5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

1行リレー日本史小説5作目

1 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 19:43:49
前スレ(日本史小説4作目)
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1138696749/
本スレッドは、あくまでも1行小説というわけで、次のことは守ってもらう。
1 2行以上書いた香具師は、当日レス禁止。
2 2行以上の文章はスルー汁。
3 連投は禁止。連投した香具師も当日レス禁止。
4 重複した場合は、1つの文章として扱うべし。
5 sage書きOK
6 なるべく歴史関連の文章にすること。
7 AAは全て禁止する。
以上のことを守って、面白く楽しいスレッドにしましょう。

過去スレ
3巻目
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1134556497/
2巻目
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1131180224/
初代スレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1129424122/


2 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 19:46:30
何事もなかったように、右府様はウンコのついたフンドシを洗っていた。すると、川上から

3 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 20:09:03
うんこ仲間の格さんがドンブラコと流れてきた。

4 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 20:38:37
駿府のお城に持ち帰り、二つに割ると、中から格さんの中の人が現れますた。

5 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 20:52:07
それは助さんだったのです。

6 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 21:14:30
スケサンスケサンスケサン・・・ではさん助さんどうぞ・・・

7 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 21:37:07
助さんは印籠&手形&お銀のセットを右府様に手渡した。「しゅっぱーつ」

8 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 21:43:27
よく見ると手形は通行手形ではなく不渡り手形だったのである

9 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 21:45:05
そして印籠は格さんのうんこだった

10 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 21:58:08
「うんこ」はエヌ爺にしたほうが良いのではないかと・・・

11 :日本@名無史さん:2006/04/16(日) 23:19:10
綱吉は思った。

12 :日本@名無史さん:2006/04/17(月) 05:56:17
綱吉は今わんわん天国を作る計画中だ。わんこは超カワイイからな…特に柴犬のカワイさなんてタマラナイ。

13 :日本@名無史さん:2006/04/17(月) 06:11:46


14 :日本@名無史さん:2006/04/17(月) 06:15:05
水戸の光圀公は、犬の可愛さが永遠に残ることを願って、野良犬を捕らえては剥製にして綱吉に送りつけた。

15 :日本@名無史さん:2006/04/17(月) 06:25:07
綱吉は「よくもワンちゃんを…テメーは絶対に許さん」と光圀を暗殺する事にした。

16 :日本@名無史さん:2006/04/17(月) 07:46:22
光圀は綱吉に対抗すべく鍋島ぬこ軍団を江戸に進発させた

17 :日本@名無史さん:2006/04/17(月) 10:04:30
ぬこが町にあふれたため、カツブシの値が高騰。浅野が吉良に贈った品は、実は最高級品だったと判明

18 :日本@名無史さん:2006/04/17(月) 18:56:45
それでも吉良が浅野をいびったのは、黒く硬く大きい鰹節が、老齢の自分に対するあてつけと感じたためである。

19 :日本@名無史さん:2006/04/17(月) 19:15:52
フランス製の高級鰹節とも知らずマスコミに口走ってしまった吉良はとんだ赤恥を晒し

20 :日本@名無史さん:2006/04/17(月) 19:21:32
涙に咽びながら、歯の揃わない口で黒く硬く大きい鰹節を一心不乱にしゃぶるのだった。

21 :日本@名無史さん:2006/04/17(月) 20:28:43
情けない姿に憤慨した浅野は吉良に斬りつけた

22 :日本@名無史さん:2006/04/17(月) 20:32:14
一説には、あまりに旨そうだったので、あげるのが惜しくなったからだともいう。

23 :日本@名無史さん:2006/04/17(月) 20:33:10
ゴルァ〜 じじい コレデも食らえ〜・・・・

24 :日本@名無史さん:2006/04/17(月) 20:35:46
これらが後世において忠臣蔵と呼ばれた事件の真相であった。

25 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 04:32:28
そこで筆頭家老大石の登場である。実は大石も・・

26 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 05:52:42
鰹節を我が物にせんと、綿密に計画を練って吉良邸を襲撃したのである。余程の上物だったらしい。

27 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 16:09:06
錦の風呂敷包が落ちていたので大石は、これぞ例の高級鰹節、シメシメと拾って帰るが

28 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 17:18:48
中身は白髪頭の爺さんの首。いらないので捨てようとしたら・・・・


29 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 17:42:07
薩摩の有村某という男が血眼になって落し物を探していたが首を見ると

30 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 17:52:20
井伊の首があって

31 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 18:09:17
あったあった、アリガト!と謝礼に桜島大根を山ほど置いていった

32 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 18:26:21
泉岳寺の坊さんに、おすそ分けしようと風呂敷に包み、棒の先に吊して歩くと、

33 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 18:53:59
知らん奴の首がぶら下がっていた。

34 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 18:55:59
円山応挙が大根にへのへのもへじを写実的に描いていたのだ。

35 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 18:59:31
それを見た和尚はビックリ仰天、境内に生首など持ち込まんでくれと苦情を

36 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 19:23:18
言われた。「そうだ応挙なら、なんでも鑑定団に持って行こう」と寺を出た

37 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 19:25:18
しかし、途中で半分ほど食べてしまった。

38 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 19:57:03
通りかかった沢庵和尚、う〜む惜しい、これが練馬大根なら沢庵漬けになるのだが

39 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 20:00:23
沢庵和尚は練馬大根を探す旅に出た。

40 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 20:20:48
散々探し回った後、あきらめて寺に帰ったときに、庭に植えられていたのが、幸せの青い練馬大根だったのです。

41 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 20:28:47
幸せの青い大根はお空へ飛んでいってしまいました。そこへ

42 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 21:48:37
通りかかった楠正成は、はるかな旅の途上だった。物語の登場人物はいつか舞台を降りなくてはならない。書き記す者を残して。

43 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 22:28:55
幸せの青い練馬大根が空から落ちてきて楠正成に直撃した。

44 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 22:37:37
大著『ロードオブザ一行スレ』の著者、オゲギャギャオゲギャムッウーッウーオゲギウーオゲギャムッウーッウーッオゲウーオゲギャムッウーはそう英雄の最期を記している。諸行無常。色即是空。

45 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 23:26:19
正成の携帯が鳴った。正行からだった。今夜の合コンの誘いだ。


46 :日本@名無史さん:2006/04/18(火) 23:57:55
携帯を拾い上げ、でたのは新田義貞であった。「いくいく。まってて」

47 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 00:35:07
会場に着くと待っていたのは北条政子と淀と…

48 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 05:34:29
藤原薬子、日野富子、小野妹子であった。

49 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 06:18:37
主催者の道鏡が、とりあえず王様ゲーム!!!!と絶叫。

50 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 06:25:49
だが、小野妹子は不満だった、何故ワシだけオナゴの中に混じってるのじゃ?

51 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 07:51:35
小野クンは未熟だのう、ワシは宝の山に入った気持ちでウハウハじゃ、と山拓は高笑い

52 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 16:03:04
遅れてごめんね〜と北の政所がやってきた!

53 :日本@名無史さん:2006/04/19(水) 19:45:49
これで揃ったようだな、と王様ゲーム中の長屋王、山階宮菊麿王、中山王尚巴志、王貞治が言った。

54 :市松:2006/04/20(木) 02:21:29
やはり、王がいないと将棋が指せないな。


55 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 04:21:58
「王がないなら玉で指せばいいのに」と北政所が言った。

56 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 06:26:16
「んだ。パンがなけりゃ菓子を食えばいいんだべ」長屋王が言った

57 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 06:41:04
「玉ならここにありますわい!」と小野妹子はシモをさらけ出してみせた。最低の合コンだった。

58 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 16:37:36
淀殿「なに食べようかな〜」北の政所「お前はコレデも食っとけ!!」

59 :未定:2006/04/20(木) 18:54:21
出されたのは白米だった

60 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 19:38:48
淀殿は顔を引きつらせながら、さも旨そうに食い、お返しとばかりに北政所にブタ胎児の刺身を勧めた。

61 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 20:32:28
それに飛びついたのは朝鮮通信使の一団

62 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 20:39:37
一団は想像を絶する悪食を始め、合コンは阿鼻叫喚の坩堝と化した。

63 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 20:47:15
これ食べるニカ? ホルホルホル 北の政所に勧める朝鮮通信使の一団

64 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 20:50:24
あらっ!?以外と美味でおじゃるー!塩で食うスミダ!

65 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 20:53:24
そのとき、おサルの太閤さんから携帯に電話が。北政所の話を聞いたおサルさんは、戦争でも起こしかねない勢いだ。

66 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 22:29:42
「てめ一人でヤレよ〜 」と北の政所は電話を切ってしまった!

67 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 22:54:59
直ちに無電封鎖した連合艦隊第一機動艦隊「赤城」「瑞鶴」から第一波260機が漢城を猛爆。釜山に戦艦「大和」「武蔵」を主力とする第一戦艦戦隊が艦砲射撃を加えた。

68 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 23:39:21
「霧島」「比叡」は竹島に不法に築かれた施設群に対して艦砲射撃を加え、これらを完全に破壊した

69 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 23:48:37
陸軍は大挙、壊滅した釜山に上陸し三光作戦を開始した。関東軍も全戦力を緑鴨江に集中し、北から挟み撃ちにした。

70 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 23:50:38
しかし暗号筒抜けで小さな目的の為に全鑑爆沈ー^^

71 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 23:51:54
二行以上書いた事により>>67は山本五十六様のゲンコツを御見舞いされた!!

72 :日本@名無史さん:2006/04/20(木) 23:55:52
東條政権は捕獲した捕虜を一人当たり10円で、極東シベリア開発に悩んでいた不可侵条約国ソヴィエトに労働力として売却した。

73 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 00:03:41
>>69.72はWBCで有名なボブにまでルールを守れと言われてしまった!!

74 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 00:08:51
孫文の要請を受け、東條は朝鮮女3000人を毎年無償で援助する旨、快諾した。

75 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 00:10:08
か、核が飛んできて〜!?

76 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 00:15:11
ドイツから帰国した松岡は、引き連れた政策顧問アイヒマンを朝鮮総督府次官に任命し、思想矯正施設の建設を命じた。

77 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 00:26:11
「一行と二行の違い日本史と近代史の違いさえが分からぬ馬鹿がいる」と・・

78 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 01:24:33
そう。最近、淀は物忘れがヒドかった。この前も家康に何か言われた気がしたが…

79 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 06:11:05
キツい三河弁のため全く聞き取れず、記憶に残らなかったのだ。

80 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 11:04:46
淀「あ〜退屈!!暇つぶしに千姫でも虐めてやろう!へへへへ」

81 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 17:46:54
虐められた千姫は、江戸のたぬきちに「むヵゝ⊃<ぅ」とメールを送った

82 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 20:17:31
たぬきちさんは、自分に対する言葉と思い込んで、3日も寝込んでしまいました。

83 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 20:37:25
たぬきちさんは、ふと起き上がって言いました。「そうだ。京都に行こう♪」

84 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 21:39:34
たぬきちさんは、お供の者に風呂桶を担がせて、エッチラオッチラと東海道を上ってゆきました。

85 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 21:48:22
その途中、一匹のサルがたぬきちさんの前に現れました。

86 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 21:54:20
「やあ太閤さん。この間死んだのではなかったのですか」。しかし、おサルはたぬきちさんに見向きもせずに茂みに消えてゆきました。

87 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 22:58:49
「さるぅぅぅぅ!!!馬ひけぇぇぇぇ!!!狸狩りじゃゃゃゃ!!!!」右府様は、東千歳第71戦車連隊の先頭に立って出発した。

88 :日本@名無史さん:2006/04/21(金) 23:58:02
その連隊に立ちはだかったのがかのサボテンブラザーズだった。

89 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 00:06:59
71戦の90式戦車数百両に轢かれたサボテンは・・・・

90 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 00:09:37
2人の頭骨で金杯を作った右府さまは酒を飲みながら問うたという。「なぜじゃあブラザーズ。なぜ飛び出したのじゃ」

91 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 00:11:56
枯れはせず九七式明智光秀として、大量再生した。通称チハタン

92 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 00:13:11
利休が一句「飛び出すな 戦車は急に 止まれない」

93 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 00:19:24
曽良が続けた「それにつけても、金の欲しさよ」

94 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 02:51:08
それを聞いた芭蕉は「金が欲しいなら自分で掘れ」と曽良を佐渡金山送りとした。

95 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 04:42:36
佐渡に向かう舟に乗っていると後方から佐渡の名物タライに乗った海女が現れた

96 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 05:37:43
タライの海女とは真っ赤な偽り、我れは八幡大菩薩・源家の霊神なり

97 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 05:48:19
ただそれは、「近藤が攻め、土方が受け」であったという史実を無視することとなる。

98 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 07:03:47
近藤は口の中に拳が入るというのは嘘で、じつは土方の大きな

99 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 07:33:55
デカマラがぶち込まれるほどの締りのいいケツ穴で
あったというのが事実である。それを知った沖田は

100 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 07:40:03
「朝っぱらからなんて話題ですか」と沖田は嘆いた。

101 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 09:06:49
「それより血!血をよこせ〜」吐血しながら、ニッコリ笑って言った

102 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 09:18:58
「乳が欲しい? 沖田の奴も好色だな」近藤は豪快に笑った。沖田は既に血の海の中だ。

103 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 13:07:57
その海の中をイルカに乗った安徳帝が「竹島はどこだー、占領してやる!」と叫んだ(もちろん蘇我入鹿とは関係がない)

104 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 14:05:20
これこれ、余のイルカちゃんの浮き輪に画びようを刺すのではない。どこへ連れて逝こうというのだ?プクプク・・・


105 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 14:23:40
尼ぜ、ここが波の下の都か「オープン・ザ・セサミー」うわっ、宝物の山だ〜。

106 :lllkk:2006/04/22(土) 14:32:04
と思ったら目が覚めた、大正天皇。

107 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 14:35:12
それは全て貴方の妄想です by建礼門院   ※ちなみに尼は二位の尼

108 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 14:38:13
義経「平家は何かとうるせーな、あと頼朝も」

109 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 14:44:09
(その頃奥州では)藤原秀衡「いいぞ九郎、もっとやれ」

110 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 14:56:34
そのころ、鎌倉の頼朝は高笑い「愚か者めらが我が大頭の脳みそには敵うまいw」

111 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 15:03:39
NO.2の範頼も頼朝の顔色をうかがいながら一緒に高笑い

112 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 15:07:13
北条政子「↑あの人イクナイ。よく見るよろし」

113 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 15:19:06
頼朝「ハイハイ、殺ればいいんでしょ(嫁のくせに・・・)おい頼家、あいつらみたいになるなよな」

114 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 15:43:32
頼家/安徳 ランランラ−ン ランランラ−ン ドロップ ドロップ 落馬

115 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 15:51:02
足利尊氏「そこで私の東条ですよ、師直、戦の事は任せた。よきにはからえ、以上」

116 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 16:07:35
足利義満「金閣が最高と思ったが銀閣を義政が造った?さすが我が血である」

117 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 16:33:26
織田信長「呼んだ?」

118 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 16:38:25
義政の正室・日野富子「私は金閣寺の方が好きどすえ〜」

119 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 16:57:13
金貨頭・光秀は信長の為に学問を好み治政に励み政治的手腕を振るった

120 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 17:05:53
雲霞の如くにたなびいたる三十万騎が真ん中へ、魚鱗懸かりにわって入り

121 :日本@名無史さん :2006/04/22(土) 17:09:00
ガラス張り お猿さんの動物園 バナナ 食べ放題 豊臣秀吉 許す

122 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 17:10:52
最近は金の値段も高騰、頭に金箔も塗れぬわい、と嘆く一休禅師だった

123 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 18:30:36
「私にお任せください!」と蜷川新右衛門現れる!

124 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 18:45:24
が、金相場でウハウハな越後屋さんが、新右衛門を既に買収していた。

125 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 18:55:50
頭に金粉塗るとは俗物ですな〜、と二人の旅の俳諧師が皮肉な笑みを・・・

126 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 20:03:30
その二人を三島由紀夫はなで切りに切り捨てた。三角関係のもつれであった


127 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 20:18:50
紙一重でかわした芭蕉が詠む「荒海や 佐渡によこたふ 天の川」。血まみれの曾良が継ぐ「サドは金粉 荒縄使ひ」。

128 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 20:22:29
そろそろワシの出番か、緊縛なら任せとき、と団鬼六

129 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 20:24:56
「衆道のほうは嗜まれますか」三島は期待と不安の入り混じった目で尋ねた。

130 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 20:25:50
井伊凄く

131 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 20:39:45
脚絆に包まれたあのふくろはぎ・・突き出たでん部の揺れ具合


132 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 20:47:38
今川義元公は、その雄姿でピッチに現れ、俊介と交代した。

133 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 20:49:19
おーれおれおれおれー♪おれがチャンピオン♪戦国チャンピオン♪おーれおれおれおれー♪・・・

134 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 20:53:16
話は変わるが、シーボルトに男色のケがあったことはほとんど知られていない。
前立腺の位置を指を入れて長英に指導するなど、医学の指導も兼ねたものだったそうだ。

135 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 21:01:55
彼は呆れた。そこに藤原鎌足が現れこう言った

136 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 21:05:12
けまり名人今川義元はジーコに「ドイツには連れて行かない」と言われて・・・

137 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 21:12:20
京都で我慢することにした・・・

138 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 21:13:14
光秀 火の用心 しゃしゃりませ
信長 是非もない であるか

139 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 21:16:04
「時は今、天がしたしる 皐月かな」

140 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 21:18:05
曽良が続けた「それにつけても、金の欲しさよ」

141 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 07:25:22
ワイなら「根岸の里の侘び住い」とするがの、と蕪村は大阪人の卑屈さ丸出し

142 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 08:07:09
本居宣長は蕪村を勝者と判定した。

143 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 08:36:01
敷島の大和心を人問わばそれにつけても金の欲しさよ
と詠んだのは誰だっけ、と皮肉る一茶

144 :三光作戦:2006/04/23(日) 08:41:53

日中戦争時、抗日ゲリラに手を焼いた日本軍は、強圧的に拡大して
満州と中国との国境とした万里の長城線一帯を無人化する作戦を実施した。
指定地域内の住人を総て強制収容所に移住させ、ゲリラと住人との接触を断ち
ゲリラ出没地域での耕作を一切禁止するというものである。
その過程において、首を切り落とすなどして殺害した農民は8万1千人、
拷問のため施設送りの後処刑した者4万6千人。合計127000人を殺害した。
集落によっては村民が殆ど皆殺しになった所もある。
人囲いと言われる強制収容所は粗末なもので、宿舎は無く、移住させられた住民は露地に藁を敷き、露天で寝るしかなかった。
宿舎としてのバラックや要壁などは住民の手で作らされた。
農期には収容所近くの耕地で農作業を強制された。
収容所の環境は劣悪で、満足な食料、薬もなく、病気や飢えで何万もの人が命を落とした。

表題の三光とは、殺し尽くす、奪い尽くす、焼き尽くすと言う意味である。

幾つか例を挙げると

豊潤県潘家峪では一度に1230人が虐殺された。
密雲西白連峪では、全村落を破壊し、最後に破壊から偶然逃れていた一軒を発見し、そこに居た70歳重体老人を家ごと焼殺、幼児2名を銃殺。
王廠溝、南大門一帯では、580人を逮捕し、380人を虐殺し、残り200人を強制労働の為、東北へ送り、内80%が死亡。
石柱子村では、村民700人中300人を虐殺。
興隆県秋木林、大莫峪では、全130戸から180人の青年壮年男を逮捕し、虐殺。寡婦の村とする。
興隆県ではその一帯に多数の寡婦の村が出来た。
更に寡婦の村を襲撃し、逮捕した者で使えそうな者を日本兵の慰め者にし、残りは処刑した。
興隆県では、人口16万人が戦後、10万人に減少していた。
大帽峪の村人など120人を後手に縛り、虐殺。
引っ立てて来た魯家峪住人を一人ずつ目隠しをして井戸の前に座らせ、
日本刀で首を跳ね飛ばしては井戸の中に放り込んだ。


145 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 08:51:51
誤爆と三光作戦によって街は瓦礫の山と化した。

146 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 09:01:18
瓦礫の山から這い出したキョンシーは日本軍の陣地に怒涛の如く押し寄せる

147 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 09:07:23
指揮官の林彪は、いけーいてまえーっ、我が得意の人海戦術で皆殺しやー!と怒号

148 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 09:15:28
「サイコロ コロ助」ならぬ「チャンコロ 殺すけ」とばかりに広島師団が大暴れした。

149 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 09:17:25
だが、米国大統領に乗り移ったキョンシーは広島に原爆投下を命じさせた

150 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 09:26:25
「部屋とYシャツと私」ならぬ「部屋ではだYの私」ならぬ「部屋ではだゲンの私」にしてはならぬ、と

151 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 10:12:16
YKKの一人であわよくばて目論んだワイだが下ネタで頓挫、あ〜あオナゴは危ない

152 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 10:27:57
日本の三光は、太平記にもあるけど
日光・月光・・・・もう一つは忘れた。ひかりだよ
日光菩薩・月光菩薩・・・・殺戮じゃないよ、仏の光

153 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 10:50:27
併合された新国民、朝鮮民兵卒は直ちにビルマに展開中の第5軍、牟田口中将の配下に投入された。

154 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 10:59:41
後白河法皇「誰か踊れ〜舞え〜」

155 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 11:27:00
中臣鎌足が太刀をもって剣舞をはじめた・・・

156 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 11:44:52
菅原道眞も白梅を持って踊りだした

157 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 11:55:34
蘇我入鹿はじっとしている

158 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 12:01:29
その時、突然後白河法皇がポクリ昇天。三人に容疑が向けられた。一番怪しいのは…

159 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 12:04:36
この金貨頭と足蹴にされた明智だった

160 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 12:56:37
あ〜あ、悪い事は皆ワイのせいかよ、狭い日本は嫌じゃ、そや満州行って馬賊やろっと

161 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 13:49:14
奉天で馬賊芸者として花柳界にデビューした

162 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 13:55:15
気難しい鴨川の流れにきれいさっぱり洗われました。

163 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 14:10:41
関東軍の参謀や馬賊の張作霖から病気貰って満身腫れ物だらけの明智は祇園の舞い戻って

164 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 14:15:19
明智を宴席に呼んだ町医者の竹庵は明奴を見て真っ青になり、近くに寄らんでくれ

165 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 14:38:16
しかし石田光成は、茶会で明智が飲んだ後の茶碗に平気で口をつけたことがきっかけで親友となった。

166 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 14:42:12
と追い払った。明智は泣きながら「出家してやる」と本能寺に駆け込んだ

167 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 14:45:35
意気に感じた明智は大谷と共に石田の挙兵に参加したが、実は狸と通じていた

168 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 14:52:43
狸は全身に吹き出物がある明智を平然と抱いていたのだ。石田とは器が違った。

169 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 14:53:12
東軍の勝利に帰し、狸は恩賞として北の政所を明智に与えたが

170 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 15:02:12
狸の巧みなテクにメロメロになってしまった明智はサルの使い古しはいらんわいと拒否

171 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 15:09:42
むしろ抱き枕として三河殿に似せた信楽焼の狸を下されと願い出た。

172 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 15:25:29
狸の焼き物と睨めっこすること9年、明智は遂に悟りを開いた

173 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 16:55:01
しかし悪い病気によって手足が腐り落ちていた。

174 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 17:06:48
手足なんぞ必要ない!脳ミソさへあれば
色即是空、空即是色、・・・・・・般若心経、アーメン

175 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 17:09:37
2行なら 殺してしまえ ホトトギス

176 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 17:12:55
闇の夜に鳴かぬ烏の声聞けば生まれる前の母ぞ恋しき 生臭坊主

177 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 18:41:21
ええいっ、坊主は嫌いじゃ焼き殺せ、と信長公はキンカ頭に命じた

178 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 18:41:56
生臭坊主を火で清めよと右府さまは織田全軍挙げて叡山を焼討ちにした。殺され焼かれた僧兵・俗民3000。

179 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 19:24:53
こんがり焼けた僧侶たちの中でもっともいい焼け具合のものを

180 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 19:24:53
姉妹都市宣言をしている少林寺からリーリンチェイ以下数百人が叡山支援に旅立った・・・

181 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 19:27:37
しかし拳法では種子島には敵わなかった。

182 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 22:12:58
その前に東シナ海で米ガトー級の魚雷の餌食だった・・・

183 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 22:34:42
しかし支那13億が一斉に息を吹きかけると魚雷は方向をかえた。

184 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 23:07:50
魚雷の向かった先は盲腸のように飛び出てるキムチ半島

185 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 00:15:50
そのキムチ半島の前を何も知らずにバルチック艦隊が・・・・

186 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 04:55:49
しかしそれに気付いたロジェストウェンスキーはコサックダンスで魚雷の方向を変えた。

187 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 06:03:00
連合艦隊はトーゴーターンでこれをかわした・・・

188 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 06:20:20
その業績を検証するため、海軍マスコットは東郷を模した可愛い二頭身のキャラ「東郷たん」に決まった。

189 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 16:29:15
実を言うとその魚雷はお笑いウルトラクイズで放たれた出川哲朗入りの魚雷だった。

190 :未定:2006/04/24(月) 20:20:19
しかし気持ち悪さから皆本気で逃げた

191 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 21:52:35
逃げる最中ダチョウ倶楽部に機雷はもっと後ろという指示が出ていた。

192 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 22:00:28
少林寺サッカーチームは神業で織田軍を蹴散らしていた。

193 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 22:23:17
日本平サッカー場。今川氏真は井伊直弼の首をゴールに叩き込んだ。

194 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 22:27:02
しかし、多勢に無勢、疲れの見えた少林寺サッカーチームは一斉射撃の前にあえない最期を遂げた。

195 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 07:32:09
しかしGK光秀が信長の首を自陣ゴールに叩き込んで、サルが勝った。

196 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 22:41:08
カビラは叫んだ!!「オウンゴール!!!いいーんです。れいんぼー!!」

197 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 23:07:52
そして詩人の中島みゆきが歌いだした。そう歌はあの歌だ

198 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 23:19:56
エレ〜ン 生ぃきーていーてもぉぉぉ いーいぃですぅかとー

199 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 21:58:14
♪:アクエリアス  そして今日7時。あの男が帰ってきた・・・

200 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 23:03:34
戦神 陸奥の守護神 アテルイが復活したのだ。目覚めしアテルイ「アイフルじゃないよご利用は」

201 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 02:17:37
そしてチワワ部隊は全滅した。

202 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 05:46:10
そこへ駆けつけた猛犬連隊ののらくろ中隊長は敵将を自慢の槍で血祭りに

203 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 07:52:54
またも負けたか8連隊、追われて逃ぐるはマッカーサー

204 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 09:01:52
そのままマッカーサーは自衛隊と共に平安時代へ行ってしまった

205 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 12:04:33
が、全員が平安貴族の体臭の凄さに気を失い、紫式部の慰み者にされてしまった

206 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 12:56:09
紫式部の慰み者にされたマッカーサーは山に篭り、陰陽師の修行をはじめた。

207 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 13:04:24
噂を聞いた源頼光は坂田金時など郎党引き連れてマッカーサーの篭る山へ向かった

208 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 13:22:44
マックは、やばい!と考えた。で、オ〜No、私同盟国人のシュタイン・ドッヂと申しま〜す

209 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 16:25:26
飛騨の銘酒・鬼殺しを飲ませて寝込んだマックの寝首を取った頼光は有頂天

210 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 16:32:01
「『私はオオノ。明日はどっちだ〜と思います?』と言ってます」と英語が得意な坂田が訳した

211 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 16:33:31
マックよっか、やっぱケンタッキーフライドチキンでっせ、と軍服着たおっちゃんがテッシュ配ってた

212 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 16:37:44
頼光は吼えた、酒天童子を討ち取ったワイは英雄や!

213 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 16:57:47
赤い制服の武富士の女子社員がおっちゃんからテッシュを奪って逃げた

214 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 17:00:30
赤い制服の武富士の女子社員がおっちゃんからテイッシュを奪って逃げた




215 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 17:02:57
井伊の赤備えが武富士ダンサーズからレオタードを奪って臭いを嗅いだ

216 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 17:13:35
武田の武将・山県昌景が、それいいオレ貰っとこっ、と横取りした

217 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 21:47:27
横取りするとは武士の恥である!と信玄公が取り上げてしまった!

218 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 22:00:55
それに小さなリボンを付けて高坂弾正にプレゼントした信玄公

219 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 22:28:24
長篠の戦いで逃げてきた武田兵に高坂弾正はそのレオタードを着せて上げた

220 :日本@名無史さん:2006/04/27(木) 22:56:20
CATS☆EYEのテーマをバックに戦場を舞い踊る真田赤備えレオターズ。

221 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 04:07:31
そこに、井伊直政の部隊が目の色を変えて襲いかかった!

222 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 13:37:32
「にゅほーーっ☆レオタード!レオタード!」

223 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 16:57:14
という毒デンパがDJ☆YODOの手により、大坂城天守閣から常時発せられていた。

224 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 17:03:29
それを聞いた者は皆踊りだした。本能寺の信長も「ええじゃないか♪ええじゃないか♪」

225 :日本@名無史さん:2006/04/28(金) 22:24:11
オペラッタ清洲御殿では、サル・イヌ・タヌキが舞い踊り・・・黄金ドクロはケタケタケタ・・・

226 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 05:11:30
狂ったように東京音頭を踊りまくる東京都民の中に都知事が乱入

227 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 07:04:25
障子を硬くなったもので突き破って見せたのである。

228 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 07:43:43
「殿中でござる。殿中でござ〜る!」と後ろから優しく抱き止めたのは誰?

229 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 08:21:51
三島由紀夫だった。

230 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 09:12:57
「介錯でござる。介錯でござ〜る!」と後ろからダンビラ振り回すのは誰?


231 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 10:29:59
ベットのはしに腰かけ見つめているのは誰ですか?昨夜の眠りの秘密を知って奪ったかのように

232 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 10:44:08
ダンビラ振り回すといえば吉本隆明、そしてベッドの端で三島の帰りを待つのは川端康成であろう。

233 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 11:08:45
三島が帰ってみると川端がアルコールの入ったグラスをテーブルの上に置いて一人で雑誌を読んでいました、グラスに午前の陽の光が当たって綺麗だと思いました。

234 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 13:41:23
ガス自殺なのかバスガス爆発なのか疑わしきは罰せず?国境は天城と雪ん子。


235 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 14:36:55
国境の長いトンネルを抜けると、林子平と同郷の姉歯秀次が歌を詠んでいた。
「親もなく妻なく子なく(いるけど)ズラもなし 金もなければ死にたくもなし」

236 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 16:20:19
先に師匠に死なれてしまった三島はあわてて切腹して後を追った。

237 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 17:05:02
だが、師匠は首なし男に追いかけられ真っ青、裸足で逃げ出した

238 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 17:50:20
藤吉郎がさっと草履を差し出し、裸足では蝮に刺されますがな

239 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 17:58:18
前田利家は藤吉郎に「汚らしいお前に上様の衆道のお相手は無理じゃ」と親友として忠告した。

240 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 18:05:49
夕日が信玄の顔に当たりその目が青く光り幽かな怒りを帯びた首は飛びつきほどに美しかたった 謙信

241 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 18:21:42
川中島?墓の戦をしていたものよウッキ− おしっこおしっこ

242 :日本@名無史さん :2006/04/29(土) 18:28:39
本能寺 手首切手 ゴメンね  お前は誰だ

243 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 20:50:08
黄金ドクロはケタケタケタ。

244 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 21:37:42
どくろから来るのか黄金バット コウモリだけが知っている♪ ワハハハハ

245 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 22:15:38
ここは加齢臭漂うスレッドでつねと東条ヒデーキが呟いた

246 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 22:19:01
「この籾だけはなくすなよっ」川が氾濫している中ヨギは息子に大切な種籾を託して

247 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 22:39:17
浅井ドクロぶらざーす!!を踊った。

248 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 23:13:51
浅井ドクロふぁみりーず!!じゃないのか?

249 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 01:41:10
パフィーと一緒にかに食べながらうたっい踊った♪


250 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 06:18:20
鳥羽僧上

251 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 06:33:12
鳥羽僧正は踊り狂う阿呆どもを兎や蛙に擬して鳥獣戯画を描いた。

252 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 07:58:48
西行法師は、骨を拾い集めて魂を吹き込み踊り狂う阿呆どもを作った。

253 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 08:33:00
それを見た近藤勇と土方歳三が突然セクースし始めた。これが有名なやおい戯画である。

254 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 08:57:36
西行法師は人造人間に外道の近藤と土方をタコ殴りにさせた。

255 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 09:08:10
たった一つの命を捨てて、生まれ変った不死身の身体、鉄の悪魔を叩いて砕く、キャイーンがやらねば誰がやる!!



256 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 09:08:58
タコ殴りにされてもへこたれず西行法師を3Pに誘う近藤と土方

257 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 09:10:51
人造人間も加えて4Pに。

258 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 09:36:24
しかしウドだけノケモノに・・・

259 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 09:41:19
「巧言男色すくなし仁じゃな」と足利尊氏は嘆いた。

260 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 09:56:22
4Pの様子を復活したお梅と芹沢がへらへら笑ってみている・・・

261 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 09:59:15
そこに芹沢も加わった

262 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 10:05:07
ええじゃないか、ええじゃないか、松平容保と西郷頼母もくわわった。

263 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 10:09:23
人数が増えて男色筆頭の近藤と土方は満面の笑みだ。だがまだまだ男臭さが足りん!

264 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 10:17:47
そこへいかにも梅毒病みと思しき顔の崩れた男がやってきた。「わしの膿を吸って下され」

265 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 10:22:24
近藤&土方「うほっいい男WWW喜んで吸わせていただく!!」

266 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 10:30:19
すると男はみるみるアシュク如来となり、仏の教えに叶った行動を取った二人を従えて極楽浄土へと旅立ったのである。

267 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 10:38:04
抹香臭いヤシは嫌いだ、坊主は皆殺しや〜、と男は叫んだ

268 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 11:56:50
坊主を殺すとはけしからん7代祟ってやる、日蓮は怒った

269 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 12:08:28
中国共産党執行部は僧侶を共産主義の敵であるとすべて穴に生き埋めした。

270 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 13:21:28
埋められた坊主はキョンシーとなって中南海に殺到したので、共産党も台北へ逃げ出した。

271 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 13:27:09
しかしそこには仏敵、スペインイエスズ会の宣教師とエクソシスト達が待ち受けていた。「神の名の前に退け!!」と聖水の雨。

272 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 13:45:55
ふ〜っ、坊主も疲れる、耶蘇の宣教師にでも改宗しようか、と悩む天海和尚

273 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 14:08:51
転職でっか、ほないい仕事おまっせ、とリクルートの江副社長が耳元で悪魔の囁き

274 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 14:52:34
耳クソがありますが何か? ほっとけ!

275 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 15:13:15
耶蘇教に改宗した天海は隠し子として娘を授かった。後のプリンセス天海である。

276 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 15:57:31
天海がすっかり気にいった一豊は千代に隠れて女の寝屋に通った

277 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 16:35:25
通うのはいいが、いつも肝心のモノが反応しない。

278 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 17:07:26
悪いことはできないもので腹心の又兵衛の野郎が千代にちくってしもうた

279 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 17:37:44
千代「ダーリン!もう許さないちゃ!」当時ダーリンなんて言葉はない・・・

280 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 17:42:32
あの金子、返して、実家に戻ります!と怒り狂った

281 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 18:20:48
これは千代を追い出し、自分の姪を一豊の後添えにと企んだ腹心の陰謀だった

282 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 18:31:51
逆にまつは「どうぞ金子を引き連れて戦にいかれませ。」とイヌを皮肉った。

283 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 19:45:23
腹心の陰謀は成功寸前に発覚、あわれ又兵衛(何者か知らんが)は磔、晒し首の極刑に

284 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 19:55:35
隣の晒し台の上から又兵衛に話し掛けたのが石田三成の首だった、お主なにやったとね?

285 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 21:49:32
それらをつなぎ合わせて、西行法師は今日もいく・・・

286 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 22:17:16
一方、そのころ江戸の町はある男の登場に震撼していた。その男の名は

287 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 01:56:28
耐震偽装設計の雄、アネハであった。

288 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 05:46:26
西行は人造人間を使い、時事ネタキャラを葬った。今日も江戸は平和だ。

289 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 19:01:30
が、退屈した将軍は、夜になるとネズミ小僧に変身する夢遊病にかかってしまった

290 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 19:29:31
そして琉球中山王が扮する運玉ギルーと腕を競って対決するのだ。

291 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 21:23:38
舞台はカリブの海賊、小人の家にシンデレラ城。最後はエレクトリックカーニバルである。

292 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 05:41:35
ネズミ小僧は海賊の剣や小人の服を盗んで貧しい人の家に放り込んだ。家の人は密貿易の疑いで牢屋に入れられた。

293 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 07:53:42
大岡越前は、濡れ衣で捕まった庶民に呵責のない拷問を加え自白させ獄門台に送った

294 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 08:05:02
だが、真実を知らぬ江戸の民は、名奉行とたたえ発砲スチロールで大岡の像を造る始末

295 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 08:21:27
そのハリボテ像を見て大岡を激しく憎んだ男がいようとは・・・

296 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 20:15:23
そんな江戸の騒ぎの中土佐で一人の女のこが生まれた。ヒロスエだ

297 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 20:51:43
しかし病弱のため、わずか1歳でこの世を去った。平均寿命が50歳だった頃の話である。

298 :未定:2006/05/02(火) 21:11:16
これにより平均寿命が2年縮まった

299 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 21:17:29
平均寿命が下がる事を懸念した足利義昭は、将軍の責として腹筋背筋スクワットと懸命に体を鍛えた

300 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 21:42:12
しかし一休さんは脳髄を鍛えて、橋の中央を渡ることに専念していた。

301 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 00:32:20
平均寿命が下がっても数が多ければ問題ないと家斉は力説した。

302 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 02:59:37
橋を渡り終えると急に雨が降って来た。広重の画いた絵もこうだったのかな、と一休は思った

303 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 03:15:03
すると後方から「檀那、そこまで入れてやるわ」小野道風が声をかけた。

304 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 03:26:10
五十銭だね、おぶ代は。一休は答えながら思った(とかくに人の世は住みにくい)

305 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 03:49:43
つれずれの雨が降り暮らしたしんみりとした宵、伊周と道長は四方山話に花を咲かせていた。

306 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 03:58:41
頼朝と義経も石に座って徒然草を読んでいた ず→づ 代わりに直してやったよ

307 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 04:56:12
大いなる夢にまず目覚めしは誰ぞ、俗人は来たか?と、おもて三光。


308 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 05:21:54
ハサミ将棋とオセロはイトオカシ 信長 なにしろサシだからな 鯉のこしあん

309 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 05:50:43
ガッチャン将棋 ダーリン もう許さないっちゃ 蜃気楼魚津

310 :日本@名無史さん :2006/05/03(水) 06:34:18
ヘルメス 葵小僧 水銀 ああ、いたたたたたー 阿賀野川 水俣 ガクガク ブルブル

311 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 07:00:20
さて今宵のねずみ小僧、狙う獲物は世間を騒がすはげたかムラカミの蔵である。

312 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 11:59:40
いわふねはおれのもの本庄繁長 ぬったりやはくさんはわたしのもの新発田重家

313 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 19:43:35
大至急、輜重ヲ送ラレタシ。既ニ吾等弾丸ナシ装薬ナシ糧秣ナシ。徒手デ敵ニ相間見ユルニ、只的ノゴトシ。

314 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 21:57:03
輜重ヲ送ラレタシとのインパール作戦部隊からの電信を受け取った牟田口は
米麦2万トン、銃砲弾1000万発、銃砲1000門ヲ送ル。補給完了セリ、
以降ノ補給要求ヲ却下ス」と電信を打った。 

315 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 23:56:05
しかし肝心の「いつ」到着するかは記されなかった。祭師団は玉砕した。

316 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 07:04:34
佐藤師団長は無駄口を殺るには中村主水を送りこむしかないと決断

317 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 09:19:09
どう考えても中国が世界の王になるよ。あと30年かからんだろう。

318 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 09:30:25
しかし来たのは円山主水(応挙)だった

319 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 10:16:27
ガトリング砲を据えモンドを待ち構えていた牟田口の家老はガックリして

320 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 11:24:26
世界の王、中国の臣下となった。

321 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 11:29:01
英国からギックリ腰のスパイ ジェームス・モンドを呼び寄せた

322 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 11:36:50
その頃、絵に飽きた応挙は俳人になる事を決意。芭蕉に弟子入りしていた

323 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 11:37:28
そしてアヘン戦争がはじまった。

324 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 11:40:48
更に友達のモンドゴメリーさんもペットを連れてやって来た ゴメリーさんの羊♪

325 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 11:47:44
問答無用をスローガンに太平天国の動乱が起こった

326 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 12:00:01
「主水無用」と聞こえた中村は泣きだした

327 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 12:26:12
これは吉兆、進出するか…広東麺を食べたからには餓鬼地獄に落ちる事はあるまい
猿はラー油入りの紹興酒を一気に飲みグラスを床に叩き割り剣を抜き立ち上がった

328 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 12:43:02
婿どの!北の政所は怒って百姓のせがれにチョークを投げた
タイコーにバチが当たりましたよ どちらが非やら理やら♪

329 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 13:17:50
歌を忘れたカナリヤは「まあいいや、どうだって」と自分に言い聞かせながら
一人きりで若かった頃の様に渋滞を避け鄙びた温泉で首まで浸かり
頭にタオルのアフォの姿で 悠然として南山を見ていた

330 :日本@名無史さん :2006/05/04(木) 13:40:47
露天風呂の山の向こうは女風呂だった えーっ違う?ここが混浴?じゃうぶげみたいなヒゲを生やした貴方は オェー

331 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 14:28:36
天高く馬肥ゆるゴールデン・ウイークの今日この頃 皆様いががお過ごしですか?

332 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 14:55:28
泣けばすむかと思っているのか?この(以下略 井伊 今がチャンスです 
 

333 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 15:35:18
草むらの木陰で麦わらボウシ カモメと共に海に沈む夕日が俺の一生さ

334 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 15:56:07
武家の名門につながる家柄の今川義元です 本当は勝ったのさ 哀れ

335 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 16:55:59
古池や 何かが飛び込む水の音 ボッチャン

336 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 17:05:25
おもしろき こともなき世を おもしろく 生き損ねた松蔭たま

337 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 17:09:32
歌の時間はそろそろ終わりにしないか。
そういって扶桑社のメンバーが飛び込んできた。

338 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 17:16:04
終わりはいやじゃ!いやじゃ!と柿本人麻呂が斧を持って暴れだした!

339 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 17:33:22
短気と言われた信長は高い所や城攻めは嫌いでもなかった

340 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 18:49:44
短小と言われた信長はすぐさまシモを曝け出して潔白を示すほどの豪胆さであった。

341 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 20:45:50
あら不思議、世は逆さまになりにけり、乗った人より馬が丸顔。

342 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 21:16:28
鳥羽伏見で破れ大阪から江戸に向かう艦船の中、総司は船の舳先に立った。そして目をつぶり手を広げた。そこに後ろから

343 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 21:40:49
「掃除の邪魔!」と淀が睨んだ

344 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 22:12:06
へこんだサルはさっそく朝鮮攻めを開始した。一式陸攻120機が漢城を重爆撃し、栗田艦隊は釜山を砲撃。上陸した一木支隊と第2軍は三光作戦を開始した。

345 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 22:26:56
しかしそれはすべてゼンマイ仕掛けのおもちゃの兵隊だった。「ねじ巻いてチョーよ」とサルは隣の犬千代に頼んだ

346 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 23:12:28
出兵兵士達はみな名護屋城内のパソコンでインターネット衛星回線を通じて現地のロボット兵器を操作し、メダルオブオナー感覚でキルレシオを挙げた。

347 :日本@名無史さん:2006/05/05(金) 00:58:56
でもロボットはねじ式だった。あっ血が止まらない

348 :日本@名無史さん:2006/05/05(金) 01:40:49
合戦とは未明にはし

349 :日本@名無史さん:2006/05/05(金) 06:32:27
敵もサル者。孫悟空を味方につけ、無数のサル軍団を繰り出した

350 :日本@名無史さん:2006/05/05(金) 09:32:13
だつおは、ロボ兵士を操って、ちょんちゃんを打通!打通!打通!

351 :日本@名無史さん:2006/05/05(金) 17:54:17
チハ車の打通伝説はこうしてはじまった。

352 :日本@名無史さん:2006/05/05(金) 18:12:47
華奢で可憐なチハを守るため、歩兵たちは超人的な戦いを繰り広げたという。

353 :日本@名無史さん:2006/05/05(金) 19:17:13
しかし相手はオブイェークトな神戦車であったので、チハタン共々日本兵は全滅した

354 :日本@名無史さん:2006/05/05(金) 19:42:57
そこに役小角が駆けつけた

355 :日本@名無史さん:2006/05/05(金) 19:44:05
六甲のおいしい水を一口含みチハタンに吹きかけたのだ

356 :日本@名無史さん:2006/05/05(金) 20:30:44
チハタンは、より華奢で可憐に生まれ変わり、それを見た歩兵たちは神が乗り移ったかのように暴れ回った。

357 :日本@名無史さん:2006/05/05(金) 22:25:33
皇軍神兵の荒御魂英霊的活躍により、三光作戦は順調に進み、漢城までの道程はただ蛮族卑賊の死屍累々となす大戦果となった。

358 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 01:10:03
そしてここにくだらない川柳もどき書き込んでいる奴も切り殺された

359 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 06:39:59
そして、この戦いでの唯一の戦傷病者は、敵の砲弾の音で発狂した>>358のみであった。

360 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 10:59:37
南韓が皇軍に蹂躙されたのを見た「この世に二人とない吾等が偉大なる」金将軍様は4個軍すべてに38度線の強行南下を命じた。漁夫の利は吾ニダ!

361 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 12:14:53
出たなバケモノ!!魯智深は弓弦を打ち鳴らし、酔拳でボコボコにし「代金は明日、寺に取りに来い」と言って去った。

362 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 13:11:42
市ヶ谷の宮殿で飛行船の映像を観ていた儒服姿の呉起は「私は軍旅の事は興味が無い」

363 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 13:33:23
黄砂がひどいので戦車しますか?孔融

364 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 13:45:03
山崎の水割りを義景に口移しに飲ませた光秀は逝ったお前はもう氏んでいる

365 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 13:50:55
「紅毛渡来のオールドパーにしろと云ったじゃないか」と幽斎は光秀を罵倒した。

366 :日本@名無史さん :2006/05/06(土) 14:05:25
(うらみます)鍋島の黒ネコは竹久の絵の中で蘇り2時になるとエクソシストみたいに首がこっちに向くのだとさ(決して鏡を見てはいけない)

367 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 14:29:02
見ーちゃったw吉井勇

368 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 14:39:46
敦煌やシルクロードを旅して帰って来た義経ですが 静か元気か?子供達ー


369 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 14:54:06
司馬仲達の孫「おじーちゃん」おう、よしよし。枯れ木に花を咲かせましょ

370 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 15:46:50
明石掃部 百姓一揆でも考えない素人案 島原 氏ねや

371 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 19:00:51
島原征伐に偉大なる将軍さまは第七特殊軍団を派遣した。

372 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 05:54:28
しかし天草四郎の呪術の前には第七特殊軍団などは赤子のようであった。
実にあっけなく殲滅してしまった。

373 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 07:35:30
痛い将軍補佐役は童貞天草四郎を篭絡すべく、大奥から美形を選抜した「喜び組」を派遣した。

374 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 07:57:46
不潔、頭の悪いブス共!!!紫式部は日記にイヤミを書きまくった(どうせ誰も見ないからいいの、それにしても私は天才ね)

375 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 08:23:07
式部ちゃんをひき殺せ〜牛車で箱乗り8字ターンを華麗に決めた清少納言は、いとをかし(これがおいらん道中のモデルになったとは歴史書には書かれていない)

376 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 08:31:09
坂本竜馬 これからパールバーバーを奇襲するぜよ 暗号はゼヨ・ゼヨ・ゼヨ

377 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 08:34:27
孤立包囲された島原、原城を援護する為、教皇グレゴリウス\世は第17次十字軍の発動をキリスト世界に命じた。

378 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 08:38:55
朝っぱらからウルセーな 最上義光は空に向けて力いっぱい力こんにゃくを投げつけた

379 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 08:48:24
それが政宗の目にヒット。独眼になってしまった。「コノウラミハラサデオクベキカ」

380 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 08:48:41
空に向かってツバを吐くとは、俺なら忠興めがけて御馳走をひっくり返すな 伊達政宗

381 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 09:00:41
宴会の後、侘しい忠興は後片付けをしていた あれ?お皿が一枚足りない

382 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 09:54:49
皿ならクレーン射撃で俺がやったぜ//特に赤いヤツなhttp何者か知らんが采配を口にくわえヒーヒー逝ってたぜ:信長

383 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 10:04:22
モノをくわえられるのは好きでごじゃるがと藤吉郎

384 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 10:05:34
明智「天誅するか?どや、斎藤」斎藤一「しーっ、話し合っただけで罰せられますぞ」

385 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 10:34:57
服部半蔵「共謀でござる!共謀でござる!」

386 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 10:51:56
「しかし書いた物が無いと納得出来ないな、腹と腹じゃ」佐々木道誉は笑った

387 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 11:01:00
ちゃんと署名まであるのに針で穴をあけてるやん、こんなのひどい 蒲生氏郷

388 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 11:13:43
奥羽最大の大名は私ですが何か?上杉景勝
家康、来るなら来い かかって来い お前なんかに負けは氏ねー

389 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 13:24:06
この西郷を馬鹿にすっとは、会津は許しもはん!!朝敵会津はアームストロング砲で釣瓶撃ちじゃ!!!ちぇすとぉぉぉぉぉぉ!!!!薩長土肥は4つの口から突入し会津を蹂躙した。

390 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 14:33:30
自称官軍に蹂躙された会津には薩長土肥の落し胤がごろごろ、今の会津人は殆どが合いの子

391 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 14:39:42
そこで某重臣は遅まきながら官軍用慰安所を設立し、慰安婦を募集

392 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 15:26:44
そこに生活できない朝鮮人が大挙して集まってきた

393 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 15:41:34
兵隊さん5円ね、ショウコさん10円ね、とやりてババアが玄関で呼び込み

394 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 15:57:58
そこへ大宮二等兵が乱入、なんやて!5円たぁ、ぼったくりやんけ、と慰安所をバラバラにしてもうた

395 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 16:18:45
しかし磁石で出来ていたので簡単にふっ付いた でも良く見ると反対になっていた

396 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 16:45:54
話を整理すると家康に逆らった景勝は桜田門の正面に屋敷を与えられたと言う事か

397 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 17:22:21
大石内蔵助「・・・上杉と戦うのか。」

398 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 17:34:54
武田信玄 もう・・むずむずします、早くやって。

399 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 18:06:54
貴方も一筆どうぞ
歴代の名を見せられ
信長 いやっ これはどうも
光秀 私は親切で伺った(以下略

400 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 18:26:27
右府様は叫んだ「権六!!越中攻めじゃ!!謙信が坊主首級、挙げてまいれ!!!」

401 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 20:30:13
しかし男装の麗人である謙信は生憎着替え中であった。「イヤーン、エッチュー!」

402 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 21:04:45
景勝は勃起した

403 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 09:15:12
直江兼続がワセリン片手にじっと見ている。

404 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 20:05:40
上杉軍の隙を突いて、右府様はおん自ら一番槍を奉らんと本陣目掛けて突撃した。

405 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 22:12:32
サルとイヌがすぐに脇を固めた。権六と長秀の鉄砲隊がそれに続く。佐々と一益は忍びを放った。蘭丸だけがくやし涙である。

406 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 22:45:29
佐々と滝川はそれぞれ配下の者に景勝と兼続を取り押さえさせて言った。「上様はどちらを御所望でござりまするか」

407 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 23:33:53
右府様は景勝を掘り、景勝は兼続を掘り、兼続は佐々を掘り、佐々は一益を掘り、一益は右府様を掘った・・・これぞ立川流妊術奥義『迂路襤褸酢』である!!(どっかーーーーん!!)

408 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 23:40:47
北畠親房が長子陸奥守北畠顕家陸奥より5万の兵を率いて参上した。

409 :日本@名無史さん:2006/05/09(火) 05:59:37
右府様の正体は後醍醐帝であった。帝は熟女上杉謙信を抱き寄せながら顕家に謁見して功を労った。

410 :日本@名無史さん:2006/05/09(火) 16:41:11
謙信はすっくと立ち上がった。「川中島へ行かなくては!今日こそ信玄様に愛の告白を!」

411 :日本@名無史さん:2006/05/09(火) 16:58:27
すると直江が「親方様なりませぬぅ!」と言った

412 :日本@名無史さん:2006/05/09(火) 17:15:45
「止めてくれるな!。信玄様の男色好みに合わせて頭も剃ったし男装もしただよ!」

413 :日本@名無史さん:2006/05/09(火) 19:06:40
「わしの立場って一体・・・」
右府様は激しく落ち込んだ。


414 :日本@名無史さん:2006/05/09(火) 19:57:42
謙信に振り向いてもらえなかった右府様は、仕方ないので景勝と兼続と越中国だけ貰って兵を引いた。

415 :日本@名無史さん:2006/05/09(火) 21:54:40
しかしまさにその時、その背後を浅井・朝倉連合軍が包囲せんとしていた!!

416 :未定:2006/05/09(火) 22:05:11
そして、必死に抵抗した結果・・・・・

417 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 02:17:16
佐渡島、本間氏の家臣になりさがったのだ

418 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 03:59:21
「本間様には及びもせぬが 攻めて成りたや殿様に」謀反♪

419 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 04:53:09
本間様が「ほんまかいな」と驚いている間に右府様は佐渡を統一。九鬼水軍を呼び寄せて越後に侵攻。

420 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 10:43:51
しかし、その年は豪雪で雪降ろしのボランティアの日々…

421 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 11:16:32
ボランティアの親方は成政、佐々成政・・・背番号は11

422 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 19:16:43
ボランティアのふりをした佐々はもの凄い勢いで真冬のアルプスを越え、織田の旧領地で土豪たちを糾合して兵を揃えた。

423 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 22:15:29
鉄砲10000丁5段射撃の前に、越後勢は壊走。武田を頼って逃走した。

424 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 02:14:58
そして謙信は信玄に愛を告白

425 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 05:48:04
しかし信玄は、高坂弾正の嫉妬のために態度を曖昧にせざるを得なかった。

426 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 10:22:45
信玄は高坂弾正に文を送ったが間違って松永弾正に届いてしまった。自分宛てと勘違いした松永は狼狽えて火薬に点火。どっかーん

427 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 19:32:15
一方謙信は、信玄の正妻三条の方から、京仕込みの本格的ないびりを受けていた。

428 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 21:48:46
謙信は、毘沙門天に祈った。外見は厳しくとも心は優しい天と同じく、いびりは愛であると信じていた・・・

429 :日本@名無史さん:2006/05/12(金) 06:56:05
そこへ義信が泣き顔で現れた。「親父が大事にしていた俺の今川焼きを食った〜殴ってやる!」…だが犯人はイビリで腹を空かせた謙信だった

430 :日本@名無史さん:2006/05/12(金) 19:18:05
しかし信玄は、自分もいつも三条の方から同じ目にあわされていたため、謙信をそれとなくかばった。

431 :日本@名無史さん:2006/05/12(金) 20:56:16
それを物影から見ていた高坂弾正は・・・

432 :日本@名無史さん:2006/05/12(金) 21:02:37
これ見よがしに義信に色目を使うことで、信玄の気を引こうと企んだ。

433 :日本@名無史さん:2006/05/12(金) 23:21:21
ところがカン違いした信玄は怒って義信を幽閉してしまった。

434 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 01:55:05
謙信は二人を仲直りさせようと今川義元に今川焼きを持って来て欲しいと頼んだ。が義元はその途中桶狭間で…


435 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 04:20:12
謙信を横恋慕する右府様によって、今川焼きを奪い取られてしまったのである。

436 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 14:27:43
これを憂慮したのは北条だった。直ちに一族あげて小田原で対策会議を開催した。

437 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 14:59:50
会議の結果、非常事態宣言を出し、対応は今後じっくり時間をかけて練ることが満場一致で決議された。

438 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 17:13:00
隙を抜って里見八犬士が軽兵を率い国府台を占拠し好き勝手な事をしていた
通りがかる大名に、どうだオレの玉の方が大きいだろ藁
一玉一億円を今日の所は3万円(安いなー)と言って若君に握らせその乳母から金を取ったり
5代住んでもここではよそ者さ、宇治蛆してんじゃねえよ!いくら力んでも大久保が

439 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 17:31:47
北条氏政はビックリ。犬達をとらえて斬ろうとしたが、大久保は大した事をしたわけではないからと言って領外へ追い出させた

440 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 17:40:31
氏政:貴方がどなたか知りませんが、私を祝福して下さい。でなければ私は小田原を放しません。

441 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 17:58:22
私は氏綱・氏康等北条の式神である、決して毘沙門天では無いぞよ。

442 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 18:05:23
北条が混乱の渦中にある一方で、信玄は相変わらず三条の方にわが子義信幽閉をネタにいびり倒されていた。

443 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 18:09:40
氏政君、俺んちで宴会あるよヤッホーこちらに来たらどうだい? 佐竹義宣

444 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 18:28:51
これに憂慮した北条は、直ちに一族あげて小田原で対策会議を開催した。会議は難航した。




445 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 18:29:16
景勝 ねえ見て
義宣 来て来て

氏政 逝く逝く

446 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 18:54:07
南総のさとみちゃん(姫君)は、相変わらず北条の領土を攻めろと言って、犬と呼んで侍らせている8人のイケメンを困らせていた。

447 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 19:10:41
この行いに対して憂慮した北条では公式表明を出すため、直ちに一族あげて小田原で対策会議を開催した。

448 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 19:43:30
大丈夫、私がついておりまする。大船に乗ったつもりで戦いなされニヤリ
伊達 政宗

449 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 19:58:00
上天界の夜の宴 義信は下界で見ていたが 知らない間に退散した

450 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 20:03:24
東北の竜、伊達政宗に対する返事を書くため、北条では統一見解を決める目的で、直ちに一族あげて小田原で対策会議を開催した。


451 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 20:33:17
里見八犬士は真間川を渡りきったところで手児奈や伏姫と合流する事に成功した

452 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 21:05:48
同盟中の今川義元は、桶狭間で今川焼きを奪われたショックから立ち直れず、北条の危機を傍観するほかなかった。

453 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 21:47:31
見切った 北条敗れたり 伊達政宗 

454 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 22:04:54
淀「あ、あさて、さて、さてさてさて、さては南京玉すだれ
諸大名「うぉー
猿「やってみるか、俺も信長の次には力があるからな
秀長「兄者…

455 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 22:04:55
八犬士に対する対策を講じる為に、霞ヶ関は第一回八犬士総合対策本部会議を開催したが、各省庁の連携がつかず次回に結論はもちこされた。

456 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 22:14:46
犬士は兵なのか犯罪者なのかで対立する防衛庁と海上保安庁。警視庁と千葉県警も管轄で争っていた。総理府は動物愛護団体の反対を懸念していた。

457 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 23:01:38
綱吉はドリトル先生に犬とオシツオサレツ以外は殺せと明治た。

458 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 23:23:29
面倒なので光圀は第五十七回北条一族郎党総代議会に諸問題を預けた

459 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 23:42:49
イデが発動した

460 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 23:53:30
「一行以上書くな!」と言う簡単なルールが守れないのか?と・・・

461 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 00:12:14
駿府・頼宣&北条高広「見つけた!」軽々しく御三家を名乗るでない(水戸 ひねくれる)


462 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 01:17:25
霞ヶ関が里見問題に介入してきたのを遺憾として、北条は、直ちに一族あげて小田原で対策会議を開催したが、会議は踊った。


463 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 09:41:37
北条・武田で内紛が続く中、今川も義元が統率力を喪失し、三河の松平氏に離反の動きが出ていた。

464 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 10:54:57
竜馬はいった。「幕府に任せちょると、決まるもんも決まらんぜよ。」

465 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 11:05:30
「じゃあ、あたしがキメてやる」築山殿が名乗りを上げた

466 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 13:57:33
「わが娘をいびる姑は死刑じゃ」と信長が築山殿の首を刎ねた。

467 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 15:15:00
実は築山が生んだ信康は今川義元の胤だった、それを知った家康はある陰謀を・・・

468 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 15:38:52
家康の重臣酒井某は信長の処へ行き、酔いに任せたフリして信康のあることないことを讒言

469 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 15:46:11
最近読んだ小説に似とるな〜、なんでもええけん早う母子ぶっ殺さんかい!と信長は怒った

470 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 15:55:17
身の危険を感じた信康は今川義元を誘って2人仲良く小田原城に逃げ込んだ

471 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 15:56:55
提灯屋の秀吉はさっそく不如帰の親子を殺してしまった

472 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 16:11:53
ところで里見ちゃん一行は西へ向かわず南下してミッキーと遊んでいた

473 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 16:35:57
小田原では招かざる客を向かえ大いに迷惑であったが、その噂を聞きつけ
よりによって真田幸村と明石全登そして朝倉義景までも入城してしまった
仕方がないので氏政は松平・今川・真田・明石・朝倉を五人衆と呼ぶ事にした

474 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 16:38:29
しかし着グルミミッキーの中の人はコッソリ遊びに来た今川のよっちゃんだった

475 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 16:54:25
チアガール小田原は今川焼きを食べながら踊った ヘイ・ミッキー

476 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 17:28:39
今川焼きチアガールズは頭が良くなるよう
亀戸天神へ梅だか藤だか知らんが見て両国で泊る事にした
これら里見ちゃん一行は浪人をも合計すると七万余にものぼったといわれる

477 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 17:47:18
氏政は敏感に反応 五人衆(五色備え)と共に出陣した 敵は本所にあり!


478 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 18:03:29
本所松坂町ではいまや遅しと清水一学が刺客の到来を待ち構えていた

479 :日本@名無史さん :2006/05/14(日) 18:07:58
伊達政宗はこの動きに片倉小十朗を先手に白河を越え小山に布陣した 
危うしの里見ちゃん

480 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 18:19:01
だが里見の後には安浦がいるのを敵も気がつかなんだ

481 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 18:22:11
そこに、三条の方のいびりに負けて義信と和解した信玄が、謙信にそそのかされて小田原城を猛攻した。

482 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 18:58:20
信玄は義信の嫁から今川義元を探すようにキツく言われていた。早く小田原攻めを切り上げねば

483 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 19:25:51
軍笛の音も勇ましく、官軍薩長土肥連合軍は関東討伐の為、東海道と中山道を北上す。司令官は"ちぇすと西郷"でごわす。

484 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 19:39:51
場違いな官軍は、京にたどり着く前に右府様の種子島三段攻撃で兵站をズタズタにされて壊走した。

485 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 19:51:10
しかし毛利長州には破壊的な威力を持つアームストロング砲とガトリング砲があり、織田勢は将官の多くを失った。

486 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 19:56:20
右府様は皇族全てを自陣営に組み入れ、天皇を担ぎ出すことによって官軍の大義名分を奪った。西国で諸豪族が一斉蜂起した。

487 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 19:59:18
その頃石田三成は軍師島左近と

488 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 20:33:05
マブダチの大谷吉継と共に、のんびり茶会を開いていた。

489 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 21:03:05
そこへ招かれざる客タヌキがきん玉引きずりながら入ってきた

490 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 21:08:39
タヌキは茶釜に脱糞し、即ダッシュで逃げた。

491 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 21:23:52
これが後に名茶器と称えられた「平糞の釜」の由来

492 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 21:59:34
ちなみに、九十九ガミラス茶入は、放射性物質の保管に使用していたことに由来する。

493 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 22:44:11
その時、大谷吉嗣の鼻水が一滴茶の中に落ちた

494 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 05:21:10
タヌキの脱糞騒ぎの後では、誰もライ病患者の鼻水程度では動じなかった。その場の全員が大谷と親友になった。

495 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 13:06:31
そこへ坂本竜馬が現われて、アチキも吉原で遊んで悪い病気もらってまい往生してまんね

496 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 13:22:56
だが、身体中から膿が滴り落ちる竜馬の姿をみて怖気付いた一同は一目散に逃げ出した

497 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 13:48:27
取り残されションボリしてる竜馬に高尾太夫は、堪忍どすえ悪気で移したわけでおまへんのや

498 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 14:19:25
じゃかましいわい!竜馬は一刀のもとに高尾太夫を斬り捨てた

499 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 14:30:21
そこへグラバーが、ヘイ、お侍さん、ヤケはいけませぬ、南蛮渡来のペニシリン如何かな、安くしとくよ

500 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 14:51:18
お気に入りの花魁・高尾を殺された山内容堂公は烈火の如く怒った

501 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 16:47:01
山内公の刺客に追われる身になった竜馬は高野山で仏門に入ることにした

502 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 21:06:43
外には羽柴・丹羽・前田・佐々・柴田の猛将達の軍団が右府さまの下知を今か遅しとまっていた。

503 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 22:45:57
その頃、ようやく小田原では伊達政宗と同盟を結んでもよいという玉虫色の回答案が一族の総意として採決されていた。

504 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 22:48:15
日の丸は、朝廷に貢献した大名などに下賜して有り難がらせて
またバカをやらすことに使われたもので、
いわば天皇家の象徴。
その朝廷は日本を征服支配した朝鮮人が作ったもの。
つまり、日の丸は、朝鮮人による日本支配の象徴なのである。


505 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 23:21:37
まったくそのとおりだ。だからこそ第二次日韓併合して皇国の王道楽土を半島にも広めよう。

506 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 23:27:00
俺は毎日、大極旗でケツふいてるぞ

507 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 23:27:49
その頃、政宗は小田原でカマボコを食べていた

508 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 00:45:41
「父上、何故に我にこんな名をお付けになったのですか」と言う愛娘・五郎八(いろは)姫の問いに政宗は

509 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 04:50:44
「もっと個性的な名前がよかったのか? 光忠(ぴかちゅう)とか」と答えた。

510 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 05:29:44
「アロハの方がよぐね? ダテ娘。(と出雲の阿国)で京でアイドルしたいんよねぇ、ガラシャ姐さん」

511 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 07:49:56
韓国最強!
リネージュ2最高!
http://jbbs.livedoor.jp/game/7135/

512 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 21:42:32
「今の流行はお拾いと捨丸じゃにゃーよ。」と太閤殿下は半島遠征の名護屋城を築きながらいった。

513 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 21:57:10
それを聞いて横を向きながら不気味な笑を浮かべる淀殿であった

514 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 22:13:18
そういや奇妙とかいう変な名の甥がいたなぁ。誰が付けたんだアホめ。と淀は笑った

515 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 22:34:03
よく考えたら従兄弟だっけ? あははん、アホな名だ

516 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 22:38:30
「甥ではなく、従兄弟の間違いじゃ、このスベタめ!」と織田信忠が淀に張り手を喰らわせた。

517 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 22:49:06
秀次も現れ、この売女め叔父上に讒言しおってと、殴る蹴るの乱暴狼藉

518 :日本@名無史さん:2006/05/17(水) 00:16:14
「で、あるか」冷静にツッコミを入れる当の信長。

519 :日本@名無史さん:2006/05/17(水) 05:12:09
右府様は身内のくだらない痴話喧嘩よりも、信玄の元にいる愛しの謙信さまのことで頭が一杯だったのだ。

520 :日本@名無史さん:2006/05/17(水) 17:55:23
ただちに秀吉にいって黒田勘兵衛を調略にむかわせた。

521 :日本@名無史さん:2006/05/17(水) 18:00:16
官兵衛はあっさり生け捕りにされてしまいますた。

522 :日本@名無史さん:2006/05/17(水) 21:37:20
しかも、謙信ちゃんの手練手管で開発まで・・・汗

523 :日本@名無史さん:2006/05/17(水) 22:04:21
滝川一益が放った忍びによって官兵衛の状況を知った右府様は「代わってやりたいものよ」と呟いた。真意を誤解した周囲の者は強い忠誠心を抱いた。

524 :日本@名無史さん:2006/05/17(水) 22:43:02
ふたたび秀吉にいって山内一豊を調略にむかわせた。


525 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 01:29:05
しかし当の謙信は月に一度謎の休みを取るのであった。

526 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 06:28:48
しかし一豊が向かった後、しばらく謎の休みを取ることはなくなった。父親は一豊かという噂を、織田、武田両家中の者はぜってーありえねーと否定した。

527 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 21:02:39
その頃、官兵衛は全身を開発し尽くされ、悶絶青色吐息だった。

528 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 21:13:10
そしてサイボーグ黒ちゃんに生まれ変わった

529 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 21:21:52
武田赤備えの超高性能ダッチワイフ「かんべぇ1号」である。

530 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 21:44:15
虚しくないかい?

531 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 22:11:00
青島!日本に帰ろう!!

532 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 05:41:55
官兵衛は長きに渡る攻めで足腰が立たなくなり、以後合戦の際には輿に乗って出陣することになったという。

533 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 09:30:24
その輿に付いてたキビ団子をめぐって、サルと犬がケンカを始めた

534 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 10:06:48
輿に乗りながら手淫に興じる官兵衛。

535 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 21:08:29
サルと犬、つまり秀吉と利家が喧嘩の末に仲直りの男色行為に及んだためである。

536 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 21:46:05
このことがあった為、武功夜話では黒田如水は徳川古狸最大の脅威とされた。

537 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 22:45:25
一方、黒田長政は「腐女子も男色まみれの父上もUzeeeeee!」と、家康に味方することを決意する。

538 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 05:50:55
しかし、家康がウンコまみれだったのは想定外だったと長政は後に語ったという。

539 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 06:06:26
その頃やっと、小田原では里見氏に対して一族共通のならず者国家であるという画期的な議案が採択されていた。


540 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 06:46:35
「ならず者国家。なんという甘美な響きであろうか…」

541 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 06:48:31
次の議案は、亡命してきた今川義元および同盟を破って小田原城下に攻めてきた武田信玄の扱いについてだった。

542 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 13:50:03
会期はこの8月までである。

543 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 18:42:09
信玄は3日で帰ってしまった。会議は続く・・・

544 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 19:57:46
話合いは最も遅い手段さ、あまり深く考えない方がいいゼ ヘルメス信長。


545 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 20:07:44
右府さまは、小田原からの返事がないと知ると、即座にサル・イヌ・権六・長秀・佐々・一益・氏郷に坂東の根切りを命じた。

546 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 20:18:13
里見ちゃんと今ちゃん「氏んでる?生きてる?」松脂は 明智光秀。

547 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 20:21:39
小田原城を攻めた織田・武田・里見の三陣営のうち、武田は織田と敵対しているため、再度北条と同盟を結ばざるを得なかった。

548 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 20:45:51
一人で書き込んでるみたいね

549 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 21:57:31
余の書き方をマネるべからず。

550 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 22:11:01
はるか昔、大陸の端っこの地に獲物を追ってわたってきた人々がいた・・

551 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 22:16:07
超絶リンを目指す秀吉は、朝鮮半島にトラを捕まえに出兵したのだ!

552 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 22:33:23
秀吉の死を願っていた家康の意を受けた伊賀秘密部隊がそれらのトラの肉を盗み犬の肉と変えひそかに竹島に隠した。

553 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 22:56:43
服部半蔵の動きを察知した真田昌幸率いる真田忍軍は、トラ肉奪還の為の策動を開始する。

554 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 00:27:16
しかし犬肉奪還の為に里見の八犬士も立ち上がった。

555 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 07:16:22
伊賀忍軍、真田十勇士、里見の八犬士の激闘の最中、トラ肉と犬肉は石川五右衛門が奪取!

556 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 07:22:34
里見ちゃん登場BGMようこそプリンプリンプリンどこまでも君と一緒にいつまでも

557 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 07:49:50
「おぬしも魔界転生してみないか!」と声をかける天草四郎時貞に、柳生十兵衛はこう叫びをあげた。

558 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 09:02:17
する事ねーな、温泉でも入るか?隠し湯じゃないんだと 上杉謙信。

559 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 09:03:17
この文はスルーされたし。 >>548 一人じゃないぞ。ちなみに漏れの昨日のカキコは>>538, >>541, >>547だ。


560 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 11:03:33
千葉真一はどれに出ればいいか一人、苦悩していた。 > 伊賀忍軍、真田十勇士、里見の八犬士

561 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 11:09:15
だけど、ジーコの口から「シンイチ・チバ」の言葉は出なかった、抜擢されたのはマサユキ・サナダ」だった。

562 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 13:54:34
仕方がないので、戦国自衛隊に入隊した。

563 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 14:26:52
監督はご存知、駿河ケマリーズの今川義元である。

564 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 19:01:30
予選落ちが早くも危惧されていた。

565 :市松:2006/05/21(日) 20:53:09
蹴鞠なら任せておけと、頼家が現れた。

566 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 21:21:29
そこに鞠蹴りの本場京都で修行していた今川義元が息子、期待のエースストライカー氏真が帰国する

567 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 21:58:41
蹴鞠より、こんなに饅頭はおいしいのにみんな仲良く饅頭食べようよ ね 饅頭屋の長次郎さん

568 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 22:45:43
長治郎の差し出した饅頭を、はっし!と掴んだのは乞食同然の姿となって現れた岡田以蔵だった。

569 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 23:05:27
皆揃って、自衛隊の試合に出た。しかし今川義元は正気に戻り、

570 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 23:39:08
>>569
「長次郎の饅頭は味の IT 革命や〜!!!」と、下血しながら絶叫し

571 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 01:33:58
ながらも、これはケチャップ入りかいとひとりでつっこんだ

572 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 22:03:03
最初の相手は信長が招聘した芸術的サッカーのメッカ、強豪イタリアのイエスズ会ミランである。

573 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 22:05:37
これを迎え撃つのは法華集団、安土宗論の雪辱は果たせるのか?

574 :未定:2006/05/22(月) 22:18:51
あきらかに雪辱が有利に思えたがやはり有利だった

575 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 22:58:41
イエスズ会ミランはアウメンを唱えながら、司令塔の「種子島」ザビエルに鞠を集め、殉教も恐れず突っ込んでくる。

576 :日本@名無史さん:2006/05/23(火) 04:36:59
だが観客からいっせいに「この男色ホモ野郎ども」と的を得た挑発をくらって
シュンとしてしまった。

577 :日本@名無史さん:2006/05/23(火) 21:21:53
ザビエルは「HOOOOO!!!」と叫ぶと腰を激しく振り、イレブンの士気を高めた!!イエスもホモじゃないか。ベイビー。

578 :日本@名無史さん:2006/05/23(火) 21:37:37
「ホモだけじゃねーだろ前たちちんぽに針金巻いて鞭でケツたたかれないといかない変態どもが」と罰当たりが言った

579 :日本@名無史さん:2006/05/24(水) 00:16:52
法華宗門徒のゴールはたちまち瞬発力のある毛唐達の猛攻撃によりネットを揺らされた。だが持続力は日本男児も負けてはいないぞ!(たぶん)

580 :日本@名無史さん:2006/05/24(水) 21:34:48
しかしロスタイム3分。ズボンを脱がしたザビエルが、法華教は、ほーけー教だという驚愕の事実に悶絶し、逆転ゴール。イタリアは散った・・・

581 :日本@名無史さん:2006/05/25(木) 19:01:59
「サッカーで『愛す法華ぇ』の選手に負けるとは屈辱だ」とザビエルはコメントした。

582 :日本@名無史さん:2006/05/25(木) 21:44:22
それ以降この歴史的な試合は、「ほーけーの悲劇」として長く、フットボールサッカー史に語り継がれた。

583 :日本@名無史さん:2006/05/25(木) 23:26:46
そして1,000年後あの男が魔界から復活した。

584 :日本@名無史さん:2006/05/25(木) 23:29:03
良寛和尚である。

585 :日本@名無史さん:2006/05/25(木) 23:51:50
西行法師の作品ナンバー9234623"良寛"である。

586 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 00:08:45
良寛「ん?今何時?」

587 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 21:28:45
「そーねだーいたいねー♪」と拘置所から声が・・・

588 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 23:10:42
(陽は、さらさらと射しているのでありました)

589 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 23:22:59
カドモスは蛇になって巻きつきました でも井伊ヤツだよ。

590 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 23:31:13
苦しい・・・でも気持ちいい「山南さん」

591 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 23:51:51
だれか私にひしゃくの冷たい水を飲ませてくれないか

592 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 00:08:56
いつの間にか、水がさらさらと流れているのでした。

593 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 00:52:56
やっぱ牛乳モウーウシウシ

594 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 01:06:52
フワイト一発多雨林配合
 

595 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 01:11:31
>591 ありがとう ごめんね

596 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 02:25:06
謝ることないヤイヤイ おさるさんだよ ベイエリアからリバプールまで?


597 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 03:01:16
そんなバカラ(バナナ) 

598 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 03:12:06
ああ、そうかいそうかい。そんなに気に入らないなら 首にすれば?スパ―ンと 将門が伝えて来たよ 家光

599 :日本@名無史さん :2006/05/27(土) 03:23:05
綱吉「早く」ぽち「わん」しっぽふってはあはあ

600 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 07:29:22
タロ「獲物だワン!」 ジロ「食うだワン!」 ウウ〜バウ!!バウ!!ワン!!ガシャガシャ!!ワンワンバゥ!!ガシャガシャン!!バゥ!!!(阿鼻叫喚の図)

601 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 08:28:48
綱吉は「じゃかましい!!!」と叫び、『生類憐れむな令』を出した

602 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 11:37:18
民衆は江戸中の犬猫狩りで幕府への鬱積した不満を解消した。

603 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 19:24:36
しかし綱吉はひとつ大事なことを忘れていた。

604 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 20:12:22
綱吉「よし、ポチ!今日から、そちは家宣に改名じゃ」

605 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 20:24:18
綱吉及び家宣は生類のため、狩りの対象になってしまいますた。

606 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 20:36:35
泣きながら比叡山に逃げこむ綱吉と家宣。しかし、そこには家継軍の魔の手が!

607 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 21:15:19
ご公儀お庭番猫座の鬼の輪軍団が続々と、叡山に静かにしかし確実に進撃していた。

608 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 22:31:22
その横で平賀源内が自家発電を始めた

609 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 23:04:12
大天狗叡山法性坊の依頼を受け、西行法師はただちに内裏を預かる京烏、愛宕太郎坊、鞍馬僧正坊等、鞍馬天狗衆を集め猫座を狩った。


610 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 09:48:05
そこに立ちはだかったのは、犬肉の保護にのりだしたノムヒョンだった。

611 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 09:52:15
そのまんま東離婚の原因は宮崎政界に進出を狙って引っ越すのに、
かとうかずこが反対したからと言われているな。

612 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 10:10:39
だつおは、チハ車を操って、ノムヒョンを打通!打通!打通!

613 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 10:11:18
一方、猫座から援軍の要請を受けた暴れん坊焼軍吉宗は叡山を焼き討ちするため出立していた

614 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 11:14:19
悪代官の黒田官兵衛は吉宗を亡きものにせんと倅にソッと耳打ち

615 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 11:19:54
それを長政と仲が悪い後藤又兵衛が吉宗にチクッちゃいました

616 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 11:31:35
吉宗は例の如く白馬に跨って黒田家に向かった

617 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 11:51:50
吉宗が通された部屋は実は釣り天井だった。

618 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 11:54:03
「春は馬車に乗って、猫座なんてないぞ!あるのはのろまな山猫座だい」と歌いながら

619 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 12:15:21
本多正重の紹介で釣り天井の部屋に来た前田は座って誘われるのを待っている、上杉は余計な事を考えない様にしている


620 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 12:40:42
吉宗はどこだー 徳川宗春と本多正純と山本正純 戸締り用心火の用心♪

621 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 12:44:38
3番めは直純かも知れない けしからんね、要するに事務なんだよ ルーチンなんだよ

622 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 12:48:56
ドサクサに紛れて後藤は黒田家家宝の名槍・日本号を持って城下から逐電

623 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 13:09:21
その後ろで莚の指物をした渡辺勘兵衛が「この盾の堅さは天下無敵。敵はいつ攻めて来るかわかりませぬぞ、その時になって慌ててももう遅い さ、買った買った!」槍で千石、采配で万石

624 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 13:31:52
明石掃部が水色のガムを噛みながらニヤニヤしながら近寄ってきた「人の為に大坂に入る気はないかい?」

625 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 13:42:56
「ないよ。(涙」吉宗は壷の中に隠れて城門の外の役人に言わせたと言われています

626 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 14:04:42
こんな瓶人間じゃねー叩き斬っ樽 柴田勝家

627 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 14:16:12
猿 勝家は悪いヤツではないのだが・

628 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 14:29:43
光秀 信長の野郎、絶対許さん(血、出てるし)

629 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 15:18:05
その頃、吉宗隊と合流すべく水戸を発った徳川本隊3万を指揮して天下の副将軍、光圀は中山道を西進した。

630 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 15:25:08
そこで将軍の源頼朝ですよ 尊氏君と家康君 余り偉そうにするなよな 所詮俺のコピーだろ?

631 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 15:34:25
新旧オールスターの登場で、収拾が付かない為乱闘が始まった。仕方なく広飲み屋が仲裁に入った。

632 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 15:34:28
君が代、足利義満。

633 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 15:38:36
尊氏と家康は頼朝にいった。「黙れただの試作のプロトタイプが!!」

634 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 15:41:54
光圀軍は真田庄で頑強な抵抗線に出会い膠着した。六文銭の旗印、ご存知真田十勇士である。

635 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 15:52:53
戸澤白雲斎配下の猿飛一派と伊賀服部一族の乱闘が密かに闘われていた

636 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 16:25:08
明石掃部と直江山城 大名級なり

637 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 16:33:32
福島正則と加藤清正 

638 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 16:49:42
柳川信行 大名級の一物なり

639 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 16:59:04
秀忠、柳川の立花宗茂は聞いた事がある

640 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 17:13:28
「この将軍級の一物は誰の者だ。主名を名乗れ?」

641 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 17:25:03
匿名希望じゃ、しかしその人は、そのまんま東、そのまんまだった。

642 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 17:38:56
一つ一夜の・・・二つ不埒な・・・三つ見つけた禿がある、君も僕にも禿がある・・・

643 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 17:42:30
福島正則と加藤清正、含めみんな禿だったのである。

644 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 18:05:14
おまけに清正は朝鮮から持ち帰った悪い病気で鼻もげら

645 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 19:11:53
さっそく小田原では清正病原菌対策のため、一族郎党あげて研究本部を立ち上げ、研究者レベルの報告が行われた。会議は紛糾とた。

646 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 19:37:10
病原菌はじぇんじぇんわからんかったが耶蘇の宣教師から意外な情報が・・・

647 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 20:01:51
ザビエルもうヤラナイ・・・立派なアレを擦りながら、悲痛な想いでこう言った。

648 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 20:23:12
こうやって摩擦をおこすと火がつくんですよ。

649 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 20:24:58
するとどこからともなく声が

650 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 20:36:21
一つ一夜の・・・二つ不埒な・・・三つ見つけた禿がある、君も僕にも禿がある・・・

651 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 20:43:47
わしを禿禿言うんじゃない!

そこに立っていたのは

652 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 20:49:27
加藤清正とそのまんま東の禿師弟だった。

653 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 21:02:29
「カツラは黄金10両じゃ。これはヅラではない。龍じゃ!」と行商人が来て言った

654 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 21:05:50
禿は頭刈らんでもええから便利やのう、と意外にもデカからほめられて秀次はニンマリ

655 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 21:10:41
きんちょーする秀次と大違いである。

656 :日本@名無史さん :2006/05/28(日) 21:25:23
知らないふりも疲れるわ 酸性雨はカツラにも悪いのですか?どーでもいいけど移すなよ アーかゆい。


657 :日本@名無史さん :2006/05/28(日) 21:30:22
金鳥の夏、日本の夏。バリバリー小早川秀秋

658 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 22:47:26
ドラドラキュッキュドラドラー♪秀頼。

659 :日本@名無史さん :2006/05/28(日) 23:00:53
淀君「あぁ秀頼・・・。」

660 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 23:05:02
「ダイエットしなさい。秀ちゃん」

661 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 00:16:20
見本を黒田官兵衛がみせてみた。

662 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 00:18:34
日本人は世界的には、とんでもなく童顔らしいな

663 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 14:29:23
秀吉曰く

664 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 16:45:46
「心肺、御無用!っ事で秀頼の事タノムわ。後よろすく」……ガクッ

665 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 18:02:01
秀吉の最後をみとった家康は、「これでいよいよ俺の出番だ!」とほくそえむ

666 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 19:24:01
脱糞だ!

667 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 20:35:54
家康の満ち足りた力は頂点に達し、他を寄せ付けない悪臭と共に、総てを制圧した。

668 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 21:01:34
糞で菊門の跡がついた家康の絹の褌は、葵の御紋として珍重されたという。

669 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 21:17:34
その頃、小田原では家康の汚臭問題についての対策本部が設けられ、いかにしてこれを防ぐかの議論が、一族挙げて戦わされた。

670 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 22:06:31
一族の威信をかけファブリーズを開発。が、神経やられていた家康糞は強烈であったと云う!

671 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 04:15:39
結論が早急であったとの反省から、今後はより慎重に議論を行うべきではないかとの意見が多数を占めつつあった。

672 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 08:16:57
城で象を飼うべきか?という議題も出されたが…

673 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 10:08:08
それよっかスカンクがよかっぺ、という本田の提案が通った

674 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 11:20:49
本多から本田に改名したのはカリスマ占い師細木数の子の字画がよくないという提言に乗った

675 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 11:37:38
実は細木は徳川のまわし者だった

676 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 12:31:48
改名は謀反の証、と徳川家得意の難癖つけ、お家は断絶、本田は市中引き回しのうえ磔獄門

677 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 13:01:15
本田は磔の前に餃子とビールを所望、非人たちは大藁

678 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 15:55:51
御代わりの願いは聞き入れられず、家康の糞尿に投げ捨てられ、「クッサー」の一言と共に臭死だった。その傍らで数の子は、

679 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 19:51:03
地獄で糞るわよ!

680 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 20:06:21
急激な変化に対応すべく、小田原城では家中の組織改革に着手すべきか否か慎重に議論することが決議された。

681 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 22:50:17
その会議を行う者の中に、既に家糞に感染している輩多数!アメーバ状の糞が襲い掛かるー!!

682 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 05:37:06
生物兵器使用に対する抗議声明を出すべきか否か慎重に議論することが決議された。

683 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 10:20:06
だが、既に731部隊の石井が家糞を入手、研究に着手していた

684 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 14:19:28
しかし完成を目前にしながら、終戦を迎えた。

685 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 17:04:39
石井から米軍に渡った研究結果がCIAの手でエイズ菌として完成、密かに世界にばら撒かれた

686 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 17:21:41
第二次菅原道真の怨念ブームの到来である。

687 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 17:46:29
将門Lv10がなかまにくわわった!

688 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 19:15:22
「われは新王である」とかほざいた

689 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 19:38:09
レベルがマックスの天神様の不興を買い、封印されてしまいました。

690 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 21:18:44
それを復活させるために封印を解く小早川。「ぼっ、ぼっ、ぼくに勇気くだ・・・さい・・・・」イジイジイジイジ

691 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 22:21:14
ヌクのに夢中になっているうちに平将門があれを持って襲って北

692 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 21:03:14
秀秋は濡れた・・・

693 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 21:09:06
・・・使用済み雑巾の匂いに陶酔していた。

694 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 21:31:44
秀秋はみだれた・・・


695 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 21:47:07
牛乳を拭いて一週間おいたのがたまんねー!

696 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 17:34:46
家康「こわっぱめが・・・!わしのふんどしを雑巾とは!ええいっ!奴めにむけて火縄を放て!」

697 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 18:12:13
ときは今、雨が下しる五月だったので不発だった

698 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 18:19:56
信長様はセーラー服&半ズボンの蘭丸きゅんに(*´Д`)していた

699 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 18:50:39
「うぉ?何かイベントか?」タイトなジーンズに闘うボディをねじ込んだ濃姫が現われた

700 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 20:22:30
今日は戦国女装美少年イベントだお!と、蘭丸の局部をいぢくる信長様。

701 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 20:25:52
ズキュン!のむ様のお顔にカルピス発射ー!

702 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 21:06:26
アホさ下限に固まった。

703 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 21:21:01
電子レンジに入れ解凍ボタンを押してみた!

704 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 21:47:09
あっ、あ〜、、分離し、、

705 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 21:56:58
そして、「合体!!!!!」

706 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 22:11:17
ゆるさ下限に固まった。

707 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 11:41:18
あげ

708 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 13:20:05
「…ぃて…きょぅは、ほんのうーり痔にゃあり〜」光秀が廁で呻いた。それを聞いた家臣たちは本能寺へ

709 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 15:56:52
本能寺では信長が夜遅くまでお気に入りの映画(風と共に去りぬと白雪姫)に見入っていました。

710 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 16:05:13
その寝室に今川氏真が「乳の硬き!」と乱入

711 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 16:08:01
明智の家臣がそこで見たものは、スカーレットとバトラーの扮装をした信長と蘭丸がハイホーを踊り狂う姿だった

712 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 16:14:21
逃げる跳ぶ長は裏口から脱出、氏真がワールドカップのイメージトレーニングをしているところを光秀軍が包囲したから さぁ大変。

713 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 16:24:38
蘭丸は光秀に氏真を呼んで来るからと言って向こうに走って逝った(蘭丸=氏真)

714 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 16:24:53
「わしとしたことがハイホーのステップを間違えるとは…無念…」
そういって信長はアレをとりだし自らに向けた。

715 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 16:58:59
しかし鏡を見ても笑っちゃうだけなのでアレを着払いで忌亡き武田勝頼に贈りました

716 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 17:09:09
武田勝頼「無」。

717 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 17:17:33
光秀軍、ハイホーを踊り狂いながら突入!

718 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 18:56:58
今ここに熾烈なハイホー合戦が始まる!

719 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 19:09:59
そこに「ちょっと待った! 踊りのことなら私をわすれちゃいませんか?」 と言いながら乱入してきたのは

720 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 20:11:17
マッチ売りの処女でした。一本こすって・・この匂い 

721 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 20:24:52
スモークチィ―ズ むにゃむにゃ 関ヶ原? 余は疲れておる  毛利輝元

722 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 20:33:30
隠し湯は隠さないで入ってね 武田信玄

723 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 20:48:21
小田原にいた朝倉は出奔、真田と明石は直江に会いたいと思いました

724 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 21:21:52
その頃、白河の関を南下する10万の大軍勢があった。奥州の独眼龍、伊達政宗が遂に動いたのである!!!激震が走った!

725 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 21:35:36
光秀は朝倉の頭蓋骨で尿瓶をつくらせた、この行為が政宗の胸ねに刺さった

726 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 22:07:03
下部は温いぞ、余はぬるいぞ。はっく お急ぎあれ 非は武田

727 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 22:53:32
雲仙か、北条氏康。

728 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 23:20:50
ハイホーのステップがまちがっておる!

本能寺のバカドモは事の重大さに気付いていない

729 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 01:25:45
北条高広 草津良い床 お歯黒磨けよ

730 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 01:45:41
佐々木道誉は道後?名前はまだ無い、ぶんみゃーがさごと

731 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 09:51:41
黒川温泉は照明が暗かったわ 足利尊氏

732 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 09:55:27
後醍醐天皇 高氏は相変わらずメッセージ性がないですな

733 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 10:04:40
楠正成「北朝のヤロー!もっと南朝をイジメれー、もっとオイラと遊べー」。

734 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 10:10:15
新田義貞曰く 雲仙温泉は渋い

735 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 10:21:28
光厳天皇 それは727が述べているではないか、アフォか?

736 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 10:33:47
日野俊基 三木一草?あれはダメだな、全くの役立たず 俺から言わせれば。

737 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 10:49:19
名和長年 何やこれ、帰ろ帰ろ。

738 :るん:2006/06/04(日) 11:01:20
帰って大正天皇について考えよっと

739 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 12:53:17
で、あるか・・・

740 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 12:56:00
足利義満 細菌変な風邪が流行っているから、ゴホンと言えば龍角散。咳病

741 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 13:08:48
伊達政宗 何やワレ 里見ちゃん 水鉄砲 伊達政宗 やるなオヌシ(腰が・・・痛たたた)

742 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 13:17:31
徳川家光 頭が高い!!ピィシャッ 走って逃げるふりをする

743 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 14:26:27
紫頭巾 全ての物は吾に向かいて氏ねと言う 我が水無月のなどかくは美しき

744 :日本@名無史さん :2006/06/04(日) 14:46:32
鞍馬天狗 水銀の入った金目鯛でも食べるか、桂さん。

745 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 14:55:18
平将門「バーカ、このアホアホアホ」首だけで飛んだオイラは凄いだろ」もののけ姫はパクリだな

746 :日本@名無史さん :2006/06/04(日) 15:25:36
柿が食べたい石田三成は思った 島左近、弱〜

747 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 15:31:16
淀 関ヶ原の戦いは豊臣とは何の関係もないぜよ

748 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 16:02:37
「枯れ木も花の賑わいじゃの」

749 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 16:38:06
虎吉「ワンワン」 綱吉「お前だけだよ」

750 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 16:50:50
柳沢吉保 ミヤーン♪君が女だったらイタズラしちゃうぞ

751 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 21:20:11
実は性同一性障害だった・・・

752 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 21:45:32
性同一性試験型。行きま〜す!

753 :日本@名無史さん:2006/06/06(火) 21:20:24
と、多指症の秀吉は叫んだ。

754 :日本@名無史さん:2006/06/07(水) 01:17:44
「私を女王様とお呼び」とボンデージファッションに身を包んだ淀が蝋燭と鞭を持って秀吉に迫る。

755 :日本@名無史さん:2006/06/07(水) 07:34:13
「なんの!わしを大王と呼べ」秀吉はエクスカリバーを構えた

756 :日本@名無史さん:2006/06/07(水) 16:09:15
「ばぶう!ばぶばぶう!!」お拾も叫ぶ。

757 :日本@名無史さん:2006/06/07(水) 17:15:12
お拾い巨大化ー!大坂城が倒壊する。

758 :日本@名無史さん:2006/06/07(水) 17:31:40
「あああ!わしが乗っ取る予定の城が!」ダースベーダー・イエヤスは激怒してライトセーバーを…

759 :日本@名無史さん:2006/06/07(水) 23:39:06
股間に装着して、巨大化したお拾いに向かって突撃した

760 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 09:14:05
「じじい!何するだ!」千姫がバズーカで、家康を関ケ原まで吹き飛ばした

761 :市松:2006/06/08(木) 20:47:27
それを見ていた芭蕉が一句。

762 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 10:06:08
「夏の陣 兵たちが 夢の…夢の…夢の…」


763 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 19:40:37
芭蕉は咳払いをして詠み直した。「夏草や 狐狸も舞ひ跳ぶ 夕べかな」曾良が継ぐ「飛ぶ狸殿 またも脱糞」

764 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 20:17:03
「糞は、糞は、再利用出来るんだぞ〜」長屋で糞の買い取りを義務化しよう。そうしよう。

765 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 20:39:32
普段良い物を食っている家康の糞は高値で取引された。

766 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 22:07:04
買うのはオタク、マニアックな家康信奉者だったが。そこで次は「渡る世間の・・」ピン子の糞を値踏みした。

767 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 22:23:04
しかしその糞は影武者の偽家康のものだった・・・

768 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 23:08:09
「これを持ってきた奴の首をはねい!」と騙された信長は激怒した

769 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 23:57:17
そこで本物の家康を樽に詰め込んで「トラヒゲ危機一髪」遊びに興じた。

770 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 05:54:33
そしてまたタヌキが夕暮れの空を舞ったのである。

771 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 06:21:06
『そして砕け散り8っの珠になった』by南総里見八狸伝

772 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 08:44:38
八狸士の元締めはアンゴルモワの大王になるといわれていた。

773 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 11:01:27
狸江親兵衛はアルバイトで大阪城の堀をせっせと埋めていた

774 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 15:18:36
「これで時給350円とは安いものよ・・・!」にんまりと笑う世間知らずの狸江親兵衛

775 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 17:27:51
しかし夜のうちに堀を掘り込む、真田十狐士の姿があった・・・

776 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 17:42:18
時給が引かれる事を恐れた狸江親兵衛は、十狐士が水に入れぬように刺客のピラニア君を水に放った

777 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 17:48:13
数で負ける八狸士は、徳川四天王を加えて「武士十二タヌ坊」を結成し、堀埋めを開始した。

778 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 19:05:03
困り果てた十狐士たち
「そうだ☆水だ。大阪の町を水浸しにすれば堀は広がる」

779 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 22:57:09
そこで、家康を簀巻きにして水神への生贄として堀の底深く沈めたのであった。

780 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 08:20:38
しかし、そうしている内に、大坂湾で魚がプカプカ大量死するようになった・・・

781 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 09:56:38
それを見た白雪は「このお魚さんは、何をしているのだろうね おとなしゅうして、あやかろうな」。

782 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 10:28:30
武田信玄 余は二十四将(俺が隠した以上の隠し湯がありますが何か?)
藤原公任 麿は三十六歌仙でおじゃる 滝の糸は・・・
大岡越前 江戸の町は八百八町だい、てやんでい!
修学旅行 京都〜大原三千院♪

783 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 10:36:27
さかなさかなさかな♪さかなを食べると♪ 大阪城内の人々は元気ハツラツになった

784 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 10:48:35
お魚ばかり食べているとサカナみたいに臭くなる
お肉ばかり食べているとブタみたいにバカになる
野菜ばかり食べているとニンジンみたいな顔になる あー怖っ

785 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 10:54:55
徳川家康「俺が騙して堀を埋めるぞ。どうだ、イヤだろ?」
真田幸村「いやだな…」

786 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 16:00:03
しかし大坂湾の魚介類はすべて家康の糞により、激しい汚染にみまわれていたのだった・・・次々に熱病と回虫に倒れる西軍将兵。

787 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 16:21:48
藤原純友>平将門 何の順か知らんが平安は時代は好き。

788 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 16:40:25
海と風と雲と虹と 平清盛 平家に在らずんば、人に非ず。日本三景・厳島

789 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 17:14:28
海と風と雲と呪われし姫君。その名は…

790 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 21:05:56
小梅太夫だった。 チックショー!!

791 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 21:37:24
愛子厨が秋篠宮紀子を罵るのは当然かもしれんが、
秋篠宮紀子の凄さを一番感じていたのはまちがいなく愛子妃

792 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 22:22:32
小梅の呪いで大阪城は流されてしまった。プカプカ移動するそれは『太夫の動く城』と呼ばれた

793 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 22:26:59
>>792で2行スレがあった事実を東宮殿下は重く受け止め、異例の「お言葉」を述べられた。

794 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 22:42:38
なーみを♪ちゃぷちゃぷ♪かき分けて〜♪

795 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 22:59:52
それはゴジラを肩に乗せた巨大○○様だった(特高により検閲)

796 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 23:59:41
そして数日後、浦賀水道にそれは姿を現した。江戸幕府は台場絶対防衛圏に第一級非常警戒線を敷き、『太夫の動く城』を第一使徒と識別した。

797 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 11:10:09
「レインボーブリッジ、閉鎖できません?」

798 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 21:27:16
木更津、海ホタルの「バビロンの城門」で迎え撃つぞ!! 軍艦奉行勝海舟は叫んだ

799 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 22:23:59
「第一、第二、第三海堡および観音崎砲台、富津砲台からの十字砲火で叩き潰せ」と山県有朋が吼えた。

800 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 01:18:22
「じゃ、後はよろしく」と言い残して桂小五郎はとっとと逃げ出した

801 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 10:24:34
「逃げちゃだめだ。逃げちゃだめだ。逃げちゃだめだ」

802 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 10:31:25
「許せ、俺は日本一の卑怯者なのだー!がーはっはっはっはっはー!苦しゅうなーい!」と叫ぶ豪傑小五郎。

803 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 20:09:46
西郷隆盛はおもむろにシモを曝け出して陰毛を焼き、その豪胆さを見せ付けた。

804 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 22:34:27
柱の陰から、じっと西郷を見つめる台湾に置き去りにしてきた隠し子がいた。

805 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 23:06:08
『太夫の動く城』は射撃を開始した。ポンポンスポポーンポンスポーンポン!!ポンポンスポポーンポンスポーンポン!!

806 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 23:24:59
その頃、土方は刺客を放った・・・

807 :日本@名無史さん:2006/06/15(木) 09:57:27
2行スレが目立ち始めた事を憂慮した朝廷は、軽いパニック状態に陥っていた。


808 :日本@名無史さん:2006/06/15(木) 12:44:13
伊勢神宮のご神託は以下の通りであった。「スレでなくレス。また、ブラウザの表示設定を改めよ」

809 :日本@名無史さん:2006/06/15(木) 21:49:44
チックショー!!


810 :日本@名無史さん:2006/06/15(木) 22:12:53
『動く城』に対する爺子監督の采配はヒットエンドランだった!

811 :日本@名無史さん:2006/06/15(木) 22:59:47
しかし運動量の多いこの作戦に、スタミナのないサムライ日本は後半最終10分、ガス欠状態だった・・・

812 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 12:41:43
「選手交替〜。行け!堀部安兵衛!!!!」

813 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 18:47:18
打つ手が無い爺古は”一億総火の玉”とブツブツ唱え始めた

814 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 19:01:06
百済王は火の玉に水をかけようと、睡眠薬入りのキムチを差し入れた…

815 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 21:19:32
しかしそれを叩き捨てながら、「日本人ならお茶漬けやろ!」と三浦按針が叫んだ

816 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 21:39:43
しかし、百済王のキムチの毒は凄まじく、隊士達は今日の稽古に身が入らなかったそうだ、
と江戸の瓦版は伝えていた。

817 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 22:18:38
堀部安兵衛は上野介の替わりに百済王の首を切り落とし、ゴールに蹴り込んだ。

818 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 22:49:35
爺古の開けた玉手箱によって、百済王の首は一羽のツルッパゲとなって、
空高く舞い上がって昇天したとさ。

819 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 23:02:12
アダムすきーはそれを目撃してフライングハーゲーと命名した

820 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 07:46:39
フライングハーゲーは、『太夫の動く城』に不時着した。

821 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 14:21:56
『太夫の動く城』は、フライングハーゲーに押しつぶされて、ペシャンコ
になってしまいました。

822 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 15:23:30
こうして江戸の危機は去ったが、新たなる災厄が種子島に上陸した

823 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 16:00:18
ザビエルの孫息子は、筏を操ってポルトガルからやってきた。

824 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 20:55:14
城がこわされて「チックショー!!」な小梅太夫は、ザビエルの天主教に改宗した。洗礼名はアグネス。

825 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 21:06:44
おっかの上♪ひなげしぃの花でぇ♪占うのぉあの人の事を〜♪

826 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 21:11:00
チックショー♪

827 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 21:23:24
ザビエルの孫息子は、声を嗄らしながらアグネスを歌いつつ、種子島沖から一路、
江戸湾へと向かった。

828 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 21:35:39
青島!日本に帰ろう!!

829 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 21:38:17
「すまん。オレはもう引き返せないんだ…」

830 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 21:45:38
しかし紀伊半島沖を警戒中のガトー級潜ターターの発射した3本の魚雷が命中し、通信途絶した。

831 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 21:57:38
オレは死にたくなかった…じっちゃんの名にかけて…

832 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 23:00:10
「波の下の都にようこそ」深海に沈みゆくザビエルの孫息子は、そう語りかける幼児の声を聞いた

833 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 06:35:54
竜宮城から乙姫様がやって来た。

834 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 08:38:10
それを追って、ネモ船長もやってきた。

835 :市松:2006/06/18(日) 10:31:52
「姫!そいつはタコ八郎ですぞ!」

836 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 10:38:29
「げげ…」姫は驚き慌てふためき、金銀財宝をすべてタコ八郎にやってしまった。

837 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 12:12:44
タコちゃいまんねん。パーでんねん。

838 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 14:17:40
明石の海は今日も豊漁、大量のサンマが水揚げされた。

839 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 22:53:40
空弁はもうひっぱりダコですわ ちなみに沖縄の木は松 私待つーわいつまでもないと思うな運と災難、目黒の明石掃部でした。

840 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 23:03:47
鎧兜と防空頭巾はどちらが強いのだろうか・・・悩む。テポドーン早よ来いや!

841 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 23:40:09
「私は海老テンドーンが好きですわ」と額田が袖を振った

842 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 23:49:56
財宝なんていらない 私を一人にしたくせに
貴方の名前なんて知らない もう忘れたわ
姫百合の神々は胸手を当て退けり 
妖しく光るその洞窟は蛍の墓と呼ばれた

843 :日本@名無史さん:2006/06/19(月) 00:31:54
ちゃーん

844 :日本@名無史さん:2006/06/19(月) 22:03:52
だいごろー

845 :日本@名無史さん:2006/06/19(月) 23:53:21
「マルハチ!」と高見山(現:東関親方)がハワイから各界へ入門する

846 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 07:16:24
よく来たな、タカミ!

847 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 18:00:07
親方〜(ハート)

848 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 18:49:38
「2ばい!2ばい!」家康の体重が倍増した

849 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 20:57:57
増えた半分は、腸内の糞である。

850 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 00:58:05
そのため、後世の歴史家は家康を歩く生物化学兵器と呼んだのであった。

851 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 06:54:27
幕末に甦った家康は、江戸城下を歩き回った。

852 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 07:07:10
家康のゲップはオゾン層をも破壊する威力だった

853 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 07:17:06
「家康の怨霊など、東照宮に閉じ込めてしまえっ!」と、陰陽師が呼ばれた。

854 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 16:48:49
「お供えものは?なに用意した??」

855 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 18:32:21
伊香保名物温泉饅頭だ!

856 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 19:12:55
饅頭に引かれて来たのは陽陽師だった。「引っ越し♪引っ越し♪あの世に引っ越し♪しばくぞ」

857 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 20:09:17
しかし陰陽師が食べたのは家康がすり替えた糞饅頭であった。

858 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 21:21:47
う…なかなかの美味。

859 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 23:15:28
本田忠勝は涙を流しながらそれを食べた忠臣である。

860 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 00:09:33
そして言った「ようこそスカトロの世界へ」

861 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 07:01:03
スカトロではなくカストロが現れた。

862 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 10:18:26
カストロがしょうぶをしかけてきた。「君にきめた!」
現れたのはサンダース道真だった

863 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 10:51:14
真っ赤な大地へようこそ。

864 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 13:08:32
香具死が幼稚園児並の連呼に、知能低下の為存続の危機だと、真っ赤な大地の道真は嘆いた。

865 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 20:28:04
危急存亡の秋だな、綱吉はポチの頭を撫でながら「どうにかならんのか?」と柳沢に逝った。

866 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 20:35:34
なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成らぬは人の鳴子温泉  柳沢吉保 いーい湯だな♪

867 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 20:54:28
足利尊氏 何か知らんが平安時代と江戸時代、長杉(信長と上杉は嫌い)

868 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 21:02:30
手取川で調子こいていたら近江長浜あたりで長篠の二の舞になっていたいただろうなw上杉謙信

869 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 22:01:23
だつおがチハタンで打通していた。戦国帝国陸軍である。

870 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 22:12:45
序の舞は美しい…鏑木清方。


871 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 00:44:14
ただいま、お土産買って来たよ 明智光秀

872 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 08:54:50
本能寺で待つ。

873 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 10:09:00
じゃあ、明け方に行くから警護は追い払っておいてね。光ちゃんより

874 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 12:23:31
おっけ〜(ノ´∀`*)☆彡 おいしいご飯つくってまってるわ☆彡

875 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 16:37:44
本能寺で待ちくたびれた。

876 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 18:38:49
光秀はタイムマシンでやってきたのび太に 先に秀吉殺らないとダメじゃんと言われ

877 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 18:56:47
「敵は備中高松城の近くにあり」という事になった

878 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 19:13:05
時悪しく水攻めの最中 巻き添えをくって溺れてしまった

879 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 20:45:43
光秀軍の方も後からやってきた信長軍本隊の前に結局はやられてしまうのであった。

880 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 21:57:10
しかしそのドサクサに紛れて天下統一を果たしたのは丹羽長秀だった。

881 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 08:07:37
一方、家康は火事場泥棒に精を出し、甲斐、信濃へ押し入った。

882 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 09:22:06
たちまち北条勢に後背をとられ、駿河を蹂躙される徳川勢。

883 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 09:33:25
里見ちゃんは碓氷峠で釜飯を食べながらトロッコ列車に乗って喜んでいた。

884 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 09:56:12
しかし北条の駿河支配も長くはなかった。家康が田畑に撒かせておいた人糞の匂いに軍勢が耐え切れなかったためである。

885 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 10:12:37
諏訪で武田・北条軍に挟撃包囲された家康は夜、包囲の敵陣から「三河市民音頭」が聞こえてくるのを聴いて、涙したといふ。

886 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 10:19:58
北条氏政は困ってしまって(ワンワンワワーン・ワンワンワワーン)助けて下さいと、お願いネコさんに言いました。

887 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 10:29:53
燃えさかる天守閣の中で柴田勝家は逝った「市や市や若を奈何せん。」

888 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 11:37:10
兄貴は間違っている!信長はお昼ねをしたふりをして起きもしない。俺が今、火をつけてやったぜ

889 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 11:46:53
そして真っ黒になった信長はプライムナイトで火の玉ロックを歌った おかげで翌日は肌がボロボロ

890 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 11:58:03
ボロは着てても心は錦♪柴田勝家 茶々、俺にそっくりだな・・・お前は生きろ。

891 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 12:35:10
茶々はナックのマイシャローナとクィーンのボヘミアンラプソディーとツェッペリンの天国の階段を練習していた みんな愛し合っているか〜い?

892 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 12:43:30
信長軍は思ったより弱い 上杉謙信

893 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 12:47:01
武田騎馬軍団は思ったより弱いw 織田信長。

894 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 12:52:26
本能寺は思っていたより弱い 明智
キンカは思っていたより弱い サル
淀は思っていたより気弱そうだった 家康。


895 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 13:06:59
信長 本来はカラオケやスナックが無いからお茶屋遊びになりますが芸者遊びを覚えると止められませんのや、おもしろうて

896 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 13:41:04
伊達政宗 あーあ、腹減った 結果を残せよな コーラと肉が食いたい
片倉 今からですか、でも硬いですよ
梵天丸 肉が硬い?硬いからいいのさ

897 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 14:11:24
>>894>>896、お主らは重大な過ち、複数行レスを行っている事に気がついておるか?」とフランシスコ・ザビエル。

898 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 14:16:02
↑897は味方ではないであろう 撃て。信長

899 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 14:24:21
山県昌景と森長可、即氏。おつむに赤い点があった きっと第3の目だね

900 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 14:33:16
徳川家康 じゃ 仁義で 900

901 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 14:43:58
>>894>>896 「家康様、これが城下で噂の【ぷ】で御座います、臍の曲がりが尋常で御座いません、何卒御処置願えれば・・・」

902 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 14:44:46
こうして、バテレンは追放された。

903 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 15:36:03
「神は氏んだ」織田信長。

904 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 16:25:27
平岡石見 サンバを緩くするとボサノバ 四年後か 無理だな


905 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 18:34:23
変わりに来たのはピューリタンのアヘン商人グラヴァーだった。

906 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 22:26:55
堀の深い顔立ちに蘭丸はウホッ

907 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 22:28:46
>>906 「家康様、これが城下で噂の【ぷ】で御座います、臍の曲がりが尋常で御座いません、何卒御処置願えれば・・・」


908 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 22:32:55
「う…どうしろと言うのじゃ?」と、咳き込む家康。

909 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 01:30:58
若いころ衆道で聞こえた家康ではあったが、近年では労咳に冒され蘭丸を見てもその気になれなかった

910 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 01:44:23
音に聞こえし武田の騎馬隊 ワーイ、ダッセー 武田菱 みたいな

911 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 01:58:10
そのころ太田昌秀は、琉米戦の歴史を偽造していた。

912 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 07:04:56
太田昌秀は、豊臣家の放った刺客だった。

913 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 07:09:54
スレの終末が近いだけに、もはやストーリーの混乱は頂点に達していた。

914 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 09:15:41
この混乱を収拾し打開すべく、小田原では北条一門を挙げて対策協議会が開催され、パネルディスカッションが開催された。

915 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 09:27:58
対策協議会の正式名称を慎重に時間をかけて討議するかどうかについての議論が紛糾した。

916 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 14:32:14
小田原や霞ヶ関にはまかせておけぬと信長は軍を発した。天下布武である。改革はやめない。

917 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 15:28:21
信長は現状に関する情報を集めさせ、箇条書きで以下の10か条の通りであることが分かった。まず諸大名の状況は、

918 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 21:15:32
みんな小田原で会議中である。

919 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 23:51:51
皆、他人の顔色を窺っているだけである。

920 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 23:55:12
みんな、喉が渇いている

921 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 05:58:10
盟友徳川家康が信長に対して律儀なのも尻がゆるいのも、少年時に兄貴分だった信長が散々掘ったためである。

922 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 07:30:28
と、一応言っておいた。

923 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 14:10:46
「今後、このケツを誰にも渡すつもりはない」と決意を新たにした家康。

924 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 14:14:40
>>921>>923「家康様、これが城下で噂の【ぷ】で御座います、臍の曲がりが尋常で御座いません、何卒御処置願えれば・・・」


925 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 19:37:30
信長からの伝令が臍曲がりを蹴散らしながら家康のもとに到着した。「現状10か条か。5か条目、小田原方の兵力は・・・」

926 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 23:46:25
大坂の猿軍団によると小田原・北条氏は籠城に飽きて来ていると主張している
毎日が退屈でつまらないはずだと逝っているのだ
成り上がりの猿に言わせると我が五代、小田原・北条氏はプライドが高いと主張している
本当は食料が乏しくなって困っているのだと逝っているのだ
イエロー・モンキーによると三ツ鱗は上杉や武田の時代より戦いには消極的だと主張している
籠城では無くむしろ降伏したがっているのだと逝っているのだ。



927 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 00:50:27
一方その頃、ハゲの悩みがかなり深刻化した光秀がとうとう残る髪を剃り、天海と名乗る決心をしたのだった!

928 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 06:38:18
そして柴田勝家は、相変わらず妻のお市の方のヒステリーに悩まされていた。

929 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 07:11:12
>>926はひょっとして…城下の【ぷ】でございます!皆のもの〜出あえ〜!」

930 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 16:45:19
「ご法度守らぬは、許しておけぬ。わしが成敗してくれる!」「勝家様いけませぬ、アホがうつりますゆえ」

931 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 17:49:04
「アホにならない秘伝を猿に聞いた!人たらしもマスターしたわい!」と言って草履を次々に呑みこんだ

932 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 19:49:21
「猿めが柴田殿に妙なことを吹き込みおって、あれではまるでアホではないか!」と佐々成政が激怒した。

933 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 21:17:41
「そのとおりじゃ!!!成政!!腹を切れ!!」とあぶない刑事信長は叫んだ。

934 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 22:49:10
そこで、成政は勝家の腹をメスで切開した。

935 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 23:08:49
盲腸でござる!盲腸でござる!

936 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 00:07:21
うっ、間違った。この人ではない(ごめんね)麻酔が切れない内に早く縫い合わせろー(あとは知らん、その辺でほっとけ)

937 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 00:31:54
お市「兄上〜」信長「何だよ、うるせーな」お市「出来ちゃいました、勝家殿の子」信長「おめでとう!これでキンカ頭や禿げネズミともオサラバさ。あいつもやっと筆頭家老だな」 

938 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 01:50:59
伊達政宗は片目が黒い内に見たい物があった
インド洋 望みし夜の 空逝くはカノープス 南十字の四つの星

939 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 01:58:03
>>937>>938はひょっとして…城下の【ぷ】でございます!皆のもの〜出あえ〜!」


940 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 02:13:41
殿中でござる 吉良「あれ?血、出てるし 大石「あ、氏んでる・・・

941 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 05:56:44
一方小田原城内では、議論に疲れたため、小休止をとるかどうかで議論が紛糾していた。

942 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 06:50:38
霞ヶ関では、小休止にも給料を払わないかどうかで議論が紛糾していた。

943 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 07:12:08
「小休止は取る、俸禄ではない、座布団一枚だ!」と信長。

944 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 07:21:53
真実の為に質問をしてみたい 大坂城は小田原城が狭いと主張している 早雲自体流れ者で怪しいと主張しているのだ そこで諸君に問う

945 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 17:13:38
エロ猿よりはよっぽど貴種の出でつけどと早雲のミイラが鼻で笑った

946 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 18:45:41
笑うミイラは評判を呼び、拝観料でボロ儲け。何に使うかが議題に上った

947 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 18:51:18
V2ミサイルに括り付けて北に撃ち込むんだ!

948 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 19:58:14
撃ち込まれた伊達政宗の軍勢は五里撤退した。

949 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 20:44:55
「百里を行く者は九十九理を半分と考えよ。オラオラ走れよ!親父」五郎八姫が激を飛ばした

950 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 21:40:06
「『ゴロ(ウ)ハチ』ではない『イロハ』姫である。」by五郎八姫。

951 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 22:55:59
尾張徳川家第5代は「五郎太」だがなにか?

952 :日本@名無史さん:2006/06/29(木) 19:00:19
V2の予想外の威力に味をしめた北条方が、織田の本陣目掛けて最後の一発を打ち込もうとした、まさにそのとき!

953 :日本@名無史さん:2006/06/29(木) 21:36:32
カムヤマトイワレヒコ、神武天皇がご降臨ましました。撃チテシ止マヌ。

954 :日本@名無史さん:2006/06/29(木) 22:48:30
高千穂より攻撃開始!

955 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 19:02:23
パニックに陥った小田原方は、V2の最後の1発を高千穂に打ち込んだ。

956 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 21:49:32
迎撃ミサイル「稲作号」発射!

957 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 23:48:03
神光タケミカヅチの前に小田原のミサイルは壊滅。相模灘に不穏な神風が吹き出した・・・いよいよクライマックスか?

958 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 02:08:01
相模トラフを震源域とする巨大地震が発生し、相模湾沿岸には大津波が襲来した

959 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 06:21:55
この天罰により小田原城は崩壊し、北条方は無力化された。状況は神々と第六天魔王信長の戦いへとシフトしたのである。

960 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 10:20:35
天変地異に霞ヶ関は議論が紛糾していた「日本は一気呵成に沈んでいくんだ!!」

961 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 10:38:17
足利義政は銀閣で「何もせんほうがええ」とつぶやいた

962 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 10:54:45
引篭りの夫義政に対して、妻富子はせっせと内職に励んでいた。

963 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 11:52:37
内職、すなわち書状の宛名書きである。せっせと貯めた小金で富子は

964 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 13:02:31
応仁の乱を起こした

965 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 13:36:09
足利義満「俺より目立ちおって若造!流石、我が血である」。

966 :日本@名無史さん :2006/07/01(土) 14:06:56
足利高氏 今の態度は良ろしからぬ 人の誤解を招く

967 :日本@名無史さん :2006/07/01(土) 14:30:41
佐々木道誉 じゃやめて天皇軍に付くのか? 俺はそれでもいいよ

968 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 15:24:53
道誉の軽率な発言をめぐって、小田原城ではその処断についての議論が一族挙げて行われた。

969 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 16:26:50
その間にも神武天皇の「稲作号」により、各地の荒地が次々に豊かな水田に変えられてしまう。人々は抗うすべを持たなかった。

970 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 16:49:57
豪を煮やした渡来人、八雲の土蜘蛛一族は砂鉄生成で河々を真っ赤に汚した。オペーレーション「ヤマタノオロチ」発動である。

971 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 18:05:00
酒匂川は酸化鉄で真っ赤に染まり、その水を飲料水とする小田原城内では・・・

972 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 18:16:00
「うっ・・・く、苦しい…ごほっ…ごほっ…」多くの武将が苦しみ始めた。

973 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 20:41:58
さっそく小田原城では対策本部準備委員会を立ち上げの為のディスカッションが行われ、医療負担をどうするかについてのについての議論が一族挙げて行われた。


974 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 20:48:15
業を煮やした信長は一声、サルとイヌとキンカ頭に鉄砲3000丁を与え、土蜘蛛征伐に出撃させた。

975 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 21:35:05
「オペレーション・ヤマタノオロチ」は、修羅場を迎えた。

976 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 21:35:22
あいや、またれい! 呼び止めたのは

977 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 21:39:30
前島密

978 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 21:42:49
と見せかけて生島ヒロシ

979 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 21:45:54
「切って捨てる!」バサッ…、ドサッ…。

980 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 23:58:33
「恐縮です。恐縮です。恐縮で〜す!!!ここ僕の立ち位置?」

981 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 00:29:48
と言いつつ、銃殺刑の執行場へと引き出された。

982 : 日本@名無史さん:2006/07/02(日) 02:19:50
そんな殺生な、羽柴秀次。

983 : 日本@名無史さん:2006/07/02(日) 02:36:54
危ねー 石見。これからどうする?金吾秀秋

984 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 02:46:59
こっちの水は甘いよ 石田三成と島左近 ホーホー蛍来い、あれは特攻やな

985 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 04:21:14
婿の稲葉 春日の局 憶えている? 家光 俺の子 土井利勝 忘れたくないよ

986 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 11:44:35
と言いつつ、銃殺刑の執行場へと引き出された

987 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 14:15:19
でも ワイロを渡したので 無事 釈放されましたとさ めでたしめでたし

988 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 14:34:54
里見ちゃん「曲がりなりにもこうして来れたのは〇〇のおかげ。弓箭の道も一寸増し」

989 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 14:41:19
ヘルメス神はエーゲ海でハンモックに揺られていた 紫外線が眩しい

990 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 14:48:46
淀「あら、ごめんあそばせ。わざとした事では無くってよ」大坂城炎上・ドッカーン!

991 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 14:56:19
俺の長年の研究によると やっぱ藤堂高虎と加藤清正は最高だな あと綱吉。

992 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 15:18:16
天地は全ての宿場であり時間はそこに泊る旅人である アフロディーテ

993 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 15:26:25
伊達政宗 そそソクラテスかプラトンか ににニーチェかサルトルか

994 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 16:58:18
酒井忠宝(明治維新、笑っちゃうね。その結果キノコ雲)私って綺麗?

995 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 17:04:30
そして恐怖の大王がやって来る

996 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 17:18:13
節子(竹槍を持って)来るなら来い 懸かって来い ルーズベルトをやっつけろ

997 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 17:28:27
坂本竜馬 懸かり乱れ竜か 自分を大切にしろ

998 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 18:39:27
織田信長 紺地に日の丸?ダメらこってこんげんの!

999 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 22:44:48
信忠「父ちゃん、朝っぱらからうるせーぞ」

1000 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 23:50:18
紺の桔梗の紋所よりはマシな意匠だ。 

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

120 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)