5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

歴史小説でオススメは?

1 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 19:27:25
司馬遼太郎のは一通り読んだ。
なんか歴史小説でいいのあったら教えてくれ。
できれば理由も頼む。

2 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 19:31:47
鴎外でも読んでレ

3 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 19:35:13
『堺港攘夷始末』最後の方に間違いが有るけど。

4 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 20:56:01
シュテファン・ツヴァイクの「ジョゼフ・フーシェ」?
勧める理由ははっきりしている。司馬の好きな作家だから。

5 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 21:02:08
井上靖「額田女王」(ぬかたのおおきみ)

冒頭の叙事的な出だしからぐぐっと引き込まれた。
女性から見た叙情的な描写と、冷徹な政治ドラマがうまくミックス。
清濁併せ持ちながら、困難をひとつづつクリアして国造りに情熱を注ぐ中大兄皇子がかっこいい。
新生日本への産みの苦しみや期待や恐れがドラマチックに描かれている。


6 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 21:04:58
羅生門、鼻、芥川の王朝モノは安心して勧められる。

7 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 21:43:56
>>1
http://book3.2ch.net/book/へ池

8 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 21:50:24
高橋克彦の「炎立つ」。
あまり知られていない東北の歴史。
男たちの国造りへの熱い思いが燃え上がる。
蝦夷とはなんであったか。
なぜ頼朝に屈し、勝てる戦さを捨てたのか。
奥州藤原氏の興亡の真実!?(俺はこれが真実だと思っている。)
が熱く描かれている。
勧める理由は、中央に対して辺境の歴史はあまり知られていないが、
それを知るのも面白いと思うから。
内容がめちゃくちゃ面白いから。



9 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 22:05:47
池宮彰一郎作品は押さえとけ
とくに初版がいいぞ

10 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 22:09:58
いま生きてるスレだとこんなところか


じゃあ誰が優秀な歴史小説家なのかと。
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1085674308/

永 井 路 子 の日本史観
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1104989214/

11 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 22:29:19
「島津奔る」は司馬の「関が原」の盗作だったが、
作品としては良く出来ているというな。だれか読んだ人いない?

12 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 22:45:08
陳舜臣作品スレ
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1079178081/

*** 歴史小説総合スレ ***
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1097518943/

13 :日本@名無史さん:2005/06/03(金) 23:16:05
>>11
読んだよ。

14 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 00:42:54
で?

15 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 23:45:10
家康の部分はあまり面白くないね。

16 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 23:39:01
鳥羽伏見の戦いから戊辰戦争辺りの面白い小説ありませんか?
できれば官側からの視点がいいのですが幕府側でも面白いのあったら教えて下さい。

17 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 08:03:35
>>9
「逃げろ家康」「島津奔る」「平家」は司馬のパクリです。
他の作品は面白いか否かは評価が分かれますが
彼の作品は主人公を徹底的に誉め
敵役を徹底的にけなす。
史実捻じ曲げです。
この辺が好みの分かれるところでしょう。

18 :日本@名無史さん:2005/08/30(火) 22:57:35
age

19 :日本@名無史さん:2005/09/02(金) 01:00:04
盗作バレて廃本になったのは残念だが、島津奔るは面白いね
関ヶ原へ個々に駆けつけるシーンとか泣けた

後誰が書いたか忘れたけど上杉鷹山も泣ける

20 :日本@名無史さん:2005/09/02(金) 18:37:15
>>17
あのな、「小説」は創作なんだよ、「作り話」
史実捻じ曲げも何もないんだよ。

>>19
池宮は着眼点は面白いのに、あんなことして名前を無くして
ほんとにお馬鹿だと思う。
しかも、愛読者の多い司馬作品からそのまま取りなんて
ほんとに間抜けなことだった。
論点はパクリでも文章変えるくらいの努力をすればよかったのにな。

21 :日本@名無史さん:2005/09/02(金) 22:55:59
「真田太平記」   池波正太郎
信州の武将、真田昌幸と息子の信之・幸村、それに真田の草の者(忍び)のお江を
中心に描いている。鬼平犯科帳はもちろん面白いが、これもお勧め。

22 :日本@名無史さん:2005/09/02(金) 23:09:29
「武王の門」 北方謙三
南北朝時代の話しで後醍醐天皇の皇子 懐良親王の九州での戦記もの
太平記のその後が書かれている感じで、あまり焦点を当てられていない
室町幕府の不安定さなどが垣間見れておもしろい。
また、北方作品らしく、登場人物に男気があり、かっこいい小説を読みたいなら持って来い!
人物の捕らえ方など独特で南北朝を書いている北方謙三作品は全体的に面白い!!

23 :日本@名無史さん:2005/09/02(金) 23:17:44
エミール・ゾラの『金(かね)』、藤原書店だったかな。おっもしれーぞー。

24 :日本@名無史さん:2005/09/02(金) 23:20:17
ドキュメンタリーなんだが、アーネスト・サトウの著作はできるだけ読むこと。真の日本史が見えてくる。

25 :日本@名無史さん:2005/09/03(土) 05:29:26
>>20
けど、歴史を扱うのだから史実にも気をつかうべきだと思う。
池宮の場合、「歴史人物を借りた、現代政治へのオマージュ」
という部分もあるからなあ。
本当にぜんぶ作り物にするんなら
「指輪物語」のように自分の世界をつくるべき。

26 :日本@名無史さん:2005/09/04(日) 18:15:49
時代舞台が少し日本ではマイナーだけど
佐藤賢一の「双頭の鷲」お奨め。
ちなみに舞台は百年戦争前期。

27 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 19:09:47
謙信が女の小説ってありますか

28 :日本@名無史さん:2005/09/14(水) 19:00:23
>>27
∩(`∀´∩)

29 :日本@名無史さん:2005/09/20(火) 13:56:13
中村彰彦の『海将伝』が面白かった。島村速雄海軍元帥の話。「バルチック艦隊は必ず対馬海峡を通る」と断言。その他色々。

30 :日本@名無史さん:2005/09/20(火) 14:08:40
『池宮奔る』これ最高。

31 :日本@名無史さん:2005/09/20(火) 14:28:10
角川から出てる池宮の「平家」って盗作疑惑がささやかれていたのに
今でも絶版になってないのな。

32 :日本@名無史さん:2005/09/20(火) 23:20:30
恨小説の大家、早乙女貢の「会津士魂」を読んで、
会津厨になってみる。

33 :日本@名無史さん:2005/09/21(水) 00:09:35
>>27

八切止夫「上杉謙信は女だった」
小松左京「竜虎抱擁」


34 :日本@名無史さん:2005/09/21(水) 02:32:58
読みやすい小説をしょうかいしよう
「幽斎幻旨」(佐藤雅美)

35 :日本@名無史さん:2005/10/09(日) 23:50:18
杉本苑子 影の系譜



36 :日本@名無史さん:2005/10/26(水) 20:08:04
高橋克彦「天を衝く」上下巻。


37 :日本@名無史さん:2005/11/15(火) 22:34:36
夏目漱石「坊ちゃん」
明治維新のパロディ小説だ

38 :日本@名無史さん:2005/11/15(火) 22:41:00

この板の、一行リレー小説を読めww

39 :今、書文:2005/11/16(水) 01:39:18
お国は違うけど、田中芳樹の「紅塵」。中国で、関羽と人気を二分する武将、岳爺爺こと岳飛、カッケ!(直接、活躍しないが)

40 :日本@名無史さん:2005/11/16(水) 17:24:48
荒山徹「高麗秘帖」(李舜臣を暗殺するやつ)
エンターテイメントって感じ

41 :ひつじぐも:2005/11/16(水) 22:04:24
藤沢周平の「よろづや平四郎活人剣」もおもしろいよ。時代背景は水野忠邦の改革らへん。

42 :日本@名無史さん:2005/11/17(木) 00:49:21
いや〜、映画って本当にいいですね

43 :日本@名無史さん:2005/11/20(日) 14:42:57
ええと、題名は憶えてないんだけど、作者も忘れたんだが
内容はいわずもがなだ。

44 :日本@名無史さん:2005/11/20(日) 20:00:57
森 雅裕の「化粧槍とんぼ切り」がおもしろかったような気がする。
主人公は本多稲姫だが真田モノとはちょっと違う。
少女時代から本多正純失脚まで。出てくる人みんないい人。

45 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 11:27:01
             

46 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 17:06:26
http://nihonjustice.hp.infoseek.co.jp
http://www.geocities.jp/ggg_nihon/
お薦め理由
写真が多い。

47 :日本@名無史さん:2005/12/12(月) 20:53:03
>>22
北方なら「破軍の星」もいいと思うが
まー北方の主人公って大抵同じパーソナリティーしてるよな

>>39
世界史板行って同じ事言ってこい

48 :日本@名無史さん:2006/01/06(金) 04:17:42
sage

49 :日本@名無史さん:2006/01/07(土) 12:39:53
age

50 :日本@名無史さん:2006/01/08(日) 15:33:21
北方はワンパターンだからこそ、ただ一つだけ選べといえば「破軍の星」で賛成
上下に分かれてないし、読み応えあるし

51 :日本@名無史さん:2006/01/26(木) 23:42:59
私本太平記に勝るものはない。

52 :日本@名無史さん:2006/02/22(水) 02:24:55
エロい時代小説なんか無いかよ?

53 :日本@名無史さん:2006/02/22(水) 02:32:15
破軍の星 まあさわやかだね
エロイかどうかわからんが童門冬ニの
蜂須賀重喜で少女のくのいちをみんなで
もてあそぶシーンがあるが

54 :日本@名無史さん:2006/02/22(水) 02:35:52
最近安倍龍太郎の良さがわかってきた

55 :日本@名無史さん:2006/02/22(水) 02:38:15
頼むから歴史小説を書いてくれ団鬼六

56 :日本@名無史さん:2006/02/22(水) 02:46:55
>>55
そこで壇ノ浦夜合戦記ですよ・・・・

57 :日本@名無史さん:2006/02/23(木) 23:41:23
>>56
別に縛りのシーンもないし、ほんとに稗史読み物って感じの作だけど。

58 :日本@名無史さん:2006/02/24(金) 19:32:24
乱れ官女 徳永真一郎

結構エロい

59 :日本@名無史さん:2006/02/24(金) 23:58:49
お前らユーモアに溢れているね

60 :日本@名無史さん:2006/03/09(木) 00:40:04
天下を汝に

マイナーだけど面白い。
主人公は元祖サッカーの神様

61 :日本@名無史さん:2006/03/10(金) 23:21:21
女こそあれ次郎法師

井伊の前史だね おもしろかった

62 :日本@名無史さん:2006/03/11(土) 00:58:52
「是非に及ばず」山口敏太郎
これが初の歴史小説らしい。文章はまだまだけど
勢いがある感じがした。

63 :日本@名無史さん:2006/03/13(月) 02:30:41
西村昭「長英逃亡」(上・下)。     幕末の蘭学者高野長英が蛮社の獄で捕らえられ、牢名主になり、火つけの大罪を犯して脱獄し、全国各地を点々として潜伏する様子が緊迫感溢れる展開で描かれていて一気に読めました。

64 :日本@名無史さん:2006/03/13(月) 06:44:28
「妖説太閤記」山田風太郎
司馬遼や吉川の秀吉は美化されすぎ。
こっちの方が史実の秀吉に近いと思う。

65 :日本@名無史さん:2006/03/13(月) 09:54:10
サムライちゃんぷる

66 :日本@名無史さん:2006/03/13(月) 10:05:51
佐賀藩の小説

67 :日本@名無史さん:2006/03/13(月) 10:56:54
山風なら「魔群の通過」「婆娑羅」もいいね

68 :日本@名無史さん:2006/03/31(金) 17:42:15
   

69 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 11:12:34
     

70 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 12:22:19
このスレ板違いにつき-----終了-----

71 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 01:17:52
有益な板故堪忍してやりなさい

72 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 09:58:37
>>63>西村昭「長英逃亡」(上・下)
作者名間違えてるよー。『吉村昭』だよ。
私も彼の作品はかなりオススメです。長英逃亡は勿論、『アメリカ彦蔵』『落日の宴』『幕府軍艦回天始末』『天狗争乱』『ポーツマスの旗』『海の史劇』等読みましたがどれも良かった。

73 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 23:57:35
『皇位の呪縛』
皇嗣のないまま称光天皇が崩御したことによる皇統断絶の危機を、
伏見宮貞成親王の子の後花園天皇が後小松上皇の猶子となって
皇位を継承するというストーリー。
伏見宮と天皇家の相克など、かなりマニアックな内容だが、
この時代を扱ったものはあまりないので希少価値あり、かな。

74 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 01:15:33
品切れだけど、南条範夫『幻の観音寺城』面白かったよ。
http://www.bk1.co.jp/product/422285

 最近のだと、
岡田 秀文『魔将軍が』良かった。
http://www.bk1.co.jp/product/2652439

75 :日本@名無史さん:2006/05/09(火) 23:27:58
金闕の変に関して書いた小説をご存知の方、教えて下さい。

76 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 00:50:40
誰だー!時代小説あげてるやつは誰だー!

77 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 22:37:46
歴史小説と時代小説の、それぞれの定義を教えて下さい。
結構、混同している人、多いんじゃないでしょうか?

78 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 22:51:03
日の丸は、朝廷に貢献した大名などに下賜して有り難がらせて
またバカをやらすことに使われたもので、
いわば天皇家の象徴。
その朝廷は日本を征服支配した朝鮮人が作ったもの。
つまり、日の丸は、朝鮮人による日本支配の象徴なのである。


79 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 20:15:14
『楠木正成 夢の花』と『日本国王抹殺』を読まれた方、
正直な感想を聞かせて下さい。

80 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 21:49:45
『楠木〜』って自衛隊を退官したっていう著者が書いた本か?

81 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 21:58:49
早乙女貢の「会津士魂」を読んでるけど、
かなり会津肩入れした書き方しているなぁ・・・
三条実美なんて悪の権化のような描きかただし。
まだ1巻読んだぐらいだが、流石に会津生まれでもついていけないかも。

82 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 23:19:59
>>81
九州出身の親が其の本読んで感動してますた。

83 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 23:39:50
>>81
そんなん、連載当時からあまりにも有名なことだw
会津の小説だもの。

84 :日本@名無史さん:2006/06/07(水) 21:41:29
>>83確かに、キツイ。

85 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 00:33:44
>>81 >>83
おととし職場の旅行で会津の白虎隊の墓に行ったけれど、ガイドさん(地元の土産物屋
さんの店員さん、まだ10代くらいの感じの女の子)が、長州軍は遺体を葬ることすら許さ
なかったのです!とか、昨日のことのように感情を込めて話していたね。
 うちの先祖はそのころは官軍に寝返ってたからなーんか謝罪を求められているかのよ
うな気分だったよ。
 会津ではそういう教育が徹底しているんだなと思った。

86 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 08:58:28
今。会津で怒っている人達は、
当時別に何もしなかったしされなかった
農民や商人の子孫がほとんどだから
気にしなくていいよ

87 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 13:27:33
>>86

88 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 21:12:05
>>75
新人物往来社からずい分前に出てた「楠木一族残党記」だったかが、
禁闕の変について書かれていたように思うが。
今はもう絶版で、古本屋探すしかないだろうな。

89 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 19:32:36
図書館にあるよ

90 :日本@名無史さん:2006/07/06(木) 23:16:34
樅の木は残った

山本周五郎

91 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 00:18:16
極めてありふれたネタだが、
吉川英治「新平家物語」。
クソ長いのに、ガンガン読める。

92 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 00:07:20
物語性、人間の生き方の描写をとれば吉川作品はやはり秀逸。

93 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 09:43:35
淡々とした中にも熱さのある津本陽の作品もおすすめ

94 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 09:50:23
津本陽って最悪だと思うが?
小説として全然面白くないし文章が酷いし。

95 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 11:14:03
山内・扇ヶ谷の両上杉や関東公方の関東戦国史に興味あるんだけど
その時代背景のお薦めの小説ってありますか?後北条作品以外で。

96 :93:2006/07/10(月) 12:31:26
>>94
「怪力乱神を語らず」というか、津本陽は英雄をけして超人のように美化しずに、
人間として描くとこが好きかな。あと俺は誇張のないシンプルな文章が好きだから・・
まっ人それぞれだね

97 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 13:37:36
村上元三「田沼意次」

98 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 14:56:41
隆慶一朗ワールドは全て繋がる筈だったんだろうか?

99 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 17:32:49
三浦綾子の「細川ガラシャ夫人」

女性の繊細な感情がピカイチだった

100 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 21:18:31
>>94
最悪って思うのはおまいの勝手

101 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 16:07:29
人それぞれ見方が違うのは事実としても、多少なりとも小説がわかる人が
津本陽の小説を賞揚するとはちょっと思えんな。

102 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 16:21:45
>>101
2chで口喧嘩するつもりはないけどさ、歴史小説を読み始めて日が浅い奴も見てるかもしれないスレだぞ
本人が見て、純粋に面白かったという感想だろ?
あんたの言う「わかってる」人ばかりがいるスレじゃないんだし・・・・
自分から見て、初心者あるいは、わかってない奴を見下すのはどうかと思う。

103 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 16:37:31
じゃあ何か?
肯定的なことしか書いちゃいけないわけ?
批判はタブーなのか。

104 : :2006/07/20(木) 16:38:47
別名:「韓国はなぜ反日か?」応援スレ極東本部

■ 韓国は“ な ぜ ”反日か?
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea  (本サイト)

http://newsstation.info/jump/to.php?id=106 (本サイトへジャンプ)
http://symy.jp/?I5d               (本サイトへジャンプ)

このサイトに感銘を受けた人、
このサイトをもっともっと多くの人に知って欲しい人、
今後日本人はどうすべきか、等々いろいろ語るスレです。

ついでに妄言マスター「恵也たん」と、その兄弟「李氏たん」たちと
ヌル〜く遊んで行ってくださいね。

<前スレ>
1 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1144516939/
2 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1146561964/
3 ttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1148556780/
●関連スレ・類似サイト等は>>2以降


105 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 16:45:06
>>103
それなら>>94のレスでいいじゃないか、そして>>96で津本ファンが意見を述べている。
それ以上は必要ないと思うが、これ以上、津本をここで語る必要あるか?
93は津本作品を読んで面白いと感じたんだろ?
あんたは津本作品を否定する権利はあっても93の感性を、どうこう言う必要はないんじゃないか


106 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 16:47:38
>>103
スレタイ嫁
自分が読んで嫌だった部分は「好みが分かれる部分だが〜〜」とでも書いておけ

107 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 16:47:50
>>105
だったらまず>>100を批判しろよ。

108 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 16:50:38
>>103
そうじゃなくて>>102が言ってるのは、
人が「これ面白かったよ」と言ってるものに対して
「アレが面白いなんて馬鹿じゃねーの」という書き方は自重願いたい、てことじゃないの
「(悪いけど)俺は面白くなかった。だってかくかくしかじかな内容なんだもん」
とあくまで本の感想や紹介をしてほしい、てことで。

109 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 16:57:07
なんで自重しないといけないんだよ?
津本の糞小説出してる版元の関係者か?

110 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 17:00:21
>>109
落ち着けや、誰もあんたを攻撃してない。
俺の言いたいのは108の言うとうりで、
津本作品の批判はおおいに結構だが津本ファンの感性を批判するのはやめてもらいたいということだよ。

111 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 18:13:40
議論や交渉ごとのやり方を日本の学校では教えないからね。
技術論(論理、評価など)と人格論(威張る、貶すこと)を混同すると
収拾がつかなくなる。ゲームはゲームって気が必要。

マスコミの一部も分かってないと思うことがある。悪い手本だ。

112 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 18:22:17
え? 人格論なんて誰もしてないじゃないか。
混同してるのはあんただろ。

113 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 18:46:11
IDない板だから議論は避けたほうが良い気がする。
>>110>>111は別人だろ。

114 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 19:28:41
作品批判したら、ある意味、ファンの感性の批判にもなるじゃん。
それを分けようとすることに土台無理がある。

115 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 19:50:20
>>114
101 :日本@名無史さん :2006/07/20(木) 16:07:29
人それぞれ見方が違うのは事実としても、多少なりとも小説がわかる人が
津本陽の小説を賞揚するとはちょっと思えんな。

これは、津本の作品を批判してるんじゃなくて、津本の作品を評価した人を批判してるだろ?
それと、相手を言い負かしたいだけの議論なら、俺はしたくない。
それと頭にきたら、人を「津本の糞小説出してる版元の関係者か? 」などと決め付けないでほしい。
別に俺個人の意見なんだから、あんたがどうしても納得いかないなら、俺に意見を認めさせないでも
自分の思うとうりにこのスレを活用すればいいんだよ。

116 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 20:50:26
批判するなら、批判された作品にとって変わるオススメの作品を挙げろ

117 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 20:53:37
加藤廣の一連の作品は面白かったね。

118 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 00:07:50
津本の作品は、史料の解説として読めばいい。

119 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 00:09:45
だな。
津本の小説は、史料を説明してるだけ。
そして、間の抜けたセリフが入る。


120 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 10:08:04
 佐藤賢一『女信長』読んだ。
 設定にカナーリ無理があるが面白いことは面白い。
 南蛮の軍法との関係に関心のある人にはオススメ。

121 :日本@名無史さん:2006/08/03(木) 21:31:33
中世ヨーロッパがフィールドの作家が信長を描くと、ああなるのでしょうな。

122 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 21:48:56
北条早雲についての本でお勧めのものありますか?

123 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 14:13:10
>>122
誰も釣られないから、
司馬遼「箱根の坂」

小説だからメクジラ立てても仕方がないけれど、出てくる場所をかなり踏査したが、
風景の描写では確認できないところもある。
例、高見原、鉢形城の大手門(の向き)←存知よりの方情報を。

124 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 23:20:28
「箱根の坂」が書かれた時代は歴史・時代小説といっても
それだけのマニアではなく万民向けに楽しめる物語性を重視して
執筆されてた時代だから、昔の小説の不整合な点は気にならない。
人物描写や感情描写に優れた、かえって感銘をうける作が多いはず。

今、面白いと読まれ続けてる作品は物故小説家のものばかり。
これから何十年後も読まれる時代小説の傑作って、
もう出て来ないだろうな。



125 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 01:03:02
真田昌幸ってやっぱりカッコいい。
俺は、真田昌幸・大谷吉継・北条早雲が好きだな

126 :日本@名無史さん:2006/08/10(木) 18:49:12
いまこのスレ↓にて
新板をねだるスレ@運用情報◆26@運用情報
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1150644262/l50
運営側からbook鯖で新しい板を作るかも、という動きあり

>もう一つbook鯖系について、そういえば、他のカテゴリ(特に趣味系)の
>板が大増産された2003年の終わりくらいからぜんぜん板出来てないんすね。
>いちおうここあたりで作ってもよさそうな気はしますがー、、

http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1150644262/852

歴史・時代小説板を御願いしてきたんだけどみんなの意見よろ。向こうでも。

127 :日本@名無史さん:2006/08/10(木) 22:00:44
橋本治 「双調 平家物語」

128 :日本@名無史さん:2006/08/10(木) 23:39:56
スレ違いですまんが、小学館が出してるビジュアルワイドの明治時代館って
評判いいだろうか
風俗や、当時着ていた服の名前とか詳しく載っていたら買いたいと思うんだが
もちろん写真つきで

129 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 01:19:45
  

130 :日本@名無史さん:2006/08/28(月) 00:35:28
弓削道鏡
今東光


道鏡の愛撫が女帝の肢から上にあがっていくくだりが
最高

131 :日本@名無史さん:2006/08/28(月) 03:06:26
「なにわの夢」山口敏太郎が面白かった。
初めて読んだ作家だけどとりあえず当り。

132 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 02:13:42
弓削道鏡
黒岩重吾

女帝が道鏡の禿頭に接吻して舐め回すくだりが
最高

133 :日本@名無史さん:2006/09/06(水) 10:44:23
最高の忠臣蔵小説を教えてください。



134 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 01:56:20
池宮の作品群はどう?

釣りじゃなくて、マジレス

135 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 14:26:30
大佛次郎の小説『赤穂浪士』
丸谷才一の評論『忠臣蔵とは何か』
溝口健二の映画『元禄忠臣蔵』

この3つが基本でしょう。

136 :日本@名無史さん:2006/09/15(金) 22:07:22
>>134
>>135
ありがとうございます。
やはりそうですか。
大佛次郎の赤穂浪士読んで思いがけず感動して
池宮・井上ひさし・風太郎をあさりましたが
他にもっと面白いモノを探していました。
大佛以上のモノを探してたんだですが
これ以上のモノはやはり無さそうですね。

137 :日本@名無史さん:2006/09/18(月) 19:18:29
天皇の世紀が面白そうだったので、壱巻と弐巻を買ってしまった。

138 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 09:25:05
★李氏朝鮮の奴隷を解放したのは日本だった!
(正確に言うと日本派の朴泳孝が身分制度を廃止した。)
http://nihonjustice.hp.infoseek.co.jp

139 :日本@名無史さん:2006/09/21(木) 23:41:11
幻冬舎の大谷義継は 止めとけ 好きな題材に関わらず つまらない事この上なく、不快ですらあった

140 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 21:31:47
司馬遼太郎は、未熟な経営者の読む本ではないと思う。

陽明学は、ややもすると破滅の道を歩むことになる。


141 :日本@名無史さん:2006/10/18(水) 01:14:49
ま、滅びの美学みたいな作家だかんね。

142 :&rlo;!!!き好大ケリタモ:2006/10/18(水) 01:35:53
信長 あるいは戴冠せるアンドロギュノス

名著(笑)

143 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 23:01:47
おれさぁもう早く帰りたいよぉ。

144 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 23:46:48
     

145 :日本@名無史さん:2006/11/24(金) 23:37:03
剣豪の生涯をあつかった作品でおすすめ教えてください。
剣の天地と真剣読みました。

146 :日本@名無史さん:2006/11/24(金) 23:53:58
>>145
自分で調べろ、クソムシめ。甘えるんじゃねぇ。死ね


147 :日本@名無史さん:2006/11/25(土) 21:14:04
       O       >ー-"'" ⌒,,ィシヽミミiミミ 、
        o 。   /     三彡彡彡ィ`、ミミミ`、
           /      シ彡彡彡彡ノ'ヽミミミ`、
           ,'        ,三彡彡彡彡彡ソ,ー--'
             l    _ _ """'彡彡彡彡彡ノi
          {;、 ';;;='''"""`  彡彡彡 - 、ノノi
             kr) .ィェー   彡彡' r、ヽ}彡i  
           レ'  ..      シ彡' )ァ' /彡'   と思う吉宗であった
          {_,,,、 ;、      シ彡 ニンミミ{
           l         '''"::.   彡ミi
            ! ̄"`     ...:::::::: ノ""{
           l    .......:::::::::  /   \_


148 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 20:56:21
大阪の陣を描いたお勧めの作品ってないすか?

149 :紫少納言:2006/12/05(火) 02:34:48
隆慶一郎は読んだか?

150 :日本@名無史さん:2006/12/06(水) 00:24:01
まずは城塞だろうな。

28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★