5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

慢擬能手〜書道を語りましょう7〜何異家狗

1 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/31(日) 21:50:51
書道、書法、書芸(藝)、書について引き続いていろいろお話しましょう。

2 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/31(日) 21:55:32
↓前スレッド

書道について語りましょう(初代)
http://makimo.to/2ch/academy_gallery/1002/1002529942.html

書道について語りましょうvol.2
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1047639684/

書道について語りましょうvol.3
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1089818491/

書道を語りましょう.4
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1111767323/

書道を語りましょう.5
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1122153018/

書道を語りましょう.6
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1150044752/

3 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/31(日) 22:02:09
↓関連スレッド

書道が趣味の人3
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1126794636/l50

前衛書道は詐欺
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1013154211/l50

国立大の書道科出たやつの会話するスレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1094635739/l50

篆刻スレッド
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1042187357/l50

墨蹟について語ろう
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1094049103/l50

4 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/01(月) 23:43:37
国立大の…が盛り上がっている様子。こっちも負けずに行きましょう。
ところで、新潟大学に、書道科ってあったんだね。
この時代に、大学の書道科に行こうという子がいるということがすごい。

5 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/02(火) 00:01:04
新潟大学は伝統校ですよね。石橋氏ゆかりというか、鳴鶴翁の用印はみな
ここの所蔵ではなかったかしらん。

6 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/02(火) 00:04:48
↑ 伝統があるだけじゃあなあ。

7 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/02(火) 01:37:36
っとに・・二言目には否定だよな。2ch。

もっと良スレにはならないものか。

8 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/03(水) 00:43:58
伝統だけではだめなのは事実だと思う。
現代といかに接点をもち、現代に影響を与えなくては、
伝統芸の習得に終わって、何の発展もないから。
大衆文化としての書道の必然性を、誰か哲学的に語ってくれ。
そう、哲学がないから、なんだか今の書道は根無し草なんだよ。

9 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/03(水) 19:14:57
↑ 哲学があるだけじゃあなあ。


と、すかさず二言目 get!!

10 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/03(水) 20:32:04
ま。書壇かぶれの学生が言えるのは「あの書風はもう古臭くて時代遅れ、もっと現代性を」
という受け売りの言葉くらいだな。
彼らの言う現代性とは、上層部の権力争いで決まるだけの流行書風に合わせられ
るかどうかだが。
システムに翻弄されているだけの連中に現代性は語れない。

11 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/03(水) 20:56:21
じゃぁ あなたは何を語れるのだろうか?

じゃぁ あなたは何か行動に移せたのだろうか?

僕は語れますし、行動にも移しています。

12 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/03(水) 21:16:00

                        !llllii,_
                     : lllllllli
       ,,,,,,,,,,,,,,,:              llllllllll:
       :゙!llllllllllliiiii,,,:         .lllllllll|:
        : ゙l!!!!lllllllll・           lllllllll|:
           : ゙゙゙゙′        llllllllll: : ,,.,,,:
                     : lllllllllliiilllllllllllli,:
        : ,,,,,、       : :,,,,iiilllllllllllllll!!!lllllllllll:
      : ,,,,iiilllllllllll:       .:゙!!!!!!!!lllllllll|: : ,lllllllll|:
    : _,,iiilllllllllllllll!l’          : lllllllll|...,llllllllll「
  : ,,,,iillllllll!lllllllllll!″        .,,,iiiillllllllllllilllllllllll°
 .:゙゙l!!!゙゙゙゙",iilllllllllll    : ll,    ::ll!!゙゙゚llllllllllllllllllll!″
     : ,lllllll!lllllll:    ::lll:       :,llllllllllllllllll!:
    ,,,lllllll゙`lllllll,,,,,i!:  .:llli,:     .,,,illlllllllllllllllll゛
    ,,lllllll゙: ._llllllll!゙°  .llllll|、  .:lllllllllllllllllllllll!:
   ..,lllllllll,iiiiillllllll:     .:llllll,,   .:llllllllllllllll!゙゙:
  : illllllllllllllllllllllll:     :llllll!   :  ̄^lllllll::
  .,lllllllllll!!゙.,lllllllll:      .゙゙′     ;lllllll:
  .゙lllllll!゙` ::lllllllll|:            :;llllll|
   ゙゙゜  : illllllllll:            : llllll′
      .:lllllllllll_               :llllll:
      .llllllllllll゙            : lllll|
      .:lllllllll!″           : llll|:
       ゚゙゙゙゙°            


13 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/03(水) 22:04:16
で、どんな結果が得られたの?
成果キボン(・∀・)

14 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/03(水) 22:17:51
あせるな

15 :私はダリ。妻はガラ。:2007/01/03(水) 23:15:32
20人展感想を。
覚えこんだ手の運動感覚だけで作られた作品は感動しない。
井茂氏の半切の「志くも」に見られる、書きながら考え造形していく線は、
リアルになまめかしくてセクシーだ。
書とは字を書くものという次元を超えて、筆触という書の言語が紙面という
臨場で造形されなくてはならない。
Aランク・・・井茂、関
Bランク・・・河野、榎倉
Cランク・・・多数
Dランク=引退したほうが・・・数人
日比野氏の気分ばかりでサラサラ書いていくやり方は、西川寧が嘗て口を
極めて罵っていたやり方だ。他の仮名作家は紙面構成で格闘しているし、そ
れは壁面芸術が要求する必然だというのに・・・。
松坂屋への配慮で参加している中京の樽本・種村は役者不足、特に墨の色が
悪い。
反論有りましたらどうぞ。

16 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/05(金) 00:49:02
私は新井氏のすぱっとした作品に惹かれた。
入口すぐのところに、井茂氏の作品があって、
仮名なのに、紙面を掘ってゆくような筆跡をいいなと思ったが、
この良さは、わかりずらい性質のものではないかとも思った。

17 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/05(金) 00:53:52
今日は、すごく混んでいたよ。
出口付近の鈴木春朝氏の作品は、連綿がきれいで、なんだか書道って感じがした。
しかし、意表をつくような人選でもなっかった。
中野北溟氏のカムバックを願う!!!

18 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/05(金) 00:56:25
↑ 中野カムバック、支持。

19 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/06(土) 12:28:25
<<15

<リアルになまめかしくてセクシー
井茂に心酔してるんだね。おもしろいことやってるとは思うけど、
ほめすぎだと思う。

<筆触という書の言語が紙面という臨場で造形されなくてはならない
わかりづらい。

そのほかは同意。




20 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/06(土) 12:34:20
<<じゃなくて、>>か。逆にしてしまった。2ちゃんに慣れてないもんで。

21 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/06(土) 16:05:15
ここは年寄りにもやさしい弐チャンネルです。

>筆触という書の言語が紙面という臨場で造形されなくてはならない

石川九楊の読みすぎだろ。


ところで、書道界には何がおこれば、変化の兆しとして受け止められるのかな。


22 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/06(土) 16:36:01
年寄りが欲を捨てる

23 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/06(土) 20:27:31
>>21

20が年寄りかどうかわからないだろ。
年寄りって、この時代、70以上くらいの感じかな。

24 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/06(土) 20:45:18
頭が年寄りなら50からでも年寄りだよ。

25 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/06(土) 23:57:57
>>21 芸大に書道科ができる

26 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/07(日) 00:17:22
>>21 武田双雲が芸術院会員になる。

27 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/07(日) 00:19:02
何で芸大にこだわるの?

28 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/07(日) 00:20:28
>>26 それは変化というよりか悲惨

29 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/07(日) 02:00:19
美術館で展示をするから書は美術の範疇になって、
芸大に書道科があることによって、書は芸術の位置ジャンルになるから。
そして、斯界における発言権も強くなる。
いろいろ御託を並べるより、乱暴なようだけれど
こういう事実によって、物事は既成事実化してゆくものなのだよ。

30 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/07(日) 02:12:26
書道科出身の人が東京の芸大に入るって聞いたから、芸大に書道科が出来たと思った。

31 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/07(日) 02:22:44
>>21
展覧会の出品作品の書風はくじ引きできめることにする。
たとえば、翠軒流の人も、創玄のくじをひいてしまったら、創玄の書風で出品。
すばらしいアイディア。偉い人にも容赦なく適用。

32 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/07(日) 02:25:23
>>30
どうせ聴講生なんじゃないの。

33 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/07(日) 07:42:00
>>8 哲学と言うと価値観とか本質がどうのて事になるが、これは前スレ
で出かかったけど、大学院がまた引篭ったから話しにならなかった。
なぜ根無し草みたいなのかは、書画や音楽など芸術文化史を、仔細に
見なくても大観するだけで分るよ。いろんな分野で有る事だが、書法は今、
末法に入っているのだよ。つまり、王羲之頃からお手本スタンダードにな
る価値高い書風が色々作られた。それが大体明の頃には出尽くした。
清の頃、ふと立ち止まって、これからどうしょう、色々やってみようぜ、
で言わばフリースタイルが始った。然し、それはその場限りのマスプロ使
い捨て品で、歴史に残るようなスタンダードは出ないんだよ。例えれば、
お手本として残るようなのが宝石、それをマネたのはガラスのイミテー
ション、フリ−スタイルはオリジナルだけどマスプロのガラス工芸品。
イミテーションとマスプロガラス工芸品は残らないから根は無いんだよ。
もし王羲之が現代に居ても、宝石は出尽くした、もうできねぇよ 言う
だろう。でもね、イミテーションもガラス工芸品も必要なものなんだよ。
宝石はオリジナル作品に限る、それは数限定だし、大方のものが博物
美術館に在って買えるものじゃないんだから。

34 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/07(日) 07:43:46

ところで、末法とは釈迦歿後1500年からだそうだが、清代は王羲之歿
1500年なんだね。末法は1万年続くそうな。墨硯筆紙なんか1万年後
まで保存されてるだろうか。月に穴掘って、人類文化歴史文物保管所作れ
ば残るかもしれんが、興味持って見る者は居ないだろうな。ただ虚しく
在るだけ。いずれ太陽も地球も月も壊れてしまう。
ガラさんの批評もガラス工芸品の批評なんだ。それはそれでいいだろう。
ガラス工芸品の中でも、でき良いなと思うのもあるだろうから。
ガラさんは金沢に居るの?

大衆文化としての書道の必然性て何のこと? プロ野球を見る、自分も草
で楽しくやるのと同じじゃないか。揮毫と言うね。人生の折々に一筆記す。
考えてみると、書は日記や記念写真なんかよりやるのも保存も簡単だし
しゃれてるね。少しはカッコつけたいなら練習すればいい。現代人は自分
で記念品を作ることなどほとんどない。書は他の物よりお手軽にできる。
書道界もその辺を宣伝すりゃいいんじゃない。

35 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/07(日) 14:40:42
引きこもりのニート = 大学院



36 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/07(日) 15:49:49
1 不在
2a 東京学芸大学 奈良教育大学 
2b 筑波大学
3 大東文化大学 福岡教育大学 
4 京都教育大学 新潟大学 
5 大阪教育大学  岩手大学
6 花園大学 
7 仏教大学 四国大学
8 京都橘大学 尚絅大学 二松学舎大学


37 :私はダリ。妻はガラ。:2007/01/08(月) 00:34:35
>>34 ガラさんは金沢に居るの?
金沢21世紀美術館その2のスレで、私は、金沢の山奥で母親と暮らしている
女性ということになっています。まあ、勝手に妄想してください。

38 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/08(月) 22:46:30
九楊みたいな未だに70年代ひきずってます系の人が
なぜあんなに重宝されるのか意味がわからない…。

九楊ちゃんの本、目次しか見たことないし、個展も1回しか
見に行ったことないけど、要するに書を筆触の芸術と
とらえた上で、その筆触を消すことによって書を脱構築(pgr)
しようとしてるという解釈でおk?
めちゃめちゃ単純化してるけれども。
あと、彼の書史ってどうなの?
松岡正剛あたりがけっこう批判してるけど。

誰か読んだ人、大学院さんでもいいから、説明してくださいな。
あたしゃ専門物理だし美術評論なんてまともに読みこんだの
さわらぎのいくらいだからお手柔らかにね。

39 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/08(月) 23:31:35
読んでからでないと、正しく批判することは出来ないよ。
>その筆触を消すことによって書を脱構築
という意識で休養は制作していない。
「筆蝕」という造語自身にもいろいろな意味を持たせて語っている。
単に紙面に現れた筆触だけでは「筆蝕」は説明はできない。

 書の世界で脱構築なんて言葉使いたくないけれど、

 またそういう言葉を使っている人ってちゃんと、その言葉を定義できているのかな
と思うときもある。

 僕は彼の言ってることの要点を抄録してあるし、そしてそれに対してどのような
表現をとっているのかという意味と結果も理解しているつもりです。
けど、その見出した問題点と、導き出した答え=表現というのは
結局「何も言っていない」のと同様で答えにならなかったじゃん。というのが休養の表現に
対しての感想です。

目次だけ読んで理解できるのであれば、それはもとから読む価値のない本です。
また休養の本は20代前半に読んでよく理解できませんでしたが、最近になって
もう一度読み直すと、それぞれの言葉の背景にある分野の、そこで行われている
概念も関連付けて自分の中で消化していきますので言いたいことはわかったという
とこにまでなります。
 でも言いたいことがわかったぶん、より、その視覚化された表現とコンセプトとの
関係の弱さに作家としての段階の低さが目に付くようになります。

 金もらって授業としてお話するわけでもなく、私は説明して差し上げようとは
思いません。知りたかったら自分で読むしかないですよね。別に読まなくてもいいと
思うけど。

40 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/09(火) 08:34:56
何様ですか? (ワラ

41 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/09(火) 08:56:06
ここは落ちぶれた口だけ君しかいないからな
大した知識も腕もない椰子ほどよく吠えるw
ほんと何様のつもりだろか、おまえらの書論の本でもだしてみろ読む価値ないけど

42 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/09(火) 09:14:51
>>40-41 のレスは読む価値ないけど w





43 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/09(火) 09:18:47
>>40-41 あと古臭い古典芸能みたいな自演はダサいよ。
     自分の意見に他者が同意したみたいに2回に分けて
     レスしてんの馬鹿だと思わない?しかもsageに
     して色まで変えてさ。w

     

44 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/09(火) 09:51:26

と早速、口だけ君一号が来ましたw

45 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/09(火) 13:28:33
>>43
思い込みで感情的にならないほうがいい。
まずその痛い妄想癖を治せ。

46 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/09(火) 14:42:52
くだらない書き込みは見飽きたから。

もう少しもの考えられるようになったらまたレスください。


47 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/09(火) 14:43:41
思考回路が古典芸能だと、先ず無理かな。

48 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/09(火) 15:58:03
レスください。って WW


あなたの立ってる位置がわからない…。
スレの管理人になったかのような錯覚をおこし始めましたか? orz

あと、次々と言いたいことが湧いて出てきてしまうんだと思いますが、
レスはそう感情的に急がず……ゆっくり考え
て一回の書き込みで済ませください。


49 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/09(火) 16:10:12
↑ もう少しもの考えられるようになったらまたレスください

50 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/09(火) 16:15:18
>おまえらの書論の本でもだしてみろ読む価値ないけど

 書論の前に日本語からやり直しですねWレスはそう感情的に急がず……ゆっくり考えてw

51 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/09(火) 19:06:34
>>32 聴講生じゃなかったと思う。すごいねって話だったから。

52 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/09(火) 23:05:59
粘着。私怨は余所で。

53 :わたしはダリ?名無しさん?:2007/01/09(火) 23:27:41
思考回路が古典芸能だと、先ず無理かな。

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)