5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アルベルト ジャコメッティ

1 :ぷりん:2001/03/02(金) 12:19
 ジャコメッティてどうして話題にのぼらないの?

2 :フッ:2001/03/07(水) 20:31
矢内原を描いたものはすきだがな。

絵画の中ではあれが一番気に入っているぞ。



3 :フフッ:2001/03/08(木) 00:05
全部同じだからなあ、あのオヤジは
でも好きさ

4 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/08(木) 00:07
おいおいメアド..

5 :たらチャン:2001/03/08(木) 00:47
あの針金みたいなヤツ美術館でみるたび持って帰りたくなる。
場所も取らなさそうだし、好き。



6 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/08(木) 00:59
ジャコさんはなんであんな細い像をつくったのれすか?


7 :わたしはダリ?名無しさん? :2001/03/08(木) 01:49
写実を追及するあまり、消去法で削いで行くと無くなりそうになるんだそうです。
デッサンが好きです。

8 :9:2001/03/08(木) 06:05
test

9 :ぷりん:2001/03/08(木) 17:03
矢内原さんを書いたリトほしくてほしくて!

10 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/14(水) 03:19
あげてみる。


11 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/14(水) 04:04
テストしてみる。


12 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/14(水) 05:06
眠い。


13 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/03/30(金) 02:47
愛人兼モデルのカロリーヌに高級マンションやフェラーリを買い与え、彼女は助手席に免許も車も持たないジャコメッティを乗せて夜のパリを走りまわったそうな‥‥。
カルチェ・ブレッソンの撮った有名なレインコート被った写真しかり、なんか格好いいんだよな、この親父は。

矢内原伊作のデッサンはたしかに最高だな。ていうか、あの狂ったようなデッサン週間の後と前じゃ、絵がかなり違うんだよ。
やっぱり、矢内原の帰国後も、大学の長期休暇の度に呼び寄せたのも頷けるくらいに、意味のある挑戦だったんだろうな‥‥。

14 :ぷりん:2001/03/30(金) 10:59
 ジャコメッティの彫刻は中学の美術の教科書に載っていて、心奪われるもの
として、雲の上のものとしてただ崇拝のイメージでした。1987年に熊本県立美術館に
ティッセンーボルネミッサコレクションを見た際、彼の油絵が存在することにやっと
気が付き,それならば必ずリトがあるはずだと探しましたが見つけることができません
でした。やがてピカソからワイズバッシュ、平野遼と手を広げたとこで、うかつに「探せるものな
ら、探してごらん」といったばかりにある画商が矢内原のリトを持ちこんできました。
買うお金が無かったのですがよめはんが買いおりました。NHKの特集を見て彼の事を知らないことに
愕然としました。

15 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/05(木) 12:53
終わり無きパリ 知ってます?

16 :ぷりん:2001/04/06(金) 15:00
 知りません,何でもいいから教えてください。

17 :婦人立像:2001/06/21(木) 13:14
みとれるほどステキ

18 ::2001/06/21(木) 16:04
オオーッ!!!
やっと上がったか!!
ポンピドゥの婦人立像を見た時、足が竦んだ。
ガツン、とやられた気がした。
それは自分自身の”生きている上での実感”みたいなものを
そのまんま彫刻化されているような気がしたからだった。
…という見方をしているんだがどうだろう。

矢内原氏の本は近々入手予定だが、
ジャコメッティの絵画集、
或いは彫像の写真集のようなものはないのだろうか。
彫像然り、
箪笥の上に蜜柑が乗った殺伐とした絵、
ジュネの肖像なんて見れば見るほど落ち込んでいく。
ジャコメッティ、愛してる!!!

19 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/22(金) 13:20
名前がイイ!

20 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/23(土) 00:49
高校生の時、ジャコメッティだけを見たいがために
東京現代美術館に最終の日曜日に彼女との約束を
無視して見に行った。もちろん、その後マジ喧嘩。
でもそれだけの価値があった。
ジャコメッティ以外も良かった。
ちなみにポンピドゥ。

21 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/23(土) 16:51
↑どう良かった?

22 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/07/02(月) 23:14
彼の彫像そのもののように孤独なスレ。
あげとくか…。

23 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/05 22:14 ID:cEgSX9h6
空あげだが怒るなよ。

24 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/30 16:11
ジャコメッティの作品の細さは、現代に生きる人間の不安定さを表現してるよねー

25 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/30 16:42
カルダーはさらに細い針金でサーカスをテーマに作ってるけど、
とっても愉快だわ。

26 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/01 13:31
ディエゴの家具も結構いいんだな。

27 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/01 18:13
俺も孤独なんだ。

28 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/01 21:08
漏れはデブだけど不安だ。

29 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/12 20:37
スイスで生誕100周年の特別展示見てきました。
やっぱ、年代順に並べられてるからこそ
見えてくるものとかあって、よかったですよ。
まだやっていると思うのですが、機会があったら
見に行ってみて下さい。

30 :ジャコ←最近気がついた。:01/12/14 03:36
>>24
僕は逆に、野性的なたくましさを感じる。魂の芯みたいな。
まるで砂漠の陽炎の中を遠くからこちらに向かって歩いてくる、アフリカ土人。
圧倒的な魂。空と大地の間、切り裂くように存在する魂の避雷針。
ジャコメッティは天才、いや天災?

31 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/14 13:05
>30
その天災って表現、ブラボー。

32 :30:01/12/18 16:29
まんまんちゃアン

33 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/10 17:39
あの人ゲイなの知ってた?
ヨーロッパでは有名よん。

34 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/16 19:57
俺はとても好きなのでMoMAの回顧展に2回も足を運んだ。
作品数がとても多く、内容的にすばらしかったよ。
みんなも見に行った貝?

35 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/16 22:48
>MoMAの回顧展

え?
上野のやつにきてるの!!!???

36 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/17 17:31
>>35
説明足らずでごめんなさい。今月初めで終わってしまったけど
ニューヨークのMoMAです。すばらしかったYO!

37 :通りの神秘と鬱:02/01/17 18:53
初めて彼の「戦車」という作品を
目にした時、かなりのインパクトがあった。
「おい、こんなに細くていいのかよ。ピース。」
あれの小さいレプリカがあったら欲しいんだけどな。

38 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/17 22:53
「実存」なんて不慣れな言葉使いたくはないが、
その髄を感じるなあ、この人の絵も彫刻も。

39 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/22 23:32
NYのMoMAまで見に出かけるほどの、こだわりのあるファンは
いないってことか。しごく残念である。

40 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/23 23:38
>>39
だって2chだもん

41 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/26 01:32
   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`)< マ、タシカニナー
  (    )  \_____
  | | |
  (__)_)

42 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/28 01:00
age

43 :seconds:02/02/15 18:20
淀井敏夫のヨドメッティーには笑った。
これって、だれがいいだしたん?

44 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/21 00:16
オブジェと彫刻って近いのかしら
遠いようにしか思えないのだけど
はじめはやはり彫刻には見えない
のだけど

45 : :02/03/04 14:05
リニューアルオープンした東京国立近代美術館に
ヤナイバラスケッチあり。すごかった。


46 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/15 18:09
神に近い芸術性

47 :愚劣庵彦六:02/04/15 18:45
矢内原伊作のモデル日記風はかなり面白いね。
私はジャコメッティーは彫塑よりデッサンより、油が好きです。
それも人物よりも静物や風景のものが最高ですね。
フォビズムをズズズイズイと格好良くしたスタイリッシュな
センスは抜群だと思います。

http://www2.odn.ne.jp/~chz34020

48 :MOG@デリバティブ ◆nLVlFQrA :02/04/23 22:31
実存主義的不安の表象といわれているけど、そんな理屈抜きにひと目で好きに
なった彫刻家。

>>13愛人兼モデルのカロリーヌに高級マンションやフェラーリを買い与え、
彼女は助手席に免許も車も持たないジャコメッティを乗せて夜のパリを走り
まわったそうな‥‥。
カルチェ・ブレッソンの撮った有名なレインコート被った写真しかり、なんか
格好いいんだよな、この親父は。

そうなの、ますますカッコイイー!


49 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/23 22:36


50 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/27 03:47
東京でジャコメッティの彫刻が見れる所ある?
ブリヂストンの常設展示は貸出中らしいし。

51 : :02/05/04 02:43
数年前、都内(近代美術館?)で『歩く人』を見たけど
やっぱ写真で見るより実物はいいなぁ…と思ったり?

でも、あれってレプリカだったのかな?

52 :わたしはダリ?名無しさん?:02/07/01 00:38
矢内原って思想的にはドキュソ左翼なんだけど
ジャコメッテイとの記録はすばらしい文章なんだよね

53 :わたしはダリ?名無しさん?:02/07/01 00:41
http://profiles.yahoo.co.jp/tengaiten2002

54 :774:02/07/05 19:20
雑魚眼って意 素適な男。
絶対の追求
真実の眼差し

55 :わたしはダリ?名無しさん?:02/08/24 21:47
今日のためにあげとくよー

56 :わたしはダリ?名無しさん?:02/08/25 02:41
>>55

美の巨人……、見逃しちまった。
ジャコメッティ本人が喋る映像なんかもあったと聞いて、
ますますショックだ。
矢内原をはじめ、いろんな人がジャコメッティの喋りが素晴しいって言ってるし、
見たかったのにな、残念。

>>44
で、そのカロリーヌは、ジャコメッティの急な訃報を聞いて、
スタンパでの葬儀は親族の反対を押し切って参列すんだよね。
でも、それだけの男だったんだろうなあ……。

57 :わたしはダリ?名無しさん?:02/10/05 07:43
ageろageろ

58 :わたしはダリ?名無しさん?:02/11/17 19:13
ひさびさあげ

59 :774 ◆bajfbGHd3E :02/11/17 19:45
a

60 :わたしはダリ?名無しさん?:02/11/17 20:00
じゃこめってィは絶対なんてものはない。というスタンスだったと思うが。


61 :わたしはダリ?名無しさん?:02/11/27 22:51

>まりもクレーターさん
こんばんは。そうですか、お弟子さんの方々は手″がちがう…。うん、確かに
そうでした。あそこの組織は優秀な人材がコンスタントに育ってますよね。I先生
とお弟子さんの間には厳格な礼儀が存在しますけど、それが威張りたがり″
になっておりませんで、見ていて、とても気持ちいいですよねー。

まりもさんは 山芋掘りの老名人 につづきまして I先生 ですか。

現代では希少な本物″と云える人間を師に持つことができた まりもさん は
豊かな人生を紡いでおられますね!また、そういう知己を持つことが出来るよう
になる人間としての下地がお有りになられたのでしょう。

そのお二方をはじめ、そういった本物″の人間の話を、気軽に書き綴ってくだ
さいましたら、嬉しいな〜

62 :わたしはダリ?名無しさん?:02/11/27 22:52

>まりもクレーターさん
こんばんは。そうですか、お弟子さんの方々は手″がちがう…。うん、確かに
そうでした。あそこの組織は優秀な人材がコンスタントに育ってますよね。I先生
とお弟子さんの間には厳格な礼儀が存在しますけど、それが威張りたがり″
になっておりませんで、見ていて、とても気持ちいいですよねー。

まりもさんは 山芋掘りの老名人 につづきまして I先生 ですか。

現代では希少な本物″と云える人間を師に持つことができた まりもさん は
豊かな人生を紡いでおられますね!また、そういう知己を持つことが出来る様に
なる人間としての下地がお有りになられたのでしょう。

そのお二方をはじめ、そういった本物″の人間の話を、気軽に書き綴ってくだ
さいましたら、嬉しいな〜


63 :わたしはダリ?名無しさん?:02/11/27 22:53
http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1036580052/l50

64 :わたしはダリ?名無しさん?:02/11/27 23:06
 
>山芋掘りの名人
私もそういうかたに憧れますよ〜。なりたい!でも不器用(笑)。どこか余裕
が無くて、何やっても 器用な 柔かい 動きが、できないんですよ〜(汗)

まりもさんは手とか器用ですか?

手の柔かさ(動きの)って、やっぱり全身の柔かさからくるんじゃないでしょ
うか。勿論まりもさんはわかっておいででしょうけど。I先生の呈示しておら
れる体操も、正確なこなし″と量が必要とされるのは、多分に治療技術の
向上の為という話も聞きました。

I整体の体操、難しいですよね。(たいへん)


65 :わたしはダリ?名無しさん?:02/11/27 23:09
 
>山芋掘りの名人
私もそういうかたに憧れますよ〜。なりたい!でも不器用(笑)。どこか余裕
が無くて、何やっても 器用な 柔かい 動きが、できないんですよ〜(汗)

まりもさんは手とか器用ですか?

手の柔かさ(動きの)って。やっぱり全身の柔かさからくるんじゃないでしょう
か。勿論まりもさんはわかっておいででしょうけど。I先生の呈示しておられる
体操も、量と正確なこなし″が必要とされるのは、多分に、治療技術
の向上の為、という話も聞きました。

I整体の体操、難しいですよね。(たいへん)


66 :わたしはダリ?名無しさん?:02/11/27 23:16
 
>山芋掘りの名人
私もそういうかたに憧れますよ〜。なりたい!でも不器用(笑)。どこか余裕
が無くて、何やっても 器用な 柔かい 動きが、できないんですよ〜(汗)

まりもさんは手とか器用ですか?

手の柔かさ(動きの)って。やっぱり全身の柔かさからくるんじゃないでしょう
か。勿論、まりもさんは解っておいででしょうけど。I先生の呈示しておられる
体操も、量と正確なこなし″が必須とされるのは、学習者自身の治療技術
の向上を底上げする為、という話も聞きました。

I整体の体操、難しいですよね。(たいへん)


67 :わたしはダリ?名無しさん?:02/11/27 23:20
 
>山芋掘りの名人
私もそういうかたに憧れますよ〜。なりたい!でも不器用(笑)。どこか余裕
が無くて、何やっても 器用な 柔かい 動きが、できないんですよ〜(汗)

まりもさんは手とか器用ですか?

手の柔かさ(動きの)って。やっぱり全身の柔かさからくるんじゃないでしょう
か。勿論、まりもさんは解っておいででしょうけど。I先生の呈示しておられる
体操も、量と正確なこなし″が必須とされる理由は、それぞれの学習者に
とって自身の治療技術の底上げになるから、という話も聞きました。

I整体の体操、難しいですよね。(たいへん)


68 :わたしはダリ?名無しさん?:02/11/27 23:23
 
>山芋掘りの名人
私もそういうかたに憧れますよ〜。なりたい!でも不器用(笑)。どこか余裕
が無くて、何やっても 器用な 柔かい 動きが、できないんですよ〜(汗)

まりもさんは手とか器用ですか?

手の柔かさ(動きの)って。やっぱり全身の柔かさからくるんじゃないでしょう
か。勿論、まりもさんは解っておいででしょうけど。I先生の呈示しておられる
体操も、量と正確な「こなし」が必須とされる理由は、治療を学ぶ学習者にと
って自身の治療技術の底上げになるから、という話も聞きました。

I整体の体操、難しいですよね。(たいへん)


69 :わたしはダリ?名無しさん?:02/11/27 23:39
 
>怪物気功家
よくぞ覚えておいでで!なんだか光栄です。頭文字を採りまして「Y先生」と
云うんですけど、その先生が「氣」を封入してくださる布を、私の祖母が呼んで
いた表現が今のHNなんです。

赤ん坊のころの私(氣っちゃん)を診てくださった外科の天皇″中山恒明
先生のお弟子さんにあたりまして、外科医時代から日本トップ・クラスの癌
治療医であられたようです。異カメラを飲ます技術から、何から何まで、とても
器用であられるんですよ。

母の具合が悪くなったときは必ずY先生とI先生をはしごします。Y先生に処方
して頂いた漢方薬が、服用の量が若干多かったりしますと、I先生が適切にアド
バイスしてくださいます。「腎臓が処理しきれてない」とか。

なんで判るんだろう… I先生、化け物です…

70 :わたしはダリ?名無しさん?:02/11/27 23:42
 
>怪物気功家
よくぞ覚えておいでで!なんだか光栄です。頭文字を採りまして「Y先生」と
云うんですけど、その先生が「氣」を封入してくださる布を、私の祖母が呼んで
いた表現が今のHNなんです。

赤ん坊のころの私(氣っちゃん)を診てくださった外科の天皇″中山恒明
先生のお弟子さんにあたりまして、外科医時代から日本トップクラスの癌治
療医であられたようです。異カメラを飲ます技術から、何から何まで、とても
器用であられるんですよ。

母の具合が悪くなった時は必ずY先生とI先生をはしごします。Y先生に処方
して頂いた漢方薬が、服用の量とか若干多かったりしますと、I先生が適切
にアドバイスしてくださいます。曰く「腎臓が処理しきれてない」等々。

なんで判るんだろう… I先生、化け物です…


71 :わたしはダリ?名無しさん?:02/11/27 23:43
 
>怪物気功家
よくぞ覚えておいでで!なんだか光栄です。頭文字を採りまして「Y先生」と
云うんですけど、その先生が「氣」を封入してくださる布を、私の祖母が呼ん
でいた表現が今のHNなんです。

赤ん坊のころの私(氣っちゃん)を診てくださった外科の天皇″中山恒明
先生のお弟子さんにあたりまして、外科医時代から日本トップクラスの癌治
療医であられたようです。異カメラを飲ます技術から、何から何まで、とても
器用であられるんですよ。

母の具合が悪くなった時は必ずY先生とI先生をはしごします。Y先生に処方
して頂いた漢方薬が、服用の量とか若干多かったりしますと、I先生が適切
にアドバイスしてくださいます。曰く「腎臓が処理しきれてない」等々。

なんで判るんだろう… I先生、化け物です…

72 :わたしはダリ?名無しさん?:02/11/27 23:53

念の為。Y先生は高岡先生と対談されたYYC先生(1951年2月19日生まれ)
とは別人であられます。Y先生は1944年10月17日生まれです。因みに高岡先生
は1948年2月6日生まれですね。(笑)

Y先生には軽くアドバイスを頂くことはありますが、師弟関係には無いです。

私がお教え頂いております先生は活動拠点が北米でして。年に一〜二度くらい
しかお会いできないのが残念なんです(ションボリ)。11月上旬に北米へ行っ
てたんですけど、先生に教わる為でした。

おやすみなさい

73 :わたしはダリ?名無しさん?:02/11/27 23:54

念の為。Y先生は高岡先生と対談されたYYC先生(1951年2月19日生まれ)
とは別人であられます。Y先生は1944年10月17日生まれです。因みに高岡
先生は1948年2月6日生まれですね。(笑)

Y先生には軽くアドバイスを頂くことはありますが、師弟関係には無いです。

私がお教え頂いております先生は活動拠点が北米でして。年に一〜二度位
しかお会いできないのが残念なんです(ションボリ)。11月上旬に北米へ行っ
てたんですけど、先生に教わる為でした。

おやすみなさい


74 :わたしはダリ?名無しさん?:02/12/09 01:26
こんどパリに行くんですが、
ポンピドゥーセンター以外で、彼の作品が見られる美術館ってあります?
お願いします。


75 :わたしはダリ?名無しさん?:02/12/09 04:12



だからー
検索しなさいって(イラッ
giacometti paris museum
これでやってみな!
親切だなー自分。

76 :わたしはダリ?名無しさん?:02/12/11 22:28
>75
うるせー、ばーか。

77 :わたしはダリ?名無しさん?:02/12/12 08:50
>76
お前がうるせー

78 :わたしはダリ?名無しさん?:02/12/17 23:16
日本では特に矢内原or実存がらみの
後期の彫刻がもてはやされがちですが
彫刻史の流れからみると
1935年ごろまでの作品のほうが斬新で
かなり面白かったりするのでした。

日本でジャコメッティの彫刻持ってるとこは
このスレでまだでてきてないところで言うと
大原美術館とか豊田市美、大阪市立美術館準備室かな。
リトは意外と安いよね。

79 :わたしはダリ?名無しさん?:02/12/18 08:58
>> リトもってんだけど、今いくらぐらいの評価金額なの、意外に安いって
気になる!

80 :わたしはダリ?名無しさん?:02/12/18 18:10
彫刻は高いんでしょーか?
…高いに決まってるか。

81 :わたしはダリ?名無しさん?:02/12/18 18:23
リトはやっぱ版画だからねえ。
安かったら数十万円だよ。
別にここ何年かで評価が急に下がるような作家ではないので、
心配するようなことはないと思うけど。

彫刻は、一般市民が買えるところには
ほとんど出回らないのではないかと思われる。

82 :わたしはダリ?名無しさん?:02/12/18 20:00
いや、まあ、そうでしょうなあ。
こうなったらあとは、盗むしかな(以下自粛


83 :わたしはダリ?名無しさん?:02/12/18 20:49
つーか5月にハンブルグ美術館で
盗まれたよね。

84 :わたしはダリ?名無しさん?:02/12/18 21:32
ああ、あれは俺がぬ

85 :わたしはダリ?名無しさん?:03/01/13 01:49
なんか埋没してるんで、上げときますね。

そういえば、矢内原って、
ジャコメッティの奥のアネットと一発ヨロシコしちゃってるよね。
矢内原の『ジャコメッティとともに』に書いてあった。

国費でフランス留学するほどの男はやっぱデキるんですなー。

86 :わたしはダリ?名無しさん?:03/01/13 04:13
ジャコメッティがジュネの男とヨロシコやった記録はないのか。

87 :山崎渉:03/01/18 10:43
(^^)

88 :わたしはダリ?名無しさん?:03/01/18 18:46
ジャコか〜。大学のとき彼の小さな小さな顔のデッサンを
大阪は梅田の画廊で見たな〜。えらいなつかしい。実存主義、
サルトルに惹かれていた時期だ。

89 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

90 :わたしはダリ?名無しさん?:03/01/19 00:38
実存主義とジャコに何の関係があるのかさっぱり分からない。

91 :わたしはダリ?名無しさん?:03/01/21 01:24
>>90
のカキコの意味が分からない。
関係の事実を知らずにいっているのか?
それとも、彼のアートの本質に実存主義は
なんら関係しないといっているのか?
前者なら調べなさいとだけいおう。
後者なら、実存主義とは何か、およびジャコ・アートの
本質は何か、を書いてくれ。

92 :わたしはダリ?名無しさん?:03/01/21 01:55
今の若いのはサルトルなんか読まないんだろうな

93 :わたしはダリ?名無しさん?:03/01/21 02:39
>>92
お前は時代の空気に流されただけだろ?あんま自慢にならんて。
一応小説作品なら数年前に読んだよ。

94 :わたしはダリ?名無しさん?:03/01/21 18:57
ていうか実存主義を誰か分かりやすく解説してくれ。


95 :わたしはダリ?名無しさん?:03/01/21 20:17
これでどうだ。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~asanami/exist.html
このデスクリプションだけでわかるかな?
http://www.tanimura.org/e3/?%E5%AE%9F%E5%AD%98%E4%B8%BB%E7%BE%A9

96 :党利すがり:03/01/21 20:35
本当にジャコメッティの作品と実存主義の影響ってか関係を知りたかったら、
矢内原とか宇佐美の書いてるジャコメッティの本2-3冊読めば、
何故あんな細いものができてしまったのか(何にこだわっていたのか)わかると思う。
そんでジャコの作品もっと好きになると思うよ。

97 :わたしはダリ?名無しさん?:03/01/29 11:03
今、首都圏でジャコメッティ見せてくれる美術館ってありますか?

98 :わたしはダリ?名無しさん?:03/02/03 11:36
ごめん俺の力じゃ実存主義ってさっぱりわかんないわ・・・

99 :わたしはダリ?名無しさん?:03/02/05 20:12
そんなことよりジャコの作品と
対決することが大事。

100 :わたしはダリ?名無しさん?:03/02/16 13:44
ジャコにおいて完成とは?
すべて未完ならば、100取ることは少しためらわれる〜〜
しかし、美術館に飾ってもいる。
エイッ、100!

101 :わたしはダリ?名無しさん?:03/02/16 16:27
>> 100 取るのは気が引けた >>1でーす。
  101!

102 :わたしはダリ?名無しさん?:03/02/16 18:22
彼は喫茶店で何時間もカップとスプーンと灰皿とたばこを動かし
完璧な位置関係を作ろうとしていたと何かの本に書いてあったが。

103 :わたしはダリ?名無しさん?:03/02/16 23:17
10年程も前のことですが、今でも驚愕の体験として印象に残っていることがあります。
晴海で開催された国際現代美術マート(?正式名は失念)でジャコメッティーの作品を
見た時です。それは小さなガラスケースの中のマッチ棒ぐらいの大きさの棒です。
目を近づけ,じっと見つめます。とそこに人の顔面が、そのうつろな目がこちらを
窺っている。


104 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

105 :わたしはダリ?名無しさん?:03/02/16 23:55
ジャコは104が想像もできない別次元を探っていた。

106 :わたしはダリ?名無しさん?:03/02/24 17:32
ホモでしょ?

107 :わたしはダリ?名無しさん?:03/02/25 02:21
な〜んだつまらん。こいつヘテロだ。

108 :山崎渉:03/03/13 13:47
(^^)

109 :わたしはダリ?名無しさん?:03/04/10 10:14
>>107
つまらないの?

110 :山崎渉:03/04/17 09:01
(^^)

111 :山崎渉:03/04/20 04:10
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

112 :わたしはダリ?名無しさん?:03/05/26 16:30
あげる。大事なスレ。

113 :山崎渉:03/05/28 14:06
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

114 :わたしはダリ?名無しさん?:03/06/01 01:13
>>112
大事な何をくれるの?

115 :わたしはダリ?名無しさん?:03/06/11 23:42
ジャコの顔はその作品よりすごい。

116 :わたしはダリ?名無しさん?:03/06/14 04:02
ジャコメッティは眼の研究、残像の研究などをして作風に取り入れてるんだよ

117 :わたしはダリ?名無しさん?:03/06/14 22:27
だから、面白いんだね。

118 :わたしはダリ?名無しさん?:03/06/20 03:50
ジャコメッテイーは人類の宝です。基地外と言われようが、何と言われようが、
あそこまで、知覚による美を探究した作家は、まれです。私は彼のような人物
がいてくれて本当に幸せです。作品によるインパクトがすべてです。

119 :わたしはダリ?名無しさん?:03/06/20 12:08
【クレジットカードのショッピング枠を現金化!】

クレジットカードで買い物をすると、商品代金の80〜90%のキャッシュバック!!
10万円の買い物をすれば8〜9万円の現金がお手元に!!

■■朝日カード■■
http://www2.pekori.to/~ryu/asahi/


120 :わたしはダリ?名無しさん?:03/06/20 20:41
>116
ああ だからセザンヌを思わせるんだね

121 :273:03/06/24 22:32
ジャコのアトリエ(納戸?)はゴジャゴジャやね。

122 :わたしはダリ?名無しさん?:03/06/25 01:42
ジャメコッティ

123 :わたしはダリ?名無しさん?:03/06/26 01:16
ジャコメッティってデッサン上手いの?

124 :わたしはダリ?名無しさん?:03/06/30 20:59
カルティエブレッソンの撮ったジャコの写真がすごく好きです。

125 :わたしはダリ?名無しさん?:03/07/01 22:15
メールドと言う言葉が好きです。

126 :山崎 渉:03/07/12 12:20

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

127 :山崎 渉:03/07/15 12:56

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

128 :なまえをいれてください:03/07/17 17:09
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

129 :ぼるじょあ ◆ySd1dMH5Gk :03/08/02 03:20
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

130 :山崎 渉:03/08/15 18:05
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

131 :わたしはダリ?名無しさん?:03/08/29 21:12
ジャコはもういない。

132 : :03/08/29 22:43
ジャコ、母親おもいでやさしいジャコ

133 :わたしはダリ?名無しさん?:03/08/30 14:24
一途なジャコ

134 :わたしはダリ?名無しさん?:03/08/30 14:25
虚ろなジャコ

135 :わたしはダリ?名無しさん?:03/08/30 14:27
ジャコは一人立っている
待っている
誰も来ないことを
知っている
何時間したら歩き出すのだろう

136 :わたしはダリ?名無しさん?:03/08/30 14:28
茫漠たる空間のなかを

137 :わたしはダリ?名無しさん?:03/08/30 14:33
「ジャコメッティに捧げる」

ジャコはもういない

ジャコ、母親おもいでやさしいジャコ

一途なジャコ
虚ろなジャコ

ジャコは一人立っている
待っている
誰も来ないことを
知っている

何時間したら歩き出すのだろう
茫漠たる空間のなかを

ジャコはもういない


138 :へんけん:03/09/01 16:02
「見えないオブジェ」は人類史上の最高傑作だよん。

139 :わたしはダリ?名無しさん?:03/09/01 19:21
ジョン・ケージみたいなこというな。
古い。

140 :わたしはダリ?名無しさん?:03/09/12 21:12
文学の方で彼に近いのはベケットかな?

141 :わたしはダリ?名無しさん?:03/09/12 21:26
造形的な作家というよりなんとなく心理主義的、文学的といったイメージが強いですね。



142 :わたしはダリ?名無しさん?:03/09/12 21:40
 西洋人にとって水は造形の対象であり、噴水のように見える水が対象であるが、「行雲流水」という思想以前の感性を持つ日本人は流れを感じることだけが大切なのであり、水はもはや視覚の対象ではない。
 聴覚によって見えない水を間接的に心で味わうことの出来る「鹿おどし」は鑑賞する最高のしかけと言える。
http://www.39001.com/cgi-bin/cpc/gateway.cgi?id=cool

143 :わたしはダリ?名無しさん?:03/09/16 23:01
門外漢なんですけど、ジャコメッティの生涯が知りたいんです。
日本語のサイトでどっかありませんかね?
>48 愛人がいたってショックだあ。
石井好子さんの本読んで、愛妻家という印象だったのに。

144 :わたしはダリ?名無しさん?:03/09/17 00:38
愛人がいても愛妻家でもあるのはままある話だ。安心汁。

145 :わたしはダリ?名無しさん?:03/09/17 00:46
えー

146 :わたしはダリ?名無しさん?:03/09/25 02:27
みすず書房から出ているJ・ロード『ジャコメッティの肖像』を読みました。
感動しました。ものすごくおもしろい。
矢内原の本と似て、モデルをした人の記録です。『ジャコメティとともに』
続編といった感じもありますね。
ttp://www.msz.co.jp/titles/7051.html

147 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/01 00:33
sss

148 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/02 00:26
作品についてもっと具体的な感想とかもお願い。

149 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/03 00:09
ジャコメッティを知れば知るほど、
作品について何か「具体的な」ことを
語るのは難しくなるみたいです。

自分の作品は、何の意味も、何の感情も
表現していない。そう自称した人です。

見たままを描くために、
ゼロに到達しようとした人。

150 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/03 00:29
回顧展して欲しいな。
田舎から見に行くぞい。


151 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/03 00:51
ぼくも回顧展して欲しいと思うぞ。

どこの美術館でもいい。
学芸員さ〜ん! ジャコメッティ展キーボ


152 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/04 14:03
ポスター買ったぞ

153 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/04 23:48
>>149
どんな作品でも具体的に語ることは難しいことですよ。
でも結局芸術作品ていうのは抽象的であると同時に具体的なものでしょ。
非常に抽象的なものであったとしてもそのような抽象性を成立させている具体性がある。
そういう総体として作品があるわけで。
そのような具体的なものを欠いたままなかば哲学的な言葉で作品を語っていくことに
いったいどれほどの意味があるのかと多少疑問に感じる次第です。

154 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/05 16:01
で、浮気はどうなったん?

155 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/05 16:09
カロリーヌと付き合うようになってから、
夫婦関係は最悪。アネットはしばしば
狂ったように怒りまくる。

156 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/05 16:16
カロリーヌは娼婦にして(アルベルトは娼婦大好き!)、
窃盗団の一味。服役の経験あり。
(以上はJ・ロードがパリ警察の高官に取材して
わかったこと。事実です)

157 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/05 22:19
ジャコメテッィの版画GETしました。不景気のせいで安かった。ラッキー。

158 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/06 02:09
アルベルトはアネットのことを嫌悪したことは
なかったろうが、しばしば、「ば〜か」「アフォ」
などという言葉で侮辱した。

矢内原のアネット像は理想化されすぎている、と
思われ。

アルベルトの死後、アネットは「馬鹿」の本領発揮。

159 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/06 03:23
毎晩カフェで2人仲良くごはん食べてたというのもちょっと嘘入ってる?

160 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/06 19:39
>娼婦好き
へー。石井好子さんも案外娼婦と間違えられて誘われたのかもね。
でもあの人のエッセイに出てくるジャコメッティ夫妻は
(アネットが矢内原と出来てるにもかかわらず)非常にイイカンジだ。

161 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/07 00:45
『ジャコメティとともに』をよくよく読んでも
ディエゴと矢内原がサシで話をしているところが
まったくないですね。

なぜでしょうか?

ディエゴは矢内原を初対面の瞬間から
めっちゃくちゃ嫌悪していたので〜す!

「あいつはオレに挨拶せんかったぞ!
何様のつもりなんだよ、あいつぁ」

162 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/07 00:56
アネットがアルベルトに怒りを感じる
にはさまざまな理由がある。

その一つ。アルベルトは成年に達してから
お多福風邪にかかり、男性不妊症になっていた。

子供を欲しがるアネットにアルベルトは
「そんなら誰でも種のある男と寝りゃいいじゃないか。
ぼくは、そんなこと、ぜんぜ〜ん、かまわないよ〜だ」
といって、激怒させた。

163 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/07 12:52
つーか、なにここ?
まるでワイドショーかなんかみたい。
おまえらちょっとは作品の話しろよ。
それとも作品はどうでもいい作家なのか。
だったら仕方ないか。

164 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/07 15:38
ジャコメッティの作品のほとんどは
モデルを使っているわけだが、アネット
とディエゴをモデルにした作品がなんと
いってもダントツに多いわけだ。
ジャコメッティにとって女の体の典型は
アネットのそれだろうし、男の顔はディエゴ
のが典型となっている。
芸術にとって、画家とモデルとの関係が
いかに重要かを思うと、こう言う話も
面白い。モデルの話は即、作品論につながるのが
ジャコメッティの芸術ではないか
(ピカソにもやや似た事情があるね)

165 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/07 17:32
つーか、ぜんぜん作品論につながってないじゃん(笑

166 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/07 23:12
ジャコメッティって河原温?

167 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/07 23:54
> 163 & 165
スレの流れに文句つけるなら
あんたがサ九品論シルことだYo

そうじゃなきや、ただの煽りだYO

168 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/08 00:11
>毎晩カフェで2人仲良くごはん食べてたというのも・・・

アルベルトはアネットに炊事をさせなかった。
だから、飯を食いたければ近所のレストランに
行くしかないという事情はあるね。

とにかく、アルベルトはいつもアネットをかわいがって
はいた。娼婦との付き合いはやめなかったが。

169 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/08 00:34
つーか、作品論につながるって言うんならとっとと作品論やってみ。
結局ワイドショーネタどまりだろうけど。
>>166
言葉や物語で作品をごまかす作家のパシリってこと?

170 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/08 00:37
>>162

イヤダ

171 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/08 01:05
みんな一体どうしたんだ。盛り上がってるじゃねぇかよ。
毎日レスがつくなんて。


172 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/08 01:07
サ苦品論と作家論を禁欲的に区別シルなんて
古典的(動脈硬化的)な思考ほうほうーは、
学者のおじいちゃまにおまかちぇしれば、

個じん敵には、へたなサ苦品論より、ワイドショーの
ほうが面白いYo

173 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/08 01:23
アネットとの馴れ初めは?

174 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/08 01:26
以前、なんでも鑑定団に石井好子がこの人のデッサン画持ってきてたね
アネットのもあった。3点で二千万円也

175 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/08 03:22
>>146 を書き込んだ者です。
ちょくせつ作品論っていうわけではないですが、
『ジャコメッティの肖像』を読んで驚いたことに、
ジャコメッティは一つ一つの作品の完成ということを
まったく考えていないようなのです。
展覧会のために作品を搬出しなければならない日が来て、
アトリエが暗くなって描けなくなったら、それで終わり。
途中でもいいというのです。
じっさい、みすずの本の表紙になっている絵は顔の部分の
ほかは塗り残しだらけです。

未完成をねらっているのでもなくて、完成ということが
ほとんど念頭にないみたいです。

176 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/08 19:44
>175
そんなに驚きかなあ?
芸術家にはむしろ多いタイプだと思うけど>完成が念頭にない

177 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/09 00:37
>>176
>芸術家にはむしろ多いタイプだと思うけど

実例をあげるとすれば、誰と誰と誰とか?

178 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/09 01:24
アネットとの馴れ初めは?
第二次大戦中、ジュネーヴでのこと。あるレジスタンスの
会合で二人は出会った。積極的だったのはアネットのほうで、
いわば押しかけ女房・・・・・・

ということが矢内原の『ジャコメッティとともに』
に書かれていますが、アネットはその内容を不正確で
あると言って削除を求め、現にみすず版『ジャコメッティ』
にはこの部分の記述はないです。

179 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/24 03:45
おーい、
Y度っしょーのしとは、
どこ
いっちゃ、た、の?

180 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/24 06:07
アーあたしもその押し掛け女房だよ悪かったねプンスカ=3


181 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/30 22:55
ブランショの語るジャコメッティはすごい。
その作品の前に立ち、注意深く探って行くと
ある方向のある距離ですべてが消え去る一点
があるとか書いていたと記憶している。
誰か彼の「文学空間」持ってる人、ちょっと
引用してくれないか?

まあ、どちらにしても近日中に図書館で
調べてきます。そしてここに書き込むかも。


182 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/30 23:46
そう

ジャコメッティの彫刻がロダンやヘンリ・ムーアなど
その他もろもろの彫刻と違うところの一つが
<特定のただ一点からのみ見るべきもの>、
ということじゃないかと思います。

そこから見た場合のみ、ジャコメッティのヴィジョンに
アプローチできるんだと思います。

まず、視線が合わなければだめだし、距離も、
近すぎても遠すぎてもだめ、
ピタリのところがあるわけです。

183 :わたしはダリ?名無しさん?:03/10/31 17:47
>>181-182
その考え方自体はとても面白いと思うけど本当に彼の作品ってそうなっている?
そういう経験を実際にしたことある?
その時どんなふうに見えるの?
「すべてが消え去る」の?


184 :わたしはダリ?名無しさん?:03/11/01 00:21
182を書き込んだもんですけど、
181さんの「すべてが消え去る」っていうのは
ブランショの引用ですけど、僕の感じで言えば、
見るべきポイントに立ったとき、
作品のまわりをぐるぐる回っていたとき見えてたものが
ぜんぶ消えて、別のものが見えてくる、という意味なら
共感できます。

185 :わたしはダリ?名無しさん?:03/11/02 00:09
光線の当たり方でオーラを発して立像を包んで
10cmぐらいの後光のようなかげろうが浮かぶ。

186 :わたしはダリ?名無しさん?:03/11/24 04:09
まだまだ多くの謎を秘めているのだろうな〜

187 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/05 11:50
おいらは美術全然詳しくないんだけど、
ぽんぴどぅーでこの人の彫像見て動けなくなった。
美術鑑賞ってこういうことかと開眼した瞬間。

188 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/19 22:30
それは鑑賞を越えているね。
一種、戦いでもあるのかも。

189 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/19 22:39
そして敗北。

190 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/19 22:50
あの台から落ちそうで落ちないリンゴ
絶妙!

191 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/27 01:40
ジャコは
母親の90才の誕生日に贈った
花のデッサンがとても素晴らしい

192 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/27 03:24
zzzzz

193 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/28 00:51
ジャコには少しマザコンなところがあったし、
ジャコママには子離れしていないところがあった。

例えば、ジャコが家に帰ってくるとジャコママは
「その頭、洗ってあげる」って言うんだよ。
そんで、ジャコはほんとに自分の頭、洗ってもらうんだ。
50歳すぎたおやじがだよ!

ほほえましくは、ある が ・ ・ ・ ね え 天才的だ

194 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/28 05:28
き  も  い
1 9 3 が 。

195 :わたしはダリ?名無しさん?:04/01/28 05:51
50過マザコン必死w

196 :わたしはダリ?名無しさん?:04/02/24 01:53
フロイド的には人間はみなマザコンらしい。




197 :わたしはダリ?名無しさん?:04/02/25 11:44
ジャコメテー最高

198 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/10 00:12
どなたか知ってる方あったら教えてください。
ジャコメッティのことを書いてある
石井好子さんの随筆って、なんていう
本ですか?タイトルは?

199 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/10 02:58
伊作ならしっとるがな。

200 :わたしはダリ?名無しさん?:04/03/15 00:33
>>198
『想い出のサンフランシスコ 想い出のパリ』旺文社文庫

201 :わたしはダリ?名無しさん?:04/04/30 14:25
>>193
ジャコママ、って書くとなんかの漫画に出てくる脇役みたいだ・・・
(豆腐をつかった料理が得意な感じ)

202 :わたしはダリ?名無しさん?:04/06/12 11:35
そろそろage

203 :わたしはジュ?:04/07/07 02:11
彫刻、油彩、それからリトなんかも含めて、
ジャコメッティの作品をいちばんコレクション
している日本のギャラリーはどこでしょうか?

204 :わたしはダリ?名無しさん?:04/07/25 01:07
>>182
違うよ。
ブリヂストン美術館に行ってみれば?

205 :わたしはダリ?名無しさん?:04/07/30 04:29
>>204
182 さんではないんだけど、やはり181さん182さんやブランショの言うことが正しいと思います。

204 さんがブリヂストン美術館でいろいろ感じることは、それはそれですばらしいことなんだけど、ジャコメッティ
自身は、彼の言うことにしたがえば、見るべき一点から見るべきところを見てほしいと思っているようです。

ジャコメッティは、たしか矢内原にだったと思いますが、そういうことを言ってました。

206 :λ.....&rlo;形人毒&rle; ◆diePoisons :04/07/30 07:33


   ヽ( 'A`)ノ 
      \ \
       ○○

毒人形さんがこのスレを飛び越えて行った

207 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/02 00:37
ジャコメッティーは、作品をどんどん壊してしまうので、
兄弟(兄か弟か知らないけど)が、こっそり取り上げて、ブロンズにしていたそうです。
削りすぎで、なくなっちゃうんですね。
その兄弟がいなかったら、作品は残っていなかったかもね。

208 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/03 21:11
ジャコメッティのレプリカ彫刻欲しいんだけど、
どこで売ってるのかなぁ?


209 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/03 22:17
208は、自分でマッチ棒を使って作りましょう。

210 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/04 00:00
ダリやキリコはみた事があるんだが...。


211 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/07 10:04
ロダンはよく見る。


212 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/31 02:54
>>207
弟のディエゴ・ジャコメッティですね。
破壊衝動の強い兄から作品を救ったのはディエゴだって、
そうバルチュスが言ってます。

現に、対戦中、ジュネーブで一人で制作しているときの
作品って、ほとんど残ってないんだよね。
ディエゴがいなかったからかな?

213 :207:04/09/01 04:00
>>212
弟だったんですか。レスありがとうございました。
ロンドンのテート・モダンで説明書きを、少し読んだだけで、
記憶があいまいだったんです。

ベネツィアのグッケンハイム美術館にも、ジャコメッティの作品は
5点ほどありました。広場を数人の人があるいているやつとか。

214 :大好き:04/09/05 17:25
ニースの近くのSanit Paul de Venceにあるマーグ財団には沢山作品がありますよ。
機会があれば絶対に見に行くべき!!

215 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/11 17:08:04
作品を直接見る機会がなかなか無いので
図版でもいいから見たいのですが、
おすすめの本ありませんか?
もしあればタイトルと出版社名等を
教えていただけないでしょうか?

216 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/11 20:59:30
あるけど高いよ
それでもいい?

217 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/12 00:52:27
高くても図書館などで探してみようと
思っているので是非お願いします!

218 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/12 01:38:10
ジャコメッティ作品集 ―彫刻・絵画・オブジェ・デッサン・石版画―

1993年・リブロポート刊 イヴ・ボヌフォワ解説

もう古書でしか手に入らないね。でもこれが一番いい。
地域の図書館になくても、リクエストすれば普通は都道府県の中央図書館、
さらには国会図書館からの取り寄せも可能なはずだ。

219 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/12 23:15:16
アンガールズ

220 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/14 01:34:53
>>218
丁寧なレスありがとうございます!
明日早速調べてみます!



221 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/14 03:41:06
なんかデュシャンスレの流れと似てるなw

222 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/15 00:51:05
違った、シュルレアリスムスレだった

223 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/15 17:04:39
>>218 国会図書館から取り寄せが出来るって始めて聞いた。

224 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/15 23:40:18
この方法なら、国会図書館の蔵書を借り出せる。

225 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/08 22:12:45
保守

226 :sage:04/11/11 22:50:46
いいスレですね。

227 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/13 00:57:22
戦後の作品の話で盛り上がってるけど、誰もサルトルの名前を出さないのはなんでですか。

228 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/15 00:45:21
★2004/11/14現在★

●ブリジストン美術館に1点(頭部が魚みたいに平べったい男の胸像)
●松岡美術館に1点(猫の給仕)

あと都内でジャコメッティ作品が見られる所ってありますか?

229 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/15 01:14:53
原美術館になかったっけ? うろ覚えスマソ

230 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/06 00:52:51
>>227
サルトルのジャコメッティ論は、ジャコメッティの作品を
だしにしてサルトルが自分の哲学を語ったものだと思う。
ジャコメッティの作品をしんから好きな人には非常に違和感の
ある論文だと思う。

むしろ、奥さんのボーボワールの自伝の方がジャコメッティの
ことを面白く語ってると思う。

231 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/06 01:14:56
>>230
フランスの哲学者とか文学者が書いたものってだいたいそうだよな。

232 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/19 02:19:38
棒人間の絵のおっさんだよね。
江栗っておもしろい??

233 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/19 05:19:35
エクリ、おもしろい。高い本だけど。
矢内原、宇佐見の訳もいい。

234 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/04 10:36:59
ジャコメッティの作品はなかなか手に入りません

235 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/24(木) 20:33:48
彼の作品って何やら文学的で表現主義的な作品に見えるけど、
彼にとっては分析的な行為の結果でしかないんだよね?
完成も二の次で、観察と思考のプロセスそのものを作品として
提示していることを考えると、なにやら20世紀現代芸術家の
ようでもあるね。

236 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/03(日) 18:35:25
最後の一文はどういう意味?

237 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/17(日) 01:35:22
あのー、素人質問なんですが...いいですか?

デッサンについてですが、多くの人物の眼のまわりがまるでそのモデルが眼鏡をかけている
かのように描いていますが、どうして彼はこのように描くのでせうか? もちろん彼にとって
必然なのでしょうが、何か意味があるようで、気になっていつも眠れません。

教えてください。

238 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/13(月) 00:14:35
MoMAの回顧展の図録ってどんなもんですか?
amazonからでも購入可のようだけど。

たまにはageときますよ。

239 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/13(月) 07:03:58
ジャコメッテイも又、奥さんのアメットに支えられていたんだろうな。素敵よね!


240 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/13(月) 07:37:09
真実のものは話題にならなくてもいいんだぜ。特に2chなんかで騒がれてもしょうねえ。
マターリ作品をみたいなりよ。
真実の作品の場合、周りの批評なぞテメエラ馬鹿野郎レベルなのさ。


241 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/15(水) 22:13:13
>>238
高い図録もいいが、サイトでもけっこう見れるよん。
ttp://www.moma.org/exhibitions/2001/giacometti/start/flash.html

242 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/10(日) 10:57:00
『エクリ』などの散文家としてはどうよ?

243 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/05(金) 03:59:32
>> 242

『エクリ』の文章はなかなかよいと思う。

彼はものすごい凝り性の人だから、文章書くときも
いい加減に書き流してはいないんだな。

だから、散文詩のようなところがあるね。

大戦直後の文章にとてもいいものがあったと記憶している。
彼の危機的な意識、ほとんど狂気すれすれの感性が
みごとに語られていた。

244 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/15(月) 17:09:53
>219
それだ

245 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/15(月) 17:42:32
bennkyou
ni
nattayo

246 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/01/09(月) 04:32:59
矢内原、宇佐美のような文章を書く人を別にして、

日本の彫刻家で影響を受けた人っていないんじゃないか

と思いついたが、どうよ

247 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/01/11(水) 19:14:25
http://www.dff.jp/
1クリックで無料募金が毎日できます。
皆様のご協力をお待ちしております。

248 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/05/23(火) 03:48:14
ジャコメッティーの作品は「糞の塊」だ。あんな作品は人間存在を根本的に
不安、猥雑、卑小な存在だと思っていないと造れない。かつて人間が己や世界に
対して、大それた希望など抱けるような存在であった例がないという、「絶望」が
なければ創作は無理だ。人間は「土くれ」「糞」だ。それが細く、沈黙した存在
として屹立する。しかし、周囲の空間を圧倒しながら。もうミケランジェロのような
作品は憧憬でしかない。そんなものはボディビルダーにでもくれてやれ。ジャコメッティは
静かに戦後美術史に屹立する。自身の作品と同様に、沈黙し、圧倒的な力をもって。

249 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/03(土) 23:04:07
「アルベルト・ジャコメッティ − 矢内原伊作とともに」
会期2006/6/3 − 7/30
神奈川県立近代美術館
ttp://www.moma.pref.kanagawa.jp/museum/index.html


250 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/06(火) 23:13:31
>>249
行く!!!!!

251 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/07(水) 23:08:12
そのあと、兵庫だよ〜!
 
行くぞ!(`・ω・´)

252 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/11(日) 18:19:37
見に行ってきました!いやー最高によかった♪

253 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/12(月) 12:13:10
土曜に行ったらすごく混んでた

254 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/12(月) 23:51:30
そう?土曜夕方だったからかな、わりと空いてたけど。
おかげさまで堪能できました〜

255 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/14(水) 23:39:25
ジャコメッティ見てきたよ。平日でもけっこう見にきてる人がいました。

256 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/16(金) 23:37:21
あした見に行きまーす!(^o^)/

257 :わたしはダリ?名無しさん?::2006/06/17(土) 06:02:05
アルベルト、スギ氏のお兄さん?

258 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/17(土) 07:19:04
>>257 作為的天然風あるいは、路傍のアフォ

259 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/29(木) 02:51:50
7月2日、NHK教育

新日曜美術館
 「ジャコメッティ“見えるまま”への挑戦」

260 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/06/30(金) 22:23:01
日曜美術館やるとあとが混むんだよな・・・

261 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/01(土) 05:56:01
今月の『芸術新潮』
特集・ジャコメッティ
アルプス生まれの全身芸術家

これも連携企画。
企画をした保坂健二朗という人は、はなはだ凡庸な人でジャコメッティの
ような「全身芸術家」とは無縁の人とみた

ヤナイハラ以後、ジャコメッティの理解者は日本には一人もいないという
ことがよくわかった。

262 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/02(日) 12:52:18
ジャコが無名で矢内原が画家なら盗作していた

263 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/03(月) 02:33:29
来週見にいこー

264 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/03(月) 03:57:09
おらは、今週、見にいくだ

265 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/04(火) 22:59:23
おいおいまだ見てない奴いたのかよw
好きならふつーとっくに行ってるよな

266 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/04(火) 23:07:47
uze...

267 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/05(水) 02:57:46
>>259
新日曜美術館、見たけど小林康夫氏の解説にはよくわからない
ところが多かった。

たとえば、次のようなジャコメッティの言葉、
「あるとき、サヨナラした女友達が自分から立ち去って行くとき、
彼女はだんだん小さくなってゆくにもかかわらず、彼女の本質は
まったく変わらないということに気づいた。」
このことにずいぶん重い意味を認めていたけど、これからする
小林氏の解釈には納得できないものが多かった。

ジャコメッティって、ある人間の本質を描こうとする《本質主義者》
なの?

268 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/05(水) 03:00:16
ジャコメッティは本質を描こうとしたのではないと思う。

“見えるまま”を描くということは、言ってみれば
現象を現れるままに描くということでしょう。

本質主義とは反対のことではないかな。

269 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/05(水) 03:09:59
ジャコメッティの形態が「細く」なるということに
ついての説明も、遠ざかり行くものを描こうとした
というけど、必ずしもあたっていないと思う。

人間の形態が細くなるのは、たとえば顔のなかの眼なら、
それを見れば見るほど、左右の眼の関係性が判明になって
くるけど、それを作品に実現するときに、どうしても
両目を近づけることによってその関係性の強度を高め
て実現せざるをえなかった、ということだと思う。

両肩の線、両腕の線、両足の線、皆そうでしょう。
両方の線が緊密に関係してくるから、細く実現せざるを
えない、そういうことだと思う。

270 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/05(水) 03:14:47
消滅と現われとの相克、という矢内原の言葉があるけど
消滅というのは、遠ざかって行くこと、という意味で
言ってはいないね、少なくとも矢内原は。

見ることは、見えていることではなく、見えてくること
であって、それまで見えていたものが見えなくなって、
より真実のヴィジョンが見えてくるのだ、って言ってるでしょ。

立ち去る女友達の例は、モデルを前にしたヴィジョンとは
ちがうんだな、小林氏はこの違いを、考えてないような
気がする。

271 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/05(水) 03:32:20
顔のヴィジョンは個々人の「死」すべき運命を背景にして
その中から浮かび上がってくる・・・・・・
「・・・ジャコメッティはそこまで考えているんですよぉ、」

こういうレトリックって、俗受けねらいでイヤな感じ、ジャコ
メッティ的じゃない。

「なにを表現しようなどということを考えたことはない」
って言ってるじゃないか、ジャコメッティは。
そんなこと「考えて」はないだろう。

あなたの作品は現代人の孤独の表現ですか、なんて言われる
たびに、「そんなことはない!!」って言い続けたひとなん
だがなあ。

272 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/05(水) 03:36:22
ワールドカップ、始まるまで時間つぶしに書き込みまして、
テレビの日曜美術館、見てない人には分からない話で、
どうもすんません。

273 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/23(日) 03:55:47
あした行ってきまーす

274 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/27(木) 22:55:15
行ってきた

275 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/28(金) 02:20:09
行ってきました。
鳥肌立ちました。

276 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/29(土) 15:38:10
ヤナイハラの肖像Tは素晴らしいね

277 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/30(日) 03:22:53
微笑みとか、涙チョチョきれちゃう悲しみとか、
そういう感情は、まったく表現されないんですね。

芸術作品に癒しを求めたい人には無縁な世界と思いました。

278 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/30(日) 05:58:28
>>275何に鳥肌がたったんですか?

279 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/07/30(日) 08:40:41
「鳥肌が立つ」って、本来は「気持ち悪い」時に使うことばだよね。
どっちの意味で使ってるんだろう・・・?

280 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/02(水) 01:51:28
↑出たよw

281 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/09(水) 04:39:13
> 「鳥肌が立つ」って、本来は「気持ち悪い」時に使うことばだよね。

芸術作品と出会って、そういう経験をしたことのない人には
わからないかもしれないよ。ほんとに鳥肌立つことって、
あるもんな。

282 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/17(木) 13:08:47
昨日、兵庫の展覧会に行って来た

観賞後、美術館を一歩出たら
あまりの暑さに、歩いてる人が
ジャコメッティの彫刻みたいに見えた-yo

個人的に新聞の落書きが好きだなー

283 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/19(土) 00:07:08
先日行ってきました。自分はまったくジャコに関して素人です。
細い線状の人物像は存在感がすごいなあと思いました。
でも偏執的にヤナイハラを繰り返し描く理由は、よくわかりませんでした。
同じ人物を新聞や紙片、彫刻にと何度も何度も・・・。

模写や素描やリトグラフの方に、どちらかと言えば興味を惹かれた展覧会でした。

284 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/19(土) 10:39:18
漏れが二ヶ月前に見たものを地方の奴らは今ごろ見てるんだなーとおもた

285 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/19(土) 11:56:19
川村記念美術館で今度ジャコメッティ展やるらしいね。


286 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/19(土) 20:28:33
>>285
ソース腫れ

287 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/19(土) 21:22:22
イカリ
オリバー
カゴメ
おたふく

288 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/19(土) 21:39:41
>>286
丁寧に教えてやったんだから少しは調べろよ。


289 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/19(土) 22:22:49
↑出たよw

290 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/20(日) 07:13:19 ?2BP(0)
困ったお方。極北のギャグをカキコなさるよりリンク貼ったらどよ
ttp://www.dic.co.jp/museum/exhibition/exhibition.html

291 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/20(日) 14:56:11
葉山と同じ内容ってことか

292 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/20(日) 14:58:17
>>287
ブルドッグが抜けてんだろばーか

293 :288:2006/08/21(月) 00:42:41
>>287と別人だけど。
携帯からだからソース腫れない。
>>291
葉山と違うような気がする。あっちは矢内原が入ってる。

294 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/22(火) 01:23:04
>>284
漏れが3ヶ月前に見たボストン浮世絵が、東京人は未だに見れないんだな

295 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/22(火) 02:48:01
↑つーかそんなんで客よべないんでw

296 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 01:16:54
うらわ美術館で9月9日から
版画でめぐるパリ―藤田嗣治とアルベルト・ジャコメッティ

297 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 10:04:51
もちろんジャコメッティも悪くなかったけど、
常設展(入館料別)でやっていた「原田和男」の
さわって音を出すメタルオブジェが案外おもしろかった。
小部屋だったけど、20分ちょっといて、
あれやこれやこすったり、叩いたり、回したりして楽しめた。
ほかにシーガルの人物像も2種類あったし、よかったと思う。


298 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 10:09:20
「ベルギー王立美術館展〜ブリューゲルからデルヴォーまで」も
「大エルミタージュ美術館展」も東京が先なんだな・・・。
悔しいぞ!ヽ(`Д´)ノ

299 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 22:05:10
(^ω^)我慢するお

300 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/23(水) 23:26:50
>>298
あたり前だろw

301 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/25(金) 09:04:37
「オルセー美術館展」は、神戸の方が先だよ。

302 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/25(金) 10:03:35
イベント屋の友達から以前に聞いた話。首都圏→地方ではなく
地方→首都圏でやるときの事情。
 ・数字をとれなさそうな時
 ・既出のとき
 ・予行演習がわりに地方でやって首都圏で本番

303 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/25(金) 16:25:19
「私の現実」
これはいい本だった。

304 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/08/26(土) 05:00:47
>>302
神戸、立場無いなw

305 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/11(月) 17:08:17
 実際に見たけど、彫刻って地味だね

306 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/12(火) 14:18:50
ポンピドーにマティスの部屋があって
その部屋の天井に
なぜかジャコメッティーの彫刻が
つってあって
なぜかとても癒されました。
最小化して透明化するのと同じように
ギクっとしつつ、α波も「対象」の中から
つかみだしてくる、本物の芸術の継承者
と思います。

307 :安積桂:2006/09/15(金) 23:05:22
2ちゃんねるにしては、もともに盛り上がっていますね。サルトルもヤナイハラも小林もジャコメッティを理解していません。
ここにも書いてあったように「遠ざかって小さくなっても、本質は変わらない」というのは小林はサルトルの実存主義と結びつけて解釈して、
孤独とかなんとかいってるのでしょうか。
 サルトルは人間は本質より実存が先立つといっているのに、小林は困った奴です。「人間は孤独だ」って、それもやっぱり本質主義でしょう。
ジャコメッティはサルトル流の実存主義とは関係ありません。

308 :安積桂:2006/09/15(金) 23:09:15
 長すぎると、拒否されました。
 あとは、私のブログを読んで下さい。
 http://petapetahirahira.blog50.fc2.com/

309 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/16(土) 16:32:50
いやだよばーかw

310 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/16(土) 23:49:48
あづみっちのヤフーブログ、HPってペタペタヒラヒラとは別にあるの?

311 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/19(火) 07:53:22
昨日ジャコメッティ見に行った。
正直ジャコメッティがだれかしらんかったけど、まぁ見に行った。

あれ笑いのスイッチいったん入るとヤバいなwwwwwwwwwwww
まともに鑑賞できねえよwwwwwwwwwwwwwwwwwww
なんかケシゴムのカスに見えてきたしwwwwwwwwwwwwww
しかもモデルかわいそうだろwwwwwwwwww
ずっと座って書かれてて、出来たのを見てみたら自分の顔まっくろなんだぜwwwwwwwwww
ショック通り越して笑ってまうわwwwwwwwwwwwwwww
あと不快なオブジェ?不快なら出すなwwwwwwwwwwwwwwwwww

そんなおれもジャコメッティのとりこです。

312 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/09/24(日) 15:17:25
> 「アルベルト・ジャコメッティ − 矢内原伊作とともに」
> 会期2006/6/3 − 7/30
> 神奈川県立近代美術館 葉山

真夏の湘南でやってたやつ(漏れも6月初旬に見に行った)を
地方の奴は今頃ようやく見てるのかよw 

3ヶ月以上遅れてやんのwww (大爆笑)

313 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/01(日) 00:15:39
矢内原「やないはら」
ジャコメッティ「ウホッ、いい男・・・!」

314 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/01(日) 13:36:12
サルトルとジュネのジャコメッティに関するエッセイを読みたいんですが、
どの本に収録されていますか? 

315 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/28(土) 23:27:52
真夏じゃねえよ。
おもいっきり梅雨だったよ

316 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/10/29(日) 20:01:14
はいはい

317 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/28(火) 13:43:59
彼の作品を見ていると作品に対しての"欲"が全く感じられない
絵にしろ像にしろああいう作品しか作れない異常さに惹かれる
芸術家として一番"狂気"を感じさせる人ですね


318 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/29(水) 14:39:30
ジャコメッティの異質さは唯一無二
徹底的に自分の中で世界が完結している
評論家にとってこれほど好きに語れる素材は他にない
「芸術」という概念が成立するには創作者と受け手の二者が不可欠だけど
その橋渡しをする評論家が何よりも重要であり
もし創作者がこの橋渡し役をも兼ねてしまったら
受け手側は皆画一的な感動しか得ることができない
彼は「芸術」の中に潜むカラクリを唯一知っていた人なのかもしれない

319 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/30(木) 00:59:20
>>317
漏れはそうは思わないな。
自身の作品にあれほど欲を出した作家は
そういないと思う。…そもそも「欲」という表現が
違うと思う。「執着」という表現の方がしっくりくる。

そしてあれらは決して、狂気からくる執着じゃない。
うん。あれは狂気なんかじゃない。

あれは、とっても純粋な求道者の、それだと思う。
真理を見極めようとする求道者の執着。それが
アルベルトジャコメッティの作品だと思う。
2001年冬のMoMAのアルベルトジャコメッティ回顧展で
圧倒的多数の作品群をこの目で見て、漏れはそう強く感じたよ。
一切の邪心を捨て去って、徹底的に執着し続けた
とても純粋で純真で無垢な求道者。
それがジャコメッティだと思う。

320 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/30(木) 11:34:51
言うならば外側に開かれた「欲」じゃなくて内側に堀り進んでいく「欲」ですね

321 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/11/30(木) 17:05:28
ベッコーアメ

322 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/01(金) 08:26:17
食玩でジャコメッティの像シリーズでないかなぁ…

323 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/01(金) 12:02:46
>>313 何で矢内原は「やないはら」って言ってんだよw

324 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/03(日) 10:16:55
百均で粘土を5個くらい買ったら作れそう

325 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/05(火) 13:00:17
>>218の本復刻してくんないかなぁ…

326 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/09(土) 13:21:27
芸術新潮売り切れてんぢゃぬぇええ! タラコが!

327 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/11(月) 10:53:12
そろそろデアゴスティーニあたりに出してほしいよね





週間ジャコメッティ

328 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/22(金) 03:39:15
>>318
> 評論家にとってこれほど好きに語れる素材は他にない

そんでも、評論家はジャコメッティを語らないんだなあ、
アマゾンで検索してみて、
ついでに「クレー」も検索して比較してよ、

作家を「好きに」語ろうなどというまがい物の「評論家」には
あまり面白い作品とは見えないのだろう、

329 :わたしはダリ?名無しさん?:2006/12/22(金) 10:52:55
ジャコメッティに対する自分の幻想を展開しだしたら収拾つかなくなるゾ

66 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)