5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

あと秀吉が20年生きてたら

1 :徳川家定:2006/01/14(土) 08:22:08
あと秀吉が20年生きてたら大阪が今の東京都みたいな所
だったかもしれない

2 :徳川家定:2006/01/14(土) 08:26:26
それとも京都が都市になってたのかな・・・

3 :日本@名無史さん:2006/01/14(土) 08:49:33
三菱商事が存在しなかったろうね

4 :日本@名無史さん:2006/01/14(土) 08:53:54
明の報復攻撃を受けて北九州が一時的に保障占領される。

5 :日本@名無史さん:2006/01/14(土) 09:37:31
淀の浮気がばれて淀が粛清。豊臣安泰。家康目無し。めでたしめでたし

6 :日本@名無史さん:2006/01/14(土) 17:23:09
家康没後徳川家が改易。

豊臣家に対抗できる勢力は無くなり、豊臣政権は磐石。

7 :日本@名無史さん:2006/01/14(土) 23:05:30
淀を粛清したら豊臣に跡取りいないじゃん
秀頼はしぶしぶ認知したままにしとくか?
それとも小早川秀秋に継がせるか?w

8 :日本@名無史さん:2006/01/21(土) 00:41:25
秀頼がねぇ

9 :日本@名無史さん:2006/01/21(土) 00:52:01
磐石って・・・
200万〜300万石クラスがごろごろしてる
不安定連邦制じゃん

10 :日本@名無史さん:2006/01/21(土) 23:28:04
>>9
200万〜300万石クラスがごろごろって
徳川と毛利の他はどこ?

11 :熊本鎮台の種田政明司令官の愛妾:2006/01/22(日) 23:04:43
>>9
アフォ!もっと勉強頼むゼ!
だから徳川潰せば、磐石だろうがヨ!
毛利には小早川秀秋がいるし・・・・



12 :日本@名無史さん:2006/01/23(月) 00:36:21
>>4
万暦帝の明にそんな覇気はないでしょ。適当な所で手打ち。

13 :日本@名無史さん:2006/01/26(木) 12:37:22
徳川 240万石
毛利 120万石
上杉 120万石
前田 85万石
伊達 58万石
宇喜田 57万石


14 :日本@名無史さん:2006/01/26(木) 13:35:38
いろいろあって前田が天下取るよ

15 :日本@名無史さん:2006/01/26(木) 17:59:09
第三次朝鮮出兵

16 :日本@名無史さん:2006/01/26(木) 18:06:06
淀君の浮気がばれて打ち首。


17 :日本@名無史さん:2006/01/26(木) 18:15:53
佐竹も親類筋の領地を合わせたら100万くらいになるわな。
島津も当時の経済大国だった琉球が事実上の支配下に入るのを考えたら数百万石クラスの実力はある。
見かけ倒しの毛利なんかよりは遥かに存在感のある連中だな。

18 :日本@名無史さん:2006/01/26(木) 22:56:15
蒲生秀行(92万石から18万石)
織田信雄(120万石から2万石)
丹羽長重(120万石から4万石)

秀吉の力なら、100万石レベルの改易・大減封は可能。

19 :日本@名無史さん:2006/01/26(木) 23:04:05
俺は秀吉唯一のミスは前田家を東海三国に転封しなかったことだと思うよ
遠三駿三カ国を前田にくれてやれば良かった。
家康はさらに蝦夷地にでも飛ばせばよかった。

20 :日本@名無史さん:2006/01/27(金) 00:15:41
蝦夷地は無理だと思うが、領地は与えすぎた。

「転封」にみせかけて、減封すればよかった。(例 伊達政宗)
甲斐・信濃・上野・武蔵で十分。

21 :日本@名無史さん:2006/01/27(金) 00:32:24
>>19>>20
伊達政宗の場合は小田原参陣遅刻と勝手な戦闘行為という
結構致命的な負い目を秀吉に対して持っていたから、
あのような事実上の完全左遷の転封も可能だったわけだけど、
徳川家康の場合は秀吉が彼を臣従させるだけで精一杯だったからね。
ただし関東を与えるというのは致命的失敗だった希ガス。
関東は貧しい後進地域だったが、もともと畿内政権に対する反骨心が強く
しかも平安末以来「武士の精神的故郷」であるところが痛い。
「武士を統括する階級的資格」こそ秀吉に一番欠けていたものだからね。
みすみす徳川家康という実は三河の山賊に毛が生えた程度の武将に
結果として妙な正統性を与えることになってしまった。
家康は駿河で安堵させておき、関東には子飼いの武将数人を封じて
挟み打ち状態にして監視すべきだったんだよな。

22 :日本@名無史さん:2006/01/27(金) 00:46:22
関東への転封も悪くはなかった。
しかし秀吉の思惑が大きく外れた。

旧北条家の所領の統治の難しさを旧臣の取り込みで克服。
佐竹義重が徳川家よりなってしまった。
蒲生氏郷が早死にしすぎた。
代役の飼い犬上杉景勝が役に立っていない。

23 :日本@名無史さん:2006/01/27(金) 02:31:37
信長が生きていた場合の治世の様は想像できるし徳川の治世は史実の通りだが
豊臣が続いた場合どんな治世に
なっていたのか想像できないな

24 :日本@名無史さん:2006/01/27(金) 02:49:42
豊臣が続くってことは関が原で西軍が勝つのが一番手っ取り早い
でも、西軍が勝ったからといって徳川が壊滅するかな?
少なくともすぐには壊滅しないだろ。関東に立て篭もるだろうけど。
そうすると、日本国内は真っ二つ。東軍も西軍もその内部は一枚岩ではいられなくなる。
結局、何だかんだ言って南北朝に近くなるだろうね。
ただし、各地区において早めに勢力の再編成みたいなのが起こると思う。

東北は伊達、最上、上杉、それに南部
関東は徳川と佐竹、北陸はもちろん前田、
東海、甲信越は徳川、上杉、前田、豊臣などが少しずつ干渉して影響力を残しそう。ある意味緩衝地帯。
畿内は豊臣、四国も豊臣圏内に納まるのでは?
中国は毛利、宇喜多など、九州は豊臣勢力と島津が争うだろう。

いや、こんな日本はいや!豊臣なんて滅んでよかったよ。内府マンセー!!

25 :日本@名無史さん:2006/01/27(金) 02:56:10
>>22
「統治困難な領民」なるものを秀吉は過大評価している嫌いはある罠
徳川も伊達でさえも数年以内に克服しているわけで実は大したハンディではない。
「前田+上杉+蒲生+佐竹」の「北信越北関東包囲網」は確かに強力だったが
家康はこのタイプの北からの包囲網を関が原前も大坂の陣前も何回も破っているんだよね。
この点は家康の力量が総合的に上だったということだろう。
>>23
豊臣が続いた場合のシミュレーションのほうが信長の場合より簡単だよ。
信長は構想は楽しいが現実とのギャップが大きすぎてシミュレーションが難しい。
秀吉が1620年まで存命したとするシミュレーションは非常に簡単。
政治体制は五大老五奉行体制で政治中枢は大坂。
ちょうど史実における前田利家や伊達政宗のように、半ば失意の内に
徳川家康をはじめ初代五大老が次々と秀吉存命の間に鬼籍に入っていく。
徳川秀忠や家光にはもはや秀頼に反旗を翻す力無く徳川家は江戸の地方大名になる。
五大老家は徐々に力を失い、五奉行家の文治政策が始まるだろう。
だが豊臣政権に譜代と外様のような差別は無いので政権は有力大名連合政権の性質が強まる。
ちょうど徳川幕府と室町幕府の中間のようなタイプの政権となるだろう。
安定性はあまり高くないだろうし、18世紀後半には崩壊の危機を向かえる鴨。

26 :日本@名無史さん:2006/01/27(金) 14:18:16
秀吉が1620年まで生きるとして、果たして、あのボケたまま20年も生きるのか、
それとも全盛時の能力のままそこまで行くのか、それにもよるな。
そもそも、全盛期の能力なら、唐攻めでの無残な失敗は無いかもしれんが。
全盛期秀吉なら、矛先を東南アジアに向け、海軍を強化して、大貿易国をめざす。
ボケ秀吉なら予測がつかん。朝鮮に固執して身を滅ぼすか、
秀頼への政権移譲に執着をみせるか。

27 :日本@名無史さん:2006/01/27(金) 17:08:55
ボケてもなかったとも思うな。乱心でもない。
ただ天下人の器量がなかっただけだろう。

28 :日本@名無史さん:2006/01/27(金) 21:49:27
在日にマジレスするのも空しいが、器量がなかったら、
あの困難な状況から、家康を押しのけて天下とれるかよ。バカか。




29 :日本@名無史さん:2006/01/27(金) 21:57:00
朝鮮人には何言っても無駄。

30 :日本@名無史さん:2006/01/28(土) 16:39:49
>>28
天下人が天下取る?馬鹿か?w
家康押しのけるまでと天下維持するのに必要な器量は別物だろアホ

31 :日本@名無史さん:2006/01/28(土) 18:03:54
冷静に考えて、秀吉がボケてたのは確実。
天下を維持する器量て・・。だったら秀忠や綱吉とかが秀吉より
優秀だってのか?秀吉の大名統制政策が不完全なのは確かだが。
何も知識も無いくせに結果だけで物を言うな。

32 :日本@名無史さん:2006/01/28(土) 22:03:28
>>秀忠や綱吉とかが
優秀なわけないだろお前。1代目と継承者の違いすらわからないのかよ。

33 :日本@名無史さん:2006/01/28(土) 23:04:06
維持することに関しては
秀吉より秀忠だな。

34 :日本@名無史さん:2006/01/29(日) 18:34:41
綱吉と比べてどうすんの
天下という言葉にとらわれ過ぎて、それが全て同じ事を意味すると思ってるんじゃないの

35 :日本@名無史さん:2006/01/29(日) 18:36:35
>>19
>秀吉唯一のミスは前田家を東海三国に転封しなかったことだと思うよ
前田の尾張転封案は三成が潰した(前田家の伸張を抑えるために)
前田家臣団は三成に対して、恨みを抱いていたらしいね。


36 :日本@名無史さん:2006/01/29(日) 18:50:10
どうだかなあ

37 :日本@名無史さん:2006/01/29(日) 19:32:39
秀吉の場合、政権基盤が朝廷と同様、商人層に偏りがちですから、
重商主義で海外征服活動を継続したことでしょうね。

南洋をこの時期に征服していれば、後年の苦労も相当に減ったであろうに、
江戸幕府も余計な事をしてくれました。

38 :日本@名無史さん:2006/01/29(日) 19:33:27
学研の「豊臣秀吉」によると秀吉が長生きした場合は徳川家康死後の徳川家を
解体させ、かわりに鎌倉府将軍という名目で関東250万石を養子の八条宮をし
て封ずる・・・とか・・・商工業中心の経済を展開させ、いずれは大規模な市
民革命になって潰されたかもしれない・・・とか・・・無敵艦隊を結成して
イギリス艦隊とインド洋で会戦して勝利する・・・とかいろいろ書いてあるが
・・・


39 :日本@名無史さん:2006/01/29(日) 19:46:09
>>38
燃える日本史キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

40 :日本@名無史さん:2006/01/29(日) 21:49:45
無敵艦隊・・・
かなり難しいと思うな。
つか、陸見ながらしか航海できなかったのに
どうやって南方に進出するんだろう?

41 :日本@名無史さん:2006/01/30(月) 17:25:18
朝廷や貴族層に深入りして古き日の藤原氏や晩年の平氏みたいになりそう。
権力を集め贅沢もして、そのうち反乱が起きて頼朝のような決起がおこりそう。
そうすれば戦国時代が再来しそう。きっかけは飢饉とか地震とかかもしれない。
家康は公家を優遇したりして一線を画したようだけど、秀吉は公家の権力も取りそう。関白であるし。

42 :日本@名無史さん:2006/01/30(月) 19:11:41
秀吉厨ってすこし叩かれるとすぐ発狂するんだな

43 :日本@名無史さん:2006/01/30(月) 19:24:05
>>37
スペインと衝突しちゃう

44 :このやり取り最高:2006/01/30(月) 21:58:58
42 :日本@名無史さん :2006/01/28(土) 23:59:28
キリスト教に没頭後の大友宗麟
存在と行動自体が不利益極まりない。
祟りとか呪いが恐れられたあの時代、
無理矢理これから敵地に赴く兵に神社仏閣を焼かせるとかありえない。
士気を削いだだけの愚行。
その上日本のキリスト化(植民地化)を目論む宣教師に九州譲渡を画策していた。
耄碌ジジイの究極系。


43 :日本@名無史さん :2006/01/29(日) 00:30:09
>>42
池田大作みたいなやつだな


44 :日本@名無史さん :2006/01/29(日) 01:04:41
こいつを叩き潰した島津は、神。



45 :日本@名無史さん :2006/01/29(日) 12:44:23
現代の島津は現れないのか!?


45 :日本@名無史さん:2006/01/30(月) 22:15:44
>>43
当時の日本にハプスブルクを恐れる理由があるとも思えません。
普通に駆逐すればよいだけかと。
日本人の傭兵がアユタヤでスペイン軍を返り討ちにしているはずですし。


46 :日本@名無史さん:2006/01/31(火) 08:16:25
>>31
ボケてたら秀吉は悪くないの?

47 :日本@名無史さん:2006/01/31(火) 12:56:54
秀吉生きてても26の秀頼が駄目だったら滅ぶけどな

48 :日本@名無史さん:2006/02/03(金) 18:31:55
秀長が20年長生きしてる方が良いのではないかと

49 :日本@名無史さん:2006/02/04(土) 12:34:35
秀長切腹させるかもよ

50 :日本@名無史さん:2006/02/04(土) 12:43:51
大和大納言が存命ならば豊臣政権は安泰

51 :日本@名無史さん:2006/02/04(土) 12:45:13
家康を関東ではなくて、奥羽か蝦夷あたりに移封できなかったのかね?
で、反抗の色を見せれば即、討伐の口実になるし

52 :日本@名無史さん:2006/02/04(土) 15:22:50
討伐できなかったじゃん。

53 :日本@名無史さん:2006/02/04(土) 18:46:48
朝鮮ではなく家康を討伐していたらどうなった?

54 :日本@名無史さん:2006/02/04(土) 18:57:09
だ・か・ら 討伐しようとして失敗したじゃん
豊臣程度の軍事力じゃ徳川80000騎を倒すことは不可能。

55 :日本@名無史さん:2006/02/04(土) 19:36:01
豊臣政権下の徳川家の石高は255万石だ。兵力は6万5千前後だと思う。
秀吉が徳川征伐を命じれば、徳川家に味方する大名はいないと思われ。(強いて言えば、伊達か最上?)

56 :日本@名無史さん:2006/02/04(土) 21:29:17
>>55
徳川が総動員かければもっと集まるよ。単独で最低80000騎は堅い。
てか、徳川の財力なめてない?武田、北条の遺臣も丸抱えしてるから
実質日本最強の軍団だよ。毛利、島津、長宗我部、こいつら状況が揃えば
簡単に裏切るよ。みんな恨みいっぱいだからね。

6万5千なんてどこから出てきたんだ?それは単なる数値を当てはめた推測だろ?
俺は徳川の威信値と武力、統率全てを総合的に判断したリアルな数字だよ。

57 :日本@名無史さん:2006/02/04(土) 21:35:05
>>56
んで、80000騎動員して秀吉と対してどうすんだ?
蒲生秀郷が喜ぶだけだ。

58 :匿名希望:2006/02/04(土) 22:21:28
小牧長久手の時と秀吉の動員兵力は違いすぎるし、徳川に見方する大名は皆無だろう。
下手すれば、徳川配下の武将も寝返る。
家康が野戦で勝っても、数カ国の領土の各方面から進入してくる敵には対応できないだろう。
毛利はともかく、島津・長宗我部は兵力が少なく、秀吉直属の部隊はおろか周辺の大名連合部隊に潰される。
それぞれ、九州・四国の大半を一時支配しても多くの豪族は義理はなく負け戦に付き合わないはず。

59 :日本@名無史さん:2006/02/04(土) 23:03:24
秀吉健在なら朝鮮出兵も長引いただろうし、そうすると家康以外にも不満を持つ者が出てきただろう。
家康も、表向きは恭順していたかもしれないが、裏でそういった不満分子に対してなんらかの工作をした可能性はある。
例えば石田、小西らと加藤、福島らの間を煽って家中を混乱させる。その隙に伊達や上杉など、まだ野心を捨てきれて
いない大名をも煽るか、あるいは味方につける。

いずれにせよもう一波乱ぐらいはあっただろうし、単純に豊臣政権安泰とはならなかったんじゃないか?


60 :日本@名無史さん:2006/02/04(土) 23:16:04
武田と北条の家臣団を丸抱え=日本最強の武士団

ここは笑うところ?

61 :日本@名無史さん:2006/02/05(日) 00:02:02
毛利・島津は、豊臣家への忠誠心を結構持っているよ。
大阪の陣で、毛利は豊臣家へ米を贈っている。島津も、わざと遅参している。





62 :日本@名無史さん:2006/02/05(日) 00:17:48
>>61
それ忠誠心か?徳川への反発心のあらわれじゃない?
本当に忠誠心があるなら両家の全勢力挙げて関が原で
徳川と戦うでしょ。

明治謀反の時、徳川が本気で戦ったら
薩長連合なんか皆殺しだよ。かわいそうだからやらなかったけどな。
徳川旗本80000騎を舐めるのも大概にしろや

63 :日本@名無史さん:2006/02/05(日) 00:33:20
あげ

64 :日本@名無史さん:2006/02/05(日) 00:45:50
本気で戦わないから徳川旗本なんだよw

65 :日本@名無史さん:2006/02/05(日) 02:13:21
秀吉の寿命も含めて、
あの時代の事象が日本側にとって最大限に有利に働いたとしても明を征服できてたか疑問だ。

66 :日本@名無史さん:2006/02/05(日) 02:18:23
たとえ戦争に勝っても土地を維持できないだろうしな。

67 :日本@名無史さん:2006/02/05(日) 02:24:53
イフ論なんて無意味。

68 :日本@名無史さん:2006/02/05(日) 02:25:58
あと秀吉が500年生きてればな

69 :日本@名無史さん:2006/02/05(日) 02:31:39
ナベツネなんかのいいようにはさせないんだけどな

70 :日本@名無史さん:2006/02/05(日) 03:02:34
東日本の大名も総動員してれば、当時の明なら倒せたと思う。
シナ大陸を支配できたかどうかは疑問だが、北京は陥落しただろうな。

71 :日本@名無史さん:2006/02/05(日) 03:06:01
兵とともに増える補給物資をまわせるとは思えない

72 :日本@名無史さん:2006/02/05(日) 03:18:55
現地の食料を強奪したとしても、おなか壊すだろうし。

73 :日本@名無史さん:2006/02/05(日) 09:41:12
あとは言葉の問題だな。明という王朝が健在な中で
支配する兵と支配される民で意思の疎通ができなければ占領統治などできないだろう。

74 :日本@名無史さん:2006/02/05(日) 17:58:34
秀吉が徳川を潰せなかったのは信長の行った粛清が
家臣団に疑心暗鬼を生み本能寺を招いたと理解していたのかも。
テキトーな大義名分で徳川を排除すれば、他の大身大名は明日はわが身と思うのは必至だからね。

75 :日本@名無史さん:2006/02/05(日) 18:14:06
なんで家康を名護屋まで呼んどいて出陣させなかったんだ。
唐攻めの失敗は出陣武将の意思統一が出来てなかったのが原因。

総司令官 秀吉 現地総大将 家康 参謀長官 如水 
この最強トリオなら成功したかもしれんのに。それと長靴装備忘れずに。

76 :日本@名無史さん:2006/02/06(月) 08:35:56
東国武士には大仏作らせなあかん

77 :日本@名無史さん:2006/02/06(月) 12:56:37
つか、秀吉が死んだくらいで中止することなかったのに〜

78 :日本@名無史さん:2006/02/06(月) 13:49:37
じゃあ誰の意思でやってんだ

79 :日本@名無史さん:2006/02/06(月) 15:33:08
引き継ぎしろっての

80 :日本@名無史さん:2006/02/06(月) 16:25:27
>>77
秀吉以外は誰も賛成してなかったんだから無理だろ。
仮に引き継いだとしても、誰が指揮を執る?

石田や小西あたりの言うことなんぞ誰も聞かんだろうし、家康に任せたら
秀吉子飼いの武将をみんな朝鮮に送って、その隙に自分が日本を統一
してしまうくらいのことはするだろう。

どちらにせよ、自国が固まってないのに他国を攻めてる場合じゃない。


81 :日本@名無史さん:2006/02/06(月) 16:34:29
ネガティブだな

82 :日本@名無史さん:2006/02/06(月) 19:36:46
秀吉死ぬ寸前の豊臣領ってどのくらいなんだ
家康は240万石だから、それ以上はあるはずだと思うんだがな

83 :日本@名無史さん:2006/02/06(月) 20:37:59
200万石とか言われてると思うが、
家康の240万石とか250万石って直轄地じゃなくて
徳川家臣の領地も含めてだし単純比較は難しくない?

84 :コスモ石油:2006/02/06(月) 21:44:26
石高のみの比較は危険で有ります。豊臣よりも徳川の方が石高は高いが、豊臣政権は土地を諸侯にばらまいてしまって、
大都市、港湾、鉱山を直轄にして金を吸い上げる政策を取っていたのは、天下周知の事実であった

85 :日本@名無史さん:2006/02/06(月) 23:24:27
>豊臣政権は土地を諸侯にばらまいてしまって

これでは足利幕府はまったく同じだったんだな
2代で滅んだのもいたし方ないか?

86 :日本@名無史さん:2006/02/06(月) 23:38:11
>>85
だからこそ豊臣政権が成り立ったとも言える。

87 :日本@名無史さん:2006/02/07(火) 00:01:57
所詮成り上がりでしかなかったからね
子飼い中の子飼いである山内までに裏切られているからね
あいつをあそこに配置させたのも、家康の西上を命を張ってでも食い止めるはずなのに
なんでこんなチンケな人物が大河の主人公なのかさっぱり分からん
大河も安っぽくなったものだ

88 :日本@名無史さん:2006/02/07(火) 08:34:56
>>80
石田や小西って。逆にこの二人が指揮したら速攻で撤退だろ。


89 :日本@名無史さん:2006/02/07(火) 09:38:02
>>88
現地での指揮じゃなく総指揮って意味な。
秀吉の代わりを誰がするのかっていう話だ。

もともと必然性のない戦争だし、秀吉が死んだら誰もやんないだろ。

90 :日本@名無史さん:2006/02/07(火) 11:09:45
この秀吉が20年長くと言うのは
晩年の耄碌した秀吉が20年?
それとも秀次を誅する前の
まだ比較的健康だった秀吉が20年?

どちらの設定かにより、大きく違いそう。

91 :日本@名無史さん:2006/02/07(火) 12:10:32
>>89
総指揮って意味で書いたんだ。特に三成なんかは家康のことで頭悩ませてるだろうしな。

>>90
急に老けないでゆっくり20年かけて老けるんじゃないか。
同じく晩年に狂気地味てくるとしても、秀頼は20超えるから同じようにはならんだろうな。

92 :日本@名無史さん:2006/02/07(火) 18:08:58
秀吉がもし長生きしたなら政権の安定を考えるから
いわゆる外様大名達の力をそぐ政策を行うと思う。
その場合、徳川にはまだ外征を行うなら出兵、
そうでなければ土木工事などの課役を課すだろう。
家康はたぶん自重し刃向うことは無く、
秀吉との長生き競争に負ければ徳川家の弱体化は避けられないだろう。


93 :日本@名無史さん:2006/02/07(火) 19:03:13
他の側室に男子が生まれて家督争いで応仁の乱リターンず

94 :日本@名無史さん:2006/02/14(火) 10:41:05
>>92
いやすでに江戸開発や大仏建立でそういう政策にでてたんだと思うけどな
でも、案外に家康は関東をまとめて大都市にしたてることに成功することになる

95 :日本@名無史さん:2006/02/14(火) 18:19:05
秀頼が早死にしたりして

96 :日本@名無史さん:2006/02/15(水) 17:27:31
ありうる

97 :日本@名無史さん:2006/02/15(水) 23:27:21
大きな城が3つほど余計に作られただろう。

98 :日本@名無史さん:2006/02/19(日) 01:34:09
大阪〜京都の間に
もう一つの大都市ができていただろう。
「伏見市」かな(淀も含む)

99 :日本@名無史さん:2006/02/19(日) 03:46:06
伏見市は実際に自治体として存在したわけだが

100 :日本@名無史さん:2006/02/19(日) 14:23:49
100

101 :日本@名無史さん:2006/02/19(日) 16:34:25
育った秀頼が○○にクリソツでマズー

102 :日本@名無史さん:2006/03/10(金) 22:29:56
明と適当なところで講和して朝鮮支配、清が明を押してきたら清に味方して遼東と
台湾、朝鮮の支配を認めてもらう。広げた風呂敷の大きさと国力差考えて手ごろな
ところで妥協汁と思われ。

103 :日本@名無史さん:2006/03/10(金) 23:24:46
国力差は殆ど問題で無いだろ
女真族と殆ど動員数変わらんのに

104 :日本@名無史さん:2006/03/11(土) 05:32:06
50年ズレてたらどうなっただろうな

105 :日本@名無史さん:2006/03/11(土) 13:31:33
小牧・長久手の時、家康領の信濃は、南半分だけで、それで真田が反抗し
小笠原は裏切り、北から上杉、前田が攻めて(その時佐々がいたけど)、
東海道は秀吉本体、南の海からは、九鬼の海軍だとそれでも家康は勝てるのか?

106 :日本@名無史さん:2006/03/11(土) 13:51:59
勝てないから講和結んだんだろ

107 :日本@名無史さん:2006/03/11(土) 18:22:28
>>89
>必然性のない戦争
教科書レベルの知識で語らないでくれ。
インフラ整備という現実を見ろ。

108 :日本@名無史さん:2006/03/11(土) 22:12:22
秀吉の子孫は居ないんだろうか。
傍系でも良いけど。

109 :日本@名無史さん :2006/03/12(日) 23:09:23
豊臣秀吉の妻「ねね」の兄で杉原家定という人がいて、
ねねが北の政所となったとき、ねねの実家が秀吉一族として木下姓を名乗ることを許された。
関ヶ原の戦いの際2万5千石の姫路城主であったが、北の政所の意向に従い、西軍・東軍いずれにもつかなかった。
戦い後、徳川幕府により足守藩主として所領替えされ、足守藩木下家が始まった。、石高は同じ2万5千石が安堵された。
傍系だが血のつながらない子孫はいるよ

110 :日本@名無史さん:2006/03/12(日) 23:23:36
ねねの養子になって、その隠居料を相続した旗本の木下家もいる。

111 :108:2006/03/13(月) 19:37:33
なるほど。血は繋がっていないのですか、、、
秀吉、秀長、とかの子はおらんとかね。

112 :日本@名無史さん:2006/03/13(月) 21:33:19
家康は秀頼の子も斬首したしな

113 :日本@名無史さん:2006/03/13(月) 21:38:23
>>105
そんなことしてる間に島津とか北条が暴れ出したら話にならん
形勢伺って毛利や上杉もわからんし。

114 :日本@名無史さん:2006/03/16(木) 17:22:18
>>112
秀頼の長男は殺されて、次男は生き残ったとからしいけど

115 :日本@名無史さん:2006/03/16(木) 18:24:52
徳川みたいにガチガチの礼式で埋め尽くすよりは、
豊臣政権が続いたほうがよっぽど面白くなっただろうな。

116 :日本@名無史さん:2006/03/18(土) 21:21:38
徳川は農本主義、豊臣は重商主義、まるで違う

117 :日本@名無史さん:2006/03/19(日) 00:39:02
秀吉は1598年に死んでいるから、あと20年生きてたら1618年まで生きることになる。
家康は1616年に死んでいるから、史実とは順番が反対になる。
これが、どれくらい歴史に影響するのか疑問だが面白い仮説ではある。

118 :日本@名無史さん:2006/03/19(日) 02:09:19
第三次朝鮮派兵が決行される

119 :日本@名無史さん:2006/03/19(日) 02:37:05
>118

いや、家康が先に死ぬなら、切り取る領地ができて派兵の必要もないかと。


120 :日本@名無史さん:2006/03/19(日) 10:14:52
ていうか、足利幕府壊滅寸前に武田が家康を討ち取っていたら、歴史は変わっていたかも。

121 :日本@名無史さん:2006/03/22(水) 20:19:17
>>120
家康が死ねば、歴史は全然違うよ。
早めに勝頼に家督譲っていればね。
途中で死んで引き返すなんて、間抜けすぎ。

122 :日本@名無史さん:2006/03/22(水) 20:22:23
★ 倭寇の正体は朝鮮人だ!! ★

韓国朝鮮人は、
「日本の海賊=倭寇が、過去に何度も韓国を侵略し、我々韓国人に多大な被害を与えた!」と、
主張して、日本人をよく非難する。
しかし、韓国人のこういった主張は大ウソなのである。倭寇の正体は韓国人=朝鮮人なのだ。
韓国朝鮮人は、金氏新羅の時代から活発に海賊活動を行っていた。
そして、朝鮮海賊にとって、第一のターゲットは、常に日本人であった。
我々日本人こそが真の被害者であり、韓国朝鮮人は加害者なのである。韓国朝鮮人は侵略者なのだ。
新羅時代、朝鮮海賊が対馬海峡や九州西岸海域に出没し、日本人を襲って殺傷する事件が多発した。
大和朝廷は、大宰府の水軍に対し、海上警備の強化を命じた。大宰府の取り締まりが厳しくなった結果、
朝鮮海賊は「商売アガッタリ」状態になった。そのため、しかたなく、朝鮮海賊は自分たちの国の人間を
襲うようになった。
この時、彼らは朝鮮人らしく悪ヂエを発揮して、新羅王府の取り締まりから身を守るため、
自分たちが朝鮮人である事を隠し、日本人に偽装した。
「オレたちは倭人だぞォ!」と、アピールしながら海賊活動を展開したのだ。
これが倭寇の正体なのである。倭寇とは朝鮮海賊のことなのだ。

★きままに歴史 『元寇と高麗』★
http://f48.aaa.livedoor.jp/~adsawada/siryou/genko/genko.htm


123 :日本@名無史さん:2006/03/22(水) 20:46:24
秀吉があと20年生きてたらって??

日本がつぶれるわ。あんな農民出身じゃ、やっていけない。


124 :日本@名無史さん:2006/03/22(水) 21:17:06
明の開祖なんて乞食だがな。

125 :日本@名無史さん:2006/03/22(水) 23:36:32
朝鮮で明vs日本が延々と続く
戦争が嫌になった明が秀吉を日本国王兼朝鮮国王に認定
長期戦で厭戦気分の蔓延しているので秀吉もその辺で折れる
戦いの間に人心が豊臣から離れ松平へ
秀吉の死後、徳川幕府成立
かな。

126 :日本@名無史さん:2006/03/24(金) 23:46:13
秀吉が長生きしていたら、天皇から綸旨をうけた家康が
秀吉を逆賊として討つでしょう

127 :日本@名無史さん:2006/03/25(土) 17:14:19
>>126
家康は動かない。富国強兵、各大名との根回しで基盤作りに奔走。秀吉の死後、徳川幕府
初代将軍に秀忠がなる。

128 :日本@名無史さん:2006/03/25(土) 17:31:14
豊臣政権
徳川(250万石)、毛利(170万石)クラスを
江戸大名(前田102万石、島津77万石)レベルに落とさないと危ないな

徳川・・・武蔵・相模・下総120万石
毛利・・・輝元領101万石に限定し、小早川・安国寺もその内に入れてしまう
上杉・・・越後に戻して越中新川郡・上野吾妻郡つける代わり佐渡召し上げ
     石高さして変わらんが佐渡金山を豊臣直轄領にできる
前田・・・越中の変わりに飛騨をやれば国数は同じだが石高はさがる
佐竹・宇喜多・伊達・島津の5〜60万クラスはとりあえずそのままで
加藤・脇坂あたりを国もちにして豊臣子飼の中堅大名を強化

129 :日本@名無史さん:2006/03/25(土) 18:01:46
豊臣も徳川の得意技「The言いがかり」を使えばよかたのに

130 :日本@名無史さん:2006/03/25(土) 18:51:35
この時期言いがかりを使えばそく内乱でしょう

131 :日本@名無史さん:2006/03/25(土) 19:02:16
食べ慣れなかった動物性蛋白質(鯛の天ぷら)を大食いしないから家康の寿命も延びる。

132 :日本@名無史さん:2006/03/25(土) 19:15:16
あれって動物性蛋白質で死んだん? 粗悪な油かなんか使ったとかは?

133 :日本@名無史さん:2006/03/25(土) 19:39:08
今まで食べなかった贅沢な物を急に馬鹿食いしたから、身体がびっくりして死んだとも言われている。

134 :日本@名無史さん:2006/03/25(土) 23:14:34
イヤ胃がん進行していて既に末期と言われている。

135 :日本@名無史さん :2006/03/26(日) 01:12:44
とにかくここは豊臣・徳川ともに手を携えて、チョン征伐、いや朝鮮征伐を徹底的に断行すべき!

<コカ・コーラが『爽健美茶のCM』に『反日女優キム・テヒ』を起用!>

キム・テヒは、韓国−スイス親善文化大使であるにもかかわらず、
スイスでは友好そっちのけで「独島(竹島)は韓国領土キャンペーン」を行い
スイス人を唖然とさせた筋金入りの反日女優です。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/04/21/20050421000014.html

テヒ姫の名言:「日本は嫌い。日本に行くのも嫌。」
「日本人は猿。世界で一番卑しい民族」

本来スイスとの友好を培うはずであった場で
自ら率先して反日活動を行い、善良なスイス人をだまし、友情を踏みにじり、
日本の品位を傷つけたにもかかわらず、日本で金儲けだけはしたい。
…腹黒にもほどがあります。

ってわけで抗議メールをよろしくお願いします。
コカ・コーラ:http://www.cocacola.co.jp/index3.html
外務省: http://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html

要点:「コカ・コーラは竹島を韓国領土と認めたのか」
「この問題は一応、外務省の方にも訴えておく」
「このCMがなくなるまでコカ・コーラの製品は買いたくない」
「さわやかなイメージが売りの爽健美茶のCMに
こんな腹黒い女を起用するなんて頭おかしいんじゃないの」等々



136 :日本@名無史さん:2006/03/26(日) 01:20:53
大坂城が側室で一杯になる。 千姫あたりにも手を出す

137 :日本@名無史さん:2006/03/26(日) 01:33:25
千姫に手を出したら淀と修羅場だろうな。恐っ

138 :日本@名無史さん:2006/03/26(日) 01:47:22
>>135
ハゲ山だらけの荒野取ってどうするの?
ロシアの南下を防がなければならない訳でも無し、価値だったら南蛮・朝献貿易が
し易い台湾の方が高い。

139 :日本@名無史さん:2006/03/26(日) 02:07:51
今ごろ虎が絶滅しているかもしれない

140 :日本@名無史さん:2006/03/26(日) 04:56:02
「当時の日本のおもな輸入品は虎の肉や高麗人参で‥」と学校の授業で習う

141 :日本@名無史さん:2006/03/26(日) 05:03:06
あの〜、スレ主さんが徳川家定と名乗っていることを
振ってあげましょうよw

142 :日本@名無史さん:2006/03/26(日) 08:39:12
小泉

143 :日本@名無史さん:2006/03/26(日) 09:00:08
小牧・長久手の戦いが長引いたらどうなってたの?

実力差で秀吉が家康を滅ぼした?
それとも、長引くことで内乱が広がった?

結局、秀吉の存命中に家康を滅ぼすことは難しかったの?

144 :日本@名無史さん:2006/03/26(日) 10:49:46
>>143
秀吉がいよいよしびれを切らし、本格的に攻撃を開始するであろうと
いうことを家康が敏感に察知して、上洛を決意した。家康に送りつけられた
最後の書状は、かなり脅迫的な内容を含んでおり、家康を震撼させたという。
たぶん戦闘になれば3日以内に勝負はついたはず、もちろん秀吉の圧勝で。

秀吉の誤算は、実は北条攻めのとき。
北条滅亡後、関東は石田三成、堀秀政などの腹心で固める予定だったが、
秀政が病死、三成も忍城攻めで失態をやらかし、その計画がパーに
なった。
家康の関東移封は急遽浮上した案。三成の提案によるとも。
よく言われるように家康の力をそぐことが目的だったが、
それが裏目に出てしまった。


32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)