5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

白州次郎

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/06(木) 21:30:53 ID:fjGAz4nQ0
白洲 次郎

(しらす じろう、1902年2月17日 - 1985年11月18日)は、日本の実業家。
貿易庁長官、東北電力会長。吉田茂の側近として活躍する。
夫人は、作家・随筆家の白洲正子。

身長185センチ、容姿端麗、スポーツ万能で晩年には三宅一生のモデルを務めたこともある。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/06(木) 21:31:23 ID:fjGAz4nQ0
白洲次郎 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E5%B7%9E%E6%AC%A1%E9%83%8E

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/06(木) 21:32:16 ID:xoQmJCIr0
歴史が動いたに触発されたスレ?

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/06(木) 21:32:28 ID:fjGAz4nQ0
その時歴史が動いた - 番組紹介
第248回 マッカーサーを叱った男〜白洲次郎・戦後復興への挑戦〜
http://www.nhk.or.jp/sonotoki/sonotoki_syokai.html

【放送日】

(本放送) 平成18年4月5日(水)
  22:00〜22:43  総合  全国
(再放送) 平成18年4月10日(月)
  17:15〜17:58  BS2 全国
平成18年4月11日(火)
  16:05〜16:48  総合  全国
平成18年4月14日(金)
  0:00〜0:43(※木曜深夜)総合 近畿のみ
平成18年4月14日(金)
  1:10〜1:53(※木曜深夜)総合 全国(近畿のぞく)

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/06(木) 21:34:05 ID:fjGAz4nQ0
【番組概要】

●その時:昭和24(1949)年5月25日

●出来事:白洲次郎が通商産業省を創設する

 日本で最初にジーンズをはいたといわれる
抜群のファッションセンスを備えた異色の男、白洲次郎。

白洲は、戦後GHQ占領下にあって日本の自立の道を探り、ひとり悪戦苦闘を続けた。

英国留学を経て実業家として活躍した白洲は、
戦争継続に反対していた外交官・吉田茂の知遇を得る。
そして戦後、吉田が外相ついで首相に就任すると、
並はずれた交渉力を吉田から見込まれてGHQとの折衝を任された。
白洲は、日本の国情を無視して政治介入するGHQと、
それを従順に受け入れる政府に反発。
日本の尊厳を守った「自立」に自らを捧げる決意を固めた。

しかし、憲法の改正では、GHQが提示した憲法案を飲まされることになる。
徹夜の翻訳作業にも立ち会った白洲は、政治とは別の道で日本の自立を模索しはじめた。

それは、経済の自立だった。
当時、日本はGHQに指導された統制経済下にあり、貿易も国家管理におかれていた。
日本の復興には、自由経済に立脚した輸出振興が必要であると考えた白洲は、
昭和24年5月、貿易立国を牽引した通商産業省を立ち上げる。
宮澤喜一元首相をはじめ占領期の白洲を知る人々の証言をもとに、
貿易立国という戦後日本の自立の道筋をつけた白洲次郎の闘いを描く。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/06(木) 21:36:10 ID:fjGAz4nQ0
【番組の内容について】

○白洲次郎と白洲正子について
 昭和4年に二人は結婚した。白洲正子は、旧姓樺山。骨董や美術の優れた随筆で知られる。 
二人のことを、より知りたい方は、旧白洲邸・武相荘(ぶあいそう)のホームページを参照のこと。

○憲法改正過程について
 今回は、さまざまな要素を含む憲法改正の過程を、おもに「白洲手記」と
白洲が後年に残した回想(「占領秘話を知り過ぎた男の回想」など)に基づきながら描いた。
つまり主人公が残した史料を軸に、適宜、専門文献で補うかたちで番組を構成している。

 日本国憲法制定はGHQ主導の所産であるというのが白洲のスタンスである。
しかし、番組の中でも強調したが、白洲次郎はなによりもまず平和を希求した人物であり、
また、新憲法の「プリンシプル」(戦争放棄など)は大変立派であると述べている。

 あくまで制定過程で日本人が主導権が握れなかったことを悔やんでいた。

○通産省創設と吉田茂について
 たしかに白洲の背後には常に吉田茂がいた。
貿易庁、商工省の解体と通産省の創設は、その意味では
「吉田−白洲」ラインによる成果というのが正しい(通産省の正史「通商産業政策史」)。
ただし実働部隊として動いたのは、白洲とその腹心である永山時雄であったことは、
永山氏自身の証言(一般に入手できる出版物はない)から確証されている。
今回の通産省創設は、この永山証言を軸に白洲主導の出来事として描いた。

○吉田の講和受諾演説原稿を英語から日本語に変えたことについて
 文献によっては、アメリカのアチソン国務長官やシーボルト駐日大使によって
英語から日本語に変えられたとするものもある。
当番組では、白洲自身の回想(「占領秘話を知り過ぎた男の回想」、「講和条約への道」など)や
同行した宮澤元総理の証言、その他一部の学者の説にもとづいて、
白洲が日本語に変えたものとして描いた。

○インタビュー出演した宮澤喜一さん
 元内閣総理大臣。
白洲次郎とは、大蔵大臣秘書官時代の1950年に一緒に渡米して以来、晩年に至るまで親交があった。


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/06(木) 21:36:58 ID:fjGAz4nQ0
【番組中に登場した資料について】

○GHQ本部
 現在、第一生命保険相互会社本社ビル。
 マッカーサー執務室と貴賓室は、当時の面影そのままに残している。非公開。
○辰巳栄一氏の証言テープ
 青柳恵介氏所蔵のカセットテープを使用した。およそ20年前に収録されたもの。
○第一神戸中学校時代の白洲写真
 兵庫県立神戸高等学校(通称・旧制神戸一中)の卒業アルバムより撮影
○松本烝治「憲法改正私案」
 国立国会図書館 所蔵
○GHQ憲法草案
 国立国会図書館 所蔵
○イラスト入りの白洲のホイットニー宛手紙(通称:ジープウェーレター)
 外務省総務課所蔵 
○「白洲手記」(2月13日以降の憲法改正交渉を白洲が口述筆記させたもの)
 外務省総務課所蔵 
○「吉田全権演説草稿」
 外務省外交史料館 所蔵
 ○白洲次郎の遺言書「葬式無用、戒名不用」
 旧白州邸・武相荘 所蔵


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/06(木) 21:38:40 ID:fjGAz4nQ0
【参考文献】
○「白洲次郎 占領を背負った男」(講談社)
○「風の男 白洲次郎」(新潮文庫)
○「プリンシプルのない日本」(メディア総合研究所)
○「文藝別冊 白洲次郎」(河出書房新社)
○「白洲次郎」(平凡社コロナ・ブックス)
○「白洲次郎の流儀」(新潮社とんぼの本)
○「サライ 2004年新緑特大号」(小学館)
○「骨太な男 永山時雄」(東京法令)
○「日本の歴史24 戦後と高度成長の終焉」(講談社)
○「戦後国家の形成と経済発展」(岩波書店)
○「現代日本経済史」(有斐閣)
○「昭和経済史」(岩波書店)
○「吉田茂 回想十年」(新潮社)
○「日本国憲法成立史」(有斐閣)
○「日本国憲法制定の過程T・U」(有斐閣)
ほか


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/06(木) 21:40:17 ID:fjGAz4nQ0
【番組で引用した言葉】

○『我々は戦争に負けたのであって、奴隷になったわけではない』

 白洲次郎「占領秘話を知り過ぎた男の回想」、「講和条約への道」、など各書で白洲本人が述べている。

○白洲が、憲法の日本案を主導していた松本烝治に述べた忠告

 (白洲)「GHQの考えている内容は、先生が考えているほど生易しいものではありません。
     少なくとも天皇の大権については大幅に制限を設けないといけません。」

 (松本)「私にはできない。そんなことをすれば、私は殺される。」
 白洲次郎「占領秘話を知り過ぎた男の回想」より引用

○ホイットニーがGHQ憲法草案を見せた時に白洲たちに述べた言葉

 「あなたがたがの憲法改正案は、自由と民主主義の観点からとても容認できない。
 ここに我々が持参した憲法案こそ、日本人が求めているものである」
 ラウエル文書「1946年2月13日 最高司令官に代わり外務大臣吉田茂氏に新しい日本国憲法草案を手交した際の出来事の記録」より

○ホイットニーがGHQ憲法草案を見せた時に白洲たちに述べた言葉
 「本案は天皇を護る唯一の方法である」
 「白洲手記」(外務省所蔵)より引用

○GHQ憲法草案を見せられた時の白洲たちの様子
 「白洲氏は、何か異物にでも腰を下ろしたかのように思わず姿勢を硬くした」
 コートニー・ホイットニー著「日本におけるマッカーサー」、ジョン・ダワー著「吉田 茂とその時代」より引用

○GHQ案に基づいた日本国憲法原案を飲んだ時の白洲の言葉
 「今に見ていろという気持ち抑えきれず。ひそかに涙す」
 「白洲手記」より引用

○経済再建に賭ける白洲の決意の言葉
 「我々の時代に、戦争をして元も子もなくした責任をもっと痛烈に感じようではないか。
日本の経済は根本的な立て直しを要求しているのだと思う」
 白洲次郎「頬冠をやめろ−占領ボケから立直れ」より引用

○統制経済を批判する吉田茂の言葉
 「彼らが描いた青写真を日本で実験してみようという、野望に満ちたものであるが、敗戦後の人心では権力的な統制は中々難しい」
 吉田茂「回想十年」より引用

○番組の最後に紹介した白洲晩年の言葉
 「私は、「戦後」というものは一寸やそっとで消失するものだとは思わない。
我々が現在声高らかに唱えている新憲法もデモクラシーも、
我々のほんとの自分のものになっているとは思わない。
それが本当に心の底から自分のものになった時において、
はじめて「戦後」は終わったと自己満足してもよかろう」
 白洲次郎「プリンシプルのない日本」より引用


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/06(木) 21:48:16 ID:s+v8aRUOO
吉田茂はどんな描き方をされていたのだろう…。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/07(金) 04:02:10 ID:hSWeEcLV0
.

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/07(金) 09:48:51 ID:LYhQZ9br0
宮沢の老け具合に驚き

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/07(金) 11:15:18 ID:srYzP+apO
白洲次郎が英国留学時に英国貴族の息子が虐められているのを助けたことがある。
その事がきっかけで彼はその貴族を通じて様々な事柄に精通してゆく事になる。所謂政治の裏側や根回し。
またこの事に恩を着た貴族は彼に毎年樽ごとマッカランと云うウィスキーをわざわざ日本迄船便で送り届けるようにもなる。

当時日本では貴重なこのマッカランを目当てに角界の有名人や文豪や画家等が彼の屋敷に出入りする様にもなった。

と記憶しているが・・・

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/08(土) 09:18:49 ID:bLepTotrO
なんだ関西人か

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/08(土) 18:05:44 ID:UNftpwbi0
>>13
いじめられてるのを助けたっていうのは白洲次郎伝説
普通に仲良くなっただけ

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/08(土) 19:35:42 ID:YiZryoU00
その友人ってクック・ロビンとかいうやつだっけ?
♪だ〜れが 殺した(ry

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/08(土) 19:52:18 ID:cZJIkGu50
戦後、下山事件に絡んだ「矢板機関」に関係していたというのは
ある本の受け売りですが、裏面史の部分を出来るだけ明らかにすれば
充実した近代史となりまする

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 08:19:35 ID:p1QGgScTO
以前サライという年輩者向けの月刊誌の特集で扱っていた。
バックナンバー扱っていれば手に入るかも。
恰好よく扱っている記事ばかりだけどね。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 15:19:29 ID:Wx7zXY9N0
>>17
その本読んだけど
一番衝撃的だったのが下山事件の真相よりも
矢板が「児玉は日本人じゃない」って断言してるとこだった

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 20:44:28 ID:DvVEVtsO0
>>19
え?なにじんなの??

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/10(月) 19:58:10 ID:UiWujGfM0
白州氏について興味が出てきたんですけど、
お勧め文献などがあれば教えて下さい。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/11(火) 17:26:09 ID:t74iYyr60
タイトルの漢字が間違ってるから検索で飛んでこられない

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 09:03:50 ID:In378uo30
前から好きだた。
今の時代にもああいう人、いてほすぃ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 13:30:59 ID:lKqXxr3T0
ホリエモンってこの系統だったんじゃない?

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 13:42:54 ID:FGl0rEoiO
>>24
ルックスと風向きが悪い。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 18:46:08 ID:yvq6mAOK0
>>24
180度違うだろベクトルが。

車好きな人ならこの人知ってるんじゃない。結構車について逸話のある人だから。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/12(水) 18:53:13 ID:wovoQnf60
コンプレックスの塊みたいなルサンチマンほりえもんと
コンプレックスとは無縁のぼんぼん育ち白洲次郎では全然違うと思うのだが

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 04:37:04 ID:U7HuXRwT0
平成18年4月14日(金)
  1:10〜1:53(※木曜深夜)総合 全国(近畿のぞく)

録画失敗した!!!!!!!!!!!

見たかったな。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 22:06:28 ID:AIc2/GLV0
白州を持ち上げるのは構わんが、身長185は明らかに嘘。
そんな風に書いてある本もあるが、175ぐらいだろ。それでも
明治生まれではかなり高い。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/14(金) 22:14:39 ID:ILuh+xTP0
白洲が着てた頃のヘンリープールって写真で見たらワキがかなり広い仕立て上がり。(典型的な重役スーツ)
今はハンツマンみたいにワキを絞ってる

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 10:52:27 ID:XNKsURgg0
有名人に身長の話が出ると「違う、そんなにない」って言い出す人が必ずいるね。
ここでも出たか・・・

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/16(日) 13:39:25 ID:jLTRERoo0
しょうがないよw
2ちゃんやってる連中なんてみんなコンプレックスの塊なんだから

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 00:25:23 ID:raN+JbJL0

■日中韓の正しい歴史 基礎知識入門サイト

 韓国は“ な ぜ ”反日か?
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

東亜板では最も有名なサイトのうちの一つ。

韓国の話を中心に、中国や日本に関する問題を
過去・現在ともに、わかりやすい言葉で大雑把に把握できる。


まだ読んでない人はぜひ一読を。


34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 02:53:49 ID:aC9WEz7c0
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/6581.mp3 10.13MB
(ひどい公民教科書と日本国憲法無効論)報道ワイド日本 ゲスト:小山常実 29m29s.mp3
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/6563.mp3 13.12MB
(憲法無効論)渡部昇一の大道無門 小山常実(大月市立大月短期大学教授)57m19s.mp3
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/6582.mp3 5.84MB
(憲法無効論とは何か 改憲派は「保守」派ではない)報道ワイド日本 ゲスト:小山常実 25m32s.mp3

http://antiasterisk.neconet.net/up/index.html
antiast0233.mp3   [DLKey] karimanu 21.6MB
(GHQ占領政策と日本国憲法制定過程) 日本政策研究センター 伊藤哲夫 .mp3



35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 00:39:09 ID:5tqnCCqw0
男前すぎる!かっちょい〜!抱かれて〜!

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 10:21:03 ID:kbJ4CfOA0
「婚前交渉はありませんでした」って奥さん書いてた。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 16:56:34 ID:PfMpmp040
女流作家を女房に持つもんじゃないな。おもしろおかしく私生活を暴露される。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 20:56:55 ID:2Reud75tO
この方の姿を知らない人に教えるとしたら
麻生の口を真っ直ぐにして品格を身につけ威厳のある風体といった感じかな。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/20(木) 21:36:30 ID:rM61DqIs0
え〜〜〜っ!
全然ちがうよ〜!
せめんとと一緒にしないで。
38さん、よく写真見てよね。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 22:13:05 ID:KyMl3SEE0
人気があるのか、図書館で本を借りようと思ってら、どれも予約待ちでいっぱい。
関連本、結構たくさん出てるね。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 22:51:02 ID:uVFDO7UEO
兵庫芦屋のエッタだろ

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 04:04:36 ID:cFg6d/aU0
マッカーサーを叱り飛ばした男がいた

歴史街道 2006年5月 目次
ttp://www.php.co.jp/magazine/mokuji_pic.php?code=84217#p2

竹島で衝突か?という直前に読んだので、東郷平八郎の方がかなり感動したかな。

「若い頃、島流しにあったもんでね」
『なんて、島ですか?』
「イギリスって島だ(笑)」



43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/25(火) 23:27:13 ID:XPKD4fjj0
【ファイル最新版】
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/6659.mp3 10.13MB
(ひどい公民教科書と日本国憲法無効論)報道ワイド日本 ゲスト:小山常実 29m29s.mp3
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/6658.mp3 13.12MB
(憲法無効論)渡部昇一の大道無門 小山常実(大月市立大月短期大学教授)57m19s.mp3
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/6660.mp3 5.84MB
(憲法無効論とは何か 改憲派は「保守」派ではない)報道ワイド日本 ゲスト:小山常実 25m32s.mp3
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/6585.mp3 21.57MB
(GHQ占領政策と日本国憲法制定過程) 日本政策研究センター 伊藤哲夫1h34m15s  .mp3
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/6587.mp3 2.32MB
(憲法無効論)渡部昇一の大道無門 ゲスト:稲田朋美(衆議院議員・弁護士)10m7s.mp3
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/6590.mp3 941kB
(憲法無効論に言及)チャンネル桜代表 水島総(4m1s)



44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 21:42:09 ID:5gC0SzwO0
白洲次郎氏の動いている映像や肉声に、どこかで触れられますか?

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 02:28:28 ID:A+5PZfT30
イケメンなんでキャーキャー言っているのか?

白洲のような生活している男は現代にもいるぞ。元首相の細川なんてカーマニアだし
焼き物ではMy登り窯を持っている。


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 19:22:09 ID:c6/KBouH0
細川とは一味違う。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 19:58:57 ID:PIqSU6fR0
白洲は三田藩の家臣の家だっけ。祖先は九鬼の海賊か?

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 03:54:01 ID:qcycjCUX0

金で遊んだ男なら、バロン薩摩こと薩摩次郎八の方がよほど上だ。

白洲の功績なぞ何もないし。英語力で進駐軍にイヤミを言っただけだろ。


49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 16:36:25 ID:zJQ+HAek0
その辺に歩いてるアメ公にすら嫌味一つ言えん馬鹿がクダ巻いてるな。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 22:17:59 ID:Lrh+ShKz0
きょうの日経夕刊にお名前がありますね

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 01:20:49 ID:iTWfVm0j0
1985年まで生きてたことにびっくり
何歳なんだよ

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 01:21:44 ID:iTWfVm0j0
でも白洲って苗字はかなり珍しいよね
白洲って犯罪者に裁決を出すところだったっけ?
それ系統の職業だったのかな

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 04:53:07 ID:e7vsOceL0
だから白洲だって

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 23:39:17 ID:0ppbGIhX0
兵隊に行かないでいいようにしてもらったってのはホントですか?

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 18:48:12 ID:emU9B53m0
>>54
ほんと
実際に、話を聞いてくれた将校に缶詰やらなにやらを届けてます。
といっても、缶詰届けたのは、その時だけじゃないみたいだけど。

実際に、話を聞いてくれた将校が証言してます。

ただし、正子さんは召集されたことは知らなかったと言ってます。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 00:27:08 ID:KtuUVufd0
それにしても1900年前後生まれって得だよな
20代は大正デモクラシーで自由を謳歌
大戦時には兵役年齢を過ぎていて
60才からは年金一切払ってないのに支給開始
で日本の経済力が絶頂のときに良好な医療を受けつつ臨終

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 11:38:28 ID:8V0hnmHG0
昨日、武相荘まで行ってみたよ。
書斎に20年前の(装丁は現在と変わらぬ)
「諸君」・「正論」・「文学界」とかが綺麗に入ってて、
あー、全然、最近の人なんだなって思った。
(生きてりゃ今年104歳か・・・)
藤原なんちゃらの「武士道」やら「品格」なんて、
次郎さんなら「ガキが偉そうに自惚れるな」と一喝してただろうに。
「ウヨ/サヨ」とか「保守/進歩」的な思考図式は、
チマチマしたオママゴトに見えただろうに。
そんな感想です。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 15:04:32 ID:aUxWlH4a0
>>56
全くその通りだね。
現実にその通りの人生送った人知ってる。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 20:52:08 ID:yshiMQvA0
武相荘は混んでいますか?

60 :57:2006/05/08(月) 00:12:24 ID:3ohx5/Kd0
午前中行ったけど「『その時』後」(と、勝手に呼ばせて頂く)の
オジ様オバ様達で溢れてた。床がギーギー言ってんのw
書斎をじっくり見たかったんだけど後ろからオッサンがプレスかけて来るし。
ショップ棟の2階でNHK『その時〜』をリピートしてんで放送見てない人も大丈夫かと。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 00:51:41 ID:iuUoqtB30
以前MIHO美術館で武相荘の企画展をやったときいた
武相荘は遠いしまたどこかでやってくれねーかな

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 22:27:13 ID:cLzAT3ps0
60さん、ありがとうございました。
59です。
もう少ししたら、{その時歴史}ブームが落ち着くでしょうから、待つことにします。
じっくり見たいですからね。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 18:53:25 ID:kz4n3eRg0
中学生のくせに車乗り回してる野球部員

            花形満かよ!

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 20:13:49 ID:WryN+Udx0
憲法はまだか #2(TVドラマ・全2話)
に出てるね

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 02:17:01 ID:pfuJm+MU0
再放送やっているじゃん。

でも、もう終わりか。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 22:01:12 ID:vBd/jcIA0
>>57
白洲次郎も藤原正彦もケンブリッジ出身だから相性はいいんじゃないの。
ケンブリッジって学閥意識強いし、頑固者の吉田茂とも仲がよかったみたいだし。
>>60
「その時歴史が動いた」でにわかは増えたかも知れないけど、
その前からオジ様オバ様には「当代一の目利き」の白洲正子は人気があったんだよ。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 22:20:14 ID:z9ToD2+20
白洲正子は当代一の目利きでも、数寄者ですらないだろう
ただの骨董収集家兼人気エッセイスト

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 22:52:13 ID:khOFie5U0
目利きでないのは確かだな>白洲正子
金持ちだから欲しいものは何でも手に入れられた。
家事もしないから好きなことができた。
旧華族家の生まれで皇族とも親しいから、
白洲正子に嫌われたら美術・骨董関係では干された。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 22:58:29 ID:vBd/jcIA0
>>67
「当代一の目利き」

実際には言いすぎだろうけど、
こういう冠文句みたいなのがついてるほうがオジ様オバ様に受けるんだよ。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 23:21:06 ID:LB6/tx/I0
>>68
樺山家なんて江戸時代は辺境・外様の下級武士なのにな

71 :57:2006/05/12(金) 23:27:14 ID:+gMecnEh0
>>66
小林秀雄とか好きな文学系趣味人とはまた別の新しい層かも知れませんね。
自分は28歳で、正子さんの名前を知っていた程度。
次郎さんは去年の北康利氏の本がきっかけです。
principleを考えproactiveに生きた男の人生に学ぼうと。
まだまだですがw

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 11:32:31 ID:Vtu4DFdf0
ふ〜ん、そう、がんがってね。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 13:16:51 ID:Io89cS/x0
age

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 13:32:11 ID:n730anh10
>>70
それを言ったら、維新の功臣なんて皆そうだろが

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 14:02:18 ID:VAnCmcAT0
白洲正子は細川家から刀剣の鍔を持ち出してるらしいな
細川護煕が返してくれないと嘆いてるが

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 15:13:46 ID:n730anh10
開戦前の10月25日、駐日大使グルーのもとへ日本人情報提供者が現れ
9月6日の御前会議での天皇の異例の発言を披露した。この人物こそ
白州正子の父・樺山愛輔伯爵。別に利敵行為をしたわけではなく、戦争を
避けたい宮廷グループの意を受けて米側に天皇の真意を知らせ、日米関係の
緊張を解すのが目的

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 08:52:31 ID:WXP4ZfGd0
葬式無用 戒名不要

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 07:01:55 ID:lOd3nvVU0
歴史読本買いました。これまでの白州に関する本のダイジェスト版という感じでした。
写真もたくさんあり、きれい。しばらく置いておくつもりです。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 19:07:51 ID:GaxGnk5O0
>>77
これは評価します。


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 23:35:53 ID:jWnOH117O
7月19日23:50〜
TBS 明石家さんま特番「白洲次郎に会いに行く 日本一かっこいい男の武士道精神」

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 00:01:58 ID:ohHmbCtO0
さんまってのが辛いな。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 00:40:42 ID:2Up+OhLgO
うん、とりあえず見てるけど辛い。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 00:42:40 ID:eZ536yF+0
さんまだめだな

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 01:27:06 ID:IjwUrXtC0
>>83
いや、さんまさんは頑張ったと思う。むしろ悪いのは、
「マッカーサーにたてついた」だの「筋を通した」だの「GHQを利用した」だの
曖昧な事を言って具体的な例をほとんど掲示しなかったゲストとスタッフ。
特に宮沢さんなんかは明らかに「お前らに何がわかる」という態度が見え隠れして不快だった。

あと、一緒に見てた母親なんかは冒頭の写真一枚で完全に虜になってたから(笑)、
ゴールデンで放送してたらそこそこの数字取れたし、話題になってたんじゃないのもったいない、と思う。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 01:33:06 ID:WDEt+xGs0
実況板見てきたけど白洲をチョンにしたい奴がいた。
同じカキコ何度もコピペしてたし。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 02:23:58 ID:oq1yG3Xs0
宮沢のボケじじいとの対談では確かにさんまがかわいそうだった

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 03:07:27 ID:uibci77D0
うん。
宮沢さんは東京帝大出身者以外は人にあらずな人だから・・・。
正子夫人が、「白州人を見る目だけはあったと思ったけど、
宮沢さんだけは例外ね。」といっている・・・。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 05:12:48 ID:mQQHEdoyO
>85
いたなw九鬼まで叩いてたし。

89 :武蕾庵:2006/07/20(木) 09:42:35 ID:OuzSfRjh0
正直言って、白洲よりも三木武吉の方が100倍かっこいいだろ
白洲なんぞ日本史上発掘される必要もない

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 10:30:58 ID:5/CEZe5h0
>>89
主観でいわれえてもピンとこないな。
それに白洲次郎にスポットライトが当たることなんて別に望んじゃいない。
ああいう人は知ってる人が知ってりゃいいんだよ。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 15:25:34 ID:o5hoKjFc0
せっかく当時を知ってる人に白州次郎についてインタビューできる機会だったんだから、
番組作る人もさんまももっとエピソードを引き出せる準備や根回しをしてほしかったな
残念

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 17:44:57 ID:TTJxY3zyO
白州 【武相壮】


三田藩士族出身


日本を護った男

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 21:10:11 ID:XY30Vysu0
>>87
>宮沢さんは東京帝大出身者以外は人にあらずな人だから・・・。

恩師の池田勇人は京大出なんだけどねw

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 01:09:35 ID:vk0oFLid0
マッカーサーと闘ったが富士製鉄の永野さんには負けた男
白洲次郎


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 06:01:50 ID:t0CIvpX+0
宮沢叩いてるやつがいるけど一番笑えたのは宮沢が出てたところだろ。
今にも死にそうな姿にさんますら霞んで見えた。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 14:45:43 ID:cmDfjYgm0
>>84
>あと、一緒に見てた母親なんかは

深夜に母親と一緒にTV見てるのか?
近親相姦マザコン氏ねや。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 18:10:56 ID:tUDSxzHa0
そっとしといてやろうよw

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 23:20:44 ID:zqcIvquxO
録画したから、何時でも観にこい!


居留守して待ってないから!

白州次郎カッコイ〜イ


明日、本買いに行くよo(^-^)o

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 23:51:05 ID:el1QhZlD0
この手の人の流行って、
白洲 次郎と薩摩 次郎八が繰り返しくるよね。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 00:45:22 ID:+YD+mVD50
>>96
女子かもよ。

宮沢さんにさんまが完全になめられてたのが最高だった。
そこいくと辻井さんなんかは元商売人だけあって、ちゃんと相手のレベルに合わせた
話をしてくれますね。低ければ低く。

101 :84:2006/07/22(土) 03:10:34 ID:DQfsOoAZ0
>>96
いや、親父が仕事から帰ってくるの遅れて、いつもはそんなの関係なく真っ先に寝る母親なんだけど
たまたま次の日仕事休みだったから親父を待ってて、で茶の間に居合わせた。
俺もなんで夜中に母親とテレビなんか見なきゃなんないんだと思っていたけど、
テレビ一台しかないかららしょうがなかった。

って聞きたいかこの話w

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 21:23:18 ID:s8nSfHHR0
ダーティーな部分も取り上げて放送すべきだ!

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 21:13:10 ID:ApcQeISB0
>>94
>>102

詳しく。

犬丸さんのべらんめぇ口調に驚いた。
寿司屋って、「清田」では、ゆっくり食べていたみたいな話を読んだ記憶があるけど。



104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 11:02:05 ID:msfPzvtz0
宮沢も何か知っているのに今は言えない事がありそうな雰囲気だった、占領時に起きた未解決事件の中には彼らのからんだ事件もあったのではないか?墓場まで持っていくつもりだとは思うが知っている事があれば書き留めておいて欲しいものだ。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 23:05:50 ID:pVVbQPTI0
>>104
吉田茂の時代からずっと日本の中枢メンバーの側で働いていたんだからな
日米講和、安保、日ソ、日中国交回復あたりなんか言えないことはいっぱいあるんだろうね

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 00:45:58 ID:CB2YklYt0
>>105・104

     少し違います
     白洲次郎の功績或いは主な事跡

     1.GHQとの折衝 きわめて困難な作業 白洲一人でGHQと喧嘩してた
     2.英文憲法翻訳作業  但し誤訳あり 67条とか・・
     3.貿易省改組 通商産業省設立 貿易産業立国へのスタート  
     4.サンフランシスコ単独講和条約における吉田茂の
      演説文書の日本文への書き換えと沖縄返還への言及
      但し 平和条約締結と日米安保抱き合わせは憲法上
      困難と考えていたらしい(砂川判決と類似性あり)
     5.日本発送電解体 そして9電力への民間移行で手腕を発揮
      郵政民営化のいわば「お手本」 
     6.なにより 終戦後の幾多の秘密は「どこかの誰か」みたいに
      後年「メモ」で明らかにするようなことはしなかった
     7.終戦後の三鷹事件・松川事件等 GHQのG2が関与したと
      思われる(キャノン機関の陰謀と言われるが)事件について
      最後まで黙秘を貫いた
     8.重複するが サンフランシスコ講和条約締結後 吉田茂と
      昭和天皇のご退位を進言していた
      単なる吉田茂の側近とは言いがたいものがある
 
     結論 知る必要のない秘密は「墓場」まで持っていくのが正しい
        歴史はこれから新たに創るもの

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/29(土) 23:10:14 ID:178AejIE0
>>106
結論だけは間違っている。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/29(土) 23:50:38 ID:kysjn78V0
さんまの、再放送ないかな?
途中から偶然見られたけれど(牧山さん堤さんと喋ってるところから)全部見たい〜。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/29(土) 23:54:11 ID:Prno1gGqO
食料難 時代くる戦時中疎開先畑耕す。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 01:45:16 ID:dfZ2nyG30
松永安左エ門とは直接問題はおこさなかったの?

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 23:21:33 ID:+IBgRjWf0
国家の品格の藤原先生も数学で世界的な人だからな。引けを取るような人物でもないだろう。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/02(水) 14:25:16 ID:gR8tHwAJ0
>>110
    白洲は 松永の机に横すわりになり「ジイサン それはあんたの理屈だろう!」
    と勇ましかった
    僕の家内は ボクの身体の上に横すわりになり「あの子は あんたの女でしょう!」
    ととても怖かった
    

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 12:31:20 ID:vHjFeIfR0
戦中戦後の混乱期の功績は大きいね。
でも実孫の話からするとただのうるさ型の爺さんにしか見えないところがいい。
テレビ見ながら「こんな奴はダメだ」なんて横から聞いてたんじゃそりゃ社会出て苦労するだろう孫はw

ポルシェを置いて行かれたトヨタ社員の顔も想像すると面白い
「おい、マジでポルシェおいていったよあの爺さん」
「どうするよ、ホントに分解すんのかよ」
「したってことにしときゃいいんだよ。ソアラの開発に役に立ちましたってことで。
だって会長の紹介なんだから逆らっちゃダメだよ」

いや、別にけなしてるわけじゃないよ。むしろ好感を持った。
単に褒めることしかしない取り巻き連中の話よりよほど。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 16:41:47 ID:TZV0rlR30
麻生太郎がまだ30代の時にレストランで食事してたら白州次郎がすごい美女を連れて来て、目で軽く挨拶したら
白州次郎が「この店も客層が悪くなったな」と言ったらしい。
・・・で、麻生太郎たち4人が食事終わって会計しようとしたら「白州様がすでにお支払い済みです」と
言ったらしい。
かっけーーー♪ダンディー!!


115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 17:48:37 ID:QB7S8UCL0
>>103
白洲は敗戦のどさくさに紛れて広畑製鉄所をイギリスに売り払おうとした売国奴だろ。
永野が止めなきゃ日本製鉄はどうなってたか。
当時の広畑は最新鋭の設備を備えていたうえに戦災からも無傷、ここがなければ日本の復興はなかった。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 13:18:09 ID:URnIabzv0
>>115

なにより外資を当時の日本は必要としていた

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 18:42:57 ID:aRdjIeOr0
徴兵忌避してたんだね、この人。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 20:37:53 ID:+jxpd9KN0
「辰巳さん 俺 徴兵されちゃったよ」
「徴兵って あなた40歳こえてるでしょ」
「そう 丙種」・・
 そして
「こらこら 主任  白洲という人を徴兵したらダメでしょ」

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 21:34:20 ID:m9BLLiDf0
>>115
産業復興に外資は必要だったがそのために産業そのもの売り払ってどうすんだよ。


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 00:44:11 ID:cW2caiSp0
>>119

大丈夫 ちゃんと川崎製鉄も作りました

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 01:54:23 ID:tJusjmla0
というか外資の手先なのねこの人。 一言で言うと。
GHQにアレだけ言えたのも 要はロスチャがバックだったから。

スレをここまで読んだひとで
白洲の「本職」が「外資系の新聞記者」だったことがわかる人は少ないんじゃないかな?
白洲持ち上げるメディアがそのライフスタイル(ヘンリープールとかポルシェ)
にのみ触れて、「要はこの人何やってた人なの?」っていう当然誰しも抱く疑問には
あんまり触れようとしなかったのは面白い。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 06:27:33 ID:wr6OTLEl0
>>120
川鉄千葉は全くのパイオニアだから。
永野や西山みたいな愛国者がいたから日本の産業は復興できた。
白洲みたいなのはいても居なくても同じ。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 09:57:56 ID:/fbX/BZ50
>>121
副島巣に帰れよ

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 11:22:43 ID:ZMomPY490
>>115
それもあるけど
この人って一貫して「責任を負う」ってことを回避する
人生を送ってるんだよな。
外野からゴチャゴチャ言ってるだけで

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 23:23:09 ID:4yIwe6860
>>121
>白洲の「本職」が「外資系の新聞記者」だったことがわかる人は少ないんじゃないかな?

そんなの、ごく一時期のことだろ?

>>124
>この人って一貫して「責任を負う」ってことを回避する人生を送ってるんだよな。外野から
>ゴチャゴチャ言ってるだけで 

そんなこともないと思うが…尤も漏れもこの人に興味はあるんだがいい印象が無い。
私見を述べさせてもらうと、

<白洲商店倒産>
 典型的なにぎり倒産。経営の失敗による負債を銀行、取引先に押し付け私財は温存。
<その翌年、結婚>
 前年会社を倒産させた椰子の息子が華族の娘を嫁に? 父親は(前述の握り倒産により温存
された資産により)祝いとしてイタリア製スポーツカーを贈る。そんな経緯で贈られた車をカッコ
よく乗り回すDQN息子……

政治・経済の舞台で辣腕を振るうにはこれくらい厚顔でないと務まらないんだな、きっと。戦後発揮
された辣腕は評価されて然るべきだろうが、いかんせん品性が下劣。こういう人間性は生理的に
受け付けない。漏れは貧乏育ちなので生まれながらの搾取層の思想・美学は理解できんなあ。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 14:50:26 ID:0xhxh+/X0
俺は貧乏人で ゴルフなんか出来ないから
こいつの事は好きでない


127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 17:05:52 ID:sgDkM6pF0
その時歴史が動いた「シリーズ日本独立 その光と影」(前編)
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2006-08-30&ch=21&eid=6287

果たして、また白州は取り上げられるのか?

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 23:12:29 ID:mRHZUzlg0
>>127
   少し出たよ 池田と一緒に飛行機に乗るところ
   ただし「白州」でなく「白洲」です

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 09:47:49 ID:x/ympl8RO
(・∀・)

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 22:18:26 ID:Vmv8nKXr0
文藝春秋で永六輔が、テレビ批判の流れで、例のさんまの番組を批判していた。
批判はともかく、永が白洲と交流があったとは知らなかった。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 22:27:24 ID:ewPglWiFO
武相庵

132 :夜回り先生:2006/09/16(土) 01:51:47 ID:qz7VEs1Q0
金持ちのボンボンより、最前線戦った日本兵の方がかっこいいよ〜不可抗力

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 12:50:43 ID:9dV6OUsu0
130さん、その文芸春秋は何月号でしょう?
読みたいんです。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 17:04:16 ID:HXwwoZwN0
>>130

 次郎が作った「靴べら」を六輔がほめた
  そこで次郎がその靴べらを新たにひとつ六輔にプレゼント 
  六輔は次郎に礼状を書く 次郎はそれを喜び自慢する    

  以上 つまらん話じゃ
  

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 04:40:57 ID:w0VMs2Cl0
>>133
10月号です。

>>134
貴重なお話をどうもありがとうございます。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 08:56:42 ID:jUOcgc430
この人、吉田健一との関係はどうだったんだろう。
二人ともケンブリッジだよね?

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 23:13:54 ID:q1GOelDh0
健一って茂の子? 父茂は政治家としての素質がないことを知り
娘和子に期待した 和子は物怖じせずポジィティブな性格だから・・
和子の夫麻生多賀吉を見つけてきたのが次郎 そして多賀吉の息子が麻生太郎

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 03:08:26 ID:m3u+CHv60
>>137
間違えてるぞ。

多賀吉 → 太賀吉


139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 14:11:13 ID:GmiEcw+O0
>>138
間違えた  ご注意ありがとう

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 17:43:00 ID:zeGEJ1cw0
白州次郎関連の本に手を出してるんだけど、
この人結局、一番有名な肩書は、東北電力会長でいいの?
ついでに思想は、右?左?資本主義?共産主義?
プリンシブルのない日本を読んでいるんだけど、
ウィットに富みすぎて言いたい事を理解するのに時間がかかりすぎる


141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 19:21:18 ID:9NpntKbL0
>>140
「思想」って、あんた・・・
吉田茂の右腕だぞ?
思想なんか関係なしの、現実主義の人だよ。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 20:01:46 ID:yh6G2e120
>>140
保守主義に現実的理解を示す左翼と思う 但し羽仁五郎のような
   ブルジョワ的似非左翼ではない

   20歳でマルクスの資本論を読み幾分自慢している
   天皇制を否定していたといわれている
   憲法9条を尊重していた
   事大主義的でない
   次郎の兄もセツルメントのような活動をしており兄を尊敬していた

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 23:52:06 ID:HHyffwZ00
文芸春秋読みました
永も黒柳も久米も 白洲次郎夫妻を持ち上げすぎ
日本人の悪い癖ですな 少し良いとなると「いやでも全てを神格化!」
彼ら頭が悪い あるいは知能が足りない
これを白洲自身一番嫌っていたはずなのに・・

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 14:34:17 ID:ojwHVYWB0
>>80
>TBS 明石家さんま特番「白洲次郎に会いに行く 日本一かっこいい男の武士道精神」

もう10年くらい前、日本テレビ系列で「たけし・さんまの偉人伝説」みたいなのを
年1回か2回かのシリーズでやっていて、そこで白洲が取り上げられた。
内容は「風の男 白洲次郎」をベースに作られた物だったが、まだ白洲正子が生きていた頃で、ビデオで夫の思い出を語っていた。
この時さんまは「日本の戦後は白洲次郎と坂上二郎が築き上げたようなもんやね」と言い、
たけしが「冠二郎とか轟二郎とか・・・」などと軽口を言っていた。
さんまは白洲のTシャツ・ジーパン姿を「かっこいい。ポール・ニューマンみたい。」
と言っていたと記憶するが、今回の特番はこの時の番組でさんまが白洲を知り、
興味を持ってもっと調べてみたいと思ってできた、言わばさんまが企画した番組ではなかろうか?
この特番を見ていないので、あくまで想像だけど。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 16:14:38 ID:gz84ANhGO
>>144 大富豪・ボンボン・イギリス留学

当時では珍しい車を何台ももっていた。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 20:24:02 ID:PbbAONPg0
>>140
白洲は、肩書きを重視したり、他人を特定の思想に当てはめようとしたりする、
君のような人間を一番嫌っていたのだよw

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 20:34:04 ID:gWXIfWrBO
その時歴史が動いた!


好評につき再放送!


来週やるぜ!

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 20:52:46 ID:gWXIfWrBO
http://www.google.co.jp/gwt/n?mrestrict=xhtml&site=search&q=%E7%99%BD%E5%B7%9E%E6%AC%A1%E9%83%8E&source=m&hl=ja&ei=Arg4RcmSEJyIJavfh5gC&ct=res&cd=1&rd=1&u=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E7%2599%25BD%25E6%25B4%25B2%25E6%25AC%25A1%25E9%2583%258E

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 22:17:49 ID:PbbAONPg0
>>147
確認した。
平成18年10月25日 (水) 22:00〜22:43 総合
情報サンクス

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 01:23:48 ID:5KIES+LIO
>>144 ダビングしてHDDに残ってるぞ!

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 15:48:27 ID:Xy7l3zmH0
>>150 10年前のビデオが残っているのか?
それはすごい!!
あの番組で1番すごい場面は、前回書き忘れたが、当時から見て70年前に英国で白洲が所有していた車を、
70年の時を越えて実際に走らせていたこと。
確か、ブガッティの方を走らせていたと思うのだけれど・・・・

自己レスだが、TBSの「白洲次郎に会いに行く」のHPを読むと、『白洲次郎が「気になって仕方なかった」という明石家さんま』
と、あるから、やはり10年前の番組がさんまを動かし今回の特番になったと思われる。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 16:53:09 ID:5ELy6UwN0
白州さん本当にかっこいいね。
とくに連合軍から従順ならざる雄一の日本人って言われたとこが良い!
コート着て真正面向いてる写真好きだ。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 02:09:41 ID:DmDU20al0
白洲さんの書いた英文とか残っていませんかね?
どんな英語か読んでみたい。

立場はちょっと違うが浜本正勝氏も取り上げてもらえないかな。
この人は戦後表立って活動していないけど、もしこの人が白洲の片腕だったなら
GHQはかなりやり込められていたかもしれない。
もっとも、マッカーサーがいろんな理由をつけて殺したかもしれないけれどw。

>>151
http://www.tbs.co.jp/program/shirasujiro.html

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 11:05:23 ID:ef6av9lvO
白州次郎
〇身長185cmの長身 日本で最初にジーンズを履いた男とされている。


〇愛車当日では珍しい車
ベントレー


〇イギリス名門大学に入学

〇戦時中【武相荘】で戦後の食料難に備え庭で畑を耕す。


〇戦後を迎えるとかつてから親交が深かった吉田内閣に呼ばれ政界に入る


〇マッカサーとの対談に日本人で初めてキレた男


〇通商立ち上げ、風の如く姿を消した。(風の男)


ダンディ 今で言うちょい悪親父


昭和60年 死去 84歳だった。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 12:17:02 ID:Fu0YkuSH0
何で「その時歴史が動いた」は再々放送するのかよく理解できない。
愛国心のないウィーン生まれの僕には「日本」という国がぜーんぜん
分かっていないし、欧州には白州クラスのカリスマいくらでもいるからね。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 22:31:05 ID:cFXGBwsu0
日本という国がわかってないんだったら
再々放送する理由がわからなくても当たり前だと思うが

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 21:21:30 ID:K01uaM060
>>114
その時の光景が目に浮かぶようだw・・・・遅レスだが・・・・

子供時代から白洲を知る太郎ちゃんは、白洲のことを
『一言で言えば・・カッコ良い・・・・・ダンディズムとはこういう人の事・・プリンシプル・・・自分の哲学がしっかりある人』
と言及している・・・・自分の言葉は、一切使っていないがw
しかし、子供時代から正子夫人も知っている太郎ちゃんは、レストランで女性連れの白洲と会ったことが気まずく、
だから目だけで挨拶した。
ところが、白洲は威風堂々としていたw

それにしても、麻生太郎が30代の時なら、白洲は70歳くらいのはず。
老いて益々盛んだったのだろうか?
銀座でも彼のもて方は、半端じゃなかったらしいからな・・・・・

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 21:45:32 ID:hcCdjfRlO
7月19日に放送された


【明石家さんま特番〜白州次郎に会いに行く】 85分間


その時歴史が動いたよりおもしろかった。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 21:31:01 ID:Woeb8rkk0
さんまはこういう仕事はできないなっと思ったけどね。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 00:46:55 ID:URBr4AlL0
週刊金曜日で「白州次郎は利権がお好き」みたいな、
ケナシ記事が出ていたらしいけれど、読んだ方はいますか?
概要だけでも知りたいのですが。 

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 01:48:03 ID:hBr/GVpt0
>>160
週刊金曜日 第629号 2006年11月03日
P58.なぜかブームの白洲次郎
昭和の快男児は利権がお好き?(松井克明)

だそうです。

ただし「週刊金曜日」の記事です。
かなりバイアスがかかっている事でしょう。

でも、とにかくどんな記事か、私も読んでみたい。
どんな内容か、読んだ方は教えてください。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 23:39:19 ID:CukPK/3G0
このスレの流れの通りの話だよ。
外資の手先の売国奴、利権屋(東北電力会長時代)だという。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 19:47:15 ID:clpHzG610
昨日のアド街に白洲にナンパされたという女性が出ていた。
いつナンパされたのかわからんが。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 02:40:13 ID:CJNR0KLH0
>>163
それって何歳くらいの女性が言ってたの?

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 16:50:21 ID:NhR68t+E0
>>164
たぶん80才前後の闊達な方でした。



そのとき歴史が動いた-白洲次郎-
を誰かうpしてくれませんか?

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 17:01:49 ID:5WUNCrbcO
白州次郎 長身180cm

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 16:14:33 ID:Wa7kIYSs0
>162 ありがとう。書いているのは、たしか噂の真相のもと社員だね。
 それだけでトーンや結論など丸わかりぽいね。
金曜日も書店ではとんと見かけなくなったし、左ライターはこれから
 大変だね。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 11:28:01 ID:9eXLmju50
白洲次郎のドラマ化をされるなら、俳優は何方がいいでしょうか?反町さん?

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 15:52:18 ID:tmAF0mgw0
156cm

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 20:59:55 ID:0NiwW6HrO
白州次郎 185cmの長身です。

その身長をいかし晩年モデルとしても活躍した。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 21:54:27 ID:YqbN5Z9b0
週刊金曜日の記事はなかなか面白かった。
雑誌が雑誌だけに読む気が起きない人も多いだろうけど・・・

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 23:05:53 ID:g7g1+iFFO
私どういう方か全然存じ上げませんでした。
でも軽井沢ゴルフ倶楽部のお年を召した方々が
『白洲のおじちゃま』とよく仰るので名前だけは聞いていました。
お洒落で言動はずいぶんと辛口な老人だったようですね。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 14:53:23 ID:+6tWWMgC0
ドラマになるなら、絶対に山口祐一郎氏にお願いしたいです。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 02:18:46 ID:N7mdX3Zk0
>>17 >>19
俺もその本読んで白州次郎に興味を持った。
環境と資質に恵まれた生まれついての特権的存在なだけに神格化されるのもわからんでもない。
いけすかないブルジョアって見方もできるけど、僻みになっちゃうからな。

その本とは『下山事件−最後の証言』。白州と事件の関係だけでなく、当時の情勢が生々しく描かれる。
題材が題材だけに胡散臭く感じるかもしれないが、とんでもなく面白いよ。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 20:52:12 ID:UTZepXwh0
>いけすかないブルジョアって見方もできるけど、僻みになっちゃうからな。
僻み…っていうようなものかなあ?自分は>>125、126、132に賛成。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 21:34:15 ID:roZ8UFg+0
貧乏人がグダグダ言ったところで金持ちが女にモテて
カッコいい車乗り回して皆に羨ましがられることに変わりは無い

いいなぁ、俺も貧乏人だから羨ましいよ

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 16:01:42 ID:onFPsX750
白洲の人間性に由来する部分をもって評価するならいざ知らず、
白洲を取り巻く環境を理由に文句つけてるようにしか見えない奴もいるからなあ。
そういうのは僻みと思われても仕方がないかと。


178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 16:52:48 ID:xx2yGbDk0
今白州次郎の本読んでる。
面白い。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 19:09:32 ID:HcOI8o1D0
>>177
ただほら、後醍醐天皇に見られる「奉仕されることが当たり前になってる人間は、他人に奉仕する心がない」ってのみたいに
環境で人間性が作られてる部分もあるから、峻別するのは難しいんでないかい?

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 17:03:24 ID:YJUMYGSy0
超偉人伝説 10分で知る"白洲次郎"
ttp://www.youtube.com/watch?v=664isys21iU&NR

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 16:09:31 ID:bFf6MLI10
>>180
情報サンクス。早速見ました。
ベントレーの方を走らせていたんだね。
ついでに、ネーポンとかも見たw
「アジアコーヒ」や仏壇屋のおばちゃんはまだ生きているのだろうか?ww

53 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)