5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

歴代総理の格付けしようぜ

1 :日本@名無史さん:2006/01/06(金) 12:05:39
自分は吉田と岸が良いと思ふ
鈴木善幸と近衛文麿はカス
  

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 17:19:41 ID:T4l4viaL0
>佐藤栄作はベトナム出兵要請に対し、そんなことをすると社会党に政
>権を奪われるといって拒否し、米国も了承したとのことだ
コイツマジ最悪だ。日本を腰抜け国家に叩き落してノーベル賞?
社会党社会党連呼してウザい事この上ない。どうせ自分が暗殺されるのが
怖いだけの日和見主義者なんだろ

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 01:17:03 ID:HB9rDz5F0
帝国陸軍が再建されベトナムに投入されてたら、戦況が変わったかもしれんな。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 02:21:28 ID:T1E9zmga0
合衆国に何時共産クーデターが起きても全然不思議じゃない国と
思われたのは取り返しが付かない汚点だと思うがね。
ベトナム派兵なんて外交的なポーズなのだからいちいちそんな下らない事を気にするな。
大体社会党を国家権力を駆使して少数勢力に叩き込む努力を怠っておいて
何が名宰相だ。左翼の浸透工作を許したヘボの分際で何を偉そうに

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 02:55:07 ID:T1E9zmga0
1960年代の社会党は頭の可笑しいタダの反米サヨ政党だと思ってたけど
よくよく調べたら狂気のカルト政党・・・・・・・
アルカイダのやうな非合法集団に限りなく近い逝っちゃった連中を
潰さない自民党からしてもうgdgd

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 21:50:23 ID:SQ/9tbQu0
>93,94
岸に、もの言わぬ大衆、に説明する意思があったのかな。
満州国総務部長、商工大臣と常に日のあたるところにいられる政策を考えただけなのでは。

赤城のおかげで、軍に血を流させずに済んだのはご同慶。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 09:15:32 ID:pbFn8MIR0
五摂家筆頭藤原北家嫡流藤原氏総本家の近衛文麿公爵が最強最高

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 09:20:58 ID:KLILSKVu0
清浦奎吾w
犬養毅w
林銑十郎w
平沼騏一郎w
小磯国昭w
鳩山一郎w

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 09:27:11 ID:E1nAggTJO
http://wolfpac.press.ne.jp/daimyo06.html

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 21:42:28 ID:1JiXXL7O0
なーんで誰も米内光政の名前を出さないかなあ?
あの人地味だけど見識あるぞ
あのまま米内が総理を続けていれば太平洋戦争はなかった、とは昭和天皇の談

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 23:49:32 ID:E1nAggTJO
>>102
【華族一覧表】下に歴代総理の欄と出自

広田が平民ただ一人だから1番の出世!

吉田茂は豪濃吉田が1番かな・・・・・

あと藩士ばかり

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 00:52:38 ID:Bx/bnLbh0
もの言わぬ大衆の支持
陛下の大御心

同じ文脈で、同じ場所に使われたな。置換してみてみても文意がりっぱに通じるな。

都合よく自己の意思を貫くために使われたに過ぎない。
信介の亡霊よ、迷わず成仏。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 03:11:29 ID:1xmEusU30
岸は衆議院では追加を含めて議席維持し、参議院では勝利。
なおその次の選挙では池田に代わって数ヶ月だったが、
やっぱり自民は大勝。
当時は空前の好景気だったので、解散して選挙をしていれば、
自民が大勝したというのが、ほぼ共通見解。
だからサイレントマジョリティーを使ったのは間違っていない。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 19:46:22 ID:gNSE4mg+0
>>48
鈴木貫太郎は一流に入るのでは
本土決戦を回避したのは大きな功績だと思うけど

108 :下司・近衛文麿が最強のバカタレは常識 :2006/12/10(日) 20:30:01 ID:rwp+e6Q70
651 名前:今週の4大週刊誌が一切、慎太郎疑惑に触れない異常国家 :2006/12/09
>建設財閥の再編には慎太郎でさえ切捨ての大立ち回りと大芝居が必要なんだ。

こいずみ、あべ、しんたろう、昭一、etc
統一教会、稲川会、日本会議、靖国神社,,etc
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/chintaro05.htm
「お茶の裏千家、お華の小原流、企業では鹿島建設、資生堂、それに新興宗教では霊友会から踊る宗教まで回ったからね。
五億のうち、霊友会からは二億くらいは出たね。霊友会の本部には慎太郎さんと一緒にしょつちゆう行った。
教祖の小谷っていうのはスゲえ女でね。挨拶に行くと、着物をゆすりながら、帯の奥から百万円の札束をほじくり出して、
『ホラ持ってけ』っていうんだ。慎太郎さんは平身低頭して、それを両手で押しいただいていた」
 慎太郎は当選の翌年、小谷との対談をまとめた『対話 人間の原点』(サンケイ新聞社・昭和四十四年四月)という、
書名をオカルト入門とした方がよさそうな本を出している。、、、、、
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/isihara.htm
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html



109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 02:01:15 ID:8+61wRhv0
>>92
いまどき安保を評価していない

岸を礼賛しなければ、安保を評価しないとなるのか。

米軍・米兵の治外法権が最大の焦点。湛山でも一郎でも取り組むであろう。
もの言わぬ大衆、黙って租庸調を納める存在としか納税者を見做さない、開戦の詔勅に署名した役人が、一流とは

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 05:37:34 ID:/AhYGnrwO
史上最低総理鈴木貫太郎。肝心な時「黙殺」、まだ日本人が殺されまくっている時敵国に「哀悼の意」。妻が乳母だった昭和天皇の安泰しか眼中になかった。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 11:29:13 ID:c/wyWuFG0
意見調整がまとまらなかったから「黙殺」
ってことにしただけだろ。
近視眼的に過ぎる

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 11:57:28 ID:o67AB/b60
>>109
国民をどのように認識していようが、結果を残した政治家がもっとも賛美されるしかるべきで、
国民のためを思い、また清廉潔白であろうが、なにもできずに引退すれば、
そいつはの評価は最低になろう、

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 12:31:48 ID:jQdzOMX10
>意見調整がまとまらなかったから「黙殺」

鈴木貫太郎首相は同日、記者会見し「共同聲明はカイロ會談の焼直しと思
ふ、政府としては重大な価値あるものとは認めず「黙殺」し、斷固戰争完遂に邁
進する」(毎日新聞、昭和20年(1945年)7月29日)と述べ、翌日朝日新聞で
「政府は黙殺」などと報道された。この「黙殺」は日本の国家代表通信社である
同盟通信社では「ignore it entirely(全面的に無視)」と翻訳され、またロイター
とAP通信では「Reject(拒否)」と訳され報道された。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 00:41:10 ID:aLCgRC2E0
>>112
このスレを読んで、岸の評価があまりに大きいことに唖然。
改定安保の評価がそれほど大きいものだろうか。

このスレは首相ランキングなので
1)首相に就任するまでの政治経歴も大きい評価の対象
2)就任時の最大の政治課題、在任中の重大な課題にどんな結果をのこしたか

シベリア抑留者の帰還を図り、戦争状態に終止符を打った鳩山の業績と比較してそれほど変わらないのでは。翼賛非推薦の議員、および1)の視点から見れば相当に胡散臭いが、日米軍事条約がある中で抑留者の全員帰還に道筋をつけた。
小選挙区制から憲法改定を意図して、退陣。
戦前型の政治家が拒否された。

当時の自民党の中の人に、安保条約の破棄を唱えた人はいない。
改定の中身と経緯が問われるのだろう。
自身が任命した長官に拒否されたとはいえ、治安出動を命じた首相に、国民を軍靴で踏み潰すことを命じた岸にAランクとは・・・
もの言わぬ大衆の支持、とはよくも言い放ったものだ。
軍の使用をためらわないのが首相の要件ですか。
警察の警備行動で死者が1人ですんだのは、まだしもであった。
やはり戦前型の政治家の拒否。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 01:47:15 ID:QnB8Ge1i0
岸は、評価する人は評価するし反対に批判する人も多いね

研究対象としては重要な人物なんだろうけど、
個人的には戦前の満州以来の辣腕ぶりとか、田中角栄以上ともささやかれる黒い霧の噂もあるし
ナンバー1はさすがにあり得ないと思ってる

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 03:34:21 ID:0r5y/jTN0
>>114
あれはただの暴徒だが?
治安出動は当然だろう。
彼らは議会で議決されたものを、力付くで否定しようとしたのだ。
226でクーデターを起こした馬鹿共となにが違う。
問題を解決したいなら、正式な手続きにより、
選挙に出て、当選し、条約の改定のときに拒絶すればよい。
全共闘のような馬鹿なことせずにな。

また安保の支持は賛否分かれており、
国会前で騒いでいた馬鹿共は、一部の基地外だよ。
つかたったの十数万、プラハの春などは、日本の何分の一ほどの人口なのに、
その10倍は人が集まっていたことを考えれば、
一部のカルトの団体が騒いでいただけだ。

そしてそのカルト団体に屈せず、持論を押し通せた政治家がどこにいたというのだね?
彼は暴徒に殺されることも覚悟し、最後まで居座り続け、そしてしっかり条約を成立させた。
戦後の三流政治業者どもに、そんなことはできん。
廃棄を唱えたものはいないが、抵抗にあってまで成立させられる政治家など殆どいないのだよ。

また戦後の海外への経済進出は岸が始めたもの。
まずインドをはじめ親日的なアジア諸国に訪問し、諸外国との関係を回復し、
賠償をすまし、そのかわり経済的な進出を約束した。
米国側につくことを条件に、莫大な援助と、貿易上の優位を認めさせ、
戦後の経済体制をつくり、持続可能な経済成長計画をたて、
高度経済成長を成功させたのも、岸の手柄といっていいだろう。

というか、岸以上に評価されてしかるべき政治家が、戦後にいるか?
戦前なら、伊藤や山縣などがいるが、戦後はみな小物だ。
まあ、田中あたりは戦後の地方の発展など、評価できるものも多いが、
岸と比べれば、二流だろう。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 05:14:02 ID:PD5Vk1Qh0
こういうのを岸太郎といえばいいのか

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 08:54:24 ID:rBIRxr160
安保の是非はさておいて
暴徒化した学生から他の民衆を守るのは当然。
国民の生活を踏みにじったのは政府ではなく暴徒。
鎮圧は政府の義務。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 17:30:20 ID:cXmO0fYP0
禿同>116
岸信介こそ戦後最高の総理。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 21:05:03 ID:mV99Y9Y+0
歴代総理の写真なんか見ると、鈴木貫太郎までは圧倒的に髭有りの総理大臣が多いけど戦後は殆どいないね

参考までに福田和也による採点
90点台(世界史に銘記されるべき大宰相)
伊藤博文(91点)

80点台(国運を拓き国史に長く刻まれるべき総理大臣)
山縣有朋(85点) 岸信介(81点)

70点台(歴史的な仕事を成し遂げた総理大臣)
原敬(73点) 加藤高明(72点) 佐藤栄作(72点) 鈴木貫太郎(71点) 

60点台(総理大臣としての責任は十分に果たした)
吉田茂ー占領中(68点) 山本権兵衛(66点) 加藤友三郎(65点) 鳩山一郎(64点)
桂太郎(63点) 松方正義(62点) 池田勇人(62点) 竹下登(61点) 岡田啓介(60点)

福田の基準で合格点と思われる人々のみ書きました
どうなんでしょ?



121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 21:10:17 ID:riRSlq6M0
岡田啓介は個人的には嫌いではないんだが内閣として
天皇機関説を否定してしまった罪責がある。
かの『国体の本義』も彼の在任中に文部省から刊行されたよね。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 21:15:03 ID:bMEy3lWP0
>>120
戦後の総理で岸に佐藤?
m9(^Д^)プギャーーーッ

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 22:02:17 ID:rBIRxr160
>>120
権兵衛さんは海相としては超一流だけど
総理としてはどうかなあ?

ちと運がなかったよね
福田のおっさんも変な評価をするもんだ

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 22:34:32 ID:mdcWTs+80
俺的採点

神宰相
近衛文麿(100点)

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 23:01:15 ID:fH9SDhxfO
>>120
上位3人はチョン囚人が独占だな…

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 23:09:21 ID:0r5y/jTN0
>>117
否定できるのならどうぞ。
>>124
亡国の輩じゃなねーかw
こいつがいなければ、日中戦争は泥沼化することが避けれた、
軍部に全て任せたほうが100倍マシだったといえよう。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 18:17:35 ID:E1UbKAW30
団塊爺さんか、
全共闘の親父かしらんが、
いまだに岸叩いている人が、社会にいるんだねえ。

128 :sage :2006/12/22(金) 20:54:22 ID:PlPenkNn0
戦前総理は武士ばかり。
原も南部の家老の孫です。
戦前は封建時代だな。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 23:58:27 ID:+zcu8JRm0
欧州も変わらんだろ。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 05:55:59 ID:mNgx/kqiO
戦前に「政党内閣時代」を唯一つくりあげた偉大な政治家である西園寺公望は公家だぞ。

戦前の偉大な政治家と言えば伊藤博文で始まり西園寺公望で終わる。

この二人さえ押さえておけば戦前は全てこと足りる。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 07:01:35 ID:IxlwSwAm0
>>130
原敬こそ主役だろうね
その二人、特に西園寺は狂言回し

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 07:20:10 ID:TOqPfngq0
>>1
明治時代は1伊藤博文、2西園寺公望
大正時代は1原敬、2加藤高明
昭和(戦前)は1浜口雄幸、2米内光政
昭和(戦後)は1吉田茂、2池田勇人


133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 08:32:38 ID:mits2U2X0
>>127
売国活動は最後に自分に跳ね返ってくる、とわかっていても
年を取るとなかなか主義主張は変えられないってことなんだろうね

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 10:33:31 ID:jwlNpSwS0
西園寺公望が元老の再生産を閉ざしたのは誤りだったと思う。
元老の存在は非公式、邪道であっても明治憲法の弱点を補う
必須の存在だったのに。理想に走りすぎた。
昭和期の迷走を防げたと思えないけど拍車をかけたのは確実。
後だし批判になるけども。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 01:28:39 ID:Vov0MUxK0
西園寺は無能だと思うけど、
西洋のリベラリズムを信奉しているのはいいけど、
それなら、それが根付くように行動せんと、
長生きしたわりに、なんもしてない。
ただ屋敷で、ブーたれていただけ。
伊藤や山縣なら、自らの命をかけてでも、軍に単身挑んで、説得に当たっているよ。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 00:03:32 ID:1/6Ljopa0
1954年の鳩山の場合、ソ連との戦争状態に終止符を打つという主題と、抑留者の全員帰還という契機となった課題。

岸の場合はどうか。
永続的に米側であることを鮮明にすることで、技術と市場と資源の確保、または交渉権の獲得というのが主題。
引き金となった目的は、米軍治外法権の緩和。

主題のほうは昭和10年代と変わらない、ま、永久に変わらないかもしれないが。
回答のほうもまた同じ。軍人を除く役人による国家総動員体制(国家管理による計画経済)。
東條と不和になったのも軍需次官に格下げを食らったことによることを思い起せば、やはり役人かたぎが抜けないですね。
後進国が追いつくためには効果もあるが弊害もまた大きい。どのような政策も試行錯誤の部分があることを認めようとしないからね。
オカミが決めたことを修正するためまでの対立と犠牲が大きい。環境汚染の是正にどれだけ時間を要したか。貴重な教訓として外交手段に取り上げている政治家がいるな。それはそれで一つの有効な手段かもしれん。

朝鮮戦争時、満州爆撃を主張する司令官がいた。後方、兵站地域のたたきあいですな。
上級司令部によって拒否されたが、解任直前の1ヶ月は極東が第3次大戦に最も近づいた時。
この恐怖を理解しない政治センスの無さは、やはり役人のものでしょう。

オカミが決めた事に逆らう者は踏み潰してもよいという政治信条と方法が高評価がポイントのようだが、
いつごろから反対者を踏み潰す意志強固が評価の対象になったのだろう。

群集に戦車を突入させることをためらって主席を解任された実例があるが、
反対者は踏み潰せを政治手法とする政治家が、かの国ではなくこの国の首相の要件となるのか。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 00:11:55 ID:XlAgd5jR0
まーた、いつもの馬鹿が来た

岸の総理としての評価云々はさておき
学生運動なんざはどう考えても間違い
鎮圧は当然の行為だな

で、その間違いを今になっても認めることが出来ないと。
いやはや、こんな馬鹿な世代が社会をダメにしていたんだなとつくづく思う。
ゆとり学生の方が万倍マシだ

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 00:43:13 ID:1/6Ljopa0
岸の総理としての評価云々
を、さておくことができないから、馬鹿丸出しでお相手しているのだが

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 23:06:41 ID:Ph8MXIuI0
岸信介は、統一教会を日本に招き入れた野郎。
韓国人への浪花節的思い入れがあったみたい。
岸とか中曽根とか、あの教団と深く関わる政治家にろくな奴はいない。
当たり前のことだが。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 03:24:59 ID:UKp1oM9TO
山縣ファンって、西園寺ファンに粘着しすぎだろ。

どんだけしつこいんだよ。西園寺マニアは山縣にはこれっぽっちも関心がないのに。


141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 04:12:18 ID:UKp1oM9TO
山縣なら軍を止められたみたいな言説をよくみるけど、太平洋戦争を煽ったのは山縣系そのものだぞ。

それを押しととどめようとした西園寺系をどう非難しろというのか?


142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 19:41:49 ID:pZ6LGZ5t0
昭和の軍閥のなにが山形系なんだろうか?

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 10:17:02 ID:VT7tBSCy0
>>141
何か勘違いしているようだが、
明治陸軍の藩閥に対する反発として、軍閥が誕生した訳だが。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 04:08:52 ID:KLEY9629O
第二次西園寺内閣時代に陸軍大臣に辞表を出させ、倒閣し、後に軍部独走の下地をつくった黒幕って山県有朋だった気がするのだが、記憶違いだったかな?


39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)