5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

2006年NHK大河ドラマ「功名が辻」3

1 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 02:06:08
公式HP
http://www.nhk.or.jp/kochi/koumyogatuji/index.html

初代スレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1134409076/

前スレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1139325218/


2 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 02:12:42
君が死んでからもう1年。
君は今も僕を見守ってくれているのかな?
君は、僕の生まれて初めて出来た彼女だった。
すごく嬉しくて、幸せだったなあ。
突然、白血病だって医者に宣告されてから、君は病室で日に日に弱っていった。
「病院ってひまねえ」って笑う君を見て、僕はいつも泣いていたんだ。
君の為に、僕の小汚いノートパソコンをあげたら、君はすごく喜んでくれたよね。
ネットをするようになった君がいつも見ていたサイト、それが「2チャンネル」だった。
ある日君はいつものように、笑いながら言った。
「ほら、見て今日も2ゲット出来たよ。」
「あまりパソコンばっかいじってると身体に障るよ」
なんて僕が注意すると、
「ごめんねえ。 でもね、これ見てよ。
ほら、この3のひと、2げっとぉ!なんて言っちゃってさぁ、ふふ」
僕は黙っていた。君がすごく楽しそうで、僕は何も言えなかった。
「ほらみて、この3のひと、変な絵文字使ってくやしぃ〜!だって。
かわいいねえ。 ふふ。」
僕はまだ黙っていた。笑う君を見て、どうしようもなく悲しくなった。
「憶えててくれるかなあ」 君がふと言った。
「…この3のひと、私がいなくなっても、あの時変な奴に2をとられたんだよなー
なんて、憶えててくれないかなあ……無理かな……憶えてて、ほしいなぁ……」
それから数ヶ月後、君は家族と僕に見守れながら息を引き取った。
君はもうこの世に居ない、なのに僕は今F5を連続でクリックしている。
君の事を、3のひとが忘れないように、いつまでも、いつまでも忘れないように。
天国にいる君と一緒に、今ここに刻み込む。

        2 ゲ ッ ト

3 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 13:26:09
長篠の合戦で、織田の鉄砲三段打ちは架空のお話、史実ではない。
武田の騎馬隊も存在しない、空想の産物。

鈴木眞哉『鉄砲隊と騎馬軍団-新説・長篠合戦-』(洋泉社、2003年)




4 :日本@名無史さん:2006/04/22(土) 13:35:00
【ロッテのチョコレート 】
ロッテは同じ量の原料(カカオ豆)で、明治・森永の2倍のチョコレートを作ります。

カカオ豆をすり潰して油を絞ると、油(カカオバター)1と絞り粕(カカオ)2が出来る。
カカオバターとカカオを1:1に混ぜて練ると、チョコレートが出来、カカオ1が余る。
ロッテはカカオバターとカカオ1:2に、ヤシ油1を混ぜてチョコレートを作る。チョコ
レートは他社より2倍出来、カカオは余らない。ロッテはぼろ儲けの天才!

証拠 ロッテのチョコレートの原材料欄には「植物油脂」と書いてある
   明治・森永のチョコレートはそんな物混入していない
   明治・森永はココアを販売しているが、ロッテは無い

結論 ロッテのチョコレートはチョコレート本来の味が半分の粗悪品
蛇足 「ヤシ油」を検索すると((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

5 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 18:43:55
きょうはながしののひげきでつよ

6 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 19:53:36
先週の騒動はアレでオシマイか…

7 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 20:00:55
テレビショッピングかよ

8 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 20:08:10
坂東真砂子が高知新聞でこのドラマは
侵略者正当化の物語だって書いたそうですが
詳しい県民の方いますか?
個人的にはじゃあ長曾我部氏は近隣諸県にとっての
侵略者ですか?という感じなんですが

9 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 20:28:26
他国から大名が国替えでやってきたら全員侵略者?

10 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 20:40:29
 

  徳 川 家 康 死 す 

        (声の出演:松村邦弘)



11 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 20:40:36
http://jcphata.blog26.fc2.com/blog-entry-191.html
http://d.hatena.ne.jp/minshushugisha/20060228

ググッたらいろいろ出てきますね
なんだかなあという感じですが

12 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 20:41:46
山内一豊がそれだけ酷かったんだろ。

13 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 20:44:55
TV戦国自衛隊の

徳川家康 役って 津川だったよね

14 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 20:51:20
>>13
葵 徳川三代もそうじゃなかった?

15 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 20:52:14
長篠が短かすぎ〜。サブタイの悲劇ってのは、朝日が未亡人になって、後は振られるって意味?

16 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 20:52:20
>>12
坂東氏の場合、「民主的」でない指導者は
時代がどうあれすべて肯定的に描くべきではないという考えみたいです
どの政治指導者が「名君」で、誰が「暴君」か、そんな議論も一切無意味
ということでしょうか
これじゃ「文化マルキスト」と言われてもしょうがないと思いますね

17 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 20:54:44
「反戦ドラマ」と喚く奴がいたかと思えば、「侵略者の美化」と罵る奴もいる。
右も左もバカばっかり…。

18 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 20:59:14
>>11
そのサイトなんだかなあって感じだね。

どころで司馬史観っててっきり司馬遼太郎の
小説を史実と混同している人のことじゃなかったのかorz

19 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 21:14:28
3段打ちはでてこなかった。
よかった

20 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 21:25:30
長篠以前に
話がつまんなすぎる

なんだあのあまりに無理矢理な源助の殺し方は
脚本家はバカか

切腹!切腹!と軽々しく叫ぶアホ夫妻にも呆れた

21 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 21:26:29
桶狭間で不確定な雨を都合よく利用したとは思わないなw
三国志の赤壁の戦いの影響を受けた天候厨が結構いるな。

22 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 21:33:17
信長の桶狭間の戦いも有能スレで奇襲か迂回でまた
信長記を片手に議論していたなぁ〜。

よくドラマ小説と史実は違うもんだからイチイチ
ドラマ小説に文句を言うのはお門違いだというが
ここまでずれるとさすがに言いたくもなる。

23 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 21:33:30
しまった見忘れた
と思ったけどここの書き込みみると見なくて良かったか

24 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 21:59:04
桶狭間合戦は奇襲ではない。
信長と義元は戦場で偶然遭遇して戦闘になっただけ。


25 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 22:19:42
藤本正行さんと鈴木真哉さんの本片手に今シミジミ感じ入ってます^^

26 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 22:24:25
鈴木はやめときなさい

27 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 22:36:58
鈴木は何故ヤバイの?

28 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 23:01:35
正月の冒頭で3段打ちやってたんだよ。
それでたぶん苦情がいったんだろ。

29 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 23:04:46
司馬は明治維新を美化して御用作家になったのだ。
しかし昭和の戦前には否定的だった。
が、昭和の戦前もまた明治維新の流れなわけで、
維新を美化しながら昭和戦前を否定する矛盾に気づいた。
気づいたときには死期が迫っていたというわけだ。

30 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 23:08:03
んなベタな事みなさん知ってるべ?それより鈴木真哉の何が止めときなのかだろ!

31 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 23:09:28
単純だな

32 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 23:12:23
>>283段撃ちで苦情・・・風林火山で騎馬戦やったら、また苦情? 一応見所なのに・・・・・


33 :日本@名無史さん:2006/04/23(日) 23:38:18
受信料不払いの影響で低予算なだけでつ。

34 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 00:08:05
昔は合戦図屏風を写し、音だけというのも有った。

35 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 00:52:32
炎上する家屋が焼け落ちるシーンは、複数年にわたって何度も使い回ししてたなw

36 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 02:30:36
>>24
>>桶狭間合戦は奇襲ではない。
>>信長と義元は戦場で偶然遭遇して戦闘になっただけ。

へえ。それは珍しい新説ですね。
ソースか、根拠のようなものがあれば、教えてください。

37 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 03:13:31
女性の脚本化が戦国物を書くと如何してここまでつまらなくなるのだろう。
NHK大河には、骨太の歴史ドラマを期待する。
女の愚痴など観たくない。戦国時代を生き抜く本当の人間を描いてもらいたい。
近年、楽しめた大河ドラマ、伊達政宗、武田信玄。

38 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 04:39:46
武田家を滅亡に導く合戦なのにやたらちゃちいw


39 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 06:52:07
空耳か・・・「あばよ」って聞こえた気がする・・・

40 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 07:02:27
ナイス!

41 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 07:50:38
>>36
鈴木眞哉か藤本正行が主張していたような気がする。

42 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 09:02:47
ちょっと鈴木だ藤本だー書いたらアッチコチで飛び交ってるわ(笑)

43 :日本@名無史さん:2006/04/24(月) 23:23:29
>>37
竹山洋wwwが書いた脚本も、骨太で面白かったのか?

44 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 02:10:58
>>43
題名教えてくれ

45 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 02:24:58
>>43
分かった、秀吉。利家とまつだな。
最悪だ!気分が悪くなって数回しか見ていない。

46 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 08:00:23
37に対して
なぜ43がああいうレスを返したのか意味不明

47 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 12:52:22
竹山洋が男だから

48 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 13:53:21
>>46
「利家とまつ」も女の愚痴いっぱいの戦国物。
但し、脚本家は男。


49 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 15:32:13
手取川とか
また上杉ヲタがうるさくなりそうな

50 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 20:03:13
来年はもっと上杉オタが暴れるだろう。

51 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 23:18:26
原作は武田家中の描写がほとんどだけどね

52 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 23:40:27
>>43
戦国物で女を主人公にすることが無理なんだよ。

53 :日本@名無史さん:2006/04/25(火) 23:44:17
実際には無かった戦で一話やるのか

54 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 00:16:51
>>53
??・・・詳しく

55 :厚顔の馬鹿武者織田信長:2006/04/26(水) 02:09:14
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       「舘ひろし・藤木直人以下の信長が存在した」
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ       
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも 何をされたのか わからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \   「馬面」だとか 「本能寺で銃撃戦」だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの 片鱗を味わったぜ…

56 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 02:23:21
>>55
おもしれェ〜

57 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 02:28:20
満腹丸を直接手にかけて殺害したのは山内一豊なの?

58 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 02:45:45
不明

59 :日本@名無史さん:2006/04/26(水) 21:38:19
まぁだいたいそうだよね

60 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 11:10:06
1時からの再放送見なきゃ

61 :日本@名無史さん:2006/04/29(土) 11:14:01
鎧を着けてる場面は好きだ

62 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 11:32:20
三谷さんの組!が脚本いいしキャストも良かったのに功名が辻の駄作っぷりはひどい。上川さんしか見る所がない。
これなら三谷さんの希望通りに2年連続組!した方が良かったのでは。

63 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 18:12:37
三谷さんの組いくら脚本がよくても、演技に重みのない人が
台無しにしていたと思った。その人が嫌いなわけじゃない衛けれど、あの役
には合わなかったと思う。期待していただけに残念だった。

64 :注意勧告:2006/04/30(日) 18:32:31
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ゴールデンウィークに入り大量の新選組厨が発生しております
安易に新選組マンセーネタに釣られないよう気をつけましょう
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

65 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 18:51:44
新選組厨は日本史板に寄生するギョウ虫だな

66 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 20:51:45
鎧をつけてるシーンだけだな、ウン

67 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 20:53:34
来週は弾正の自爆か。。。

68 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 21:07:43
上杉はなぜ上洛をやめたのだ?

69 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 21:14:22
>>68
京都までの遠征能力が無いんだろう。

70 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 21:25:25
>>68
佐渡とか完全に平定できてなかったし

71 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 22:10:16
自分はサンシャインボーイズの頃から三谷を見てるが
組!はすべてに中途半端な失敗作だよ。

>>67
正座してご登場を待ちます。

72 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 23:09:04
36>>氏へ
「信長公記」を読みなさい。それを読めば分かります。
桶狭間は奇襲ではありません

73 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 23:18:36
ただ奇襲の方が話的に映えるよね

74 :日本@名無史さん:2006/04/30(日) 23:27:41
新撰組!でひとこと あの斉藤の殺陣は後半までひどいものでした
せめてもう少し剣術練習してからにしてほしかったものです
振り方構え方だけではなく目付け足の運びも 一刀流系列からはちょととおかったです
9月くらいにまぁみれるようになりましたね
ってガイシュツでしたっけ?

75 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 00:09:42
スレ違いでございまする

76 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 00:26:16
本能寺には濃姫が映えるのか

77 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 07:59:49
何だかスゴイ喪失感なんですよ、この2、3日。最終回後もこんな感じだったけど。 楽しみにしてたDVDも全部見終って、取り合えず、もう待つものがないんだもんな。 思わず、また1話を見ちまった。組!のエンドレス視聴がまだまだ続きそう…。

78 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 10:33:49
最近の大河では久しぶりの濃姫・本能寺パターンだよね。
国盗りバージョン。

79 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 12:26:25
>>78
子供も産めない、斉藤との繋がりも切れた用のない女云々・・・
昨日の台詞はかわいそう杉

せめて最後は信長と一緒に・・・・

80 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 15:08:58
濃姫は実際どうなんだろうな

・本能寺前に早世・病死
・本能寺の変で死亡
・本能寺後もひっそり

81 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 16:12:07
本能寺のあとも秀吉・家康から保護を受けたって聞いたような

82 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 16:21:05
慶長17年(1612年)7月9日に78歳で逝去説が多いな・・・

83 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 17:24:16
信長公記を読む限りでは桶狭間前に何らかの理由で死んでるよ。かなりのショックでタブーとされたんじゃない?信長の奥さんなのに殆ど記録ないておかしいだろ。松とか千代ごときが沢山記録残してるのに。代わって有名なのはきつのとお鍋の二人。

84 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 17:38:23

濃姫が仮に桶狭間前に死んだとするなら、信長は〜25歳前。
正妻が死んだあとに再び正妻を貰うってのはないのか?


85 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 18:20:21
あくまで側室だろ。きつの、お鍋しかり。お鍋の方だったかな?本能寺で信長死亡と聞いて財産やらどうするか仕切って決めたらしいからそれなりの権限あったんでしょうよ。

86 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 21:30:05
戦国時代っていっても、亡くなれば寺とかに記録が残るんでない?

87 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 21:40:30
でっちあげはあるかもね。でも確かなのは無い。だから特別かもと予想する。

88 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 22:30:37
>86
寺請が制度化されたのは江戸時代からだからどうだろうか
それに過去帳には名前と没年月日しか載らないから個人特定が困難らしい

89 :日本@名無史さん:2006/05/01(月) 22:40:30
>83
>松とか千代

そりゃ前田家や山内家が記録をいっぱい残したからなぁ。逸話にも恵まれているし。

>きつのとお鍋

前者は『武功夜話』が出なかったら全然有名じゃなかったと思うが?
後者は…そんなに有名か? 濃姫よりはまだまだ知名度低いだろ。


90 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 00:40:03
>>81
それは高畠氏・お鍋のことだろ。

>>82
それってさ、岡田正人が「総見院の濃姫の墓を発見!!!」ってやつを
他のモノ書きが踏襲して書いてるだけと違う?
というか、他の誰もがそれを検証してもいないので
「濃姫は実は長寿で・・・才まで生きた、という説がある」と
引用されているだけのような気はするがね。

>>89
お鍋はたまたま著名作家の書いた小説や、私家歴史本に書き残されて
いないから、普通民に知名度が無いだけだろう。
3人子供を成したことも明確、豊臣家の文書等にも名が残り、
捨扶持を貰っていたことも事実。
信長晩年の側室としての扱いを受けてたって証しじゃないのかね。
墓や法名がきちんとわかっている点でもそれなりの処遇だったのだろう。

91 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 01:37:34
尚日での爆死予告おもしろすぎ

92 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 08:17:48
「お前は馬鹿か?」 弾正渋過ぎ
静ちゃんが久秀のダンディズムを理解しているかが来週の出来不出来

93 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 18:35:30
局長投降の地の住人だけどこれから夜行バスで京都に行ってきます。 なぜか人生初の京都です。 楽しんでくる! ノシ

94 :日本@名無史さん:2006/05/02(火) 21:26:21
http://www.nipusa.com/common_product.asp?id=22280
『堺正章・夏目雅子主演 西遊記T・U』 全話セットDVD

95 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 01:45:39
山科言継の日記の「信長本妻」ってのが濃姫ではないか?
斎藤義竜の後家から茶器だかを召し上げようとしたら「信長本妻」
とその一族、美濃の国衆が団結して自害すると言い出したため、
信長が結局諦めたって言う話だったはず。これは確か信長が美濃を
制圧した頃の話だったから、少なくとも斎藤竜興が美濃から逃げて
信長が岐阜へ移った頃までは生きていたんじゃないか?

ちなみに道三のせがれの利治(=長竜)が信長に仕えていましたな。

96 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 02:20:31
それは虚実ゴチャ混ぜのでっちあげっぽいね^^ま、そのへんまで生きてた可能性も勿論有るけど。何せ想像の世界だから。早死にしたのは確実というだけの事。

97 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 02:51:29
壺だったかな?未亡人は義理の姉だし、美濃衆と団結してるし、信長が諦めるくらいだからありそうな話だわな

98 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 11:29:00
>>84
家康も築山殿が亡くなった後、旭との政略結婚まで
正妻は置いてないし、旭と別れた後も正妻は置いてないから
人それぞれなんじゃない?
もし帰蝶が生きていたとしたら、北政所みたいに
政治の道具(覇権争い)に使われなかったのかしら?

99 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 12:00:07
美濃が落ちたあと、美濃三人衆が信長の元で活躍してるし…濃姫とも繋がりがあったような気がしないでもないような…

100 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 14:21:40
美濃三人衆はかなりミジメな感じなはずだけど、、

101 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 14:26:27
宴じゃぁ!うぇぁぁはははっ

102 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 14:30:31
悪かったな!!お前ら!!

103 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 22:32:10
ところで来年の大河は山本勘助って本当?

104 :日本@名無史さん:2006/05/03(水) 22:36:20

Peaceful scenes of Nanjing after Japanese Occupation

The Truth of The Nanjing of 1937.12 - 1938.2 (1)
http://www.youtube.com/watch?v=uq1ZEdp9-VM

What really happened in Nanjing after Japan's
occupation in December 1937? "Massacre of 300 thousand
Chinese" as the Chinese Government claims?

You can watch some scenes in the following web page;
lives of Chinese people, including children having food,
as well as Japanese soldiers restoring the city.

Can these scenes possible if the "massacre of 300
thousand" actually took place?

The Truth of The Nanjing of 1937.12 - 1938.2 (1)
http://www.youtube.com/watch?v=uq1ZEdp9-VM


105 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 15:13:57
>>103
宣伝乙

106 :日本@名無史さん:2006/05/04(木) 22:28:28
>>80
本能寺で死亡はまずないだろう。
まるでそこで死ぬのが分かってたみたいで変。

107 :日本@名無史さん:2006/05/06(土) 14:56:50
あげ

108 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 01:20:56
弾正、茶釜抱いて自爆?わくわく♪

109 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 05:52:30
>>108
おい!それぇ!!ノン!!

110 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 11:34:43
今日の千代様は歴史をどう動かすの?

111 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 11:46:19
28日の放送で、やっと馬が出るな

112 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 18:55:37
ウマー

113 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 20:56:02
一豊に弾正の説得役とか
秀吉のくせに見る目が無さ杉

114 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 20:58:00
しかし相変わらずタイトルとの剥離がすごいな
秀吉謀反なんてすぐ解決しちゃった・・・
タイトルで釣る気マンマンだな

115 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 21:02:34
一豊ごときが松永弾正を説得にいって成功するわけがない

116 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 21:08:35
正に大河ギャグだね^^

117 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 21:10:51
>>80>>106
新しい説では、その後も尼としてひっそりと暮らしていたのでは、というのがあるね。
ドラマ上は、>>78のような流れから、濃姫は手討ちに遭うか自害して、怨念に固まった
光秀が・・・てな展開も考えられる。

118 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 21:15:11
「そりゃ失敗するに決まってるだろ・・・」
と視聴者から総ツッコミ入っただろ

119 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 21:21:45
来週は荒木か

120 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 21:22:15
松永久秀なんかスルーされるか事後報告と思ったら
しっかりやってたな。わざわざCGまで使って天守閣爆破させやがってー

やるなーNHK−

121 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 21:25:32
まぁビミョーなCGだったけどな

122 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 21:26:33
コキ"(^・ω・^)゙コキ

123 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 21:32:50
火薬量のわりにふっとびすぎではないか?

124 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 21:48:12
今まで旭や源助の説得という
多大な功績を上げてきた一豊だから
秀吉も「弾正相手でも楽勝!」と判断したんだよ

125 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 21:52:39
>>123
一応火薬庫で詰め詰めしていたみたいだったが・・

それよりやっぱり秀長は抹殺するみたいだな。この期に及んで影も形もないんだからね。

126 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 21:58:08
しかし今回は久秀だけで十分おなかいっぱいになった。
明日から会社頑張るか('A`)

127 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 22:21:59
松永久秀、おでこと顔の境目が膨らんでて、ヅラってのが丸わかりじゃなかった?

128 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 23:03:41
これだと本能寺で
信長「お前が光秀に魅かれているのは分かっていた」
濃姫「いえっそんなっ」
信長「今までヒドイ事を言った云々…」
濃姫「そんな事は云々…」
てな感じかい?


129 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 23:42:33
但馬侵攻や上月城攻略とか省きすぎ。
秀吉不在時の危機など見せ場もあるはずなのに。

130 :日本@名無史さん:2006/05/07(日) 23:52:59
>>117の理由として、お市の方に見つかっちゃったでしょ。寄り添ってる現場を。
だから単純に、信長が虐待するか、濃姫が信長に今までの不満をブチかますのか
な、と思った。で、結末をそう、予想した(糞予想ではあるけど)。

131 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 00:06:40
公式に行ってきたけど>>130の展開ではない。本能寺で討死のパターン。
なんだかありきたりだな。

132 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 00:19:48
松永久秀役の人首のあたりをこきっこきっってやってたけどあれは俳優の人の癖なのかな?
それとも実際に松永久秀にそういう癖があったとか?
大河って大きなところではいい加減な考証なのに歴史上の人物の中途半端な細かい
癖をそのまま再現したりするからどっちがどうか分からないので・・・

133 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 00:52:17
>>132
大河内教授に、そんな癖は無かった。
秀吉・ねねの親戚衆の存在は中途半端だが、妙なところに拘りがあるようだな。


134 :日本@名無史さん:2006/05/08(月) 22:42:42
くゎんぴょうえのじょう

135 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 20:00:33
回を重ねるごとに書き込みが減っていく
実況も大河ドラマ板も

136 : ◆7h6EkzzMh. :2006/05/10(水) 21:32:56
濃姫は本能寺で死んだと信じてたお。

司馬せんせえ…orz

137 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 22:20:39
>123
TNT火薬なら十分かと。

138 :日本@名無史さん:2006/05/10(水) 23:48:48
司馬はデタラメなことをさも史実のように書きやがる
あんないい加減で嘘つきな奴を信用しちゃいかんよ

139 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 02:21:29
ツリデレ

140 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 02:35:41
387 :日曜8時の名無しさん :2006/05/10(水) 16:43:10.76 ID:mKpX7qYF
テレビガイドに半兵衛役・筒井のコメントあり。
「半兵衛の思想のベースは秀吉の天下取り。
だから自分の死後を心配するのは男としてわかる。
しかし、最期に千代への思いを口にするとはさすがに思いもよらなかった。
女性脚本家ならではの視点だと思った」

筒井も内心呆れたんだろうね。
軍師として死なせてもらえなかった半兵衛も、演じる筒井も哀れ。
大石はどうしようもない恋愛体質だから、人間はみな惚れたはれたで
動くとでも思ってるんじゃないのか。
志を持った人間の内面など手に余るんだろうよ。

141 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 03:38:01
筒井は役者としてどうかと思うけどな
セリフの1つ1つに違和感を覚える



142 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 04:08:41
あの棒読みが特徴なんだよ、ウン

143 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 04:22:36
武士なのに掘れた貼れたが多すぎ命の持ち帰りばっか
御恩奉公・名を惜しみ家を執する、を忘れた戦国ホームドラマだぁ

144 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 06:34:54
一豊が主役ではなく 千代が主役


全く一豊には興味ニャー

145 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 08:41:03
戦国時代の武士が出世するには戦で武功を立てる以外には道はない
それなのに「戦は嫌だ、殺し合いは嫌だ」「でも、出世しろ」
思いっきり矛盾してないか?
戦が嫌で出世したいのなら豪商でも目指せばいいだけ

146 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 09:06:11
悩みもなくジェノサイドに加わるのも見ててどうかと思ってしまうのも人情。

147 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 09:12:52
脚本家は、一豊が武功ではなく知略と夫婦愛で出世した事にしたいんだろうなぁ。無理があるけど‥‥

148 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 09:24:06
いまのところ、武功で出世してるんだっけ?
知略って誰の?w

149 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 09:26:20
>>138
小説家の書いてることを史実wと勘違いしてた過去でもあるの?



150 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 11:05:55
>御恩奉公・名を惜しみ家を執する

それはもっと後世の話。戦国時代はもっとドライだ。

151 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 13:57:05
一豊がさほど槍先の武功を上げてるようにも見えないし
かといって千代が賢妻っぷりを発揮してるようにも見えない

現在のところ

152 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 14:46:39
ご恩奉公は鎌倉、名を惜しみ家を執するは太平記。

153 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 18:02:52
一豊って経団連の奥田みたいなもんだろ。
後々世界的な大企業になる零細な会社にたまたま就職して
居続けられたおかげで、単なる古株で能力も無いのに出世
できた人。(何期か後の連中はリストラの嵐の直撃を受けて
るから、非常に運が良いw)
主家の台頭に比例して出世しただけ。
まあ、奥田と違って主家を引き継いでは、いないけど。

154 :日本@名無史さん:2006/05/11(木) 20:15:55
「戦に忙しくて娘の顔を見れたのは生まれて一年後だった」
「播磨に入って戦功をあげ700石に」

全部ナレーションで済まされる一豊の日常

155 :日本@名無史さん:2006/05/12(金) 01:13:38
>>150
そのドライさが欠如している。何かって言えば色恋沙汰の話とか
戦は嫌だとかいうエセヒューマニズムがでてくる。
(頭の足りない)女に時代劇脚本なんて書かせるもんじゃない

156 :日本@名無史さん:2006/05/12(金) 01:35:50
もう、みんな気づいているだろ
戦国時代を背景にした
「韓流ドラマ」だということを

157 :日本@名無史さん:2006/05/12(金) 17:59:10
>>155
よし!君に書き直してもらおう!

158 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 05:04:53
>>157
・一豊隊の下っ端が獲った首級を千代らが首実検前に洗う


159 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 09:00:42
下っ端達が敵領内の村落で、略奪暴行強姦を繰り広げる。

160 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 11:06:03
>>157
「第○回 本能寺の変」

蘭丸「殿、そこでございます」
信長「おお、ここか!ほれ!ほれ!気持ちいいか?いいか?」
蘭丸「殿、いいでございます」
信長「わしはもうダメそうじゃがよいか?」
蘭丸「御意に」

ブォーンブォーン

蘭丸「殿!敵です!」

161 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 11:07:30
松寿丸を千代があずかって
殺害命令を受けた一豊が悩む

らしいね

162 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 13:33:28
>>159
それは、織田の「軍令」で禁止されてるし

163 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 14:14:33
>>161
また悩むのか
比叡山で秀吉から「なんでも命令どおりしなくても良い」と言われたのに
後日、浅井のせがれを殺しちゃって、また同じようなことが起きたからで
すか?
一豊は愚鈍って演出なのねw

164 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 15:19:59
愚鈍というよりも愚直

165 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 15:51:41
よねが死んで悩み、関ケ原で悩み、土佐の一揆討伐で悩…。悩みは尽きませぬ

166 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 16:20:08
ていうか子供殺しの仕事ばっかりだな
このドラマの一豊は
松寿は殺さないけど

167 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 16:44:35
>>157
プロを批判するやつに「じゃあお前がやれ」っていうやつ、どこでもいるな。

プロなんだから批判されて当たり前。
レストランの飯がまずいからといって、厨房へ行って自分でつくるやつはいない。

168 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 17:32:12
>>167
プロなんだから批判されるのは当たり前
これは賛成

しかし一流の料理人とて万人が美味いと思う料理を作れるわけじゃない

自分の口に合わないからと「頭の足りない料理人」と批判するのは言い杉


169 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 18:33:07
>>167
じゃあまず、青山のシナリオセンター基礎コースを受講だねっ!

170 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 18:42:53
別にどんな批判をしようが勝手でしょ。
アホな批判をすればアホに思われるだけ。

171 :日本@名無史さん:2006/05/13(土) 22:33:56
>>167へのレスに>>167と関係ないことを持ち出されても。
>>167>>155とはなんの関係もない。
>>157のようなお決まりの返しがウザイと思っただけ。

172 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 00:42:09
もうそろそろ、大河で軍師って表現を辞めにしないか?正確には、参謀だろう。

173 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 08:41:18
参謀というより占い師。

174 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 12:57:02
なんか今日の話はおもしろそうだな

色んな意味で

175 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 13:10:54
来年大河に期待


武将の格が違います。

176 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 13:32:42
主人公の格が違っても
作る人が変わらなければ




。゚(゚´Д`゚)゚。

177 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 20:50:49
妻子持ちの半兵衛の臨終の言葉が
「生涯愛したのは千代」か
しかも千代の旦那に対して

178 :南京大虐殺の首謀者:2006/05/14(日) 20:56:29

南京城攻略の折、降伏した中国兵数千人を城壁の傍らに立たせておき銃剣にて全員を刺殺した時の司令官は
昭和天皇の叔父で天皇に顔がそっくりの朝香の宮と言う奴だ。
南京大虐殺は天皇家の命令で行われたことは明らかだね。
そうやって在日である天皇家は、日本の名誉を著しく傷付けるような指導を日本国民に対してして来た訳だ。
そんな天皇制にしがみ付いている奴はバカか狂人かのどっちかだね。

あるリベラルな知識人が二十年ほど前に、先の戦争は国民にも責任があると言ったことをヒントに、
天皇には責任が無いみたいなズレたことを言い出した右翼がいるが、
国民主権国家となってから、その天皇制を廃棄しないでいたことは今度は本当に国民の責任である。


179 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 21:02:18
半兵衛を看取った直後に部屋を出た秀吉がニヤッとした意味は?

180 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 21:09:53
この秀吉を見ていると妖説太閤記の秀吉が
脳裏をよぎる。

181 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 21:34:57
村重には芝居を見抜かれてるし
そのくせ「あれは芝居よ」とか大威張りでネタばらししてるし
ずいぶんと浅はかな秀吉だなぁ

182 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 21:39:27
村重に関しては信長の心理を読み取っての謀反だから
サル芝居を見抜くぐらいの器量はあるということかも

ネタばらしに関しては秀吉に対する不信感が募って
最終的に関が原で家康に味方するっていう布石じゃないのかな?

183 :日本@名無史さん:2006/05/14(日) 21:44:31
一豊が秀吉に不信感を持つ→関ケ原の伏線なんだろうな
ヘタクソな脚本だ

184 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 01:21:55
原作でもそういう扱いだな
部下に対しても人情味のある秀吉が天下を統一したのに
天下を獲ったとたんに大規模工事や朝鮮征伐や秀次関係皆殺しやら愚将になったという扱い


185 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 07:23:28
現時点で愚将化しとる

186 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 09:37:59
山内夫婦を目立たせるには周囲の人間をおバカにするしかないのか

187 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 15:42:58
山内夫妻を松寿の恩人にして
関ケ原の伏線か

188 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 16:29:21
大河ドラマって毎年やらなきゃいけない決まりでもあんのかよ?

189 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 16:33:22
三木城は二年にわたって籠城したんだな 何千人もが。よく二年も籠城出来たな。

190 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 17:07:22
篭城って言っても、当初より三木城のみ孤立してたわけじゃない。
神吉城・志方城などの支城や丹波の波多野秀治が持ちこたえていた
間は、毛利からの支援が届いていたし、村重の謀反で秀吉のほうが
孤立しかけていた。
反旗を翻して2年間城に篭ってはいたものの、厳重な包囲下に有った
期間とイコールではない。
支援が途絶え完全に孤立するのは、落城前の数ヶ月間。

支城攻略は、丹羽長秀・滝川一益等が行っているから、別所討伐に
は秀吉救援の一面があり、秀吉軍の攻撃を2年間持ち堪えたわけで
もない。(秀吉が自力だけで窮地を脱し、別所を滅ぼしたのではない)

織田軍相手に2年持ったのは事実だが、兵糧攻めにあった期間が
2年なのではない。

191 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 17:23:25
>>190なるほど!Thanks

192 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 20:50:35
そして三木城の凄惨な光景を目の当たりにしてまた悩むのだな。

193 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 22:01:02
吉兵衛が言ってただろ
「今は戦国の世、そしてわれ等は武士(もののふ)」
戦が嫌いなら農民か商人にでもなれ

194 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 22:10:05
三木城にいた小りんが飢餓のせいで盲目になるらしいから
一豊はまた罪悪感にさいなまれるんだろうな

195 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 22:14:24
毎回毎回ウジウジ悩みおって
一豊はさっさと武士やめろとゆいたいです

196 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 22:16:04
なんだかんだ言っても最後は
土着侍の掃討作戦をやらかしちゃうんだよな

197 :日本@名無史さん:2006/05/15(月) 22:34:04
>>193
あれほど武士だ武士だといって千代の
農民になろうのお誘いを断ったんだからね。
いつまでも悩むのはどうかとミーは思うんザンス。

198 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 21:03:34
秀吉がねぇ・・・
裏表のあるキャラなのはいいんだけど
あんな早い段階から裏の顔見せちゃうのはねぇ
しかも家来の前でペラペラと自分から喋るのは・・・

199 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 21:17:32
一豊が関ケ原で東についたのを正当化するため、秀吉はどんどん悪人になっていく予定

200 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 21:51:30
腹黒・二面性の秀吉を描こうとして失敗気味
単なる浅はかで嫌な奴になってる

201 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 22:17:50
>>200
ご尤も!ご尤も!
秀吉が、好きか?嫌いか?は別にして少し馬鹿にシスギ?

202 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 22:42:38
鳥取城飢渇攻めで又悩むのだな。

203 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 22:57:05
ウジウジはもういいから、せめて信長がスカっと死んではしいなー。でもブーツじゃ突っ込みが入りそうだ。朝方?なのに、わざわざブーツ・・・

204 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 23:00:47
>>203
「泣かないで」がBGMだったら静先生マンセーなんだが

205 :日本@名無史さん:2006/05/16(火) 23:51:57
>>194
そこでムラムラしてセックルするんですな。

206 :日本@名無史さん:2006/05/17(水) 14:13:47
>>205
on your mark

207 :日本@名無史さん:2006/05/17(水) 19:44:42
鬼畜

208 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 17:41:17
そろそろ本能寺だな。たっぷりと時間を割いてやって欲しいよ。
まさか、本能寺と山崎の合戦、槍ヶ岳と1話でまとめないよね?

209 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 18:12:19
濃姫と笑って死ぬ、とか新聞に書いてあったから、京に入って仲直り?して死ぬまでじゃないかな。光秀と濃姫の会話もあったりして??

210 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 18:19:34
>槍ヶ岳
>槍ヶ岳
>槍ヶ岳!!!

211 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 20:31:18
森蘭丸がネグリジェを着てでてくるって本当ですか?

212 :日本@名無史さん:2006/05/18(木) 21:15:36
ホテル本能寺なんですか?

213 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 00:00:02
来週の予告みたんだけどさー
なんか黒田官兵衛の子供を千代が預かっているみたいだな。
歴史的には竹中半兵衛があずかったのが事実なんだろ?
歴史の歪曲いくない。

214 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 00:05:10
本能寺討ち入りの時、蘭丸と信長が繋がってる最中だったとか?

215 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 02:36:01
>>213
「時代劇マガジン」っていう雑誌に載ってたあらすじを読んだ人の感想によると
これからもっともっと一豊と千代の歴史上大事件での活躍が見れるらしいよ
楽しみだネ!

216 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 02:59:51
どれだけトンデモになるか
今から覚悟しながら期待してるよ

217 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 03:00:51
なんでこのスレ、こんなに低レベルなの?(w
学問・文系/日本史の板だよな?

218 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 03:12:36
>>217
ですよね!ですよね!

219 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 07:17:27
>>217
低レベルのどこが悪いんだ?

220 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 10:52:19
無知とは罪

221 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 12:13:45
では>>220の存在は罪ということか

222 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 20:28:20
>>217
去年のスレは、もうちょっと「学術的な」議論をしていたよね

223 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 20:43:24
>>222
では、おまいが(もうちょっと「学術的な」)話をしてくれ!
皆で聞いてあげるから


224 :日本@名無史さん:2006/05/19(金) 22:26:09
>>222
では、「学術的」なご高説を承りとう存じます


225 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 03:20:14
>>222
今ここにいる連中にそんなことを期待しても無理だよ(w

226 :日本@名無史さん:2006/05/20(土) 16:36:20
>>217.225
毎日夜中にお馬鹿なカキコご苦労さんデス
早く寝ろ!

227 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 00:25:37
くゎんぴょうえのじょう

228 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 00:51:17
つーか、本家のNHK大河の脚本があのレベルでは、このスレの今後のレベルも推して知るべしだなぁ
女の脚本はダメだよ。やっぱ。

229 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 05:00:20
竹内洋の「利家とまつ」が最悪の脚本だった 男の脚本だけどあれは酷かった
今年は役者が上手いから、脚本が駄目でも、まだそれなりに観られる
舘の信長の演技が何気におもろいし


230 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 08:00:34
上手くなくとも面白いというのもいい。
だけどそんなのばかりだと萎える。
今年は上手い中にキワモノがいる状態なので大丈夫。

しかし竹内じゃなくケケ山だと思われ。

231 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 12:38:20
原作からして、司馬が手慰みで書いたものだし、そこまでの話だと割り切れよ。

232 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 13:02:47
手慰みってのもなんだが、柔らかめな娯楽色の強い作品を
編集から依頼されて書いたもんだな。
戦国小説のひとつとして読みやすくて面白いもんだと思っているが。

233 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 13:20:48
【戦国時代】前田利家【ナンバー4】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1138277245/

234 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 13:42:47
お馬ちゃんのお話は来週あたり?

235 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 13:58:44
6月8日木曜8時〜の

清水次郎長一家

236 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 18:24:23
>>234
(来週のお話)
一豊は夢でも見ている風情である。
城下に立った馬市で、奥州南部産、山鳥芦毛の見事な馬に一目惚れしたのだ。
「龍のような馬だ。値段は黄金十両。ははは、肝がつぶれたか」
力なく笑う一豊の前に、千代は黙って・・・・


237 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 20:07:23
羽柴秀長
出ましたね…

238 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 20:12:45
取って付けた様に秀長でてきたな。
さすがのNHKも視聴者の声を無視出来なかったとみえる

239 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 20:37:00
ちらっとね。ちらっっっ

240 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 20:54:31
半兵衛の遺言でもあって千代がそれに従うのかと思えば
半兵衛のはの字も出ずに山内夫妻の手柄ですね

241 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 21:27:12
乱丸は月代も剃ってるし、史実でももう元服してんのか?
今回の大河のは腐女子のイメージする乱丸と違いあまりなよなよしてない所なんかは個人的に好きだがw

242 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 21:27:35
兵糧攻めなんて城攻めの定石なのに
それにねちねちいやみを言うあの女
目が見えないまま山中に置き去りにしてやればいいのに
とおもいました
まる

(3年3組 田中けんじ)

243 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 21:42:20
何の覚悟で城に入ったか、腹が減ってすっかり忘れた人間の言葉に感化される一豊って…

244 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 21:43:23
丸々としたふくよかな顔で飢餓の惨状を訴えられてもね

245 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 21:53:41
半兵衛が哀れすぎて泣きそう

246 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 22:00:50
松寿丸が唐突に出てきてワロタ
秀長が唐突に出てきてワロタ
小りんがいつのまにか籠城しててワロタ
いきなり出てきて飢えました、失明しました、って知るかよ、ワロタ

247 :日本@名無史さん:2006/05/21(日) 22:46:00
舘・信長けっこう好きになってきたかも

でも脚本は「足りぬわ!!」



248 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 08:06:44
何気に舘信長は役づくり巧いなぁと思う。

249 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 12:53:29
大河やってるとうまくなるね
最初はメタメタだったけど

250 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 14:16:41
NHKは竹中半兵衛に酷いことをしたよね(´・ω・`)

251 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 21:01:49
>>241
森蘭丸は、本能寺のとき16歳だよね?
てことは、放送時、12歳くらい?
ギリギリ元服はまだってゆうところだろ

もっと可愛い子のほうがよかったね

252 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 21:30:30
>>251え、蘭丸は本能寺の時点で数え年十八歳だと思ったが・・・。 教えてエロい人!

253 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 21:56:05
数え18なら満16でも間違いないんじゃね
歳の数え方知らんのか

254 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 22:38:34
>>253数え18なら満17じゃないの?

255 :日本@名無史さん:2006/05/22(月) 23:26:08
数え18なら、16か17じゃないの?
数えというのは生まれたその時で1歳。正月を迎えるごとに年が増えるんじゃなかったっけ?
ということは、大晦日に生まれた子供は翌日には2歳になっちゃうの?あれ?

256 :日本@名無史さん:2006/05/23(火) 00:00:27
255
生年が1歳であってるよ
本能寺の変の年には満16歳になっているが
討たれたとき満17歳になっていたかは不明

257 :日本@名無史さん:2006/05/23(火) 01:12:31
てゆうか、
蘭丸って元服したのか?最期まで前髪だったような気がするが?

258 :日本@名無史さん:2006/05/23(火) 01:29:51
今さらだけど竹中半兵衛が死んだ後なぜ秀吉はニヤっとしたのですか?
秀吉は竹中半兵衛のこと嫌いだったの?

259 :日本@名無史さん:2006/05/23(火) 01:55:13
秀長が今回初登場したわけだが……
あまりにもイメージが違い杉る

260 :日本@名無史さん:2006/05/23(火) 01:55:51
秀吉が本能寺の変のプチ黒幕で、半兵衛は将来邪魔になる、だったりして。

261 :日本@名無史さん:2006/05/23(火) 02:43:34
秀長のわりには冷たくて鋭そうな人だったな

262 :日本@名無史さん:2006/05/23(火) 13:50:56
林、佐久間両名が織田家より追放されたわけだが……

263 :日本@名無史さん:2006/05/23(火) 13:53:04
>>260
あるんじゃないのw
半兵衛が邪魔かどうかは解らないが、プチ黒幕のような演出はありそう。
一時帰国の折に光秀に遠まわしに謀反をほのめかされて、「明智殿の心
中、痛いほど解りますぞ」とかなんとかいって、同調するふりをしながら信
長に注進もせずほくそ笑むとw
しばらく時間の経過ののち、備中高松城の攻防において
「官兵衛殿、今から急ぎ軍勢を京に戻すとしたら、どのような手はずが
必要かな?」などと、変事の前に大返しの準備が始まる。

愚鈍な一豊が、「そのようなことが必要になる事態が起きるのでしょうか?」
と聞くが、適当にはぐらかされる。
で、後日信長の死の知らせを受け、秀吉に恐ろしさを感じるってところかw

出来すぎたストーリーが多いから、毛利への密書で変事を知るのでなく、
光秀が秀吉に宛てた、「同調を求める密書」が先に届いてた演出もあるかも。
「気持ちは痛いほどわかるが、謀反人に加担するわけにはいかない」と
ニヤニヤしながら、大返しに移る。
秀吉軍の素早い動きを見た光秀は「討つべき相手を間違えたのかもしれない」。
その言葉は、六兵太を通じて悩み多き一豊に伝えられ、一豊は更に悩みを深めるw

悪党秀吉に振り回されつつ歴史の真相になぜか一豊が関わる脚本だから、こんな
流れを想像してみた。

264 :日本@名無史さん:2006/05/23(火) 14:00:45
おい!オマイラ!なんか凄いものが発見されたらしいぞ!

【真相は】本能寺の変直前の明智光秀の書状が大阪の旧家で発見【如何に?】

http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1148289297/l50


265 :日本@名無史さん:2006/05/24(水) 13:25:14
>>264
今度、NHKで特集するらしいね。

266 :日本@名無史さん:2006/05/24(水) 13:50:43
(・∀・)ニヤニヤ

267 :日本@名無史さん:2006/05/24(水) 17:40:53
ニャーニャー

268 :日本@名無史さん:2006/05/24(水) 19:46:36
光秀どころじゃないっ、安土で元庄屋の子孫宅から安土城の天主の屏風が見つかったらしいぞ

http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1148289297/l50


269 :日本@名無史さん:2006/05/24(水) 19:51:14
二番煎じとは芸が無い。
猿芝居は秀吉で充分だと、信長が言っております。

270 :日本@名無史さん:2006/05/24(水) 22:49:14
本能寺の変では信長が鉄砲で反撃して濃姫(和久井)が駆けつけるみたいデス!

271 :日本@名無史さん:2006/05/24(水) 23:25:41
あ、見るの忘れてた

272 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 08:51:22
実際の信長って家臣からしたら本当に恐ろしい人だったんだろうな
何かの本で読んだが信長は仕事が出来ない奴も嫌いだが
出過ぎる奴も嫌うと書かれてあった
今現在の舘信長は信長の恐ろしさが伝わってきて良いね

273 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 10:02:53
ワンマン社長のいる会社のリーマンは身につまされている事だろう

274 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 12:18:02
>>272
サルは仕事できすぎるじゃん?

275 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 20:19:58
>>272
信長の視点から見たら、出来すぎる奴なんか存在しないよ。
出来ない奴に用はない。
出来る奴はもっと働け。
それが、信長という上司(w

276 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 21:55:37
「戦国無双2」と「功名が辻」の柴田勝家そっくりだな。
どうでもいいけど。

277 :日本@名無史さん:2006/05/26(金) 23:05:09
なんか肯定的な評価が増えてきたようですね

278 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 10:21:12
リーマンからすると人事に見えないからな。
特に「わしがころしたんじゃ〜!」とか嘘泣きするとこ。
周囲の人間に迷惑をかけないように、家族を守れるように、
仕事をしようと思えば、こんなこともある。。。
続けるか、転職するか、世を捨てるか、一豊は続けようとするから面白いんだな。

279 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 13:12:27
中国遠征の羽柴秀吉は桐の紋でよいのですか? 気になったもので。

280 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 16:47:30
三英雄はよく話題に出るけど、
いままで黒田官兵衛役で良かった人ってだれ?

281 :日本@名無史さん:2006/05/27(土) 17:38:45
EVEさん

282 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 18:07:18
さあ馬が出ますよ

283 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 18:10:18
林追放の原因を信行擁立の咎としたのは違和感を覚えるな
濃と明智の件といい、どうもおかしい


284 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 20:32:00
>>282
その馬も小牧長久手の戦いの退却で見失ったんだよな。

285 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 20:33:40
1億円くらいかな?

286 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 20:42:42
濃の輿がちゃっちすぎ

287 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 20:55:11
濃はどうやって城から出たんだ?

288 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 20:58:54
あのさー
今週くらい山内メインでいいじゃん
なんか濃が絡んだせいで台無しだ

289 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 21:07:54
濃は千代の話のせいで信長と一緒に死ぬ気になった…という強引な流れなのだろうか

290 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 21:08:01
膿は出し切った

291 :日本@名無史さん :2006/05/28(日) 21:08:50
最近は頂点を極めた信長はおかしくなっていたって
描き方が多いな。
このぶんなら秀吉篇の秀吉の狂気ぶりが見ものだわ。

292 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 21:10:58
今回の官兵衛はしゃくれてるな

293 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 21:12:03
こうも恋愛ごっこばかりじゃね

294 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 21:15:31
光秀の奥さんが可哀相すぎる件

295 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 21:17:35
一番の見せ場なのに、なんかアッサリ済ましてしまったな。

296 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 21:25:34
馬揃えがなかったのはなんでだろ

297 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 21:37:20
予算がない。

298 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 21:46:05
>>296
タイトル前で映像が出ていたから、そのうちある。

299 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 21:58:11
馬揃えをやったときは中国行ってたから

300 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 22:07:32
原作では参加してるんだけどかなり豪華な描写だから
映像化したら金かかりすぎるだろうな

301 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 23:56:10
千代は膿から何をもらったの?一豊と二人で何て言ったかよくわからなかった。

302 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 23:59:25
砂金ってゆーてたよー。

303 :日本@名無史さん:2006/05/28(日) 23:59:50
今日がクライマックスのはずなのに、なんともさみしい演出だな

304 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 00:04:52
あれだけの量の砂金なら黄金十両より価値があるはず

305 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 00:25:16
功名が辻年表

1568年―信長上洛、一豊小りんと不倫
1577年―8月松永謀叛、10月松永爆死
1578年―2月別所謀叛、11月荒木謀叛
1579年―7月光秀が丹波平定、竹中半兵衛没、一豊が松寿丸を匿う、9月有岡城降伏、
1580年―1月三木城降伏、小りんと再会、林・佐久間追放
1581年―濃姫家出、一豊サラブレッドを購入

小りんって歳いくつ?千代より上?下?

306 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 01:12:01
>>300
その意見に賛成。

ところで、もう天正十年は明けているのか?これからか?
甲州征伐は三宅アナのナレーションにさえスルーされるのかw

307 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 08:20:49
お馬ちゃんの話しがあっさりと描かれているし
来週は本能寺の変への序章
再来週が「敵は本能寺にあり」だし
主人公を間違えていないか?

308 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 09:44:36
>>301
千代・・・粒金
一豊・・・砂金

309 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 09:50:26
あの小判、けっこうブ厚そうだったな。メッキで誤魔化せないかな

310 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 13:26:25
千代が、なけなしのへそくりを、夫のために投げ出したことが美談とされているのに、
直後に、濃姫から砂金をもらったら、
決断も、思い切りも、献身も、すべてぶち壊しだろう。

311 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 16:06:13
実際に一豊はこの頃、安土城下に住んではいなかったんじゃなかったっけ?

312 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 16:55:56
そうそう、この頃まだコリン星に居たよね^^

313 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 17:01:27
加藤清正 何気ない登場 一豊より上だろ!

314 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 17:17:36
は?

315 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 17:55:14
イメージと随分違ったなぁ。

場違いな大金に挙動不審の一豊
 ↓
千代が滔々と何故今この馬を買うべきなのかを力説する。
 ↓
一豊説得されて、買いに行く
 ↓
評判UP、千代おだてる、一豊得意げ。

っていうように、少々抜けた旦那を盛り立てる賢夫人ってイメージなんだけど。
あんなグダグダだと、小山評定とか思いつかないような。

特に、困窮時や部下の揃えすぎの時にも我慢した金を、今使う理由がイマイチ伝わらん・・・

原作だとどうなの?

316 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 18:04:44
やっぱあの時代にサラブレッドは違和感アリアリ。

317 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 18:47:11
>>305
山内一豊:1545年生まれ
千代夫人:1557年生まれ

1568年に既に忍者としてそこそこの腕があって、成人している一豊と
不倫できるんだから、おそらく千代よりは幾らか年上だと思う。
1568年の千代はまだ12歳・・・

318 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 19:00:48
>>316
執拗なお人だ・・・

そんなこと言い出してたら、昔から未来まで
大河見てずっと違和感なんだろw

319 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 19:06:37
大河に違和感は付きもの。…なんだけど濃姫って今48歳くらい?

320 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 19:13:35
違和感があるって意味がわからないな
南部駒に武士が乗っているのを見たことあんのか

 逆にちいさい馬に乗ってたら違和感を感じるだろう


321 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 19:32:58
>>319-320
戦国時代の馬が小さかった事を最近知った坊やが、俺は知ってるぞと自慢したいんだよ。
わかってやれよw

322 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 21:28:24
明智光秀は本当は生き残って
天海和尚になって江戸の基礎を作った・・って
数年前のNHKの歴史番組でやっていた。
ちょっと聞くと荒唐無稽な説に思えるが
光秀の書簡の筆跡と天海和尚の筆跡は
他人の空似の域を超えた一致点があるそうだ。
方広寺の鐘のイチャモンの件も
大阪城の濠を埋める知恵も
天海和尚の案だというではないか。

光秀、天海と名を変えて
豊臣家に一矢報いたということなのか。

323 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 21:43:13
あの時点で一豊ってそこそこの大身じゃない。
馬買う金ぐらいないか?

324 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 22:04:09
部下に食わせる飯もある


千代のヘソクリお陰です。

325 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 22:35:10
馬揃えとかいつすんのか?次週のタイトル「光秀転落」だぞ。



つか原作の功名が辻って主人公、千代だったはずなんだが


326 :日本@名無史さん:2006/05/29(月) 22:38:32
>>325 大河より先に原作だよな(^∀^)

327 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 02:58:38
戦国の馬は小さかったかもしれないが、
当時の日本人も小さかったわけでしょ?

現代比にすると、どれくらいの馬に乗ってた事になるんだろう。

サラブレットよりちょっと小さいくらいかな。
アラブくらいなら結構大きいから、かなり格好付くよな。

328 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 06:58:32
「殿、御運が開かれましたな」は勿論言わせるんでしょうね
期待してますよ

329 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 07:11:27
当時の日本人平均身長150〜160cm


180cmクラスは化け物

330 :マッスル小沼 ◆MweggtZEAo :2006/05/30(火) 07:30:13
信長の一つ下だからそうだろうな。

331 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 07:57:58
加藤清正が145cmしかなく、その劣等感からあの高烏帽子の兜を被ったってのはマジ?

332 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 14:17:00
ここは学問カテゴリーの板ですよ

333 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 16:45:24
鎌倉時代の馬のものと思われる骨が鎌倉で100体ほど出てきたらしい
一番大きいので140a2頭、139a3頭、平均129a
江戸時代(1759年)の調査によると最大139・5a、平均130・5a
大型馬の需要が多い時代には150a以上の馬もつくられてたらしい
ただ乗る時に乗りずらく、荷物を載せるにも不便のな背丈の高い馬より
低くガッチリした馬の方が平和な時代には好まれたらしい
今日モンゴルの草原走ってる馬たち130a位?


334 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 18:35:33
馬の体高って、頭?背中?

335 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 19:38:34


336 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 20:10:10
体って、どこよ

337 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 20:41:55
歪曲が多いよ
言って無い事や教授レベルの史学者が否定してる俗説を出したり


338 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 21:47:07
ドラマだよ

339 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 21:55:13
頭だ。頭までの高さがその程度。しかし必ずしも馬の能力とは比例しない。
当時日本は馬の去勢がなされていない。蹄鉄もな!だから漫画とかでもやたら気性が荒い馬のエピソード多い。

340 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 22:07:58
去勢されてないのに馬が高価なのはなぜに? 出産が大変だったのかの?

341 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 22:10:29
はぁ?繁殖用と別れていて、、少し考えようよー^^

342 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 22:17:52
馬のサイズは体高(首の付け根の上の少し上の盛り上がっているところ)で測ります。

343 :日本@名無史さん:2006/05/30(火) 22:42:05
去勢されて無いのにうんたらて。そう云う技術がなかったから価値とか関係ないなー。よく考えたら。

344 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 00:01:10
>>322
確か筆跡は結局光秀の物じゃないんじゃなかった?
でも全くの他人ではなく血縁者の物だとか。
甥の秀満の可能性の方が高い。

345 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 00:43:40
四畳半のアパート暮しのサラリーマン夫婦が、ポルシェを買っても名声は高まらない。
普通は「バカじゃね?」で終わってしまう。
ましてや、そのサラリーマンの会社の社長がポルシェに乗りに来て「でかした」なんて言わない。
釣りバカ日誌じゃないんだから・・・。

346 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 01:21:22
サラリーマンがフェラーリ買っても無駄遣いだが
武将にとっての馬は違うだろ

347 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 01:44:36
タクシー運転手とタクシーの関係に近いかも

348 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 01:45:41
>>345
また坊やの登場か?

武士にとっての名馬ってのは、お飾り・見え張りとは又違ったもんだろ。
源平時代から名馬を巡っての逸話はあるだろ。

「一筆啓上火の用心 おせん泣かすな 馬肥やせ」って知ってる?


349 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 03:00:28
合戦は降りて戦うし、移動は大部分の人間は歩きだから別に高馬は(゚听)イラネ
一豊は秀吉の右腕みたいで中国と近江をいったり来たりしまくるのに必要かも知らんが

350 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 03:15:02
>>339
頭なの?
木曽馬の体高が約120〜145cmくらいだっていうし、
>>333の140cmとか129cmってのは、
体高(地面からキ甲と呼ばれる肩の骨までの高さ)のことじゃないの?

>>329に当時の平均身長が150〜160cmとあるし、
170cmくらいの人が今のサラブレッド(体高160cm〜)に乗るくらい、
もしくはサラを一回り小さくしたくらいの迫力はあったってことかな。

351 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 09:11:56
349の言ってることは無知なので面白い・・・

352 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 09:54:10
>>351
無知蒙昧ってのはお前のこと
あまりにもバカ過ぎて腹がよじれちまった

353 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 10:41:10
NHK職員の平均年収は1200万円 + 超豪華な福利厚生
NHK職員の平均年収は1200万円 + 超豪華な福利厚生
NHK職員の平均年収は1200万円 + 超豪華な福利厚生
NHK職員の平均年収は1200万円 + 超豪華な福利厚生
NHK職員の平均年収は1200万円 + 超豪華な福利厚生
NHK職員の平均年収は1200万円 + 超豪華な福利厚生
NHK職員の平均年収は1200万円 + 超豪華な福利厚生
NHK職員の平均年収は1200万円 + 超豪華な福利厚生
NHK職員の平均年収は1200万円 + 超豪華な福利厚生
NHK職員の平均年収は1200万円 + 超豪華な福利厚生
NHK職員の平均年収は1200万円 + 超豪華な福利厚生
NHK職員の平均年収は1200万円 + 超豪華な福利厚生
NHK職員の平均年収は1200万円 + 超豪華な福利厚生


大卒の上場企業サラリーマンの平均年収は560万円
まずは普通の公務員並の給料に下げろよ。

354 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 17:15:32
>>353
お前んち貧乏なのか?
東京だと年収1千万でも贅沢な暮らしはできないんだけどさ。

355 :333:2006/05/31(水) 17:18:48
>>350
うまの体高は地面からき甲までの長さ、頭までの長さをはかるなんて
聞いたことが無いよ
大体馬の頭までなんて測りようがないよ、馬に
「おもいっきり頭上げて下さい!」なんて言っても言う事聞かないし
体の柔らかい馬なら背中反らして高く頭上げるだろうし、体の硬い馬なら
あまり上がらないし正確に測れないよ。


356 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 17:19:22
>上場企業サラリーマンの平均年収は560万円
上場企業だけならもっと高いよ。

357 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 17:35:17
名馬ってのは見栄だったり飾りだったりもするんじゃないのか
仕事に使う道具の見栄・飾りなんだから
サラリーマンの場合、フェラーリじゃなくて
超高級なスーツ・ネクタイ・靴みたいなもんじゃないか

358 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 17:49:52
>>357
ご尤も、ご尤も

359 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 17:58:15
馬揃え。 調練具合、軍事パレードも必要じゃん

360 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 18:07:47
>>350
(き甲と呼ばれる肩の骨)
き甲は肩の骨(肩甲骨)ではなく背骨(胸椎)の一番高いところ
18個ある胸椎の4,5番目ぐらいの所

361 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 19:23:50
まぁ体高でも体長でもいいけど、
とにかく、比率で見ればサラブレッドでも、
そう違わない程度の大きさだってことでいいのかな?

362 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 19:42:16
やっぱ日本史スレは馬だ!戦国時代は馬ネタ宜しくー^^

363 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 19:47:19
てすと

364 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 20:31:48
>>361
私が言いたいのは135aぐらいの馬(モンゴルの馬ぐらい)が一番実用性が
高いのでは?て事が言いたいのよ
158〜170a以上もあるサラブレッドなんかけっこう乗るのが大変!
台から乗るか人に乗せてもらう(競馬の時も騎手は人に乗せてもらってるでしょ)
ちなみにジョキーは全員一人で飛び乗りは出来るハズ!年取ったり太った人は・・・

昔の人(160a以下)?が重い鎧兜装備して乗り降りするのは130a位の
自分より背の低い馬の方が楽に乗り降りも一人で出来るし落ちた時の怪我も少しで
すむと思うけど?



365 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 20:39:34
飛び乗りは鐙が高いからでしょ。

普通の乗馬鞍なら鐙はもっと長い。
女の子でも一人で乗るよ。

366 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 21:10:49
http://www.nipusa.com/common_product.asp?id=23545
『堺正章・夏目雅子主演 西遊記T・U』全話セットDVD12枚

367 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 21:19:48
>>365
そう来たかぁ〜
乗馬のおとなしい馬なら鐙に足かけて乗れるけど?

鐙が高い ×  (この言い方は普通は使わない)
鐙の位置が高い&鐙が短いので・・ ○

荒れるのは本意ではないので穏便なお返事お願いします!

368 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 21:58:10
ん?別に荒れるような話でもないでしょ。
というか、何となく噛み合ってないような。

別に小さい馬の方が実用的ってのには反対しないよ。

自分は、上のほうにあった、「時代劇にサラブレットはいかがなものか」ってのがあったんで、
実際どうなんだろうなぁと。
単純に大きさを比較した場合、比率としてはさほど的を外してないんじゃないかなと。

外観や気性、性格なんてのはやっぱり違ってくるだろうけどね。

369 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 22:20:59
↑お前がパトロールだ! やっと釣れたぜ〜^^

370 :日本@名無史さん:2006/05/31(水) 23:17:08
漏れが千代に惚れてる件について

371 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 00:01:16
逝ってヨシ

372 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 01:11:08
仲間由紀恵は違和感ありすぎる。
長澤まさみをもっと重用すべき。
役柄交代で。

373 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 06:54:19
これだけお馬ちゃんネタで盛り上がっているのに・・・
ああもあっさりと流されちゃあな

374 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 09:00:22
馬ネタか…歴史上最強最上と言われる南部駒だが、ポニーを引き合いに出されてもピンと来ない。
南部駒って今は現存してるのかな?国内に近似種はいるの?画像なんか無いのかな?

375 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 09:26:40
源平合戦で源義経が南部駒を使い、「木曽駒」を主力とする木曽義仲軍を義経軍が破った。
南部駒は戦国期の武士の約7割が愛用したという馬のトップブランド!
今すぐジャパネットタカタに電話を!

376 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 10:21:29
馬スレになりました!

377 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 10:24:21
鎌倉時代の南部馬って岩手産?山梨産?

378 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 10:51:21
義経の馬はここの生まれ
http://www.umanosato.com/history/history.html

379 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 11:19:17
>>377
鎌倉期なら南部駒とは呼ばず奥州馬かと…
馬産地は岩手県北〜青森県東南部にまたがる糠部地方や岩手県遠野辺りが有名みたいだな。

380 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 15:28:59
長澤まさみって、取り立ててびじんというわけではないのに、
なぜこんなに惹かれるのだろう?

以下まさみ丼禁止

381 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 16:26:45
>>374
グーグルなどで(南部馬)と検索すればイロイロ出てくるよ!
(幻の南部馬を訪ねて)というサイトの中に「血統と品種改良」「巨大馬伝説」
など面白い話もあるよ


382 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 16:27:14
源平合戦なら奥州馬が正しい。
頼朝の平泉討伐の恩賞として、甲斐の南部氏が奥州に領土を与えられ、
元々甲斐で南部氏が生産していた関東系の馬の系統を、名高い奥州馬に持ち込み
品種改良したのが南部駒と伝えられる。


383 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 20:51:28
家来が主君の馬より高価な馬に乗るってのは問題ないのかね?

384 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 22:31:19
秀吉の馬より高価なの?

385 :日本@名無史さん:2006/06/01(木) 23:56:10
いや一般論としてどうなんだって事。

386 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 00:17:20
>>372
>仲間由紀恵は違和感ありすぎる
驚いたときの声の出し方とか
トリックの山田役の時と同じ

387 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 00:18:20
>383
松下系列にいる友人は上司より高い車乗ってるって
買い替えさせられてたが、、
近代以前の、しかも下克上の世の中に関係ないのでは

388 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 00:54:08
信長が平手の倅の

389 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 01:06:47
>>386
沖縄から出てきた娘だから堪えてくれ。歌聞いたら察しが付くだろ。
しかし俺は好きだよ

390 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 10:20:31
戦国武士版 「渡る世間は鬼ばかり」
信長・秀吉・家康の三君に仕え、苦難と一瞬の幸福を繰り返しながら、
戦国を生きのびた武士夫婦の お・は・な・し。


391 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 16:30:23
>>389
最初の方に比べてセリフや演技も良くなって来たと思うけど?

392 :日本@名無史さん:2006/06/02(金) 16:43:00
信長がよく欲しがらなかったな、あの馬。
馬を取り上げるってのは、当時にとっては、
大悪評なのかもしれんな。

393 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 02:04:40
>>392
信長の馬6頭は別格。
その次に山内の馬が家臣の中でも秀でているというだけの話。
馬揃えでもそういう評価。


394 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 02:11:05
>>392 あの信長ですよ、欲しい物なら奪うだろ。

395 : ◆L4kbxaZTVw :2006/06/03(土) 13:12:21
最初の二回だけ見て、それで終わった俺が半年振りに見たよ。


おい…まだ馬揃えですか?
(・∀・)二十回も使って何をしてましたか?

396 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 13:14:07
やっと原作の第一巻が終わった
残りは三巻
でもあと半年

397 : ◆L4kbxaZTVw :2006/06/03(土) 14:43:57
最終回は千代が茶室で秀吉にまんまん触られる話と予測。

398 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 14:47:43
>>397
土佐の太守になるんだが

399 : ◆L4kbxaZTVw :2006/06/03(土) 15:15:18
>>398
俺が聞きたかった答えはそれじゃないお(´;ω;)…


400 :日本@名無史さん:2006/06/03(土) 17:43:13
こっちでも津川雅彦髪チリチリになるんじゃないかと密かに期待してたんだが…

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html/ref=ms_d_p_1_p1/250-7963508-4851438?a=B000F72NTY&uid=NULLGWDOCOMO&edi=tAh%2B%2BxJ1h6YFbP1Tyc4PLNPo5C%2B9CvbjVGSheYUUNdI%3D

401 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 16:30:11
あげ

402 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 19:33:22
これだから簿記を知らない香具師は・・・

403 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 20:25:48
三成出演マダー?

404 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 20:44:02
六平太が便利キャラすぎる

405 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 20:46:49
光秀いじめの俗説、なんとかならんのか。
大河のたびにこれ見せられるのはたまらんなー

406 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 20:51:08
六平太の手紙を持った人間が秀吉の陣に迷い込むのかな?

407 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 20:54:21
医者でも薬師でもない千代に薬草を貰うために
わざわざ明智夫人が山内邸までお越しとは

408 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 21:05:05
>>405
同意。真相が解らないとはいえ他にやり方ないのかね、、?

409 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 21:13:48
信長は、そんな事(朝廷はいらぬ)は言って無く、文献にも存在しない。
逆に信長は、朝廷に莫大な寄付を献上し、天皇御子を養子にし、天皇の安土への行幸を目標にしていた。
天皇の行幸の為の宿すら多額の資金で安土に建築。

信長が自ら王を名乗ったと言う記録は日本には存在しない。宣教師の記録のみ。
しかし宣教師は足利家を国王と記録、報告してるし豊臣、徳川、に対しても同じように国を統治する君主。すなわち王であると。
また、宣教師は天皇に謁見を願い出たが僧=聖職者とは認められずに拒否された。

この事から足利家を国王としたとも言われてる。何かに似てないか?そう徳川の判子を国王と勝手に偽造した朝鮮の使者に似ている。
宣教師=朝鮮の使者と同じと考えても良い。
また、別の宣教師は天皇をローマ法王と同じ呼び方に訳している。
信長は、そんな事(朝廷はいらぬ)は言って無く、文献にも存在しない。
逆に信長は、朝廷に莫大な寄付を献上し、天皇御子を養子にし、天皇の安土への行幸を目標にしていた。
天皇の行幸の為の宿すら多額の資金で安土に建築。

信長が自ら王を名乗ったと言う記録は日本には存在しない。宣教師の記録のみ。
しかし宣教師は足利家を国王と記録、報告してるし豊臣、徳川、に対しても同じように国を統治する君主。すなわち王であると。
また、宣教師は天皇に謁見を願い出たが僧=聖職者とは認められずに拒否された。

この事から足利家を国王としたとも言われてる。何かに似てないか?そう徳川の判子を国王と勝手に偽造した朝鮮の使者に似ている。
宣教師=朝鮮の使者と同じと考えても良い。
また、別の宣教師は天皇をローマ法王と同じ呼び方に訳している。


410 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 21:14:20
光秀はど近眼で信長の顔色が読めなかった?という説もあります!

411 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 21:15:19
さて>>409を観て時代考証してみようか。
●当時、一向宗との戦いが天皇の勅命により、本願寺を明け渡した、
これは宣教師にとって凄い事で本願寺と寺内町(今の大阪城)はカトリックにとってのバチカン明渡しなのだから。
また、当時は高野山や天台宗の座主は天皇一族の出身しゃがしめ最高法要が天皇関係。
日蓮系は尊皇を掲げ、日蓮宗は皇祖の座する伊勢神宮への参拝を僧に促した。
一向宗は聖徳皇を掲げて天皇一族を大切にせよとしていた。
信長は伊勢神宮や三種の神器を祭り皇室との関係が深い熱田神宮にも多額の寄付をしていた。熱田神宮を出陣式の地ともしていた。
●時代考証2
当時、キリシタンは多くの仏教寺院、仏像、神社を数万点もの破壊していた。
仏教徒は怒りキリシタンと戦ったが、その力は思いの外、強くキリシタンは。宣教師にしてみれば、あの一向宗や延暦寺の残存兵を勅命一つで引かせる天皇は都合が悪い。
さらに、この頃の武将は皇胤を多く信長も桓武天皇の子孫を自称していたし、東海地方の豊川稲荷と言う天皇の子の寒厳禅師が法祖で皇胤が開祖が人気を集め、菊紋のかがれてる 皇室出身者が貫主の善光寺が毎年、何万もの信徒を伸ばしていた。
●前に宣教師に謁見を拒否されてる。当時はキリシタンと戦う仏教。
信長の逸話や報告には宣教師の“希望”が含まれたと見て取れる。
しかし宣教師の記録にも信長が「朝廷を要らぬ」と言ったなど書かれて無い。
先ず日本語や文化な不慣れな宣教師の希望が含まれた訳文→それを日本人が訳す→それを小説家が空想→テレビが肥大解釈した。
最近のNHKは天皇を軽く扱う事に普請していて、義経でもフィクションを出しまくり、
功名が辻では信長が朝廷への莫大な貢献を書かず、信長の宗教勢力との戦いに調停役を努めたりを無視したりね。
フィクションを拡大して史料に無い事を広げようとしてるとしか思えない。
また、徳川は自ら神とし東照宮を創った。諸法度で天皇を縛った。
少なくても信長は徳川より朝廷を重視していてた。信長は精々、朝廷を徳川なみにして海外進出を支持を要請した程度。
ドラマは完全なフィクション      


412 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 21:28:18
本能寺の後に六平太死ぬの?
光秀の手紙を毛利に届けるのは六平太だったら

413 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 21:29:46
今日「安土信長まつり」があったので安土城跡に行って来た。
天皇をお迎えするための御殿跡?も見てきたけど思ってたより小さかったなあ。
火縄銃の音は凄かった!



414 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 21:36:02
勝頼の出番は首だけ…

415 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 21:45:12
「信長が天皇を超えようとしていた」ってのは
NHKでこの前やってた信長と光秀どっちを支持するかっていう番組でもやってた
「信長が自分の住んでいる天守閣から見下ろす場所に
 清涼殿を模した建物にを建て天皇を招こうとした」って

416 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 21:48:11
松寿はまだ千代のところにいるのかよ

417 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 21:52:00
あの描き方だと天皇を超えようとした信長は完全にキチガイ扱いだろ。
超えようとして権力に酔ったから光秀に討ち取られたという流れなわけで、
NHKは天皇を軽く見てないわけだよ。
あからさまにはできないからフィクションで小泉を揶揄しているわけだ。

418 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 21:53:16
穴山梅雪の出演シーンってあった?

419 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 21:58:19
>>415
信長は天皇や朝廷を敬うというか大事にしていたのは事実だよな。
朝廷があばら屋では国が成り立たないと多額の寄付しているし。
ただ、天皇や朝廷が権力を持つことは許さなかった。出すぎた公家弾圧も
やっているし。元号の問題とかも。
超えようとしていた節はあるが、ないがしろにはしていない。国を治めるのは
自分であり、祭事など国の安泰を願い平穏(信長の治世が安泰であること)を
願うのが朝廷や天皇の仕事という感じじゃない?

まあ今回は所詮女の糞脚本だし、信長主人公でもないからしょうがないか。
あのしょうもない脚本でも坂東や舘は良くやっているよ。

420 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 22:02:57
大河ドラマ 「朝鮮征伐」を希望

421 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 22:17:18
大河ドラマ 「日韓併合」は?

422 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 22:20:00
大河ドラマ 「大韓帝国崩壊」

423 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 22:37:42
穴山が出るとしたら
伊賀越えを始める前の家康の「背景」くらいだろw
勝頼でさえ、ムーミンのナレ&首だからな

424 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 23:04:19
鈴木眞哉・藤本正行『信長は謀略で殺されたのか―本能寺の変・謀略説を嗤う』(洋泉社、2006年)

425 :日本@名無史さん:2006/06/04(日) 23:06:03
>>423
オープニングで名前が出てたはず
電話とかで席を外すことが多かったので気になった

426 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 01:15:16
>>415
行幸の一時の滞在場所を造るのは凄いと思うが。
それに豊臣の大阪城に天皇を招いた時も天主閣より下なんだけど。
それが不敬なら、天皇滞在時期は天主閣には登らなければ良いだけの事。
あまり深読みのしすぎだと思う。


427 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 01:24:42
天主閣の一番高い所に部屋を造っても、まず登れない

428 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 01:31:21
信長は天守閣で寝起きしていた!・・・と言うことで。

429 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 03:14:36
信長厨必死だなw
信長なんて自分を神とか言ってた基地外
朝廷に取って代わろうとして天誅が下った逆賊だよwww

430 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 04:51:59
>>429
そんなのは徳川も豊臣も他の武将も同じですが何か?    



431 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 09:19:28
昨日光秀が六平太に本能寺の掘の深さを聞いてたけど。
うちのお父さんが「掘の深さより水の有無のほうが大事だろうが」と光秀を責めます。

432 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 11:08:45
>>419
公家は邪魔だっただろうね。
除外しようとしていたとすれば公家でしょ。
天皇と武家の間に挟まって、非常にまどろっこしい。
短気だった信長にしてみれば、無駄以外の何者でもない。
公家を根絶やしにして織田家が天皇を傀儡する仕組みでも作る気だったんじゃ
ないかなあ?
神格化しようとしてたのは、天皇同様殺されないようにするため。(神格化する前に
殺されたがw)
既存の官位ではない、天皇に準じて神格化され絶対不可侵な地位を模索してたん
でしょ。(そこまでやらなかったが、家康も死後神格化された)

天皇を利用して政治を私する仕組みは、WW2で日本が負けるまで続いていたから、
その仕組みを利用する事を考えたほうが合理的で信長らしく思える。
官位など既存のものでは、影響力に限界があるから、新たな仕組みが必要だった。

天皇を殺すと「絶対不可侵が存在しない、悪しき先例」になってしまうから、織田家の
存続が危ぶまれる。
神格化することで、絶対不可侵な存在として未来永劫に織田家が天皇家と共に存続
し得る仕組みがあったほうが良い。(先例に従おうとしたのではなく、先例を作ろうとし
ていた)

公家の既得権を奪おうとしていたとすれば、公家が光秀に働きかける理由は出てくる。

433 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 17:14:19
このドラマは本能寺の変の謎ときする展開ではないので、どうでもイイ

434 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 18:22:32
魚が腐ってるって光秀を責めるんだが、
鮒鮨じゃなくて普通の刺身ぽかったな。
鮒鮨を腐ってると難じたのなら
信長の無知による理不尽ってことにできたんだが。。。

435 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 18:52:04
六平太の「毛利が云々…」てのは嘘かなぁ? 光秀ははめられた、くらいの演出は欲しいわい

436 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 20:07:45
本能寺黒幕毛利説
なのか?

六平太個人がやってるだけ?

437 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 20:26:32
六平太どれだけ裏から歴史を操ってるんだよw
秀次殺した辺りから秀吉は耄碌してるし豊臣は長くないとか
一豊に言い出しそうだなwこれから更に六平太大活躍の予感w

438 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 20:30:59
(利家とまつ)の時は家康の家来が「こんな腐った魚!三河の美味しい海の幸
を食べてる我々には・・・」こんな感じでふな寿司を馬鹿にしてた?
今回のはナゼ信長が普通の刺身を「腐ってる!」て光秀に言ったのか?
よくワカラン

439 :まる:2006/06/05(月) 20:40:59
 黄金十両とは 貨幣ですか?信長の時代に貨幣鋳造はあったのでしょうか?時代考証をお願いします。製造元は どこなんでしょうか?

440 : ◆GQhmPn6/Mg :2006/06/05(月) 20:42:16
女から見ても女の人に時代大河の脚本は書かせないでほしいな…
なんでこんなに薄くなっちゃうんだろ。
どうせ原作を無視して恋愛模様でグダグダになるんでしょ?
なら現代が舞台のドラマやってりゃいいのに。
ついでに言うと、
「女は平和を愛する反戦主義で、争いをやめない男達を見て心を痛める」

こんな陳腐な設定はあきあきです。

441 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 21:26:14
>438
フナ寿司説は定着してるようだ。
今回の映像ではようわからん。
実はフナ寿司だったのかも知れない。

近江人以外にとって鮒鮨は匂いが強烈で抵抗示す人も
多くいる。
するとそんなものを饗応の膳にのせるかな
というのはちと疑問。


442 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 21:31:17
鮒寿司は「近江名物」ってことで出したのかもな

443 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 21:35:49
あの匂いがだめで
フナズシ食えないって非近江人結構多いと思う。
とくに初体験だったら。。


444 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 21:42:39
光秀カワイソすぎ。信長は酒飲まない人だしあんな虐待したら何仕出かすか解らないだろ。全部デタラメ!

445 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 21:43:50
予告によると
本能寺銃撃戦なんだよな。
こらまた。。。。

446 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 21:45:54
>>440
大野靖子という例外な脚本家もいるので。念のため。

447 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 21:47:21
>>445
お濃も本能寺で死ぬなんて・・・

448 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 21:49:30
秀吉の備中からの速攻リターンは
新幹線使う
とかかな。(筒井康隆にそんなネタあったような気がする)


449 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 21:54:23
>>447
ドラマだよ、ドラマ。

国盗り物語系はみんなそういう設定じゃん。


450 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 21:58:05
正室を出陣に際して連れてく訳ないよな。第一に濃はとっくの昔に死んでるとしか考えられないし。

451 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 22:05:03
神の概念がちょっと変だな。
まるで一神教のような雰囲気。

452 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 22:21:29
お市を大地真央がやっている時点で年齢に無理が・・・・・。

453 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 22:26:29
ねねを浅野ゆう子が・・・

454 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 23:20:32
伊達政宗は誰が演じるのじゃ?

455 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 23:42:27
>>452
大地真央には年齢を超えた美しさがあるではないか。
仲間由紀恵なんか若いだけでヒラメ顔に丸い目のっけただけの
ブスやん。長澤まさみの方がまだまし。

456 :日本@名無史さん:2006/06/05(月) 23:55:22
>>455
童貞君、乙

457 :日本@名無史さん:2006/06/06(火) 00:39:02
>>450
とりあえずここを読むがヨロシ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1148912288/l50

458 :日本@名無史さん:2006/06/06(火) 00:45:19
>>456
どうしてそう思ったの?当たってないけど。

459 :日本@名無史さん:2006/06/06(火) 01:03:33
なんか今度は玉と康豊の淡い恋がある
なんてイヤな話を聞いたんだが

460 :日本@名無史さん:2006/06/06(火) 07:36:30
不倫大河

461 :日本@名無史さん:2006/06/06(火) 14:07:48
>>452
その件については配役発表当時から言われてるので聞き飽きた。
浅井に輿入れ前は辛いものがあったが、
今現在はもう違和感なくみていられるしな。

>>459
何それ?
玉木宏を起用したからといって、そういう展開にもってくのは安易だ。



462 :日本@名無史さん:2006/06/06(火) 14:13:57
>>459
忠興の溺愛ぶりは異常だったから、出会いすらもなかったはず

463 :日本@名無史さん:2006/06/06(火) 16:05:31
もう何があっても驚かないぜ!

464 :日本@名無史さん:2006/06/06(火) 16:56:21
大石を甘く見たらいかんぜよ

465 :日本@名無史さん:2006/06/06(火) 16:57:54
秀頼は一豊の子だった

466 :日本@名無史さん:2006/06/06(火) 17:11:14
千姫が一豊に淡い恋心を…

467 :日本@名無史さん:2006/06/06(火) 17:20:53
光秀役の人いいよね。
変態舘にいじめられてるところみると、
本当にかわいそうになってくる。


468 :日本@名無史さん:2006/06/06(火) 18:17:49
舘信長、何かはまってきたような気がする

もうすぐ終わりだけど

469 :日本@名無史さん:2006/06/06(火) 19:35:00
当初は若い信長ということもあって上ずってて違和感ありありだったが
今は慣れたのかだいぶみられるようになってきた
脇に大地真央と坂東三津五郎という名優がいるから他の役者は厳しいよな

470 :日本@名無史さん:2006/06/06(火) 20:25:19
穴山梅雪ってもしかして細川藤孝(近藤正臣)の隣に座ってた入道頭の人?

471 :日本@名無史さん:2006/06/06(火) 21:06:00
>>470
あの饗応の席での入道頭というのなら梅雪だけだろうね

472 :日本@名無史さん:2006/06/06(火) 21:46:17
>>467
ミツゴローさんどっかの舞台で
秀吉役だったのをTVでみた。。



473 :日本@名無史さん:2006/06/06(火) 21:52:28
>>472
ttp://info.pia.co.jp/et/promo/play/hyougo_shishiwokau.jsp
でした。
光秀がなんで秀吉とおもた


474 :日本@名無史さん:2006/06/06(火) 23:11:15
光秀の娘(細川ガラシャ)はTV&映画によく出るけど
光秀の妻(ひろこ)も良い話イッパイあるのにテレビ出してもらえない。
かわいそスギ!


475 :日本@名無史さん:2006/06/07(水) 11:52:45
>>474
大河歴が浅いんだなw

476 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 13:14:46
毛利への使者を一豊が捕らえるようだな。
ベタな脚本w

477 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 20:35:28
戦国の世は一豊夫妻を中心に出来ています

478 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 22:08:46
ドラマです。千代・一豊中心は当たり前。
それはそうだが、黒田官兵衛の子供の話はちゃんとけりを付けて欲しいね。

479 :日本@名無史さん:2006/06/08(木) 22:58:28
>>478
日本史板住民…じゃなくてもそういう意見が出てくるのは当然だと思うが
大 石 静 が脚本やってる時点でそいうことを期待するだけ 無 駄。

480 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 01:38:38
>>439
重さの単位らしいよ。375グラムぐらいらしい。

安土城の本丸御殿って基礎の配置が似てるってだけで天皇行幸用って安直すぎない?
あれが天皇用だと信長と奥向き用の本丸がなくなるし
公家社会は方位を気にしてるのに、方位が逆転してる建物作って天皇来させるもんかな。

481 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 06:49:05
本能寺で信長は寝巻の上に南蛮胴を付け銃撃戦

光秀は一豊の腕の中で息を引き取る

482 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 08:00:23
>>481
待ち遠しいのじゃ

483 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 11:57:26
原作じゃ山崎の戦いで戦功を上げられず
千代に「なんで光秀の退路を予測して待ち伏せておかなかった」と怒られる一豊だが
大河ドラマじゃ光秀の死に目に会えるのか

484 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 12:25:13
落ち武者狩りの土民に殺されたのに
一豊の腕の中で息絶えるのかよ
いくらドラマとは言え、これはあんまりだ

485 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 12:31:42
そして光秀は天海和尚になった

486 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 16:55:52
六平太は、何でもお見通しの割りに、主君を選ぶのが下手ってどういことか?
次は柴田勝家につくのか?

487 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 19:49:56
原作じゃ関ケ原までずっと毛利家だったみたいだけど
もっとも原作の六平太は一豊のところを出ていってからは
秀吉の晩年までしばらく出てこないけど

488 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 19:51:21
本屋で立ち読みしたガイドブックでは
六平太は土佐までついてきてあれこれやるようだったが

489 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 20:07:20
>>488
一領具足の掃討作戦は六平太の独断ってことになりそうだな

490 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 20:31:42
死ぬ瞬間に立ち会えるんなら
死後の光秀の首きりとって
”俺が殺した”
と手柄の捏造主張ができるぞ。

491 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 20:47:36
夫妻の土佐入国時に落命と読んだ気がするが、幻か…?

492 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 21:19:42
物陰から飛び出してきて一豊と千代を襲う一領具足
「千代!」と叫びながら盾となる六平太
「俺が生涯愛した女は(以下略」と言い残し死亡
一領具足への怒りに燃える一豊

なんてのは勘弁

493 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 21:23:58
柳川は一領愚息を持っている。

494 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 21:48:51
いよいよ秀吉が「山内殿、漏れを天下人にしてくれ」と土下座をするのですね

495 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 21:56:18
山内 対したことねぇ!



前田さん頼め!

496 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 22:11:18
秀吉「おい!一豊!毛利と和睦してこい」
一豊「ええと、はい?茶釜を貰って来ますか?」

497 :日本@名無史さん:2006/06/09(金) 23:31:30
一豊「和睦の使者として参った。御当主殿は?」

輝元「ちちうえー」
元春「あにうえー」
隆景「あにうえー」

498 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 00:01:12
秀吉が天下を取るまでの功績のほとんどは山内一豊によるものだ
しかし天下統一後に秀吉が一豊に与えた領地はわずかなものだった
人々は不審に思い問うと秀吉はこう答えた
「あいつに大封を与えてみよ、天下を奪われてしまうわ」と
人づてにこれを聞いた一豊は戦慄したという

499 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 00:08:13
>>498
一豊は保身のため深く韜晦し
家督を養子忠義に譲りって隠居し、如水軒と称した。

500 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 12:42:09
>>498-499
脚本家が脚本家なんで、
これからどんなデムパをとばされても揺るがない覚悟は出来てまつw

こんなネタで500ゲット(つ_`;)

501 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 22:12:46
いやぁついに明日がクライマックスか
本能寺以降視聴率はガタ落ちかな

502 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 22:42:27
有楽は出るの?

503 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 23:02:19
有楽斎出演は奇跡に近いかと。

504 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 23:15:52
明日のタイトルは「二条城脱出」だろ

505 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 23:20:44
秀長が出るようになったのはここで騒いだからかなw

506 :日本@名無史さん:2006/06/10(土) 23:21:23
んなあこたあない

507 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 11:05:46
>>505
直接的に苦言を伝えた人でも居るんでしょ。

旭の出演時期に「他の御兄弟」としかセリフ上出てこなかったのが、突然
降って湧いたのには笑える。
NHKとしては、「墨俣築城の頃から居たが、デカイ蜂須賀小六の後ろに隠
れて見えなかっただけ」ってことなんだろうな。

508 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 11:26:12
>>507
キャスト紹介では福島正則はあったが
加藤清正は決まっていなかった
だけどお馬ちゃんの時に脈絡もなく登場したもんな

509 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 16:56:53
原作でも馬のときにいきなり出てきますよ清正は

510 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/11(日) 20:05:35
「第六天魔王」、「本能」寺に討たる。仏罰だよなぁ・・・。

511 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 20:08:58
天朝を軽んじた天罰です

光秀は忠臣

512 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/11(日) 20:13:31
当たった当たった♪

513 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 20:17:37
御濃方強すぎだろw

514 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 20:18:03
鈴木眞哉・藤本正行『信長は謀略で殺されたのか―本能寺の変・謀略説を嗤う』(洋泉社、2006年)

515 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/11(日) 20:20:27
2002〜3年頃のシリーズに比べりゃ、
大分マシになったようだな・・・。

516 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 20:28:05
トリックと同じノリじゃな

517 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/11(日) 20:41:11
信長後が本題の話なんだな。開始は一月からか、ふーん・・・。



518 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/11(日) 20:44:26
うえー、三本足のカエルかよ・・・。

519 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 20:47:20
あそこまでお膳立てしておいて
肝心要な使者は自分でやらない六平太
つめが甘いな

520 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 20:47:49
どうでもいいけど火縄銃連射してなかったか?

521 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 20:48:21
やはり皇室は男系に限る!

天子様に弓をひくものはバチが当たるのじゃ!

522 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 20:48:48
実況禁止!!

523 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 20:50:24
ショットガンのようでしたな

524 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 20:54:46
信忠の事は一言も無し…

525 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 20:57:11
どう見ても、いままでに見た大河の本能寺で最低の出来です
本当にありがとうございます

526 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 20:57:21
>>521
「天罰が下る!」とか「バチが当たる!」なんて言葉を使ってはいかん!
また村上様の逆鱗にふれるぞ!

527 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/06/11(日) 20:58:38
三本足の蛙って、知ってる人は知ってるってアイテムらしいな。
検索かけるといっぱいヒットする。ふーん・・・。


528 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 21:03:48
いくら乱戦の中、自分の戦闘で必死でも
正室の遺体を放置したまんまってのはあんまりだろ

529 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 21:08:55
一豊 無残   天正の安部定事件

ttp://tv.yahoo.co.jp/tv_show/nhk/komyo/photo/index.html?p=15_03

530 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 21:09:06
濃に殺された奴等弱杉

531 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 21:09:43
わくいえみたん強すぎw

うちのテレビには柴田恭平が助けに来ました

柴田恭平「大丈夫か!」

舘 信長「おそいぜ! ゆうじ!」

532 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 21:14:24
危ない馬鹿かよ!

533 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 21:20:59
義昭は馬鹿ぽい

534 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 21:26:04
「諸侯」なんてこの時代に普通に使われた言葉なの?
なんとなく江戸時代になってからかと・・・

535 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 21:32:55
近藤正臣が明智光秀で
武田金八が羽柴秀吉に見えて仕方がない
秀吉やってる人の台詞は常に心がない。

536 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 21:42:22
お濃は薙刀じゃなくて刀かよ。

537 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 21:45:32
信長の自刃シーンなかったな。
予告編ではあったのにカットされたんだな。

538 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 21:48:57
自分で首に刃をあてたでしょ

539 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 21:49:32
爆発シーンなかったな

540 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 22:08:19
家臣の前で「早く切腹しろ」とか秀吉に言わせるなよ

541 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 22:21:16
こんな面白い信長初めて見た。
舘ひろしは良かった!!

そして信長より壮絶な最後を見せた帰蝶に笑った。

542 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 22:29:52
本当ひろしはノブナガ適役!写実的に画かれたノブナガ像に似ているかも^^

543 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 22:55:05
濃は「あの世でまみえようぞ」って言われた時から「あなたは地獄、私は極楽」のギャグを考えていたんだなぁ〜


544 :日本@名無史さん:2006/06/11(日) 23:23:11
地獄極楽談義で「こやつ、ぬかしおったわ」と信長が受けている直後に被弾。
濃姫が話しかけなければ撃たれなかったのにと思うと悔しくてなりません。



545 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 00:48:32
たったきつぶしてくれるわーのあぶなが様最高

546 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 00:58:47
危ない信長を目指して試行錯誤
最後に完成したという感じはあった。
あれじゃ生かしておくとヤバイだろ。

547 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 01:00:24
実際のところ舘も「お薬」を使用していたのかもな

548 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 02:10:36
銃弾除けの竹束の結束部を正確に狙撃しまくるタカ信長に爆笑しちまったじゃねーかw

549 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 06:39:49
ショットガンでスナイピングができる団長の弟子ですものw

550 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 07:07:09
泣かないで 泣かないで

551 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 07:09:37
濃姫の長時間銃弾あびまくり
明智軍は機関銃装備
しかし秀吉に負ける

552 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 07:11:26
なんつーか種死展開だな。脚本駄目すぎ。

553 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 08:16:08
>>529には笑った!


554 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 15:10:45
>第24回「蝶の夢」6月18日放送
>三法師は秀吉の手に抱かれ、諸候はその姿に平伏した。
>実は千代の働きで三法師は秀吉にすっかりなついていたのだ。

千代はすごいなあ(棒読み)

555 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 15:54:00
信忠が自刃したのは全くスルーされていたがこれは酷い。信忠が死ななければ
織田家が分裂して、秀吉に乗っ取られることも無かったのに

556 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 15:59:53
それは次週三宅アナによって語られるのですよ

557 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 20:12:54
小早川隆景や蒲生氏郷もスルーなのか?

558 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 20:20:42
舘長サイコー

559 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 20:34:37
>>557
伊達政宗・小早川隆景・蒲生氏郷はスルーだろうね

今後は秀吉・秀長・如水が企画立案したのを
一豊が営業・実行ってパターンっぽいな

560 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2006/06/12(月) 21:49:59
>>557
何考えてるんだ?出るわけねえだろ
そもそも誰が主人公のドラマか考えろ

561 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 21:53:10
>>560
主人公は夕べ死んじゃった。。。

562 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 23:29:19
>>557
まさか河野通直もスルーか?

563 :日本@名無史さん:2006/06/12(月) 23:49:29
>>555
今さら大河初心者か?

信忠の死に様が描かれたドラマなんて
「おんな風林火山」くらいしかないぞwww

564 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 00:08:50
全ては三宅アナにより語られるのですよ

565 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 00:26:12
三宅語りで処理かと思ってた武田勝頼は、首で出演。

566 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 00:31:24
梅雪は三河守様ご一行の饗応のワンシーンだけ・・・
必要なかったような気がするんだけど

567 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 02:50:52
武田一族代表でご登場だったのが梅雪w

568 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 08:55:25
当然、家康の伊賀越えもスルー
坂本城落城もスルー
勝家・お市の婚儀もスルー

でも利家はソロソロ登場させないと……

569 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 09:01:57
ヤスケに登場して欲しかった

570 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 09:26:24
信長と光秀がいなくなったら見所がないな。
家康が面白い伽羅になったら見たいけど。

571 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 09:50:08
>>563
>「おんな風林火山」くらいしかないぞwww
ま〜た懐かしいものをwwww
でも「功名ヶ辻」よりはマシじゃなかったか

572 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 10:22:01
>>571
何について述べようとしてんだ、三位中将の扱いだろ?

573 :571:2006/06/13(火) 10:28:01
あ、言い方悪かったな スマソ
信忠の扱い以外の部分をとっても、功名が辻よりおんな風林火山の方がマシってこと

574 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 11:17:13
ときは今糞ドラ満る大河かな  光秀
脚本優るチョンのチャングム  西坊
糞ドラの流れの末を関とめて  紹巴

575 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 11:19:39
>>574
大賛成。
大河なんてやめちまえ。
せめて隔年放送に。

576 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 15:06:10
犬河ドラマ・綱吉8。犬達のヒーロー!

577 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 15:13:18
将軍を大樹、老中を閣老、大名を諸侯、家老を大夫などと呼ぶのは、
江戸時代の漢学趣味からであって、安土桃山時代には普通に「諸侯」とは言ってないんじゃね?

578 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 15:55:57
★緊急事態発生!!日本に朝鮮人が押し寄せる法案が可決間近!?★

自民党が本来推進していた「北朝鮮人権法案」とは、北への「経済制裁のみの法案」でした。
これに対し民主党も二月に「北朝鮮人権侵害救済法案」として「独自案」を国会提出。
これは「脱北者を難民と認定し、日本の定住資格を与える」という条項を盛り込んだものです。
法案成立を急ぐ自民党は、ここへ来て民主案(脱北者支援)も受け入れる考えに方針を転換…
脱北者支援について「施策を講じるよう努める」の明記で合意。13日衆院を通過しました。

スパイ防止法さえ無い日本が脱北者の移住を支援… orz

そんなことをすれば、どの様な事態に発展するかは火を見るより明らか!
法案は6/16参院可決、成立予定です!時間が有りませんので今直ぐ抗議行動に結集して下さい!!

【政治】 "脱北者の保護・支援も" 「北朝鮮人権法案」、衆院通過→今国会で成立へ(N速+現行スレ)
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1150168887/l50
【日本終了】朝鮮人を日本に大量移住 反対 OFF4(抗議運動作戦本部)
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1150130638/l50


579 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 20:54:31
>>557
隆景や氏郷は大河の主役でもいいと思うけどね
隆景は「唐入り」がネックになりそうだが

580 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 21:11:15
もうそろそろ浅井長政主役の大河が出てもいいんじゃないか、ねえ君

581 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 21:16:54
>>579
「唐入り」が原因で島津義弘・立花宗茂とかもムリだしね

582 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 21:26:14
もうそろそろ濃姫主役の大河が出てもいいんじゃないか
回のクライマックスには刀もって切りまくるチャンバラ付きの
アクション時代劇で!

583 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 21:50:18
>>582
光秀への許されぬ想いもあり

584 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 22:04:29
その昔、加藤剛が池波正太郎原作(たしか)で加藤清正を大河でやる予定が
「唐入り」がNHK上層部に問題視されて『風と雲と虹と』に変更された
一応むこうの勝ち戦なんだからそんなに気にする必要はないと思うのだが
あるいは李氏朝鮮の治世を見せるのはマズいんだろうか

585 :日本@名無史さん:2006/06/13(火) 22:08:24
この際だから季 瞬臣でもやれよ!
もちろん鮮人の視点でな

586 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 01:32:17
六平太の大冒険

587 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 03:41:57
今回、森蘭丸やってたの誰?以前はウェンツ瑛士とか女性がやってたこともあったけど。

588 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 09:20:24
>>579 >>581
首謀者の秀吉が主人公になる位だから、表現に気をつければ可能だろうと思うけど

589 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 09:55:56
考えてみたら朝鮮出兵は戦国最大の軍事行動のくせに殆どスルー状態だな。俺の知る限り朝鮮での戦いを
大河でやった記憶はまったくと言っていいほど無い。辛うじて探すとしたら琉球の風の一シーンくらいか。
朝鮮出兵の戦いは放送してはいけない取り決めでもあるのかねぇ

590 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 10:25:48
>朝鮮での戦いを大河でやった記憶はまったくと言っていいほど無い。
伊達の時やったが、秀吉の命令でいやいや出兵したという表現で、華々しい
戦闘シーンというものではなかった。

591 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 12:01:58
>>590
「独眼竜政宗」で指摘のように華々しい戦闘シーンは出てこなかった気がする
家臣の原田宗時が病死するシーンがあって
「この宗時の孫が『伊達騒動』を引き起こす原田甲斐でる」云々といったナレーションがあったのを記憶している。

592 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 12:36:40
>今回、森蘭丸やってたの誰?以前はウェンツ瑛士とか女性がやってたこともあったけど。
その昔 大河で ゴクミが北畠顕家やったことがある。
あれはまあかっこよかったな。


593 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 12:42:22
炎立つだっけ
あれは良いドラマだった

594 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 12:42:48
朝廷(天皇制)を糞信長の毒牙から護った明智光秀が日本史上において
あまり評価されていないのが嘆かわしい。

595 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 13:00:03
NHKは反天皇。 
女性国際戦犯法廷「天皇は性奴隷有罪」の主催はNHK。教育TV放送

596 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 13:10:31
明らかな謀反人で信長・秀吉・家康にとっても敵であり、敗北者なのに
ドラマでは同情的に描かれ、二枚目が演じることが定番の光秀
近藤正臣・寺田農・マイケル富岡・村上弘明・・・・
娘の細川ガラシャも美人女優がすることになっている(鈴木京香・ハセキョウ)
儒教国なら鬼のような顔の悪役が演じるはずだ。


597 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 14:05:11
>>596
儒教国が某半島である場合、キリスト教徒が多いから鬼のような顔
になるとは限らない。
秀吉の姉妹なら、鬼のような顔の可能性が高い。

598 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 14:54:51
>>536
光秀って当時の二枚目だったし
娘のお玉だって忠興が他の男に見られるのを極端に嫌ったほどの美人だから

599 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 15:44:11
千代とまつが被るのはどうにかならんか
もっと毛並の違う脚本用意しろよ、夫婦ネタ隔年でやるのなら

600 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 15:50:56
>596
萩原健一が鬼気迫るバケモノメイクで演じたことがあったぞ

601 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 17:26:23
http://www.nipusa.com/common_product.asp?id=24178
西遊記 DVD

602 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 17:56:45
萩原の場合、メイクより声の裏返りのほうが惨かったw

603 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 18:59:33
>>589
李氏朝鮮の治世を見せたら不味いんでしょ。
秀吉が攻める意志を明確に表しているのに派閥争いをやってたり。
秀吉軍ではなく自国民に王宮を焼かれたり。
派閥争いから李瞬臣を処刑しようとしたり。
明にハッキリと属国扱いされたり。

同じ理由で伊藤博文もダメだよね


604 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 19:00:05
ショーケンは「お薬」を服用している時があるからな

605 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 19:04:30
ショーケンTVで隣人に、町会費払わないと告られてた。
在日かもね

606 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 20:10:05
>602
当時の公家はああいうしゃべり方をしていた
ショーケンなりのリアリティの追究の結果と思われ

607 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 22:25:02
>>582
ここは日本史板。
生没年不詳、嫁いでからどうなったかも分からない
人物を主人公になんて言うなよ。
まさか本能寺で死んだのが史実とか思ってないだろうな?

608 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 22:34:35
萩原健一と言えば、岡田以蔵だな。

609 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 23:13:43
萩原健一といえば「愚か者」
タイトルどおり奇行の数々

610 :日本@名無史さん:2006/06/14(水) 23:43:19
>>607
>>582は大河への皮肉だろw

611 :日本@名無史さん:2006/06/15(木) 00:28:11
しかしこれほどはっきりと信長の口から「朝廷など要らぬ 余が王になる」なんて
セリフを言わしめたのはこのドラマが初めてじゃないの?

612 :日本@名無史さん:2006/06/15(木) 01:07:43
片手で刀をぶん回す濃w
殺陣が緩慢な信長w
討取った人数は濃>越えられない壁>信長>小姓たち

613 :日本@名無史さん:2006/06/15(木) 09:25:17
>>606
ショーケンの映画降板トラブル原因の一つに声の裏返りがあったが、あれは
リアリティ追求の後遺症だったのかw

614 :日本@名無史さん:2006/06/15(木) 09:51:31
ショーケンはヨーデル歌手

615 :日本@名無史さん:2006/06/15(木) 10:04:33
>>613
リアリティ追求の後遺症ではなく
「お薬」が効いているせいです。

616 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 01:05:57
 NHKの大河ドラマ「功名が辻」が好調だ。視聴率20%を切るスタートだったものの、その後は持ち直して
ほぼ毎回、20%以上で推移。11日放送の「本能寺」の回では、これまでで最高の24.1%を記録した。
受けた要因はどこにあるのか?時代劇研究家・ペリー荻野さんに聞いた。

 荻野さんが好調の要因として真っ先に挙げるのは、大石静さんの脚本だ。「司馬遼太郎の原作を
軽いタッチで描いている」と評価する。荻野さんが注目するのは「男の中の男の作家である司馬の作品に
大石さんの女性ならではの感覚が入るミスマッチ」。特に、信長の最期を描いた11日放送の回で
大石さんの感性は際立っていたという。

 「普通は本能寺で1本、大返しで1本描くのがこれまで。でも今回、本能寺の変はさらっと描いて
大返しまでいったのは、驚きだった。こんな早い展開は、いままで見たことがない。男性ファンは
もう少し男と男の戦いや、光秀の苦悩の部分を見たいと思っているかもしれない。でも、女性には
『次は何だろう』と思わせる、このぐらいのテンポの方が好まれるのかも」。

617 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 01:06:42
 千代を演じる仲間由紀恵に対する評価も高い。「本能寺の変で、避難して大騒ぎしている最中に
千代がふらっとめまいを起こし、『おなかすきました』なんて言う切り返しは、大石さんにしかできない
ドライブ感。それを仲間がさらっとこなす。メロドラマチックなところもあるが、ドライに、コミカルに演じ
等身大で楽しませてくれる女優」

 「功名が辻」には、民放で主役を張ることのできる女優陣がぜいたくに起用されつつ、要所要所には
坂東三津五郎、津川雅彦、武田鉄矢、柄本明、大地真央など、重量感のある役者が配されている。
「かつての大河が、メーンを中心に置いた一品料理だとしたら、『功名が辻』は、松花堂弁当のようなもの。
あっちもこっちもおいしい、という感覚」。

 昨年の大河ドラマ「義経」全49回の平均視聴率は19.5%。それでも、2000年以降の大河としては
「利家とまつ」(22.1%)に次ぐ高い視聴率だった。一方、「功名が辻」は、これまで23回の放送の平均視聴率が
21.0%。20%を割ったのは3回のみで、今後「利家とまつ」を上回る可能性は十分、といえる。

記事全文は以下URLで
http://www.tokyo-np.co.jp/00/hog/20060614/mng_____hog_____000.shtml

618 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 10:13:59
いや、これから視聴率は落ちるんじゃないのか。
千代の登場場面はいらない。

619 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 12:08:14
いや、その女性ならではの脚本が鼻に付くんだがなぁ。
視聴率至上主義で、その為に女性受け狙ってるというならもう何も言えん。

さんざん言われてることだけど…
戦国時代劇としてクオリティ重視でいくなら奥方のひと言で歴史が動いたり、
まして大立ち回りして鉄砲で蜂の巣になったりはあり得ないでしょ。せめて
一般に認められてる「一豊の妻」のエピソード程度に留めてくれぇ。

620 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 12:45:27
時代劇研究家・ペリー荻野さんとやらの評価は誉め殺しっぽくないか。
ちくちくと嫌味言ってるようなw

621 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 12:55:05
あれってトリックの劇場版のキャンペーンの一環。

622 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 12:56:20
蜂の巣は有り得ないかもしれないが、有り得るかもしれない…。
信長に関する事は、作り手も観る側も保守的なのかも

623 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 12:58:33
>>621
一豊を安部寛にチェンジか?

624 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 13:01:54
>623
そういえば生瀬でてるな。


625 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 13:07:17
ここまで来たなら信長VS光秀の一騎打ちとかやれよ
最後には素手で殴り合って今までのわだかまりが取れたところへ、空気読めない自称忠臣が信長を鉄砲で討つ
光秀の腕の中で眠る信長、一つの時代の終りを告げるように朝日が昇り・・・とか

626 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 13:08:49
>>624
劇場版の出演者って「秀吉」メンバー大杉

http://www.toho-a-park.com/video/new/trick/point.html


石橋蓮司は「独眼竜政宗」で柳生宗矩だったしな

627 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 17:44:39
>>625
浅野長政を殺した時も、信長に「おぬしのことが好きじゃった」とか言わせて、見てるほうが
恥かしくなる臭すぎる演出もあったから、それもありかもねw

あと、濃姫は本能寺から無事脱出したとう説もあるから、千代が濃姫を救いすという話にして
も良かったような…
とにかく、ここまだやるなら、徹底したほうがいいねw

628 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 18:05:24
純粋な大河人気と言うより
戦国無双で興味持ったヤツや
仲間目当ての人がいる悪寒

あとゲームのせいか分からんが
最近光秀を好きなやつ増えた気がする

629 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 18:32:43
>>627
来週は三法師擁立の話だから濃姫がいたらややこしい話になる。
だから濃姫は本能寺を最後に退場とする方が筋書き的にいい。

630 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 19:26:58
>>627
浅野長政を殺してどーなるw

631 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 20:42:18
>>629
高台院の見本になったんじゃないの

632 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 22:42:53
俺は最初見なかったけど、最近見ていた。
理由は、信長、光秀、濃姫が面白かったから。

633 :日本@名無史さん:2006/06/16(金) 22:57:06
>>627
濃姫が本能寺から脱出・・・ってさw、何ていう「小説」の説?

>>629
そんな伏線考えてもいないだろw
本能寺という前半のクライマックスに華々しい話題を提供したいだけ。
本能寺で死ぬ濃姫パターン採用なだけ。

634 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 00:35:02
フジの春祭・秋祭のアーチェリーの結果
2004秋(1人3回・得点は中心から200点・100点・50点・30点・10点)
勝俣州和 50・30・200
高島礼子 100・10・10
坂口憲二 50・100・50
ミムラ 30・10・50
織田裕二 100・200・100

2005春(1人3回・得点は中心から200点・100点・50点・30点・10点)
源範頼 30・50・50
玉山鉄二 50・100・100
釈由美子 100・100・50
榎本武揚 50・50・30
木村拓哉 100・100・100

2005秋(1人3回・得点は中心から200点・100点・50点・30点・10点)
太田光 30・10・10
錦戸亮 100・100・50
藤原紀香 100・100・100
永井大 100・100・100
足利直義 100・100・200
安倍晴明 200・100・200

635 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 00:39:05
2006春(1人1回)
平資盛 200
うつぼ 100
錦戸亮 200
源範頼 100
しずちゃん 50
太田光 100
平頼綱 10
水川あさみ 100
坂口憲二 50
山内康豊 100
伊東甲子太郎 100
光源氏 100
蛯原友里 200
加藤成亮 100
安倍晴明 200

握力は平知盛が56.8kg、北条義宗が49.4kg、織田信長が49.2kgらしい。
頼綱・・・

636 :627:2006/06/17(土) 09:07:21
>>633
本能寺の変後、蒲生賢秀が安土城から信長の妻子を避難させた『信長公記』
この妻子のなかに「安土殿」という女性がいて、これが濃姫ではないか、とす
る説。安土殿という名は織田信雄の分限帳に出てくる。この女性は信雄が面倒
を見て慶長十七年に亡くなったという。さらに、大徳寺総見院から濃姫のもの
とされる墓も見つかった。法名は養華院殿要津妙玄大姉。

ま、濃姫については、結婚したが即離婚したという説から、早死に説まであるけど
決定的な史料はまだ見つかっていないようだ。

あと信長に仕えていた黒人の家臣が本能寺の変では大暴れした(その後捕虜となる)
という逸話もあるが、映画やテレビドラマには出たことないようだね。

637 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 10:24:18
>>636
絡むのもなんだが、その程度の知識は持ちあわせたうえで、
ドラマ構成の話をしている。
岡田正人の記事も普通に読んでいるよ。


638 :627:2006/06/17(土) 11:16:22
>>637
それなら、わかっててなぜ、
>濃姫が本能寺から脱出・・・ってさw、何ていう「小説」の説?
という質問レスつけたのか、その真意を教えてくれ

639 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 11:29:09
>>368
おまえはホンモノか?
空気嫁バカ

640 :627:2006/06/17(土) 11:31:28
結局こういう回答かw 無駄な時間を使ってしまった。

641 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 11:32:49
>>640
そういうことだ

642 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 11:34:43
>>640
もしかしてずーっとここに張り付いていたの?
えらいねーボク

643 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 11:35:24
>>640
晒しage

644 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 11:49:28
>>636
緒方直人の信長には黒人の弥助出てきたよ。

645 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 13:30:00
こりゃまた随分痛いのが暴れまくってるべw

646 : ◆p9oy.cEXD6 :2006/06/17(土) 14:31:40
>>525
何も知らずに見てしまいますたよ(´・ω・`)
ダンビラ振り回す濃姫は誰が考えたんだろう…
そして一番大事な場面が女達の井戸端会議?

やっぱり女に脚本書かせたのが大間違いだった…
女の人は恋愛が何よりも気になる生き物なんだから
「初めは反発しているものの次第に惹かれあい、最後は結ばれる男女の物語」
とかやらせた方がいいって。

647 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 14:50:48
信長も是非に及ばず、信忠に知らせる間もなかったのかな
安土も混乱の中よく引いたよね、血天井の話もあるけど

648 :日本@名無史さん:2006/06/17(土) 22:49:44
やはり女が暴れるなら、小袖に襷がけで長刀のほうが美しいよな。

649 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 02:00:07
>>648
同感。大田

650 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 20:31:15
山崎の戦いは瞬殺か
これはテンポがいいとかそういうもんじゃねーよ

651 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 20:37:03
落ち武者狩りに協力したのに
なぜか怒られ追っ払われる理不尽

652 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 20:46:06
一豊の腕の中で死にましたか…

653 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 20:54:43
>>639
>638デショ?

654 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 21:10:16
>>636
濃姫は「安土殿」と呼ばれて、信雄から化粧領をもらっている。
1612年に病死し、信長の墓がある大徳寺総見院に葬られた。

655 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 21:32:15
ちなみに大徳寺総見院には、信長の側室(お鍋の方)や
家康の長男信康に嫁いだ(徳姫)の墓石もあります。


656 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 21:41:28
お市ってあんなに反秀吉だったのか。

657 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 22:06:44
>>636
映画で三國連太郎が演じた 利休 (1989)では冒頭で
信長に仕えていた黒人の家臣が出てたよ。
96年大河の秀吉でも松岡昌宏演じる森蘭丸が弥助と言うシーンが、
あったから出てるよ。




658 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 22:17:39
>>656
秀吉は信長の愛人が紹介した小物だからな。



一豊って、長浜城主になってなかったっけ?

659 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 22:51:00
長浜城は1585年からかな。でも地震でよねちゃんが死んでしまふ…


660 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 23:07:14
本能寺が明智軍に攻められている時、途中で出てきて
銃で撃たれて上の階から落ちたのは毛利新介殿。

661 :日本@名無史さん:2006/06/19(月) 12:40:51
なんかグダグダで見とらんわ

662 :日本@名無史さん:2006/06/19(月) 14:17:28
一豊の弟さんは登場しないのかね。

663 :日本@名無史さん:2006/06/19(月) 15:06:31
そういや康豊は最初の数回しか出てないな

664 :日本@名無史さん:2006/06/19(月) 15:54:30
ヤスの登場はまもなくだろ
しかも一領具足の処分も弟のせいにして

665 :日本@名無史さん:2006/06/19(月) 15:58:19
まぁ一豊は武功ではなくパフォーマンスや政治工作で出世した、という事自体は間違ってないw

666 :日本@名無史さん:2006/06/19(月) 16:20:27




前田利家 と まつ 出ましたか?

667 :日本@名無史さん:2006/06/19(月) 17:45:06
無理に一年も引っ張らないで、半年位でまとめればいいのにな。
あと半年は長曾我部やるとか。

668 :日本@名無史さん:2006/06/19(月) 18:04:09
>>667
ノータッチだと思う

669 :日本@名無史さん:2006/06/19(月) 18:20:14
信雄はどこ行った?

670 :日本@名無史さん:2006/06/19(月) 18:38:25
三成はまだか

671 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 03:55:58
ま〜だだよ

672 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 07:37:19
>>647
信長は最初は信忠が謀反したのではと疑っていた
誰も信じられなくなっていたんだろうな
信忠・光秀・家康が共謀しているかもしれない、秀吉や勝家も動機はある、
朝廷とも敵対しているし、俺に怨みを持つ者は無数にいる
孤独と猜疑心の中で死んでいったのだろう



673 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 12:18:16
本能寺の変で信長と護衛の侍たちが奮戦した事は有名だが、広い境内に100人程度しかいない
上に完全武装した一万以上の兵がいきなり攻めてきて、果してそんなことが可能か疑わしい。
それに明智軍に従軍した兵士の回想では本能寺は無人に近い状態で静まり返っていたそうだ。
あまりにも急に攻め込まれたので小姓たちは信長が敵の手に渡る事を阻止するぐらいしか
出来なかっただろう。ひょっとしたら、信長も小姓たちも誰の企てかも分からないまま死んだ
のかもしれない

674 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 12:29:30
>信忠が謀反したのではと疑っていた
それって創作の信長記のほうでは・・・
宣教師の記録は信長がキリスト教を贔屓しなくなってからは悪感情丸出しだしw

675 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 13:05:07
>>673
町の宿屋に泊まっていた小姓も、駆けつけて討ち死にしたと伝えられておるよな

676 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 13:35:08
信長は首をとられたと考えるのが自然。
短時間であってもさらされただろう。
のちに秀吉がその事実を抹殺したと思われる。

677 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 13:36:53
なんか史実と創作がごっちゃになってるな。光秀の部下の回顧録では本能寺が何処なのか誰を討ちに行くのかまるで解らないまま進軍してたらしいぞ?しかも憶測では家康を討ちに行くのだろうと皆思っていたようだ。

678 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 14:12:59
しかし何故六平太は、異変を毛利に伝えようとしたのかのぅ。
毛利の間者だから当たり前かも知れないけど、伝えたら毛利・明智
両軍に羽柴勢は挟み撃ちにされ、千代の夫である一豊は討ち死にして
しまうかもしれんのに。

679 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 14:18:42
>>677
>本能寺が何処なのか誰を討ちに行くのかまるで解らないまま進軍してたらしいぞ?
そりゃそうだろう。
そんな事がわかっていたら、俺だったらこっそり軍を抜け出し、重い鎧を脱ぎ捨てて
本能寺に向かって全力疾走。本能寺についたら信長にご注進、難を逃れた信長から後日
たっぷり褒章をもらうね。

史実では、明智軍は本能寺へ進撃中に、であった人間を片っ端から切り捨てたらしい。
でくわした人間は全くの災難だなw


680 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 15:30:40
濃姫の没年については、結構前から史板や三戦の各姫スレで語られてたけど
最近は時節ネタなのだろうな、
ニワカな、>実は濃姫は長生きしたんです・・・厨の活躍が目立つw
総見院の墓所の件も、もう確定!という風に語ってるしな。

681 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 16:53:34
>>678
以前、六は一豊に口利きしてやるから毛利に降れっていってたから
混乱している秀吉軍の中から一豊を連れ出して、毛利に紹介するつもりだったんじゃねーの

と思ったが、そのつもりで備中まで来たが、自分の計画が失敗して動揺する六の姿が
描かれていないとおかしいわな

やっぱり大石ダメポ

682 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 20:20:35
敵は本能寺にあり!
でも一般兵卒は本能寺に誰がいるのかは知らなかったのだろうな


683 :681:2006/06/20(火) 20:27:46
書き忘れたが、>>681に書いたように予想したから、
毛利に連絡しようとして羽柴の陣営に捕まった間者が
六になるのだと予想していたんだが・・・。

684 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 23:00:35
>>683
(利家とまつ)で秀吉役までやった六にそんな間抜けな役やらせられる訳無いでしょ!

 



685 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 23:49:58
>>679
そう考える奴が、1万の中に300はいると思われ。
だから、
「敵は本能寺にあり!」などと叫ぶはずがない。
つうか、それは頼山陽か誰かの創作だし。

686 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 00:21:53
もし信忠が生き残っていたら秀吉や家康の天下はなかったのかな?

687 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 01:24:34
ない。

688 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 07:11:57
清洲会議で騒いでた柴田は、変を聞いて何で動かなかったんだっけ?

689 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 07:34:20
柴田は上杉と対峙していて動けなかった
滝川は動いたところを北条に攻撃されて壊滅した
丹羽・信孝は兵が逃散してしまい、秀吉軍に合流した

690 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 08:03:57
なるほ。で、秀吉は信長が来る前に高松城主が降参して切腹しちまったら、どーするつもりだったんだろ?そのまま毛利と合戦?

691 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 08:43:44
>>690
信長に警戒されないように最後の仕上げまではやらなかった

692 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 09:19:30
毛利はあまり期待出来ないのに、信長にが来るまで降伏も出来ないのか。大変だの


693 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 11:26:45
毛利降伏の筋書きは、信長出陣の時点で決まってたようなものでしょ。
信長もそれを予想してるから、出陣を決めてもすぐに出立しなかった。
秀吉は、次の九州討伐を見据えて毛利を先陣として使いたかっただろう
から、降伏助命を画策していたのでは?
毛利は本願寺を支援して長く信長に敵対していたから、助命は容易じゃ
ないが、戦上手だから九州討伐には必要不可欠。
「流石は信長様」と持ち上げつつ、なんとか毛利の助命と秀吉の組下へ
の取り入れを演出しようとした。
信長を見て恐れおののいて平伏する毛利のとりなしを秀吉がする算段。
信長も百も承知の猿芝居。

波多野兄弟の時のように、信長への根回し無く勝手に助命を決めてしまう
とまずいから、秀吉があの手この手で演出しようとしていた節が強い。
毛利は、秀吉の大返しの後敵対することなく秀吉政権に取り込まれている
から、秀吉との良好な関係は本能寺の時点で完成しつつあったと見てよい
のでは?

信長による、光秀の所領没収も嫌がらせの要素は低かったと見ている。
中国に出陣してみたら、既に大勢は決まっていて労せず新たな所領が得ら
れるようになっていた。
それを見せつけ「猿を見習え」と言うつもりだったが、勘違いされて謀反を起こ
されたので「是非に及ばず」と言うしかなくなったw

694 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 11:37:21
史板や三戦板で濃姫のこと書く奴、すっごく今さらだから来るな。

695 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 12:06:06
>すっごく今さらだから来るな。
まず、キミが小学校の国語勉強汁。

696 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 13:05:13
さいた、さいた、さくらがさいた

697 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 14:43:15
あかい あかい ちてんじょう あかい

698 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 15:27:28
てふてふ、こてふがまった

699 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 15:36:14
>>696-698
すっごく今さらだから教えるな!

700 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 17:30:06
>>693惟任は九州の名族の姓から取ったんだっけ。信長は九州を睨んで光秀と四国に行こうとしたのか…


701 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 17:32:36
間違った…中国

702 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 20:25:28
光秀が惟任、長秀が惟住だったかな、羽柴筑前と併せてこの三人に九州与えるつもりだったのかな?


703 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 00:44:16
【世界各メディアも 明智光秀を大酷評大会】(まとめ)
「松永久秀氏なら、骨折してギプスをしてでも首を取れた」
「あの場面で首を取れないのは、戦国武将として考え難い」
「なぜ、あのようなビッグチャンスを生かせないのだろう。不可解だ」
「集中力が無いとしか思えない。戦国武将としては考えられないこと」
「どうしたら、あのような場面で首を取り損なうことができるのだろう」
「日本には他にまともな武将がいないのか」
「技術以前の問題だ。幼稚な戦略、初歩的なミス」
「明智の謀叛は芸術作品だ!」
「味方でなくても、目を覆いたくなる明智のお粗末な謀叛」
「歴史に残るファンタジー」
「丹波制圧に4年を費やした男が、大舞台でさらに醜態を晒した」
「信長はひどい家臣を持った」
「日出ずる国の至宝・明智光秀」
「あんなミスが出てるようでは、明智の天下は到底無理」

704 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 01:50:21
>>703
元ネタが分からん


705 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 03:03:48
>>704
多分これ
急にボールが来たのでのガイドライン2
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1150857276/

706 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 18:54:14
三法師の名前の由来か・・・
法師は信長の幼名吉法師からだな。
三って・・・
信長から見て三代目ってことかな。
まっまさか・・・信孝の三七から三を取ったとか・・・
いや、まてよ・・・そうか、道三から取ったのか。
いやっ違うな・・・美濃→三野(昔は漢字表記いいかげん)から取ったのかも知れんなぁ。
ひょっとして三蔵法師から蔵を除いて三法師?
いずれにしてもだ、信長が付たのではなかろう。信長は奇妙とか茶筅とか三七とか付ける人だからな。
たぶん信忠が付けたんだな。
あっ分かった。信長の通称である三郎から取ったんだな。三郎の三と吉法師の法師。
結論。信忠はファザコンだった。信長から随分可愛がられてたようだしね。
普通なら妙覚寺から逃げるところをわざわざ親父とお付き合いして死ぬんだから。ファザコンだったんだな。


707 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 21:06:04
逃げるっても相手の状況の把握が出来てないとな
とりあえず二条新造でってうちに囲まれちゃったんだろ
丹波、近江方面はちょっと、都のどこかに潜伏か

708 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 21:47:41
今年ももう観なくなった。
毎年「今年こそは最後まで観るぞ」と思いつつ途中で観る気がなくなってしまう・・・

709 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 22:03:12
>>708
俺はここ二回ほど

710 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 02:01:11
吉兵衛の恋

711 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 02:24:09
五藤 吉兵衛 御子孫いま商売しているらしい。

712 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 21:00:38
吉兵衛戦死の場面が改悪されないことを願う

713 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 21:08:43
改悪とは?

714 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 21:38:01
五藤 吉兵衛 御子孫は今貴乃花部屋で相撲取りしている。

715 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 21:43:50
>>714
五剣山か?

716 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 22:08:58
>>715
まだ現役なのか?
しかし讃岐の出ではなかったか?子孫なのかそうなのか。

717 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 01:05:34
>>672
村井か誰かを遣わしてたと思うが。

>>677>>682
本能寺は信長の定宿だったんだから、んなわけないw
犯罪に加担した人間が後になって「実は知らなかったんです」っていってるだけ。

>>693
所領没収はいつから史実になったん?

718 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 01:17:49
あった。
「三位中将信忠、此の由きかせられ、信長と御一手に御なり候はんとおぼしめされ、
妙覚寺を出でさせられ候ところ、村井春長軒父子三人走り向かひ、三位中将信忠へ申し上げ候趣、
本能寺は早落去仕り、御殿も焼け落ち候。定めて是れへ取り懸け申すべく候間、二条新御所は御構へよく候。御楯篭り然るべしと申す。」

719 :715:2006/06/24(土) 08:48:28
>>716
いや、俺は単純に五剣山の本名が五藤だったから名前を挙げたわけで・・・
>>714、本当に五剣山であってるのか教えてくれ

720 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 11:56:38
基地米

721 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 13:08:04
堀尾吉晴、中村一氏は三中老に選ばれたのに、
どうして山内は選ばれなかったの?

山内は格下扱い?

722 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 13:11:42
>>721
ま、そういうわけだな

723 : ◆1kHITfJ7QE :2006/06/24(土) 13:53:33
明日はオリジナルエピソードか。



恋だってさw
女はなんで恋愛を盛り込みたがるんだろ。
バカが…

724 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 13:59:29
>>723
最悪じゃん

725 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 16:29:05
次回予告から想像すると。

『今まであまり女に縁が無かった武田てつやに、やけに親切な娘が現れた。
武田の方もその娘に惚れてしまい、すっかりその気になってしまった。
しかしこっそりその娘に気持ちを尋ねる武田の同輩に対して娘は答えた。
「あの人は死んでしまったお父さんにそっくりで、
あの人を見てるとお父さんが生き返ったような気がする」

物影からそれを聞き、自分の勘違いを知ってしまった武田は
「ワシは女なんぞいらん!いらんのじゃ!」
と涙を流しながら叫ぶのであった。
ほろ苦い失恋のお話しです』


腐ってもプロが書いてるんだから、今時こんなベタな脚本ではないと思うけど
あの予告を見てから不安は広がるいっぽうです(´・ω・`)

726 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 21:01:17
「わしは死にはせん」のセリフを希望。


727 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 21:11:38
某氏は突進してくる敵に対し
「ボクは死にまっしぇーん」って叫びつつ絶命するのか

728 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 11:24:25
>727
年の離れた細川ふみえを妊娠させ
周辺に
”何もはずかしいことやなか”
と博多弁でいう。

729 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 11:28:40
土佐のゴトウでも
五藤家と
後藤象二郎の家はあまり関係ないのか?

後藤象二郎の家は後藤又兵衛の末裔を自称している。

730 : ◆70ZayTpx62 :2006/06/25(日) 14:32:35
>>728
そして彼は鬼武者に。

731 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 16:36:28
吟の子孫も鉄也の子孫も明治まで家は存続したが、活躍した人はいない
という話を読んだことがあるような

732 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 20:41:59
当時の男58歳女38歳って老人だよね。

733 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 20:44:01
>>732
後家だろ

734 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 20:45:09
司馬の「酔って候」に、吟の子孫が出てるよ。

735 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 20:46:34
あらっ来週も鉄也主役だよ週跨ぎで恋愛やるとは、よっぽど山内に逸話が少ないのね〜

736 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 20:52:38
週またぎするようなネタかよ!
って思ったら
吉兵衛死亡フラグだったのか

「この写真見てくれよ、可愛いだろ?
 俺、この戦いから生きて帰ったらこの子と結婚するんだ!」

737 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 20:53:01
きちべえ死んじゃうの?

738 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 20:53:49
あ〜あ、ぽんぽこぽん。

739 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 20:54:43
三成はまだか三成は

740 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 20:59:02
まだじゃないのか、ぽんぽこぽん。

741 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 21:01:52
きちべーで2週なら、よね死亡で4週は引っ張るかな?


742 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 21:11:07
お市と勝家だけがシリアスドラマ。

743 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 21:16:34
雪で閉ざされ、ぽんぽこぽん。

744 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 21:33:13
京・山崎城

745 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 21:47:19
金パチて龍馬ラブだから!四国入る前に仏なる聞いて役引き受けたんだて^^

746 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 21:50:53
龍馬ラブ=龍馬脱藩三回土佐嫌い。


千代 余生京都で暮らす。

747 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 21:51:09
>>745
そうなの?
俺が聞いたところだと竜馬関係で本当はやりたくはない役だったんだけれども、
ある映画撮影の時に宿泊先か撮影先でつかった本屋が五藤家が屋敷として与えられた場所でその子孫が
今でも経営していて、その縁を感じてとかきいたよ?

748 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 22:00:32
大河はつまらなすぎる。
独眼竜政宗とか武田信玄を再放送した方がいいんじゃねえか?

749 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 22:21:55
>>748
スカパーでいくらでもやってる!


750 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 23:40:48
龍馬ラブ今はやめたらしい。金パチ
やはり年をとって色々勉強したんだろう。

751 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 23:43:22
若いうちは司馬に騙されて夢中になっても、年とれば目が覚める。

752 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 23:47:06
>>747 そうなの?じゃねーだろ?鉄矢がひつこくテレビで吠えてたの聞いたからレスしてんのな^^

753 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 00:04:37
今日の放送なんか、どうでもいい内容の恋愛ホームドラマだな。

754 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 00:07:19
あれ、柴田勝豊が裏切ったのは正月に一族に虐められたからでは?

755 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 07:22:40
勝家からひどい扱い受けたって言ってたじゃん

756 :日本@名無史さん :2006/06/26(月) 07:41:13
>>748
その二作品は誰出せ厨にとっては憤慨物の作品だぞ。
登場人物をひたすら絞ってるからな。
政宗なんぞ秀長どころか黒田如水も登場しないし、徳川重役は柳生但馬と準家臣扱いの今井兼久ぐらいしか登場せん。
信玄は穴山・秋山・小山田の存在が皆無だし。

757 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 07:54:09
秀吉は金八に食われてると思う。

758 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 08:52:46
>>748 時代劇ch 昔の大河【利家 と まつ】( 加賀百万石)やってるよ!

【巧妙が辻】と時代観が同じだよ、利家とまつのが名武将登場する。

759 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 12:21:12
細川ふみえも老けたな〜。
あの可愛い声は変わらないけど。

760 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 13:04:09
>>758
見れないorz

761 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 13:10:44
公式より

>意を決し、たきを訪れた吉兵衛は『戦から戻ったら
>迎えに来る』と、ようやく口にする

ベタだなぁ

762 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 14:39:23
吉兵衛に弟が居るようだが、突然降って沸くのか?

763 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 15:15:40
>>762
恐らくは戦死する前後かと
結局は跡目を継いだあんたらかんたら

764 : ◆x8QnwfMWAw :2006/06/26(月) 20:05:55
武田の役ってC3POとR2D2の片割れだっけ?

765 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 03:34:00
>>739
再来週からだそうな
司馬原作なのに淀と出来てるらしい

766 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 10:51:08
もう史実を曲げて脚色するのは辞めてほしい。
子供が見て信じたらどうするの?

767 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 13:43:01
むかし、むかし「狼少年ケン」という漫画があってのう。
あれみた子供達はみーんな、アフリカには狼や熊・虎なんがいるんだと
信じたんじゃそうな。
めでたし、めでたし

768 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 16:33:20
うわ、吉べーの弟役は小倉久寛? 濃い兄弟だな〜

769 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 22:23:02
>>766
そのときは、おまいさんが「これはドラマだよ。史実ではね云々」とやさしく教えてあげるのじゃ。
へえ〜お父さん(お母さん)ってものしり〜!と、目を輝かせて尊敬してくれるかもじゃ。

770 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 23:58:38
>>766
史実っていうか原作を曲げるのやめれ

771 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 00:36:35
史実・原作云々より以前に
グダグダ過ぎ

772 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 00:40:22
まあ、原作も史実を曲げちゅうがねw

773 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 07:13:00
歴史モノでのフィクションは
説得力のある、いかにももっともらしい嘘でなくては

774 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 08:04:50
そのもっともらしい嘘に踊らされているのが司馬厨ということで桶?

775 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 08:06:03
もっともらしくない嘘を排除して、なおかつ一豊の主役の座を安泰させるには語り部になってもらうしかないな
「今宵は、ここまでにいたしとう御座る」


776 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 08:08:17
テラナツカシスw

その語り、法秀様だったっけ?

777 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 09:55:17

加藤清正


尾張出身で、秀吉の妻・ネネの遠縁にあたる。


一豊よりも一世代若い武将。同じく秀吉配下の福島正則とともに、


武勲名高い『賊ケ岳七本槍』に数えられる猛将。


◎熊本城 (熊本県・熊本市)闘将清正が築いた西国一不落城


加藤清正は築城の名手としても名高い。

778 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 10:47:59
>>776
若尾文子の大井夫人だよ・・・(信玄母)

779 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 21:15:37
城作りの名手って、高虎じゃないの?

780 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 21:24:40
秀吉門下はみんな城作りは上手くない?

781 :日本@名無史さん:2006/06/28(水) 23:31:55
秀吉が城道楽だったからね

782 :日本@名無史さん:2006/06/29(木) 19:38:37
ばかばっか

783 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 01:01:05
バカ言うヤツがバカじゃー

784 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 01:24:43
>>777 おっ?

地上デジタ(D)ボタン登場人物図鑑の書き写しその

ままじゃねぇか?

785 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 02:00:40
この後、島左近や大谷吉継と言った武将は登場するのであろうか?
徳川の主だった家臣も登場せず現在に至っている訳だが……

786 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 06:40:15
一豊は関ヶ原では後ろの方にいて活躍していないので戦闘シーンさえないだろう

787 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 07:46:23
左近や刑部は関係なかんべ

788 :日本@名無史さん :2006/06/30(金) 08:13:23
>>785
ああ、「独眼竜政宗」や「秀吉」でも一切登場しなかったな。
しかし、山内と直接関係無い人物出してどうしようってんだ?
また脚色で絡ませるのか?

789 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 09:06:07
小山評定の場面に若くてイケメンな本多正信がでてきそうだなw

790 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 09:12:35
みんな原作読んだ?
この前本屋で見かけたけど
おもしろいの、コレ?

791 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 10:47:33
好きずき。

792 :ネタバレ注意:2006/06/30(金) 11:54:00
第27回 「落城の母娘」
勝家が遂に出陣、秀吉はこれを賤ヶ岳に迎撃する。一豊は三成や七本槍ら若い世代を重用する秀吉に不満を覚える。
秀吉軍は敗走する勝家を追撃し北の庄へ。市救出のため城内へ入った一豊に市は娘らを託し、自らは勝家と共に自刃
市の娘・茶々は清洲へ入ると千代を呼び、「秀吉の野望を打ち砕け」との市の望みをかなえるのに手を貸せと言う。

第28回 「出世脱落」
秀吉の論功行賞で賤ヶ岳七本槍ら新世代は三千石以上に加増。堀尾、中村は城持ち大名に。が、一豊は僅か三千八百石。
三成も重用され大いに不満の一豊は、城勤めは辞めると千代に告げる。千代は法秀尼に相談。出家すると言い出した一豊
にいっそ命を絶てと迫る法秀尼。一方、家康は秀吉につくか攻めるか考えていた

第29回 「家康恐るべし」
秀吉は大坂城建造に着手。茶々の為の築城と見た寧々は千代に、茶々に近づき様子を伝えるよう命ずる。
家康挙兵に応じ、秀吉自ら小牧へ出陣するが、秀吉の甥・秀次の軍勢が家康に撃破される。
譴責を浴びる秀次を救う一豊。秀吉の 快進撃を阻んだ家康は名を轟かせた。関白となった秀吉がある日、一豊に長浜城をやると言う。

第30回 「一城の主」
一豊は長浜城へ入城、二万石の城持ち大名となる。婚礼の晩のお約束、お守りくださいましたね」と喜ぶ千代。
行方知れずだった康豊が城へ訪ねて来る。味土野で幽閉中の玉に助けられたと言うのだ。
その頃、大坂城では茶々が三成取り込みを画策。千代は寧々の訪問をうけ、城を賜ったのは寧々の口添え故と気づく。

793 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 11:58:35
康豊×ガラシャ
三成×淀殿
があるって噂だったが
マジだったか

794 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 14:43:43
市の描写で基地外のような秀吉嫌いがあると、三人の娘を秀吉に渡す
ことが不自然になるよな。
あそこまで嫌っていたら、一家心中するだろうにw
毛嫌いしていた女好きな男に、大切な娘を渡せないと思うぞ。

秀吉に正室が居るわけだから、市の立場で側室にはならないだろ。
秀吉の元に行かなかった理由なんて、その程度のことじゃねーか?
勝家の元に行ったのは、勝家が独り者だったからだし。
特に毛嫌いが無いから、娘を託すことには異存が無いと考えたほうが
無難。
立場上、あっちこっち男を渡り歩けないから、勝家と運命を共にした。
母親の「ねねへの気遣い」を見てたから、長女は秀吉の愛人になる。
母親が遠慮して奪い取ろうとしなかったので、自分が奪い取ろうとした。
そんな流れのほうが自然だなw

泥酔して愚痴をこぼしたねねのために、信長が後日にわざわざ手紙を書
き送って慰めているので、市から見ると「あの兄が気を使う、特別な存在」
なのだろうし、ねねへのわだかまりのほうが、秀吉個人への好みより大き
いと思うね。
信長が気を使った相手のダンナだから、女としては興味があったんじゃな
いか?
女って、不細工でも結婚してると聞くと興味を持ったりするんもんだし、そん
なだから、オヤジ相手に不倫したりする。
信長の妹としての立場上、側室にだけはなりたくなかったんじゃないかなw

795 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 18:13:48
だいたい、演技なんてどうでもいいから、
ひたすら登場人物を多くしろ。

歴史マニアが知らないくらい無名の人物を登場させてこそ、
わざわざ見る価値がある。

796 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 18:22:39
そんなのドラマじゃない
オタクは失せろ

797 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 18:29:44
朝日の最初の夫は?あの人のポクーリ死に時間さいてたけど

798 :日本@名無史さん :2006/06/30(金) 19:24:51
>795
君みたいな人物には「独眼竜政宗」や「武田信玄」のような作品は見れないだろうな。

799 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 19:41:23
>>795
草燃える・太平記・葵三代などは好みだろう

800 :日本@名無史さん :2006/06/30(金) 19:47:38
>>799
「葵」で満足できるのは関ヶ原前後ぐらいだろう。
大坂の陣での両軍諸将の描写の省きっぷりは凄まじいぞ。

801 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 20:05:04
一堂が会したシーンでは、
全員にテロップを入れて、誰が誰だか分かるようにしろ。

子供も全員描け。

802 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 20:22:23
何か今日はおかしなのがわいてるな

803 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 20:32:47
琉球の風なんて琉球人ほとんど知らんかった。

804 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 20:33:23
>>803
琉球の風はそもそも主人公がオリキャラ
知りようがない

805 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 08:59:04
信孝に「むくいを待てや 羽柴筑前!」て凄い形相で自刀してほしい

806 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 20:00:00
自刃ですが。

807 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 20:16:12
>>806
ageなさい

808 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 06:31:30
今日は
「ここが功名が辻でございますぞ!」
って台詞があるそうだね

809 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 07:00:46
【利家とまつ】〜加賀百万石物語


CTV時代劇チャンネル 再放送 戦国時代大河


比較しながら見れる。


反町=織田信長


唐沢=前田利家


松嶋菜々子=まつ

810 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 08:38:48
あんな捏造ドラマ見てられん

811 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 14:15:40
>>809
見れんorz

812 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 20:36:32
きちべえ・・・きちべえ〜〜〜っ!

813 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 20:36:47
ココの予測どおりに流れたねえシナリオ
あははは

814 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 20:48:30
史実とか抜きにして不覚にも泣いた

815 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 20:56:45
どうせ槍働きしかできん古参なぞ用無し。
黒田や三成のようなアタマこそこれからの戦には必要

こんな調子だから秀吉からバカにされる

816 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 20:59:27
一豊は3000石拝領してるのに、なんで今日みたいな泥臭い戦してるの?

どこまで出世したら後方でふんぞり返って戦ながめていられるようになるの?

817 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 21:06:35
それじゃ兵が着いて来ない。

総大将とか以外は前線に立つだろ。

818 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 21:13:24
それでも、3000石の当主だぜよ。もし何かあったらお家断絶もんジャマイカ

もう少し後方にいたほうがいいンじゃないのかと。
もっとも実際の戦はそんなもんじゃねえといわれたらそれまでだけどね。

819 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 21:15:15
吉兵衛かっこよかたジャマイカ

820 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 21:15:49
>>818
秀吉の部下だから。

821 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 21:23:18
>>819 俺もそう思うジャマイカ きちべえ・・お前ってやつわ!!

822 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 21:23:47
吉兵衛「僕は死にましぇん」と言ってほしかった。
後説教長すぎ。

823 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 21:57:22
「死にましぇん」は、やったらしいよ。カメラ回ってたらしいからメイキングとかでやってほしいな

824 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 21:59:33
3000石だと騎乗も最低10人以上いただろうに今だって主要家臣が3人とは手抜きしすぎ。
土佐藩重臣でこの頃から仕えていた家もたくさんあるだろうに

825 :バロン曽志崎:2006/07/02(日) 22:01:21
吉兵衛、実は享年31歳なんだよね。
一豊より8歳ほど年下。

826 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 22:22:36
>>825
え〜〜〜っ!w

827 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 22:41:55
城攻めに参加したのは細川忠興・加藤清正・山内一豊・・・・
総指揮官は忠興なのか?一豊ではないよな

828 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 23:25:42
>>818
後方って言っても描きようがないんだと思うよ。
今回の戦もみなアップばっかりだったでしょ。
映画なら合間にもっとカメラを引いた視点で大規模な兵士同士の
戦いを描くところなんだろうけどね。

基本的にスケールの大きい戦は見れないと思った方がいい。

829 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 23:28:10
久々に大河ドラマで泣いた。

830 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 23:40:06
 NHK大河ドラマ「功名が辻」の7月2日放送分「功名の旗」の試写会が
29日、東京・渋谷のNHK放送センターで開かれ、山内一豊の家臣で、
合戦で死ぬ吉兵衛役の武田鉄矢(57)が会見した。

 武田は「『3年B組〜ッ、金八先生〜ッ』ってやったように、タイトルコール
がやりたくて、『殿、ここがまさしく功名が辻でござりまするぞっ』ってセリフ
を作っちゃった」と暴露。「スタッフが(せりふに感動して)泣いてたね」と
振り返った。

 さらに、切り殺される場面の本番で、わざと「ボクは死にましぇーん!!
(フジテレビ系=東海テレビ『101回目のプロポーズ』で武田が言った
名セリフ)」と叫んで、周囲の緊張をほぐしたエピソードも披露した。

ソース(中日スポーツ) http://chuspo.chunichi.co.jp/00/hou/20060630/spon____hou_____001.shtml
別ソース(ZAKZAK) http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_06/g2006063008.html


831 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 00:06:24
一豊が吉兵衛との会話で隙が生じているのに
敵兵が誰も攻撃してこないところがなんともいえない。

832 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 00:15:48
ドラマだからねw
敵に阻まれて、吉兵衛に近付けなかったのに
吉兵衛が刺されてから、あっさり行けたしなw

833 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 00:56:23
まぁ所詮は大河 ド ラ マ だからな

834 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 02:27:37
猪武者五藤吉兵衛の能力パラメータを
ノブヤボ風にあらわして下さい。

835 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 08:40:40
石垣に取り付いて、長々と喋る馬鹿ドラマ。

836 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 09:19:46
最期のセリフが「たき…」だったらどうしようかとオモタ。その点「一国一城…」は
実際ありそうなセリフで良かった。

やっぱ筒井と武田のNHKに対する発言力の差かのう。

837 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 12:52:30
一国一城って家光の時代に決められたんじゃないの?
あの時代にそんな言葉あったんだろうかって思いながら観てたんだけど
誰かおしえて。

838 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 14:36:03
>ボクは死にましぇーん!!

「ちが〜〜〜う! 木のほう〜〜〜!!」(刑事物語)も希望。

839 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 16:03:30
「殿、ここが功名が辻でございます」

840 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 17:06:03
>>837元和元年に一国一城令が出てるけど、その時の「国」は藩
吉兵衛の言う「国」とは違うかもかも…

841 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 17:19:19
そりゃそうだろう

842 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 19:52:37
>もし何かあったらお家断絶もんジャマイカ
突っ走り型の主人を死なせまいと、
家臣も負けずに突っ走るのだ。

何かあっても血筋を絶やさないように
側室制度とかたくさんあったじゃん。

843 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 20:04:57
ぬるい攻城戦だったなあ。
城側も寄手も鉄砲撃たないし。吉兵衛、後続も確認しないで一番乗り
するなよ・・・

844 :山内家:2006/07/03(月) 21:47:27
城攻めはあんなに簡単じゃない!とりあえず城兵が少なすぎる!

845 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 21:53:06
吉兵衛、大鉄砲で崩れた櫓で圧死でもして欲しかった。
銃弾に中って戦死の方がリアルだと思うが。

846 :日本@名無史さん:2006/07/04(火) 07:12:34
本多忠勝は高田延彦かよw

847 :日本@名無史さん:2006/07/04(火) 07:25:37
出てこいや

848 :日本@名無史さん:2006/07/04(火) 07:32:33
戦国軍記・講談ものなのに、NHK的社会観いれるなよ。

849 :日本@名無史さん:2006/07/04(火) 07:52:27
837です
840ありがとん
まぁよくわかんないって事ですね
真剣に観ると疲れそうなんでのんびり観ることにします

850 :日本@名無史さん:2006/07/04(火) 08:21:06
小六に続いて平八郎まで・・・

851 :日本@名無史さん:2006/07/04(火) 15:51:02
いいじゃん

852 :日本@名無史さん:2006/07/06(木) 01:19:29
>>792
「利まつ」ですら万倍マシに見えてくるから不思議だ。
↑で、市や三姉妹・人質になっていた麻阿が勝家・利家を前に跪き、その武運を祈るなんてあったが
市と山内家じゃ身分違いすぎ。

>>830
武田に限らず、良くも悪くも役者のそれまでのキャラを尊重した脚本だよなぁ
「白夜行」のおっかない老刑事みたいな芝居をみたいでちゅ。

・千代とタキってどっちが年上?
 若い頃は老け顔だと思ったが、今はずい分若作りだな。
・新一郎ってまだ未婚だったの?
 元服が1568年頃だったから15年経ってもう30才頃だろ。一豊気にするの遅すぎだよ。

853 :日本@名無史さん:2006/07/06(木) 01:40:59
千代はまだ三十くらいじゃね?

854 :日本@名無史さん:2006/07/06(木) 08:58:51
>>816
3000石とはいえ秀吉や家康クラスを除けば前線で戦うのが普通だ
一豊は武功がないと非難されるが戦国末期→天下統一時代の大名のほとんどは
甲冑をまとって前線で戦った者ばかり
それ以後は260年胡坐を書いたバカ殿だらけだがな

855 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 16:46:09
>ところで、原作およびドラマでは、ジジイの吉兵衛が亀山城一番乗りを果たして
>討ち死にするわけだが、史実はいささか異なるようだ。
>吉兵衛がこの戦いで死ぬのは確かだが、「山内一豊 土佐二十万石への道」によると
>亀山城一番乗りを果たすのは一豊の御旗足軽三九郎(小崎重高)で、三九郎が

>城塁高く山内家の家紋「三葉柏」の旗印をかかげ、「山内猪右衛門、一番乗り」と
>大声で名乗りをあげ、見方の士気を鼓舞した

>という。

>また、あえて「ジジイの吉兵衛」と書いたところも重要。吉兵衛つまり五藤為浄は1553年生まれ。
>そう、1545年生まれの一豊よりも年下なのである。亀山攻めは天正11年(1583年)で、享年31歳。
>ちっともジジイではない。おそらく、「功名が辻における吉兵衛」とは、吉兵衛の父 五藤三左衛門浄基と
>吉兵衛為浄の2代を合わせた半オリキャラなのであろう。

>五藤家はどうなったかというと、吉兵衛には男子がなかったものの娘があり、
>前野泰道の子を婿養子に迎えて牛右衛門浄清と名乗らせる。
>また、吉兵衛には弟 為重がいた。彼は長篠など、すべての戦い(ただし亀山攻めのみ除く)に
>吉兵衛とともに従軍しているはずなのだが……影も形もないね。いいんだけど。

856 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 17:54:37
五藤家ってのが後の後藤象二郎の筋?板垣退助が乾家というくらいだから

857 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 18:04:16
>>855
それはこれだろ?
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40019055&VOL_NUM=00000&KOMA=11&ITYPE=0

858 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 18:11:20
>>856
五藤家は土佐藩家老、後藤家は自称後藤又兵衛の子孫。

859 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 18:54:08
祖父江は雑魚

860 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 02:26:32
祖父江って一発変換できるんだな

861 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 02:31:26
関ヶ原で平塚為広討ったのは間違い?

862 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 14:27:29
>852 タキのが年上。
この時点で千代は30いってない。28才ぐらい。

>860 地名としてのこってるから。
愛知県中島郡祖父江町

863 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 06:58:07
しっかし功名、功名とうるさい連中だな。マジでこんなんばっかりだったら
新たな領土を得ようと朝鮮・中国に遠征した秀吉の気持ちがわかるよ。
領地を与えてやらないと功名、功名とうるさい連中を制御できんからな。

別にボケてたわけじゃなくて、先を考えてたんだろうな。
戦っても無理だったってことでみんな納得したけど下っ端は戦したくて仕方ないから
遠征しなかったら逆に反乱を起こされていただろう。

結局大判振舞いの君主は滅びる運命なんだな。領土は有限だから。

864 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 07:16:32
吉兵衛が死んだ「功名の旗」の話は、つい泣いてしまった。

865 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 07:18:57
>>863敵の首が給料(首狩り族)利家 と まつ

866 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 07:43:18
>>863
その功名に一番こだわってたのが秀吉だとおもうけどね

867 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 07:47:29
ある意味、能力主義じゃん。
世の中固まったらそうもいかんし

868 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 08:06:37
能力主義じゃなくて成果主義。

869 :日本@名無史さん :2006/07/09(日) 08:51:57
>>865
そうしないと忠誠心のない部下を引っ張っていけなかったから。
石田三成みたいなのは珍しいタイプ。

870 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 11:42:29
賤ヶ岳前の長浜、資料によって順番の入れ替わりは有るけど
だいたい面子はこんな感じかね

堀九太郎
木村小隼人、堀尾茂介
木下将監
前野将右衛門、加藤作内、浅野弥兵衛、一柳市助
生駒甚助、明石与四郎、木下勘解由左衛門、大塩金右衛門、山内豬右衛門、黒田甚助
三好孫七郎殿、中村孫平次
羽柴小市郎殿
筒井順慶
赤松次郎、蜂須賀彦右衛門、伊東掃部助
赤松孫三郎、神子田半右衛門
長岡与一郎、高山右近
羽柴御次丸、仙石権兵衛
中川瀬兵衛

これがどう残るか

871 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 18:45:50
切腹 神子田半右衛門、三好孫七郎殿、木村小隼人、前野将右衛門、明石与四郎
討死 中川瀬兵衛、木下勘解由左衛門、伊東掃部助、一柳市助

872 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 20:35:49
茶々って、永作博美?   年に無理があるけど超可愛かった(^_^)v

873 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 20:45:58
五藤吉蔵は、チビゴリラか。
兄弟揃って短足の不細工とは、五藤家の末裔の方もお嘆きのことだろうなw

874 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 20:46:17
やっぱりおれは勝家が好きだな。

875 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 20:48:00
茶茶…威張っておるの

876 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 20:49:22
秀吉がどんどんアホっぽくなってくるなぁ
顔のメイクからして

877 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 20:58:20
この頃からあのアホメイクじゃ晩年は…

878 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 20:59:23
一豊の哀愁はまだ見れるが
千代の出番イラネ

879 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 21:05:59
永作が15歳くらいに見えた((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

880 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 21:09:21
三成を中村橋之助が演じるという事はかなり重点を置いているということか?
だとしたら俺関ヶ原の回にティッシュ離せないwwwww

881 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 21:13:12
茶々さんの復讐ってのが鶴松と秀頼の出産なわけね。

882 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 21:14:21
>>876-877
良い悪いは別として個性的?
な秀吉として記憶に残りそうデス

883 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 21:15:16
ホモですか?

884 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 21:17:11
七本槍て本当は九人なんだけどな。

885 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 21:19:34
>>880
関ヶ原は三成をかくまう近江の村で

大 爆 発 !

886 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 21:20:12
七本槍の活躍も利家の裏切りも全てカットでしたね。いきなり勝家が北ノ庄に帰ってきた感じだった。

887 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 21:26:32
>>881
浮気して別の男の子供を産むのが復讐。

>>886
七本槍の活躍あったじゃん。
そろそろ利家出てきてもいいんじゃないかな?
それとも、五大老なのにスルー?


888 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 21:36:53
>>886
見ていて困惑する。筋がスムーズに流れていない。
合戦の部分は経費節減という感じだし。

889 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 21:40:09
>>888
一豊中心に見れば困惑しないでしょ
一豊が活躍する場は大きく取り上げ、それ以外はカット。

890 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 21:43:21
茶々はまたそんな扱いなのか…
永作はかわいいのに

891 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 21:51:01
七本槍の一人加藤清正

892 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 22:00:41
茶々は現代に子孫がいないからねぇ。子孫からクレームはつかない。この先も、ああいう扱いなんだろうな

893 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 23:05:45
確かに。なんの縁もない俺がクレームつけたとしても
扱いが変わるわけないか。


894 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 23:57:12
前田家は家康に対してへタレな行動をとったのでスルーです

895 :日本@名無史さん :2006/07/10(月) 00:13:18
>>888
最近大河を見始めたのかな?
今年は合戦シーンはがんばってるぞ。ロケも多い。
普通の大河なら交戦シーン自体がカットされるし、収録も完全にスタジオ撮りになる(特に「秀吉」)。

896 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 00:19:39
>>872
同じく。

897 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 00:31:48
義の人とか紹介してたわりに
三成がなんか悪人っぽい

898 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 00:45:36
そうだね、ハッシー三成は腹黒そうな感じ。

899 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 02:49:02
mixiの功名が辻の感想では、完全に三成を悪者扱いしてるものが多数いる。そりゃ無いよな。

900 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 06:30:46
秀頼の本当の父親って誰って言われているの?

901 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 06:44:24
大野

902 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 07:13:04
>>901
大蔵卿の息子も何人かいたと思うが…。
治長だろ

三成説もあるし。

903 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 08:29:44
すいません。
歴史に疎い者でフルネームでお願い出来ませんか?
無知ですいません。石田三成は分かるのですが、大野や治長だとちょっと……


904 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 09:26:19
夏の世の夢路はかなき跡の名を雲井にあげよ山ホトトギス。

いい辞世だな。勝家は猪武者というイメージがあったけど一応そういう
教養もあるんだね。政治工作はヘタだったけど。

905 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 09:37:59
ああいう形で死んだ人の辞世が、本当に後世まで残るものなのかねえ?

906 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 09:38:06
勝家の最期はなかなか良かったけど、次回は一豊の愚痴ダラダラか。

907 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 09:49:17
>>904
政治は下手ではないよ最初に刀狩始めたのは勝家

908 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 10:37:12
>>903
大野治長でしらべれ
大体の事は分かるハズ

909 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 11:00:29
このスレの特徴

1:功名が辻を叩く
2:真剣に戦国史を語る

910 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 16:43:49
で?

911 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 13:46:45


912 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 13:52:32
|_↑

913 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 13:54:05
勝家は好感持てた。秀吉は不愉快極まりない。早くくたばれ!

914 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 19:21:31
大河の秀吉では、これまでの中で外見も性格も一番イメージにピッタリする。
柄本のメイクは肖像画にソックリw

915 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 19:23:18
そもそも、今までの秀吉が立派すぎたり、堂々としすぎてた。
ああいう等身大の秀吉が、サルと言われた男のイメージに一番合う。

916 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 19:27:59
外見はいいね 柄本秀吉 肖像画に確かに似てると思う

しかしなあ・・・脚本のせいかしらんがお市欲しさに駄々こねる秀吉はどうも萎える

917 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 19:32:47
淀殿の今後の展開が「こたえてちょーだい」にならぬよう祈る、
梅雨空の一日。

918 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 19:37:08
メイクが馬鹿っぽくなればなるほど中身が怖くなっていく
秀吉

919 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 19:40:04
もうちょっとカリスマがあってもいいような気がする。
小知恵の働くエロじじいってだけじゃなく、もっと信頼を
寄せる人徳があったと思うんだよね。

920 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 19:42:54
やっぱ神君だよな

921 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 23:41:46
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1151161164/147-148

922 :日本@名無史さん:2006/07/12(水) 21:41:54
心配御無用〜

923 :PU:2006/07/12(水) 22:05:42
心配です。あほスレしてるボクはじじだけど、見てください。
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1151161164/150-156

924 :日本@名無史さん:2006/07/14(金) 00:56:55
>>915
秀吉=サルは捏造。
信長ですら「サル」ではなく「筑前」


925 :日本@名無史さん:2006/07/14(金) 00:59:18




広島じゃない、

東広島にきたよ。 






http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1151161164/161-166

テレビを見てね














926 :日本@名無史さん:2006/07/14(金) 01:01:29



毎週

東広島からみてるよ。 






http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1151161164/161-166

仲間ゆきえのテレビを見てね















927 :日本@名無史さん:2006/07/14(金) 01:06:11




PUは

東広島から配信してます。 






http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1151161164/161-166

皆さん 僕のHPよろしく!















928 :日本@名無史さん:2006/07/14(金) 08:09:14
>924
筑前になる前はなんと呼んでいたの?

929 :日本@名無史さん:2006/07/14(金) 21:51:04
賤ヶ岳で屑前田利家がトンズラするシーンをカットとか
まじでいかれてるぜ大河

930 :日本@名無史さん:2006/07/14(金) 22:03:31
禿ネズミと呼ばれていた。秀吉の肖像画よーく見てみ。

931 :日本@名無史さん:2006/07/14(金) 22:11:59
>>929 秀吉 槍ヶ岳七人宗

福島正則・加藤清正・片桐且元・平野長泰・糟谷武則・加藤嘉明


以上7人


桜井佐吉・石河一光を合わ

せ9人だったが、時代が下るにつれ、先の7人のみが

語り継がれてきた。

932 :日本@名無史さん:2006/07/14(金) 22:17:15
利家のトンズラ晒して欲しかったね。

933 :日本@名無史さん:2006/07/14(金) 22:22:33
>>931
当時は七本ヤリと言う言葉はなかったのだろうな

934 :日本@名無史さん:2006/07/14(金) 23:50:43
そうだよ。しかも九人だから。

935 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 01:07:24
>>928
藤吉(郎)
そもそも「サル」なんて言うわけがない


936 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 01:57:59
>>931 闘将加藤清正だけは有名な武将。

937 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 02:59:14
>>900
秀吉。

三成=中田、七ホニャ莉=79年組という構図。

938 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 03:42:06
>>933
織田家には、「小豆坂の七本槍」という言葉があったみたいだけどな

939 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 09:51:27
前田利家役は唐沢利明だな。

940 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 11:17:16
>>939
いや、渡辺徹だな

941 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 11:54:22
利家は……
思いつかん

942 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 12:31:07
唐沢寿明、また前田利家役で出演…NHK大河「功名が辻」で02年「利家とまつ」以来
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1152915666/

943 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 13:30:14
佐久間の中入りに柴田が呼応しなかったのは何故ですか?

944 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 14:59:32
すぐ帰ってこいって言ってあったような

945 :日本@名無史さん :2006/07/15(土) 19:22:39
前田利家は肖像画を見る感じだと橋爪功のイメージなんだがな

946 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 22:18:07
>>943
佐久間の中入りについては裏切りがあった

947 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 22:30:08
>>942
釣り餌かと思ってわざと食いついてみたら マジカヨ orz

948 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 22:42:38
利家と一豊は実にダブる。利家の小型版が一豊だが、それ故に当然登場
すべき利家を登場させなかったが、さすがに関が原間際には登場させない
と非常に無理が生じるので1回放送分のみ登場させた。ここは開き直って
世間のイメージどおりに唐沢を登用したのだろう。たぶん、唐沢利家は
言うよ。「お互い女房に恵まれたな」ってな。

949 :日本@名無史さん:2006/07/15(土) 22:47:04
まつは家臣の前で利家に恥をかかせた事があるらしい。千代のほうが賢こいっぽい。

950 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 01:13:08
そろそろ利家ださんと番組にしまりがなくなる
仮にも五大老なんだから

951 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 02:42:22
利家さんは豊臣政権晩年は家康と並ぶ地位だったんだから出て当然。

952 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 03:36:44
佐久間・林・明智 の追放

953 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 08:03:55
利家しゃん出てきてもな〜んにも面白くない。

954 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 09:49:53
「功名が辻」はドラマなんだから史実を求めちゃいかん
たとえガンダムが出て来たとしてもドラマなんだから。
大河ドラマ「功名が辻」ですから

955 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 09:52:18
このドラマの最終回は土佐城城主になったら終焉なのかな?
死ぬまでやるの?

956 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 10:31:01
容堂の活躍に言及して終わり

957 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 13:04:04
>>955
大阪城落城を千代と北政所が見つめて終了


958 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 15:25:22
>>949
利家ほどの男なら妻に恥をかかされても笑ってすませる
秀吉などねねの尻にひかれているとか、母の大政所に叱られてもOK
一豊は身内が持ち上げてやらないとどうしようもない

959 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 15:38:13
>>958
ワラタ
その通りだw

960 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 20:49:30
ニートには耳が痛い回

961 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 21:16:05
母上様、一豊を一刀両

(`・ω・ )つ
      とりゃ〜


962 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 21:16:13
>>959 賢人ほど喧嘩しない。

963 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 21:19:18
賢人て誰の事?

964 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 21:43:02
>土佐城城主になったら終焉なのかな?
ずっと死なずに、何百年かすると武将が居ない平和な世の中になるのさ(;¬_¬)

965 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 21:52:03
>>963千代

966 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 21:56:10
せっかくの上川の熱演だが
「実は明智を追い詰めたのは自分」の部分でふいた

967 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 22:06:07
この先、真田幸村や木村重成なんか登場すんのかなぁ
余りにも登場人物を削除し杉
前田さんも登場してないし……

968 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 22:23:06
>>948
吉ベーがアドリブやり放題だったから
唐沢利家も期待に応えてくれるよう好きにやって欲しい
1回しか出演しないプレミアムなんだから

969 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 22:30:49
作左とか出てたな

970 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 23:35:38
一豊と千代 京都山崎に暮らしていた頃


前田の殿様はどこにいた?

971 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 23:45:35
>>954
ご尤も!流石にガンダムはNGだと思うが?面白ければ良いのでは?
あまりにも出鱈目ならばココの住人が教えてくれると思うしね?

972 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 23:54:48
デタラメ尽くしです

973 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 23:55:37
デタラメ尽くしです

974 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 00:09:41
>>970

ドラマ終了後の歴史地域紹介が好き

975 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 00:53:14
唐沢は相当老けをやらんと秀吉(柄本)との実際の歳の差を埋められんぞ

976 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 01:49:49
>>967
このデタラメばかりの演出家ならそれもアリ

977 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 02:28:08
ダテラメなんて昔からじゃん

978 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 02:33:19
「利家とまつ」のまつが全然老けず
晩年も外見は20代だったのもデタラメ


979 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 07:55:12
こりんは何処へ……

980 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 08:34:38
こりんは利家に捕えられ窯茹でにされたぽい。

981 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 08:43:03
徳川家康では本多作左=長門裕行、石川数正=江原真二郎だったな

982 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 08:48:31
加藤清正に先起こされたなギャハ

983 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 09:03:30
本多作左って石川や酒井と同列に並べられるほどこのころの徳川家で
高位だったのかな?

984 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 09:20:45
秀吉陣営の話だから、他の有力者は出てこんでもええが、小一郎秀長は
おらんといかんわな


985 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 09:40:21
旦那の愚痴を聞くのも命懸けだな〜

986 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 11:04:49
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1153101848/l50
新スレを立てて見ました。


987 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 12:32:06
>>983
石川と本多は、秀吉がらみの人選でしょ。
出奔して秀吉に付く男と、秀吉の母親を焼き殺そうとして失脚した男だからw


988 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 13:18:18
キャスティングが年々おかしくなってる吉本枠とかできたの?まああれはあれでいいけど
中村三成は
中村元就のイメージがきつすぎて
どうしても元就思い出す。
秀吉はかなりいけてると思う。

989 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 13:26:47
元就と三成と光秀がワケワカランくらいにゴッチャだorz

990 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 13:48:49
>>988
吉本枠っつーより、お笑い枠だな。
地味に小宮孝泰も出てたでしょw

江夏が出たあたりから、スポーツ関係者(マッチョ系?)枠もあるようだな。

991 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 13:56:08
笑 だな スポーツ枠 プロレス枠もあるな。出てる俳優は繰り返しだし西田敏行って葵三代でてたよね。徳川秀忠で
上川隆也は元就で毛利隆元。人材不足なのか

992 :日本@名無史さん :2006/07/17(月) 16:32:05
プロレス枠の代表は和泉もとやですな

993 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 16:39:12
>>991
人材不足というより
安いギャラで長期の拘束
しつこいリハーサルを受け入れられる
器の大きい方が出演されてる

と理解しております

994 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 18:47:14
全国区で知名度上昇は代えがたいだろう。

995 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 20:43:07
民放でやったらセットやロケに金が使えないだろうな

996 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 20:54:45
メイン以外は暇人を集めただけだろ。

997 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 20:56:26
暇人というと、ジョン・レノンだっけか?

998 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 21:32:51
1000が来る前にイマジンとツッコミせねば!


999 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 21:33:35
暑いわぁ

1000 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 21:36:45
里見浩太郎に出て貰いたい

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

184 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)