5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

弥生人は朝鮮半島に定着しなかった北方アジア人

1 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 14:08:17

◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度



本土日本人 8,6%、 沖縄人 1,5%、 アイヌ人 1,0%、
韓国人 1,4%、 中国朝鮮族 2,2%、 モンゴル人  5,9%



日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm

悪意の何者かによって削除された前スレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1149941437/

2 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 14:29:40
ちんぽ

3 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 14:45:40
悪意って…管理人以外の誰が削除できんの?

4 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 14:47:30
ちょーせん工作員

5 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 14:48:26
スレ主が削除依頼を出さんと削除されないはずだが。

6 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 14:51:15
ははーん、となると、スレ主を装って誰かが削除依頼したんだな。

7 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 14:54:51
無理だよ。IDとかあるから。

8 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 14:55:58
犯人は誰だ?

9 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 15:05:13
他のIDから削除依頼するスレ主も居るだろ。

削除人もいちいち確認もしないだろうし。

10 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 15:10:57
日・モンゴル同祖論を主張しているのは、韓国トンヤン大学のキム・ウンフェ
という教授らしいという話を目撃した。最近本も出したっぽい。キム教授の説
では、日・韓・モンゴル=同祖、ってことらしい。なんか、アヤスー。

11 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 15:18:14
>>10
で、そのソースは?

出せないと犯人の疑いを掛けられるが。

12 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 15:26:24
>>10
1は「朝鮮半島に定着しなかった」と言っているんだぜw

なんで韓と日が同祖になるんだ?

おまえ言ってる事がおかしい。

13 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 15:37:39
もうこの中に犯人居るでしょ。

管理人はIDで誰が犯人が分かるだろうよw

14 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 15:50:17
犯人は「朝鮮半島に定着しなかった」という部分が
気に入らない朝鮮工作員か、中国説の連中のいずれかだろう。

15 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 15:53:08
いいじゃん
また書き込みすれば雑魚にかまうなよ

16 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 16:09:27
こういう不正が二度と起きないように犯人に何らかの社会的制裁を
与えるべきだろうね。

17 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 16:31:56
確かに前スレの打ち切りは不自然だったな。
特に荒れてる訳でも不穏当な内容でも無かったのに異様な早業でストップがかかってる。
情報操作目的で潰しにかかって来たようにしか思えない。

まあ、そういう意図を抱く連中が存在する事実に気付かせた事で短命ながらも役に立つスレッドとなったが。

18 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 16:41:04
やっぱ朝鮮工作員だろ。

もう弥生人ヅラ出来なくなるからねw

19 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 16:55:41
自作自演乙。

20 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 16:58:37
↑こいつが犯人臭い

21 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 17:05:40
>>11
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1146906434/150

No 116〜120

22 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 17:14:35
>>21
その朝鮮人教授は韓・日・モンゴルを同祖と見ているようだが、
1は韓を同祖と見ていない。

そこに大きな違いがある。

23 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 17:38:42
違いを明確にしないと疑われるよ。

24 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 17:44:56
最初から明確だろうにw


◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度



本土日本人 8,6%、 沖縄人 1,5%、 アイヌ人 1,0%、
韓国人 1,4%、 中国朝鮮族 2,2%、 モンゴル人  5,9%





25 :日本@名無史さん:2006/06/18(日) 17:48:16
もっと明確にw


◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度

西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%



26 :日本@名無史さん:2006/06/19(月) 13:34:29
 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  |
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i
   _  |.\  人__ノ   6 |
   \ ̄  ○        /
.     \          厂
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \
      ∧
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あははははは。チョンはカラッポ!

27 :日本@名無史さん:2006/06/19(月) 15:14:40
日本人の方がモンゴル人より多いというのは、日本からモンゴルへ流れた
ということではないのか?



28 :日本@名無史さん:2006/06/19(月) 15:33:58
モンゴルにはB44-DR13がほとんど無いようだし、
だいたい日本から伝わってる文化が無いだろが。




29 :日本@名無史さん:2006/06/19(月) 18:21:38
>>28 日本に何かモンゴル文化が伝わっているとでも?倭国には牛馬さえ
いなかったようですが。相撲くらいしか思い当たらないな。




30 :日本@名無史さん:2006/06/19(月) 19:18:46
相撲がモンゴル起源というのは強引だな。
あんなもんどこにだってヨソと無関係に自然発生しそうな文化の典型じゃん。

用語や衣装などによほど明白な因果関係が無い限りは偶然似た競技ってだけだろ。

31 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 07:11:41
チベット相撲、ベトナム相撲、シュワイジャオ、韓国相撲…

周りに似たようなのがあり過ぎて困りス。

32 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 08:10:02
>>29
おい馬鹿。

よくスレタイ見ろよ。

弥生人はモンゴルからと書いてあるか?

「北方アジア」と書いてあるだろ。

モンゴル人の一部も「北方アジア」のどこか同じ場所を
起源としてるだけ。

33 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 10:26:09
ジュシンのことニダ!

34 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 17:32:54
朝鮮半島に定着していない種族だよ。

35 :日本@名無史さん:2006/06/20(火) 21:00:05
B44-DR13は、日本以外では、韓国人に最も多く見られる。

36 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 06:56:24
同祖ニダ。

37 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 07:48:21
結論:モンゴル人の一部と韓国人と日本人は同祖(LOVE)♪

38 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 08:51:17
朝鮮人とは15000年くらい前に同祖は終わっている。残念!

39 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 10:32:18
>>38
ついに、同祖であることを認めたニダ!
15000年前は、同祖だったニダ〜〜〜(ウキーッ♪)

40 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 11:31:02
同祖であることを認めたのは戦前からだろ。
陸続きで同祖にならん方が無理だし。

それは同時に朝鮮人の最初の祖先は縄文人と自動的に
認めた事になるがなw



41 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 12:19:01


42 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 13:20:32
同祖であることを認めたのは戦前からだろ。
陸続きで同祖にならん方が無理だし。

それは同時に朝鮮人の最初の祖先は縄文人と自動的に
認めた事になるがなw

43 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 14:28:21
B44-DR13すなわち、縄文系遺伝子。
ただし、韓国人にYAP+の保持者は稀少。

44 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 14:54:42
倭人伝の日本の描写ってめちゃ南方系だよな
南方系は人数的には少数だったが
文化的にはその南方系の風習が選択されたのか?

45 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 15:17:26
>>44
倭人がどこから来たのかは、まだ答えは出とらん。
イレズミ、農耕等は半島南部や南端の風習でもあり、キャツラが
どこから来たのかも、まだ解っていない。三国志などでは「倭人」
と称されている。もちろん、遊牧系の扶余などではないようだ。
南端の連中が縄文人の子孫か?と言えば、例のYAPに絡んで断言する
には至っていない。半島の縄文人に似た人骨は、列島の縄文人骨より
も数センチほど身長が高く、同一種族だとは考えにくい。

結論 半島に縄文人がいたかどうかは、わからん。
   半島南部の「倭人」は、列島の倭人と何か関係があるっぽいが、よくわからん。
   そもそも倭人がどこ系なのかも、まだわからん。

46 :日本@名無史さん:2006/06/21(水) 15:30:38
印紋陶や三足器の一つも伝えられない連中のどこが南方系だよ。



 あ  ほ  か




47 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 04:40:56
>>43
日本人の50%位が持っていて、アイヌ人の90%位が持っている、
縄文人の固有遺伝子である「YAP+」を、朝鮮人は、1%位しか持っていない。

従って、朝鮮人は、縄文人の血を、ほとんど、ひいていない。


朝鮮半島の縄文人に似た人種は、縄文人ではなく、縄文人に似た南方モンゴロイド。

縄文人は、「YAP+」を持っており、長頭から中頭で、非絶壁頭。

南方モンゴロイドは、「YAP+」を持っておらず、短頭で、絶壁頭。


遺跡の分布の研究から、縄文人の90%近くが東海・北陸以東の東日本に住んでいた事が判明している。

西日本の縄文人遺伝子は、
鎌倉時代、江戸幕府樹立時等に、関東武士・東日本武士の一部が、西日本に移り住み、持ち込まれたもの。

48 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 04:50:10
日本に来た渡来系には、大きく2種類あったと思われる

朝鮮半島から渡来したもの。
B52−DR2、弥生人である。
特徴として、頬骨が発達している

すでに、弥生人が西日本を占拠していたころに
北朝鮮から、瀬戸内海を通り、西日本を素通りして、新しく関西周辺に入ってきた渡来人
B44−DR13である。
顔の特徴は頬骨が前者の弥生人程発達してなく、蚕型の輪郭をしている
関西周辺から入り、秋田方面、東海方面へと広がっていった
やはり西日本は弥生人がすでに占拠していたため、
西日本にはあまり入りこめず西に行くほど頻度は低くなる

「B44ーDR13」は関東で5,7%、
韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
東海10,7%でも頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。

49 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 04:51:05
>>43
朝鮮人の最多ハプロタイプで、関西人の準最多ハプロタイプ・B44−DR13は、
南方モンゴロイドのHLAの1つではなく、
渡来人のHLAの1つ。

もし、
朝鮮人の最多ハプロタイプで、関西人の準最多ハプロタイプ・B44−DR13が、
南方モンゴロイドのHLAの1つなら、

朝鮮人・関西人は、東南アジア人と同じ、南方モンゴロイド系という事になるが、
朝鮮人に南方モンゴロイド顔の人は、10人に2人位、
関西人に南方モンゴロイド顔の人は、10人に1人位しかいなく、
マイナーな存在。


朝鮮人・関西人が、南方モンゴロイド系に見える、思えるというならば、
精神病院に行けよ。


「B44ーDR13」は関東で5,7%、
韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、関西6,6%、
東海10,7%でも頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。

50 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 04:52:51
現代朝鮮人・関西周辺人・中国地方人は同じ新モンゴロイド系だが、
関西周辺人だけ、ぶっちぎりで現代朝鮮人に近い、
現代朝鮮人と同一の血を持つ集団が、弥生時代から古墳時代頃に関西周辺にだけ土着したという証拠である。


朝鮮系の子孫は、関西を中心にドーナツ状に分布しています。

手掌紋D線3型出現率から求めた朝鮮人との距離

朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。いうまでもなく、まんま朝鮮。
中部 0.012←平均的な甲信越を含みながら、この値は驚き!関西のとなりの濃尾平野は朝鮮。
中国 0.035←日本文化の本流。平均的。
九州 0.035←日本文化の本流。平均的。
四国 0.038←日本文化の本流。平均的。
東京 0.048←日本文化の本流。関西〜濃尾平野(バカ発生地帯)とは別世界。
東北 0.068←日本文化の本流。関西〜濃尾平野(バカ発生地帯)とは別世界。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118

山口敏「日本人の顔と身体」より

51 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 06:12:33
そうすると日本にある東南アジアそっくりの藁葺き屋根の高床式建築物は
どこから来たのだろう?

 シナや朝鮮より東南アジアの方が日本文化に近いという印象があるが。


52 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 07:07:57
>>48
ほほぉっ…!
東日本人は、縄文・アイヌと女真(ジュシン)の混血という事で理解してよいですか?!
関西人は、多数派のモンゴル系(ジュシン)と少数の縄文人との混血と理解してよろしい
ですね?!


53 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 07:15:05
>>46
なんで、遺伝しスレであんたが湧き出すの?

54 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 07:15:58
>>38-45
日本人の50%位が持っていて、アイヌ人の90%位が持っている、
縄文人の固有遺伝子である「YAP+」を、朝鮮人は、1%位しか持っていない。

従って、朝鮮人は、縄文人の血を、ほとんど、ひいていない。


朝鮮半島の縄文人に似た人種は、縄文人ではなく、縄文人に似た南方モンゴロイド。

縄文人は、「YAP+」を持っており、長頭から中頭で、非絶壁頭。

南方モンゴロイドは、「YAP+」を持っておらず、短頭で、絶壁頭。


遺跡の分布の研究から、縄文人の90%近くが東海・北陸以東の東日本に住んでいた事が判明している。

西日本の縄文人遺伝子は、
鎌倉時代、江戸幕府樹立時等に、関東武士・東日本武士の一部が、西日本に移り住み、持ち込まれたもの。

55 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 07:16:53
 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  |
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i
   _  |.\  人__ノ   6 |
   \ ̄  ○        /
.     \          厂
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \
      ∧
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あははははは。チョンはカラッポ!

56 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 07:18:01
 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  |
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i
   _  |.\  人__ノ   6 |
   \ ̄  ○        /
.     \          厂
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \
      ∧
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あははははは。チョンは、縄文人遺伝子がカラッポ!

57 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 07:21:04
>>49
>朝鮮人に南方モンゴロイド顔の人は、10人に2人位
>関西人に南方モンゴロイド顔の人は、10人に1人位

どういう統計ニカ…?
吉本の芸人は、かなり顔が濃いと思うがなぁ。
大阪人の顔が薄いというイメージは少ない。

58 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 07:33:06
>>47
>朝鮮半島の縄文人に似た人種は、縄文人に似た南方モンゴロイド

ほおおぉっ…!
朝鮮半島に南方人がいたのですか?!
そいつらが「倭人」と呼ばれていたのですかな?
それで馬韓や辰韓に近い言葉を操って、列島の倭人とも仲良く
していたのですな?スペクタクル!

59 :がいやまん:2006/06/22(木) 08:32:43
>>51
桧皮葺の源流はアルタイのスキタイ系にあるようだ。

60 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 08:39:52
>>59 しかし、千木はどう見ても南方の家と同じスタイルだ。原形は牛の
角らしい。

 千木をもつ家はシナ、朝鮮には無いのでは?


61 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 08:48:36
>>57
東京大学名誉教授の埴原さんの分析では、縄文人と渡来系朝鮮人の混血率は、
近畿地方は渡来系朝鮮人9に対し縄文人1の割合だった。
全国の大学に保管してある現代人の頭骨を調査して統計処理してみると、
日本人全体からみれば近畿人の骨が異質な形態をしていた。
渡来系朝鮮人の影響が近畿では濃厚なのである。

62 :がいやまん:2006/06/22(木) 09:20:21
>>60
http://www.archeologia.ru/Library/Image/1e8daa7a4998/large/pic65
この千木はスキタイ系が↓
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e9/RussiaAltaiRepublic2005.png
この地方に入った頃のものらしい。

63 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 09:48:51
縄文人を南方モンゴロイドと言ってる時点でデムパッパだな。

南方から出土する古代人骨とは鼻骨の隆起が全く違うんだよ。

あれは温帯〜亜寒帯までの鼻骨。

64 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 09:57:43
高雄族と琉球人も微妙に違うよなぁ

65 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 10:09:30
http://miyake.yaekumo.com/index.html
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑

ホリが深くて目鼻立ちがハッキリした、明治時代の皇族(男性)の
お写真。しかもエラなし。

66 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 10:12:27
竹田宮恒久王殿下なんて、白人にしか見えんニダ。


67 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 10:16:24
>>62
どこから見ても、土間式なんですけど。
千木っぽいのは見えますが、地面に張り付いてるよ。


68 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 10:25:33
微妙どころかぜーんぜん違うよ。


タイワニーデ
http://www.saintmarys.edu/~rjensen/mongol.GIF

琉球人
http://www.flintstone.co.jp/images4/begin.jpg



69 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 10:28:57
>>65
もっとある。
http://yushodo.co.jp/pinus/61/meijiphoto/photom2.html

日本人離れしている。かなり濃い。(男性)

70 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 10:36:26
>>68
琉球人ぽい顔は、東京の下町の職人外辺りにも結構いる。

71 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 11:09:34
縄文人は、「YAP+」を持っており、長頭から中頭で、非絶壁頭で、高鼻。

南方モンゴロイドは、「YAP+」を持っておらず、短頭で、絶壁頭、広鼻。


日本人の50%位が持っていて、アイヌ人の90%位が持っている、
縄文人の固有遺伝子である「YAP+」を、朝鮮人は、1%位しか持っていない。

従って、朝鮮人は、縄文人の血を、ほとんど、ひいていない。


朝鮮半島の縄文人に似た人種は、縄文人ではなく、縄文人に似た南方モンゴロイド。


遺跡の分布の研究から、縄文人の90%近くが東海・北陸以東の東日本に住んでいた事が判明している。

西日本の縄文人遺伝子は、
鎌倉時代、江戸幕府樹立時等に、関東武士・東日本武士の一部が、西日本に移り住み、持ち込まれたもの。

72 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 11:21:26
これが沖縄県知事。

この人の広鼻も、南方モンゴロイドタイプだ。

沖縄人・南九州人・朝鮮人には、南方モンゴロイドタイプの広鼻の人が多い。

http://www.okinawatimes.co.jp/spe/tiji021031_2.html


アイヌ(コーカソイド)↓
http://38.116.159.12/albums/y184/sjyune/Ainuman.gif

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d7/AinuGroup.JPG

73 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 11:27:44
>>72
アイヌは、コーカソイドじゃね!
北方古モンゴロイドで、遺伝子距離は日本人に一番近い。
言語的にも、強いて言えば日本人に一番近い。

稲嶺知事は、八つぁん、熊さんの顔です。

74 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 11:29:33
いや、琉球人は意外と狭鼻が多いんだよ。

全体的には中鼻なんだろうが。

75 :がいやまん:2006/06/22(木) 13:52:30
>>67
この土間式が東に2-3千キロ進むと森林地帯で地盤が悪く高床式となる。
現在も神社そっくりなのがある。アルタイの屋根は桧皮葺同様樹皮を使用する。
沿海州には石段の遺跡もある。

76 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 14:22:23
>>72
タイワニーデとやら↓
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/umdb/pcdview.cgi?volume=pcd3528&img=32&size=3&flip=

混血が進んだ現在よりも、鳥居先生が調査した頃が一番わかりやすいだろう。
現在でも、アミ族などは、目が大きい割には、顔がお盆のおうに平べったい
傾向があるが、この写真の原住民(集合写真)は、全員丸顔ないし四角顔で、
エラが力強く張り出し、頬骨が高い事がわかる。寸詰まりな顔で、顔が細長く
てホリの深い長頭のアイヌとはかなりちゃう。
マレーポリネシア系だそうだが、インドネシアやマレーシアの人とも若干
ちゃうような気がするのはオレだけだろうか?

77 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 14:25:47
>>62
どうでもいいけど、スキタイ人は、インド・イラン語系だって知ってるか?

78 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 14:42:37
>>62 なかなか面白い絵ですが、日本や東南アジアの千木とは別物で単に屋根の
材料が出っ張っているだけではないかと思う。

 東南アジアやインドネシアの千木は日本と全く同一物と言えるデザインをして
いる。そしてシナ、朝鮮の建物には見られない装飾物だと思う。


79 :がいやまん:2006/06/22(木) 15:31:37
>>77
あれはスキタイ・サカ族らしい。ところが日本には出雲にウルフ(狼)神社などがあり、
ウルフというのはサクソン語であり、インドイランにそうした言葉はない。サカ族は
ゴートなどゲルマン等ケンタム系の影響があるのだろうか。ドイツには先祖がコー
カサスから来たという伝承があり、フランク族の末裔であるフランス人はボルガ・
カスピ海のキャビアに執着する。

80 :がいやまん:2006/06/22(木) 15:38:24
>>78
日本に神社ができ始める頃、南方とは文化的なつながりがないというのが問題。逆に
この頃は朝鮮半島経由北方系とのつながりは強い。

81 :がいやまん:2006/06/22(木) 15:43:41
ヘロドトスが作ったスキタイという言葉は王族、農耕、牧畜部族のことで、スラブ・バルト・
イラン(東部方言)等をさすものと思われる。ヘロドトス自身もすきたいというのを言語で
はなく風習的なものと見ていたのであろう。

82 :がいやまん:2006/06/22(木) 16:24:18
参考までだが
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/eb/Corded_Ware_culture.png
右の黄色がインドイラン、左の橙でデンマークの方に伸びてるのがゲルマン系だと
見ている。

83 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 18:21:54
気持ち悪い病院池

84 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 21:11:16
>>79
その宇流布(ウルフ)神社だけど、近所に鵜峠ってあるでしょう?
「鵜」のことを、アイヌ語で「ウルリ」と言うらしいよ。
アイヌ語から来ているんじゃまいか?という説もあるみたいだよ。
少なくとも、英語の「ウルフ」じゃないんじゃまいかな?

85 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 21:33:17
>>84 字面だけで見ると北方領土のウルップ島の当て字のようだ。

 そういえば出雲にウップルイというアイヌ語のような地名もあった。


86 :がいやまん:2006/06/22(木) 21:43:08
因幡の白ウサギはアイヌ民話だが、地中に潜ったりするのは欧州方面にも
あるよなー。ウルフだけじゃー単なる偶然か。小泉八雲あたりから貰ったかな。

87 :日本@名無史さん:2006/06/22(木) 21:49:20
>>86
サクソン系って、東亜に来てましたっけか?
中国東北辺りまで来てたのは、匈奴、韃靼、粛慎とかそのあたり?


88 :がいやまん:2006/06/23(金) 06:35:51
サカ族とサクソンは関係あるんじゃないかとする説。英語とスラブ語に共通する
言葉が意外と多い。サクソンとはサカの息子、サカソンじゃーないかという説。
サカ族はアルタイ山麓の峡谷に樹皮で葺いた木造住居を作ったといわれるが
こうしたパターンは古墳時代奈良県南部に多い。新羅にはスキタイ系古墳がある。
こうしたことと、ブロンドの将軍、サカの兄のターメルランのような名前の坂上
田村麻呂一族の清水寺周辺がどうもサカ族的風景なのが気になっているんです。

89 :がいやまん:2006/06/23(金) 07:47:55
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/2f/PazyrikHorseman.JPG
中国では塞、古代はサクといったそうで、日本の佐伯なんていうのも相当するよう
ですね。

90 :がいやまん:2006/06/23(金) 08:47:49
↑ひつこいが、「佐伯部の「佐伯( 佐倍岐(さえき))」とは、朝廷の命を「 塞(さえぎ)る」という意味である。」漢字はあっている。
http://www.e-obs.com/heo/heodata/n300.htm


91 :がいやまん:2006/06/23(金) 08:52:35
欧州ではサクソンン族がビリテン島攻略の際スキタイに後方補給を求めたといわれ
ている。しかし、これに対して、ラテン語のスキタイとスウェーデンが同じだとする反論
があるようだ。

92 :日本@名無史さん:2006/06/23(金) 08:59:17
なるほどねー…。
サクソンは、中国までは来たのですか。

93 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 14:16:28

◎弥生土器のルーツ


 紀元前1000年紀には、無文土器が主流となった。この時代は、朝鮮半島における青銅器時代とほぼ一致する。
文様がないか、あるいはあってもごく少ない赤褐色の平底の土器である。成形にはまだ轆轤の使用は見られず、
手捏ねか輪積みによるものがほとんどである。分布は、中国の東北地方、西は遼河から東は黒龍江・松花江に
またがる地方と深いつながりを持ち、櫛目文土器文化とは違った文化圏が形成されていたことがわかる。
そしてこの無文土器は、さらに東に伝わり、わが国の弥生土器の母胎ともなった。
http://www.moco.or.jp/jp/intro/intro_3/intro_3b.html

注目に値するのは,アムールの早期鉄器時代の土器が,日本の弥生文化の土器
と類似していることである。学者たちは,大陸と日本列島の間に交流が存在した
と見なしている。
http://www.geocities.jp/putniki/amur/zatsugaku/archeology.htm

94 :1:2006/06/24(土) 22:58:24
弥生人をジュシンとか唱えているキムとかいう朝鮮人学者の説は
韓の同祖にもなった見ているで俺は支持していない。

弥生人は北方から朝鮮半島に定着する間もなく九州北部まで渡ってきて
しまっているからだ。

95 :日本@名無史さん:2006/06/24(土) 23:06:29
>>84
鵜は、アイヌ語で「ウルリ」じゃなくて「ウルル」だったかな?
鵜(ウルル)峠で、ウルフ(宇流布)神社。
うん、なんかしっくり来る感じだ。

96 :日本@名無史さん:2006/06/25(日) 17:51:18
支石墓は満州南部から遼東あたりで発生して北方や朝鮮半島に広がっていった。


東北アジアでの最初の支石墓は、中国東北地方の遼東半島(現在の遼寧省)
から吉林省の南部で建築されたと考えられています。

遼東半島付近から現在の吉林省南部にかけての地域でテーブル形が発生し、
朝鮮半島へと伝播していきます。

http://www.nara.accu.or.jp/about/symposium/symposium.pdf#search='

97 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 10:10:03
支石墓は、朝鮮半島南部の碁盤式が直接のルーツですが、日本の支石墓は、半島に比較して、非常に小さい事が特徴
です。

98 :日本@名無史さん:2006/06/26(月) 13:41:11
渡来人?

99 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 12:52:34
  Λ_Λ 
 <丶`Д´> <ウリはからっぽ

100 :日本@名無史さん:2006/06/27(火) 22:36:02
100なら南北朝鮮はホロン部

101 :日本@名無史さん:2006/06/30(金) 17:59:16
 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  |
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i
   _  |.\  人__ノ   6 |
   \ ̄  ○        /
.     \          厂
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \
      ∧
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あははははは。チョンはカラッポ!

102 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 15:18:49

チャンコロもはカラッポ!


例えば、日本人には10パーセントと高率に見られるハプロタイプは、
朝鮮半島に行くと二、三パーセント、中国大陸の北のほうでは1パーセント
程度しかないんですが、モンゴル共和国に行くと5パーセントに跳ね上がる
んです。そうすると日本人に最も多いハプロタイプはモンゴルから来た
らしいと分かるわけですよ。

http://www.interq.or.jp/dog/macendo/book009.htm

中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが

103 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 16:08:43
>>97
この辺を語らせたら、がいやまんが詳しいんだよな。

104 :日本@名無史さん:2006/07/01(土) 20:26:32
>若光の故国高句麗は、紀元前1世紀ころ朱蒙(しゅもう)によって建国されたといわれています。
>最盛期は5世紀の広開土王(こうかいどおう)長寿王(ちょうじゅおう)の100年で、
>中華人民共和国吉林省集安県にある広開土王碑からはそのころの高句麗の強勢ぶりをうかがうことが
>できます。
>若光が渡来した年代についての社伝はありませんが『日本書紀』天智天皇称制5年(666)年10月、
>高句麗から派遣された使節の中に「二位玄武若光」の名があります。

高麗神社:公式HP
http://www4.ocn.ne.jp/~fkoma/

どうも、高麗神社は若光のことを高句麗人だと誤解しているようだ。
若光は狛人(コマ人)であり、高句麗人(フヨ人)ではないのだが・・。
高麗神社という神社名が誤解の元か。
ならば、楽浪神社と改称したほうが良いな。
「楽浪神社」と書いて「コマ神社」と読む。良いアイデアだと思うが。



105 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 19:20:32
*西暦3000年 山口県下関市とある場所*

ある日、中国東北地方の満州族、観光団の方が観えられました。
するとその中の一員の方が愛新覚羅社と言う神社を見つけました
こりゃ大変だと言う事で皆さん集まってよく見ると「溥儀王」と
言う歴史で習った清王朝の王の名の石碑を発見。
こりゃ下関市は清王国だったんじゃないかという者まで現れ
大騒動、先祖さんは困った物を残してくれたと市長は疲労困ぱい
やれやれ何処っかで聞いた様な話じゃなと市民はふらふら。
オワリ


106 :日本@名無史さん:2006/07/02(日) 21:04:00
ほんまかいなw

確かに中国人は日本人の顔は満州人に似ていると言うが。

107 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 10:57:58
女真はうりざね顔の美人が多いので有名。
日本人は、きっと美形が多いんだろうな。

108 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 11:59:47
長谷川理恵とか東ちづるみたいな顔かな?

109 :日本@名無史さん:2006/07/03(月) 21:23:33
うりざね顔だとは思わないが、東ちづる系だね。どちらかと言えば。

110 :日本@名無史さん:2006/07/04(火) 14:09:42
田中裕子、工藤夕貴

111 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 10:25:37
朝鮮半島の本当の土着系人種をバラすw


こうした研究成果から想像をたくましくすれば、同じ人種の海洋民が朝
鮮南部沿岸と対馬、西北九州一帯に住んでいたとも考えられます。実際これを
裏付けるかのように、韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が
発掘されたと、釜山大学・鹿児島大学の共同作業チームが報告しています。
http://www.han.org/a/half-moon/hm009.html

韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された



112 :日本@名無史さん:2006/07/07(金) 14:00:04
基層南方系・農耕漁労民。

113 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 21:09:55
鵜飼は満州から。



「吉林の鵜飼」昭和12年・9分
満州の京都ともいわれた古都吉林の松花江の鵜飼は6月から9月までの日中に
行われる。鵜縄をつけずに川に放った鵜が魚をくわえると網で船にすくいあげて
吐かせるという満州式の鵜飼であった。
http://www.jiyuu-shikan.org/store/video/206.html



114 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 21:33:37

┌──────────「hideおじさん:2005/04/06:MSN掲示板に」

OJIN さん、古い話題ですが、取引先で満州引揚者の方がおり、雑談をしてい
たところ、満州吉林省「松花江」で鵜飼いを見た記憶があるとおっしゃってい
ました。

ただ日本の鵜とは違い、黒だけでなく、白い鵜もいたというようなこともおっ
しゃっておりました。日本と決定的に違うのは、夜中ではなく、日中行ない、
それも「紐」無しだったそうですよ。

たまたま中国の話から満州の話になったのですが、話をしたくてウズウズして
いたのでしょうか、3時間ぐらいお話に付合わされてしまいました。(苦笑)
http://chinachips.fc2web.com/letter/050314.html


115 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 21:58:26
>>114

なんか面白いね。

116 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 21:59:37
四川省の鵜飼は、鵜縄を使用します。

117 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 22:04:25
また糞チャンコロが飛んできたw

118 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 22:17:30
>>96
>>97
支石墓の伝播ですが、韓半島北部→中部→南部・南端という風に、進化しながら
広まる傾向にあります。日本の支石墓は南部・南端のタイプに近いものですが、
半島南部に定住していた日本人の祖先が渡来して、広めた可能性があります。

119 :日本@名無史さん:2006/07/08(土) 22:27:09
違う。

支石墓は単に九州北部と朝鮮南部の土着系同士の交流で
伝わったもので、渡来人はそれからまだ数百年先。

渡来人は青銅器を持ち込んだBC7C頃の人類集団。

120 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 07:01:00
>>119
墳墓などは、何世代にも渡って定住しなければ造り方を学べるものでは
ないと思います。日本人は、どこからか半島南部に定着し、半島南部から
列島へ移住したと思います。というのは、日本の文化は韓半島北部よりも
韓半島南部・南端の方が圧倒的に近いと感じるからです。

121 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 18:40:39
碁盤式支石墓、高床式建築、禁縄(しめなわ)…これらは、韓半島北部では
非常に珍しいものです。後者2つについては、日本の方がはるかに隆盛ですが。

122 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 20:11:01
>>120
だから、支石墓は単に九州北部と朝鮮南部の土着系同士の交流で
伝わったものだと書いてあるだろ。

なぜなら支石墓が伝わってから長い期間、渡来人骨が無いからだよ。

魏志などの中国の古書からも九州北部の縄文人や対馬人が
朝鮮半島南東部に交易で入り浸っていた事が伺える。

そこから縄文人は土器や支石墓や水田や農耕具などを輸入したり、
技術導入して持ち帰っていたようである。

それから数百年後に中国青銅器の器形の無い北方アジア系の
青銅器が九州北部に伝わる。

それと同時期に初めてノッペリとした頭蓋を持つ渡来人骨が
九州北部で出土し、その後、急増していくのである。

123 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 20:25:37
縄文人の技術導入力は、非常に高いものであったという事か?

124 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 20:33:07
高くなくても、優れたものや変わったものがあれば、
人間だれしも技術を盗もうと普通は考えるわなw

125 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 21:55:37
>>122
半島南部土着民と、日本の土着民?が
似通った形質であったということはないのか?

126 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 21:57:36
>優れたもの

高床式は日本がメイン、“しめ縄”も日本が盛ん…

出藍の誉れ?

127 :日本@名無史さん:2006/07/09(日) 23:12:14
>>122
対馬人って何?対馬も本土と同じ縄文人だろ。
つうか魏志の時代ならもう弥生人だし。
お前、昔は対馬はウリナラの一部だったニダ!って信じてるクチか?


128 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 07:28:04
>>127
魏志倭人でも対馬は「倭人」の国という事になっていたようだが…

129 :122:2006/07/10(月) 09:18:56
>>127
な訳が無いだろアホ。

それは魏志の対馬人の登場人物の名前だけで容易に分かる事だ。

ただ対馬人の「南北に市ギンす」などは縄文時代からの
生活風習だろうね。

つまり縄文時代から縄文人は半島南部を頻繁に訪れていたという事。

130 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 10:05:49
>半島南部

だから、対馬の事だって…

131 :日本@名無史さん:2006/07/10(月) 23:07:17
韓国人は、すぐ百済、新羅を持ち出すんだけど、よそのスレで書いてた
ワイ狛人についてはどうよ、この民族が一番現在韓国人に近い様に
思うけどな、虎が好き飛び跳ねる事が好き、ワイ狛人嫌い!
韓国人は話題にせんな、なんで?


132 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 10:03:17
と聞いても実際の朝鮮人連中は絶対に答えんだろw

朝鮮人に一番近いのはやっぱり土着系だろう。
縄文人と関係のある中央モンゴロイドがベースだろう。

その上に北方アジアの方々から種々多々な北方モンゴロイドが流入して
混成したと見られる。

弥生人はその流入した中の一種族でワイハクより何百年も前。

足が速く、朝鮮半島に定着する事無く日本まで渡ってきている。

その後、ワイハク流入定着混成。

その後、外来の中央モンゴロイドの華北人流入定着混成。

133 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 14:20:53
縄文人と関係のある中央モンゴロイド?!

134 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 14:26:59
中央モンゴロイドは寒冷化対応していない新モンゴロイド。

新モンゴロイドは北方モンゴロイドだけではない。

日本列島が切り離された後、10000年くらいかけて、大陸の古モンゴロイドは
寒冷化対応した北方モンゴロイド、寒冷化対応していない中央モンゴロイド、
亜熱帯対応した南方モンゴロイドなどの新モンゴロイドなどに分かれた。

華北や朝鮮半島には古モンゴロイドと形質的にはあまり変わらなかった
中央モンゴロイドが広がっていた。

6000年くらい前に北方モンゴロイドが華北に南下し始め、華北の中央モンゴロイドと
混成して、北方モンゴロイドの要素が多少加わった今の中央モンゴロイドが誕生した。

3500年くらい前には北方モンゴロイドが朝鮮半島にも南下し始め、朝鮮半島の
中央モンゴロイドと混成して北方モンゴロイドと中央モンゴロイドの中間的な
様相を帯びた今の朝鮮人が誕生した。

その後、朝鮮半島には華北から混成後の中央モンゴロイドも加わって
いるので、朝鮮人は非常に複雑な混成人種となっている。

日本列島にも2700年くらい前に朝鮮半島に定着せずに突き抜けてきた
北方モンゴロイドが侵入し、列島の古モンゴロイドと混成して
今の日本人種がある。

135 :日本@名無史さん:2006/07/11(火) 14:47:07
北方古モンゴロイド≠南方古モンゴロイド

136 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 19:36:12
半月型石包丁は満州南部から。



龍山文化(紀元前30世紀−前20世紀)の特徴的な半月形石刀が、
吉林、永吉、宁安、珲春、通化、桓仁などで出土。

http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/tungus-tsusi/tungus-tsusi-1-gaiyou.htm





137 :日本@名無史さん:2006/07/16(日) 20:38:33

【 ☆ 決定 ☆ 朝鮮族の母体はエベンキ系「沃沮、濊狛」人  】

(イルクーツク=連合ニュース) 金兵曹記者 ="バイカル湖隣近の少数民族
エベンキ族'は現在までアリラン'と `スリーと'という単語を使っています"
アリランは迎える、スリーは感じて分かる『アリランスリー』と'は
古代北方シャマニズムの葬礼文化で 「魂を迎えて別離の悲しみをたえる」と言う
今は朝鮮族も忘れてしまった、意味だったことに推定される"と強調した。
エベンキ族の祖先は「熊と人間の女との間に生まれた」と檀君神話と同じで有る。
沃沮人はオンドルの発明者、虎が好きで体を浮かす様な舞をする、ソッテも大事。
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&page=2&nid=1661088&st=writer_id&sw=wakatakeru

http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1553866


138 :日本@名無史さん:2006/07/17(月) 16:33:30

●箕子朝鮮(?〜前190頃)⇒伝説的王朝。周の武王が殷を滅ぼした際、殷の一族
が朝鮮王に封ぜられたといわれる。

●衛氏朝鮮(前190頃〜前108)⇒漢の高祖の末年、反乱に失敗した燕人衛満が
朝鮮に逃れて箕子朝鮮に仕え、国を奪って建国。現在の平壌(ピョンヤン)で
ある王険城を都とし、3代約90年間存続。

●漢の4郡⇒前漢の武帝が前108年、衛氏朝鮮を滅ぼして、楽浪・真番・玄菟・臨屯
の直轄領4郡をおく。中心は楽浪郡(現在の平壌付近、他の3郡は前75年までに廃止)
で、313年高句麗に滅ぼされるまで約400年間、漢の朝鮮支配の拠点となる。

●帯方郡⇒204年頃、遼東の太守公孫度により楽浪郡の南部を割いて設けられた。
魏・晋も領有し、倭と通交。韓族・ワイ族に滅ぼされた(313)。


139 :日本@名無史さん:2006/07/18(火) 17:57:30

5)朝鮮民族も、地理的な隔たりが無い点に於いては、日本民族と同じで
ある。ただ、日本民族と朝鮮民族の間には、かなり高い異質性が存在する。
朝鮮民族は、基本的には日本民族と同じ北方型蒙古系民族に属するGm遺伝子
パターンを持ちながら、それよりはるかに強く漢民族などの影響(混血)を
受けていると見られる。中国と朝鮮とのあいだの、相互移民や侵入などに
よって、海で隔てられた日本に比べ、北方少数民族や漢民族との混血の機会
がはるかに多く、これが民族の形成に影響したと考えられる。

http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/gmdna.html

強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる

140 :日本@名無史さん:2006/07/19(水) 09:17:40
HLA遺伝子で日本人からはほとんど南方系のハプロタイプが出てこない。
朝鮮人は2番目に多いハプロタイプに南方系が出てくる。
漢人に犯られた事が原因。

◎本土日本

B52-DR15 8.2%(弥生) > B44-DR13 5.2%(縄文) > B7-DR1 3.6%  

◎韓国

B44-DR13 4.5%(縄文) > ★B44-DR7 3.8%(中国) > B13-DR7 3.4%

>タイ人で2番目に多いA33B44DR7というのは、韓国人にもあり、
>これは日本人ではほとんどいないということです。

http://www.hananoki.npo-jp.net/kitaori/kaihou/24gou.html

141 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 15:12:59
弥生人は朝鮮半島から渡来したんじゃなくて、モンゴル以北から
朝鮮半島を素通りして日本に渡来したのである。

朝鮮半島は弥生人に素通りされただけで、朝鮮半島には弥生人は
ほとんど定着していない。

だから、日本人とモンゴル人は最大のハプロタイプが同じで、
同祖を高頻度に共有しているが、朝鮮人にはこのハプロタイプが
わずかしか見られない。

その代わり、朝鮮人には中国人に多く見られるハプロタイプが見られる。
これが日本人にはほとんどない。

日本に弥生人がやって来た後、朝鮮半島は中国に侵略されたからである。

朝鮮半島人はハプロタイプが日本人と6割以上も違う異人種である。

142 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 15:56:05
>>141 まてまて。弥生人というのは弥生文化(稲作文化)をもってきた
人種のことなら北方系稲作民族というのはおかしいのではないか?

 半島南部に相当期間いた倭人は弥生人とどういう関係にあるのか?

 縄文人、弥生人、倭人の関係がよく分からんな。


143 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 16:04:25
>>142
>弥生人というのは弥生文化(稲作文化)をもってきた人種



で、その証拠は?




144 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 16:16:28
>>142
特にその人種が稲作文化を持ってきたという証拠は?

145 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 18:28:00
>>142
確かにな。
実に多くの古文書に、半島南部に倭人(日本人)が住んでいた事が書かれてる。
あいつらは何だっていうんだよな。恐らく間違いなく、倭人だよなw
あいつら(半島倭人)は何処から来たんだろうね。

146 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 19:19:33

【 ☆ 決定 ☆ 朝鮮族の母体はエベンキ系「沃沮、濊狛」人  】

その風俗は山川が重なり、山川には各部族がおり、みだりに干渉することはできない。
同姓は婚姻できない。多くの忌諱があり、(家族が)疾病で死んだときは、すぐに旧宅を
廃棄し、更(通典では夏)に新居を建てる。麻布があり、蚕糸で絹を作る。 夜明けの星宿
(二十八宿の占い)から、その歳の作物の豊穣を予想する。珠玉を宝としない。
 常用十月の節句(重陽の節句。旧暦9月9日)に天を祭り、昼夜に酒を飲み、歌い踊る、
これを「舞天」 という。また虎を神として祭る。その邑落は互いに侵犯するが、刑罰とし
て相手に生口(せいこう=奴婢) と牛馬を差し出す、これを「責禍」という。人を殺した
者は死をもって贖(あがな)う。強盗は少ない。・・・・『三国志、魏書、濊伝』・・・


147 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 19:45:08
>>143 弥生人(弥生式土器を持つ集団)が半島を南下して来た時には半島
南部、北九州に倭人がいたはずだが、そいつ等とはどういう関係にあった
のだろう?混血していったのだろうか?

 そして倭人はどこから来たのか?列島の縄文人が半島へ進出したのか、
江南から渡来して来たのか。

 縄文時代末期の日本へ渡来したのは弥生人と倭人の両方あったという
ことなのか?


148 :日本@名無史さん:2006/07/20(木) 21:17:32
半島からみると日本は新大陸なので次から次に新人がきて新しい国を造った
その回数は数え切れないほどで、大乱後にある程度まとまったが大和に安定するまでは
時間がかかり白木系と百済系があいみだれて徐々に安定していった

149 :日本@名無史さん:2006/07/21(金) 00:24:41
>>148 大和朝廷用語に、新羅語のカンキも、百済語のオラカ、コニキシの痕跡も
無いな。

150 :日本@名無史さん:2006/07/21(金) 09:43:59
>>142
>弥生人というのは弥生文化(稲作文化)をもってきた人種


おい、どうした?



その人種が稲作文化を持ってきたという証拠は?



もう一日だけ待つ。

151 :142じゃないけど:2006/07/21(金) 11:14:46
>>150
弥生人が稲作をもって来てないという証拠もないのでは?
熱帯ジャポニカによる焼畑オンリーだった縄文人が、
稲作経験ゼロの北方渡来系と力を合わせて(?)水稲栽培
ってのも、なんだかなー。
一般的には、新たな渡来人が進んだ稲作技術を持ち込んだと
考えられているように思いますが。
この学説は、すでにひっくり返ったんですか?

152 :日本@名無史さん:2006/07/21(金) 12:08:32
>>151
>新たな渡来人が進んだ稲作技術を持ち込んだ



だから、その証拠は?

証拠を持ってこいよ。




153 :151:2006/07/21(金) 13:21:41
>>152
>だからその証拠は?

日本語読めますか?「一般的には」と言ったんですが?

-日本人はるかな旅展-
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-06.html
> 彼らによって、水田稲作の技術と金属器の文化が大陸から伝えられ、、

学校の教科書や博物館の展示は概ねそうなっているでしょう、今でも。
気に食わないなら、反論文でも書けば?
それに(なぜか)私に聞かれても困るんだけど。

154 :日本@名無史さん:2006/07/21(金) 13:46:59
>>151 その新たな渡来人というのが倭人と弥生人という別の用語で出て来る
ので、それが同種族なのか別種なのかが問題だな。

 3世紀の倭国は倭人に間違い無いし、その倭人語は奈良時代の日本語と
連続性がある。つまり日本人は倭人の子孫で今も和式、和風という。

 で、その倭人の様子は魏志倭人伝では海南島と同じような南方的社会
と書かれてあるので北方系とは思えない。


 


155 :日本@名無史さん:2006/07/21(金) 14:03:07
>>153
誰が一般的な考えなんか聞いたんだ?アホ
俺は学術的証拠を求めているんだが。

それに、そのページのどこに渡来人が進んだ稲作技術を持ち込んだ
証拠が書かれているんだ?

156 :日本@名無史さん:2006/07/22(土) 09:54:36
>>142
>>151
>弥生人というのは弥生文化(稲作文化)をもってきた人種
>新たな渡来人が進んだ稲作技術を持ち込んだ


おらおら、どうしたんだ?



その新たな渡来人や人種が稲作技術や文化を持ってきたという確たる証拠は?



151に免じてもう一日だけ待ってやるよ。

157 :日本@名無史さん:2006/07/22(土) 11:03:00
【弥生人は水田稲作なんか持って来ていない】っていう過疎スレがありますから、
そっちでやった方がレスがつくんじゃないの?

158 :日本@名無史さん:2006/07/22(土) 12:07:33
>>156
見ていてこっちが恥ずかしくなる
そのまえに反証しろ、低学歴www

159 :日本@名無史さん:2006/07/22(土) 12:11:04
デムパと定説の見分け方。デムパはネットテで強し。垂れ流しw

160 :YAP?:2006/07/22(土) 21:35:35
縄文時代後期から弥生時代早期・前期は、いわば東アジアの民族移動の波が、日本列島にも及んだ時代と考えれば、出自・源郷地の異なる複数の種族
や民族が列島に渡来して、主導権を求めて角逐した結果、おそらく遼河流域を直接の起源地とする「倭人」が、覇権を握ったのだろう。

で、彼らの言語が、日琉齟齬Japonicであり、おそらく形質的には、Y染色体ハプロタイプは、O2b1*,O2b1aで、HLAハプロタイプは
A24−B52−DR15を高頻度に持っていたのだろう。

しかし、長江流域から、江南系越族の一派が、また、渤海湾沿岸漁撈民も
縄文後期には、朝鮮海峡両岸にいわゆる「環対馬海峡漁撈民文化」を形成していたらしいことも確かだ。
この甲元真之氏の言う渤海湾沿岸漁撈民は、山東半島以南の黄海の海洋民との交流は当然あっただろうから、水稲耕作の適地に入れば、水田農耕を採用したのだろう。
倭人はこの渤海湾沿岸漁撈民を従属部族〜連合部族としたか、あるいは、倭人そのものの一部が、この渤海湾沿岸漁撈民だったのかもしれない。

いずれにしろ、倭人が半島西海岸を急南下するに当たって、この「渤海湾沿岸漁撈民」集団の協力は欠かせない。

そのように考えれば、乾田農耕(畑作)には習熟していただろう倭人が、列島で水稲耕作民意なってもおかしくはないだろう。

161 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 01:25:50
>>160
で、縄文時代後期から弥生時代早期に出自・源郷地の異なる複数の種族
や民族が列島に渡来したという確たる証拠は?

それと、その江南や華北の渤海湾沿岸の人類集団が縄文後期に朝鮮海峡両岸に
やって来ておきながら、しかも山東半島以南の黄海の海洋民と交流しておきながら、
何で灰陶も幾何印文も三足器形もまーったく伝わってないのかね?

それとその遼河流域を直接の起源地とする「倭人」が列島で水田農耕を採用した
という確たる証拠は?

162 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 01:57:20

魏志倭人伝には「邪馬台国の住民は全身に刺青をして抜歯をしたり歯を黒くしていた。」
と記述があります。

刺青・抜歯・歯を黒くする風習は中国の長江周辺の呉や越にみられます。
朝鮮半島には「刺青・抜歯・歯を黒くする文化」はありません。

また日本と長江周辺には夜這いの文化はありますが、朝鮮半島にはありません。
一部の文物の一致点が無いからと言って、これらを無視することは出来ないでしょう。

163 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 02:24:51
朝鮮半島には刺青もお歯黒もあったようだが。

抜歯は縄文中期の東日本の文化から広がっている日本独自のもの。

164 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 02:39:51
HLAスレは他にもあるけど>>1のスレタイが一番明確でわかりやすい答えをだしてる

165 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 02:44:56
>>163

Googleで長江 抜歯

と検索してみなさいウンザリするほど出てくるから、勉強してね。

166 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 02:50:00
>>163
半島南部は倭人が住んでたんだから、そうゆう人も居っただろ。

167 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 02:55:29
倭人と弥生人というのはイメージがつながらないな。別系統の種族で
縄文人とも違うのだろう。日本には3種族居たということか?

 そして主流は倭人>和人>日本人になった。シナ、朝鮮はいまだに倭寇
倭奴と呼ぶ。




168 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 02:56:21
>>165
それが何か?

抜歯なんか世界中でやってる事じゃねえか。

169 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 03:05:54
刺青も世界中でやってる事だぜ。

刺青も抜歯も多くの原始社会で共通の原始文化なだけだろ。

それに三国志も歯黒国いう国があると記述してあるだけで、
お歯黒をしているとは書いていないぜ。

その証拠にお歯黒をしている弥生人骨なんて見つかってるのかね?

170 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 03:10:13
おっと、歯黒国じゃなくて黒歯国だったな。

それに古代中国におけるお歯黒の呼び方は黒歯じゃないだろ?

171 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 03:11:12

長江河口地域での甕棺の風習が見られなくなる頃から北部九州で甕棺の風習が
始まったと考えられます。それから遅れて韓半島南部でも甕棺の風習が始まること
を発掘結果は示しております。残念なことに現段階では日本と同様に韓国でも土器
編年が主流で放射性炭素による年代測定は殆んど行われておりませんので甕棺の
風習がはじまる正確な年代はわかっておりません。一応、北部九州では紀元前2世
紀末ごろ、韓半島南部では4世紀ないし5世紀とされておりますが正確な測定が行
われれば今少し古いことが明確になると考えられます。(一部ですがそれを裏付ける
データも得られております)

172 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 03:35:19
甕棺墓はBC35Cには既に日本にあるのだが。

春秋戦国時代の中国から渡来人がやって来てるなら、
灰陶も幾何印文も三足器形も幾何印文も雷文も酒器も原始漢字の金文も、
もう証拠が出まくりだろがw

チャンコロの知能指数はホーント児童並み。

173 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 03:59:27
腹黒国ってとこか(w

174 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 15:34:49
韓半島の北部からは甕棺墓は全く見つかっておりません。このことから考えて韓
半島南部の甕棺の風習が、古代中国から韓半島の北部を経由して伝わった風習が
時間を経て残ったものである、とは考えにくいようです。また、長江河口地域から直
接伝わった可能性も考えなければなりませんが、北部九州に比べて時間的にかなり
差があることからそれも考えにくいようです(長江河口地域で風習がなくなって何百
年も後に伝わるとは考えにくい)。尤も、北部九州と韓半島南西部及び南部の甕棺
は多少形が異なっていますがこれは甕棺の作り手の違いとして理解できる範囲だと
考えられます。以上のことから甕棺墓は長江河口地域→北部九州→韓半島南部へ
と伝わったと考えるのが一番理解し易いのではないでしょうか。

175 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 15:36:16
従来、東アジアの文化伝播ルートとしては、中国→韓半島→日本、或は、中国→
日本というような線は考えられても、日本→韓半島という線はあまり考えられてこな
かったようです。少なくとも甕棺に関しては日本→韓半島という流れを考える必要が
あるように思います。

ここで少し考えて頂きたいことは、墓制というものがそれだけで単独に伝わるもの
なのか、ということです。ごくわずかの例外もないとまでは申しませんが、墓制を守る
人々の移住に伴って伝わるものであると言うことに異論は挟みにくいのではないでし
ょうか。しかも長江河口地域と北部九州との間には広い海が横たわっています。そ
の海を隔てて単に墓制だけが伝わったとは考えられません。必ず人の移住があった
はずです。そうだとすれば、長江河口地域から北部九州へ甕棺文化を伝えた人々の
移住の痕跡があるはずです。

176 :YAP?:2006/07/23(日) 17:51:27
161氏へ
私は倭人は(少なくともその主流は)、燕山以北の、内蒙古〜満洲南部(大興安嶺南方域)
の遼河流域の倭山あたりで、同系諸部族を結集して、南下を開始したと考えているが、その
移動の開始時期は、ユーラシア全域の民族大移動の時期と相関すると考えているから、商(殷)
の西遷を促した東夷諸民族の民族移動時期の前13世紀前後から、殷周革命の原因ともなった、
山東半島方面の「人方〜夷方」や九夷の叛乱の時期(前11世紀)を想定する。

一方、甲元真之氏によれば、縄文時代の北部九州と韓国南部沿岸地域は、早い段階から共通の
漁撈文化を展開させており、「環津島海峡文化圏」とも言うべき文化的まとまりがこの地域に
存在しているという。
そうした密接な関係をしめす漁撈具の中で縄文時代後期になって初めて登場する「逆T字形釣針」
と「郭家村型結合式釣針』は、渤海湾周辺地帯で古くから展開した漁撈具であり、沿岸地域での
クロダイ、スズキボラなどの漁撈にしようされたものだ。
これらが分布する朝鮮半島西部から南部沿岸地域では、龍山文化段階以降、稲作を含めた畑作が
卓越している(以下略、一部、語彙が省略されているが大意に相違はない9

と述べている(『季刊考古学・第88号』p89〜「弥生時代の生業問題」より)。

まあ、縄文農耕論を、側面から支援する意図があるようだが、倭人を遼河流域から
南下した集団と捉える私にとっても、「倭人」が、「日本列島」を認識して移住を開始し得たこと、
また、これらの海洋民(というよりも沿岸漁撈民)のネット・ワークを、倭人が利用しえたことの
側面支援となるでーたというわけだ。

これら渤海湾沿岸漁撈民や、燕山以北の倭人が、前10世紀以前の段階で、灰陶矢三足土器などを
所有していなくても問題ではないように思うが?
中国の三大文明圏とされる「遼河」「黄河」「長江」の内、弥生時代の開始は基本的に、「遼河文明圏」
からの「日本語」の到来と、「長江文明圏」からの灌漑水田農耕の到来が、列島で合体することにより
出発したのだろう。



177 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 18:20:49
甕棺についての情報ありがとうございます。こういうのもあります。
http://www.people.ne.jp/2005/10/24/jp20051024_54574.html
中日合同調査で墓や陶器が出土 甘粛省
http://www2.odn.ne.jp/nov.hechima/yayoijidai.html
日本列島に甕棺墓風習と水田稲作がセットで入ってきたにもかかわらず 甕棺墓は
狭い北部九州に限られ 水田稲作は 北海道を除く日本列島の全域に広がっている。
 これはどういうことだろうか おそらく 弥生時代の水田稲作には 甕棺墓とセットに
なった水田稲作と 甕棺墓に関係しない水田稲作の異なった二つの系統があった 
と解釈するのが素直であろう。 この推理をもう一歩進めると 北部九州の水田遺跡
にある水田稲作は 甕棺墓をともなう南インド系で 甕棺墓をともなわないで全国へ広く
波及した水田稲作は 拙著「安曇族」に記した 中国大陸系となる。 さらにもう一歩踏
み込むと 南インド系の水田稲作は その広がりから見て 弥生の産業革命に結び
ついておらず 弥生の産業革命に結びついたのは中国大陸系の水田稲作ということに
なろう。 したがって 水田稲作による産業革命が起きたきっかけを弥生時代の開始
年代とするならば 紀元前5世紀に固定してもいいのじゃないかと思うがいかがなもの

178 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 19:04:13
>>176
>「遼河文明圏」からの「日本語」の到来と、「長江文明圏」からの
潅漑水田農耕の到来が、列島で合体する事により出発したのだろう。

南北文化混交説を支持しているので概ね同意ですが、
文化圏を少し外れるんじゃないですか?

「遼河文明展」一般公開中(2006年7月19日〜)
http://www.cnta.or.jp/news/060719.html←これ、どうだろう?

179 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 19:22:17

弥生文化の伝統のなかには、朝鮮半島とはつながらないが、
中国南部とは、つながるとみられるものがすくなくない。
高床式の建物、鵜飼、歌垣などである。

『魏志倭人伝』に描きだされた倭人の風俗は圧倒的に南方的であって、
中国南部から東南アジアにかけての文化、ことに江南の古文化
と密接な親縁関係をもっている。 刺青の風習や貫頭衣などは、
中国南部から東南アジアの風俗である。

180 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 20:41:09
>>179
残念なのは、縄文〜弥生期の骨が、遺伝子も含めて中途半端にしか調べられない
ことです。これは日本の土壌とも関係しています。

181 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 20:56:52
>>142
>>151
>弥生人というのは弥生文化(稲作文化)をもってきた人種
>新たな渡来人が進んだ稲作技術を持ち込んだ


おいこら、どうしたんだ?



その新たな渡来人や人種が稲作技術や文化を持ってきたという確たる証拠は?



もう3日間も待っちまったぞ。

182 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 21:23:57
>>142
>>151
>弥生人というのは弥生文化(稲作文化)をもってきた人種
>新たな渡来人が進んだ稲作技術を持ち込んだ


ハイ、時間切れ!タイムアウトォォオオオ!!



只今をもって、新たな渡来人や人種が稲作技術や文化を持ってきた
という証拠が一切無いという事が確定いたしました。





183 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 21:38:48
>>181 一生、首を長くして待っとれ。馬鹿野郎


184 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 23:40:04
>証拠が一切無いという事が確定しました。

無い、という学術的な証拠は?


185 :日本@名無史さん:2006/07/23(日) 23:53:00
新たな渡来人や人種が稲作技術や文化を持ってきた
という証拠が一切出てこないという事自体が無いという
学術的な証拠だろが。

最初から事象が無いものに証拠などありはしない。

186 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 00:20:40
DNA鑑定がすでに渡来系統の分類に何かをもたらしている。

ソースある方、おねがいすます

187 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 00:29:17
mtDNAやY染色体は大きく移動すると気候など自然環境の変化で
頻度やコンテンツを大きく変えてしまうようでルーツ捜査に向かんのだよ。
それよりも物証の方が遥かに精度が高い。



物証>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>(越えられない壁)>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>骨屋・遺伝子屋




188 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 00:45:45
>>186
物証もあるんじゃないか?
色々あるでしょう。上の方でも既出だが。
なんでそこまで、頑なに拘りたいんだ?
政治か?

189 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 17:11:25
>>176
>中国の三大文明圏とされる「遼河」「黄河」「長江」の内、弥生時代の開始は基本的に、
>「遼河文明圏」からの「日本語」の到来と、「長江文明圏」からの灌漑水田農耕の到来が、
>列島で合体することにより出発したのだろう。


中国文明から日本語か。お笑いだなw

長江文明圏から灌漑水田農耕が到来しといてだよ、
それこそ何で菜畑遺跡や板付遺跡から灰陶や印紋陶や三足土器の偽造物が
出てこんのだ?w

190 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 18:03:05
>>189
@半月形石包丁(穂摘み用石器)が、長江ではなく北方からの伝来だという
明確な証拠を示せ。(詳細なデータ)
*「従って長江からの伝来は無かった」と明確に示さなければならない。

Ab遺伝子の稲が朝鮮からだという明確な証拠を示せ。(詳細なデータ)

B半島よりも古い日本の甕棺が満州からの伝来だという明確な証拠を示せ。
(詳細なデータ)
*他からの伝来を明確に否定できなければならない。

C高床式の年代を整理して、どこから伝わったかを明確に示せ。(詳細なデータ)
*他からの伝来を明確に否定できなければならない。

Dその他、漆器、紡錘車、などの伝来経路を明確に示せ。(詳細なデータ)

EDNAを解析し、どのタイプが、いつ頃、どのようなに入ってきたのかを
明確に示せ。(詳細なデータ)

F日本語(「琉球語」含む)の成立過程を示せ。(詳細なデータ)

191 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 19:47:26
>>186 こんな物でいいでしょうか、大変そうですな! 下の方に有ります。

弥生人のDNAは古代中国人

さて、その絹織物と養蚕技術の伝来ルートとしては、従来の定説では、華北〜朝鮮半島経由だと
されてきた。ところが吉野ヶ里遺跡から発見された四片の絹織物を鑑定したところ、江南地方で
ある「華中」に特有の蚕である太い「四眠蚕」であることが分かった。このことから大陸文化の
(=弥生文化)の伝来は、長江流域の江南からの直接ルートが強く推測される。
 そして、最近、日中の「江南人骨日中共同調査団」の調査結果(1999年3月)が、その直接
ルート説をさらに補強した。これは、江南地方の紀元前5〜8世紀の人骨と、福岡県筑紫野市出
土の人骨(紀元前後)について、「ミトコンドリアDNA分析」という方法で、塩基配列を比較
したところ完全に一致したというものである。
 以上のような事実をつなぎ合わせると、大陸の華中(江南地方)から直接、吉野ヶ里など北部
九州へ渡来人がやって来た可能性が強くなり、大陸文化の伝来についても、華北〜朝鮮半島経由
以外に江南からの直接ルートの存在を強く示唆される。
 これまで、大陸との交流というと、魏と邪馬台国というように、魏(華北)の地域との関係が
どうしてもクローズアップされがちだった。しかし、吉野ヶ里遺跡の絹片や人骨の分析により、
呉(華中=江南)地域との交流の存在が実証されたというわけである。
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=phistory&nid=65883


192 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 20:37:43


一九九九年三月一九日ニュース報道。江南人骨日中共同調査団(山口敏・東京国立科学博
物館名誉研究員が団長)は、江蘇省の墓から出土した六十体(二十八体が新石器時代、十
七体が春秋戦国時代、十五体が前漢時代)の頭や太ももの骨、歯を調査。特に、歯からD
NAを抽出して調査し、福岡、山口両県で出土した渡来系弥生人と縄文人の人骨と比較。
結果、春秋戦国時代人と前漢時代人は弥生人と酷似。DNA分析では、江蘇省徐州近郊の
梁王城遺跡(春秋時代末)の人骨の歯から抽出したミトコンドリアDNAの持つ塩基配列
の一部が、福岡県の隈西小田遺跡の人骨のDNAと一致した。


193 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 21:21:08
見事な論文です。韓国人は反論できないでしょうねえ(W

【外が見えない可哀そうな民族】
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1153190165/38-44


194 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 21:46:02
>>191 倭人が呉の末裔と自称していたのは本当だったと言えるのかな?

 しかし、江南から渡来した倭人の言語が何故、シナ語でなくて魏志倭人伝
に出て来るアルタイ系のような言語(SOV型)なのだろう?呉はシナ語族では
なかったということだろうか?



195 :日本@名無史さん:2006/07/24(月) 22:12:56
>>191 日本人は実は呉の末裔でやんすと確定すると、シナ人、朝鮮人は
驚くだろうな。


196 :日本@名無史さん:2006/07/25(火) 00:19:08
北部九州(弥生前期〜中期前半)の蚕は朝鮮には、いない四眠蚕である

楽浪系統の絹は20世紀に入り、平壌市楽浪区域を中心に多数発見された。
これらを鑑してみると、中国・漢の「経綿」とは異なる、
朝鮮固有の三眼蚕から採ったで織り上げた絹布であることが分かった。
日本蚕学界でい「朝鮮三眼」「韓三眼」「古来三眼」と言われる蚕が
まさしくそれである。朝鮮には四眠蚕は無い
 カイコの品種には三眠のものと、四眠のものとがある、
大陸で調べると、中国の華中が四眠、朝鮮半島では三眠という分布
をしている。・・(布目順郎さんが)実際に、測定してみると、
弥 生時代前期から中期前半までの遺跡(福岡県の有田、吉武高木、
比 恵遺跡、甘木市の栗山遺跡)から出土した絹は、すべて四眠蚕の
ものと判定された。これらの繊維を生産したカイコは中国の華中地方
からもたらされたのもである可能性が高い。
※ 脱皮の回数が違う、糸の太さが違う、偏平率が違う、といった
違いがあるらしい。吉野ヶ里から発見された絹は四眠蚕で有る。


197 :日本@名無史さん:2006/07/25(火) 10:45:44
>>190 まずは言い出したチミの意見から聞かせてもらおうかw

@半月形石包丁(穂摘み用石器)が、北方ではなく長江からの伝来だという
明確な証拠を示せ。(詳細なデータ)
*「従って北方からの伝来は無かった」と明確に示さなければならない。

Ab遺伝子の稲が倭人訪中で持ち込まれたものではないという明確な証拠を示せ。(詳細なデータ)

B日本の甕棺の伝来が朝鮮経由ではないという明確な証拠を示せ。
(詳細なデータ)
*他からの伝来を明確に否定できなければならない。

C高床式の年代を整理して、どこから伝わったかを明確に示せ。(詳細なデータ)
*他からの伝来を明確に否定できなければならない。

Dその他、漆器、紡錘車、などの伝来経路を明確に示せ。(詳細なデータ)

EDNAを解析し、どのタイプが、いつ頃、どのようなに入ってきたのかを
明確に示せ。(詳細なデータ)

F日本語(「琉球語」含む)の成立過程を示せ。(詳細なデータ)

198 :日本@名無史さん:2006/07/25(火) 12:35:51
>>191-192
mtDNA分析を使った北方アジア抜きの偏向調査による偏向データで
出された偏向調査結果だとちゃんと見出し付けとけよw

それか、モンゴルから華南までmtDNAの塩基配列の一部は日本の
土着系と一致するでも良いがなw

199 :日本@名無史さん:2006/07/25(火) 16:29:13
四眠蚕が弥生前期に現れた件はどう成りました、
これも北方アジアから飛んで来たんですかね、半島をまたいで。

200 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 09:52:47
単に朝鮮半島のが三眠蚕に品種改良されただけだろ。くだらん。

201 :日本@名無史さん:2006/07/26(水) 12:14:53
半月型石包丁は満州南部から。




龍山文化(紀元前30世紀−前20世紀)の特徴的な半月形石刀が、
吉林、永吉、?安、?春、通化、桓仁などで出土。

http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/tungus-tsusi/tungus-tsusi-1-gaiyou.htm





202 :日本@名無史さん:2006/07/27(木) 00:01:35

ざんねん >>200 一匹だけか、腕がにぶったな。

203 :日本@名無史さん:2006/07/27(木) 17:57:11
鵜飼は満州から。



「吉林の鵜飼」昭和12年・9分
満州の京都ともいわれた古都吉林の松花江の鵜飼は6月から9月までの日中に
行われる。鵜縄をつけずに川に放った鵜が魚をくわえると網で船にすくいあげて
吐かせるという満州式の鵜飼であった。
http://www.jiyuu-shikan.org/store/video/206.html






204 :日本@名無史さん:2006/07/27(木) 18:04:15
>>200
ごめん、マジレスしてもいい?

古代の蚕の品種改良って、どうやるの?

205 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 11:45:15
稲作妄想者の首がついに落とされた決定的瞬間!


182 :日本@名無史さん :2006/07/23(日) 21:23:57
>>142
>>151
>弥生人というのは弥生文化(稲作文化)をもってきた人種
>新たな渡来人が進んだ稲作技術を持ち込んだ


ハイ、時間切れ!タイムアウトォォオオオ!!



只今をもって、新たな渡来人や人種が稲作技術や文化を持ってきた
という証拠が一切無いという事が確定いたしました。

206 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 19:41:10

【黒色磨研土器】 縄文後期(BC11C〜13C)

 縄文土器のうち、表面をヘラなどでみがきあげた土器を磨研土器といいます。この種の
土器ははじめ赤褐色であったが、後期ごろから黒色化する傾向をしめし、ことに九州を
中心に後期後半ごろから、器面が黒色の光沢をもちロクロを使用したと思われる、
黒色磨研土器が普及します。この土器は、縄文文化独自の形成とみるべきではなく、
江南の各遺跡から多量に出土している黒陶の関係をかんがえなければなりません。
**鴨緑江流域一帯の積石塚からは褐色磨研土器、黒色磨土器、灰色土器などの土器類と
環頭大刀、合口、槍、鉄斧などの鉄製武器、銅鐸、透彫り文装飾、小釘打ち薄銅版の青銅器
と装飾品が出土し、褐色磨研土器と黒色磨土器は紀元前3世紀の遺物として認められている
http://www.himawari.ed.jp/nuki_e/nukigawaiseki.htm
http://www.e-obs.com/rekisi/kodai/sousetu/sousetu1-1.htm
http://www.miyazaki-archive.jp/d-museum/category/hakubutsu/kouko2.html
http://www.vill.tsumagoi.gunma.jp/siryoukan/kannai.htm


207 :日本@名無史さん:2006/07/28(金) 22:10:37
これ>>206と比べて見てよ、よそに有ったコピーだけど黒陶だな

17番の「陶釜」なんて雰囲気がよく似ているんではないかい?
他にも色々あったが、面倒なので一個だけにする。

http://inoues.net/museum/mikata_museum_kaboso.html

208 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 11:45:39
縄文人の方が半島より技術力、文化力が進んでたんじゃないか!

209 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 13:21:13
縄文後期中頃に伝わった遼東・朝鮮経由の黒陶擬似の黒色磨研土器ね。

朝鮮半島の無文土器の遺跡では黒色磨研土器や丹塗磨研土器もよく出土する。

なぜ朝鮮経由なのかと言うと、黒色磨研土器が伝わった縄文後期中頃(BC15C前後)
の中国では既に原始磁器時代に入り、主流が灰陶であったのと、
やはり中国土器の代表器形である三足器形が無いからである。

それに甑や豆などの器形も無い。

また縄文後期(BC20C)と河姆渡文化時代(BC50C)では時代が3000年ほども
違う事もお忘れなく。

210 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 14:15:20
■歴代天皇【日本版ダヴィンチコード】■
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1148778771/49-54

卑弥呼は、神功皇后ではないようだね。
卑弥呼は垂仁天皇と同時代の人間だから・・。

第13代=成務天皇の時代には、卑弥呼はすでに死んでいる。

天日矛が日本に移住したのは、魏が公孫氏領=楽浪郡を滅ぼしたことと
関係があるようだね。
魏と公孫氏の戦争のトバッチリを受けたのかな。
天日矛は、なぜヤマトに亡命したのか、みんなで考えてみよう。



211 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 16:03:01
>>209
朝鮮半島の無文土器の遺跡では黒色磨研土器や丹塗磨研土器もよく出土する。


朝鮮半島からのは新しすぎないか、(上に有るけどBC3C)半島から来たとは
言いにくいな、ロクロも定説と違うな(定説ではAD4C)


212 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 17:12:01
黒陶、灰陶、工作員は半島自慢してるって事は半島人か、在日か、
あちこちでコピペしてるな、毎日毎日ごくろうさんです、暑いけどがんばれ。
一日50ヶ所位コピペしてるん、儲け過ぎだよ少し回してくれよ!

213 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 21:32:07
>>212
どうでもいいが、誰に対して言っているのか?
>>で示してくれないか?

214 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 23:09:11
>>546

ふしぎ発見、徐福の話みたよ、なんかもう一つだな。いつものパターン!

215 :日本@名無史さん:2006/07/29(土) 23:11:19
あっ、ご免スレ間違えた、失礼

216 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 00:22:48
日本の土器は世界一古いぞい

217 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 00:46:00
>>216 私論?試論?死論?

218 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 00:50:13
弥生土器も須恵器も日本から、半島南部に行ってる様な気するな
縄文後期にあんな土器が有ったとわな?信じられん
半島からも同じ様な物が出るらしいけど、1000年も新しい物ばかり
どうゆう事。

219 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 00:59:35
>>217
縄文式土器の最古は今から一万六千年前で、世界一古いよ
世界の常識ね。



220 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 01:15:18
あんま徐福話にのっかてると、将来的に中国にハシゴはずされるぞw

221 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 08:30:40

スレ違い発見。

222 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 20:26:40
縄文時代前期から弥生時代に至るまで、新しい文化は全てと言っても過言では
ないほど朝鮮経由で日本に伝わっている。

ただし、それらの文化はいわゆる渡来人によってもたらされたのではない。
朝鮮南部と交流や交易をしていた九州北部周辺の縄文人たちによって
もたらされただけなのである。
縄文時代前期の甕棺墓・けつ状耳飾から弥生時代開始時の水田・弥生土器の技術
・農耕具・支石墓に至るまで、朝鮮南部と交流していた縄文人自身の手によって
もたらされただけなのである。

弥生時代も開始時から300年ほど過ぎた頃、青銅器文化を持って朝鮮半島を
一気に突き抜け、海を越えてきた北方アジア系の集団がいた。
これが渡来人である。

とどのつまり、縄文時代前期から弥生時代中期まで、渡来人がもたらした
ものと言えば、この青銅器文化、たった一つのみである。

223 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 21:00:53
長江河口地域での甕棺の風習が見られなくなる頃から北部九州で甕棺の風習が
始まったと考えられます。それから遅れて韓半島南部でも甕棺の風習が始まること
を発掘結果は示しております。残念なことに現段階では日本と同様に韓国でも土器
編年が主流で放射性炭素による年代測定は殆んど行われておりませんので甕棺の
風習がはじまる正確な年代はわかっておりません。一応、北部九州では紀元前2世
紀末ごろ、韓半島南部では4世紀ないし5世紀とされておりますが正確な測定が行
われれば今少し古いことが明確になると考えられます。(一部ですがそれを裏付ける
データも得られております)

224 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 21:02:23
韓半島の北部からは甕棺墓は全く見つかっておりません。このことから考えて韓
半島南部の甕棺の風習が、古代中国から韓半島の北部を経由して伝わった風習が
時間を経て残ったものである、とは考えにくいようです。また、長江河口地域から直
接伝わった可能性も考えなければなりませんが、北部九州に比べて時間的にかなり
差があることからそれも考えにくいようです(長江河口地域で風習がなくなって何百
年も後に伝わるとは考えにくい)。尤も、北部九州と韓半島南西部及び南部の甕棺
は多少形が異なっていますがこれは甕棺の作り手の違いとして理解できる範囲だと
考えられます。以上のことから甕棺墓は長江河口地域→北部九州→韓半島南部へ
と伝わったと考えるのが一番理解し易いのではないでしょうか。

225 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 21:03:35
従来、東アジアの文化伝播ルートとしては、中国→韓半島→日本、或は、中国→
日本というような線は考えられても、日本→韓半島という線はあまり考えられてこな
かったようです。少なくとも甕棺に関しては日本→韓半島という流れを考える必要が
あるように思います。

ここで少し考えて頂きたいことは、墓制というものがそれだけで単独に伝わるもの
なのか、ということです。ごくわずかの例外もないとまでは申しませんが、墓制を守る
人々の移住に伴って伝わるものであると言うことに異論は挟みにくいのではないでし
ょうか。しかも長江河口地域と北部九州との間には広い海が横たわっています。そ
の海を隔てて単に墓制だけが伝わったとは考えられません。必ず人の移住があった
はずです。そうだとすれば、長江河口地域から北部九州へ甕棺文化を伝えた人々の
移住の痕跡があるはずです。


226 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 21:11:15

【黒色磨研土器】 縄文後期(BC11C〜13C)

 縄文土器のうち、表面をヘラなどでみがきあげた土器を磨研土器といいます。この種の
土器ははじめ赤褐色であったが、後期ごろから黒色化する傾向をしめし、ことに九州を
中心に後期後半ごろから、器面が黒色の光沢をもちロクロを使用したと思われる、
黒色磨研土器が普及します。この土器は、縄文文化独自の形成とみるべきではなく、
江南の各遺跡から多量に出土している黒陶の関係をかんがえなければなりません。

**鴨緑江流域一帯の積石塚からは褐色磨研土器、黒色磨土器、灰色土器などの土器類と
環頭大刀、合口、槍、鉄斧などの鉄製武器、銅鐸、透彫り文装飾、小釘打ち薄銅版の青銅器
と装飾品が出土し、褐色磨研土器と黒色磨土器は紀元前3世紀の遺物として認められている
http://www.himawari.ed.jp/nuki_e/nukigawaiseki.htm
http://www.e-obs.com/rekisi/kodai/sousetu/sousetu1-1.htm
http://www.miyazaki-archive.jp/d-museum/category/hakubutsu/kouko2.html
http://www.vill.tsumagoi.gunma.jp/siryoukan/kannai.htm


227 :日本@名無史さん:2006/07/30(日) 21:13:06
17番の「陶釜」なんて雰囲気がよく似ているんではないかい?


http://inoues.net/museum/mikata_museum_kaboso.html


228 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 09:28:41



無文土器の遺跡からは、しばしば中国の影響を受けた黒色磨研土器と丹塗磨研土器が出土する。
前者は、龍山文化の影響を受けたもので、咸鏡北道を中心として半島中部・南部でも発見され、
ある程度分布はひろがっている。

http://www.moco.or.jp/jp/intro/intro_3/intro_3b.html



229 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 14:56:38
>江南の各遺跡から多量に出土している黒陶の関係をかんがえなければなりません


縄文後期後半(BC15C前後)頃の中国は既に原始磁器時代で、日常的には
灰陶が主流であったのに、何で灰陶ではなく黒陶が伝わっているのか?

何で中国土器の代表器形である鬲、鼎などの三足器や尊などの酒器
が一切無いのか?

230 :日本@名無史さん:2006/07/31(月) 15:35:11
>>223
>長江河口地域での甕棺の風習が見られなくなる頃から北部九州で
>甕棺の風習が始まった



で、そのソースは?




231 :日本@名無史さん:2006/08/01(火) 23:32:27

>>230 で、そのソースは?


ソース、はイカリ?カゴメ?さあ〜どっちでしょう!


232 :日本@名無史さん:2006/08/02(水) 01:21:34
イカリなんて西日本でしか、
なかなかお目にかからない、
あなたどちらからのご参加ですか?

233 :日本@名無史さん:2006/08/02(水) 12:33:31
>>223
>長江河口地域での甕棺の風習が見られなくなる頃から北部九州で
>甕棺の風習が始まった


おい、どうしたんだ?



そのソースなり証拠は?



もう2日間も待っちまったぞ。

234 :日本@名無史さん:2006/08/03(木) 16:32:07
>>223
>長江河口地域での甕棺の風習が見られなくなる頃から北部九州で
>甕棺の風習が始まった


ハイ、時間切れ。


上の発言は証拠不十分という事で却下されました。




235 :日本@名無史さん:2006/08/03(木) 22:49:53

相手にされないからって火病おこしちゃダメ、自分で探しましょう勉強、勉強

236 :日本@名無史さん:2006/08/03(木) 22:54:36
========= 改め PUについてかたるスレ ===========
このスレはPUが作った乱発スレの一つですが、それを逆手にとりPU対策スレとしています
※PUは1人で自作自演して、他の人がせっかく入れた意見を、消し去ります。しかも結論も無い妄想や暴言で!何とかしてください!
PU=プラム=安曇連=がいやまん =太国=ヒッキー=サガミハラ=本田=定ちゃん=
♪探して♪探して♪ 更新望む


【PU作成HPワクワクするね必見だよ!】
http://www1.ocn.ne.jp/~gengoman/MyPage/album_show8.html?page=7
このアドレスよその窓に、貼り付けてみてください。この窓からは重いかも
PUのマニアックな生態が窺い知れます。



お仕置きしちゃだめ

    %%%%%%%%% 
    6| -σ-σ | 
     |   ゝ  |  <チョンコまるだしだから
     \ ∀ / 
    │|  │ 
     U ♂ )
     │|│|
     ⊂つつ




237 :日本@名無史さん:2006/08/04(金) 00:22:41
関東のソースは犬の顔のラベル

238 :日本@名無史さん:2006/08/04(金) 00:39:58
『新しい歴史教科書をつくる会』の設立者の一人であり、
文学博士である西尾幹二氏が、朝鮮民族の性質について鋭い意見を述べているので紹介します。

【外が見えない可哀そうな民族】−西尾幹二氏−月刊誌『正論』より

我々はイスラム教徒が毎日時間がくると一斉に座して、手を前につき、アラーの神に祈りを捧げる風景を見て、
我々とは異なる宗教社会の存在をありありと感じることが少なくないであろう。
しかし、朝鮮半島となると、これは近隣で生活上の見かけも似ているので、我々とは異なる宗教社会が
あそこに存在するとは、なかなかに気がつかない。実は韓国人と韓国社会は、イスラム教とイスラム社会と
同程度か、あるいはそれ以上に、日本からはへだたる異質な社会なのである。
(省略)
西尾幹二先生の論文、実に素晴らしい。韓国人の妄論をバッサリと斬り捨てています。

【外が見えない可哀そうな民族】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1150817829/217-223


239 :日本@名無史さん:2006/08/04(金) 09:03:38
>お前は知的障害か?
>朝鮮から移り住んだのが日本人。
>朝鮮人の亜種が日本人。



朝鮮(を素通りして北方アジア)から移り住んだのが(弥生系)日本人。
朝鮮(には定着しなかった北方アジア)人の亜種が日本人。




240 :日本@名無史さん:2006/08/04(金) 16:12:47

【 ☆ 決定 ☆ 朝鮮族の母体はエベンキ系「沃沮、濊狛」人  】

(イルクーツク=連合ニュース) 金兵曹記者 ="バイカル湖隣近の少数民族
エベンキ族'は現在までアリラン'と `スリーと'という単語を使っています"
アリランは迎える、スリーは感じて分かる『アリランスリー』と'は
古代北方シャマニズムの葬礼文化で 「魂を迎えて別離の悲しみをたえる」と言う
今は朝鮮族も忘れてしまった、意味だったことに推定される"と強調した。
エベンキ族の祖先は「熊と人間の女との間に生まれた」と檀君神話と同じで有る。
沃沮人はオンドルの発明者、虎が好きで体を浮かす様な舞をする、ソッテも大事。
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&page=2&nid=1661088&st=writer_id&sw=wakatakeru

http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1553866


241 :日本@名無史さん:2006/08/04(金) 16:13:50

【 ☆ 決定 ☆ 朝鮮族の母体はエベンキ系「沃沮、濊狛」人  】

その風俗は山川が重なり、山川には各部族がおり、みだりに干渉することはできない。
同姓は婚姻できない。多くの忌諱があり、(家族が)疾病で死んだときは、すぐに旧宅を
廃棄し、更(通典では夏)に新居を建てる。麻布があり、蚕糸で絹を作る。 夜明けの星宿
(二十八宿の占い)から、その歳の作物の豊穣を予想する。珠玉を宝としない。
 常用十月の節句(重陽の節句。旧暦9月9日)に天を祭り、昼夜に酒を飲み、歌い踊る、
これを「舞天」 という。また虎を神として祭る。その邑落は互いに侵犯するが、刑罰とし
て相手に生口(せいこう=奴婢) と牛馬を差し出す、これを「責禍」という。人を殺した
者は死をもって贖(あがな)う。強盗は少ない。・・・・『三国志、魏書、濊伝』・・・


242 :日本@名無史さん:2006/08/04(金) 22:14:37
>>239
素通りしたという証拠がどこにあるんだ?!
全然、説得力が無いけどな!

243 :YAP?:2006/08/04(金) 23:59:47
242氏へ

確かに「素通り」といえば、「定着・残存」倭人もいたと考えるのが当然だろう。

ただ、半島の「韓国朝鮮語」と、列島の「日本語」という、「民族」の根本を規定する
「言語」の問題から考えても、「倭人」主力は、列島に去り、半島の倭人はまもなく、
「韓族」に同化されたのだろう。

なにしろ、中国の正史でも
「倭人」というのは、基本的に「列島の住民」として、捉えられており、
「半島」に「倭王」がいたとか、半島出自だとかの記載はないからな。

244 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 02:11:29
弥生人は朝鮮半島に定着しなかった北方アジア人

・・・ということは、初めから日本人だった種族が南満州辺りにいて、朝鮮半島
西岸沿いに移動して来たということなんだろう。そう考えると高句麗語と日本語の
近さや、日本と百済との親縁関係の説明がつくし、朝鮮語と日本語との疎遠な関係
も納得できる。

 ところで弥生人と倭人とは同じ種族なのか、異民族なのか、紛らわしいな。



245 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 02:35:07
★★★★★新発売!!「まるで『マンガ嫌韓流3〜諸悪の根源中国編!!』
「タダレきった国、中国!!」「だから中国は崩壊する!!」★★★★★
●わかりやすくて、読みやすい!!踏み込み度満点!!

 ■■■マンガ『そして中国の崩壊が始まる』■■■
  http://www.amazon.co.jp/gp/product/4870317400/249-1625028-5930744?v=glance&n=465392&s=gateway
  原作:井沢 元彦(ベストセラー「逆説の日本史」シリーズの著者)
  マンガ:波多野秀行(上手くてビックリだ)
  飛鳥新社 価格: ¥ 1,500 (税込み)

●なんと、売国・反日業界人達を、実名・写真入で滅多切り!!土下座外交推進者リスト!
  出演者:福田康夫、奥田トヨタ会長、大橋巨泉、筑紫哲也、その他大笑いの面々
●中国のイカレタ「社会構造」が一目瞭然!!農民には「核」で報復!!
●読みやすいドラマ仕立て!「相手の事は、生半可な知識でも「とりあえず批判」の
 朝鮮人達の悲しき習性を解説!!
●結局中国は靖国神社について「あまりに勉強不足」!!の理由を解説!
●どこまでいっても中華思想!なぜ中国の政治が、共産主義に走ったのか一目瞭然!
●人権侵害国家の言論統制度合いが満載!キリスト教だって弾圧だ!チベットだって属国だ!
●「ナチスドイツの再来・最悪の独裁国家・中国共産党!」そこまで言っていいんかい(笑)
●中国にもイタイイタイ病(公害病)発生!奇形動物達を写真入りで掲載!最悪の公害国家中国!等
●だから「儒教」は嫌われる!「平等」の概念の無い「イカレ宗教」が儒教の本質!!
 だから中国は「ワイロ」が横行した!!

 まるでベストセラー「マンガ嫌韓流1・2」の続編かと思わずにはいられない内容!!活目!!
 星五つ!!★★★★★
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883805166/249-1625028-5930744?v=glance&n=465392&s=books

246 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 07:46:53
>>245
中国は簡単には崩壊しないから、諦めて妥協点を見出せ。
大量消費社会に暮らす若人に第3の天安門事件を起こす根性はねーよ。


247 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 14:06:44
>>246 沿海部の若者はどうか分からんが、内陸部の若者には暴動を起こす根性が
旺盛なようだな。チベット、ウイグルの独立運動も健在だし。

 法輪功という新興宗教が蔓延しているのも太平天国の乱に似てきている。


248 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 15:21:55
>>246 根性無いのはお前だけだろ、貧富の差は、人の感情を汚すぜ。

249 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 20:34:31
>>244
満州南部も朝鮮半島同様に通過点に過ぎんよ。

しかし渡来人の持ち込んだ青銅器は満州南部から遼東あたりの青銅器文化と
一致するので、彼らは満州南部で青銅器文化を習得したらしい。

もともとの起源は満州北部一帯のどこか。

おそらくシルカ川〜アルグン川周辺あたり。

なぜならモンゴル人の祖先の一部もその辺りからモンゴル高原に
侵入しており、HLAのデータと合致するからである。

250 :日本@名無史さん:2006/08/05(土) 21:18:49
>ところで弥生人と倭人とは同じ種族なのか、異民族なのか、紛らわしいな。


実は渡来人が九州北部に侵入したのは弥生時代開始時ではない。

弥生時代が始まって何百年もの間の渡来人骨の出土例が無いからだ。

渡来人骨が九州北部から突如出土し始めるのは弥生時代開始から
300年以上も経った弥生時代前期半ば頃(BC6〜7C頃)からで、
なぜか青銅器が登場する時代とピッタリと一致するのである。

中国の古書で倭人が登場するのはそれよりも随分後の事だから、
倭人とは既に渡来人と土着人が混成した後の日本列島人の事だと
思われる。

251 :YAP?:2006/08/06(日) 00:15:24
まあはるか後代の支所なんだが、『三国史記』高句麗本紀の国祖王
時代の「倭山田猟」記事とか、また『後漢書』鮮卑伝の「倭人国」(汙人国)
記事などから、やはり「北方の倭人」という存在も考えられるのだろう。

252 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 05:27:16
>>119
縄文人も、渡来系弥生人も、
弥生時代は、土器・石器をつくって生活してたんだよ。

石器に使われていた石は、「サヌカイト」という石だった事が判明している。

まー、当時は、どっちも原住民レベル・土人レベルだな。低レベル。


http://www.city.sakaide.kagawa.jp/local/sanukite.html

253 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 18:14:03
そういう事。

つまり渡来人たちは未開で辺鄙な場所からやって来たという事。

だから当時先進国だった中国なんかからは決して来ていない。

それでも土着人よりは多少は高い文化を持っていたから、俺が思うに、
渡来人がやって来た時、土着人たちは争うどころかむしろ彼らを
非常に歓迎したんだと思うね。

甕棺墓から渡来系と土着系の骨が一緒に出てくる。

254 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 20:14:11
>>253 吉野ヶ里の甕棺に入っていた首無し骸骨を見ると、あまり友好的とも
思えないが。

 環濠集落というのも周囲からの攻撃を防ぐものだろう。



255 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 20:28:11
環濠集落は渡来人が持ち込んだものではないよ。

渡来人よりもはるか前の縄文晩期から九州北部で既に見られるから、
朝鮮南部と交流していた縄文人自身が水田や農耕具とともに
影響を受けて持ち込んできた輸入文化だろう。

256 :日本@名無史さん:2006/08/06(日) 20:50:03
そろそろ先生方も、

渡来人妄想家の埴原や
偏向調査のペテン骨屋の松下や
偏向調査のペテン遺伝子屋の宝来などの

売名煽動家のせいで肥大化した渡来人妄想から抜け出せよ。

257 :YAP?:2006/08/07(月) 00:06:22

かといってなあ、「日本原人」だとか、ホモ・サピエンスの
日本列島紀元節を信じるわけにも行かないだろうが。

258 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 00:36:04
高句麗語、ツングース語やインドネシア語、ビルマ語に散見する日本語との
類似語を見れば渡来人がいたことは確実だろう。

 しかし、日本先住民は大陸と地続き時代にカラフト経由で南下してきた
種族で、日本語と周辺言語との関係の薄さから見れば、日本列島起源説
(列島で融合して独自の民族を形成した)も信じられる。



259 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 10:55:53
>>257
>>176
>中国の三大文明圏とされる「遼河」「黄河」「長江」の内、弥生時代の開始は基本的に、
>「遼河文明圏」からの「日本語」の到来と、「長江文明圏」からの灌漑水田農耕の到来が、
>列島で合体することにより出発したのだろう。


↑これが肥大化した渡来人妄想の典型例でなくて何なのかね?

中国文明から日本語とは真剣に笑わせる。

だいたい長江文明圏から灌漑水田農耕が到来しといてだよ、
それこそ何で最古級の水田遺跡である菜畑遺跡や板付遺跡から
灰陶や印紋陶や三足土器やその擬似物さえ出てこんのかね?w

出てくるのは朝鮮製の無文土器とその擬似物ですよ。

260 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 11:49:14
しかし、彼らはなぜか最初から朝鮮無文土器そのものを
ほとんど作っていない。

作ったのはあくまでもその擬似物である弥生土器なのである。

これが一体何を意味しているのか分かるかね?

最初から渡来人なんか来ていないという事だよ。
だから朝鮮無文土器そのものなど作らなかっただけの話である。

261 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 14:55:23
では渡来人はいつどこからやって来たのか?

渡来人が九州北部に侵入したのは水田や農耕具や無文土器技術が伝わった
弥生時代開始時ではない。

弥生時代が始まって何百年もの間の渡来人骨の出土例がさっぱり無いから
である。

渡来人骨が九州北部から突如出土し拡散し始めるのは、弥生時代開始から
300年以上も経った弥生時代前期中頃(BC6〜7C頃)からで、なぜか青銅器が
登場する時代とピッタリと一致するのである。

ゆえに青銅器は渡来人がもたらしたと考えられ、渡来人の故郷を知る上で
最も有力な手がかりだと言える。

262 :日本@名無史さん:2006/08/07(月) 14:58:59
渡来人の持ち込んだ青銅器文化は満州南部から遼東あたりの青銅器文化と
一致するが、中国の青銅器文化とは器種や文様など大きく異なっているので、
渡来人の故郷が満州より北方にあった事だけは確実であろう。

おそらくもともとの起源は満州北部一帯のどこか。

HLAのデータの事を考えれば、モンゴル人の祖先の主力勢力がモンゴル高原に
侵入する前に居たと言われているシルカ川〜アルグン川周辺などは
有力候補の一つと言えるだろう。

263 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 09:07:24
結局「甕棺」なんぞのことも、説明はつかないのだな。


渡来人に関しては、さっぱり訳分からん、ということで終了して
よいだろうか?どう見ても進展なさそうなんで。

>>257
「日本原人」は、衝撃的だったなぁ・・・
正直、考古学界は気が狂ったのかと思ったよw

264 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 09:09:00
>>261
渡来人骨って、なかなか出土しないもんなんだで。
日本は土壌が特殊だから。

265 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 12:12:50
日本に土器棺墓は5500年くらい前の縄文前期には既にあり、弥生期の
九州北部の甕棺墓はそこから独自に発展した文化だという事までは
分かっているが、今分かっている最古の土器棺墓は7000年くらい前の
華北の仰韶文化のものである。

おそらく遼東〜朝鮮経由で華北から伝えられた可能性が高いが、
日本の土器棺墓は日本独自で生じてきた可能性も残されている。

日本最古の旧石器人骨は2〜6万年前のものがある事が分かっているが、
10万年くらい前の石器が出ているところからそこまでは遡れるだろうね。
http://kids.gakken.co.jp/campus/kids/rekisi/0109_5.html

266 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 12:31:21
>>261 では渡来人はいつどこからやって来たのか?

 10000年ほど前、列島が大陸と地続き時代(間宮海峡の凍結)にシベリアから
カラフトを渡って来たのだろう。ベーリング海峡さえ渡るのだから、間宮海峡を
渡るのは簡単なことだっただろう。

古代日本語と周辺民族語との関係からみれば、インドネシア、カンボジア、朝鮮
(新羅)、ツングースなどと僅かに関連があるそうで、この辺りからも渡来した
だろうが、関連の薄さから見て、数千年〜1万年以上前に渡来した集団があった
のだろうという程度のどうでもいいような話だ。


267 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 12:48:57
10000年ほど前に渡って来て、何で16000年前の縄文土器が
出土してるの?ってな話だわなww

268 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 14:25:14
>>267 プラム臭プンプン

269 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 19:39:54

フィリピンのパラワン島にはそのものずばりのNarraという地名(写真左)があることを
紹介しておこう。最初は、綴りから「ナーラ」と発音するのかと思ったが、日本語とほと
んど差はなく音韻変化でこじつけるまでもない。Narraはフィリピーノ語で高級家具の
原料となる「紫檀(したん)」の意味であり、フィリピンの国木として各地に植栽されてい
る。紫檀は仏像や仏具などの原料となるので、金達寿氏の論法では、由緒ある寺院の多い
「奈良」の地名のルーツがフィリピンにあるとしても否定できないのではなかろうか。
フィリピン人もこの逸話をよく知っているが、さすがに信用するものはいない。


270 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 20:21:59
↓妄想家の正体=高卒のアホ


氏 名   杉崎好洋 (すぎさき よしひろ)
誕生年   1960年(昭和35)10月生まれ
出身地   岐阜県大垣市赤坂町(赤坂中,大垣東高卒)
現住所   愛知県名古屋市南区
職 業   会社員 (名古屋市内の食品会社に勤務)  
家 族   妻, 娘2人


271 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 20:23:09
↓妄想家の正体=高卒のアホ


氏 名   杉崎好洋 (すぎさき よしひろ)
誕生年   1960年(昭和35)10月生まれ
出身地   岐阜県大垣市赤坂町(赤坂中,大垣東高卒)
現住所   愛知県名古屋市南区
職 業   会社員 (名古屋市内の食品会社に勤務)  
家 族   妻, 娘2人


272 :日本@名無史さん:2006/08/08(火) 20:27:57
      ↑
陶器オタクさん、こんばんは、いそがしそうね。いたずらしたらPUするよ。

273 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 17:24:23
>>267 訂正 10000年前>10000年以上前


274 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 17:25:32
>>268
何で朝鮮人になるのか全く意味不明だが、

では、何で10000年ほど前にカラフトを渡って来て、
16000年前の縄文土器が出土してるのかね?

275 :日本@名無史さん:2006/08/09(水) 17:32:34
東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 

東広島電波発信中 同時警戒プラム臭 




276 :日本@名無史さん:2006/08/10(木) 15:17:03
>>268
おーい、274の答えはどうしたんだ?w

277 :日本@名無史さん:2006/08/10(木) 15:23:54
お前らもう少し大人になれよ。

278 :日本@名無史さん:2006/08/10(木) 16:22:38
========= 改め PUについてかたるスレ ===========
このスレはPUが作った乱発スレの一つですが、それを逆手にとりPU対策スレとしています
※PUは1人で自作自演して、他の人がせっかく入れた意見を、消し去ります。しかも結論も無い妄想や暴言で!何とかしてください!
PU=プラム=安曇連=がいやまん =太国=ヒッキー=サガミハラ=本田=定ちゃん=彼都
♪探して♪探して♪ 更新望む


【PU作成HPワクワクするね必見だよ!】
http://www1.ocn.ne.jp/~gengoman/MyPage/album_show8.html?page=7
このアドレスよその窓に、貼り付けてみてください。この窓からは重いかも
PUのマニアックな生態が窺い知れます。

お仕置きしちゃだめ

    %%%%%%%%% 
    6| -σ-σ | 
     |   ゝ  |  <チョンコまるだしだから
     \ ∀ / 
    │|  │ 
     U ♂ )
     │|│|
     ⊂つつ

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1151161164/l50
【大ヒット書き込み中】先行ぷスレ 今は座談会になってます。 【大ヒット書き込み

279 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 12:08:59



>渡来人の存在を否定するわけではないが、その遺伝的な影響が及びだしたのは、
>弥生開始期ではなく、弥生前期末以降の、北部九州で青銅器などの大陸系の遺物が
>急増する時期だというのである。

http://www14.plala.or.jp/bunarinn/dairyA/encarta/yayoiiseki/jiyomonkarayayoi/jiyomonyayoi.html
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/katudoh/kenkyuhokoku/031221/shiryo7.pdf



280 :日本@名無史さん:2006/08/13(日) 12:19:02
実は渡来人がやって来たのは水田技術と農耕具と土器技術が伝わり
弥生時代が開始してから300年くらいも経ってからの事なのである。

だから渡来人は稲作の開始とも水田の開始とも農耕具の開始とも
弥生土器の開始ともまーったく関係が無いのである。

明らかに渡来人が持ち込んだと考えられるのは青銅器のみ。

日本の青銅器文化は遼寧式と呼ばれる当時の満州南部に広がっていた
青銅器文化と一致し、中国の青銅器文化とは器種の有無や文様などで
大きく異なっている。

281 :日本@名無史さん:2006/08/14(月) 15:51:57
ここで「狄」は、異民族を表すケモノ扁に音符の亦(火は誤った形)を
組み合わせた字で、亦(テキ)とは高く抜き出た鳥の尾羽(?、卓)を
意味する。すなわち、頭(の帽子)に鳥の尾羽を掲げた異民族を指す
言葉だという。北方の蛮族を後代の中華では北狄と呼ぶが、殷は山東省に
拠った氏族と深い親近関係にあり、軍事力の過半を彼らに頼っていた。
簡狄の出自はおそらくその周辺(北東方)に勢力を張った氏族のひとつ
だったとみられ、分(春分・秋分)を司った玄鳥氏以下、多くの氏族が
殷の中枢に迎えられている。彼らは鳥を祖霊として信仰していた
(玄鳥氏、鳳鳥氏、青鳥氏、丹鳥氏、祝鳩氏といった氏姓は、黄帝の子、
小昊金天氏の代に定められた官位名ともいう)。中宗・太戌に仕えて
卜占を司った中衍(ちゅうえん)は「鳥身人言」の鳥巫であった。

以上の状況証拠から推測すると、殷代には太陽と鳥の信仰があり、おそ
らく広く民衆レベルで支持されていた。そのため歴代の(おそらく外来の)
王たちは、「太陽の子孫=天意を受けた支配者」という称号によって人心
掌握を計ったのではないかと考えられる。また鳥信仰の基盤は、北東方の
民族(北狄または東夷)から受け継がれたらしいこともわかる。
http://www.ne.jp/asahi/lapis/fluorite/essay/fav/gyokusou2.html

282 :日本@名無史さん:2006/08/14(月) 15:53:42


当時の古朝鮮半島の南部には鳥を神聖な神とする風俗が存在した事実が
認められ、日本の神社のどこにもある「とりい(鳥居)」も、もともと
「鳥が居る」という意味で、南朝鮮半島に多く存在する風俗であった。
それは、トリを村や村を守る災難避けの神とする古代信仰から生まれた
風俗で、村の入り口の立てられていた。5、6世紀に到来した馬、牛も騎乗、
運搬、耕作用であり、弥生文化が食用家畜の飼育を受け入れなかった
ことは、その後の日本の食文化に大きく影響した。

http://www.toolware.jp/helpdesk/citizenship/citizen34.html


283 :日本@名無史さん:2006/08/14(月) 15:54:21
>戦国時代、これらの人々は呉・越の滅亡による戦乱と混乱をさけるため、
>「ボートピープル」となって中国大陸を脱出、稲作と高床式住居を携え、
>江南とよく似た 気候(照葉樹林帯)の日本列島西部に到着しました。
>これが、弥生時代の幕開けとなったのでした。


高床式建築は5500年くらい前、稲作は6000年くらい前から日本には
ありますが何か?

BC4〜5Cに呉・越が滅亡するが、その500年前のBC10Cには既に
水田技術は日本に伝わっていますが何か?

日本最古の水田遺跡である菜畑遺跡や板付遺跡には江南に既にある
青銅器、灰陶や印紋陶や原始磁器や三足土器などの江南の土器や
その擬似物さえいっさい見られませんが何か?

その変わり、朝鮮無文土器やその擬似物の遠賀川式土器が
出てきますが何か?

284 :日本@名無史さん:2006/08/14(月) 15:56:38
お盆は、ビデオ借り放題だ。
センズリもし放題だ。

285 :日本@名無史さん:2006/08/14(月) 16:56:42
呉にある鼎とか盃なんて器種、弥生遺跡から出土しませんが何か?


呉王・闔盧は、非常に悲しんで滕玉を郡の西の昌門の外に葬った。
金の鼎や玉の盃、銀の樽や珠の宝物を娘への贈り物とした、
そのとき白鶴があらわれ、舞い、人々は鶴とついて行った人々が
墓の門まで行った。
http://www.ccv.ne.jp/home/tohou/siwa30.htm

金の鼎や玉の盃
金の鼎や玉の盃
金の鼎や玉の盃
金の鼎や玉の盃

286 :日本@名無史さん:2006/08/14(月) 18:32:53
========= 改め PUについてかたるスレ ===========
このスレはPUが作った乱発スレの一つですが、それを逆手にとりPU対策スレとしています
※PUは1人で自作自演して、他の人がせっかく入れた意見を、消し去ります。しかも結論も無い妄想や暴言で!何とかしてください!
PU=プラム=安曇連=がいやまん =太国=ヒッキー=サガミハラ=本田=定ちゃん=彼都
♪探して♪探して♪ 更新望む


【PU作成HPワクワクするね必見だよ!】
http://www1.ocn.ne.jp/~gengoman/MyPage/album_show8.html?page=7
このアドレスよその窓に、貼り付けてみてください。この窓からは重いかも
PUのマニアックな生態が窺い知れます。

お仕置きしちゃだめ

    %%%%%%%%% 
    6| -σ-σ | 
     |   ゝ  |  <チョンコまるだしだから
     \ ∀ / 
    │|  │ 
     U ♂ )
     │|│|
     ⊂つつ

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1151161164/l50
【大ヒット書き込み中】先行ぷスレ 今は座談会になってます。 【大ヒット書き込み中】




287 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 11:19:24
========= 改め PUについてかたるスレ ===========
このスレはPUが作った乱発スレの一つですが、それを逆手にとりPU対策スレとしています
※PUは1人で自作自演して、他の人がせっかく入れた意見を、消し去ります。しかも結論も無い妄想や暴言で!何とかしてください!
PU=プラム=安曇連=がいやまん =太国=ヒッキー=サガミハラ=本田=定ちゃん=彼都
♪探して♪探して♪ 更新望む


【PU作成HPワクワクするね必見だよ!】
http://www1.ocn.ne.jp/~gengoman/MyPage/album_show8.html?page=7
このアドレスよその窓に、貼り付けてみてください。この窓からは重いかも
PUのマニアックな生態が窺い知れます。

お仕置きしちゃだめ

    %%%%%%%%% 
    6| -σ-σ | 
     |   ゝ  |  <チョンコまるだしだから
     \ ∀ / 
    │|  │ 
     U ♂ )
     │|│|
     ⊂つつ

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1151161164/l50
【大ヒット書き込み中】先行ぷスレ 今は座談会になってます。 【大ヒット書き込み中】




288 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 13:52:36
========= 改め PUについてかたるスレ ===========
このスレはPUが作った乱発スレの一つですが、それを逆手にとりPU対策スレとしています
※PUは1人で自作自演して、他の人がせっかく入れた意見を、消し去ります。しかも結論も無い妄想や暴言で!何とかしてください!
PU=プラム=安曇連=がいやまん =太国=ヒッキー=サガミハラ=本田=定ちゃん=彼都
♪探して♪探して♪ 更新望む


【PU作成HPワクワクするね必見だよ!】
http://www1.ocn.ne.jp/~gengoman/MyPage/album_show8.html?page=7
このアドレスよその窓に、貼り付けてみてください。この窓からは重いかも
PUのマニアックな生態が窺い知れます。

お仕置きしちゃだめ

    %%%%%%%%% 
    6| -σ-σ | 
     |   ゝ  |  <チョンコまるだしだから
     \ ∀ / 
    │|  │ 
     U ♂ )
     │|│|
     ⊂つつ

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1151161164/l50
【大ヒット書き込み中】先行ぷスレ 今は座談会になってます。 【大ヒット書き込み中】




289 :日本@名無史さん:2006/08/15(火) 20:11:57
最も重要な事は、弥生時代が開始して300年くらい後の遺跡からでないと
渡来人骨なんか出土しないという事だ。

つまり、水田技術、無文土器技術、農工具技術を持ち込み弥生時代を
開始させたのは渡来人骨の持ち主ではないという事なのである。

弥生時代の途中からようやく青銅器とともに渡来人骨が出土し始める訳だが、
その渡来人骨は朝鮮半島の古代人骨とは形質が異なり、彼らが持ち込んできた
青銅器は中国青銅器とは器種や器形や文様などで大きく異なっており、
遼寧式(満州式)と一致するというのである。

これらの情報から読み取れる事は、水田技術、無文土器技術、農工具技術を
持ち込んで弥生時代を開始させたのは朝鮮半島南部と交流していた縄文人自身
であるという事と、弥生時代の途中で渡来人骨の持ち主が満州以北から満州式
の青銅器をたずさえて朝鮮半島を抜けて九州北部までやって来たという事である。

290 :太国:2006/08/15(火) 21:24:06
========= 改め PUについてかたるスレ ===========
このスレはPUが作った乱発スレの一つですが、それを逆手にとりPU対策スレとしています
※PUは1人で自作自演して、他の人がせっかく入れた意見を、消し去ります。しかも結論も無い妄想や暴言で!何とかしてください!
PU=プラム=安曇連=がいやまん =太国=ヒッキー=サガミハラ=本田=定ちゃん=彼都
♪探して♪探して♪ 更新望む


【PU作成HPワクワクするね必見だよ!】
http://www1.ocn.ne.jp/~gengoman/MyPage/album_show8.html?page=7
このアドレスよその窓に、貼り付けてみてください。この窓からは重いかも
PUのマニアックな生態が窺い知れます。

お仕置きしちゃだめ

    %%%%%%%%% 
    6| -σ-σ | 
     |   ゝ  |  <チョンコまるだしだから
     \ ∀ / 
    │|  │ 
     U ♂ )
     │|│|
     ⊂つつ

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1151161164/l50
【大ヒット書き込み中】先行ぷスレ 今は座談会になってます。 【大ヒット書き込み中】




291 :太国:2006/08/16(水) 12:46:51
========= 改め PUについてかたるスレ ===========
このスレはPUが作った乱発スレの一つですが、それを逆手にとりPU対策スレとしています
※PUは1人で自作自演して、他の人がせっかく入れた意見を、消し去ります。しかも結論も無い妄想や暴言で!何とかしてください!
PU=プラム=安曇連=がいやまん =太国=ヒッキー=サガミハラ=本田=定ちゃん=彼都
♪探して♪探して♪ 更新望む


【PU作成HPワクワクするね必見だよ!】
http://www1.ocn.ne.jp/~gengoman/MyPage/album_show8.html?page=7
このアドレスよその窓に、貼り付けてみてください。この窓からは重いかも
PUのマニアックな生態が窺い知れます。

お仕置きしちゃだめ

    %%%%%%%%% 
    6| -σ-σ | 
     |   ゝ  |  <チョンコまるだしだから
     \ ∀ / 
    │|  │ 
     U ♂ )
     │|│|
     ⊂つつ

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1151161164/l50
【大ヒット書き込み中】先行ぷスレ 今は座談会になってます。 【大ヒット書き込み中】




292 :日本@名無史さん:2006/08/16(水) 13:36:17
つか、まだ渡来人が稲作を持ってきたと思い込んでる馬鹿、知障、脳障害、
低知能、知恵遅れっているの?w

293 :太国:2006/08/16(水) 13:43:29
========= 改め PUについてかたるスレ ===========
このスレはPUが作った乱発スレの一つですが、それを逆手にとりPU対策スレとしています
※PUは1人で自作自演して、他の人がせっかく入れた意見を、消し去ります。しかも結論も無い妄想や暴言で!何とかしてください!
PU=プラム=安曇連=がいやまん =太国=ヒッキー=サガミハラ=本田=定ちゃん=彼都
♪探して♪探して♪ 更新望む


【PU作成HPワクワクするね必見だよ!】
http://www1.ocn.ne.jp/~gengoman/MyPage/album_show8.html?page=7
このアドレスよその窓に、貼り付けてみてください。この窓からは重いかも
PUのマニアックな生態が窺い知れます。

お仕置きしちゃだめ

    %%%%%%%%% 
    6| -σ-σ | 
     |   ゝ  |  <チョンコまるだしだから
     \ ∀ / 
    │|  │ 
     U ♂ )
     │|│|
     ⊂つつ

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1151161164/l50
【大ヒット書き込み中】先行ぷスレ 今は座談会になってます。 【大ヒット書き込み中】




294 :太国:2006/08/16(水) 16:40:16
========= 改め PUについてかたるスレ ===========
このスレはPUが作った乱発スレの一つですが、それを逆手にとりPU対策スレとしています
※PUは1人で自作自演して、他の人がせっかく入れた意見を、消し去ります。しかも結論も無い妄想や暴言で!何とかしてください!
PU=プラム=安曇連=がいやまん =太国=ヒッキー=サガミハラ=本田=定ちゃん=彼都
♪探して♪探して♪ 更新望む


【PU作成HPワクワクするね必見だよ!】
http://www1.ocn.ne.jp/~gengoman/MyPage/album_show8.html?page=7
このアドレスよその窓に、貼り付けてみてください。この窓からは重いかも
PUのマニアックな生態が窺い知れます。

お仕置きしちゃだめ

    %%%%%%%%% 
    6| -σ-σ | 
     |   ゝ  |  <チョンコまるだしだから
     \ ∀ / 
    │|  │ 
     U ♂ )
     │|│|
     ⊂つつ

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1151161164/l50
【大ヒット書き込み中】先行ぷスレ 今は座談会になってます。 【大ヒット書き込み中】




295 :日本@名無史さん:2006/08/17(木) 21:32:56
もう朝鮮ネタ秋田から、世界史板かハングル板でやってくれんか、ここは日本史板

もう朝鮮ネタ秋田から、世界史板かハングル板でやってくれんか、ここは日本史板

もう朝鮮ネタ秋田から、世界史板かハングル板でやってくれんか、ここは日本史板

もう朝鮮ネタ秋田から、世界史板かハングル板でやってくれんか、ここは日本史板


296 :日本@名無史さん:2006/08/18(金) 22:45:14
>戦国時代、これらの人々は呉・越の滅亡による戦乱と混乱をさけるため、「ボートピープル」
>なって中国大陸を脱出、稲作と高床式住居を携え、江南とよく似た 気候(照葉樹林帯)の
>日本列島西部に到着しました。これが、弥生時代の幕開けとなったのでした。


高床式建築は5500年くらい前、稲作は6000年くらい前から日本にはありますが何か?

BC4〜5Cに呉・越が滅亡するが、その500年前のBC10Cには既に水田技術は日本に
伝わっていますが何か?

日本最古の水田遺跡である菜畑遺跡や板付遺跡には江南に既にある青銅器、灰陶や印紋陶や
原始磁器や三足土器などの江南の土器やその擬似物さえいっさい見られませんが何か?

その変わり、朝鮮無文土器やその擬似物の遠賀川式土器が出てきますが何か?

297 :日本@名無史さん:2006/08/18(金) 22:59:01
もう朝鮮ネタ秋田から、世界史板かハングル板でやってくれんか、ここは日本史板

もう朝鮮ネタ秋田から、世界史板かハングル板でやってくれんか、ここは日本史板

もう朝鮮ネタ秋田から、世界史板かハングル板でやってくれんか、ここは日本史板

もう朝鮮ネタ秋田から、世界史板かハングル板でやってくれんか、ここは日本史板


298 :日本@名無史さん:2006/08/19(土) 23:40:00
>>297 ほれっw
●越族 えつぞく

中国の長江中下流以南に広く分布していた民族。粤(えつ)とも書かれる。地域によって,於越(于越),甌越
(越東海,東甌),ビンエツ※注1※(東越),揚越,山越,南越,西甌(甌),駱越(駱)などがあり,総称して
百越(百粤)と呼ばれた。於越は春秋戦国時代に浙江省北半部を本拠に越という国を建てた。甌越は浙江省南部の
甌江流域により,ビンエツ※注1※は福建省ビンコウ※注2※流域を中心とした。揚越は揚州にいた越で,西甌,
駱越は広西壮族自治区,あるいは北ヴェトナムにまでひろがっていたとみられている。秦代末期の混乱に乗じて,
趙佗(ちょうた)が番禺(ばんぐう,広東省広州市)を都に南越(南粤)国を建て,5代97年のあいだつづいたが,
漢の武帝の前111年(元鼎6),漢に滅ぼされた。越族の習俗については,入墨・断髪などが知られ,文化について
は,新石器時代から春秋戦国時代まで盛んにつくられた幾何印紋土器が越族の文化の一つと考えられている。
http://www.tabiken.com/history/doc/C/C080C100.HTM
幾何印紋土器が越族の文化の一つと考えられている
幾何印紋土器が越族の文化の一つと考えられている
幾何印紋土器が越族の文化の一つと考えられている
幾何印紋土器が越族の文化の一つと考えられている

299 :日本@名無史さん:2006/08/20(日) 19:34:44
よーっしゃ!

朝鮮半島の本当の土着系人種バラしたろw


こうした研究成果から想像をたくましくすれば、同じ人種の海洋民が朝
鮮南部沿岸と対馬、西北九州一帯に住んでいたとも考えられます。実際これを
裏付けるかのように、韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が
発掘されたと、釜山大学・鹿児島大学の共同作業チームが報告しています。
http://www.han.org/a/half-moon/hm009.html

韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された
韓国の煙台島から縄文人とそっくりのたくましい人骨が発掘された




300 :日本@名無史さん:2006/08/21(月) 14:46:24
スレタイに騙されたかけた・・・

【韓国】韓国の歴史教科書の内容が事実なら1億ウォン差し上げます★2[08/07]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1154995119/
http://p2.chbox.jp/read.php?host=news18.2ch.net&bbs=news4plus&key=1154995119&ls=all
(画像)http://imgnews.naver.com/image/022/2006/08/07/kuk.jpg

ある歴史団体が破格の褒賞金を掲げて話題になっている。
『小・中・高校歴史教科書を正す運動』をしている真の歴史文化研究会( www.coreahistory.or.kr )は最近、
一部の日刊紙の広告とホームページを通じ、「現在の歴史教科書に載せられている内容の中身は、
日帝により歪曲された内容がそのまま反映されたものが多い」とし、「歪曲された教科書の内容を
事実だと完璧に立証できる人がいれば賞金として1億ウォンを差し上げます」と明らかにした。

この団体は歴史学者キム・ジョンソ博士(中央大教授)の主張を元に、現在小・中・高校の歴史教科書の
一部の内容が歪曲されていると主張している。主要内容は、■我が民族が世界で最初の国家である
神市を建立し、弘益人間は檀君の建国理捻ではなく神市の建国理捻だ。■檀君朝鮮は神話ではなく
実在した歴史で、1908年の間中国・北京地域から満洲と沿海州、韓半島に至る8000里領土の大帝国で、
中国を支配していた。■箕子朝鮮は事大主義者達の想像の中がけに存在する国家で、衛氏(衛満)
朝鮮に滅亡させられた準王の朝鮮は箕子朝鮮ではなく孤竹国を受け継いだ国家で、その領域は
中国の河北省東部地域にあったなどである。

キム博士は、『神市・檀君朝鮮史研究』と『檀君朝鮮領土研究』、『韓市郡の実際の位置研究』などの内容を裏付ける論文を発表して来た。

ソース:NAVER/世界日報(韓国語)
http://news.naver.com/news/read.php?mode=LSS2D&office_id=022&article_id=0000176353


参考画像
http://www.history.or.kr/ttmall/jrs1.gif
http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20060805022320.jpg

301 :日本@名無史さん:2006/08/21(月) 19:48:30
最も重要な事は、弥生時代が開始して300年くらい後の遺跡からでないと
渡来人骨なんか出土しないという事だ。

つまり、水田技術、無文土器技術、農工具技術を持ち込み弥生時代を
開始させたのは渡来人骨の持ち主ではないという事なのである。

弥生時代の途中からようやく青銅器とともに渡来人骨が出土し始める訳だが、
その渡来人骨は朝鮮半島の古代人骨とは形質が異なり、彼らが持ち込んできた
青銅器は中国青銅器とは器種や器形や文様などで大きく異なっており、
遼寧式(満州式)と一致するというのである。

これらの情報から読み取れる事は、水田技術、無文土器技術、農工具技術を
持ち込んで弥生時代を開始させたのは朝鮮半島南部と交流していた縄文人自身
であるという事と、弥生時代の途中で渡来人骨の持ち主が満州以北から満州式
の青銅器をたずさえて朝鮮半島を抜けて九州北部までやって来たという事である。

302 :日本@名無史さん:2006/08/22(火) 19:07:48
『日韓同祖論』という妄説がある。
学問的な根拠がまったくない、まさに妄説であり、狂説である。
日本人と韓国人が、何の関係もない別種の民族であることは、
両民族の言語を分析すれば すぐに理解できる。

【日本語】 【韓国語】        【現代北京語】
空(そら)→ ハヌル          コン
稲(いね)→ ビョ           タオ

白(しろ) → ヒンセク        パイ
白い(シロい)→ ヒダ         パイティー(白的)
頭(あたま)→ モリ          トウ
目(め)――→ ヌン          ムー
手(て)――→ ソン(またはパル)   ショウ
足(あし)―→ ダリ          足(ツー)、脚(チアオ)

犬(いぬ)―→ ゲ           犬(チュアン)、狗(コウ)
猫(ねこ)―→ ゴヤンイ        マオ
虎(とら)―→ ホランイ(またはボム) フー

刀(かたな)→ カル          タオ
弓(ゆみ)―→ ファル         コン
槍(やり)―→ チャン         チアン

比較してみれば、まるで違う言語であることが分かるであろう。
『日韓同祖論』がいかに馬鹿げた説か、理解できますね。


303 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 06:39:18
日本人の50%位が持っていて、アイヌ人の90%位が持っている、
縄文人の固有遺伝子である「YAP+」を、朝鮮人は、1%位しか持っていない。

従って、朝鮮人は、縄文人の血を、ほとんど、ひいていない。


朝鮮半島の縄文人に似た人種は、縄文人ではなく、縄文人に似た南方モンゴロイド。

縄文人は、「YAP+」を持っており、長頭から中頭で、非絶壁頭。

南方モンゴロイドは、「YAP+」を持っておらず、短頭で、絶壁頭。


遺跡の分布の研究から、縄文人の90%近くが東海・北陸以東の東日本に住んでいた事が判明している。

西日本の縄文人遺伝子は、
鎌倉時代、江戸幕府樹立時等に、関東武士・東日本武士の一部が、西日本に移り住み、持ち込まれたもの。

304 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 06:40:41
日本に来た渡来系には、大きく2種類あったと思われる

朝鮮半島から渡来したもの。
B52−DR2、弥生人である。
特徴として、頬骨が発達している

すでに、弥生人が西日本を占拠していたころに
北朝鮮から、瀬戸内海を通り、西日本を素通りして、新しく関西周辺に入ってきた渡来人
B44−DR13である。
顔の特徴は頬骨が前者の弥生人程発達してなく、蚕型の輪郭をしている
関西周辺から入り、秋田方面、東海方面へと広がっていった
やはり西日本は弥生人がすでに占拠していたため、
西日本にはあまり入りこめず西に行くほど頻度は低くなる

「B44ーDR13」は関東で5,7%、
韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
東海10,7%でも頻度が高い。濃尾平野以西に多いタイプ。

305 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 06:42:23
朝鮮人の最多ハプロタイプで、関西人の準最多ハプロタイプ・B44−DR13は、
南方モンゴロイドのHLAの1つではなく、
渡来人のHLAの1つ。

もし、
朝鮮人の最多ハプロタイプで、関西人の準最多ハプロタイプ・B44−DR13が、
南方モンゴロイドのHLAの1つなら、

朝鮮人・関西人は、東南アジア人と同じ、南方モンゴロイド系という事になるが、
朝鮮人に南方モンゴロイド顔の人は、10人に2人位、
関西人に南方モンゴロイド顔の人は、10人に1人位しかいなく、
マイナーな存在。


朝鮮人・関西人が、南方モンゴロイド系に見える、思えるというならば、
精神病院に行けよ。


「B44ーDR13」は関東で5,7%、
韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、関西6,6%、
東海10,7%でも頻度が高い。濃尾平野以西に多いタイプ。

306 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 06:43:46
現代朝鮮人・関西周辺人・中国地方人は同じ新モンゴロイド系だが、
関西周辺人だけ、ぶっちぎりで現代朝鮮人に近い、
現代朝鮮人と同一の血を持つ集団が、弥生時代から古墳時代頃に関西周辺にだけ土着したという証拠である。


朝鮮系の子孫は、関西を中心にドーナツ状に分布しています。

手掌紋D線3型出現率から求めた朝鮮人との距離

朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。いうまでもなく、まんま朝鮮。
中部 0.012←平均的な甲信越を含みながら、この値は驚き!関西のとなりの濃尾平野は朝鮮。
中国 0.035←日本文化の本流。平均的。
九州 0.035←日本文化の本流。平均的。
四国 0.038←日本文化の本流。平均的。
東京 0.048←日本文化の本流。関西〜濃尾平野(バカ発生地帯)とは別世界。
東北 0.068←日本文化の本流。関西〜濃尾平野(バカ発生地帯)とは別世界。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118

山口敏「日本人の顔と身体」より

307 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 06:45:53
 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  |
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i
   _  |.\  人__ノ   6 |
   \ ̄  ○        /
.     \          厂
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \
      ∧
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あははははは。チョンは、縄文人遺伝子がカラッポ!

308 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 06:54:28
縄文人も、渡来系弥生人も、
弥生時代は、土器・石器をつくって生活していた。

石器に使われていた石は、「サヌカイト」という石だった事が判明している。

当時は、どっちも原住民レベル・土人レベルだな。


http://www.city.sakaide.kagawa.jp/local/sanukite.html

309 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 07:35:58
>>306 近畿が朝鮮系という説や、関東の方言、騎馬習慣が朝鮮系と言ったり
東北弁が朝鮮語に似ていると言ったり、忙しいこっちゃ。


310 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 08:31:47
関東の騎馬習慣は、アイヌと近縁。


>鎌倉武士はアイヌと近縁である


>アメリカから見た鎌倉:ブレイスのアイヌ−サムライ説


>1989年に、ミシガン大のローリング・ブレイス教授らは「Reflections on the Face of Japan」という論文をAmerican Journal of Physical Anthropologyに発表した。

>この論文で、ブレイスらは、鎌倉の材木座・極楽寺付近から出土した1333年の鎌倉攻めの犠牲者人骨の歯のサイズと頭蓋骨計測データを用いて、
>鎌倉武士はアイヌと近縁であるという説を唱え、アメリカで注目を集めた。

>今回、ブレイスの頭蓋骨計測データを新しい統計処理法を使って再分析した。

>また、歯の計測データに関しては、ブレイスらは歯の合計面積の平均値のみを使って集団間の血縁関係を議論したが、
>今回は、個々の歯のサイズのデータを用いて多変量解析を行い、それらの結果を報告する。

311 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 08:33:32
鎌倉・由比が浜で見つかった、多数の関東武士の頭骨を調べたら、長頭で彫りが深かった。


ブレイス博士の武士=縄文系の視点はなかなか興味深いものです。
鎌倉時代に由比ガ浜だったですか、大量の関東武士の骨が出てきて
学者が調べると、現代日本人と頭骨が著しく異なることがわかりました。
つまり、現代人が中頭〜短頭なのに、これらの武士は長頭だったのです。
いままで、日本人の小進化だと思ってましたが、これが縄文系だとすると
合点がいきます。

武士道とは弓馬の道で、弓の技術が尊ばれ、刀が武士の命となったのは、江戸時代
でした。弓といえばアイヌが弓の名手として有名です。

幕末から明治にかけて来日した欧米人が日本人には2種類の人々がいて、武士階級
は名誉を重んじ、威風堂々として礼儀正しい人々だと書き残している。
また、一般の人々とは容姿も異なり、武士は背が高く、中高の精悍な顔をしている
と言っている。
絵巻物を見ても騎馬武者と兵卒では容姿が異なっている。

縄文人が、実は武士団に血統を色濃く残していたと
考えると、ブレイス博士の言ってることは、新鮮で興味深い。

312 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 08:39:36
最も重要な事は、弥生時代が開始して300年くらい後の遺跡からでないと
渡来人骨なんか出土しないという事だ。

つまり、水田技術、無文土器技術、農工具技術を持ち込み弥生時代を
開始させたのは渡来人骨の持ち主ではないという事なのである。

弥生時代の途中からようやく青銅器とともに渡来人骨が出土し始める訳だが、
その渡来人骨は朝鮮半島の古代人骨とは形質が異なり、彼らが持ち込んできた
青銅器は中国青銅器とは器種や器形や文様などで大きく異なっており、
遼寧式(満州式)と一致するというのである。

これらの情報から読み取れる事は、水田技術、無文土器技術、農工具技術を
持ち込んで弥生時代を開始させたのは朝鮮半島南部と交流していた縄文人自身
であるという事と、弥生時代の途中で渡来人骨の持ち主が満州以北から満州式
の青銅器をたずさえて朝鮮半島を抜けて九州北部までやって来たという事である。

313 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 08:53:05





>渡来人の存在を否定するわけではないが、その遺伝的な影響が及びだしたのは、
>弥生開始期ではなく、弥生前期末以降の、北部九州で青銅器などの大陸系の遺物が
>急増する時期だというのである。

http://www14.plala.or.jp/bunarinn/dairyA/encarta/yayoiiseki/jiyomonkarayayoi/jiyomonyayoi.html
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/katudoh/kenkyuhokoku/031221/shiryo7.pdf





314 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 14:09:51
>>303-306
なんか知能指数が50以下の精薄児が書いたような人類学的創作だなw

悪いけど、ここにはもうそんな低級な創作に引っかかる低脳などいない
だろね。

ああ、一人おったわ。

オマエという低級な存在を忘れていたよw

いやあ、あまりに低級な存在なんで、ついつい忘れてしまった(爆笑)

315 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 16:54:30
『日韓同祖論』という妄説がある。
学問的な根拠がまったくない、まさに妄説であり、狂説である。
日本人と韓国人が、何の関係もない別種の民族であることは、
両民族の言語を分析すれば すぐに理解できる。

【日本語】 【韓国語】        【現代北京語】
空(そら)→ ハヌル          コン
稲(いね)→ ビョ           タオ

白(しろ) → ヒンセク        パイ
白い(シロい)→ ヒダ         パイティー(白的)
頭(あたま)→ モリ          トウ
目(め)――→ ヌン          ムー
手(て)――→ ソン(またはパル)   ショウ
足(あし)―→ ダリ          足(ツー)、脚(チアオ)

犬(いぬ)―→ ゲ           犬(チュアン)、狗(コウ)
猫(ねこ)―→ ゴヤンイ        マオ
虎(とら)―→ ホランイ(またはボム) フー

刀(かたな)→ カル          タオ
弓(ゆみ)―→ ファル         コン
槍(やり)―→ チャン         チアン

比較してみれば、まるで違う言語であることが分かるであろう。
『日韓同祖論』がいかに馬鹿げた説か、理解できますね。

316 :日本@名無史さん:2006/08/23(水) 17:57:38
韓国がベトナム戦争に参戦した影響が現在も残っている。韓国軍による虐殺や、
韓国軍兵士による現地ベトナム人女性への買春やレイプで生まれた子供が、
現在1万人以上存在しているが、韓国より謝罪や補償が全くされていないため、
両国間で問題になっている(韓越混血児問題)。また、ベトナム戦争について、
韓国の国定教科書では1行程度しかふれられていないため、韓国が戦争に参加
した歴史を知らない若者は多い。その記述内容は「共産侵略を受けている
ベトナムを支援するために国軍を派兵した」というものである。


317 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 01:04:18
現代朝鮮人・関西周辺人・中国地方人は、同じ北方モンゴロイド系だが、
関西周辺人だけ、ぶっちぎりで現代朝鮮人に近い、
現代朝鮮人と同一の血を持つ集団が、弥生時代から古墳時代頃に関西周辺にだけ土着したという証拠である。


朝鮮系の子孫は、関西を中心にドーナツ状に分布しています。

手掌紋D線3型出現率から求めた朝鮮人との距離

朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。いうまでもなく、まんま朝鮮。
中部 0.012←平均的な甲信越を含みながら、この値は驚き!関西のとなりの濃尾平野は朝鮮。
中国 0.035←日本文化の本流。平均的。
九州 0.035←日本文化の本流。平均的。
四国 0.038←日本文化の本流。平均的。
東京 0.048←日本文化の本流。関西〜濃尾平野(バカ発生地帯)とは別世界。
東北 0.068←日本文化の本流。関西〜濃尾平野(バカ発生地帯)とは別世界。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118

山口敏「日本人の顔と身体」より

318 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 01:09:31
朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。いうまでもなく、まんま朝鮮。

・・・0と0.007では全然違うな。近畿は朝鮮より0.012の中部の方が近い。


319 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 01:11:23
>>314
コピペにマジレスした、オマエは、知能指数が50以下の精薄児だな。( ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ

320 :YAP?:2006/08/24(木) 09:01:13

何を以って「朝鮮系」というのやら良くわからない。

半島は、日本列島以上に、諸民族が
流入したことは、歴史時代の諸記録に明らかだ。

で、その「半島に流入した」諸民族には、扶余系諸族や、「オランケ」と称された
女真族のような満州・ツングース語族、チンギズ汗以降のモンゴル族、また、『魏志倭人伝』
にあるように、半島南部の鉄資源に接近した倭人、山東半島から主に渡来した楽浪王氏を、
はじめとする漢族などがはっきり記録されているが、そのあたりの種族の形質的な特徴も不明なのに、
ある指標のみがたまたま、日本の一部の地方と半島現代人の平均的指標と一致するからといって、
朝鮮人入植が多かったことの証拠になどまったくならないだろう。

半島からの移住者があったと想定される時期の「韓族」(これも百済・新羅・高句麗・任那で均質的
だったかは疑問だが)の形質的特長がふめいだが、まあ、その下限を仮に、
古墳時代だとして、それ以後、列島には大量の半島からの渡来者は確認されていないが、
半島側では、以後も、女真族、モンゴル族などが流入し続けていることは、皆承知だろう。

第一、李氏朝鮮の開祖の李成桂だって、女真族の疑いが濃厚だぞ。
まあ、「中国風の姓名」を持つのは、東アジアではある種当たり前だが、それが
「女真名」を持つとなると、果たして「朝鮮族(韓民族)」の出自だったかは、検討の余地があるだろう。

321 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 10:25:48
>>319
いいや。

オマエのような日本人のフリをして自国や在日に都合の良い317みたいな
単に北方モンゴロイドとの混成度を示しているだけのものを「朝鮮系の子孫」
と銘打ったウソ・デタラメ・まやかしを作為的に1万回刷り込む事によって
ウソを本当にしていくのがオマエら中国人・朝鮮人工作員の手口だという事を
よーく知っている少なくとも知能指数100以上の人間のようだがw

(゚∀゚)オマエコソ チョーセンジンムキダシデ バカジャネーノ

322 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 11:07:20
何が朝鮮系の子孫末裔だよ。

ウソ刷り込み嘗糞ビビンバ野郎がw

単に北方モンゴロイドとの距離だろ。

弥生人が朝鮮半島に定着しなかった北方アジア人なだけ。

323 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 14:03:47
シナ人は勿論、朝鮮人は日本人以上の雑種民族なのだ。その雑種が日本へ渡来した
として、どうして日本人が朝鮮系になるのだ。


324 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 14:16:28
朝鮮ともかく、怖いのはシナ人の妄想だよw今は隠してるが
雑種度合いに比例し電波も強烈、戦争もんだよw

325 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 14:55:58
江南刷り込みジジイとか徐福とか南京事件とか、
ここにも南京虫がよく涌いてるねw

彼らの場合、妄想じゃないんだよね。

破綻しているという事を自覚しているから。

つまり作為的に刷り込み活動して誘導している確信犯。

326 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 15:41:51
『日韓同祖論』という妄説がある。
学問的な根拠がまったくない、まさに妄説であり、狂説である。
日本人と韓国人が、何の関係もない別種の民族であることは、
両民族の言語を分析すれば すぐに理解できる。

【日本語】 【韓国語】        【現代北京語】
空(そら)→ ハヌル          コン
稲(いね)→ ビョ           タオ

白(しろ) → ヒンセク        パイ
白い(シロい)→ ヒダ         パイティー(白的)
頭(あたま)→ モリ          トウ
目(め)――→ ヌン          ムー
手(て)――→ ソン(またはパル)   ショウ
足(あし)―→ ダリ          足(ツー)、脚(チアオ)


327 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 15:42:47


犬(いぬ)―→ ゲ           犬(チュアン)、狗(コウ)
猫(ねこ)―→ ゴヤンイ        マオ
虎(とら)―→ ホランイ(またはボム) フー

刀(かたな)→ カル          タオ
弓(ゆみ)―→ ファル         コン
槍(やり)―→ チャン         チアン

比較してみれば、まるで違う言語であることが分かるであろう。
『日韓同祖論』がいかに馬鹿げた説か、理解できますね。


328 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 15:54:26

【 ☆ 決定 ☆ 朝鮮族の母体はエベンキ系「沃沮、濊狛」人  】

(イルクーツク=連合ニュース) 金兵曹記者 ="バイカル湖隣近の少数民族
エベンキ族'は現在までアリラン'と `スリーと'という単語を使っています"
アリランは迎える、スリーは感じて分かる『アリランスリー』と'は
古代北方シャマニズムの葬礼文化で 「魂を迎えて別離の悲しみをたえる」と言う
今は朝鮮族も忘れてしまった、意味だったことに推定される"と強調した。
エベンキ族の祖先は「熊と人間の女との間に生まれた」と檀君神話と同じで有る。
沃沮人はオンドルの発明者、虎が好きで体を浮かす様な舞をする、ソッテも大事。
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&page=2&nid=1661088&st=writer_id&sw=wakatakeru

http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1553866


329 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 15:55:05

【 ☆ 決定 ☆ 朝鮮族の母体はエベンキ系「沃沮、濊狛」人  】

その風俗は山川が重なり、山川には各部族がおり、みだりに干渉することはできない。
同姓は婚姻できない。多くの忌諱があり、(家族が)疾病で死んだときは、すぐに旧宅を
廃棄し、更(通典では夏)に新居を建てる。麻布があり、蚕糸で絹を作る。 夜明けの星宿
(二十八宿の占い)から、その歳の作物の豊穣を予想する。珠玉を宝としない。
 常用十月の節句(重陽の節句。旧暦9月9日)に天を祭り、昼夜に酒を飲み、歌い踊る、
これを「舞天」 という。また虎を神として祭る。その邑落は互いに侵犯するが、刑罰とし
て相手に生口(せいこう=奴婢) と牛馬を差し出す、これを「責禍」という。人を殺した
者は死をもって贖(あがな)う。強盗は少ない。・・・・『三国志、魏書、濊伝』・・・


330 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 16:47:05
>>326-329
朝鮮半島に定着しなかった種族なのに、日韓同祖論とか、
半島に定着した沃沮・濊狛とか、関係あるわけがないでしょw

そんなもの出すだけ野暮だよ。

朝鮮半島を抜けて来ただけ。
朝鮮半島を通り過ぎただけ。

331 :日本@名無史さん:2006/08/24(木) 17:08:26
だから、大和民族の方向性で十分なのよw
そのルーツ思考だよ。

332 :YAP?:2006/08/24(木) 20:12:43
エヴェンキ族やエヴェン族は、れっきとした満州・ツングース語族だ。
そもそも、「ツングース」とは、エヴェンキの別称だ。

いつ、「韓国語(朝鮮語)」が、ツングース語族〜語派の1つに認定されたのかね?
朝鮮人は、女真族を「オランケ」とか「オランカイ」とか呼んで、野蛮人として
蔑視していたはずだが?

333 :プラム 似非長州:2006/08/25(金) 01:32:53
========= 改め PUについてかたるスレ ===========
このスレはPUが作った乱発スレの一つですが、それを逆手にとりPU対策スレとしています
※PUは1人で自作自演して、他の人がせっかく入れた意見を、消し去ります。しかも結論も無い妄想や暴言で!何とかしてください!
PU=プラム=安曇連=がいやまん =太国=ヒッキー=サガミハラ=本田=定ちゃん=彼都
♪探して♪探して♪ 更新望む


【PU作成HPワクワクするね必見だよ!】
http://www1.ocn.ne.jp/~gengoman/MyPage/album_show8.html?page=7
このアドレスよその窓に、貼り付けてみてください。この窓からは重いかも
PUのマニアックな生態が窺い知れます。

お仕置きしちゃだめ

    %%%%%%%%% 
    6| -σ-σ | 
     |   ゝ  |  <チョンコまるだしだから
     \ ∀ / 
    │|  │ 
     U ♂ )
     │|│|
     ⊂つつ

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1151161164/l50
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1151055171/l50
【大ヒット書き込み中】先行ぷスレ 今は座談会になってます。 【大ヒット書き込み中】




334 :日本@名無史さん:2006/08/25(金) 05:49:02
現代朝鮮人・関西周辺人・中国地方人は、同じ北方モンゴロイド系だが、
関西周辺人だけ、ぶっちぎりで現代朝鮮人に近い、
現代朝鮮人と同一の血を持つ集団が、弥生時代から古墳時代頃に関西周辺にだけ土着したという証拠である。


朝鮮系の子孫は、関西を中心にドーナツ状に分布しています。

手掌紋D線3型出現率から求めた朝鮮人との距離

朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。いうまでもなく、まんま朝鮮。
中部 0.012←平均的な甲信越を含みながら、この値は驚き!関西のとなりの濃尾平野は朝鮮。
中国 0.035←日本文化の本流。平均的。
九州 0.035←日本文化の本流。平均的。
四国 0.038←日本文化の本流。平均的。
東京 0.048←日本文化の本流。関西〜濃尾平野(バカ発生地帯)とは別世界。
東北 0.068←日本文化の本流。関西〜濃尾平野(バカ発生地帯)とは別世界。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118

山口敏「日本人の顔と身体」より

335 :日本@名無史さん:2006/08/25(金) 06:05:07
日本人と朝鮮人の見分け方



※1
絶壁頭=短頭=朝鮮人

短髪・丸刈り頭にした時や、髪をゴムでまとめた時などに、
頭を横から見ると、
頭の前後の長さが、頭の上から首まで、ほぼ同じで、
頭の後ろが、頭の上から首まで、ほぼ垂直に一直線になる。
頭を横から見ると、「□」形になる。
前←□→後ろ


非絶壁頭=長頭・中頭・中頭に近い短頭=日本人

短髪・丸刈り頭にした時や、髪をゴムでまとめた時などに、
頭を横から見ると、頭の後ろが、頭の上から首まで、「つ」の字形になる。
前←つ→後ろ



※2
短頭=頭が左右に長く、前後に短い。頭を上から見ると正方形・正方形に近い・左右に長い長方形のどれかになる。=朝鮮人
長頭=頭が左右に短く、前後に長い。頭を上から見ると前後に長い長方形。=日本人
中頭=短頭と長頭の中間=日本人

336 :日本@名無史さん:2006/08/25(金) 06:16:26
>>335 巨顔異性人は冥王星人((笑))

337 :日本@名無史さん:2006/08/25(金) 06:19:06
>>321
よぉ朝鮮人。
他所の国の心配するより、自分の国の心配でもしてろよw
そろそろ大変なことになりそうだぞwwwwwww

338 :日本@名無史さん:2006/08/25(金) 06:23:01
コピペに釣られたオイラ(笑)

339 :日本@名無史さん:2006/08/25(金) 08:29:36
>>337
何が朝鮮系の子孫末裔だよ。

このウソ刷り込み嘗糞ビビンバ野郎がw

単に北方モンゴロイドとの距離だろが。

弥生人が朝鮮半島に定着しなかった北方アジア人なだけ。

340 :日本@名無史さん:2006/08/25(金) 08:52:59
>>334



で、手掌紋D線3型が朝鮮系固有のものであるという証拠は?




341 :通りすがり:2006/08/25(金) 11:29:03


おめーら、全員コテハンにすれば?スレ主、てめーもややこしいから
今度からコテにしろや。




342 :プラム自作自演中↑:2006/08/25(金) 12:24:04
===================私はプラムです===============
毎日朝からレスしています。馬鹿スレばっかり作っています。自作自演でしか自己主張できません。
人の話は読み取れません。質問されても返事できません。議論はいつでも負けますが、相手が勝手に逃げてくれます?!
頭は悪いけど負けず嫌いです。約束や自分で書いた事が守れません。東広島に住んでいますが長州気取りです。

【プラムコテ】 PU=プラム=安曇連=がいやまん =太国=ヒッキー=サガミハラ=本田=定ちゃん=彼都

【プラム動向】 罵倒=あほレス=注目浴びたいレス=

【自作自演スレ】 時空移動スレ=薩長会津スレ=一行リレー=南部スレ=邪馬台国畿内スレ=

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1151161164/l50
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1151055171/l50
【大ヒット書き込み中】先行ぷスレ 今は座談会になってます。 【大ヒット書き込み中】

危険ですので初心者の方は気をつけて下さい。プラムに付ける薬はありません。ひたすら馬鹿にしましょう!











343 :日本@名無史さん:2006/08/26(土) 10:51:39
>>334
おい、コラッ、



手掌紋D線3型が朝鮮系のものであるという証拠はどうしたんだ?






344 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 18:56:38
>>334
ハイ、時間切れ!タイムアウトォォォオオオ!!



只今をもって、手掌紋D線3型が朝鮮系のものであるという証拠などは
一切無く、単に日本人のふりをした頭のおかしな在日朝鮮人の
勝手な創作による刷り込み工作であるという事が確定いたしました。





345 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 19:02:44
手掌紋D線3型は単に北方蒙古人種のもの。

先に朝鮮半島に侵入した北方蒙古人種の一派が弥生人で、
足が速く、朝鮮半島に定着する事なく、そのまま九州北部まで
渡ってきてしまい、縄文人と混成して日本人の祖先になっていった。

後から朝鮮半島に侵入した北方蒙古人種の一派がワイやハクで、
これらが朝鮮半島に定着して、朝鮮半島の在来種族(中央蒙古人種)と
混成して朝鮮人の祖先になっていった。

その後、朝鮮半島には華北人も侵入し、混成しながら現代朝鮮人が
完成していく。

これが朝鮮半島と西日本に拡がっている手掌紋D線3型のカラクリの全て。

手掌紋D線3型を持つ西日本人が朝鮮系の子孫末裔とはお笑い。

346 :日本@名無史さん:2006/08/27(日) 20:14:18
>>334 今度は手相判断か?人相・骨相判断では日本人と朝鮮人は違い過ぎる
からな。



347 :日本@名無史さん:2006/08/28(月) 13:45:47
ついに稲作妄想者の首が落とされた決定的瞬間!


182 :日本@名無史さん :2006/07/23(日) 21:23:57
>>142
>>151
>弥生人というのは弥生文化(稲作文化)をもってきた人種
>新たな渡来人が進んだ稲作技術を持ち込んだ


ハイ、時間切れ!タイムアウトォォオオオ!!



只今をもって、新たな渡来人や人種が稲作技術や文化を持ってきた
という証拠が一切無いという事が確定いたしました。

348 :日本@名無史さん:2006/08/28(月) 20:53:18
>>1 沃沮・濊狛は朝鮮半島に定着した北方ツングース


349 :日本@名無史さん:2006/08/29(火) 15:31:21
春秋時代頃だから、それらの前の東胡か粛愼だろう。

http://www.tabiken.com/history/doc/M/M338C100.HTM
http://home.t02.itscom.net/izn/inn03.html

350 :日本@名無史さん:2006/08/29(火) 16:35:36
言語虫は
似非長州のふりしているけど、単なる東広島の無国籍な奴なんだ!










      _| ̄|_| ̄|  | ̄|_| ̄|__| ̄|_| ̄|   | ̄|_| ̄|_| ̄|
      |_  _||  | ̄    |  |     |  | ̄   |  |     ̄|
       r┘└へ|  |二コ ┌'|  |二コ ┌|  |二コ ┌'|  |二コ ┌┘
      〈 〈]  ゚,、〈|  | o  ヽ| | o  ヽ|  | o  ヽ|  | o └「 ̄\
      ヽ-ヘ_>ノ_ノ|_|、_ハ/|_|、_八ノ|_|、_ハ/|_|、_ハ/`⊇.ノ

        ____                ____                ____
      /⌒  ⌒\          ./⌒  ⌒\          ./⌒  ⌒\
    o゚((●)) ((●))゚o        o゚((●)) ((●))゚o       o゚((●)) ((●))゚o 
   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   /::::::⌒(__人__)⌒:::: \   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
, -‐ (_)    |r┬-|     |, -‐ (_)    |r┬-|     |, -‐ (_).    |r┬-|     |
l_j_j_j と)   | |  |     / l_j_j_j と)    | |  |     / l_j_j_j と)   | |  |     /




351 :日本@名無史さん:2006/08/30(水) 17:45:57





>渡来人の存在を否定するわけではないが、その遺伝的な影響が及びだしたのは、
>弥生開始期ではなく、弥生前期末以降の、北部九州で青銅器などの大陸系の遺物が
>急増する時期だというのである。

http://www14.plala.or.jp/bunarinn/dairyA/encarta/yayoiiseki/jiyomonkarayayoi/jiyomonyayoi.html
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/katudoh/kenkyuhokoku/031221/shiryo7.pdf





352 :日本@名無史さん:2006/08/30(水) 18:02:53
最も重要な事は、弥生時代が開始して300年くらい後の遺跡からでないと
渡来人骨なんか出土しないという事だ。

つまり、水田技術、無文土器技術、農工具技術を持ち込み弥生時代を
開始させたのは渡来人骨の持ち主ではないという事なのである。

弥生時代の途中からようやく青銅器とともに渡来人骨が出土し始める訳だが、
その渡来人骨は朝鮮半島の古代人骨とは形質が異なり、彼らが持ち込んできた
青銅器は中国青銅器とは器種や器形や文様などで大きく異なっており、
遼寧式(満州式)と一致するというのである。

これらの情報から読み取れる事は、水田技術、無文土器技術、農工具技術を
持ち込んで弥生時代を開始させたのは朝鮮半島南部と交流していた縄文人自身
であるという事と、弥生時代の途中で渡来人骨の持ち主が満州以北から満州式
の青銅器をたずさえて朝鮮半島を抜けて九州北部までやって来たという事である。

353 :日本@名無史さん:2006/08/31(木) 00:26:56
ぷりぷりぷー
ぷりぷりぷー










      _| ̄|_| ̄|  | ̄|_| ̄|__| ̄|_| ̄|   | ̄|_| ̄|_| ̄|
      |_  _||  | ̄    |  |     |  | ̄   |  |     ̄|
       r┘└へ|  |二コ ┌'|  |二コ ┌|  |二コ ┌'|  |二コ ┌┘
      〈 〈]  ゚,、〈|  | o  ヽ| | o  ヽ|  | o  ヽ|  | o └「 ̄\
      ヽ-ヘ_>ノ_ノ|_|、_ハ/|_|、_八ノ|_|、_ハ/|_|、_ハ/`⊇.ノ

        ____                ____                ____
      /⌒  ⌒\          ./⌒  ⌒\          ./⌒  ⌒\
    o゚((●)) ((●))゚o        o゚((●)) ((●))゚o       o゚((●)) ((●))゚o 
   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   /::::::⌒(__人__)⌒:::: \   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
, -‐ (_)    |r┬-|     |, -‐ (_)    |r┬-|     |, -‐ (_).    |r┬-|     |
l_j_j_j と)   | |  |     / l_j_j_j と)    | |  |     / l_j_j_j と)   | |  |     /



354 :日本@名無史さん:2006/08/31(木) 19:32:27
半月型石包丁は満州南部から。




龍山文化(紀元前30世紀−前20世紀)の特徴的な半月形石刀が、
吉林、永吉、?安、?春、通化、桓仁などで出土。

http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/tungus-tsusi/tungus-tsusi-1-gaiyou.htm






355 :日本@名無史さん:2006/09/02(土) 23:10:09
それでは、これらの渡来者たちは、そもそもどこを出発点としたのだろうか。
朝鮮半島はアジア大陸の一角だから、この土地で、一つの集団が孤立していた
とは考えられない。そこで、さらに視野を広げ、シベリア、東アジアの集団を
含めて、分析してみることにしよう。次ページの図は、朝鮮半島やシベリアの
集団、およびアイヌを含め、さらに新石器時代から現代にいたるまでのさまざま
な集団を処理、Qモード相関係数行列を二次元的に表現したものである。
この図を見て驚くのは、土井ヶ浜および三津の弥生人が、シベリアのいわゆる
寒冷地民族に酷似していることである。金関氏は弥生時代の渡来者が北部朝鮮
から来たことを示唆したが、今回の分析結果により、さらに北の中国東北地方や
シベリアと、強い類縁性のあることが示された。もっと具体的にいえば、
北九州型の弥生人は、北アジアの蒙古人や、アムール川流域に住むツングース系
民族、あるいは沿海州の諸民族などにきわめてよく似ているのである。


日本人の起源〈増補〉 埴原和郎編 朝日新聞社 より抜粋

356 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 05:12:44

秦氏の秦王朝末裔説を疑う見解も多いが、『正倉院文書』の西南角領解には、河内国丹比
黒山郷を本貫とする秦羸(エイ)姓田主などという人名が見えており、秦羸(エイ)姓は
本来の秦羸(エイ)姓をよく伝えていることからみて、秦始皇の末裔説はともかく、広い
意味で秦王族(『姓氏詞典』には、子嬰滅びて支庶、秦を以て氏となすと見える)あるいは
秦氏族の末裔という所伝は、一応信頼してよいのではなかろうか。なお、中国の秦氏には、
姫姓の魯公族で河南省の秦を食采としたものもあった。始皇帝の姓名は(羸政)である。


357 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 05:14:21
彼らはペルシャ人やヘブライ人をも含んでいた中国西域の多人種混合の遊牧系民、始皇帝
の臣民であった。秦の「はた」は、漢借で「波多」、または「波陀」で、意味として旗のほ
かに着物の生地のことをさしていると言われている。
インド系の語彙で、タミル語の Pat−am(布地、旗、タコ)が「はた」と変化した。
(PがHに変化する)。(小野 晋 日本語とタミル語対応表から)
秦氏らは布地の代名詞として「はた」と呼ばれるようになったのだろう。「秦」が「はた」
と読まれるようになった理由に、「はた」が「はたおり」の「はた」からきているという説
は、やはり本当であった。タミル語の祖語であるシュメール語では「カダ」(綿織物)であ
る。シュメール語→タミル語→日本語に単語が流れこんでいることを感じ取ることができ
る。やはり織物業がすべて元になっている。明快単純にいえば、江南渡海系ハタ族は幡、
西域系ハタ族は秦と区別できる。
http://home10.highway.ne.jp/ikko/Japanese/3_J.html


358 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 05:15:37
ヘブル語って不思議です!皆さんはどう思いますか!日本とユダヤの関連について。
※最初の☆マークを日本語とし、後の★をヘブル(ヘブライ)語の日本語発音表記と
して対比します。
◆(名詞)                      ◆(動詞)
☆匂い:★ニホヒ                 ☆歩く:★ハラク
☆糸 :★フト                   ☆滅ぶ:★ホレブ
☆腕 :★ヤド                   ☆照る:★テウラー
☆言葉:★キタバ                 ☆黙る:★ダマム
☆侍 :★シャムライ(守る者の意)       ☆走る:★ハシ(急ぐ)
☆県 :★アグダ(集団の意)          ☆眠る:★ヌム
☆主 :ナシ(長の意)               ☆許す:ユルス(取らせる)
☆子供:★コタン                 ☆憎む:★ニクム(復讐する)
☆草 :クシュ(わら)               ☆商う:★アキナフ(買う)
☆水 :ミツ                    ☆祓う:★ハーラー


359 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 05:16:44
☆鎖 :ケセリ(つながり)            ☆忌む:イム(ひどい)
☆槍 :ヤリ(射る)                ☆休む:ヤスブ(座る)
☆明日:アティド(未来)              ☆死ぬ:シナー(眠る)
☆帝 :ミガドル(高貴なお方)          ☆泣く:★アナカー(うめく)
☆尊 :★マクト(王)               ☆積る:★ツボル
☆飛鳥:★ハスカ(住居)
☆禊ぎ:ミソグ(聖別)

◆(形容詞・他)
☆辛い:ツァラー(悩み)
☆駄目:★タメ(汚れている)
☆エッサ:★エッサ(持ち上げる)
☆エンエラヤー:★エァニ・アハレ・ヤー(我はヤハウェを賛美する)
☆晴れ:★ハレ(栄光)
☆ありがとう:★アリ・ガド(私は幸せです)


360 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 21:09:12
最近、考古学会の話題になっていることは、日本の弥生時代にほぼ相当する沿海州の
ポリツェ文化についてだ。この文化は、弥生文化に酷似する特徴をもっており、筑波
大学の加藤晋平教授がまず注目し、東京大学名誉教授の江上波夫博士や、同志社大学
の森浩一教授も重要視している文化である。さらに、大阪医科大学の松本秀夫教授は、
一九八三年の日本人類遺伝学会で、日本人と北方アジア人との遺伝的類似性について
報告し、注目を集めた。その詳細なデータが、近く発表されることを期待している。
異色ではあるが、見のがせないのは国立遺伝学研究所の森脇和郎教授の発見である。
日本産ノネズミの一部に、北アジア系のものがいたのだ。しかも、北日本には南方系
ノネズミがいて、西南に北方系ノネズミが分布するという逆転現象さえ見つかっている。
ネズミは人間とともに移動する可能性が強い。だから、単にネズミの話として聞き流す
わけにはいかないのである。以上のように、期せずして多くの分野で、日本人と北方
アジア人との濃厚な関係が指摘されるようになってきたが、これは偶然ではないだろう。
「日本人のルーツはツングース」などといっては行き過ぎだが、今後、さらに北方アジア人
と日本人との関係を重視する必要がありそうだ。

日本人の起源〈増補〉 埴原和郎編 朝日新聞社 より抜粋

361 :日本@名無史さん:2006/09/03(日) 21:25:04
大秦国(ローマ帝国ユダヤ、パレス チナ)=秦国(シナ、チナ中国)
=秦氏(ハタ、倭国)=八幡(やはた)=大秦寺(景教、キリスト教)

秦氏、幡多、羽田、畑、旗、八幡、日本にはハタ系多いな。

362 :日本@名無史さん:2006/09/04(月) 15:45:30
鵜飼は満州から。



「吉林の鵜飼」昭和12年・9分
満州の京都ともいわれた古都吉林の松花江の鵜飼は6月から9月までの日中に
行われる。鵜縄をつけずに川に放った鵜が魚をくわえると網で船にすくいあげて
吐かせるという満州式の鵜飼であった。
http://www.jiyuu-shikan.org/store/video/206.html





363 :日本@名無史さん:2006/09/04(月) 21:57:27
和人の先祖は犬甘=犬飼=犬喰い=朝鮮人民国

364 :日本@名無史さん:2006/09/05(火) 10:38:49

北部九州は稲作農耕を柱とする弥生文化がいち早く開花した地域として知られるが、
これまで当地から出土している弥生人骨は、ほとんどが前期末-中期所属のもので
占められており、弥生開始期の状況についてはなお不明点が多い。先年には朝鮮半島
由来の支石墓(福岡県新町遺跡)から、縄文的形質と抜歯風習を持つ人骨が出土する
など、新たな疑問も投げかけられている。
http://www.saga-med.ac.jp/academic/meeting/anthrop/summary/g03.html

渡来人の存在を否定するわけではないが、その遺伝的な影響が及びだしたのは、
弥生開始期ではなく、弥生前期末以降の、北部九州で青銅器などの大陸系の遺物が
急増する時期だというのである。
http://www14.plala.or.jp/bunarinn/dairyA/encarta/yayoiiseki/jiyomonkarayayoi/jiyomonyayoi.html
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/katudoh/kenkyuhokoku/031221/shiryo7.pdf

365 :日本@名無史さん:2006/09/09(土) 21:36:46
最も重要な事は、弥生時代が開始して300年くらい後の遺跡からでないと
渡来人骨なんか出土しないという事だ。

つまり、水田技術、無文土器技術、農工具技術を持ち込み弥生時代を
開始させたのは渡来人骨の持ち主ではないという事なのである。

弥生時代の途中からようやく青銅器とともに渡来人骨が出土し始める訳だが、
その渡来人骨は朝鮮半島の古代人骨とは形質が異なり、彼らが持ち込んできた
青銅器は中国青銅器とは器種や器形や文様などで大きく異なっており、
遼寧式(満州式)と一致するという事である。

これらの情報から読み取れる事は、水田技術、無文土器技術、農工具技術を
持ち込んで弥生時代を開始させたのは朝鮮半島南部と交流していた縄文人自身
であるという事と、弥生時代の途中で渡来人骨の持ち主が満州以北から満州式
の青銅器をたずさえて朝鮮半島を抜けて九州北部までやって来たという事である。

366 :日本@名無史さん:2006/09/10(日) 19:56:37

それでは、これらの渡来者たちは、そもそもどこを出発点としたのだろうか。
朝鮮半島はアジア大陸の一角だから、この土地で、一つの集団が孤立していた
とは考えられない。そこで、さらに視野を広げ、シベリア、東アジアの集団を
含めて、分析してみることにしよう。次ページの図は、朝鮮半島やシベリアの
集団、およびアイヌを含め、さらに新石器時代から現代にいたるまでのさまざま
な集団を処理、Qモード相関係数行列を二次元的に表現したものである。
この図を見て驚くのは、土井ヶ浜および三津の弥生人が、シベリアのいわゆる
寒冷地民族に酷似していることである。金関氏は弥生時代の渡来者が北部朝鮮
から来たことを示唆したが、今回の分析結果により、さらに北の中国東北地方や
シベリアと、強い類縁性のあることが示された。もっと具体的にいえば、
北九州型の弥生人は、北アジアの蒙古人や、アムール川流域に住むツングース系
民族、あるいは沿海州の諸民族などにきわめてよく似ているのである。

日本人の起源〈増補〉 埴原和郎編 朝日新聞社 より抜粋

367 :日本@名無史さん:2006/09/23(土) 23:45:26
最近、考古学会の話題になっていることは、日本の弥生時代にほぼ相当する沿海州の
ポリツェ文化についてだ。この文化は、弥生文化に酷似する特徴をもっており、筑波
大学の加藤晋平教授がまず注目し、東京大学名誉教授の江上波夫博士や、同志社大学
の森浩一教授も重要視している文化である。さらに、大阪医科大学の松本秀夫教授は、
一九八三年の日本人類遺伝学会で、日本人と北方アジア人との遺伝的類似性について
報告し、注目を集めた。その詳細なデータが、近く発表されることを期待している。
異色ではあるが、見のがせないのは国立遺伝学研究所の森脇和郎教授の発見である。
日本産ノネズミの一部に、北アジア系のものがいたのだ。しかも、北日本には南方系
ノネズミがいて、西南に北方系ノネズミが分布するという逆転現象さえ見つかっている。
ネズミは人間とともに移動する可能性が強い。だから、単にネズミの話として聞き流す
わけにはいかないのである。以上のように、期せずして多くの分野で、日本人と北方
アジア人との濃厚な関係が指摘されるようになってきたが、これは偶然ではないだろう。
「日本人のルーツはツングース」などといっては行き過ぎだが、今後、さらに北方アジア人
と日本人との関係を重視する必要がありそうだ。

日本人の起源〈増補〉 埴原和郎編 朝日新聞社 より抜粋

368 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 19:39:19
弥生人に気軽に捨てられるとは、朝鮮半島ってよっぽど魅力の無い
土地だったんだろうね。

369 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 23:00:52
北方アジアは一切抜きの偏向調査で作為的に中国・朝鮮に誘致していた
スットボケ遺伝学者(嘲笑)


宝来センセイによると、韓国や中国にはそれぞれドミナントなミトコンドリアDNAがあるのに、
日本本土では、とくにドミナントなものがない。つまり系統的にさまざまな人たちから成り立って
いるのである。また、これまで、大陸から渡来した弥生人によって分断され、北に追いやられたのが
アイヌ、南に追いやられたのが琉球人といわれてきた。しかし、アイヌと琉球は少なくとも1万2000年
以上まえに分岐しており、紀元前3世紀以降に渡来してきた弥生人によって分断されたんではないという。
1万2000年前にそれぞれ日本に住み着いたアイヌと琉球人。そこへ紀元前3世紀以降になって渡来し、
稲作をはじめた中国・朝鮮系の人びと。こうした人たちの子孫がわたしたちなのだ。
それにしても紀元前3世紀以降の大陸からの渡来って、それ、秦の始皇帝のころの、徐福たちじゃない?
http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm
http://youtube.com/watch?v=iRD3k2j9BeA

370 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 23:16:29
まーだ宝来mtDNAデータのトリックと欠陥が分からない連中が
いるようなので、簡単に説明しておくと、

朝鮮半島も中国大陸も、古代より北方アジア人の侵入定着が絶え間ない
地域であったのにもかかわらず、宝来mtDNAデータには北方アジア人に
関するタイプのデータが一切出てこない。

しかも、調査サンプルに北方アジア人のサンプルが一つも入っていない。

つまり、宝来mtDNAデータは北方アジア抜きの偏向調査で出された
偏向データなのであって、ただひたすら中国や朝鮮からやって来たと
錯覚させるだけの極めて悪質な欠陥データに過ぎないのである。

371 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 21:08:14
その後、藤村由加説は「新・朝鮮語で万葉集は解読できない」(安本美典、JICC
出版局)、「古代朝鮮語で日本の古典は読めるか」(西端幸雄、大和書房)などの
多くの専門家からの反論本で、いわゆる「とんでも」本として完膚なきまで否定
され、その学術的価値は全く否定された。ただ、その反論は専門家以外に簡単に
理解できるものではなかった。一方、藤村説(というより創作した作品というのが
正しいと思うが)は、論理的には支離滅裂ではあっても素人にロマンを感じさせる
というインパクトがあったから、李寧煕氏の類書「もう一つの万葉集」(文芸春秋)
とともに、好奇心だけ旺盛な一般人に厚く支持された。李寧煕氏に対しては、週刊
誌上で、大野晋、菅野裕臣、中西進の各氏らが反論しているが、判官びいきの伝統
が根強い日本ではいじめと解釈され、これ以後、李氏は一般人の厚い同情を得る
ことになった。万葉集が古代朝鮮語で読めるということは、日本語と朝鮮語の間
には強い類縁関係があることを意味する。和語では説明できないものが本当に朝鮮
語で説明つくものであれば、それは妥当な説ということができる。

上記の説は専門家筋から否定されてしまったのであるから意味をもたないのは明らか
である。


372 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 23:34:58
渡来人骨は朝鮮半島の古代人骨とも現代人骨とも全く一致せず、


それでは、これらの渡来者たちは、そもそもどこを出発点としたのだろうか。
朝鮮半島はアジア大陸の一角だから、この土地で、一つの集団が孤立していた
とは考えられない。そこで、さらに視野を広げ、シベリア、東アジアの集団を
含めて、分析してみることにしよう。次ページの図は、朝鮮半島やシベリアの
集団、およびアイヌを含め、さらに新石器時代から現代にいたるまでのさまざま
な集団を処理、Qモード相関係数行列を二次元的に表現したものである。
この図を見て驚くのは、土井ヶ浜および三津の弥生人が、シベリアのいわゆる
寒冷地民族に酷似していることである。金関氏は弥生時代の渡来者が北部朝鮮
から来たことを示唆したが、今回の分析結果により、さらに北の中国東北地方や
シベリアと、強い類縁性のあることが示された。もっと具体的にいえば、
北九州型の弥生人は、北アジアの蒙古人や、アムール川流域に住むツングース系
民族、あるいは沿海州の諸民族などにきわめてよく似ているのである。

日本人の起源〈増補〉 埴原和郎編 朝日新聞社 より抜粋

373 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 23:35:43
しかも、渡来人が拡散した西日本ほど、


◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度



本土日本人 8,6%、 沖縄人 1,5%、 アイヌ人 1,0%、
韓国人 1,4%、 中国朝鮮族 2,2%、 モンゴル人  5,9%



日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

374 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 23:37:20
朝鮮人に少なく、モンゴル人に高頻度なハプロタイプが超高頻度。


◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度

西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%

375 :日本@名無史さん:2006/10/16(月) 14:38:49
つまり朝鮮半島に縄文人がいた形跡が日本に比べて遥かに低いのは
それだけ移動してきた北方民族による蹂躙が激しかった証拠なんだね。

376 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 19:15:04

◎HLA遺伝子 B44-DR13の頻度



東海地方10%超>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>韓国人5.1%≒本土日本人4.8%>中国朝鮮族3.5%>中国北部漢族2.0% 




377 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 19:16:48
遥かに低いとも言えない訳だが、朝鮮半島の土着系はYAP+が無いので
陸分岐後に古モンゴロイドから中央モンゴロイドに変わってしまったらしい。

かといって、gm遺伝子で見ると中央モンゴロイドの本家である華北とも
また別の変化をしている。

興味深いのは、最多ハプロタイプでは日本人の場合は渡来系の、
朝鮮人の場合は土着系のハプロタイプが最多になっている事である。

日本人の場合は単種の渡来人が拡散したのに対し、朝鮮人の場合は
幾種もの外来系が拡散したために個別だと土着系の割合を超えられ
なかったためだと考えられる。

378 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 21:58:37
肝心な事は、かつて満州に倭人が出現した頃、そもそも朝鮮民族などは存在していなかったという事ではないのか?
その後、数々の異民族の出現により、我が日本人の祖先の一部は、朝鮮半島を経て日本列島に移住せざるをえなくなった。
そして明治以降、日本人はついに約束の地である満州を奪還したのです。
あそこは現在シナ人に不当占拠されているが、本来の主である日本人に返還してもらいましょう。

379 :日本@名無史さん:2006/10/21(土) 16:53:26
今の朝鮮人は北方モンゴロイドと華北人(北方モンゴロイドと混成した
別種の中央モンゴロイド)との混成後の中央モンゴロイドになっているが、
当時の朝鮮半島の人種はまだ北方モンゴロイドとも混成する前の土着の
中央モンゴロイドだけだったのではないかと推測している。

民族意識まではあったのかどうか??

そして渡来人の経路についてなんだが、最近よく漠然と思っている事
なんだが、陸路でシベリア南部から満州・朝鮮半島を抜けて九州北部に
上陸する陸路コースばかりでなく、アムール流域から沿海州北部あたりの
海岸から最初から船で海岸沿いに航行して九州北部までやって来た海路コース
の可能性も高いんじゃないかって事だ。

理由としては、アムール流域と沿海州あたりにあったポリツェ文化が
弥生文化に酷似しているらしいという点と渡来人は海路で北海道南部から
沖縄まで骨を残すくらいに非常に船に長けた人類集団だったという点
などが挙げられるからだ。

380 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 20:31:27

縄文晩期から弥生T期にかけて、半島から列島へ、稲作や道具類にかかわる
情報が、つぎつぎともたらされ、ついに弥生T期には、西日本社会の生業
システム全体が変化するに至った(田中良之)。稲作農耕のような複雑で、
高度な技術が伝来定着するについては、ふつう、技術を習得した多数の人間
の渡来が前提となるように思える。しかし、この間、半島の無文土器文化人
が集団で渡来入植した痕跡、すなわちセットをなす無文土器が集中して出土
する集落遺跡は、まだ発見されていない。この時期の列島では、無文土器の
影響を受けて出現した器種・技法・要素はあるものの、無文土器そのものは、
ほとんど出土していない。これは後で述べる弥生T期末〜U期の現象と比較
すると、不思議なことである。

歴史発掘F金属器登場 岩永省三 講談社 より抜粋

381 :日本@名無史さん:2006/10/22(日) 20:34:47

田中良之は、縄文晩期黒川式期から弥生T期初頭(板付T式)までの
土器にみられる渡来要素を検討し、その間に累積された渡来者の「情報
と遺伝子」が無視できるほど少なくないものの、縄文人が健在で、その
文化伝統と、それがもつ規制力がまだしっかりしていたので、無差別に
採用することはせず、在来の伝統を持たない器種については、外来の
ものを受け入れ模倣もするが、在来の器種の中に同一の機能を果たす
ものがある場合は、新来の要素を取り入れはするが、それを存続させて
いると指摘した。下條信行によると、大陸系磨製石器類の導入の仕方も
同様であった。ところがT期中ごろに、無文土器文化と弥生文化との
交渉に変化が起こった。それ以前と違って、北部九州を中心とした地域
で、後期無文土器そのものが出土するようになり(日本出土の無文土器
を朝鮮系無文土器と呼ぶ)、弥生土器化しつつある無文土器や、無文
土器の形や作り方の影響を受けた弥生土器(これを擬朝鮮系無文土器、
擬無文土器と呼ぶ)が作られるようになる。

歴史発掘F金属器登場 岩永省三 講談社 より抜粋

382 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 11:20:56
現代朝鮮人・関西周辺人・中国地方人は、同じ北方モンゴロイド系だが、
関西周辺人だけ、ぶっちぎりで現代朝鮮人に近い、
現代朝鮮人と同一の血を持つ集団が、弥生時代から古墳時代頃に関西周辺にだけ土着したという証拠である。


朝鮮系の子孫は、関西を中心にドーナツ状に分布しています。

手掌紋D線3型出現率から求めた朝鮮人との距離

朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。いうまでもなく、まんま朝鮮。
中部 0.012←平均的な甲信越を含みながら、この値は驚き!関西のとなりの濃尾平野は朝鮮。
中国 0.035←日本文化の本流。平均的。
九州 0.035←日本文化の本流。平均的。
四国 0.038←日本文化の本流。平均的。
東京 0.048←日本文化の本流。関西〜濃尾平野(バカ発生地帯)とは別世界。
東北 0.068←日本文化の本流。関西〜濃尾平野(バカ発生地帯)とは別世界。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118

山口敏「日本人の顔と身体」より

383 :日本@名無史さん:2006/10/28(土) 17:37:28
手掌紋D線3型は単に北方モンゴロイドのもの。

ただ日本に定着した北方モンゴロイドの種族と
朝鮮半島に定着した北方モンゴロイドの種族は別種。

手掌紋D線3型が朝鮮系の子孫とはお笑い。

つか、ここでは釣れんよ。

人類板で頑張りなw

384 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 19:16:44

ウリチ人とニブフ人は一年中定住村の住居と作業場兼用の建物に住んでおり、
ナナイ人、ネギダル人、オロク人、オロチ人、ウデゲ人は、冬は森の中の]
定住村に住み、夏は魚の採れる川岸の季節村に移りました。定住村も季節村も
川岸に沿って細長く展開し、それぞれの住居は互いに離れており、そばには
高床式の納屋がついていました。
http://www.npec.or.jp/northeast_asia/cultural/index.html

そばには高床式の納屋がついていました
そばには高床式の納屋がついていました
そばには高床式の納屋がついていました
そばには高床式の納屋がついていました

385 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 19:34:22

◎ナナイ人(ホジェン)の高床式倉庫(模型)

http://members-ftp.jcom.home.ne.jp/pinkorai/nanai181.jpg.jpg

その他に、水がめ、料理するためのもの、魚皮なめし具、臼、織物を
する道具、糸まき、肉や魚を料理する時に使う道具、はし、食べ物を
保存するためにつくられた高床式の倉庫の模型、木の枝と泥でつくられる
家の模型、漁や交易に使う船(実物ならば700キロも載せられる)の模型、
鹿や魚を捕る為の道具などがありました。

http://members-ftp.jcom.home.ne.jp/pinkorai/1eastnanaipink.htm

386 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 19:52:32
これは銛を使ってクジラを捕っている線画だが、アム−ル川下流域と
サハリン北部のニブフもまた、板をつなぎ合わせた板船に5-6人で
乗り込み、アザラシやサケなどの捕獲を生業にしていた。
地吹雪のなかを訪問した北方民族館には、このニブフに代表される
北海の海辺と河川の民の風俗や生活用品の数々が陳列されていた。
彼らは、冬には保温性の高い竪穴式住居に住み、夏には魚干し棚や
貯蔵庫のある高床式住居で暮らし、衣装には木綿や魚皮で作った布を
用い、白樺皮製の帽子をかぶり、アザラシ皮や魚皮の靴を履いていた
ようである。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/7754/liuhiyounoshiluet.htm

夏には魚干し棚や貯蔵庫のある高床式住居で暮らし
夏には魚干し棚や貯蔵庫のある高床式住居で暮らし
夏には魚干し棚や貯蔵庫のある高床式住居で暮らし
夏には魚干し棚や貯蔵庫のある高床式住居で暮らし

387 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 20:25:10

◎ケート Ket

中央シベリア、エニセイ川中流で伝統的漁撈・狩猟生活を送るケートと、
押し寄せる近代文明の点描。

自然環境(森、川、川岸の村)、川岸のチュム骨組に樹皮布を掛ける
(煙突は真上に出る)、製作中丸木舟に穴を開ける(火おこしの形を
した錐)、川に漕ぎ出す、魚(トナカイ肉?)を干す、日常生活
(洗濯物、子供のブランコ、食事、墓)、呪いの杭にトナカイの頭蓋骨
が掛かっている、★高床式蔵小屋★、素晴らしいアクセサリーの着いた
シャマンの枠太鼓、

http://tokyocinema.net/centralsiberialist.htm

388 :日本@名無史さん:2006/10/29(日) 20:26:48

ハントィ:自然環境、家屋等に関すること(家の飾り・トナカイ頭蓋骨、
デコイ、★高床式の狩猟用倉庫・鼠返し★、季節物衣料の取出し)

コミ:自然環境、家屋(木造家屋、隙間を苔で埋める)、狩猟(移動に
スキー、犬、鳥を餌に罠を仕掛ける、狩人寝床の用意、毛皮を剥ぐ)、
★小型高床式倉庫(狩猟用荷物、獲物を仕舞う、鼠返し)★、歌

マンシ:自然環境、家屋(丸太小屋、東側の外壁についた呪いの
ような物)、★高床式倉庫★、漁猟舟の櫂類、創生期に関する昔話、

http://tokyocinema.net/westsiberialist.htm

389 :YAP?:2006/10/29(日) 22:43:37
まあ、これで「高床式」住居が、「長江流域」由来だという仮説も簡単には
成立しないことが明らかになったわけだ。

390 :日本@名無史さん:2006/10/30(月) 18:55:35
そういう事。

その他、カムチャッカ半島のコリヤークやその内陸部のチュクチも
高床式倉庫の文化を持っているらしい。

ヤクーツクのヤクートやアラスカのイヌイットも高床式倉庫の
方までは分からないが、住んでいるのは近代建築の高床式住居。

北方アジアの高床式建築の文化はシベリア一帯からアムール・沿海州あたり
まで広がっている。

391 :日本@名無史さん:2006/10/31(火) 15:01:08



鳥信仰の基盤は、北東方の民族(北狄または東夷)から受け継がれたらしい
こともわかる。

http://www.ne.jp/asahi/lapis/fluorite/essay/fav/gyokusou2.html



392 :日本@名無史さん:2006/11/01(水) 14:28:21
渡来人は中頭、在来の縄文人も中頭
では何故近畿が短頭なのか?
楽浪郡+朝鮮西南部+九州の人種地域と
朝鮮東南部+中国地方+近畿の人種地域があったのでは?
銅鐸文化でも近畿+中国は一致する
しかし言語は大和語圏だから九州勢力に圧倒されたか

393 :日本@名無史さん:2006/11/01(水) 18:54:09
初心者か?

それ、2年くらい前までさんざん語られていた事なんだが。

近畿・中国地方も100年くらい前までは中頭だったんだよ。

この100年間で一気に短頭化し、今は東北・北海道を除く全ての地域が
短頭で、鹿児島・沖縄においては超短頭だよ。

20Cの短頭化現象は日本だけでなくて地球規模で起こっているので、
化石燃料による地球温暖化とか、生活上の気温の日較差の減少など、
とにかく気候とか気温に関係していると見られる。

394 :日本@名無史さん:2006/11/01(水) 20:26:36
決して嫌韓派ではないとおもってたけど、近畿人のルーツが半島ではなく
山東地方だと知った時は、正直ホッとした。

395 :日本@名無史さん:2006/11/01(水) 20:37:19
よかたねー

君にピッタリのスレあるよ

今なら君一人の貸し切り状態だ!

ガンガレ!

弥生人は山東半島からやって来た
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1059185309/

396 :日本@名無史さん:2006/11/03(金) 17:59:02
縄文晩期から弥生T期にかけて、半島から列島へ、稲作や道具類にかかわる
情報が、つぎつぎともたらされ、ついに弥生T期には、西日本社会の生業
システム全体が変化するに至った(田中良之)。稲作農耕のような複雑で、
高度な技術が伝来定着するについては、ふつう、技術を習得した多数の人間
の渡来が前提となるように思える。しかし、この間、半島の無文土器文化人
が集団で渡来入植した痕跡、すなわちセットをなす無文土器が集中して出土
する集落遺跡は、まだ発見されていない。この時期の列島では、無文土器の
影響を受けて出現した器種・技法・要素はあるものの、無文土器そのものは、
ほとんど出土していない。これは後で述べる弥生T期末〜U期の現象と比較
すると、不思議なことである。

歴史発掘F金属器登場 岩永省三 講談社 より抜粋

397 :日本@名無史さん:2006/11/08(水) 18:05:34
この文化に属する集落では,土器は普遍的に見られる。これらの土器はろくろを
使わずに作られ,表面は赤い顔料が塗られ,磨かれている。内側には沈線文や
押型文で文様が施されている。器種は形も大きさもさまざまで,用途によって,
非常に小さな玩具から,大きなものとしては食品・穀物の保存用容器まである。

土器は,形状の上でも,また文様に関しても多様である。土器の外面は,
貼りつけ文,沈線文,押型文の手法でつけられた文様で飾られている。
ときには外面に赤い顔料が施されていることもある。注目に値するのは,アムールの
早期鉄器時代の土器が,日本の弥生文化の土器と類似していることである。
http://www.geocities.jp/putniki/amur/zatsugaku/archeology.htm

表面は赤い顔料が塗られ,磨かれている
外面に赤い顔料が施されている
表面は赤い顔料が塗られ,磨かれている
外面に赤い顔料が施されている

398 :日本@名無史さん:2006/11/08(水) 18:12:42
赤は倭の色
魏志倭人伝でも倭人は体に赤をぬりたくる

399 :日本@名無史さん:2006/11/08(水) 18:15:09
須玖(スグ)式土器は、弥生中期の北部九州で成立した伝播性の強い土器である。
酸化鉄で赤く着色され良く磨かれた上に、縄紋の伝統である数本の突帯紋が
巻かれているという特徴がある。
http://www.setouchi.ac.jp/~dnagoh/%96%ED%90%B6%93y%8A%ED%98_/dokiron1.html

弥生土器は前期・中期・後期の3期に分けられており、とくに前期の
遠賀川式土器、中期の須玖式土器が代表的である。
http://www.moco.or.jp/jp/intro/intro_3/intro_3c.html

400 :日本@名無史さん:2006/11/08(水) 19:31:59
ここにもチョンが出てくるかな?
なんか彼の言うには
「刃物で傷ついた人骨は食人に違いない」
「邪馬台国は行政機関を支配国に置いていない」
「日本は港市国家から成長した」
「{鳥取の}弥生遺跡は港だ
だから日本は港市国家から成立した」

というようなスゴイ妄想してた彼はいないかな?

401 :日本@名無史さん:2006/11/08(水) 19:40:19
さすがにここには涌かんなw

でも、日本は港市国家から成長したというのには一理あるな。

渡来系は船に長じていたから、日本中に拡散できたんだよ。

402 :日本@名無史さん:2006/11/12(日) 20:59:39
朝鮮半島の赤色磨研土器(丹塗磨研土器)は日本から伝わったものではないかな?


無文土器の遺跡からは、しばしば中国の影響を受けた黒色磨研土器と丹塗磨研土器が
出土する。前者は、龍山文化の影響を受けたもので、咸鏡北道を中心として半島中部・
南部でも発見され、ある程度分布はひろがっている。しかし、中国の黒陶のように
轆轤は使用されず、また表面を研磨したものが少ない。後者は、仰韶文化の彩陶の
変形と見られるものであるが、半島の北部、とくに黄海に面した地方から全く出土を
見ないことから、中国からの文化の伝播経路についての間題を投げかけるものである。
http://www.moco.or.jp/jp/intro/intro_3/intro_3b.html



403 :日本@名無史さん:2006/11/14(火) 15:39:15
弥生時代頃の赤色磨研土器はアムール、朝鮮南部、日本で見られるが、
朝鮮北部では見られない。

という事は、アムールから赤色磨研土器が日本に入り、その文化が
朝鮮南部に伝わったのだろう。

404 :日本@名無史さん:2006/11/22(水) 21:22:33
鵜飼は満州あたりから。



「吉林の鵜飼」昭和12年・9分
満州の京都ともいわれた古都吉林の松花江の鵜飼は6月から9月までの日中に
行われる。鵜縄をつけずに川に放った鵜が魚をくわえると網で船にすくいあげて
吐かせるという満州式の鵜飼であった。
http://www.jiyuu-shikan.org/store/video/206.html






405 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 14:58:40


弥生時代初期には、貯蔵用の穴蔵倉庫が見られ、弥生時代中期以降になると、
高床式倉庫が広く普及するようになりました。

http://www.ktroad.ne.jp/~hirowata/hi/tajimi-4.htm



406 :日本@名無史さん:2006/12/05(火) 22:21:02


407 :日本@名無史さん:2006/12/09(土) 02:12:01
江南説にしろ華北説にしろ、弥生人が本当に中国から来たのなら、

何で印文陶や灰釉陶を含めた中国灰陶の技術が全く伝わっていないのかね?

何で中国青銅器に見られる篆書などの原始漢字の金文が一字も
伝わっていないのかね?

何で中国青銅器に見られる饕餮文、龍文、鳳凰文、雷文などの
文様の一つさえ伝わっていないのかね?

何で中国土器や中国青銅器を代表する鼎や鬲などの三足器形さえ
伝わっていないのかね?

その他、酒器も玉器も楽器も龍信仰も亀卜も何も伝わっていない。

渡海すると記憶喪失になって故郷の文化は全て忘れてしまうのかね?

何で弥生文化は朝鮮無文土器が影響した弥生土器と細型青銅武器と
支石墓なのかね?

これらは当時の満州を中心とした北方アジアから朝鮮半島にかけての
文化ですよ。

■弥生人中国説を瞬殺&再起不能するスレ■
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/geo/1163847728/l50

408 :日本@名無史さん:2006/12/09(土) 18:16:41
>328 :日本@名無史さん :2006/12/09(土) 01:21:58
>>327さんの疑問の数々は、ごもっともだと思います。
>すると>>327さんは、日本の稲作は何処からどのように伝わったのかと…
>ぜひお考えをお聞きしたいです。


弥生時代の幕開けとなった水田稲作も農工具も朝鮮半島南部
から伝わっている。

なぜなら、弥生開始時の最古の水田遺構から出土する炊飯具や食器などの
初期弥生土器はその器種・技法・要素ともに無文土器の影響を受けて
生まれたものであるし、同じ弥生早期に登場する支石墓にしても朝鮮半島
南部に見られる文化だからである。

しかし、これらの初期弥生文化はいわゆる渡来人がやって来て伝わったもの
ではない。

409 :日本@名無史さん:2006/12/09(土) 18:20:01
なぜなら、渡来人骨が出土し始めるのは弥生前期末頃だからである。

それまで渡来人集団が渡来入植した痕跡も無ければ、無文土器が
集中して出土する遺跡も無いし、弥生土器は無文土器の影響を受けて
生まれているのに肝心な無文土器自体はほとんど出土していない。

つまり弥生時代は、単に朝鮮半島南部と交流していた九州北部の
縄文人自身の手によって始められただけであると言えよう。

そして弥生前期末になり、いよいよ渡来人骨が弥生遺構から出土し
始める。

つまり渡来人骨の持ち主の故郷の文化は弥生前期末から弥生中期に
かけての弥生文化に色濃く反映されているという事になる。

410 :日本@名無史さん:2006/12/18(月) 11:55:51
桓武天皇の御生母が百済系渡来人のルーツをお持ちでいらっしゃる史実が、日本国内外に在住の全ての国民に対して公表されたことから今の世で、お里を気になさるのは杞憂だと思う。

411 :日本@名無史さん:2006/12/18(月) 20:56:39
>>410
時代が1000年以上も違うだろ。

ウンコ入り嘗糞ビビンバでも食って寝ろや(嘲笑)

412 :日本@名無史さん:2006/12/18(月) 23:01:34
朝鮮女マンコ中毒であった大日本帝国主義者たちは朝鮮女にねだられ、
布団の中では「日本人と私たちは一心同体よ!」と、耳もとでささやかれ、心象がいいので
あい、わかったと後、日韓併合。もとはといえば陛下の祖先は朝鮮半島出身だし、
朝鮮民族を大和民族同様の同族であると認定し、更に布団の中でサルがこくように
子作りに励んでいた、大日本帝国主義者(w。士官学校上がりの人生経験ない奴が
高官職につくとすぐさま朝鮮女マンコ中毒になる。明治時代から数々の日帝政治家を
魅了してきた朝鮮マンコは如何?。シナ男さまにも数千年の間、重宝されて、結果朝鮮
民族が生き残ってこれた理由は
天界上楽気分にさせる「朝鮮女マンコ」なしでは語れまい。

日本軍人は馬鹿だね!ホント馬鹿!薩長子孫は昔から朝鮮女マンコに弱いね〜。
明治政府から特権を受けていた朝鮮女の系譜、今も日本人に重宝されてるしね。w

日本民族はあと数十年で朝鮮女マンコによって滅ぼされる運命にあるのだ!覚せい剤みたいに。ぷ

413 :日本@名無史さん:2006/12/18(月) 23:25:28
>>412
おまえの正体はチョンのふりをしているワンコロだろw

チョンではちと書けない内容だもんなw

414 :日本@名無史さん:2006/12/20(水) 18:54:35
半月型石包丁は満州南部から。




龍山文化(紀元前30世紀−前20世紀)の特徴的な半月形石刀が、
吉林、永吉、?安、?春、通化、桓仁などで出土。

http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/tungus-tsusi/tungus-tsusi-1-gaiyou.htm






415 :日本@名無史さん:2006/12/20(水) 19:55:14
>>413
と、日本人のふりをしたチョンコロが申しております。w

416 :日本@名無史さん:2006/12/20(水) 20:13:37
日本人だが。

チョンが朝鮮半島に定着していないと言うか馬鹿。

東南アジア土人ワンコロの知能指数は顔面偏差値同様の30未満(嘲笑)

417 :日本@名無史さん:2006/12/29(金) 17:50:52
>>416
本日の火病  

迷子の 迷子の 在日君     ______
あなたの国籍 どこですか    |:::::::∧_∧ ::::: |
祖国を聞いても  わからない.  |:::::< ;`Д´>::::::|
名前を聞いたら 二つある     |:::::/ ニニつ:::::|
ふぁんふぁん ファビョーん     |:::::|と__ノ :::::|
ふぁんふぁん ファビョーん     |:::::|| | | ::::::|
タカってばかりいる  在日君.   |:::::(_|__)_)::::|
犬の 7割半                   
喰われて しまって                
わんわん わわん                 
わんわん わわん

418 :日本@名無史さん:2006/12/29(金) 23:31:19
>>417
ほらよワンコロw

台湾人は東南アジア土人。

俺はただ単に正直に言っているだけw

http://www.saintmarys.edu/~rjensen/mongol.GIF
http://tw.v3.news.yimg.com/xp/ettoday/20061012/22/936081763.jpg
http://www.ftps.kh.edu.tw/%B2%A6%B7~%A5%FA%BA%D0/12/Images/41%B3%AF%BA%D1%B2%DC.jpg
http://my.so-net.net.tw/meple/day2/49%A7b%A4k%A4@%A4%B6%B2%D0%ACv%A6%A1%B4Z%A9%D2.JPG
http://my.so-net.net.tw/meple/day2/58%B6%E9%AA%F8%A4%D2%A4H%A8%E4%B9%EA%AB%DC%ADA%C4_.JPG
http://www.flash52.com/gx/images/daxue/08.jpg
http://life.twbbs.org/albums/album528/DSCN0119.jpg
http://67.15.149.71/i6/5/08/15/5081534211472.jpg
http://newspic.mop.com/2004/12/20/s_20041220150511609.jpg
http://www.im.usc.edu.tw/wjcheng/toylab/Image_gallery/image17/images/%A5%AE%ADd%B1m%B1%F6%A4j%C0Y%B6K-2.jpg

419 :日本@名無史さん:2006/12/31(日) 14:15:34

北部九州は稲作農耕を柱とする弥生文化がいち早く開花した地域として知られるが、
これまで当地から出土している弥生人骨は、ほとんどが前期末-中期所属のもので
占められており、弥生開始期の状況についてはなお不明点が多い。先年には朝鮮半島
由来の支石墓(福岡県新町遺跡)から、縄文的形質と抜歯風習を持つ人骨が出土する
など、新たな疑問も投げかけられている。
http://www.saga-med.ac.jp/academic/meeting/anthrop/summary/g03.html

渡来人の存在を否定するわけではないが、その遺伝的な影響が及びだしたのは、
弥生開始期ではなく、弥生前期末以降の、北部九州で青銅器などの大陸系の遺物が
急増する時期だというのである。
http://www14.plala.or.jp/bunarinn/dairyA/encarta/yayoiiseki/jiyomonkarayayoi/jiyomonyayoi.html
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/katudoh/kenkyuhokoku/031221/shiryo7.pdf

420 :日本@名無史さん:2006/12/31(日) 14:17:04
縄文晩期から弥生T期にかけて、半島から列島へ、稲作や道具類にかかわる
情報が、つぎつぎともたらされ、ついに弥生T期には、西日本社会の生業
システム全体が変化するに至った(田中良之)。稲作農耕のような複雑で、
高度な技術が伝来定着するについては、ふつう、技術を習得した多数の人間
の渡来が前提となるように思える。しかし、この間、半島の無文土器文化人
が集団で渡来入植した痕跡、すなわちセットをなす無文土器が集中して出土
する集落遺跡は、まだ発見されていない。この時期の列島では、無文土器の
影響を受けて出現した器種・技法・要素はあるものの、無文土器そのものは、
ほとんど出土していない。これは後で述べる弥生T期末〜U期の現象と比較
すると、不思議なことである。

歴史発掘F金属器登場 岩永省三 講談社 より抜粋

421 :日本@名無史さん:2007/01/01(月) 13:14:15
それでは、これらの渡来者たちは、そもそもどこを出発点としたのだろうか。
朝鮮半島はアジア大陸の一角だから、この土地で、一つの集団が孤立していた
とは考えられない。そこで、さらに視野を広げ、シベリア、東アジアの集団を
含めて、分析してみることにしよう。次ページの図は、朝鮮半島やシベリアの
集団、およびアイヌを含め、さらに新石器時代から現代にいたるまでのさまざま
な集団を処理、Qモード相関係数行列を二次元的に表現したものである。
この図を見て驚くのは、土井ヶ浜および三津の弥生人が、シベリアのいわゆる
寒冷地民族に酷似していることである。金関氏は弥生時代の渡来者が北部朝鮮
から来たことを示唆したが、今回の分析結果により、さらに北の中国東北地方や
シベリアと、強い類縁性のあることが示された。もっと具体的にいえば、
北九州型の弥生人は、北アジアの蒙古人や、アムール川流域に住むツングース系
民族、あるいは沿海州の諸民族などにきわめてよく似ているのである。

日本人の起源〈増補〉 埴原和郎編 朝日新聞社 より抜粋

422 :日本@名無史さん:2007/01/01(月) 13:26:44
>>418
日本人でも、戦前の八丈島辺りの島民の写真を見たら明らかに土人顔だったのに
戦後生まれの島民は食生活が変わったせいで顎の細い普通に現代人の顔になってる写真があったな。

在日でも大陸系の顔立ちも居れば日本人と大差ないのも居るし、
中国人もチョン以上にブッサイクなのも居ればスゴい美形も居る。
まあ民族の平均的な顔立ちってのもあるんだろうけど、
純粋な日本人でもエラの張ったチョン顔や東南アジアっぽいのも居るしなあ…

423 :日本@名無史さん:2007/01/01(月) 14:16:49
んなもん台湾旅行すれば、平均的なワンコロの顔がどういうものか
すぐ分かるだろ。

ちょっとベトナム人の入った顔がワンコロ。

中にはマニラ顔の強烈なのもいるが。

424 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 21:43:46
最近、考古学会の話題になっていることは、日本の弥生時代にほぼ相当する沿海州の
ポリツェ文化についてだ。この文化は、弥生文化に酷似する特徴をもっており、筑波
大学の加藤晋平教授がまず注目し、東京大学名誉教授の江上波夫博士や、同志社大学
の森浩一教授も重要視している文化である。さらに、大阪医科大学の松本秀夫教授は、
一九八三年の日本人類遺伝学会で、日本人と北方アジア人との遺伝的類似性について
報告し、注目を集めた。その詳細なデータが、近く発表されることを期待している。
異色ではあるが、見のがせないのは国立遺伝学研究所の森脇和郎教授の発見である。
日本産ノネズミの一部に、北アジア系のものがいたのだ。しかも、北日本には南方系
ノネズミがいて、西南に北方系ノネズミが分布するという逆転現象さえ見つかっている。
ネズミは人間とともに移動する可能性が強い。だから、単にネズミの話として聞き流す
わけにはいかないのである。以上のように、期せずして多くの分野で、日本人と北方
アジア人との濃厚な関係が指摘されるようになってきたが、これは偶然ではないだろう。
「日本人のルーツはツングース」などといっては行き過ぎだが、今後、さらに北方アジア人
と日本人との関係を重視する必要がありそうだ。

日本人の起源〈増補〉 埴原和郎編 朝日新聞社 より抜粋

195 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)