5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

畿内王権の成立とその前後の過程

40 :月光仮面:2006/10/18(水) 12:59:00
高地性集落はバルカン、夏王朝時代のアルタイ、百済等にも類型はあるし、山戎という
のもそうしたものであった可能性もあり、環濠集落のような社会制度的な感じがする。
畿内政権成立の時代背景ではあろうが、直接原因とは言いにくいだろう。青銅祭祀器具、
原料の入手経路を考えると204年に倭・韓が公孫に属する、つまり、金印による後漢ルート
から画文帯神獣鏡を初めとする鏡製品ルートに切り替えを余儀なくされたこと、これにより
近畿・東海の銅鐸圏に新体制を樹立する必要に迫られたこと、そしてそのために楽浪から
積石古墳とセットになった渡来民が流入することになったことが直接の建国の動機だろう。

41 :月光仮面:2006/10/18(水) 13:06:39
日向の神武が拓いたとされるヤマト国、邪馬台国、は沖ノ島のショートカットもあり、
九州海幸というか、伊都国奴国政権を庄内並行文化で制圧した。これは一筋縄では
いかず、海幸・安曇海人族ネットワークの出雲は銅鐸原料のルート販売商権もあり、
強烈に反対し、倭国全域に大きな緊張が走り、高地性集落もこうした中で大きく変動
したということはあろう。

42 :月光仮面:2006/10/18(水) 13:12:08
ホケノヤマ、鳴門萩原はいわゆる忌部、シャーマンであり、初期の卑弥呼政権では
相当活躍をしたことだろうが、結果的には鏡作り程度に落ち着いたのではと言う感じ
がする。天皇と言うのは山辺の道の名の通り、山林のオーナー、つまり、昔からの
地主のようなステータスを持つものではなかっただろうか。

43 :月光仮面:2006/10/18(水) 13:44:22
しかし、吉備を中心とする倭国乱、孝霊の伯耆遠征などは出雲が馬韓月支国を
呼び込み天孫と対立しようとしたのではないかと思われます。荒神谷・加茂岩倉
その他の秘匿青銅器は国家転覆計画の証拠だと思うんですがね。

44 :月光仮面:2006/10/18(水) 14:19:23
三雲・岡本須玖政権というか、唐津・博多政権に対して天孫・山幸が上位に立ち、
東方葛城方面との連携を確立するのは倭面土国帥升の安帝訪問があると思う。
つまり、倭面土国帥升は倭委奴国とは別であり、天孫・ニニギ系であろう。これは
古い渡来系または縄文系が古い渡来系文化を吸収し、霧島連山(日向(東方では
なく南方)高千穂)周辺山岳地帯に跋扈していたのではなかろうか。倭面土国とは
豊前・周防・安芸方面に多い大元、御許という神社・地名と関係があると見ている。

45 :月光仮面:2006/10/18(水) 14:28:56
山幸がシオツチ(塩釜神社系の東北日本海側)から受ける井戸のあるところに行き、
葛城に登れという指示は中心に井戸の出土した池上曽根遺跡・葛城山のことであろう。
塩に沿ってということは対馬海流で隠岐・丹後経由、あと南下せよということか。

46 :日本@名無史さん:2006/10/18(水) 16:10:49
>>40-45

純粋に畿内王権の成立のみを扱いたいので、
邪馬台国や魏志倭人伝や神武など記紀ネタは厳禁です。
語りたい人は別スレへ移動してください。



122 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★