5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

新しい日本語を作る会

1 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/03/22(水) 22:58:42
ttp://www.tackns.net/word/new/index.html

2 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/03/22(水) 23:39:34
関連スレ
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1099839766/

3 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/03/23(木) 00:03:20
以前におきましても、ここで議論しましたように、文部省が外国人にむき
まして、新しい日本語を考えました。動詞はすべまして丁寧語の「ます」
で活用しますようにいたします。そうしますと、すべましての動詞は
すべまして規則的に変化しますようになりますので、外国人には便利に
なりますでしょうといいますことでしたが、その文体たりますやあまりまし
てにもおかしなものになりまして、大いにみなさんがわらいまして、結局
ボツになりました。

4 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/03/23(木) 00:37:29
>>3
君は1ならばこんな身分不相応なthreadを作る前に
君自身が日本語学校へ通って日本語の運用能力を高めなさい。

なぜかというに、
「外国人にむきまして、」とはなんや。
アサリの剥き身でも作る気か。
「向けまして」やろが。

日本人に多い、英語が苦手な頭の者に多いに違いない、
自動詞と他動詞の区別能力が無いせいでの間違いを起こしておるぞよ。
連用形が「向き」になるのは自動詞「向く」である。
ところが「外国人に」という間接目的語があるから
他動詞「向ける」の連用形「向け」であるべし。

「におきましても」は「に於いて」の形で格助詞的に用いる、
活用させることができぬ言葉なり。

つでに、
君はわざと「ます」を過剰に使って釣ってるのかい。
丁寧語は1文の最後の動詞に一度だけ使うことが作法である。
「ますますますますますますますますますますますます」が
目障りであることがわからんか、自分で読み返したら。

知識と運用能力が無いことが露見しているよ。
わかったかい、身分不相応であったことが。
勉強して出直して来い。

5 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/03/23(木) 00:42:55
>>4
「外国人向きに」→「外国人にむきましては」
文部省の提案しましたものは、「すべましての動詞は、ますをつけまして活用
を全く同じにします。」といいますものです。例外はありません。


6 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/03/23(木) 00:47:39
君は頭がおかしいね。
「いいますものです」は二重敬語やんか。
おれの本に載せてやりたいよ。
NHKラジオ深夜便の宇田川清江のように、
「ですます」といつでも二重に使っとれ。
もう釣の0相手はせぬ。あまりにもキ印やでな

7 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/03/23(木) 00:57:28
>>6
私は、頭はおかしくありません。当時の文部相の作りましたこの新しい
日本語とか、簡略日本語とかいいましたものが、誰の目にとりましても、
あきらかに妙な日本語でありましたわけでありまして、それがあまりま
しても、おかしくありましたものでしたので、多くのみなさまが、それ
を揶揄されましてられまして、今私が書きましておりますような面白い
文章が、たくさん当時の新聞紙上をにぎわしましたのでございます。
いま、いろいろと検索いたしましてみましたが、なかなかそれらしく
ありますものが、みつかりませんので、こまりましております。

8 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/03/23(木) 21:12:33
これにしようよ。

【アルヨ】協和語について語る【アルネ】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1129288376/

9 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/03/23(木) 21:21:18
>>4

罵禍ですか?

10 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/03/24(金) 18:47:02
拗音の小さな文字なんとかならないか

11 :p-a:2006/03/28(火) 04:30:17
>>7

あなたの言い分は理解できる。
丁寧語を使いとおすところのあなたの理由はわかる。
ただし、あなたのその展望が一般常識として実現するまでの道程はきっとかなり長い。
言語体系の基本的性格というのは、
特定の文化的理想をいだく個人(あるいは宗団)によって操作されるものではなくて、
社会的傾向にしたがって自然に生えてゆくものだ。
言葉を用いる人たちが大勢になってあなたの理想を理解しないことには、
それは需要から隔絶したただの空論として僕たちの目の前をつまらなく泳ぐものとなる。
あなたの理想からはどの必然性も感じられない。
僕は日本人ではないのだが、
動詞があなたの唱えるように規則的な変化をするものではない現行の日本語を学ぶことは問題なくできているよ。


12 :p-a:2006/03/28(火) 04:37:46
>>7

あなたの熱意を借りて僕が現行の日本語を改良しようとするとしたら、
次のような点に努めるだろう――

★他の言語の語彙をカタカナで流用するまえに、それを日本の言葉で表し解してみる
(……カタカナ語は地球上でもっとも不恰好で有害な言葉だよ。)

★已然形の語と区別するために名詞はまるごと漢字でつづるようにする
(……「締まりが悪いドア」は「締が悪いドア」に、「絡み合いが良い漫才コンビ」は「絡合が良い漫才コンビ」に)。

★語の記述順序について規則を与える
(……文を構成する一つ一つの語を読み手や聞き手がより段階的に認識しやすいように並べることは重要だ。
たとえば「あまり卵は食べないほうがいいよ」は「卵はあまり食べないほうがいいよ」としたほうが、語どうしのつながりを読み手や聞き手が認識するうえでのよりよいサブリミナル効果が期待できる。
この処方をちゃんと評価して実践できている日本人は少ないのだけど。)

★「:」や「;」といった読点を導入する
(……もともと論理性に乏しい構文法にのっとっている日本語にとってこれは効果的な導入となる。
日本人はそれほど気づいていないようなのだけど、これらコロンとセミコロンというのはすごく便利な記号なのだ。)

★「、」を打つ位置を見なおす
(……たいていの日本人は、「口言葉」における抑揚を意識した読点の使い方をする。
それはそれで有なのだけど、一方で、「理路」を意識した区切り方もまた正当な読点法としてある。西洋語はその模範だよ。
口言葉の趣に重を置いた読点法はときとして煩わしい。
「彼が望んだのはその成功が、自分にではなく皆にとってためになる、ということであった」という類のものは、僕にしてみれば読みにくい。
まるで「その成功」こそが「彼」によって望まれたものなのだと言っているみたいなんだ。
「彼」が望んだ事柄を整然と記述するうえでは、「彼」と「その成功が……になる」との間に点を打ってそれぞれを別々の意味単位として分けることがたいせつとなる。)

――後者4項は、用いる語の品詞的性格や構文的位置をはっきりとさせるうえで有効な処方だ。
問題は、文法のそういった改良についてどれだけの重要性を今の日本人たちが見いだしうるのか、ということなのだけど。

13 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/03/29(水) 16:38:25
いいぞ、もっとやってくれ

14 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/03/29(水) 17:41:48
死に体 とか平仮名混じりの言葉って何か変な感じだよね

15 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/03/30(木) 03:58:47
新しい日本語作るのはいいね


16 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/03/30(木) 04:04:24
>>11-12
半年POMれ

>あなたの言い分は理解できる。
>丁寧語を使いとおすところのあなたの理由はわかる。

いいや分かってないね。

>★他の言語の語彙をカタカナで流用するまえに、それを日本の言葉で表し解してみる

英語から、フランス語由来の語を消すことができるかな

17 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/03/30(木) 04:31:01
>>3の訳
以前においてもここで議論したように、文部省が外国人向きに新しい日本語を考えました。
動詞はすべて丁寧語の「ます」で活用するようにします。
そうするとすべての動詞は規則的に変化するようになるので、外国人には便利になるということでしたが、
その文体たるやあまりにもおかしなものになり、大いに皆が笑い、結局ボツになりました。

18 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/03/30(木) 04:37:36
>>4の日本語訳

君が>>1ならばこんな身分不相応なスレを作る前に日本語学校へ通って日本語の運用能力を高めなさい。

(なぜかというと)
「外国人にむきまして」とはなんだ。
アサリの剥き身でも作る気か。
「向けまして」だろうが。

日本人に多い、英語が苦手な多くの者が往々にしてやってしまう、自動詞と他動詞の区別の間違いを起こしているぞ。
連用形が「向き」になるのは自動詞「向く」である。
ところが「外国人に」という間接目的語があるから他動詞「向ける」の連用形「向け」であるべきである。

「におきましても」は「に於いて」の形で格助詞的に用いる、活用させることができない言葉だ。

ついでに。君はわざと「ます」を過剰に使って釣ってるのかい(そうですお見事)丁寧語は、一文の最後の動詞に一度だけ使うことが作法である。
「ますますますますますますますますますますますます」が目障りであることがわからないか。自分で読み返したら。

知識と運用能力が無いことが露見しているよ。
わかったかい、身分不相応であったことが(見事な釣り返しです先生)。
勉強して出直して来い(喜んで)。

19 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/03/30(木) 04:42:35
>>6
>二重敬語やんか。

…。
たとえば「いたします」は、「いたす」と「ます」で二重敬語かい?
「お待ちいたしております」は「お」「いたし」「ます」で三重敬語かい?

20 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/03/30(木) 04:51:09
>「彼が望んだのはその成功が、自分にではなく皆にとってためになる、ということであった」という類のものは、僕にしてみれば読みにくい。
>まるで「その成功」こそが「彼」によって望まれたものなのだと言っているみたいなんだ。
>「彼」が望んだ事柄を整然と記述するうえでは、「彼」と「その成功が……になる」との間に点を打ってそれぞれを別々の意味単位として分けることがたいせつとなる。)

×「彼が望んだのはその成功が、自分にではなく皆にとってためになる、ということであった」

△「彼が望んだのは、その成功が自分にではなく皆にとってためになるということであった」

○「自分のためにではなく、皆にとってためになる成功を彼は望んだのであった」

まだまだ。

21 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/03/30(木) 05:04:28
学校文法って、本当に訳に立たないんだなと改めて知ったよ。
今回は右も左も分からない外人さんのために教えてあげたけど、
常識が行き届いてる日本では、誰もこんなことをわざわざ教えてくれないよ。
教えた方もいっしょに「空気が読めない」扱いされるからね。
俺としても自分のレスが、釣りネタとして熟成するのを待つばかり。
じゃあ、気をつけて。お勉強好きのガイジンさん。

22 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/04/06(木) 13:19:04
この外国人は中国系の人だろうか。
語の順序だとか送り仮名をなくして漢字だけにするとか言う所を見ると。

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)