5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

《大河ドラマ》功名が辻のここが変だよ

1 :ウーマン:2006/04/15(土) 02:32:24
功名が辻に怒りが・・・

なぜ、寧々の片腕で大親友の前田まつがいまだに登場しないのか、

どのドラマでも寧々と一緒にまつは出るのに・・・・

おかしいよ

2 :日本@名無史さん:2006/04/15(土) 02:43:16
《大河ドラマ》功名が辻のここが変だよの1のここが変だよ

つ《寧々の片腕》

3 :日本@名無史さん:2006/04/15(土) 02:50:54
聞くところによると
大塚寧々がやるはずだった。
ところが
松嶋菜々子が大塚寧々を訪ねて顔に傷をつけた。
ショックで降板した。

4 :日本@名無史さん:2006/04/15(土) 02:52:20
白竜のかみさんに殴られたんじゃなかった?

5 :日本@名無史さん:2006/04/15(土) 03:07:31
お馬鹿大河として定評のある利まつヲタがたてた駄スレですね。

6 :日本@名無史さん:2006/04/15(土) 03:26:25
ねねん ころりよ

7 :日本@名無史さん:2006/04/15(土) 10:59:58
ドラマや歴史バラエティーでは、まつと寧々は親友と書かれているけど、寧々が相談する人がまつでは?片腕は孝蔵主では

8 :日本@名無史さん:2006/04/15(土) 12:02:14
>>1
重複。
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1139325218/

9 :日本@名無史さん:2006/04/17(月) 09:53:24
はるだって出てこないじゃん

10 :日本@名無史さん:2006/04/17(月) 16:57:00
今回の大河利家とまつとなんかダブル

11 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 01:12:57
千代の手がアップになったとき、しっかりマニキュアしていた。そのくらい落とせよ…。

12 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 12:24:18
仲間タンの口調が
”トリック”や”ごくせん”の時のコミカル系に
なることがある。。。

13 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 13:32:15
千代から見れば前田まつは格上だし寧々からだったらまつは登場するかも。

14 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 14:14:40
>>7
主役は山内さんちの千代だから。

>>10
利まつの脚本家が「功名が辻」をパクったから。

15 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 14:15:49
>>11
マニキュアは古代エジプト時代(BC3000)からあったようだが、
さすがに日本にはまだ入ってないだろう。

16 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 14:21:07
千代物語でも成り立つ

17 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 17:26:50
なんか偽善に満ちた内容だな。クソ大河

18 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 17:34:12
ホウセンカの花かなんか使えばマニュキュア出来ない事はないと思うが、そういう習慣があったかは不明

19 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 18:13:11
これもやっぱり尾張対近江の関ヶ原を描くんだろうか

20 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 19:19:24
それより気になるのは初回の千代の年齢。3歳かそこらじゃないいけ?

ちなみに、私の倅の通ってる某大学の図書館長が小和田氏なんですが、
図書館の使用例に、「功名が辻の時の時代考証でも活用して、
堀尾吉晴の天正11年の時の家族構成(倅忠氏らの年齢など)を調べられた」
と書いてあったのに、肝心要の千代の年齢が・・・・・・

21 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 19:39:43
>>20
小和田氏まで言っといて、某大学はおかし杉。

22 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 19:47:39
>>20
あのね・・・まず「小説の設定」ありきなんですよ。
その範疇で、映像化する際の注意点やオリジナル部分の考証を
するもんでは無いでしょうかね。



23 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 20:33:49
>>22
痛い大河だ!やまうち かつとよ でしょ?

24 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 11:49:14
>>20
いいな静大おいらも行きたい ところであの殺人鬼銅なったん

25 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 12:41:59
あんな一豊夫婦があんなイケメンと美女のはずない。
もっとリアルにやってくれ。

26 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 16:22:22
堀尾茂作の顔

27 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 18:19:40
>>25
ほんとの実際の顔なんてわかるはずも無いのに、プ。

春日局→大原麗子、きききりん
秀吉の妹・旭→泉ピン子、国民的美少女の細川直美

映像化なんてこんなものだ、気にするな

28 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 21:58:48
大政所は市原悦子と菅井きんだったぞ。

29 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 22:53:24
>>28
草笛光子も演ってた

30 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 08:39:09
一豊は、あんなデカい矢尻が刺さってたのに傷がないんだ?

31 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 08:59:54
楽しく功名を見てる自分もそれは思ったwww

32 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 09:43:45
いや、普通に左頬に傷跡あるよ
薄いけど
わざわざメイクしてるんだろう

今週だって吉兵衛の話を聞きながら傷跡撫でてたじゃん

33 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 09:54:58
傷跡なでてたから、あんなデカイ矢傷だったのに?と気付いたんじゃね。

34 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 13:55:06
>>25
信長や光秀は肖像画で見ると美男子だったらしく、ドラマでもそういう配役だが、
一豊やちえには肖像画が残ってないのかな。

35 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 14:32:12
ちえって誰だよ。

36 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 15:31:41
>>34
舘ひろしって美男子か?

37 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 15:41:12
>>22
というより、あの先生は専門の今川以外はかなり微妙
来年の風林火山もあの先生が考証担当だったらちと怖い

38 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 20:58:16
>>37
その可能性はある。
NHKは何度も同じ研究者を使うから。

39 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 22:55:01
あの人の信玄マンセーぶりと勝頼大嫌いぶりは凄いからな
ご本人が馬場だかの末裔の一人らしいから仕方ないがね

40 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 09:29:04
>>1
重複
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1145639168/

41 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 21:31:30
今回もサラブレッドにまたがった武田騎馬武者に三段射撃しています。

42 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 16:03:06
実際、時代考証の先生なんて名前を借してる程度だと思う。

43 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 16:27:45
小和田のレベルなんて著書見れば(Ry

44 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 23:37:53
43が小和田のレベルを語ってくれるそうでつ
まぁ>>39に書いてあることいがいは何も知らないのだろうが・・・厨房乙!

45 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 14:57:35
俺は>>39ではないんだが、
小和田のレベルを語るとはどこにも書いていないように思うのは俺だけではあるまい。
それにしても小和田の本当のレベルはともかく著作の中身が浅いのは事実。
鉄砲隊の三段射撃をまともに論じるくらいだから。

46 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 20:51:46
>小和田のレベルなんて著書見れば

こう書いてあれば>43が小和田による今川氏関連の全ての著作について相当の知識を所有していると思うのは俺だけではあるまい
それにしても壺の揶揄の中身が浅いのは事実。
三戦厨レベルの欲求でまともに論じられると考えているくらいだから。

入門書でもなんでもいいから小和田の功績を全否定できる論拠をだしてくれんか?













つーか素直に巣へ帰れよ>三戦厨

47 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 22:17:53
>>42
でも、週毎だか月毎だかに行われる会議には必ず出席しなけりゃいけないらしいよ。

48 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 23:10:10
>>45
彼は武功や久昌寺についても真面目に信じている模様でつ

49 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 23:16:50
ロマンチストなんだよ

50 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 23:51:35
時代考証の御用学者には、どうやったらなれるの?

51 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 23:56:17
先代と一騎打ちをして打ち倒して秘伝書を奪う

52 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 13:26:40
46は小和田をしきりに擁護して43を攻撃しているけど、
小和田のレベルを馬鹿にしているのは37からすでに始まっているわけで。
37,38,39,43が二人による対話(もしくは自作自演)の可能性も否定は出来ないが、
文脈からすると小和田叩きを見たヲタが横から口を挟んだように見える。
つまり43は今川のことは知らないが37は相当の知識を有するのだとおれは見た。

すると46は、まず37を批判するのが先でないかと。

53 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 22:19:11
問題を分かりやすくするために突飛な例をだそうか?

Nathaniel Hawthorne研究者(別にEmily Dickinsonでも誰でもいいが・・・)がいたとする。

ある厨房が、あのHawthorne研究者はナボホ族の慣用句を誤って引用した。
あのHawthorne研究者はNative Americanに関して無知だ素人だ。と、言い出したら
そのHawthorne研究者の業績は全否定せねばならないのだろうか?

37−42への流れは否定しない。
つまり、小和田は極限された専門分野いがいは(奇妙な思い込みによって)筆がすべることがままあるので云云。
ならそれは事実だから異論は無い。

漏れは、学問板で脊髄反射的に小和田を叩く香具師が気に入らないだけ。
常に>52のように意図的なミスリードで論点を逸らし小和田は全否定せねばならないという宗教じみた思想(?)を
敷衍しようとするのは見ていてキモイ

54 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 12:53:49
だれも全否定してないと思われる。
小和田が好きなのかどうか知らないけど少しでも難癖つけられると全部否定された気になるのは気持ちわかるが感心しない。

はい以後本題に戻ろうね。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

55 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 20:33:31
他者が生涯をかけて(というのは些か大袈裟だが・・・)行った事績を
何の素養も無い人物が安易に批判する行為は控えなさい。

こ・こ・は学問板ですよ。お分かりかな?

56 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 20:44:56
学問板だよな。
だったら小和田氏みたいにありもしないことをあたかも事実のように述べるのはどうかと。
長篠の三段撃ちは事実ではないが小和田氏は事実だと言い張っておるがな。
これは弁明の余地なし。
それともあれか、あんたはあれが事実だとでも言うの?

57 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 20:55:11
>37−42への流れは否定しない。
>つまり、小和田は極限された専門分野いがいは(奇妙な思い込みによって)筆がすべることがままあるので云云。
>ならそれは事実だから異論は無い。

58 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 21:26:12
>56
>学問板だよな。

如何にも学問板だが?
ビジネスマン向けのつまらない本は読まないので詳しくないのだが、学問板に相応しい小和田の近年の著作といえば↓かな
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/books/462304114X/reviews/ref=cm_rev_more_2/503-5039291-2587163

56にはアカデミックなレスを期待している。

59 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 21:31:09
やっぱり井沢先生に原作を書いて貰わないと話にならないな

60 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 21:54:37
>>59
秀吉のゆびが6ポンになる?

61 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 22:14:39
秀吉の弟、小一郎はどうした?

62 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 00:18:45
61、他にかくこと無いのか?哀れだな・・・

63 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 01:27:40
黒田、秀長、利家、河尻、生駒なんてメジャーな家臣が出てこないなんて……

河尻や生駒は許せるが黒田や秀長や利家が出てこないのは許せん

この先どうすんだろう?
斎藤利三、明智光晴、荒木村重、松永久秀なんかもまだだし……

64 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 10:11:03
>>63
今まで戦国大河いくつ見た?

主要家臣ががん首そろって出てくる大河なんて無いよ

65 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 14:55:08
>>63
黒田はまだ出てくる段階じゃないだろ
心配せんでももうすぐ出てくるよ
ガイド本によると
官兵衛が裏切ったと勘違いした信長が息子を殺せと命じる話があるだろ?
あれに一豊と千代を絡ませるみたいだから・・・

66 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 16:11:04
>>65
マジ?
なんで一豊と千代が絡むんだよ

67 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 16:21:32
竹中→(一豊)→千代

68 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 15:26:12
>>66
まあドラマだからなw
半兵衛が官兵衛の子供を預かる→やべえ、信長様にばれたら死亡フラグが立つわな→ちょうど良いわ。千代たんが来た
→よねたんの遊び相手にこの男の子どうかな?→ラッキー!千代たん。そいじゃ、その子供、預かってね。
って展開だと思われ!

69 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 16:28:18
前田夫妻はしょうがないが、秀長は哀れよのう。

70 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 19:50:19
>>65
将来的に一豊が黒田を家康につける役割を果たす前フリってところか
それで土佐に大領を得るとw

71 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 01:52:03
>>69
秀長ってのはね、もともと「おんな太閤記」「秀吉」の2作くらいでしか
活躍してない人物なんだよね。
そろそろ理解しようね、ニワカちゃん。

72 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 01:11:13
そろそろ、サラブレッドから、木曽馬に変えようぜ・・そのほうが史実に忠実だから・・いい
いい加減戦国時代にサラブレッドがいたなんておかしい設定はしないほうがいい、視聴者をだましてるようなもんだ・・

73 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 01:44:26
>>63
明智秀満は出ないんかのう。
「見たかぁ!俺の実力を!」

唯一勝てる機種だったのにもう無い・・・orz

74 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 03:50:23
>>68、70
ものすごいご都合主義だな、その展開w半兵衛いるんだから使えよ。
でも、黒田出る予定で安心した。
既に5月の時点で、回を追うごとに詰まんなくなってきた気がするんだが、
長政が関ヶ原で暗躍するのだけを楽しみに、年末まで耐えれるかも。

75 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 04:07:40
>>72
撮影用に数十頭揃えられるのか?
時代考証を言うなら蹄鉄もダメだな。

76 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 07:07:36
細かいとこだが武将が外で戦ってるとき足袋履いてなくないか?

77 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 10:30:48
>>72
史実尊重、あんたは偉い偉いwwww

んじゃ、姫や奥方連中も眉そってお歯黒してない時代劇なんて
戦前から視聴者騙してるよねー。
室内も明るすぎるよねー、視聴者だましてるんだよねー

78 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 12:11:07
だいたいあの時代はビデオカメラないだろ

79 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 13:06:03
>>77
72の書き込みをそこまで煽る理由がわからんな。


80 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 14:04:10
確か緒形直人の「信長」は暗めの室内照明にしてみたら
すっごく苦情がきたんだよね。



81 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 14:46:57
 せめて、馬ぐらいは、木曽馬か道産子を使ったほうが史実に誓いからな。

お歯黒はいいとして、眉そるのって公家の出の姫とではなかった? てか今川義元もお歯黒してたはずだけどなぁ・・
 騎馬武者なんて存在しなかったからおかしすぎ・・  あとさ、言葉なんだけど、なんかなまりとかって当時はなかったの?現代風にわかりやすくいいかえてるのは分かるけど
せめて、名古屋弁とか使うようにしてほしかったですな。信長や秀吉や家康全員愛知出身の大名だから・・一豊も・・

82 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 14:49:05
今思ったんだが、サラブレッドに乗ってて。足軽とかに刀って届くの?
 槍とかだと分かるけど。相手にやりで突かれやすくなるのではないか?

83 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 15:56:41
>>82
実際には騎乗での戦闘は少なかったみたいだから、サラブレッドでもよくね?www
木曽馬みたいにポニー種だと余裕で届くんだろうな。
信長あたりならアラブ馬なんかを持ってそうだ。
ちなみに、暴れん坊将軍は、アラブ馬を輸入してた。

84 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 15:57:40
>>75
確か昔からの流鏑馬や乗馬法を指南しているどっかの流派が
木曽馬をたくさん保有していたと思う。血統が良いのも
ここにはだいぶいるという話もきいたことがある。
でも、木曽馬って今では貴重な馬だから頭数があったとしても
はたしてドラマごときに貸してもらえるのかなと。
撮影中に乗る人の乗馬レベルが流鏑馬できるぐらいだったり
木曽馬を初めとした日本の原産馬に精通している人ばかりなら
話も違ってくるだろうけど。

85 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 16:08:26
武田信玄の大地真央は正直最高だった

86 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 16:47:00
大地真央が武田信玄を?!

87 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 17:50:42
>84
木曽馬だけ連れてきても転んだりとかああいう演技はできないだろ

88 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 18:22:19
できない以前にまずはさせないだろ
騎乗している場面を撮って終わりが関の山
戦場シーンなんて間違ってもやらないだろうし
第一馬主が許さないと思うよ

89 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 21:02:20
武田鉄矢亡き後はちゃんと弟出てくるんかね!?

90 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 00:19:42
アラブ馬って江戸時代になってから、輸入したんだろ?戦国時代にあったかは、怪しいがな。
あったとして、なぜに量産しようとしなかったかが不思議ですな。

91 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 00:20:44
別に木曽馬にこだわる必要はないかと、ポニーとか木曽馬によくにた、あのがたいの馬でよくね?

92 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 00:22:35
ポニー・・・に乗っていざ合戦www

93 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 00:24:26
ばんえい競馬(判りますか?)の馬ならいかがでしょうか?

94 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 00:36:15
でもさ、現代の日本人の平均身長と戦国時代の日本人の平均身長って当時の栄養状態から考えてかなり違うんじゃない?
現代日本人に木曽馬乗せるのも良いけどさ、当時の日本人騎乗木曽馬よりはるかにバランスに違和感があるんじゃない?
そこまでやるなら当時の武将達の身長にも忠実に再現したような配役を・・・・・。
ってまぁ無理なんだけどさw

95 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 01:14:49
「朝鮮人参じゃ」て明治まで人参といえばいわゆる朝鮮人参のことを指していたはずだが・・・

96 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 01:24:50
田舎で馬を飼っています。アラブ種とサラブの雑種みたいな大型の馬
です。今では使役をするでもないし、お爺さんのペットですね。

値段は子馬の時で数万円です、ペット犬よりとっても安いです。
ポニーはお犬様と一緒で子馬で血統書付きだと100万円とかします。

97 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 02:06:32
相馬野馬追いのキティちゃんグッズは
キティちゃんが甲冑着て白馬に跨っている。めちゃ可愛い。

98 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 04:38:25


http://i.i.zenrin.co.jp/zi/docs/new/new1.html

99 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 21:14:13
濃姫がウザイ。いつまでいるんだ。
あえてやっているとか聞いたけどさ。
時代的には生駒御前もとっくに死んじゃってるし。
猿、信忠に従って信貴山って言われてもぽかーん。

歴々の秀吉幕営に蜂小・前将・半兵衛+一豊っているのもありえん。
一豊出したいんだったら、堀尾と中村ぐらい末席に加えとけよ。
散々既出の秀長がいないのはありえんが。
あと勝家の扱い悪すぎ。武功面も多少出してやらんと単なるごみ武将ジャン。


100 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 22:03:34
あのね〜基本的に小さい馬の方が気性が荒いのが多いのよ
犬でも小さい犬の方がワンワンウルサイのと同じ?
ポニー(木曽馬など)て調教するのが大変だしお金もかかる!
サラブレッドやアラブの年とって走らなくなった馬ならタダみたいな
値段である程度調教してあるから大変お徳なのです!
昔の馬フウでドラマや映画を作るとハリウッドなみの予算が必要?



101 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 00:45:45
義輝をよしてるっていってたな。義昭と間違えない様だろうか。

102 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 01:49:05
しかし、千代の棒読みが痛くて見てられんよ

103 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 13:24:00
>>99
正確にいうと「濃姫の没年は未だ不詳」が通常の解釈なんだよ。
総見院の墓所も多数の学者に検証されてるわけでも無いしね。

劇中で生きてる設定になってるだけね、
純然な創作である小説やドラマ設定と歴史を混同しないよーにね
ニワカちゃん。


104 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 14:55:05
手取り川の合戦が会話上であっさり省かれていたのがショックだった。
せめて白い布付けた謙信くらい登場させてほしかった。
っと、謙信好きの一言・・・
そういえば、あの有名な長篠の戦いですらあっさりしてたなー

105 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 17:24:03
仕方ないじゃん。
勝家の扱い自体、お市がらみで重要な感じなんだもん。



106 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 20:51:36
さすがに史実に忠実叩き厨も、「だったらほんとに人殺すんかい」とか
「言葉も当時風にするのか」とまでは茶化さないようですな。

107 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 23:15:21
>>103
そんなこと知ってる。
ただし表舞台から消えたのと信長が何人かの側室を愛したことは明らか。
生駒御前も出ないのに信忠とかが可笑しいと言っている。
濃姫を引っ張るにも、そこらへんを抑えずにメインだからウザイ。

108 :日本@名無史さん:2006/05/09(火) 01:56:20
信長が主役じゃないし、知名度がある濃姫で、って事で

109 :日本@名無史さん:2006/05/09(火) 11:54:42
>>107
こちらも信長の側室くらいスラスラ言えますが、何か?

司馬の作品に生駒氏の存在が無いんだよ。
武功の逸話を採用してる大河では濃姫の存在スルーする事もあるじゃん。
「秀吉」見てたかー?吉乃メインで濃姫なんて出てこなかったよな?
「利まつ」で濃姫の重要度は少なかったろ?生駒氏なんて出てきた記憶ある?

大河ドラマ見てりゃ、そういう「ただの設定の相違」がわかるはずだがなW
あと十年くらい大河見てから意見しな。


110 :日本@名無史さん:2006/05/09(火) 12:31:12
>「利まつ」で濃姫の重要度は少なかったろ?生駒氏なんて出てきた記憶ある?
出てましたが。

おまえは100年くらいみないとだめなだな

111 :日本@名無史さん:2006/05/09(火) 16:04:46
「利まつ」の濃姫って、お市の後ろを歩いてるような出番だけだったね。
演じてた女優も知名度の低い人だったし、影薄すぎ。

緒形「信長」の菊地桃子・濃姫は面白い女だったし、
高木美保・吉乃は「自分は子供を産む道具」なんて病床で泣いてたし
若村麻由美・お鍋はなんか変な登場の仕方・・・
母親の土田御前もきつい性格がよく出ていた。
信長周囲の女性群像としては、あれが一番面白かったな。

112 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 17:18:45
大きな台風がやってきてどっかの家の蔵が壊れて
そこから高畠(畑)家や小倉家に関する超貴重資料wwwが見つかれば、
お鍋ヒロインの小説やドラマが出来たりしてね。
「信長に一番愛された女」とかさ。

そしたら、生駒厨や正室厨が大騒ぎするかなー

113 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 01:54:26
>>107
てか生駒が出てこないのに信忠が出てくるのはおかしいという
意見自体が何かおかしい。
別に信忠の生母どうのなんて山内の話には関係ないことだし
生母はどうあれ信忠は義母でも御台(濃姫)を母に持つから
嫡男の地位を持てたわけだし。

そんなこと言ってたら、信孝生母の坂氏、武田討伐前に返還されてきた
信房(勝長)生母、本能寺後に秀吉が開いた葬儀の時に出てくるで
あろう養子に出された秀勝生母も出さなくてはいけなくなってくる。

114 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 21:04:30
松寿丸を助けたのは千代様だったのですね!

115 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 22:59:16
少し前に馬の話題が出てたので・・・
戦国時代7割りの武将が愛用したのは「南部駒」持久力機動力共に国内最強。
ポニーが高価?聞いた事無いな、ポニーは安いよ調教も割りと楽。
余談だが昨今食用馬の主流はポニー。

116 :日本@名無史さん:2006/05/17(水) 13:44:45
>>113
107はドラマの登場人物の省略という当然を理解できないお子ちゃまなんだよ。

信忠はあと本能寺でちょい出かナレ処理くらいだな。
信考は後継者争いのときに顔くらい出て台詞少々?
勝長なんて名も出ないだろ。物語の進行に支障のない存在だから。

117 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 20:06:08
ようやく秀長が出てきたねぇ。

でも重要そうじゃない。

118 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 01:23:23
東根作寿英

119 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 01:54:14
>>80
「太平洋の航海があっけなさすぎますよね。
船に乗ったことがないはずの義経は、
もう少し、船酔いになってもよさそうだし。」
「それから、ドラマ全体にそうなのですが、
季節感が希薄ですね。
とくに東北にきたのに、いつも夏のようです。
京都も冬寒いですが、それに較べると、
やはり一段ときびしい気候なはずです。
そういうことを描くことを、すっかり忘れてしまっているのでは。」
「もっとデイテールというものにこだわらないと、
どうせ奥州での話は90パーセント以上が虚構なのですから、
いくら虚構でも、それらしいリアリテイがうまれません。」

↑これがこうなる↓

「とにかく、あの『信長』はやたらに画面が暗く、何をやっているのか、
よくわからない。鏡みたいに暗いので、
見ているこちら側の視聴者が画面に映りこんでしまう、
という噴飯物であったので、そのことがとくに記憶に残っています。」

そして朝日新聞が大河の提灯記事を書けば
「大学の同じ学部の同級生が、いま朝日の文化部長をやっているので、これから某所で攻撃モードに移る予定です。許せんからな。」

船酔いや季節感にまで注文つけるくせに、昼夜の表現にこだわったら文句たらたら
この後には監督への人格攻撃が続きますw
こういうのを相手にしなきゃならんのだからNHKも大変ですね。

>>117-118
秀長役「あの『信長』」の信忠だったんか。

120 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 09:31:18
昨日の放送の信長のアップでかつらの跡がみえてたよね・・・

121 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 11:57:51
今年の大河劣化版利家とまつにみえる

122 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 16:00:37

>>115
ポニーとはイギリスで1889年、体高148a以下の馬をポニーと呼ぶこと
に決めた。しかし、今では厳密に守られている訳ではない。
アメリカでは体の大小には関係なく、多目的の乗馬用を漠然とポニーと呼ぶ。

君がどのポニーの事を言ってるのか分からないが調教済みのシェトランドポニーや
南部駒が安い値段で売っている所があるなら是非教えてほしい
食用の馬はそれように育ててるやつだろ?
君が実際にポニーの調教をやって簡単だと思ったならそれでもいいが
「ポニーの調教なんか簡単だ!」て言う人がいたらぜひ話を伺ってみたいよ。


123 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 17:06:12
一豊 や 千代 戦国時代中 名なき人。


毛利 織田 武田 羽柴 明智
前田 島津 ぐらいが有名。

124 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 17:33:31
一豊ってもっとヘタレなイメージがある。

125 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 20:34:04
>>122
ポニーの種類なんてシラネ。
しかし食用と乗馬用は種類が違うのか?俺が見る分には同じだが。
食用ポニーは安い!!
南部駒なんて現存するのか?
調教に関しては親戚の話だ。食用ポニーから足腰の強い馬を選んで調教し、乗馬用として売るそうです。
農耕馬よりは格段に安値(競り値)

126 :日本@名無史さん:2006/05/25(木) 00:08:43
>>125
亀レスご免な!
今日、天寿をまっとうする馬は殆どいない!可哀想だけど死ぬ前に殆どの馬が処分されるタダ同然に。
馬の値段なんてあって無いモノ!業者が引き取る時は重さ(s)だけ!
南部駒は常識的には絶滅してるハズ(隠れて飼ってる人もいるかもしれないが?)
(馬の値段・ポニー)
血統書付きの誰が見ても良い馬(キリが無い)>雑種でどすこい系&ガリガリ(ただでもいらん)
初心者や子供でも駆け足が出来る馬(きりが無い)>歩くだけ&観るだけ(ただなら誰か貰う)
農耕馬=食用
採算ラインは40万ぐらい?熊本の馬刺し用の馬は黒毛和牛クラス!









127 :日本@名無史さん:2006/05/25(木) 00:16:13
>>123-124

利家とまつ(6月17日)
ケーブルで再放送開始する。

信長役 反町隆史

前田 利家役 唐沢

その妻 まつ役 松嶋菜々子
照らし合わせ見応えありかも!

128 :日本@名無史さん:2006/05/25(木) 00:43:02
一豊にそんなにたいしたエスピードないから
秀吉、信長が中心話が進むな

129 :日本@名無史さん:2006/05/25(木) 19:05:30
千代と康豊がいなければ土佐もどうなってたか。

130 :日本@名無史さん:2006/05/25(木) 19:24:58
>>123
一般的に知られてる戦国武将は、信玄・謙信・信長・光秀・秀吉・家康これぐらいでしょ


131 :日本@名無史さん:2006/05/25(木) 19:30:27
>>129 土佐も不運な道となる

千代晩年京都で過ごしたからね、土佐居心地悪かった


らしい。

132 :日本@名無史さん:2006/05/25(木) 19:50:30
>130
明智より有名な逸話の残ってる毛利や伊達のほうが知名度あるだろう

133 :日本@名無史さん:2006/05/25(木) 22:27:28
>>132
いやぁ、そりゃないよ。
明智の謀反の方がその逸話よりも知名度は上回ってると思う

134 :日本@名無史さん:2006/05/25(木) 22:40:25
子供のころ明智といえば小五郎だった
三本の矢や伊達巻、伊達者もしっていたが
本能寺は学校で習うまで知らなかったよ
そんなのおれだけかもしれんが


135 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 08:32:03
如水のせがれを匿ったのは半兵衛ではなかったの?
山内の手柄みたいに書かれてるね

136 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 12:39:41
なぜ標準語なのか?

137 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 01:44:47
信長は狂人

138 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 16:14:56
>>135
その他大勢のひとりにすぎない山内夫妻を主役にしちゃった上に、脚本家の力量
が今イチだからなあ

139 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 20:08:59
山内一豊は実際残虐で薄汚いし卑怯者

140 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 21:04:22
山内一豊は実際秀吉以上のお調子者あらよっと

141 :日本@名無史さん:2006/06/06(火) 14:08:40
出前一丁!

142 :日本@名無史さん:2006/06/07(水) 17:02:11
唐突ですが、本能寺の変のシーンの予告編を見て思ったこと:
 寝巻き(?)の上から鎧を羽織るシーンがありましたが、下がぴらぴらとしている(ズボン状ではない)のであれば羽織るのは難しいのでは、と思いますがどうでしょうか?
 

143 :119:2006/06/12(月) 00:48:55
秀長役、東根作じゃないじゃん。

144 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)