですよ。歴史では。
賢者は歴史に学ぶそうですが、愚者は経験からしか学べないそうです。
賢者は歴史のプロセスから表現を学ぶそうですが、愚者は作り出してもらった「結果」からしか学べない
そうです。
>>347は私を哀れんでくれてありがたく思いますが、私はこれから廃れていく人を哀れんではあげません。

349 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 23:48:23
えらそうに言ってるけどみんな結局高校の先生とかで一生を終えるんでしょ。

350 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 23:50:47
広義の日本芸術史という意味で歴史を学んでたら、
>>335>>337みたいなことはなかなか言えませんよ。

351 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/14(月) 23:58:45
認識と程度の低いあなたのような高校教師もたくさんいますが、
高校の教師が程度の低いものではありません。その重要な時期に質の高い
教育を授けることを役割とするのでしょうから。

アインシュタインも言っていました。常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクション
であると。

これまでに高校の教師が尊い仕事をできたのであれば、社会的地位云々よりも
よっぽど立派なものを帯びています。

偉そうな位置にいながら内容の薄い、程度の低い人間は醜い。
金と地位が目的で書道ごっこやってる作家だったら、高校の先生のほうが
百億千倍勝りますね。

352 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 00:00:15
>>350 広義でお前は日本芸術史やってろよ。

353 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 00:02:01
>>348
偉そうなこと言ってて

>学ぶそうですが
>学べないそうです。
>学ぶそうですが

どっかから拾ってきたこと並べてるだけじゃん。
しっかり学んでくれたまえw

354 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 00:03:29
馬鹿には譬えを出して諭してやるのが、賢者のやり方だそうです。
東洋の知恵ですね。

355 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 00:07:09
>>353 あなたはせいぜい、どこかから拾ってきた古典造形を並べて
   遊ぶか、お絵かきごっこか、流儀書道でお礼金ピンはねして
   ビールでものんでなさい。

356 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 00:29:32
仲良くルンルン

357 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 01:53:35
自分こそ書道界の救世主だと本物気取りで豪語してる若者。
もし君たちにその素質があるのならもう世に名を上げている
はずです。
書は年月をかけて修練を重ねていく分野と思われているが、
30歳で頭角をあらわす逸材なら15歳にもなれば既にずば抜け
た片鱗を見せている。
20歳前後で世に埋もれて2chに入り浸っている輩が、10年
後に革命を起こすなど・・。
そんな妄想は捨てて沢山友達をつくって人との関わりを学び
なさい。

358 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 07:17:54
台等だもの

359 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 08:48:06
>>357 考え方がいつまでも古臭いね。どのプロセスで変化だと思ってんの?
   修練?ばか言てんじゃねーよ。
   ちんちんシュシュシュのレベルだけだろ15でずば抜けるのは。
   
   あなたに表現転換の意識と視点とがあれば、既に変換が行われ、見えはじめているけど
   そうでないんだから、あともう少しその視点で黙って待ってればいいんだよ。

360 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 08:54:03
書は年月をかけて修練を重ねていく分野

それだけで思考停止しているあんた(ら)は痛すぎだし、すでに
芸術としては相手されてないよ。芸道、芸道だから高校からも
芸術科から無くせばいいんだよ。
 さらに死ぬまで流儀書道の範疇なら、俺なら勘弁。死んだほうがいいな
それで芸術として標榜するならさ。芸道ならいいんだよ。お免状として
日展でもやってたらいいよ。

361 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 09:00:37
人の話を全然聞いてないな。
「沢山友達をつくって人との関わりを学びなさい。」
と言ってるんだ。
お前の気持ちなんか誰も聞いてないんだよ。自演君www

362 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 09:56:52
慈円君はあなただけで結構です。付き合う人間もこちらで選びます。

363 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 10:04:58
あとあなたの話は大して聞くほどのレベルではありません。
どこにでも転がってる程度の視点と思考ですから。

364 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 16:52:42
自分の価値観に絶対的な確信を持つのはとても怖いこと。
書き込みに垣間見る人間性も見るに苦しい。
ここで必死に書き込みをしている自分を客観視してごらん。
君はそんな程度の人間なんだよ。
パソコンなんか相手にせず社会にでた方がいい。
友達を作った方がいい。

どんな自信があっても君は凡人だ。
もし本気で「違う」と思える独り善がりな自信があるなら、
かなり重症だ。

でも、今一人パソコンの前でこれを読んでいる時点でもう
君は凡……


365 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 16:55:30



  やってから言え




366 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 16:57:28
 これも社会。
 言葉も友人。

367 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 16:59:54
 これも社会。
 言葉も友人。
 君も凡人。
 友人の多い屑は塵のように沢山いる。
 

368 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 17:01:02
いじましくなければ、真の意味で頼もしくはなれない。


   スカすなら縁切り。

369 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 17:07:31
 


370 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 17:21:02
 人間っていうのはね、こういう程度の感覚しか一般的に持ち合わせてないのが
通常の感覚なんだよ。どうしてかっていうと、自分のしてきた事、若さと生真面目さ
で無視して通り過ぎてきた事の足跡っていうものに関して、とても無感動とか鈍感にできててね、
だから。
 君くらいなんだよ。そう。
 その辺ほら、屈折の裏に列記とした人間愛がある筈で。そこら辺に思索の程を切り替えてみようか。
そうだね、遇不遇に鈍感である事は言うまでも無く、人間から人間に向いてるある愛情とかそういう
一連の屈折を、無視してる壁があると思うんだ。

 だって「君から言われてる事なんて百も承知の筈な訳で。」

 ってなると、君がその人もしくはその人の含有すると同等の鬱屈もそくは
 それ以上の鬱屈のある人は例え嫁や子供だろうと、冷静に引いてみて、客観的に
相手を分析する、冷たい人間というだけさ。

  


371 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 17:21:47
 
 話っていうのは、聞く人間のレベルで変わるものさ。

372 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 17:22:48
瑣末な事に敢えて必死になろうっていうんだ。いいだろうよ。

373 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 17:23:46
 聞くレベルでも無いの返答するって事は、君の個人的ストレスだろうよ。

374 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 17:24:36
 せっかく出てきたやる気を客観視するバカがいる。

375 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 17:49:43
>>364 客観視すべきはあなたの方ですね。せめて最後だけは見苦しくないように。
   あと老害は勘弁な。

376 :大学院:2006/08/15(火) 17:56:59
終戦、お盆祭りします。
本日、15日から16日まで時間が取れるときはパソコンの前にいますから、
写真をアップして、意見が聞きたい人、古典、前衛何でもかまいません。
自己の能力の範囲で答えていきます。
あと建築的な視点で議論をふっかけたい人はどうぞお越しください。


377 :聡一郎:2006/08/15(火) 18:01:17
うわあ!!カッコいい!!

378 :聡一郎:2006/08/15(火) 18:02:08
良いなあ。院は。様になってて。フォローも堂に入ってるもんなあ。

379 :大学院:2006/08/15(火) 18:02:11
今夜の22時にここに来ます。

380 :聡一郎:2006/08/15(火) 18:03:48
 ちなみに、吹っかけれる議論は、皆無です。羨望のまなざし一つでやたら
会話をぶっ放すのがオチデスが…。僕来ます。
 自己学習と道徳が取得の私ですが!!

381 :大学院:2006/08/15(火) 18:07:56
自己学習と道徳がんばってください。
心の姿勢が自ずと、その姿勢に応じた環境を導きだして
くれるはずだと思います。



382 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 18:15:18

お盆休みくらい地元の友達と遊ぶ約束取り付けてこいよ。

淋しさ丸出しだろ。

383 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 18:33:34
僕››1

384 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 18:39:51
近衛文麿の書はどう?

http://www.gannando.com/bijyutsu/images/konoe.jpg

385 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 18:49:29
››1
天才

でも&#20693は馬鹿です♪ฺ

386 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 18:50:01
››1
天才

でも僕は馬鹿です♪ฺ

387 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 18:51:19
››1
天才

でも&#20693は馬鹿です♪ฺ

388 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 19:28:33
夏だなぁ

389 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 19:57:04
大学院は散々名無しで書き込んでいて何故>>376で急に名を出したんだ?
二者を演じているつもりなんだろか?

今夜のお一人様同士の集い。
盛り上がってね!

390 :総一郎:2006/08/15(火) 21:59:21
 ただ今参上。

391 :聡一郎:2006/08/15(火) 21:59:59
 っさあ。待とうか。


392 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:01:31
:大学院:2006/08/15(火) 18:02:11
今夜の22時にここに来ます。


 さあ、どうしたものでしょう…。


393 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:02:13
 この手の人種は、どうしても時間にいい加減で困る。

394 :大学院:2006/08/15(火) 22:03:03
君って梅田聡一郎君なの?

395 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:04:22
 気長に行くよ。


396 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:05:40
 もちろん!!そうです。


397 :大学院:2006/08/15(火) 22:06:29
>>384 何に対してのどう?なのか提示しないと答えられないよね。

 

398 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:07:00
 良く知ってるね!ふふふ。大学院生なの?

399 :大学院:2006/08/15(火) 22:07:32
>>396 あ、そうなんだ。あんた日本画でしょ?なんで書に興味もってるの

400 :大学院:2006/08/15(火) 22:08:42
>>398 チンチンの大きさは大学院くらいかな。

401 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:09:59
 たぶん予め興味を持たれているのだよその辺は。そしてその特異な興味
の根源を自己確認したくて質問に転化するという所もあってそうしてるん
だと思う。とても絞りこんだ質問なので。
 
 どう?

 っていうより、

 興味があるんだよ最初から。

402 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:10:54
 僕は油彩の薬学派。ボアリュウファは、その派生として。

403 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:12:11
 性器の会話は特定の人とおこなって下さい。

404 :大学院:2006/08/15(火) 22:12:25
書のどういうところに興味があるわけ?自分自身が学んできたことと
絡めて言葉にして提示できる?



405 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:14:31
 書、と日本画の共通項をお教え致しましょう。

 書の原点 (象形)文字
 
 画の六法 応物(象形)


 というような。筆の筆致と実在の形を噛み合わせる。

          『ボアロンデッサン』

                   と申します。

406 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:15:13
 と、言う意味で興味があり、実際に何作か提示しております。

407 :大学院:2006/08/15(火) 22:16:16
油彩画と中国絵画とを関係させて何かを導き出せたわけ?

408 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:17:33
 ムーブマンとはちょっと違うけどね。
 その科学的根拠の一致性や、
 数値的なものを、

  『真物と同等化した状態で一発で連ね合わせる』

 その筆致を絶妙に残すをボアロンデッサンと言います。

409 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:19:46
 楽しい世界になりそうだけど、どこか嫌いな緊張感が加味されて、
唯楽しみたい人にはちょっとというのがあって…。なんで、その辺は、
切り離して考えて、それこそ『接点が噛み合った時』だけ適用して
あとはそれぞれ別に取ってます。
 歩み寄っていく文化体系として。

410 :大学院:2006/08/15(火) 22:20:19
筆触の抽出ということであるならば1950年代にひとつの意識の提示
がなされたけれど、それとは新しい視点と意識が、そのボア論デッサン
とやらには含まれているの?


411 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:22:36
 
 西洋絵画では「汚い」とみなされる筆致を、筆致をとてもうまく用いるボアリュウファで
「迫力」、「臨場感」をもって逆用できる、という概念性です。ストイックさも倍加する事でしょう。
緊張感もひとしおですが。

 そして、一言断言すると、

  「可能です」。 
 
 エスキースでは、ですけど。

412 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:25:17
culpi(筆触)とは恐らく少し異なる技術です。筆触になるととてもミリ単位の
薬学技法を思わせますが、筆致を大胆に残す方向性を志向しまして。
中国人の石膏を見てください。何かそういう実感を覚えますから。
 しかし、断っとくけど、基本僕は、
 
          薬学油彩が好きです。

413 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 22:25:42
このスレもうだめだ

414 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:27:51
 慎ましやかな人間が多くて、余り外の世界に知れてない六画ですけど、
西洋絵画と同じで、僕くらい研究してる人は多分沢山いますよ。

415 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:28:33
 だめかどうかは僕らが決めるんで・・・・。

416 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:29:10
 大学院さんはその辺はどう考えます?


417 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:31:45
 筆触の抽出となると、ポジチヴィティーな表現形式になるのですが実際申しますと、
もっと練磨を信じたタイプの筆致に一任されるのです。
 同等の描写と共にあるのが成立条件です。

418 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:32:33
 筆触の抽出というのは、どんな作家さんが手がけてるの?

419 :大学院:2006/08/15(火) 22:33:18
でも結局視覚性の向上に対しての意識までにしかならないんじゃないの?
そして、その表現をどこを対象にして提示したいの?
大衆? 

 結局求めているところの視点が単に視覚性の向上だとしたら現在という
時間には表現としては弱くなるような、というか一味足りないんじゃないの?
 あとはどのような系統のものにその6法が用いられているのかにもよるし。
作家だったら提示してみたら?以前言ってたじゃん。掲示板で本名もださん!!
俺は潔く提示して語ると。
 あと西洋で言うところの汚い線という スタート点、その定義をしっかり
してないと視点がぶれる。


420 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:39:06
 確かに、筆致は自制を不確かにするよね。「筆跡」という痕跡のみがそこに
存在して、前後を示唆しにくくなる。
 でも、何かが良いんで、その辺気になってね。んんん。
 あとね、「本名も・・・!」じゃなくって、「自分の匿名性に
基づいて、色んな単調な人間を矮小化させて虐めぬく感じ」が
嫌いっていう事。

 

421 :大学院:2006/08/15(火) 22:41:00
僕からすると、筆触とか線質と絵画の関係なんてところで絵画を求めても
絵画としての意識の拡張にはもうならない時代だとは思うけどね。

1950年代以降の第二次大戦以降の抽象絵画で欧米作家が筆触と絵画の
関係は探求したんじゃない?
 フランツクライン
 ピエール アレシンスキー
 ピエール スラージュ

 アレシンスキーなんか、もろ東洋の書の筆触だよ。

422 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:45:32
 あ、脱線したね。

 うん、確かに、人物の確かさがテーマになったり、人間関係の大きな
背後が視覚性を超えた人間テーマになるhinter groundは、有力な日本の絵画人の
全員が保持してるね。「上手下手じゃない」なんていう感覚まで生んでしまうくらいの
勢いで。
 その「理由ある現在の世への表現」を「hinter ground 」というのですが。
僕がそこでぬかしたボアロンデッサンは、物質の

          「物質性の助長」


 うお!!これかっこいい!!!!!の助長版のような!!
 まさに物質の迫力という(物質性としての内在の助長)として周りが
関心するような。そのレベルの高い技術と合いまった偶然性を利用し、かつ
行き過ぎないという…。
 まあ、本物みないとなんとなくね。わかんない話だけど。


423 :大学院:2006/08/15(火) 22:47:27
ただ、むしろ、画伯として生きていきたいなら、
そういう表面的なところを探求していけばいいんじゃない?
日展作家に僕が芸道でいけばいいんじゃない?と言うように。

それはそれで、存在としてはいいんだし。
自分が絵画という媒体を通して何を表現していきたいとか
いう意思があるのかな?
その意思に基づいて、道具としてのその六画を用いるくらいの
意識が背景にないと、結局、画伯の範疇に入れられるよね。

424 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:47:54
 うん、僕もそれは分かる。なんでかっていうと、

 「筆致を表す」という行為と、

 「筆致を消す」という行為に基づいて両サイドから研鑽した場合、
結局筆致を使わない領域に入っていったから。

 ただ、それを超える領域が幾つか存在するらしくって。ちょっと垣間見てみようか
っていう、画家の「つい」みたいな。

425 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:50:25
 なんでかっていうと、

 「ある部分」を可能な限り密接に描くと、「描いた」という跡形が消えて
しまうんだよ。
 すると、テクスチャが不調和として「付着」として存在してしまうのです。
 マックを越えれる分にはかまわんのだけど、それはそれで新しい問題を生むような。


426 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:54:06
 しかし、その無筆致の状態そのものにcadence(抑揚)を用いて距離公理
をつくると、脅威のリアリティーが生まれてしまいます。
 あまりにも・・・。というようなのが。

 そして、意識点(inhalt)を利用すると、木の人形に生身を意識する事で、
只の木の人形がまるで内臓があるように見える、リアリティーを内在してしまうような…。

427 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:56:05
 応物象形を使わずにいくとそうなっていきます。
なので、息抜きに、そして、鮮やかな勢いをよこしまさを撤廃し形で
表出する筆勢の綺麗な塊としても、良いのがボアロンデッサンでは!!

428 :大学院:2006/08/15(火) 22:56:10
アクリル絵の具のスーギさんの絵に対して、油彩の岡本画伯は、物質性の助長を主張していたよ。
「物質性の助長」というレベルはやっぱり「表現」としてのレベルでは
その根底、前段階、基本的なものであって、それ自身を「表現」として
標榜してノタマウほどのものでは無いように思うけど。
みんな、物質性の助長+αがなければ「表現」として成り立たないと
おもうけどな。

429 :聡一郎:2006/08/15(火) 22:59:36
 ピエール アレシンスキー  見てみました。

 うん!!うん!!この感じを、実在物と噛み合わせ加筆する!!

 そして表現につながる良い部分を残すのが!!

 その感覚に近いかな!!

 よく分かるね。

430 :大学院:2006/08/15(火) 23:02:31
結局言ってることが日展作家の書道家おっさんと同じ思想の構造に
なってない?それでもいいんだけど。別にそれが画家にとって
悪いんじゃないし、書道家にとってもそれでいいんだし。

ただ、そういうところを目的にしているなら、これ以上は言語をもって
いっても意識として求めるところが、視覚性なんだから、
視覚的に、見せてもらえないとなんとも意見は言いにくいよね。
アップしないの?ちょっと見てみたい気もするけど。
別に全体じゃなくてもいいじゃん。細部だけでも
その油彩と筆触と中国画を意識したところでの抽出物を見せてよ。


431 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:04:31
  +アルファっていうより、その物を描いた時に。実在性を見失わない
形で、かつ表現になっている、という。
  要は、そこでhinterground表現事象の成否が、realitat物質性や事実性
 によって、また逆にrealitat物質性や事実性の再現量が、hinterground表現事象
 を裏付けるという事ですね。
 +アルファになると、ちょっとバランスが難しいので、両者を重要なものと制定
致しましたが。

432 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:05:48
 天秤に乗るバランスさ。どちらが+アルファという副産物でもなんでもなく
。両者重要という事さ。

433 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:08:09
 見せたいのは山々ですが…。上げちゃった。
あとね、画の六法っていうのは、日本画でもとても良用されてるよ。
もうひとつ言うとね、油彩ではまだ僕はそれをするに至ってないよ。
よそ様がじゃますんなら可能性も減っていくけど。
 
 

434 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:09:13
 岡本さんは岡本さんなんじゃ?こういうのに興味は無い筈。

435 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:10:51
アクリルは強固さと速乾に即した条件下に扱うのがもともとの使用最好条件。
油彩とはもう、絵画としての扱いの掘り下げそのものが違います。

436 :大学院:2006/08/15(火) 23:11:30
「そのものを描いたときの 実在性」って何?
そのものが持つ物質の本質を提示するということ?
もしそんなところにだけ意識をおいているなら中世そのままの
作家の思考と一緒。
見た目が変わっただけで。
今現代に生きたうえで、あなたは更に何を絵画に提示しなくてはいけないのか
という意識が感じられないけど。
 
 だから、別に上記のことが無くてもいいんだけど、視覚性なら視覚性のみ
の勝負で提示しないとなんとも進みにくいなーとおもうわけで。

437 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:11:56
 水分蒸発固着と、酸化固着という事で、徹底的に噛み合わないんだよ。それを
一緒にするのは、余りに馬鹿だ。同じ媒材として扱う人間は存在しない。

438 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:14:59
 同時内在を以ってして、技術の「層」と申します。ほとんどの術技が
成立しなくなるのは、あまりに。それは、習い手や楽しみ手の絵画という事。
楕類賦彩という事です。

 画の「六」法=ひとつの視点が提示の題材には成り得ません。

439 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:18:53
 「視覚性」とか、「実在性」の裏には、


 一人の子の100の安閑を危惧した1000の学術、万の術技が存在します。


 それを見ている人は、気づかぬ内に癒されるのです。その全てに。

440 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:19:23



           例えば、ね!!!

441 :大学院:2006/08/15(火) 23:21:11
視覚性、素材性から提示された何かが、
「筆触による微妙な視覚性の違いだから」とか
そのことによって
「その対象の本質を提示する」
とかの意識では、画家は別に100年前、50年前の作家の
意識と制作に対しての意識は変わらないということが一つ。
 そして現代的な意識として絵画を提示しなくてはならないとする
姿勢ではなく、絵画媒体をどのような視覚性をもって表現するか
に意識をおいていることが一つ。

これが今までの会話からの確認。
またこれらを目的とするのであれば、中国絵画の伝統的な意識を
油彩画に応用することもいいと思う。

だからこれ以上は現物そのものを見ないと、どうにもならないように
おもうけどね。


442 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:22:25



        拍手拍手!!なかなか!!これは

        ventricure? 

443 :大学院:2006/08/15(火) 23:22:38
訂正

とかの意識では、あなたは別に100年前、50年前の作家の
意識と制作に対しての意識は変わらないということが一つ。


444 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 23:25:02
何かつまらない

445 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:27:49
技術によって内実を助長させる、内実によって技術を助長させる、という
という、内在と外在の両在の螺旋が、あいまってとても素晴らしきへ移行する
という。それを誠実に成立させるには、「由の心」。

 「由を知る心」がある画として油彩を成立させ得るかという事。
それをおざなりにしないかっていう…。

        

446 :大学院:2006/08/15(火) 23:29:02
>>444 あなたに詰まるような言葉と思考の手順で今の会話は
されていないよね。

 自分のレベルにあう段階の所に行けばよろし、
 ここがその段階の下でも上でもよろしい。

 そうでなければ、自分の詰まる議題を用意したらどうですか?

447 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:29:19
 


            昔はね、今は違う。

448 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:30:29
 うん。そこでgenom dessinゲノムデッサンなのさ。僕は。

449 :大学院:2006/08/15(火) 23:32:55
内在と外在の両在の螺旋が、あいまってとても素晴らしきへ移行する
という。それを誠実に成立させるには、「由の心」。

それって今現代、あなたが生きている時代と、あなた自身という
人間のフィルターによって提示されたものとなりますか?
言葉としての表現の仕方はどうでもいいですが、そのような概念は
絵画だけでなくどの表現分野でも、存在しそうな感じですが。


450 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:33:54
 確かにそう。筆致と描きこみが絶妙に噛み合った所で、厳密確かに
言うならば、「変わりは無い」という事。
 理由は、その試みなど50〜100年前の文化体系でも容易に思いつくレベルのもの
だから。そして、西洋絵画の恐ろしげな死体のリアリタットに恐怖するか、
現代絵画の元気と粗雑に満足させられるかっていうそれなりの二者択一を迫られるっていう
のが僕らの絵画世界さ。

 しかし、僕だけが、そこに居ない気がする。だろ?

451 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 23:35:42
もしも、お金は考えなくて幾らでもつかえたとして、昭和の書家五人展の作家選ぶとしたらだれにする?
自分は、西川寧、柳田泰雲、上條信山、熊谷恒子、安東聖空かな。

452 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:36:35
 うん。そこから先さ。僕と先輩方の共有は。
 それを持ってして、いかなる境地を見たか。という。

453 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:39:03
 クロイスターは、そんな心でもって、その絵画回廊の上を見るのさ。
西洋のあっけらかんと残酷な陰惨さも、現代絵画の乱雑で猥雑なダイナミックさも
超えて、上に見るは、その極点。

    

454 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:39:37
 それが愛さ。

455 :大学院:2006/08/15(火) 23:39:38
>>451 しいていうなら西川寧

456 :大学院:2006/08/15(火) 23:43:13
梅田君は僕と話しても僕からは得られるものがないから、「表現」
とは?の意識がぶれがあるみたいだし。
あとね、コミュニケーションはそこらのおっさんが聞いても理解しやすい
ように言い回すのが、本当のコミュニケーション能力の長けた人だから、
単に主観と妄想の芸術家は後は死しか待っていないよ。


457 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:44:08
 まあ、あの実際結構上手いですよ。

458 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:47:24
 その、表現って具体的なものだと思うんですよ。
 ヒロインが小便もすれば大便もするっていう自覚のもと、しかも
人間としてきちんと把握して描けるものかっていう。そういう現実的な具体性を理解する
っていうのが存在しますかね。
 妄想と現実の 表現差異をとっても分かりやすく言うとそういう感じっす
かね。

459 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:48:07
 君はそこらのおっさんかい?

460 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:49:53


  じゃあね。

461 :大学院:2006/08/15(火) 23:50:37
あと、梅田君が書の知識を持って、それと自分の表現がどんなところで
関わっていけるのか考えているのなら、それをテーマに出したら、
この場と時間に意味が存在することになるよ。

会話の内容から言うと、絵画としての表面性の背景として何があるか
というような会話だったと感じたけど、あとは写真のアップだけしか
発展しない。

462 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/15(火) 23:53:46
これからの表現が視覚からもっと総合的なものに移行して
いくであろうことは、誰もがわかっている。
視覚のみの表現に見切りをつけ、さらに新しい表現法と書
との接点を見つけているとしよう。

でも方法論と芸術は違う。
その方法をすべて提示して追随者が出てきてもそれでも君の
作品は意義を持てますか?
その先駆的役割にだけに満足しているのならそれで構わな
いけれど。


そして、きっと人間の未来は君の理屈通りには展開しない。


463 :大学院:2006/08/15(火) 23:55:05
>>460 あ、じゃあね。


464 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:55:19



        




      

          君は、どんな絵を描く?

       

465 :聡一郎:2006/08/15(火) 23:58:17


 そう、それが僕の狙いなのさ。追随してくれよ。この僕を。打ち負かしてくれよ
この体系を。そしたら、


     可愛いあの子に一枚変なの、見せにいくさ!!!


   

466 :大学院:2006/08/15(火) 23:59:13
 私の作品には意義は生じますよ。書道史という視点と連続性の中で。


467 :聡一郎:2006/08/16(水) 00:00:42


 うん、有意義さを感じた、君は大した人間だと思う。

 見ないとわかんないって良くいうけど、

 見なくても分かる。

 きっと最低でもそれなり以上の人間だと感じた。

468 :聡一郎:2006/08/16(水) 00:03:34


           んんっつ!!(楽)

469 :大学院:2006/08/16(水) 00:05:10
僕は単にチンチンで書道しているだけなんですけどね。


470 :総一郎:2006/08/16(水) 00:14:11
うわあ!!カッコいい!!


471 :聡一郎:2006/08/16(水) 00:14:42


        そりゃ君の自由。

472 :聡一郎:2006/08/16(水) 00:15:43
 総一郎じゃなくって、「聡一郎」。

473 :聡一郎:2006/08/16(水) 00:16:28
 村上さんっていうひとかお前?

474 :聡一郎:2006/08/16(水) 00:17:58
 んんん…。まあ、勘弁しとこうか。

475 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/16(水) 00:18:26
村上三等か?

476 :聡一郎:2006/08/16(水) 00:18:51
 性器の話は特定の人と理由のある状態でしろ。

477 :大学院:2006/08/16(水) 00:19:47
あ、チンチン ネタ だからマジでとらないでね。


478 :聡一郎:2006/08/16(水) 00:20:05
 ひとつ忠告しといてやろうか?

 「人の大事な話がひとつ出た時には、胴体から下の会話をするな」。

479 :聡一郎:2006/08/16(水) 00:20:44
477>あ、御免…。

480 :大学院:2006/08/16(水) 00:23:18
それとも君はチンチンを「お不浄」にでもするつもりかな?
チンチンのおかげで君がいて、君もチンチンついてるんだろう。
釈迦もダルマもチンチンの御蔭様だぞ。君はだから底が抜けないんだな。


481 :大学院:2006/08/16(水) 00:24:54
君はチンチン以上の話で会話していればいいよね。
それが君の思考の限界だな。

482 :聡一郎:2006/08/16(水) 00:29:38
 好きな人がしろと言うならエンドレスでするっさ!!
 そりゃもうするっさ!!

 しかし往々にしてするなって言うのが普通だろうさ!!!

 vostellung〜♪

483 :大学院:2006/08/16(水) 00:44:46
>>451 間違えた誰に5人のなかで誰に学ぶならだと思った。

 僕なら、西川寧、井上有一、ひびの五法、桑田笹舟、あと帖学系で関西から
誰か、嫌いだけど三等か、連綿草ぐらいの

484 :462:2006/08/16(水) 01:28:36
>>466

それ、先駆的意義っぽいですね。作品としてじゃなく。

あと、御託を附加しないと意義を有しないような作品は発表しな
いで下さいね。
説明を必要とする作品ほどクダラナイものはない。
そのものが価値を有する。
そのもののみを提示して勝負出来るものをお願いします。




485 :大学院:2006/08/16(水) 02:03:57
あんたね、作家というのはむしろ、これが作品とされているという
状態に、作品というのはこういうものですと意識を転換させて
いくもんだ。
経済でいうなら、物々交換しか知らない人間に、兌換紙幣という
システムと意味を理解させずに導入できないでしょ。

>それ、先駆的意義っぽいですね。作品としてじゃなく。

なんて言ってる時点で知れてるんだよ、程度がさ。
むしろ作品とはどういうものかを考えて生きていけよ。
その一言で、下らん奴だと烙印押されるわな。

 あんたの言い方じゃ村上隆の作品見て、構成がどうだとか
表面性がどうだとかと言って、作品の価値を決めそうな勢いだよね。
 
 現代思想と作品との関係を考えていく上で、直感的な

>そのものが価値を有する。

 なんてありません。意味と価値と視点と対象との関わり方で
 その作品としての位置と価値が定まるですから。

 申し訳ありませんが、あなたは書道作家相手の批評家ぐらいがふさわしい段階です。

486 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/16(水) 02:26:09
このやりとり見てて思い出した。
昔金八先生がお涙ちょうだいの場面でこう言った。
「死ぬなんて言うな!君たちはそのままで十分価値があるんだ!」とね。
なぜ意味があると言わなかったのか?価値は見い出すものでしょ。って
当時の担任に聞いたら「難しいよねェ」だってw


487 :462:2006/08/16(水) 02:48:12
>>作品というのはこういうものですと意識を転換させていくもんだ。


作品に価値を見出す為に周りの環境や思考に説明的な働きかけをしな
いでくれと言っているだけですよ。

人の思考など結局は環境が創り上げる物。
今のあなたの思考や自信でさえ周りによって"創られた"不確かなものです。
おそらくこの先社会は物質社会から精神社会に変容していきます。
独善的な作家も増えていくでしょうね。

488 :聡一郎:2006/08/16(水) 10:38:12




            なんかね、冷めてる。

            僕もっとね、矮小でいじましくて
 
            好きな人とか考えながら描く。

489 :聡一郎:2006/08/16(水) 10:40:08
 うん、やっぱ、きみたち冷めてる。

490 :聡一郎:2006/08/16(水) 10:41:13

 知ってるかい?麻薬の教唆する周辺人が徘徊する街でもあるんだぜ。
この辺は。美術だって変わりは無いぜ。その辺は。
 

491 :聡一郎:2006/08/16(水) 10:42:46
 お前の先生、好きな人、代わりは無いぜその辺は。
 それでも好きかい?教わるかい?
 それでも好きかい?教わるかい?

 君の思いをそうやって

 踏みにじる奴等それでも好きかい?

492 :聡一郎:2006/08/16(水) 10:43:22
 と、いう問いがございました。




493 :聡一郎:2006/08/16(水) 10:44:44


           それは好きなので。

494 :聡一郎:2006/08/16(水) 10:46:10



     と、こう返します。

495 :大学院:2006/08/16(水) 11:35:06
>>487 言いたいことは理解します。
   説明だけの、見ていて感動の無いものは結構ということです。私も同意見です。
   しかし、芸術は人間の作り出した、人工的な文化です。現代という時代に
   これらの経緯を理解せず、単に鑑賞者自身が無批判に感動が得られえる
   のは、世間に出回っているキッチュと応用美術的なデザインだけです。
   そして、無批判に、その業界の支配的な思考で制作というものが規定されて  
   それによって律せられている人間の方向性を扇動するのに、単に「物質」
   だけで意識を転換することはできません。その「物質」の拠り所である
   意識そのものについて考えていく姿勢を身につけなくては「作品」とは
   ならないのです。「作品」そのものが人間の脳内妄想(主観と直感)と環境(文化歴史)
   に規定されています。

   新たな意識を提示する作家はどこまでいっても独善です。
   ただそこにどれだけの主観と客観の統合がなされていたかで
   その独善というものの質が変わります。
   あと作品として成立するとは、人をそれなりに感じさせる視覚性と同時に
   その視覚性を規律させる行動の根拠と理念が同時に備わっていること
   それが互いにある段階以上の質を保っていること。
   それが現段階における私の認識です。またそのための葛藤と行動と歩みが
   作家の業でしょう。

496 :聡一郎:2006/08/16(水) 11:39:37


     舐めるな。

497 :聡一郎:2006/08/16(水) 11:41:43
 
 

          
          私の努力を馬鹿にするな


498 :大学院:2006/08/16(水) 11:51:10
梅田聡一郎、議論に関係ないことは書き込むな。
ネットで君の出した言葉を検索すれば、君の制作に向けての姿勢、表現の対象としている場
そういうものがいやでも浮かび上がってくる。
 正直言うなら、画壇でやっていきたいなら、グタグタ考えるよりも
画壇で酒飲んでるほうが立場的には認めてもらえるんじゃない。
後それなりの、そのグループの価値基準に沿うように制作してさ。

499 :聡一郎:2006/08/16(水) 11:53:35
 藝術の人間的な解釈として広義に根ざしているのは単純な術義や、術式
の類の域を出ないものが殆ど。鉛筆という一本の芯材から何を表出させるを願望
として抱き、遠回りをするかは、人間の本能と感覚との相談となる事が第一になり、
一般的な学術を野生に溶かし込み、その目の通りをいかに潤滑円滑にするかという
行為からスタートする。

     それは他人から見ればあしざまに言い下せるものであろうと、

     本人は面目すら気にせず努力する。

     自分の護ろうとする誇りの対象からさえも愚と扱われようと。

     その事に対する躍如すら捨てて、strgllueの塊という状態に成る事
 
     を選択する。

 そして、君に相談を持ち掛けていない。

500 :聡一郎:2006/08/16(水) 11:56:19
 君に相談を持ち掛けていない。君より若干だが、私の方が秀でている。
客観視においては君の「学」が上回るであろうが、「主」として5年の罵倒
を慈しみに変えた私とでは格が違う。
 君は「鉛筆」というのは、と口にする。
 私は「描く」事から開始する。

501 :大学院:2006/08/16(水) 11:57:03
だから君の表現の対象とする場は○科会なんだろ。それでいいんじゃないの?
おれは「壇」がつくのは勘弁な。


502 :聡一郎:2006/08/16(水) 11:57:48



      それは私より秀でてから口にしろ。

503 :大学院:2006/08/16(水) 11:58:46
本当ですね。僕も早く梅田さんを追い越したいものです。ご忠告ありがとうございます。

504 :聡一郎:2006/08/16(水) 11:59:32

          

          私が場に上がる。

          場の為の一角として私がいる事は無い。

          時間とかは守るが。

505 :聡一郎:2006/08/16(水) 12:00:35



        この私に勝ったら、

        この私の小さい秘密に触れるを許そう。


506 :大学院:2006/08/16(水) 12:16:40
>5年の罵倒 を慈しみに変えた私

であるならば、今の態度は「慈しみ」でしょうか?「醜さ」すら漂わせる
思考のプロセスがそこにあります。


507 :聡一郎:2006/08/16(水) 12:58:10


 
         ミゼリコルディア。

508 :聡一郎:2006/08/16(水) 12:58:45


           「勝ったら」と言っておりますが。

509 :聡一郎:2006/08/16(水) 13:00:02


       「勝ったら」と言っておりますが。
       

    「勝ったら」と言っておりますが。


510 :聡一郎:2006/08/16(水) 13:01:02



           私は、醜いが。


          それってけなしてるつもりか?

511 :聡一郎:2006/08/16(水) 13:01:49



         勝ったら。な。

512 :聡一郎:2006/08/16(水) 13:06:54



      「佐藤一郎先生」の自画像は、ハンサムか?

       と聴くが。

513 :聡一郎:2006/08/16(水) 13:09:01



 あるnoemaの為に使う時もある。あらゆる学術によって、整える
時が存在する。それで喜んでくれる人が居る。
 美しいっていうのはそういう事を言ったりする。

   大体解ったけど、しまいにゃ否定して勝手な怒号上げるなら、
 最初からこっちにそういう事するな。 

514 :聡一郎:2006/08/16(水) 13:14:28

名前: 聡一郎
E-mail:
内容:



絵画5層用 油彩技術 (inhalt struktur 内に介在する技術)

クロワゾネ 色面仕切り disegno 素描 colore 色彩 chiaro scuro 明暗把握 gradetion 明暗冷暖彩階調把握 ebouche 薄描き全体把握 imprimatura 厚地下塗り impast  上層厚塗り alla prima プリマ描き(鼓舞) scumbling 上層平塗り veratula 流し平塗り (鼓舞)

realitat    技術介在による写実性と意味性の同時倍加 

この様な、沢山の教示をもちつつも、描き記すのは、事実のみである。


道具 (ウーヌス・ムンドゥース…自身と自身以外の媒質との、骨子に至るまでの心の繋がり。)  要は、心と道具の繋がりってやつさ!!!


筆(penisilius)0号〜

毛質(豚・プラスティック・馬の尻尾・人間の毛髪)

全然書き込めない


515 :大学院:2006/08/16(水) 13:49:37
横文字使えばインテリというわけじゃないよ。
あと、制作に関する大体の意識はわかったから、
写真アップしたら。画壇とかの展示見に行かないので、
一生僕の目に梅田君の作品映らないから。

516 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/16(水) 20:50:22
西川寧の書風を受け継ぎながら新たに自分の個性を出している書家といえば誰だと思う?

517 :大学院:2006/08/16(水) 21:10:09
梅田君、僕は人を貶すのが目的ではなく、更なる発展を目指すために
蹴落としているんです。
あなたに出された問いというのは、すべて僕自身が見出した問いであり、
同時に解決していこうとした問いです。
 他者からの意見を客観とし、これらを統合して確固たる自己を作り出した
時、次の表現に対してのステージに上がるのだと思います。
あなたは現代において絵画というメディアを背負う自覚がまだ足りない
と思います。自己の表現にのみ汲汲としているようにしか感じられません。
私は作家を意識しようとしている人に対して作家の視点で応えたのみです。
そこから客観的に得ることができないのであれば、これからも何かを得られる
ことは無いでしょう。

518 :大学院:2006/08/16(水) 21:22:13
>>484 「作品」にこめる概念から齟齬が生じましたが、
私における「作品」とは
1、視覚的、技術的にある一定のレベルにまで達していること。
2、制作における理念、意識、対象が確立しつつあるもの、しているもの
  そしてそれがある一定のレベルに達しているもの
この2つが備わっているものであり、そうでないものは「作品」現代の芸術的な思想
のもと「作品」として成立していないものとしています。
それ以外のものは「作品」として提示されてはいても成立ではないという
意識です。
 ですから
>御託を附加しないと意義を有しないような作品

 とか言ってる時点でそれは作品ではありませんし、そういうレベルや意識の
段階でこちらは生きていません。ただし、何を作品として受け取っていくのか
ということでは論陣を張られれば、それに応えていくだけの制作における自覚が
作家自身がもたなければ、表現として成立しない時代に突入しています。

 あなたは亀田商法でつられていろいろ出てこないようだから、ロジックと
姿勢転換で応えていきましょう。
 
 単語一つにこめている概念は、あまり程度の低い段階で扱わないでください。



519 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/16(水) 23:32:26
作品の定義はわかりました。


ではあなたの書の定義とはなんですか?

論戦を仕掛けたいのでなく、応えるべきとする作家として
立つあなたに、根本的問への持論を聞きたい。

520 :大学院:2006/08/17(木) 00:18:18
私の書の定義はできています。しかるべき時期としかるべき場所で
作品として提示していきたいと思っています。
そして、それはそんなに遠くないところにきていると感じています。
私自身もまた道を求めているのですが、それはわからない道を適当に
歩んでいる状態ではなく。既に見出された価値の完成度と理論としての
強度をあとどれだけ築いていけるかということだと考えています。


521 :大学院:2006/08/17(木) 00:25:48
>>519 あなたがしかるべき意識を持って書と関わり、書に変化を与えようと
    する人であって、なおかつその位置にある。
    そして個人的な空間で視覚的にも、(私の)書の定義づけ=私の作品
    を語ることができたら、どんなに良いかと思いますが、
    ここは、まだそれほどの場ではないように思います。
    ただ、今までの経緯で、ある程度の方向性が窺えるはずだと
    思います。

522 :総一郎:2006/08/17(木) 05:05:51


   それは、下のレベルだよ。

523 :総一郎:2006/08/17(木) 05:13:51


 たぶん僕の方がうまいっていうだけだ。それだけで何のほかの話もない。


 観れるのと出来るのは違うっていうこと。


 僕等競争って括りで守られてるんだよ。別段何かそういう蹴落としって
いう概念性は皆無なのさ。知らないだろうけど。
 僕等そういう括りでしかない。

 そういう、守りあうレベルが僕等なのさ。

 手前等は蹴落としあってると良いさ。

524 :総一郎:2006/08/17(木) 05:15:19
 そういう100の杞憂をもってして、好きな事物や仕事を、
暴虐から懸命に助けるのが僕等さ。

 何があろうと何に裏切られても。

 それを本当の(普通)というんだよ。

525 :総一郎:2006/08/17(木) 05:16:28


  只、私情も挟むさ。

  心も何かある出来事をずっと支えに生きてたりもするさ。

  それくらいの理由のある人間達だと、

  君らなんて相手になりゃしないのさ。

526 :大学院:2006/08/17(木) 08:19:03
表現に対して、大して意見持ってないんだったら、守りあいながら
絵描いてたら?そういう人間は僕にとってはどうでもいいから。
鑑賞品製作してたらいいんじゃないですか。

527 :大学院:2006/08/17(木) 19:03:21
梅田君キツク言い過ぎた?
でもね、それでは画壇の中堅くらいで終わってしまいそうな勢いだから。
絵画という独自性とメディアの意味を考えないと趣味の延長で御仕舞いに
なりそうだから。別に画壇としての位置と絵画の表面性を求めるんだったら
それで良いと思うよ。悪い意味じゃなくて、みんなそんなもんだと思うから。
あなたはあなたの表現でいいものを作ってください。
僕の生き方は賭けだけどね。


528 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/17(木) 19:05:13
ひとりよがりの無謀な賭け。期待値は低い。

529 :大学院:2006/08/17(木) 19:12:52
ご忠告ありがとうございます。ほかに何か言いたいことはありますか?

530 :大学院:2006/08/17(木) 19:14:34
あと、期待値が低くてもあるだけありがたいですね。とても優しいかただとお見受けしました。

531 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/17(木) 19:20:24
「期待」ではなくて「期待値」ね。思想にも明るいみたいだから分かってると思うけど。

532 :大学院:2006/08/17(木) 19:26:35
いや、ぜんぜんわかりません。あなたの言葉で説明いただけたら、
他所でパクッて使いますから教えてくだい。

あと、あなた思想にも明るいようだから、お尋ねしますけど、
芸術における現代思想とは何を意識することだと考えていますか?


533 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/17(木) 19:29:56
これけっこういいね
http://ja.wikipedia.org/upload/e/ec/Goseimon_by_takahito.jpg

534 :大学院:2006/08/17(木) 19:31:53
>>文の内容が良いのか、視覚的にいいのかどっちです?

535 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/17(木) 21:31:06
>>583
物凄くくせのある字を書く人だ

536 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/17(木) 21:42:05
時代にに即した表現や理論を書で具現することも、その成果物が
現在の書の価値観だけでは測れないものであっても、他分野の既
存の価値観を書に導入するといったレベルでなければ歓迎。
殊に他分野に疎い書道界はこうしたことで革新を語るが、醤油ラ
ーメンに豚骨スープを混ぜて醤油豚骨スープを作って「新しい」
と言うようなレベル。
実験的意義としては認めるが、あなたの仕事がこういう混ぜもの
でなく価値観の創造であることを願います。

混ぜ物の創造は、プロセスとして定義や方法論に制作を当てはめ
る場合が多い。
こうしたアプローチは書の本質を失う可能性が極めて高く、理論
や定義に制作を当てはめると言う行為自体がその原因。
書として定義の構築を図る上での価値観の転換とは従来の書の本
質を壊すことと同義ではない。

墨象作品の多くが書の核心をつけない現状も詰る所これだ。


537 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/17(木) 21:51:19
それは問題ないですね。明らかに書の問題と書の連続性の中で提示されていく
内容であることと考えています。ただ、その問題を定義し、表面化させるために
今までとは異なる表面を持つこととなります。
それを理解するのに、価値を共有していけるかが問題になります。
これから先ボクショウやっても何の意味も派生しません。ですから
違ったアプローチで展開されることになります。
あと、本来的な書の本質とは?を問う制作なんだと思いますけどね。
それを認めていける意識の転換が、前近代的思考しかもてない書道家に
受け入れられ、理解されるかは知りません。が

538 :訂正:2006/08/17(木) 21:53:54
その問題を定義し → その定義を問題とし

539 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/17(木) 22:00:08
あと、混ぜもの的、価値観の提示ではありませんので、大丈夫です。
また、単に他所でやってることの、表面をかすめて応用しているわけでも
ありません。それはその分野の芸術の拡張にはならないのですから。

540 :大学院:2006/08/17(木) 22:01:38
>>536 であなたはエロい(偉い)人なんですか。
 536はとてもいい事が書いてあります。

541 :大学院:2006/08/17(木) 22:06:44
>>538での「その定義」とは「書の独自性と本質についての概念」

542 :大学院:2006/08/17(木) 22:47:19
で、
536は書籍研究家か妻はガラ
 のどちらか?

 ほかに誰か外部から来てそうな人いるんですかね?

 多分ガラだ勘ぐってるんだけど、

 ガラにしても書籍にしても何してるんでしょうね。リアルの世界で。

あと、20人点の選考してた人なんなんだろうね。

 あと、文句言ってた書家のオッサンどこいったんだろうね。伊織を
 シタッパ扱いするのにね。


543 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/17(木) 23:14:45
で、あなた本はいつ出して下さるんですか?
楽しみにしてるのに。

544 :大学院:2006/08/17(木) 23:22:07
でも、でても文章あまりないアルヨ。
まだ、身動き取れない状態なんです。
であなたは誰だったんです?
作家、 学鯨飲、 学者 書道オタク コレクター 外人 



545 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/17(木) 23:28:37
536は519の520-521へのレスだと思うよ。
今までの言い回し見りゃわかる。



546 :大学院:2006/08/17(木) 23:41:25
本が出なかったときは僕が死んだ時ですから、書はこれから更に50年は遅れます。

547 :私はダリ。妻はガラ。:2006/08/18(金) 01:22:08
>>542
536は私ではありません。正直に言って私には536さんが何を言っておられるのか
よくわかりません。

548 :大学院:2006/08/18(金) 01:57:01
自己の芸術において、何を捨てて、何を捨てざるべきか?の思考の重要性。
その分野における本質的な理解をしないものが、単に他所の表面的な
ものに食いつき表現とする。そしてその単なる模倣はその分野の芸術に対して極度の
無知をさらしていることに過ぎない。という事。

これらは、歴史性に裏づけされた表現という一つのすじに自己を統合させる
ための避けえない重要な要素なんです。
それをわかり易く、一歩過てば、凧のひもが切れたようにバランスを崩し、
落下してしまうかもしれない若者に対して、アドバイス下さったんです。

自己の表現とは何かを求め、実験をし、挫折し、客観と主観を統合しようと
勤め、名利に目を向けず、しかも問い続ける意思を保ち生きなければ、
一つ一つの言葉に含まれる概念それを汲み取ることが出来ない。
無批判に流される安易な場の表現。単に流行にのったその場しのぎで脚光
をあびる表現。そんなことでは自己の表現は磨かれませんし、自分の生きている
時代でその物質は滅びます。

次の時代へ繋ぐための表現については、536の意識が重要なんです。
一つの言葉も、自分の環境と状態がその境涯に無ければ実感として、その重要性
が受け取れないのです。断定ではないですけど、やっとそのように感じてきました。

 一つの言葉を理解するには、自分がその言葉を受け取るにたる準備が
されていなくては、残らずに通りすぎてしまうのです。また、その真意が
汲めません。

ちょっと酔いましたか。(酒に

549 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/19(土) 13:22:57
読売の入選率が高い社中ってどこ?

550 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/19(土) 17:00:13
紳士淑女の方々 凶悪少年犯罪を許す裁判所に抗議しましょう。

足立区綾瀬の少年(当時18才、16才)は、夕方帰宅中の女子高生を誘拐し、
両親の住む自宅の2階に40日間監禁し、殺害した。監禁中に、女子高生の
陰毛を剃り 全裸で踊らされ、異物を性器や肛門に挿入した。手足にオイルを
塗りライターで点火し、女子高生が熱がるのを見て笑い転げた。
少年たちは殆ど6年以下の刑、監禁場所に同居していた両親は無罪であった。

事件について:「綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件」「LYNCH LAW」
「膣には小瓶2本が押しこまれ」「膣に火のついたマッチ」 のキーワイドで、
検索できます。


551 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 13:13:31
行草にお薦めな紙教えて下さい。

552 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 13:30:40
好み。
にじむの好き?渇筆多用派?摩擦程度は?etc・・・
探すのがまた楽しいじゃん。

553 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 14:11:32
にじみ少なく渇筆多用で。

554 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 18:24:57
二層紙、三層紙など、厚めの紙は?

555 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 18:57:38
中国製?

556 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 19:19:11
後世牌です。


557 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 20:10:17
にじむ紙だと何がお薦め?

558 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 05:11:50
羅文はどうでしょう?

559 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 06:16:33
今度探してみます。墨汁はどうでしょう?私は墨運堂の玄宗を使ってるんですが、他にお薦めありますか?

560 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 12:16:02
墨はとりあえず自分で磨ったほうがいいと思います。

561 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 13:09:01
玉品って墨使ってるけど、 もう少し黒い色でる墨はある?

562 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 13:39:34
>>560
みなさんそう言いますよね。
わたしは恥ずかしながら墨を擦ったことが
ほぼ皆無なんですが何がいいんでしょう?

563 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 14:03:41
墨液で済ませるくらいなのに墨に拘りたいの?
玄宗でいいんじゃない?

564 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 15:28:38
559さんとは別人です。
ただ墨に拘わる理由があるのかな?と思いまして・・・

565 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/24(木) 16:51:00
墨色がいい、筆の運びがいい、筆自体にいい、という感じです。

566 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 00:13:35
岡田契雪先生ってどんな先生ですか?

567 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 20:16:46
オワタひとでつ

568 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 21:22:16
死にかけの派閥のおっさんじゃねーの。
書は特に見たいともおもわんあ。

569 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/28(月) 22:30:51
プリンストン大学は嘗て比田井南谷先生が書の講演をし、書に対しての
概念を広めることをされたが、柿沼がいったら、書の評価が低次元のもの
になってしまうことだけが口惜しい。比田井南谷先生は前衛としての
意識も当時の一流に値する人だが、前衛を知らない柿(ry

570 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/28(月) 23:39:46
炊け田双○さんの字って書道やってる方々にはどう映ってるのでしょうか?素人目にはおもしろいと思いますが・・・。

571 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/28(月) 23:45:35
自意識過剰、目立ちたい!っていう字。

572 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/29(火) 01:09:36
>>570
炊けだ層運はマジでダメ。
てかあんなんがいいと思うのは書を知らない、で糸冬了。

573 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/29(火) 03:05:53
>>570
おもしろいか?知性も発想も貧困。我が校初等部(小五)が「コイツ終わってる!」だと。

574 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/29(火) 04:43:00
今、層運の弟さんが書道教室やってますよね。
ちょっと若すぎる気が・・・。

575 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/29(火) 12:16:26
若いから教室開いてはダメということはないが、若さ関係なくキビシイ
ところがかわいそう。

そして年を重ねてもおそらくセンスはあのままだろう(W
尚、かわいそう。


576 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/29(火) 19:25:58
しかし、逆に言えば彼ら以外の書家はあまりメディアには取り上げられない。
それはそれで問題だと思う。

577 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 01:00:12
彼は、抵抗だとか、反発とか、破壊とか以前に、元ができていないから、
全部空振りという感じで、否定的な批判の対象にあがるけど、
それで食べていってるんだから、そういう姿勢は偉いとおもうよ。
内容と存在自身には何の興味もわかないけれど。
未知の価値基準としての意識の提示とかそういう所での
仕事でも無いようだし。
でも、デザイナーにもピンからキリまでいるように、人間の生活や概念の
形としての提言をデザインをする人から、単に安くさいプロダクトデザイン
している人がいるんから、「書」は武田くんのような存在を容認してあげるだけの
豊かさは持っていてほしいよね。バリバリの日展派でも意識としての芸術的価値
が皆無に近い人でも日展作家の看板ぶら下げて作家気分に浸っている人も
存在するし、造形芸術としての洗練さを思考は停滞しながらも維持している
人も存在する。
 用はね、自己の信じる価値基準に適合しない人間は批判の対象になるよね。
その中でもレベルの上下はあるけれども。

 書はこれから多様性と多義性を持つことで、表現としての力を再生することに
なるよ。


578 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 01:01:05
ちなみに>>576 ではそれ以外の書家がメディアで取り上げる特別な意識をもってるかな?
         とも思っちゃうけどね。正直。取り上げる要素がないじゃん。
 
 伝統的な書家との対峙として あほっぽい言動と金髪に ロック聴きながら
 パフォーマンスとは?と問うこともなさげにパフォーマンスとしての意識って何?と言いたくなるような
 正月によくメディアが扱うような特大の筆で大きな紙を場所として動く、惰性の認識に
 満ちた作家とか。江戸期でもおんなじように達磨とか書いてたんじゃなかったかな?

 便所の落書きと変わらない、けど、なんとなく既存の書家と違うらしいという筆耕屋
 とか。

 それでも既存の概念からしか制作の基準が伺えない作家見てるよりは面白いよね。
 「まじめな仕事してるより亀田兄弟取り上げるほうが面白いし視聴率も
 取れるというような考え」の今のメディアの悪いところでもあるだろうけど。
 もちろんどの人間も、自分の信念の上では共に真理を追究し、そのための
 行為でやってるんだから。また、これらはより良い仕事になるための準備段階
 になるものかもしれない。

 ただ、日展作家にしろ筆耕屋にしても、自分の信じるべき信念と根拠をもって
 活動している人は敬意に値するところがあるし、一つの清さもある。
 それに自立している人はプロとして成立したということだし。
 何に対象をおいているかで評価というものは変わってくるし、
 他者のその基準でやってる作品を自己の評価基準に則した切り取り方でしか
 判断と批判はできないけどね。悲しいかな矮小な存在でしかない自分の
 認識と価値観を責めるしかないよね。


579 :訂正:2006/08/30(水) 01:03:45
「まじめな仕事してる人より亀田兄弟取り上げるほうが面白いし視聴率も
 取れるというような考え」の今のメディアの悪いところでもあるだろうけど。


580 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 01:21:23
悲しいかな矮小な存在でしかない自分の
 認識と価値観を責めるしかないよね。

これ僕自身に対しての言葉ね。

581 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 08:59:57
突然すみません。
お聞きしたいのですが
半紙と画仙紙の違いはどんなところにあるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。
ちなみにサイズ的なものは承知しているのですが、、、、

582 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 10:43:53
>>581
サイズ

583 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 15:28:05
紅星牌って裁断が雑じゃない?おもいっきり斜めになってんだけど

584 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 18:29:25
>>581
専門ではないので
あいまいですがもし違っていたら
誰か訂正お願いします。
画仙紙は三椏(みつまた)の植物繊維を使った和紙(とても薄くて丈夫)です。
普通の和紙に張り合わしている場合もある。
小口木版によく使うと思う

半紙は何だろう、楮(コウゾ)かな



585 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 18:40:35
半紙にも三椏はあるし、楮もあるし、雁紙もあるはず。
つまり、>>582がやっぱり政界だと思うわけで。

586 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 18:45:48
がせん‐し【画仙紙】グワ
(「画牋紙」「雅仙紙」とも書く) 中国安徽省原産の宣紙で、白色大判の書画用の紙の称。これを模して日本で製したものを「和画仙」と呼ぶ。

587 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 19:35:55
>>578
自分の認識と価値観じゃなくて存在そのものを責めたほうがいいかと

588 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 19:36:32
三椏は雁皮紙に使う?
知っている人教えてください

589 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 20:45:39
>>587 存在自身は意味と価値があるから責める必要は全くないですね。
    むしろあなたが気にしたほうがよろしいんじゃないですか。

590 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 21:29:32
>>589
あ、失礼、君の存在には意味も価値もない、のつもりだった

591 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 21:44:38
お答えいただいた皆様
ありがとうございました。

592 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 21:59:28
やっぱ書道やってる奴って気持ち悪いな。
>>578なんて2行読んで読む気なくす。
>>587>>589やりとりがキモいわ。
専門外だから井上有一とか棟方志功とかしか知らんが、
理屈こねずにいい作品って作れんのかねぇ書家さんは。

593 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 22:07:16
>>592
理屈ありきの書道です。
ごめんね。

594 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/30(水) 22:51:08
>>592にいい作品がわかるとも思えない。家でオナニーしてろ

595 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/31(木) 17:41:16
>>592
ここは2ちゃんだから仕方がねえ。

596 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/31(木) 19:14:11
現実はもっとひどい罠

597 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/31(木) 19:31:50
双○兄弟の安い感動に比べりゃ100倍マシだかな。

598 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/31(木) 21:19:54
「それでも既存の概念からしか制作の基準が伺えない作家見てるよりは面白いよね。」
も悪いメディアの意見としての例で挙げてたんや。
わいの意見のつもりや無いで。

ぼくもはやく自分でチンチンいじらなくてもいいレベルにまで登りたいよ。
神の一手に近づくためにさ。

599 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/01(金) 18:24:47
法性寺流は今もあるの?

600 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/03(日) 21:52:33
今テレビのBSで柿沼でてたけど、安っぽいアート論にいい加減むかついたし、
相手が柿沼の思考範囲では、茂木さんの能力が出し切れない。
質問されてもほとんど、そこでの認識があんまりないなくて否自覚的

601 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/05(火) 16:49:44
見てないんだけど『不信のとき』ってドラマで小泉孝太郎が書道家の役なんだって。
んで、劇中の個展を実際に渋谷でやってるそうで、
ttp://blog.goo.ne.jp/amewo1209/d/20060903
↑あたりで見られます。
韓流風ドラマ『東京湾景』と同じ「カリスマ書家」が指導してるそうで。
公式HP↓
ttp://www.fujitv.co.jp/fushin/special/main_02_03.html

書道指導とか劇中作代作とかって、一昔前と違って社中に話いかないのね。
ネットあたりで探してんのかな。
映画もドラマもバラエティも販促品も。

602 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/05(火) 19:24:12
「東京湾景」で学生アルバイトを大学や専門学校宛に募集をかけて、ひっかかったのが壊死魔。
掻き濡魔みたいなバッシングを怖れて、他には誰もやろうとしなかったらしい。

603 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/05(火) 21:54:12
>掻き濡魔みたいなバッシングを怖れて、他には誰もやろうとしなかったらしい


 それは全然違う。

604 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/05(火) 21:56:30
本人降臨か?w

605 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/05(火) 22:47:06
愛執なんて額、どこに掛けるんだ??

606 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/05(火) 22:52:07
おっす、おら悟空、これからの現代の書について、5000文字くらいの論を書いたから
希望の人は現金書留に500円いれて僕の家まで送ってください。

607 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/05(火) 22:54:21
>>601 ものすごくしょぼくてがっかりした。

608 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/06(水) 00:38:24
裏打ちすらしてないみたいだ。日展新人賞なのに。

609 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/06(水) 00:47:58
佐賀人なんだ。
江島って可愛いな。一番右だろ?
ttp://diary7.cgiboy.com/0/lusy_diamonds/2006,8/115648012523024.jpg


610 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/06(水) 01:14:04
いや、真ん中。

611 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/06(水) 02:26:55
ブッ・・・・・。

612 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/07(木) 14:49:21
東京学芸は本格派の出ないとこ?しょぼいのばっかしやな

613 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/08(金) 02:32:00
又又雲親子とシエ島は果てしなくヘタだよな。養護施設の文化祭かよ。書道家名のんなよ。あんな字書いて恥ずかしくねえのか?と問いつめたい。

614 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/08(金) 04:56:10
http://www.geocities.jp/choppeshouke/

615 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/08(金) 13:17:52
>>614
これはヒドい・・・

616 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/08(金) 19:07:15
東京学芸大の修士課程ってどうなってんの?
やってることが中学生相手の路上パフォーマーと区別がつかん。

書道で院を出た奴がこんな状態で本格的書道家を名乗るって・・
かなり危機的な状態だと思うのだがorz


617 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/08(金) 19:36:54
人によるんじゃない?
オーソドックスな作品は目も当てられない。
路上パフォーマーまがいの作品もセンスが無い。
今後、注目度と実力とのギャップに悩むだろうね。

618 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/08(金) 21:42:22
でも、こういう俗っぽさも含めて商業的に展開していけば、そこに一つの価値が生まれるじゃん。
そこに作家としての自覚と価値を置くのであれば、命は宿ることになる。
ぼくはこういう方向性は好きじゃないけどね。でもそれぞれのあり方にある価値は
認めていかなくてはいけないとおもう。
そこに書家の活路があるのだから。

619 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/08(金) 22:20:26
>そこに書家の活路がある
書道科大学院をでて目指す活路がこれじゃ純粋に悲しいよね。
自ら大衆価値を狂わせることが活路なら書道も終わりか。





620 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/08(金) 22:42:48
↑お前の思考は単純。けつの穴でも開発してろ。

621 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/08(金) 23:44:01
いや、お前は書道しとけ。おれは書を行うから。

622 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/08(金) 23:50:07
ネズミ講式公募展活動以外に書家が生きていく道となると、
個展?オイオイ非現実的すぎるだろうってことで、
まあ、ひとつの道ではあるのかもね。
メディアに出てるのが4、5人はいるし。

しかし、演奏家、画家役だとそれなりの作品が出てくるのに、
書家役だと酷いもんだね。
しかも大衆的には結構評判が良いと来てるし。
3人分を一人で書いてるんでしょ。ドラマ制作側に問題があると思うんだが。

学芸大的にはどうなんだ?>学芸大


623 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/08(金) 23:51:47
江島って大学院生なんだ、、、って、まさか?

624 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/09(土) 00:47:34
せめて書道家という肩書きだけはやめて欲しい。
挿絵イラストレーターが自分で画家ですといってるレベルじゃん。
案の定、大衆はマジで書道家を勘違いしてる。

625 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/09(土) 00:56:07
だからいってるでしょ、その女は自覚的に作家としての認識も思考も
理論もできてないから、問題であって。
でもそういう生き方が選択の一つにあっても悪くないよということさ。
まず勘違いも何も、書とはどのような芸術かあんた規定できてるの?
それに対しての表現出ることが自覚的にできてるわけ。
作家として、他者と何が違って、自己が表現者としているのか規定
できてるわけ?
単にさ、伝統的なマンネリズム展開しながら、書家がどうとかナメたこと
いってると、それこそ、芸術を勘違いしてる書道家の誕生だわな。
ま〜書道家は書道家らしくやってれば安泰かWW

626 :訂正印:2006/09/09(土) 00:58:24
他者と何が違って、自己を表現者としているのか規定
できてるわけ?


627 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/09(土) 01:44:19
書とは何か?≠書道家とは何か?
絵画とは何か?≠画家とは何か?

今は書道家の大衆イメージの話題。
画家とは何か?の問いに絵画論を持ち出して複雑に語る必要は
ないでしょ?
大学院さんは何故いつも書や表現への自論を語りたがるのか OTZ

628 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/09(土) 02:09:42
三筆三蹟の書もいいけど
大燈国師の書も好きだな

629 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/09(土) 03:45:32
絵画とは何かを考えない画家は画家ではないし、これらは不離不則の関係。
書道家を名乗るなという意見に対し、では書家と書道家をどのように
分け、何をそこで提示する役割を担うのか意識してから言ってるのってきいてるの。
で、玄人を自認する人間意識する「書道家」と大衆の認識する「書道家」
ってなにかなって。玄人自認してるやつらも十分大衆でしょ。
すでに社会で動きを出してるのがそれぞれの視点からみた書の在り方であって
なに、書とはこういうもので、書道家はこういうものであるべきという
規定をしているの?で、そこにおいての思考があるなら言ってみたらといっただけ。

 ちなみに僕は大学院さんじゃありません。とおりすがりのパクヨンハです。

630 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/09(土) 03:50:11
大学院さんはもうこんなとこ来ないんじゃないですか。

631 :私はダリ。妻はガラ。:2006/09/11(月) 00:11:22
>>608
日展新人賞ではなくって、日展大賞って書いてありませんか?
それも、ひどくへたくそな賞状。
「これは詐欺だ!」って本気で怒るべきなのか、「ぷっ。馬鹿かこいつら」
って冷笑すればいいのかちょっと悩みます。


632 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/11(月) 13:29:56
江島も武田も意気込みはわからないでもない。だがあの貧乏臭さはどうにかならんのか?持って生まれたものなら致命傷だな。

633 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/11(月) 14:16:50
>>631
確認しました。
そうですね、私の誤りです。

何が詐欺なのかまったくわかりませんが、ご指摘ありがとうございますた。

634 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/11(月) 14:59:22
>>631
実際の日展には新人賞も大賞もないにょ。
ドラマの中の設定なら、なにも日展の名前を使う必要ないのに。

大賞とったら月謝を上げて、とか無駄にディテールが凝ってる
わりには、”日展大賞”とか…笑えるわぁw

635 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/11(月) 18:09:32
作品の話は別として、このドラマ、フィクションだし。

こっちに行けば↓
【米倉】速報・小泉首相に孫誕生【孝太郎】
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/tvd/1157642469/l50


636 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/11(月) 21:08:13 ?2BP(0)
>>581
画仙紙は産地によって、青檀/藁/楮/竹/桑/三椏/雁皮のどれかだお
半紙は大きさだから主原料は上記とかぶるお
>>583
中国の品質管理は大雑把だお

637 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/12(火) 23:05:27
世界史板のフラッシュすれから転載です。書道関連でこういうの見たことなかったんで結構楽しめました。長いけど。

248 名前: 世界@名無史さん [sage] 投稿日: 2006/09/11(月) 00:33:55 0
ttp://up.viploader.net/src/viploader45012.swf

vipろだめぐりしてたら見つけました。一応書にかんしてのフラッシュっぽいですが、このスレの趣旨に合ってるかはわかりません、、、、


638 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/13(水) 00:21:22
>>632 君の言うことは正しいと思う。

   

639 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/13(水) 00:36:26
なぜ日本人女性は韓国男性に憧れるのだろうか。
まず韓国人男性は紳士的な振る舞いをします。
そして女性を大切に扱います そして情熱的です。
このような韓国人男性の振る舞いに日本人女性はコロリと落ちるのです。
日本人のような幼児的な男性にあきあきしてる裏返しの行動でしょう。
韓国人男性に憧れる日本女性は週末になるとソウルを訪れるそうです。
ソウルで運命的な出会いを期待しての訪韓です
ソウルでは毎週末にお見合いパーテーが開かれています
日本女性と韓国男性のお見合いパーテーです
日本女性の参加者が圧倒的に多く韓国男性を集めるのに苦労するそうです。
日本女性は婚前交渉に積極的だと聞きました。 韓国では婚前交渉はタブーです。
お見合いパーテーで知り合い、その日のうちに関係を持つカップルが多いと聞きます。
「日本人女性は優秀な遺伝子を求めて韓国で股を開く」と韓国のWEBサイトで話題になっていました。
韓国では不道徳なものは、東から来ると言われています。
韓国は日本から多くの不道徳を持ち込まれています。
すべて事実だ。 日本の女は淫乱で男はまったく魅力がないインポ。
かわいそうな劣等民族

640 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/13(水) 03:53:28
>>632
肥大した顔面は確実に致命傷。

641 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/13(水) 17:11:45
>>637
ワロタ、うまく作ってあるね。

642 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/18(月) 11:41:52
そろそろ日展の締切?

643 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/18(月) 12:06:48
そろそろ日展の終焉?

644 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/18(月) 20:57:54
今年は誰が特選とりそう?

645 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/19(火) 13:13:16
本山葵

646 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/19(火) 23:11:27
学生とか入る人いますかね?

647 :私はダリ。妻はガラ。:2006/09/20(水) 00:19:18
>>644
審査員の顔ぶれから予想してみましょう。
漢字・・・OK,HS,SM,SK,HK
仮名・・・YK,ON,OK
調和体・・TS
篆刻・・・SR
会派別では、謙慎3、元長興2、凌雲1、一東1、臨地1、創玄1、水穂1
どうでしょうか?


648 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 07:45:29
謙慎が多いのはなぜ?

649 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 12:25:12
金がたくさん動くから。

650 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 12:51:39
すみません。日本習字は入らないんですか?

651 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 12:55:56
絶対、そしてこれから先も 絶対 日展の審査員には 入りません。
あれは少し宗教がかってるし、内容もやっぱり習字。

652 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 14:15:37
そういうお金って現金でばっと渡すのかなぁ 何か想像がつかないんだけど

653 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 14:47:53
金…言おうとしたら先に言われた。字は好きなんだけどそういうやり方が嫌いだ

654 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 15:10:05
>>652 菓子折りと一緒に袋に入れてわたす

655 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 16:10:32
学生でもそんなことする人いるのか…

656 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 17:18:55
学生でも数万は渡すだろ。
関西なら特に。

657 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 17:46:34
今年は学生で目立って上手いやついるかな?前は佐川先生の息子さんが入ってたから今回は井上先生の親戚か…?

658 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 17:49:15
師匠にだしてみないかって言われないとだせないものなの?なかなか自分から言いにくいけど

659 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 18:02:22
親戚の前に先生自身が特選とらないと…今年はどうだろうか?

660 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 18:13:06
そこでいつもお前が低レベルな話しを出すから、レスが止るんだよ、ボケ。

661 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 18:39:04
日展に限らずだけど楷書の作品が少ない

662 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 18:55:23
なぜ、楷書の作品が少ないんでしょう?
楷書って作品になりますか?
できたとしてもごまかしの効かない世界ですよね。

663 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/20(水) 20:43:22
楷書は難しい

664 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/21(木) 02:43:15
本当に実力のある作家の作品には楷書のレベルも高いことがうかがえる。
かなであれ、調和体であれ、たとえ前衛であっても見える。
むしろ楷書を得意と自称するヤツの方がヘタ。


665 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/21(木) 03:06:28
>>664
例えば誰?

666 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/22(金) 01:17:44
今井領雪

667 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/22(金) 06:58:37
あの字のよさがよくわからない

668 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/22(金) 15:04:50
楷書で売ってるのか?
四山摩崖の集字と赤羽風楷書くらいしか浮かばないけど。
楷書より篆書のイメージが強いけど。
楷書と言えば、松本、谷村、上条、西川、稲垣、柳田などが思い浮かぶ。

樽元とかは?

669 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/22(金) 16:19:56
あの楽毅論はきれいだと思う

670 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/22(金) 16:27:32
tarumotoの北魏はいけてないと思う。あー六朝風だなっていうくらいでしかない。

671 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/22(金) 17:07:57
ほとんど三行書きしかないから同じに見える。

672 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/23(土) 11:36:16
「書」を書く愉しみ
武田 双雲 (著)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4334032842/sr=1-3/qid=1158978434/ref=sr_1_3/503-3754759-3747159?ie=UTF8&s=books

レビュー、バロスwwwwwwwwwww.
>書道家という肩書きは「つけた者勝ち」なんですね。


673 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/23(土) 17:50:13
>>672 あんたが書いたんじゃないの。

674 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/23(土) 17:55:56
えっ、どうしてばれました ?

675 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/26(火) 04:16:37
河東石悟堂の書があるのですが価値ありますか。
碧梧桐と同じ人ですか。

676 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/26(火) 16:36:23
又又雲の字を見ると吐き気をもよおします。

ウンコだからですか?

677 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/26(火) 23:04:51
ウンコと思っているものに、係わり合いを持ってしまっている時点で
あなたもまたウンコなんです。

君子ウンコに近寄らず。

678 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/27(水) 07:37:48
書き方が書いてある石鼓文の本ってある?

679 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/27(水) 16:35:56
http://www.chinasyohou.com/Article_Show.asp?ArticleID=13

680 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/28(木) 00:53:47
世尊寺家はあれだけの書の家なのに
どうして養子をとって存続させなかったんだろう?

681 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/28(木) 16:44:37
>>678
http://www.nigensha.co.jp/shodo/bk_info.html?2005&INF=647
二玄社の書道技法講座に石鼓文があります。
しかし、在庫切れです。
古本で時折出ていると思います。

682 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/29(金) 19:16:01
>>676
又又雲故とウンコを比べるなんてウンコに失礼だ!

683 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/29(金) 20:08:50
ありがとうございます。探してみます

684 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/30(土) 14:59:52
もう日展の作品締切になった?

685 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/02(月) 17:26:54
書家の劉蒼居さん死去
http://www.asahi.com/obituaries/update/1001/003.html

686 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/02(月) 19:51:58
>>685
まじか・・・最近亡くなる先生多いな。。

687 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/02(月) 20:40:14
今年は書道界が変わる年なのかも

688 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/02(月) 20:50:24
金子たかよし
村上さんとう
劉そうきょ

次は誰だろう。スター不在の書道界になりそうだな。


689 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/02(月) 20:56:03
三十年後あたりは誰が有名になってると思う?

690 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/02(月) 21:13:18
三十年後あたりは誰が死んでる?の方がいいんじゃないの。
誰も有名になんかなりゃしないよ。
誰にも相手にされないオタク集団にはなってそうだけど。

691 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/02(月) 21:23:43
高木聖雨はどう?活躍するんじゃない

692 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/02(月) 22:11:54
してもしれてるんじゃないの。

693 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/02(月) 22:29:29
書道の優れた字の画像が数多く掲載されているページはないでしょうか?
絵画のページとかは探したりするけど
書道のページなんてどう探せばいいのかわからない
教えてください。

小学校の時に習字を習ってたけど
今はもう下手になってる。また練習したい。

694 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/02(月) 22:35:48
書道界も終わりか…

695 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/03(火) 01:46:44
劉 蒼居先生はすごいよ。
大学時代の友達が玄心会で
話を聞くと墨の色から紙や何から何までこだわってたらしいし
その技法もすごかった。
それに比べて僕の会は大御所なのに・・・。
しかも友達の書いてる姿や競書誌でさえ見ても圧倒された。
僕も会派のしがらみが無かったら玄心に行きたかったくらい。
去年の日展の作品(芸術院賞)なんて
他の作品がかすむくらい存在感が違ってた。
話によると一部では劉先生の時代が来るとまで言われてたらしい。
まだ若くてやっと軌道に乗ってきてたのに。

木村知石先生→劉蒼居先生→・・・

次は誰だ?

696 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/03(火) 01:54:37
来る訳ねーじゃん。馬鹿じゃないの?

>僕も会派のしがらみが無かったら玄心に行きたかったくらい。

こんな人間にはろくな奴がおらへん。そうきょと共に市ね


697 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/03(火) 13:24:33
書家は酒飲みが多いから10年後にはみんな肝臓癌で死んでる

698 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/03(火) 15:15:59
煙草も多い。

699 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/03(火) 15:25:59
あと中国で女買ったりするからエイズという線も捨て切れない。


700 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/03(火) 17:01:06
道具に対するこだわり、か。
筆洗わない人でしょ。


「畳に墨をこぼしたら、牛乳を垂らすと良いよ。」

畳が牛乳臭くなりそうだけど。

701 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/03(火) 18:23:51
↑何が言いたいのかいまいちわからないので、もう少し頭の中を
整理してから書き込みお願いします。

702 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/03(火) 20:09:26
今年の大臣賞は漢字からか?

703 :私はダリ。妻はガラ。:2006/10/04(水) 00:46:18
>>702
素直に、篆刻のS氏ではないでしょうか。
対抗馬は、漢字のY氏。
大穴は、調和体のO氏、仮名のK氏。

704 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/04(水) 13:11:29
劉蒼居(りゅうそうきょ)先生が9月30日にお亡くなりになりました。
御歳まだ六十六。
これから必ずや日本の書壇を背負って立たれるはずの大才でありました。
長年のご厚誼を深謝し、 謹んでご冥福をお祈りいたします。

杭迫柏樹謹悼


705 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/04(水) 14:37:50
なんでここで食い瀬古先生の名前がでてくるの。
葬儀で挨拶したん?

706 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/04(水) 21:17:47
杭迫のサイトのコピペだろ。
何でこんなのコピペする必要があるんだ。
わざわざ書き込んだ目的がわからない。
704マジきもい。


707 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/05(木) 12:48:01
又又雲の低脳キモ日記よりマシだがな。

708 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/05(木) 22:57:32
そうきょ先生亡くなったんだ。ご冥福をお祈りいたします。
知石先生とはまた違った大字が好きだったんだけどな。

709 :大学院:2006/10/06(金) 18:10:25
皆さん元気にしてますか?
皆様の御蔭で僕のほうは調子いいです。
順調に制作が進んでいます。
また楽しく書芸術の方向性を話して行きましょう。
皆様の制作も順調に進んでいくことをお祈りしています。
では。


710 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/08(日) 23:31:33
で、本はいったいどうなったのですか。楽しみにしてるんだが。

711 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 00:09:11
>710
もうこんな2ch依存者に釣られるなよ。
懲りないやつだな。

712 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/09(月) 22:32:29
>>710 もう少し先になりそうですが、期待しておいてください。
本出すよりは、難易度の高いミッションに取り組んでました。
それは成果を出せましたし、従来よりも10年早く私の仕事を進
めることが出来ます。
>>711 もう2チャンで、あなたとも話せそうにありませんが、
あなたはあなたの筋道で頑張ってください。さよなら。

713 :名無し:2006/10/11(水) 09:45:56
武田双雲の公式ブログが面白いことになってる。
字が下手だ〜って散々投稿されてる。
本人も、短い日記でちょっと反論めいたこと書いてたり…。



714 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 10:36:39
↑あんたがしてんじゃないの?

なんという無碍なことを。


715 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/11(水) 18:07:38
わかる。
わかるよ。
あんなのが書だっていう狂った観念が浸透してしまうことへの歯痒。

でも、あぁいう批判繰り返してると書の間違えたイメージが定着するより
早く、(真面目に)書道をやってるやつって堅苦しくて陰険だなというイメ
ージがつくわな。

716 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 14:10:49
ありゃダメだってのはデフォなので、双漏ネタでは濡れない。

717 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 14:20:16
じゃぁ、僕が濡らしてやろうか。
たぶん濡れると思う。
というかおしっこ出るな。

718 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 19:29:53
書道とかまったく知らない通りすがりの者だが、

ここの人は自分の作品をうpったりしないの?

719 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 19:44:08
かつてはコテの人が作品をアップしていた。


720 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/12(木) 19:49:11
書道を語りましょう4 

721 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 13:26:08
>>717
早く作品うpしてくれ。膀胱パンパンにして待ってるから

722 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/13(金) 16:54:51
リアルの世界で待てなよ。代えのパンツ用意して。

723 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/15(日) 20:04:05
今東京駅で交通文化展やってるけど見た人いる?

724 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 22:56:11
こういうのもいいですね。
なんだか新鮮です。
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/shumi/etc/sho/joryu/kobayashi/works007.html

725 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 23:00:30
何が新鮮で、何がいいのか?説明して

726 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/16(月) 23:43:02
上の人も、亀田…ぁ、武田兄弟もメディアが取り上げる人の線は何故に一丹木綿
のように鋭角的でヒラヒラ踊り狂っているのだろうか?


そして大衆はそれを美しいという。


その感覚がマジでわからないんだけどorz
直筆の美意識は現代人にはないのか?

727 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/17(火) 00:52:32
>>726
時代に乗り遅れてる自分を恥じてみたら?

728 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/17(火) 02:59:37
どんなもんじゃぁ〜い!

729 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/17(火) 16:01:59
>>727 おまえはな。

730 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/17(火) 18:12:01
www.imperialhotel.co.jp/cgi-bin/imperial_hp/index.cgi?ac1=JTE&ac2=&ac3=4048&Page=hpd_view
新鮮だなあ、僕は君と居るときが一番新鮮なんだ。ふたりを〜♪
コラボだよ、夢のコラボ祭りだよ。

やぱーり帝国ホテルは上品で洗練されてまつね♪

731 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/17(火) 21:09:05
もうこういうの古いのにね。馬鹿かと思う。

732 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/17(火) 22:28:35
TOTOが特別協賛なだけに、便所の。。。

733 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/17(火) 22:31:58
取り扱うものは うんこ ですか。

734 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/18(水) 09:17:20
武田あたりのレベルで大衆云々はない。将来的にも断じてない。
ごく一部の世間知らずが釣られてるだけな。
大衆はそんなに馬鹿ではない。
彼らがメディアで悪あがきすればするほど評価は下がる。哀れなだけ。

735 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/20(金) 16:32:04
>>724
題材とは裏腹に、朽ちた枯れ枝が散乱している不潔で邪悪な線と構図。
不潔な線と構図で邪悪な言葉を書けば合格だがな。

コイツや双雲の書いたものをデザインという言葉で擁護するバカがいるが、
デザインを愚弄するな!と言いたい。
コイツらにデザイン的センスはまったく無い。
どうしてこんなにダサいのか、何を見て、何を食って、
どんな経験をしてきたらこんなブザマなものが書けるのか、
とことん問いつめたくなるほど無い。

736 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/20(金) 17:41:16
負け犬の遠吠え

737 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/20(金) 19:48:04
書は芸術なんだから、芸大くらい出てないとね。
ttp://homepage2.nifty.com/tohgutakumi/profile.html

738 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/20(金) 19:49:52
本人降臨?

739 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/20(金) 23:56:37
>>736
誰が勝ってんの?
彼への言葉を嫉妬と捉える意味が理解できない。



740 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/21(土) 00:39:04
>>737 科目等履修生で東京芸大生名乗られたら、東京芸大にとって迷惑。
   こいつ馬鹿じゃないの。さすがに学芸は馬鹿しか排出できない
   大学なわけだな。書で芸大はありえない。

741 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/21(土) 00:42:52
作品もグダグダ、思想もなし、視点も駄目。東京藝術大学に進学の箇所ではワロタ。

742 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/21(土) 18:05:21
自分で晒したわけでもないだろうに。
いい大人が学生を罵るのはやめようよ。

生徒間には個人サイト開設の空気があるんだろうね。
それより学芸自体はどんなところを目指して生徒を教えているんだろう。


743 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/22(日) 08:03:34
こいつ学生じゃないじゃん。このレベルなら本人が自ら晒す可能性は大いにあるよ。

744 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/22(日) 17:56:41
おまえにこいつ扱いされたくないだとよ。

745 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/22(日) 18:13:41
あっそ。

746 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/22(日) 22:20:33
本人きたー

747 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/23(月) 00:46:46
聴講生なんぞはそこらのオッサン、おばはんでも行けるわな。
目つぶっても進学できわな。W

748 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/23(月) 19:24:56
ホムペ持ってると仕事の依頼とかあるんだろうな。
Gも映画とCDのタイトル書いてるし。ホムペ見て来た依頼かどうかは知らんが。

ホムペ作って、書べなびに登録しておいて、晒されたもなにもなかろう。
多くの人に見て貰えるだけでもいいだろう。
罵られないようなものを作ればいいのだ。

749 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/23(月) 21:07:29
言ってる事がダサいから、多分、ホムペ作ってもダサいと思う。

750 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/23(月) 21:10:51
駄目な奴は何しても駄目というのが芸術の世界。
器を変えても内容無いやつはどの容器で攻めても一緒。
残酷なようだけど本当のことだよ。

751 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/23(月) 23:14:10
学芸大の学生は論文書ければいいんだよ アイーンだよ
学芸大の先生は学位があればいいんだよ アイーンだよ

752 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/23(月) 23:37:48
学芸の学生がこれ書いてたら笑えるな。

753 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/23(月) 23:57:33
オレはそれよりもあれだけ社会性を欠いた人間性を晒てきた大学院が
実名で本を出した後どんな顔でここに戻って来るのかの方が興味深い。W


754 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 00:57:24
751だが、学芸の学生ではないのであしからず。
ちなみにオレは論文も書けねぇえええええ。凄いぞ学芸大。


755 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 00:59:49
学芸のレベルで論文だったら、チラシの裏でも論文だな。
学芸の学位なんてイラネ。


756 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 01:01:17
>>753 多分、院はあんた相手にしないだろ。あんたは粘着してそうだけどな。

757 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 01:04:35
>>737の文章見てもいかにくだらん教育受けてたかが滲み出てる。個人見て全体見たらかわいそうだけど。W

758 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 01:06:29
>>753 あと俺には院よりもあんたの方が社会性欠いてるようにしか見えない。あのひとすごいと思うよ。

759 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 02:18:49
自演乙

760 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 06:27:15
この前ある国立大学の書道学科(?)の修士論文読んだんだけど、
参考文献が半分くらい新書でビビッた。

前衛系の書道の論文読むの初めてだったんだけど、
書道の世界って修士であんなレベルが普通なの?
マラルメ使ってます、でも原典読んでない、っておいおい、みたいな。

761 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 09:50:43
前衛系って学術論文自体が少ねぇからなぁ。

762 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 12:01:21
あのひとマジやばい。

763 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 12:03:24
サポート出来る教授もいない。
どこか対応出来る大学あるかな。現状だと書跡研究、書論研究、文字学みたいなものしかカバー出来ないよね。

764 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 12:18:27
>国立大学の書道学科(?)の修士論文読んだんだけど

 なぜそんな機会もてるの?

765 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 12:40:12
なぜそんなに書の新しい風を拒むんですか?



766 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 12:50:28
新しい風と単なる低レベルな流行とは全然違うものだよね。

767 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 12:50:48
書道やってる人って自分より他人の動きばかりに目を光らせてる人って多いですよね。
自分は周りばかり気にして他人は隙あらば叩くって感じ。
将来も書道続けたいと思ってるけどここのスレの住人見てると悲しいです。

768 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 12:56:46
そんなことはないでしょう。賞賛されるにたる人物があまりに少ないだけでしょう。

769 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 13:39:31
>>768
久々にワロタ。上級の釣り師ですね。

770 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 13:48:05
>>767

禿同

771 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 14:02:03
笑っているほうが実は笑われる対象にあたる人間であると本人が気づくにはあと20年はかかるな。そのときはもう死んでる?かな。

772 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 15:36:47
黙れ!大東文化

773 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 15:45:02
見えない人にはとことん見えないんだねぇ。
無知と妄想は恐ろしい。
>>772 君に黙れと命令調で語られるほど、大東も堕ちてないだろうに。??
大東も学芸も痛々しそうだけれども。とくにここ最近の学芸の痛さは
視界の前をウロチョロされたらうっとおしいものになってるけどね。
武田といい勝負するだろ。
大東はお習字の純粋培養ってとこか。日展戦士ってとこかいな。

774 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 15:56:43
ここにいる方々が賞賛する書道家はどういう方なんですか?

775 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 16:10:48
それ聞くとスレ止まるよ。

776 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 16:10:57
人にもの聞くときは、先ず自分のことから言え、

777 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 16:12:20
ほら(W いつもこのループ

778 :通りすがり:2006/10/24(火) 16:19:20
↑君は書道が趣味なひとスレに在住しといた方がいいんじゃなくて。

779 :通りすがり:2006/10/24(火) 16:24:24
おいらはこいつを賞賛する

ttp://upjo.com/up/html/up113808.html

780 :777:2006/10/24(火) 16:32:19
>>778
なんで?

781 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 16:46:28
レスポンスがくだらないからだろ。

782 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 16:49:38
図星でしょ。
このループから有意義に展開したことはない。

783 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 17:02:58
資格の無いやつには何も与えられないし、目の前に現れることもないからだね。

784 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 17:19:35
資格ね。
おまえ大学院だろ。
自分のレベルについてこれる奴だけに敬意をはらうっていう持論
前にも振り翳してたもんな。

785 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 17:34:25
自分と相手とが同じレベルに応じたときだけ価値のある答えが来ると言ってました。あとは無駄にしかならないって。

786 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 18:04:03
レベルねぇ・・・・

787 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 18:20:40
orz 
“欠落”したまま育ってきたんだね。

本人か信者か知らないけどその価値観のまま生きてたら恥ずかしいよ。


788 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 20:09:11
凡人の常識は非凡人の非常識 ということわざがアフリカのベナン共和国にあります。

789 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 21:13:51
>>787 敗者の理論っぽいね。

790 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/24(火) 23:52:41
激しく視野が狭い

791 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/25(水) 01:16:37
書や書道を観賞するのが好きな人って品が無いんですね。

792 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/25(水) 11:24:29
称賛する対象が少ないからネタ見つけてきては盛り上がってるみたい。

793 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/25(水) 12:21:22
いや、書く字そのものも品がないのが多い。

794 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/25(水) 14:12:31
名や作品を証せ。といえば黙るだけの連中が、名と作品もあかしてる人を上からの目線で叩いている矛盾。
随分なレベルに達した方々ですね・・。


芸能板もスポーツ板も似たようなことやってますし、2CHってこういう人達には絶好のコミュニティーですね★

795 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/25(水) 14:49:56
お前が相手にされてないだけだろw

796 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/25(水) 15:24:19
>795
人をけなすことしか知らないのね…

797 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/25(水) 15:26:56
くだらない返しだから相手にされないんだろ〜な。もう社会から隠居しろ。


798 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/25(水) 15:37:08


799 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/25(水) 16:04:01
前にも書かれてたけどこんなことしてて本気で実名で出版物だすつもり?

800 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/25(水) 16:18:45
おらそんなこと知らね。
武田にもこんな作品で本気で出版物だすんですかと言うてやれ。

801 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/25(水) 16:35:02
これだけ常駐してて知らないって。

わかりやす過ぎ OTZ

802 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/25(水) 18:36:10
>>800
急に関西キャラに化けちゃったNe (*≧∇≦*)

803 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/25(水) 18:53:23
キモイ餓鬼

804 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/26(木) 10:16:49
ちょっと聞いた裏情報
趣味書道と言うと採用しない会社増える。
ほんと品が無い、頭めちゃ悪い、仕事とろい、他人のあら捜し悪口、
性格の悪さ際立つ。
このスレでも分かるな、これは

805 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/26(木) 12:05:31
>>804は世間知らずで視野が狭いため、
浅はかな妄想を思いつきで書いてしまいました。
そうやってここでけなされた自分を慰めているのです。

でも、嘘つきは泥棒のはじまりですよ。w


806 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/26(木) 13:32:18
過剰反応醜いorz

807 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/26(木) 15:07:51
>>806 アンカーもろくに付けられない805と、今までレスしてきた人間との
違いもわからないのに、何が
>過剰反応醜いorz  だって。プッW

そして違いや差がわからない鈍感、低能は もう社会から隠居しろ。
サルが書いても、書家が書いても大して違いもわからんだろうて。
味噌も糞も一緒。
味噌も糞も一緒。

>嘘つきは泥棒のはじまりですよ。w

なんて締めくくり方、ものすごくダサいじゃん。

808 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/26(木) 17:58:20
小学生じゃないんだからこんなことでむきなるなって・・・。

全て自分へのレスだと思い込む自意識過剰は醜いorz


809 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/26(木) 19:03:22
一生ピントずれとけばW

810 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/26(木) 21:30:49
>>808 ほんとだね。君の言う通りだ。改善していけるように努めるよ。
    

811 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/26(木) 22:09:49
日展特選の発表でたみたい

812 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/26(木) 23:08:12
キモ…

813 :私はダリ。妻はガラ。:2006/10/26(木) 23:45:19
>>643 で日展特選を予想した「私はダリ。妻はガラ」です。
10人中2名しか的中いたしませんでした。深くお詫び申し上げます。
会派別の振り分けでは、「創玄1⇒墨滴1」以外の9人は的中いたしまし
たが、これは「例年の傾向さえ理解していれば7割方当たる」と言われれ
ば、反論の仕様も御座いません。
それにしても、毎日系は弱いと改めて感じます。
しかし、読売系は類型だらけ。類型は作家として認められる資格があるの
でしょうか。



814 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/26(木) 23:56:26
習字なんだから類型でいいんじゃね。

815 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/27(金) 00:15:21
特選とった人はものすごく喜んでるんだろうな。

816 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/27(金) 16:46:55
でも毎年ウンコ投げられるような人たちって話だけど。

817 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/27(金) 18:11:32
今年はどうなんだろう…作品見てどこの会ってわかってしまうのはどうなのか疑問。

818 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/27(金) 18:45:29
ttp://www.sankei.co.jp/news/061027/sha014.htm
今年の文化功労者は高倉健。そ
ういえばチャン・イーモウ監督作品に出てた。評判よかったし。

ちなみに題字は↓
ttp://kokokashik.exblog.jp/530192/
大陸版題字は↓八一電影制片廠の軍事書法家が書いたそうです(?)
ttp://ent.sina.com.cn/m/c/2005-08-10/1007805823.html

819 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/27(金) 19:16:57
武田より断然良いよな。
北の零年や春の雪は武田が絡んでるだけで観る気が失せた。
関係者の見識を疑う。武田と絡むとイメージダウンだろ。

820 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/27(金) 20:29:41
↑武田よりお前の字のほうがやばい場合はどうしたらいいんでしょうか?
案外、批判一流で、作品3流の人もいるじゃない。

821 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/27(金) 23:41:05
>>818
このスレ的には高木聖鶴を挙げるべきかと

822 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/28(土) 14:30:57
>>820
見る目あるだけまだマシなんじゃね?
武田双雲は自身を見る目も他人を見る目もねえから自慢げに晒してるわけで。

823 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/28(土) 15:06:48
それはなかなか含蓄のある意見であります。でも見る目があると
制作にも活きてくるんだけどね。

824 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/28(土) 22:50:15
眼高手低という言葉もありますな。

825 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/30(月) 17:21:41
会派別の詳細きぼん
ttp://www.nitten.or.jp/38th-nitten/38-tokusen.htm

826 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/30(月) 17:37:18
墨はとろ〜りとろ〜りとすれ、すぐにめばねばした液体へと変化していった
さすがご老公
なに、まさか筆まで下ろす気か!

827 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/30(月) 17:43:57
文化庁の和田画伯に対して並みの受賞理由だにょ。


828 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/31(火) 14:00:31
取り消せば、取り消し理由も同じだろな

829 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/31(火) 15:12:08
書家は師匠の手本写しても盗作にはならないからな。

830 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/31(火) 15:35:51
日展特選や文化功労者レベルで師匠の手本うつしている人なんているんですか?

831 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/31(火) 15:46:27
写して無くても殆ど変わらんやつもおるからわからん。


832 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/31(火) 19:39:41
ttp://l-c.hp.infoseek.co.jp/mirror/092910.jpg

もうすこし政治家もがんがれよ

833 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/31(火) 21:27:27
小池青皚はそろそろ特選とれるのではないだろうか。 誰が次とれるでしょうか?

834 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/31(火) 21:34:26
金が1000万貯まった奴だろ。

835 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/31(火) 21:39:11
1000万じゃ足りまへん

836 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/31(火) 21:50:02
無価値なものに価値を見出す人間の
未熟さゆえの陋俗さ、
死に逝けば、残るものは何も無し。
自己のオナニー丸出しの
誰の為ともなるでなし。
学者の主張、無価値な論文
社会で活きることもなし、
作家の特選、学者の学歴
意味を成さずは、晒しただけのアクセサリー
自己の虚栄に酔いしれて
残るは、煩いただ一つ。
哀れむものは、自己陶酔と虚栄心
朽ちて残るは灰ただそれだけか。

837 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/31(火) 22:06:35
1000万以上どうしてかかるの?

838 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/31(火) 22:08:11
それはね、税金のかからないお金が動くらしいから。

839 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/31(火) 22:45:51
お礼金といってもそんな額にはならないのでは?

840 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/31(火) 23:04:50
↑取ればわかるんじゃないの。

841 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/01(水) 01:30:13
お礼の前に挨拶回りと作品購入。
但し1000万以上使っても入選さえもらえないヤツはもらえない。

842 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/01(水) 01:59:59
挨拶回りに作品購入!?大変だわ。

843 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/01(水) 02:31:56
それでもダメなヤツはダメだかな。
逆に全く何もしてないのに入れたヤツも稀にいる。

844 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/01(水) 07:18:32
特選の作品って売ったらいくらくらいになるの?今回の受賞者ではどうなる?

845 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/01(水) 10:42:30
需要と供給。時価。

846 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/01(水) 11:00:08
10万でも売れるかどうかだろ。たぶん売れないし、いらない。

847 :煢独:2006/11/01(水) 13:39:25
これからは、字だけ書いてる人たちが拠り所とする、日展というシステム
「まるで作家として成立しているかのようにおもわせる錯覚の環境」を
排除し、お稽古事からの排出者、無学、無思想のままでも作家として
認められているかのような幻想から、自己の無能を自覚させていく運動を
起していかなければなりません。
芸術思想における落伍者達を篩い落とし、質の向上を図るものとする。

848 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/01(水) 17:07:17
↑精神病者はよそに逝け

849 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/01(水) 17:43:07
>>847
それでどうやって食べていくの?

850 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/01(水) 18:02:52
どうして、それで食っていけないと考えてるの?

851 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/01(水) 21:11:08
無思想でも無問題。思想など反吐が出るわ。

852 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/01(水) 22:17:30
書塾のせんせ 乙!

853 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/01(水) 22:21:01
<訃報>白川静さん96歳=漢字研究の第一人者、中国文学者
漢字の成り立ちを明らかにした辞書「字統」などを著した漢字研究の
第一人者で中国文学者の白川静(しらかわ・しずか)立命館大名誉
教授が、先月30日午前3時45分、内臓疾患のため亡くなってい
たことが分かった


854 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/01(水) 23:16:03
Tシャツや皿なんかに字書いてセコい商売してるくせに芸術家気取りなヤシも逝ってよし。

855 ::2006/11/01(水) 23:27:05
じゃぁ、芸術家って何?
芸術って何か知ってる?

856 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/02(木) 00:34:51
超人技、超能力

857 :私はダリ。妻はガラ。:2006/11/02(木) 00:45:45
>>847
賛成です。早速>>833の小池さんですが、浅見先生ご存命中は浅見先生のソックリ
さんだったのに、今は・・・・
>>851
無思想は立派な思想です。と森田さんが言ってました。

858 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/02(木) 02:28:04
無思想は立派な思想と意識化してることが思想だろうがよ。
言葉面だけとって、そこでの精神理解してない奴は池沼。

859 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/02(木) 12:34:45
匿名だからといって、やたらに野蛮な言葉を書き捨てている方がよっぽど情けない。
落ち着いてからしっかり人としての表現で書き込んでみては?

860 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/02(木) 16:55:08
そういうのは修養や道徳の時間で言ってたら。
そういうのいらないから学校教育からも外されてるんだけどね。
堀江も現代の学校教育の賜物だよ。よくもわるくも。

861 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/02(木) 17:41:36
そうじゃなくて…ここでのポイントは匿名だからこそ気分が大きくなっている事実。

862 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/02(木) 17:41:40
なんでも学校教育のせいにするなよ。
他に何の取柄もない書道の先生がかわいそうじゃないか。

863 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/02(木) 17:44:29
匿名でしか何も言えない内弁慶の集まりです。

864 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/02(木) 17:47:04
そうじゃなくて…ここでのポイントは

「匿名だからといってやたらに野蛮な言葉を書き捨てている」

と勝手に設定している件がアボン。ABON


865 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/02(木) 17:48:50
>>862
>なんでも学校教育のせいにするなよ。
>他に何の取柄もない書道の先生がかわいそうじゃないか。


全然、前後の文脈の意味が通っていない。ABON

866 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/04(土) 13:10:06
>>861>>863
コイツあほ?2ちゃんに何求めてるんだ?それなら2ちゃん全てと戦えよ。

867 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/04(土) 15:45:15
中学で毛筆「必修逃れ」、通常の国語に…大阪・枚方
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061104i205.htm?from=rss

868 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/04(土) 18:01:12
こんなので必修のがれとか言ってたら...

869 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/04(土) 23:09:48
書写はやってない学校けっこう多いしなぁ…

それにしても、今年は日展レポひとつもないの?
誰か行った奴レポ投下汁

870 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/05(日) 00:30:54
>>866
戦うって・・藁
未成年的発想。 

871 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/05(日) 01:01:36
>>863
同じ穴の狢

872 : ◆RAIDEN/jf2 :2006/11/05(日) 01:24:41
家の近所に、税金を使って造った公園があります。

抹茶を飲みながら、庭園を見られるようになっています。
枯山水の庭の真横に、水を湛えた池があります。
それって、どう思いますか?


873 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/05(日) 21:45:40
日展行きました。創玄いじめ、ますます苛烈。そろそろ、日展脱退の相談が始まっている。
脱退しちゃえばいいのに。違う道をいくのも賢い選択だと思うんだけれどなあ。

874 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/05(日) 22:54:18
日展は関西系と謙慎系が強いらしいけど、それだった らこの二つの展覧会にすればいいのに。

875 :私はダリ。妻はガラ。:2006/11/06(月) 00:53:23
では、日展レポを。
文部科学大臣賞・・・単調・凡庸、何にも増して、華邨のソックリさん。
          談合だといわれても仕方ない。
          関正人の方が遥かに優れている。
会員賞・・・・・・・妥当な選考。でも左下の横画を右上がりにして、画面構成は
          それでいいのだろうかと思った。
特選・・伊藤氏・・・久しぶりの広津雲仙氏のソックリさん。完成度は高いとは思うが
    大澤氏・・・常務理事の会派だからとしか言いようがないほど、ソックリさん。
    中路氏・・・同上
    日賀野氏・・上手いけれど、同上。
    山本氏・・・大臣賞と名札を代えてもわかりません。
    舟尾氏・・・師匠の一番いいところを採っていない。一先会が独立していなければ
          どうだったか?
    佐々木氏・・特選の中では一番。村上氏の「師匠の真似するな」の指導の
          おかげで、他の方ほどソックリではない。
    堂本氏・・・確かに師匠とは少し違うが、あの平たい線は好きになれない。
    井上氏・・・よく出来た作品だけれど、所詮青山氏の二番煎じ。
    河西氏・・・余白(朱?)が効いた、なかなかの意欲作。しかしソックリさんには
          違いない。
その他・・岡田直樹氏、大友青凌氏、永守蒼穹氏・・・こちらの方が特選にふさわしい。
     中田飛泉氏・・・師匠が横西氏から成瀬氏に変わって、作風が一変しました。
             村井紅城氏二世と呼ばせていただきます。
そういうわけで、日展は優れた作家の顕彰ではなく、談合組織であると言っておきましょう。
でも、小林斗庵氏のような、あっと驚く作品があって、救われました。やっぱり作品で感動させて
欲しいです。    


876 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/06(月) 20:00:00
同上っていう言い方イイ

877 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/07(火) 16:46:40
2ちゃんが盛り上がらないのは、痛い人たちが淘汰されてきたせいだと思う。
痛い人たちはどこに行ってしまったのだろう。

878 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/07(火) 18:37:46
どうしたら楷書がうまくなれるのでしょうか?

879 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/07(火) 20:08:11
練習するとうまくなるらしいよ。

880 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/07(火) 21:52:22
ふーん、知らんかった

881 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/08(水) 00:28:44
日展に創玄なんていらないんじゃね。

882 :hirobumi:2006/11/08(水) 13:34:15
すみません。
書いたんですがどれぐらいのレベルか知りたいので評価して下さい。

http://www.uploda.org/uporg574273.jpg.html

883 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/08(水) 21:52:39
受信パスが無いとみれねーだろうが

884 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/08(水) 21:55:39
コメントに パス カリマス と書いてるけど、エラーになるな

885 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/09(木) 11:39:26
日展に書なんていらないんじゃね。

886 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/09(木) 16:06:24
伝統工芸的世界として残っててもいいんじゃね?
そういうのが好きなジサマバサマがいるのも事実だし。

887 :hirobumi:2006/11/10(金) 10:46:03
すみません。ぱすはsageです。よろしくお願いします。

888 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/10(金) 17:23:59
もう消えてるよ。

889 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/10(金) 17:59:06
選りすぐりの書道展は50年に一度位でいいんじゃね


890 :hirobumi:2006/11/10(金) 19:19:19
orz

http://www.imgup.org/iup284907.jpg

891 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/10(金) 19:42:30
年寄りが書いたような書だな。

892 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/10(金) 20:47:21
投稿名が全てを物語っているわけだが、その行動の意図が読めない。

893 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/10(金) 22:18:15
素人臭いし、細くて蚊の飛んだような連綿も意味無く多用、更に作品構成として効いてない。

骨董屋に出ても誰も買ってくれそうに無い。

                    以上。

894 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/10(金) 23:08:04
いや、価格を低くすればヤフオクで入札くらいあるでしょう。

895 :893:2006/11/11(土) 11:52:14
伊藤博文の書といえば3000円くらいつくか。
春畝は伊藤の号
どっちにしろいらんな。手にしてる時点でアウトなんだよな
こういうレベルのものはさ。

896 :hirobumi:2006/11/11(土) 14:11:12
すみません。実家に有った物ですが、ずばり贋作なのでしょうか?
伊藤博文は書の名人であり本物であれば美術名鑑によれば〇百万円はするようです。

一番知りたいのは詩の意味です。草書のために何と書いてあるのか読めませんので是非教えてください。
何度もすみません。http://new1314.freespace.jp/log/up/log/1083.jpg

897 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/11(土) 16:03:19
最初の導入がウザかったので俺は放置しておく。じゃーな

898 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/11(土) 18:36:03
確かに>>882の書き込みはいただけないな。


899 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/11(土) 21:36:26
一々道萬古〇昭盟〇秋〇
他〇〇〇〇来消穏憂






900 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/11(土) 23:52:30
一心通萬古。兩眼照千秋。造化無窮意。看來消隱憂。
爲野凥(居?)君 春畝閑人

最初からきちんと正直にたずねた方がいいとも思いますが、
今まで見る限りここは読める人も少ないと思います。


901 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 00:41:46
普通に野尻君の尻の誤字だろ、

902 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 01:25:22
あ、ご教示ありがとう。ではついでに書き下して下さると
ありがたい。

903 :hirobumi:2006/11/12(日) 09:37:34
>>899-902

>>899>>900さすがです。有難う御座いました。
なんだか昔の字が多いようで、読むのにも苦労しそうです。

904 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 09:45:05
一心はマンコに通じ、両眼は千秋を照らす。
造化は意を窮すること無く、看来は淫憂を消する。

905 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 09:48:50
造化は意に窮すること無く、

906 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 12:12:42
今ひとつ読み切れてないような気がしますが。

907 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 12:29:03
意味が解ればいいんだよ。細かいことグチャグチャいってるのは
学者の病気。淋病と一緒。

908 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 18:06:21
いや、意味が解ってればそういう読み方はしないと思う。

909 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 21:05:55
中国語わかってたらこういう読みでいいと思う。馬鹿はむり

910 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 21:07:59
>>904-907
何かと性関係の言葉と結び付けたがるのは2ちゃんねらーの病気。
中学生と一緒。

911 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 21:43:07
淋病 そのいうこころは 「痛い奴」

                  おそまつでした。

912 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 21:56:00
性関係の言葉はさておき、お得意とみえる中国語でも読めていない。残念。
>>911
センスもない。

913 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 22:00:13
↑大東にでも入ってから文句言えよな。脳が壊死してんだよ。

914 :hirobumi:2006/11/12(日) 22:28:57
皆様いろいろと有難うございました。
字が読めただけでも良かったです。スレ汚しいたしました。

915 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 23:04:32
一心万古ニ通ジ。両眼千秋ヲ照ラス。
造化無窮ノ意。看來隠憂ヲ消ス。

昂然と、しかも透徹した精神を保とうとした明治の元勲の
雅懐を推し量ることができるじゃないですか。
用語は漢和辞典ならすべて載っています。まずは煩瑣を厭
わず調べてみるのもよいことです。尻の中に丸を書くのも、
誤字ではなく古い例があります。由来あるものなのであれば
もうこんなところに晒さないで大切に取っておかれたほうが
好いかもしれませんね。

916 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 23:12:18
しょうもな。この程度でよく偉そうなこと言ってるね。W
最初から尻と読めよ。

917 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 23:13:47
読めてましたがな。

918 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/12(日) 23:22:01
死め !!!

919 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/16(木) 12:01:13
DVD見た。「寝ずの番」。
題字が緒形拳だった。
緒形拳の書がひところ話題になったけど、まだ結構発表してた。
みつをとかそううんとかよりは一般受けすると思うんだけど、
鶴太郎の二番煎じみたいに見られるのかなあ。
ttp://homepage3.nifty.com/ogata-ken/framepage-top.html
ttp://nezunoban.cocolog-nifty.com/main/

920 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/17(金) 03:25:24
拳みつを鶴太郎の作品には人間味を感じる。
そううんの作品には頭の悪さしか感じない。


921 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/17(金) 20:40:37
おいおい、
鶴太郎は中川一政の二番煎じだろw

922 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/17(金) 22:22:13
そろそろ次スレのタイトルを考えていきましょう。


唯書〜書道について語りましょう3〜一絶耳
唯書一絶〜書道を語りましょう4〜無以論列
唯書一絶〜書道を語りましょう5〜竟無心折
書匠豈輕〜書道を語りましょう6〜約定俗成

         ↓

○○○○〜書道を語りましょう7〜○○○○

どぞ。

923 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/18(土) 00:38:56
大東の学生部全国展上位3位に入ったら胸はっていいですか?

924 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/18(土) 01:37:14
ばかばかしい

925 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/19(日) 12:26:48
なんでタケダみたいなのがはしゃぐかは、NHKやマスコミの文化部
がカスばっかだからだが、書界に然るべき人物が一人もいないから
でもあるな。人が居ればあんなのが出されることはないだろう。
書壇は>>875 こんな有様だし、書が趣味の奴て頭悪い、にぶい
とろいのばっかと言われる。まぁこれは履歴書に書かない、面接
でも言わなきゃ分からないことだけど。
書道界の現状、これはやっぱり書聖みたいな人が一人出ないと
正せないだろう。それが出そうな気配も無いけどね。

926 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/19(日) 21:48:47
たとえば書以外の分野でいうと誰?

927 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/20(月) 15:30:35
娘嫁入〜書道を語りましょう7〜感無量

928 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/20(月) 18:46:41
>>925 俺に出てこいといってるのかとおもた。

929 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/21(火) 07:09:39
単宣と綿連の違いってなんですか?

書き味はどのように違うのでしょうか…


930 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/21(火) 15:49:42
>>929
http://www.fukumoto-sangyo.co.jp/shop/canvas/gasennsi_size.htm

931 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/21(火) 18:51:43
心有疏密〜書道を語りましょう7〜手有巧拙

932 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/21(火) 19:44:09
ちょっとサブタイ、軽いんじゃない。
心と手ということなんだけど。

書家の精神性の支柱となるような言葉がいいな。



933 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/21(火) 20:29:16
たとえば?

934 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/24(金) 19:23:11
今日交拾萬〜書道を語りましょう7〜将来収百萬

935 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/27(月) 12:41:50
書之大局〜書道を語りましょう7〜以氣爲主

936 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/27(月) 16:06:58
>>931
趙壱
>>934
書壇
>>935
包世臣
>>927
おめでとう

937 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/29(水) 13:05:44
尾崎邑鵬や日比野光鳳ってどのくらいすごい?

938 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/30(木) 00:37:44

>>935でいいんじゃない?

939 :大学院:2006/11/30(木) 14:49:04
>>536 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/17(木) 21:42:05
時代にに即した表現や理論を書で具現することも、その成果物が
現在の書の価値観だけでは測れないものであっても、他分野の既
存の価値観を書に導入するといったレベルでなければ歓迎。
殊に他分野に疎い書道界はこうしたことで革新を語るが、醤油ラ
ーメンに豚骨スープを混ぜて醤油豚骨スープを作って「新しい」
と言うようなレベル。
実験的意義としては認めるが、あなたの仕事がこういう混ぜもの
でなく価値観の創造であることを願います。

混ぜ物の創造は、プロセスとして定義や方法論に制作を当てはめ
る場合が多い。
こうしたアプローチは書の本質を失う可能性が極めて高く、理論
や定義に制作を当てはめると言う行為自体がその原因。
書として定義の構築を図る上での価値観の転換とは従来の書の本
質を壊すことと同義ではない。

墨象作品の多くが書の核心をつけない現状も詰る所これだ。



 是はいいこと書いてるね。相手が誰であるのか知りたくなるような、興味を
 そそられるね。誰?何してる?教えてくれたら僕の顔写真アップします。

940 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/30(木) 20:32:08
倭書大綱〜書道を語りましょう7〜以派爲主 (以閥爲主、以黨爲主)


941 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/01(金) 11:23:57
>>939
誰も価値観を転換するとか本質を壊すなんてことは考えないだろ。
従来のそれに、なにか新しく付け加えることはないかと思ってんだよ。
それは、ただ抽象画みたいなのを墨筆紙でやりましたてなことではないよ
てことだね。
然し、そんなことできる奴は今誰も居ない。書画でそれはもうできないこと
かもしれないと思い始めてる現状なんだよ。

942 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/01(金) 11:54:03
だからあんたは頭打ちということなんでしょ。

943 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/01(金) 12:14:25
おすすめの書道具屋さんを教えて

944 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/02(土) 12:32:16
生協

945 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/02(土) 20:52:38
ダイソー

946 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/02(土) 23:11:30
品川区→江戸川区が通勤エリアなのですが、このあたりで良い
楷書の教室はありませんでしょうか。来年の年賀状を手書きで
書きたいなと思い。(来年=今年の年末ではない)

947 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/03(日) 22:21:38
楷書の教室・・・公文だね。

948 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/07(木) 06:22:18
中国史上初、5本の筆を同時に使う書家―福建省福州市

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=1751

…orz


949 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/09(土) 17:24:10
書芸臨〜書道を語りましょう7〜必先作氣

950 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/11(月) 19:54:52
10票に達したサブタイで決定にしましょ


娘嫁入〜書道を語りましょう7〜感無量       0票
心有疏密〜書道を語りましょう7〜手有巧拙     0票
今日交拾萬〜書道を語りましょう7〜将来収百萬   0票
書之大局〜書道を語りましょう7〜以氣爲主     1票
倭書大綱〜書道を語りましょう7〜以派爲主     0票
倭書大綱〜書道を語りましょう7〜以閥爲主     0票
倭書大綱〜書道を語りましょう7〜以黨爲主     0票
書芸臨〜書道を語りましょう7〜必先作氣      1票

951 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/12(火) 00:40:42
その、ショウンリン、って一体なんだ??

952 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/12(火) 14:41:53
歳の瀬も押し迫ったところ恐縮ですが、村の水神様の幟についてお尋ねします。
幟に書かれている文字が判読できません。
読める方、或いはだいたいその箇所にはこういう文言が入るとかアドバイスくださる方
よろしくお願いします。

http://kjm.kir.jp/pc/?p=26201.jpg
http://kjm.kir.jp/pc/?p=26202.jpg

上の方のは『大綿津見命』 下の左側は『原田社中』までは判りました。
下の右側は何と書かれているか判りますでしょうか?

953 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/12(火) 15:10:08
原田持中じゃないの?
 信 ○ 涒(トン) 灘 原田持中

あとはその地域に関係ある単語、地名などから推測したら。
ぱっと見てわかるのはこれぐらい。2文字目も調べたら解りそうだけど
メンドイ。

954 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/12(火) 15:20:52
神気宿筆〜書道を語りましょう7〜以志踏道 サブタイ「介然用之而成道」   

955 :952:2006/12/12(火) 19:01:50
>>953 さん ありがとうございます
確かに私の記述ミスで『原田持中』でした
原田は水神様の下流地域の旧名だということも判り、たぶんそこの人々が寄進
したのだろうと推測は付いていたのですが・・・
で、『涒灘』は素晴らしいご解答でほんとうにありがとうございます!!
ぐぐったら涒灘は昔の十二支で申のことだとありました!
その上の二文字もきっと年号に関係しているだろうと方向性が見えてきました
十干で壬のことを玄黓「ゲンヨク」(ヘンが黒ツクリは代←の右半分)というらしいのですが
玄にニンベンを付けることはあるのでしょうか?
それとこの幟の字を書いた方は悪筆の部類に入るでしょうか?
余計なことまでお聞きして恐縮ですが、忌憚のないご意見をお願いします。m(_ _)m

956 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/12(火) 21:03:38
人偏に玄ぽくっも見えて軽く調べたけど、その範囲ではみつからなかった。
家に大漢和置いてあるけど、これ以上は有料だな。頑張って探してみたら。
むしろ玄っぽいけどそんな字あるか知らんから信とした。
悪筆かどうかというと、上手の字ではないと思うけど、書家とかじゃなくて
神職とか坊さんとか、そういった素人に近い人の字だね。村民の人が書いたんじゃないですか。
でもこういう類のものは書家が書いたら俗っぽくなることもあるから


957 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/12(火) 21:11:30
人偏に玄という文字があるなら、それであってるはず。

958 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/12(火) 21:15:59
中秋と書くとき、仲秋としても問題ないということはあるけどな。


959 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/12(火) 21:21:05
黒へんにホコづくりに書いて「ヨク」だとしても
下になんか付いてて、「ヨク」として解読するには気持ち悪いね。「言」というパーツが
下に付いてそうないきおい。

960 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/12(火) 21:22:27
で、これ調べてどうすんの?

961 :952:2006/12/12(火) 23:17:59
953さんのおかげで、十干十二支の昔の歳名に似たものが出てきました。

ゲンヨク・トンタン で、壬申(みずのえさる・ジンシン)がそれに一番近いかと思われます。
60年周期ですんでそのうちのどの壬申か、必死に探したいと思います。
拓本データベースに出てきたりもしますので中国だかの紀年法とかに該当するんだと思います。
当時学のある方が書かれたんだろう・・というような推理に結び付いていきます。
玄に人偏付けたり、ヨクに言付けたりは、その人のアレンジじゃないかと(^^
地域の『地史』とでもいうものを編纂してる親父が困ってたんで助け舟・・という経緯でした。
貴重なスレをお借りし、本当にありがとうございました。
余談ですが、神社・仏閣スレでいっこうに進展が無く思い余って・・・でした(^^;

962 :953:2006/12/13(水) 00:15:57
良かったね。謎が解けて。
それもあなたが頑張ったからですね。

963 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 08:41:55
>ヨクに言付けたりは
言は付いてなく黒の下の火じゃないかなあ・・・

964 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 15:04:24
康熙字典においてさえ皇帝の名を忌避して「玄」の最後の点を省いた字体
(闕画)があるようなので、常用漢字・当用漢字、JISコードのみならず活字
さえ無かった時代なら、書き人の意のままに画数を変えてしまうことなど
普通にあったのかも知れないな。  闕画(欠画)ならぬ増画?加画?
ま、資料として参考とはなるものだと思う。

965 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 22:15:41
一日5〜6時間週五日を2〜3ヶ月字が綺麗になるために使いたいと思います。
それで書くと並行して、もしくは先に本を読んで知識を勉強したいと思って
いるのですが、お勧めの本ありますか?広島県福山市に住んでるんですが、
お勧めの先生(教え上手、生徒に実績のある人)があれば教えてください。

966 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 22:59:40
>>963 れっかの部分はあったと思ったけど、更に下になんか付いてるように
解読できたけどなぁ。もうどうでもいいんだけれど。

967 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/16(土) 20:51:55
世界一受けたい授業で、また武田双雲やってるね。

968 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/17(日) 01:05:00
暇なのかねぇ〜

969 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/17(日) 02:18:52
>>965
中田勇次郎先生の『中国書論大系 』(全18巻) は読みましょう。
道具についても少なくとも『文房清玩』(全5巻)は読んでおくべきでしょう。
本屋には無いかもしれませんが、ネットでは入手できます。

あとは、先生に付くよりも二玄社の法帖から好きな一冊を選んでどんどん臨書した方が
上達します。

970 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/17(日) 18:38:02
>>965
別に字が綺麗になりたいだけなら書論大系も文房関連の本もいらないでしょ

ネットでペン習字なんかがいいんじゃない

971 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/18(月) 04:35:09
>>965
あー、毛筆?それとも硬筆?
毛筆やってもあまり硬筆は上達しなかったりする。

972 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/18(月) 20:33:00
みなさんありがとうございます。
時間は、毛筆半分、硬筆半分にしようと思っています。
それで最初の二日を知識ためるだけの日に当てようと思って、今日で一日目
なんですが、本を(NHKの書道入門みたいなのと、まっすぐな線がかけれ
ば字はうまくなる)硬筆の基本も毛筆にあるように思いました。それに毛筆
で書けるとかっこいいし。
来年の1月31日締め切りでふれあい書道展というものがあるのでそれに出
そうかなと考えています。
今日本屋に行ってDVD付きで解説している入門本があったのですが、僕的
には、書くイメージが具体的になりそうだからいいかな?と思ったのですが
どうでしょうか?そんなにお金がないので、後からでもいいものは図書館で
注文しようと思っています。

973 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/18(月) 20:42:12
↑頑張って勉強してください。
そして国立の書道学科へ

書道で大学いけるなんて夢のようです。
ただ、卒業後も夢のあとみたいらしいですが。

974 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/22(金) 14:26:38
>>972
実際に書いている動きを見るのはすごく勉強になる。
でも、その人の影響を受けやすいし、変な人も多いからねえ。
だから、なるべくいろいろ見て、選択して勉強するのがいいと思う。
それから、映像教材は高いので図書館にあれば、それを見るとよい。

975 :965:2006/12/25(月) 11:58:47
>>972
ありがとうございます。早速図書館でNHKの書道に親しむのビデオを見て、
勉強中です。
質問なんですが初心者のころに気をつけるポイントなどありますか?
僕は、手首を楽にして動かさないようにして出来るだけ肘で書くよう意識して
るのですが、どうなんでしょうか?僕の感覚だと手首を動かすと、線がぶれち
ゃう気がします。

976 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/25(月) 16:58:20
↑頑張って勉強してください。
そして国立の書道学科へ


977 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/25(月) 17:19:28
あそこは国分寺。
国立からだとかなり歩く。

978 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/25(月) 20:18:54
http://www.youtube.com/watch?v=hbiCUWtohAY

979 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/25(月) 22:43:20
傅山でお薦めの本教えて下さい。

980 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/26(火) 22:04:31
>>979
霜紅龕集

981 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/26(火) 23:24:40
>>979
セブンソード

982 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/27(水) 11:43:52
1 不在
2a 東京学芸大学 奈良教育大学 
2b 筑波大学
3 大東文化大学 福岡教育大学 
4 京都教育大学 新潟大学 
5 大阪教育大学  岩手大学
6 花園大学 
7 仏教大学 四国大学
8 京都橘大学 尚絅大学 二松学舎大学


983 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/27(水) 11:46:01
国立大の書道科出たやつの会話するスレ
http://academy4.2ch.net/gallery/#16

984 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/27(水) 11:47:57
国立大の書道科出たやつの会話するスレ

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1094635739/l50

985 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/28(木) 08:24:39
昔、大東文化で書道やってる友達と読売?書展を観に行ったんですが
「これは○○の弟子だな」とか「○○先生のところの○○さんのだ」
とか作品見ながら作者当てゲームみたいな半独り言…。
本人は楽しそうだったんですが、私にそんなこと言われても…。

しかも、偉い教授さんについていた(?)みたいで、会場でもちょっと
得意げな感じなんです。
書道の世界ではすごいんだと思うんですけどね。
素人の私からしたら…その……

こいつ…器の小さい男だな、と。

986 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/28(木) 11:50:16
学術的な面を基準にした順位。
学問的武装が恐ろしく有効な世界。学があれば、無知識層が
ウジャウジャついてくるからなw

どちらにしろ書道界に身を置くなら大東か関西系の予備軍育成大学だろう。
せいぜいあの巣窟で生き抜く免疫を作ってくれ。



987 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/28(木) 11:51:44
ま〜大東だから許してやれ。

988 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/28(木) 11:53:09
あと、ちなみに書道の世界でもすごくないです。そんなレベルはざらにいます。

989 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/29(金) 00:52:38
A松学舎 でた人って 何してるんですか?
書道界で活躍できないんですか?
私の周りでは カルチャーセンターに毛が生えたようなA本書道教育学会とかに必死に通ってる人とかばっかりなんですけど・・・・

990 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/29(金) 01:07:20
そういう人たちに関わらない方が、書を学んでいく上では良いです。
2章学者出た人で、書に関わっている人なんて見たことありません。
いたら教えてほしいと思います。

991 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/29(金) 01:12:19
漢文勉強がてらに情操教育として書道をやってみたいという人らが2章のいいところでもあります。

992 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/29(金) 01:15:00
漢学の廃れてきたこの時代に書道も二松もないと思うが、大東に対して
二松はライバル意識を持っているらしい。いいライバルだと思う。

993 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/29(金) 15:34:18
A松が大東にライバル意識?
なんかぜんぜん方向性ちがう学校なイメージがあるが。

994 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/29(金) 16:06:14
二松と大東は学校同士で仲が悪い。二松は朱子学、大東は陽明学(逆だったかな?)

995 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/29(金) 21:14:50
そうなんですか! ありがとうございました。
確かに大東を卒業された方は活躍されてますよね!
大東について もっとよく調べてみます。
ありがとうございました。

996 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/30(土) 16:36:11
>>994
逆。

997 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/31(日) 16:50:22
大東でたからってみんながみんな活躍してるわけじゃないでしょ

998 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/31(日) 21:53:18
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1167569451/l50
次スレッドです。

999 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/31(日) 22:40:36
みなさん良いお年をお迎えください。

1000 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/31(日) 22:41:38
二十人展も最近はさっぱり行きたいと思わなくなっちゃったナア・・・・

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

206 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)