5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★日本語の起源に関する過激な仮説★

1 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/05/09(火) 00:13:35
現代中国語(普通官話)は北方モンゴロイド(モンゴル人・満州人)の発音の影響を受けている。
これは少数の支配者たる北方モンゴロイドが多数の被支配者たるシナ人を長期間に渡り支配した結果だ。
中国は支配者を同化してしまった稀有な歴史を持つ国だ。

さて、仮説として、現代中国語に起こったことを日本語に当てはめてみよう。

現代日本語はマレー人(フィリピン人・インドネシア人)の発音の影響を受けている。
これは少数の支配者たるマレー人が多数の被支配者たるチョーセン人を長期間に渡り支配した結果だ。
日本は支配者を同化してしまった稀有な歴史を持つ国だ。

日本の歴史学と民族学では日本人の中のマレー人の遺伝子はアイヌ人とひとくくりにされ縄文人系とされている。
しかしあまりに乱暴すぎる見解だ。
なぜならば、アイヌ人とマレー人の言語はまったく異なるからだ。
したがって、両者は異民族として扱われなければならない。

当方は以前はチョーセン人がマレー人を支配して生まれたのが日本人であり日本語だと考えてきた。
しかしどうしても辻褄が合わなかった。
チョーセン人が支配者で多数派だった場合、日本語はほぼ完全に朝鮮語でなければならないが、そうなっていない。
逆に支配者で少数派だった場合、中国語の例から、日本語は朝鮮語の発音の影響を受けたマレー語でなければならない。
そしてやはりそうなっていない。
以上の事実から、日本人は少数派のマレー人が多数派のチョーセン人を長期間に渡り支配し、混血した結果に生まれた民族だ。
それゆえ、日本語はマレー語の発音と朝鮮語の文法を併せ持つと結論付けられる。

随分と非常識な仮説だが、当方としては十分理論的に説明したつもりだ。
言語学に興味を持っている諸君に、是非ご意見願いたい。

2 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/05/09(火) 00:16:18
【訂正】

しかしあまりに乱暴すぎる見解だ。
→しかしそれはあまりに乱暴すぎる見解だ。

当方としては十分理論的に説明したつもりだ。
→当方としては十分論理的に説明したつもりだ。

3 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/05/09(火) 00:31:31
【訂正】

モンゴル人・満州人
→モンゴル人・ツングース人

チョーセン語
→原ツングース人

4 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/05/09(火) 00:32:28
【訂正の訂正】

チョーセン人
→原ツングース人

チョーセン語
→原ツングース語

5 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/05/09(火) 00:33:45
モロッコモロッコ

6 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/05/09(火) 01:45:45
日本語および日本人は朝鮮人ともマレー人とも異なる独自の種族と理解する
ことが正解だ。

 マレー語とも朝鮮語とも大した関係はないということだ。むしろ、満州語、
トルコ語から太古に分れた言語、種族なのだろう。


7 :名無し象は鼻がウナギだ!:2006/05/09(火) 02:02:26
SOV繋りで考えるとモンゴルと朝鮮を経由して日本に来た人と
南洋や大陸から来た人の言葉が長い時をかけてまざったのだろう

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)