5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【18世紀】応挙先生と芦雪君【円山派】

1 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/13(月) 18:40:32
応挙先生を中心にその弟子も含め、いろいろ語りませう。

ルールその1:
応挙先生に対しては必ず尊敬の念を込め、
先生、師匠、などの呼称を付けて語りましょう。
『応挙がなんぼのもんじゃ!』などと呼び捨てにしてはいけません。

2 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/13(月) 18:47:45
京都国立近代美術館/京都市美術館 スレからコピペしときます
_________

540 名前:わたしはダリ?名無しさん? 投稿日:2006/10/31(火) 03:20
スレ違いだが、ここに書いとく。

奈良県立美術館でやってる応挙と芦雪展は凄いぞ。
前期と後期で総とっかえ。しかも大型の作品中心で見ごたえあり。

そろそろ前期は終了。
応挙先生が実は人物画もけっこう得意なのが意外だったり。
行かないと損するぞ。と。スレ違いだが一応ね。


541 名前:わたしはダリ?名無しさん? 投稿日:2006/11/04(土) 16:21
>>540
dクス、総入れ替えとしらずにノンビリしてた、おかげで間に合ったよ
どっちもホント良かった、後期もいかなきゃだな

ワンコかわゆすぎ


542 名前:わたしはダリ?名無しさん? 投稿日:2006/11/04(土) 21:21
>>541
応挙犬(;´Д`)ハァハァ


3 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/13(月) 18:50:42
544 名前:わたしはダリ?名無しさん? 投稿日:2006/11/05(日) 06:59
>>542
応挙犬はかわいいなw
奈良県立美術館の「応挙と芦雪」展のわんこも
大変かわゆかった

546 名前:わたしはダリ?名無しさん? 投稿日:2006/11/12(日) 18:38
芦雪の鶴の編隊飛行と富士山の絵(岡山県美に寄託されている。個人蔵)は
身震いするほどのカッコよさ。

547 名前:わたしはダリ?名無しさん? 投稿日:2006/11/12(日) 18:39
京博スレで、応挙か芦雪のワンコを「萌えワンコ」と呼んでいて
言いえて妙だと思ったことを書き添えておこう

548 名前:わたしはダリ?名無しさん? 投稿日:2006/11/12(日) 18:43
>>546
うんうん、あの空撮みたいな構図、カッコよかったな〜
芦雪ヌコ(トラ)、かわいらしくてなんかにやけちゃった

549 名前:わたしはダリ?名無しさん? 投稿日:2006/11/13(月) 17:56
>547
それを命名したのは俺だ。
ちなみに奈良県美の前期展示では、応挙先生vs芦雪による
萌えワンコ師弟対決コーナーがあって、とても楽しかったぞ。

____________


以降、皆様スレの盛り立て、よろしくお願い致しまする。

4 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/13(月) 19:40:40
来週後期見に行く予定

5 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/13(月) 21:43:34
今日の「知るを楽しむ」たしか芦雪でしょう
っつーわけてあげっ

6 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/13(月) 21:48:30
ギョッとする江戸の絵画
第六回 猛獣戯画 〜長沢蘆雪
午後10:25〜10:50 NHK教育

長沢蘆雪(1754−1799)は下級武士の子で、円山応挙の高弟。多芸多趣味で才気活発、その画風も軽妙、
「鳥獣戯画」もどきのカリカチャーで動物を生き生きと描いた線描の達人で代表作は和歌山県串本の無量寺にある「虎図」である。
才におぼれて師からも破門され、その死は毒殺されたともいわれるが、ユーモアも漂わせた洒脱さを持つ蘆雪を辻さんが無量寺を訪ねて語る。


7 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/13(月) 22:16:41
応挙先生も芦雪も大規模な回顧展が近年全国を巡回しているわけだが、
いまは京都に巡回中のプライスコレクションも、行ってみると
芦雪の画業のすばらしさだけが印象に残るからなぁ。

8 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/14(火) 21:44:41
これから奈良県立美術館に行かはる方へ。
前期においてでの話ですが、音声ガイドの内容は、図録に載っている解説とほぼ一緒です。
無闇に500円をドブに捨ててしまった気分です。
以上ご忠告まで。

9 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/14(火) 23:12:11
>>8 は500円は図録にまわせと指南してくれているわけだね

10 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/15(水) 00:03:51
そういや当たり前なんだろうけど図録って前後期一緒に入ってるんだね
前期いってパラパラめくってみたけど、後期のお楽しみに買わずに我慢しておいたです。

11 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/15(水) 22:55:25
図録を見ながら会場を回るつもりなのか?
作品見ながら音声ガイドを聴くことに価値があると思うのだが…。

12 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/16(木) 02:16:30
赤いソファーに深々と座って長いこと見ていたら本当に気持ちよかった。



13 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/17(金) 19:03:35
>>1
そんなに応挙が好きなら、今日から始まった
大和文華館の展覧会も行けばいいんじゃないかな。
応挙の作品が3点出品されてるし。
奈良県美の展覧会も後期日程になったし
2館あわせて見ればいいかも。

http://www.kintetsu.jp/kouhou/yamato/information/index.html
http://www.kintetsu.jp/kouhou/yamato/information/tenji200611.html

14 ::2006/11/17(金) 19:42:34
ウフフフ…当然知ってますのことわよ。大和文華館。

ちなみに奈良県美は金曜土曜、午後9時までの開館なので、
次の金曜あたりに連荘突撃予定なり。

個人的な妄想だけど、この奈良県美の「応挙と芦雪」展。
プライスコレクション展への対抗意識つーか、

「何が悲しゅうてメリケンの成金ボンボンがアメリカに掻っ攫って
 いった物をありがたやありがたやと拝ませてもらわにゃならんのだ!
 日本にだって!まだまだスンゴイのがいっぱいあるんだぞー!!」

っつーような変な気迫を感じる。
おいら、まだまだニワカ日本画ファンだけど、
前後期で総取替えの展示会なんてみたことないもの。
とりあえず、企画した学芸員さんたちGJ!!と言いたい。
後期も楽しみー。

15 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/17(金) 21:43:18
ニカワは日本画に必要だね

16 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/18(土) 00:20:08
ニワカも必要

17 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/18(土) 19:04:12
ニカウさん。

18 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/21(火) 17:35:16
>>7
そうかい?
私の場合は、プライスコレクション展では
先生の懸崖飛泉図が蛇玉、其一の作品と共に最も印象に残りましたよ。
それにしても応挙先生の雲龍図屏風は何度見てもスゴス。

19 ::2006/11/21(火) 22:30:04
おいらは抱一の十二ヶ月花鳥図と、応挙先生の懸崖飛泉図屏風にうっとり。
あと、蕭白のが鶴図は、彼の孤独な生涯を思うと、ちょっとグッと来るものが。
あと、同じ弟子とはいえ応震は芦雪に比べるといかにも色気に欠けるなぁ、とぁ。
>プライスコレクション。

しかし、あの「懸崖飛泉図屏風」のコンディションの良さは何なんだろね。
紙本だってのに、焼けても無ければシミひとつ無いもんなぁ。
いったいどんだけ修復と保存にお金をつぎ込んでるのやら…。

というわけで「応挙と芦雪」の前期では、こりゃ先生の山水画持ってきても
あれと比べられちゃかなわねぇ、ってなことを思ったのかどうか知りませんが、
いちばん最初の展示が、これが珍しや応挙先生による人物画「大石良雄図」。

しかも縦180cmと大型の掛け軸いっぱいに、ほとんど等身大で描かれてるんだけど、
このね、右側に描かれてる女性がね、胸元はぴしっと引き締まって着物着てるんだけど、
夏の薄着なのか、下に行くにしたがって赤い襦袢が透けて見えてきてね、
んで、膝下がチラッと見えてて、こーれがなんともエロいのよ。ちょいエロ。うはw

なんかね、
「先生ー。そのチラリズムってまるで春信じゃないっすかw、なんだぁ、
 真面目な絵ばかりと思ってたら、先生、 けっこうエロいのもイケるんじゃーん。」
って、独りでニヤニヤしておりましたよ。

余談だけど、やっぱルーペ持って鑑賞したほうがいいですよん。
先生の「薔薇文鳥図」とか、ベタ塗りかと思ったら、やっぱスンごい細い線で、
いちいちお腹の毛の流れとか描き込んでるし。
肉眼だとなかなか見えんのよね。そこまで。

20 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/22(水) 21:04:26
前期で七難七福図(だっけ)をかなりの尺みられてよかった。
前年の応挙展では2m くらいしか江戸東京でみられなかった。

21 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/22(水) 21:20:33
>>20
一室使ってたから長かったよな

22 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/22(水) 23:16:55
図版の監修してる宮島新一とかって人、
蘆雪に愛着あるのは分かるが、その反動なのか
応挙への評価はほとんど偏見に近いものを感じてしまった。

23 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/24(金) 03:00:28
「朝顔図」への芦雪の影響、引いては代作の可能性さえ示唆してましたね。
素人目にはむしろ芦雪こそ「朝顔図」から遠いところにいる個性に思えますが・・・。

24 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/24(金) 22:38:50
おし明日か明後日後期見に行くぞ

25 ::2006/11/25(土) 00:32:54
お天気良好。大和文華館と奈良県美をハシゴしてきました。
大和文華館は、18世紀初期の京都の画家、渡辺始興が中心の展示でした。

解説によれば、当時中国で起こり始めた写生を重視する画風をいち早く京都に
持ち込んだのが始興であり、それが18世紀後半に活躍する応挙や若冲へ
大きな影響を与えたんだそうです。

現在展示されている渡辺始興の「四季花鳥図押貼絵屏風」は、確かにそれまでの
琳派や狩野派の、様式化され骨格を無視した動植物の描き方とは一線を画す、
写実的な描写が素晴らしく、18世紀京都画壇に興味のある人ならば
一見の価値ありと思われます。

他には、応挙先生のいかにもな作品と、チョット意外な筆遣いのワイルドな作品、
ユーモラスな池大雅の戯画、呉春、あと若冲のモノクロコケコッコなど。

その他にも、同時期、西洋の銅版画や油絵に影響を受けた、司馬江漢や宗紫石の
作品も素晴らしいものが2・3点ずつですが展示されていました。

個人的には、あまり好きではなかった与謝蕪村の「蘭石図屏風」に、
ちょっと心奪われるものが。

そんな感じでした。と、大和文華館のレポート終わり。

26 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/25(土) 00:52:10
奈良県美の「応挙と芦雪」後期については、なーんも言う事などござんせん。
ただ、見に行け!としか!!

個人的には、芦雪の「群猿図」右双がなんというか、なんだろう、あれ。
そして、襖8面に描かれる「薔薇図」(NHKでネコが映されていたあの絵)
の繊細で見事に計算された構図の素晴らしさにうっとりしつつ、
あのワイルドな芦雪がこれほど絵の構成に繊細な神経を注いだのには、
なにか特別な感情とか理由があったのかなー、とか思ったり。

今見たら、図録には「薔薇図」は右4面と左4面とが分けて掲載されていて、
8面がひと並びに展示されているあの感動は、図録ではまったく味わえません。

と、なんも言う事無いとか言いながら、長々と書いてしまいました。
本当に気合の入った企画であり、その他の作品もみな、興味深いもの、
迫力のあるものばかりで、つまらん作品は一つも無いといっても過言では有りませぬ。

そんなこんな。
1による大和文華館、奈良県美、18世紀日本画ハシゴレポでした。
ホエホエ。

27 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/25(土) 00:59:35
あーそうそう、

前期では、応挙先生vs芦雪君の萌えワンコ対決が見ものでしたが、
今回は、ドラゴン対決となっております。

個人的には芦雪に軍配。だってデカイんだもの。
先生の雲の描写ももちろん凄いんだけどニ。

28 ::2006/11/25(土) 01:03:27
ハンドル入れるの忘れてた。
>>25-27>>1によるレポでした。推敲足りないけど頑張って書いたよ。
皆さんのご参考になれば。ホエホエ。

29 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/26(日) 02:28:22
芦雪の龍は見ればみるほど何が描いてあるのかわからないという罠

30 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/26(日) 16:19:24
わざと猫のように描いたと言われるあの虎、
それほどでもないような…

31 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/26(日) 21:23:49
小雨の中行ってきた〜

今回個人的には… 応挙先生スゲェ!(なんか先生て呼び名がしっくりっすねw)
応挙ドラゴンスゴス! 孔雀隙なさ杉!!
芦雪タソニワトリカッコヨス!!

う〜ん、アンコールで前期もういっぺん見たい!!

32 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/26(日) 22:11:54
後期展、そのうち大阪まで出る予定があるからついでに見てくるかな。

前期展は、狗子図のポスターを売ってくれれば良かった

33 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/27(月) 01:25:19
まあ、当時は、虎が雄で豹が雌と信じられていたくらいだからな。

奈良県美は、金曜も土曜も21時まで。夜間入館はイイヨ。

34 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/27(月) 01:34:14
あんなでかい猫がいるか

35 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/27(月) 01:53:09
辻先生に文句言うように。

36 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/27(月) 17:41:29
そう?

「虎=ネコ科」という知識を持った現代人からすれば、物足りないかも知れないけど。
当時の数多ある「虎図」からすれば明らかにネコっぽい。

37 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/27(月) 20:06:38
ゾウの絵よりもトラはまし。

38 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/27(月) 20:24:05

http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f47607700

「肉質保障」って何でしょうか?w


39 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/27(月) 21:44:28
芦雪のでかい虎良かった
えらくストレートに可愛らしい顔だったんで
どういう気持ちで描いたのかをいろいろ想像して思わず笑っちゃった

40 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/28(火) 00:38:29
みんな、大きな虎は前期、龍は後期だからな

41 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/28(火) 01:04:19
虎かわいい。
てか虎図ってどの画家もイマイチ…

42 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/28(火) 01:17:05
岸駒の虎はさすがに迫力はあると思う。

43 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/28(火) 22:50:17
本当に殺されちゃったの?

44 ::2006/11/29(水) 01:59:04
虎が可愛いつったら、応挙先生や同時期の画家の虎はみんな可愛いけどなw
基本、毛皮だけを頼りに、ネコをモデルにしてるんで。

そんな中じゃ、芦雪のトラは、迫力あってトラっぽい方だとオイラは思うけど。
つーか、デカイ事はいいことだw 俺、デカイ絵好きだからw

岸駒の虎はさすがに幕末だけあって、もっといい資料があったのかも。
それにしたって、あの毛皮の書き込みは凄いけど。

芦雪のタイガー&ドラゴン。
無量寺と同じ部屋再現して展示してくんねーかなぁ。
つーか、無量寺のあの部屋、一般公開する時期とかあるんだろか?

45 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/29(水) 15:27:22
プライスコレクションのでっかい牛の下にいるわんこ
結構へたくそだった。

46 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/29(水) 18:10:24
岸駒は幕末どころか応挙芦雪とほぼ同時代でねか?
いやまあ長生きだけどさ。

47 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/29(水) 19:26:36
>>45
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | ←これに似てたな
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \   
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

48 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/29(水) 20:56:55
>>44
俺は連山の方は好きだな。

49 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/30(木) 17:33:59
岸駒は虎の骨やら剥製やらも手に入れて参考にしてたらしいからな。
毛皮と猫が基本材料だった応挙門下より徹底してる。

50 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/30(木) 21:18:21
すげ〜 虎ヲタだったんだw

51 ::2006/12/01(金) 19:48:38
>>46
あ、ホントだ。無知を晒してスミマセヌ。
なにかっつーと、江戸後期の人だというキャプションが付いてて、
18世紀京都画壇の人の中にあまり入れて語られないんで、
国芳なんかと同年代ぐらいかと思ってた。ご指摘アリガトございまス。

>>45 うそーん。萌え萌えですやんかぁ〜。


52 ::2006/12/01(金) 19:52:29
つーか、今週末で奈良県立美術館「応挙と芦雪」展、終わりますよage。

53 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/01(金) 21:23:06
金曜日と土曜日が21時までってのが太っ腹だよね。
世間に浸透してないけど。

54 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/01(金) 21:53:42
うん、物凄く有り難い
あらかじめ知ってたら土曜夜にいってたのにorz…

しかし今回で奈良県立美術館は良いトコだと刻まれました
またすてきな展示を期待っす!!

55 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/02(土) 00:10:21
萌え犬のミニ屏風が欲しくなってきた

56 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/02(土) 00:28:38
ピザ布袋の腹毛・胸毛・腕毛にワラタ

57 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/02(土) 21:23:58
奈良県立美術館は、入口と出口が別。
入口のロッカー荷物を預けると悲惨なことになるのだが、
今回ひさしぶりに行ったら、楽屋裏みたいな通路が用意されていて
出口から入口に戻れた。
すばらしい改善だ!


58 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/03(日) 04:01:22
そうそう、何回も見るとき便利

59 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/03(日) 21:49:04
結局一度しか見に行けなかった。
残念だ。

60 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/03(日) 21:54:51
後期はなんとか2回行った 
前期も2回行きたかった 百鳥図と虎もう一回見てえ(´・ω・`)

61 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/05(火) 00:07:53
百鳥図、面白かった!
よく見ると、水の中にカエルが一匹だけ泳いでいたり、
つがいのはずの雉の雄と雌が、左右両端に描かれたり・・・

芦雪君ってやっぱり、捻くれてんのねって思った。

62 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/05(火) 22:06:32
このスレを読んでウラヤマシく思っている九州&山口在住の人は
年があけたら太宰府に行きなさいね。
芦雪はたくさん出るよ。

63 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/07(木) 19:57:11
逸翁美術館に芦雪3点・応挙2点出てる
芦雪の孔雀牡丹図が出てるので、奈良県美の後期行った人は見に行く価値アリ
会期は12月10日まで


64 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/07(木) 20:03:51
源キの大石吉雄図も出てたので応挙と比較できるな

65 :1:2006/12/07(木) 23:06:22
>63-64 情報ありがとう。行ってくる!

つーか、若冲は詳しいサイトあるけど、他の画工のはなかなか情報が…
あれって、どっから情報仕入れてんだろ?若冲の専門誌とかでもあんのかなぁ。
暁斎なんかは、河鍋美術館が定期的に機関紙だしてるけど、
ああいうのが他の画家にもあって、そこに載ってるのかなぁ。


66 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/08(金) 00:01:10
たぶん、検索の巧拙があるんだよ。
なにか「芦雪」とか「応挙」にプラスすると効く魔法のキーワードが
あるんじゃないか?

67 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/08(金) 00:10:50
教えてくんなましm(__)m
昭和25年発行の年賀小型シートの円山応挙・龍虎の図より
ここに描かれている虎はどこのどなたの所蔵なのでしょうか。

68 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/09(土) 11:39:13
↑どこかに画像ないの?

69 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/15(金) 22:16:21
朝顔図ってめっちゃ応挙的な絵やん。
板絵の朝顔わんこ図の朝顔の描写にそっくりやないの。

70 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/19(火) 09:32:49
富士の絵を集めた画集を本屋で立ち読みしてたら、
応挙画として琳派風の徹底的に意匠化された装飾的な富士図屏風が出てた。
「真贋問題はともかくとして」と書いてあったから
応挙作と確定したわけじゃないみたいだけど、本物だったら面白いな。
応挙は琳派風の絵もよく描いてるけど、
あそこまで徹底的なのは自分は初めて見た。

71 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/19(火) 12:40:50
芦雪の方寸五百羅漢図を見てみたいです。
さすがに残ってないだろうな・・・。

72 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/21(木) 01:09:27
円山応挙の六曲一双墨絵「竜虎図屏風」がどんな絵で、
どこにあるか知っている人がいましたら教えてくんなましm(__)m

73 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/30(土) 22:42:04
奈良県立美術館の展示はよかった回顧あげ

74 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/02(火) 00:57:49
.

75 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/04(木) 06:08:20
応挙、大観など1億5千万相当が盗難…奈良の美術館
1月3日22時4分配信 読売新聞
3日午前8時30分ごろ、奈良県桜井市初瀬の大和玉仙閣美術館(岸本嘉郎館長)で、
1階出入り口のガラス扉と2階展示室の扉が割られ、
円山応挙や横山大観の掛け軸など展示品計23点(計1億5360万円相当)がなくなっているのを、出勤した従業員が見つけた。
桜井署は窃盗事件として調べている。
同署や同館によると、応挙の「雪景山水図」(5000万円相当)、
大観の「漁夫之図」(1200万円相当)と「山羊」(同)、
陶芸家富本憲吉の皿などが盗まれていた。
現場から3人分以上の足跡が見つかり、同署は複数による犯行とみている。
同館は、近世からの日本画など約200点を所蔵する私設美術館。
2日は開館日で、午後4時20分ごろに従業員が施錠した後は無人だった。
同館の被害品とは別のコレクションは1日、民放テレビの鑑定番組で紹介されたという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070103-00000311-yom-soci

76 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/04(木) 12:33:32
何でも鑑定断なんかに自慢げに登場するから・・・・
でも放送当日にやられるとは
あの爺さんショックで寝込んでるだろうな・・・

77 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/06(土) 05:31:27
雪景山水図ってどんな絵だ?
応挙山水画ファンの俺としてはこれが原因で見れる機会がなくなるとしたら残念だ。

78 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/06(土) 12:43:52
>>77
http://www.asahi.com/culture/news_culture/OSK200701030025.html

79 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/07(日) 03:43:30
>>78
うお、これですか。
数年前の円山応挙展に出てたなあ。

80 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/07(日) 13:15:07
奈良で見たけど
応挙より芦雪のほうがうまいじゃん

81 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/07(日) 23:34:07
色んな感想があるもんだな。
俺には応挙の方が上にしか見えないけど。

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)