5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【朝鮮】日本民族のルーツ【シュメール】

1 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 18:15:28
日本民族そしてその王統はどこから来たのか?
語りませう

2 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 18:17:01
2get

シュメール人

3 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 18:32:15
日本民族なんて民族はいない、それを言うなら「大和民族」

大和民族のルーツをさぐれw

4 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 18:33:00


シュメール人には人種的特徴がない
可能性はなくもない

5 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 18:34:02
南無阿弥陀仏   チーーーーーン

南無阿弥陀仏   チーーーーーン

南無阿弥陀仏   チーーーーーン

6 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 18:40:09
>>4>>4>>4>>4

7 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 18:43:40
好きだねこうゆうの

8 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 19:00:25
俺はムー大陸から来た神の末裔だと思う

9 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 19:05:15
それはすごいがっかいにはっぴょうしよう

10 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 20:03:21

     r「l l h         /        /
     | 、. !j        _
     ゝ .f       ,r'⌒  ⌒ヽ、 
     ,」  L_     f ,,r' ̄ ̄ヾ. ヽ.    / /
    ヾー‐' |     ゞ‐=H:=‐fー)r、)    /
     |   じ、     ゙iー'・・ー' i.トソ    お前らそんな暇有るんなら送金しろ!。
     \    \.     l、 r==i ,; |' 
      \   ノリ^ー->==__,..-‐ヘ__   /  /| /    /
        \      |_/oヽ__/    \   /  |_
         ヽ__    |         \/  /  ヽ___
             |    |   O へ    \ /   /   /
             /   |       |\/  |   /   /
             |   |       |/| _ |  /__/
             |   |       |  「  \:"::/
             |  コ[□]ニ    |  ⌒ リ川/


11 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 21:41:40
>>10
こいつらは関係ないな

12 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 22:09:16
日本人のルーツは日本と大陸とがつながっていた時代に南北から日本へ流入
していた種族が、大陸から切り離されて列島内部だけで交じり合って形成
された民族だから、日本列島がルーツだ。


13 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 23:28:37
バイカル湖以南が故郷だろ

14 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 23:31:58

――終了ながい間ありがとうございました――

15 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 23:37:10
>>13
以南じゃ広すぎだろがよ、何処まで行くんだやば過ぎだろがよw
まあ、そこら辺にしとけや。

16 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 23:49:11
漏れは秦の始皇帝から 永遠の命を授かる果実(まんだりん
オレンジ)を採ってくるよう命じられた呉福伝説をしんじてる
彼は総勢数千人を率い そのまま恐ろしい蒋介石みたいな人
に帰ることなく この日本に留まった子孫だと思う(陳瞬臣説)

17 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 23:51:25
どう考えても日本人は単一民族ではないだろ
北、半島、南方からいろんな民族が流入してできたのが今の日本でしょ

18 :日本@名無史さん:2006/09/11(月) 23:57:53
じゃあそいつらはどこから来たのかって話さ

19 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 00:03:26
流入したってのが納得いかない 流入したなら流出もするだろうし

20 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 00:06:29
>>17
中国なんざそれそれ以上の壮大な混ざりもんだぜw

だが、口には出さないが中心性は持ってる。移民合成国家メリケンもそうだw
非常にヤバイ部分だ。

21 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 00:15:23
侵略されまくってた国はやばいよね 大陸とかの

22 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 00:18:34
>>21
妄想が凄くなるからなwてめぇの面鏡で見ろと言いたいんだがw

23 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 00:19:50
ん?

24 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 00:21:42
地続きは怖いよね

25 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 00:23:10
島国でよかったな

26 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 00:23:42

     r「l l h         /        /
     | 、. !j        _
     ゝ .f       ,r'⌒  ⌒ヽ、 
     ,」  L_     f ,,r' ̄ ̄ヾ. ヽ.    / /
    ヾー‐' |     ゞ‐=H:=‐fー)r、)    /
     |   じ、     ゙iー'・・ー' i.トソ    お前らそんな暇有るんなら送金しろ!。
     \    \.     l、 r==i ,; |' 
      \   ノリ^ー->==__,..-‐ヘ__   /  /| /    /
        \      |_/oヽ__/    \   /  |_
         ヽ__    |         \/  /  ヽ___
             |    |   O へ    \ /   /   /
             /   |       |\/  |   /   /
             |   |       |/| _ |  /__/
             |   |       |  「  \:"::/
             |  コ[□]ニ    |  ⌒ リ川/


27 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 00:26:17
このスレには日本人以外がいると妄想してる奴がいる予感

最近の2chは中国、朝鮮を意識しすぎだろ?

28 :17:2006/09/12(火) 00:28:18
もしかして俺のレスで荒れた?

29 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 00:28:28
進化論も怪しいらしいね 

30 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 02:25:00
>>20 朝鮮も漢人、ツングース、倭人、モンゴル人の混ざり者だが、核心は何だろう
。エベンキなのか?


31 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 13:02:49
漢人

32 :日本@名無史さん:2006/09/12(火) 22:51:57
は?

33 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 11:03:32
age

34 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 11:59:31

     r「l l h         /        /
     | 、. !j        _
     ゝ .f       ,r'⌒  ⌒ヽ、 
     ,」  L_     f ,,r' ̄ ̄ヾ. ヽ.    / /
    ヾー‐' |     ゞ‐=H:=‐fー)r、)    /
     |   じ、     ゙iー'・・ー' i.トソ    お前らそんな暇有るんなら送金しろ!。
     \    \.     l、 r==i ,; |' 
      \   ノリ^ー->==__,..-‐ヘ__   /  /| /    /
        \      |_/oヽ__/    \   /  |_
         ヽ__    |         \/  /  ヽ___
             |    |   O へ    \ /   /   /
             /   |       |\/  |   /   /
             |   |       |/| _ |  /__/
             |   |       |  「  \:"::/
             |  コ[□]ニ    |  ⌒ リ川/


35 :日本@名無史さん:2006/09/13(水) 20:50:44
朝鮮ですよ

36 :日本@名無史さん:2006/09/16(土) 19:04:10
シュメールですよ

37 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 03:11:55
イスラエルJINが殖えすぎて奴隷となり、それでも殖えるから新生児棄ててもまだ殖えて!
豚と呼ばれていて、数百年後の民族記(旧約)にゃ
神から「増えよ増えよ」とヤコブの遥か昔から昔からいわれていた!とか?

すべてシュメールからのパクリのくせによ〜
キリストは全て気付いたんだろな

38 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 21:04:55
天皇をスメラミコトと読むのは「シュメールのミコト」という意味
だから日本人はシュメール人の子孫

39 :日本のななし:2006/09/22(金) 21:09:01
16
たかだか数百人の中国人が当時10万人の日本人を中国かできたとでも?
縄文人に吸収された可能性大{事実なら}

40 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 21:21:59
在日朝鮮人がアメリカに移民したら元日本人か??

41 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 21:42:43
天皇は出自を神以外とすると殺される、だが、神の子を演出することは不可能
という厳しい条件かで奇跡的に誕生したものであり、誰もその出自がわからない。
そういうものでなくちゃならないので、出自はぼやかされている。しかし、常識的に
言って弥生時代という農業社会の延長線上で生まれるわけだから、農耕集団
の首長の出身と見て町が言わないであろう。しかし、例えば奈良県人とか特定
することは不可能。神の子とでもせざるを得ない。

42 :日本@名無史さん:2006/09/22(金) 22:44:58
>>41
あーそうかい。低能め。お舞みたいな子を産んだお舞の母親が可愛そうだ。

43 :日本@名無史さん:2006/09/26(火) 14:53:43
シュメールの方がロマンがあっていいね

44 :日本@名無史さん:2006/09/26(火) 15:01:33
アフリカからとしか答えようが無いだろ

45 :日本@名無史さん:2006/09/26(火) 19:36:49
>>41




唯単に天皇の出自に関する研究が進んでないだけだろ






46 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 15:07:49
禿げ

47 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 17:28:02
水先案内人としての船の先端に止まってる鳥(珍敷塚古墳の壁画など)
雲南省にも似たようなものがあるらしいな。
佐賀で出土した銅鐸の形をした鋳型に描かれた人間の頭には羽飾りが
鳥取の淀江という遺跡からも、上に太陽と思われるものと、船を漕ぐ人、
これまた頭に羽飾りを付けているものが見つかっている。

長江下流には羽人という羽根の頭を描いた船を漕ぐ人々がいたらしいな。
まあ越人だろうけど。

48 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 17:48:27
大和民族だろ半島通り道系だろ。

49 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 18:24:16
シュメールと中国江南部、ポリネシア地方、そしてシベリアからやってきた混合民族
それが日本人です

50 :日本@名無史さん:2006/09/27(水) 18:28:04
ポリネシアは移動結果だろw起源は別だろ。

51 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 16:18:36
日本神話はミクロネシアと共通するらしいからキムチ半島は経由してないっぽい。

天孫降臨の地も南九州だし。

52 :日本@名無史さん:2006/09/28(木) 20:13:19
モンゴル系と南方ミクロネシアの混血かと思ってた。

53 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 15:45:52
ブリヤート人だと信じてます。

54 :日本@名無史さん:2006/09/29(金) 18:01:03

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

朝鮮ネタもう秋田からハングル板でやれよ!!!ここは日本史板!!!

55 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 01:02:31
古モンゴロイドの縄文人に、

北方アジアから朝鮮半島に定着せずに短期で抜けてきた
北方モンゴロイドの弥生人

が混成した人種。

56 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 01:25:38
>>49
じゃあ何で、

シュメールの彩陶や日干しレンガや車輪や指輪、
江南の印紋陶や三足土器や三足青銅器や楽器や酒器や玉器、
ポリネシアのラピタ土器、

が一切伝わってないのかね?

57 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 02:12:46
>>56
こいつ弥生中国人のスレ主、少々頭はいかれてますがネバッコイです。

58 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 04:42:48
>>1
似たような糞スレばっかり乱立させんな、この糞アラシが。

59 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 17:26:25
同意。

>>1は自分のアイデンティティにとち狂った中国以南の南方人か
その雑種だろ。

だから可笑しな渡来人妄想ばかりしでかすんだろ。

迷惑以外の何者でもない。

早く首吊って氏にな。

60 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 17:36:41
日本民族のルーツは雑多だが天皇のルーツは朝鮮だな

61 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 17:39:49
>>60
日本史板なんだから、論拠を述べて書き込めって。

62 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 17:41:12
天皇=チョンではアイデンティティの危機?

63 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 17:59:14
>>60 62


天皇がチョンって根拠も証拠もないのに?wwww






64 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 18:14:51
まあチョンだろうな。

65 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 18:18:38
安倍日本首相の父親「私は朝鮮人だ」(中央日報)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=80386&servcode=200§code=200


66 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 19:05:44
朝鮮人や中国人のやり方はただの刷り込み洗脳だからな。

ウソをただ百万回繰り返して強引に刷り込んで真実にしていく。

ハーイ、ウソ真実の出来上がり。

67 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 19:22:03
天皇は朝鮮人、弥生人は朝鮮人、南京大虐殺、

これらぜーんぶぜーーーーんぶウソ真実じゃねえかw

68 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 19:31:06
やはり風説流布罪は極刑まで拡張しないともうダメだろう。

>>60>>64みたいな悪質なのはテレビ公開処刑で
ギロチンで処刑せんともうあかん。

69 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 19:35:00
気軽にチョンの生首を落とす美しい国でありたい。


70 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 20:03:50
当然ながら、日本全土の縄文人達も単一の民族だった可能性は少ない。北九州と北海道で
はおそらく混血する元々の旧石器時代民族が違う(地理的にはシベリア・サハリン等の北方モンゴロイドと、
朝鮮南部・中国北東部の南方モンドロイド)だろうし、地理的環境の違いによる生活習慣の違いは、
長期に渡って縄文人達の形質を変化させてきたはずだ。
しかしながらその違いは、本土における渡来人と縄文人達が行った混血の結果生まれた、いわば
「新日本人」達ほどには「差」がないと思う。
渡来人達の影響は現代日本人達の遺伝的形質に如実に現れており、現代人の多くは「弥生人」の
遺伝的特徴をそなえていて「縄文人」的特質を持った人々は少ない。
DNA鑑定によると、日本で一番朝鮮人に近い遺伝子を持った人々は近畿に集中している。西日本を中心として、
山陰・中国・四国・九州地方の一部にもそのDNAは現存しているが、これは明らかに、大和朝廷の黎明期に、
その根幹を築いた集団が朝鮮からの移入民族で、その周辺の人々も多くが近畿圏に居住したことを示す明らかな証拠なのである。



71 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 20:31:45
>>70
おい、馬鹿よりめ!


>朝鮮南部・中国北東部の南方モンドロイド


中央モンゴロイドだろ。旧型の。大馬鹿。

それに西日本が遺伝的に朝鮮半島に一番近いのは当たり前だ。
陸続きだったんだから。

朝鮮半島に近くなるほど、土着系も遺伝子が近くなるのは当たり前。

それに帰化人など全部あわせても当時の日本人口の0.2〜0.3%に過ぎんのだ。
解ったかビビンバ野郎!

72 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 20:34:26
弥生時代の途中からようやく青銅器とともに渡来人骨が出土し始める訳だが、
その渡来人骨は朝鮮半島の古代人骨とは形質が異なり、彼らが持ち込んできた
青銅器は中国青銅器とは器種や器形や文様などで大きく異なっており、
遼寧式(満州式)と一致するという事である。

これらの情報から読み取れる事は、水田技術、無文土器技術、農工具技術を
持ち込んで弥生時代を開始させたのは朝鮮半島南部と交流していた縄文人自身
であるという事と、弥生時代の途中で渡来人骨の持ち主が満州以北から満州式
の青銅器をたずさえて朝鮮半島を抜けて九州北部までやって来たという事である。



73 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 20:35:10
それでは、これらの渡来者たちは、そもそもどこを出発点としたのだろうか。
朝鮮半島はアジア大陸の一角だから、この土地で、一つの集団が孤立していた
とは考えられない。そこで、さらに視野を広げ、シベリア、東アジアの集団を
含めて、分析してみることにしよう。次ページの図は、朝鮮半島やシベリアの
集団、およびアイヌを含め、さらに新石器時代から現代にいたるまでのさまざま
な集団を処理、Qモード相関係数行列を二次元的に表現したものである。
この図を見て驚くのは、土井ヶ浜および三津の弥生人が、シベリアのいわゆる
寒冷地民族に酷似していることである。金関氏は弥生時代の渡来者が北部朝鮮
から来たことを示唆したが、今回の分析結果により、さらに北の中国東北地方や
シベリアと、強い類縁性のあることが示された。もっと具体的にいえば、
北九州型の弥生人は、北アジアの蒙古人や、アムール川流域に住むツングース系
民族、あるいは沿海州の諸民族などにきわめてよく似ているのである。

日本人の起源〈増補〉 埴原和郎編 朝日新聞社 より抜粋


74 :日本@名無史さん:2006/09/30(土) 21:29:49
中国大陸で起こった北方い民族が常に南下して攻め入ってたのでその
一部がいきおい余って日本にも侵入して未開の地に町と村を造った

75 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 15:18:31


いかにも馬鹿の自作スレ




76 :日本@名無史さん:2006/10/01(日) 16:44:01
>>74
違う違うw
日本は」もともと独自の文化があって
騎馬民族は来てないよww
高句麗からの影響はあったけどw

77 :日本@名無史さん:2006/10/02(月) 21:10:10
その後、藤村由加説は「新・朝鮮語で万葉集は解読できない」(安本美典、JICC
出版局)、「古代朝鮮語で日本の古典は読めるか」(西端幸雄、大和書房)などの
多くの専門家からの反論本で、いわゆる「とんでも」本として完膚なきまで否定
され、その学術的価値は全く否定された。ただ、その反論は専門家以外に簡単に
理解できるものではなかった。一方、藤村説(というより創作した作品というのが
正しいと思うが)は、論理的には支離滅裂ではあっても素人にロマンを感じさせる
というインパクトがあったから、李寧煕氏の類書「もう一つの万葉集」(文芸春秋)
とともに、好奇心だけ旺盛な一般人に厚く支持された。李寧煕氏に対しては、週刊
誌上で、大野晋、菅野裕臣、中西進の各氏らが反論しているが、判官びいきの伝統
が根強い日本ではいじめと解釈され、これ以後、李氏は一般人の厚い同情を得る
ことになった。万葉集が古代朝鮮語で読めるということは、日本語と朝鮮語の間
には強い類縁関係があることを意味する。和語では説明できないものが本当に朝鮮
語で説明つくものであれば、それは妥当な説ということができる。

上記の説は専門家筋から否定されてしまったのであるから意味をもたないのは明らか
である。


78 :日本@名無史さん:2006/10/04(水) 22:09:28
日本人種のYAP+と東南アジア辺りのYAP+が別種なのは事実。

日本人種のYAP+はht1。
東南アジア・中国南部あたりに微かに残るYAP+はht2。
白人や黒人のYAP+はht3。

ゆえに日本人種は中国南部や東南アジアとは無関係。

残念でした(嘲笑)

◎YAP+マップ

http://www.geocities.com/londonross1/china3.png
http://native.way-nifty.com/./native_heart/images/y_chromosome.jpg

79 :日本@名無史さん:2006/10/05(木) 17:51:44
↓陸続き時代の遺伝子の名残を古墳期の帰化人にすり替えて洗脳するビビンバ工作員(嘲笑)


70 :日本@名無史さん :2006/09/30(土) 20:03:50
当然ながら、日本全土の縄文人達も単一の民族だった可能性は少ない。北九州と北海道で
はおそらく混血する元々の旧石器時代民族が違う(地理的にはシベリア・サハリン等の北方モンゴロイドと、
朝鮮南部・中国北東部の南方モンドロイド)だろうし、地理的環境の違いによる生活習慣の違いは、
長期に渡って縄文人達の形質を変化させてきたはずだ。
しかしながらその違いは、本土における渡来人と縄文人達が行った混血の結果生まれた、いわば
「新日本人」達ほどには「差」がないと思う。
渡来人達の影響は現代日本人達の遺伝的形質に如実に現れており、現代人の多くは「弥生人」の
遺伝的特徴をそなえていて「縄文人」的特質を持った人々は少ない。
DNA鑑定によると、日本で一番朝鮮人に近い遺伝子を持った人々は近畿に集中している。西日本を中心として、
山陰・中国・四国・九州地方の一部にもそのDNAは現存しているが、これは明らかに、大和朝廷の黎明期に、
その根幹を築いた集団が朝鮮からの移入民族で、その周辺の人々も多くが近畿圏に居住したことを示す明らかな
証拠なのである。

80 :日本@名無史さん:2006/10/05(木) 18:42:37
325 名前:名無しって何ですか?:2005/12/27(火) 07:14:19 ID:YevwbuuZ
         ________   
       /:.'`::::\/:::::\   
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ
     |::〉   ●"    ●" |  
   (⌒ヽ             |) ←セロイwwwwww
    ( __     ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /   
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

         竹石 圭佑
      (1986〜 愛知県名古屋市)

在日中国人の両親を持つ為か、日本語のアクセントがおかしい時が多々ある。
小学生の時に万引きで補導されたらしく、その頃から既に歪んだ性格であった考えられる。

中学・高校時代…意中の女子には露骨にちょっかいを出して気を引こうとし、また、その時の言動は挙動不審で相手に好意があることがミエミエな為、非常に痛々しい。
でしゃばりで、なぜか偉そうな態度をとっていたが、不良学生相手にはビクビクしながら機嫌をとっていたという不可解な面も併せ持つ。
また特に自分より力の弱い女性教員や女子生徒等を格好の的としていたので、その様な人間には異常に高圧的な態度をとり、馬鹿にし、いつも幼稚な悪口や悪質な嫌がらせを考えて楽しんでいた。

相当な目立ちたがり屋で「地球は自分を中心に回ってる」という性格。しかし、何の能力・才能の欠片もなく、ヘラヘラしていただけなので精神が不安定だったとも考えられる。あだ名はダメ石(何をやってもダメなくせに口八丁なので)→デメ石(非常に出目金に似た顔なので)。

愛知県の底辺の大学に通ってるが、名古屋大学医学部を目指しているらしく、医学生になった自分を日々妄想している。
余談だが、KAT-TUNの田中聖をライバル視しているらしい。




81 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 18:50:34
北方アジアは一切抜きの偏向調査で作為的に中国・朝鮮に誘致していた
スットボケ遺伝学者(嘲笑)


宝来センセイによると、韓国や中国にはそれぞれドミナントなミトコンドリアDNAがあるのに、
日本本土では、とくにドミナントなものがない。つまり系統的にさまざまな人たちから成り立って
いるのである。また、これまで、大陸から渡来した弥生人によって分断され、北に追いやられたのが
アイヌ、南に追いやられたのが琉球人といわれてきた。しかし、アイヌと琉球は少なくとも1万2000年
以上まえに分岐しており、紀元前3世紀以降に渡来してきた弥生人によって分断されたんではないという。
1万2000年前にそれぞれ日本に住み着いたアイヌと琉球人。そこへ紀元前3世紀以降になって渡来し、
稲作をはじめた中国・朝鮮系の人びと。こうした人たちの子孫がわたしたちなのだ。
それにしても紀元前3世紀以降の大陸からの渡来って、それ、秦の始皇帝のころの、徐福たちじゃない?
http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm
http://youtube.com/watch?v=iRD3k2j9BeA

82 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 18:52:56
まーだ宝来mtDNAデータのトリックと欠陥が分からない脳弱が
いるようなので、簡単に説明しておくと、

朝鮮半島も中国大陸も、古代より北方アジア人の侵入定着が絶え間ない
地域であったのにもかかわらず、宝来mtDNAデータには北方アジア人に
関するタイプのデータが一切出てこない。

しかも、調査サンプルに北方アジア人のサンプルが一つも入っていない。

つまり、宝来mtDNAデータは北方アジア抜きの偏向調査で出された
偏向データなのであって、ただひたすら中国や朝鮮からやって来たと
錯覚させるだけの極めて悪質な欠陥データに過ぎないのである。

83 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 20:13:22
アイヌ由来の地名は四国にもあって、半島系がくるまではアイヌの大帝国があった

84 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 20:16:15
半島は短期で定着せずに抜けてきただけで、
来たのは北方アジア系なんですけど。

85 :日本@名無史さん:2006/10/06(金) 20:35:41
半島に定着した北方アジア系もいるだろうし
またその北方アジア系も半島の当時の在地人と混血しただろうし
そういう奴らが日本に来たんじゃないのかよ。単に「抜けて来た」とか意味不明。

86 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 17:25:29
その理由は、渡来人骨は朝鮮半島の古代人骨とも現代人骨とも全く一致せず、


それでは、これらの渡来者たちは、そもそもどこを出発点としたのだろうか。
朝鮮半島はアジア大陸の一角だから、この土地で、一つの集団が孤立していた
とは考えられない。そこで、さらに視野を広げ、シベリア、東アジアの集団を
含めて、分析してみることにしよう。次ページの図は、朝鮮半島やシベリアの
集団、およびアイヌを含め、さらに新石器時代から現代にいたるまでのさまざま
な集団を処理、Qモード相関係数行列を二次元的に表現したものである。
この図を見て驚くのは、土井ヶ浜および三津の弥生人が、シベリアのいわゆる
寒冷地民族に酷似していることである。金関氏は弥生時代の渡来者が北部朝鮮
から来たことを示唆したが、今回の分析結果により、さらに北の中国東北地方や
シベリアと、強い類縁性のあることが示された。もっと具体的にいえば、
北九州型の弥生人は、北アジアの蒙古人や、アムール川流域に住むツングース系
民族、あるいは沿海州の諸民族などにきわめてよく似ているのである。

日本人の起源〈増補〉 埴原和郎編 朝日新聞社 より抜粋

87 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 17:31:13
しかも、遺伝学的にも渡来人が拡散した西日本ほど、


◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度



本土日本人 8,6%、 沖縄人 1,5%、 アイヌ人 1,0%、
韓国人 1,4%、 中国朝鮮族 2,2%、 モンゴル人  5,9%



日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

88 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 17:37:16
モンゴル人には高頻度だが朝鮮人には少ないハプロタイプが超高頻度。


◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度

西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%

89 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 18:21:49
>>73
へ〜、埴原説を信じていたんだねw

90 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 18:29:03
埴原説か、
100万人渡来説のトンデモ説ね























無文土器時代の人骨っていくつある?
朝鮮半島の人骨は三国時代は多いが、民族移動がその後もあるから違って来るのは当たり前。
北アジアだって民族移動にさらされているはずだけどな。
宝来説への批判がそのまま埴原説にも言えるが。
北アジアから抜けて来たとかやっぱり意味不明


91 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 18:42:13
>>90
この凄まじい改行はいったい??

>宝来説への批判がそのまま埴原説にも言えるが。

北亜厨、普段は「骨屋の妄言」と一蹴しているようだが、
都合のいい時は埴原使うらしい。

92 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 19:01:55
【『応神天皇とコマ』 友好国コマとは、どこの国か?】
−日本書紀より引用−
 
 応神天皇=治世37年春2月1日。
 阿知使主(あちのおみ)、都加使主(つかのおみ)を呉に遣わして、縫工女(きぬぬひめ)を求めさせた。
阿知使主らは高麗国(コマ国)を経由して呉に行こうと考えたが高麗(コマ)からの道が分からず、道を知っている者を
高麗に求めた。
 高麗王(コマ王)は久礼波(くれは)、久礼志(くれし)の二人を道案内として使わした。これによって呉に行く事が
出来た。呉王は、縫女(ぬいめ)の兄媛、弟姫、呉織(くれはとり)、穴織(あなはとり)の四人を、日本使節団に与えた。

 
 応神天皇の時代、日本は高句麗と戦争状態だった。
 したがって、応神記で語られている『コマ国』は、高句麗ではありえない。では、どこの国か?
百済である。任那の北部、漢城とその周辺地域をコマと言っているのだ。
ただし、日本書紀の記者は、百済と高麗を混同し、『百済』と表記すべき「コマ」を、誤って『高麗』と記している。
それが、古代史研究の混乱を引き起こす原因となっているのだ。


93 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 19:09:22
コマ国についてのソースはそれだけかよ。怪しいな。
高句麗だって戦争もすれば和平もするが。それに書紀には百済は百済と出て来ますが。

94 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 19:11:47
倭王賛の最初の使節が高句麗使いと共に東晋に行っている件について

95 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 19:52:47
怒り狂った寄り目ビビンバが一匹いるようで非常に愉快w

96 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 19:54:33
反論できないと人をビビンバ扱いして誤魔化す基地外がいる件について

97 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 20:07:34
>>90
>>91
ちゃんと北方アジアも何ヶ所も入ってる普遍性のあるデータだが何か?

中国の一ヶ所だけとか、中国と朝鮮の数ヶ所だけとか、
そういう低脳骨屋のいんちきデータではないが何か?


>次ページの図は、朝鮮半島やシベリアの集団、およびアイヌを含め、
>さらに新石器時代から現代にいたるまでのさまざまな集団を処理、
>Qモード相関係数行列を二次元的に表現したものである。




98 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 20:15:58
いやだからさあ、北アジアも古来民族移動や混血があるんだから、今の遺伝子データがそのまま弥生時代の遺伝子じゃないだろ。
中国や朝鮮だけ民族移動があったからデータが使えないって、そりゃあ都合良すぎ。
北アジアの考古学資料と弥生初めの資料は似てないし。

99 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 20:26:24
ははーん、すっとぼけミトコンドリ屋の宝来の件ねw

奴が調査サンプルに北方アジアを数ヶ所加えて再度データを
出し直しすれば良いだけの話。





100 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 20:32:56
325 名前:名無しって何ですか?:2005/12/27(火) 07:14:19 ID:YevwbuuZ
         ________   
       /:.'`::::\/:::::\   
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ
     |::〉   ●"    ●" |  
   (⌒ヽ             |) ←セロイwwwwww
    ( __     ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /   
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

         竹石 圭佑
      (1986〜 愛知県名古屋市)

在日中国人の両親を持つ為か、日本語のアクセントがおかしい時が多々ある。
小学生の時に万引きで補導されたらしく、その頃から既に歪んだ性格であった考えられる。

中学・高校時代…意中の女子には露骨にちょっかいを出して気を引こうとし、また、その時の言動は挙動不審で相手に好意があることがミエミエな為、非常に痛々しい。
でしゃばりで、なぜか偉そうな態度をとっていたが、不良学生相手にはビクビクしながら機嫌をとっていたという不可解な面も併せ持つ。
また特に自分より力の弱い女性教員や女子生徒等を格好の的としていたので、その様な人間には異常に高圧的な態度をとり、馬鹿にし、いつも幼稚な悪口や悪質な嫌がらせを考えて楽しんでいた。

相当な目立ちたがり屋で「地球は自分を中心に回ってる」という性格。しかし、何の能力・才能の欠片もなく、ヘラヘラしていただけなので精神が不安定だったとも考えられる。あだ名はダメ石(何をやってもダメなくせに口八丁なので)→デメ石(非常に出目金に似た顔なので)。

愛知県の底辺の大学に通ってるが、名古屋大学医学部を目指しているらしく、医学生になった自分を日々妄想している。
余談だが、KAT-TUNの田中聖をライバル視しているらしい。


101 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 20:33:46
325 名前:名無しって何ですか?:2005/12/27(火) 07:14:19 ID:YevwbuuZ
         ________   
       /:.'`::::\/:::::\   
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ
     |::〉   ●"    ●" |  
   (⌒ヽ             |) ←セロイwwwwww
    ( __     ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /   
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

         竹石 圭佑
      (1986〜 愛知県名古屋市)

在日中国人の両親を持つ為か、日本語のアクセントがおかしい時が多々ある。
小学生の時に万引きで補導されたらしく、その頃から既に歪んだ性格であった考えられる。

中学・高校時代…意中の女子には露骨にちょっかいを出して気を引こうとし、また、その時の言動は挙動不審で相手に好意があることがミエミエな為、非常に痛々しい。
でしゃばりで、なぜか偉そうな態度をとっていたが、不良学生相手にはビクビクしながら機嫌をとっていたという不可解な面も併せ持つ。
また特に自分より力の弱い女性教員や女子生徒等を格好の的としていたので、その様な人間には異常に高圧的な態度をとり、馬鹿にし、いつも幼稚な悪口や悪質な嫌がらせを考えて楽しんでいた。

相当な目立ちたがり屋で「地球は自分を中心に回ってる」という性格。しかし、何の能力・才能の欠片もなく、ヘラヘラしていただけなので精神が不安定だったとも考えられる。あだ名はダメ石(何をやってもダメなくせに口八丁なので)→デメ石(非常に出目金に似た顔なので)。

愛知県の底辺の大学に通ってるが、名古屋大学医学部を目指しているらしく、医学生になった自分を日々妄想している。
余談だが、KAT-TUNの田中聖をライバル視しているらしい。


102 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 20:34:49
325 名前:名無しって何ですか?:2005/12/27(火) 07:14:19 ID:YevwbuuZ
         ________   
       /:.'`::::\/:::::\   
      /::            \
     /::.  /"""  """\ ヽ
     |::〉   ●"    ●" |  
   (⌒ヽ             |) ←セロイwwwwww
    ( __     ( ∩∩ )    |
      |  、_____  /   
      ヽ   \____/  /
       \        /
         \____/

         竹石 圭佑
      (1986〜 愛知県名古屋市)

在日中国人の両親を持つ為か、日本語のアクセントがおかしい時が多々ある。
小学生の時に万引きで補導されたらしく、その頃から既に歪んだ性格であった考えられる。

中学・高校時代…意中の女子には露骨にちょっかいを出して気を引こうとし、また、その時の言動は挙動不審で相手に好意があることがミエミエな為、非常に痛々しい。
でしゃばりで、なぜか偉そうな態度をとっていたが、不良学生相手にはビクビクしながら機嫌をとっていたという不可解な面も併せ持つ。
また特に自分より力の弱い女性教員や女子生徒等を格好の的としていたので、その様な人間には異常に高圧的な態度をとり、馬鹿にし、いつも幼稚な悪口や悪質な嫌がらせを考えて楽しんでいた。

相当な目立ちたがり屋で「地球は自分を中心に回ってる」という性格。しかし、何の能力・才能の欠片もなく、ヘラヘラしていただけなので精神が不安定だったとも考えられる。あだ名はダメ石(何をやってもダメなくせに口八丁なので)→デメ石(非常に出目金に似た顔なので)。

愛知県の底辺の大学に通ってるが、名古屋大学医学部を目指しているらしく、医学生になった自分を日々妄想している。
余談だが、KAT-TUNの田中聖をライバル視しているらしい?

103 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 21:16:22
埴原のデータとその解釈も同じ問題があることに気づけよ

104 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 21:40:04
埴原のデータが完璧だなんて俺も思っちゃいないが。

ただ、北方アジア抜き、しかも調査サンプルも数ヶ所とかいう
いつものいんちきデータと比べれば、埴原のデータ(調査したのは
埴原ではないが)は北方アジアも何ヶ所も入って、調査サンプルも
十ヶ所以上という点では遥かに精度が高く、信用に値するというだけ
だがね。

105 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 21:45:33
現在の遺伝子データの分布で解釈するという問題点は同じだが

106 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 22:05:31
埴原のデータは遺伝子データではないが、朝鮮半島は何ヶ所も、
古代人骨も現代人骨もテータに入っており、いずれにしろ、
弥生人骨とはま−ったく遠くかけ離れた数値が出てきてしまったの
だった。

いくら時代が変わろうとも、渡来人骨を朝鮮半島に求めるのは
どうあがいても無理としか考えられないほど差のある数値結果だよ。

107 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 22:44:53
人骨データでも血液型データでも現在の資料の分布で行っている限り同じこと。


108 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 23:32:29

今日からここを、工作員とそれに対抗する者の隔離スレとします。

109 :日本@名無史さん:2006/10/07(土) 23:47:39
嫌韓工作員?

110 :日本@名無史さん:2006/10/08(日) 00:10:56
>>109
い〜んや、あの変なコピペをべったべった貼りまくってるど阿呆のこと。

111 :日本@名無史さん:2006/10/08(日) 00:14:42
それって結局、嫌韓厨だよな

112 :日本@名無史さん:2006/10/08(日) 00:26:36
極端な嫌中及び嫌韓というのが正しい。
一ミリのブレも許さない方針らしい。

113 :日本@名無史さん:2006/10/08(日) 18:39:51
それでは、これらの渡来者たちは、そもそもどこを出発点としたのだろうか。
朝鮮半島はアジア大陸の一角だから、この土地で、一つの集団が孤立していた
とは考えられない。そこで、さらに視野を広げ、シベリア、東アジアの集団を
含めて、分析してみることにしよう。次ページの図は、朝鮮半島やシベリアの
集団、およびアイヌを含め、さらに新石器時代から現代にいたるまでのさまざま
な集団を処理、Qモード相関係数行列を二次元的に表現したものである。
この図を見て驚くのは、土井ヶ浜および三津の弥生人が、シベリアのいわゆる
寒冷地民族に酷似していることである。金関氏は弥生時代の渡来者が北部朝鮮
から来たことを示唆したが、今回の分析結果により、さらに北の中国東北地方や
シベリアと、強い類縁性のあることが示された。もっと具体的にいえば、
北九州型の弥生人は、北アジアの蒙古人や、アムール川流域に住むツングース系
民族、あるいは沿海州の諸民族などにきわめてよく似ているのである。

日本人の起源〈増補〉 埴原和郎編 朝日新聞社 より抜粋

114 :日本@名無史さん:2006/10/08(日) 18:42:48
>>107
さすがはビビンバ、日本語読解力が無いwwww


>新石器時代から現代にいたるまでのさまざまな集団を処理
>新石器時代から現代にいたるまでのさまざまな集団を処理
>新石器時代から現代にいたるまでのさまざまな集団を処理
>新石器時代から現代にいたるまでのさまざまな集団を処理

115 :日本@名無史さん:2006/10/09(月) 18:30:43
日本人種のYAP+と東南アジア辺りのYAP+が別種なのは事実。

日本人種のYAP+はht1。
東南アジア・中国南部あたりに微かに残るYAP+はht2。
白人や黒人のYAP+はht3。

ゆえに日本人種は中国南部や東南アジアとは無関係。

残念でした(嘲笑)

◎YAP+マップ

http://www.geocities.com/londonross1/china3.png
http://native.way-nifty.com/./native_heart/images/y_chromosome.jpg

116 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 19:29:46
北方アジアは一切抜きの偏向調査で作為的に中国・朝鮮に誘致していた
スットボケ遺伝学者(嘲笑)


宝来センセイによると、韓国や中国にはそれぞれドミナントなミトコンドリアDNAがあるのに、
日本本土では、とくにドミナントなものがない。つまり系統的にさまざまな人たちから成り立って
いるのである。また、これまで、大陸から渡来した弥生人によって分断され、北に追いやられたのが
アイヌ、南に追いやられたのが琉球人といわれてきた。しかし、アイヌと琉球は少なくとも1万2000年
以上まえに分岐しており、紀元前3世紀以降に渡来してきた弥生人によって分断されたんではないという。
1万2000年前にそれぞれ日本に住み着いたアイヌと琉球人。そこへ紀元前3世紀以降になって渡来し、
稲作をはじめた中国・朝鮮系の人びと。こうした人たちの子孫がわたしたちなのだ。
それにしても紀元前3世紀以降の大陸からの渡来って、それ、秦の始皇帝のころの、徐福たちじゃない?
http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm
http://youtube.com/watch?v=iRD3k2j9BeA

117 :日本@名無史さん:2006/10/10(火) 19:30:39


まーだ宝来mtDNAデータのトリックと欠陥が分からない脳弱が
いるようなので、簡単に説明しておくと、

朝鮮半島も中国大陸も、古代より北方アジア人の侵入定着が絶え間ない
地域であったのにもかかわらず、宝来mtDNAデータには北方アジア人に
関するタイプのデータが一切出てこない。

しかも、調査サンプルに北方アジア人のサンプルが一つも入っていない。

つまり、宝来mtDNAデータは北方アジア抜きの偏向調査で出された
偏向データなのであって、ただひたすら中国や朝鮮からやって来たと
錯覚させるだけの極めて悪質な欠陥データに過ぎないのである。



118 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 00:31:53
朝鮮半島は北方アジアから絶えず人が来たんだよな?
じゃあなぜ北アジアと違うの?
北アジアの人だけは古代から民族移動の影響を受けずに純粋な遺伝子を持ってるの?都合いいねw
埴原氏のデータも古代のもあると言ってますが大部分は現代人のデータですが。
北アジア人は朝鮮半島経由して来たのはいいんだよな。
そこで在地定着して一部は日本へ一部は朝鮮に定着して半島人の祖先にもなったんじゃないの?
抜けて来た、とか意味不明。
水田稲作は今の資料だと韓国西南部が早いですが。無文土器前期だが。しかもそこの土器や石器、住居が弥生早期に似てますが。それらの文化は北アジアと違ってますけどね。
まあソース出せとかわめくだろうが、ネットだけじゃわからないだろうな。
韓国の報告書や論文調べられ。まあ一部は日本でも出てるけど。


119 :天照大神:2006/10/11(水) 20:02:23
>>118




元々北アジア人なんて来てねえし
弥生土器は縄文土器の影響かなり受けてるし
韓国の報告書や論文はアテになんねえし






120 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 20:58:08
>>118
もうビビンバが必死で、いやあ、実に愉快愉快w

朝鮮半島の古代人骨が吉野ヶ里や土井が浜の弥生人骨と形質が一致した
なんて調査報告、一度も見た事も聞いた事もありませんが何か?w

朝鮮半島は調査する度に毎回毎回一致せずと否定されるだけなんだよなw

むしろ朝鮮半島の出土人骨は古くなればなるほど「縄文人」に
形質が近くなっていくんだよなw

121 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 21:00:12
しっかし、朝鮮学校の教科書はゲルマン人の大移動も教えないのかね?w

西ゴート族は今のロシアの黒海北部からギリシアに入り、ギリシアを抜けて
イタリアに入り、イタリアを抜けて今のスペインのイベリア半島でようやく
移動をやめて定着した。

ヴァンダル族は今のポーランドあたりからフランスに入り、フランスを抜けて
イベリア半島に入り、イベリア半島を抜けて今度はアフリカ大陸に渡海し、
かつてはカルタゴのあった今のチュニスあたりでようやく移動をやめて定着したんだよ。

抜けて来たが意味不明とはテラワロスw

それに弥生時代も開始してから300年以上あとからの弥生遺構から
でないと渡来人骨なんて出やしないんだよw

透明人間の渡来人が水田を持ち込んだのかね?(爆笑!)

122 :日本@名無史さん:2006/10/11(水) 23:23:00
>>120

あなたの反論はいつも論点のスリカエばかりだねー
>>118氏はべつに朝鮮人説など唱えてはいないと思うぞ。


123 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 13:07:12
>>119
弥生土器は縄文土器の系譜にあるが、
朝鮮無文土器の影響が融合してるのも確か。
弥生早期に松菊里系土器もあるのも確か。また土器の焼き方も無文土器の焼き方になっているんだが。同じ広義の野焼きだが、変化しているのだが知らないんだな。無知だな。
たくさん来たとか言わないが、少しは来ないと土器の技術や水田の技術や経営方法が伝わらないがな。
韓国のは信用しないってか?じゃあ使わなきゃいいよ。実際には倭系遺物の報告とか都合がいいのは使うのになw
朝鮮半島も古い人骨は縄文系に似てんだよな?じゃあそういう奴らが来たら区別つかない訳だ。
前期末以降の渡来は認めるんだよな。
その割に土井ヶ浜や吉野ヶ里は渡来系じゃないとか支離滅裂だし。
一から勉強し直したら?











無知を棚にあげて反論できない時は人をビビンバ、キムチ扱いするしか無い訳だ。悲しい奴だな。同情するよ。

124 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 13:13:40
>>121
韓国西南部の無文土器文化は定着してその後も継続しているのだが。
倭に行った連中もいただろうが、そこに定着した人々もいただろうという当たり前のこと。その連中はその後ね北からの民族移動でさらにまた遺伝子が混血し変化しただろうが。
ゲルマン大移動の例は一つの例であって、民族移動が常にそういうものではないだろ。何の根拠にもならない。

125 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 19:39:00
ここの嫌韓ウヨは都合よく埴原を引用するが、埴原は100万人(以上)渡来説で朝鮮半島を含めて絶えず大量渡来があったと言っているのだが。

126 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 22:39:43
>>118=122=123=124=125
いや、おまえは確かに寄り目でビビンバだよw

朝鮮半島の古代人骨は、骨格が縄文人骨よりもかなり大柄で、頭蓋も
短頭が強く、似てはいるが形質的にかなり異なっているからやはり分かる
んだよ。

それに三国志を読めば分かるが、むしろ当時、南北に渡海して経済活動を
していたのは対馬の倭人で、韓項に韓国に倭人が来ているとは書かれている
が、倭項に倭に韓人の存在を示唆するような言葉は一切ない。

つまり無文土器もその技術も水田技術もその他の文化も朝鮮南岸に頻繁に
出入りしていた対馬や九州北部の商人や漁労民たちが単に持ち帰ってきただけ。

それに何度でも言ってやるが、土井ヶ浜や吉野ヶ里の渡来人骨の形質が
朝鮮半島の古代人骨と一致した調査例など今まで一度たりとも・・・・無い!(嘲笑)

127 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 23:07:37
884 :日本@名無史さん :2006/10/12(木) 18:59:02
>>880
な〜んだ、そうか。
コイツの正体、今判明した。
安本信者か。
http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/gmdna.html

北方厨とここに書いてる内容がほぼ一致w

128 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 23:13:51
ゲルマン民族の大移動が一つの例とは笑わせるw

東ゴ−ト族、西ゴート族、ヴァンダル族、ブングルト族、フランク族、
ロンバルド族、アングロ=サクソン族etc

これらの故郷も出発地も全く異なる数々のゲルマン民族たちが
その移動時に「一部は日本へ、一部は朝鮮に定着して半島人の祖先にも
なった」なんていう、そんな器用な行動をとった民族など一つも無いね。

どの民族も出発地から定着地まで一つの弾丸のように突き進み、移動している。

それに渡来人骨の持ち主は無文土器とは関係無いと何度言えば、
脳みそがコチュジャンのおまえには分かるんだ?

渡来人骨が出始めるのは弥生時代開始から300年以上後の弥生遺構だから、
弥生時代開始時に無文土器を持ち込めないんだよ(嘲笑)

129 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 23:22:11
親韓サヨは死ね、ウジムシどもめ!!


130 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 23:32:22
天皇や橘藤系は韓系渡来人DNAでわかる



131 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 23:43:37
>>128
弥生早期から在地の胎土で作った無文土器系土器がある。
「ゲルマンの大移動」が<民族移動>の全てではない。
論点を摺り替えないようにしてね。
またガリア人=フランク人は移動しながら各地で定着してますが。


132 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 23:50:57
>127
商人や漁民がなぜ突然水田稲作をし始めるんだ?
水田とか灌漑技術とか見よう見まねではできません。

無文土器の技術をなぜわざわざ真似たの?
そうか無文土器のほうが優れていたんだねw
そうじゃなきゃどう説明する?
やっぱ来た人も有る程度いると考えるのが自然だよな。
三国志の記述では正確には一支国の海人も交易しているが。
まあそれは史書の話し。
史書に全て書かれているわけでは無いし。
弥生時代末以降は、日本で作られた軟質土器も増えてくる。
その時期になると倭の土師器と形も技術も異なるのになんでわざわざ作るかね?
半島から人も来たんだろ。集団規模は知らんが。
西新町遺跡とか、韓式系が大量に出てて、ふつうに半島側の商人が来たと言われているが。
倭人が持ち帰っただけなら、韓半島の生活文化である竈と甑のセットとかあり得ないわけだが。
韓国の倭系土器は倭人が行った証拠なんだよな?
でもアンタの論理なら韓半島の商人が倭に来て持ち帰っただけということにもなるが、違うか?
韓国の倭系土器が倭人の証拠なら、倭の半島系土器は三韓の人々が来た証拠になりうるはずだが。


133 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 23:51:45
>>どの民族も出発地から定着地まで一つの弾丸のように突き進み、移動している。
トルコ系とか中央アジアから西アジアにたくさんの王国を作り、それぞれで定着しながら、今のトルコに至までかなりの時間をようしてますが。
それに合わない例が大杉。ポリネシア人とか弾丸のように大平洋に散らばった?うそつけ。
ア−リア人の移動も1000年以上かけていますけど(レンフルー)。
しかも途中で定着しながらね。
>>つまり無文土器もその技術も水田技術もその他の文化も朝鮮南岸に頻繁に
>>出入りしていた対馬や九州北部の商人や漁労民たちが単に持ち帰ってきただけ。
じゃあ「つきぬけた」北アジア系も来なかった訳だ。
朝鮮半島からは経由でも、誰も来ていないんだねw

あと無文土器時代から三韓時代の韓国の人骨ってどれくらいある。
もう一つ、弥生早期の九州の人骨ってどれくらいあるよ?

>>渡来人骨が出始めるのは弥生時代開始から300年以上後の弥生遺構だから、
>>弥生時代開始時に無文土器を持ち込めないんだよ(嘲笑)
おい、ということは前期末には朝鮮からの渡来を認めるんだな
無文土器も多く出るようになる(持ち込みというより在地産)だから当然。
しかし弥生早期にも少し出る、在地で作るものがあるのは、少数は来た人々がいたんだろが。
農耕に使う石器の作り方、木器の作り方も及んでいるわけだし。
全く来ていないとかいうのは相当の強弁だな。


134 :日本@名無史さん:2006/10/12(木) 23:54:10
>>128-129
嫌韓ウヨ必死だなw

135 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 00:05:53
>>131
無文土器系土器も全体のわずか数%なw

それもすぐに作られなくなって遠賀川土器に移行していく。

ゲルマン7民族が7民族とも「一部は日本へ、一部は朝鮮に定着して半島人の祖先にも
なった」なんていう、そんな器用な行動をとった民族など一つも無い。

ビビンバ妄想もたいがいにしろよ(嘲笑)

それにガリア人とフランク人は別人種別民族ですが何か?w

ガリア人はフランス平原の土着人のアルプス人種、
フランク族は元はドイツ北西部にいた北方人種、で民族移動後、
フランス北部に移動定着。

136 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 00:11:37
>>127
そのサイトの
http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/gmdna.html
では、考古学者の意見を聞いて、弥生の始まりの「少量渡来」なら認めてるんだけどな
http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/jumyou.html

ここの嫌韓北方厨と同一人物かどうかは知らんが、このスレの書き込みはどうもそのサイトの主張をさらに極端にしたような感じだな。



137 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 00:24:03
>>132
おい、馬鹿鮮人w


>商人や漁民がなぜ突然水田稲作をし始めるんだ?

じゃあ何で菜畑遺跡は海岸の近くにあるの?w

>水田とか灌漑技術とか見よう見まねではできません。

その論理だと、水田技術も無文土器も開発者初代限りで終わって、
誰にも伝わらんわな(爆笑)

>竈と甑のセット

いつ古墳時代の話になったの?w

138 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 00:26:22
>>無文土器系土器も全体のわずか数%なw
少量渡来だからちょうどいいですが
>>それもすぐに作られなくなって遠賀川土器に移行していく。
技法や器形が融合していくんだから当然です。遠賀川式土器は夜臼式(縄文系)+無文土器系の要素ですが。
少量集団が定着混血同化したということだろ。
>>135
フランク人が支配階層である後のフランク王国の版図はドイツ西半分、フランス、イタリア北部に及びます。
イタリア北部まで「突き抜けた」?違うよな
それと他の例はどうしたよ。
そもそもゲルマン大移動が<民族移動>の唯一例でない、民族移動には様々なパターンがあるということは事実ですが。
アフリカのバンツー諸民族の移動、華僑の移動、トルコ系の移動、ポリネシア人の移動、これらは同じ移動常呂パターンではないですね。
論点をすり替えないように。




139 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 00:34:56
>>137
西新町遺跡の例をあげたのだが。韓式系土器の一定出土が人の渡来を示すと言う例を示しただけだ。
日本語の文脈も読めないおばかさんですね。
>>商人や漁民がなぜ突然水田稲作をし始めるんだ?

>じゃあ何で菜畑遺跡は海岸の近くにあるの?w
じゃあ菜畑遺跡が商人の遺跡だったのかい?漁民の遺跡なのかい?
たまたま海岸近くの農耕適地と言うにすぎない。
板付や有田は海岸から離れていることもお忘れなく。


>>水田とか灌漑技術とか見よう見まねではできません。

>その論理だと、水田技術も無文土器も開発者初代限りで終わって、
>誰にも伝わらんわな(爆笑)

はあ?見よう見まねで持ち帰る方が一大限りだろがwちゃんと人が来て、しっかりやり方を教え伝えて、集団に同化して根付くからから水田が続いたんだが。
藻前、大丈夫か?(嘲笑)



140 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 00:36:56
>>133
おい、馬鹿よりめw

おまえが話しているのは定着の話じゃなくて、定着後の拡散の話を
しているだけだろがw

それに弥生開始から300年間以上も渡来人骨が無いのに
どうやって渡来人骨の持ち主が弥生開始時に無文土器も水田技術も
伝えるの?(嘲笑)


141 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 00:39:02
>>137
オイ、馬鹿ウヨ!
次に答えろよ。
あと無文土器時代から三韓時代の韓国の人骨ってどれくらいある。
もう一つ、弥生早期の九州の人骨ってどれくらいあるよ?



142 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 00:41:51
>>140
おい、阿呆嫌韓!
定着後の拡散も民族移動だろが!

143 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 00:46:00
>>138
弥生人はな、無文土器なんかほとんど作っていないんだよ。

輸入品から擬似物をほんのわずかに作っていただけ。

それも制作方法が無文土器と違っているのだよ。

証拠の半島人骨が無いんだから、少量集団も混血同化も糞もありません。

後のおまえが話しているのは定着の話じゃなくて、定着後の拡散の話を
しているだけw

144 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 00:46:31
無文土器前期だけでも300年くらいはあるから定着だよな。
ほとんど同じ主張の>>127,>>136のサイトでも少量の弥生開始時の渡来は認めているのに、全く渡来を認めないとはこれまた極端だな。

145 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 00:51:37
>>143
作り方そっくりなのがいくつも出てますけど。
無知すぎだな。
片岡宏二氏の著作が本屋にもありますから読んだら?
また弥生開始時については家根祥多氏の研究をさがしてくれ。
たしか『歴史発掘』シリーズの弥生時代の巻にコラムがあった。


移動→定着→一部移動、ってふつうじゃん。
何を認めたくないんだか?w



146 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 00:55:23
>>139
>韓式系土器の一定出土が人の渡来を示す

なんで一方的に示すの?
倭人が現地に行って輸入調達してもいいじゃない(嘲笑)

>菜畑遺跡が商人の遺跡だったのかい?漁民の遺跡なのかい?

半漁半農や半漁半商がなにか問題なのかね?w

>板付や有田は海岸から離れていることもお忘れなく。

当時の海岸線が今の海岸線でない事もお忘れなくw

147 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:00:43
>>139
脳みそはしっかり持ち帰れるんだな。悪いねw

おまえの論理だと、水田技術や無文土器どころか、
すべての発明は開発者初代限りで終わって誰にも伝わらず、
いまだに人類は原始時代の真っ只中だろうねw

今の日本のインフラのほとんどは幕末から明治初期に西洋留学した
日本人自身の脳みそによって持ち込まれているだけなんだがなw

148 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:04:33
>>146
海岸線が今と違うのは承知だが、板付遺跡とか漁民の集落とは言えないぞ(他もそうだが)。
それに当時の海岸線でも海のすぐ近くとは言えませんがね。

>半漁半農や半漁半商がなにか問題なのかね?w
漁民がどうして農耕民になっていったかというプロセス、理由を説明しろっていってるんだが。
いずれにしても見よう見まねだけで水田経営や灌漑はできないし、長続きしない。
それに「商人」って当時いたんかよ?
あと菜畑遺跡とか無文土器系や無文土器の影響のある土器が多いが。





>>韓式系土器の一定出土が人の渡来を示す
>なんで一方的に示すの?
>倭人が現地に行って輸入調達してもいいじゃない(嘲笑)

 示す場合の例を出した訳だが。西新町の状況を知らないんだな。日本列島各地の土器も出ている。各地の人(朝鮮半島含む)がそこにやってきて交易したとされている。
 
>倭人が現地に行って輸入調達してもいいじゃない(嘲笑)
そうか、韓国で出る倭系土器は古代の韓国人が日本やってきて調達したわけだな。

おいおい、そうするとやっぱり韓国の人も日本にやって来ていることになるぞ。

 




149 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:07:02
>>144
弥生開始から300年間以上も渡来人骨という確実な物証が一切出てこないのに、
渡来人妄想だけが一人歩きしてませんかってんだw

おまえみたいな外来種の工作によってw

150 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:08:42
>>147
明治初期にはお雇い外国人技術者もたくさん来たはずだが。
また文書で細かい情報を確実に伝えられる時代とは同列にはできないだろが。
>おまえの論理だと、水田技術や無文土器どころか、
>すべての発明は開発者初代限りで終わって誰にも伝わらず、
>いまだに人類は原始時代の真っ只中だろうねw
はぁ?
そんな話はしていない
ちゃんとフェイストゥフェイスで、また実践して伝えたっていってるジャン。
全く反論になってない。阿呆かw

151 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:11:08
>>149
結局それしか言えないのか。だったら>>141に答えてからにしろ

152 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:17:31
>>150
結局おまえは、渡来人がやって来なければ、物や文化は絶対に
伝わらないという思い込みを俺に対して訴えているだけというのが
今夜の俺の結論だねw

153 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:22:34
>>152
あのね、伝わる文化と伝わらない文化があるの。分かる?
単に物の移動なら渡来人が来なくても伝わるよな。
だけど、ある異系統の特定の土器の作り方の細かい部分とか、今まで無かったところに板付遺跡のような灌漑が完成された水田技術体系ができるのは単に見よう見まねでは無理だと言っているの。
あんたも、青銅器生産については技術者が来たと思っているだろ?
渡来人が大量に来たと言っているんじゃ無いんだから、そう言う新しい技術を受容するための手助けとなる少量の集団の渡来はいいかげん認めたら?


154 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:23:15
>>152
そんでさ、>>141の答えはどうなったの?

155 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:25:01
>>153
幻想幻想w

脳みそはちゃんと記憶して持ち帰れるのw

じゃあ寝るぜw

156 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:27:55
>>155
持ち帰っても不十分なものもある。
脳みそで持ち帰っても、実践を伴わないものはうまく伝わらないものもある。
幻想はおまえだよW

157 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:28:30
>>155
でさ、>>141には答えないのかよW

158 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:31:30
水田見て来て、分かったつもりで水田作ったら、水をどうやって引くのだとか、あるいは水を逃がすとか、雑草除去とか、いろいろわかんなくなって餓死するのがオチだな、

見よう見まねで水田経営できるとか、農家をなめてるよ藻前w

159 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:34:40
分かんなくなったら、また渡韓すれば良いだけの話じゃないw

幻想幻想w

ビビンバ幻想w

脳みそはちゃんと記憶して持ち帰れるのw

じゃあ本当に寝るぜw

160 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:35:12
>倭人が現地に行って輸入調達してもいいじゃない(嘲笑)
そうか、韓国で出る倭系土器は古代の韓国人が日本やってきて調達したわけだな。

おいおい、そうするとやっぱり韓国の人も日本にやって来ていることになるぞ。

これにも答えてないわけだが。


阿呆ウヨの論理は矛盾だらけな訳だがw

161 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:41:27
>>分かんなくなったら、また渡韓すれば良いだけの話じゃないw

そんなことしてたら、まず米の収穫は期待できないな。その冬は餓死するぞw
行って帰るのにどれだけかかるんだよ?
その間にかれ果てたり、水が抜けてしまったり、逆に水が制御できずにあふれたり、害虫が発生したらどうすんの?w
そんなことならはじめから、水田経営がすでに生活の一部となってる人たちに来てもらえばいいし、逆に元から、縄文から交流あったんだろ?
ふつうに一部の人がやって来て新しい文化を伝えて定着するとか自然だが。


>分かんなくなったら、また渡韓すれば良いだけの話じゃないw
これこそすげえ幻想だなw





162 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:44:01
オイ、馬鹿ウヨ!
さっきから言ってるんだが、寝る前にさ、
次に答えろよ。
あと無文土器時代から三韓時代の韓国の人骨ってどれくらいある。
もう一つ、弥生早期の九州の人骨ってどれくらいあるよ?



163 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:48:15
>>162
馬鹿はお前では?死んだ方が良いのでは?

164 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:49:31
答えられないようだな。
実は基礎的な情報を全く知らない知ったかぶりか、
それを言ったら都合悪いか、どっちかなんだろうなw


165 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:51:50
>>163
そうか漏れは馬鹿か。
じゃあ藻前は弩阿呆なわけだなw逝っていいよ。

166 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:53:08
「韓国」だって。馬鹿丸出し。

167 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:55:08
地域名称として今の国名で「韓国」と書いたりしただけだが。
別に朝鮮半島でもいいけど。そういうしょうもないことにつっこむヒマがあったら>>162に答えるように


168 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:56:48
韓国人は朝鮮戦争で同じ民族で殺し合いしたからな。最低の民族。

169 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 01:59:02
そうですか、日本人はずっと古来より日本列島にいるわけです。
他からの血は一切受けていないのです。
日本人は純血を保っているのです。
原人の文化も日本が最も高度でした。
日本人は世界にでかけて各地の文化を持ち帰りました。
他民族の力を借りたことは無いほこり高き民族なのです。
どうもありがとうございました。

170 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 02:01:30
でも一理あると思うよ。
しかしその後独立を保っていた国と、属国状態で、
新しい王朝に寝返ったものが生き残っていく国との違いは大きい。

171 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 02:01:42
>>169
それを言うならどこの国や民族でも内戦はやってるでしょ。
日本でも戦国時代、戊辰戦争、内戦は歴史上何度もありましたけど。

まあスレには関係のない話だし。

172 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 02:02:11
「韓国」だって。馬鹿丸出し。

173 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 02:02:59
上の>169は>>168

174 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 02:03:11
なんで朝鮮人の名前は中国人みたいなの?
別に韓国人でもいいけど。

175 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 02:05:52
>>174
朝鮮人に聞いて下さいw
で、話をそらさずに>>162の答えは?

176 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 02:07:14
馬鹿ウヨ馬鹿ウヨうるさい奴がリアルな朝鮮パカウヨでした。

177 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 02:09:49
>>176
そう来ると思ったよw
阿呆嫌韓厨はワンパターンだからなw

肝心なことに答えないでスレを埋めるのは常套手段だからなあ(苦笑)

しかしホント、リアル厨房ですねw

178 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 02:10:51
>>174
には誰も答えられないと。

179 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 02:12:43
もう寝ますので、
また基地外コピペを貼りまくるか、
またはどうぞ、ビビンバとかヨリメとかキムチとかコチュジャンとか、鮮人とか、
阿呆の遠吠えをして罵倒して心を癒してくださいなw

180 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 02:14:27
>>178
横レスだけど、スレ的には何の関係ないよ。
ハングル板で質問したら?

181 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 22:01:38
最も重要な事は、弥生時代が開始して300年くらい後の遺跡からでないと
渡来人骨なんか出土しないという事だ。

つまり、水田技術、無文土器技術、農工具技術を持ち込み弥生時代を
開始させたのは渡来人骨の持ち主ではないという事なのである。

弥生時代の途中からようやく青銅器とともに渡来人骨が出土し始める訳だが、
その渡来人骨は朝鮮半島の古代人骨とは形質が異なり、彼らが持ち込んできた
青銅器は中国青銅器とは器種や器形や文様などで大きく異なっており、
遼寧式(満州式)と一致するという事である。

これらの情報から読み取れる事は、水田技術、無文土器技術、農工具技術を
持ち込んで弥生時代を開始させたのは朝鮮半島南部と交流していた縄文人自身
であるという事と、弥生時代の途中で渡来人骨の持ち主が満州以北から満州式
の青銅器をたずさえて朝鮮半島を抜けて九州北部までやって来たという事である。

182 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 22:24:47
>>177
うわぁ…イタイナァ 必死だなぁ…

183 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 22:27:59
ワンパターンの同じコピペかよ(嘲笑)w
もうそんなの全く説得力無いのだが。
かえって皆が引いているのだが、
分 か る ?
それより重要な>>162の質問に答えてもらおうか?

184 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 23:14:33
コピペってどれのこといってるんだ?

185 :日本@名無史さん:2006/10/13(金) 23:29:31
なんか叩きに必死になって話がごちゃごちゃしてるな
落ち着いていこうや

186 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 00:27:45
【製品とは】
    _、,_
 @ (⊂_  ミ ドイツ人が発明
 ↓
 A ( ´_⊃`) アメリカ人が製品化
 ↓
 B ミ ´_>`) イギリス人が投資
 ↓
 C ξ ・_>・) フランス人がブランド化
 ↓
 D ( ´U_,`) イタリア人がデザイン
 ↓
 E ( ´∀`) 日本人が小型化もしくは高性能化に成功
 ↓
 F (  `ハ´) 中国人が大量生産をし
 ↓   _,,_
 G <ヽ`д´> 韓国人が起源を主張


187 :白馬青牛:2006/10/14(土) 00:59:09
何じゃ、このスレのメンバーも弥生ポンチョ厨、嫌韓厨らが常連さんか。

188 :世界史板にも進出してウザイのでこちらで引き取ってください。:2006/10/14(土) 13:15:55
416 :世界@名無史さん :2006/10/13(金) 22:25:35 0
■弥生人中国説にダマされる前に読むスレ■
1 :日本@名無史さん :2006/07/09(日) 16:36:31
江南説にしろ華北説にしろ、弥生人が本当に中国から来たのなら、

何で印文陶や灰釉陶を含めた中国灰陶の技術が全く伝わっていないのかね?

何で中国青銅器に見られる篆書などの原始漢字の金文が一字も
伝わっていないのかね?

何で中国青銅器に見られる饕餮文、龍文、鳳凰文、雷文などの
文様の一つさえ伝わっていないのかね?

何で中国土器や中国青銅器を代表する鼎や鬲などの三足器形さえ
伝わっていないのかね?

何で酒器も玉器も龍信仰も亀卜も全く伝わっていないのかね?

渡海すると記憶喪失になって故郷の文化は全て忘れてしまうのかね?

何で弥生文化は朝鮮無文土器が影響した弥生土器と遼寧式(満州式)青銅器と
支石墓文化なのかね?

これらは当時の満州から朝鮮にかけての文化ですよ。
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1152430591

189 :天照大神:2006/10/14(土) 18:43:13
>>188



九州からは朝鮮の土器の破片があるし朝鮮には縄文土器の破片があるし
朝鮮の無紋土器は全然弥生土器に関係ないし
弥生土器は縄文土器の進化系だし
亀朴は邪馬台国にあったし




大体満州と朝鮮は違う文化だったし

190 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 19:07:47
弥生早期から前期初めについて焼成方法の変化、粘土帯の積み方、タタキ技法の導入、壷の形態と丹塗磨研に無文土器の影響があります。
また少数ながら在地で製作された、技法や形態的に無文土器とすべき土器が菜畑や曲り田で指摘されており、少数の渡来者たちが在地に同化した過程で土器も変容したとされています。
藤尾氏の著作でもお読みください。
まあ知らないんでしょうし、嫌韓厨には芯でも認めたくないのでしょうが。


191 :日本@名無史さん:2006/10/14(土) 21:24:47
弥生土器は単に朝鮮半島南部に入り浸っていた縄文人自身が技術を見たり、
無文土器自体を持ち帰って縄文土器に取り入れて完成しただけだよ。

それと邪馬台国にはまだ亀卜は無いよ。

魏志倭人伝には、倭人の風俗では骨を焼いて吉凶を占っているが、
それはまるで令亀の法(亀卜)のようだと書かれている。

190はいまだに渡来人があって弥生時代が開始したと思い込んで
いらっしゃるいつものビビンバちょーせんw

弥生開始時頃に渡来人骨なんてさっぱり無いし、その300年以上後から
出てくる渡来人骨は朝鮮半島の古代人骨とは全然一致しないしw

まっ、ガムバッテちょーせんwwww

192 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 07:05:00
日本人は方々から来た人たちのごちゃ混ぜってことでOK
色んな精子をぐちゃぐちゃに混ぜて出来たのが嫌韓厨ってことでOK


193 :天照大神:2006/10/15(日) 07:07:13
>>191
指摘感謝。
日本各地をどう探しても渡来人だけの村落がないことからも
190のウソがわかるよね

194 :日本@名無史さん:2006/10/15(日) 20:30:55
>>193
おっ、いい事言うじゃないの。

さすがはアマテラスw

渡来人は弥生開始から300年くらい後の弥生前期後半に満州北部あたりから
朝鮮半島を定着せずに短期で抜けて九州北部までやって来た北方アジア人。

195 :白馬青牛:2006/10/16(月) 00:27:57
>>194
弥生系渡来人が、満洲北部から渡来した根拠もない。
渡来系弥生人より古墳人が、日本人の直接先祖であろう。

196 :日本@名無史さん:2006/10/16(月) 02:21:22
>>193
弥生早期から前期初頭には列島の在来人集落に少数の渡来人が混在していたというわけだから何の反論にもなって無い。
ただし、弥生前期末から中期初頭には福岡や佐賀のいくつかの遺跡で無文土器ばかり出すところがあり、朝鮮半島系集団のコロニーとされている。
横倉鍋倉遺跡、諸岡遺跡、土生遺跡など。
片岡宏二氏の著作をアマゾンで調べて読むように。
また後の時代だが、古墳時代中期には韓式系土器が集中出土する遺跡が福岡や大阪、奈良などに多数有る。
渡来人の集落と言われていますが。
知らないんだね、無知無知くんw

>>191
在地胎土の無文土器が多いので持ち帰ったうんぬんでは無い。
また土器の技法はただ見ただけでは模倣しきれない部分があるといわれている。
それは今までの土器づくりのクセを抜けきれないからだ。
口縁部の作りの微妙な差異や粘土の積み方などは真似しても真似しきれないものだが。
全く同じものを作る場合には土器作りを知る人が一定程度来たと言うべき。
またまさに見て真似たという模倣土器なら模倣土器として認識区別できますが。
まあ土器作りに関するまともな本を読んだことないだろうがな。

>>弥生土器は単に朝鮮半島南部に入り浸っていた縄文人自身が技術を見たり
はぁ? 弥生早期から前期初め並行に、朝鮮半島に「入り浸り」というほど倭人がいた根拠は無いが。
縄文時代から交流があるのは事実だが、問題の早期から前期初めに倭人が「入り浸る」ほど朝鮮半島にいた根拠を出すように。
時代が違う縄文時代の貝塚や後の時期の資料はだめよ。弥生早期から前期初め限定でよろしく。



197 :日本@名無史さん:2006/10/16(月) 02:24:34
>>194
前レスで書いたように、前期末から中期初頭にある朝鮮系無文土器の集中出土から、来た渡来人は朝鮮半島に定着していた人々であるのは明白ですが。
同じころやってくる多鈕細文鏡、細形銅剣・銅矛・銅戈のセットと型式の内容も朝鮮半島系なのも明白。

>>191
亀卜の話はここでの話と無関係で却下。
>>弥生開始時頃に渡来人骨なんてさっぱり無いし、その300年以上後から
>>出てくる渡来人骨は朝鮮半島の古代人骨とは全然一致しないしw

そう言うなら、前からお願いしているように、
あと無文土器時代から三韓時代の韓国の人骨ってどれくらいある。
もう一つ、弥生早期の九州の人骨ってどれくらいあるよ?

 という質問に答えてくれないかなあ?
 どれくらい比較対象資料があるんだよ。それが重要だろ?
 それとも答えられないか、答えるのが不都合なの?







198 :日本@名無史さん:2006/10/16(月) 06:40:26
なんだこのスレは。文化と人骨をごっちゃにいう馬鹿ばっかりかよ

199 :日本@名無史さん:2006/10/16(月) 21:40:27
日本人の遺伝子を一番さかのぼるとヨーロッパと同じらしい

200 :日本@名無史さん:2006/10/16(月) 21:44:21
http://www.dai3gen.net/mt90.htm

201 :日本@名無史さん:2006/10/18(水) 21:53:54
>>196-197
そういう根拠のまーったくない寄り目デムパは実際に弥生開始時前後の
渡来人骨が出てきてから言いましょうねw

それと、弥生開始時の弥生人たちは無文土器なんてほとんど作っていない
んだわw

不思議な事に弥生開始時の弥生人たちは無文土器に影響を受けた
初期弥生土器は作っているが、無文土器なんてほとんど作っていないw

むしろ弥生時代の途中から疑無文土器を作っているんだわw

より目焼き芋くんwwww

202 :日本@名無史さん:2006/10/18(水) 22:20:39
>>201若年層 美女応援団 喜び組 だけは


輸入許可していいよ^^

203 :日本@名無史さん:2006/10/18(水) 23:10:36
>>202
はよ日本から出てけや、この害虫!

朝鮮蛆虫が。

204 :強制追放処分:2006/10/19(木) 00:49:47
438 :世界@名無史さん :2006/10/18(水) 22:43:05 0


秦の統一以前の頃の楽器は史料に記載されているものが約70種もある。
『詩経』だけでも29種にふれており、打楽器には太鼓、鐘、鉦(しょう、
古代銅製の打楽器で、行軍の際に打ち鳴らしたもの)、磬(けい、銅製の
椀形の仏具と楽器)、缶(ふ、甕のようなもの)、鈴など21種があり、
吹奏楽器には簫(しょう、タテにして吹く長い笛)、管(さまざまな管楽器の
こと)、塤(けん、土笛)、笙(しょう、いろいろな長さの十数本の竹の管で
作った吹奏楽器)など6種があり、弦楽器には琴、瑟(しつ)など2種のものが
あった。楽器の品種が多く増えたため、周(約前11世紀−前256年)の
時期には楽器を作る素材によって、金属、石、土、皮革、弦、木、匏
(ほう、瓢たんの実)、竹という8種類に分けられ、「8音」分類法と称された。
http://www.china.org.cn/japanese/144930.htm



439 :世界@名無史さん :2006/10/18(水) 23:07:33 0
弥生時代の日本には縄文時代から続く石笛・土笛と朝鮮経由の琴が
あるくらいで、江南の河姆渡遺跡には既にある骨製や竹製の縦笛の
「簫」も、石製の打楽器の「磬」も、その他、青銅製や竹製や木製の
楽器の数々も弥生時代には全く伝わっていない。


205 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 07:43:06



甕棺の出土年代や分布についてはどうなんだろうね?


206 :日本のななし:2006/10/19(木) 16:34:02
>>196




で、そっから縄文土器や縄文人の骨がでてくるのは何でかねw






207 :日本@名無史さん:2006/10/19(木) 18:29:49
157 :夢見る名無しさん :2006/07/10(月) 22:53:34 O
時々目にする「竹石圭佑」という奴をまとめてみました…

@両親が在日(中国人)。名古屋在中?
A顔が出目金or宇宙人そっくり。
B新成人だが、知能が小学生程度(理由は下記の事項より)。
C「自分より力の弱い」女子生徒や女子教師をイジメの格好の的としていた。
D意中の女子には例外なく「ちょっかい」を出して気を引こうとしていた。
E万引きで数回捕まり、長期停学を検討していた(らしい)校長や他職員に大声で泣きながら謝罪。廊下まで泣き声が響いたらしい。
F自分は一般人とは違うと思っており、異常なほどの目立ちたがり屋で注目される為なら何でもする。
Gあまりにも女子に相手にされないことから気が触れ(?)、後輩や仲の良い男子生徒にも手を出す。噂だが注意が必要。
…ちなみにこれらは竹石圭佑の一部にすぎないらしく、
詳しく知りたいならば本人に直接聞くのが一番手っ取り早いそうです。

208 :日本@名無史さん:2006/10/25(水) 22:54:46
日本人種=ht1系YAP+北方古モンゴロイド+B52-DR15系北方新モンゴロイド
日本人種=ht1系YAP+北方古モンゴロイド+B52-DR15系北方新モンゴロイド
日本人種=ht1系YAP+北方古モンゴロイド+B52-DR15系北方新モンゴロイド
日本人種=ht1系YAP+北方古モンゴロイド+B52-DR15系北方新モンゴロイド
日本人種=ht1系YAP+北方古モンゴロイド+B52-DR15系北方新モンゴロイド
日本人種=ht1系YAP+北方古モンゴロイド+B52-DR15系北方新モンゴロイド
日本人種=ht1系YAP+北方古モンゴロイド+B52-DR15系北方新モンゴロイド
日本人種=ht1系YAP+北方古モンゴロイド+B52-DR15系北方新モンゴロイド
日本人種=ht1系YAP+北方古モンゴロイド+B52-DR15系北方新モンゴロイド
日本人種=ht1系YAP+北方古モンゴロイド+B52-DR15系北方新モンゴロイド
日本人種=ht1系YAP+北方古モンゴロイド+B52-DR15系北方新モンゴロイド
日本人種=ht1系YAP+北方古モンゴロイド+B52-DR15系北方新モンゴロイド

209 :日本@名無史さん:2006/10/26(木) 19:43:57
日本人種のYAP+と東南アジア辺りのYAP+は別種。

日本人種のYAP+はht1。
東南アジア・中国南部あたりに微かに残るYAP+はht2。
白人や黒人のYAP+はht3。

ゆえに日本人種は中国南部や東南アジアとは無関係。

残念でした(嘲笑)

◎YAP+マップ

http://www.geocities.com/londonross1/china3.png
http://native.way-nifty.com/./native_heart/images/y_chromosome.jpg

210 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 18:45:17
北方アジアは一切抜きの偏向調査で作為的に中国・朝鮮に誘致していた
スットボケ遺伝学者(嘲笑)


宝来センセイによると、韓国や中国にはそれぞれドミナントなミトコンドリアDNAがあるのに、
日本本土では、とくにドミナントなものがない。つまり系統的にさまざまな人たちから成り立って
いるのである。また、これまで、大陸から渡来した弥生人によって分断され、北に追いやられたのが
アイヌ、南に追いやられたのが琉球人といわれてきた。しかし、アイヌと琉球は少なくとも1万2000年
以上まえに分岐しており、紀元前3世紀以降に渡来してきた弥生人によって分断されたんではないという。
1万2000年前にそれぞれ日本に住み着いたアイヌと琉球人。そこへ紀元前3世紀以降になって渡来し、
稲作をはじめた中国・朝鮮系の人びと。こうした人たちの子孫がわたしたちなのだ。
それにしても紀元前3世紀以降の大陸からの渡来って、それ、秦の始皇帝のころの、徐福たちじゃない?
http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm
http://youtube.com/watch?v=iRD3k2j9BeA

211 :日本@名無史さん:2006/10/27(金) 18:46:32


まーだ宝来mtDNAデータのトリックと欠陥が分からない脳弱が
いるようなので、簡単に説明しておくと、

朝鮮半島も中国大陸も、古代より北方アジア人の侵入定着が絶え間ない
地域であったのにもかかわらず、宝来mtDNAデータには北方アジア人に
関するタイプのデータが一切出てこない。

しかも、調査サンプルに北方アジア人のサンプルが一つも入っていない。

つまり、宝来mtDNAデータは北方アジア抜きの偏向調査で出された
偏向データなのであって、ただひたすら中国や朝鮮からやって来たと
錯覚させるだけの極めて悪質な欠陥データに過ぎないのである。



212 :日本@名無史さん:2006/10/30(月) 20:50:46
縄文晩期から弥生T期にかけて、半島から列島へ、稲作や道具類にかかわる
情報が、つぎつぎともたらされ、ついに弥生T期には、西日本社会の生業
システム全体が変化するに至った(田中良之)。稲作農耕のような複雑で、
高度な技術が伝来定着するについては、ふつう、技術を習得した多数の人間
の渡来が前提となるように思える。しかし、この間、半島の無文土器文化人
が集団で渡来入植した痕跡、すなわちセットをなす無文土器が集中して出土
する集落遺跡は、まだ発見されていない。この時期の列島では、無文土器の
影響を受けて出現した器種・技法・要素はあるものの、無文土器そのものは、
ほとんど出土していない。これは後で述べる弥生T期末〜U期の現象と比較
すると、不思議なことである。

歴史発掘F金属器登場 岩永省三 講談社 より抜粋

213 :日本@名無史さん:2006/11/04(土) 00:03:28
今日、国立博物館に行ってきますた。
日本って遅咲きだったんですねorz

214 :日本@名無史さん:2006/11/04(土) 16:52:40
>>213
そうですね。四大文明やローマ、ギリシアに比べたらね。
日本が遅咲きだったらイスラムや欧米諸国は・・・・

215 :日本@名無史さん:2006/11/04(土) 17:01:07
4大文明だけじゃなくほかにも20ぐらいの文明があったとも言うね
日本は世界最古のシューメール文明ということでw

216 :日本@名無史さん:2006/11/04(土) 17:03:13
>>215
???
まあ縄文文化を「文明」とするなら最古かもしれない

217 :日本@名無史さん:2006/11/04(土) 17:08:33
>>216
縄文は入るのか知らないが
あれも独自の文明かな?


218 :日本@名無史さん:2006/11/04(土) 17:11:16
縄文はなにかしらの宇宙観を感じるな
日本文明はあまりないけど

219 :日本@名無史さん:2006/11/04(土) 17:25:36
>>217
文明に必要なものは「都市」と「金属器」とも「文字」な
わけで、全部持っていない縄文文化は「現行」の定義では文明
ではないと思われる。
けど縄文文化は立派な「日本文化」ってことは確実。

220 :日本@名無史さん:2006/11/04(土) 17:49:26
都市 環濠集落
金属 鉄器、青銅器
文字 神代文字?

弥生から文明と入れていいのやら


221 :日本@名無史さん:2006/11/04(土) 17:54:13
神代文字は否定する人も多いけど
http://www-ku.magma.ne.jp/~ark/sub9.html
これを見ると何らかの文字に見える

222 :日本@名無史さん:2006/11/04(土) 18:09:49
>>220
さてさて環濠集落が都市といえるものかはわからない。
弥生もある種の文明か?

223 :日本@名無史さん:2006/11/04(土) 18:19:50
>>220
柵を作ってその中で共同体の生活をするのは都市では

224 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 14:38:01
595 名前:名無しさん名無しさん@腹打て腹。 :2006/09/20(水) 23:42:31
          竹石圭佑

「竹石圭佑」、1986年に名古屋の肥溜めにて湧いて出た蛆虫。
小学校高学年から万引きを繰り返し
学校内では好みの女子に嫌と言う程ちょっかいを出しまくる。
当時のクラスメートが「お前って何で女子ばっか苛めるんだ?」という様な
質問をしたところ、竹石は「女を苛めても仕返しとか怖くねぇもん。
だって俺のほうが腕っ節が強いからな。いざとなったらツラァ殴って
やればいいし。」と言ったそうだ。
弱い物に対しては恐ろしいほど高圧的になる竹石、万引きで警察に
補導された事を自慢げに話す竹石、自分が世界の中心だと言って憚らない竹石…
数々の犯罪行為も在日中国人の両親から産まれた自分に後ろめたさがあっての
反発心からの行動だろうか…
ともあれ、竹石はまさに肥溜めから産声を上げた蛆虫である。

225 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 16:18:15
ユダヤの失われた十支族の末裔が土着民族と混血したのが日本人

226 :日本@名無史さん:2006/11/06(月) 18:39:26
>>225
土着はアイヌだろ

227 :日本@名無史さん:2006/11/09(木) 20:14:51
と思っているのはもうビビンバかチャンコロだけだろw

縄文人とアイヌの遺伝子はHLAもミトコンドリアもかなり違っているんだよな。

縄文人はアイヌから本土独自に変化した集団だろうね。

228 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 17:20:16
実は最近南米で日本人のルーツっぽい人たちのお骨がみつかりました
今色々調べてるらしい


229 ::日本@名無史さん :2006/11/10(金) 17:26:03
つまりアイヌも含め蝦夷等の土着は半島からでもシベリアからでもなく、南の
島からやってきた縄文人ということです。

230 ::日本@名無史さん :2006/11/10(金) 17:29:55
福岡県民と在日はその事実をなぜかやたら嫌い捻じ曲げようとします。

231 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 17:32:19
>>228は縄文人ではなく弥生人ルーツですが

232 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 17:44:52
縄文人.弥生人なんて国内のセンズリだろw

超大国連中が遺伝学的どう見てるが知らんが。

233 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 18:16:44
蝦夷が元住民かと
アイヌは蝦夷の一派だと思われ

234 :日本@名無史さん:2006/11/10(金) 18:40:25
蝦夷に居たのはアイヌだけではありませんよ。

235 :日本@名無史さん:2006/11/12(日) 22:11:11
【江東】長江流域の歴史【江南】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1145710061/


何人か分からずじまいだが、このスレで黙々とコピペ投下を
行っているバカがいる。

>>232
>超大国連中が遺伝学的どう見てるが知らんが。

他人がどう見るかじゃなくて、自分がどう見るかだろう。
どう見られたってかまやしねえよ。

236 :日本@名無史さん:2006/11/12(日) 22:23:46
↑南方人江南くんw

237 :日本@名無史さん:2006/11/12(日) 23:02:06
アホ大量コピペ皿仕上げ。

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1145710061/
466 :世界@名無史さん :2006/11/02(木) 16:26:23 0
467 :世界@名無史さん :2006/11/02(木) 16:27:51 0
468 :世界@名無史さん :2006/11/02(木) 16:29:10 0
469 :世界@名無史さん :2006/11/02(木) 16:30:12 0
470 :世界@名無史さん :2006/11/02(木) 16:32:28 0
481 :世界@名無史さん :2006/11/03(金) 15:08:50 0
482 :世界@名無史さん :2006/11/03(金) 15:09:40 0
483 :世界@名無史さん :2006/11/03(金) 15:10:55 0
484 :世界@名無史さん :2006/11/03(金) 15:11:52 0
485 :世界@名無史さん :2006/11/03(金) 15:12:26 0
498 :世界@名無史さん :2006/11/05(日) 16:36:05 0
499 :世界@名無史さん :2006/11/05(日) 16:37:15 0
500 :世界@名無史さん :2006/11/05(日) 16:39:19 0
520 :世界@名無史さん :2006/11/09(木) 21:21:13 0
521 :世界@名無史さん :2006/11/09(木) 21:32:39 0
522 :世界@名無史さん :2006/11/09(木) 22:06:06 0
525 :世界@名無史さん :2006/11/10(金) 14:59:26 0
526 :世界@名無史さん :2006/11/10(金) 15:24:35 0
527 :世界@名無史さん :2006/11/10(金) 15:43:56 0
529 :世界@名無史さん :2006/11/11(土) 17:58:03 0
530 :世界@名無史さん :2006/11/11(土) 18:00:57 0
531 :世界@名無史さん :2006/11/11(土) 18:18:42 0
534 :世界@名無史さん :2006/11/12(日) 19:41:39 0
535 :世界@名無史さん :2006/11/12(日) 19:45:20 0
536 :世界@名無史さん :2006/11/12(日) 21:38:14 0

238 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 12:37:03
>>237
無知なみなさんにしっかり見てもらえよw

中国工作員の低脳南方人江南くんw

239 :日本@名無史さん:2006/11/13(月) 15:41:25
100ゲット

240 :日本@名無史さん:2006/11/14(火) 18:48:24
>>236-238
おまえ、日本人になったり中国人になったり忙しいな!

日本人种与中国南方人尤其是典型旧华人差别
(日本人種と中国南方人とりわけ典型的旧華人との違い)
http://post.baidu.com/f?kz=135733594

思いっきりツングースマンセーで、「日朝満蒙同祖論」を
展開しとるがな。しかも「日本人種」ってw

最終的に「日漢同祖」を主張しているのが笑えます。

241 :日本@名無史さん:2006/11/14(火) 18:49:52
しかし、日本でも中国でも支持者が少ないね。

242 :日本@名無史さん:2006/11/15(水) 22:20:25
>>240
http://post.baidu.com/f?kz=135733594
>从大的方面讲,乌拉尔阿尔泰种(Ural-Altaic)又名“突兰”种(Turan),
是泛指突厥系、通古斯系各民族。华人和藏人、泰缅越同属一种,中国人爱称之
“汉藏民族”;至于日本人和韩国人、满洲人、蒙古、锡伯、埃文基等,则另属
“通古斯族”(Tungus)。即如台湾人所谓“日本吞并满洲有理,建立通古斯帝国;
中国吞并西藏也有根据,建立汉藏帝国。”

…“ツラン民族主義”だ。

>建立通古斯帝国

建てねえよ!

243 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 19:01:45
>>240
何でもかんでも俺が書いていると思い込んでるみたいだなw

カナーリ頭がいかれているようでお気の毒様w

244 :日本@名無史さん:2006/11/16(木) 22:43:11
>>243
シンパがいるってことは、驚きに値する。
しかし、中国人は日本人種とは言わんね、普通。

少なくとも興味深いと言う訳だ。面白い。
中国には56もの民族がいるからな、さまざまな意見が存在して
当然だ。

245 :日本@名無史さん:2006/11/17(金) 16:21:08
中国人は日本を中国の一部だと思ってるんだろw

そんな低知能な劣等人種が中央蒙古人種とか日本人種なんて
知るわきゃないだろが(嘲笑)

246 :日本@名無史さん:2006/11/17(金) 23:53:48
>>245
低知能な劣等人種はYOU。欧米か!

247 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 07:10:50
810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 15:54:14 ID:OA3DKhQi
>>808
>多くの中国人知識人は
日本人のルーツについて興味は持っているが、
北回り、水平東進、南回りについて
フラットに議論してるよ。

タイムリーだ。これ面白いから読むといいよ。
北京大学の論壇だが、各自が自由に意見をぶつけ合っている状況が
よく分かる。統一された見解などは、存在しないようだ。
http://www.pkucn.com/viewthread.php?action=printable&tid=171673

但し、日本人のルーツはホットな話題の一つでもあるらしい。
ところで、南部の大学の状況に詳しい椰子いる?


811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 16:51:24 ID:bnGW7CXb
皇帝好きの彼らにとって
自国に皇統が途絶えた今、
日本の天皇制皇位継承問題についても
よく議論している

雅子様が産んだ娘の方が
皇位を継承すべしと熱く語る
中国知識人が俺の周囲には多い

同じようにタイの王室についても
よく議論してるよ

248 :日本@名無史さん:2006/11/19(日) 16:51:15
中国人はウンコ劣等人種の中央蒙古人種や南方蒙古人種なんだから
優等人種の日本人種を語るなよw

249 :日本@名無史さん:2006/11/20(月) 04:09:53
現在の日本人は古代漢人が3割ほどは混じってるでしょ
現在の漢人はその後に異民族と混血してまた変わっていきましたが

250 :日本@名無史さん:2006/11/21(火) 18:24:27
だったら何で古代中国の文物や龍信仰や原始漢字がさーっぱり伝わってないのか
説明してみな糞チャンコロ。

251 :日本@名無史さん:2006/11/21(火) 21:33:49
>>250
俺は古墳から飛鳥の話をしてるが
文字は伝わってるでしょ
それ以外の文化はもしかするとあったかもしれないが移民して日本化していったんじゃないか?

252 :日本@名無史さん:2006/11/22(水) 22:25:29
17 回复:朝鲜种族之来缘
http://post.baidu.com/f?kz=144125145
> 日本人的矮K人基因也太多了,怎么能让这么低贱的日本人种生活在亚洲,
>简直是亚洲的耻辱!消灭日本人种!
(日本人の矮黒人(南アジアの原住民?)遺伝子は多過ぎ、何故こんな
卑しい日本人種がアジアにいるんだ、全くアジアの恥だ!日本人種は
滅びろ! )

中国の「朝鮮板」でも「日本人種」という言葉が使われてた。
>>251
ひょっとして、中国の一部で流行ってるの?あまり聞かないけど。

253 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 03:04:27
>>252

なにが中国の一部で流行ってるの?

254 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 07:33:21
>>253
日本人種という言葉、用例は248?

255 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 15:50:49
日本人種は北方古モンゴロイドと北方モンゴロイドの混成形なのに
何で黒人なんだよw

中国の中央蒙古人種と南方蒙古人種はアホで下等な劣等人種だと
自ら言っているようなものw

256 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 18:23:35
>>255
日本人種って言うナ!

矮黒人≠黒人
YAP(D)のことだろう。

でも、アイヌは美白。

257 :日本@名無史さん:2006/11/23(木) 18:26:58
台湾の南方蒙古人種に日本人種と言うなと言われてもな(嘲笑)

258 :日本@名無史さん:2006/11/25(土) 22:40:57

醋力さんですか?  

259 :日本@名無史さん:2006/11/25(土) 22:54:48
百済、新羅、高句麗人は日本人ルーツの一派ですが
朝鮮人は日本人ルーツとは、関係ありません残念でした。

260 :日本@名無史さん:2006/11/25(土) 23:04:00
>>259
誰?

261 :日本@名無史さん:2006/11/26(日) 01:31:22
半島南部は元々倭人の地

262 :玲奈:2006/11/26(日) 01:56:09
シュメールを考える人がいるのは面白いと思いましてわかるのが頭髪が黒いだけですのでいいです。

263 :日本@名無史さん:2006/11/26(日) 10:34:54
>>228
>実は最近南米で日本人のルーツっぽい人たちのお骨がみつかりました
今色々調べてるらしい

おソース。

264 :日本@名無史さん:2006/11/26(日) 16:48:58
幻の文献「シュメール語訳・古事記」とは?

 裏づけ資料の一つは、満州教育専門学校校長・前波仲尾氏の『復元された古事記』である。昭和
十七年の発行。といっても、一冊も世には出ていない。前波教授の愛弟子だった山崎巌警視総監が
ゲラ刷りを見て、「先生、これを出版したら、不敬罪で銃殺されます」と、忠告したからである。
 しかし、校了の段階まできており、五十部だけが秘密裏に印刷された。その後、繊細などで消失
し、一冊だけが令息の潤子氏の手元に残った。まさに稀覯本であり、幻の本である。私がお借りす
る一週間ほど前、古代オリエント史の研究家でもある三笠宮殿下が、どこでお調べになったのか
「ぜひ拝読したい」と、お持ちになったとか。日本でこの本を読んだ人は、わずかしかいない。
『古事記』『日本書紀』『続日本紀』は、シュメール語および一部チェルケ語(トルコ語の古語)で
語り継がれた話を漢字で音写したものだ、という内容で、記紀の原文とシュメール語訳、その日本
語訳が記されている。
 従来までの漢文調の解釈では、記紀に不可解なところや不自然な表現があっても、(神話だから)
と容認してきた。シュメール語訳には、それがない。第一、神代巻にしてからが単なる物語ではな
く、歴史として受け取れる。そして、この『復元された古事記』の内容と富氏の伝承とは、ほぼ一
致しているのである。

265 :日本@名無史さん:2006/11/26(日) 17:35:22
彼はユダヤ人だった。しかも、世界でもっとも有名なユダヤ人。その名も、エドモンド・
ロスチャイルドという。いうまでもなく、世界最大の大富豪である。当然ながら、ロスチ
ャイルドはユダヤ教徒である。彼は日本の神輿に、失われたユダヤの祭りを見たのである。
ロスチャイルドの来日をセッティングした人の話によれば、ロスチャイルドは何よりも神
輿に大変興味をもったという。神輿は、あまりにも契約の聖櫃アークに似ていたのである。
契約の聖櫃アークとは、ユダヤ教にとって大切な3つの神器、モーセの十戒石板、アロン
の杖、マナの壺を納めた箱で、下部には担ぐための棒がついていた。外も内も金で覆われ
ており、上部には黄金製の翼を広げた天使ケルビムが2体、向かい合って据えられている。
ユダヤ人は戦いに勝利したとき、契約の聖櫃アークを担ぎ、鐘を鳴らし笛を吹きながら
「ワッショイ、ワッショイ」と行進して歩いたという。かの大王、ダビデは裸踊りまでし
たことが『旧約聖書』に記されている。「ワッショイ」は古代ユダヤ語で「お前の敵をやっ
つけろ」である。考えてみればあの号令は勇ましい。「我と一緒」よりもむしろ相手を威嚇
している。まして『韓国語』ではない。


266 :日本@名無史さん:2006/11/27(月) 13:49:44
>>259
>百済、新羅、高句麗人は日本人ルーツの一派ですが
>朝鮮人は日本人ルーツとは、関係ありません残念でした。


おまえ実は朝鮮人なんじゃないの?

百済、新羅、高句麗人、いわゆる古墳期の帰化人が日本人のルーツだと
言っても、当時の日本人口の400万人のうちのわずか1万人で、0.25%だぜ。

日本人のルーツとはほとんど関係がないと言うべきだろうが。

267 :日本@名無史さん:2006/11/28(火) 17:57:20
>>255
長年「反中日本人種」を演じて来たのに正体が見破られて来た為か、
度は「反日中国人」を演じ始めたようだなぁ、、
でも中国語ができないらしくて、気が狂ったように中国語の
考古学資料をコピペしまくってる...

哀れな男だ、本当に。

268 :日本@名無史さん:2006/11/28(火) 18:06:22
↑意味不明w

南方人タイワンは日本から出てけっての!

269 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

270 :日本@名無史さん:2006/11/28(火) 18:27:44
>>268
考 古 發 現 一 罐 鴨 蛋 醃 了 2500年
kao gu fa xian yi guan ya dan yan le liang qian wu bai nian
    ↑
このように、懇切丁寧に拼音も振れ。
今度は中国人の振りしてからに、、悪い奴だ。

271 :日本@名無史さん:2006/11/28(火) 18:29:57
>>268
>南方人タイワンは日本から出てけっての!

ひょっとして釣ってるの?
台湾人じゃないんですけど。

272 :日本@名無史さん:2006/11/28(火) 18:34:35
汚らしい南方蛆虫はとっとと日本から出ていけ!

そんな醜い南方ヅラで皇土を歩くな!

273 :日本@名無史さん:2006/11/28(火) 18:51:40
日本人種と言うなとか言ってる基地外いるでしょ。

あれ、うんこタイワン人。

黒くて、潰れ広がった鼻梁、突き出した口元と唇。

まるでホッテントットだよw

実はタイワン先住民など台湾人口の2%も居らず、
福建省あたりから移民してきたダサダサ南方蒙古人種が98%を占める。

豚の臭いがしてくるぜw

274 :皇土?:2006/11/28(火) 19:01:03
>>272
>そんな醜い南方ヅラで皇土を歩くな!

何か個人的な恨みでも?
案外、台湾の女に派手にフラとかが原因ではないのか?

275 :日本@名無史さん:2006/11/28(火) 19:14:02
そんなホッテントット女に言い寄る日本人っているの?

276 :日本@名無史さん:2006/11/28(火) 21:03:42
そんなチョンじゃないんだからw


277 :日本@名無史さん:2006/11/28(火) 22:52:48
>>271
>あれ、うんこタイワン人。

ちなみに「拼音」って言うのは、主に大陸だと思うが。
         ↓
>このように、懇切丁寧に拼音も振れ。

278 :277:2006/11/28(火) 22:56:50
間違えた。

×>>271
>>273

>>273
オマイは、実に怪しい。

279 :日本@名無史さん:2006/11/29(水) 15:15:37
12/6(水)PM9:00〜10:48テレビ東京12CHにて
「新説!?みのもんたの日本ミステリー!失われた真実に迫る
日本のルーツは古代イスラエルにあった!?」
が放送されます。ついに日ユ同祖論がTVデビューですよぉ!

しかもゴールデンタイムに!
なんと司会はあの人気者みのもんたさんだよ〜ん!絶対必見録画必至!
どこまで日ユ同祖論につっこむのか、こうご期待!

280 :日本@名無史さん:2006/11/29(水) 22:26:13
しゅめえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜る
しゅめええ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜る
しゅめええ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜る

281 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 11:56:12

真説・・・日本の成り立ち

@血石器時代の人々・・・・原原住民・・・・・

Aまず、ムー大陸が一万二千年前に沈んだ時、その難民が九州に来た。
 日本人の祖の祖

Bその後、原マレー族(南シナ海の海人族)がきた。熊襲・土蜘蛛・熊野・狗奴等の祖
 原マレー族の言葉・・・・鯛・鯉・海老・針・塩・アク(灰)・ヘソ・etc
 ひふみやいむなやここと・・・この語源はこの地から来た。

CBC2世紀ころ、インドのアソカ王のころ海外進出をしていたがその一派
 レプチャ語をしゃべるヒマラヤ族・・・・安曇族
 レプチャ族=モン族・・・・・・・・・・物部  が
 鉄を持ってやって来た。 (ただし被支配階級の食いつめ者)
 クワ・カマ」・ノコ・キリ・ツチ・デバ・クギ・etc
 日本語の土台となった。

D紀元後、モン族の支配階級(インテリ)が来た。(ただし支配階級だが食いつめ者)
 これが天孫族

 このときの言葉が大きな意味を持っている。 枕詞はここから来ており、よく解かる。

 

282 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 19:03:07
Aまんがの見すぎ。

B南方の土器が出土しない。

C仏教の伝来が600年も早ってしまう。

D仏教の伝来が200年も早まってしまう。しかも小乗仏教。

283 :日本@名無史さん:2006/12/02(土) 23:09:25
>>279
CMでみたんだが...

青森の海底に遺跡が...失われた古代文明か?!
とか、なかなか電波な番組だな〜と。

『ムー』とかの関係ですか、あの番組は?

284 :日本@名無史さん:2006/12/03(日) 19:23:06
日ユ同祖論はデムパ過ぎて叩く気にもならん。

ドーゾゴカッテニ

285 :日本@名無史さん:2006/12/07(木) 08:14:56
日ユ同祖と表現するのがそもそもおかしい
日本文化とユダヤ文化の類似論と表現すべき

286 :日本@名無史さん:2006/12/07(木) 15:52:59

そもそも、中国の属邦の中でも朝鮮の地位は最も低く、
下国のなかの下国であった。

天朝の朝賀の席では、千官が赤色の礼服を着ていたのに対し、
朝鮮の使臣だけは異色の丸首の衣である。

また、琉球の使臣は籠に乗って宮廷に入るのに対し、
朝鮮の使臣は籠に乗ることを禁じられていたことが
「渓陰漫筆」に書かれている。

そして、李朝時代の臣民は琉球以下の扱いを受けたと嘆いている。

         (黄文雄『韓国は日本人が作った』徳間書店)

287 :日本@名無史さん:2006/12/10(日) 13:18:33
243 :名無的発言者 :2006/10/07(土) 09:46:41
580 :ひよこ名無しさん :2006/09/22(金) 00:31:31 0

     愛知県警「こんなもんかよ」
     愛知県警「うわさの中国人ってのは―――」
     愛知県警「こんなもんかよッッ」
    竹石圭佑「ヒィ……」
     愛知県警「逃がすかバカッッ」
    竹石圭佑「……救命阿ッッ」

588 :ひよこ名無しさん :2006/09/22(金) 00:53:41 0

         ★竹石圭佑の名言集☆

 蒲田署「…………… な… な… なにものだ………」
竹石圭佑「とっくに ごぞんじなんだろ!? オレは名古屋から
     きさまらをたおすためにやってきた 中国人……… 
     わずかな理性をもちながら はげしい性欲によって目覚めた 伝説の戦士…超中国人 竹石圭佑だ!!!!!」

竹石圭佑「植草の敵を討つんだ!!!あいつは二度捕まった!!!もう言い逃れできない!!!」

竹石圭佑「植草はいいヤツだった…ホントにいいヤツだった…一番の仲間…
     つ…捕まえやがって………」

 蒲田署「あのミラーマンのように!!!!」
竹石圭佑「あのミラーマンのように?…
     植草のことか… 植草のことかーーーーっ!!!!!」

竹石圭佑「ざ い に ち 波ーーーーーっ!!!!!」

288 ::2006/12/10(日) 13:22:35
たまたま中国板で見つけたもんだが、
土器厨が、日夜一人で荒らしまわっているみたいだな。
ただの変態ニート・ストーカーらしい。呆れ。

289 :日本@名無史さん:2006/12/13(水) 19:48:36
俺じゃないが。

ウンコ南方人ワンコロに都合の悪い事はぜーんぶ俺のせいか。

涙を浮かべて必死に訴えるオマエの潰れた東南アジアヅラが
目に浮かぶぜ(ウルトラ嘲笑)

290 :日本@名無史さん:2006/12/13(水) 20:46:36
>>289




図星だったか?焦ってるのが丸分かりだぞw






291 :真正日本男児:2006/12/14(木) 22:58:19
晒し上げてやれ。

292 :日本@名無史さん:2006/12/14(木) 23:36:31
東南アジアヅラの日本男児かw

いただけないなw

293 :日本@名無史さん:2006/12/14(木) 23:42:07
日本人だけど。
日本語ぺらぺ〜らよ。

294 :日本@名無史さん:2006/12/15(金) 00:00:36
>>292
タイーホされるという噂も耳にしたが

295 :日本@名無史さん:2006/12/17(日) 20:46:12
ウンコ色の肌、潰れて広がる広鼻、ギョロ目、突き出した口元、
分厚い唇、骨張った輪郭、


顔面から腐った公衆便所のニオイを放つ、下品で下劣で醜悪きわまりない
東南アジア丸出しの台湾人ってどーなの?w

296 :日本@名無史さん:2006/12/17(日) 21:57:07
それ台湾人の認識としては間違ってるとおも

297 :日本@名無史さん:2006/12/17(日) 22:06:07
ほらよw

台湾人は東南アジア人。

ただ単に正直に言っているだけw

http://www.saintmarys.edu/~rjensen/mongol.GIF
http://tw.v3.news.yimg.com/xp/ettoday/20061012/22/936081763.jpg
http://www.ftps.kh.edu.tw/%B2%A6%B7~%A5%FA%BA%D0/12/Images/41%B3%AF%BA%D1%B2%DC.jpg
http://my.so-net.net.tw/meple/day2/49%A7b%A4k%A4@%A4%B6%B2%D0%ACv%A6%A1%B4Z%A9%D2.JPG
http://my.so-net.net.tw/meple/day2/58%B6%E9%AA%F8%A4%D2%A4H%A8%E4%B9%EA%AB%DC%ADA%C4_.JPG
http://www.flash52.com/gx/images/daxue/08.jpg
http://life.twbbs.org/albums/album528/DSCN0119.jpg
http://67.15.149.71/i6/5/08/15/5081534211472.jpg
http://newspic.mop.com/2004/12/20/s_20041220150511609.jpg
http://www.im.usc.edu.tw/wjcheng/toylab/Image_gallery/image17/images/%A5%AE%ADd%B1m%B1%F6%A4j%C0Y%B6K-2.jpg

298 :日本@名無史さん:2006/12/18(月) 18:41:27
>>297




お前の国の人間はみんなエラ張って目が釣って下品な性向・劣等な文化しか
持たないが
台湾人をどうこう言えるのか?w








299 :日本@名無史さん:2006/12/18(月) 21:17:58
アーリア系の血が入ってたほうが彫りの深さも得られる。

300 :日本@名無史さん:2006/12/18(月) 21:21:08
>>298



俺の国の民はエラも張っていないし、細目はいるが、あまり吊り上ってはいないがw

俺の誇れる最初の祖先は25000年くらい前にシベリアから樺太経由でやって来て、
16000年以上も前から世界最古のハイテクである土器を作り、次の祖先は2600年
くらい前にアムールあたりから海路で南下してやって来て俺の国家の基礎を作った。

おまえのような、東南アジア丸出しの、下品、下劣、醜悪きわまりない面構えの
劣等人種の台湾人とは人種の格と威厳が最初から違うのさw





301 :日本@名無史さん:2006/12/18(月) 21:34:21
アイヌかよ。

302 :日本@名無史さん:2006/12/19(火) 19:54:43
ウンコ色の肌、潰れて広がった広鼻、ギョロ目、突き出した口元、
分厚い唇、骨張った輪郭、

顔面から香港スラムに漂う豚の腐乱したような凄まじいニオイを放つ、
下品、下劣、醜悪きわまりない東南アジアヅラの台湾人ってどうなの?w

303 :日本@名無史さん:2006/12/22(金) 08:26:58
>>302www
932 名前:名無的発言者 :2006/12/20(水) 09:38:13

モンゴル男児  皆鼻が高い
http://asuultserver.com/mongolduu/photo/gal/060307_Amai_udelt_2005.11.03/Amai_udelt_043.jpg





中国男   猪鼻
http://www.hanminzu.com/bbs/UPLOADFILE/2006-1/20061720203660196.jpg

304 :日本@名無史さん:2006/12/23(土) 16:46:15
古神道その他いろいろ2 他山の石  より
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1160815450/
821 :太国 :2006/10/09(月) 07:59:17
余も「神道体系」が欲しかったが、あまりにも高額となるのであきらめていた。
最初から最後まで完読は容易ではないだろうから、図書館等で見つけて必要個所
を読めば足りると考えた。当然大学の神道関係の部署ではあるはずだな。w
無理はしないことですな。それは入手可能な財力あれば購入を否定しないけど。

822 :名無しさん@京都板じゃないよ :2006/10/09(月) 09:54:00
古神道の最高権威太国様は神道体系も持ってないの?
                 
「古事記・日本書紀」総合スレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1150629621/
186 :太国 :2006/09/23(土) 22:14:36
精一杯だと?w 笑わせるな。 余が古神道の最高権威だぞ。
余が臥海に崩れたら、臥海に神社界は面子が丸つぶれになるのだ。
そうはならんぞ。
これだけの真を、お前は余から教えてもらってるんだから
有り難く思え。
二朝並立は、おおむね祟神の時代から文武の時代までの間だ。その間は
畿内の朝廷と九州王朝は並立にあったのだ。

824 :太国 :2006/10/09(月) 14:35:09
>>822
神道と古神道は違うんだよ。古神道の最高権威とは、最高機密『卜』を確実に
知悉することなのだ。そんなの持ってたって学者にはなれようが、こいつは
分かりはしないと想うぞ。余は神道のほうは権威者ではない。

QQQQQQQQQQQQ この人明らかに馬鹿だと思いませんか? QQQQQQQQQQQQQ

305 :日本@名無史さん:2006/12/24(日) 22:19:19
縄文人のDNA配列が現代インドネシア人と一致したという話はその後、どうなった
のだろう?


306 :日本@名無史さん:2006/12/26(火) 21:50:03
ほらよw

台湾人は東南アジア人。

ただ単に正直に言っているだけw

http://www.saintmarys.edu/~rjensen/mongol.GIF
http://tw.v3.news.yimg.com/xp/ettoday/20061012/22/936081763.jpg
http://www.ftps.kh.edu.tw/%B2%A6%B7~%A5%FA%BA%D0/12/Images/41%B3%AF%BA%D1%B2%DC.jpg
http://my.so-net.net.tw/meple/day2/49%A7b%A4k%A4@%A4%B6%B2%D0%ACv%A6%A1%B4Z%A9%D2.JPG
http://my.so-net.net.tw/meple/day2/58%B6%E9%AA%F8%A4%D2%A4H%A8%E4%B9%EA%AB%DC%ADA%C4_.JPG
http://www.flash52.com/gx/images/daxue/08.jpg
http://life.twbbs.org/albums/album528/DSCN0119.jpg
http://67.15.149.71/i6/5/08/15/5081534211472.jpg
http://newspic.mop.com/2004/12/20/s_20041220150511609.jpg
http://www.im.usc.edu.tw/wjcheng/toylab/Image_gallery/image17/images/%A5%AE%ADd%B1m%B1%F6%A4j%C0Y%B6K-2.jpg

307 :日本@名無史さん:2006/12/26(火) 23:18:55
>>308
這个変態的民族終於発瘋了.......

308 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2006/12/26(火) 23:27:01
未来レスは早めにつぶさにゃね。

309 :日本@名無史さん:2006/12/28(木) 20:04:32
ウンコ色の肌、潰れて広がった広鼻、ギョロ目、突き出した口元、
分厚い唇、骨張った輪郭、

顔面から香港スラムに漂う豚の腐乱したような凄まじいニオイを放つ、
下品、下劣、醜悪きわまりない東南アジアヅラの台湾人ってどうなの?w

310 :日本@名無史さん:2006/12/28(木) 20:27:53
そこらの普通のゾウよりゴミ山で生まれようが品格のある白ゾウ選ぶのが人間の心理。
あれは劣等人種、これも劣等人種と言う奴の顔面偏差値と経歴を知りたい。
自分自身はどうなんでしょうか。

311 :日本@名無史さん:2006/12/29(金) 06:44:54
>>306 台湾人もシナ人も朝鮮人も、やはり日本人とはどこか違うと一目で分かるな。

 なかには区別のつかぬ人間もいるが。


312 :日本@名無史さん:2006/12/29(金) 16:16:22
銅鐸のルーツは中国雲南省周辺から出土する銅鼓だと言ってる学者が多い。
銅鼓、てん王などで検索すれいろいろ出てくる。
雲南省の古墓から出土した銅鼓に描かれた、まるっきり伊勢神宮のような千木を有す建物、
2100年前に雲南のテン王に漢から贈られた金印と、倭に漢から贈られた金印の類似性などから
神社建築や銅鐸を持ち込んだ人々は確実に雲南省のほうから来ているか、あるいは
中国の長江下流域辺りから2つに分かれてしまったのだと思われる。

313 :日本@名無史さん:2006/12/29(金) 23:29:39
あほだろおまえ。

何で銅鐸が銅鼓(ドラム)なんだよ。

器形がさーっぱり違っているだろが。

銅鐸のルーツは銅鈴。

銅鈴が遼東・朝鮮経由で大型化してBC4C頃に日本に伝わり、
さらに日本で大型化したのが銅鐸。

銅鼓も銅鉦も弥生期に伝わってませんから。

残念でした(嘲笑)

314 :日本@名無史さん:2006/12/29(金) 23:57:04
天皇陵の埋蔵物研究者が分析すればおおかた、わかりそうだがな。  区無庁さん、そろそろ(ry

315 :日本@名無史さん:2006/12/30(土) 00:13:39
最近、考古学会の話題になっていることは、日本の弥生時代にほぼ相当する沿海州の
ポリツェ文化についてだ。この文化は、弥生文化に酷似する特徴をもっており、筑波
大学の加藤晋平教授がまず注目し、東京大学名誉教授の江上波夫博士や、同志社大学
の森浩一教授も重要視している文化である。さらに、大阪医科大学の松本秀夫教授は、
一九八三年の日本人類遺伝学会で、日本人と北方アジア人との遺伝的類似性について
報告し、注目を集めた。その詳細なデータが、近く発表されることを期待している。
異色ではあるが、見のがせないのは国立遺伝学研究所の森脇和郎教授の発見である。
日本産ノネズミの一部に、北アジア系のものがいたのだ。しかも、北日本には南方系
ノネズミがいて、西南に北方系ノネズミが分布するという逆転現象さえ見つかっている。
ネズミは人間とともに移動する可能性が強い。だから、単にネズミの話として聞き流す
わけにはいかないのである。以上のように、期せずして多くの分野で、日本人と北方
アジア人との濃厚な関係が指摘されるようになってきたが、これは偶然ではないだろう。
「日本人のルーツはツングース」などといっては行き過ぎだが、今後、さらに北方アジア人
と日本人との関係を重視する必要がありそうだ。

日本人の起源〈増補〉 埴原和郎編 朝日新聞社 より抜粋

316 :日本@名無史さん:2006/12/30(土) 00:17:02
>>313
弥生時代に伝わったとは>>312は書いてないだろ
それに500年もあれば物の形は変化する
銅鼓という円錐型のベースに、吊るす部分が加わって銅鈴型になり
それが発展して銅鐸になったとも考えられる
それに雲南の銅鼓は木に吊るして叩き、シャーマニズムの道具や
権力の象徴としても使われるなど、銅鐸の用途とも合致するぶぶんが多い

>雲南省の古墓から出土した銅鼓に描かれた、まるっきり伊勢神宮のような千木を有す建物
それにこれは重要だと思う

雲南省の古墳から出た貯貝器のレリーフ鳥・家(2千百年程前
http://homepage2.nifty.com/raputar/kan-img/senga1.jpg

奈良県の古墳から出た銅鏡絵の鳥・家
http://homepage2.nifty.com/raputar/kan-img/senga2.jpg

雲南省タイ族の民家(高床で千木、かつお木、テラス?がセット)
http://homepage2.nifty.com/raputar/kan-img/houce1.jpg


317 :日本@名無史さん:2006/12/30(土) 17:35:31
>>316
究極のアホだろおまえw

銅鐸は弥生期に登場する文化だろが。

何で弥生期以前に伝わっていないものが、
弥生期に銅鐸として登場できるんだよ(爆笑)

論理破綻の極みだよ(嘲笑)

それに銅鼓も銅鉦も弥生期に伝わっていないどころか、
出土さえありませんから。

かねがね残念でした(嘲笑)

318 :日本@名無史さん:2007/01/03(水) 14:29:36


古代中国では,いわゆる三足土器で炊飯していました。三つの足の部分は空洞に
なっており,その部分に水をため,足の上にのせた簀のこ(すのこ)の上に米を
置く。足の間の火で炊く(というより蒸す)と,上にのせた蓋(ふた)の間から,
湯気が立つ。この様子がそのまま漢字になりました。つまり「氣」です(後漢の
『設問解字』による)。
http://www.hibari.ed.jp/club/ki/ki.html

古代中国では,いわゆる三足土器で炊飯していました。
古代中国では,いわゆる三足土器で炊飯していました。
古代中国では,いわゆる三足土器で炊飯していました。
古代中国では,いわゆる三足土器で炊飯していました。



319 :日本@名無史さん:2007/01/03(水) 14:39:00
>>317
馬鹿かお前
弥生時代は紀元前10世紀からだぞ
縄文時代は続縄文時代を含め西暦9世紀まで続いた
縄文時代と弥生時代は同じ時期にせめぎあい、共存していた
今の小学校の教科書読めよw

320 :日本@名無史さん:2007/01/03(水) 15:01:57
>>319
最初からBC10Cで話を進めているが何か?

銅鐸はBC4C頃に遼東・朝鮮経由で伝わった銅鈴から来ているよ。

どらむ銅鼓くんw



321 :日本@名無史さん:2007/01/05(金) 00:53:47
九州だけはBC10から弥生だったかな?

322 :日本@名無史さん:2007/01/05(金) 19:05:00
>>321
やっぱ馬鹿は消えろwwwww

323 :日本@名無史さん:2007/01/05(金) 23:41:28
>>322
どこが馬鹿か説明してほしい

324 :日本@名無史さん:2007/01/05(金) 23:54:39
大陸の中央から追われた弱小原人が古代・中世に中国や朝鮮と文化交流したのが日本

325 :日本@名無史さん :2007/01/06(土) 00:04:44
>>320
銅鐸の質はぜんぜん違うよ。
畿内の銅鐸は日本独自の仕様で、レベルは非常に高い。

326 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 00:27:32
>>320
無知って怖いな
べつに銅鈴起源について否定はしてない
あらゆる影響と進化、退化の可能性を探れよ


銅鐸同様特別に埋納された形跡が多く,またその装飾に区画 割方式が見られるなど
日本の銅鐸と共通点がある青銅器は,中国少数民族の銅鼓(以後,銅鼓とのみ記す)
である。中でも,雲南万家 型と雲南石寨山型の銅鼓である。
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?p=%E9%8A%85%E9%90%B8%E3%80%80%E9%8A%85%E9%BC%93&fr=top_v2&tid=top_v2&ei=UTF-8&search_x=1&u=www.hum.u-tokai.ac.jp/journal/no76/BUNGA76Y-02_15162.pdf&w=%E9%8A%85%E9%90%B8+%E9%8A%85%E9%BC%93&d=MA5LyEVuOAUv&icp=1&.intl=jp




327 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 01:54:02
320惨めw

328 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 14:20:17
豚さん豚さんおいにがキツイ

329 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 16:05:25




日本史板の常識

コテ=馬鹿






330 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 17:54:52


古代中国では,いわゆる三足土器で炊飯していました。三つの足の部分は空洞に
なっており,その部分に水をため,足の上にのせた簀のこ(すのこ)の上に米を
置く。足の間の火で炊く(というより蒸す)と,上にのせた蓋(ふた)の間から,
湯気が立つ。この様子がそのまま漢字になりました。つまり「氣」です(後漢の
『設問解字』による)。
http://www.hibari.ed.jp/club/ki/ki.html

古代中国では,いわゆる三足土器で炊飯していました。
古代中国では,いわゆる三足土器で炊飯していました。
古代中国では,いわゆる三足土器で炊飯していました。
古代中国では,いわゆる三足土器で炊飯していました。



331 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 17:57:50
長江流域では約6000年前に三足土器の鼎が登場し、漢代まで代表的な器形であった。


2. 長江流域は約1万年前からすでに米が栽培され、約8000年前には稲作が発達しました。
土器は丸底が主流で、約6000年前には三足の鼎(かなえ)が登場します。

 これらをまとめると、中国新石器時代の土器づくりは約1万2000年前に始まり、各地域
で形や種類、技法、文様などがかなり異なります。 また、農業の発達によって土器
づくりの技術も発達し、約6000年前には三足土器が登場。 中国の漢時代まで代表的な
土器の一つとなりました。土器はもちろん日常生活用品でしたが、一部は祭りに関連
したものと推察されます。
http://www.kaen-kaido.com/doki/oh.html

332 :日本@名無史さん:2007/01/06(土) 22:43:40
209 :美麗島の名無桑:2006/12/31(日) 16:05:06
>>208
いいんじゃない?

台湾板や中国板の荒しの件だけど、在日参政権をめぐる民団系韓国人と、
一部台湾人や華僑との対立があり、それを逆恨みした民団系が攻勢をかけて
いるのじゃないかという噂を聞いたけど、それはどうなの?

例えば、王貞治スレや中華街スレが乱立後瞬く間に「氏ね」の嵐に見舞われる件。
常識で考えれば、意味不明。


333 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 16:31:38
320さん出ておいで♪

334 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 20:46:52
>>326
類似点だけを挙げへつらっているだけの低級論文がどうかしたのかね?

だいたい、銅鐸と銅鼓・貯貝器の比較で最も重要な論点は、

銅鐸と銅鼓・貯貝器との器形がさーっぱり異なっている点、
異なっている文様の方がはるかに多い点、
なぜそれらの器形さえ伝わっていなくて輸入物の出土さえもないのか
という点、

のはずだろ?

まあ、それらについては一切触れられていないところが、
さすがに低級大学のお笑い論文な訳だが(嘲笑)

335 :日本@名無史さん:2007/01/07(日) 20:59:13
>>334
なんだこの馬鹿
照葉樹林文化圏ってのも知らないのか

123 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)