5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■QA■質問・疑問■初心者■4

1 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/04(月) 00:08:59 ?2BP(0)
■QA■質問・疑問■初心者■
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1116254319/l50
■QA■質問・疑問■初心者■2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1135232958/l50
■QA■質問・疑問■初心者■3
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1147296652/l50

スレたてるまでも無いちょっとした質問、画像などお探しの人は知りたい理由を明記してこちらでどうぞ
板違いかもな質問でも誘導いたしますけれど、プライベートな質問はスルー覚悟でどうぞ。
とはいえ、教えてチャソに寛容なスレでございますよ。

質問する前に、既存スレッドや検索エンジンで見つからないか確認しましょう。
スレ一覧   http://academy4.2ch.net/gallery/
検索エンジン google http://www.google.co.jp/ モバイル  http://mobile.google.co.jp/
     goo http://www.goo.ne.jp/ 教えて!goo http://oshiete.goo.ne.jp/
yahoop http://gallery.yahoo.com/homepage.php
altavista http://www.altavista.com/

2 :('A`)ノ ◆se/xGmYaM. :2006/12/04(月) 01:32:30
Reneeタソ乙!!!
なんでDAT落ちしてんの?ビクーリΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)したお

3 :('A`)ノ ◆se/xGmYaM. :2006/12/04(月) 01:36:17
アレ?
Beポイント(0)って・・
ひょっとして別人????

4 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/04(月) 06:31:58 ?2BP(36)
別人ではなーいでつ
認知せぬ間のDAT落ちにビクーリしますた


5 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/04(月) 09:10:52 ?2BP(36)
ポイント(0)のわけは、専プラでスレたてなかたからだと思うでつよ(´Д`?)

6 :('A`)ノ ◆se/xGmYaM. :2006/12/04(月) 12:41:18
わかりマスタ。

それでは
Reneeタソに永遠のagapeeを誓いつつ、
サリゲナーク6getしてROMにもどりまつ・・・ノシ

7 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/05(火) 07:17:53 ?2BP(36)
ポスターの値段の一例でつが(ミュシャ)
http://rart.org/cgi-bin/goodslist.cgi?in_kate=609&in_start=0&max=

8 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/05(火) 15:52:24 ?2BP(36)
過去に探してホスイとの要望ありの画像ですけれど、
見つけたので
http://www.wilderdom.com/evolution/HumanEvolutionSequencePictures.htm

9 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/06(水) 18:00:06
Q&Aじゃないけど、最近ネタも無いようなので。

モネへの手紙千通超、パリで競売へ 印象派の素顔のぞく
ttp://www.asahi.com/culture/update/1206/020.html

10 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/06(水) 21:17:06 ?2BP(36)
Clyfford Still(1904年11月30日生まれ- 1980年6月23日没)
アメリカの抽象表現主義の絵描き(巨匠サソ)でつ
作品はこんなかんじ
http://www.clyffordstill.net/art/art.html

11 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/09(土) 16:38:33
写実画ってどんな絵のこと?

12 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/09(土) 18:51:13 ?2BP(36)
>>11
読んで字の如しとか言うのでそ
では素っ気ないでつか?
良心とイリュージョンの葛藤の末の産物とか言ってみようかな(´-`)

13 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/10(日) 19:21:27
明日月曜にやってる東京の美術館・博物館でいいとこありますか?
とりあえずダリ展は行ってみようと思います

14 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/10(日) 19:37:06
>>13
月曜日は上野の美術館はほとんど休みだぞ…とテキトーな事書こうと思いながら調べたら
http://www.ueno-mori.org/annai/index.html

>休館日
>不定休(展示により異なります)
>*ダリ展開催中は無休です。

すげぇ無休かよ!稼げるときに稼ぐ、さすが上野の森美術館!!
学芸員に死人出るんじゃねーか?

ちなみに>>13、「上野の森美術館で開催される展覧会の99%は地雷」という名言がある。
覚悟して見るように。それと、出口の売店で売ってるチュッパチャップスは必ず一本買っとくように。
Super既出だが、あのロゴはダリのデザインだ。

15 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/10(日) 19:40:44
>>14
ありがとう、ちょっと調べた所、ダリ展しか見つからなかったんですよね…
上野の森美術館って行ったこと無いので、丁度良いかなと

他に情報ありましたらよろしくです

16 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/10(日) 20:28:12
>>15
Bunkamura ミュージアム 「スーパー・エッシャー展」
青山ユニマット美術館 「ミレー、コロー、クールベ展」
東京都庭園美術館 「アール・デコ・ジュエリー」
森美術館 「ビル・ヴィオラ展」


17 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/10(日) 20:49:19
箱根芦ノ湖美術館って移転して南青山に来たんだね
全然知らなかった
あそこのコレクションはかなり好きだったので
都内に来てくれてとてもうれしい

18 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/10(日) 20:57:08
>>16
ありがとうです!! しらべてみます。

19 :15:2006/12/13(水) 20:33:26
>>17さんのカキコにつられて青山ユニマット美術館観てきました。
まったりゆっくり貸切状態で観れてとても良かったっす
ありがと〜〜!!

20 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/13(水) 22:19:57
はじめまして、こちらで訊いてみる様に教えてもらいましたので失礼します。
ちょっと気になったので判る方がおりましたら教えてください。
私のうちに、知り合いのおばあちゃん(今でも個展等の芸術活動をしています)
から頂いた版画があります。
シリアルナンバーとサインが鉛筆で書かれております。
絵は雪景色で林道のような感じの場所です。
作者はヴラマンクという方らしいのですが、価値のあるものでしょうか?
ヤフオクに出してみたら価値がわかるかもしれませんが、頂き物ですから
そんな事は出来ないので鑑定出来る方がいたら訊いてみようと思いまして
ご存知の方いらっしゃいましたら価値など教えてもらえますでしょうか?
よろしくお願いします。

21 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/13(水) 23:45:27 ?2BP(36)
>>20
ブラマンクの版画カタログレゾネを御覧くださいませ
Maurice de Vlamink Catalogue raisonne de l'oeuvre grave
著者名:Katalin de Walterskirchen
ASIN : B000J40BOC

22 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 03:08:01
聞きたいことがあるんですが・・・

普段から疑問に思っていて、別に芸術にもぜんぜん詳しくないんだけど。
それに芸術板はじめてきたし。
で、質問なんですが、

江戸時代、日本の絵ってなんであんなヘタなんですか?
別にアンチとかそういうんじゃなくて。
ヨーロッパはそのころからものすごい絵がいっぱいあったじゃないですか。
でも日本はなんか立体感ぜんぜん無いし、人とか全部ひょうたんみたいな輪郭じゃないですか。
あれは鉛筆がなくて筆だけだったからですか?
それともヘタなんじゃなくて、長年絵を書き続けて行き着いた境地ですか?ピカソとかみたいに。
無知ですいません。 でも、ずっと気になっていたので・・・

23 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 06:21:06
主観でモノ語るなよ

24 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/14(木) 06:46:08 ?2BP(36)
>>22
あなたの信じる立体感とはなんでせう?
どのような物を想定してますか
巧い描き方とは?

25 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 08:08:53
写真みたいのが巧い絵だとおもってるんじゃないのかな

26 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 10:00:18
ムンクの叫びなんかも輪郭がひょうたんみたいだが、同じ評価になるんだろうか?w

西洋美術史と日本美術史の初心者向けの本でも読まれたらいかがですかね。
浮世絵が西洋にどのような影響を与えたか、近代に日本画と洋画でどのような
葛藤があったか調べると面白いと思いますよ。

27 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 12:33:36
おしゃばりな絵もあれば慎ましい絵もある。    鑑賞のしかたが下手なのであって、絵に責任転化しちゃだめだよ

28 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 13:39:03
う〜ん
あんまり上手い日本絵を見てないんだろうなぁ。
それに浮世絵は大衆芸術であったわけで、例えばルーベンスとかレンブラントとかは
一枚ものでしょ、そこらへんの違いもあるわけさ。
いわゆる「肉筆」と言うものを一度間近でみるといいかも。
それと、西洋画は主に人物をモチーフとしたものが比較的多いが、
日本画は自然、動物、風俗なんかをモチーフにしたものがおおいから、
比較対照としては確かに双方難しい所がある。

ただ、海外の評論家に言わせると、浮世絵の写楽、北斎は別格で、ピカソ級だそうです。
たとえば北斎の富嶽三十六景 神奈川沖浪裏なんかは、専門家に言わせるといわゆるその
黄金比http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E9%87%91%E6%AF%94みたいな理論で描かれているそうです。
(俺馬鹿だからどこらへんが黄金比なのかwかんない、多分波頭と富士山との位置関係なんでしょう)
こんな作品を鎖国という国策の中で描いてきた日本画家達は決して海外に劣ってるなんて私は思えません。

29 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 15:17:14
>>22
それはあなたのモノの見方が西洋人目線になってしまったからでしょう。
生まれた時からアメリカナイズされた環境で育ち、
あなたは西洋人じゃなく亜細亜人なのに、自分たちの文化を西洋の文化より
劣ったものと見なしバカにするようになってしまった。
あなたのような馬鹿な日本人だらけになりました。
浮世絵のころの日本人はもっとのびのびしていた。

30 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 17:50:54
>>29
貴方やわらかい言葉使いでキッツイ事言うね(笑

まーなんだよ、あの
日本は敗戦国だから、そーゆー負け犬根性みたいな部分を底辺に抱えてる日本人も、
結構多いんじゃないかな?と。
あと外人とかデカイの多いから、
そーゆーのコンプレックスに抱えて西洋崇拝に流れてるンかもね。

 浮世絵、日本画 / リトグラフ、油絵

どっちもいい物はいい物だと思う。

と言葉柔らかくキッツイ事書く俺でありました。

31 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/14(木) 17:55:41 ?2BP(36)
>>29
ソレハ(´ー`)違うダらう。ハゲシク初心者な見地に劣等意識まるだしで噛み付くのは
ナンデショネー?西欧人の何がわかるのかと、文句の一つも言いたいのですた。

>>22
御気を悪くなさらずに
浮世絵ばかりが日本の絵画ではないので、もっと種類多く見てくるとイーでつ
例えば、建物と庭と絵を総合的に鑑賞できるやうなものとか
イタリアの古都に逝ってみたりとか

32 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 18:10:41
>>31
アメリカのミシガンもいいぞっ!
と宣伝しておこう
なんでミシガンなのかは聞かないでくれ。返答に困る

33 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 18:23:01
>>21
ありがとうございます。
「ブラマンクの版画カタログレゾネ」と言う物をググって見ましたけど
どうも3万円以上する本のようですね、とても買いきれません・・・。
ヴラマンクって方は有名な方と言う事はよく判りました、今現在居間に
適当にぶら下げてるだけですし、見た感じ寂しい感じの絵で飾る気も無いの
で、子供が悪戯しない様に新聞紙にでも包んで押入れの奥に保管しときます

34 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/14(木) 19:02:39 ?2BP(36)
>>33
図書館で御覧なさいまし
>>32
DIAがありますね


35 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 19:09:53
>>34
>ミシガン
さすがReneeだ…感服シマスタ

36 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 21:54:51
>>31

たしかに>>22は初心者だから、いきなり馬鹿扱いしたことは行き過ぎだったと謝ります。
でも日本人が根深く西洋かぶれなのは事実で、良く知りもしないで自国の芸術を
西洋のものより低く見ている人は多い。>>22はここで質問して良かった。
早めにそのバカの壁に気づくことが出来たからね。

37 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 21:59:22
正直自分も昔は歴史の教科書とか教科書とかの絵だけみて>>22みたいに思ってた
こういう人は多いと思う

色々と観るようになってきたら、俺って視野狭かったな〜と痛感した

38 :37:2006/12/14(木) 22:00:51
×歴史の教科書とか教科書とか
○歴史の教科書とか美術の教科書とか

39 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 22:52:06
22さんはどんな江戸時代、日本の絵を見たのでしょうか?
浮世絵 南画 水墨 。。 どんな人の?
どういう媒体で? ネット 教科書 どっかの美術館?
素で知りたいです。

40 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/14(木) 23:48:19
同じく、22がどんな江戸絵画を念頭に置いてるのか知りたい。
「人とか全部ひょうたんみたいな輪郭」って、いったい何を見たのだろう。
あと、ヨーロッパのものすごい絵って、例えばどの辺?


41 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/15(金) 00:21:59
バカっていう子はネ〜自分がバカなんだヨォ〜って。
白百合幼稚園で教わりマスタ。(`・ω・´) シャキーン

空間認識とか大きく言って文化とか、描かれた状況が
単純に比較でき得るものではないって処でしょうか。

例えば、(゚∠゚)←こんな感じの絵をちょっと昔の西欧の方は
認識できなかったそうでつ。『これは顔か?顔だとしたら
真ん中に描かれているものはなんだ?鼻か?なぜ横を向いている?』
みたいな。キュビズムやピカソの登場は我々が思っている以上に
センセーショナルな出来事であったと思われますです。

その点日本やアジアはいい加減というか、寛容というか。。。
絵画に対する評価で、リアルというファクターが西欧と比べたら
重要ではなかったのではないでしょうか。若冲も最近まで評価が
低かったしね。

解り易いのは漫画でつ。あんな極端に目のでかい人がほんとにいたら
キモいでしょ。でも漫画家の方が絵が下手くそとは思はないのでは?

長文スマソ ━━⊂⌒~⊃。Д。)⊃━⊂⌒O。Д。)⊃━O(。Д。)O━⊂(。Д。O⌒⊃━⊂(。Д。⊂~⌒⊃━━!!





42 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/15(金) 06:45:26 ?2BP(36)
素朴な疑問でつが、東洋に気触れるとどうなるのでせうね ( ゚д゚)ポカーン

43 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/15(金) 10:27:47
>>42 挑戦してみた。

17世紀から18世紀ごろ、西洋の陶磁器ってなんであんなヘタなんですか?
別にアンチとかそういうんじゃなくて。
東洋はそのころからものすごい陶磁器がいっぱいあったじゃないですか。
でもマイセンはなんか色数ぜんぜん無いし、花とか全部安い造花みたいなつくりじゃないですか。
あれはろくろじゃなくて鋳込みだったからですか?
それともヘタなんじゃなくて、長年焼き続けて行き着いた境地ですか?魯山人とかみたいに。
無知ですいません。 でも、ずっと気になっていたので・・・

難しいね、スマソ

44 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/15(金) 15:09:03
>>43
んー
いろいろあるからねー
例えば西洋の陶器って動物とか植物(!)を焼いた奴とかも多いんですよ。
たとえば大物陶器を作る技術は18世紀あたりは東洋より優れてる。

んで、皿とか食器類は当時西洋は白磁の物が多かったんだけど、
唐三彩や伊万里、京焼等の技術が輸出されてマイセンなんかに繋がってる。

なんで日本の彩色陶器があれだけ美しかったかというと、諸説あるんだけど、
上薬を日本絵画の岩絵の具で陶器の着色に使えないだろうか?
という職人の疑問から生まれていったという説も、いちおうあります。
西洋は油彩なんでそもそも絵の具熱を加えると萌えます、いや、燃えます(w

ところで、ラスター製陶、もしくはラスター陶彩、ラスターウエアという陶器をご存知ですか?
陶器表面が金属質な光沢を放つひじょーーーーに美しい陶器です。
紀元前9世紀のメソポタミアがその発祥地と言われています。
ちなみに日本は弥生時代が始まったのが紀元前9世紀です

いちおう技術復刻されて、現代Artなんかに使われてるんだけど、
当時の艶はやっぱり再現不可能らしい。
俺の知ってる限りだと当時のオリジナルは上野の国立博物館東洋館に一枚ある、非常に不思議な陶器。
なんつーか、バイクのチタン製マフラーが排気熱で焼けたような、そんな金属色、ええ。

つまり、この頃から海外にも素晴しい陶器が存在した、というわけで
決して東洋西洋の間に優劣があったとは言いがたい、と私は思います。

読みにくい改行でごめんね><

45 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/15(金) 15:17:41
参考までに
http://www.meissen.jp/03/03_01.html
今のマイセンはこの境地まで来てる、もう全くの鑑賞用だが。
当時の日本の技術が輸出されていって、この境地までたどり着いた、
というのは素晴しい事だと思う。

当時の西洋の職人は伊万里とか見て悔しかったと思うよ。
そもそも岩彩という概念が無かったからな。

46 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/15(金) 18:10:34
>>43
ここだけ引用するね。

>それともヘタなんじゃなくて、長年焼き続けて行き着いた境地ですか?魯山人とかみたいに。

魯山人は20代から書画陶芸を中国に学びに行ったり、30で素封家河路豊吉に招かれて、
んでまぁもともと才能があった人なんだろうね、30始めの福田大観NAMEの時、
もう既に書画陶芸のスゴイ作品を作ってる。つまりはまぁ、エリートなんだよ、才能+環境でTuneされたElite。
ちなみに魯山人NAMEは39歳から。

と、魯山人の事を書いていて思い出したこと、蛇足するよ。
魯山人って尾形光琳を髣髴するものがアルね。こっちは兄弟で、弟の尾形乾山が陶芸、
光琳が絵画、合作した陶芸品とか、GREATな作品が数多く残ってる
光琳も乾山も長男では無かったので、家(屋号雁金屋)の状況顧みる事無く、それぞれの専門に
没頭していたという記述が残ってる。
もっとも、屋号の雁金屋の家計は大名貸しの破綻で火の車、さらにそれに輪をかけて光琳が金を
湯水のように使って借金で雁金屋はボロボロ、それの返済の為に仕方なく絵や蒔絵細工を作っていた、
なんていう記述も残ってるよ、しかし「仕方なく」作った蒔絵箱が国宝って…
http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?processId=00&ref=2&Q1=&Q2=&Q3=&Q4=11______64___&Q5=&F1=&F2=&pageId=E15&colid=H86
とかね、もうどんな人だよっ!
あ、ブツは今修理中(蓋が歪んだ)なんで展示してないよ。残念。
弟の乾山もWikiによると花籠図(重要文化財指定)なんて出してるから、この兄弟も
もともとの才能+SUPERイイ環境のEliteだったんだねぇ。
WOOOOOOT!! 本文より蛇足の方がナゲェ!!カンベンナ!!

47 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/15(金) 18:11:51
ああ、最後の一言書くの忘れた!!

コレだから日本美術は調べると楽しくて堪らないw

以上!

48 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/15(金) 18:28:00
さらに蛇足すると当時の西洋はギルドによる分業製作品的な物が普通だったんで、
尾形や魯山人みたいなのは生まれにくかったのカモね。
ちょっと差別的な言い方をするんで、初めから謝っておきます

  「職工が作った量産品と芸術家が作った一品物作品根本的に異なる」

んなもんですからまぁ当時の西洋陶器はショボかったんじゃないかと。

またまた全然関係ないけど補足
量産品のはずなのに写楽の浮世絵はほとんど重要文化財扱い、謎杉。

49 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/15(金) 18:50:35
東洋かぶれといえば
フェノロサそのまんまのような気が

50 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/15(金) 18:54:53
>>49
奴は泥棒だと思ふ

51 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/15(金) 19:26:58
http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_12/s2006121511.html

こんな人もいる

52 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/15(金) 19:29:51
>>51
何か根本的な勘違いをしているような…
…い、いやそんな事はない、気のせいだ、ウン

俺疲れてるのかな?今日は早く寝よう…

53 : ◆RAIDEN/jf2 :2006/12/15(金) 20:31:16
西洋芸術にも、東洋芸術にもどちらにも深奥はあるよ。
どちらの山を選んでも良いけど、

山の両側を同時進行で登っていく感じ、(片側がデザインで、片側が芸術)だと、
私に教えてくれた先生は言ってた。

54 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/15(金) 23:07:19
>>53
いい先生に当たったな、羨ましい。

55 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/16(土) 00:54:40
綱渡りのようなものだと言われた。
両側を視野に入れつつ無心でいないと
傾いて落ちる。

56 : ◆RAIDEN/jf2 :2006/12/17(日) 10:50:48
それが民芸運動であり、アール・デコでもある。

天賦の才を持って生まれてきても、全くゼロから何かを創り出せるわけでもなく、
新しいものを取り入れながらも、古き良きものを残す。ヨーロッパは新しい芸術を
取り入れても、古い物も『同時に』大切にした。

花と根源

57 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/18(月) 16:42:58
ときどき方々のスレで見かけるのですが、なぜラッセン氏の絵は悪評をうけているのですか?

58 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/18(月) 17:37:06
>57
私もラッセンだけでなく、ちょっと流行すると悪評されるみたいですね。
別に人好き好きなんで、どうでもいいと私は思いますが・・・

59 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/18(月) 20:01:43 ?2BP(36)
土産物だと見ればなーんてことも無いんでつけれど

60 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/18(月) 20:07:01
>>57
ラッセンそのものは素晴しいと思うけど、日本での売られ方に大きな問題があるのれす。
アールビバンとかその系列会社が気の弱そうな客にとんでもねー価格で無理やり買わせているのれす。
くわしくは「エウリアン」とか「アールビバン」とかのキーワードでこの板をサーチしてみるといいのれす。
僕もラッセンの絵は夢があってすきなのれす、が、あまりに日本での売り方ががとんでもないので、もう少しで
嫌いになるトコだったのれす。
でもやっぱりラッセンは好きなのれす。

61 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/18(月) 20:44:56
>>57

 業者が、高く売りすぎて値崩れしたからだろう。




62 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/18(月) 21:10:52
>>61
値崩れと悪評は繋がらないのでは?

63 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/18(月) 21:35:51
隙間アートですね。

64 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/18(月) 22:26:07
@ラッセンの評判が悪いのか?
A販社の評判が悪いのか?

ってことでしょう。

65 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/18(月) 23:21:46
英語で「××美術館」っていうのは、
「museum」と「gallery」と「(art) institute」がありますが、
どう違うんでしょうか。
(特に、「institute」は「美術館」と訳される場合と、
「研究所」と訳される場合があって、
検索等、調べ物をするときにいつも不便です。)

66 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/18(月) 23:29:17
没後50年経過すれば著作権が無くなりますが
寺、神社が所有してて本になっている江戸時代制作の仏画は
本を元に模写してHPで公開してもOK?

67 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/18(月) 23:58:55
チェンチェン、モーマンタイね

68 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/19(火) 00:41:12
日付も変わりましたが57です。
みんなレスdクス
販売元が悪いんですか……
それで、「だまされてるみたいだ」って言われてるんですね。
ラッセン氏自体の評判が悪いわけではない、ということですね。

69 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/19(火) 05:06:02
>>68
そう思ってもらえばOKっす。
氏の絵が好きな方は多いと思いますが、あまりに強引でヤバすなやり方に
被害にあってる方も多いんで坊主憎けりゃ(以下略)みたいな感じかと。

70 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/19(火) 06:46:58 ?2BP(36)
69サソのも評価の深度の一端であるにはちがいないでそ
然り乍ら
然程の物でも亡いのに、過度に取沙汰されてると思うのですけれど・・・
まいっか

71 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/19(火) 08:43:46
>>67
ありがと!ほんじゃー油絵で描くわ

72 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/19(火) 10:31:27
私はビュッフェが好きなんですが、どうでしょうか?

73 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/19(火) 11:40:14
Reneeタソも丸くなったもんじゃのー。
あ、いや、体型とかの話じゃないスッ。。。

74 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/19(火) 18:01:32
>>73
おまえのその書き方だけど面白くもなんともないね
クソってんだよ、そんなの。

75 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/19(火) 23:58:01
>>72
どうでしょうかっていわれても・・・。
ビュッフェスレへどうぞ。
裾野にも行ってください。

76 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/20(水) 06:44:58 ?2BP(36)
家の爺がドライポイントを持てまつ
一階のカフェにはリトがイパーイありますた。
ワタチは特にどーということも・・・センシティヴなラインが好みで無いのでつ

77 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/20(水) 11:47:09
>75
偉そうに屁理屈ほざくな。
貴様こそ消えうせろ。

78 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/20(水) 12:45:15
罵倒したいだけなら他所行ってください。

79 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/20(水) 13:41:22 ?2BP(36)
Ossip Zadkine,
ttp://www.artnet.com/ag/fulltextsearch.asp?searchstring=Ossip+Zadkine
Valentine Henriette Prax
ttp://www.artnet.com/artist/563416/valentine-henriette-prax.html

お好みでつ
だからどうということも無く

80 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/20(水) 13:48:14 ?2BP(36)
お好みというものは、千差万別じゃないとつまらないでつ

81 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/20(水) 13:51:02
>78
おのれこそ消えろ。

82 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/20(水) 14:47:24
>>79
あーこのひとキュビズムの人だー
俺も好き

83 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/20(水) 20:58:14
どなたか、>>65、お願いします。m( _ _ )m

84 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/20(水) 22:04:34
ギャラリーはもともと通廊って意味だから、陳列場ってことでしょ。
画廊とか。
インスティテュートは研究所というより学術的な財団。

85 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/21(木) 06:14:50 ?2BP(36)
『和の心』が日本語への置き換えに反映されているのでしょか?
不思議でつ

86 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/22(金) 00:19:40
翻訳ってむずかしいよね。
リクルートは徴兵制だし、ボランティアは志願兵制だから、
あえてちゃんと訳さないことが多いし。

87 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/22(金) 01:04:18
ギャラリーは基本的に客に無料で絵を見せるために展示するところで、
美術館は有料で客に絵を見せる施設、
インスティチュートは研究が主で、サービスとして客に絵を見せている、
ってことでOK?

88 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/22(金) 19:42:02 ?2BP(36)
ギャラリーと申しますれば、芸術家を紹介し作品を販売するために意匠を凝らす空間でつかねー。

89 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/22(金) 23:30:27
>>88
だけどさぁ、ロンドンのナショナル・ギャラリーやテート・ギャラリーって、
どう見ても美術館(入館は無料)でそ?
ワシントンのナショナル・ギャラリーに至っては入館有料だし。

90 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/23(土) 06:30:10 ?2BP(36)
ホホホホッホ89サソの「だけどさ」の意味が不謎でつ
ファインアートミュージアムとギャラリーは違いまつ
古典美術の収蔵施設と近現代美術の情報発信施設くらいの差がわかりませぬと
逝っていただいたほが・・・
入場料が話の論点では↑イイノジャマイカ

91 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/23(土) 06:47:02
っていうかさぁ、ミュージアムとギャラリーの違いって、何よ?

92 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/23(土) 12:48:05
ループしてら

93 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/23(土) 14:15:20
ミュージアムは博物館だから根本的に違うべw

94 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/23(土) 16:24:27 ?2BP(36)
ところで、何処の国の環境を知りたいのでつ?

95 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/24(日) 00:03:37
インスティテュート>ミュージアム>ギャラリー>路上



96 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/24(日) 00:59:24
インスティテュートってなに?

97 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/24(日) 01:03:48
どこかに書いてあったらごめんね。
よく営業車の側面に社名などの文字が書いてあるけど、横書きのとき右側には右から書いてあるのは
なぜだろう?

98 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/24(日) 06:40:52
美の巨人たちを見て思ったんだけど
ゼウクシスやパラウシスのエピソードや
雪舟が小僧の時、涙で鼠を描いて
和尚さんを吃驚させた・・・・なーんて
いうお話なんかを色々聞きたいです。

99 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/24(日) 07:52:27 ?2BP(36)
ゼウクシスとパラウシスの話てw
古代ローマのプリニウスサソが著わした博物誌中の逸話で
芸術とは人間社会において成立せねば意味をもた無いカテゴリーだとかいうお話

ま、雪舟も含めて トリックアートの お は な し ね

100 :98:2006/12/24(日) 09:14:26
な〜〜る・・・
トリックアートで検索してみれば良いのか・・・

取りあえず潜ってみます。。。

毎回、変な質問ばかりしてすみませぬ。。。
今年も残り僅かとなりましたが、今後とも
よろしくでつ。。。

101 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/25(月) 01:05:52
>>97
ゲン担ぎ

102 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/25(月) 11:17:20
>>97
>>101の言う通りでつ。
車が走っている状態で、名前が前から後ろに流れる…つまりは屋号が前進し続ける→商売繁盛。
という訳なのでつ、西洋でトンボが後ろ向きに飛ばないので「勝虫」と呼ばれ、
縁起物にトンボの形をしたものが喜ばれたのと、まぁ大差ないでしょう。

もっともどっちも最近は廃れつつありますが…トンボはまだ贈答品なんかにあるっぽいな。

103 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/25(月) 13:48:54
質問です。
『sans-culotte』という題名で、Louis-Lopold(Leopold)Boilly(1761-1845)という方が描かれた絵について、モデルが役者のシェナールという人物だということはわかったのですが、他にどんな些細なことでも良いので、この絵についてのことを教えていただけませんか?


104 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/25(月) 15:05:57 ?2BP(36)
>>103
sans-culotte(サンキュロット)についての記述
ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~french/event/s.html

105 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/25(月) 15:33:39
>>104
ありがとうございます!

一応フランス革命についてのことはある程度勉強しているのですが、この絵の作者のボワイ(?)と、モデルとなったシェナールの情報が見つかりません。

何年に作成されたか、どこの美術館にあるのかはわかりませんか?

106 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/25(月) 15:58:14 ?2BP(36)
Louis-Leopold-Boilly (ルイ・レオポルド・ボワイー)
パリに上京したばかりのときでつけれど、エチーな絵ばかり描いていて投獄されたことあるでつよ

107 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/25(月) 16:22:39 ?2BP(36)
http://www.repro-tableaux.com/a/musee-carnavalet-musee-de.html

108 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/25(月) 18:12:19
ありがとうございます!
携帯から見れるサイトはありませんか?パソコン無いので……
何度もすみません。

109 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/25(月) 19:18:43
ありません。

110 :某研究者:2006/12/25(月) 19:26:22
15世紀辺りの西欧の絵画が
全部載っていると言う様な本は
無いのだろうか

111 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/25(月) 19:28:23
ありません。

112 :某研究者:2006/12/25(月) 19:35:42
http://www.wga.hu/
上以上に載っていると言う本と言うのも
ざっと見た所見当たらないし
果たして有るのかどうかだが


113 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/25(月) 19:45:00 ?2BP(36)
>>105
制作年月 >octobre 1792 
有るところ>Musee Carnavalet, Paris.
      http://www.pariserve.tm.fr/culture/musee/carnavalet.htm

114 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/25(月) 20:21:09 ?2BP(36)
>>110
15th Century Paintingsでググって、ヒットしたものを手当たり次第に注文するでつよ

115 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/25(月) 20:29:55
>>113
ありがとうございました!
本当に助かります。

116 :某研究者:2006/12/25(月) 21:27:04
15th Century Paintings

http://www.amazon.co.jp/s/ref=sr_pg_1/250-7276884-0515432?ie=UTF8&keywords=15th%20Century%20Paintings&rh=n%3A52231011%2Ck%3A15th%20Century%20Paintings&page=1
国やジャンル別に分かれている物も多いが
http://www.wga.hu/
上のサイトと比べて絵の数は有るのか
どうかだが

117 :某研究者:2006/12/25(月) 21:30:46
http://www.amazon.co.jp/s/ref=sr_pg_1/250-7276884-0515432?ie=UTF8&keywords=15th%20Century&rh=n%3A52231011%2Ck%3A15th%20Century%2Cn%3A86336011%2Cn%3A86825011%2Cn%3A86834011&page=1
上辺りでも出て来るだろうが
ルネサンスや中世のキーワード等も
使える訳だろうし
作者別に調べても良いだろうが
wgaより果たして絵の数は
多いのかどうかだが

118 :某研究者:2006/12/25(月) 21:45:06
http://www.amazon.co.jp/Italian-Art-Middle-Ages-Renaissance/dp/3422065334/sr=1-31/qid=1167050484/ref=sr_1_31/250-7276884-0515432?ie=UTF8&s=english-books
矢張り上の様にページ数が多い物で無いと
絵の数は無いと言う事だろうが
高い本が多い訳だろうか

119 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/26(火) 13:56:37
学歴コンプ研究者 乙

120 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/26(火) 19:02:01 ?2BP(36)
ヽ(´ー`)ノウェブギャラリーオブアート御存知ならよろしでそ

121 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/26(火) 22:44:46
タブローダンマーバニスは黄変するのになぜ使うのですか?
合成樹脂とどこが違いますか
黄変するならタブローは全部合成樹脂にしてしまえばいいと思います
油絵が黄変したら取り返しがつかないと思います

122 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/27(水) 05:14:30 ?2BP(36)
>>121
経年劣化に対してナーヴァスになる必要はないでつ
だいたい何十年先のはなしだかお解りでつか〜・・・
黄色くなたら
テレピンで剥がせば⊂⌒~⊃。Д。)⊃ イイジャマイカ

保護用ヴァニスなんて、御自身の好みで御使用なさればよろしいでそ

123 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/27(水) 11:53:01
>>122
1000年先のことを思ってるんです
テレピンではがすは専門家しか知らないから×
タブロースペシャルも黄変するの?

124 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/27(水) 11:58:24
千年残ることより、この20年残ることを先ず考えろ。

125 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/27(水) 13:32:36 ?2BP(36)
>>123
商品名で訊くなおwマツダスーパー&クサカベ乙!!

あのね、保護膜が黄色くなるのねワカルカナ絵具が劣化するわけじゃないのでつよ
それを取り去って(樹脂のタブローは剥がしやすいわけ)新たに掛け直せばいいの
保護用ヴァニスと描用ヴァニスと修正用ヴァニスを解って訊いてるのかなギモンデツ

だいたい1000年も残せる絵なら、修復家がなんとかするでそ
専門家しかさわれないでそ

126 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/27(水) 15:02:30
>>123
釣りですかw?
どーしても詳しく知りたいなら美術手帖別冊でその辺のことがマルワカリできるのが
出てる。もっとも1983年刊の古書だけど「油絵のマテリアル」
あと修復専門家の歌田眞介氏の著書でも読みなさいよ。

127 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/28(木) 05:44:26
もしかしたら>>121 は宇宙人宛に油絵を描いて
人工衛星にでも乗せるつもりなのかも。

128 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/29(金) 07:44:29 ?2BP(36)
>>121=123
 熱や紫外線などの外的エネルギーによて、高分子素材が化学的に不安定になり、変質した結果、
発色原因となる構造体が樹脂中に生成しる。
 NOxなどの汚染ガスをはじめとした黄変を引き起こす化合物と接触しることで、
高分子素材が化学的に変質し、発色原因となる構造体が樹脂中に生成しる。
http://www.sponge21.com/product/glossary/ohen/ よりの抜粋でつ)
以上2点により変色しるので、恒久的に湿温調整の効いた密閉された場所で保管しればイイジャマイカと
いうかんじでつ○1000年後は知らないでつけれどワタチも某トランクスペースを借りているでつよ。

129 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/30(土) 00:14:15
恒久的に保存したいならやっぱり真空パックで真っ暗なところに保存ではなかろうか、と
おそらく開けた瞬間に崩壊するとは思うが。

130 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/30(土) 06:19:53

この人ウザい。何様つもり?

131 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/30(土) 13:24:46
>>129
冷凍庫を開けると冷凍食品のようなキャンバスがイパーイ
という構図が浮かんだ。ある種現代アートっぽい光景ではありますねw

132 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/30(土) 21:05:15
  ↑
こいつは粘着キモオタ

133 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/31(日) 00:42:01
ああ、冬休みだねえ。時々変なのがわくねえ。

134 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/31(日) 05:05:14
おまえ自分のこと見つめ直すとかしたほうがいいよ

135 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/31(日) 07:00:23
ウザイとキモヲタは禁句でつ

136 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/31(日) 15:10:56
元日に油絵をベンツに乗せて納品するので
タブロースペシャルを2日に分けて、2回吹き付けた
一般の人は何も分からないのでメンテナンスフリーで1000年もつものがイイ

137 :Renee ◆K48SKv4wnA :2006/12/31(日) 15:39:49 ?2BP(36)
お好きになさいませ

138 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/31(日) 16:25:28
油絵の具が出来たのは、14世紀後半から15世紀という説が有力ですが
それでも1000年は経っていませんでつ。。。
ましてや、合成樹脂の発明はココ最近のことなので
誰が1000年もつと言ってもそれは、
塗らないよりマシって話ジャマイカ???  ( >д<)、;'.・ ィクシッ


139 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/31(日) 21:19:20
其の点日本画の絵の具は鉱物系が多いんで、持ちが違うぜ!
まぁ膠で溶かしてるから、膠が逝っちゃうと一気に駄目になる予感。
板ガラスですら100年で液状化するから、なかなか良い保管方法ってのは思い浮かばないッスね
真空パックで水銀に沈めるとイイかも。絶対浮いちゃうのが難点だが。

140 :omikuji dama:2007/01/01(月) 06:45:26 ?2BP(36)
てすと

141 :omikuji dama:2007/01/01(月) 06:46:09 ?2BP(36)
じかんぎれでつ

142 :Renee ◆K48SKv4wnA :2007/01/01(月) 10:01:35 ?2BP(0)
Je vous souhaite a` tous une tre`s bonne anne´e 2007 !

縁起物でつからおいとこかとおもうでつ

143 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/01(月) 10:04:26
>>139
松風荘の東山魁夷の襖絵はそれで逝ったっぽいね。
やっぱりその時々で時代の修復屋さんに直してもらえるような
絵を描くのが現実的なんですかね。
でなきゃ彫刻に転向するとか。

144 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/01(月) 10:04:27
>>139
松風荘の東山魁夷の襖絵はそれで逝ったっぽいね。
やっぱりその時々で時代の修復屋さんに直してもらえるような
絵を描くのが現実的なんですかね。
でなきゃ彫刻に転向するとか。

145 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/01(月) 10:04:41
>>141
Reneeタン「!omikuji」「!dama」でつよ
ふぉーまっつがちがいまつ

146 : 【凶】 【606円】 :2007/01/01(月) 10:18:50
新年早々、Reneeタソらしい・・・┐(-。ー;)┌

147 : 【大吉】 【1509円】 :2007/01/01(月) 11:43:16 ?2BP(36)
(´・ω・`)ショボーン

148 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/01(月) 12:05:45
タブローのかわりに漆を塗るとどうじゃろ

149 :Renee ◆K48SKv4wnA :2007/01/01(月) 13:39:34 ?2BP(36)
漆塗たら黄変どころのはなしじゃすまなくなるじゃまいか

150 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/02(火) 01:23:05
.

151 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/02(火) 04:22:30
紙と紙を絵の具で張り合わせて、それを剥がして残る模様で描く技法を何と言いましたっけ?
ド忘れしてしまいました。お願いします

152 :Renee ◆K48SKv4wnA :2007/01/02(火) 07:10:02 ?2BP(36)
デカルコマニーでつ

153 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/02(火) 15:45:54
>>152
ありがとです!

154 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/02(火) 21:15:18
美術鑑賞板諸兄の審美眼を見込んで鑑定して頂きたく存じます。
この女をどう思われますか?
http://www.youtube.com/watch?v=-6NqUmu4wA4

ふてぶてしい態度に虫唾が走ります。
特にこのNothingnessシリーズは見ていられません。
http://www.youtube.com/profile_videos?user=MRirian

ご意見をお聞かせ下さい。

155 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/02(火) 22:39:33
>>154
可愛いですね、綺麗ですね
頃して皮剥いで剥製にして永遠に飾りたいですね、ええ。

156 :Renee ◆K48SKv4wnA :2007/01/02(火) 23:47:47 ?2BP(36)
>>154
http://www.imagesjournal.com/issue05/infocus.htm
みたいなかんじでつね

157 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/02(火) 23:50:30
>>156
Reneeタン、なんかヤなコトでもあったん?

158 :Renee ◆K48SKv4wnA :2007/01/03(水) 11:59:25 ?2BP(36)
>>157
壁|-`).。oO(URLを間違たでつ)
こちですたースマソ
http://www.artchive.com/artchive/R/redon/iballoon.jpg.html

159 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/03(水) 19:48:51
>>158
Reneeタン!!
なんか余計酷くなってまつ!!!

160 :Renee ◆K48SKv4wnA :2007/01/03(水) 23:42:15 ?2BP(36)
>>159
そかな?カーイイお
これよりゃマシと思うですよ
http://www.rotten.com/

161 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/04(木) 02:38:04
ヒィィィィ…
Reneeタンコワレチャッタヨ

162 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/04(木) 13:55:41
>>154
何、これ?www
 
Reneeタソはかわいさに嫉妬したのかな?

163 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/04(木) 20:52:11
10年くらい前だったか、佐伯祐三の作品が大量に見つかったいわゆる贋作騒動は
結局どういう結論になったんでしょうか?
なんかうやむやにされたような感じでいつの間にか忘れてしまってまいた。
詳しくフォローされている方、その後の論争の経緯もしくは結論を教えていただけませんか。

164 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/04(木) 21:57:17
芸術写真あるいはポスターのようにサイズ60cmをこえる大型プリント
作品を作られている方がいますが、作品はどのように管理されている
のでしょうか。ペインティングと比べると表面が傷つきやすく、修正
も不可能なことから、そのまま棚に仕舞うとも思えません。
保護財?のようなものを使うのでしょうか。

165 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/05(金) 01:00:18
http://www.holbein-works.co.jp/index2.html?location=04.html

普通にマップケースで保存すれば

166 :165:2007/01/05(金) 01:03:32
水彩メディーウム
 UVグロス バーニッシュ
 UVマット バーニッシュ

167 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/05(金) 01:10:49
超ど素人な質問ですいませんが、
例えば数十枚の絵(あるいは写真など)を組み合わせて描いた
巨大な一つの顔などの絵は何絵(あるいは何画?)って言うんでしょう?

168 :Renee ◆K48SKv4wnA :2007/01/05(金) 01:16:47 ?2BP(36)
>>163
贋作てことで流れたみたいでつ
>>164
オトモダチは、フレームに入れて暗所にしまうかディスクに焼く等の方法ですた

169 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/05(金) 01:36:58
明日、おっさんのとこに年始の挨拶行ってくる
人生に少なからず影響を与えた人。

170 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/05(金) 01:44:48
>>167
写真と言われるとピンと来ないが、アルチンボルドみたいなのかな?
だとするとトロンプ・ルイユの一ジャンルという感じだけど。

171 :Renee ◆K48SKv4wnA :2007/01/05(金) 02:45:03 ?2BP(36)
>>167
フォトモンタージュもしくはフォトコラージュというですよ

172 :167:2007/01/05(金) 07:59:55
>>170>>171
ありがd!

173 :167:2007/01/05(金) 08:00:48
>>170>>171

ありがd!

174 :167:2007/01/05(金) 08:01:54
>>170>>171

ありがd!

175 :167:2007/01/05(金) 08:06:16
あほな反復してもうた(wコラージュ?)
気にせずスルーしてくらはい

176 :Renee ◆K48SKv4wnA :2007/01/05(金) 10:11:40 ?2BP(36)
去年UKのギャラリで観たですお
Christopher Bucklow(クリストファー ・ バックロー )
http://www.artnet.com/artist/3269/christopher-bucklow.html
ピンホール・カメラてなんでつか?
いまいちわから無いので、易しく教えてくださいまし。

177 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/05(金) 10:34:10
レンズではなく針穴(ピンホール)を使用したカメラの事だす。
カメラに空けた針穴から入る光を印画紙に焼き付ける方式です。
光が弱いので写すのに時間がかかり、レンズのように鮮明には撮れませんが
遠近共にぺたっと均等に写る画像になります。学生の頃、紙箱で工作したっす。
この辺が詳しいですよ。
ttp://www.toshi-photo.com/Tutorial/TutorialIndex01.html

178 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/05(金) 11:23:28
挨拶にいってくる

偽物と本物の見分け方を教えてくれた人に。

179 :Renee ◆K48SKv4wnA :2007/01/05(金) 16:17:37 ?2BP(36)
>>177
スタンダードな部分は理解しますた
ありがとうございまつ
サテ
応用が・・・難解でつ

180 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/05(金) 16:29:27
>>179
んと
ピンホールに対しての等距離にピントを合わせようとすると、印画紙を半球状にしなくてはならない。
でもそんな印画紙無いから、必然的に写真の四辺のピンが甘くなるし、歪む
今はそこらへんを楽しむみたいな使われ方が多いらしい
あと、印画紙側を半円状に曲げて(凸凹どちらでも)、その仕上がりを楽しんだりとか、
どっちかつーとカメラの人に聞いたほうが良くわかるカト
>>176のリンク先はCG入れてるっぽいね

181 :Renee ◆K48SKv4wnA :2007/01/05(金) 17:32:26 ?2BP(36)
>>180
ソダタノカ!ありがとう
シカシCG入ていたらガカーリな気が・・・エフェクタ使うなら最初からフォトショップで造れば良い
とおもうですよ。混合技法のメリットとはと思案したりして。。。

182 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/06(土) 00:03:40
最近美術板重くない?

183 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/06(土) 00:45:58
>>182
ランダムに重いね、Hardware不調な感じ

184 : ◆RAIDEN/jf2 :2007/01/06(土) 00:56:26
トリップ泥棒と重さが関係あったりしてね。

185 :Renee ◆K48SKv4wnA :2007/01/06(土) 09:12:57 ?2BP(36)
http://ch2.ath.cx/load/academy4.html

186 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/06(土) 12:19:18
ほんとーにここのコテ達は仲悪いな
仲良くしなさい!
メッ!

187 : ◆RAIDEN/jf2 :2007/01/06(土) 17:58:58
自治スレ立てられませんか?

このスレッドも明らかに変だし、

自演集団にトリップを盗まれ、使われ始めました。
別にトリくらい捨てても良いけど、

188 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/06(土) 18:00:57
>>187
消えろ

189 : ◆RAIDEN/jf2 :2007/01/06(土) 18:06:11
トリップの裏側の数列は、誰にでも分かるものでしょうか?

190 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/06(土) 18:16:04
わからないし解析には普通物凄い時間がかかる
つかここで聞くよりそれ系の板逝って聞きなはれ

191 :Renee ◆K48SKv4wnA :2007/01/06(土) 19:30:16 ?2BP(36)
去年VecTripper でトリ造りやてみますた
使用に耐えるかもしれないトリに到達するまで4時間かかた
もーやんないお

見知らぬ国のトリッパー
http://tripsage.hp.infoseek.co.jp/
Trip-mona for win
http://www.dawgsdk.org/tripmona/
VecTripper for MacOS 10.x,PPC G4/G5
http://tmkk.hp.infoseek.co.jp/tripper/

お暇ならやてミソ

192 :◇RAIDEN/jf2:2007/01/06(土) 20:28:33 ?2BP(36)
コピペだと ◇ になるの例

193 :Renee ◆K48SKv4wnA :2007/01/06(土) 20:31:15 ?2BP(36)
>>186
どこのコテハン?
と、
釣られてみますた

194 : ◆RAIDEN/jf2 :2007/01/07(日) 15:46:42
>>191 ありがとうございます。
これより、新型モビルスーツの開発に向かいます。

195 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/07(日) 22:36:52
ジョニー・ライデンだったのか…

196 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/07(日) 22:55:15
西洋美術史の古代から現代までを扱っている入門書で、お勧めのものがありましたら紹介してください。
さいきん、ルネサンス期の宗教絵画の話を聞いて面白いと思い、美術史を一通り勉強しようかと思っています。
西洋の政治史や思想史は大学で専攻したのですが、高校のとき世界史をとっていなかったので、美術史についてはサッパリ知識がありません。
それとも、高校世界史の参考書からやったほうがいいでしょうか?

197 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/07(日) 23:42:49
>>196
「巨匠に教わる絵画の見かた」
視覚デザイン研究所 編なんてどうでしょー
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4881081241
アフィリンクじゃないから安心してね。ここのレビュー読んで欲しい

美術史、という観点からはあっさりとしか、それも20世紀初頭の美術までしか書かれていないが
いわゆる巨匠達の時代背景みたいなものはけっこう掴める。
図書館が利用できればまず置いてある本だから借りてみるのも一考よ。

あーでもルネサンス期の宗教絵画についてはあんまり触れられてなかったかなー

198 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/08(月) 00:06:37
>>196
>>197さんと同じ視覚デザイン研究所の本ですが
「鑑賞のための西洋美術史入門」
なんてのもあります。
http://www.boople.com/bst/BPdispatch?isbn_cd=488108190X
(これもアフィじゃないです)

ごちゃごちゃしてるので読み進めるタイプの本ではないですが、
細かく区切られているので事典のような使い方ができます。

高校で世界史やりましたが、所詮暗記で切り抜けたので
美術館に通うようになってからいっぱい本を読みなおしましたですよ。

199 :197:2007/01/08(月) 00:26:36
>>198
視覚デザイン研の本は変わってるけど結構実用的なものが多いと思うっス。
ココ個人的に大好き。

200 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/08(月) 00:27:49
子供の頃に見た絵で、強烈に印象に残った絵があるのですが…

背景が放射状の赤と青のストライプで、画面の真ん中で巨大な乳房の上に乗った
裸の黒人男性が、体を伸ばして満面の笑みを浮かべているという絵なのですが、
誰のなんという作品なのでしょうか。
画面右上か左上に、母乳を水鉄砲のように噴出させている、デフォルメされた
おっぱいも描いてあったような気がします。

最近、たびたび夢に出るので気になって仕方ないのです。
ご存知の方、教えていただけると嬉しいです。

201 :196:2007/01/08(月) 00:36:45
>>197
さっそく、ありがとうございます!
さしあたって、○○様式の特徴や背景、代表的な作品などがわかればいいので、
ルネサンスの宗教絵画にたくさん触れられてなくても大丈夫です。
レビューを読んでみたんですが、面白そうな本ですね!

>>198
ありがとうございます! こっちは、古代から網羅されてるんですね。
調べてみたところ、用語説明があったり、辞書的に使うと便利そう。
たしかに美術の知識を得ると、作品の見方が変わって面白くなりますね。
危険なところに足を踏み入れてしまったのかも。

明日さっそく、本屋に行ってきます!



202 :私はダリ。妻はガラ。:2007/01/08(月) 00:44:22
>>200
横尾忠則のポスターだと思います。

203 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/08(月) 01:47:29
>>202
お答えありがとうございます!
イメージ検索してみましたところ、そのものずばりの絵は
出てこなかったものの、放射状のストライプや色彩がかなり
記憶の絵と一致しましたので、多分この人だと思います。
長年のわだかまりが解けた思いです。ありがとうございました!

204 :Renee ◆K48SKv4wnA :2007/01/08(月) 08:43:35 ?2BP(36)
http://youtube.com/watch?v=MBQbtbxYIcY


205 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/08(月) 09:34:21
>>204
二本とも見た。
終わりの刹那さが良いね。しかしどうしてコレを?

206 :Renee ◆K48SKv4wnA :2007/01/08(月) 10:01:41 ?2BP(36)
昨日から振替のオフでつ
ノエルに始まる冬のイベントスベーテお仕事で流してしまいますた
せつのうございます
と、
チラシの裏           (´-`).。oO(暇なのでつ)

207 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/08(月) 15:35:31
二点お聞きしたいことがあります。

質問1 新潮文庫の昔の『異邦人』の表紙は誰の作品ですか?
    青空と白壁の建物の絵です。

質問2 3、4年前に確かロフトで見た絵なんですが
    二枚組で一枚は白地に水色の十字、もう一枚は水色に白の十字という絵です。

特に二つ目の質問の絵はその場で買わなかったことを今でも後悔するくらいに印象に残ってます。
それ程高価な物ではなかったのですが。

分かる方いらっしゃいましたら教えてください。

208 :Renee ◆K48SKv4wnA :2007/01/08(月) 18:05:13 ?2BP(36)
答1 カバーを良く見れば、イラストレーターかデザイナーの氏名が記してあるはず
答2 知らないでつ

209 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/08(月) 18:08:28
スウェーデンの国旗とか。w

210 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/08(月) 18:49:54
ジョージア・オキーフ?

211 :Renee ◆K48SKv4wnA :2007/01/08(月) 19:44:20 ?2BP(36)
答2探し

Ad Reinhardt(アド・ラインハート)
http://images.google.com/images?q=Ad+Reinhardt&svnum=10&hl=ja&lr=&client=safari&rls=ja-jp&start=20&sa=N&ndsp=20
Piet Mondrian(ピエト・モンドリアン)
http://images.google.com/images?q=Piet+Mondrian&hl=ja&lr=&client=safari&rls=ja-jp&sa=X&oi=images&ct=title
Barnett Newman(バーネト・ニューマン)
http://images.google.com/images?client=safari&rls=ja-jp&q=Barnett%20Newman&ie=UTF-8&oe=UTF-8&sa=N&tab=wi

212 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/08(月) 19:54:49
ジョセフ・アルバースじゃない?
でも、「十字」っていうのが違うなぁ・・・。
 
http://www.imagine.co.jp/contemporary/albers.asp
 
極端な抽象画で、「水色」っていうのが珍しい希ガス

213 :207:2007/01/08(月) 21:38:43
>>208
確かに表紙に書いてあったのですが、本自体を無くしてしまって分かりません。
古本屋で探しているのですが何しろ田舎なもんでなかなか見つかりません。
確か日本人の画家でした。

>>210-212
ありがとうございます。
早速見させていただきましたがこの中にはありませんでした。

縦長の十字がモチーフで、パステルカラーの水色とクリーム色って感じの白だったんですが
対にして並べて見ると色とバランスが絶妙な絵でした。
絵というよりデザインて言ったほうがいいかも知れません。

58 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)