5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【DNA】西日本は中国系で東日本は半島系か2

1 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:29:03
酒の強さは遺伝子で決まる
http://www2.athome.co.jp/academy/genetic/gen04.html
朝鮮半島と東日本は弥生人(下戸遺伝子)が少ない


国立科学博物館 日本人はるかな旅展 遺伝子によるルーツ研究
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-26.html
B44-DR13は韓国最大集団(日本では秋田〜新潟ラインに多いらしい。他HPより)

DNAでは西日本と中国との共通点が多く、東日本は朝鮮半島との共通点が多い

DNAの分布と日本の歴史を照らし合わせて議論したい

前スレ
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1114947979/


2 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:29:22
2げっちゅー

3 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:34:45
HLAはDNAではありません
赤血球のABO型と同じで
白血球の血液型です


4 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:41:20
1000 :日本@名無史さん :2005/07/28(木) 22:37:34
東日本は半島系でした。

ナイス、あとエベンキ系な、顔長の

5 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:45:45
ほほう、

くろーい、小頭頬高の不格好な楕円形の長顔で、のっぺら低鼻、
うすーいハの字眉に、離れた細い寄り目で、唇が突き出して
めくれている、あのビビンバ顔はエベンキ系だったか?

6 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:46:46
くだらん東西対立で1000までいくに100ペソ

7 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:47:49
東日本の人々と朝鮮人では頭の形や目頭部分(蒙古襞)が違う

8 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:49:27
語尾に「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜YO(よ)!!!」
ってつくのはハングル?????????

9 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:50:24
朝鮮人にも色々いて、縄文人に近い顔、中国人に近い顔、
ビビンバに近い顔といろいろ居るからな。

10 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:52:14
>>7
東日本人はエベンキ系が基本、次に朝鮮、畿内からの支配階級が被さる。

11 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:53:36
朝鮮人は奴隷だった!

朝鮮通信使・朴瑞生の帰国報告。
日本に行ってみたら、倭寇にさらわれ奴隷にされた朝鮮人がたくさんいて驚いているのです。
通信使をみて、助けを求めているんだけれど、みんな鎖につながれて逃げることもできない

(『世宗実録11、12乙亥』より)


12 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:53:45
>>10
>東日本人はエベンキ系が基本




で、そのソースは?





13 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:56:56
>>12
顔見れば一目瞭然でもあるな、畿内人とは異質のタイプ
沿海州系。

14 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 23:12:02
>>13
だから学術ソースを出せよ。

おまえの脳内朝鮮ソースではなく。

15 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 23:13:53
沿海州ロイド五月蠅いな・・

16 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 23:45:17
そういや、東日本は、浜コウとか、田中角栄とか、真紀子とか、松嶋奈々子とか
半島系の顔が多いな

17 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 23:49:51
東日本と朝鮮では頭の形が違う

18 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 23:56:51
東日本のベースは沿海州ロイド、それに半島系支配民が乗っかる。

19 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 23:59:33
B52-DR15の高頻度の場所が日本とモンゴルと地理的に離れて
二極化しているのに対し、
B44-DR13の高頻度の場所が日本と韓国と地理的に連続している。

その中でB44-DR13の頻度が一番高い地域が日本の東海地方と来れば、
東海地方から日韓じゅうに広がっていったと見るのが正解。

20 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 00:02:23
【地理・人類学板】同時進行のスレだろ!いい加減アキタしいらねぇスレ削除しろよ!

21 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 00:19:07
>>19
なぜ君はD52-DR15は日本発祥だと考えないのかね

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 09:10:46
「東日本」と一括りにすると、東北人や道民が沸いてくるので、関東人に限定したら?
関東人の出自は怪しすぎる。2chで正体を暴こう。
そういや、人類学板には、関東人と朝鮮半島云々のスレがあったけど。
どうやら、新羅の系統が強そうではあるが。

23 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 10:18:46
B44-DR13が天孫降臨ルートであることは間違いない!!
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/4sumi1.html

24 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 10:21:42
東山道が半島系は間違い半島系、畿内系の支配階層はごくわずか
東山道人は畿内系の顔はいない、殆ど関与していない。
東山道人のベースは沿海州のエベンキ、オロチョン等である。

25 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 10:25:35
高天原(半島)から降臨させた支配階層が半島系であることは間違いない


26 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 21:11:32
↑中国、山東半島

27 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 22:14:37
高天原は北九州です。
天孫は北九州系の倭人、
北九州勢力が南九州や出雲、半島南部に天下ったのが天孫降臨伝承。
新羅の歴史書に倭人と伝えられる新羅国王も北九州の倭人であった可能性が高いのでは?

28 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:09:57
北九州人って半島人の忌み嫌う倭人ですよ。
■ハングル板基本用語解説■其の14

(理由2) <<白丁(ペクチョン)>> 日韓併合されるまで朝鮮に存在していた被差別階級。在日=白丁とされる韓国では
現在でも在日は差別される。実際は全ての在日が白丁な訳ではないがその多くは朝鮮社会での被差別階級だった。朝鮮の身
分階級は大別して「良人(両班、中人等)」「賤人=奴隷」とあり、「賤人」のうち個人所有=民婢、公有=官婢と称した。
国家的奴隷制、贈り物・相続・売買され、殺生しても罪に問われなかった(←部落との違い)「白丁」は、これの更に下層
に奴隷以下の被差別民として位置づけられた。李朝時代に身分として固定され、柳細工の製造販売や屠畜などに従事、衣服
も指定され、居住地も制限され、目印として平壌笠と呼ばれる笠をかぶらねばならなかった。(コピペ)
(理由3) <<済州島出身者>> 白丁よりも済州島が多い。ソウル>地方>全羅道>白丁>済州島 済州島に対する差別
は酷く、完全な野蛮人扱い。済州島出身者との結婚となると、在日の間でさえ「血が汚れる」と一族が猛反対。
1948年、南朝鮮の単独選挙に反対する南朝鮮労働党が組織した済州島四・三蜂起が発生し、朝鮮戦争後の1950年代
半ばまで、弾圧とテロ、山岳ゲリラ活動が続き、のべ8万人の島民が殺されたとされている。今日でも、済州島は反中央の
気風と結びつけて語られることが多く、半島には済州島出身者への差別意識が残っていると論じられることも多い。
済州島は、民族的に陸(半島)と著しく異なり、倭人に近い。昔は独立国だったが、いつの頃か朝鮮に侵略されて現在に至
る。ただ、完全な支配となると意外と新しく、三別抄の乱後、元寇以後になるんじゃないかな。日本では、神功皇后が済州
島を征伐し、その時百済に与えたと伝えられてる。 (コピペ)

――戦後の補償と謝罪―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
戦後の補償と謝罪に関するデータ http://tenpura_c.tripod.co.jp/


360 :日本@名無史さん :2005/07/29(金) 15:41:29
早い話満州人が倭人(縄文)をB扱いして差別・排除してきただけだね。
半島も日本も構造は同じじゃん。

29 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:18:11
>>27
日本の神話は他の民族の神話との共通した部分があまりに多く歴史的根拠にならない
(ギリシャ、北欧、中央アジア、モンゴル、インドネシアなどの神話と同じ内容の話がある)

30 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:21:21
朝鮮人の西日本人が、
自分たちは朝鮮人じゃないと言い張ってるんだから、
とても自虐的なスレですね。

31 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:21:29
>>29
天孫っていうか律令制以降かならず畿内から天下り官僚が
痴呆支配してんじゃん、これって天孫降臨神話の踏襲なんじゃねーのか?


32 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:23:15
>>30
こっちでは東日本の人は目が細いというのが常識になってます
そっちはどうですか?

33 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:26:02
朝鮮人の血が濃い=東日本人というのは世間一般常識だな
事実、顔薄いし・・目細いし、偶々濃い顔は多分南方系の移民だろう
という認識。
ただ、みのもんたのようま目つきはやはり東国特有。

34 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:28:33
>>31
何を言ってるのかわからん、お前はこれについて調べろ
http://www.goisu.net/cgi-bin/psychology/psychology.cgi?menu=c031

35 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:29:23
東国に彫りの深い顔は居ない、目がでてる。
逆に、それが西国人にとって上品にみえたりする、
渡来系美人ってことでしょうか。
朝鮮人もそういう美人ですね。

36 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:31:36
天孫降臨はあるよ、天下りともいう。
土人を支配階層にするのは支配者に取っては危険だろう。


37 :27:2005/07/29(金) 23:36:24
別に神話が歴史を反映してるとは思ってないよ。
ただ、>>25のデムパに反論してみただけです。

38 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:40:41
俺も最初は高天原は北九州だと思ってた、しかし
調べるれば調べるほどそれは否定される。

39 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:44:15
関西イントネーション文化圏には
四声があるから
中国語じゃない?ルーツ・・・・

40 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:48:44
>>36
何を言ってるのかわからん、お前はこれについて調べろ
http://www.goisu.net/cgi-bin/psychology/psychology.cgi?menu=c031

41 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:53:25
>>40やってみました。

あなたの電波度はこんな感じ!


あなたの電波度は【天然系】レベルで【55%】ぐらいです。
わりと常人に近い位置にいるあなた。電波度としては偏差値よりほんの少し高いぐらいです。
自分では自分を「普通」だと思って毎日の生活をしているでしょう。
しかし、天然の電波は、ときに人から嫌われる可能性があります。
自分では面白いと思った発言が、人からうざったがられることもあるので、なんでもかんでも思いついたまま、発言しないほうが良いでしょう。特に流行語を発するときは要注意です。
人とのコミュニケーションバランスが取れれば、問題ありません。精進しましょう。

42 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:57:37
電波の皆さん!
この子達がレギュラーで出ているテレビ番組を教えて

http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jphoto/read.php?id=enjoyjapan_4&nid=128863&work=list&st=&sw=&cp=8

43 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:59:24
ふざけるな!俺は、広島出身だが中国人がルーツとか聞くだけでゲロを吐きたくなるぜ。

44 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 00:10:07
>>43
韓国朝鮮人よりはまし
http://photo2.jijisama.org/

45 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 01:19:47
中国人というより、今の中国にあたる土地に昔いた民族で、
具体的には、春秋戦国時代の呉・斉・燕人などだろ


46 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 01:34:54
どっちにしても北京原人が先祖ではないか?


47 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 01:55:23
ルーツとかいうけど
それだけの話
秋田県あたりは、白人がルーツらしい
結局、白人、黒人、黄色人種、
それは、身体的特徴
思考的特長は場所に関係しない
ばかはばかだし
わかるひとはわかるんだし。

48 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 12:00:39
衝撃!!桜庭和志は白人だった!!
やはり黄色人種はグレイシーに勝てないのか!!!!

49 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 12:44:40

やがて、6000年ほど前、このような北方アジア人が、シベリアから
南下し、中国の大部分に広がっていきました。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-10.html

やがて、6000年ほど前、このような北方アジア人が、シベリアから
南下し、中国の大部分に広がっていきました。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-10.html

やがて、6000年ほど前、このような北方アジア人が、シベリアから
南下し、中国の大部分に広がっていきました。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-10.html

やがて、6000年ほど前、このような北方アジア人が、シベリアから
南下し、中国の大部分に広がっていきました。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-10.html

50 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 13:11:24
>>47
>>1
北朝鮮ルーツだろ

51 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 13:26:04
>秋田県あたりは、白人がルーツらしい


頭の弱い香具師が多いね。
秋田に白人の遺伝子など無いし、秋田は東北地方の中では
最もB52-DR15が多い地域。

西日本から船でやって来て、この付近の港に東北進出の足場を
置いた弥生人の末裔と見られる。

52 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 15:09:12
関東人=古半島人
関西人=古中国人

53 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 16:31:16
↑ビビンバ黒人

54 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 17:05:50

◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度

西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

55 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 17:48:17
博多、甘木と回ったが彼らに朝鮮人の血は殆ど流れてないと
実感した、倭奴そのものだ、古代から全く変わってないかもしれない
人種的にはポリネシア、マレーよりアイヌに似ている。
後は中国人か?呉越あたりの奴らか?
色黒、ちび、目ぎょろ、眉毛ふとっそんなのばっかり。
SBの孫も半島の倭人の末裔かもしれんなリアル朝鮮人とは違いすぎる。
おそらく東北人とも全く異質の対局にある人種だと思う。


56 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 19:54:17
関東は出雲と関係があるらしいね

57 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 20:53:13
>>55
日本人からは中国人に多いハプロタイプがほとんど出てこない。

それらは全て縄文系。

残念!

58 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 23:15:13
日本人=モンゴル人
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/geo/1122784909/


1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/31(日) 13:41:49 ID:0jvjItsR
弥生人は縄文遺伝子も運んでいるに違いない
モンゴル人は不思議と日本人に似ている
目の細い人、普通の人、大きな人、ヒゲの薄い人、濃い人
割合、種類も日本とそっくりなのだ
アク、くせのないところも似ている
HLAだけではない、顔までソクーリ!!

モンゴル人
http://images.google.co.jp/images?q=%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E4%BA%BA&hl=ja
%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E4%BA%BA&hl=ja

59 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 01:20:25
>>58
似てる
朝鮮人、中国人は違和感あるけど、日本人のルーツはモンゴルかもね

60 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 01:33:09
モンゴルよりも東部でもっと北方。

61 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 01:55:35
>>60
モンゴル方面にも移動したんだよ

62 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 18:04:59
韓国人
http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jphoto/read.php?id=enjoyjapan_14&nid=36239&work=list&st=&sw=&cp=7

63 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 18:25:37
漏れは最近電車乗るたびこいつ何系かな??
って考えるようになったぞ。
重傷だよ。

64 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 18:27:33
ごめん、これだ
韓国人
http://bbs.enjoykorea.jp/jphoto/read.php?id=enjoyjapan_14&nid=36239&work=list&st=&sw=&cp=8

65 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 21:35:15
43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/01(月) 21:25:50 ID:F1XXnUX6
モンゴル人
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&c2coff=1&q=%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E4%BA%BA
ブリヤート
http://images.google.co.jp/images?q=%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%88&hl=ja
アイヌ
http://images.google.co.jp/images?q=%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8C&hl=ja
韓国人
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&c2coff=1&q=%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BA%BA&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2
中国人
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&c2coff=1&q=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E4%BA%BA&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2
チベット人
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&c2coff=1&q=%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E4%BA%BA


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/01(月) 21:31:48 ID:F1XXnUX6
縄文の祖先と言われるブリヤート、アイヌに注目して欲しい
画像からの判断では、ブリヤートの容姿はモンゴル人とほぼ同じと言って良いだろう
ブリヤートとアイヌのかけ離れた容姿から、同祖には思えない
西日本には縄文人のmtDNAが多く、東日本はアイヌのmtDNAが多くなるんだよね
やはり、ブリヤートの縄文遺伝子は弥生人が持ってきたものだ

66 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 22:03:12
45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/01(月) 21:40:06 ID:F1XXnUX6
つまり、日本で弥生、縄文の混血はあまり進んでいない
縄文はほぼ絶滅している
日本人の縄文遺伝子は弥生人に元々混ざっていたもの

67 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 22:44:21
>>66それだとそもそもが縄文人のmtDNAを特定していないことになり
mtDNA人種探索そのものが意味をなさない。そこで漏れはこう仮説を立てた。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/01(月) 22:32:05 ID:u6nYQ6ys
もっとも南の南米インディオが欧米の学者の分類だと白人らしい、しかしアマゾンの
インディオ、中米、北米のインディオもそう大して変わらない風貌。
インディオ、エスキモーの変わり目を調べるとアイヌや縄文人、弥生人を
含む東アジア全体の人種形成がみえてくるように思う・・・
ただ、インディオは毛が薄いので日本の場合とは多少違う進化をしたか
あるいは日本は全く別の熊みたいな毛深い人種と交配したのかもしれない。
そう、インディオは確実に北アジアにいたのである!
インディオ、縄文人、アイヌは古モンゴロイドなのです。
マレー人、ポリネシア人は多少新モンゴロイドが混じった
南の古モンゴロイドでしょう。

http://www.fujikai.it/giapponese/cultura/image_11/cultur16.jpg
この写真は樺太アイヌ。
http://www.l.chiba-u.ac.jp/japanese/eura/2_1.jpg
一番左のおじさん鶴太郎そっくり、そう彼は縄文人なのだ!

68 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 22:50:45
エスキモーと北米のインディオはおそらく
北アジア人の連続的な変化をそのまま記録していると思うわけ。
北米インディオ、中米インディオ、南米インディオは多少見た目は
違うが皆白人に近い風貌をしている、彼らがスペイン等の混血と
思ったら大間違いヤシらは殆ど純血。
そう、北アジア人は本来皆あのようなコーカソイド的風貌だったのです。

69 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 22:59:22
mtDNAみたいのを絶対視している奴がいるが、そもそも北アジア人も
南アジア人も彫りの深い、蒙古ヒダのない顔立ちだったのだ。
そもそも扁平顔の新モンゴロイドも彫りの深い縄文人もアイヌも
インディオもそう遺伝子上で変わるわけではない。ではなぜあのような
目の小さい、扁平顔の新モンゴロイドが極東を埋め尽くしたか?
漏れは縄文人の中にいた変わった顔立ちの縄文人が性淘汰などを通じて
増殖した結果じゃないかとみてる。その一つの証拠として日本人は
扁平顔を大変好むのである。
これは遺伝子に刻まれた動かぬ証拠ではないか!?

70 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:03:42
mtDNAはすんごく大まかなことしかわからないらしい
最近注目さrているHLAは、mtDNAによる一人のアフリカの母親説でさえ否定する
HLAデータはないの?

71 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:03:49
好まねーよ

72 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:06:59
mtDNAは現在生物学・人類学においてDNAの一部の差異を人種・民族と
結びつけ区別してるに過ぎない、しかしそれは絶対であるはずはない。
実際、鼻の高さを決める遺伝子、堀の深さを決める遺伝子、
蒙古ヒダを決める遺伝子は見つかってはないだろ、つまり遺伝子は
多種多様でどの性質・形状がどの遺伝子に該当しているかまでは
まだ分かっていない、それぞれのDNAは分離独立した存在なのです。

それに、東アジアにおいては偶々性淘汰により扁平顔、蒙古ヒダ美人が
選ばれ、鶴太郎のような縄文顔が淘汰されただけかもしれん。
そう考えると同じDNAでどのような形質・性質にもなりうることが
立証されるだろ

73 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:14:27
>>71
それはおまいの個人的な好みや、現代西洋的価値観だろ?
日本、東アジア一帯のアジア人は堀の深い、毛深い、目の大きな人種を
差別し性淘汰や暴力により淘汰してきたと思う。
事実、東アジア人は古来から小さい目、蒙古ヒダ、扁平顔を好むのは事実だ。
彼ら新モンゴロイドにとって縄文顔は差別の対象だったのである。

74 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:16:37
扁平顔=氷河期、気候変化の影響

75 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:17:09
そう、仮に白人を好む新モンゴロイドも好きなのは
ロシア人などのあっさり顔、白顔の癖のない顔です。
しかし、東アジアにはそのような顔は殆ど居なかった。
いたのはどっちかというとイラン人に近いインディオみたいな風貌。
そういう彼らを扁平あっさり顔、小さい目の新モンゴロイドは
排除してきたのではないか?そうして極東はモンゴル人で埋め尽くされたの
である。

76 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:19:51
>>74
たしかにそうだが、他の堀の深いアジア人が彼らを忌み嫌っていたら
絶滅してたと思わない?白人だった偶に小さい目、扁平顔の
モンゴロイドチックな白人が生まれるんだよ、もしかれら白人がその
モンゴロイドチックな白人を美形とみなし繁殖させればたちまち
白人は扁平顔、小さい目のモンゴル人になっちまうさ!

77 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:21:56
>>73
金瓶梅で書かれてる事や、江戸時代の人気歌舞伎役者を考えるとそうとはいえない

78 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:24:25
つまり東アジアにおいて縄文人(古モンゴロイド)とはなにか?
と問われたら、今のところ
顔みて判断する以外手段はないというのが
漏れの結論だよ。

79 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:31:12
腕を曲げると下腕部内側に横シワが現れる人は中国(漢民族)遺伝
(腕の皮を少し引っ張って見るとわかりやすい、両腕または左右どちらかに現れる、)

これは南九州以外の西日本の人達に圧倒的に多いタイプ

80 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:32:52
>>79
だからソースをだせよ、本当にそうなのか?


81 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:36:39
漏れの推測では新モンゴロイドを決定つけた
蒙古ヒダ、小さい目、扁平顔の三種の神器は
ある特定の縄文人に偶々起こった突然変異なのである。
それがどの形質、性質、DNAに対応してるかまで分かってないのだから
どれが弥生人で縄文人かさえ特定は困難なのである。

82 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:37:40
>>80
国立大の大学教授が言ってたんだが、ネットではソースが見つからないんだよ

83 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:41:49
おれの説は
東アジア一帯は縄文人だったが
そのある地域の縄文人自身が新モンゴロイドに変化
あるいは、北にいた新モンゴロイド南下した
モンゴル、ブリアート辺りで混ざる
弥生人の原型が出来る


84 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:43:01
>>82
そうか、じゃあある程度データもあるんだろうな。それはともかく
漢民族とは何かを考える必要もあるね、弥生人が日本にきたとき
名目上は漢民族が存在したかもしれないが同一性まではあったとは
思えない、そもそも別形質、性質を持つ東アジアの人種の連合体なのだから。
そして当時はまだ中国にも山東や中原にコーカソイド的な風貌を持つ
おそらく縄文人がいたことが遺跡などから分かっている。
そういうことなので、短絡的な思考はいくない。

85 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:46:54

インディオと関連付けて東アジア人の変化を研究する必要があるでしょ
縄文人も同一ではなかっただろうが、
少なくとも蒙古ヒダ、小目、扁平顔ではなく世界の標準的な形質だった
北が白かったかさえ怪しい南米のインディオは黒いからな。
彼らは北アジア人の末裔である。


86 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:51:04
475 名前:日本@名無史さん[ 投稿日:2005/04/30(土) 15:39:01
NHK総合TV「遥かなる日本人の故郷」では。BC300年ごろ
中国戦国時代,今の山東省にあった日本人の祖国が
戦争で負け,難民として 朝鮮半島経由で日本に亡命したとあった。

結局,日本人とは,BC300年ごろまでいた旧山東省人なのだ。
(縄文人はブリヤート人)
中国の戦乱を避け,難民となり,当時全人口20万人弱の日本に
移り住んだのだ。

これはNHKだけでなく,学会の定説のようだ。

87 :YAP?:2005/08/01(月) 23:53:19
ブリヤート・モンゴルは、一般に言われる「モンゴル人」すなわち、
モンゴル共和国、外蒙古の「ハルハ」と同系だから、互いに似ていて当然だ。

チベット人は、日本の縄文人のもっていたと考えられる
Y染色体DNAハプログループのDグループ(HgD)、即ち「YAP」挿入
を高率に持っている集団であり(30%以上)、チベット人のかなり多くは、縄文人
と父系を同じくする。

「白人」云々でいえば、「白人」「モンゴロイド」「黒人」と言ったいわゆる
「人種的特徴」は、mtDNAや、Y染色体DNAハプログループとは、
別な異伝子群の表現型だろう。
多分メラニン色素合成にかかわる遺伝子群だろう。


88 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:57:37
つまり、こういう事かな
西日本弥生人=中国漢民族
東日本縄文人=ブリヤート・モンゴル族

89 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:58:53
DNA,各形質、性質は殆ど独立し遺伝する、更に閉鎖環境では
淘汰が起こりうる。生物学的には突然変異、遺伝子組み換え等も
起こる。縄文人、あるいは弥生人を形質、DNA一つで
もって特定するのはナンセンスと言わざるえない。
ある特定DNAと独立し継承されるDNAと、組み合わせで継承される
DNAがある。高校の生物でもさわりの部分をやるよ。

90 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:00:36
>>87
あなた生物学の専門家ですか?


91 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:02:16
西日本弥生人=モンゴル、ブリヤート
東日本縄文人=新参渡来人、アイヌ

92 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:03:01
西日本弥生人=モンゴル、ブリヤート
東日本縄文人=アイヌ

93 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:04:14
ブリヤート人の中から弥生人が生まれたかもよ、
彼らは元は縄文人だったが一部が突然変異してそれを何らかの形で
増殖させた、ブリヤート人と縄文人の違いを現代遺伝学では
まだ解明していないだけ

94 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:05:22
「遥かなる日本人の故郷」このNHKの番組ではDNAでは無く
頭蓋骨、人骨から弥生人を中国山東人と判断してたな

95 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:07:03
結局大学教授も頭の悪い大衆に本売ったり、説明を求められるので
理解しやすいように適当な線引きしてお茶濁すんだと思うね。
そして現政権の関東人が好みそうな結論でおわる。


96 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:14:36
この人達が、このスレに興味を持ち始めたようです

http://bbs.enjoykorea.jp/jphoto/read.php?id=enjoyjapan_14&nid=36239&work=list&st=&sw=&cp=8

97 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:23:52
弥生(西日本?)、縄文(東日本?)、在日朝鮮人、が仲良くできる理論に捻じ曲げられる
程度の低い考えだ。
縄文が劣等感を持たぬようにしたり、弥生を朝鮮発祥にしたりね
弥生はひたすら我慢

98 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:34:20
ねつ造だろ、南方起源のものも朝鮮認定したりしてるし
西日本は関東、東北、北海道
の朝鮮人から朝鮮人認定され差別されているようなものです。

99 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:35:37
しっかりとした縄文顔の有名人を排出して
自分たちを縄文人と言いましょう、東朝鮮の方。

100 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:36:40
西日本、九州の人間は韓国朝鮮やモンゴル人と違い顔の小さい人が多いよ

101 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:36:56
つまり関東人じゃ起源探りは無理ってこったろ、
しかも文系だから私感が排除出来ないだろうし

102 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:41:43
そして確か一部朝鮮顔の北海道人が絡んでるだろ
罪○の流刑地

103 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:45:12
縄文とはアイヌを指しているのかハッキリしてほしい
縄文≠アイヌなら
縄文は樺太経由へ日本へ入ったはずなのに、
なぜ縄文でない異民族が北海道にいるんだ?ということになるしね

104 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:51:19
そうだな、その辺もアイヌが後から北海道に侵入したとか
怪しげな説明してる。
ご都合主義

105 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:54:53
わからんならわからんと言えばいいものを

106 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 01:04:41
山東や中原のコーカソイド面の遺骨みるまでもなくインディオみれば
東アジア一帯はかつて縄文顔ばっかりだったのは常識なわけで
単に、モンゴルも方からきた、中国の方からきただけで
新モンゴロイド認定するのは大きな間違い。
アイヌが樺太からきたならというならその証拠をだすべき。

107 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 01:10:47
東京北海道大阪に至ってはどこ出身かさえ特定できないのが現状

108 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 01:24:54
仙台は東北人の拠点都市、福岡は九州人の拠点都市。
基本的に痴呆から人が集まらない地方都市のみで
調査しないと何もわからないだろうね。

109 :YAP?:2005/08/02(火) 01:44:09
>85

昨年のインドネシア・フローレス島での、「ホモ・フローレシエンシス」の発見で、確かに、
お説のような観点が重要になってきたと思う。

縄文人が、日本列島に入ってきたのが、一応、1万6千年前として、最初のアメリカ人が
ベーリンジアを渡ったのも、1万5千年前前後だろう。
で、スンダランドで形成されていたはずのモンゴロイドが、チョイ対岸のフローレス島に
「別種の人類」がいたとすれば、一体どこで、「形成」されたのか、怪しいものだ。

まあ、モンゴロイドのスンダランド起源説は、これでトドメを指されたのではないか?

『nature』2005,5/24号によると、
ボルネオ島;Homo sapiens  45,000年前〜現在
ジャワ島:Homo erectus  150万年前〜25,000年前
フローレス島: 道具;90万年前
 Homo floresiensis  9万年前〜18,000年前
ぐらいらしい。

もしこの年代観が正しいとすると、オーストラリア・アボロジンやパプア人等の、
いわゆるオーストラロイドやその類縁集団が、サフルランドに渡来したのも、
ホモ・フロレシエンシスの滅亡後となる可能性が高い。

要するに、1万5千年前ごろに、アメリカ大陸、日本列島、オーストラリア・パプアと
言った地域に、ほぼ一斉に、ホモ・サピエンスの集団が入ったことになる。

ところで、ホモ・サピエンスの拡張と言うか膨張によって、欧州から、中央アジアの一部、西シベリアなどにも
拡がっていた「ホモ・ネアンデルターレンシス」も、1万3千年前かそこらに滅亡している。

どうも、1万5千年前のホモ・サピエンスの「大移動」という観点を入れて、
日本人の形成を考え直す必要がありそうだ。

110 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 19:46:16
>>107
北海道は、東北出身者が多い。(7割くらいか?)
大阪は、近畿各地や西日本が多い。
東京は、まさに人種のるつぼ。雑種。

111 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 22:39:59
モンゴル人
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&c2coff=1&q=%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E4%BA%BA
ブリヤート
http://images.google.co.jp/images?q=%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%88&hl=ja
アイヌ
http://images.google.co.jp/images?q=%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8C&hl=ja
韓国人
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&c2coff=1&q=%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BA%BA&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2
中国人
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&c2coff=1&q=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E4%BA%BA&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2
チベット人
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&c2coff=1&q=%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E4%BA%BA

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/01(月) 21:31:48 ID:F1XXnUX6
縄文の祖先と言われるブリヤート、アイヌに注目して欲しい
画像からの判断では、ブリヤートの容姿はモンゴル人とほぼ同じと言って良いだろう
ブリヤートとアイヌのかけ離れた容姿から、同祖には思えない
西日本には縄文人のmtDNAが多く、東日本はアイヌのmtDNAが多くなるんだよね
やはり、ブリヤートの縄文遺伝子は弥生人が持ってきたものだ

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/01(月) 21:40:06 ID:F1XXnUX6
つまり、日本で弥生、縄文の混血はあまり進んでいない
縄文はほぼ絶滅している
日本人の縄文遺伝子は弥生人に元々混ざっていたもの

112 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 21:53:44

 YAP+型は“縄文系”の男性とみられる。宝来聡・総合研究大学院大学教授
(人類学)の研究では、アイヌ民族の88%にYAP+がみられる。古い形質を
残した遺伝子型のようだ。このタイプはアジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や
中国、シベリアにはみられない。世界を見渡しても日本人のほかには黒人にしか
みられない変わった遺伝子型だ。

 中堀教授は、YAP+の集団を「タイプ2」とした。タイプ2は、都市部では
北から南まで均等に分布し、金沢、福岡、大阪、札幌のいずれで調べても、人口
の三割程度を占める。しかし本州や四国の山間部では五割を占めていた。
弥生人に追われた縄文人という通説にほぼ合致する結果だ。精子濃度が薄いという
特性があるという。

http://www.horagai.com/www/salon/edit/ed2003g.htm

アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない

113 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 22:45:05
YAP+は日本で変異したのかな

114 :YAP?:2005/08/04(木) 00:53:38
>113

「YAP挿入」(YAP+)と言う極めて稀な突然変異の発生場所は、一般に
中央アジアだろうとされている。

YCC分類では、ヒト(Homo sapiens)の、Y染色体の分岐は、
Hg(ハプログループ)A、Bが分岐した後、次にHgCが、ユーラシアに
入り(或いは中近東あたりでHgBから分離??)、その中から、@YAP+の
HgDとHgE、AHgFが分岐する。

で、このHgDが、おそらく東方に向かい、チベット人と日本人縄文系の
「YAP+」のハプロを持つ人々になり、HgEが、西方〜西南方に向かい、
中東あたりから、アフリカ(黒人)、中近東、欧州の一部の人々の祖になった。

残るHgFもおそらく中央アジア(最近は中央ユーラシアというもう少し
広い地域を指すらしい言葉が良く使用されているようだ)で分岐し、このグループから、
更に次々と、HgG、H、I・・・と分岐して行く。

HgAとBはアフリカのみで見出される。
徳島大学の中堀豊教授のいうY染色体DNAの「タイプ1」はどうも、YCCの
「ハプログループC」を指し、「タイプ2」は同じくHgDを指し、「タイプ3」
と「タイプ4」は、HgFから分岐した諸集団の内の、「ハプログループO]
(HgO)を指すようだ。

YCC分類では、中堀教授の言う「タイプ3」「タイプ4」は、極く近縁で、
同じHgOの中には、漢族、クメール族など、大陸南部にも見出される型もある。
いずれにしろ、Y染色に、近年まで原人が住んでいたことが明らかになってきたので、
例えば、HgC/Dの両者の移住が同時期である可能性も高そうだ。



115 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 02:06:31
遺伝子レベルで日本人を他の東アジア諸国と区別する特徴はYAP+染色体の有無。
日本人は極めて高い比率でYAP+なのに対し中国人やチョソにはほとんど見られない。
また、このYAP+は中央アジアを起源とする縄文人が北方からもたらしたもので、
東南アジア系の弥生人はYAP+をもっていない。
したがって極論すれば根元的に日本を日本たらしめてるのは縄文の遺伝子ということになる。
日本人がすべて南方弥生系だったら日本は中国や朝鮮のような国になってただろう。

116 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 20:37:48
>>73
全然、違う そんなことは無い
古代中国で美人といえば越女、絶世の美女西施も越の国の生まれ
中華最南端である越の人々は堀の深く、目の大きな人種

117 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 20:47:25
>116
もうかなり、新モンゴロ化してるの?そこら辺。

118 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 21:32:55
日本が縄文だらけなら東南アジアの島や南の島のようになっていたよ
アボリジニ系な
あと、縄文mtDNAは日本よりも朝鮮半島の人に多く見つかっている
ソースは国立博物館


119 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 21:33:32
>ソースは国立博物館

ソースは国立科学博物館


120 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 21:39:14
B52-DR2に関していえることは
日本人の8%、西日本人の10%以上と
モンゴルの5%以上の人が祖先を確実に共有している

121 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 23:41:45
関東人が弥生系を朝鮮人だと言うのは
東日本の弥生人が朝鮮人だからなんだー
なーるーほーどーねー!!!

122 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 00:47:51
頭のレベルからして、東日本は朝鮮並。


123 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 12:31:44
>>114
違うだろ。

YAP+因子はアフリカで誕生した古い遺伝子で、最初はアイヌ人種=
北方古モンゴロイドによってアジアやアメリカ大陸中に拡散したんだろ。

しかし、各方面で進化が始まり、進化が大きかった種族ほど
YAP+という古い遺伝子は失われていった。

進化が小さかった日本人種、チベット人種、アメリカ原住民には
しっかりと残されただけの事。

124 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 13:11:25
縄文系ってどんなの?
横浜マリノスの中澤みたいなやつか?
http://soccer.yahoo.co.jp/fantasy/jleague/player/2526/photo.html

あとガンバの宮本はエラ張ってるけど半島系とは思えない。
http://soccer.yahoo.co.jp/fantasy/jleague/player/1296/photo.html

近畿以外ではあまりみない顔
http://soccer.yahoo.co.jp/fantasy/jleague/player/1296/photo.html
色白で貴族みたい。

125 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 13:12:53
貴族顔の吉原 宏太
http://soccer.yahoo.co.jp/fantasy/jleague/player/1679/photo.html

126 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 13:28:49
縄文の容姿がいいのはどうかな
東日本人の容姿がいいとは思えないし
関西のお笑い芸人を相手に、息を弾ませてる程度の低い連中だからなw

127 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 13:32:25
>>123
>各方面で進化が始まり
進化じゃなくて突然変異による奇形が増殖した。
中国人や朝鮮人や弥生人はすべて奇形人間。

128 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 14:29:43

●箕子朝鮮(?〜前190頃)⇒伝説的王朝。周の武王が殷を滅ぼした際、殷の一族
が朝鮮王に封ぜられたといわれる。

●衛氏朝鮮(前190頃〜前108)⇒漢の高祖の末年、反乱に失敗した燕人衛満が
朝鮮に逃れて箕子朝鮮に仕え、国を奪って建国。現在の平壌(ピョンヤン)で
ある王険城を都とし、3代約90年間存続。

●漢の4郡⇒前漢の武帝が前108年、衛氏朝鮮を滅ぼして、楽浪・真番・玄菟・臨屯
の直轄領4郡をおく。中心は楽浪郡(現在の平壌付近、他の3郡は前75年までに廃止)
で、313年高句麗に滅ぼされるまで約400年間、漢の朝鮮支配の拠点となる。

●帯方郡⇒204年頃、遼東の太守公孫度により楽浪郡の南部を割いて設けられた。
魏・晋も領有し、倭と通交。韓族・ワイ族に滅ぼされた(313)。

129 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 14:30:21
5)朝鮮民族も、地理的な隔たりが無い点に於いては、日本民族と同じで
ある。ただ、日本民族と朝鮮民族の間には、かなり高い異質性が存在する。
朝鮮民族は、基本的には日本民族と同じ北方型蒙古系民族に属するGm遺伝子
パターンを持ちながら、それよりはるかに強く漢民族などの影響(混血)を
受けていると見られる。中国と朝鮮とのあいだの、相互移民や侵入などに
よって、海で隔てられた日本に比べ、北方少数民族や漢民族との混血の機会
がはるかに多く、これが民族の形成に影響したと考えられる。

http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/gmdna.html

強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる

130 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 14:30:52
HLA遺伝子で日本人からはほとんど南方系のハプロタイプが出てこない。
朝鮮人は2番目に多いハプロタイプに南方系が出てくる。
漢人に犯られた事が原因。

◎本土日本

B52-DR15 8.2%(弥生) > B44-DR13 5.2%(縄文) > B7-DR1 3.6%  

◎韓国

B44-DR13 4.5%(縄文) > ★B44-DR7 3.8%(中国) > B13-DR7 3.4%

>タイ人で2番目に多いA33B44DR7というのは、韓国人にもあり、
>これは日本人ではほとんどいないということです。

http://www.hananoki.npo-jp.net/kitaori/kaihou/24gou.html

131 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 14:31:26
弥生人は朝鮮半島から渡来したんじゃなくて、モンゴル以北から
朝鮮半島を素通りして日本に渡来したのである。

朝鮮半島は弥生人に素通りされただけで、朝鮮半島には弥生人は
ほとんど定着していない。

だから、日本人とモンゴル人は最大のハプロタイプが同じで、
同祖を高頻度に共有しているが、朝鮮人にはこのハプロタイプが
わずかしか見られない。

その代わり、朝鮮人には中国人に多く見られるハプロタイプが見られる。
これが日本人にはほとんどない。

日本に弥生人がやって来た後、朝鮮半島は中国に侵略されたからである。

朝鮮半島人はハプロタイプが日本人と6割以上も違う異人種である。

132 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 14:32:23
日本人の遺伝子から土着系(縄文系)を除いた部分を多くの遺伝学は
必ずブリアートからモンゴルあたりを指し示めしている。

つまり弥生人はブリアートからモンゴルあたりから南下し、満州と
朝鮮半島を素通りして九州北部に渡り、人口爆発して西日本一帯に広がり、
土着系と混ざりながら大和民族が形成されていったのである。

朝鮮半島は当初は日本の縄文人に近い土着系が住んでいたと考えられるが、
弥生人が素通りして日本列島へと消えていったしばらくした後、
ついに朝鮮半島は華北人に侵略され、楽浪郡を置かれて400年間も
支配された。その後、今度は満州東部から流入した高句麗人に朝鮮半島
北部を侵略され、土着系たちは華北と満州の血を注ぎ込まれながら、
ここにようやく朝鮮民族が形成されていったのである。

133 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 21:52:20
HLA!!!! HLA!!!! HLA!!!! HLA!!!! HLA!!!! HLA!!!!

134 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 12:56:42
>>1
西日本は南九州を除いてだいたいそう
東日本は違う

135 :YAP?:2005/08/07(日) 13:19:36
>123

今のところ、Y染色体DNAハプロタイプの分類で主導権を握っているらしい
Y chromosome Nomenclatula Systemの分類では、
YAP挿入は、ハプログループCの中から、分岐したもので、さらにこれが、
東アジアのDと、中近東・アフリカ・欧州のEに分岐したとされている。
で、その両者を比べると、DのほうがEより原型に近いと判断されるようだが、
これについては、アフリカで起源した祖先ハプロから、C・Dが分れた可能性も
考えられると言う主張もあるが、現在のD・E両者の比較上は、Dが、Eより
分岐したとは考え難い。(共通の祖は勿論仮定可能だが、実証されていない)


2005Y−Chromosome Phylogenetic Treeでは、

   
 A|ー A
ーー|
  |ーB|ーーB
     |
     |ーC|ーーC
        |
        |  |ーD
        |ー*|    (*YAP)
        |  |ーE
        |
        |
        |ーーF(以下、Fより分岐したG,H・・・R)

というわけだ。
YAPは珍しい突然変異だが、他のHgに比して、「古い」とはいえないだろう。
C、F以下同様、その後も新たな突然変異を繰り返して、サブグループに分岐しているのだから。

136 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 15:54:25
>東日本は半島系か2

新羅三郎ってw 源氏がチョンとは(失笑)
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1123001363/
 ★出雲国=韓人国家 【★古代史の真実】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1119821415/


確実だね

137 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 17:12:28
東日本が朝鮮系なら関西系とは一体どこからもたらされたのだろう?

138 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 17:54:13
違うだろ。

YAP+因子はアフリカで誕生した古い遺伝子で、最初はアイヌ人種=
北方古モンゴロイドによってアジアやアメリカ大陸中に拡散した。

しかし、各方面で進化が始まり、進化が大きかった種族ほど
YAP+という古い遺伝子は失われていった。

進化が小さく北方古モンゴロイドとして温存された日本人種、チベット人種、
アメリカ原住民には残されただけの事。

http://yamatai.cside.com/katudou/image/bunnkizu.png

139 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 18:00:50
>>137
関西系というか
その前に倭に来た古い弥生系、おそらく呉越、山東近辺の様々な
亡命者だろう。組織だった渡来ではないので殆ど国際的には知られて
いず密かに列島や半島南部で広がりをみせた。
大陸、半島北部で国が興ってるにもかかわらず殆ど知られないままに
密かに発展している。

140 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 18:09:57
>その前に倭に来た古い弥生系、おそらく呉越、山東近辺の様々な
>亡命者だろう。


いつもいつも、さーっぱり科学ソースが全く出てこないねえw

つか、まだ居たのw

歯医者は猿のみでっせwwww

141 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 18:15:57
出雲に天降りした勢力が組織的かつ大規模な新参系であったことは
明らかである。つまり反対解釈をすればその対局にある倭勢力はもっと遅い
新参者であるか先住系であるかしかないわけ。漏れは
諸々の状況証拠から出雲系よりも倭は先住系であったと断定できるわけ。

142 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 18:45:09

◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度

西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

143 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 16:50:42
東日本の耳垢ドライは縄文の形質ニダ
上戸も縄文形質ニダ

144 :YAP?:2005/08/08(月) 23:18:27
>138

どうも「進化」とか「突然変異」とか言う概念に対して、大きな誤解を
持っているように思えるのだが?

>しかし、各方面で進化が始まり、進化が大きかった種族ほど
YAP+という古い遺伝子は失われていった。

「YAP+」と言う突然変異を生じた集団は、以後「進化」をしても、
基本的には「YAP+」を失なうのではなく、新しい「突然変異」を
次々と「獲得」して「分岐」(あるいは、突然変異を起こさなかった
母集団から「分離」)するのだが?

つまり、

×「YAP+」縄文人→「YAP−」のその男系子孫

○「YAP+」縄文人→「YAP+」のその男系子孫の「弥生人」〜「古墳人」

なのだ。

それに何度もいうが、「YAP+」は、アフリカではなく、中央ユーラシア
(中央アジアを含む)で、発生したと考えられているのだが。

145 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 09:38:01
親が石垣島の上戸はコテコテの縄文系だな

146 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 14:37:23
YAP+因子は日本人、チベット人、インディアン諸族を除けば、
とりわけ黒人が多い。

YAP+因子がどこで発生しようと一向に構わない。
中央アジアで発生したと言われているが、アフリカで発生した可能性も高い。

それにどんな遺伝子やハプロタイプも永久的に存続できる訳ではなく、
早ければ数千年、長くても数十万年ほどのサイクルで、いつかは必ず
消えていく運命にある事を忘れてはならない。

日本列島やチベット高原よりも遥かに周辺諸族との接触が激しく頻繁な
大陸においては当然このサイクルは短くなってしまう。

147 :YAP?:2005/08/12(金) 23:46:12
>146

やっぱり、進化とか、突然変異のことがわかっていないようだが?

どっちにしろ、「alu」はそう簡単に「消える」訳ではないのだ。
勿論数百万年単位だと「消える」可能性もあるが、今、我々が問題にしている
ホモ・サピエンスの時代に「YAP+」が、その子孫系列から失われる可能性は
考えなくて良いだろう。

勿論Y染色体DNA上の突然変異でも、数世代で消えてしまうようなものもあるが、
そもそもそんな突然変異は、人類の男系を追及するという目的には、合わないので
使用しないだろう。
親子鑑定には役立つらしいが。



148 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 13:02:39
>>147
では聞くが、北方古モンゴロイドのアイヌは88%がYAP+を持つが、
その後裔にあたるシベリアの北方新モンゴロイドの諸族は
なぜYAP+をほとんど持っていないのだ?

北方古モンゴロイドがアメリカ大陸に向かう集団と分かれて
日本列島に入ったのが25000年ほど前だと言われている。

シベリアで北方新モンゴロイドが出現したのが20000年ほど前。

このわずか20000年のうちにシベリアのYAP+は消失したんじゃないのかね?

149 :YAP?:2005/08/13(土) 23:43:39
>では聞くが、北方古モンゴロイドのアイヌは88%がYAP+を持つが、
その後裔にあたるシベリアの北方新モンゴロイドの諸族は
なぜYAP+をほとんど持っていないのだ?

やれやれ、やっと、核心に触れる質問をしてくれたか。
他の遺伝子はこの際無関係として、問題の
「Y染色体ハプロタイプ」の継承に限って言えば話は極めて簡単だ。
君が問題にしているその「シベリアの北方新モンゴロイドの諸族」とやらは、
最初から「YAP+」を持っていなかったのだ。
つまり、男系で一系的に伝えられるY染色体の系譜上、彼等シベリアの
新モンゴロイド諸族は、「YAP+」即ちYCC分類のハプログループDの
子孫ではないと言うことだ。

>このわずか20000年のうちにシベリアのYAP+は消失したんじゃないのかね?

もしシベリアに「YAP+」の集団が、15000年前に少数でも残存していたとして、
その後、現在までに「YAP+」が消滅したのは確かだから、その消滅の理由は、
シベリア残存YAP+の男性が、男系の子孫を残せなかったことに尽きる。
まあ、他部族の(YAP−の)男達に族滅させられたのでないとすれば、息子を持てなかった
「不運」というか、「確率」の問題と言うことに成るのだ。

決して、「YAP+」の男の息子に突然変異が生じて、「YAPー」になったというわけではないのだ。

150 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 19:41:48
>>149
全然ダメダメ。

全く信憑性なし。

キミは発想自体がおかしい。

YAP+は人類が誕生した時に最初からもともとあったのかね?

ハプログループDではない新モンゴロイド諸族のハプロタイプは
もともとあったのかね?

実に馬鹿馬鹿しい。

151 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 09:52:15
このスレ まだ、つづいてたのか
NHKの番組で
縄文人はブリヤートとインドネシア 西日本弥生人は中国山東あたりのの戦争難民
と証明済み


152 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 18:30:00
日本人はるかなる旅だろw

内容自体が形質人類学から分子人類学や遺伝人類学に移行し始めた
過渡期のもので、もう10年くらい前の古臭い内容になってしまっていて
半分くらいが最前線の人類学や考古学とはかけ離れてしまっている。

もはや化石番組だよ、あれは。

153 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 22:59:24
人類学って、それほど進歩してねーじゃねーかよ

154 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:08:20
それはおまえが見て無いだけ。

155 :YAP?:2005/08/15(月) 23:09:32
>>150

確認の意味で聞くが、君は、「YAP+」の男の男系男子子孫が突然変異で「YAP−」に
成ったと考えているのかね?

私は「YAP+」の男の男系の男子子孫は、他の新しい突然変異が加わることはあるが、
「YAP+」を失うことは無いと説明しているのだが。

それを理解してくれれば、仮にシベリアに「YAP+」がいたとして、現在の男性にそれが
認められないのは、完全に移住したか、淘汰されて消滅したか、ということになるのだ。

156 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:13:23
これからの人類学は遺伝学論争。

ありとあらゆる遺伝学で論議する時代。

あの番組はその先駆けだったとは思うがな。

内容は当時でも古臭かったが。

157 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:23:14
>>155
遺伝子は永遠なものでも完全なものでもない。

環境が大きく変われば環境選択を受け、やがて淘汰される時が来る。

その新しい突然変異体はもとはどこから生じているとお思いか?

158 :YAP?:2005/08/16(火) 01:06:44
>>157

>遺伝子は永遠なものでもなく完全なものでもない。

同意。

>環境が大きく変われば環境選択を受け、やがて淘汰される時が来る。

同意。

>その新しい突然変異体はもとはどこから生じているとお思いか?

何を問いたいのか意味不明。

要するに、「新種の発生」や、「それまでの優越種の滅亡」のような、大きい
「環境変化」や淘汰を問題にしているのでは無いということを理解して欲しいのだが。
ホモ・サピエンスと言う「一つの種」の中の「突然変異」なのだ。
「種の絶滅」レヴェルの話ではないのだ。

159 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 01:23:36
>>158
環境が大きく変わり、従来の遺伝子を持つ種族はその環境には全く適さず、
環境選択を受け淘汰されてしまいました。

しかし、そこには相変わらず人間が住んでいます。

この人達はいったい何者でしょう?

160 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 01:29:13
どっちもヤバイだろ〜無理。

161 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 15:52:27
ニギハヤヒと神武、高句麗、百済はすべて扶余族であり、ニギハヤヒ王朝とは同族関係になります。
このニギハヤヒ王朝が、鹿島の神と一緒に関東に入り、那珂川の上流と下流に分かれて開拓しました。
そしてさらに出雲王朝である新羅(スサノオ系)との連合で2世紀初め頃、初期那須王朝を作ります。
http://www.beads-net.com/n16.htm

162 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 15:54:33
92 :通りすがりの医者ですが :03/02/21 14:02
平たく言うと血液型をABOとかRHだけでなく、もっとこう徹底的に分類しまくった
というその世界では有名な調査があります。それによれば糸魚川あたりで関西人と
関東人がくっきり二分できたんですが、その際、関西圏中で出雲だけが完璧な関東
人型を示したんですね。

93 :通りすがりの医者ですが :03/02/21 14:07
中途半端に京都あたりでなく、神の国出雲が関東の飛び地であった
事実に、当時医学生だった私は太古のロマンに夢を馳せ、しばしうっとり
したものでした。

「東日本と西日本 」というスレが立ってますが、二度書くほどの中身でもないので
一応、こちらでご披露させていただきます。
失礼致しました。

94 :通りすがりの医者ですが :03/02/21 14:10
あ、自分の文章ながら、ひとつだけ
つっこませていただければ「関東が出雲の飛び地」なのかもね。

99 :通りすがりの医者ですが :03/02/24 09:41
でも今日はいいことありそうだから気を取り直して教えてあげよう。

オリジナルは北海道大学現第三内科(血液)の業績だけど、
ヒューマンヒストコンパーティビリティを語る上で学生の食いつきの
良い話なので、どこの医学部の授業でも必ず取り上げられてる話なんですね。
まわりで医者でも医学生でも捕まえてヒューマンヒストコンパーティビリティ
ってなに?って訊ねてみ。まともなやつなら先ず出雲の話、し始めるから。

163 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 15:59:13
http://www.pref.shimane.jp/new/inishie/5pdf/5-06.pdf

164 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 16:04:25
氷川神社を作ったのは出雲系の氏族・武蔵氏。
武蔵氏は関東の地を開拓しながら、
出身地の出雲の祖神である須佐之男命を祀る神社を作っていきました。

165 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 16:09:19
氷川神社は全国に200社ほどありますが、
そのほとんどが関東の地に集まっており、
その中心がここ大宮の氷川神社です。

166 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 16:50:43
よし、少なくとも西関東人に関しては出雲族の末裔
東もその線が濃い、ほぼ決定か

167 :YAP?:2005/08/16(火) 21:59:04
>>159

>環境が大きく変わり、従来の遺伝子を持つ種族はその環境には全く適さず、
環境選択を受け淘汰されてしまいました。

この文章を@としよう。

>しかし、そこには相変わらず人間が住んでいます。

この文章をAとする。
で、@とAは、両立しない。
@が正しいならば、Aのように「そこには相変わらず人間が住んでいた」と言う事態は、
ありえないだろう。
無理をして、この「人間」を別種の「人類」、即ちネアンデルタール人、
ホモ・サピエンス、ホモ・エレクトゥス、ホモ・フローレシエンシスのような「異種」の
「人間」の話だとすれば、まあ、辛うじて成立するかも知れないが、そういう意味で言って
いるのではないだろう?

>この人達はいったい何者でしょう?

@が正しければ、人類そのものの絶滅(或いは少なくとも当該種の絶滅)を惹起するような
大きな環境変化で淘汰されたのだから、かりに「ヒト」だとすれば、@とAの「ヒト」は
『別な種』だな。

どちらにしろ、5万5千年前(Hammer)から7万年前(田嶋)に生じたとされる
YAPという突然変異は、ホモ・サピエンスという「一つの種」内の突然変異に過ぎない。
いかに確率的に珍しいと考えられる突然変異であるにせよだ。


168 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 19:41:02
別種である事は当然だろ。

問題はその別種がどこからどうやって生じたのかという事だよ。



169 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 15:27:14
下戸遺伝子は学術的には2〜3万年前のモンゴルから中国北部あたりが起源だ
とされており、 たった一人から始まり、今現在、世界中に6億人以上が
下戸遺伝子を持っていると見られる。

下戸遺伝子はHLAなどに見られるような両親から半々で遺伝子を受け継ぐ
といった通常の遺伝形式ではなく、祖先に一人でも下戸遺伝子が入ると
相当な高確率で子孫は下戸遺伝子を受け継ぐといった遺伝形式である
と考えられる。

そうでなければ1人から6億人まで下戸遺伝子を持つ人口を増やす事は不可能である。

下戸遺伝子は「ある(DD型)」「ない(NN型)」「その中間(ND型)」の
3つしかない。

ルーツ特定の見地からすれば、ハプロタイプをたったの3つしか持たない、
血液型より識別能力が低い、つまり精度が低い、粗野な遺伝学だと言える。

本土日本人は下戸遺伝子が多いから中国から来たという発言は、
アイヌは下戸遺伝子がほとんど無いから北欧から来たという発言と
変わらないのである。

下戸遺伝子から分かる事、それは、下戸遺伝子を持つ日本人はアジアの
どこかから来たという事だけであって、それ以上の事は分からないのである。

170 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 19:28:13
古代に、中国東北から黒龍江流域沿海州に住んでいたツングース族が日本海側の
北陸、東北に移住したって http://www.geocities.jp/intelljp/manju/shukushin/japan.htm
に書いてあるけど本当?

171 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 23:48:19
>>170
やぱり…
北陸とか東北日本海側って、森前総理、松井、布袋とか、がたいが大きいの多いよな

172 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 23:50:50
ツングースって外人でしょ

173 :YAP?:2005/08/21(日) 03:52:15
>>169

いわゆる「下戸遺伝子」すなわち、ALDH2型の欠損型遺伝子は、通常のABO式血液型等と同様に、
親から子へ、伝えられる「普通の遺伝形式」をとる。で、対立遺伝子は、正常型Nと欠損型Dの2つのみだ。
「ND型」というのは、両親の一方からN方を、他方からD型を、受け継いだということだ。

この欠損型遺伝子は、正常型遺伝子と比べ、一ヶ所で塩基が置換した結果、ALDHUのアミノ酸が
、一ヶ所で変わり、「四量体」である酵素はその4個の成分が、立体的にきちんと組み合わされないと
「酵素活性」を持たないため、N型(正常型)と欠損型(D型)の遺伝子を父母から、各一個受け継いだ
「ND型」では、ALDHU型の活性は、4個全部が正しき組み合わさった正常型の四量体のみの活性で
あることになり、従って、NN型の人に比して、1/16と言うことに成る。

174 :YAP?:2005/08/21(日) 10:41:53
>>173

ミスった!?

「ALDH(アルコール脱水素酵素)」ではなく、「ADH(アルデヒド脱水素酵素)」だ。
すまん、昨日(というより、今日の午前2時過ぎに)帰宅して、メール・チェックした後、
この掲示板を覗いたのだが、書き込みの時に、うっかり、ADHと書くべき所をALDHと
書き間違えたのだ。

173の「ALDH」は全て「ADH」と読み替えてほしい。

175 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 15:49:41
>>169
>たった一人から始まり、今現在、世界中に6億人以上が

つまり、下戸遺伝子をもつ者は先祖が必ず一致する
最高の材料じゃないか
AB0血液型は出現地が不明、多地域?なため
ルーツ探りには不適

176 :YAP?:2005/08/21(日) 18:37:47
>>175

単一遺伝子座上の一塩基多型など、実際は、多源的に発生した可能性が高いのだが、
確かに、今のところ、ADH2の欠損型遺伝子については、モンゴロイド起源しか
知られていないようだが、私は、検索が不十分な可能性も否定できないように思う。

やはり、ハプロタイプ(HLA、Y染色体DNA、ミトコンドリアDNAなど)で
比較しないと、完全な同祖関係は、証明できないだろう。

177 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 19:19:13
富士の麓付近にゴミを違法投棄してるのは、在チョンだよ。
この前、どうどうとハングル語を喋りながら捨てていたのを
目撃しました。
仲間数人で注意しに行くと、ファビョりながら「捨ててない!」
とかほざいて、すぐに逃げていきました。
やつら軽トラで積んできて捨てる量が半端じゃないよ。
わざわざ富士山にまで来て捨てるのは、日本の象徴を汚す目的と
やっぱり世界遺産に登録させないための、
醜いチョンの工作なんだろうな……。
何度も思っている事だが、在チョンは最低最悪だと再認識しました……。

178 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 19:56:07
下戸遺伝子が普通の遺伝形式で、2〜3万年前の1人が現在では
6億人超になったという事は、1人の北方古モンゴロイドから
広がり始め、途中で北方新モンゴロイドや南方モンゴロイドが
進化分岐してアジア中に広がっていったって事なんじゃないか?

179 :YAP?:2005/08/21(日) 23:36:52
>>178

そんなに下戸遺伝子を特別視しなくても、昔私が読んだ文献では、中国北部の漢民族の
欠損型遺伝子の頻度は、日本人の44%に次ぐ40%だと書いてあった。

で中国北部漢族の人口を、ざっと(闇っ子まで入れれば中国の全人口は、13億人だろう)
7億人ぐらいとすると、7億人×40%=2、8億人だ。本当は北部の方が南部より人口が
多いだろうから、まあ、3億人だ。

これに日本人1、2億人×44%=0,5億人、中国南部6億人×20%?=1,2億人
韓国朝鮮人0、7億人×28%=0、3億人、フィリピン・タイ1億人×10%=0、1億人
インド亜大陸ざっと10億人×5%=0,5億人・・・
といったぐあいだが、今の大雑把な試算でも確かに、六億人ぐらいにはなりそうだ。

しかし、計算でわかっただろうが、全て「北方系モンゴロイド」の浸透というか、移住で
説明のつきそうな数字だ。

つまり、別に南方系モンゴロイドへの分化を考えなくても、通常の生殖と言うか繁殖で、生存競争上
少し有利であれば、2万年くらいで十分拡がり得る数字のように思えるのだが。
まあ、アルコールに弱いので、余り飲まずに、酔っ払っている男の女房に夜這いをかける程度で
子孫を拠り多く残せたということになるのかな。

180 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 20:26:57
>>173
>いわゆる「下戸遺伝子」すなわち、ALDH2型の欠損型遺伝子は、
>通常のABO式血液型等と同様に、親から子へ、伝えられる
>「普通の遺伝形式」をとる。



で、そのソースは?




181 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 21:10:21
納得がいかないのは、現在において世界人口の1/10以上が下戸遺伝子を
持っている訳だが、下戸遺伝子が誕生した2.5〜3万年前の世界人口は
数十万人くらいだったらしいので、下戸遺伝子が誕生した当時の
下戸遺伝子を持っている確率は1/100000以下になる訳だが、
普通の遺伝形式でどうやって下戸遺伝子は最初の数万倍まで確率増
できたのかという事だ。

182 :YAP?:2005/08/25(木) 00:16:56
>>180

ソースといわれたって、性染色体や、ミトコンドリアなどの上にない、ほとんどの遺伝子、
即ち、常染色体上の遺伝子は、基本的に、みな、ABO式血液型の遺伝子と同じ遺伝形式を
取るのだがな?

ちなみに
アルコール脱水素酵素ADH:第四染色体(4q22)
アルデヒド脱水素酵素1型ALDH1:第九染色体(9q21)
アルデヒド脱水素酵素2型ALDH2:第12染色体(12q24.2)
ABO式血液型ABO:第九染色体(9q34.1−q34.2)
だ。
(田辺功・山内豊明『遺伝子の地図帳』西村書店、、1998,7,1初版発行)

183 :YAP?:2005/08/25(木) 00:31:13
>>181

そのあたりは「遺伝的浮動」と言う奴だが、私は確率は良くわからないのだ。
しかし、生存に有利な遺伝子は、集団内で確率で見込まれる以上に急速に広がることは
確かだから、あるいは、「選択的進歩」とまではゆかなくても、かなり、生存に有利な
突然変異だったとでも考えるか、あるいは、一回だけでなく、何回も同じ突然変異が
起っていたとでも解釈しなければならないだろう。

184 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 01:08:34
>>182
ソースがない以上、決め付けるのはどうかな。

仮に普通の遺伝形式だとしても、3万年のうちに1000回世代交代
したとして、果たして保有率が数万倍に膨れ上がる事ができるだろうか?

>>183
でも1人の突然変異から発生したとよく言われているよね。

185 :YAP?:2005/08/25(木) 01:20:22
>>184

う〜ん、生物学の基本だと思うのだが?
メンデルの法則とか、突然変異の話とか、教科書的な話を聞いた後で、普通の常染色体上の
遺伝子の遺伝形式について、「ソース」を出せと言ったって、特に特殊ですと断っていない限り、
一般的な遺伝形式に従うものだと言う判断をするのが普通だと思うが?

まあ、ひょっとして、ALDH2の遺伝子の発見者の原田勝二氏のHPでも読めば、丁寧に書いて
あるかも知れないが。

186 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 13:17:17
わずか3万年のうちの1500回ほどの世代交代で、普通の遺伝形式を使って、
どうやって数万倍の確率になるんだよ。

あほか。

187 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 13:19:29
どうでもいいけど1って絶対に朝鮮人だよな。

188 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 13:25:49
どう見たってそうだろw

189 :YAP?:2005/08/27(土) 21:08:17
>>186

原田氏の公式サイトにでも問い合わせるんだな。

まあ、「突然変異が一回だけ起った」とか、「3万年前に起った」とか、「選択的進歩」だったのではないか?
という可能性が、どうも確定的ではないのでないか?と私は考えているので、
「あほか」と言われても責任はもてないよ。

ただ、「普通の遺伝形式」でないと考えるのがおかしいことは確かだ。
そして「淘汰」は,また、別の問題なのだが、それくらいは理解しろよ。





190 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 21:13:14
関連スレ

*倭人、弥生は東日本を侵略していない*  
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1125130790/l50

191 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 21:15:15
956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/27(土) 01:37:03 ID:wyT5M1PV
東北にはほとんど倭人は入植していない、
これは記紀、遺跡でも明らか、乃ち
東北の薄い顔は倭人とは一切無関係の他の地域から
きた渡来民であるということが自ずとわかってしまう。。


957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/27(土) 01:44:00 ID:wyT5M1PV
東北を倭人が征服し蝦夷を追いやったは絶対に嘘です。
蝦夷と大和朝廷の戦争はおそらく渡来色の強い政権同士の
権力闘争であったと思われます。
蝦夷の信仰は縄文のそれとは明らかに異なりますし他からも
明らかです。
自分たちが、朝鮮人に征服された可哀相な民族だ、のような
被害者意識で西をみるのはお門違いもいいとこです。
あなた達も朝鮮の渡来民政権だったし、中世以降は関東の朝鮮人が
各地に降臨しているではございませんか。

192 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 21:16:09
955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/27(土) 00:07:19 ID:yqH6VDRI
酒の強さは遺伝子で決まる
http://www2.athome.co.jp/academy/genetic/gen04.html
朝鮮半島と東日本は弥生人(下戸遺伝子)が少ない

国立科学博物館 日本人はるかな旅展 遺伝子によるルーツ研究
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-26.html
B44-DR13は韓国最大集団(日本では秋田〜新潟ラインに多いらしい。他HPより)

ツングース族、北陸、東北に移住
http://www.geocities.jp/intelljp/manju/shukushin/japan.htm

スサノオ系那須王朝
http://www.beads-net.com/n16.htm


193 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 21:17:23


4 :日本@名無史さん :2005/08/27(土) 17:28:39
たしかに西日本人が蝦夷を追い払ったなら
東日本に西日本、近畿などと同じような遺跡が見つかるべきだね
しかし、東日本に多く見られるのは西日本でも日本海側に見られる、
朝鮮人の文化遺跡ばかり
東日本の顔を薄くしたのは西日本の血ではない

194 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 23:49:44
つーか、朝鮮半島が単一の民族・遺伝子で構成されているという考え方
がそもそも暴論であり、支那人の帯方郡植民地だった頃には支那との混
血もあったし渤海・高句麗からは騎馬民族系・タングート系もきてる。
なにしおう吾が日本からも数十回に渡り「倭寇」として侵略の歴史があ
る事が広開土王の碑文にも残されている。
いわば、これらの雑多な諸民族の血が交じり合ったのか朝鮮半島の人種
であり、またそこを追われたり、渡航したりした通行路でもあった訳で
固有の民族は成立しようがなかったのである。
最近においては、日本の統治領土下でもあり日本人の血を限りなく濃く
受け継いでいるのが現行朝鮮人種であろう。

朝鮮人はビビンバと同じである。具を一緒くたに調べても何の役にも立
たない。新羅系、百済系、任那系、高句麗系、漢民族系等、具を分けて
論じる必要があるのだ。半島の西海岸と東海岸、北と南では顔付からし
て非常に違う。日本民族程、均質化されていない雑種なのである。

だからそれぞれの朝鮮半島の雑種の先鋭的な特徴を、日本人種の地方特
性にあてはめようとすれば簡単だが、その一面だけを見ているだけでは、
木を見て森を見ずである。


195 :日本@名無史さん:2005/08/28(日) 06:51:34
今日の中日新聞(東京新聞)の記事だが人権擁護法案を地方自治体レベルで進めているのを擁護しているぞ。(拡大して読んでくれ)

http://viploader.net/src/viploader1860.jpg
http://viploader.net/src/viploader1861.jpg

196 :日本@名無史さん:2005/08/28(日) 17:08:05
黒くて、頭の小さい不恰好な長顔で、のっぺら低鼻で、薄いハの字眉で、
離れ気味の細い寄り目で、唇が突き出して開いている。

あの独特なビビンバ顔の朝鮮人はどの系統だろうか?

197 :日本@名無史さん:2005/09/10(土) 01:13:09
関東にあった毛野王国も新羅人の国らしいな

198 :日本@名無史さん:2005/09/10(土) 13:21:49

 YAP+型は“縄文系”の男性とみられる。宝来聡・総合研究大学院大学教授
(人類学)の研究では、アイヌ民族の88%にYAP+がみられる。古い形質を
残した遺伝子型のようだ。このタイプはアジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や
中国、シベリアにはみられない。世界を見渡しても日本人のほかには黒人にしか
みられない変わった遺伝子型だ。

 中堀教授は、YAP+の集団を「タイプ2」とした。タイプ2は、都市部では
北から南まで均等に分布し、金沢、福岡、大阪、札幌のいずれで調べても、人口
の三割程度を占める。しかし本州や四国の山間部では五割を占めていた。
弥生人に追われた縄文人という通説にほぼ合致する結果だ。精子濃度が薄いという
特性があるという。

http://www.horagai.com/www/salon/edit/ed2003g.htm

アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない

199 :YAP?:2005/09/11(日) 19:53:39
>>198

再々、書き込んでいるのだが、日本人並みにYAPの多い「チベット人」て、「東アジア人」に
入らないのかね?
また、日本人以外には中近東を中心に欧州にも分布しているのだが。

200 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 20:04:24
世間ではチベットは中央アジアに含まれたり、
東アジアに含まれたり、どっちでも良いみたいだ。

201 :日本@名無史さん:2005/10/01(土) 22:36:08
面白いスレだな

202 :日本@名無史さん:2005/10/01(土) 22:43:12
>そもそも日本人種なんて存在しない。

日本人種の存在を証明する事など非常に簡単。日本人種に一番近い人種は間違いなく
朝鮮人であるが、朝鮮人は日本人種と似ているが、その容貌や身体的特徴はかなり違う。
頭示数、二重瞼率、発毛の具合、朝鮮人の外見は日本人種とはかなり違っている。
しかも朝鮮人のHLA遺伝子は日本人種となんと6割ほども違っている。
日本人種に一番近い朝鮮人でさえもこの程度なのである。
その他のアジアの人種ならば、それ以上に違っているという事になる。
つまり、日本人種は日本列島だけに存在する日本独特の人種である。

また、YAP+遺伝子を東アジアで唯一持っているのは日本人種だけである。
YAP+遺伝子は日本人種が間違いなく存在しているという決定的な証拠である。
日本の周辺人種にはこのYAP+遺伝子が全くない。

http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-52.htm

203 :日本@名無史さん:2005/10/01(土) 23:14:40
B52-DR15が日本民族代表

204 :日本@名無史さん:2005/10/02(日) 10:58:13
なんか凄そうな戦略爆撃機だな

205 :日本@名無史さん:2005/10/08(土) 06:16:05
必死に既成事実化しようとスレ主は必死みたいだけど、
単純に考えて半島に地理上すんごく近いのは九州だろw
ということはどういうことなんだ?w

206 :日本@名無史さん:2005/10/08(土) 11:21:06
>>205
ドゾ
*倭人、弥生は東日本を侵略していない*  
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1125130790/


207 :日本@名無史さん:2005/10/20(木) 02:31:18
B52-DR15が日本民族代表
B52-DR15が日本民族代表
B52-DR15が日本民族代表
B52-DR15が日本民族代表
B52-DR15が日本民族代表
B52-DR15が日本民族代表
B52-DR15が日本民族代表
B52-DR15が日本民族代表
B52-DR15が日本民族代表
B52-DR15が日本民族代表

湯江にもんごるじん=日本人

208 :日本@名無史さん:2005/10/22(土) 12:55:33
日本人は平均で約45%がYAP+遺伝子を持つ。
渡来系は女性をあまり伴わない傾向が強いから、
たったこれだけでも日本人の半分以上が土着系である事が簡単に分かる。

渡来系のHLAハプロタイプB52-DR15はモンゴル全体に頻度が高い訳ではなく、
モンゴル東部〜満州北西部にかけて高頻度になる。

その周辺にはモンゴル人だけではなく、エヴェンキ族、オロチョン族、
ツングース族などが複雑に入り込んでいる。

gm遺伝子で見ると、その中で最も日本人に遺伝子が近いのはツングース族。

http://www.narayaku.or.jp/narayaku/image/dna_map.jpg

209 :日本@名無史さん:2005/10/23(日) 21:39:31
>そもそも日本人種なんて存在しない。

日本人種は確実に存在している。日本人種に一番近い人種は間違いなく
朝鮮人であるが、朝鮮人の容貌や形質、頭示数、二重瞼率、発毛の具合など、
朝鮮人の身体的特徴は日本人種とはかなり違っている。

しかも朝鮮人のHLA遺伝子は日本人種となんと60%くらいも違っている。
日本人種に一番近い朝鮮人でさえもこの程度なのである。
その他のアジアの人種ならば、それ以上に違っているという事になる。
つまり、日本人種は日本列島だけに存在する日本独特の人種である。

更に、少数民族を除き、YAP+遺伝子を東アジアで唯一高頻度に持っているのは
日本人種だけである。YAP+遺伝子は日本人種が間違いなく存在しているという
決定的な証拠である。日本の周辺人種にはこのYAP+遺伝子がほとんど無い。

http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-52.htm

210 :日本@名無史さん:2005/10/30(日) 22:13:30
>日本は縄文:弥生=3:7ぐらい。

ちょっと前に流行ったこれもYAP+を見ればデタラメだって事が一発で分かる。

日本人は平均で約45%がYAP+遺伝子を持つ。
渡来系は女性をあまり伴わない傾向が強いから、
たったこれだけでも日本人の半分以上が土着系である事が簡単に分かる。

本当は縄文:弥生=6:4くらい

211 :日本@名無史さん:2005/11/05(土) 19:53:55
4 :出土地不明 :2005/09/02(金) 09:54:07 ID:LXy1BpIK
●大和政権の発展のために働いた渡来人(渡来人研究会ttp://www.asahi-net.or.jp/~rg1h-smed/index.html)

秦氏・・・秦の始皇帝の末裔を自称していたと伝えられる。
   蘇我氏の元で、諸外国の技術・知識を調べ出すことを、当時の政権のため、
   あるいは氏族自身の朝廷での優位性をたもつために、熱心におこなっていただろうことが想像される。
   蘇我氏の仏教導入のための造寺、儀式導入など。
   養蚕から絹織物との関わりも考える説もある。
   大蔵・内蔵官人職との関わりが強く、文筆業・算術などにも長けていたものとおもわれる。
   長岡・平安遷都には、山城に拠点をもった秦氏とその土木技術が大きく影響を及ぼしている。

東漢氏・・・韓半島でもカヤ地域から河内に渡来してきた氏族。
   漢帝国に属した帯方郡から渡来したという伝承に由来して「漢」と称することとなったと考えられている。
   伝承面では東漢氏の渡来伝承には、神牛の導きに従い、中国漢末の戦乱から逃れ、朝鮮に渡ったこと、
   皆才芸に優れ重宝されたこと、さらに聖王が日本におり、このままでは滅ぼされてしまうとして、
   渡来してきたと伝えられている。 
   蘇我氏の兵士として奉仕していたが、壬申の乱では、蘇我氏を見捨てることもあった。
   その後天武天皇にそれら推古天皇以来の武力の技をとがめられている。

西漢氏・・・物部氏と結びつきが深かったとの説がある。東漢氏に準ずる形で組織が成立していったらしい。

212 :日本@名無史さん:2005/11/05(土) 19:54:40
文氏・・・王仁の後裔氏族。文筆業を主としたことから、その呼称・氏族名が生じたものと考えられている。

今来漢人・・・遅れて渡来した漢人。外交関係に従事。
   陸系先進技術を通して、王権に奉仕していったものと考えられている。
   奈良時代にはその一部は雑戸・品部として、官営工房などに配属されたようだ。

吉士集団・・・6世紀ごろに渡来した新羅系の渡来人集団。

7世紀以降の渡来人・・・百済・高句麗が滅んだときに亡命してきた、百済王氏・高麗王氏らの亡命渡来人や、
   朝鮮三国の官職をもって渡来した氏族とその子孫、唐から遣唐使などを通して渡来した唐人などがある。
   また、7世紀ころになるとペルシアやインド方面からの渡来人も記録されている。
   これらの渡来人は、当時最先端の大陸系の知識・文化を身につけていたことから、
   時に重宝されることがあったものと考えられている。

213 :日本@名無史さん:2005/11/09(水) 19:36:05
ま ず 初 め に Y A P + あ り き 。

日本人種の平均で約45%がYAP+遺伝子を持つ。
つまり自動的に約45%が土着の縄文系。

渡来系は女性をあまり伴わない傾向。
つまり日本人種は半分以上が土着の縄文系。

YAP+を前提にY染色体とmtDNAを解釈するべきなのである。

いきなりY染色体とmtDNAから入っていくから、
ほとんどが渡来系で、土着系がほとんど無いなんていう
馬鹿げた解釈や頭の弱い憶測を生んでしまうのである。

214 :日本@名無史さん:2005/11/09(水) 19:36:41
>日本は縄文:弥生=3:7ぐらい。


↑ちょっと前に流行ったこれ。

YAP+を通せば、一発でデタラメという事が分かる。

日本人種の平均で約45%がYAP+遺伝子を持つ。
つまり自動的に約45%が土着の縄文系。

渡来系は女性をあまり伴わない傾向。

たったこれだけでも日本人種の半分以上が土着の縄文系である事が
いとも簡単に分かる。

本当のところは大よそ、縄文:弥生=6:4 くらいであろう。

215 :日本@名無史さん:2005/11/20(日) 00:17:49
中国人はYAP+遺伝子が全く無く、二重まぶたがほとんどの人種。

日本人は平均で約45%がYAP+遺伝子を持ち、一重まぶたと二重まぶたが
約半々の人種。

半分の二重まぶたの日本人はその約45%のYAP+遺伝子の人たちだから、
中国人が弥生人なら日本には一重まぶたがほとんど居ないという事に
なってしまう。

さて、残り半分の一重まぶたの日本人は一体何者でしょう??

216 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 21:41:15
>>215
モンゴル人

217 :日本@名無史さん:2005/12/04(日) 22:21:20
モンゴル北東のツングース族

218 :日本@名無史さん:2005/12/05(月) 10:56:59
>>214
> 渡来系は女性をあまり伴わない傾向。

ハーディ・ワインベルグ平衡が成り立つのは親世代が無作為に
カップルを作って繁殖しているケースという前提の下なので
ムラ構造をとって遺伝子拡散が少ない社会を形成していたり
一夫多妻制になっていればあまり意味を持たないと思うんだが。

要は、今の遺伝子分布は結果的にそうなっているだけの話で
それを根拠に過去の話を推定するのは意味が無い。

どうも人類学とか歴史学系の人達は遺伝学の知識をそのまま応用しようと
する傾向が強いんだが、社会構造をとる野生動物ですら単純応用が
効かないと言われているものを安易に使いすぎだと思う。

219 :日本@名無史さん:2005/12/05(月) 21:02:00
>>218
では渡来人女性は男性よりも多かったとでも言うのかね?

そんな明日をも知れぬ長い旅路と命がけの渡海に男性は女性を
連れていこうとするだろうか?

女性は男性と同数かそれ以下と考えるのが普通。

しかし北欧からアフリカまで数万人で移動も渡海もしたヴァンダル族の
大移動を考えると男女の比率はほぼ同じくらいだったかもしれないね。

220 :日本@名無史さん:2005/12/08(木) 21:52:31
m

221 ::2005/12/08(木) 22:24:23
質問があるんだが、うちの母親とその兄弟、爺さんが
日本人というより、インディアンみたいな顔なんだが、
インディアンは日本に流入したと、自分なりに調べたが、
そういう事実は見付けられなかった。東北の地方都市の出なんだが
もちろんインディアン系アメリカ人の血は入ってない。
そういう遺伝子とかは日本人に入っているのかね。
あんまり難しい話は解らないが、教えてください。
俺個人はアメリカにインディアンが入っていくとき、
少数が日本に来たんじゃないかと思うんだが…

222 :日本@名無史さん:2005/12/08(木) 22:45:46
>>221
そんな悩めるおまえに。


http://www8.plala.or.jp/Alaska_Academy/historyc.htm




223 :日本@名無史さん:2005/12/08(木) 22:51:34
>>221
お前の一族は間違いなくYAP+。

224 :日本@名無史さん:2005/12/08(木) 23:40:04
朝鮮半島人にも日本と同じぐらいの頻度で縄文DNAが見つかっている罠
ソースは国立科学博物館

225 :日本@名無史さん:2005/12/09(金) 16:25:21
でも朝鮮人はこの8000年の内に中央モンゴロイドに変化してYAPを失っていった。

この時点で日本人とは異人種。

そして弥生人とは異なる多数の北方モンゴロイドの系統や
朝鮮のものとは別種の華北の中央モンゴロイドとも朝鮮人は
混ざっているから、日本人とは完全なる異人種。

226 :日本@名無史さん:2005/12/11(日) 20:08:06


227 :衣笠宮:2005/12/12(月) 00:24:15
以前、拝見しましたどなたかのHPよると
耳くそが、湿っているか乾いているかで
南方系・北方系の判別ができるそうですよ!!
どなたが言われていたか失念しましたが
ご存知の方、情報よろしく

228 :日本@名無史さん:2005/12/12(月) 00:28:41
そもそも日本人が北方系と南方系だというのが洗脳。

実際は北方系と温帯中央系。


229 :日本@名無史さん:2005/12/12(月) 01:13:53
つか>>1自体が洗脳だろが。

西日本も東日本も北方系と土着系。

西日本が北方系が強く、東日本が土着系が強い。

230 :日本@名無史さん:2005/12/12(月) 01:17:51

 YAP+型は“縄文系”の男性とみられる。宝来聡・総合研究大学院大学教授
(人類学)の研究では、アイヌ民族の88%にYAP+がみられる。古い形質を
残した遺伝子型のようだ。このタイプはアジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や
中国、シベリアにはみられない。世界を見渡しても日本人のほかには黒人にしか
みられない変わった遺伝子型だ。

 中堀教授は、YAP+の集団を「タイプ2」とした。タイプ2は、都市部では
北から南まで均等に分布し、金沢、福岡、大阪、札幌のいずれで調べても、人口
の三割程度を占める。しかし本州や四国の山間部では五割を占めていた。
弥生人に追われた縄文人という通説にほぼ合致する結果だ。精子濃度が薄いという
特性があるという。

http://www.horagai.com/www/salon/edit/ed2003g.htm


231 :日本@名無史さん:2005/12/12(月) 04:01:47
>縄文人という通説にほぼ合致する結果だ。精子濃度が薄いという
>特性があるという。

やっぱり、絶滅する運命だったのかなー

232 :日本@名無史さん:2005/12/12(月) 19:11:01
絶滅してないが。

弥生の方が繁殖力が強いためそうなったらしいが、
縄文も弱いのは淘汰されて強いのが残っている事も考慮しよう。

233 :日本@名無史さん:2005/12/12(月) 21:42:43
縄文の子孫はアイヌだけだよね

234 :日本@名無史さん:2005/12/16(金) 01:07:56
あくまでも自分なりの見かけの推測だけど

西日本、モンゴル系(丸っこい顔)
東日本 中国系(長い顔)

235 :日本@名無史さん:2005/12/16(金) 20:16:42
中国系も朝鮮系もほとんど入っていないという結論。

236 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 01:56:13
中国人の王貞治、周富徳のデメ金系は日本に少ないな

237 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 02:10:16
ていうか東日本て面長多いのか?
俺は関東だが周囲は圧倒的に丸顔の方が多いんだが…
特に田舎に行くほど多い
昔貴族は面長が多く
百姓などは体全体的に詰まったような感じだったと言われるが今でもそうなんだろうかw

238 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 03:12:38
>>237
そんなこと言われてないよw時代劇のイメージだろ
天皇は面長ではないね、皇太子なんか特に


239 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 03:18:26
米国映画『SAYURI』日本の時代背景映画の役者に中国人使う時代だからね。

240 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 08:13:29
日本人が自覚するのは、中国人、朝鮮人は他国を乗っ取るときに
使う手法があり、それは得意の歴史の捏造である。

この捏造、嘘を日本にいる工作員(スパイ)が、言い続けある程度
いきわたれば、それを口実に日本を武力で手にいれる。

他国が干渉してくれば、これは国内問題(つまり日本人の祖先は中
国人又は朝鮮人だと言い張る)だから内政干渉だと言うのである。
それの実例がチベットの現状である。

平和ボケした日本人は中国、韓国のドス汚い陰謀に注意を怠らない
ことである。

241 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 12:29:26
>そもそも日本人種なんて存在しない。

日本人種は確実に存在している。日本人種に一番近い人種は間違いなく
朝鮮人であるが、朝鮮人の容貌や形質、頭示数、二重瞼率、発毛の具合など、
朝鮮人の身体的特徴は日本人種とはかなり違っている。

しかも朝鮮人のHLA遺伝子は日本人種となんと60%くらいも違っている。
日本人種に一番近い朝鮮人でさえもこの程度なのである。
その他のアジアの人種ならば、それ以上に違っているという事になる。
つまり、日本人種は日本列島だけに存在する日本独特の人種である。

更に、少数民族を除き、YAP+遺伝子を東アジアで唯一高頻度に持っているのは
日本人種だけである。YAP+遺伝子は日本人種が間違いなく存在しているという
決定的な証拠である。日本の周辺人種にはこのYAP+遺伝子がほとんど無い。

http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-52.htm

242 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 14:33:58
中国人と朝鮮人は世界でもまれに見る、嘘と捏造が平気で出来る
極めて異端な民族である事実を、肝に銘じるべきである。

243 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 14:42:20
中国系も朝鮮系もほとんど日本人の血統に関係していない。

関係しているのはモンゴル人。

244 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 14:49:00
YAP+厨のコピペ君は
何人いるのかな?

245 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 14:51:48
↑チャンコロ

246 :日本@名無史さん:2005/12/17(土) 19:13:43
>>243 中国人、朝鮮人は容貌で大体、見当が付くがモンゴル人や極北の人間は
日本人と区別がつきにくいと実感する。エスキモーやシベリアの少数民族とも
関係があるのだろう。

 まあ、日本人にもマレー人やインド人のような容貌も稀に居るが。


247 :日本@名無史さん:2005/12/18(日) 15:19:26
246の言うとおり。

町に出て、日本人の顔だけ見てりゃわかる。

縄文系をのぞけば、色白で一重で細目、骨盤が広くずんぐりとした体が
ほとんど。

モンゴル人やシベリア人には見えても、中国人や朝鮮人には見えない。

248 :日本@名無史さん:2005/12/18(日) 17:03:03
日本人みたいな中国人もいるのはなんぜですか?

日本人みたいな中東人もいるのはなぜですか?

249 :日本@名無史さん:2005/12/18(日) 17:12:13
北方モンゴロイドが絡んでいるからだと思われ。

中国には6000年前から北方モンゴロイドが侵入しているし、
中央アジアや中東にはモンゴル帝国やティムール帝国が侵入した。

しかし、日本人より中国人の方が北方モンゴロイドからの影響が
少ない。

また北方モンゴロイドにも色んな種族が居たようで、遺伝子から見ると
別種の北方モンゴロイドである事の方が多い。

250 :日本@名無史さん:2005/12/19(月) 00:44:45
華南で弥生人と思われる骨が多数見つかってる
水田稲作もそこから伝わっているし
日本で発掘された稲のDNAも、華南で発掘された稲のDNAと一致

251 :日本@名無史さん:2005/12/19(月) 10:08:33
日本人といっても東北と九州では人種が多少違うのではないか?中国の華北と華南
に匹敵するほど違うかも知れない。

252 :日本@名無史さん:2005/12/19(月) 14:16:53
>華南で弥生人と思われる骨が多数見つかってる


華南じゃなくて江南の間違いだろ?

例の江蘇省の骨だろ?

単にそれは北方モンゴロイドと混血した中央モンゴロイドの骨で
弥生人骨ではないよ。

253 :日本@名無史さん:2005/12/19(月) 19:25:28
日本で3、4番目に多いH54-DR4、B46-DR9は中国南部から来ていますが

254 :日本@名無史さん:2005/12/20(火) 14:44:08
いや、来てないな。

それに4、5番目の間違いだろ。

B54-DR4はシベリアのブリアート・モンゴルや、中国満族(満州族)でも、
認められ、このハプロタイプの起源も南方系とは言えなくなってしまった。

いずれにせよ、それらは渡来人のハプロタイプではなくて、
15000年くらい前まで大陸と繋がっていた時にその付近に住んでいた
土着系の古モンゴロイドのハプロタイプだろうね。

255 :日本@名無史さん:2005/12/21(水) 19:47:05
age

256 :日本@名無史さん:2005/12/24(土) 11:10:34
西日本人って毛深すぎ。
引くほど毛深い奴が普通にいる。土着系だからか?

257 :日本@名無史さん:2005/12/24(土) 15:05:03
西日本から琉球までの土着系はもとは東日本から流れてきた
集団が主流らしいな。

258 :日本@名無史さん:2005/12/25(日) 11:43:47
西日本人は日本海側や北からやってきたブリヤート系に追いやられた
土着民の集まり?すごいね

259 :日本@名無史さん:2005/12/25(日) 16:37:06
当時、ブリアートなんて種族いないはずだが。

260 :がいやまん:2005/12/30(金) 09:17:15
↑いや、ブリャートの現地では昔からいたようにいってるね。
http://www.buryatmongol.com/modonoboo.jpg
これらのブリャートのトーテムポールは北米とのつながりを暗示しているみたいだ。
http://www.buryatmongol.com/buryatoboo.jpg
これは鳥居だろう。
http://www.buryatmongol.com/ongonshuluun.jpg
これは「クマ岩」とよばれるらしいが、注連縄は日本のものに似ている。
これはアイヌのイヨマンテの「小熊」と似ている。
http://www.ainu-museum.or.jp/museum/image/kuma.jpg
朝青竜が横綱になるのはこれか(w
ところで、「騎馬民族」スレで、漏れは山海経にある「倭」について、あたかも
朝鮮を制圧したグループのようなことを考えていたんだが、この頃、既に倭は
九州北部にも入っており、この倭は日本へは来ないでチベットに入ったので
はないかと思い始めている。


261 :日本@名無史さん:2005/12/31(土) 01:29:56
第6で、アイヌと琉球人の遺伝的距離、について述べた。この内容は宝来さんの以前の研究に
基づいたもので、その範囲で観察されたことの一つは、「アイヌと琉球人の間には共通パターン
がない」というものだった。これはNHK出版から1999に発行された『驚異の小宇宙・人体III 
遺伝子DNA』にも紹介されている。これにより、宝来さんは『DNA人類進化学』p112で「アイヌと
琉球人の集団が分岐したのは約12,000年前だとすると、弥生時代移民が起こり始めた頃にアイヌと
琉球人を含む単一の縄文人集団が存在したとは考えにくい」とした。

ところが、2001に発行された『日本人はるかな旅1』には、アイヌ、琉球人、他が共通に持って
いるパターンというのが2種類も挙げられている。つまり、1999時点での結論、即ちアイヌと
琉球人は12,000年は離れている、は根拠を失っているのだ。

また、佐賀医科大学の篠田謙一さんが茨城県の中妻貝塚から出た縄文人骨29個体の塩基配列を
調べたところ、9種類の塩基配列があって、その内の少なくとも2種類はアイヌと沖縄人(と他とも)
が共有していた、という結果が出た。これは『日本人はるかな旅1』(NHK出版)p144-に出ている。
即ち、アイヌ、琉球人、縄文人に共通なDNAパターンがある、ということだ。
http://www.dai3gen.net/mt08.htm

262 :日本@名無史さん:2006/01/21(土) 11:52:03
よいしょ

263 :日本@名無史さん:2006/01/22(日) 14:15:07
★古代カラ半島国家の歴史 1★

【志良岐】
国号の読みはシラギ。正しくはシラキ。4世紀以前の東アジア半島(現在の朝鮮半島)の
南東部にあった国である。神武天皇の兄・稲飯命によって建国される。
シラキとは「治らす木」の意味である。治らす(シラス)は日本語古語で治めるの意味であり、
木とは神木、すなわち天孫たる日本皇族のことである。したがって、治ら木(シラキ)とは、
「国を治める皇孫」の意味であり、稲飯命の別名なのである。
この事実から考えるならば、シラキの国号をその意味と音に合わせて漢字表記する場合、
『治良木』と書くのが適切である。しかし、わが国では昔から志良岐と表記したり、
また、新羅と表記するのが一般的ある。
神武天皇の兄=稲飯命によって建国され、その子孫が代々の王(キミ・国の主)となった
志良岐は、古代東アジア半島の南部諸国の中で、日本国(ヤマト)ともっとも友好関係に
あった国である。
その政治制度は、王(キミ)の下に国吉士(クニキシ。コニキシとも呼ばれる)という長官
が置かれ、王の統治を補佐するという独特のシステムであった。しかし、この制度が原因で、
志良岐王(シラキのキミ)は、臣下である第十七代・国吉士(クニキシ)=金奈勿に王権を
奪われることになった。
奈勿は、高句麗と手を組んで謀反を起こし、稲飯命の血を引く志良岐王族を皆殺しにした。
そして、志良岐の国号を『新羅』に改め、自分が新しい王となったのである。
金奈勿は金氏新羅の初代王であるが、志良岐人(倭人)ではなく、朝鮮人である。
金氏は謎の一族である。彼らが、いつ、どこから来たのか、どのような方法で志良岐に
移住したのか、それを記した資料はなく、すべてが謎に包まれている。
韓国に伝わる新羅の建国神話によれば、稲飯命が森の中で拾ってきたという逸話があるが、
もちろん作り話である。新羅建国(奪国)者=金氏に関する歴史的資料は皆無なのだ。


264 :日本@名無史さん:2006/01/22(日) 14:20:34
★古代カラ半島国家の歴史 2★

【任那】
地名の読みは、ミマナである。
日本国の第十代大王(オオキミ)である崇神天皇=孫木入彦命(ミマキイリヒコ)の御名を
記念して命名された。地名の意味は「皇孫の名」である。
志良岐の西側にあった日本国領土である。
任那は、正確に言えば「国」ではない。ヤマト朝廷が直接統治する天皇家の「領地」であった。
神武天皇が日本国を建国する以前から、任那には多くの倭人が住んでいた。隣接する志良岐や
久多良とともに、任那は日本文明圏を構成する地域の一つだったのである。
崇神天皇の時代に日本国の正式領土となった任那には、ヤマト朝廷が管理する鉱山と製鉄所が
置かれ、日本列島および志良岐、久多良へ鉄材が輸出されていた。
これらの鉄は、鍋などの生活用品を製造するための原材料として使われると同時に、剣や槍など
の武器の製造にも利用された。
そのため、日本にとっての任那は、経済面だけでなく、軍事面でも重要な意味を持つ地域で
あった。任那にはヤマトから派遣された軍が常駐していた。任那の軍は、任那の独立を守る
ための組織であると同時に、志良岐および久多良に対する軍事支援を行う任務も持っていた。
また、カラ半島北部の騎馬民族勢力に対する監視活動・情報収集活動等も行っていた。
朝鮮人国家の金氏新羅に征服されるまでは、多くの倭人が居住し、日本文化が花開く美しい
土地であった。


265 :日本@名無史さん:2006/01/22(日) 14:22:41
★古代カラ半島国家の歴史 3★

【久多良】
国号の読みはクダラ。正しくはクタラ。
6世紀以前の東アジア半島(現在の朝鮮半島)南部にあった国である。日本国・志良岐・任那と
同じく、日本語を公用語とする倭人(日本民族)の国である。
久多良(クタラ)の語源は、降つ(クタツ)である。降つは、降る(クタル)ともいう。
クタツ=クタルは日本語古語であり、「日が傾く」「日が沈む」という意味の大和言葉である。
古代日本領であった志良岐や任那から見て、西側に位置していたことから、「日が沈む方角にある国」
「西の国」という意味でクタラと呼ばれていた。それがそのまま国号となったのである。
久多良(クタラ)の地には、紀元前から倭人が居住していた。もちろん、日本列島の倭人とは日常的
に交流があり、経済面だけでなく、政治面、軍事面でもヤマトと一体であった。
久多良は、古代日本の一部であり、久多良文化は日本文化である。久多良人(クタラビト)も
大和人(ヤマトビト)も、同じ古代日本語を話し、日本文化を共有していたため、両者は強い同族意識
で結ばれていた。大和と久多良が、対高句麗戦争で常に一体となって戦っていたのは同族だったから
である。
久多良の統治は、大和の天皇(スメラミコト=清めら御子人)が任命する国吉士(クニキシ)が
担った。クニキシはコニキシとも呼ばれ、カラ半島南部の国を統治する役人の最高位である。
古代の日本列島およびカラ半島南部には、ヤマト(日本国)を中心にした日本文明圏が形成されて
おり、久多良・志良岐・任那は、日本文明圏に属する地域だったのである。
したがって、カラ半島諸国は、文化的にはもちろんのこと、政治的にも日本の支配下にあったのだ。
3世紀の半ばに、志良岐が、朝鮮人の国吉士・金奈勿に乗っ取られ、『金氏新羅』という朝鮮人国家
に変質した。この金氏新羅が、6世紀に久多良を侵略して滅ぼしたが、久多良が滅びた時、多くの
久多良人(倭人)が大和(日本国)に亡命し移住した。
なぜ、大和朝廷は、久多良人(クタラビト)の日本への移住を許可したのか。それは、久多良人が
我々と同じ日本民族だったからである。
現在、久多良という国はない。しかし、久多良人の血は、今も日本民族に受け継がれ、
我々の体の中で生き続けているのだ。


266 :日本@名無史さん:2006/01/22(日) 14:24:26
★古代カラ半島国家の歴史 4★
〜謎の民族=カラビトの正体〜

古代のカラ半島南部に住み、日本語を話していた謎の民族=カラビト(韓人)とは何者なのか。
『渡来人』とも呼ばれた彼らの正体は、「倭人」である。
カラビトは、カラ地方(韓)に住んでいたことから、韓人=カラビトと呼ばれたわけだが、
彼らが話していた言語は日本語であり、大和言葉の方言である。古代カラ半島には三つの国が存在した。
シラキ、ミマナ、クタラの三国である。これらの国に住んでいたカラビトは、日本にも移住し、
古代日本の繁栄に貢献したが、彼らは倭人(日本人)なのである。
つまり、古代日本に、朝鮮人は移住していない。古代日本に朝鮮人は来なかったのだ。
戦後、朝鮮人は「古代日本には多くの朝鮮人が移住し、日本文化の発展に貢献した」という宣伝を
組織的に展開しているが、これはデタラメなのである。
古代日本に移住したのは、カラ半島に住んでいた倭人=カラビト(韓人)であり、彼らは日本民族
だったのである。
カラビトは、現在の朝鮮半島に住んでいる朝鮮人とは、民族が違うのだ。


267 :日本@名無史さん:2006/01/22(日) 20:45:19
↑いつものソースなし妄想くんw

268 :日本@名無史さん:2006/02/01(水) 02:12:39
疑問なんだが、
ロシアの北部のほうに縄文の祖先がいて
日本人とそっくりだなんて書いてあったりするけど
現代日本は弥生系の方が多いんだが
アイヌや沖縄人より顔は薄いし
いったいなんなんだ?
本当に縄文の祖先か?

269 :日本@名無史さん:2006/02/01(水) 16:20:50
東夷(蛮人) ・・朝鮮半島から日本海を越えて渡来した騎馬民族を祖とする。
         関東以北で蛮族化するも大和朝廷の征夷を受ける。
         奈良時代以降、関東では国策として渡来人の入植が頻繁に行われ、蛮東武士の誕生へと繋がっていく。


270 :日本@名無史さん:2006/02/01(水) 20:00:23



こうした研究成果から想像をたくましくすれば、同じ人種の海洋民が朝
鮮南部沿岸と対馬、西北九州一帯に住んでいたとも考えられます。実際これを
裏付けるかのように、韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が
発掘されたと、釜山大学・鹿児島大学の共同作業チームが報告しています。
http://www.han.org/a/half-moon/hm009.html

韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された




271 :日本@名無史さん:2006/02/01(水) 20:01:06


●従来の日韓同祖論


×朝鮮半島から弥生人がやって来て、日本の縄文人を征服して滅ぼした。


●日韓同祖論の真相


○弥生人は北方アジアから朝鮮半島を短期間で突き抜けて九州北部に
渡ってきた北方系の種族で、朝鮮半島には縄文人に似た土着の種族がいた。



272 :日本@名無史さん:2006/02/01(水) 20:54:12
>>271


【DNA】西日本は中国系で東日本は半島系か2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1122557343/




コピーコピーコピー



掛け持ちスレッドどすね

273 :日本@名無史さん:2006/02/01(水) 20:57:41
>>271





【国立科学博物館】 縄文VS弥生 ガチンコ対決2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/geo/1138711176/



掛け持ちスレッド多杉

274 :がいやまん:2006/02/07(火) 11:52:35
最近のYAP研究でチベットと日本の関係が言われているが、チベットにも北方の
アルタイ語を話すトゥー族などがおり、仏教伝説でも北方とのつながりを示唆する
ものがある。その北方というのは西域・アルタイであるが、この地方にはカレーズとか、
更に西方においてはカナートと呼ばれる灌漑農業がある。他方、日本にはトンカラリン、
横穴墳墓、蛇穴などというもの、大国主とか、甲賀三郎とかいうトルコ族のように地下に
潜る話sがある。カナートの泉源はマーダル・チャーと呼ばれるが、日本にはマナイとか、
秦族のマダラ神儀式がある。この関連を究めたいものである。

275 :がいやまん:2006/02/07(火) 12:11:53
紛らわしいのにミシャクジというのがあるが
「日本における祟り神の一種。「みしゃぐち神」とも呼ぶ。前身は大国主神の次男、
建御名方神。諏訪神社の神官一族である守屋氏により祀られていた神で、一般に
は「モレヤ神」、或いは「洩矢神」と呼ばれていた。木の神、石の神であり、典型的な
自然神であると同時に、神官に憑依して託宣を下す神であったという。このとき託宣
を伝える神官は一年神官で、年次ごとに守屋一族の中から選ばれ、一年間の任期
が終わり、次代の継承者が決定すると同時に殺されていた。マタギを始めとする
山人ったいから信仰されていたことから、元々縄文の神だと考えられる。 」
東京の石神井などは水の湧くところといった感じである。

276 :がいやまん:2006/02/07(火) 12:17:44
水道の蛇口というのもカナート出口の意味があったのかもしれない。
初期大和政権が大和地方の水源地帯に集中するのは現在の中央アジア
のカレーズにもオーナーというのがあって上納金を取っているといわれるので
この辺が王権誕生の秘密かもしれない。源泉徴収に縁のあるシーズンとなったが。

277 :がいやまん:2006/02/07(火) 12:22:03
建御名方神というのはおそらくは銅鐸利権族の終焉の地であろう。新たに来たものは
太陽エネルギー税をとるようになり、夜も月読命がムーンライト産業にも目を光らせる。
厳しい時代となったのであろう。

278 :がいやまん:2006/02/07(火) 12:26:47
満州東部にいたツングースにはそんなに厳しい制度はなく、牧畜には強いがその他の点
では縄文人に似ていたのではなかったのかな。

279 :がいやまん:2006/02/07(火) 12:40:46
>>274
広隆寺牛祭りの3神、三柱鳥居などは井戸掘りのやぐらを彷彿させる。水取という
解釈としても矛盾はないが。

280 :がいやまん:2006/02/07(火) 12:54:55
>>276
するてーと、水主神社などでくぐると面白いと思ったが、驚いた。
卑弥呼が香川県にある。そしてその社紋というのがこれまたひどい(w
http://www.genbu.net/data/sanuki/mizusi_title.htm

281 :がいやまん:2006/02/07(火) 13:09:35
神武、卑弥呼、熊野、空海をつなぐものは山岳宗教で、それはチベットと同じもの。
これはYAPの流れと一致している。豊前の伝承の通り、崇神の頃、天竺から5本の
剣を持つ部族が到来したとすべきであろうか。

282 :がいやまん:2006/02/07(火) 13:26:02
>>276
「カナートの起源は古く,鉱山開発技術を用い前8世紀にウラルトゥ王国治下のイラン
北西部のウルミエ地方で始まったといわれる。これは前6世紀アケメネス朝下のイラン
高原に普及し,多くのカナート灌漑の村落がつくられた。」
ウラルトゥーの隣国、力士黒海の故郷グルジアは支石墓が多いので有名。しかし、
この辺は完全にコーカソイドであり、YAPもつながらないのではないかと思われる。
であるから、日本に入ってきたのは技術と坂上田村麻呂のような一部コーカソイド
であろうか。
参考
http://forever138.hp.infoseek.co.jp/amaterasu.htm

283 :がいやまん:2006/02/07(火) 13:31:28
大和には鉄鋼資源もないのに穴師(場外馬券売り場もないであろう)とか、金屋とか
鉱山関連の地名が多いが、灌漑技術と鉱山技術が一体のものと考えると意味が出
てくる。

284 :がいやまん:2006/02/07(火) 13:39:35
>>282
田村麻呂に縁が深い清水寺。谷底に泉が湧いている。渡来人の抑えるポイント
であったのであろうか。

285 :がいやまん:2006/02/07(火) 15:03:09
>>280
卑弥呼とは孝霊ファミリーであり、兵庫県西脇市黒田庄あたりの人と考えると、淡路で
の活躍、卑弥呼の讃岐での活躍も説明がつく。加古川(氷河)での言向けも説明がつく。
どうも西脇市の豪族みたいだ。

286 :がいやまん:2006/02/07(火) 17:20:37
「出雲の日御崎神社の伝承によると、「孝霊61年(179年)、朝鮮半島の月支國の
王が出雲に大船団で攻め寄ったが、嵐により退散した。」というものがある。」
http://www.geocities.jp/mb1527/N3-18tairan.htm
これはイランに押された大月氏国人が亡民ボートピープルとなって押し寄せて
きたのではなかろうか。YAPがらみで話がうまく合う。


287 :がいやまん:2006/02/07(火) 18:10:36
このヤギは中央アジアから来たのではなかろうか。
http://www.z-tic.or.jp/site/page/yayoi/aoya/about/gaiyou/body05.bmp
なぜ九州に代わって山陰で急に鉄器が増えだすのか。
青谷上寺地
http://www.pref.tottori.jp/bunka/aoyakamijichi/
妻木晩田遺跡
http://www.lares.dti.ne.jp/~sako/mukibanda.html
なぜ山陰の影響を受けて大和の土器が布留式に変わり、箸墓が作られるのか。
卑弥呼さん、どうなっちゃってんの?


288 :がいやまん:2006/02/08(水) 08:37:03
>>285
播磨は伊和大神(=スクナヒコナ=天童神=巨石文化=トルコ系)をオオナムチ
(倭奴尊=金属・冶金・鉱業文化=トルコ系)、アメノヒボコ(瀛=秦徐福=兵主=シユウ)
と対置させようとする、くそ(カナクソ=コウサイ)、人力(巨石搬送)対置説話が残る。
天童神は酒造産業とも関連している。出雲、吉備、豊葦原瑞穂(豊前・周防・
長門・安芸=御許=倭面土)、倭奴国(オオナクニ)、ハヤヒワケ(肥前・肥後)等と共に
渡来文化の影が濃厚。孝霊は同族海部・尾張と共に前方後円墳建設を進めた
のであろう。九州から山陰へのウェートの移動、月氏、ツヌガアラシト等直接新規
渡来系を含めて巻向建設が行われたのであろうが、倭人伝の伝える最初の男王
というのは倭面土国王帥升より一世代後の楯筑遺跡被葬者で、これは孝霊では
なかろうか。帥升は神武関連神社の多い芦原瑞穂の人でないかと思うんだが。
こうするとスサノオがアルタイ・中国の総合的軍神・護法神的なものとして見えてくる。
コノハナサクヤヒメ、御許などに印度アヨダヤより金首露王に嫁したのと同じ許姓が
見られることにも注意を払う必要がある。月氏系というべきか。

289 :がいやまん:2006/02/08(水) 08:50:06
「この御酒(みき)は 我が御酒ならず 酒(くし)の司(かみ) 常世にいます 
石(いは)立たす 少名御神(すくなみかみ)の 神祷(かむほ)ぎ 寿(ほ)ぎ狂ほし 
豊寿(とよほ)ぎ 寿ぎ廻(もとほ)し 献(まつ)り来し 御酒ぞ 乾(あ)さずをせ 
ささ(古事記)」
住吉神宮からは不倫といわれながらも三韓を平定した神功皇后が天童神を
大陸と日本のアルタイ系共通の神と認識し、わが子に伝えようとしたのでは
というような気がするんだが。

290 :がいやまん:2006/02/08(水) 09:08:37
倭という漢字の発音だが、朝鮮人の対日蔑視ウェヌ、本土人の土井が浜人的なものに
対する蔑視オニ、等を考えると現代中国語のウォにのこるオがやはりあったんじゃなか
ろうかとかんがえる。現在の中国発表の中古音、上古音などの信頼性はあまりないよう
だ。日本語を勉強している中国人は古代日本語のほうが正確な古代中国語を残してい
る、お経はわかるという。

291 :がいやまん:2006/02/08(水) 18:45:13
後漢の始めには北九州に玄関口があったのが中国・近畿・東国における鉄器などへの
需要が拡大し、沖ノ島航路が開発され、出雲・隠岐方面が新たな玄関口となったのが
あの荒神谷の大量な備蓄とか、山陰の鉄器増大、そして倭奴尊(オオナムチ)、大国主
の称号の起源であろうか。すると倭面土国というのは何であったのだろう。海人族に
2つあり、住吉系とでも言うものがあったのだろうか。

292 :がいやまん:2006/02/09(木) 07:33:18
「古くその出自だけが問題になるが、比売大神の脇殿に北辰殿が祀られていることに
注意を払う必要がある。北辰殿は北極星を神として祀っている。「託宣集」を見ると、
北辰神は天空から降りた神で、小倉山の地主神であった。小倉山は、現在宇佐神宮の
鎮座する亀山の別名である。亀山の南東方およそ4kmのところに、御許山(馬城峯)が
あり、そこを奥宮と称しているが、宇佐神の発祥には関係がない。「託宣集」によると、
八幡大神は小倉山にいた先住の地主神である北辰神に、一緒に住んで法界衆生利益
の願を発そうと持ちかけたところ、北辰神は彦山に権現がいて、一切衆生を済渡してい
ると云った。香春大明神も八幡大神にむかって同じようなことを云った、とある。北極星
を神格化した北辰神を、妙見菩薩といって鉱山に関係がある。北極星の信仰はもともと
道教から出発したもので、渡来人が持ち込んだものである。」
http://www.sysken.or.jp/Ushijima/Den-buzen.html

293 :がいやまん:2006/02/09(木) 07:47:17
この英彦山に確立した山岳宗教の拠点は高地性集落を使用する山岳宗教として
臨海部を中心に全国的に拡大する。大彦、ヤマトタケルなどに従った勢力が更に
これを強化し、結果的には熊野、出羽等に拠点ができる。天武、後醍醐等の動きを
見ると山岳宗教の拠点を押さえ民心を掌握している。倭面土国というのはこのような
霊的な中核を基本にしたもの、つまり、天孫の起源となったものではないかと思われる。
卑弥呼政権が抜かったのは伊勢神宮・近江三上山信仰への押えで、これがタケハニ
ヤス等の集団の反乱をもたらしたのだろう。

294 :がいやまん:2006/02/09(木) 11:17:38
倭面土国王帥升は後漢安帝の永初元年(107年)生口160人を献じ,皇帝の拝謁を
申し出て、倭奴国に代わり以後は倭面土国が倭国の主導権を持つに至った経緯を
説明、了承を得て帰国、旧政権を出雲に追放、これが倭国乱の始まりとなったのでは。
神武紀の岡水門の先のお話に興味がある。

295 :がいやまん:2006/02/09(木) 11:38:30
山幸、海幸神話
http://www.din.or.jp/~a-kotaro/gods/method/yamasati.html
これに出てくる桂の木、豊玉姫というのは崇神によって登用されるオオタタネコ
ファミリーと似ており、また、神武の進軍とも似ている。帥升訪漢に先立って
日向と葛城方面が共闘して奴国安曇海人族を制圧したのかもしれなが、漢の属国
であるので、訪漢の直後に処分したのかも。

296 :日本@名無史さん:2006/02/09(木) 12:44:23
ν即からきました。
記念

297 :日本@名無史さん:2006/02/09(木) 20:16:52



こうした研究成果から想像をたくましくすれば、同じ人種の海洋民が朝
鮮南部沿岸と対馬、西北九州一帯に住んでいたとも考えられます。実際これを
裏付けるかのように、韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が
発掘されたと、釜山大学・鹿児島大学の共同作業チームが報告しています。
http://www.han.org/a/half-moon/hm009.html

韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された




298 :日本@名無史さん:2006/02/09(木) 20:17:44


●従来の日韓同祖論


×朝鮮半島から弥生人がやって来て、日本の縄文人を征服して滅ぼした。


●日韓同祖論の真相


○弥生人は北方アジアから朝鮮半島を短期間で突き抜けて九州北部に
渡ってきた北方系の種族で、朝鮮半島には縄文人に似た土着の種族がいた。



299 :日本@名無史さん:2006/02/10(金) 09:37:40
>>294
単純化するために、この戦争を宗像海人族と安曇海人族の戦争とし、宗像が宇佐の
御許(倭面土)神社、霧島方面に逆矛の習慣、墓を暴き鹿柱を逆さに立て征服者の
墓を作るという春秋時代のモンゴリアの慣習を持つ山岳文化民族、奴国本国が安曇
海人族と仮定すると、倭奴国は金印の秘匿にも十分な猶予のないような激しい戦闘
の後に破壊された後、在弁辰倭奴国王直轄支配地任那の関係する墳墓も荒らされた
ことであろう。
倭面土王が安帝に献上した生口160人は卑弥呼が魏に献上する生口のロットと比較
すると桁外れだ。任那を制圧後旧政権の倭人の大量の捕虜を拉致、洛陽に向けて
行軍させたその果てに、弱体化していた当時の後漢帝に対し、汝の好物である倭人
を取らそうぞという風に言上させたのかもしれない。

300 :がいやまん:2006/02/10(金) 12:31:20
>>299
「釜山市莱城遺跡では鍛冶炉の周辺に鉄器片や倭人の須玖式土器を残す住居跡が
調査されている。」
http://www.okunomasao.com/saikin/sai-1tetu.htm
つまり、その辺には伊都国、奴国、吉野ヶ里などの九州人がいたのだが、倭面土国王
帥升の命令によるものなのか、九州に帰国せずに長門、出雲、伯耆、丹後という山陰
地方に引揚げてきた。投馬国という広域的な存在はこうした流民的な、流動的な集団
を意味するのかもしれない。しかし、この移動には秦氏、烏丸、月氏等の異民族も、
あたかも、アカルヒメを追跡するアメノヒボコのように追随して移動しているようだ。

301 :がいやまん:2006/02/10(金) 12:37:33
現代とは違い、海外引揚者は、よしんば現地では王様クラスの待遇を受けたものであっ
たにせよ、帰国すると浦島太郎のような運命、悪くすれば鬼のウラとして頭をかまゆでに
されたのかもしれない。

302 :がいやまん:2006/02/10(金) 12:53:25
この辺の年代↓
http://www.ops.dti.ne.jp/~shr/wrk/2001a_t1.gif

303 :日本@名無史さん:2006/02/10(金) 18:06:05
東日本が半島系が多いのは、大量の百済難民を蝦夷対策もかねて東日本に
領地を与えて住まわせたからでしょ?
さらに、それらのコロニーが朝廷から皇族をもらって自分たちの首長として
源平を名乗り、大陸譲りの騎馬術をもって武士化したのが関東武士団。
由緒ある源平の直系ほど百済人の血が濃く残されているという皮肉。


304 :日本@名無史さん:2006/02/10(金) 18:11:49
>>1
それではわれわれ静岡,長野,石川あたりの人間は何系?

305 :がいやまん:2006/02/10(金) 18:59:38
静岡はトルコ系(阿智はずばりそのもの)、長野は南がアルタイ系、北はブリャート系、
石川はツングース系(ケト人というのと同族かもね)かな。

306 :がいやまん:2006/02/10(金) 19:06:40
スマソ、阿智は長野であった。それでも静岡はトルコ系だろう。阿智とか、秩父
方面もトルコ系じゃないかな。

307 :日本@名無史さん:2006/02/10(金) 23:22:04

↓満州やモンゴルなど北方アジア抜きで、アイヌ、琉球人、韓国人、中国人、
↓本土日本人、たった5つのサンプルだけで中国固有、韓国固有と抜かすmtDNAの低脳ぶりww



『 本州日本人 ミトコンドリアDNAのタイプ 』

(綜合研究大学院大学 宝来博士 分析)

 日本人固有のタイプ        4.8%
 韓国に多いタイプ        24.2%
 中国(台湾本省人)に多いタイプ 25.8%
 アイヌに多いタイプ        8.1%
 沖縄に多いタイプ        16.1%
 それ以外            21.0%

韓国人
韓国人固有のタイプ      40.6%、
沖縄に近いタイプ       17.4%

中国人
中国人固有のタイプ      60.6%

308 :日本@名無史さん:2006/02/10(金) 23:27:52
日本列島の北と南に多いって日本の歴史そのものじゃん。
真ん中はどうでもいい地域。

309 :日本@名無史さん:2006/02/10(金) 23:32:26
真ん中に住む日本人はうざいの来たから、南か北によけていった
わけだw 昔の人も本当に気の毒だ。

310 :日本@名無史さん:2006/02/10(金) 23:35:32
でも、この地図何度見てもおもしろい。
民族大移動が想像出来る。 やっぱ、人間も動物と一緒なんだ。

311 :日本@名無史さん:2006/02/10(金) 23:53:27

■疑惑の弥生人中国説について語れ■
1 :日本@名無史さん :2005/12/18(日) 14:19:00
江南説にしろ華北説にしろ、弥生人が本当に中国から来たのなら、
何で当時の中国の主流だった灰釉陶や印文硬陶が伝わっていないのか?
最低でも粗悪な灰陶や古代江南の良渚文化や古代華北は山東の竜山文化の
主流であった黒陶くらい伝わっていないのか?

何で当時の中国で主流だった土とん墓が伝わって普及していないのか?
何で青銅貨などの金属貨幣や漢字の前身である金石文も伝わっていないのか?

何で弥生文化は紅陶文化と支石墓文化なのか?

これらは当時の朝鮮から満州にかけての文化ですよ。

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1134883140/

312 :日本@名無史さん:2006/02/10(金) 23:54:50
長野の海野一族なんかは天皇より古いらしいけどどこにいた人なんだろう?

313 :日本@名無史さん:2006/02/10(金) 23:59:03
九州じゃない?

314 :日本@名無史さん:2006/02/11(土) 00:01:53
そうなんだ 

315 :日本@名無史さん:2006/02/11(土) 00:03:43

■疑惑の弥生人中国説について語れ■
1 :日本@名無史さん :2005/12/18(日) 14:19:00
江南説にしろ華北説にしろ、弥生人が本当に中国から来たのなら、
何で当時の中国の主流だった灰釉陶や印文硬陶が伝わっていないのか?
最低でも粗悪な灰陶や古代江南の良渚文化や古代華北は山東の竜山文化の
主流であった黒陶くらい伝わっていないのか?

何で当時の中国で主流だった土とん墓が伝わって普及していないのか?
何で青銅貨などの金属貨幣や漢字の前身である金石文も伝わっていないのか?

何で弥生文化は紅陶文化と支石墓文化なのか?

これらは当時の朝鮮から満州にかけての文化ですよ。

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1134883140/

316 :日本@名無史さん:2006/02/11(土) 00:05:47
>>314
玄海島あたりの方w

317 :がいやまん:2006/02/11(土) 13:01:54
>>301
ニニギが出雲入りしたらしい。
「御許山と正確に東北45度線を作るのは、向原町の北にある大土山である。
大土山周辺には市杵島姫や宮島と結びつく伝承があり、市杵島姫の御子が
大土山で失踪したので、市杵島姫はその行方を求めてさすらううちに宮島の
地に落ち着くことになったとも、往古より厳島の一の木姫この地にあり、木樋山
の頂に植えた瓢の瓜を取り、瓢箪舟を造り、安芸国厳島に渡ったともいう。
また、山頂近くの潜岩(こぐりいわ)の案内板に「別書にニニギの尊大土山に
天孫降臨し、神々を従え、出雲国に出立したとある。」と書かれているが、
栗原基氏の『新説日本の始まり』という本では、大土山の大土とはオオツツ
=大星=太陽の意味で、大土山周辺こそ太陽神アマテラスの都、高天原
に他ならないと主張しているという。」

318 :がいやまん:2006/02/11(土) 13:08:32
ニギ、ナギ、ネギなどというのはシャーマンの意味を持つのであろう。仮に
奴国のシャーマン王だとすれば、ナニギとなるが、母音調和でニニギとなる。
ニニギの出雲入りとは奴国王が出雲に入ったということか。
この前のスレ(書き込みトピックス)は
神武東征と関連する高地性集落
http://www.max.hi-ho.ne.jp/m-kat/nihon/5-6miya-kouti.htm
神武東征と瀬戸内海
http://hw001.gate01.com/sangatu/jinmu_setonaikai.htm



319 :がいやまん:2006/02/11(土) 13:15:18
倭面土国とは奴国が出雲に向かう頃に豊前から安芸の埃の宮を中心とする
地方に移動したということであろうか。結果的に言うと倭面土国の子孫らしい
神武は2代と続かず、出雲と結託した吉備・播磨系統が大和でのさばることに
なるようであるが。

320 :がいやまん:2006/02/11(土) 13:25:07
ニニギは天孫族にとっては想定外らしい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E5%AD%AB%E9%99%8D%E8%87%A8
出自はヨロヅハタトヨアキツシヒメというから、豊前・安芸方面に集結した多数の
秦系民族ということのようだ。

321 :日本@名無史さん:2006/02/11(土) 16:11:57



こうした研究成果から想像をたくましくすれば、同じ人種の海洋民が朝
鮮南部沿岸と対馬、西北九州一帯に住んでいたとも考えられます。実際これを
裏付けるかのように、韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が
発掘されたと、釜山大学・鹿児島大学の共同作業チームが報告しています。
http://www.han.org/a/half-moon/hm009.html

韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された




322 :日本@名無史さん:2006/02/11(土) 16:14:18


●従来の日韓同祖論


×朝鮮半島から弥生人がやって来て、日本の縄文人を征服して滅ぼした。


●日韓同祖論の真相


○弥生人は北方アジアから朝鮮半島を短期間で突き抜けて九州北部に
渡ってきた北方系の種族で、朝鮮半島には縄文人に似た土着の種族がいた。



323 :日本@名無史さん:2006/02/12(日) 14:14:54

↓満州やモンゴルなど北方アジア抜きで、アイヌ、琉球人、韓国人、中国人、
↓本土日本人、たった5つのサンプルだけで中国固有、韓国固有と抜かすmtDNAの低脳ぶりww



『 本州日本人 ミトコンドリアDNAのタイプ 』

(綜合研究大学院大学 宝来博士 分析)

 日本人固有のタイプ        4.8%
 韓国に多いタイプ        24.2%
 中国(台湾本省人)に多いタイプ 25.8%
 アイヌに多いタイプ        8.1%
 沖縄に多いタイプ        16.1%
 それ以外            21.0%

韓国人
韓国人固有のタイプ      40.6%、
沖縄に近いタイプ       17.4%

中国人
中国人固有のタイプ      60.6%

324 :日本@名無史さん:2006/02/12(日) 19:59:26
いや、中国系とも異なる、日本人のルーツはモンゴルだよ、
モンゴルの食生活(乳製品や肉主体)は、日本と全く異なるのに
その日本人と瓜二つの容姿に、モンゴルを訪れた人は驚くことが多いそうだ

>イラナさんは日本人によく似ている。
>モンゴル人の歯はシノドントだという事もハッキリ分かる。


>◇画像
>http://www.barks.jp/image/review/1000007080/news_photo1.jpg
>◇イラナインタビュー(動画)
>http://www.barks.jp/watch/?id=1000004207


325 :がいやまん:2006/02/13(月) 15:20:11
>>305 >>306
鉱山土木関係の技術集団が仰韶文化の時代にコーカサスからウラル・アルタイ
に到来、これが中国河南省方面に入る。時代は下って戦国末に万里の長城を建設
する頃、遼東から朝鮮半島を経由日本列島に入る。豊前香春からスタート出雲、伯耆、
吉備、播磨、大和、近江、尾張、三河、遠州、信州、武蔵、毛野、会津、福島、岩手へと
移動する。

326 :がいやまん:2006/02/13(月) 16:50:24
石柱、メンヒル、ステラ、ドルメン、トンカラリン、鬼が城、岩舟、高地性集落、
穴師という地名、磐座そして、諏訪、妙見、虚空蔵、
愛知県の天然記念物 : 高師小僧
http://www.geocities.jp/tyuou59/takasikozou.html
諏訪神社上社にある鉄鐸は「さなぎの鈴」と呼ばれ、6個1組で3組あり、神宝となっ
ています。厚さ約3ミリの鉄板をメガホン形に丸めてあり、高さ平均18cmです。
http://www.city.suwa.nagano.jp/scm/dat/nandemo/koumoku/0300/030213.htm
日本最古のくさり
http://www2.memenet.or.jp/kinugawa/hp/hp675.htm
八ヶ岳総合博物館 守矢史料館、尖石考古館
http://www.p-rg.com/8museum.html
さなぎ鈴
http://www.e-trip.info/chubu/bell.html
H14『山頂未公開出土品特別公開』第2部(夏)
http://www.futarasan.jp/cgi-bin/imgsys/image_c.cgi?146:313:0:2
秩父じょ和同開珎、東北の金山、鉄と実績を残すl


327 :がいやまん:2006/02/13(月) 16:54:22
こうした山岳土木、鉱山掘削関係は起源において大国主、スサノオと関係するので
各地に関連の神社が多いのであろう。鉱山と北極星は掘削の方向の関係であろうか。

328 :日本@名無史さん:2006/02/15(水) 21:22:17
>>324
モンゴルよりもう少し北東。

シルカ川、アルグン川付近。

モンゴル人の主力のハルハ族はこの辺りからモンゴルに南下した。

329 :日本@名無史さん:2006/03/05(日) 19:28:41
中国人、朝鮮人はなんだが
モンゴル人は素直に日本人に似てると思える

330 :日本@名無史さん:2006/03/08(水) 22:12:50
華北人の容貌は日本の弥生系にしてはあまりにも北方的な要素に欠け過ぎて
いて問題外だし、朝鮮人の容貌も日本の弥生系にしてはまだまだ北方的な
要素がもの足りない上に顔のニュアンスが違う。

モンゴル人は前2者よりははるかに弥生系に似ているが、似ていない人も
結構いる。

今のところ、弥生系はモンゴル人に近い北方アジア系の集団という事だけ。

331 :がいやまん:2006/03/09(木) 16:17:55
戦国末から三国時代にかけ弥生時代の列島に影響を与えたのは、原百済
とも言うべき非常に多種の流民の集合体であって、大まかには↓
---------------------------------------------------------------
|         | アルタイ語 |ツングース語| 中国語| トルコ語| アーリア語|
---------------------------------------------------------------
|モンゴロイド | 匈奴    |  フヨ     |  秦  | | |
-----------------------------------------------------------------
|コーカソイド | | | | 丁霊  |月氏・サカ族|
----------------------------------------------------------------
こんなものであり、列島にはいったともシャッフルは続いたんじゃないか。


332 :日本@名無史さん:2006/03/11(土) 00:45:22
新たなHLAルーツ探求レポートはないのかな?""""""""""

333 :日本@名無史さん:2006/03/11(土) 00:46:52
333

334 :がいやまん:2006/03/11(土) 09:19:29
匈奴というのは、匈奴崩れのような烏丸、烏桓、その前の東胡などで
これらに関連する地名は多いようだ。

335 :日本@名無史さん:2006/03/21(火) 18:59:31
中国に『山海経』という古文書がある。
山海経は、中国でもっとも古いとされる地理・博物書であるが、この書物の中に
義和国という国が登場する。

【山海経・義和国の話】
東海の外側に義和国という国がある。その国には女が住んでおり、名を義和(ぎか)という。
義和は今、太陽に水浴びをさせているところである。

古代日本の呼称である「倭国」が「和国」に改号される時、山海経に登場する義和国から、
『和』の字を借りて、和国にしたのかもしれない。
義和国を支配する義和という女神は、日本神話の天照大神にそっくりである。
義和も、天照大神と同じように太陽の女神なのだ。
山海経によると、義和国には扶桑という巨大な神木があり、扶桑の枝には十個の太陽がとまって
いるという。
そして、義和が十個の太陽を支配しているとされているのだ。
日本神話の天照大神の原型は、この義和なのかもしれない。

■『山海経』について■
http://www.hmt.toyama-u.ac.jp/chubun/ohno/sengai.htm


336 :日本@名無史さん:2006/03/23(木) 16:52:21

■弥生人中国説の容疑を厳しく追及するスレ■
1 :出土地不明 :2006/02/15(水) 22:30:31 ID:nevCGQAC

江南説にしろ華北説にしろ、弥生人が本当に中国から来たのなら、

何で当時の中国の主流だった灰釉陶や印文硬陶が伝わってないのかね?

最低でも何で粗悪な灰陶くらい伝わっていないのかね?

何で漢字の前身である金石文も伝わっていないのかね?

何で青銅貨などの金属貨幣くらい伝わっていないのかね?

何で木製車輪のような便利な良いものが伝わっていないのかね?

何で当時の中国で主流だった土とん墓が主流にならないのかね?

何で弥生文化は紅陶文化と支石墓文化なのかね?

これらは当時の朝鮮から満州にかけての文化ですよ。

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1140010231/

337 :日本@名無史さん:2006/04/03(月) 01:41:19
>イラナさんは日本人によく似ている。
>モンゴル人の歯はシノドントだという事もハッキリ分かる。


>◇画像
>http://www.barks.jp/image/review/1000007080/news_photo1.jpg
>◇イラナインタビュー(動画)
>http://www.barks.jp/watch/?id=1000004207



338 :日本@名無史さん:2006/04/03(月) 01:47:45
かわいいね!

339 :白馬青牛:2006/04/03(月) 02:30:09
>>337
イラナさんが、ホルチン(満洲蒙古族)部出身ということは、
満洲族の外戚ということで、ツングースにも近い。
容貌のなんとなく、モンゴル系の角ばった顔でなく、顎のラインが
すっきりとした満洲族系に近いとも思える。

340 :日本@名無史さん:2006/04/09(日) 04:07:51 ?
夏期休暇でアメリカに行った際の出来事。LAで信号待ちをしていると
気の良さそうな2人組のお兄さんが、「おまえは 日本人か?」と気さくに
聞いてきました。「そうだ」と答えると、「漢字のタトゥー (刺青)を
彫ったんだけど、どういう意味か教えろよ」と言われ差し出された腕を見ると
『誠・新選組』と彫ってありました。「日本で最も有名な最強・剣豪集団だよ」と伝えると
彼は満面の笑みを浮かべていました。続いてもう一人が腕を差し出すと
そこには『朝鮮』と大きく彫ってありました。「KOREAだよ」と教えてあげた後の
彼の悲しそうな顔が忘れられません。

341 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 14:25:47
>>337
ほんと日本人だ、眉が大きいところが
中国、朝鮮人は短い

342 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 04:58:15
>ユンソナさんは、日本人に、よく似ている。
>朝鮮人の歯は、シノドントだという事もハッキリ分かる。


>◇画像
>http://www.jpf.go.jp/jkxx/features/fea_korea_cul/hangul/yunsona/j_yunsona01.html

343 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 01:17:51
フォーーーー

344 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 12:23:25
ユンソナは整形だろがw

345 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 06:18:16
日本人も整形した奴ばっかだよW

346 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 06:32:26
>>345
当たり前だ、美容整形外科が

そこらじゅう街という街に溢れてる!

日本の場合は見つからないようにひそかに行く

韓国の場合はただオープンなだけで


日本も闇に整形大国であることが知られていない。

347 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 06:39:22
337美人
342ブス

348 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 15:39:00
普通にイラナさんの方が奇麗だし日本人に似ている。

342は黒いし、ビビンバーーーって顔しとる。

349 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 16:24:18
イラナさんは福岡に多い顔です。

350 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 11:38:55
弥生系朝鮮人のチェ・ジウさんは、弥生系日本人に、よく似ている。
朝鮮人の歯は、シノドントだという事もハッキリ分かる。

整形前の写真あり。


◇画像
http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/pstar/171000/170263.jpg

351 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 19:31:00
寄り目気味が似ていない。

352 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 05:41:50
モンゴルも朝鮮も中国も同じだし、どれも、キモイし、おぞましい。

関西人が、他の日本地域と異なる人種集団である以上は、
日本人とは別の人種であることは明らかなわけで。

関西人=渡来人ではない、
日本土着であり、モンゴルや朝鮮は関西人の支流であるという考え方もできますが、
発掘結果はそうではない。

日本人とは別の人種=ビビンバ・ニダー

それと関西人が現実問題、
縄文系の強い東国・九州・アイヌ・沖縄や、
白人・コーカソイドなどより人種的にかっこよければ無問題ですが、
細くて一重の目、頬が突き出て平べったい顔、絶壁頭などなど、はっきりいって醜い。
日本社会には不要な民族なのですよ。

必死になってモンゴルだと主張しても、日本には関西人=ブサイク・ビビンバ・ニダーは不要。

祖国モンゴルなり、朝鮮なり、中国なりに帰っていただきたい。

353 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 05:55:47
発狂してるの横浜人?

354 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 11:29:15
そいつはリアルビビンバw

355 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 17:02:56
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/go-go-emperor-01.htm
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/go-go-emperor-02.htm
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/go-go-emperor-03.htm
男系派の妄言完全論破
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/go-go-emperor-01.htm
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/go-go-emperor-02.htm
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/go-go-emperor-03.htm
男系派の妄言完全論破
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/go-go-emperor-01.htm
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/go-go-emperor-02.htm
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/go-go-emperor-03.htm
男系派の妄言完全論破
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/go-go-emperor-01.htm
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/go-go-emperor-02.htm
http://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/go-go-emperor-03.htm
男系派の妄言完全論破

356 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 20:09:11



こうした研究成果から想像をたくましくすれば、同じ人種の海洋民が朝
鮮南部沿岸と対馬、西北九州一帯に住んでいたとも考えられます。実際これを
裏付けるかのように、韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が
発掘されたと、釜山大学・鹿児島大学の共同作業チームが報告しています。
http://www.han.org/a/half-moon/hm009.html

韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された




357 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 20:10:28


●従来の日韓同祖論


×朝鮮半島から弥生人がやって来て、日本の縄文人を征服して滅ぼした。


●日韓同祖論の真相


○弥生人は北方アジアから朝鮮半島を短期間で突き抜けて九州北部に
渡ってきた北方系の種族で、朝鮮半島には縄文人に似た土着の種族がいた。



358 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 20:13:48
日本に来た渡来系は1種類だけである。

縄文人が日本を占拠していた時期に、北方アジアから朝鮮半島に
定着せずに短期間で突き抜けて渡来したもの。B52−DR2、
弥生人である。特徴として、扁平な頭蓋で北方モンゴロイドの特徴を持つ。

約15000年前、まだ朝鮮半島と陸続きであった頃に東海〜近畿地方辺りから
西日本一帯はもちろん、今の朝鮮半島まで広がっていた古モンゴロイドがいた。
B44−DR13である。顔の特徴は縄文人の頭蓋そのものである。
東海〜近畿地方あたりから発生し、東日本一帯や西日本一帯はもちろん、
朝鮮半島まで広がっていった。

現代朝鮮人は中央モンゴロイドと北方モンゴロイドの中間的な様相を
帯びており、西日本人は古モンゴロイドと北方モンゴロイドの中間的な様相
を帯びるが、関西周辺人だけ、ぶっちぎりでモンゴル人に近い。
モンゴル人を構成した複数の集団の中の一集団が、弥生時代前期中頃に朝鮮半島に
定着せずに九州北部に侵入し、のちに近畿付近に東遷した証拠である。

◎手掌紋D線3型出現率から求めたモンゴル人との距離

モンゴル 0以下
朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。ぶっちぎりでモンゴル人に近い。
中部 0.012←関西のとなりの濃尾平野はここ。
中国 0.035
九州 0.035
四国 0.038
東京 0.048←関東はここ。
東北 0.068←東北はここ。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118

359 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 20:15:07
日韓同祖論

亜種を含めたら数倍になる、朝鮮人の最多ハプロタイプ・B44−DR13は、
本州縄文人のHLAの1つである。

朝鮮人の最多ハプロタイプ・B44−DR13は、もともとは
本州縄文人のHLAで、約15000年以前に陸伝いで朝鮮半島まで
広がっており、本州縄文人は沖縄人やアイヌ人とは別系統である。
朝鮮人に縄文顔の人は、10人に2〜3人しかいなく、マイナー
な存在であるのは、朝鮮半島が日本列島と切り離された後、朝鮮半島の
古モンゴロイドが中央モンゴロイドに変化し、その上に数々の
北方モンゴロイドの種族や華北シニーデと濃厚に混成したからである。

「B44ーDR13」は関東で5,7%とさほど多くない。
韓国は5,1%で、北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
東海は10,7%と世界一頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。

日本人と朝鮮人は、本州にいた同一の古モンゴロイドから分かれている。

360 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 20:15:41
モンゴル系の子孫は、関西を中心にドーナツ状に分布しています。

◎手掌紋D線3型出現率から求めたモンゴル人との距離

モンゴル 0以下
満州族 0以下
ブリアート 0以下
ツングース 0以下
オロチョン 0以下
ダフール 0以下
エヴェンキ 0以下
ヤクート 0以下
朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。いうまでもなく、まんまモンゴル。
中部 0.012←平均的な甲信越を含みながら、この値は驚き!愛知県はモンゴル。
中国 0.035←日本文化の本流。平均的。
九州 0.035←日本文化の本流。平均的。
四国 0.038←日本文化の本流。平均的。
東京 0.048←日本文化の本流。名古屋〜大阪とは別世界。
東北 0.068←日本文化の本流。名古屋〜大阪とは別世界。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118
山口敏「日本人の顔と身体」より

361 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 20:31:47
B52−DR2は、韓国で1.4%、華北でも1〜2%ほど検出される。


<関西周辺+中国地方+北九州> は朝鮮半島よりやや少ない人口だが、
華北とは人口が全く違う。

華北の人口は<関西周辺+中国地方+北九州>と比べてかなり多い。

従って、B52−DR2の人口は華北にはかなりいるが、やはり%が優先される。

華北で漢代の渡来系弥生人骨に似た骨が見つかっているがやはり別種であろう。

また、朝鮮半島で満州人による高句麗=高麗の建国などがあって、朝鮮半島・華北
などでは満州人との混血が起こっているが、西日本人の14%という頻度から
考えても、もとの朝鮮半島・華北人が9割も入れ替わったとは到底考えられない。


弥生系日本人≠朝鮮人≠華北人


関西周辺・中国地方・北九州や、
朝鮮半島・華北での
B52−DR2の%がやはり全てである。

つまり、弥生系日本人・朝鮮人・華北人は、わずかながら同じ血も持つが別の民族である。


弥生系日本人の顔面は扁平で頬骨が出ず、つり上がらない切れ長の一重瞼の目を持つ。
朝鮮人は弥生系よりも扁平さが弱いが頬骨が出ていて、目がやや小さくつり上がり気味。
華北人は弥生系よりも扁平さが弱いが頬骨が出ず、エラが張り、目が二重瞼でつり上がっている。

362 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 02:27:22
ここはコピペキチガイが暴れてるだけのスレと思って良いのかな?

363 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 16:05:56
hlaの進展ないか

364 :日本@名無史さん:2006/05/05(金) 01:26:45
あるにはある

365 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 14:58:20
日本人と朝鮮人の見分け方



※1
絶壁頭=短頭=朝鮮人

短髪・丸刈り頭にした時や、髪をゴムでまとめた時などに、
頭を横から見ると、
頭の前後の長さが上下間で、ほぼ同じで、
頭の後ろが、上下間で、ほぼ垂直に一直線になる。


非絶壁頭=長頭・長頭に近い中頭=日本人

短髪・丸刈り頭にした時や、髪をゴムでまとめた時などに、
頭を横から見ると、頭の後ろが、
「つ」の字形になる。



※2
短頭=頭が左右に長く、前後に短い。頭を上から見ると正方形・正方形に近い・左右に長い長方形のどれかになる。=朝鮮人
長頭=頭が左右に短く、前後に長い。頭を上から見ると前後に長い長方形。=日本人
中頭=短頭と長頭の中間=日本人

366 :↑馬鹿:2006/05/13(土) 15:31:20
朝鮮人は形質的に日本人と最もよく似た民族である。同じく黄色人種(モンゴロ
イド)に属し、皮膚は黄色、毛および瞳(ひとみ)は暗色で、特有な偏平な顔と、
ひいでた頬(ほお)骨と、あまり高くない鼻の持主で、蒙古皺襞(しゅうへき)
のために、つり上がったような目を有するものが多い。身長は大部分が世界諸
民族のうちでの中の下を示し、小部分が中に入る。そこで大部分が中の下、
小部分が小の身長の日本人よりも、大きいことになる。頭部は大部分が短頭、
小部分が超短頭に属する。日本人は大部分が短頭、小部分が中頭であるから、
朝鮮人のほうが短頭の程度が強いということになる。頭高は、世界中で最も高頭
の部に入る。頭が前後に短くて高いために、後頭部の円味をかき、横から見れば
偏平なのが多く、また他の周辺民族よりも頭の左右にゆがみのあるものの出現率
が高い。頭髪はモンゴロイド共通の性質として、かたく真直である。朝鮮人の
頭髪以外の体の発毛状態ことにあごひげと口ひげや陰毛は、日本人と比較すれば
一般にうすく、アポクリン腺の発達が不良なので、腋臭(わきが)は日本人より
も少ないとされる。

367 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 22:04:19
西日本はモンゴル系、東日本は朝鮮(高句麗)系

368 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 03:12:37
色んな民族入ってきても
なんとなく団結しちゃうんだね。
時間かければ。

つーか日本大地の魔の結果?

369 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 08:04:47
東日本は縄文系だろ。
関東にはジャニーズ系が多いが、京都や奈良は公家顔ばかりだ。

370 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 08:12:39
>>369

遺伝子や形質レベルでも、機内人の特徴は突出して特殊だ。
関東や東北関西は比較的近い。

371 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 08:38:00
>>369 関東はジャニーズ系 関西はお笑い系
名古屋は石原軍団系 東北はたけし軍団系

372 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 10:18:19
東日本に縄文系の遺跡が多く出土する事は有名。



373 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 11:34:41
常識ネタ。

漢民族は雑多な民族の混血の結果できあがったもの。というよりも、混血が起こらなくても「中華」
の仲間入りをすれば、すなわち漢民族。

ゆえに、東西南北で基層の文化が違えば、遺伝子レベルでも大きく異なるのは之常識。
長江以北と以南とでは「固有の」遺伝子が異なるらしく、中国人に共通の(あるいは固有の)遺伝子を
見つけるのは難しい。

中国人の遺伝子を詳しく調査する場合には、例えば省レベルでDNA検査しなければならない。
そうすれば、中国の何省人に固有の遺伝子は、日本の何県人の中にどれだけの割合で見られる、
というのがわかるでしょ。

それをしなければ無理なのです。中国は広すぎるから。

374 :南京大虐殺の首謀者:2006/05/15(月) 12:33:20

南京城攻略の折、降伏した中国兵数千人を城壁の傍らに立たせておき銃剣にて全員を刺殺した時の司令官は
昭和天皇の叔父で天皇に顔がそっくりの朝香の宮と言う奴だ。
南京大虐殺は天皇家の命令で行われたことは明らかだね。
そうやって在日である天皇家は、日本の名誉を著しく傷付けるような指導を日本国民に対してして来た訳だ。
そんな天皇制にしがみ付いている奴はバカか狂人かのどっちかだね。

あるリベラルな知識人が二十年ほど前に、先の戦争は国民にも責任があると言ったことをヒントに、
天皇には責任が無いみたいなズレたことを言い出した右翼がいるが、
国民主権国家となってから、その天皇制を廃棄しないでいたことは今度は本当に国民の責任である。


http://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/data/nangjin/index.htm


375 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 15:53:43
金偏ついた人は朝鮮人の末裔w
金、鈴www


376 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 19:15:34
★★ 朝鮮人は、古代日本に移住していない ★★

朝鮮人は、古代のカラ半島南部にあった、志良岐・任那・久多良は 朝鮮人の国だったと
信じ込み、
「半島の国々から、古代日本に多くの朝鮮人が移住し、半島や大陸の輝かしい先進文化を伝えた」
と、主張する。
だが、こういった説は妄想に基づく妄言である。 朝鮮人が古代日本に移住したという事実はない。
日本列島にもカラ半島南部にも、紀元前から、長江以南の越地方から多くの越人(倭人) が移住しており、
日本列島とカラ半島南部の倭人は、紀元前から日常的に交流していたのだ。
つまり、『同一の文化』を共有していた。だから、古代ヤマトとカラ半島南部で、文化水準のレベルに差があった、
などということはありえない。古代においては、日本列島もカラ半島南部も『倭人の世界』だったのであり、
同じ倭人どうしが交流していたのだ。朝鮮人は、古代日本とは何の関係もないのである。
朝鮮人は、韓人(カラビト=倭人)ではない。
朝鮮民族の先祖として、もっとも可能性が高いのは、穢(ワイ)族である。
このワイ族は、古代カラ半島北部にあった中国の自治領=帯方郡の東部地方・ワイ郷(現在のソウルの東方地域)に
住んでいた少数部族であるが、高句麗が楽浪郡=帯方郡を滅ぼした313〜314年頃に難民となって南下し、
日本領=シラキに移住したのである。後に、高句麗と手を組んで稲飯命の子孫である志良岐王族を虐殺し、
王権を簒奪して志良岐を乗っ取った金奈勿(キン・ナブツ)も、ワイ族であった。
高句麗に追われて難民化したワイ族を、志良岐王家が保護しシラキ居住を許可した、その恩を忘れ、
「恩をアダで返す」行為をしたわけである。ワイ族のワイ(穢)には、「汚い」「ケガレている」という意味がある。
彼らは、楽浪=帯方郡を支配していた中国人から、そのように名付けられた部族なのである。
この事実を見ても、ワイ人(朝鮮人)が中国人からいかに嫌われていたかが分かるであろう。
朝鮮民族は、けして韓人(カラビト)ではない。 もちろん、倭人=日本人でもない。



377 :日本@名無史さん:2006/05/17(水) 19:50:06
関東武士は長頭で、その後頭部つまり後頭葉は視覚を司る部分らしい。
空間把握能力に長けていた結果、弓や射撃の名人、騎馬や剣術の達人が多かった。
弓の達人といえば那須与一、剣術の達人といえば新選組の局長・組長クラスが有名だな。
長頭の白人や狩猟民族アイヌは武勇に優れていた。

短頭の民族(アジア系)は車の運転が下手として知られてる。
ハリウッド映画ではアジア女性の運転下手は揶揄されてる。
白人女性は運転はへただが、とくにアジア系女性は輪をかけて酷いらしい。
これは女の脳が空間把握する部分が足りないためだ。

アジアの農耕民族は、狩猟を必要としなかったために短頭化が促進され
白人は狩猟民族が長かったために視覚を司る後頭葉の拡大がすすんだ。
短頭のスラブ民族(スキタイ人)も農耕民族である。

つまり短頭の朝鮮人や関西人は車の運転がへた。


何時だったか鎌倉時代の人骨が鎌倉から大量に掘り出されたが、ほとんど縄文人と区別つかなかったそうだ。
つまり、14世紀になっても関東の大部分は、まだ縄文人の系統が、マジョリティーだった。
関東の武士団は、土着の地方豪族たちで、土着の地方豪族たちは、土着の農民たちを兵としていたから、関東武士の骨が、縄文人の骨と区別が、つきがたいほど似ていた、
ということは彼らが居住していたであろう関東は、14世紀になっても縄文人系が多かった。

関東人は長頭、朝鮮人は短頭。
とくに鎌倉から発見された頭骨900体あまりは白人並に長頭。

鎌倉市材木座の八幡宮参道沿いで、一の鳥居のすぐ東隣から、
鎌倉時代の関東武士と推定される人骨が、1953年から1956年にわたる三回の発掘によって、少なくとも910体も発見された。

しかし、北部九州や畿内や山陰の古墳に埋葬されてる骨の多くは、短頭から中頭。それは何故か解るだろ?
朝鮮半島や中国からの渡来人だからさ。

378 :日本@名無史さん:2006/05/17(水) 19:50:42
日本人と朝鮮人の見分け方



※1
絶壁頭=短頭=朝鮮人

短髪・丸刈り頭にした時や、髪をゴムでまとめた時などに、
頭を横から見ると、
頭の前後の長さが上下間で、ほぼ同じで、
頭の後ろが、上下間で、ほぼ垂直に一直線になる。
頭を横から見ると、「□」形になる。
前←□→後ろ


非絶壁頭=長頭・長頭に近い中頭=日本人

短髪・丸刈り頭にした時や、髪をゴムでまとめた時などに、
頭を横から見ると、頭の後ろが、「つ」の字形になる。
前←つ→後ろ



※2
短頭=頭が左右に長く、前後に短い。頭を上から見ると正方形・正方形に近い・左右に長い長方形のどれかになる。=朝鮮人
長頭=頭が左右に短く、前後に長い。頭を上から見ると前後に長い長方形。=日本人
中頭=短頭と長頭の中間=日本人

379 :日本@名無史さん:2006/05/17(水) 19:52:35
うざい、デメキンデッパ長等の東日本サムライ!
地味顔は黙ってろ!


380 :日本@名無史さん:2006/05/17(水) 19:53:38
どう考えても中国が世界の王になるよ。あと30年かからんだろう。
世界史上何度も何度も隆盛を繰り返せるのは中国だけ(必ずしも中華民族に限らない、あの地域にできる国がということ)。
多くの地域・民族が有史上1度は世界トップレベルになれるが、世界最高レベルの隆盛を何度も繰り返せるのは中国だけ。

ローマ帝国しかり、オスマントルコしかり、古代エジプトしかり、ソビエト連邦しかり、モンゴル帝国しかり、
アッバース朝しかり、大英帝国しかり、大航海時代のスペインしかり、こないだまでの日本しかり、ね。
このことは世界史上最大の謎といわれています。なぜ1度だけか?なぜ中国だけ例外なのか?
ちなみに日本史上最大の謎は、@あの天皇一家がなんで延々滅びもせず続いてきたかというのと、
A鎌倉時代になぜ新興宗教が一気に勃興したかの2点だそうです。

・・・中国が再び世界のトップになるのは歴史の必然です。おかしいことでもなんでもない。
日本が再びJAPANアズNO1になるのが希望薄なのも、同様に煽りぬきで歴史の宿命です。別に悪あがきもいいけどw
石原慎太郎とかって歴史に詳しいらしいけど、アホだよね。こういうダイナミックな長期の視点を知らずに、
わずかここ100年かそこらの短絡で中国を見下してる真性アフォ。
日本がここ100年だけ特に勃興した事がむしろ「異常事態」であって、中国中心できたアジアの歴史的な秩序を壊し、
この100年間の各種不幸や軋轢を招いているという見方の方がむしろ真をついているんです。
日本はたった一度の機会を使い切ってしまったorz アーメン†〜

※GDP世界2位は、既に日本ではなく中国です。
米CIAの各国経済力ランキングも、購買力平価GDPの方を採用しており、中国が2位。一方日本は3位で半分。
http://www.cia.gov/cia/publications/factbook/rankorder/2001rank.html  (内容は2005年の最新数値)
ページトップに「GDP」と明記されているのに注目。(purchasing power parity 購買力平価PPP)
今どき名目GDPの方を拝んでいるのは、日本ぐらいです。アメリカと欧州は購買力平価GDPが基準です。(wikipediaのGDPも参照)
数百年のスパンで大隆盛と、それがゆえの沈降・混乱期を繰り返す中国が、再び隆盛の時期に入ってきましたにょ。

381 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 21:12:10
つうか、簡単な話だろ。
まず縄文系(関東東北北海道の起源)が日本中にいて中心地が出雲だった。
九州北部から朝鮮人(弥生系)が入ってきた。
日本人は九州南部と東に逃げた。
朝鮮人は更に東に拡大。出雲にあった縄文系の中心地はそのまま残したが支配権奪った。
東海まで更に侵攻。首都は関西に置いた。
関東東北はその後一応侵攻したけど、首都から離れるのが嫌であまり移住しなかった。

これだけの話だろ。だから関西や九州北部、名古屋近辺はチョソ臭いんだろ。

382 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 01:44:53
>>381
出雲は、出土品(朝鮮の品そのもの)から朝鮮渡来系のメッカであることは間違いない

383 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 01:48:12
>>381
いい加減な工作はやめれって。
昨今の考古学の調査でそういう50年前の
妄想は全部崩壊してるんだから。


384 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 01:52:09
弥生期、古墳期と出雲古浦は渡来系のピークを指し
古墳期の東北関東人は近畿以上の
眼底の突出がみられる。
つまり、デメキン、出っ歯。。

古墳時代の蝦夷はすでにデメキン、出っ歯
名前もすでに朝鮮系のものが山積
4世紀には東歌も確立

385 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 02:03:42
五十猛、五十鈴、尼子亀井、
タカムスビノカミ、スサノオ、スクナヒコナ、トキワ
全部朝鮮とつながりがあるのが出雲

386 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 02:05:43
天子亀井、金偏の人、鈴、出雲は本州の朝鮮の窓口

387 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 23:15:36
>西日本はモンゴル系、東日本は朝鮮(高句麗)系

同意です。新潟〜東京間を、車で走ったことがあるんだけど
日本海側から人が入ってきていると、つくづく感じる。
日本海側の方が古くからあるような村で、大きい村
関東の村の方が新しそうで発展してない、土地も農業に適してなさそう
北朝鮮の拉致もある地域だし、なおさらそう思いますね

388 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 23:22:53
東日本日本海は金氏、粛慎なる書体不明の
ツングースで
高麗、朝鮮と接点があるんです。

445 :天之御名無主 :2006/05/20(土) 21:14:29
新羅ヒボコがつれてきた一族という説も有力ですよ。
(というかほぼ確定だとおもうが)
阿部自体天孫氏族だし。。。w
いや氏族自体が天孫系しかいねぇけどね


446 :天之御名無主 :2006/05/20(土) 21:24:01
http://ja.wikipedia.org/wiki/阿倍比羅夫
http://ja.wikipedia.org/wiki/粛慎
要するに沿海州のツングース系と
ヒボコがつれてきた金氏系ですよん。

389 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 00:55:23
鎌倉・由比が浜で見つかった、多数のサムライの頭骨を調べたら
長頭で彫りが深かったそうだ。


ブレイス博士の武士=縄文系の視点はなかなか興味深いものです。
鎌倉時代に由比ガ浜だったですか、戦死した大量のサムライの骨が出てきて
学者が調べると、現代日本人と頭骨が著しく異なることがわかりました。
つまり、現代人が中頭〜短頭なのに、これらの武士は長頭だったのです。
いままで、日本人の小進化だと思ってましたが、これが縄文系だとすると
合点がいきます。

武士道とは弓馬の道で、弓の技術が尊ばれ、刀が武士の命となったのは、江戸時代
でした。弓といえばアイヌが弓の名手として有名です。

幕末から明治にかけて来日した欧米人が日本人には2種類の人々がいて、武士階級
は名誉を重んじ、威風堂々として礼儀正しい人々だと書き残している。
また、一般の人々とは容姿も異なり、武士は背が高く、中高の精悍な顔をしている
と言っている。
絵巻物を見ても騎馬武者と兵卒では容姿が異なっている。

縄文人が、実は武士団に血統を色濃く残していたと
考えると、ブレイス博士の言ってることは、新鮮で興味深い。

390 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 01:54:07
>>389
縄文人は背が低い
沖縄も日本で一番背が低い

391 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 18:19:44

■弥生人中国説の容疑を厳しく追及するスレ■
1 :出土地不明 :2006/02/15(水) 22:30:31 ID:nevCGQAC

江南説にしろ華北説にしろ、弥生人が本当に中国から来たのなら、

何で当時の中国の主流だった灰釉陶や印文硬陶が伝わってないのかね?

最低でも何で粗悪な灰陶くらい伝わっていないのかね?

何で漢字の前身である金石文も伝わっていないのかね?

何で青銅貨などの金属貨幣くらい伝わっていないのかね?

何で木製車輪のような便利な良いものが伝わっていないのかね?

何で当時の中国で主流だった土とん墓が主流にならないのかね?

何で弥生文化は紅陶文化と支石墓文化なのかね?

これらは当時の朝鮮から満州にかけての文化ですよ。

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1140010231/

392 :日本@名無史さん:2006/06/07(水) 03:17:13
モンゴ

393 :日本@名無史さん:2006/06/07(水) 16:36:21
>>380
収→死→放→乱→収→死

今の中国は乱から収へそして死への移行期だから、もうすぐ政権が傾くでしょう。

394 :日本@名無史さん:2006/06/07(水) 18:56:48
(゚∀゚)アヒャ

395 :日本@名無史さん:2006/06/07(水) 22:00:32
>>393
実はこれ、中国の歴代政権が必ず辿った道なのです。
文化大革命で「収」その後「死」に至って、改革開放の「放」、
拝金主義・汚職が蔓延の「乱」、そして慌てて事態の収拾に
乗り出しつつある「収」、その後体制の崩壊「死」が訪れる、
かもね。中国は、大体このパターンを辿っている。

396 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 12:25:08
22 記入なし (06/05/20 23:53)  xgIeR06dvY P
>>19
いっても無駄無駄。
ケガレがどうのこうのいってるやつは、
スレの話題をそらす為に必死なんだから(爆
放置した方がいいよ。
それより、その有名なブログのURL教えてよ。
>>21だけ?


言おうとしてることは、分からんでもないが、
それ以前に、こいつは神の道に無知のような気がする。

http://020.gamushara.net/bbs/giron/html/miyazu_kiyomejio1.html

397 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 08:17:20
どうでもええわ

398 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 09:52:20

なんで中国灰陶や印紋陶の技術が伝わらずに、北方アジアの紅陶無文土器
の技術が伝わっているのかね?

なんで土トン墓が伝わらずに、満鮮文化の支石墓が伝わっているのかね?

なんで中国青銅器の定番である原始漢字の金文が伝わっていないのかね?

なんで中国青銅器の饕餮文、龍文、鳳凰文、雷文などの文様の一つさえ
伝わっていないのかね?

なんで鼎や鬲などの中国土器や中国青銅器を代表する三足器形さえ
伝わっていないのかね?


399 :日本@名無史さん:2006/06/29(木) 20:48:33
「 土地は湿地多く、虫けらどもの群がり生じ、瘴気のたちこめた風土。蛙と亀は穴を
 共にし、人と鳥は群れを同じくしておる。ざんばら髪の君には長者の相なく、
 入墨(いれずみ)の民は貧相な体つき呉人の亡者、建康(今の南京)に住まいし、
 ちっぽけな冠帽に、ちんちくりんの着物。おのれを阿イ農{人ベンに農}(おいら)と言
 ふた言めには阿(お)、お{返事などの時}の連発。菰(まこも)の芽と稗(ひえ)が
 代用飯、茶が飲物代わり。じゅんさいの羹(あつもの)をガブガブ、蟹の黄(こ)を
 クチャクチャ。手には豆寇{共にクサかんむり}(ずく)をつかみ、口にはビンロウを噛
 む。中州のところで、魚に網うち、すっぽん掬い、菱の実、蓮の根にかじりつき、
 鶏頭(みずふき)フキを採り歩いて、蛙やアサリの吸い物のご馳走。        」

* 六世紀に書かれた「洛陽伽藍記」より *

華北出身の楊元慎が、江南出身の高官張景仁を批判した言葉です、
まるで現在の日本人が、批判されてる様な気に成りませんか、どれも美味そう!


400 :日本@名無史さん:2006/07/05(水) 00:04:03
ふらふら

401 :日本@名無史さん:2006/07/05(水) 19:51:17
396 :日本@名無史さん :2006/06/08(木) 12:25:08
           +
397 :日本@名無史さん :2006/06/28(水) 08:17:20

採取

402 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 00:16:29
ん?

403 :日本@名無史さん:2006/07/22(土) 18:00:10


404 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 23:01:04
南方人チャンコロの誘導スレである事が判明

405 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 01:38:57
その理由を述べよ

406 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 21:57:54
吉野ヶ里墳丘墓のルーツはどこなのか。中国・長江下流域の江南に多く見かけられる
土?墓(どとんぼ)(B.C.800〜500)ではないかといわれている。(中略)
同じく「土?墓が墳丘墓の源流ではないか」という樋口隆康氏(参考文献5)が江南の
土?墓について書いている。少し長いが紹介したい。[江南の土?墓とは盛土墳で、
地上に埋葬したものである。中原の殷・周時代の墳墓は地下深く抗を掘って埋葬してあり、
墳丘を持たないのが通例である。墳丘は秦代以降に出現したとされるので、江南の土?墓
は中国における墳丘初現の例になるかもしれない]。「この土?墓は長江下流、特に
江蘇省南部の太湖周辺から浙江省杭州や安徽省屯渓までに分布している。すなわち呉越の地
である。丘陵から平野にかけて径15〜30m、高さ2〜3mほどの大小の塚が群在している」。
「この土?墓の盛土は版築ではなく一つの土?墓の中に数個の埋葬がなされている。それらは
地面に礫石を敷いたり、紅焼土を詰めたりして棺床としている。石を遺体のまわりに並べて
囲ったり、あるいは石室を築いたりしている。その石室も竪穴式と横穴式のタイプがある。
これらの土?墓はだいたい西周時代から春秋時代にかけてのものである」。「この墓から出土
する遺物は、印文硬陶と原始施釉陶が大半であり、また青銅器も出るが、中原の文物とは
異なった図文をもっており、銅剣は身柄一鋳のものである」。
http://www2.saganet.ne.jp/niesu/zyofuku/dotonbo.htm

407 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 21:58:34
>この墓から出土する遺物は、印文硬陶と原始施釉陶が大半であり、





印文硬陶と原始施釉陶が伝わっていない事には一切触れない低脳学者のすっとぼけぶり(嘲笑)





408 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 22:11:37
     ↑
9cmのチョン半島 火病中 凶暴に付き注意

409 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 22:15:42

実はコイツが江南誘致の南方人チャンコロ(大爆笑)

410 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 22:37:08
【DNA】西日本は中国系で東日本は半島系か2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1122557343/
 渡 来 系 は 数 種 存 在 し た 
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1133544342/
帰化人か渡来人か
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1033255236/


おまえ火病だろ

411 :日本@名無史さん:2006/08/12(土) 22:42:08
火病はチンポ貼りのおまえの方だろがw

この変態チャンコロがw

412 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 17:51:14
抗原の北方型の分布は
朝鮮100% 鹿児島90 新潟68 北海道(非アイヌ)68 東京67 茨城64 栃木61 秋田45

分離型耳垂(いわゆる福耳)の出現率は
朝鮮32.6% 山口36.9 青森63.3 山形70.5 新潟72.8 奄美諸島77.2 アイヌ96.2

413 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 18:33:37
>>412 妄想分布図WWW


適当な数値で表すなつーの!


ソース付けて示せ!

414 ::2006/08/20(日) 18:35:00
薩摩w

415 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 19:04:34
412は朝鮮人との混成度を示しているのではなく、
単に北方から拡散したツンギーデ(北方蒙古人種)との
混成度を示しているだけに過ぎない。

ゆえに、北方から朝鮮半島を抜けて日本に定着したツンギーデと
朝鮮半島に定着したツンギーデの種族の違いまでは表していないし、
その違いまで表せる精度が形質人類学には無い。

416 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 13:22:06
鹿児島に住んでるが、縄文顔多杉。
西郷隆盛なんて典型的な縄文顔だしな。

多分熊襲や隼人が、半島から来た北九州在住の渡来人を、
東に追いやったんだろう。
だから北九州も弥生顔の特徴が今では薄い。

417 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 13:47:14
西郷さんの顔って、色んなのがあるから、どれが本物なのか分からないやw

418 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 14:24:22
ボンさんが描いた薄顔が本物。

419 :日本@名無史さん:2006/10/05(木) 19:42:41
325 名前:名無しって何ですか?:2005/12/27(火) 07:14:19 ID:YevwbuuZ
         ________   
       /:.'`::::\/:::::\   
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ
     |::〉   ●"    ●" |  
   (⌒ヽ             |) ←セロイwwwwww
    ( __     ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /   
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

         竹石 圭佑
      (1986〜 愛知県名古屋市)

在日中国人の両親を持つ為か、日本語のアクセントがおかしい時が多々ある。
小学生の時に万引きで補導されたらしく、その頃から既に歪んだ性格であった考えられる。

中学・高校時代…意中の女子には露骨にちょっかいを出して気を引こうとし、また、その時の言動は挙動不審で相手に好意があることがミエミエな為、非常に痛々しい。
でしゃばりで、なぜか偉そうな態度をとっていたが、不良学生相手にはビクビクしながら機嫌をとっていたという不可解な面も併せ持つ。
また特に自分より力の弱い女性教員や女子生徒等を格好の的としていたので、その様な人間には異常に高圧的な態度をとり、馬鹿にし、いつも幼稚な悪口や悪質な嫌がらせを考えて楽しんでいた。

相当な目立ちたがり屋で「地球は自分を中心に回ってる」という性格。しかし、何の能力・才能の欠片もなく、ヘラヘラしていただけなので精神が不安定だったとも考えられる。あだ名はダメ石(何をやってもダメなくせに口八丁なので)→デメ石(非常に出目金に似た顔なので)。

愛知県の底辺の大学に通ってるが、名古屋大学医学部を目指しているらしく、医学生になった自分を日々妄想している。
余談だが、KAT-TUNの田中聖をライバル視しているらしい。

※注 これは自分の知っている範囲の竹石圭佑の情報であり、全てではないと思われ。

420 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 22:11:54
北方アジアは一切抜きの偏向調査で作為的に中国・朝鮮に誘致していた
スットボケ遺伝学者(嘲笑)


宝来センセイによると、韓国や中国にはそれぞれドミナントなミトコンドリアDNAがあるのに、
日本本土では、とくにドミナントなものがない。つまり系統的にさまざまな人たちから成り立って
いるのである。また、これまで、大陸から渡来した弥生人によって分断され、北に追いやられたのが
アイヌ、南に追いやられたのが琉球人といわれてきた。しかし、アイヌと琉球は少なくとも1万2000年
以上まえに分岐しており、紀元前3世紀以降に渡来してきた弥生人によって分断されたんではないという。
1万2000年前にそれぞれ日本に住み着いたアイヌと琉球人。そこへ紀元前3世紀以降になって渡来し、
稲作をはじめた中国・朝鮮系の人びと。こうした人たちの子孫がわたしたちなのだ。
それにしても紀元前3世紀以降の大陸からの渡来って、それ、秦の始皇帝のころの、徐福たちじゃない?
http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm
http://youtube.com/watch?v=iRD3k2j9BeA

421 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 22:12:29


まーだ宝来mtDNAデータのトリックと欠陥が分からない脳弱が
いるようなので、簡単に説明しておくと、

朝鮮半島も中国大陸も、古代より北方アジア人の侵入定着が絶え間ない
地域であったのにもかかわらず、宝来mtDNAデータには北方アジア人に
関するタイプのデータが一切出てこない。

しかも、調査サンプルに北方アジア人のサンプルが一つも入っていない。

つまり、宝来mtDNAデータは北方アジア抜きの偏向調査で出された
偏向データなのであって、ただひたすら中国や朝鮮からやって来たと
錯覚させるだけの極めて悪質な欠陥データに過ぎないのである。



422 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 18:11:16
age

423 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 18:37:35

157 :夢見る名無しさん :2006/07/10(月) 22:53:34 O
時々目にする「竹石圭佑」という奴をまとめてみました…

@両親が在日(中国人)。名古屋在中?
A顔が出目金or宇宙人そっくり。
B新成人だが、知能が小学生程度(理由は下記の事項より)。
C「自分より力の弱い」女子生徒や女子教師をイジメの格好の的としていた。
D意中の女子には例外なく「ちょっかい」を出して気を引こうとしていた。
E万引きで数回捕まり、長期停学を検討していた(らしい)校長や他職員に大声で泣きながら謝罪。廊下まで泣き声が響いたらしい。
F自分は一般人とは違うと思っており、異常なほどの目立ちたがり屋で注目される為なら何でもする。
Gあまりにも女子に相手にされないことから気が触れ(?)、後輩や仲の良い男子生徒にも手を出す。噂だが注意が必要。
…ちなみにこれらは竹石圭佑の一部にすぎないらしく、
詳しく知りたいならば本人に直接聞くのが一番手っ取り早いそうです。

424 :日本@名無史さん:2006/11/18(土) 21:19:52
   

425 :日本@名無史さん:2006/11/18(土) 21:52:33
安倍首相やササエアジア局長のような容貌は特亜には居ないだろうな。

 APECの面々を見ていても日本人と特亜人の違いが分かる。


426 :日本@名無史さん:2006/11/22(水) 20:07:05
age

427 :日本@名無史さん:2006/11/22(水) 20:07:42
age

428 :日本@名無史さん:2006/11/22(水) 20:08:17
age

429 :日本@名無史さん:2006/11/22(水) 20:12:16
age

430 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 16:48:40
age

431 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 16:49:14
age

432 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 16:50:01
age

433 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 16:50:40
age

434 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 16:51:12
age

435 :日本@名無史さん:2006/11/24(金) 16:12:35
age

436 :日本@名無史さん:2006/12/05(火) 22:19:29


437 :日本@名無史さん:2006/12/09(土) 01:16:54
江南説にしろ華北説にしろ、弥生人が本当に中国から来たのなら、

何で印文陶や灰釉陶を含めた中国灰陶の技術が全く伝わっていないのかね?

何で中国青銅器に見られる篆書などの原始漢字の金文が一字も伝わっていないのかね?

何で中国青銅器に見られる饕餮文、龍文、鳳凰文、雷文などの文様の一つさえ伝わっていないのかね?

何で中国土器や中国青銅器を代表する鼎や鬲などの三足器形さえ伝わっていないのかね?

その他、酒器も玉器も楽器も龍信仰も亀卜も何も伝わっていない。

渡海すると記憶喪失になって故郷の文化は全て忘れてしまうのかね?

何で弥生文化は朝鮮無文土器が影響した弥生土器と細型青銅武器と支石墓なのかね?

これらは当時の満州を中心とした北方アジアから朝鮮半島にかけての文化ですよ。

■弥生人中国説を瞬殺&再起不能するスレ■
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/geo/1163847728/l50

438 :日本@名無史さん:2007/01/03(水) 21:58:20
age

166 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)