5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

地理関係の学会・学者について語ろう

245 :241:2006/08/12(土) 21:42:52 ID:CpwVNO0h
加藤氏とは某学会で数回話したのみだったが、かなり頭はいいし、知識はあると思た。

でも、それはあくまでも地理学やポモでの話。それ以上のストックはない感じ。
それゆえに現代地理学の限界やポモのバカバカしさをそのまま背負ってる。
おまけに、真理に対する強いエモーションというか、探究心がなく、
実践的な要求についても切迫感なさげ(学問で人を助けよう!とかないんだよね。
あるのは、俺これだけの知識知ってんだぜ! おまえ等に話してやるぜ! って虚栄心だけかな。
結局、すべてが薄っぺらい。それが著書にも出てる。「花街」なんてよく調べてるなあって思うが、
実際の感覚を伴わない、机の上の作業で終わってる。他の著作も同じ。

市大のやってることはこれに通じてる。高等遊民系な地理学って感じ。地に足がついてない。
結局、ポモが受けた批判をそのまま引き継ぐ形で数年後には破綻してるでしょうね。
まぁ、それでも権威はあるだろうが、
本気で才能あるやつは市大に犯された関西地理にいるよか、海外行くでしょ。

俺の思うのはこの板の主流とは違うけど、最後は地誌とか地域研究者が残っていくでしょうねってこと。
理論科学は時間とともに刷新されるのが常だけど、地理の理論的転換は他学問の十倍のろい。ついていってない。
GISを地理でする誤魔化しも効かなくなる(政策学がやってる)。
これからは異文化共生で、なんだかんだで、地理学者の観光旅行話がニーズに対応していくでしょうね。

そうなると益々、地理学が学問であるのかってことになるけど、現在の似非哲学地理学は見るに耐えんもんな。

193 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)