5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

NHKアラビア語会話

1 :名無しさん@3周年:04/10/06 06:52:17
無いので立てますた

公式ページ
http://www.nhk.or.jp/gogaku/arabic/


525 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 22:13:55
来年度は新作で放送してくれ…。

526 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 03:56:49
>>525
花緑さんの現地ロケ希望

527 :名無しさん@3周年:2005/12/13(火) 00:25:25
来年度、花緑さん生徒で新作のようです。
今日の読売新聞の夕刊に書いてあったよ。
よかったねー。

528 :名無しさん@3周年:2005/12/13(火) 14:37:41
>>527
本当ですか!?

529 :名無しさん@3周年:2005/12/13(火) 15:16:42
冗談言っちゃいけねぇ…柳家 花緑(やなぎや かろく)
僕が江戸じゃ面白くないでしょ

 今年は東京・新橋演舞場「もとの黙阿弥」などの舞台や、テレビドラマにも
出演。映画「ヒナゴン」も公開され、これまで以上に活動の幅が広がった。
 25、26日には新宿・紀伊国屋ホールでの独演会「花緑ごのみ」、年明け
1月27〜31日には青山・スパイラルホールで、俳優の風間杜夫と落語会を
開く。
 その「花緑と風間の落語会」では、劇作家・鈴木聡が書き下ろした新作落語を
口演する予定だ。
 「風間さんが江戸の若旦那(だんな)もの、僕は現代を舞台にした作品になる
予定。風間さんが現代、僕が江戸では当たり前過ぎてお客さんも面白くない
でしょうから。食べ物を扱ったしぐさの多い噺(はなし)になると思います」
 鈴木の落語を演じるのは2作目。第1作の「ナンパジジイ」は、10月に
上野・鈴本演芸場で再演したばかりだ。「芝居と落語の中間みたいな手応えで、
自分としても演じていて刺激になる。この噺の登場人物が、2作目にも出てくる
予定」
 人間国宝・五代目柳家小さんの孫。戦後最年少、22歳で真打ち昇進した
“柳家のお坊ちゃま”だ。「来年の正月二の席の寄席では、初めて中入り後の
出番になった」と言うように、落語界の立場も重くなってきたが、「まだまだ
自分の仕事を広げていく段階」と話す。
 「まだ34歳。物事をまとめにかかる年齢ではないですから。やっていることの
是非はあるでしょうが、非の部分を体験したり、周りから言ってもらったりする
ことで、自分自身も大きくなれると思っています」
 来年の楽しみの一つが、NHK教育の「アラビア語講座」への再チャレンジ。
 「『アラビアン・ナイト』のような口承芸能の伝統があるので、親近感が
あるんですよ。アラビアの文化や歴史は知らないことが多いし、新しい発見が
ありそう。何か自分に枠を作るのではなく、目の前にやってきた仕事をこなして
いく。これからもそういう精神でいたいですね」
(2005年12月12日 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/stage/comedy/20051211et02.htm

232 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)