5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

朝鮮への植民地支配は本当に残酷だったのか

1 ::2006/04/26(水) 08:27:16 ID:QH+mCo7R0
韓国政府が主張する、「日帝36年支配は暗黒だった」との主張を
論議しましょう。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 08:59:30 ID:FkVTI3LC0
朝鮮の植民地支配は、韓国人を今の文化的な国にする基礎を作ってやった!!日本に感謝しる!!

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 09:28:52 ID:1mVGZ1u30
明るくはなかったろうな

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 09:42:33 ID:Yw72FFlm0
>>1
韓国政府の主張を議論するなら、それならハングル板の範疇ジャマイカ?
日本近代史板でやるなら、韓国の主張なんかと関係なく「日本の統治はどうだったか」とすべきだろ。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 11:46:21 ID:+d5EWOlJ0
>>2
つまり、
アメリカ先住民も
アフリカ人も、
アジア人も、
ヨーロッパ白人に感謝しなくてはならないわけだな?


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 11:50:28 ID:KZ2HZzP50
>>5
そのとおりだよ。何か?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 11:51:25 ID:KZ2HZzP50
>>5
ヨーロッパではそのような発言は許されない、とでも言いたいのか

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 11:53:17 ID:KZ2HZzP50
訂正する。アフリカはダメだ。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 11:55:13 ID:coN7JGaf0
>>6
別に 「 感謝 し な く て は な ら な い 」 ことはないだろ。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 12:01:25 ID:YnmJyLDj0
アフリカは白人に支配されてたほうが今の内戦状態より幸せだったろうな

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 12:23:02 ID:PP/d/PiZ0
>>5
>>9の言うとおり、感謝まではするこたぁない。
が、同時に文句を言われる筋合いもない。
文句を言いたかったら、その当時の日本からの恩恵の総てを放棄してから言うべき。
良かったことといけなかったことをそれぞれに論じるべきで、一部いけなかったから
総て悪いという朝韓中の発言は小学生と同じ。


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 12:38:50 ID:+d5EWOlJ0
>>11
その一部いけなかったことが問題。
近代のあらゆる植民地支配が
同時に文明化作用をもっていることは議論の余地はない。
だが、支配者側も甘い汁を吸ったのだから、その点はチャラだ。


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 12:43:54 ID:coN7JGaf0
>>12
チャラも何も、差し引き勘定で計る事自体が間違い。
事実を事実として、是々非々それぞれ受け止めることが正しい。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 13:03:11 ID:+d5EWOlJ0
植民地支配にともなう文明化は
支配された側から見れば自然現象と同じようなもの。
言い換えれば、たんなる事実。
感謝する必要はない。
問題は、支配−被支配関係だ。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 13:32:14 ID:PP/d/PiZ0
>>12
チャラなら、それまでだ。
こちらも文句は言わんから、そちらも文句は言うな。

>>14
>問題は、支配−被支配関係だ。

戦国時代のような世界情勢で、弱者が強者の都合で支配されて問題があるのか?
当時の行政サービスが今日のものに対して劣っていることは否定しないが、それを言うのは、
絶対王政の時代に「民主主義じゃない!」と言っていることと同じなんだけどな。
耳タコだろうが、当時の朝鮮に、
清やロシアの半島進出を押し返すだけの国力があれば日本はあんな割の悪いことはしないよ。
そんな国力もないから戦争をせずして日本に屈服したわけだし。


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 13:39:30 ID:PP/d/PiZ0
日本では、
「朝鮮が弱小国家だったばかりに日本が併合しなくてはならなくなり、国力が著しく低下した。大東亜戦争に負けたのは朝鮮のせいだ」
なんていう輩が出てくると頭がちょっとおかしいということになるが、
在日や半島ではこの論理が横行を罷り通ってるから不思議なんだ。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 14:40:43 ID:S6j06tpl0
ろう人形館にあるような独立活動家に対する取り調べの拷問で
一体何人死んだってんだ?
独立後の軍事政権時代の拷問のほうが酷そうな気がするが。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 14:42:40 ID:PP/d/PiZ0
>>5
感謝する必要は無かろうが、
文明化されたその恩恵だけはしっかりと享受しておいて、そのことについての言及はいっさいせずに、
「総て駄目。我々は一方的な被害者だ」
なんて言ってるから頭の中を疑われる。

台湾の内省人だって、
「蒋介石は憎いが、彼のおかげで台湾は赤化されずにすんだ。
蒋は、そのことにおいて偉大な政治家である」
って言ってるのに。


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 15:10:01 ID:L5L7apl10
ようするに

>文明化されたその恩恵

大きなお世話。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 15:27:00 ID:PP/d/PiZ0
>>19
だったら、文明を放棄してから言ったほうがいい。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 15:36:51 ID:lPDOc6qS0
>>1
十二分に人道的。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 15:54:14 ID:QEuexArD0
日本政府がアメリカの「朝鮮解放史観」を否定できない点が最大の問題。
アメリカと韓国が断交したら少しはマシになると思うけど。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 16:33:07 ID:KZ2HZzP50
「残酷」だったかとか「暗黒」だったかとかは議論になりようがない。そう思うものが
いるとしてそれがどうしたということだろ

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 17:13:22 ID:IjB3wroL0
小泉政治は残酷で暗黒だった
これは否定も肯定もできない

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 19:50:32 ID:zYdWAN2X0
暗黒だったのは敗戦が決定的な数年。
それは朝鮮だけでなく日本にとっても暗黒な数年だった。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/26(水) 23:54:22 ID:L5L7apl10
>20
>文明を放棄してから言ったほうがいい。

やれやれ、大陸・半島からの文明はスルーした挙句に
欧米由来の文明をさも日本固有のものように言い立てる
この厚顔無恥な様はどうだ?
呆れてものも言えん。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 00:33:21 ID:zr6SA7Yd0
>>1
No!

終了。

28 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/04/27(木) 05:37:23 ID:IARhqnBt0
>>1
>>2
>植民地

へぇーーー
ここにも新渡戸の弟子がいるんだ
こっちで新渡戸の弟子に質問しているからおいで
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1142645424/l50

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 12:15:23 ID:1Xp2xvZE0
>>26
で?
話を挿げ替えるなよ。
日本が近代化したやったことを“余計なお世話だ”とぬかすのは、
近代化してほしくなかったってことだろ?
だったらまず、近代化そのものを放棄してから言えや。

日本人は、大陸から文化が入ってきたこと、欧米の文化が入ってきたことを
迷惑だ余計なことだなどと言ったことは一度もない。

当時の日本の半島への苦言は、
「ロシアや清に拮抗できる国力ぐらいつけろや」
だけだ。


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/27(木) 17:16:29 ID:U9Y4aF8P0
>>29
> 日本が近代化したやったことを“余計なお世話だ”とぬかすのは、
> 近代化してほしくなかったってことだろ?
> だったらまず、近代化そのものを放棄してから言えや。

その論法は通り難いと言うか無理。
「近代化そのものを放棄してから言え」との主張(要求)自体が、非現実的であることも
さることながら、その主張をした場合相手からこう切り返されると実現は不可能だよ。

「 放棄しろじゃねーだろ、やった方が責任持って原状復帰しやがれ 」 とね。

無理を承知で行えば、有形なものはなんとか原状復帰可能だが、無形なもの(意識など)は
原状復帰など不可能だからね。

時間が逆行しない以上、無茶な理屈は己が首を絞めるので止めといた方がよい。




31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 00:12:01 ID:oaizZaqz0
人間になり切れなかったチョンに、
「ロシアや清に拮抗できる国力ぐらいつけろや」
は無理難題。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 08:33:01 ID:8wEtcCtO0
なんで朝鮮が日本のために働かなきゃいけないんだよ

33 :えICBM:2006/04/28(金) 16:38:36 ID:pWsJl/4s0
支配者が軍事的にヘタレだったから分断国家になってしまったわけだ。
まあ、支配者がソ連、ロシアだったら併合の憂き目に会うが、統一戦争という目は避けれただろう。


34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 20:23:22 ID:bSgmnz1R0
>>1
序の口として卑劣な手段で土地奪いまくったらしいな
反抗するものは憲兵にしょっ引かれて拷問殺害。
これは日本人でもそうだったから、十分アリエールw

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/28(金) 21:04:58 ID:kl4WRe8q0
>>34
>序の口として卑劣な手段で土地奪いまくったらしいな

初耳だけど。
具体的にどういう風に卑劣なことをやったの?
測量して代金を払って土地を購入するのは卑劣じゃないと思うけど。


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 00:16:01 ID:EVshA1pf0
ファッキンビジネスが朝鮮人から搾取したんだよ

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 01:02:15 ID:3r5ghCWA0
日帝36年はバラ色だったとしか思えない。


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 01:02:19 ID:TwWBLsCl0
「卑劣な手段で土地奪いまくった」と
嘘をつき日本人を貶めようとする姿勢こそが卑劣である。


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 03:28:05 ID:I8ptojDC0
李氏朝鮮の奴隷を解放したのは日本だった!
(正確に言うと日本派の朴泳孝が身分制度を廃止した。)
http://nihonjustice.hp.infoseek.co.jp
で未だに封建制度と世襲制度を存続させているのが北朝鮮。
中国共産党でさえ批判した北朝鮮の世襲制度。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 07:33:38 ID:uplSSLmr0
戦前でさえ東拓の土地買収方法について批判が出ていたというのにな

41 :156・159:2006/04/29(土) 08:31:27 ID:MuBWyMVc0
李朝時代と比べれば、植民地時代は薔薇色だろう。
解放後の北朝鮮と比べても、植民地時代は薔薇色だ。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 09:09:01 ID:jIdV3PsG0
>>41
韓国人がそう言うならわかるが。
キミは韓国人か?


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 13:23:50 ID:TwWBLsCl0
×韓国人 ◯朝鮮ヒトモドキ

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 14:12:37 ID:ns+VAHrF0
植民地というものは搾取される運命にある。
それすら知らんのか 笑えるw

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 15:38:25 ID:D7Vm5c/+0
>>44
朝鮮の場合投資もちゃんとしてたので単なる搾取とはいえん。
経営して採算ベースに乗せるのは当然。一方的な収奪はないよ。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 15:49:01 ID:uplSSLmr0
欧米の植民地も投資くらいしておりますがね
植民地投資は日本の特権などという妄言はどこから出てきたのだろう?

フランスの植民地化の理論

 現実には統一的な理論はないとはいえ、思想の流れは大きく三つある。各々の相対的な
重要性は定まったものではないが、次の三つの言葉にまとめられる。つまり開発、同化、
協同である。
 開発というのは、実業界における概念で、おもにジュール・フェリーの言葉を通して表
明された。つまり植民地化を資本投下の、一つの手段と位置づけるものである。フェリー
の保護領の理論は、本国財政に配慮しながら植民地の経済開発をするのが可能であるとい
う主張であり、開発という概念から導かれる必然の帰結である。(中略)
 同化については、これが第三共和政の公式の教義としてとらえられることが多かった、
といってよい。とはいえ民族的に同化することは論外である。主眼は政治的および行政的
同化であり、「共通の祖国への愛」に言及されることもあった。もっとも、なかには黒ア
フリカも含めて、すべての植民地をフランスの県として本国の行政に組み込みたいと夢見
る者もいた。こうした傾向は、植民地帝国の末期まで根強く残っていく。(中略)
 協同は、開発と同化の中間に位置づけることができる。ギュスタヴ・ル・ボンやレオポ
ルド・ド=ソシュールのような心理学者は、異なる民族の同化が不可能であると繰り返し
説いていたし、先に指摘した一八九三年創設の植民地連合を着想したジョゼフ・シャイェ
=べールは、重要なのは現地住民にも繁栄を約束することだと考えていた。さらに植民地
と本国との関係が緊密になれば、それだけ経費はかさむと計算していた者もいた。事実一
八九五年からフランスの国庫負担は毎年二億フランに上っている。

グザヴィエ・ヤコノ『フランス植民地帝国の歴史』pp.78-79


47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 15:57:12 ID:5uJvS9ys0
>>45
投資といっても朝鮮のためではなく日本のためにな。w
同化政策にも余念は無かったのうw

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 17:10:17 ID:NSbPpnbm0
何が幸せで何が不幸かっていうのは、相対的なものだからね。
子供が1000円の小遣いを貰って「千円も貰えた!」と喜ぶ子も
いれば「千円しか貰えなかった・・」と落ち込む子もいる。
朝鮮人が不幸な支配だったと感じるのであれば、それは間違いではないし、
日本人が幸福な支配だったと言うのであれば、それも間違いではない。
人や国それぞれ感じ方が違っていいのではないか。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 17:22:20 ID:uplSSLmr0
双方とも「受動」の立場を比較した千円の話の場合と、「能動」と「受動」の立場
とに分かれる植民地支配の受け取り方の話とでは、全然話のレベルが異なるだろ?

ゆとり教育の成果?
植民地支配を云々する以前の問題だな

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 21:32:41 ID:vKy2v1Zr0
ウヨ→「1000円もやったんだぞ、感謝しろ」

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 23:18:25 ID:YS4MEugn0
日韓併合後の朝鮮
戊辰戦争後の会津
西南戦争後の薩摩
琉球処分後の琉球
GHQ占領下の日本

支配ー隷属。
恩恵ー搾取。
従順ー反発。
全部同じようなレベルじゃないのか? 期間の長短はあれど。


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 23:25:10 ID:JZm0vWJU0
内戦と外国との戦争では事情が変わる。
また、アメリカによる支配と日本による支配も質が違うな。
アメリカはその点進んでいた。うまかったとも言える。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 01:52:31 ID:VJcK6gDK0
つか、チョンは事実を知らし、知らされても
思考停止してるんだから上の議論は無駄だろ。
アホクサ。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 09:01:01 ID:o5dyzTWb0
そもそもアメリカの植民地支配もなかなかのものだったんじゃない?
民主主義の扶植と独立とという

同じく遅れた帝国主義として登場した日本の「八紘一宇」帝国主義とは
比べものにならない

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 09:40:03 ID:8h2ml6fu0
日本は今でもアメリカの植民地だね。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 11:57:26 ID:a9umeHbQ0
一応、主権は持っております (^^)ヾ

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 13:27:49 ID:8h2ml6fu0
併合される前の韓国も主権は持ってたけど

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 13:29:24 ID:8h2ml6fu0
自決権が制限されてるんだから植民地だ。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 13:53:21 ID:gHhS1zSY0
独立国家の構成要件は外交権と軍事力
日韓協約はこれらを奪いながら「大韓帝国の独立」云々を説いてみせる欺瞞

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 15:47:07 ID:a9umeHbQ0
日本が植民地ならアジアはすべて植民地

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 18:22:53 ID:Iuy1qhOx0
日本に支配されていた当時の人間は、良い思いもしたよと(影で)言い、
戦後に生まれた人間が、悲惨だったと(表だって)叫んでいる。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 18:31:25 ID:dLFGY9YJ0
そりゃ、当時そんなこといったら危険分子とかなんとかで拘束だからなw
当時の人が日本人に優しいことをしてくれたなどと逸話をきくことがあるが、
馬鹿かw
侵略国が怖いし、取り入れられたいからだけだw 保身のためよ。
誰が祖国を蹂躙する他国の軍隊など歓迎するかってんだw

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 19:26:33 ID:Iuy1qhOx0
>>62
申し訳ないが、当時の言葉ではなく今(影で)言っているってことだぜ?
それから、当時朝鮮を日本軍はいっさい蹂躙しとりませんが。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 20:02:07 ID:kjRGE2qV0
蹂躙に等しい。
搾取、日本語使用、押し付け宗教(天皇神)、ETC



65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 20:23:28 ID:Iuy1qhOx0
>>64
>搾取、日本語使用、押し付け宗教(天皇神)、ETC
たしかに、その通りならくそだな。

その通りならな。



66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 20:57:50 ID:sBHgQjbr0
まあ、東北や北陸などを見捨ててまで朝鮮に投資していたからなあ。
朝鮮への投資を国内に回していたら、対米戦ももっとマシだったかもな。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 21:19:20 ID:Bdjnoonm0
朝鮮なんかほっといて北九州と日本海側の防備を徹底していたら良かったんだよ。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 21:35:53 ID:Iuy1qhOx0
内地を戦場にする覚悟があれば、半島なんぞほっとくべきだったね。
べつに当時の日本も恩を売るつもりなんぞこれっぽっちも無かっただろうが、
ここまで恩知らずな言いようをされるんなら、ほおっておいて清なりロシアにくれてやればよかったね。
連中は、ロシアや清には「謝罪と賠償を要求シル!」なんて言わないから、極東が今よりずいぶん静かだっただろう。



69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 21:47:45 ID:kjRGE2qV0
おいおいw
恩知らず とは身の程知らずもここまでくると見苦しいなw
日本は朝鮮がほしかったのは事実。言うに及ばぬw
何が恩だw 大丈夫かい?

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 23:12:31 ID:Iuy1qhOx0
赤字になるしロシアの心緒も丸くなるって分かり切ってた。
伊藤博文は、それを理由に朝鮮の統合には反対してた。
で、ほしがってたってか?
日本としては、李朝からの懇願もあったんだぜ。


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 23:14:12 ID:Iuy1qhOx0
日本が、
本土を戦場にする覚悟、
ロシアに責めこまれる覚悟さえあれば不毛の半島なんぞ統合するメリットなんぞあるかよ。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 23:15:45 ID:o5dyzTWb0
>李朝からの懇願もあった

李朝政府からではないだろ

ところで知ってるか?
敗戦後、少なからぬ日本人がマッカーサーあてに、日本を米国に併合して
ほしい旨の嘆願書を出していたことを。
これも上の論法にかかると、日本政府からの懇願もあったってことになるのかね?


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 23:35:15 ID:Iuy1qhOx0
>>72
李朝からだよ。
日本人はうるさいが、我らを人間扱いしない白人の欧米連中よりも真っ当な統治が期待できるってね。

で、半島には戦略的以外には利用価値がないことはみとめるわけだ。
搾取する資源も経済力もないことは

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/04/30(日) 23:37:09 ID:dcOmFjRm0
朝鮮王朝は、農民暴動の鎮圧も満足にできないほど弱体化して
その統治能力も喪失していた。
こんな国は滅んで当然。併合されて当然。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 00:17:54 ID:PbqNcUbh0
労働力不足をおぎなうため、

勤労動員によって学生たちが軍需工場などにかりだされたほか、

占領地域から多数の朝鮮人や中国人を強制連行し、鉱山・港湾などで重労働に従事させた。

朝鮮に対しては44年から徴兵制を適用、日本人に同化させる政策を強化し、日本語の使用や、

日本的家制度を導入するとともに、氏名を日本風にするなどを強制した


はい、ウヨ 残念でした〜

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 00:22:18 ID:UT8XRMwp0
>>72
李朝の政府が日本への併合を望んだわけだが。


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 01:00:45 ID:+rqkp2e80
保護国化された政府ね

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 01:32:55 ID:NOA/daWhO
どう見ても釣りだろ。

いまどき朝鮮から「強制連行」なんて、ベタベタのサヨでも言わんぞw

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 10:18:47 ID:NmMIP/7J0
サヨでもウヨでも無いまともな日本人である私は
考えが偏っておらず、また(偏らず)幅広く文献を読むので
最も正しい見解を示せるでしょう。

簡単に、  強制連行はありました。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 10:22:52 ID:kKk55lPm0
>>75
えらく低質な釣りだな。
まぁこの手のデムパ主張は、日本の半島統治に関する捏造・歪曲の典型例だから
釣りを承知でデムパに反証しておくよ。

>朝鮮に対しては44年から徴兵制を適用、日本人に同化させる政策を強化し、日本語の使用や、
>日本的家制度を導入するとともに、氏名を日本風にするなどを強制した

総理大臣表彰された朝鮮人憲兵隊員のリスト ばりばりの朝鮮名で載ってますが何か?
http://nandakorea.sakura.ne.jp/img/ajia_siryou.jpg

徴用に関する解説手引き書(朝鮮人向け) ハングル併記になってますが何か?
http://nandakorea.sakura.ne.jp/img/tyouyoutext.jpg

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 10:24:02 ID:kKk55lPm0
>>79
まともな日本人は、以下のような日本語を書きません。

> 簡単に、  強制連行はありました。

絵に書いたような釣りです。
本当にありがとうございました。



82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 10:35:23 ID:NmMIP/7J0
簡単に言いますが、 強制連行はありました。

ご満足いただけましたか?
疑心暗鬼に陥っている人よw

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 10:38:10 ID:NmMIP/7J0
短期間で、しかも激動のときに全部、そんな事務事項を処理できるわけは無い。


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 10:40:11 ID:kKk55lPm0
>>82
>簡単に言いますが、 強制連行はありました。

義務教育受けてますか?
読点の後を分かち書きするような文法は、日本語には存在しませんよ。

つか、 「 強制連行 」 なんて物が存在したと仰るのなら、ソースをどうぞ。
出せるならねw

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 10:40:40 ID:kKk55lPm0
>>83
意味不明、主語は何?

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 10:41:57 ID:NmMIP/7J0
なんだ日本語が読めないのか
話になりませんw

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 10:42:56 ID:NmMIP/7J0
嫌われていそうですねw

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 10:43:33 ID:kKk55lPm0
つか、遊んで欲しいのなら・・・
こんな過疎板で釣りなんかせずに、ニュース極東板か東亜板かハングル板に行きなさい。

この三板なら、君程度の低質燃料でも「玩具として」入れ食いで遊んでくれますよ。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 10:44:08 ID:kKk55lPm0
>>86
普通の日本語が書けない人が何を仰るw

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 10:47:35 ID:NmMIP/7J0
おもしろい
また書くかなw?

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 10:52:08 ID:kKk55lPm0
>>90
ほら、君のような子供でも暇つぶしに相手をしてくれる板だ。
好きなところに逝って遊んでもらいなさい。

ニュース極東(極東アジアニュース)
http://tmp6.2ch.net/asia/
東アジアnews+(東アジアニュース速報+)
http://news18.2ch.net/news4plus/
ハングル板
http://society3.2ch.net/korea/



92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 10:53:19 ID:NmMIP/7J0
ははは
面白いね君 傑作だよ

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 10:55:50 ID:NmMIP/7J0
とりあえず、気に食わない意見は全部朝鮮や中国のものにするのは分かったよw
ガキの喧嘩はこれだからなw

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 11:08:19 ID:kKk55lPm0
>>92-93
はて? 私がいつ君を朝鮮人・中国人扱いしたのかね?
私は一言もそのようなことを書いてないよ。
されてもいないことをされたと、思いこむとは何か身に覚えがあるのかね?w

つかどうでも良いけど、GW厨の構ってちゃんにしても、もうちょっと捻りなさい。
ここまで中身がないと、先ほど紹介した板でもスルーされて構ってもらえないよ。


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 11:09:50 ID:kKk55lPm0
ところでID:NmMIP/7J0君
君の主張の本題である 「強制連行」 のソースは、まだ出せないのかね?

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 11:15:23 ID:RW/xYrgbO
徴用が強制連行になるんなら
現在でも南鮮北鮮は強制連行で兵隊か…


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 11:19:51 ID:2zcPb5Rb0
>>96
祖国を守るのは国民の神聖な義務かつ権利だ。強制連行じゃない。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 11:22:14 ID:kKk55lPm0
>>96
そもそも半島での徴用は1944年9月からで、そのろには日本は制海権を殆ど失っていたので
内地に移送された徴用労働者は極僅か、しかも翌年3月には釜山港路が閉鎖されたこともあり
実質の徴用期間は最長で6ヶ月しかなく、徴用労働者は最大で見積もっても2000人弱です。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 11:24:21 ID:kKk55lPm0
>>98
失敬、ゼロが1個抜けてました。

徴用労働者は最大で見積もっても2000人弱です。  ×
徴用労働者は最大で見積もっても20,000人弱です。  ○

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 11:31:39 ID:kKk55lPm0
さらに補足すると、この2万人弱は朝鮮半島での全徴用者の数です。
この数字の大半は、朝鮮半島内での徴用労働者で、内地への徴用はこのうちの
極々僅かで、多く見積もっても1,000〜2,000人程度です。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 12:22:35 ID:IXtrsEOA0
>>75
>氏名を日本風にするなどを強制

朝鮮民族は、氏なんぞもっとらん。持ってるのは姓だ。
で、それがなんで民族の誇りを誇りを根絶やしにするような非道な法律なんだね。
在日の連中は“喜んで”日本名を名乗っているようだが。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 13:25:16 ID:2zcPb5Rb0
>>101
喜んで名乗ってるんじゃない。差別から身を護るためにしかたなく
日本名を名乗ってるんだ。民族のアイデンティティーすら許さないほどに
日本の差別は過酷なんだ。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 13:45:16 ID:IXtrsEOA0
>>102
>喜んで名乗ってるんじゃない。差別から身を護るためにしかたなく

当時も同じようなことを聞いたというぞ。
「満州で中国人に差別されるから、日本人名を名乗らせてくれ」って
日本政府は、朝鮮人が差別されないように政策をしてたんじゃないんか?

まぁ、日本人は差別する民族だっていうんなら、差別されない本国に行けばいいのに。
そうすれば、民族の誇りも捨てないですむ。
間、かの国は、商魂たくましい華僑すら住めないほどの差別国家らしいが。



104 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/05/01(月) 13:45:19 ID:cY7Avp1N0
>>102
それは自発的ってことだな!!!
強要はしていないってことだな!!!

結論
日本は氏名を奪ってはいない。
半島人がご都合主義で日本名を名乗ったにすぎない。
                 以上

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 13:53:08 ID:2mskVKev0
>喜んで名乗ってるんじゃない。差別から身を護るためにしかたなく
>日本名を名乗ってるんだ。民族のアイデンティティーすら許さないほどに
>日本の差別は過酷なんだ。

ハア?日本の士官学校を朝鮮名で卒業したエリート軍人だって大勢いるぞ。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 13:56:14 ID:+rqkp2e80
創氏は強制だが、改名は任意。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 13:59:08 ID:XP3bWvMi0
>101
その”姓”を踏みにじったからさ。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 14:25:22 ID:cI1xIg9Q0
ここでその『冷酷な植民地統治』とやらを小説にしてみたくなった。
イギリスのアイルランド統治より凄いのかな。
ttp://nw.ume-labo.com/

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 14:55:25 ID:NOA/daWhO
>>102
日本名を強制?差別される?

おもいっきり朝鮮名で総理大臣表彰までされている証拠画像の>>80は無視ですか…


110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 15:02:01 ID:NOA/daWhO
>>107
具体的にどうぞ。
創氏は、従来の姓名に氏を追加しただけで、姓と氏を同じにすることも認められていたし
戸籍にも姓は記載されており、日常生活で姓を名乗って暮らすことも禁じられていないが
どこがどう踏みにじられたのか教えてくれよ。


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 15:46:18 ID:2zcPb5Rb0
被害者である韓国人の意見を無視して論じても意味ないよ。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 15:54:39 ID:RlNKmH0m0
>>111
まあ、そういうこった
アメリカの都市無差別爆撃や原爆投下も、アメ公にとってはむしろ日本国民を救ったことになっているしな

ソ連の対日参戦も、日本からの解放戦争だw

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 16:27:34 ID:NOA/daWhO
>>111
てことは、君の書き込みには何の価値もないと…

だったら勝手に代弁するなよアホかw

114 :あの国の政府高官が:2006/05/01(月) 16:48:41 ID:8rj8Y5vc0
「アジア金融危機の時に日本は非協力的だった」と昨日言ったそうだ。
私は真剣に怒りを覚えた。328億ドルを都合してあげたのに・・・・・。
政府高官がこの様な見識であるのが事実。
併合時代の事はすべてウリナラマンセーの捏造情報しか、国民に開示して
いない筈・・・・・、いや、断定する、開示していない。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 17:01:34 ID:ImrhLO500
わかってるよ、紅い狂人以外は

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 17:45:02 ID:r7qLbgWI0
惨状を見かねた日本が併合してあげた。
日本が創始改名を強制したことはない。
朝鮮人が自ら進んで創始改名をして日本人になろうとしていたんだ。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 18:29:07 ID:+rqkp2e80
『創氏』は義務だから100%。
改名は手数料払っての任意だからたったの8%。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 19:06:30 ID:2UKO7QLO0
友人に嫌韓流とか「韓国はなぜ反日か」のサイトとかを
紹介してやりたいんだが、友人が在日とか層化とかだったら嫌だなぁ。
ってわけで、なかなか切り出せない・・・

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 20:03:10 ID:dJ7jW8bL0
>>111
俺んちに少し前にこそ泥が入って数千円盗まれたんだ。
そんなことなら、警察に被害総額を100万単位で言っておけばよかったかな。
何せ俺は被害者だ。
俺の意見を無視しては意味がないだろう。

意見を無視しないで論じるってなそういうことだよな?


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 20:16:57 ID:8NlEkRxv0
被害者の意見を聞いてやれよ。ww

植民地時代の経済成長率、年平均3.7%
2006/04/17 19:35
【ソウル17日聯合】1911年〜1940年の経済成長率は年平均3.7%、
人口増加率は1.3%――植民地時代の国民経済を調査した書籍「韓国の経済成長
1910〜1945」が発行された。
 落星台経済研究所が、国連の国民所得勘定体系(SNA)に準じまとめたもの。

それによると、年平均9%成長した鉱工業や電気、建設業が経済成長をけん引した。
次いでサービス業が5.0%。産業全体に占める農業の割合は68%から41%に
下がった一方、鉱工業は5.0%から19.0%に上昇した。また、貿易依存度が
初期の20.0%から30年代末には60.0%にまで拡大したほか、投資率も
5.0%から14.0%に伸びた。

 研究所関係者の話では、同期間の経済成長と構造変化は、当時のほかの地域と
比べるとかなり早い方だという。編集に関わった東国大学の金洛年(キム・ナクニョン)
教授は「朝鮮半島に居住していた日本人が経済活動に加わっていたことは事実だが、
朝鮮人による経済活動の所産でもある」と話している。

http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=052006041701800

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 20:19:59 ID:r7qLbgWI0
>>117
>>『創氏』は義務だから100%。

創氏が義務であった事実もありませんし、そんな数値も存在しません。


122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 20:26:15 ID:+rqkp2e80
>>121
はあ?何を寝ぼけてるの?

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 20:30:09 ID:kKk55lPm0
>>121
創氏は義務ですよ。
わかりやすく説明されている有名なサイトを紹介しますので、ご覧下さい。

「歴史と国家」雑考 第70題 創氏改名の手続き 

「創氏」は無料、「改名」は有料

創氏はすべての朝鮮人に家族名としての「氏」を新たに創ることを強制するものです。
日本風の名前を氏として届けることを「設定創氏」、届けずに戸主の朝鮮名をそのまま
創氏することを「法定創氏」といいます。どちらを選ぶかは任意ですが、どちらかを必ず
選ばねばなりません。強制ですから手数料は不要でした。

もう一方の改名は全くの任意です。改名しようとしたら裁判所に行って許可をもらわねば
ならず、その際に手数料が必要でした。1人50銭ですから、当時としては安くないお金です。
従って多くの朝鮮人は改名をしませんでした(註1)。
http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/dainanajuudai


124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 21:03:03 ID:dJ7jW8bL0
>>121
ちゅうことは、創氏も改名も本人任せで、強制されたわけではないってことだな?


125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 21:12:33 ID:RlNKmH0m0
>創氏はすべての朝鮮人に家族名としての「氏」を新たに創ることを強制するものです。

これ自体も余計なお世話だけどな

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 21:22:03 ID:aHRj+YZT0
Pieceful scenes of Nanjing after Japanese Occupation

The Truth of The Nanjing of 1937.12 - 1938.2 (1)
http://www.youtube.com/watch?v=uq1ZEdp9-VM

What really happened in Nanjing after Japan's
occupation in December 1937? "Massacre of 300 thousand
Chinese" as the Chinese Government claims?

You can watch some scenes in the following web page;
lives of Chinese people, including children having food,
as well as Japanese soldiers restoring the city.

Can these scenes possible if the "massacre of 300
thousand" actually took place?

The Truth of The Nanjing of 1937.12 - 1938.2 (1)
http://www.youtube.com/watch?v=uq1ZEdp9-VM



127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 21:30:20 ID:kKk55lPm0
>>125
余計なお世話とかそんな問題ではありません。
創氏・改名については、先に出ているように朝鮮人の希望もありましたが、行政上の
大きな理由がありました。

それは、李朝時代には殆ど未着手で、実数すら確認されていなかった自国民の把握と
戸籍を編纂する業務が一定段階を過ぎたことによる、それに伴う朝鮮戸籍の内地式の
戸籍制度への組み込みです。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 02:16:44 ID:sEGwii2l0
残酷統治だったんだよ。
よく言うじゃん。
嘘も100回言えば本当になるって。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 08:21:56 ID:fVF26Lou0
被害者の声にもっと耳を傾けよう。

130 :私は韓国人へ聞きたい:2006/05/02(火) 10:13:09 ID:ldY2mDLb0
1)日韓併合を阻止しようとした伊藤博文を暗殺した韓国人が英雄になった、本当ですか?
2)日韓併合後に人口が2倍に増えた事実を学校教育で教えていない、本当ですか?
3)日韓併合前は中国・ロシアへ媚を売っていたが、日露戦争で日本が勝利した事実をみて
韓国(朝鮮)側から併合を持ちかけた事実を教えていない、本当ですか?
4)李氏朝鮮は近代化を進める知識人を処刑した事実を教えていない、本当ですか?
5)江戸時代、朝鮮からの使者を日本は近代化の進んだ国からの使者として喜んで受け入れたと
教えている、本当ですか?

以上、簡単に(はい)(いいえ)でお答えください。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 10:17:49 ID:Xigozrr50
>>130
日本近代史板で韓国人に質問とは、これまた豪気な板違いだなぁ。
韓国人に質問したいなら、ハングル板にでも行って聞けば?

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 12:37:46 ID:IFzE/Uzb0
>>129

>>119でOK?

133 :創氏は強制だが>1英霊商売としての巨大軍需利権:2006/05/02(火) 18:54:03 ID:nfrzUd7e0
現在、続発する残虐犯罪は靖国英霊という侵略強盗殺人犯の「戦後社会による放置」が原因である。
家族のために天皇のために国のためになどとほざいて、海を渡り侵略強盗・強姦殺人を繰り広げた靖国英霊という犯罪兵士が許されるのなら、道徳などどこにも存在しないに等しい。侵略殺人英霊兵士の罪が放置された「平成」社会にはどんな法律もモラルも機能するはずがない。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
靖国A級戦犯だけを分祀すれば済む問題では断じてない。
2006年の今こそどれほど困難であろうと靖国英霊という侵略強盗殺人の犯罪兵士とその共犯兵士を裁く新たな東京裁判を戦後世代の手で開始しなければいけない。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/fukasaku05.htm
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
小沢一郎と中国・胡錦濤(コ・キントウ)はあたかも侵略殺人強盗の責任がA級戦犯だけにあるような暴言を振り撒いている。
侵略殺人の実行犯人である靖国英霊という個別の兵士が免罪されると本当に思っているのか。
靖国英霊という個別の侵略強盗兵士に殺されたアジア各地の被害者を無視して、何の未来だ! 何が歴史だ! この恥知らずめ。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/rape.html
親分=A級ゴロツキ戦犯だけが罪を問われ、侵略強盗殺人強姦の実行犯である子分=皇軍兵士が許されるなどという社会がどこにある。
数千万のアジアの人たちの人生を破壊した靖国英霊という侵略強盗殺人の犯罪兵士とその共犯兵士が許される筈がない。
http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
国のために平気で人を殺すような軍人を大量に飼育している韓国、北朝鮮というチンピラ軍事国家も分かっているのか!


134 :このへんについて解説よろしく:2006/05/02(火) 23:19:48 ID:gB1nGfca0
1)堤岩里虐殺事件 1919.4.15 京畿道水原の堤岩里、
    有田俊夫陸軍中尉のいる部隊、運動参加者を教会に閉じこめ放火、虐殺。

2)江西虐殺事件 1919.3.2 平安南道江西、
    日本軍憲兵と憲兵補助員3名が、運動の指導メンバーを刺殺したことに憤激した民衆に殺害され、これを
   日本軍部隊が弾圧、43名射殺、50余名が重軽傷。

3)砂川虐殺事件 1919.3.6 平安南道砂川、
    日本軍憲兵が万歳デモの民衆に対して無差別発砲、73名が虐殺される。憤激した民衆が憲兵駐在所を
   全焼させ、憲兵2名射殺。

4)蜜陽虐殺事件 1919.3月上旬 慶尚南道蜜陽、
    1万3000を超える民衆の万歳デモに対して日本軍が無差別射撃、150名以上を虐殺。

5)孟山虐殺事件 1919.3月上旬 平安南道孟山、
    日本軍憲兵がキリスト教指導者を逮捕、拷問、釈放を求めたキリスト教徒集団を分遣署所内に入れ、
   60余名を銃で虐殺。

6)陝川虐殺事件 1919.3月中旬 慶尚南道陝川
    郡内の各所で行われた万歳デモの群衆に対して、日本の警察が鉄棒や銃剣、拳銃で弾圧、4カ所で
   約50名が虐殺され、数百名が重傷を負った。

7)定州虐殺事件 1919.3月下旬 平安北道定州、
    郡内の5000名以上の民衆が万歳デモ運動を繰り広げると、日本警察は軍隊を動員して群衆を銃撃、
   120名以上を虐殺した。

8)南原虐殺事件 1919.4.3 全羅北道南原、
    郡内19面の面長が一斉に面長職を辞職、数万の民衆を動員して独立運動を起こすと、日本軍憲兵は
   応援隊を呼んで、平和的デモを繰り広げる群衆に向かって発砲、11名殺害、数十名を負傷させた。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/02(火) 23:56:50 ID:2K1ZECsO0
>>128
じゃぁ、もう嘘をつけないように
皆殺しにすればいいんだね。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 00:29:48 ID:sD+/N6JM0
>>134
ただの暴徒。    おしまい。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 00:32:41 ID:C1TNC+TS0
>>134
不定の輩など殺すのが当たり前だろ。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 00:44:15 ID:JGyq1ymL0
>>134
韓国独立後の事件
済州島事件(3万人虐殺)
国民補導連盟事件(35万人虐殺)
国民防衛軍事件(10万人虐殺)

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 01:27:32 ID:sjvJxJpq0
朝鮮総督府による近代化政策がなければ 現在の韓国はラオスかネパールレベルであったことは確か。

主権を奪われて近代化先進国化するか、独立を守ったまま現在でも最貧国になるか、2つにひとつの選択。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 02:10:42 ID:+Yn/6WMyO
>>139
日本と一緒に仲良くソ連領になってたろうな……

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 06:58:16 ID:tnUDjol+0
日本は朝鮮にはきちんと独立してもらいたかったんだと思うよ。
この姿勢は現在でも変わらないでしょうね。
でも、当時の朝鮮にはそれは不可能なことだと判明したので併合したんですよ。
朝鮮人のほうから併合をお願いされてね。
そして日本の統治によって半島の大混乱・後進性も改善されています。

なんら問題はありません。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 06:59:33 ID:l9VQdq9jO
>>140
お茶目なんだからw

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 07:03:46 ID:6aP09Ki+0
「親日派民族反逆者の規定」1946年  金桂林
一、朝鮮を日本帝国主義に売った売国奴およびその関係者。
二、有爵者、中枢員顧問、参議、官選の道および府の評議員。
三、日本帝国主義統治時代の高官(総督府局長および知事等)
四、警察、憲兵の高級官吏(警視、士官級)。
五、軍事警察、高等警察、政治警察の悪質分子。(警視、士官級以下であっても
  人民の恨みの的となった者)。
六、軍事、高等、政治警察の秘密探偵の責任者。
七、行政、司法警察を通じてきわめて悪質分子であり、人民の恨みの的となった者。
八、皇民化運動、内戦融和運動、志願兵、学徒兵、徴用、創氏改名などの問題に
  おいて理論的ないしは政治的指導に当たった者。
九、軍需産業の責任を負っていた責任者(軍需工場・指定工場も含む)。
十、戦争協力を目的とする、もしくはファッショ的性質をもつ団体(大義団、一心会、
  緑旗連盟、一進会、国民協会、総力連盟、大和同盟等)の主要責任幹部。
親日派は米軍に取り入り、米軍に忠誠を尽くす親米派へと変貌していった。さらに
1948年8月誕生の李承晩政権政権の要路を押さえて、新たな権力機構の中に
その地位を築きあげる幸運に恵まれたのであった。


144 :funわか:2006/05/03(水) 10:53:26 ID:2/5uBMwU0
鹿児島の近辺さえ中国の軍用調査船に堂々と調査をさせ置いて、日本固有の領土で
ある竹島周辺の海洋調査を、話し合いで解決、などと寝ぼけた事を言う!
朝鮮が話し合いに一切応じないから問題になっているのだ!!
日本は明治時代に『 竹島近辺は日本領土だ 』と、世界に宣言した。
それに対し朝鮮も中国も当時はなんら文句も抗議もしていない。(大平総理までタ
ダの一言も首相の靖国参拝に興味無く抗議もしなかった、強盗中国と同じである!)

日本は江戸時代から竹島周辺でも漁をしていたし、漁師の仮小屋も建てていたし、
シケの時の風よけとして利用する有名な日本の島だったのだ!

当たり前である!陸から遙かに離れた孤島に当時はどの国も行き来もしないし利益
も興味も無かったからだ!竹島が、れっきとした日本領土だという証左なのだ!

1945年日本統治が終わった朝鮮半島で動乱が起こる。その後、経済に何の能力
も知識もない軍人上がりのこそ泥大統領、李承晩、が国政の失敗を国民の目からそ
らすために日本侵略を企てるが、時のアメリカの知るところとなり、この計画は潰
された。その後も失策続きの李承晩が次の一手としたのが、竹島の軍事侵略だった!

昭和27年1月 いきなり李承晩が 竹島近辺を韓国領土とする「李承晩ライン」
を宣言する。「竹島を韓国に譲ったらどうか、」という朝日に問う!
竹島近海での日本漁船の拿捕が328隻、強制連行された日本人漁師は3929人、
殺された日本人は44人に上る!!
朝日よ!強制連行された日本人の精神的金銭的損害、殺された日本人44人の人権
と生命をいったい誰が保証するというのか!!??

中国の属国として何百年と続いた乞食国家!乞食生活朝鮮!を、日本人の金を30
数年もらい続け!助けられ続け!豊かな生活が出来るようになった恩義も忘れ!
日本悪邪論を教育の基本とする、泥棒!強盗国家朝鮮!中国!に、何故に朝日は味方
ばかりか、スパイ同然にすり寄るのか!?



145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 10:55:46 ID:2/5uBMwU0
わずか30数年の統治で、日本人の!人!モノ!金!血税を!惜しみなく注
ぎ込み、ここまで朝鮮をまともな国に日本はしてやったのだ!!
その資金は政府が200兆円民間は400兆円を超すと言われている!! 
その金を日本は統治が終わった後も引き上げること無しに!全て朝鮮にプレ
ゼントしてやったのだ!
従軍慰安婦も!強制連行も!有りもしない言葉まで作って大嘘をつく!!

いったいどこをどう取ったら、「朝鮮人は日本人に酷い目に遭わされた!」
と言えるのだ!?!?!\(`o'")\(`o'") !\(`o'")

莫大な日本国民の血税を投入し、乞食国家!朝鮮!を普通の国にしてやった
朝鮮日本統治時代。


146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 12:06:14 ID:08Na7VuG0
日韓併合が韓国のためになったなんて言ったら韓国の人たちがすごく
傷つくよ。加害者が被害者を傷つけちゃいけないよね。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 13:26:19 ID:w1b+XVBS0
日本は韓国の犠牲者で、韓国は日本の受益者。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 13:26:34 ID:08Na7VuG0
ドイツではホロコーストを美化する者なんかいないのに・・・

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 13:47:02 ID:w1b+XVBS0
歴史を直視すればイイんだよ、ぼうや。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 14:00:49 ID:DRjUdiIy0
>>147
近代化してもらって産業を振興してもらったという意味では、
欧米の全ての植民地は受益者だよ。

151 :グリーン中山:2006/05/03(水) 15:23:51 ID:S+1w5dq+0
『最近の台湾の教科書について』

慰安婦の記述

近隣諸国(主に韓国・中国など)と日本で、歴史認識の違いで議論になる事柄のひとつに、
慰安婦などに関する事柄があると思われますが、

日本では、慰安婦について、職業婦人だとか業者が行なったことだとか
いろいろに論じられていますが、
最近の、台湾の教科書でも、2社3種類の教科書に慰安婦についての
記載がされています。

(「嫌韓流2」などでも 慰安婦に関して取り上げている様ですが)

以下に國中(9年一貫の7,8,9學年)の検定教科書の
内容を紹介しています。

( 翻訳は大体ですので、原文の画像もご参考ください。
  http://bbs.com.nifty.com/mes/cf_wrent/FREKISHI_B031
   Bar HISTORIA(フリートーク)
     2005年10月26日  
 )

152 :funわか:2006/05/03(水) 18:01:55 ID:2/5uBMwU0
朝鮮の日本統治が始まる前の興味深い統計が有ります。朝鮮の人口は日本統治が開
始された1910年には1300万人でしたが終戦時には3000万人になってい
たのです。 当時の朝鮮は農業の生産性は少なく、幹線道路も整備されておらず、
流通は滞り、上下水道は無く、医師もおらず病院もく無く、生活全般が貧しく衣食
住全てに於いて最貧、最低だったからです。そのような理由から朝鮮では長らく人
口の増減は無かったのです。貧し過ぎる国故に1300万人以上に人口が増えよう
が無かったのです。

ところが日本が統治しはじめてわずか35年で人口は倍以上の3000万にも膨れ
上がったのです。 何故か!?日本は統治時に多額の資金を朝鮮につぎ込みました。
道路を整備し、流通の流れを作り、学校を作り富の想像の知識を教え、灌漑用水
を作り、近代農業を教え、農作物の生産性を飛躍的に高め、上下水道を整備し、病
院を作り衛生的な生活を教えたのです。おかげで朝鮮では貧しいが故に増えなかっ
た人口が日本統治のおかげで爆発的に増えたのです。 日本統治からわずか20年で1700万も
の人口増という証拠となって表れたのです。 日本は朝鮮を侵略したのでは決して
無く、援助したのです! 感謝されることは有っても、恨まれる事など絶対に無い
のです!! 中国においても全く同じ事が言えるのです。莫大な資金を中国につぎ
込んで道路や鉄道を造り、日本統治時代、日本は中国をそれ以前よりも遙かに豊か
な国に変えてあげたのです!

当時の欧米列強の植民地政策としての侵略は凄まじいまでの富の収奪でした。とこ
ろが日本には富の収奪どころか、道路を造り病院を作り、文字を教え、、、、日本
語も教えましたが、当時の朝鮮は諸外国と一緒で日本と違い一般庶民は文盲だった
ので、ハングルも日本人の教師が朝鮮国民に日本の建てた学校で国民に教えました
。 建てた学校は日本と富の生産の仕方を教えたのです。日本には、かの国達を指
導し、導き、富める国にしようとしたことは数あれど、富の収奪の植民地政策など
、どこを探してもあり得なかったのです。 

HP恋愛manual→f u n w a k a論 より


153 :funわか:2006/05/03(水) 18:03:04 ID:2/5uBMwU0
「韓国は独力で近代化を成し遂げた」って。 馬鹿を云うな。韓国の近代化は日本の
莫大な資本と人材の投与によって成し遂げられたものである。

「韓国は日本の統治に抵抗をもって対抗した」だって。
馬鹿馬鹿しい。 同胞韓国人はロバのように日本の統治を甘受したのが実だ。ごくご
く一部の抵抗はあったが上から下までみんな日本にあこがれ、日本人になろうとしたのだ。

「韓国が独立したのは韓国の手によるものだ」にいたっては呆れてものも言えない。
誰も日本からの独立など望んでいなかったのにアメリカに強制的に独立させられた
というのが真実だ。

「漢河の奇蹟」だって!笑わせる。日本から賠償金という名目で莫大な経済援助と
技術援助で成し遂げられたものだ。これだけお膳立てしてもらえばどんな未開民族
でも経済成長するだろうよ。

ソウル大教授「日本による収奪論は作られた神話」

 日本による植民地時代に韓国が土地と食糧を収奪されたという韓国史教科
書の著述は歪曲されたものだという主張が提起されている。
 
「1910年に日本は大韓帝国を強制的に併合した」
 「日本は韓国が植民地だった35年間に、韓国の土地の40%以上を収奪し、
膨大な米を略奪していった」 これらが韓国が独立後、40年以上にわたり中
学・高校の国史教科書に記載されている内容だ。 しかしソウル大学経済学
科の李栄薫(イ・ヨンフン)教授はこうした収奪論が歪曲された神話だと主
張した。
収奪という表現は太平洋戦争末期を除き、被害意識から出てきた言葉だと李
教授は話している。客観的数値で見ても、奪われた土地は10%に過ぎなかっ
たと説明している。李教授は韓国の歪曲された教科書で学んだせいか、反日
感情の根がかなり深くなっていると話した

反駁できるか?


154 :funわか:2006/05/03(水) 18:03:48 ID:2/5uBMwU0
日本が統治した朝鮮、台湾では統治期間の30年に人口が、三倍に膨れあがったのは 何故か?日本人
はこれらの国を欧米の行う植民地化(現地の富や資源の略奪)はせず 、日本国と同じ意識で国造りに邁
進したからである。 日本統治を求めたのは当時の朝鮮の最大政党である。 あまりにも貧しい自国の将
来を憂い、欧米列強と互角に渡り合う唯一の黄色人種でありアジアの盟主であり、最先進国の日本に統治
してもらい、朝鮮を豊かにしたかったのだ。中国においても全く同じ事が言える。朝鮮、台湾に日本人が
日本国内で働いて貯めた膨大な国家備蓄の富(税金)をつぎ込み、これら世界の最貧国に日本と同じ数の
学校を建て、教師を育成し、病院を建て、灌漑用水を作った。そのおかげで疫病に悩まされる事無く、文
字が読めることで機械を扱え、用水が確保出来た事で作物は10倍以上作られるようになり飢饉に飢える
貧民が激減し人口が増えたのだ。その国の国民を自国民と対等に扱い身銭を切って近代国家にさせるとい
う人道統治を日本はアジアでやってのけたのである。

 当時の欧米列強の植民地政策としての侵略は凄まじいまでの富の収奪であった。米国がフィリピンを
植民地にしたときは、独立を叫ぶフィリピン人を皆殺しにした。それもただ殺すのではない。捕虜の尋
問では魔女裁判を真似て「泥水を五ガロンも飲ませ、膨れた腹の上に米兵が飛び下りた。彼は口から六
フィートも水を噴き上げて死んだ」(米上院公聴会の証言)。サマール島の民が米兵を殺すと「報復に
その島と隣のレイテ島の住民すべてを殺した」「三年かけて二十万人を殺した頃やっと島民の抵抗がや
んだ」 フランスが植民地にしたベトナムでは「住民には人頭税のほか、結婚税や出産税も取った。村
々には阿片専売所を置いて、麻薬でもうけた」「重税に抗議するデモには仏戦闘機が容赦なく機銃掃射
を浴びせた。死んだ者を弔うと徴税吏が飛んできて葬式税を取り立てた」オランダはインドネシアでも
っとひどいことをやった。ある農場では女の使用人が粗相をしただけで裸にして鞭打ち、傷口と局所に
唐辛子をすり込んだ記録が残る。ミャンマーのシュエダゴンパゴダの土産物屋に刃先がない鎌が売られ
ている。英植民地時代、ビルマ人にそれを抵抗の武器にさせないための処置だった。

日本はそこに進出して彼らを追い出し、刃先のない鎌しかもてなかったビルマ人に銃を与え、自分達の
軍隊をもたせた。 インドネシアでは彼らの軍隊ペタをつくった。朝鮮統治でもオランダ人と違って日
本人は唐辛子をすり込むようなことはしなかった。

参考資料:HP、恋愛manual→f u n w a k a論 より。



155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 18:27:37 ID:JGyq1ymL0
>>148
韓国大統領はドイツのユダヤ人中央協議会に
「ナチスドイツは人類史上比類の無い悪質・ 非道極まるもので、
他との比較・相対化など許されない」
とお叱りを受けていたねw

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 18:57:11 ID:4Kn9LPmw0
ホロコーストについても見直し論が出ているわけだが。
それも戦勝国から(ホロコースト否定はドイツでは犯罪行為だしね)。

ドイツは戦争行為、侵略行為については一切謝罪賠償していない。
ドイツを見習えという人間は、謝罪賠償一切必要ないという主張でFA?

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 20:28:15 ID:mdRiTIR20
李氏朝鮮の奴隷を解放したのは日本だった!
(正確に言うと日本派の朴泳孝が身分制度を廃止した。)
http://nihonjustice.hp.infoseek.co.jp

で未だに封建制度と世襲制度を存続させているのが北朝鮮。
中国共産党でさえ批判した北朝鮮の世襲制度。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 20:57:49 ID:eaJ9EQvl0
日本派が身分制度を廃止すると日本の手柄になるの?

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 21:06:01 ID:du8e4bcNO
なんと言うか…
くだらんコピペ合戦になってるなぁ。

どっちがどっちを釣ってんだか、それともどちらも釣りしてんだか…ヤレヤレ

160 :アメリカ:2006/05/03(水) 22:16:39 ID:zOkks22s0
日韓併合の真実          チェケイホ        ビジネス社


日韓併合             チェケイホ        祥伝社






歴史再検証!!!!!

いまこそ歴史の真実に目を開け!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

いまこそ歴史を再検証すべき時がおとずれたのだ!!!!!!!!!!!!!!       

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/03(水) 22:20:58 ID:kHIIjstM0
つーか宣伝するにせよもっとマシな文書けよ…

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 00:09:03 ID:NfGRxCXh0
朝鮮はアルバニアみたいなもんだ。


163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 00:23:53 ID:W9FkiJL30
そもそも、併合と植民地って一緒だっけ?

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 00:46:59 ID:Ud+8fhkL0
併合と植民地は対立する概念ではない

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 01:44:43 ID:W9FkiJL30
別物であるが、言葉をこねくり回して
あいまいな表現を用いて同じとして論じたいわけね?


166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 02:21:45 ID:vyJ6wnEZO
「併合」と「植民地」は異なる概念に基づく単語であり、対立するしない以前に比較対象にならない。

「併合」とは手段行為を表す言葉

「植民地」とは状態事象を表す言葉

これらの単語を強いて同じテーブルで論じるなら…

「併合地と植民地」もしくは「併合と植民地化または植民地支配」または「併合政策と植民地化政策」とすべき。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 02:53:43 ID:KHIOTI2e0
アルジェリアは併合地だね。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 03:16:42 ID:uik8I2ZY0
私の考えを理解できない人間は
「日本は伊藤を使って韓国の独立を奪った」と言って独立運動家を名乗り、一般人に愚かな考えを宣伝し、

「 内 容 が 無 い 、名 前 だ け の 独 立 」

を達成しようとしている。
日本は韓国から搾取をする事を考えた事は無い。韓国人は日本の考えを直ぐに誤解する。
また、今回の事件(ハーグ密使事件)が起こった事で「韓国を併合するべき」と主張する日本人がいると言う。
私はその必要は無いと考えている。併合は問題を増加させてしまう。
それよりも韓国政府の統治能力を高める方が日本と韓国に有益である。
日本の指導、支援の結果として韓国が「強く、豊かな国」になっても、日本の脅威にはならないと信じる。
日本は韓国が「強く、豊かな国」になる事を望む。
その為の日本の努力、支援の見返りとして日本が韓国に求める事は1つだけだ。
それは韓国が日本と友好国であり、信頼できる同盟国である事だ。

1907年7月29日 伊藤博文

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 20:44:52 ID:BVT1IzgW0
結論から言えば日本が無能だっただけじゃないのか?

実際にどれだけ残虐なことをしてもいいんだよ。
何人殺そうが奪おうが極悪非道なことをしてもOK。
要は、その悪事が、その後の記憶に残らないような、
歴史に残らないような政策、まあ洗脳か、やればいいだけ。

逆に、どれだけ産業育成に努力しようが、人命を尊重しようが、
しかしその善行が、その後の記憶に残らないのなら、歴史に残らないのなら、
それまでの努力はまったくの無駄だし、無意味なの。

アメリカは空襲と原爆で日本の非戦闘員を大量虐殺した。
しかし日本人はその怨みを忘れてる。
そういう教育宣伝をやったアメリカの勝ち。

日本は、日韓併合で朝鮮を産業化した。
最盛期には朝鮮人資本の百貨店までできて、
京城の朝鮮人は同時期の東京とそれほど変わらない消費生活を楽しんだ。
朝鮮にも悲惨な状態の貧民はいたが、日本だって負けず劣らず貧乏人は多かった。
日本人に比較して抑圧されていたのは、選挙権くらいのものだ。

しかし、朝鮮人は、当時の小さな幸せを忘れ、恨みを持ち続ける。
大半の朝鮮人に、日本時代もそんなに悪くなかった、と思わせる教育、
宣伝、洗脳が圧倒的に不足していたんだよ。
それは30年以上もの間、政治を独占行使していたはずの
総督府の教育政策、人身掌握政策がダメだったということだ。

イギリスがいい例だ。
インドに対して、日本以上に悪逆非道な政策を取ったはずの
イギリスは、インド人からそれほど怨まれていない。
これはイギリスが上手くやった例。
アイルランドに対しては、失敗してる。怨恨とテロを延々引きずっている。

上手くやった順番で言えば、
米・日 > 英・印 > 日・韓 > 英・アイルランド
かな。



170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 21:24:32 ID:de3kheNL0
>>169
インド人と朝鮮ヒトモドキとじゃ、条件が違い過ぎる。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 22:15:50 ID:pIg0xSZQ0
>>169
韓国人の小中華意識というものに対する認識がゼロだと思われる。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 22:27:31 ID:KHIOTI2e0
京城の都市研究では、日本人在住地区と朝鮮人在住地区とで送電設備の
普及が全く異なっていて、鮮人はあまり恩恵を受けていなかったそうだぞ。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 22:41:39 ID:pIg0xSZQ0
負担額もちがうだろ!

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 23:07:33 ID:+LEZJiHt0
>>169
必死やなww
一応民間人犠牲者は朝鮮戦争での韓国のが上だぞ。
日本人の民間人の犠牲者は60万前後だけど
朝鮮戦争での朝鮮人の民間人犠牲者は360万人w軍人まで合わせると500万超えてる。
凄まじい戦争だったな。君らが反米になるのも良く分かるよw

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/04(木) 23:23:20 ID:J2BoHwBK0
また、わけのわからんやつが来たなwwwwww

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 07:32:34 ID:CJbjJRcC0
単語に拘るなら、日本は朝鮮を植民地支配していない。したのは併合。
北海道や九州と同じ日本国の一地域だった。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 08:11:03 ID:FvqwYk020
参政権が無かったのに?

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 13:15:20 ID:wcArd6c70
参政権は大人になってからww

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 13:20:13 ID:LDuijKcM0
だから植民地なんだよ

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 13:21:47 ID:n750zwft0
>>179
サヨクのホラ吹き乙。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 13:25:53 ID:wcArd6c70
>>179
で、日本は、大戦末期に参政権を附与したんだが、
欧米の植民地で参政権を附与したところはあるのかね?

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 13:51:13 ID:A/qhBHTg0
>>179
反論まだぁ~~?

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 17:42:30 ID:R1Rc8j900
         ∧ ∧
        (・∀ ・) <強制連行されたんでしょ?
         ノ(  )ヽ
         <  >


         ∧ ∧
       ヽ(・∀ ・)ノ <祖国に帰りなよー!
       (( ノ(  )ヽ ))
         <  >


184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 18:22:05 ID:JjUvcgX60
中華の属国の立場を奪ったと言う意味では残酷だっただろう。
朝鮮元から独立国で無い。
日本支配より韓国、北朝鮮、李朝の支配の方が残酷だ。日本支配が残酷だったら大
規模暴動、反乱事件が続発している。下手に悪政を行えば怖い目で睨んでいるソ連
に隙を晒す事になりしようにも出来ない。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 19:06:25 ID:P+Y2Rx0X0
新聞の社説に韓国の日本大使館が
占領時を知る韓国人のお年寄り達に多々利用されてると紹介されていた。
親日派と若い{中年層}に怒られるから表立っては来れないとかなんたらというインタビュー記事
行って見るとわかるが、お年寄りほど親日派が多い。
というか、中年層とソウル市民以外は、占領の状況を悪くいう人はほとんど皆無。
もしも、訴えてるような悲惨なものが現実だったら絶対にありえない状況

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 19:28:26 ID:1/vOnTVb0
>>179
感謝 汁!


187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 19:35:20 ID:YXgQHRvt0
20世紀の植民地時代、インドでは自治や教育や工業がものすごく発達した
自治議会もあったし、工業はブロック経済に反対したほど。
またインド人のイギリス国会議員もいた。


188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 19:41:25 ID:YXgQHRvt0
日本が終戦間際に付与したという、衆議院での朝鮮人議員枠は11人だか16人。
当時の衆議院の定数は466人だから、40分の1程度。

人口比では内地7500万と朝鮮2500万だから3分の1
これで平等?

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 20:03:40 ID:WqhmVZje0
>>188
ホロン部必死だなw
議員枠は23人だよ
まぁ、最初はこんなもんだろ



190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 21:17:50 ID:CJbjJRcC0
統治能力が無くて支配を求めてきた連中にいきなり平等の権利は与えられないさ。

・・・といいつつ日本でも一票の格差十倍くらいあるな。
なんだ、日本と同等じゃん。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 21:29:05 ID:CJbjJRcC0
>>184
確かに、日清戦争で千年属国朝鮮を独立させたのは残酷だったかも知れん。
今も昔も自立できない民族だからな。いきなり自由を与えられてもどうすれば良いか判らなかっただろう。
その試練を乗り越えちゃんとした独立国となれていたら併合する必要などなかった。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 23:05:23 ID:n750zwft0
皆殺しにしてやるのが
一番為になる統治方だった。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 23:16:26 ID:JjUvcgX60
虐殺を理由にソ連、連合国が日本を攻撃・・・伝統属国に関わったのが運の尽き。
>>192
安穏と暮らして居た時期が長い日本人にそれが出来るのか。食うか食われるかの
広陵とした大地で鍛えられた大陸人、他国との苛烈な領土争いを長年繰り広げた
某島国とは違うのだぞ。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/05(金) 23:34:12 ID:dTLLwfshO
このスレ的に、


崔 基鎬著/日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実


って、どうですか?

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 00:16:59 ID:sl8/RCNl0
朝鮮を併合した影響で、日本が東洋化=退歩してしまった。
民主議会政治を否定して皇国思想(徳治思想)に基づくファシズム走ったのは朝鮮のせいだ。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 01:19:09 ID:FF7SojQx0
>>193
出来るか出来ないかではなく、
今も昔も皆殺しにすべき奴らって亊だ。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 01:47:04 ID:zKgmkApF0
>>196
物騒なこと言うなよ。現代は平和を願い戦争を避ける時代なのだ。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 02:05:01 ID:qkGRushcO
>>192
皆殺しはともかく…
実際のところ、韓国朝鮮が主張するような過酷な統治をしていた方が、双方にとってスッキリはしただろうね。


199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 09:06:29 ID:sIyfiCG60
>>198
むしろその方が日本に対する恐怖が体に染み付いて
反日なんて思いもよらないようになってたかもしれない。
所詮隷属しか出来ない連中だから。

連中が今騒ぎ立てていられる事が、統治が過酷じゃなかった何よりの証拠じゃないか?

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 11:58:18 ID:FF7SojQx0
>>197
気狂いを抑えるためには
やむなき暴力もある。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 16:08:00 ID:b+VIClK+0
>>181
>欧米の植民地で参政権を附与したところはあるのかね?

アメリカ統治下のフィリピンは独立秒読みの段階としてコモンウェルス
を実施していたが
コモンウェルス→独立の路線を横から邪魔したのが日本の大東亜共栄圏

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 16:11:49 ID:hGQktfYt0
韓国人が騒ぐのは、小中華意識に基ずく日本人に対する人種的優越感があるからじゃないか?
ある書籍によると、どうもそれは単なる劣等感の裏返しというものではなく日本人に対する
「純然たる優越意識」のようなものらしい。在韓生活が長くハングルの理解できる人なら一度は
感じる事らしいよ。

このへんは「韓国人は人を上下関係で見る(韓国人が兄で日本人は弟)」
という評判につながることかもしれないね。

そういう日本に対する優越感と過去に日本に併合されたという屈辱感との精神的葛藤が
整理できないんだろうね、彼等は。逆から見た場合、過去に中国に無茶苦茶やられたことは
問題にならないようだね。中国は親にあたるという感覚のためではないかと思う。

また、日本側にも問題があったように思う。日韓の過去について、日本がブサヨ的思考
停止としてのレッテル的(たとえば『植民地化』)歴史認識による謝罪や、事なかれ的対応による
謝罪を繰り返してきたために、それによって韓国人が一時的な精神的カタルシスを得る以外に
日韓の外交的駆け引きの手段の一つとして韓国側に歴史問題が利用されたり、又日本の
国内政治においてブサヨ勢力の反左翼勢力たたきに利用されたのではないか。

日本人としては冷静に当時の歴史的事実を検証して具体的に反論していく以外に方法はないと思う。
ワケワカメな過激な意見は韓国人と同列に堕するだけで、これからの日本の若者のためにも
ならないし国際的な理解も得られない。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 17:02:47 ID:fem2YNLH0
>>201
>アメリカ統治下のフィリピンは独立秒読みの段階としてコモンウェルス
>を実施していたが

それこそアメリカがフィリピンを植民地として見ていたという事の証明だろ。
経済的搾取地としてプランテーション化したがフィリピン人の抵抗が激しくて
鎮圧の軍事コストがかかるためアメリカが見捨てたというのが歴史の実相。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 18:46:46 ID:0QK1kaGc0
>198
過酷だよ。
日本軍が半島を占拠したころ大規模な抗日運動が多発したが、
これに対して日本軍がやったのは大規模住民虐殺と放火。
日本軍はこの血生臭く野蛮な鬼畜の所業を「南韓大討伐作戦」と称した。
所謂、三光作戦の原型になった。
当の日本軍がこの作戦の達成を記念して写真集を出版している。
朝鮮人が反日感情を持つのは当然だね。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 19:09:25 ID:/J6St/4b0
>>204
参考資料を教えて。
その資料は、当時の日本軍の記録、当時の第三国、半島どこのもの?

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 19:11:30 ID:sIyfiCG60
当時アメリカでは黒人の参政権も無かった。
本国での差別はアメリカの方がずっと酷い。

併合後すぐとはいかなかったが参政権を与えているあたり、
朝鮮の開化が進めばいずれ平等もあり得たかも知れない。
名前で差別されてるなら日本名名乗って良いよ、とか配慮してるし。
とにかく甘々な日本だった。

30年以上も支配しながら獅子身中の虫を教化できなかったのは日本の大きな過ち。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 19:12:01 ID:0QK1kaGc0
>204の続き
ちなみに日本軍はそれまでの抗日運動も同様に唯唯、武力で押しつぶした。
武力−それは住民虐殺と放火、そして村単位・町単位で焦土することだ。

南韓大討伐作戦はその集大成と言えるもので、
日本軍の発表では僅か2ヶ月間で2万人の住民を虐殺した。
武人の名誉とは程遠い軍事作戦であり、
言ってみればナチス占領地でのドイツ軍、チェチェンでのロシア軍、チベットでの中国軍と同類である。

日本軍はこの種の蛮行を1908年〜1914年まで朝鮮半島で継続した。

208 :205:2006/05/06(土) 19:13:50 ID:/J6St/4b0
それは何処の資料

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 20:25:07 ID:sIyfiCG60
恐らく「日本軍の発表」とは「朝鮮暴徒討伐誌」の事だと思うが、二万弱の死者は全て義兵。
焦土作戦の命令記録など無い。
義兵は物資強制徴用(つまり強盗)を行っており、民間に被害が出たとするならばそれが原因だ。
朝鮮人自身がやった悪行を日本軍になすりつけるやり方はここでも健在。

因みに1907〜1910で述べ14万人蜂起しているが2000強の日本軍により壊滅。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 20:32:19 ID:sIyfiCG60
ちなみに、強制徴収される農民の目から見れば義兵とは名ばかりの匪賊と映ったため、
日本軍に情報提供する農民も多かったようだ。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 20:42:35 ID:sl8/RCNl0
日清戦争の結果割譲された台湾で
日本軍は併合に反対して蜂起した住人・合計2千人を殺害。

その後蒋介石は228事件で住人3万人を殺害。
日本の旧植民地では、こんなことばかり起こる。
日本の統治が善政だった証拠だ。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 21:23:29 ID:jHjEieMc0
18000人位じゃなかった?数字は?

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 21:24:35 ID:jHjEieMc0
朝鮮半島のことね、スマソ

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 21:43:04 ID:qkGRushcO
ちょっwwwwおまいwww三光作戦てww
それ中国国民党軍の戦法wwうぇwwwwwww

もう何でもありかよw

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 21:48:16 ID:HTn8nUVw0
嘘を重ねてまで残酷にしたい人が紛れ込んでいますね。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 21:50:05 ID:/J6St/4b0
呉 善花
「生活者の日本統治時代」
日本にも半島にも甘く無いからお勧め。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/06(土) 21:50:29 ID:qkGRushcO
そもそも「三光」て言葉自体が日本語じゃなくて中国語

ちなみに中華人民共和国の辞書には、三光作戦は蒋介石の唱えた戦術スローガンとして載ってるし
中華民国の書籍には中国共産党が行った戦術として記されている。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 02:06:36 ID:ZNXOOSgy0
日本の統治が甘くて優しいものだったことは>>207も理解してもらえたと思うけど、
仮に日本軍が>>207や韓国の主張どおりの統治をしていたとしても、
そんなの中露(ソ)に比べれば徳政だよ。

日本軍が二万人殺したとか言うけど、中露(ソ)は国内虐殺の桁が三つ四つ違うからね。
戦争時のほうが死者が少ないってどういうことよ。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 07:54:59 ID:JBe2kRL10
>>217
“光”
っていう字の意味は、徹底的にとかやり尽くすという意味。
テーブルの上の料理を食べ尽くすというときにもこの字を使うのだそうで(北京語に詳しい人、詳細を希望)。

もっともそれを言っても、
「皇軍が、中国でおこなう作戦だから中国語で作戦名をつけたっておかしくない」
ってなっちゃうからしようがないよ。
日本を悪者にしたい連中は、何がなんでもだから。


220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 09:36:43 ID:r5fyAo2kO
俺は世界史の先生に「三光作戦」は日本軍が行った卑劣な作戦っておしえられたよ〜。あ〜あ騙された

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 11:17:04 ID:5CpXV4TD0
自分は学校で三光作戦なんて教えられなかったぞ、なんで?

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 12:04:49 ID:VDXiej9A0
>>82
> 簡単に言いますが、 強制連行はありました。

   ↑   ↑
  強制連行が、事実だなんて思っているやつは、
   頭がおかしいんじゃないだろうか。



223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 12:20:44 ID:BXILInl1O
>>219
>日本を悪者にしたい連中は、何がなんでもだから。

確かにねぇ…
ほんと日本を貶めるためだったら何でもありだからなぁ。

>>217でも書いたけど、当事者の中華人民共和国や中華民国は日本の仕業とは言っておらず
三光作戦は共産党の(または国民党の)戦術・作戦スローガンと互いに辞書にまで記載してるのにねぇ…

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 12:50:58 ID:wIyJzDCF0
じゃあ清郷作戦ってことで問題ないだろ

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 13:17:47 ID:BXILInl1O
>>224
そうそう清郷作戦ね…てヲイ!w
清郷(チンシャン)作戦てモロに中国語で中国の昔からの戦術じゃんかw

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 13:18:07 ID:BwcMkElm0
日本の三光は 日・月・星。

中国人民解放軍スローガン、「三打三防」「新三打三防」

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 13:25:43 ID:BXILInl1O
三光作戦(中国国民党軍または共産党軍の行った戦術)

殺光(殺し尽くす)
焼光(焼き尽くす)
槍光(奪い尽くす)

見ての通り、どれも日本語には存在しない単語であり語彙である。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 13:33:02 ID:5pl0s8F30
>>220
>日本を悪者にしたい連中は、何がなんでもだから。
日教組なんてそんなもんだ。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 13:33:27 ID:ZNXOOSgy0
今になって言葉のすり替えだけで済まそうとする人間がいると思ったら
それも中国語かよ。

まあ、そんな事はどうでもいい。
「南韓大討伐作戦」は朝鮮匪賊討伐作戦であり、
もちろん住民虐殺などしていないということでOK?

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 20:20:26 ID:Ngi6OvPV0
>229
あのな、殺す側からみれば反乱勢力は匪賊なんだよ。
じゃ、第三者から見れば何だ?というのが重要。
日本軍は2ヶ月で2万人虐殺したってことは、
@半島全体が抗日ゲリラだったのか
A匪賊狩りと称して無関係な村人を大量虐殺した
B1と2が合わさったもの
のどっちかだよ。

@ならば反日感情は当時から強烈にあって日本兵はとっとと列島に帰れというメッセージ。
Aならば日本軍は半島で大規模な住民虐殺を行い、まさに蛮族の振る舞い。
Bなら・・・これは言うまでも無いな。

それと日本軍の放火については日本軍の資料に載っているわけがないだろ。
当時の在韓キリスト教の教会関係者が村への放火の件について証言がある。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 20:34:24 ID:Ngi6OvPV0
>210
日本軍に情報提供していた中心的存在は一進会。
一進会は統監府からの資金援助を受けていた。
この一進会を実質的に動かしていたのは内田だ。
ちなみに内田と言えば札付きのゴロツキだ。

朝鮮人の日本軍協力者がいた?農民が情報提供していた?
何て事はない。総督府子飼いの現地組織がやっていただけだ。
全くお笑い種だな。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 20:34:37 ID:5pl0s8F30
とりあえず、>>230みたいな在チョンには半島に帰ってもらって、
あとは銃で決着をつけようではないか。

嘘つきとの議論は時間の無駄だ。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 21:32:45 ID:pWiZXk+W0
親韓派知事や国会議員が琵琶湖に結集なんと120人

琵琶湖の多景島も韓国に寄付すれば?

ttp://www.bsc-int.co.jp/news/0502/kai.html


234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/07(日) 22:37:44 ID:R9Ss8adR0
日本の植民地支配は世界的に見ても残酷、みたいな意見は納得できない
でも古めの本を覗くと当たり前のようにそう書いてあったりする

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 07:08:34 ID:CgFQRy4h0
>>230
@なら兵力差からいってあっけなく日本軍が追い出されているはずだが結果は日本軍勝利。
当時の朝鮮の人口は1000万人を超えている。対する日本軍は2000人強(後に増えたがそれでも数千人)。
半島全体がゲリラなら人口のたった1%って事は無いよな。
Aならその後虐殺者の国に入国したがったり虐殺者の軍に参加したりする朝鮮人がいるはずがない。
大東亜戦争もノリノリで参加していた連中の癖にな(本当に虐殺軍なら現地組織だって協力するはずないだろう)。
B上に同じ。

大体、韓国が併合を望んでいたんだから半島全体がゲリラになるはず無いだろう。
日本では併合反対派も多かったのに(当たり前だ、ロシアへの防壁として以外は何の価値も無い半島だ)、
その最大勢力の伊藤博文をテロで殺して併合を加速させたくせに。

完全なキムチ視点で語っておいて第三者から見ればだって?誰だよ第三者って。
@ABどれも不正解。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 08:43:19 ID:Jr+MD6JK0
>>235
同じ屁理屈をイギリス−インド関係にあてはめてみて


237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 08:52:25 ID:CgFQRy4h0
>>236
じゃあ英印の資料を出してみな。
それと、日本軍の焦土作戦の命令書もな。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 09:10:55 ID:CgFQRy4h0
ゲリラではなく住民を標的に殺せ
家屋を焼失させろ
といった類の命令書を提示できないと意味は無いがな。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 09:40:36 ID:Jr+MD6JK0
>英印の資料を出してみな

もくそもないだろ
セポイの乱とその後のインド人のイギリスへの渡航者やインド軍の編成という事実を念頭においてみて

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 10:11:18 ID:CgFQRy4h0
>>239
セポイの乱はイギリスの植民地化からはもちろん支配権獲得からかなり経ってる。
併合直後の不安定な日韓情勢とは異なる。
インド植民地化直後の虐殺事件とその後の情勢を語ってくれないと比べられないな。

・・・千年属国の性根を出して、何をされても喜んで従ったという見方もできなくはないが。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 10:16:00 ID:CgFQRy4h0
あ、千年属国は朝鮮の事ね。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 10:27:01 ID:CgFQRy4h0
そもそも>>230の@Aを証明できないと
南韓討伐はゲリラ討伐であり住民虐殺作戦ではありません、という結論になるが。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 11:07:53 ID:NCGVVadR0
この制度の暗黒面を強調し過ぎるのは正しくありません。
商品作物の大規模導入が開発を促進し、米作の効率化をもたらした面もあり、
ジャワ島の人口は同制度が行われた期間(1830〜1870)に700万から1600万へと倍増しました。
#http://www.tcat.ne.jp/~eden/Hst/indonesia/orandaryou_higasiindo_no_kansei.html

国立フィリピン大学設置(1908):アテネオ・デ・マニラ大などは私立。
ラングーン大学設置(1920):1878年にカルカッタ大の支部としてカレッジ設置。
インドシナ大学設置(1917)
香港大学設置(1910)
シンガポール大:前身として2つのカレッジ、ジョージ7世医科大(1905)とラッフルズカレッジ(1928)があるが、
これが合併してマラヤ大になり、両国分立後に南洋大を吸収してシンガポール大に。

英国留学中、ジンナーはイギリスの法制度や社会を研究し、頻繁に下院議会を傍聴しました。
ここで彼はグラッドストーン首相の自由主義的な政策に影響され、インドの政治状況にも
目を向けるようになります。また、ロンドンではインドの民族主義者でパルシー(インド国内の
ゾロアスター教徒)のリーダーであるダダバハイ・ナオロージーと出会い、彼の選挙活動の
スタッフとして働きました。その甲斐あってか、ジンナーの留学中、ナオロージーはインド人として
初めて英国議会の下院議員に当選しました。
http://matsumat.hp.infoseek.co.jp/hero6/hero6_001.htm

フランス国民議会の植民地選出議員。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/ssmh/information/document/426matsuda.pdf

Rafael Crame准将、フィリピン警察軍司令官 米軍
http://corps.ph/features2003/pnp_noblemen1.php

Vicente Lim将軍 ウェストポイント卒 第41師団長 米軍
http://www.battlingbastardsbataan.com/bbbpics5.htm

Afridi Monowar Khan准将 英軍
http://www.generals.dk/general/Afridi/Monowar_Khan/Great_Britain.html

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 16:31:35 ID:Uk0oy0gb0
戦前日本在住朝鮮人関係新聞記事検索
1868−1945
見出し 【放火】
該当件数は、71 件です。
http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~mizna/cgi-bin/shinbun/shinbuns.cgi?midashi=%CA%FC%B2%D0&shinbun=&local1=&local2=&bunrui=&_ymd=no&year1=&month1=&beforeyear=&beforemonth=&afteryear=&aftermonth=&karayear=&karamonth=&madeyear=&mademonth=&perpage=100&page=1

これ見たら、関東大震災の時、やはり朝鮮人は不穏な動きをしてたんじゃないの?

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 16:38:35 ID:NCGVVadR0
なんじゃそりゃ

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 22:22:14 ID:Naio+URi0
つーか・・・・イギリスにとってインドはドル箱だったしなあ。
さらに兵力が足りなくなったら、徴兵までしていたし。
それに比べたら、経済的にお荷物を抱え、しかも末期まで徴兵しなかった日本の何と寛容なことか。
もしも日本がなかったら、今頃朝鮮人はシベリアあたりに少数が生き残っていただけだろうね。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 22:42:33 ID:NCGVVadR0
オランダ領東インドでは1901年から「原住民の文化・生活を向上させるのがオランダの使命である」という
倫理政策が」実施されて、1918年には国民評議会を開設し、25年以降は立法権も与えた。

国民評議会はインドネシア人30人、オランダ人25人、外国人5人で構成され
そのうち各20人、15人、3人は間接選挙によって選出された。
これによって、インドネシア人にも政治参加の道が開かれた

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 23:11:24 ID:Jr+MD6JK0
「統治の不手際や国防重視が原因であるはずの赤字経営が、あたかも日本
が「東洋平和」のために利害をこえて献身している証明であるかのようなロジッ
クがとられていた。経済収奪目的の「植民地」経営を欧米のものとして、日本
の赤字経営と対比させる論法は、この後の台湾・朝鮮統治論においても、同
化論者のナルシズムの材料となっていくことになる。」
小熊英二 「日本人の境界」 p92

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 23:21:49 ID:2eW0miN10
ナルシズムはどうでもいいとして、当時多数の日本人が「欧米の植民地=経済収奪目的」だと
認識し、日本はそれとは違う路線をとるべきだと考えていたということだね。


250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 23:22:37 ID:NCGVVadR0
チロ乙

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 23:27:08 ID:6m6ziV0L0
嘘ついてまで日本を貶めたいくらい
日本が嫌いなら出て行けば良いのに。
そこまで嫌いな国で生きていたくは無いだろ?
止めないから遠慮なく出て行けよ。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 23:32:51 ID:NCGVVadR0
火病乙

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 23:33:51 ID:CgFQRy4h0
>>248
電波オヤジの引用はいいから、焦土作戦の命令書を早く出せよ。
もしくは植民地化直後の英印の資料を出せよ。
まさかセポイしか知らないのに英印の関係を持ち出したのか。

・・・所でインドって、朝鮮みたいに自ら支配されることを望んだ国だっけ?

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 23:35:03 ID:2eW0miN10
>>243
論破された古いサイトを出さないようにww ループだべww

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 23:45:19 ID:2eW0miN10
>>248
日本の韓国併合が国防上の観点が大きかったことは事実だが結果としての
半島経営の赤字化は、統治の不手際や国防重視が原因ではない。
半島の社会基盤整備(鉄道、道路、港湾、ダム、灌漑設備、学校建設などその他イパァ~イ)
によるものである。

まぁ、半島を植民地として扱わなかったということの証明だね。
それにナルシズムを感じるかどうかは人それぞれだろうがww

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 23:48:46 ID:NCGVVadR0
>>254
どこでどう論破されたん?

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 23:49:50 ID:NCGVVadR0
マレーシア、インドネシア、香港、シンガポール・・・アジアだけでもいろいろあるなぁ
植民地統治下で鉄道などのインフラ網や近代産業が発展したところは。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 23:51:19 ID:2eW0miN10
>>248
小熊の一文を引用すること自体が、日本の半島統治は欧米の植民地支配とは
違うものであることの証明なんだがww

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 23:54:40 ID:2eW0miN10
>>257
ソースだすようにねww

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 23:56:26 ID:2eW0miN10
>> ID:NCGVVadR0

感謝しろ!感謝しろ!感謝しろ!感謝しろ!

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 23:59:31 ID:2eW0miN10
今日はこれぐらいで勘弁してやるww

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 00:02:31 ID:fxZCi+9q0
勝利宣言乙

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 00:04:42 ID:fxZCi+9q0
イギリスの場合は、学校制度を整え、初等教育の普及に努めている。
例えばインドの場合、現在ある初等教育機関の62%が植民地時代に置かれたものだし、
高等教育機関に至っては、植民地時代に設立されたものが実に82%を占める。
他にもインフラの整備や指導者層に対するエリート教育など、経営にはそれなりに力を入れていたようだ。
これらの下地が後に独立運動の中心となるガンジーやチャンドラボース、ネールらを生むことになる。

アメリカは教育を植民地支配の柱に据えて、全国津々浦々に小学校を建設した。
そして小学校から大学まで、アメリカのカリキュラムに従って英語で授業を行った。
ちなみにオランダも教育を政策の柱にしていた。インドネシアのスカルノ元大統領は、
オランダが作ったオランダ領インドシナにある理系大学で学び、 建築技師の資格を持っていた。

欧米のこのような状況に対し、日本の朝鮮統治では以下のような状況であった。

「総督府は朝鮮人が高等教育を受けるのを極度に警戒していました。
とくに民立大学の設立に過敏になり、資金を提供した人を喚問や尋問を行った。」
(藪景三『朝鮮総督府の歴史』・明石書店)

日本人によって朝鮮に設立された京城帝国大学も、日本人向けに作られた大学だった。
学生の多数が朝鮮内で超マイノリティの日本人で、民立大学設立運動を総督府は潰している。

京城帝国大学は1937年の時点でで、学生比が日本人70,2%・朝鮮人29,8%だった。(「朝鮮年鑑」)
1942年で、60.4%と39,6%。もちろん日本語のみ入試である。
ちなみに総督府の内務部長の宇佐美勝夫は、朝鮮人教育の目的は中学や大学への進学ではないと明言していた。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 00:20:59 ID:Mx76J2dHO
引用するにしても小熊は止めとけ。

小熊はバイアス掛かりすぎて、右からも左からも、保守革新問わず、まともな学者や論壇からは
スルーされてる存在だぞ。

WEBでも真っ当な議論系サイトでは、小熊を引き合いに出した時点でスルーされる。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 00:31:26 ID:h344dG6L0
2eW0miN10の勝利は知らないが、
Jr+MD6JK0の敗北逃亡は間違いない。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 00:44:33 ID:h344dG6L0
>>264
やっぱり。
引用部分だけで十分電波を発していたからな。
まともに著書を読んだらどれだけの高出力電波に晒される事か。
Jr+MD6JK0はまともに被爆してしまったんだな。

ごめんよJr+MD6JK0。
俺にはアジア的優しさが足りなかった。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 01:29:47 ID:h344dG6L0
>>263
まず、イギリスの植民地支配といっても歴史は長いので、いつ作られた教育機関なのか示すように。
(1937年の日本と比べるなら植民地化後30年くらいまでに作られた学校を示すこと。アメリカについても同じ)

総督府が極度に警戒云々については、あくまで藪景三が著書で書いている事に過ぎないので、
更に大元のソースに触れなければ何の参考にもならない事を理解するように。
民立大学設立の話も、潰された理由にいたるまでソースを示すように。
大体、天理教の広報にどれほどの調査ができたんだ?

宇佐美勝夫の話についてもソースを出すように。

さて、辛うじてソースに基づいていそうな京城大学についてだが、
別に日本人向けに大学を作ることなどおかしくもないし、朝鮮人の入学が認められなかったわけでもない。
単に朝鮮人の能力が足りなくて入学できなかったと考えるほうが自然だ
(年を経て朝鮮人が増えているのは日本の教育の賜物だろう)。

当時の朝鮮は日本であるからして、要職への登竜門である大学の入試を
日本語必須にするのは当然の事。日本語も喋れない様な奴を日本の要職に据えられるわけもないからな。

統治能力が足りずに保護してもらっておきながら日本の影響は受けたくないなんて
虫の良い要求は通じないということだ。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 01:37:52 ID:0r2on2Le0
「植民地に高等教育機関を作ったのは日本だけ」
「植民地で人口を倍加させたのは日本だけ」みたいな史実とかけ離れた認識が
常識として罷り通ってるのは何とかしてほしい

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 02:35:17 ID:h344dG6L0
常識、か?
高等教育機関も人口倍加も知らない奴のほうが多いんじゃないの。
更に、それが日本だけと言ってる奴なんて見たことがない。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 21:59:28 ID:KDdzxBV10
>>268の他の「常識」も聞いてみたいw
歴史のことだけじゃなくて

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 22:06:48 ID:KDdzxBV10
で、上の方の「焦土作戦」の命令書はまだなん?

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 22:43:04 ID:VA6IBg+o0
>>267
向こう側からの感情は違うからねぇ
この差はどうしようもないだろ

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 23:01:51 ID:dnbXihUM0
向こう側からの感情というか、
リアルタイムでない奴らが
騒いでるんだから処置無し。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 23:05:23 ID:jaJW/pIk0
> 一進会
日露戦争中の1904年8月、日本軍通訳をつとめた宋秉繍が組織した朝鮮の親日御用団体。
最初は開化政策を標榜して尹始炳ら独立協会系の人物を取りこんだが、同年末組織拡大
の必要から李容九の率いる東学系結社進歩会を吸収した。
翌05年、朝鮮植民地化の動きが本格化するにつれて日本政府および軍の特別の庇護を受け、
日本の政策を支持する運動を活発に展開した。さらに一進会は、朝鮮内の反日的な動向
を探るスパイ活動や日韓併合に向けての親日世論作りのために利用された。
しかしその露骨な親日姿勢は大衆の反感を買い、反日気運を高める結果をもたらした。

しかも会の実体は会長李容九や宋秉繍などの利権集団でしかなく、当局からも
煙たがられたが、朝鮮内にも日韓併合支持勢力があるという宣伝効果を得るた
めにその存在が許された。
日韓併合が実現すると解散させられた。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 23:10:15 ID:yNT5RkID0
>>273
そうなんだよねww

要するに歴史認識などという学問的問題じゃなくて
外交的・政治的駆け引きの手段のひとつの様なものになってしまってるんだよね。

お互い不幸なんだけどねぇ〜、、こういうことは、、、
まぁ、それだけ近現代史は難しいということかな、、、


276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 23:19:03 ID:yNT5RkID0
>>274
利権集団かどうかはともかく、それに賛同した半島住民が多数いたということも又事実。
解散時に於いても、約140,000人ぐらいいたことがわかっているからね。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 23:27:58 ID:7ifyywcX0
>>275
> 要するに歴史認識などという学問的問題じゃなくて
> 外交的・政治的駆け引きの手段のひとつの様なものになってしまってるんだよね。

韓国の場合は(中国も同様だが)外交の駆け引きと言うより、あちらの内政の問題が大きいかもね。
自国をまとめる(掌握する)ために、政権の正当性をうたうために、内政の不満をそらすために、
建国以来延々と国民に反日を煽って摺り込んで、自国のために利用してきたからねぇ・・・。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 23:28:44 ID:KDdzxBV10
いいからはやく「焦土作戦」の資料を頼むよ

>>274
あー戦前の日本共産党みたいな存在なわけね
そりゃ駄目だね

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 23:34:29 ID:yNT5RkID0
>>277
それもあるね。 そのとうり、、、
そうしないと国がまとまらないのかもしれない、、、

けっこうこのへんはかんこくじんろんになt

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 23:35:31 ID:yNT5RkID0
この辺は『韓国人論』になってしまうんだがww

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 23:37:18 ID:KDdzxBV10
朝鮮学校ではこの辺のところ、どんなに熱い授業が展開されているのだろうかと
想像するだけで笑える

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 23:43:08 ID:7ifyywcX0
>>279-280
日本語が・・・急にラリられたのかと、ちょっと吃驚しましたw

>>281
朝鮮学校のOB(20代)や、子供を朝鮮学校に通わせたことのある父兄に話を
聞いたことがあるのですが、流石に今の子供は朝鮮学校で教わる(あまりに
現実離れした)近代史や革命史は真に受けてないそうです。

と言うか、幾らなんでも馬鹿馬鹿しくてまともに学べないので、その手の授業は
聞き流している生徒が殆どだそうです。


283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 23:46:33 ID:yNT5RkID0
>>282
子供がかわいそうだな、、、

まぁ、大人の責任なんだろうけど、、、


284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 23:50:14 ID:dnbXihUM0
向こうのニュース映像でも、反日デモを見ながら
笑って歩いて良く市民の姿が映されてるくらいだし、
真に受けてるのは一部なんだろうな。

ただ、向こうは法律で親日発言を禁止したよね。
気狂い沙汰だな。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 23:57:04 ID:yNT5RkID0
>>284
う〜ん、、、そうだね、、、
情報の受け止め方って本当に難しいよね、、、

情報の発信者は本当に自戒してほしいね、、、
特に朝日新聞ww

もうねるぽ、、、

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 23:58:57 ID:7ifyywcX0
>>284
本国(韓国)に関しては、世代によってもかなり温度差があるようです。
日本統治下を知っている世代、軍政下で国外の情報が極端に制限された状態で反日教育を
受けた世代、そして歪みまくった自国史や反日教育を受けてはいるが、かなり国外の情報が
入るようになった世代、そして現在のネットや衛星放送でばんばんに情報が入るのに歪んだ
教育を受けている20代以下の世代・・・

古い世代(統治下を知ってる世代)は、反日は方便と知った上で社会的に異論を唱えられず。
軍政下でガチガチの教育を受けた世代は、韓国の捏造教育をかなり真に受けてます。
そして情報が入るようになった世代は韓国離れ(他国の国籍や永住権の取得)が盛んになり
現在の若い世代は、親が歪んでるうえに学校教育は相変わらず、なのに情報は幾らでも入る
ので、反日・知日・親日と細分化しているうえに、現実と受けた教育の狭間で二律背反状態の
ようですね。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 00:00:30 ID:faAcxdEM0
一進会とは、日本に亡命していたソンピョンジュンという男が1904年に日本軍の将校の通訳として帰郷し、
「侍天教」という団体の代表だった李容九と共に作った親日団体である。
「韓国併合への道」(呉善花/著 文春新書)によると一進会の会員は公称百万人、
併合時の統監府の資料では約十四万、最盛期では二十万から二十数万いたのではないかという推測もあるという。
しかし、「韓国併合」(海野福寿著、岩波新書)によると、1910年8月の警務統監部の調査によれば会員数は9万1896人だったそうである。

一進会のライバル団体である大韓協会の顧問として、
統監府のパイプ役をつとめていた大垣丈夫という人は次のように述べていたという。
「合邦主唱者たる一進会が実数四千に満たざる会員を以て、漫りに百万と称するは虚声も亦甚だし。
一進会員果して百万なりとせんか老幼及び婦女子を除くの外、殆んど韓民の総てを挙て同会員たらざる
べからざる筈なり。然るに事実際に於て一部少数の同会員のことなれば、左まで政治的及社会的勢力を
有すものに非ず。反って同会は予て韓民多数の排斥を受け居ること事実なり」
(内田良平「日韓合邦秘事」下巻・・・「朝鮮の近代史と日本」旗田魏/編、大和書房 P-92より)

要するに、
「一進会の会員は4千人にも満たない程度なんだよ。100万人なんて冗談はやめてくれ。
もしその通りの人数だったら、女子供・老人以外の韓国人は全員一進会の筈だぜ(これは大袈裟だな)。
だから一進会の勢力なんて大したもんじゃねえし、実際世間の嫌われ者なんだぜ」ということである。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 00:08:15 ID:9djvdnrY0
ますます共産党に似てる売国団体だということが分かる。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 00:51:09 ID:nFjLWE1u0
まずは血の気の通らない数字を上げて、感情論を抜きにしてやろうよ。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 15:33:43 ID:mJtfTbjG0
層化も公称1000万だが、実数は300万ほどと言われているからそんなもんだろうな。
だが、4000人ってのはいくらなんでもありえないよ。
総督府の10〜30万程度ってのが実態だろ。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 17:13:47 ID:X7xW1fUA0
>>287から>>289までのかた
>>290の方の意見についてどう思われますか?
是非お伺いしたいです。
IDでご本人と解りますのでお願いします。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 18:17:58 ID:+yO1HZ890
最近の調理済み素材

>>188
>>204
>>230
>>236
>>248
>>263

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 20:42:40 ID:nFjLWE1u0
当時の朝鮮の人口
朝鮮の文盲率
ってどの位?

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 21:44:04 ID:+yO1HZ890
併合時は
人口は1300万人強、識字率10%程度。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 23:07:37 ID:ehs6BLpI0
宋 秉oもカワイソス・・・ホロン部から利権屋あつかいされて・・・
彼の名誉のために書いておくが、この人は1919年の3.1独立運動より前に、当時の首相
原 敬 に朝鮮半島住民に参政権を附与するように建言しているんだよね。

原敬日記 大正八(1919)年三月二日
朝鮮京城に於て学生等始め二三千人朝鮮独立運動の為め集合せしに因り解散を命じ
首謀者を逮捕したる由、但危険の行動はなかりしも朝鮮各地にも此種の運動あり
警戒の為軍隊をも出したる由電報ありたり、

東京に於ても此企ありて日比谷に集合せんとし解散を命じたる事あり、又首謀者を
逮捕目下裁判所に送りたる者も之ありたり、要するに民族自決などの空説に促されたる
事実もあらんが其以外にも多少原因あらんかと思はる

(過日 宋 秉oより朝鮮人に参政権を早く興ふるを得策とすとの申越しありたるも
此辺の事情を察知せし為かと思はる、尤も宋は在浦塩朝鮮人を懐柔するは今日は
好機会なりと同地大谷司令官に申送りたる趣に付宋には他意なからん)・・・


296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 23:26:11 ID:ehs6BLpI0
追加:半島住民に対する参政権についての 原 敬 首相の考え方

原 敬 日記 大正九年六月十二日
 ・・・。 米国人(新聞通信員)Alexander Powell 来訪、彼は南洋、支那、朝鮮に
於て日本人発展の情況を視察して帰れりとて朝鮮の施政の方針並に前途に付薄に付、

余は朝鮮人多数の希望は独立にあらずして内地人と同一の待遇に在れば、教育、産業、
官吏登用を始め地方制度も漸次内地人同様になさんとする積なりと云ひたるに、

彼は遂には帝国議会に代表者を出す事となるべきやと云ふに付余は然りとて
琉球の実例を引用して之を説明したり。・・・

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 23:46:53 ID:TViitcyj0
そもそも一進会の主張は「併合」ではなかった。「合邦」だった。日本と朝鮮が対等に合併し、
列強に対抗しつつ近代化していくことを夢見ていたのである。

しかし理想としては立派だがこれが一般に受け入れられるはずはなかった。

1909年12月4日一進会は声明を発表するとともに、曽禰荒助統監に、「韓日合邦」を急務とする
上申書を提出したが、曽禰ははっきりとした回答を出さなかった。一進会の主張する「韓日合邦」は、
「日本政府が意図する併合の内容形式とは天と地ほどの隔たりがあった」(韓国併合)のである。

この声明に対して、大韓教会、西北学会、天道教徒などが直ちに反対し、声明発表の翌日5日には、
韓城西大門で大演説会が開かれ、併合反対決議が行われた。曽禰荒助統監は、
このように一進会の言動が日韓併合に対する強い反発を招くことを恐れ、そして一進会に演説・集会を禁じ、
一進会と大韓協会の日本人顧問に論旨退去を命じた。

朝鮮を植民地化せんとする日本にとって、すでに一進会は邪魔者だったのである。

リーダーの李容九は併合の二年後に没したが、晩年に「日本にだまされた」と述べたそうである。
また併合の10年後には元一進会のメンバーから、杉山茂丸に対して
「併合の結果は日韓国民の間に著しい差別をもたらすものであり、無差別平等の対等合邦ではなかった」と
その責任を問う問責状が送付されたという(韓国併合への道)。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 00:02:07 ID:ehs6BLpI0
>>297
>リーダーの李容九は併合の二年後に没したが、晩年に「日本にだまされた」と
>述べたそうである。

誤解かと思われる。


杉山茂丸氏が見舞に来れることありしが李は此時同氏に向って「私は日本政府に欺かれた」
との悲痛なる■(←不明)言を発したれば

杉山氏は之に答えて「欺かれたりとは何事ぞ日韓合邦は君と宋 秉oと内田との三人の
素志にして日韓の将来を深く慮りたる上の大事業なりしにあらずや然れば政府当局は
寧ろ君等に強請されて之を実行せるに過ぎず故に其目的を達せる以上は・・・・」と言えるに

彼は流石に朝鮮一の人物程ありてよく其意味を解し微笑を漏らしながらも
「判りました私は御説を聞きて安心して死んで行くことが出来ます」と語り
実際其不平の念を去りて逝去せる・・・・
          内田良平 朝鮮暴動に関する愚見(原敬宛)
       (但し姜 徳相 編  「現代史資料」 26  p621 による)

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 00:14:19 ID:fX+LbXiA0
>>297
>曽禰荒助統監は、このように一進会の言動が日韓併合に対する強い反発を招くことを恐れ

間違いです。
曽禰が一進会の動きを抑えようとしたのは、日韓併合を先送りするという伊藤、桂、曽禰の
三者密約がまだ有効だと判断していたため。


(曽禰第二代)統監の意漸く解けて、偶然にもその胸中の秘薀を洩らせり、曰く、抑も合邦は
未だ為さざる筈になり居れり。斯は伊藤公辞職の砌、桂候と余と三人にて協定せるとなり。
朝鮮の現状、列国の関係、日本の内情の三者よりして、名を捨て実を取り、茲七八年間は
形勢を観るべしとの伊藤公の言に桂候も賛成して、三人の間には固く此密約を遂げあるなり。

然るに過般の合邦提議は桂公が命ぜるものか、又は杉山、内田等が勝手に演ぜるものか、
余は之を知らざるも、余が内田を処分せんとするも桂候が之を許さざるは真に不可解なり。
・・・・聞く所に依れば合邦の事は次第に進捗しつつある模様なれども、実に怪しからぬ事なり。
           黒龍会編 「日韓合邦秘史」  pp617,618

300 :295:2006/05/11(木) 00:33:02 ID:fX+LbXiA0
>1919年の3.1独立運動より前に

読み間違いかもしれない、この部分は訂正しておきます。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 00:38:06 ID:dusO0RrL0
◆歴史模造◆  只今朝鮮王朝時代の歴史や文化を書き換え中

○【 NHKのチャングム大辞典(特別番組) 】
 「チャングムを観て、朝鮮の歴史や文化を知ってください」(主演女優 イ・ヨンエ)
 「チャングムを観て、朝鮮の素晴らしい歴史や文化を知りました」(NHK視聴者レター)

○【 豆辞典(ドラマ終了後流される解説コーナーより) 】
 「朝鮮は明の属国ではありませんでした」
 「文献の途中から女医と記述されており王の主治医となったことが分かります」
 「朝鮮では韓方という独自の医術が発達しました」

○【 NHKが「世界美術館紀行」で韓国を取り上げた時に予定されていたタイトル 】
  2chの電凸により放送直前に、タイトル変更 ↓↓↓ 
 変更前:「韓国五千年の美の宝庫 〜ソウル・国立中央博物館」
 変更後:「韓国・壮大なる美の殿堂 〜ソウル・国立中央博物館」

○【 NHK教育の高校講座 】
 世界史:「日本は朝鮮通信使からさまざまな文化や技術の伝承を受けました」
     「朝鮮通信使は日本の民衆から大歓迎を受けました」
 地理: 「中国って途上国で貧しいという印象を受けてましたけど、実際に見てみると都会だし豊かなんですね」

http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1130095538/


302 :アメリカ:2006/05/11(木) 10:19:20 ID:7dJL/Ja+0
朝鮮紀行            イザベラ・バード      講談社








李氏朝鮮末期の惨状!!!!        乞食同然の国だった!!!!



罵韓国に旅行に行く予定のOLやヨン様ババアドモに読んでもらいたいねWW

303 :アメリカ:2006/05/11(木) 10:22:22 ID:7dJL/Ja+0
韓国堕落の2000年史         チェケイホ      祥伝社


日韓併合の真実           チェケイホ      ビジネス社


日韓併合              チェケイホ      祥伝社

304 :アメリカ:2006/05/11(木) 10:25:56 ID:7dJL/Ja+0
韓国は日本人がつくった        黄文雄        徳間書店
                              ワック出版


歴史を偽造する韓国          中川八洋       徳間書店

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 10:49:03 ID:ETXmnO5o0
反日韓国 中華思想の宿痾 2006年5月8日@TVタックル パート1〜4
http://www.youtube.com/watch?v=Cjw_RPg9lPg&search=TV%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AB
http://www.youtube.com/watch?v=h3lTjZ6a99Q&search=TV%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AB
http://www.youtube.com/watch?v=ih71I4m7WK0&search=TV%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AB
http://www.youtube.com/watch?v=tc67czAi39s&search=TV%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AB

306 :funわか:2006/05/11(木) 11:46:11 ID:ax8PRGLR0
朝鮮の日本統治が始まる前の興味深い統計が有る。朝鮮の人口は日本統治が開始された1910年
には1300万人でしたが終戦時には3000万人になっていた。 当時の朝鮮は農業の生産性
は少なく、幹線道路も整備されておらず、流通は滞り、病院も少なく、生活全般に不衛生だったからだ。
そのような理由から朝鮮では長らく人口の増減は無かった。貧しい国故に1300万人以上に人口が増えようが無かった。

ところが日本が統治しはじめてわずか35年で人口は倍以上の3000万にも膨れ上がった。
日本は統治時に多額の資金を朝鮮につぎ込んだ。道路を整備し、流通の流れを作り、病院を作り
衛生的な生活を教え、学校を作り富の想像の知識を教え、灌漑用水を作り、近代農業を教え、農作物の
生産性を飛躍的に高めた。おかげで朝鮮では貧しいが故に増えなかった人口が日本統治のおかげ
で爆発的に増えた。

日本統治を求めたのは当時の朝鮮の最大政党である。 あまりにも貧しい自国の将来を憂い、当時の欧
米列強と互角に渡り合う唯一の黄色人種でありアジアの盟主であり、最先進国の、金持ち日本に統治し
てもらい、朝鮮を豊かにしたかったのだ。その朝鮮の最大政党に日本への統治を願い請われて、日
本は朝鮮政府と日本統治の条約を結んだのだ。 これらの事は当時のイギリスやアメリカなど先進国
にも認知され、承認された史実であり、歴史上の事実である。

その政党の思いは見事に的中した。日本統治からわずか20年で1700万もの人口増という証拠
となって表れた。 日本は朝鮮を侵略したのでは決して無く、援助したのである。 感謝されるこ
とは有っても、恨まれる事など絶対に無い。 中国においても全く同じ事が言える。莫大な資金を中国
につぎ込んで道路や鉄道を造り、日本統治時代、日本は中国をそれ以前よりも遙かに豊かな国に変化させた。

当時の欧米列強の植民地政策としての侵略は凄まじいまでの富の収奪であった。ところが日本には富の収
奪どころか、道路を造り病院を作り、文字を教え、、、、日本語も教えたが、当時の朝鮮は諸外国
と一緒で日本と違い一般庶民は文盲だったので、ハングルも日本人の教師が朝鮮国民に日本の建てた学
校で国民に教えた。 建てた学校は日本と富の生産の仕方を教えたのだ。日本には、かの国達を
指導し、導き、富める国にしようとしたことは数あれど、富の収奪の植民地政策など、どこを探しても
あり得なかったのである。 穀物にしても石油にしても当時の平均的な金額で購買をしていた。 
これらの事実をもってすれば日本はアジアを力づくで侵略したなどとの、間違った歴史認識を正すに十分だと思える。

http://hw001.gate01.com/funわか/his.htm

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 11:57:50 ID:qQR8RDZd0
日韓併合は頼まれてやった訳でも無いので列強のやった植民地支配と一緒で良いだろう。
ただし、支配中の日本の悪事の捏造だけは辞めてくれ。

日韓併合、朝鮮が独立姿勢取っていればする必要が無かった。宗主を求める属国根性が
日韓併合を生んだ。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 12:28:29 ID:A4m2bqZ/0
>>307
言ってることの矛盾に気づけ。
頼まれてやった訳でもない←→宗主を求める属国根性が日韓併合を生んだ

実際頼まれてやった訳なんだが。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 12:35:52 ID:rlY2Kq1K0
属国と植民地の違いもわからない馬鹿が大騒ぎしているようですね

やはり植民地とは何かというところの知識を欠いた妄想は見苦しいですね

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 12:49:44 ID:ZfAn1GLY0
誰に頼まれたの?

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 13:32:26 ID:qQR8RDZd0
>>287
遅レスだけど、当時の朝鮮の識字率と人口から推測して
実際の会員の数は多くても数万(知識層の数%)。知識層の殆どが会員になっていれば
意思の統一は可能だったと思う。
>>307
朝鮮が頼んだのは清とロシア、今まで通り搾取されるだけの宗主国の支配が奴等に取っ
ては幸せなんだろうけど。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 13:42:52 ID:rlY2Kq1K0
>清とロシア、今まで通り搾取されるだけの宗主国の支配

へえ〜、清国とロシアが日本の植民地化以前に朝鮮を搾取していたという点に
ついて詳しく説明してみて

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 15:54:01 ID:A4m2bqZ/0
>>312
わざわざ変なところで引用文を区切ってご苦労様。
ロシアを無理やり絡めて「お、ロシアに搾取されたという点を突けばボロが出るぞ」と期待したんだろうが。
>>311はそれまで宗主国(清)に搾取されてたと言ってるだけなのにな。

朝鮮は清国に細かく定められた貢品を出す以外に、毎年、牛3000頭、
馬3000頭、各地の美女3000人を選り抜いて貢がされていた。
更に義和団事件で財政に苦しんだ清は朝鮮から賄おうとした。
清による支配を受け続けていれば遠からず清滅亡により大混乱が起こっただろう。

ロシアに支配された場合、
後のソ連でおこった粛清の嵐を考えれば、搾取どころではない惨劇が半島人を襲っただろうな。
日本に保護されたからこそ現在連中が反日とか醜態さらしていられるんだぜ。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 17:52:35 ID:BmD1wAr90
>>311
>遅レスだけど、当時の朝鮮の識字率と人口から推測して
>実際の会員の数は多くても数万(知識層の数%)

根拠不明の数字だな。何も一進会の会員になるのに知識層である必要などないよ。
そもそもの一進会が形成された経緯からして理解できていないようだね。

やはり、それなりに信頼できる機関の発表数値が正しいと考えるべきだろう。
即ち、約十万人から二十数万人(日露戦争時における鉄道敷設等の一進会員協力者数)が妥当。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 17:59:08 ID:/RQ91XAZ0
>>308
>実際頼まれてやった訳なんだが。

抗日勢力と親日勢力が居ただけ
併合前から次々と主権を奪ってた
まあ清から独立させたのも日本だが


316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 18:48:56 ID:rmV0T4uk0
>>313
第8話 韓国併合]日本が併合しなければ韓国はロシア領になっていたという嘘
http://d.hatena.ne.jp/yamaki622/

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 19:04:53 ID:YxRfwJNm0
>>316
素人のデムパ解釈


とまでは言わないが、やはり素人の朝鮮・韓国擁護のバイアスのかかった
自らの望む答えに誘導するために論を組み立ててるサイトだね。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 19:12:36 ID:YxRfwJNm0
う〜ん・・・
他の記事も読んでみたが、やっぱ電波サイトかもw

WCについての韓国擁護など流石に無理があるし、何より論考論評をするにしては
あまりに意識レベルが低いと言うか幼稚な感情がにじみ出ている。

>>316のサイトからの引用

「マンガ嫌韓流」の事実誤認に対し、第1話〜第9話の構成に沿って、

具体的かつ正確に反論している。

「マンガ嫌韓流」が中流階層からこぼれ落ちた人々の間でヒットした

背景についても鋭く分析している。

「マンガ嫌韓流」の言葉足らずの部分にも深く専門的に切り込んだ

濃い内容であるにも関わらず、平易な文章で読みやすい。
http://d.hatena.ne.jp/yamaki622/


「マンガ嫌韓流」が中流階層からこぼれ落ちた人々の間でヒットした

「マンガ嫌韓流」が中流階層からこぼれ落ちた人々の間でヒットした

「マンガ嫌韓流」が中流階層からこぼれ落ちた人々の間でヒットした


これなど人品の卑しさがにじみ出た幼稚な感情を吐露した台詞ですね。


319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 20:22:32 ID:58P/YT6G0
ある青年一家の悲劇

慶尚南道の小作農青年”金”
彼には若妻と生まれたばかりの男の子がいた。
貧しいが家族仲良く暮らしていた。
日本の戦況の不利が著しくなった昭和19年12月、
いつものように農作業をしていた金を、日本軍の憲兵隊が身柄を拘束。
村の他の青年20人と共に輸送船で門司港まで連行され、
その後都内の造船会社の工員として強制労働をさせられた。
明けた昭和20年3月、東京大空襲に遭い金は焼死。遺体は不明。
金の妻は何故夫の行方がわからなくなったのか、真相を知らないまま
昭和58年に病死。
遺児である息子が、同じく連行されて九死に一生を得て昭和60年に
祖国へ帰還した男性に真相を聞き、厚生省(現厚生労働省)に
調査を依頼した結果、上記の事実が判明。
遺児は日本国と造船会社に対し、慰謝料と遺失利益を請求したが、
日本国は「日韓基本条約」を理由に個人への賠償を拒否。
また造船会社は勤務履歴と雇用契約書が存在しないことを理由に
賠償を拒否。

金、あるいは遺児の立場になりたい方は?


320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 20:32:08 ID:A4m2bqZ/0
>>316
何を目的に引用してきたんだ?
日露戦争の正当性でも語りたいのか。

敢えて言うなら、
・会議後も領有しない(軍事利用もしない)という意思が変わらない根拠
(条件が整っても領有する意思が沸かない根拠)
・それを日本が知りえた根拠
もっというなら1888年や1903年の会議のソース
これらを説明しててくれよ。日露戦争か併合の正当性を問うスレでね。

ま、位置以外に何の魅力も無い半島というのは俺も認めるが。
さすがのロシアも糞まみれ半島は欲しくないと思った可能性は否定できない。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 20:45:10 ID:A4m2bqZ/0
>>319
そのエピソードのソースを出せ。
そういった賠償金は韓国政府にまとめて払っているわけだが、
金Jrが韓国政府に補償を請求したのかしなかったのか言ってみろ。
韓国政府に請求したけど補償してもらえなかったのなら韓国政府の姿勢についての所見を述べろ。
国家間で解決済みの事案を、更に蒸し返すと言う国際法違反についての所見を述べろ。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 20:52:01 ID:3g2BsAlV0
>>316
日露戦争と日韓併合の区別がついていないんじゃないか。
時系列的な考察がゼロだね、そのサイトは。

日露戦争後の韓国保護国化以降の過程で併合を避けられる道はいくらでもあったと思う。
そういう自強の道を歩まずに、あまつさえ併合消極派の伊藤を暗殺し併合への道を
歩んだのは大韓帝国自身の責任だろ。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 20:57:32 ID:/RQ91XAZ0
>>322
>そういう自強の道を歩まずに、〜併合への道を歩んだ

おいおい
併合前に、大韓帝国の軍隊は
日本によって解散させられてるぞ


324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 21:00:57 ID:3g2BsAlV0
>>323
自強と言うのはたんなる軍隊の事だけではない。
そんなこともわからんのかね?

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 21:01:37 ID:uUyH2DyG0
朝鮮の両班は、いたるところで、まるで支配者や暴君かのごとくふるまっている。大両班は、金がなくなると、使者をおくって商人や農民を捕らえさせる。
その者が、手際よく金を出せば釈放されるが、出さない場合は、両班の家に連行されて投獄され、食物も与えられず、両班が要求される額を支払うまで鞭打たれる。
両班のなかでもっとも正直な人たちも、多かれ少なかれ自発的な借用の形で自分の窃盗行為を偽装するが、そこに欺かれるものは誰もいない。
なぜなら、両班たちが借用したものを返済したためしが、いまだかつてないからである。
彼らが農民から田畑や家を買うときは、ほとんどの場合、支払いなしで済ませてしまう。しかも、この強盗行為を阻止できる守令は一人もいない。

このように朝鮮の末期は考えられる限りのデタラメを極めたハチャメチャな国だったのだ。
まかり間違っても当時の日本と比較できるような国ではない。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 21:07:45 ID:/RQ91XAZ0
>>324
内政権も外交権も
併合前から取り上げてるよ

そもそも日本の手で相手の軍隊を解散させながら
相手が自強を目指さないのが悪いと言う立場が


327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 21:12:11 ID:3g2BsAlV0
内政権はまだだいぶ残っていた。
国内改革を進めるべき。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 21:14:54 ID:3g2BsAlV0
1905年保護国にした時点では外交権だけだった。
その時点で国際情勢を理解すべきだよ。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 21:25:15 ID:3g2BsAlV0
「その過程で私たちが能動的に対処したら、植民地化を避ける機会もあった。」 

by李栄薫(イ ヨンフン) <韓国日報 2004年4月22日より>  何度でも貼ってあげる
http://kamomiya.ddo.jp/%5CSouko%5CC03%5CI_Yonfun%5CQandA.htm

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 22:40:43 ID:ZnbxY28b0
日本の保護国に入っているのに、
ハーグに密使をおくってのは、馬鹿なんだよなあ。
日本でいえば、GHQの管理下にあるのに、
ソ連に近づいたとか、国連にいって、アメリカの非難したに等しい。


331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 22:52:43 ID:58P/YT6G0
>>321
賠償の有無に関する正当性を言っているのではありません。
それとソースは某官庁で勤務経験のある友人から聞きました。
金氏の死亡原因と連行の事実に関する資料は、某官庁地下倉庫の
書庫で友人が発見し、それを基に起案文書を作成、部内で
決済を得た後、同様の案件の依頼元である強制連行被害者と
その遺族で構成される組織(組織名は忘れた)にまとめて
提出したとのこと。損害賠償請求はこの時出されたものではなく、
友人は後日新聞記事で知ったとのこと。
金氏の遺児が韓国政府に賠償請求したか否かについては、友人の
裁量で回答できる案件ではなく、不明とのこと。
国際法違反ね...法は守らなければいけませんから、両国の同意の
基に成立した条約をご覧下さいとしか言えないでしょうね。
私見としては遺児に対して何かしらの救済案はないものか?と
思いますが。
では貴殿の家族が轢き逃げに遭って亡くなったとして、
加害者が飲酒運転での事故だったことが判明し、15年以下の
懲役に処せられた場合、貴殿のその法と罰に対しての所見は?
私は所見を述べましたから、金氏とその遺児の立場に立った
場合の貴殿の所見も合わせてご教示下さい。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 23:00:18 ID:ZnbxY28b0
自主独立は、まあ、まず無理だな。
日露戦争が行われておらず、日本も半島には手出ししていないという仮定だが、
鉄道が複線化したあとは、ロシアは極東に、60万もの大軍を常に駐留していた。
これらの大軍の大半が満州に居座ることが可能になるんだから、
それらに対抗するだけの、膨大な常備軍を必要とする。
控えに見積もっても、30万、できれば50万は欲しい。
(なお満州事変後、事実上ソ連と国境を接することになった日本は、満州にその規模の大軍を駐留していた)
これほどの常備軍は、当時の日本軍とかわらない規模で、
当時の半島の国力ではどう見積もっても厳しい。
また海軍も遼東半島とウラジオに駐留している極東艦隊は、
総トン数で、24万トンにもおよび、当時の日本海軍の五割以上だったと思われ。
さらにロシアは当時大規模な建艦計画を進めており、
これが完成してれば、極東艦隊だけで、日本海軍と同規模以上になる予定だった。
もちろん新鋭艦なので、質も上だ。旧式のバルチック艦隊など問題にならん。
(だから日本は、鉄道の複線化か建艦計画が達成する前に、戦争をしかけたわけ)
朝鮮としては、旧式でもいいから30万トンクラスの大艦隊をそろえないと厳しいな。
せめて半分の20万トンはほしい。

で、当然の話だが、日本も上記の極東ロシア軍と同規模の兵員と艦隊がそろっている。
この両者から国を守るんだから、朝鮮の財政ではまず無理かと思われ。

日清戦争前でもいいが、どっちにしろ、
清は日本、もしくはいずれロシアに蹴散らされるだろうから、独自で歩まねばならん。
いや、清に植民地支配を受ける可能性もあるか。

結論としていうが、自主独立は絶対に無理。
清かロシアか日本、どこかの植民地になるしか道はない。
独立できるような国力はないからね。

333 :横レス:2006/05/11(木) 23:44:53 ID:3g2BsAlV0
>>331
>賠償の有無に関する正当性を言っているのではありません。

何が言いたいの?

>国際法違反ね...法は守らなければいけませんから、両国の同意の
>基に成立した条約をご覧下さいとしか言えないでしょうね。

それで答えが出てるだろ。日韓基本条約に基づいて韓国政府が対処すべきだろ。

>私見としては遺児に対して何かしらの救済案はないものか?と思いますが。

おっかしな奴だなぁww 精神分裂じゃないか?オマエは? オマエ上で書いてるジャン。
「法は守らなければいけませんから」って。 法っていうのは、この場合日韓基本条約だろ。
日韓基本条約では、そういう個人補償は韓国政府がすることに決められたんだろ。

>では貴殿の家族が轢き逃げに遭って亡くなったとして、
>加害者が飲酒運転での事故だったことが判明し、15年以下の
>懲役に処せられた場合、貴殿のその法と罰に対しての所見は?

ワケワカメ&イミフメイなたとえだな。解答不能。

>金氏とその遺児の立場に立った場合の貴殿の所見も合わせてご教示下さい。

金氏とその遺児の立場に立って言うが、事実関係を究明した上で、もしそういう事実があり
それが補償されるべきであるならば、韓国政府にその補償を請求するべきだろ。


334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 00:18:18 ID:ar/UhP4B0
在チョンも含めて皆殺しにするのが
一番の解決方法だ。

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 00:31:47 ID:wG1xc4MD0
じゃあ皆殺しにしてくれ

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 00:42:59 ID:VJV0NKYGO
>>331
某官庁に勤務経験のある友人に聞いた?

それのどこがソースなの?
それってソースは存在しないってことじゃんかよw
そんな戯言がソースになるなら俺にも言えるよ。

>>331の話は完全な創作で作り話、ソースは某官庁に勤める友人から聞きましたwww


337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 00:47:23 ID:Osn5pxyg0
まぁ、ソースに関しては許してやれよw
そんなモンはないんだから、あいつらはw

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 00:48:47 ID:VJV0NKYGO
つかマジで>>319は完全な作り話

なぜなら昭和60年から厚生省が厚生労働省になるまでの期間まで確認したが、
そのような経歴に基づく強制連行関係の訴訟事実は存在しない。

ねつ造乙

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 00:50:30 ID:ar/UhP4B0
>>335
可能なら最優先でやっとるわい!
実現できたら、腰が抜けるまで祝い酒飲んだるわい!


340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 01:10:54 ID:wG1xc4MD0
ヘタレだからできねーんだろワラ

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 01:48:03 ID:xejfykiH0
>>331
いつのまにか>>333とかが答えていたが、賠償関係については概ね>>333に同意だな。

>賠償の有無に関する正当性を言っているのではありません。
恐らく、主張したい事は金一家の悲劇で、
賠償云々は「日本は酷いんだよ」という印象操作のためのおまけなんだろうな。
わざわざ飲酒の上での轢き逃げなんて例えを出すのも同じ目的だろう。
しかも又聞きの話か。

まあ、もしその話が本当なら「お気の毒に」と言うほか無い。
戦没者の立場に立って語るのもおこがましいからな。
ただ、日本人(当時は朝鮮人も日本人だが)にも同様の最期を遂げた人だっていくらでもいるし、
兵士ならもっと悲惨な最期を遂げている事をちゃんと認識するように。

所で金が徴用された時Jrは何歳だったんだ。
朝鮮での徴用令は1944年から1945年までだったと思うが。
生まれたばかりのJrが徴用されるのはおかしいだろう。

新聞記事とやらを出してみなよ。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 02:17:02 ID:VJV0NKYGO
全くの作り話だから無視推奨。

強制連行関係の訴訟でそのような訴訟があった事実はない。何より…厚生省の調査により判明した
「憲兵隊にさらわれた朝鮮人の強制連行被害者」なんてものは一件も存在していない。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 02:55:52 ID:VbzEPdkW0
半島が独立独歩路線を取るとしたら
文禄・慶長で太閤軍が引いた後から下準備をしないと間に合わないか。

清が李に兵五百を与えて朝鮮を解体していれば、歴史がちょっと変わったな。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 05:53:13 ID:3pe8LZnL0
まあ、残酷でなければ併合してもいいという話なら、
そう言う人は韓国に日本が併合されても残酷でなければ
まったく文句はあるまい。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 08:57:22 ID:VJV0NKYGO
>>344
朝も早よからスレの趣旨も流れも無視した寝言乙

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 11:45:41 ID:xejfykiH0
力の無い国を支配することが「合法」で
日本が滅亡寸前で自主独立の意思も力も無く
回りを強国に囲まれていて
韓国がアジアの星と呼ばれる一等国

だったら仕方ないかもしれないな。
現在の韓国にはそんな妄想に耽ってる奴も多いみたいだぞ。
だから現実と妄想のギャップに火病を起こすんだけどな。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 23:54:47 ID:hNCcIHij0
朝鮮への植民地支配は本当に残酷だったのか

一人でも殺したんなら残酷じゃん。


348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 01:11:06 ID:huehZ20P0
残酷じゃない国の支配は無いな。
日本統治より酷かった李氏統治時代、現在北鮮を支配している金氏王国の支配
はどう表現すればいいのか。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 03:49:09 ID:havandM/O
>>347
有史以来、統治者や行政による殺人もなく、治安維持のための死者も違法行為も
存在しなかった歴史を持つ国があるのなら、是非教えて欲しいな。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 04:15:54 ID:TqvJEMkN0
  宇垣一成 「宇垣一成日記」A p942

半島在任二年有半色々と実際に触れて研究して見たが、大体次の見当で努力を重ねて行けば
朝鮮の更生、内鮮同化の目的の要部は達成し得らるる様な気分が起り来れり矣。本案に示す
各期は昭和七年を起点として概ね八乃至十年と予期し居る所なり。(昭和9〈1934〉年1月3日)

第一期 生活の安定(春窮退治、借金退治、無軌道経済の退治、文盲退治)、生活の緊粛、
地方自治の訓練、各種工業の誘致振興、諸事業の合理化

第二期 生活の向上(無産者の有産者化、自作少くも自作兼小作農の創設、衣食住の改良)、
義務教育制の創始、地方自治の拡張、農業兼工業朝鮮の完成

第三期 生活の充実、地方自治の完成、義務教育の完備、自作及自作兼小作農の完成

第四期 参政権の附与、義務兵役制の実施、特別統治制の廃止

〈其後一ヶ年間の研究の結果は、各期は概ね六乃至十年とし、第一期は十年、
第二期は八年、第三、第四期は六年づつの辺にて可なるが如し。尚講究の継続を必要とす。
(九年十二月中旬)其後結局三期として十年一月十一日意見を公示せり。〉


351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 10:14:03 ID:UtykXyWI0
>>349
すごく大昔のことや、すごくへんぴな地域の事は知りませんが
無いに等しいでしょうね。
それに現在の日本だって、死刑と言う名の殺人がありますし。
ただ、私は死刑はあるべきだと思っています。
しかし、一部の権力者がその権力を守るためにまた国外に権力
を拡大するために人を殺すってな残酷な歴史は繰り返してほし
くないだけです。


352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 15:12:02 ID:Z2WiZG6NO
尊欧侮亜論

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 15:31:21 ID:S0h5HVH20
だから何?

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 15:56:33 ID:uI5OZRb60
>>353
ハイ一匹目。


355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 15:59:08 ID:nyPo4JTC0
>>351
>しかし、一部の権力者がその権力を守るためにまた国外に権力
>を拡大するために人を殺すってな残酷な歴史は繰り返してほし
>くないだけです。
繰り返すも何も、いつそんなことをした?
そしてそれは「残酷」なのか?
結局「残酷」という結論を出したいが故に「残酷」を拡大解釈してるだけだろ?

何を以て残酷か、
という基準をはっきりしないから>>347のような目出度い頭の持ち主が出てきたり
ゲリラ鎮圧の事例を持ち出して訳知り顔で語る奴が出てくる。
>>319みたいに戦没した話まで持ち出す奴もいるしな。
個々の事例ひとつで残酷な支配だったという結論に結びつけるのは短絡的過ぎる。

日本は、訳も無く人を殺すほど弾薬が有り余ってもいないし、
支配すべき領土を焦土と化すほど国力に余裕があったわけでもない。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 22:38:44 ID:HW1ORKyq0
>>355
これからやりたいものだな。
手始めにチョンをね。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 22:42:26 ID:F5Ea9qJh0
嫌韓厨うざ

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 01:32:47 ID:0nf66Lpq0
>>356
やるだけ金と労力の無駄。
支援と国交を切るだけで充分。

359 :funわか ◆bbZx8P7qp2 :2006/05/14(日) 01:39:41 ID:SR8fM/WW0
朝鮮の日本統治が始まる前の興味深い統計が有る。朝鮮の人口は日本統治が開始された1910年
には1300万人でしたが終戦時には3000万人になっていた。 当時の朝鮮は農業の生産性
は少なく、幹線道路も整備されておらず、流通は滞り、病院も少なく、生活全般に不衛生だったからだ。
そのような理由から朝鮮では長らく人口の増減は無かった。貧しい国故に1300万人以上に人口が増えようが無かった。

ところが日本が統治しはじめてわずか35年で人口は倍以上の3000万にも膨れ上がった。
日本は統治時に多額の資金を朝鮮につぎ込んだ。道路を整備し、流通の流れを作り、病院を作り
衛生的な生活を教え、学校を作り富の想像の知識を教え、灌漑用水を作り、近代農業を教え、農作物の
生産性を飛躍的に高めた。おかげで朝鮮では貧しいが故に増えなかった人口が日本統治のおかげ
で爆発的に増えた。

日本統治を求めたのは当時の朝鮮の最大政党である。 あまりにも貧しい自国の将来を憂い、当時の欧
米列強と互角に渡り合う唯一の黄色人種でありアジアの盟主であり、最先進国の、金持ち日本に統治し
てもらい、朝鮮を豊かにしたかったのだ。その朝鮮の最大政党に日本への統治を願い請われて、日
本は朝鮮政府と日本統治の条約を結んだのだ。 これらの事は当時のイギリスやアメリカなど先進国
にも認知され、承認された史実であり、歴史上の事実である。

その政党の思いは見事に的中した。日本統治からわずか20年で1700万もの人口増という証拠
となって表れた。 日本は朝鮮を侵略したのでは決して無く、援助したのである。 感謝されるこ
とは有っても、恨まれる事など絶対に無い。 中国においても全く同じ事が言える。莫大な資金を中国
につぎ込んで道路や鉄道を造り、日本統治時代、日本は中国をそれ以前よりも遙かに豊かな国に変化させた。

当時の欧米列強の植民地政策としての侵略は凄まじいまでの富の収奪であった。ところが日本には富の収
奪どころか、道路を造り病院を作り、文字を教え、、、、日本語も教えたが、当時の朝鮮は諸外国
と一緒で日本と違い一般庶民は文盲だったので、ハングルも日本人の教師が朝鮮国民に日本の建てた学
校で国民に教えた。 建てた学校は日本と富の生産の仕方を教えたのだ。日本には、かの国達を
指導し、導き、富める国にしようとしたことは数あれど、富の収奪の植民地政策など、どこを探しても
あり得なかったのである。 穀物にしても石油にしても当時の平均的な金額で購買をしていた。 
これらの事実をもってすれば日本はアジアを力づくで侵略したなどとの、間違った歴史認識を正すに十分だと思える。

http://hw001.gate01.com/funわか/his.htm


360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 02:03:10 ID:0nf66Lpq0
両班や李氏王家が荒らしていた朝鮮には収奪する富も無かったが。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 02:54:57 ID:krvGCAd+0
当時インディアン以下の劣等民族とされていた朝鮮人を
人間扱いしただけでも十分すぎるほど人道的じゃね?と思う。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 03:53:39 ID:sx0xaZBJ0
はいはい

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 07:44:45 ID:9G8TLSD+0
結論から言えば日本が無能だっただけじゃないのか?

実際にどれだけ残虐なことをしてもいいんだよ。
何人殺そうが奪おうが極悪非道なことをしてもOK。
要は、その悪事が、その後の記憶に残らないような、
歴史に残らないような政策、まあ洗脳か、やればいいだけ。

逆に、どれだけ産業育成に努力しようが、人命を尊重しようが、
しかしその善行が、その後の記憶に残らないのなら、歴史に残らないのなら、
それまでの努力はまったくの無駄だし、無意味なの。

アメリカは空襲と原爆で日本の非戦闘員を大量虐殺した。
しかし日本人はその怨みを忘れてる。
そういう教育宣伝をやったアメリカの勝ち。

日本は、日韓併合で朝鮮を産業化した。
最盛期には朝鮮人資本の百貨店までできて、
京城の朝鮮人は同時期の東京とそれほど変わらない消費生活を楽しんだ。
朝鮮にも悲惨な状態の貧民はいたが、日本だって負けず劣らず貧乏人は多かった。
日本人に比較して抑圧されていたのは、選挙権くらいのものだ。

しかし、朝鮮人は、当時の小さな幸せを忘れ、恨みを持ち続ける。
大半の朝鮮人に、日本時代もそんなに悪くなかった、と思わせる教育、
宣伝、洗脳が圧倒的に不足していたんだよ。
それは30年以上もの間、政治を独占行使していたはずの
総督府の教育政策、人身掌握政策がダメだったということだ。

イギリスがいい例だ。
インドに対して、日本以上に悪逆非道な政策を取ったはずの
イギリスは、インド人からそれほど怨まれていない。
これはイギリスが上手くやった例。
アイルランドに対しては、失敗してる。怨恨とテロを延々引きずっている。

上手くやった順番で言えば、
米・日 > 英・印 > 日・韓 > 英・アイルランド
かな。



364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 11:33:53 ID:GUr9KOS30
>>361
当時ゴキブリ以下の劣等民族とされていた朝鮮人を
人間扱いしただけでも十分すぎるほど人道的じゃね?と思う。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。::2006/05/14(日) 19:17:06 ID:j1VfBom90
NHKが「日韓共生」についてご意見募集中である事が明らかになった。
まずは共生すべきかどうかを議論すべき。

NHK-KBS(韓国)共同制作
特集・いまこそ探る 日韓共生の道
NHKラジオ第1 5月22日(月) 午後4時5分〜5時55分

▽ 領土問題、日韓双方の主張は?
▽ 日韓カップルに見る‘もうひとつの日韓関係’
▽ 切っても切れない!! 日韓関係  
などのテーマで、「政冷民熱」「政冷経熱」とも言える日韓関係のいまをお伝えしながら、ともに歩もうとしている人たちの姿をお伝えします。
さらに、韓国に対する皆さんからの疑問・質問などにも、お答えしていきます。東京とソウルを結んでの生放送です。

   番組では皆さんからのお便りを募集しています。
テーマ
○「領土問題」 私はこう思う!
○ 日韓関係、こうすればうまくいく!
○ 韓国(人)と接して感じた素朴な疑問・違和感
○ 韓国のどんなモノに関心がありますか?
など ご意見をお待ちしています。

https://www.nhk.or.jp/radiodir/nikan/form.html

NHKが「日韓共生」についてご意見募集中。
http://live22x.2ch.net/test/read.cgi/news/1147163122/

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 19:58:52 ID:0nf66Lpq0
韓国解体して、そこを国連で統治、国民が育ったら自主権を段階的に渡して行く。
戦前に日本がやっていた事と大差ないか・・・日本の統治を後50年続けていれば南北
分裂しないでまともな国が建っていたかも。

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 20:52:25 ID:Eu+VzDmC0
>>366 日本の一部になる前は清の属国だった韓国は
日本統治が終わった後で60年経っても自立できていない。

国連統治すると国連のお荷物になるから、どこかの国の属国にしてしまったほうが
韓国にとって幸せかもね。


368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 23:44:26 ID:qoHbTQcb0
>>366-367
無理に日本が統治を続けていれば同和よろしく利権の温床化している可能性が高い。

まあ、地政学的に見れば、背後に中共(&ロシア)が、海を挟んで日本(&アメリカ)が存在する現状では
分断も止むを得ないだろう。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 20:13:29 ID:izvPdsPa0
>367
日本も自立していませんが何か?

370 :香里園の守護神 ◆NEaRDPrK/Y :2006/05/15(月) 22:09:00 ID:TQlmAFJZ0
韓国は軍の非常時指揮権すらアメリカに握られてるわけだが。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 22:26:11 ID:VTH8dfe30
>>369
どういうところが自立していないか、くわしく話してごらん

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 23:21:45 ID:ouX4vTED0
外国軍基地が国内に有る(しかも運用資金を国庫から負担)
中原や半島の茶々で教科書の内容変更
政治家が戦没者の供養に行けない
総理が日本語を話せない

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 23:28:23 ID:pdu6cAL70
ならば、小泉は何語を話しているんだろうか・・・

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 23:37:02 ID:ouX4vTED0
国際会談の場で日本語を総理が話せないのは大問題だと思う。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 08:07:13 ID:v0geFVVQ0
>>372
細かいことだが、
> 政治家が戦没者の供養に行けない
靖国神社のことを指しているなら「供養」という言葉を使わずに「慰霊」という表現にすべきだな


376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 08:16:10 ID:ApNw4Xzn0
靖国神社は「慰霊」の場ではなく「顕彰」の場だろ
もろもろの靖国利権がつきまとうしな

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 08:26:54 ID:v0geFVVQ0
>>376は消火器の人?

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 09:12:39 ID:y3XVZd190
>>376
慰霊と顕彰の両方だよ。間の抜けたことは言わないでね。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 14:52:01 ID:ShnoJIOq0
日本が英米仏に比べて支配者として無能だったことは一応認めよう。
ただ、そうであると必然的に朝鮮人が被支配者としてインド人やベトナム人よりも遥かに無能だったことになるわけだがw

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 15:04:06 ID:R3Eilt5r0
なんで?

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 17:00:52 ID:ShnoJIOq0
>>380
そんな無能な支配者を相手に、自力で独立を勝ち取れないんだから十分過ぎるほど無能だろう。
むしろその無能さには他民族の到底及ぶところではあるまい。頭一つどころか十も二十も飛びぬけている。
インドやベトナムは日本敗戦後に戻ってきた旧支配者を要した時間の長短はあるが自力で追い払っている。
日本以外の有能な支配国が相手だったら、朝鮮は未だに非独立国だっただろうということだ。
何しろ半万年(wも属国だったんだから、あと半万年くらい属国状態が続いていたところで誰も不思議には思わんよ。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 20:31:20 ID:bePnwy6X0
高麗の軍閥時代は独立色が強かったぞ。
百年足らずでも独立国らしい時期は存在する。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 20:46:51 ID:d3oQzx5E0
>382
冊封国と属国をごっちゃにしている池沼なんか相手にするなよ。
スルーしないと馬鹿が移っちゃうよ、マジで。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 23:04:21 ID:YXnSM6+n0
このサイトすごい反日ぶりですが
ttp://www.kannosekyo.com/dam/dam_history.html

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 11:00:04 ID:BXJYYn0F0
>360
ダウト。
半島産の金は日本に大量移入され、これは日本の通貨政策で必要不可欠なものだった。
金の日本への供給量は表ルートだけでも半島産:日本産=2:1であり
当時の円の信用力は非常に低く貴金属の裏づけが必要不可欠だった事から
半島が無ければそもそも日本は円を通貨として機能させる事は非常に困難であったと言える。
つまり通貨が経済の基本である事さえ理解していない>360は池沼であると言えよう。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 11:39:32 ID:GyCPPlKl0
>>385
>半島産の金は日本に大量移入され、これは日本の通貨政策で必要不可欠なものだった。
>金の日本への供給量は表ルートだけでも半島産:日本産=2:1であり

そのソースは何?

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 11:43:44 ID:GyCPPlKl0
>>385
ふと思ったんだが、まさか・・・
併合以前から第一銀行とかが、朝鮮から 「 買 い 付 け た 」 地金や砂金の話じゃないよね?

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 12:18:59 ID:VJawsRCC0
>>385
金本位制度は当時欧米でも普通にあったが。
それと日本は1930年代に廃止しているが。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 12:20:25 ID:GyCPPlKl0
あ・・・ひょっとしてアレか?
韓国が日韓基本条約締結の時に提示した「対日請求権要綱」にあったやつか?w

韓国側は、地金二億四千九百六十三万グラム、地銀八千九百十一万グラムを朝鮮から
持ち出したとしてそのの返還を請求

これに対して、日本政府から・・・

日本に搬出された地金って、それは朝鮮銀行が販売した地金のことだろ?
正当な対価を払って購入したものを返還しろなんて電波飛ばしてんじゃねーよと一蹴されて、
対価も払わず違法に日本が搬出したと言うなら、その地金と地銀が不当に日本に搬出された
証拠出してからほざけ。

てな感じで全く相手にされなかった例の韓国電波?w

ついでに言うと韓国は、販売しか対価を払ったとかは関係無い韓国(朝鮮半島)から持ち出した
ことが違法なのだ!とか電波を飛ばしてごねたので・・・

日本政府は、だったらせめて朝鮮銀行が地金・地銀を販売した際の日本銀行券ぐらい提示して
から言えよ、どうしてもと言うなら、その当時の販売実績に基づいた日本銀行券を提示するなら
考えてやっても良いよと回答。
結局、韓国側は(本来朝鮮銀行に保管してあるはずのw)日本銀行券は殆ど消失した、取引の
証拠も残ってないとか言って、何の証拠も出せずにグダグダのまま引き下がった例の韓国妄想の
地金搬出のことか?w

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 12:22:57 ID:AqgPNhLb0
>>388
>金本位制度は当時欧米でも普通にあったが。
>それと日本は1930年代に廃止しているが。

ぷ、またまた無知発見
金本位制を離脱したからこそ、逆に金が必要になるという現実の矛盾を知らない
わけね
だから朝鮮でとられた産金奨励なんて、知るよしもないわけか
これだから世間知ってやつはw

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 13:18:07 ID:VJawsRCC0
>>390
だからその金が半島から供給されて日本の支えになったという資料をだな。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 13:44:33 ID:AqgPNhLb0
日本の対外決済の資料くらい、自分で探せば?
『昭和財政史』に出てるだろ

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 14:08:22 ID:GyCPPlKl0
>>392
それで? >>387>>389に対する回答もしくは反証は?

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 15:15:17 ID:GyCPPlKl0
>>391
支えところかトータルで負担になりまくってる。
もともと朝鮮の鉱物資源は、日本にとっては採算がとれていなかった。

なぜなら、併合当初の朝鮮半島を考えてもらえばわかると思うが、道路や鉄道どころか
送電線もない朝鮮の山岳地帯を開発し鉱山を開き、そこからの産出部を内地に輸出を
しても、そうそう採算の取れるものではなかったからね。

それでも金本位の頃はまだ価値もあったが、世界的な金本位廃止の流れから市場に
おける金の価格は下落を続け、実際のところ価格維持の観点から朝鮮からの金輸出は
全面的に禁止されていた。

それが一時期ではあるが、日支事変の勃発に伴い貿易決済のための金が必要になり、
日本政府は外地内地を問わず産金奨励を行い、朝鮮からも金を輸入を再開することに
なったが、これが見事に赤字で、日本は公債を発行したり大蔵省が日銀の損失補填を
したりして赤字を垂れ流しながら朝鮮金を時価で買いあげていた。

で、これも戦況の悪化に伴い、日本政府は1943年に全面的に買取停止を決定。
その結果、日本の買取(日銀の買取)に依存しまくっていた朝鮮半島の鉱山の大半は
廃抗となり、1300ほどあった鉱山が約110箇所にまで減った。
※ 朝鮮の鉱山の大半は採算度外視で日本政府の負担によりフル稼働していた。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 15:29:37 ID:GyCPPlKl0
>>394
訂正
その結果、日本の買取(日銀の買取)に依存しまくっていた朝鮮半島の鉱山の大半は
廃抗となり、1300ほどあった鉱山が約110箇所にまで減った。  ×

その結果、日本の買取(日銀の買取)に依存しまくっていた朝鮮半島の鉱山の大半は
廃抗となり、1200ほどあった不採算鉱山が(対策をこうじる事により)何とか採算のとれ
そうな110箇所を残し全て廃抗となった。  ○


ちなみに・・・

当時、日本が朝鮮の金の輸出禁止をしていたことや、産金奨励のため公債を発行して
公金投入をしたり、日銀が朝鮮銀を時価で買い上げ続けたことや、大蔵省が損失補填
し続けたことは新聞記事として残っています。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 15:32:33 ID:VJawsRCC0
>>394
おや?連中も少しは日本の役に立ってたのかと安心しかけたのに。
少しくらいは搾取できてた方が安心できるんだが、
文字通りの何の価値も無い糞塗れ半島だったら、
完全な持ち出しで奴らを保護してあげたご先祖様馬鹿じゃねえのって思ってしまうからな。

半島がそこまで使えないとは思わなかったのか。
イタリアの使えなさ加減を見誤ったドイツを連想してしまうな。

まあ、どちらにしても「残酷」には関係ない話だけど。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 15:38:52 ID:GyCPPlKl0
>>396
別に彼らを保護するのが目的ではなく、朝鮮の(清)からの独立や併合への流れは
日本の安全保障上の問題でしょ?

そしてその後の(併合後の)朝鮮半島の開発や投資については、内地・外地を含めて
日本としての投資であり開発なんだから「彼らのためにしてやった」ことではないかと。


398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 15:44:23 ID:GyCPPlKl0
連投スマンが最後に一言

そもそも、朝鮮の開発については  「 してやった 」 とかの話じゃない。 
あくまで結果そうなっただけの話。

結局のところ、半島の近代化(インフラ整備や鉱業・工業・産業などの発展)は結果であり
本来の目的としては、別に朝鮮国や韓国・北朝鮮のためではなく(朝鮮人のためではなく)
あくまで日本の一部である外地のためのものであり、朝鮮籍日本人(併合時の朝鮮人)を
含めた日本人のためのものなんだからね。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 16:40:38 ID:VJawsRCC0
そだね、併合した以上はそこも日本だったんだから。

日本の統治に馴染む必要があった他は基本的に内地と平等なので(少なくとも徐々には平等に)、
日帝36年の圧政とか言われても、当時は内地人も同じ状況でしたが何か?としか返せないな。

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 19:58:19 ID:XWAtQjRd0
故に感謝しろ! とまで言う必要もないが、同時に非難されるいわれもない。
非難されるなら、開発してやったと言うしかない。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 20:07:30 ID:Hag8L7aN0
要するに日本の植民地経営は超ヘタクソだったってことだな

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 20:39:08 ID:VJawsRCC0
いや、何を要したんだか・・・

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 23:57:17 ID:9YgFk8kG0
要するに日本はチョンを皆殺しにすべきだったと言うことだ。

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 01:45:15 ID:utUMhvuC0
>>403
チョンを皆殺しにするのは難しい。李朝の圧政下でさえ生き延びた民衆だ。逞しさ、
生命力の強さは折り紙付き。徳川の善政(当時の世界的には)で平和を謳歌していた日
本人が駆除できる相手では無い。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 10:23:32 ID:Og+g+z9T0
>>404
じゃあ、チョンの方が優秀なんじゃんw

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 13:57:14 ID:k63ZK1kK0
生命力を比べてゴキブリが人間より優秀だというのならね。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 14:26:32 ID:886jBpYx0
ああっ、もうダメッ!!はうあああーーーーっっっ!!!
わっ!わたしーっ!きょうもひとりいいぃ!!オナニーーッ!!!!
いやぁぁっ!武しゃあああん、こんなにいっぱい濡れてるゥゥッ!
せっくす10年以上してないいぃぃぃっっっ!!!!んんっはぁぁぁぁぁっ!!
ぁあ…武しゃぁぁぁんっ、はやく入れてぇぇぇぇ、はうっ!! オナニーーっ!!
グチュッ、グチャッ!!ヌチャニュチョッツ!!じゅぼじゅぼじゅぼーーーーーっ!!!
いやああああっっっ!!見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!たっ武しゃぁぁぁっ!!
ぶびびびびびびびぃぃぃぃぃぃぃ武ぇぇぇ!!ボトボトボトォォッッ!!!
イッッ!!ブチュブチュッッ武しゃんっ!!!たぁーーーーーーけしゃんっ…武っ!
ブシャッ!ジャアアアアーーーーーーッッッ…ブシャッ!ジョロロロロぅぅぅっ!!
きっきもち!!いいいいぃぃぃっっ!!んぁぁああああ!!!!でるぅぅぅ!!!
んはああーーーーーーーーっっっ!!!武っ、武っ、武しゃぁぁぁあん!!!
武しゃぁぁぁん!!い〜れ〜て〜〜っ、た、武、しゃああああああっ!!!
んんっ!いくっ!!いくっ!!いぐいぐ!!いぐぅぅぅぅっ!!!武しゃん見てぇっ!!!


408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 08:35:24 ID:KrrbWN3k0
          ‖
          ‖
          ‖   /⌒ヽ
          ‖  √.G. ̄ヘ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ○  /<`Д´>ヽ  < イ スンシン
    ζ。//。ζ ‖\⌒巛巛 ⌒ゝ | 李 三振 将軍 参上 ニダ!!
     ミ 皿ゞ 彡    (;;;;;33;;;;;)○) \___________
       ゝvv|   /;;;;;;∧;;;;;\
   / ̄ |vvv| ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ──── __
  ‖==|vvv.|==‖========== \
  ‖==ヽvv |==‖===========‖
  ‖◎ ‖■‖◎ ‖◎‖◎‖◎‖◎‖◎‖◎‖
   ====================
   \:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::\:::::::\:::::::\:::::::\:::::::\::/
 从从从从从从从从从〜从从〜从〜从从〜从〜从从〜〜〜〜




409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 08:37:43 ID:KrrbWN3k0
すまん誤爆した。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 11:52:31 ID:bwQmYbxv0
・・・池沼ばっかだな。
>387>389
誰もそんな事は言っていない。
私が言っているのは戦前の日本の通貨の信用力の源は貴金属であり
朝鮮産の金が非常に大きいという事だ。

君らの読解力の低さ、本当に義務教育を履修しているの?




411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 12:00:12 ID:bwQmYbxv0
蛇足だが池沼の>387、併合前の日朝間の通商条約は極めて不平等なものである事ぐらい知っているよな?
常識的にこの時期の日朝間が不公正な交易、換言すれば収奪的交易であるぐらいは理解できるよな?
ならば朝鮮産金を第一銀行が買ったのが公正な交易の結果であると主張するならば
そのソースを提示する事。
それを提示できなければ>387の妄想でFA。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 12:20:47 ID:bwQmYbxv0
明治10年日本の産金93,421匁、朝鮮からの地金67,250匁で71.99%
明治11年日本の産金72,687匁、朝鮮からの地金10,643匁で14.64%
明治12年日本の産金69,688匁、朝鮮からの地金59,811匁で85.83%
明治13年日本の産金83,317匁、朝鮮からの地金4,106匁で4.93%
明治14年日本の産金81,213匁、朝鮮からの地金154,765匁で190.57%
明治18年日本の産金73,085匁、朝鮮からの地金290,767匁で397.85%
明治19年日本の産金123,888匁、朝鮮からの地金495,420匁で399.89%
明治20年日本の産金138,838匁、朝鮮からの地金520,256匁で374.72%
(明治15年〜17年の数値は不明。勝手に調べてケロ。)

多少の上下はあるが経年的に朝鮮産金の移入が増大している傾向は猿でもわかるだろ?

提示したデータを合計すると
日本産:736137匁
朝鮮産:1603018匁
となり、朝鮮産が日本産の2倍以上となるのは義務教育も満足に受けていない>389にもわかるよな?
これでも朝鮮産金が日本の通貨制度に不可欠な存在である、という結論に意義を唱える池沼はもういないな?

さて日本は金本位制に移行するわけだが、その時政府が製作した将来の金準備供給の見込みでは
国内年間産金量200貫にたいし、朝鮮からは500〜700貫の輸入をあてこんでいたそうだ。
わかったかな?池沼君は学校にちゃんと通うように。

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 18:33:33 ID:KVwSjCSe0
条約のどの部分を根拠に収奪したのか説明できないと収奪交易説も妄想で終わるけどな。
どこにただ同然で買い付けた根拠が?

ってか、日本統治とは関係ないな。なぜ明治十年?
人を知障呼ばわりする前にスレタイを読める学力をつけなさい。

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 19:33:33 ID:F02MzW2c0
>>401
戦争に負けて手放し、独立したから、
悪く言われるんだろ。
当時は支持者もたくさんいたんだし。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 20:42:42 ID:XcllKLI+O
>>401 同意、日本の植民地経営は下手だよ

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 21:15:21 ID:fKt8LKjQ0
|柱|・ω・`)恩知らず韓国

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 21:28:42 ID:0Ca1kXAl0
朝鮮支配を正当化する人々が卑怯なのは、
朝鮮支配に限っては他国を占領した欧米側と同じ「植民地支配=善行」論を主張するくせに、
欧米の殖民地支配には殖民地にされた側の「殖民地支配=搾取」論に切り替えるところ。

日本の朝鮮支配も欧米の植民地支配も善行もあったと思うよ。
どちらかが最低の行為でどちらかが最高の行為と評価できるわけがない。
殖民地にされた側は酷い事をされたといい、殖民地にした側はそんなことはない、良いこともしたいう。

そのように殖民地評価とは本来殖民地にした側とされた側の対立なのに、
朝鮮支配を正当化する人々は、そのどちらにも立たず、いいとこ取りをしようとする。

欧米側が殖民地を正当化するときに用いる「殖民地支配=善行」論に立つなら立て。
それなら殖民地だったことも認めろよ。「殖民地=悪」という固定観念を捨てろよ。
欧米は少なくとも「わが国だけが殖民地に善行を施した」なんて恥ずかしい主張はしないぞ。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 21:57:51 ID:1B7xW9660
日本にとっても朝鮮にとっても
韓国併合はワーストでもないがベストでもなかった。

そりゃロシア連邦コリョ自治共和国になるのは、
朝鮮人も困るし日本人も困っただろう。

しかし、35年の結果、60年のいがみ合いじゃ、成功とはいえない。

日本と朝鮮の関係が、併合ではなく、日米安保的体制ならよかったのかな。
一応李朝政府は存続。広範囲に行政権を行使。
日本版GHQが近代化を助言。
日本軍が軍事基地をおいて朝鮮半島の治安をガッチリキープ。
日本資本の朝鮮投資は促進。

これなら変な恨みも残らないし、良かったんじゃないかねえ。


419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 21:58:05 ID:F02MzW2c0
>>417
良いことも悪いこともあったでよかろうよ。
それ以外に言うべきことはない。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 22:08:44 ID:F02MzW2c0
>>418
植民地時代を恨まれている、というより。
韓国人の民族形成のために「悪の帝国日帝」という
神話が利用されただけ。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 04:45:24 ID:V4xcIrwpO
結果云々じゃなくて 格下だと思っていた日本に統治された事が朝鮮人には気に入らないんだろ?
所詮 彼等にあるのは 変な優越感と小中華思想の誇りぐらいのもんだ………


422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 05:14:32 ID:Le7dcT2L0
最終的に植民地の土人どもを残らず一等国の文明人にしようなどという
殊勝な考えをもっていたのは日本人だけだ。
日本の朝鮮支配の手法は、植民地経営的であってもその目的は異なる。
日本は植民地経営=善行でFAですよ。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 06:47:15 ID:lflUfcic0
>>422
つフランス

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 07:21:06 ID:rvLw+ND80
朝鮮人たちの望みは世界(小中華)の中心でウリナラマンセーを叫び続けることだった。
一等国になんかして欲しくなかった。一等国でない現状を思い知らされるから。
清に支配されながら奴隷の幸せ、家畜の幸せを享受していたかった。
清の次は西洋人に支配されると思って、カトリックに改宗して新たな支配者に媚びる準備も整っていた。
それなのに日本が突然独立させてしまった。

・・・と考えると日本がすごく悪い事した気になってくる。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 11:55:04 ID:sex19vtMO
中華思想

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 12:01:03 ID:JXH6xOwF0
>>421
主客が逆で、半島人たるアイデンティティを高めようとすると、
ますます日本が生意気で気に入らなくなるのだろう。
半島人なるアイデンティティは併合当初はなく、
日本時代に萌芽し、解放後作られていったと思う。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 13:59:32 ID:dX58K2XZ0
韓国人論から見た日韓歴史認識問題へのひとつのアプローチ

韓国の非難は李朝五百年の宿痾である朱子学的名分論に基づく正邪の二分法によるものではないか?
ウリ(我々)とナム(他者)を峻別し、そして一方を道徳志向的に断罪することが彼等の習性かと思われる。

従来は半島内部においてのみ見られた半島人的習性であったが、西力東漸に伴う東アジア再編の
過程での日本の韓国併合という異民族統治によって逆説的に形成された「想像としての共同体」=
「朝鮮民族」がひとつの大きなウリとして空想的に認識され、それに対してのナムとして日本が対峙した。

そうしたナム(=日本)に対して、あいかわらず道徳志向的に断罪するという習性を繰り返して
いるのではないか? これは歴史(事実)認識などというものに基づくものではなく、まず無条件に
デフォルト(あらかじめ設定されている値また動作条件)として、「正」としてのウリ=韓国(人)があり、
対して「邪」としてのナム=日本(人)があるという図式だと思われる。

それ故非難の(道徳的)理由は後付けでしかなく、どのようなものでもよく極端な場合事実を
捏造してでもよいと韓国人は考える。

参考文献 古田博司 「朝鮮民族を読み解く」 
この本には「朝鮮民族とは議論してはならぬ」と書いてある。ww

428 :韓国人へ聞きたい:2006/05/21(日) 14:24:37 ID:O2o4PMca0
1)日韓併合が無ければ独自の文化で繁栄したと思いますか?
2)日韓併合が無くても列強諸国に植民地化されなかったと思いますか?
3)日韓併合により人口が倍になったのではないと思いますか?
4)李氏朝鮮はアジアで最も進んだ文化国だったと思いますか?
5)李氏朝鮮の民は幸せだったと思いますか?
6)アジア諸国も植民地時代がありましたが、これは自分たちの不甲斐無さが
原因であり、植民地支配した国に何も要求していない事を知ってますか?
7)李氏朝鮮の両班と呼ばれた人達は心優しい貴族だと思いますか?

宜しかったら、上記質問にお答えください。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 14:26:05 ID:r0e+s39/0
>日本の韓国併合という異民族統治によって
>逆説的に形成された
>「想像としての共同体」= 「朝鮮民族」

だから日本は尊敬するか、徹底的に賤しめるしか方法がないのだな。
議論以前の問題だ。

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 16:44:39 ID:IO6WVHL40
韓国人はいずれ気づいてくれるんだろうか??
戦争で日本が犯した大罪は「植民地支配」でも「アジア人を無下に扱ったこと」でもない
一番の大罪は【戦争で極東連合を負かしてしまったこと】

やるなら何が何でも勝たなきゃならなかった
もし勝ってれば
日本が軍を持てず、韓国が分断され、台湾が国家の危機なんてことは絶対に無かった
しかも極東地域はもっと安全になって、極東地域が「代理戦争」に使われるという危機も無かった
負けたから戦後60年たっても、日本台湾韓国が悲惨な状態になって危険におかされてる

勝ったアメリカ、ロシア、中国?は安全な土地に
負けた日本、台湾、韓国が危険な土地になった

今後いったいいつになったら、歴史を冷静に見れる韓国人があらわれるんだろ?


願わくば今後のために
日本、台湾、韓国で密約を結びたい
1.極東地域で何が起ころうとも、中国とアメリカ、ロシアの「代理戦争」に使われないようにする
2.感情論抜きにして、今度は絶対に「勝つ側」に回る

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 16:58:43 ID:oPXztfdP0
日本が過去に何をしたって論ずる以前にさ
中韓の連中が日本のことどうこう言える立場かどうかは

「お前が言うな。」

なんだけどね

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 19:32:19 ID:r0e+s39/0
>>431
>日本が過去に何をしたって論ずる

これやるしか、結束する方法がないから。

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 21:35:54 ID:rvLw+ND80
>>427
それはなに、
未だに第一次反抗期ってこと?

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 12:50:33 ID:78ZurTK50




別冊宝島『嫌韓流の真実! ザ・在日特権~朝鮮人タブーのルーツから、
民族団体の圧力事件、在日文化人の世渡りまで!~』 (単行本)
出版社: 宝島社 (2006/5/25)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4796653295/249-2070573-3316300?v=glance&n=465392





435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 21:55:05 ID:JsOEJs4X0
まあ稗粟以外自力で確保し、食えない連中に
米の味教えるのは残酷だな

436 ::2006/05/26(金) 13:50:31 ID:ZV0f1PO80
日帝36年支配は残虐極まる極限の統治でした。土地調査事業で土地を収奪し、生産物の米穀も日本へ送られ韓国人は雑穀しか食せない様にしました。
日本人はかつての蛮行を深く反省し、韓国に謝罪と賠償をしないといけませんね。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 14:10:18 ID:3+oX7iJu0
久しぶりに餌が投入されましたな。
てかコピペ?

438 :韓国から:2006/05/26(金) 17:56:28 ID:ax5rijT+0
『428 名前:韓国人へ聞きたい』に答えます。
1)日韓併合が無ければ独自の文化で繁栄したと思いますか?
朝鮮の末期は非常に政治が悪くて民間の経済生活が難しいでしたので
いろいろ改革運動がありました。歴史的に中国という大国と対立したり
提携したり、しながらでも文化は引続いて来たのでどうしても西洋の
文物を導入して発展する潜在力が充分にあったと思います。

2)日韓併合が無くても列強諸国に植民地化されなかったと思いますか?
そう思えないです。但し、世界強大国たちの殖民戦略がありましたので
開放圧力によって経済的な侵奪はありそうです。でもあくまでも
経済の問題であるらしいというのは歴史的事実をみると分かれるでしょう。
日本が併合して民族抹殺政策をやったのが問題でした。

3)日韓併合により人口が倍になったのではないと思いますか?
併合人口が増加したのは正しいですが、あれは韓国戦争の時に
暴発的に人口増加があったのと同じです。
全員が死ぬかもとの危機感があれば子供をつくろうというのは
人間の本能です。日本も敗戦の時に同じ現状がありました。

4)李氏朝鮮はアジアで最も進んだ文化国だったと思いますか?
そうじゃないです。中国経由の文化が流入されながらそのなか
独唱的な文化を創って来たのですが、開放されてなかったので
西洋の文物や技術の導入が遅くなって、結局に日本に追越されたのです。

5)李氏朝鮮の民は幸せだったと思いますか?
李氏朝鮮の中期以後は、壬辰倭乱、中国との戦争、王政の混乱などで
民の生活はだんだん悪くなったのです。

6)アジア諸国も植民地時代がありましたが、これは自分たちの不甲斐無さが
原因であり、植民地支配した国に何も要求していない事を知ってますか?
これは国の性質によって違うでしょう? ドイツとIsraelのCaseを見ていますか。
今、何か要求するのが何と思いますか? それは現在の日本政府や右翼などが
過去のことを繰返していることに対して警告するのです。
ドイツと全く違うのは『反省していない日本』ということです。

7)李氏朝鮮の両班と呼ばれた人達は心優しい貴族だと思いますか?
彼らは貴族という概念とは違います。その時代の身分制度だから
皆が心優しいたったとは言えないぐらいは、全世界が同じでしょう?

韓国人は、基本的に国力が弱くなって他国の侵略に負けたと認識しているけど、
当時の朝鮮人に対する酷烈なことは本当に酷いことだったのに、今の日本は
その事実を隠しています。韓国という国は、日帝支配に対して大勢の人たちが
中国、満州、America、Russiaなどに行って独立活動を行ったが、日本の敗戦後
中国の一部やRussiaでの人は共産主義者に、他は民主主義者に分かれてしまって
結局、悲劇的な韓国戦争まで経験するようになったのです。
今の韓国の分断のことも日本の韓国支配が原因であるのを分かっていますか?
まだ日本に対するあるぐらいの憎しみが残ってあるのが理解できないですか?
今の韓国人は自分の努力としてこの現実を突破しなければいけないと
思っています。そのうちに日本という国が協力と別におかしいことを
やらせなかったらいいのに。。と考えて見ます。

この内容に対して聞いたいのがありましたら、文字を上げて下さい。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 18:40:51 ID:3+oX7iJu0
>>438
>中国という大国と対立したり提携したり
→朝鮮は、日本が独立させるまでずっと属国だったのでは?

>日本が併合して民族抹殺政策
→朝鮮人の根絶やしを目的とした政策とは初耳です。
あなたは、日本政府のどのような発表を元にそんな珍説を打ち出したのですか?
民族抹殺していたのなら人口が倍に増える訳がありませんが。

>全員が死ぬかもとの危機感
→そんな危機感を持つのはせいぜい日米戦争時、朝鮮に徴用令が出た1944年くらいでしょう。
その前から人口は爆発的に増えていますが、日本の支配が原因だと考えないのですか?
それと、日本の人口が増えたのは戦争が終わってからです。危機感とは関係ありません。

>西洋の文物や技術の導入が遅くなって、結局に日本に追越された
→追い越された?朝鮮が日本の先を行っていた時代が果たしてあったのでしょうか?

>国の性質によって違う
→ならなぜ他国(ドイツ)のケースを引き合いに出すのですか?
較べるなら韓国とその他の日本支配地とを較べるべきでしょう。
フィリピン・パラオ・インドネシア・マレーシア・台湾などと較べてみてください。
これらの国々は、日本を非難しているとあなたがたが主張する「アジア諸国」です。

>ドイツと全く違うのは『反省していない日本』ということ
→日本は戦後60年間一度も戦争をしていないという事実により反省を示しています。
ドイツが具体的にどのような「反省」をしているのかあなたは知っているのですか?

>今の韓国の分断のことも日本の韓国支配が原因
→直接の原因はアメリカとソ連の主導権争いです。
その前に遡れば日本の支配も原因になりますが、
更に遡れば朝鮮の脆弱さ、清の支配も原因になります。
日本以外の原因に言及することなく、日本支配のみを原因とする理由は何ですか?
アメリカやソ連や中国に文句を言うのが怖いからですか?

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 18:49:09 ID:SkUGH1170
ろくな餌がなくて退屈しているはわからんでもないが、ここまでみえみえの餌に
食いつくのも如何なものかと思う。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 18:52:57 ID:SkUGH1170
まぁ 「 韓国から 」 なんて書いてる時点で釣りがみえみえなので
誰も本気で相手はしてないと思うけどね。

ちなみに初心者のために解説すると、2chはコリアドメインからの書き込みは不可。
規制により韓国からの書き込みはサーバーで蹴られるようになってます。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 18:59:57 ID:SkUGH1170
ついでに言っとくと、>>438は串使用の自作自演
その串は私が折りましたので、同一IDでの書き込みはできないかと。
お疲れさまですたw

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 19:02:28 ID:3+oX7iJu0
お腹が減っていたので食いついた。量が多ければ何でも良かった。
今では反省している。

444 :& ◆Ypo6smjp/k :2006/05/26(金) 20:15:07 ID:1Y2vt4I30
朝鮮は、日本が独立させるまでずっと属国だったのでは?
→ 朝鮮以前の歴史は中国との戦争の歴史だったのを知らないみたいですね。
韓国の歴史は実録として三国時代から高麗、朝鮮まで記録としてあります。
属国って、どこからの話ですか?

日本が併合して民族抹殺政策
→ 日帝は、朝鮮人の名前を日本式で強制的に直させ、韓国語も使用禁止、
各種の文化遺跡の解体・破壊、徴用などここで列挙が出来ないです。
日本政府の発表は信じられないものです。そんなことを全て隠したり、
あれが出来なかった場合は意味を歪曲するから。
自国の国民に対して徹底的に隠し、韓国のことを学校で教育してもらった
という日本人をあったことがないです。

全員が死ぬかもとの危機感
→ 戦後世代のBaby Boomという言葉をしたないですか?

朝鮮に徴用令が出た1944年くらいでしょう
→ 1910年代から日帝は、当時の朝鮮の経済を掌握しながら日本人たちが
朝鮮に移住して多様な方法を使って農業用土地や商権を買収して、朝鮮人を
労働力として生産した米を日本に送りました。国の主人が朝鮮人だったら
民の飢えを放棄してないでしょうけど、日帝は完全に労働力の搾取ばかりだったんです。
後に戦争は不利になるから徴用まで犯したのです。

朝鮮が日本の先を行っていた時代が果たしてあったのでしょうか?
→ 昔の日本が韓半島から文物を導入したり、交易を要請した歴史は知らないですか?
地理的に昔は中国や韓半島から文化が日本に流入されたということを
今までたくさん残ってある日本内の遺物、遺産を探して見なさい。
日本は西洋文物を導入してから急成長したことで、韓国が数多い戦争を
やって来たことに比べ日本は安定的な成長が可能だったです。

日本を非難しているとあなたがたが主張する「アジア諸国」です。
→ 韓国の分断現実、日帝によった被害を外面するとか支配のことを正当化する今の日本
などに対して非難するのは当たり前だと思います。他の国と違う点は現実的に
韓国と違うこんな環境かもしくは韓国人の性向か、他の国には私として言えません。

ドイツが具体的にどのような「反省」をしているのかあなたは知っているのですか?
→ あの国は、戦後から最近までも被害国に対して首相が謝りを示しながら積極的に被害者を
探して支援したりします。確認は外信などを見てください。
精神隊にいったおばあさんたちは、今の日本の責任者から率直な謝罪の言葉が欲しいが、
反対にそんなことを隠し、昔の犯罪を正当化する日本の政治家たちの為に補償要求でも
するべきだと言っています。(おばあさん達には今のところ、お金は要らないです)
何回か日本の反省の言葉がありましたが、率直的に本当のことと感じられないです。

今の韓国の分断のことも日本の韓国支配が原因→直接の原因はアメリカとソ連の主導権争いです。
その前に遡れば日本の支配も原因になりますが、更に遡れば朝鮮の脆弱さ、清の支配も原因になります。
→ これは貴方の話も妥当性があると思います。
でも韓国人としては原因の一つとしてあるのは苦しいこと、分かれないですか?
朝鮮としては、日本との悪縁だったと感じられるが、私の考えでは、この歴史問題に
おいては、一般的な日本人とは全然違う行動見たいです。
たぶん、違う国民性、文化とかのこともあるでしょうけどね。




445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 22:05:59 ID:3+oX7iJu0
きょうはえさがたくさんもらえてうれしいです
おなかいっぱいですがまだたべます

>>444
>朝鮮以前の歴史は中国との戦争の歴史だった
→侵略されては従属し、の繰り返しを戦争の歴史と言い換えるなら確かにそうかもしれません。
大清属国と書かれた古い韓国旗の写真を見たことありません?韓国ではその文字を消して発表したそうですが。
清から独立した記念に立てた独立門って知りません?韓国では日本からの独立を記念して立てたと捏造しているそうですが。
日本では韓国のことを千年属国という人もいます。
実際に千年も属国だったかは知りませんが、元に屈服してその尖兵となり日本を侵略した事は知っています。

>日帝は、朝鮮人の名前を日本式で強制的に直させ、韓国語も使用禁止、 各種の文化遺跡の解体・破壊、徴用
→日本式の名前は強制ではなく希望制です。日本で仕事がしやすいようにとの配慮からです。
その結果、大勢の朝鮮人が日本名への改名を希望しました。
使われなくなっていたハングルを調べて朝鮮人に教育したのは日本です。
仏像を破壊したのは仏教を迫害していた李氏朝鮮です。犯人は日本軍ではないし、もちろん秀吉でもありません。
徴用は当時の日本人全員の義務でした。むしろ本土より遅れて徴用令が出された朝鮮は優遇されたと言えるでしょう。

>戦後世代のBaby Boomという言葉をしたないですか?
→いや、だからそれ戦後・・・。

>朝鮮人を労働力として生産した米を日本に送りました。
→それは朝鮮人の地主がやった事ですよ。日本のほうが高く売れるから
彼らは同胞の飢えも顧みず自分たちの儲けを優先させたのです。
朝鮮の食糧生産は増加していましたが、急激な人口増加に追いつけなかったため飢餓が起こったのです。

>地理的に昔は中国や韓半島から文化が日本に流入されたということを
→文化の多くは中国から直接流入してきました。
聖徳太子の時代以降は中国からの冊封から脱し独自の文化を築きました。

>日本は安定的な成長が可能だった
列強の支配を跳ね返すために日本がどれだけ血の滲む様な努力をしたか知ってて言ってます?
清に頼るばかりで自助努力を怠っていた朝鮮の歴史を知ってて言ってます?

>韓国の分断現実、日帝によった被害
→その多くは自業自得、自作自演です。韓国では、朝鮮人自身の悪行を日本の仕業にするのが流行っているようですね。

>韓国と違うこんな環境かもしくは韓国人の性向か
→韓国人の性向、それに国内の矛盾から国民の目を逸らすための反日政策、でしょうね。

>あの国は、戦後から最近までも被害国に対して首相が謝りを示しながら
ナチスの虐殺について謝罪しているだけで、侵略について謝罪したことはありません。
日本は首相が何度も韓国政府に謝罪しています。
また、ドイツは個人補償、日本は韓国政府への一括補償を行っているという違いもあります。
韓国への補償は、日韓基本条約で韓国政府が一括して受け取っています。
韓国人のおばあさんたちは韓国政府に補償要求しなければならないのであって、
国家間で解決済みの補償を日本に請求することは国際法違反です。

因みに韓国政府は日本から受け取った賠償金を被害者に渡さずに経済政策に使いました。
韓国の経済発展は日本統治時代に整備されたインフラと日本からの賠償金によって成り立っているのです。

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 01:50:55 ID:mbKDYo7a0
こいつら何様なんだろうな
日本のおかげでロシアに占領されずにすんだのに

日本は朝鮮王族を王公族として皇族に順ずる地位で迎え入れ、貴族たちもそのまま日本の華族に横滑りさせてやり、
臣民には多額の金を投資してインフラや社会福祉、学校教育の充実を与えてやり、
白丁などの奴隷制を廃止して、姓も名前もない奴らに姓と名を与えてやったのに、ここまでしてやっても恩をあだで返す反日民族。

言っておくがもしロシアが占領してたら韓国王族など一人残らず皆殺しにされて
その臣民はシベリアで奴隷にされていただろうw

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 09:07:37 ID:RA7YxT6W0
>貴族たちもそのまま日本の華族に横滑りさせてやり
貴族院議員にはしなかったけどね

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 13:12:03 ID:D9YrimTz0
>>447
知能指数が3だからしかたがないべ。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 13:25:47 ID:kiVzSv6Z0
>>447
こんなのがあるが?
ttp://toron.pepper.jp/jp/20cf/touchi/sanseiken.html

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 13:31:24 ID:bzh3zish0
dff

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 16:19:57 ID:PWB7zdvo0
>>449
それが何?

452 :& ◆yEMWS3bzVU :2006/05/29(月) 14:26:53 ID:vSbCMkzB0
日本国は歴史を国民にこのように教育しているの。
世界のあちこちに配布して見るわ。
ハハハ〜

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 15:55:30 ID:cHqD3X+mO
>>452
そうか世界のあちこちに配布するのか、翻訳大変だろうが頑張れよw


454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 21:01:17 ID:HyjkhELl0
配布した所で「当たり前のこと言ってるだけじゃん」
って反応が返ってくるだろうから、日韓双方に余り意味無いな。

455 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/05/30(火) 05:55:37 ID:iSFdkklA0
【竹島】アメリカが「竹島は日本領」と、韓国大使に最終回答【幻の文書】
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1670953

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 07:22:42 ID:EmG62rlX0
戦前、日本は   YELLOW MONKEY と揶揄され。
戦後は
 朝鮮(K)を盗られて YELLOW MONEY として重宝されている訳だw 

つまり、朝鮮を併合したことは
日本人にとって汚点であり、恥辱である。
後世の人はそう解釈するだろう。
アイゴー!! 朝鮮人にとって、歴史(真実)とは残酷だ。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 12:52:45 ID:VbYSMG230
盗泉人込みでmonkeyかよ。
つまり半島を併合品ければ当時の日本はお金持ちウハーだったってこと?

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 17:12:44 ID:EmG62rlX0
戦前、朝鮮においてインフラ整備するのに、日本がどれだけの資金を注入したのか。
 
そして、戦後もなぜ、その体質は変わっていないのか。

真に、朝鮮人にとって、歴史(真実)とは残酷だ。

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 18:29:38 ID:59LBbwzD0
>>457
独立後の朝鮮はアフリカ諸国より貧しい国だった。
一方で朝鮮を放棄した日本は、20年で世界第2位の経済大国になった。

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 18:56:08 ID:EmG62rlX0
朝鮮の歴史を学んだ者は
朝鮮人がいかに、哀れな存在か知っている。
 
隣国である我々ができる最低限度のことは関わらない
                   近づかない
                   近寄らせないことだ。

なんかナチスっぽくなったなw


461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 19:09:27 ID:K0sFBnD70
>>459
アメリカが投資してくれたからね

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 19:30:15 ID:Xvw+nljt0
>>459
嘘だろ〜〜〜 w

朝鮮半島が苦しくなったのは、日本の敗戦直後ではなく
朝鮮戦争の結果です。





463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/30(火) 19:35:28 ID:fALfQink0

関西以外にも日本の至る所に、日本人のふりをした
在日や帰化人やハーフはいる。10人にひとりは彼らだ。

□ 愛想というものがまるでなく、ムスッとしていることが多い。
□ 自分の思い通りにならないと、すぐ怒り、露骨にいやな顔をする。
□ 初対面から、自慢と嘲りをもって他人と接し、上下を付けようとする。
□ 赤と青、赤と黄など、その三色の原色の服を似合わなくても平気で着る。
□ すぐ物を借りたがるが、感謝しない。返さない。催促すると怒る。
□ 目上の人に媚びて好かれるが、目下の人に威張り散らし嫌われる。
□ ラクで目立つ仕事のみをやりたがるが、地味で面倒な仕事からは逃げる。
□ 他人には建前やキレイごとを押し付けるが、自分は自己チューする。
□ リーダーやフィクサーになりたがるが、人望がなく、人が離れていく。
□ いつもイライラしていて、そんな自分を仕事に厳しい自分と思いこむ。
□ 自分の周りには自分未満の人間だけを集め、お山の大将を気取る。
□ ふだん他人をネタにして笑いを取る割に、自分が対象にされると激怒する。
□ 家族や相手の知らない自分の友人など、いわば身内の話が非常に多い。
□ ささいなことでも自慢話をして、まわりがうんざりしても、ひたすら続ける。
□ 笑いと言えばテレビの物まねで、芸能界情報などを自分調べのように語る。
□ 興味がない話は露骨に「ふーん」で、興味がある話だけ異常に興奮し出す。
□ 遠慮や謙譲といったもの知らず、おせじを間に受け、調子に乗りやすい。
□ 恩は仇で返す。他人に世話になれば、次回からは要求し、権利と化す。
□ いかに人を利用して自分がラクをするかだけを考え、うろちょろする。
□ 先輩やOBとして後輩などにでかい面をするが、同期からは嫌われている。
□ 集団や組織内での礼儀にはうるさいが、公共マナーというものがない。
□ 運転すれば他車への文句や罵倒ばかりで、傘や自転車を平気で盗む。
□ ブランドや既存の権威などを妄信し、それについて語る自分に酔っている。
□ 文章を書かせると、口述式のものしか書けず、ボキャブラリーも少ない。


464 :コピベに暇つぶしww:2006/05/31(水) 22:53:33 ID:almAipZC0
>>417
>朝鮮支配を正当化する人々が卑怯なのは、
→日本の朝鮮半島統治を不当視する人々が卑怯なのは、
>朝鮮支配に限っては他国を占領した欧米側と同じ「植民地支配=善行」論を主張するくせに
→朝鮮統治に限らずに、他国を占領した欧米側と同じ『植民地支配=悪行』論を主張し
>欧米の殖民地支配には殖民地にされた側の「殖民地支配=搾取」論に切り替えるところ。
→欧米の植民地支配とは違うのに植民地にされた側の「植民地支配=搾取」論を適用するところ。

>日本の朝鮮支配も欧米の植民地支配も善行もあったと思うよ。
→日本の朝鮮統治は欧米の植民地支配よりもはるかに善行だったと思うよ。
>どちらかが最低の行為でどちらかが最高の行為と評価できるわけがない。
→どちらかが最低の行為でどちらかが最高の行為だと評価できるはずだ。
>殖民地にされた側は酷い事をされたといい、殖民地にした側はそんなことはない、良いこともしたいう。
→植民地にされてもいないのに酷い事をされたといい、統治した側はそんなことはない、
良い事もしたというと国務大臣の首が飛んだ。

>そのように殖民地評価とは本来殖民地にした側とされた側の対立なのに、
→そのように異民族統治とは、対立的にではなく実証的に功罪を検証されるべきなのに
>朝鮮支配を正当化する人々は、そのどちらにも立たず、いいとこ取りをしようとする
→朝鮮統治を不当視する人々は、都合のいいように立場を替え、いいとこ取りしようとする。

>欧米側が殖民地を正当化するときに用いる「殖民地支配=善行」論に立つなら立て。
→近代日本が植民地を不当視するときに用いる「植民地支配=悪行」論に立つなら立て。
>それなら殖民地だったことも認めろよ。「殖民地=悪」という固定観念を捨てろよ
→それなら植民地でなかったことを認めろよ。「(近代)植民地=搾取=悪」という固定観念は共有されるべきだ。
>欧米は少なくとも「わが国だけが殖民地に善行を施した」なんて恥ずかしい主張はしないぞ。
→欧米は「わが国は植民地に善行を施した」なんて恥ずかしい主張をするくせに、
日本の朝鮮半島統治を人類史上最悪の虐殺と搾取だと事実無根の主張しているぞ。

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 23:30:23 ID:Kph9Pjzb0
下らんスレだな

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 23:35:15 ID:zGlsURDs0
>>464
簡潔に言うとこうなる

「統治の不手際や国防重視が原因であるはずの赤字経営が、あたかも日本
が「東洋平和」のために利害をこえて献身している証明であるかのようなロジッ
クがとられていた。経済収奪目的の「植民地」経営を欧米のものとして、日本
の赤字経営と対比させる論法は、この後の台湾・朝鮮統治論においても、同
化論者のナルシズムの材料となっていくことになる。」
小熊英二 「日本人の境界」 p92

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 23:44:42 ID:5v+BO9BI0
>>466
>統治の不手際や国防重視が原因であるはずの赤字経営が

朝鮮半島に於いては、この点で間違ってるね。
赤字になったのはインフラ整備他の理由だろ。


468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 23:53:22 ID:zGlsURDs0
フランスの植民地化の理論

 現実には統一的な理論はないとはいえ、思想の流れは大きく三つある。各々の相対的な
重要性は定まったものではないが、次の三つの言葉にまとめられる。つまり開発、同化、
協同である。
 開発というのは、実業界における概念で、おもにジュール・フェリーの言葉を通して表
明された。つまり植民地化を資本投下の、一つの手段と位置づけるものである。フェリー
の保護領の理論は、本国財政に配慮しながら植民地の経済開発をするのが可能であるとい
う主張であり、開発という概念から導かれる必然の帰結である。(中略)
 同化については、これが第三共和政の公式の教義としてとらえられることが多かった、
といってよい。とはいえ民族的に同化することは論外である。主眼は政治的および行政的
同化であり、「共通の祖国への愛」に言及されることもあった。もっとも、なかには黒ア
フリカも含めて、すべての植民地をフランスの県として本国の行政に組み込みたいと夢見
る者もいた。こうした傾向は、植民地帝国の末期まで根強く残っていく。(中略)
 協同は、開発と同化の中間に位置づけることができる。ギュスタヴ・ル・ボンやレオポ
ルド・ド=ソシュールのような心理学者は、異なる民族の同化が不可能であると繰り返し
説いていたし、先に指摘した一八九三年創設の植民地連合を着想したジョゼフ・シャイェ
=べールは、重要なのは現地住民にも繁栄を約束することだと考えていた。さらに植民地
と本国との関係が緊密になれば、それだけ経費はかさむと計算していた者もいた。事実一
八九五年からフランスの国庫負担は毎年二億フランに上っている。

グザヴィエ・ヤコノ『フランス植民地帝国の歴史』pp.78-79

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 23:59:34 ID:5v+BO9BI0
>>468
コピペはもういいよ。個別に具体的に書いてくれ。

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 00:46:14 ID:Ej1jFreW0
>>467
インフラの整備なんざオランダでもやってますが

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 00:50:01 ID:hiTwYV3P0
>>469
インフラの整備なんざフランスでもやってますが

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 02:29:50 ID:z9n3CmKp0
日本でも朝鮮人の同化なんて無理って意見はあったけどな。
安の馬鹿が伊藤翁を殺したばっかりに・・・。

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 09:06:49 ID:X5TgX+lj0
>>472
併合前から内政権や外交権を奪ったり、韓国軍を解散させたりしてたがな
安を馬鹿というには、事前に介入しすぎ


474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 10:22:15 ID:k/oDZ2xk0
一、朝鮮は、内部からの改革が不可能なので、外部から改革されねばならない事。

一、朝鮮は、内部からの改革が不可能なので、外部から改革されねばならない事。

一、朝鮮は、内部からの改革が不可能なので、外部から改革されねばならない事。

    by イザベラ・バード

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/01(木) 15:14:25 ID:af0kj1jA0
朝鮮人は反乱を起す気などさらさらなかったようだし
日本の統治は極めてうまくいっていたというようにしか思えません。
朝鮮への植民地統治が残酷だったという主張は、独立後の捏造です。

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 01:07:27 ID:HXf9KsOr0
外部に敵をつくり内部の結束を図る。
べつに朝鮮人が卑劣なのではなく、
これが国民国家のつくりかた。

断言しよう。朝鮮人が日本人の言い分を理解して
和解しあう日が永遠に来ないということを。

477 :funわか ◆bbZx8P7qp2 :2006/06/02(金) 01:17:25 ID:LOzdHLPx0
朝鮮の日本統治が始まる前の興味深い統計が有ります。朝鮮の人口は日本統治が開
始された1910年には1300万人でしたが終戦時には3000万人になってい
たのです。 当時の朝鮮は農業の生産性は少なく、幹線道路も整備されておらず、
流通は滞り、上下水道は無く、医師もおらず病院もく無く、生活全般が貧しく衣食
住全てに於いて最貧、最低だったからです。そのような理由から朝鮮では長らく人
口の増減は無かったのです。貧し過ぎる国故に1300万人以上に人口が増えよう
が無かったのです。

ところが日本が統治しはじめてわずか35年で人口は倍以上の3000万にも膨れ
上がったのです。 何故か!?日本は統治時に多額の資金を朝鮮につぎ込みました。
道路を整備し、流通の流れを作り、学校を作り富の想像の知識を教え、灌漑用水
を作り、近代農業を教え、農作物の生産性を飛躍的に高め、上下水道を整備し、病
院を作り衛生的な生活を教えたのです。おかげで朝鮮では貧しいが故に増えなかっ
た人口が日本統治のおかげで爆発的に増えたのです。 日本統治からわずか20年で1700万も
の人口増という証拠となって表れたのです。 日本は朝鮮を侵略したのでは決して
無く、援助したのです! 感謝されることは有っても、恨まれる事など絶対に無い
のです!! 中国においても全く同じ事が言えるのです。莫大な資金を中国につぎ
込んで道路や鉄道を造り、日本統治時代、日本は中国をそれ以前よりも遙かに豊か
な国に変えてあげたのです!

当時の欧米列強の植民地政策としての侵略は凄まじいまでの富の収奪でした。とこ
ろが日本には富の収奪どころか、道路を造り病院を作り、文字を教え、、、、日本
語も教えましたが、当時の朝鮮は諸外国と一緒で日本と違い一般庶民は文盲だった
ので、ハングルも日本人の教師が朝鮮国民に日本の建てた学校で国民に教えました
。 建てた学校は日本と富の生産の仕方を教えたのです。日本には、かの国達を指
導し、導き、富める国にしようとしたことは数あれど、富の収奪の植民地政策など
、どこを探してもあり得なかったのです。 

HP恋愛manual→f u n w a k a論 より http://hw001.gate01.com/funわか/ron.htm

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 05:41:27 ID:zjRjvwAQ0
「チョッパリ」などと馬鹿にしていた相手に支配されたのだから、
日本による支配の内容以前に支配されたこと自体が朝鮮人にとっては
耐えられない屈辱であり、苦痛だった。


479 :& ◆yEMWS3bzVU :2006/06/02(金) 09:28:00 ID:50uGB5mb0
1910年には1300万人でしたが終戦時には3000万人になってい
たの → これは嘘! 1945年に2000万だったって。1960年度には3000万に
増えた。日本=嘘歴史作りの天皇王国


480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 12:23:42 ID:uQO5CiEn0
現実の独立戦争さへ出来なかったトラウマ=反日。
これからも続くね

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 13:55:27 ID:VEghwj5i0
孫秉熙(東学党主導者):「〔日本統治下の〕行政について不満はありませんが、日本人は
朝鮮人をヨボを以ってし、劣等視しているのは不平です」
「三 ・一運動関係調書・公判・裁判記録(一)孫秉熙事件」より

行政について不満はありません 行政について不満はありません 行政について不満はありません
行政について不満はありません 行政について不満はありません 行政について不満はありません

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/02(金) 20:47:00 ID:XglilzGZ0
>>478
両班の圧制に苦しみ、匪賊の横行に恐れていた
一般国民には日本だのプライドなどどうでもいいことだった。

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 00:03:14 ID:/4mkdUrS0
>>476
消し去れば解決するやろ?

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 00:11:17 ID:oL7cmKfe0
「感情的な理由で米国が韓国の独立を支援すれば米国は大きな過ちを犯すであろう。
韓国民は自己を治めえない。 私は・・・親日派ではないが、過去の征服の権利と
伝統とによって韓国は日本に所属すべきものと考える」・・・

「いまの(日露)戦争が終ったときに日本は(韓国)問題を片づけるだろうと想像する。
日本の韓国併合 ‥は、韓国民にとってもまた極東の平和にとってもよいであろうと
考える」 by 在韓アメリカ公使アレン  岡崎久彦「小村寿太郎とその時代」p295


韓国民は自己を治めえない 韓国民は自己を治めえない 韓国民は自己を治めえない

日本の韓国併合は、韓国民にとってもまた極東の平和にとってもよいであろうと考える
日本の韓国併合は、韓国民にとってもまた極東の平和にとってもよいであろうと考える
日本の韓国併合は、韓国民にとってもまた極東の平和にとってもよいであろうと考える

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 00:35:04 ID:ZJS2Cy+F0
白丁は日本人になれたんだから、良かったに決まってるジャン。

今の韓国人は白丁の子孫のくせに認めたがらない奴らが多くて困る。
先祖に唾を吐くなよ、たとえ奴隷でも。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 05:24:48 ID:Lsn/VW/qO
これに限らず
植民地支配というのは例外なく残酷だ
自らの国家が否定されるのだから

まぁ、とはいっても
そのことに関しては謝るつもりは全くねーけどな……

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 11:41:46 ID:guBq2iDB0
植民地支配について謝罪してる国なんて無いぜ。
もちろん賠償もしていない。
逆に独立賠償を請求してる国はあるが。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 12:33:44 ID:iH5aCx+60
>>487
>逆に独立賠償を請求してる国はあるが。

で、そういう破廉恥な西欧帝国主義とは違うんだと、立ち上がって見せたはずの
日本は、他の帝国主義が謝罪していないから同じでいいだろ、という態度で
いいわけなのね?

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 12:42:19 ID:NBUJgpPV0
>謝罪してる国なんて無いぜ。
イギリスとかフランスとか

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 16:04:28 ID:DC27C/MU0
funわかは相変わらず電波だな。
1910年の人口統計を採用する学者はいねーよ。
ある程度の信頼性があるのは1915年以降だ。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 16:09:51 ID:DC27C/MU0
>道路を造り病院を作り

欧州も植民地に道路を造り病院を建てたよ。
投資額は日本とは桁違いに上だ。
どうやらfunわかは日本のしみったれさを世間に吹聴したいらしい。
嫌韓厨に偽装した工作員のようだなw

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 16:22:57 ID:dErkvxEx0
朝鮮人掲示板の実態

「日本刀で何人も斬れない」説は
すでに過去ログ等で否定されているのに、
読まない振りをし、
「百人斬りは事実でない」と
自分の言いたい事だけの投稿を繰り返し、
管理者から晒されました

あまりにも愚かすぎます。

挙句の果てには、
クラッキング攻撃くらわせ、
掲示板を壊そうとしたり‥‥

本気でヤバイ奴でした。
ttp://bbs2.fc2.com/php/e.php/19522/?act=reply&tid=3175530

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 17:38:13 ID:qzr45FcPO
>>492
「日本刀で何人も切れない説」が否定された?


それ何て脳内ソース?
そんな話自体初耳なんだが?

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 20:06:46 ID:guBq2iDB0
>>488
破廉恥支配ですら謝罪しないのに破廉恥でない支配に謝罪する必要などあるかよ。
必要ないのに「謝罪しなくていいわけね」とか言われてもハア?だな。

もっとも、日本は首相が何度も謝罪しているし在鮮資産を放棄した上に賠償までしている。
韓国の経済発展はそれによるもの。併合中だけでなく独立後も日本のおかげで発展した。

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 20:15:09 ID:8sqL2WI00
感謝と資金の償還を!感謝と資金の償還を!感謝と資金の償還を!

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 21:00:33 ID:8sqL2WI00
本日の突っ込みどころはココダ!

>>486
>自らの国家が否定されるのだから

当時の 99.9999% の半島住民に国家という考え方(=国民意識)などなかった。ww
ありもしないものを、さもあったかのように捏造し、その仮想現実
(バーチャル・リアリティ)を論拠に妄想を膨らます。そして無限ループの中に
正邪の道徳的断罪を同語反復し、自己の精神的カタルシスを得る。それがチョソン・クオリティ。

ウリは正しいニダ、なぜならナムは間違っているニダ。 それゆえ正しいのはウリニダ。 以下ループ。


孫秉熙:「私は幼少の時より天道教を信じ、私の悩裏に国家という観念はない。
     ただ民族というものがあるだけです」
   「三 ・一運動関係調書・公判・裁判記録(一)孫秉熙事件」より 

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 21:24:47 ID:guBq2iDB0
韓国とサッカー
サッカーが朝鮮半島に伝わったのは1882年とされ、
外国人教師や宣教師によって広められた。
開学したばかりの高麗大、延世大などを中心に普及。
1910年に日本の植民地とされた後「文治」政策によって推進され、
全日本選手権が始まったのを同じ21年から、全朝鮮蹴球大会が開催。
飛躍的に広まった。日本では野球への関心が高かったのに比べ、
朝鮮でサッカー熱が高まったのは「野球は道具が要るが、
サッカーは道具が要らないから」とする見方もある。
日本統治下の大会などでは朝鮮のチームが圧倒的に強く
「国技」としてのサッカーという位置づけが人々の間に定着した。

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 21:29:06 ID:uCym2Pfv0
>>493
ttp://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/data/nangjin/hyakunin/nihontou.htm
ttp://andesfolklore.hp.infoseek.co.jp/intisol/hyakunin.htm
>日本刀の殺傷力について
>実際には、上記鵜野氏の体験談などから見て、日本刀は決して2〜3人斬っただけで殺傷力がなくなるような
>ちゃちな兵器ではありません。もちろん、血と脂まみれになり刃こぼれすれば、切れ味はたちまち鈍るでしょう。
>しかし、刃物を使う人なら「切れ味の鈍くなった刃物ほど危ない」ということは常識だと思われます。
>要するに例え切れ味が鈍ったところで、依然として日本刀が重さ1kgから1.5kgもある鋭利な鋼のカタマリである
>事実に変わりはないのです。野球のバットは重さが1kg以下ですし、鋭利でもありませんが、あれを人間の頭部に
>向かって力任せに振り下ろせばどういうことになるか、子どもでも分かろうというものです。

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 21:30:07 ID:PVsOoZNC0
それをいったらアフリカやインド、東南アジアの原住民たちにも
国民意識なんかなかったと思うけど

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 21:32:51 ID:8sqL2WI00
>>499
だからなに?

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 21:36:19 ID:+8+yUb1a0
朝鮮日本に対して兄貴分を自負していたが、日韓併合はその自負を吹き飛ばした。
朝鮮は日本の支配に抵抗する以上に順応してしまい、日本人となったことを
喜んだ朝鮮人すら少なからず居た。
日帝35年の支配の歴史は日本を弟分として位置付ける
朝鮮民族にとって民族のアイデンティの最大の脅威である。


502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 21:37:16 ID:PVsOoZNC0
>>500
君の主張は変だってことです。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 21:39:11 ID:8sqL2WI00
どのへんが?

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 21:41:52 ID:/4mkdUrS0
>>503
存在自体が。

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 21:44:32 ID:8sqL2WI00
>>504
答えようがないww  もう酔ったから寝るww

まぁ、あながち


506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 21:45:08 ID:8sqL2WI00
>>504
まぁ、あながち間違いではないかもww

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/03(土) 22:43:50 ID:uCym2Pfv0
まあ、一般の朝鮮人に民族的アイデンティティが明確に生じたのは併合時代だろうな。
日本からの近代思想の流入の影響だな。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 00:16:19 ID:M1RH6Zf+O
>>498
なにそれ?www

百人斬りは不可能だが百人撲殺は可能だ!!
だから「日本刀で百人斬りは無理説」は無効だ!!

こう言いたいのか?
ここまでくるとガキの口喧嘩レベルだなw

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 00:23:47 ID:qUanZ+WQ0
おかしな話だ。
「切れ味の鈍くなった刃物ほど危ない」のは必要以上に力をいれてしまうからだ。
「切れ味が鈍っても殺傷力はある」とは関係ないことを理解できないとは。
・・・で、撲殺した証拠でも?

それはどうでもいいとして、全朝鮮蹴球大会とはまたのんきだね。
他国のスポーツに熱中するほど余裕が有った日帝時代が残酷とはお笑いだな。

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 00:33:46 ID:tIDkCQvJ0
>>508
単に493が脳内ソースとか言ってるから「日本刀で何人も斬れない」ということには反論が既に出ている、
と突っ込んだんだよ。

もちろん、「日本刀で何人も斬れない」が間違いだとしても、百人斬りの事実が証明されるわけではない。
毎日記者の捏造武勇伝であることはほぼ確かだし、またこれが捕虜の据え物斬りがモチーフになったものだという
(説得力のある)証拠もない。

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 00:39:48 ID:wf6KN6NJO
731部隊

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 01:46:06 ID:NUHE2J/g0
要するに例え切れ味が鈍ったところで、依然として日本刀が重さ1kgから1.5kgもある鋭利な鋼のカタマリである
>事実に変わりはないのです。野球のバットは重さが1kg以下ですし、鋭利でもありませんが、あれを人間の頭部に
>向かって力任せに振り下ろせばどういうことになるか、子どもでも分かろうというものです
>>498
寝たきりの老人ぐらいなら殺せるだろうw
頭部に対する攻撃は本能で回避するのですよ。
戦国時代でさえ刀より槍が重宝されてました、多人数相手の場合に刀が使えない由縁です。

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 11:34:09 ID:QW7LXU7K0
>>492
またその掲示板閉鎖したな

そのうちこっそり復活するだろうけど

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 23:25:25 ID:LVjoLUZX0
日本刀じゃなくても100人くらい撲殺できるぞ。
相手が抵抗しなければね。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/05(月) 00:40:02 ID:ZMo4qjP90
>>489
イギリスとかフランスとかがどうしたって?
まさか謝罪したなんて脳内妄想を語りださないよな?

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/05(月) 05:57:19 ID:uhjW/bzh0
まあフランスに植民地支配を謝罪すべきだと主張してる人が多いのは事実だな。
あそこはソ連中共系とは違った種類の左翼電波の発信源だからな。人権擁護法案にも関係してるし。

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 01:04:08 ID:rSlkB1rs0
>>499
>それをいったらアフリカやインド、東南アジアの原住民たちにも
>国民意識なんかなかったと思うけど

ないよ。今でもないと思うが。

518 :funわか ◆bbZx8P7qp2 :2006/06/06(火) 09:54:48 ID:crhtdltf0
アヘン戦争が顕著に示しているとおり、これが鬼畜白人国家の植民地主義である。
それに比べ、日本が統治した朝鮮、台湾では統治期間の30年に人口が、三倍に膨
れあがったのは何故か?日本人はこれらの国を欧米の行う植民地化(現地の富や資
源の略奪)はせず、(する必要もなかったし、する資源も富もない貧乏国だった、
これらの国よりも遙かに日本が豊かだった)日本国と同じ意識で国造りに邁進した
からである。

朝鮮、台湾に(中国にも)日本人が日本国内で働いて貯めた膨大な国家備蓄の富
(税金)をつぎ込み、これら世界の最貧国に日本と同じ数の学校を建て、教師を育
成し、病院を建て、灌漑用水を作った、そのおかげで疫病に悩まされる事無く、文
字が読めることで機械を扱え、用水が確保出来た事で作物は10倍以上作られるよ
うになり飢饉に飢える貧民が激減し人口が増えたのだ。まさに鬼畜白人国家とは正
反対のその国の国民を自国民と対等に扱い身銭を切って近代国家にさせるという人
道統治を日本はアジアでやってのけたのである。)

http://hw001.gate01.com/funわか/his.htm
恋愛manual→f u n w a k a論より。


519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 23:18:39 ID:BjYP09Ku0
小熊が駄目なら、この問題で一番権威持ってる学者って誰なの?

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 23:47:54 ID:tRqRTdIS0
>>519
分野や地域によって色々いる
植民地史研究で主となってきた地域は、台湾・朝鮮・満州で
経済史研究がリードしてきた。

最近はポスコロみたいなのがたくさん出てきてる。
小熊さんはそういうのの筆頭。

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 00:44:56 ID:uOctc4LZO
小熊はバイアス掛かりすぎなんだよなぁ。
何というか思想つうか偏向した感情が前に出過ぎて、地政学とか歴史学じゃなくて
政治思想学みたいになっちゃてる。

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 12:52:11 ID:bQ89M7950
業物なら100人斬りなんて余裕だね。


523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 17:12:16 ID:pEMgT0H40
業物、ライトセーバーなら千人だってオッケーさ。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 21:36:05 ID:9x97+ECJ0
639 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :2006/06/07(水) 21:21:20 ID:6UUavwZu0
「日本人は大戦中、捕虜収容所の監視員には必ず朝鮮人を使ったのだよ。なぜかってボンド君、
奴らは世界で最も残忍な民族なんだ」
(007/ゴールドフィンガー 1959年より)
さすがは元英国諜報部員のイアン・フレミング。ストーリーはちゃちだが情報は正確だ。

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 21:42:04 ID:c0bjxdrJ0
>>524
ソース

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 22:05:34 ID:9x97+ECJ0
>>525
もちろんソースは2チャンネルですwwwwww

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 22:11:47 ID:b60YntRz0
韓国出身の人が書いた本を読んだ。その人の著作によると
日本政府の対応は良かったらしい。生活水準が向上した。
食べるものもろくに無かった状況から衣食住に困らなくなるまでに
なったそうだ。それの何処が暗黒の時代と言うのか?
その作者も韓国では出版できず、日本で出版したらしい。


528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 22:20:16 ID:N/Zu6iiz0
>>527
そう言う場合もソースを出すべきだと思うよ。
著書名は?著者名は?

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 23:09:46 ID:KLNl1SLL0
お前らがソースソースと騒ぐから、
ソースメーカーのアクセス数が
凄いことになってるらしいぞ。

えーと、この話のソースは・・・

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 23:21:44 ID:9x97+ECJ0
イアン・フレミングのゴールドフィンガーは読んだことはないが、当時韓国人軍属が
捕虜収容所の監視員をしていたことは事実だよ。捕虜の扱いも酷かったらしい。
その結果BC級戦犯になっている。なぜかその責任が日本政府になっているらしい。
ググればでます。

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 00:00:57 ID:B5hJaRop0
汚れ仕事は植民地人の仕事だからな

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 15:13:42 ID:KJpSj00t0
映画「ガンジー」みてみるといいよ。
インド人のデモ隊をタコ殴りにする警官も
小銃を掃射して虐殺する兵隊もみなインド人。

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 23:48:25 ID:TZ50P4u20
インドとの一点の共通点がなんだって?


534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 00:05:32 ID:pOvwU6bn0
ハァ?

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 00:14:02 ID:H3qsBoAR0
当時の韓国大統領・金大中が日本に来て一番会いたかったのは、
一人の老齢の日本人だった。

「先生、私です。豊田です。」と金大中は日本語で挨拶した。

植民地時代の学校の担任への感謝の言葉であった。

教育者はかくありたい。

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 09:19:47 ID:O4zTcyBU0
後生だから読んでくれ。皆の力が必要なんだ!

朝鮮人を日本に大量移住させる法案、今月中に成立予定
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1149747174/

    簡単にまとめると

北朝鮮への経済制裁等を行なう為の 「北朝鮮人権法案」だが
           ↓
「脱北者を出さないように北朝鮮の人権状況を改善させることが主眼」(与党関係者)とし
経済制裁のみの法案となった。
           ↓
一方、民主党が二月に国会提出した北朝鮮人権侵害救済法案は脱北者を
「難民に準じた扱いをする」ことで日本の定住資格を与える条項を盛り込んだ。
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/seiji/20060514/m20060514005.html

だったのだが 今回、白紙に戻して、自民・民主共同で
法案成立を目指すという事なので どんな中身かは不明

とりあえずは 自民党本部への「脱北者受け入れ反対」のメール、各板にコピペしてくれ。





537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/09(金) 11:13:38 ID:J8mPFAl+0
朝鮮人どもは従順だったし、朝鮮統治は死ぬほど上手くいってたよね。
まさに植民地統治の規範、鏡だ。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 16:36:32 ID:nyR4UFEE0
何のソースも無く言ってみるが、

このスレに蔓延している朝鮮人に対する差別意識を見てると、
いわゆる「日帝35年」において、どれだけ酷い差別が行われてたか、
想像が付くね。
そりゃ、今韓国人が言ってる事に事実誤認や誇張が多いのも事実だとは思うが、
日本は何も悪くない、とは、到底言えないと思う。
戦後60年も経って昔の事をみんな忘れかけてるから、
日本は悪くなかったって言っても許されるんじゃないのかね?

韓国朝鮮にも悪い所も落ち度もあったろうが、
日本も相当悪い事をしてただろう。
強者の弱者に対する傲慢、支配者の被支配者に対する残酷、
このスレに蔓延している傲慢な物言いに、通ずるものを感じるね。

一応、俺は日本人。

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 16:37:40 ID:nyR4UFEE0
何のソースも無く言ってみるが、

このスレに蔓延している朝鮮人に対する差別意識を見てると、
いわゆる「日帝35年」において、どれだけ酷い差別が行われてたか、
想像が付くね。
そりゃ、今韓国人が言ってる事に事実誤認や誇張が多いのも事実だとは思うが、
日本は何も悪くない、とは、到底言えないと思う。
戦後60年も経って昔の事をみんな忘れかけてるから、
日本は悪くなかったって言っても許されるんじゃないのかね?

韓国朝鮮にも悪い所も落ち度もあったろうが、
日本も相当悪い事をしてただろう。
強者の弱者に対する傲慢、支配者の被支配者に対する残酷、
このスレに蔓延している傲慢な物言いに、通ずるものを感じるね。

一応、俺は日本人。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 17:02:42 ID:vp0jhVMMO
何もソースないなら書き込まない方がいいかと


あと、ここに来るぐらいだし多少興味があるんだろうから
日本と韓国両国の歴史の勉強をしてみてください。
大局的な観点から明治以降の流れを読み解くと無知って本当に
愚かだよなぁと思うはず。あ、それと韓国政府の反日プロパガンダに
気付いても嫌韓にならないでね。文化の違いの最たるものですから

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 17:15:52 ID:nyR4UFEE0
何でこうまで韓国朝鮮を悪く言わないと気がすまないのか?
現代日本人が精神的に貧しく、自国に誇りが持てないからだろうな。
そういう時に他国や他民族を蔑んで、気を晴らそうとするのは、
第一次大戦敗戦後のドイツにも見られた傾向。
その弱みをヒトラーにつけいられて戦争に誘導されたドイツのごとく、
日本も戦争前夜に思える。

一方、韓国や中国で日本の悪事を誇張(捏造ではない、実際日本は悪事はしてる)するのも、
韓国や中国の国民が本当の意味で自国に誇りを持てない状況だからだろうな。
我欲の為に他国の独裁政権を倒し偽りの正義を吹聴するアメリカも、
本当の意味で自国に誇りは持っていないのではないかな。

自国に真に誇りを持ち、他国と協調し、世界を平和へと導き、真の繁栄への道を歩む。
それが理想だが、遥か彼方だ。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 17:33:34 ID:nyR4UFEE0
539より、540さんへ、あなた自身はいい人だと思う。
ただ、その、「大局的観点」てやつと「無意識の差別意識」が結びつくと、
「大局的観点」=「差別を正当化する口実」となるのは、
歴史上いくらでも見られる事なんだな。
「大局的観点」は絶対視されるべきものではないと俺は思ってる。
自分の観点は大局的観点で絶対、との思い込みほど、恐ろしいものはないからね。
中韓の反日プロパガンダは嫌いだけど、というかプロパガンダ自体嫌いだけど、
嫌韓も、嫌中も、嫌だなあ。
ていうか、このスレでの、嫌韓ムード、日本マンセーって、
ある種のプロパガンダにも感じられるな。

日本の過去現在の功罪、韓国の過去現在の功罪、中国の過去現在の功罪、
真実は天秤の上に有り、と、俺は思う。
バランスの取れた観点を持つ事を心掛けたい。
これは、俺自身にも向けて言っている台詞。



543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 17:43:37 ID:wsILRqVc0
嫌わざるを得ないほど韓国の捏造は酷い
「朝鮮のそれまでの刑法システムを調べるため、鞭打ち刑を視察する日本人の写真」がなぜか「拷問を実施している日本人」に韓国ではなってるし
3・1独立運動についてだって逮捕者は一人も死刑などの極刑には処せられていない(警官を惨殺した犯人さえ)
ついでに独立運動指導者の大多数が親日に転じている事実なんかも伏せている

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 18:09:33 ID:vp0jhVMMO
うん、だいたいあなたの主張はわかったよ。

俺も当時を見聞きしたわけじゃない。ただ爺さんの世代の言動には
朝鮮=差別的意味合いがあったのも事実。(中国も含めて)
かといって積極的に差別を教えられたこともなく今まできた。
日本と韓国朝鮮との間にはこれといった絶対的な尺度も無いし
立場も違うのだから未だに困難がつきまとう。

ただネット内での温度差には理由があると思う。
実際韓国政府は反日ありきの教育をしているのは事実だし
国家として行われていることに、言いようのない不安な感情を抱く人
反発する日本人がいるのは仕方のないことだと思うよ。

あなたが何者かは知らないしあなたも私のことを知らない。ただお互いに否定することなく議論できている。「相手が悪い」ありきではこれからも進んではいかない。韓国政府だけでなくもちろん私もそれは肝に銘じておくよ。

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 18:23:01 ID:zIBvtgw90
ソースソースと言うけれど、
本当に当てになるソースを元にものを言ってる人がどれだけいるのか激しく疑問。
「俺のソースは絶対」と言い張る奴ほど、胡散臭いからなあ。
あと、良いソースでも解釈のし様で、
とんでもない滅茶苦茶な結論を導き出す材料になるし。
捏造対捏造が酷過ぎて、真実がどんどん遠くなってるのが現状としか、
俺には見えないんだよ。
俺が、「ソースも無く」って言わざるを得ないのは、そのせい。
寧ろ、身近にいる、昭和一桁世代の日本人の、
「昔の韓国人差別は酷かった」って話の方に、真実味を感じる。
だからといってそれが絶対、とまでは、言わんがね。
 
最近の嫌韓には、何故か、薄っぺらさを感じる。
ものすごく一方的な観点でしかものを言ってない、
「こっちは悪くない、向こうが悪い」の一点張りだからね。
 
韓国も捏造してるが、日本も捏造はしてた訳だし。
大体、「進め一億火の玉だ」なんて、自国民の生命すら大事にしてなかった歴史的事実を持つ国が、
他国民の生命を粗末にした事がありません、なんて、
信用しろといわれてもねえ。

疑いたくなる事ばかりだよ、昨今の議論は。


546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 18:33:02 ID:j2ZdYV0W0
大局的観点とバランスの取れた観点ってどう違うのよ?
他者を安易にヒトラーに喩えるのは、
それこそレッテル貼りの差別主義者の最たるものじゃないの?
現代日本で、朝鮮人ホローコーストが行われるとでも???
私には想像もつきません。

自国に誇りが持てないとか、精神的に貧しいとかではなくて、
もっと単純に、”危ない隣人に警戒心を持ってるだけ”だと思うんだけどね。
もちろん、チョ○とかチャ○コロといった差別用語は、使う側のオウンゴールみたいなものだから、
使うべきではないけど、匿名掲示板で言っても残念ながら無駄。



547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 18:52:11 ID:zIBvtgw90
中韓からみると、最近の日本は危ない隣人にも見えるのでは?
憲法第9条改正論とか、危険視されても不思議ではないと思うよ?

いろんな人の発言に耳を傾けて、公正なものの見方をしようと努力する、
そこから生まれてくるのが、バランスの取れた観点。
大局的観点、という言葉の本来の語義はともかくとして、
発言者の観点による片寄った「大局的観点」が、とかく横行しているので、
「大局的観点」という言葉には、注意が必要なのが、現状だと、
俺には感じられるって事です。

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 19:03:13 ID:/fjTnkPr0
相手の発言をよく読んで、反論は書き込みましょう。
相手の発言の一部を曲解して、ことさら否定的な対応を返したりしてると、
スレは荒れるばかりです。

まあ、2ちゃんねるって、荒れるもんだけどね。
(荒らして良いとまでは言わんが、何かのきっかけで荒れるのを覚悟で来ないと、
酷い目に会うからね、2ちゃんてとこは。)

覚悟を胸に、マターリを心掛ける。
いやはや、良心的2ちゃんねらーを目指すのも楽じゃないな、全く。


549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 19:08:20 ID:4K/VXb580
昔の日本人は、家柄で差別した。家族内でも妾の子は差別された。
ましてや、外国人を差別しなかったわけないだろう。
そんなことは、ここにいる皆さんは当然わかってるでしょう。たぶん
ただ、歴史問題は相手が中韓が相手になると過去形ではなく、現代の政治問題になってしまう。
彼らは、ことあるごとに歴史認識を持ち出して現在の日本に譲歩を要求する。
政治家もマスコミも同調する。ついでに自分は良心的で頭(・∀・)イイ!と思ってる者も追従する。
きりがないんよ。中国にいくら金払ったんだ?感謝されて、日中友好が促進されたんだろうか?
カネカネキンコの犯罪者まで口走るんだから。
「日本は昔悪い事をした。」

現代日本との比較ではなく、同時代の他国の植民地と比較しようよ。

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 19:25:43 ID:/fjTnkPr0
539より、549さんに付け加えて、敢えて、一言。
俺は田舎在住で、家のすぐ近くにいわゆる「部落」がある。
小学生時代、俺は、「部落差別発言」をした事がある。
これは、俺の罪だ。
差別者の被差別者に対する傲慢を、他人事ではなく、
自らの内にある醜さとして、省みる、反省する、自らを戒める、
そこから、ものの見方というものを、様々な角度から問い掛ける、
といった考え方が生まれている、俺なりに。
 
あなたの中に、何かを差別しようとする意識は本当にないか?
即答で無いと断言しようとしているそこの人、あなたにあなた自身は見えているか?
 
・・まあ、自己の罪の意識に引き摺られても、ものの見方は片寄ってしまう。
そのことも踏まえて、いろんな人の発現に耳を傾けてみたいと、思っている。
一方的な発言には、反対したくなるけどね。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 19:44:12 ID:yn/wim8g0
>>550
仮に私が心の奥底で朝鮮人や部落の方々差別しようがしまいが、
ホローコストは行われまんせから。安心してください。

常に心美しき人間であろうとするあなたの姿勢には、ただただ頭が下がります。
でも、私が心の奥底で誰かを差別したところで、な〜んにも世の中変りませんからw



552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 19:51:19 ID:yn/wim8g0
ホローコスト(恥
この手の用語を間違うと差別されそうだな。
すんませんタイプミスしました。許してください。

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 20:31:36 ID:yn/wim8g0
レス止まった。
俺のせいかな。
時代によって価値観が変るのは、時代を超えた普遍の法則だと思うんですよ。
現代日本の価値観で過去を一方的に断罪するのは、どうかと思います。
もちろん時代にかかわらず普遍のスタンダードもありますけどね。

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 20:42:06 ID:yn/wim8g0
私の考える時代に依らない数少ない普遍のスタンダード

・歴史は常に勝者のそれである。
・外交にあるのは善悪ではない、強弱のみである。

んじゃ、さいなら。
スレ汚し失礼しました。

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 20:42:24 ID:TYjSbR8e0
> 143名前: 世界@名無史さん投稿日: 2005/10/11(火) 10:30:12 0
> ウヨ厨の無知をさらしている恥かしいコピペ一覧(今時こんなコピペする奴は相当のアホ)
>
> 世界三大権威コピペ
> (天皇を皇帝格と主張し、それを根拠に世界でもっとも権威のある存在とするコピペ
> 極東板発祥の歴史あるコピペで、現在では極東板に貼ることすら恥かしいコピペ)
>
> ホワイトタイコピペ
> (昭和天皇がアメリカ訪問の際、アメリカ上院議員が全員なぜか夜会用のホワイトタイで
> 空港に並んで出迎えるというコピペ。最近ではホワイトスーツで出迎えるとするコピペまで…)
>
> 迎恩門コピペ
> (迎恩門は清朝に作られたとするコピペ。なぜかネットでは明朝時代に作られたとしている
> サイトは皆無であり、ほとんどが清朝と説明されている。つまりネットの中だけで延々と
> ソースロンダリングされており、ウヨは史料を全く読まないという良い例)
>
> アインシュタインコピペ
> (アインシュタインが日本の天皇家を世界でもっとも尊いと称えるコピペ。日本来日の時に語った
> 言葉だとされている。が、まったくそんな話は無い。
> 実際にはウィーン大学の国家学者ローレンツ・フォン・シュタインの言葉をアインシュタインの言葉だと
> 勘違いしている相当に恥かしいコピペ)

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 21:49:59 ID:GrkS4f6z0
心美しきというか、単なるお人好しだな。
お人好しも度が過ぎると犯罪だよ。
外患誘致罪で処罰すべき。

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 22:32:20 ID:Xf8ULg5A0
この手のスレの、いわゆる荒らし発言こそ、
外患誘致罪が、適用されるべきだろうな。
喧嘩をするべき時もあるが、むやみに喧嘩を売るのは、明らかに良くない。
「百戦して百勝するは最上にあらず。戦わずして勝利を収むるが最上なり。」
これは、歴史を超えて通用する真理だと俺は思うな。


558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 22:52:08 ID:uOdSOGjz0
また、痛いレスだな。

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 23:09:58 ID:1u9PvUW+0
もし中共や南北キムチが武力攻撃してきたら
福島や辻本なんかを外患誘致罪で死刑にして欲しいな。

国会内の言動には責任を問えないが、
国会外であれこれ外患誘致をしてるからな。

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 23:12:10 ID:GrkS4f6z0
どんな歴史を元にしたら、こんなのが出来るんだろう?
朝鮮学校でも出たのか?

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 23:19:56 ID:uOdSOGjz0
自分に気に入らない意見は、全てホロン部認定か?

それとも新手のホロン部による工作方針かな?

よ〜〜〜、わっからん。

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 00:02:22 ID:HvyYlyvW0
>>561

■日本はどういう社会になりつつあるのか

若者向け月刊誌「サーカス」に「都市ゲリラ化するニッポン」という特集記事があった。(中略)
アメリカ追従の小泉・竹中政権下の日本では貧富の格差が開く一方で、
不穏な集団自殺やカルト宗教、詐欺事件、そして凶悪異常犯罪が頻発。
さらにニート、フリーター、失業者700万人が社会への「怨み」を持ち始めている。

その「怨み」の矛先が強者(為政者・富裕層)ではなく、
マイノリティーやさらなる弱者に向い、
ネオナチズムともいうべき人間の良心に反した差別主義となってあらわれ、
あるいは見当違いの排外主義に転化している。

彼らには、複雑な現実を変えるための政策を考える知恵も、気力もないため、
単純な「善悪二元論」「原理主義」に陥りやすい。

そのお粗末な頭脳は、狡猾な為政者たちや詐欺師・カルトから
見透かされ、利用され、操作され、カモにされる対象になっている・・・

結局、搾取される負け組みサラリーマン、フリーターが
犯罪、暴力、差別流布等の反社会的行為の中心になる。

社会の「負け組」が排外主義や人種差別主義を煽る右派カルトや職業右翼に騙されて、
結果的に支配階級に奉仕する被搾取階級になっているという皮肉な構図が透けて見える。

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 01:04:29 ID:iIF/33Ca0
>>561
妄想激しいなw

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 21:09:44 ID:5pOO69SO0
>>539>>542
むしろ、このスレでは香ばしい嫌韓発言は概ね干されてるが…。チロリアンやfunわかは相手にすらされてないし。

というか、「善い」「悪い」「差別」「傲慢」「残酷」といった表現は、その内実がどういうものか
はっきりさせないでいきなり使うのは、言わんとしている内実から遊離して刺激的な印象を
与えるから好ましくないと思ったり思わなかったり。

バランスの取れた視点を身につけたいなら、多くの発言や書籍・資料などをすり合わせながら
総合的に判断していくよりないだろう。ただ539のレス自身、どれほど日本や韓国などの功罪を
捉えているのかが疑問。

まあ、次に>>549へのレスで述べるように、中共や朝鮮・韓国の外交政策の欺瞞性は追及されてしかるべきものだし、
このスレの主題が「朝鮮への植民地支配」であるからには「朝鮮への植民地支配」に関連する朝鮮・韓国のスタンスが
追及されるのは当然だと思うが、一方でそれを単なる民族叩きに転化させるべきでもないと考える。

>>549
それは「政治は別」としておけばいいだけ。

実際問題としては、指摘の通り、「中国にいくら金払ったんだ?感謝されて、
日中友好が促進されたんだろうか?」で終わる話で、歴史認識の介在する
余地は本来ないのだから。

歴史問題は歴史問題として議論し、それをどう外交などに反映するかは
他の要素も絡んでくるし、むしろ他の要素のほうがはるかに大きい罠。

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 23:57:34 ID:+paidblH0
日本人的なナイーブな意見だな。w

チョソンが歴史問題を歴史問題として議論していないのが問題なんだろ。

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 01:43:53 ID:6iXMhcXT0
聞かれてもいないのに、
「一応、俺は日本人。」なんて言ってる時点で
変なんだけどね。

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 11:39:13 ID:7iTSNhNN0
一般的に社会を前近代社会から近代社会に変えていく過程で、既得権を持った人たちから
権利を奪う行程があってそれが社会の騒乱の原因になる。
日本の場合は「近代化を行わなければ西洋諸国の植民地になってしまう」という国民的合意が形成できたため、
比較的少ない流血で封建的権利を廃止できたし、権利を奪われた者の恨みもそれほど尾を引かなかった。
朝鮮の場合はそれが他国から一方的に行われたため権利を奪われたものの恨みは残り、
新たに近代的権利を受けたものからの感謝さえも得られなかった。
同じ苦い良薬でも、納得して自分たちで飲むのなら我慢も出来るが、他国に強制されるのは我慢ならんというのは一応理解できる。
結局日本が朝鮮から奪ったのは「自力で近代化する権利」ってことじゃないかな。
それを奪うことは、朝鮮という国が将来精神的に自立できるかどうかのチャンスを奪うということではなかったかと思う。
早い話過去半万年彼らは自立できていないし将来も出来ないと思う。
さらに言えばどこに頼るかを自分たちで決める権利すら無いというのが実態だ。
そういう意味では酷いことをしたんだろうな。しかし自立できない責任の過半は彼ら自身にあるんだが。

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 18:05:32 ID:0J8bfJCg0
自立する前に滅んでしまう国も多かった。
権利を持ったまま死ぬか権利を失ってでも生きるか、
現在の発展をみれば生きた方が良かったと言えるんじゃないか。

569 :567:2006/06/13(火) 18:56:44 ID:7iTSNhNN0
「我に自由を与えよ、しからずんば死を」って言葉を歴史の時間に習うくらいだからなあ。
そういう価値判断は当人のみが行えることで、他人がとやかく言えることではないような気がする。
何れにせよ日本から押し付けられた近代化だから、それに伴う負の部分を容易に日本に転化できるわけで、
そういう意味では大人になっていないといえる。ただ大人になるチャンスは日本が奪ったわけだが。
おそらくそれの後遺症で彼らは異常に「民族の栄光」を求めているような気がする。
「民族の栄光」なんて言うのは思春期のニキビみたいなものなんだが、まあたしかに彼らに「民族の栄光」はまったく無い。
第二次大戦末期にでも上海臨時政府率いる朝鮮独立軍が日本陸軍と大会戦を行ったとか(ありえないな)、
ワルシャワ蜂起のような大規模な反抗がソウルで起こったとかあったら仮にそれが悲惨な負け戦だったとしても、
民族の精神を鼓舞することになったんだろうが、何にも無かったから金日成ごときに「独立の正統性」を僭称されることになるわけで…。
民族の青春時代をウジウジ過ごすと尾を引くんだなあ。


570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 20:02:03 ID:XTKauQAp0
 大増税!!!治安悪化来る!!!!!!!

2006年6月13日、ワールドカップで盛り上がってる隙に、こっそりと、
隠れるように 悪法「北朝鮮人権法案」を衆院を通過させました。

「北朝鮮人権法案」とは、名ばかりの 経済制裁」に過ぎません。
これが可決したら、日本は北朝鮮からの難民を、 ほぼ無条件に朝鮮人受け入れ
日本国民の血税で生活保護費を与えなくてはならなくなります。
彼らへの生活保護費: 1人当り月額約17万 (←日本国民が払う)
難民の数にもよりますが、あなたの月給から2万〜8万と考えればいいでしょう。。

しかし、絶望するだけ、諦めるだけ、愚痴るだけ では何も変わりません!!!!
まだやれる事があります!!今、出来る事(メール・電話での抗議!ネット伝播!口コミ!)をみんなでやりましょう!!
今知っている人は少ないです、ですから国民全員にこの問題を知ってもらわねばいけないのです!!

はじめてここに来た方は↓に目を通してみてください。

まとめ1
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1150100330/329
まとめ2
http://www.hamq.jp/i.cfm?i=sosisurubesi&s=2039
フラッシュ
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1150100330/658
抗議スレ
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1150130638/l50
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
この事はテレビや新聞等では、報道されておりません。←朝鮮圧力、政府圧力による報道規制
  これは決してデマなどではありません、国会にも出ています!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 20:54:48 ID:9kH2/JDh0
<丶`∀´>これが東京ニダか・・・
(´・ω・`)もうその仮面は外して良いんだよ
<丶`д´>えっ!?
・・・
(´・ω・`)おかえり・・・
(´;ω;`)・・・た・・だ・・いっ・・・ま・・・に・・・ほ・・ん・・・




572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 22:16:09 ID:Sf7VYMYD0
◆朝日新聞がなにやら朝鮮人ネタに関してもみ消しをやってる模様

34 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2005/01/13(木) 06:13
参考資料: 大阪朝日新聞、大正12年9月3日号外  ←◆震災発生から2日目

 目 Kと工廠の火藥爆發 震源地は太平洋にも
【早川東朝社員甲府特電】
朝鮮人の暴徒が起つて横濱、 ~奈川を經て八王子に向つて盛んに火を放ちつつあるのを見た。
震源地は伊豆大島三原山の噴火と観測されてゐるが他に太平洋の中央にも震源があるらしい。
砲兵工廠は火藥の爆發のために全燒し目 K火藥庫も爆發した。

 参考資料: 大阪朝日新聞、大正12年9月4日 ←◆震災発生から3日目
 各地でも警戒されたし 警保局から各所へ無電
  ~戸に於ける某無線電信で三日傍受したところによると、内務省警保局では朝鮮總督府、呉、
佐世保兩鎭守府並に舞鶴要港部司令官宛にて目下東京市内に於ける大混亂状態に附け込み不逞鮮人の
一派は随所に蜂起せんとするの模樣あり、中には爆彈を持って市内を密行し、又石油鑵を持ち運び混雜に
紛れて大建築物に放火せんとするの模樣あり、東京市内に於いては極力警戒中であるが各地に於いても
嚴戒されたしとあつた。

※ 現在、朝日新聞はこの記事の封印を行っており、国会図書館に行ってもその記事をみることは
できない。証拠隠滅の現行犯である。なお、1923年当時の日本に存在したジャーナリズムは
日本の新聞だけである。

73 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2005/12/27(火) 07:18
  関東大震災時の朝日新聞の号外の件

>現在、朝日新聞は記事の封印を行っており、国会図書館に行ってもその記事をみることはできない。
4つの記事のうちまず2つが削除された。残った2つの記事には▼朝鮮人の暴徒が起つて横濱、 ~奈川を經て八王子に向つて盛んに火を放ちつつあるのを見た▼不逞鮮人の一派は随所に蜂起せんとするの模樣あり、中には爆彈を持って市内を密行し、又
石油鑵を持ち運び混雜に紛れて大建築物に放火せんとするの模樣あり とある。
最初に削除された2つは朝日新聞にとってさらに都合の悪いものだったんだろうね。(井戸?毒?)

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 23:11:43 ID:T6YH8wsD0
日帝に収奪された朝鮮→日本は朝鮮に投資していた。
強制連行→朝鮮人どもは日本での生活に憧れていた。
内地の高賃金を目当てとして大量の朝鮮人どもが日本国内へ移住。
慰安婦→売春業の女性。年収数千万円のお金持ち。
創始改名→朝鮮人どもは日本の名前に憧れていた。任意。
ハングルを奪う日帝→埋もれていたハングルを発掘して公教育に組み込んだのは日本。
日帝時代は暗黒時代だった→朝鮮時代の朝鮮人は豚みたいな生活をしていた。朝鮮時代のほうが暗黒時代。

m9(^Д^)プギャー

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 23:56:28 ID:2Z8NvW+o0
ねぇ、日本はもはや予選敗退コースまっしぐらだけど、どんな気持ち?
韓国は余裕で初戦勝利だよーん
        ∩___∩                     ∩___∩
    ♪   | ノ ⌒  ⌒ヽハッ    __ _,, -ー ,,    ハッ   / ⌒  ⌒ 丶|    後半終盤に三点も一気に
        /  (●)  (●)  ハッ   (/   "つ`..,:  ハッ (●)  (●) 丶    取られてるけど どんな気持ち?
       |     ( _●_) ミ    :/ 日本猿 :::::i:.   ミ (_●_ )    |     ねぇ、どんな気持ち?
 ___ 彡     |∪| ミ    :i        ─::!,,    ミ、 |∪|    、彡____日本の1点は誤審だしねw 
 ヽ___       ヽノ、`\     ヽ.....:::::::::  ::::ij(_::●   / ヽノ     ___/
       /       /ヽ <   r "     .r ミノ~.    〉 /\    丶
      /      /    ̄   :|::|    ::::| :::i ゚。     ̄♪   \    丶
     /     /    ♪    :|::|    ::::| :::|:            \   丶
     (_ ⌒丶...        :` |    ::::| :::|_:           /⌒_)
      | /ヽ }.          :.,'    ::(  :::}            } ヘ /
        し  )).         ::i      `.-‐"             J´((
          ソ  トントン                             ソ  トントン


575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 00:32:41 ID:9NGFCqfs0
http://www.youtube.com/watch?v=lCbB1BAcN3w&search=zainichi

77377737 (3 weeks ago)
This old battleaxe lying, like breathe out.
truthfully, this old battleaxe is slut. yes! old slut.
hahaha

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 08:53:06 ID:6sG4wiiw0
↑やっぱりチョウセンですね・・笑、言ってることが支離滅裂、下品そのもの。

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 12:41:53 ID:t37lTp/F0

 日本の近隣諸国「中華三兄弟」の歴史捏造により日本人が屈し骨抜きにされない為にはまず日本人が『近代史』を学ぶ必要が在るだろう。
 先祖が歩んで来た日本の近代史には中華三兄弟に対して何一つ謝罪し恥じるべき事等は無かったのだから。
 ただ知れば良いのだ。
 淡々と歴史を検証し冷厳な目で歴史を知ればそれで答えは自ずと見えてくる筈なのだから。

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 12:54:15 ID:JEM0c2eR0
>>577
>日本の近代史には中華三兄弟に対して何一つ謝罪し恥じるべき事等は無かったのだから。
>淡々と歴史を検証し冷厳な目で歴史を知れば

矛盾してるなw
淡々と歴史を見れば「何一つ謝罪し恥じるべき事等は無かった」みたいな感情的な言は出ない。


579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 17:02:29 ID:5QKEBFyQ0
敗戦直前まで選挙権も応召義務もなかったかならなあ。
いくらインフラ整備をした、教育投資をしたといっても二級市民扱いだったのは明白だと思う。
選挙権はよく問題になるがもっと重要なのは徴兵のほうじゃないかなと思う。

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 23:58:46 ID:2fHaJfMc0
「残酷だったかどうか」「欧米の植民地と違うかどうか」
どうでもいいよ。「朝鮮人が主張するような統治ではなかった」が大事。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 00:02:50 ID:8f/PXgT30
植民地への投資など、欧米でも普通にやっていることだけどね
蘭印では1930年代から工業化投資が開始されていたという研究も出ているし。

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 00:29:23 ID:9Xfr48Te0
>>579
プエルトリコは、アメリカ2級市民?

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 00:33:33 ID:ax63Uiys0
>>579
朝鮮人でも内地の住民なら選挙権はあったはずだよ。
実際、朝鮮系の議員もいたし。
逆に外地の住民なら、日系でも選挙権はなかったはず。

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 00:58:58 ID:jSqhL3M/0
戦前は戸籍の移動は原則的に認められなかったから
内地人は朝鮮や台湾に定住しようが、本籍地は内地のまま。
内地人と結婚か養子縁組しないと朝鮮人も内地に本籍を移すのは無理。
外地在住の内地人にも徴兵制は適用されてる。

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 01:13:40 ID:X39yCchk0
外地人が内地に住民登録するのは難しかったようだけど。
そもそも外地から内地へは渡航制限が行われてたし。

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 01:41:44 ID:CmukIScF0
>>581
>植民地への投資など、欧米でも普通にやっていることだけどね

あいかわらずの、でたらめプロパガンダだな。
オマエほんとに馬鹿だね。

投資ってナンなんだよ? 日本は国民の血税から、国家予算として朝鮮半島に投資したんだよ。
ただの民間投資とは違うんだよ。 民間は民間で別に投資してる。 いっしょにするなよ!

>蘭印では1930年代から工業化投資が開始されていたという研究も出ているし。

あいかわずソースなしww  具体的にソースつきで書けや!
で、その結果工業化されたのか?

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 01:43:07 ID:8f/PXgT30
>>586

フランスの植民地化の理論

 現実には統一的な理論はないとはいえ、思想の流れは大きく三つある。各々の相対的な
重要性は定まったものではないが、次の三つの言葉にまとめられる。つまり開発、同化、
協同である。
 開発というのは、実業界における概念で、おもにジュール・フェリーの言葉を通して表
明された。つまり植民地化を資本投下の、一つの手段と位置づけるものである。フェリー
の保護領の理論は、本国財政に配慮しながら植民地の経済開発をするのが可能であるとい
う主張であり、開発という概念から導かれる必然の帰結である。(中略)
 同化については、これが第三共和政の公式の教義としてとらえられることが多かった、
といってよい。とはいえ民族的に同化することは論外である。主眼は政治的および行政的
同化であり、「共通の祖国への愛」に言及されることもあった。もっとも、なかには黒ア
フリカも含めて、すべての植民地をフランスの県として本国の行政に組み込みたいと夢見
る者もいた。こうした傾向は、植民地帝国の末期まで根強く残っていく。(中略)
 協同は、開発と同化の中間に位置づけることができる。ギュスタヴ・ル・ボンやレオポ
ルド・ド=ソシュールのような心理学者は、異なる民族の同化が不可能であると繰り返し
説いていたし、先に指摘した一八九三年創設の植民地連合を着想したジョゼフ・シャイェ
=べールは、重要なのは現地住民にも繁栄を約束することだと考えていた。さらに植民地
と本国との関係が緊密になれば、それだけ経費はかさむと計算していた者もいた。事実一
八九五年からフランスの国庫負担は毎年二億フランに上っている。

グザヴィエ・ヤコノ『フランス植民地帝国の歴史』pp.78-79

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 01:47:07 ID:CmukIScF0
>>587
だから、その二億フランの植民地別明細を書けよ!

で、その結果は?


589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 01:48:10 ID:CmukIScF0
>>587
で、オランダはどうなんだ?


590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 01:51:20 ID:CmukIScF0
>>587
オランダは国家予算として植民地に金をつぎ込んだのかぁ!?

待ってるぞぉ! ソースぐらい付けとけよぉ!

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 02:04:40 ID:8f/PXgT30
>>586
アン・ブース「日本の経済進出とオランダの対応」杉山伸也/イアン・ブラウン編著
『戦間期東南アジアの経済摩擦』

インドネシアにおけるオランダによる植民地支配の最後の一世紀には、インド
ネシア経済に顕著な転換がみられた。それは、ヨーロッパと北アメリカの工業化
途上国の新市場に対応して伝統的な農産物と輸出品の生産量が増加した
だけでなく、新たな輸出品がしばしば劇的ともいえるスピードで登場したことで
ある。(中略)
工業生産にも顕著な増加がみられ、1930年代末の工業部門の急速な成長
となってあらわれた。pp.205-206

1930年代後半期における輸出部門の改善以上の顕著な経済回復の一つ
の局面は、オランダ本国市場向けの食料品と工業品生産の増加であった。
1935〜40年のジャワにおける六種類の主要食物生産の年平均成長率は、
それ以前の5年間にわずか年1.5%にすぎなかったのに比較して、年3%であ
った。工業生産の成長はさらにめざましかった。(中略)全体として、1935〜39
年の生産の増加はほぼ年10%であった。p.222

1930年代後半期における工業生産と雇用の著しい成長は、何によって説明
されるだろうか。その理由は、(中略)政府の工業開発政策の変化にある。
p.223


592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 02:05:47 ID:8f/PXgT30
>>588-590
君、キモイね
典拠は示してやったんだから、自分で読んでみてくれたまえ
それではアデュー

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 02:07:06 ID:CmukIScF0
だから、国家予算として金をつぎ込んだの?

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 02:19:20 ID:CmukIScF0
で、最後にひとつww

結果としてオランダ領インドネシアはどの程度工業化されたのかね?ww

朝鮮半島と同程度だというならそのソースも付けとけよぉ!

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 02:31:44 ID:BFcwPQAs0
1938年の各国の海外投資額(単位:時価100万ドル)

      対ヨーロッパ  対西洋分家  対南米  対アジア  対アフリカ   総計
イギリス  1139       6562      3888    3169     1848    17335
フランス   1035       582       292     906     1044     3859
ドイツ    274        130       132     140      -       676
オランダ  1643      1016      145    1998      16     4818
その他    1803      1143      820     101     646     4579
アメリカ   2386       4454     3496     997     158     11491
日本      53        48        1     1128     -       1230
総計 8331 13935 8774 8439 3712 43988

その他は19のヨーロッパ各国
西洋分家はアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド

資料 OECD The World Economy - A Millennial Perspective


596 : :2006/06/15(木) 15:09:44 ID:I+z+smVl0
名目徴税負担は李朝時代のそれを超えるものがあった。
よかったか悪かったかは植民地原住民の時系列または
実質所得額の他の植民地との相対比較で検証せよ。

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 18:45:00 ID:wJ/F9AOO0
>>596
煽るわけじゃねーけど
>名目徴税負担は李朝時代のそれを超えるものがあった。
あんた、ここまで言い切れるその論拠は?

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 19:03:57 ID:0ezKH85y0
>597
李朝時代の統計ってそもそも信頼できるのかねえ。
李朝に限らず前近代社会でまあまあ信頼できる統計資料が残っているって例外でしょ。

ただし農業の近代化によって生産性が向上し余剰生産物が増え農民の担税能力が増えたため
増税が可能になったってのはあるかなあ。
税収が増えた分を教育、治安の向上、社会資本の充実に回したのなら悪政とは言わないと思うよ。

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 21:12:52 ID:X39yCchk0
だから日本の植民地だけが特殊だったといっているまともなアカデミシャンがいるの?

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 21:20:38 ID:X39yCchk0
http://www.rieti.go.jp/jp/publications/dp/02j014.pdf
これ見る限り、日本の植民地が特に豊かだったとはいえないようだが・・・・・・・

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 21:31:51 ID:hxft0tPr0
実質地税は(内地)日本に比べて、でたらめなほど低かった。地税率も低く、又控除率も
大きかった。 両班の苛斂誅求・無名雑税に苦しんでいた農民にとっては天国だった。

以下資料。

その後,地税率が地価の1.7%に引上げられ(1922年),地税附加税の引上げがあつたが
(百分の三〇から百分の六〇に:1927年),米価の上昇を考慮すると,実際の負担が
大きくなったとはいえない。    金洛年「日本帝国主義下の朝鮮経済」  p53

この式で問題となるのは、第五条で規定された収穫金高からの控除率である。この
控除率について、総督府編の『朝鮮土地調査殊二地価設定二関スル説明書』は
次のように説明している。

一、耕作費ハ内地ノ地租改正ノ際二於ケル地価算出例二依レハ総収穫金高ヨリ種肥料代
トシテ其ノ百分ノ十五ヲ控除スルモ労賃ハ之ヲ控除セサル取扱ナリ然レトモ耕作費ハ
之ヲ収穫高ヨリ控除スルノ適当ナルフ認メ小作慣習二依ル打租ノ例ニ準シ総収穫金高ノ
内ヨリ其ノ百分ノ五十ヲ控除スルコトトセリ

ニ、土地ノ修繕費及維持費ハ内地ノ地租改正ノ際二於ケル地価算出例二依レハ之ヲ
控除セサル取扱ナルモ市街地域内二於ケル土地ノ地価調査二際シ賃貸価格二因り地価フ
算定スル場合二於テハ土地ノ修結費及維持費トシテ其ノ百分ノ五フ控除スルコトトセル
ノミナラス之フ控除スルハ地価算出上適当ナリト認メタルフ以テ総収穫金高ノ内ヨリ
其ノ百分ノ五ヲ控除スルコトトセリ

三、公課其ノ他土地ノ負担金額二付テハ各筆地毎二其ノ納額ヲ一々調査シ之力計算ヲ為サム
トセハ却テ不権衡ヲ来スコトアルノミナラス近キ将来二於ケル公課其ノ他ノ負担ハ本調査二
依ル地価ヲ標準トシテ施行セラルルモノナルフ以テ寧口将来負担スヘキ金額フ予想シ之ヲ
控除スルノ穏当ナルヲ認メ一般二地価ノ百分ノ三ヲ控除スルコトトセリ  
      宮嶋博史 「朝鮮土地調査事業史の研究」  P522

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 21:35:18 ID:hxft0tPr0
>>599
カーター・エッカート 「日本帝国の申し子」をよく読め!



603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 21:44:16 ID:sWganz6U0
梶村秀樹の本で一番笑えるやつ教えてください

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 21:48:40 ID:X39yCchk0
>>602
日本の植民地政策が特殊だなんて言ってないようだが。

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 00:10:47 ID:J4Isad3K0
植民地統治

イギリス・フランス・欧米各国>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>日本w

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 01:58:21 ID:sCVyrMr70
まぁ、徹底的に奴隷化して、
消し去るくらい酷使していれば良かったのは確かだな。

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 02:08:19 ID:xRw5+dow0
右翼の主張

朝鮮が日本より文化が発達した国だったなら、
日本に植民地にされることは決してなかったはず。
日本は悪くない。
悪いのは植民地にされた「劣等民族」朝鮮のほうだ!

「イジメはイジメられる側が悪い」という説と同じw

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 02:26:16 ID:uQWWPZI0O
半島は植民地じゃなく"日本"だっただろうが。

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 02:43:59 ID:J4Isad3K0
はあ?

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 03:37:22 ID:Y6CjCz1x0
日本劣等

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 05:12:13 ID:P+2YpnMK0
>>607
別にいじめてないし。
朝鮮人の嘘に付き合わないからって右翼じゃないし。
>>609
ん?本当に理解できてないのか。

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 06:47:38 ID:GsGspSjP0
>>608
だからなんですか?

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 10:43:36 ID:OItSkftz0
つーか、単なる朝鮮嫌いを右翼とするのは無理があるなぁ。

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 11:32:48 ID:tSKd6N740
まあ現代朝鮮人の気持ちはわからんでもない
しょせんは非統治側だからな
どんなに日本が公共インフラ交通学識医療福祉金融税制そういった各分野において
朝鮮を優遇していたとは言ってもしょせんは統治側の論理だからね
だけど現代朝鮮人が主張するのは「日帝による史上最悪の植民地支配」
アケデミックな場でさえそういう主張が堂々とまかり通ってる
自分が不思議に思うのは近現代の世界史を学べばいわゆる「植民地」という概念の
統治とはおよそかけ離れたのが日本による統治だったのは子供でも判りそうなこと
なのになーってこと
そこらへんはあの半島在住でも在日の人問わず世界史を学ぶ人達はどう整合性を
つけてるんでしょ?

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 12:17:44 ID:PFzUuQyQ0
>近現代の世界史を学べばいわゆる「植民地」という概念の
>統治とはおよそかけ離れたのが日本による統治だった

また欧米の植民地政策も知らない馬鹿が登場か
戦前来、馬鹿の再生産は続くものですな

「統治の不手際や国防重視が原因であるはずの赤字経営が、あたかも日本
が「東洋平和」のために利害をこえて献身している証明であるかのようなロジッ
クがとられていた。経済収奪目的の「植民地」経営を欧米のものとして、日本
の赤字経営と対比させる論法は、この後の台湾・朝鮮統治論においても、同
化論者のナルシズムの材料となっていくことになる。」
小熊英二 「日本人の境界」 p92

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 12:44:19 ID:pYjV6W3x0
>>609

当時の朝鮮は、日本国朝鮮地方。
北海道、沖縄についで日本が取得した日本領です。
植民地の場合、外国の内政に干渉をするという形になりますが、国内の一地方自治に対して干渉するという形になります。
まぁ、一地方だからといって他の地方とまったく同一に扱われていたかどうかとかは別ですが。現に二等国民でしたし、創
氏改名までは日本名を名乗ることを認めてもいませんでしたから。が、インフラに対しては、当時の東北地方よりよっぽど
優遇されていたでしょうな。
だからといって、>>612ってことなんでしょうけど。
そのかわり、日本統治を足蹴にするんだったら、そうならなかった時のことを考えてそれを良しとせにゃならん。
日本の懸案事項は、清、それ以上にロシアだったのですが、その拡張政策が間違いなく満州で止まる。清の脅威もロシアの
脅威も半島にまで入ってくることはないと言い切って、その理由や証拠をしめさにゃならん。もし南下してきても朝鮮が
ロシアを撃退できるという証拠を見せてもらわにゃならん。尤も、日本と戦争もせずに併合されるしかなかった当時の朝鮮
がロシアにを退けられるとはとても思えないが。
自分が危険だからといって他人を巻き込んでいいのかという問いに対しても、日本が征韓論や脱亜論に至った経緯こそ知る
べきだ。日本は、朝鮮が清から独立できるように尽力をした。


617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 12:44:53 ID:tSKd6N740
>>615
そういう意味じゃないんだよね
目的はともかく結果として見てどうなのよってこと
あの時代の日本資本によるインフラ整備が現代韓国の礎でしょ
歴史にほぼ埋もれていたハングルを普及させ識字率をあげたのはどこの国だったんでしょ
半世紀にも満たない期間であれほどの人口上昇率=食料生産率医療普及率の改善
両班と白丁制度を廃止したのは(ry

イデオロギーありきでなくて経済面含む地域としての発展度をどう考えてるのかな?
ってことよ
統治された結果と統治されずにあのまま独立(を維持できたかどうかははなはだ
疑問ですが)していた場合、または現実的に考えて露に支配されていた場合に
想定される結果の差異ね

まあ小熊氏本愛読者になにを言ってもしょうがないけどね

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 12:44:57 ID:pYjV6W3x0
併合の現状は、
勉強しろと学校に無償で通わせ、技術をつけろと無償で職業訓練校にも通わせた。にもかかわらず、それだけの力を手にい
れられなかったから、
「どうやっても力がつかない。代わりに入社試験を受けてくれ」
と言ってきたというのが一番適当だと思う。

強くなるかならないかは自分で決める、余計なお世話だ。ロシアに支配されたほうが良かった(現にそんなふうに動いた時
期もあった)と言うのならば、
「コーカソイドは、我々モンゴロイドを人とは思っていない。日本人はいろいろと細かいことにうるさいが、同じモンゴロ
イドなだけに畜生のようには扱うまい」
と言った当時の為政者に文句を言え。独立を妨害したなどと言うな。ロシアへの併合を邪魔したと言え。
朝鮮が日本とどうクラスの国家でそこにつぎ込んだお金が東北地方にまわせたら、満州事変なんておこさんでもよかった
のかも知れんし、226事件の大義名分はなかった(これは言いすぎだが)。

物事は常に二面性を持つ。いい方向に転がっても何かを失っているものだ。総ていいことばかりにするべきだ、それは自
分達の努力ではなく無償で外から与えられるべきだというそのサーキットはまっとうな大人の発想ではない。


619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 12:55:55 ID:PFzUuQyQ0
>小熊氏本愛読者

別に彼の愛読者ではないんだが、彼の指摘する欧米=搾取、日本=投資
という単純図式的把握が戦前来ずっと続いていることには、異論はないから
引いているだけだけどね。

欧米も植民地投資なんか、当たり前にやっているし、日本の諸本輸出史研究
では、植民地に対する資金流出を伴わない資本形成の大きかったことも
指摘されているしね。

>あの時代の日本資本によるインフラ整備が現代韓国の礎でしょ
>イデオロギーありきでなくて経済面含む地域としての発展度をどう考えてるのかな?

まったく異論はないが、日本の工業化投資の大部分は、今の北朝鮮地域に
行われたわけだが、それこそ「地域としての発展度をどう考え」るのかね?

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 13:12:54 ID:yBLw2sr40
このスレ自体がそうなんだけど、歴史に善悪の評価を過剰に持ち込むことは建設的じゃないと思うよ。
ただ、客観的にみてそれほど酷いものとは思えないのに、なぜ当事者は「日帝による史上最悪の植民地支配」と
言うのかを検討することには意味があるのじゃなかろうか?
こういう話になると「朝鮮人の性癖」みたいな話になって、確かにそれは否定できないんだけれど
もうちょっと違う見方もあるかなあと。

明治開化期の日本と朝鮮(14)
http://f48.aaa.livedoor.jp/~adsawada/siryou/060/resi025.html

に明治の外交官が外務卿寺島宗則あてに書いた建白書があるんだけど、実に面白いと思う。
引用したいところは一杯あるが、結論だけ言えば
>「其万事ノ我ト相背馳スルノ情実勝テ言フへカラス。然ルヲ猶是唇歯ノ国ト謂フヘキ耶。(原文)」
>「万事に我が国とは反対の国柄であることは言うまでもない。それなのになおこの国を唇歯の国(結びつきの強い隣国の意)と言うべきや。」
ということになる。おそらく姿形や中国文明の影響から互いを近しいと考えることが錯覚なんだろうと思う。
ハンチントンが言うように違う文明圏だったんだろうな。だから結局同化政策が失敗に終わった。
日本がつぎ込んだ税金や兵隊のことを考えると実に効率の悪い話になった。
おそらく併合政策そのものが間違いだったんだろう。

当時の情勢を今から見ても日露戦争まではしょうがなかったなあと思う。というか良くやったなと感じる。
しかし日韓併合はせずに、伊藤博文の考えのとおり保護国として内政は自治に任せればよかったんだろう。
その場合朝鮮の近代化は失敗したかもしれないが、彼らが自らの手で近代化を手にする最後のチャンスだったと思う。
歴史にIFは無いが、もし伊藤博文が死ななかったら?とは考えるよな。


621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 14:25:16 ID:pYjV6W3x0
>>620
>歴史にIFは無いが、もし伊藤博文が死ななかったら?とは考えるよな。

半島併合批判派は、
日本が併合さえしなければ、
日清戦争がなければ、
日露戦争がなければ、

世界はハッピー、平和だったと二次元式にしか考えてないからな。
その部分がすっぽり抜けて終わり。
日本が戦わなかった分、どういう動きになったかまったくシミュレーションできてないんだよね。


622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 15:33:40 ID:T2XQnX2j0
朝鮮は植民地じゃなくて併合だ!
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1150071886/l50

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 15:51:50 ID:9saABhOi0
日頃から日本に「差別するな!」と言っておきながら、サッカーにエキサイトする国民をたしなめるのに「サッカーしか
ないような南米の三等国みたいなことするな」と社説に書くような新聞が主要紙だという国の言うことをまじめに聞けと
言う方が間違ってる。
まずその二枚舌をどうにかしろ。あの親朝・親韓で日頃から朝・韓に都合の悪いことはワールドカップ級のスルーパス
にする赤ピーにすら書かれているんだから相当ひどいことを書いたのだろう。
つーか、韓国人の頭の中にある「サッカーしかない三等国」ってどこ?

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 21:52:22 ID:qMI0iJCN0
韓国の発展は戦後にアメリカと日本から提供された膨大な資金の提供も
無視できないんじゃないか。インフラ整備と言うが
WW2の時点で日本内地のインフラすら、フィリピンに劣っていたとも言われるわけで
そこまで突出していたものだったのかどうか。

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 21:54:19 ID:qMI0iJCN0
「日本が植民地にしていなかったら」という議論も不毛だと思うけど。
「○○が植民地にしていなかったら△△が植民地にしていた」なんて
ほとんどの被植民地地域に言えるわけで。

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 22:02:40 ID:P+2YpnMK0
>>625
言えるね。ただ、朝鮮に関係あった△△は清かロシアだったわけで。

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 22:16:23 ID:sCVyrMr70
>>623
◯等国なんて書きかたが、劣等感の現れなんだろうな。
精神的には彼らのいう三等国より下なんだろうね。

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 03:19:40 ID:T5pKlib90
朝鮮は本家の中国を凌駕するほどの凄まじい儒教国家だったので自力での近代化は不可能なので
日本が近代化に着手しなければ朝鮮人どもは今でも豚みたいな生活をしていただろう。
つまり日本に併合されたことによって生じたデメリットよりもメリットのほうが圧倒的に上回っていたのだ。
これは日本統治中の朝鮮人どもの態度によって裏付けられる。
朝鮮人どもは日本の統治に満足し、反乱も企てず、併合されたことによって生じた幸福に浸っていたのだ。

何の問題もない。

629 :李氏 ◆LqWmv.3uYI :2006/06/17(土) 04:01:47 ID:4D1flzjO0
他の国の植民地支配が日本より過酷であったかどうかは関係ない。
いい泥棒と悪い泥棒がいないように、植民地支配は常に悪なのだ。

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 05:00:41 ID:ttYYOzNd0
朝鮮は植民地じゃなくて併合だ!!!

1 :国士様 ◆GcYfnKH9eU :2006/06/12(月) 09:24:46 0
だから、悪くないんだ!!!

わかったか?

3 :世界@名無史さん [sage] :2006/06/12(月) 09:36:48 0
「植民地支配じゃなく国家併合」って何を言いたいのかわからん。
植民地は租借地や保護国等を除き全て
「併合」な訳ですが。

631 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/17(土) 05:14:39 ID:76zRlcTl0
>>630
1の釣りはともかく
3は馬鹿か?

632 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/17(土) 05:22:14 ID:76zRlcTl0
これだけは言っておくが
今現在「植民地」という言葉に非常にネガティブな言葉なんだよ
分かります?それすら分からないのは驚くべき馬鹿って気づいた方がいいよ

NYタイムズやオランダのNRCハンデルスブラットなど
欧米の新聞はほんの少し前まで「日本」という単語が出てくると
「東南アジアで残虐行為を働いた」という形容詞句を必ずつけたものだ。
同じように「朝鮮」には「日本が植民地支配した」と枕詞風につけた。
彼らの言う「植民地」の意味は、なまじではない。
例えば米国がフィリピンを植民地にしたときは、独立を叫ぶフィリピン人を皆殺しにした。
それもただ殺すのではない。捕虜の尋問では魔女裁判を真似て「泥水を五ガロン飲ませ、膨れた腹の上に
米兵が飛び下りた。彼は口から六フィートも水を噴き上げて死んだ」(米上院公聴会の証言)
サマール島の民が米兵を殺すと「報復にその島と隣のレイテ島の住民すべてを殺した」
「三年かけて二十万人を殺した頃やっと島民の抵抗がやんだ」(同)
フランスが植民地にしたベトナムでは「住民には人頭税のほか、結婚税や出産税も取った。
村々には阿片専売所を置いて、麻薬でもうけた」「重税に抗議するデモには仏戦闘機が容赦なく
機銃掃射を浴びせた。死んだ者を弔うと徴税吏が飛んできて葬式税を取り立てた」(A・ビオリス『インドシナSOS』から)
オランダはインドネシアでもっとひどいことをやった。ある農場では女の使用人が粗相をしただけで裸にして鞭打ち、
傷口と局所に唐辛子をすり込んだ記録が残る。ミャンマーのシュエダゴンパゴダの土産物屋に刃先がない鎌が売られている。
英植民地時代、ビルマ人にそれを抵抗の武器にさせないための処置だった。

週刊新潮6月16日号 コラム「変見自在」 帝京大教授 高山正之




633 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/17(土) 05:24:23 ID:76zRlcTl0
>同じように「朝鮮」には「日本が植民地支配した」と枕詞風につけた。

なんでこんな書き方しているか分かるか?ハァ・・・


634 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/17(土) 05:26:49 ID:76zRlcTl0
え?それで「植民地」と呼んでいるのは新渡戸学説に依拠して言っているんだね?

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 11:11:40 ID:/VfiE2ee0
第21議会での質疑

大石正巳
「先ツ台湾ヲ統治スルニハ,台湾ト云フモノヲ現在及将来如何ナルモノニスルカ,即チ日本
本土ト同様ナル領土ニシテ,之ヲ改良進歩スル,所謂日本化スルト云フ方ニシテ,往クノ方
針デアルカ,若クハ殖民地トシテ唯土人ヲ満足サセ,若クハ土匪ヲ鎮滅シテ往クト云フ位ノ仮ノ仕事デ来リツゝアルカ」

桂首相
「即チ内地同様ニスルカ殖民地ニスルカトイフ事柄二付イテ御答ヘイタシマス無論殖民地
デアリマス内地同様ニハ往カヌト考ヘマス」

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 11:13:39 ID:ZrwTBp9l0
いまだに朝鮮や中国に対して残虐行為をはたらいたことを認めない基地外がいるから
日本はアジアから孤立するんだよ


637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 11:15:09 ID:aP83Pvyh0
>>636
「アジアから」じゃなくて、「チュン・チョンから」だろ?
いいことじゃんw

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 11:37:09 ID:+OL/uUnz0
>>636
いまだに朝鮮や中国には日本軍が残虐行為をはたらいたと言う事は捏造でしたと認めない基地外がいるから
世界から孤立するんだよ



639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 11:44:33 ID:B0Ww4Caq0
植民地か否か、明確な分類は難しいね。

北海道 
江戸時代は明らかに植民地的性格が強かった。
明治以降は内国化。

沖縄
江戸時代は明らかに属国。
県がおかれた時点で内国化。

樺太
内務省管轄に移った時点で内国化。

朝鮮
内務省の管轄になったことは一度もない。
人口構成、政治体制、法律、全ての面で植民地だね。



640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 11:58:53 ID:AHXgjzfL0
朝鮮の実態が植民地であったことがなんか都合悪いのかなあ。
ヨーロッパの植民地でも「原住民を収奪した」みたいなところばかりじゃないからなあ。
収奪する物も無いとか、その土地の価値が地政学的なもので地下に金が眠っているわけではないとか、
そういうケースも良くあるじゃない。

英領ジブラルタルなんかもその例で、戦略要地だから手放さないだけで領有によって
富が転がり込んでくるわけじゃあない。当時の朝鮮もそういう位置づけでしょ。

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 12:44:45 ID:/VfiE2ee0
>>640
参照

「統治の不手際や国防重視が原因であるはずの赤字経営が、あたかも日本
が「東洋平和」のために利害をこえて献身している証明であるかのようなロジッ
クがとられていた。経済収奪目的の「植民地」経営を欧米のものとして、日本
の赤字経営と対比させる論法は、この後の台湾・朝鮮統治論においても、同
化論者のナルシズムの材料となっていくことになる。」
小熊英二 「日本人の境界」 p92


642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 12:54:34 ID:ttYYOzNd0
小熊にしてはいいとこついてるな

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 14:48:57 ID:D4A15ikI0
>>627
で、韓国紙が言うところの「南米の三等国」ってのは具体的に言うとどこなんだろ。

644 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/17(土) 14:58:13 ID:76zRlcTl0
>>635
その発言がきっかけで帝国議会「台湾植民地論争」がおこったんだよな
ゆとり教育用教材 力作いってみようか

【19世紀】 北海道などの入植地を【殖民地】と呼称す

【1895年】 台湾割譲 
      大日本帝国初の新領土獲得 統治形式議論される
      ※1 ※2

【1905年】
      帝国議会にて台湾植民地論争
      「植民地」と言わなくなる
      ※3 

【1910】 日韓併合
      当然「植民地」としなかった。
        
【大正期】新渡戸、欧米「植民地」と入植地「殖民地」の使い分けにもの申す
      ※4

【1919年】
       三・一事件
       独立宣言書にて、一部不心得者の「植民地」発言への憤慨が披露させられる  
       
【1926年】
       三、一事件後、不心得政治家の改心、新渡戸(の弟子)の出した植民地の定義への
       受け入れ拒否が歴然となる。 
       そこで矢内原は【植民及植民政策】にて研究者への励ましと
       一般人の使用による定着を試みる
        
       >但し学術的又は通俗的に之等を植民地と称するを妨げない。
       ※5 

この後、欧米の「植民地」に「殖民地」の字を当てているのが発覚
新渡戸達の「植民地」の定義を受け入れていない日本政府は
意図的なものかそうでないかは別として
明確に区別する為に「外地」にした。   以上



645 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/17(土) 14:59:17 ID:76zRlcTl0
※1
そこで司法省のイギリス人顧問モンテーダ・カークウッドは、英領の香港とインドにおける非同化政策をモデルとして提示した。
またフランス人顧問ミッシッエル・ルボンは、仏領アルジェリアを例に挙げ、内地延長の州県とみる同化政策を主張した。
当時内閣に置かれた台湾事務所の原敬委員(外務次官)は「植民地経営」に反対し、
台湾を九州や四国同様内地の延長と見るべきだと主張した。原が参考にしたのは、
普仏戦争後にフランスからプロイセンに割譲されたアルザス・ローレーヌ地方の統治形式である。
実際のところ、当時台湾経営に関しては「朝野ともひとつの定見がない」(竹腰与三郎帝国議会)状態だったが、
台湾は植民地ではなく「新領土」とする見方が多かった。かって第二代台湾総督を務めた桂太郎首相が1905年、
帝国議会で台湾を植民地とみなす発言をしたことをきっかけに、第21回、22回の帝国議会では台湾植民地論争が起きている。
http://www2.starcat.ne.jp/~asakurak/f-hidesato02.htm

※2
たとえば台湾総督府に提出された統治意見書の一つである「台湾経営策」は、
欧米列強による植民地支配と人種差別を「畜生道」と非難するとともに、 英仏の
問接統治路線を参考にすべきだという意見を「英仏は我国体に似ず」と一蹴し、
台湾人を「皇道」によって「我国体に同化」して、アジア連合による「極東独立」
「東洋の平和」を目指すことを主張している。
        小熊英二 「日本人の境界」 p92


646 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/17(土) 15:00:23 ID:76zRlcTl0
※3 
チロリアンが説明しよう

台湾は日本領であり、住んでいるのは日本国民である。
そこに植民地統治するというのは一体どういう事なのか?
いやそもそも植民地統治とは何なのか?
彼らは調べた、アフリカ・アジア南米中米の植民地支配を・・・
その結果ガクガクブルブル&思いっきりのドン引き
そして「植民地=搾取=悪=畜生道」と定義し(意味を定め)
「植民地」とは言わなくなった。

※4
>「植民」と「殖民」の字句を混在させて使っているが、植民地の原意は
>「人を植える」ことだから、「植民」に統一しろと、大正期に新渡戸が言って
>いたことが、



※5
我国にては斯の如き公の呼称を法律上一切加えず単に台湾朝鮮樺
太等地名を呼ぶ。
但し学術的又は通俗的に之等を植民地と称するを妨げない。
我国の学者政治家等が朝鮮を指して植民地と称することに対し、
「千万年歴史の権威」と「二千万民衆の誠忠」を有する朝鮮民族は
大なる侮辱を感じ、大正八年三月一日の独立宣言書にもその憤慨が披瀝せられた。
併乍ら研究者は事実関係を以ってその研究対象とするより外はない。
『植民及植民政策』矢内原忠雄

★★★★★注意★★★★★
専門家の矢内原が、いかに少ない例だとはいえ、特に拓殖局が使う「殖民地」を見ていなかったというのはあり得ない。
彼はそれを「植民地」と捉えなかったからこその上記発言である。


647 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/17(土) 15:02:48 ID:76zRlcTl0
>>639
>朝鮮
>内務省の管轄になったことは一度もない。
>人口構成、政治体制、法律、全ての面で植民地だね。

1000年遅れていたからだよ

1910年に併合条約って知らないの?

648 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/17(土) 15:04:31 ID:76zRlcTl0
>>640
>朝鮮の実態が植民地であったことがなんか都合悪いのかなあ。

何をもってして「植民地」なの?
お前も1910年の併合条約知らないんだねプッ
どこが学問板だよハァ

649 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/17(土) 15:10:52 ID:76zRlcTl0
>>641
>統治の不手際や国防重視が原因であるはずの赤字経営

併合の経緯がどうであろうと併合して日本国になった
赤字だからどうたらなんて事はどうでもいい事

結局の所何故併合がスムーズにいったかというと
国家意識、民族意識が希薄だったことが挙げられる

当時の日本は良い事をしていると思っていた事は明白だ。
もし彼らが死に物狂いで抵抗したならば
とても良い事をしているなんて思わなかっただろう

650 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/17(土) 15:17:33 ID:76zRlcTl0
武士道の覚醒と強い日本を願う

>戦前から東京にいた私は、年に1〜2回はソウルとか当時の平壌に行きました。その当時の韓国人は
>日本人以上の日本人です。劇場に行くと映画の前にニュースがありましたが、例えばニューギニアで
>日本が戦闘で勝利をおさめたという映像が流れると、拍手とか万歳が一斉に出ます。
>私は劇場が好きで、日本でも浅草などに行って見ていましたが、韓国で見るような姿はごくわずかです。
>韓国ではほとんど全員が気違いのように喜びます。
http://www2.odn.ne.jp/~aab28300/backnumber/04_12/tokusyu.htm


651 :ダダ:2006/06/17(土) 22:07:32 ID:ceqb+V0t0
もしも朝鮮総督府がなかったら、



652 :ダダ:2006/06/17(土) 22:08:34 ID:ceqb+V0t0
今の韓国はミャンマー以下だっただろう。

なぜならば、

653 :ダダ:2006/06/17(土) 22:09:34 ID:ceqb+V0t0
1905年当時

英領ビルマ>>>朝鮮 だからな。

654 :ダダ:2006/06/17(土) 22:12:08 ID:ceqb+V0t0
日本の近代化政策が現在の韓国の発展の最大の理由であったことは
韓国人には死んでも認められない。
なぜなら、


655 :ダダ:2006/06/17(土) 22:13:21 ID:ceqb+V0t0
自分たちのアイデンティティーが崩壊するからな。


656 :ダダ:2006/06/17(土) 22:15:36 ID:ceqb+V0t0
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea2.html

おれは韓国人に生まれなくて本当によかったと思っている。
おれが韓国人だったら自殺していただろう。

657 :ダダ:2006/06/17(土) 22:18:39 ID:ceqb+V0t0
ベトナム戦争で韓国軍は数千人ものベトナム人を虐殺したが
いまだに謝罪していない。

おれが代わりに謝罪することにする。

658 :ダダ:2006/06/17(土) 22:19:41 ID:ceqb+V0t0
スマソ>ベトナムの皆さん



659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 22:47:46 ID:T3j0X3Zp0
>>619
>欧米=搾取、日本=投資 という単純図式的把握が戦前来ずっと続いていることには、異論はない

あいかわらずバカ でウソツキだね、オマエ は。戦後ブサヨ及びホロン部がどれだけ日本を、
日本人の人格を破壊したか、隠しおおせるとでも思っているのか?

日本が投資した(=日本は良いこともした)と言うと国務大臣の首が飛んだんだよ。少し前まで。
どこが戦前以来そういう認識がずっと続いてるんだよ? 嘘コクナヨ! 最近だろ風向きが変わったのは。 

>欧米も植民地投資なんか、当たり前にやっているし

ミエミエの印象操作だね。ww 日本が朝鮮半島統治において最終的に赤字だったというのは、
日本人の血税、すなわち(内地)日本政府予算から特別会計として朝鮮経営費が補充金として
支出されたという事と 内地(日本)で消化された半島産業整備のための朝鮮事業公債の
三分の二が未償還だという計算による。 民間会社の資本投資額とは別計算なんだよ!

ついでに言っとくが民間人による朝鮮半島投資は凡てそのまま朝鮮半島に無償で接収された。
そのほかに日韓基本条約で経済協力金として数億ドルが韓国に支給されている。
ヨーロッパの植民地が独立時に旧宗主国に逆に補償したのとは、まるっきり違うんだよ!

で、現在出ている数値はフランスの国家予算二億フランだけなんだが、それは数多あるフランス
植民地全体の数値だろう。個別の地域別明細はどうなった? そのほかに支出内容も
明らかにするべき。インフラ整備なのか? 住民鎮圧のための軍隊駐留費なのか?

答:住民鎮圧のための軍隊駐留費が大半。

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 22:56:55 ID:qW6dwUCA0
アングロイラニアン石油やスエズ運河の接収とかの事例をしらんのか
独立後、宗主国財産が接収されたケースは多いよ。
あとアルジェリアからのコロンの追放とか。

>旧宗主国に逆に補償した
これはインドネシアのことを言ってるんだが、オランダ側が要求しただけで、結局
支払われなかった。それどころか独立数年後に、インドネシアに残留していた
オランダ人の財産を接収して追放してる。結果としては朝鮮と大差ないよ。


661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 23:04:10 ID:T3j0X3Zp0
で、フランスの件は?

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 23:13:14 ID:T3j0X3Zp0
今日はこれで最後にしておく。

オマエ質問に答えてないだろ!
あちこち、あちこち、いろんな例を引っ張り出してくるが結局
自分に都合のいいところだけを張り合わせているだけじゃないか。

結局日本の半島統治は欧米の植民地統治のそれぞれ最高の部分を
あわせたぐらい良かったということだろ。

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 23:16:17 ID:qW6dwUCA0
だから日本の植民地政策が特殊だったというまともなアカデミシャンの言説を引用してくれ。
T3j0X3Zp0の願望に基づく決め付けなんて豚の嘶きと同じで意味ないから。

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/law/lex/99-3/Kajii.htm
周知のように、日本は欧米以外で近代植民地帝国を形成した唯一の国家であったが、
それは欧米の事例を摂取した「模倣」の産物であった(1)。さりながら、一方で日本の
植民地支配は欧米のそれとは「似て非なるもの」とのイメージ・評価が定着しているのもまた
事実である。近年、欧米研究者の間で日本と欧米植民地の類似性を踏まえた研究も進められているが、
植民地帝国日本を国際比較の中で検証する作業は未だ発展途上と言わざるを得ない(2)。

ということだから、そんなことはいまだかって学術的に証明されたことがない、が正解なんだろうけど。



664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 23:52:07 ID:aP83Pvyh0
だからさ、根絶やしにしておけば良かったんだよ。
中途半端な優しさが、逆に残酷な結果にいたったと言うこと。
チョンだって、自分達の歴史の悲惨さに気が付いているんだよ。
だから思うのさ、なぜ皆殺しにしてくれなかったのかと。
残酷残酷と騒ぐのは、過去を振り返っての願望なのさ。

665 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/18(日) 10:08:26 ID:awpg9rWn0
>>663
>だから日本の植民地政策が特殊だったというまともなアカデミシャンの言説を引用してくれ。

アカデミシャン蒐集家の方ですか?


>植民地支配は欧米のそれとは「似て非なるもの」とのイメージ・評価が定着しているのもまた
>事実である。

【内鮮一体・一視同仁・30年で内地の生活水準に追いつけ】

似たような事をした欧米の植民地はあったか?
何故日本はやったんだ?


666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 10:46:51 ID:cyiJWWUw0
>>664
わざと過激な馬鹿のフリをして嫌韓を貶めようとする工作乙

667 :ダダ:2006/06/18(日) 12:47:15 ID:q4pCH9lR0
ID:qW6dwUCA0の投稿を読んだが、今の韓国の発展の基礎は日本の血税によるもの、
ということには異論がないようだ。
それに対する反論は提示できていない。

668 :ダダ:2006/06/18(日) 12:50:25 ID:q4pCH9lR0
日本のその動機が不純だ、
ということがID:qW6dwUCA0の主旨だな。

日本はいい泥棒二しか過ぎない、とかいってる知的障害もいるが、

669 :ダダ:2006/06/18(日) 12:51:39 ID:q4pCH9lR0
とすれば、日本は悪い
なぜならば悪いからだ。
というバカな議論でしかない。

670 :ダダ:2006/06/18(日) 12:59:14 ID:q4pCH9lR0
朝鮮への投資額>>>朝鮮から収益
をさんざん論じてきたのに
反論のつもりでスエズ運河接収の例を持ち出している障害者もいる。

671 :ダダ:2006/06/18(日) 13:02:23 ID:q4pCH9lR0
スエズからの収益>>>>>>スエズへの英仏投資

これのどこが日本統治への反論になるのか?
ほとんど前頭葉が麻痺している。

672 :ダダ:2006/06/18(日) 13:04:46 ID:q4pCH9lR0
近代化論と経済論を一から学ぶこった。


673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 13:58:23 ID:US1FnVJd0
まあ何だかんだ言っても事実があらわしてるんじゃね〜の
統治前と統治終了時で比較
資料で明白な経済関係では
人口、食糧生産高、GDP、インフラ、民族資本、識字率、医療普及率、身分制度撤廃とか
朝鮮籍な将官が旧日本軍で部隊を普通に指揮して将軍クラスまでいたたとか
最近では1945年当事の簡保に朝鮮人加入率50%あったとか・・・さぞや過酷な植民地
統治だったんでしょうなw

半島人になに言っても(∩゜д゜)アーアーキコエナイ状態なんでしょうな

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 14:26:13 ID:L4kglVkhO
>>656
60年以上もアメリカのケツ舐め続けてる
日本人なんかに生まれたら自殺するしかない。
と、イスラムは思ってるだろ。

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 15:25:31 ID:3fQLOgSr0
>>672
だから「日本の植民地政策が特殊だった」と主張してるまともな学者、専門家の言説を紹介してください。

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 15:43:52 ID:2I75UEKp0
>>673
>1945年当事の簡保に朝鮮人加入率50%あったとか

ぷ、戦時下に簡保が果たしていた役割もしらず、「近代化」の指標か何かと
勘違いしているようですね

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 19:29:23 ID:US1FnVJd0
>>676
他の箇所は都合が悪いからスルーですか?プゲラ

ひっかかってやんの
国運営の簡保が果たしてきた役割くらいとうに承知です^^
保険システムを維持するために最低限必要なことを列記しておきますね
出生率調査、死亡年齢及び原因調査、医療水準及び普及率の把握、地域別人口構成
調査、銀行網の整備、インフラ整備、安定した就業体系
どれか一つ欠けても保険制度なんて運営すら不可能ですよ

(∩゜д゜)アーアーキコエナイですか?w

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 19:36:05 ID:3fQLOgSr0
簡保と名のついた戦債だったわけで・・・・・・・・実際には保険でもなんでもない。

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 19:50:57 ID:2I75UEKp0
>>676
なんだ、やっぱり無知なだけじゃないか

>人口、食糧生産高、GDP、インフラ、民族資本、識字率、医療普及率、身
>分制度撤廃とか朝鮮籍な将官が旧日本軍で部隊を普通に指揮して将軍ク
>ラスまでいたたとか

国立フィリピン大学設置(1908):アテネオ・デ・マニラ大などは私立。
ラングーン大学設置(1920):1878年にカルカッタ大の支部としてカレッジ設置。
インドシナ大学設置(1917)
香港大学設置(1910)
シンガポール大:前身として2つのカレッジ、ジョージ7世医科大(1905)とラッフルズカレッジ(1928)があるが、
これが合併してマラヤ大になり、両国分立後に南洋大を吸収してシンガポール大に。

英国留学中、ジンナーはイギリスの法制度や社会を研究し、頻繁に下院議会を傍聴しました。
ここで彼はグラッドストーン首相の自由主義的な政策に影響され、インドの政治状況にも
目を向けるようになります。また、ロンドンではインドの民族主義者でパルシー(インド国内の
ゾロアスター教徒)のリーダーであるダダバハイ・ナオロージーと出会い、彼の選挙活動の
スタッフとして働きました。その甲斐あってか、ジンナーの留学中、ナオロージーはインド人として
初めて英国議会の下院議員に当選しました。
http://matsumat.hp.infoseek.co.jp/hero6/hero6_001.htm
フランス国民議会の植民地選出議員。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/ssmh/information/document/426matsuda.pdf
Rafael Crame准将、フィリピン警察軍司令官 米軍
http://corps.ph/features2003/pnp_noblemen1.php
Vicente Lim将軍 ウェストポイント卒 第41師団長 米軍
http://www.battlingbastardsbataan.com/bbbpics5.htm
Afridi Monowar Khan准将 英軍
http://www.generals.dk/general/Afridi/Monowar_Khan/Great_Britain.html

1911年インド中央議会に義務教育法案が提出されるが否決
1918年ボンベイ州で義務教育制度が部分的に施行さる
1919年インド統治法改正で教育行政が中央政府より州政府に移管
1921年までに六つの大都市で義務教育施行、マドラス州の二都市では女子にも適用
1928年までに119市と1571地方で義務教育
1936年までに160市と2206地方、10355村で義務教育、全インドの学齢児童総数に対する就学率は51%(男子のみ)
1942年においてインドの大学は17校、学生105238名、教員7538名。

1936年における初等教育就学率は30%
中等教育機関は 英語中学、英土語中学、土語中学に別れる。
最も多いのは土語中学で1935年段階で1100校、生徒総数15万人。英土語中学は245校54000人、英語中学は36校1000人
かつて英語中学はヨーロッパ人だけが入学を許されていたが1935年現在ではビルマ人との共学も認められている。
全学校において男女共学が原則で学生の半数近くが女子、女性の社会進出が進んだ。1935年には
女性の視学官二名と副視学官五名が任官された。

http://www.stampsite.jp/sptlght/fromnbs.html
仏領チャドの総督フェリックス・エブエは、強要されたにも
かかわずヴィシー政府への忠誠を拒否、自由フランス支持を宣言しました。エブエの
祖父母はアフリカ人の奴隷、エブエ自身は南米の仏領ギアナに生まれ、フランスで
高等教育を受け、アフリカ植民地政府の官吏を経てチャドの総督に就任していました。

http://en.wikipedia.org/wiki/President_of_the_Philippines
1935年から1946年の米領フィリピンでは民選された大統領が植民地政府の長となった。

英領ビルマでも1937年から議院内閣制が行われ、バー・モウが初代首相になった。

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 19:55:17 ID:2I75UEKp0
>>659
>日本が朝鮮半島統治において最終的に赤字だったというのは、日本人の血
>税、すなわち(内地)日本政府予算から特別会計として朝鮮経営費が補充
>金として支出されたという事と 内地(日本)で消化された半島産業整備のた
>めの朝鮮事業公債の三分の二が未償還だという計算による。 民間会社の資
>本投資額とは別計算なんだよ!

大蔵省昭和財政史編纂室『昭和財政史 旧外地財政(下)』より

●朝鮮総督府→日本政府へ上納した「臨時軍事費特別会計繰入金」
昭和12年度 1103万4000円
昭和13年度 2697万8000円
昭和14年度 4129万1000円
昭和15年度 5048万2000円
昭和16年度 9456万8000円
昭和17年度 1億6321万2000円
昭和18年度 2億0305万8000円
昭和19年度 4億1407万5000円
昭和20年度 6億0621万3000円  総額16億1091万1000円

●日本政府→朝鮮総督府への補助金(補充金)
明治43年度〜昭和20年度 総額4億2018万5000円

681 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/18(日) 20:03:41 ID:awpg9rWn0
>>680
だから公債の未償還分をさしても黒字だなんて事にはならないの
後は「近代日本の植民地について語るスレ11」からのコピペでいいか

李朝時代の朝鮮では、三月から六月までは食糧が不足する春窮期であった。
当時の人口は、農民が約八割を占める。
飢餓の春窮期を迎えると、朝鮮総人口の約六割が山野で草根樹皮を採集して
生命をつなぐという状態だった。
朝鮮の農書、農史を読むと、朝鮮農民は中国農民と酷似しているのがわかる。
旱害、水害、風害、雹害、病虫害が、間断なく年中行事のように各地を襲い、
農民は乞食、農奴同然である。
中略

戦前、日本農民を除いた中国、インド、東南アジアなどのアジア農民は、
きわめて貧しく飢餓状態にあり、
干ばつのたびに餓死者が大量に出るのが常であった。
なかでも、朝鮮半島の農民は、李朝時代の両班からの搾取、地理、天候などの
条件からもっとも貧しかった。
ただ両班の人為的なものを除いても、もともと自然条件と社会条件はかなり悪かったのである。
可耕地の広さに比べ農業人口があまりにも多く、
地質、土壌、治山治水の荒廃、気候寒冷などの自然状況も悪い。
さらに山林荒廃による燃料不足、堆肥不足、旧来農法の墨守などの面からも
農業立国となるのは難しかった。

「韓国は日本人がつくった」黄文雄 徳間書店



682 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/18(日) 20:05:54 ID:awpg9rWn0
レス番直してのコピペです。

>>680
日韓併合も知らずして、何でこんなところでチョロチョロしているんだ?
俺が細かい数字を出すと思ったら大間違いだよ
知りたかったら
「歴史を偽造する韓国」第一章 巨額の財政負担――日本の「近代化代行」の代償 
を読め!
俺が言いたいのは、昭和12年からの戦費負担が出来るようになったのはどうしてだって事だ。
>>33の状況から開発され、決して少なくない戦費負担をしても>>681の状態に戻らないと
いうのは凄いとは思わないのか?
要するに>>680の表は、昭和12年までに莫大な資本と人材の投入で開発され、近代化した事を証明しているにすぎないのだよ
分かったね?


683 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/18(日) 20:07:49 ID:awpg9rWn0
レス番直し忘れ↓

>>33の状況から開発され


>>681の状況から開発され

684 :チロリアン ◆nu1V1rGlC2 :2006/06/18(日) 20:10:19 ID:awpg9rWn0
>>679
何をしたかではないんだよ
どうしてしたかなんだよ

なんで分からないんだよ?

日本は大韓帝国が自国領になったので
インフラや教育を整備した

一方欧米の植民地はなんでやったんだって事



685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 20:19:20 ID:C0S/X41C0
第一日本は植民地支配なんてしたのか。

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 21:17:12 ID:LEJR1HtuO
>>685 してないな 併合だもん 扱いは日本の一地方だろ
九州や北海道みたいな感覚

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 21:28:19 ID:xhypt2mZ0
>>630
戦時インフレーションって知っているか?

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 21:34:46 ID:xhypt2mZ0
ついでに、朝鮮防衛のための駐留費用がいくらかかったかしっているかな?
20億円をこえているんだぞ。
防衛してくれていた、駐留軍の経費ですら、支払っていないことになる。

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 22:02:54 ID:mFRO05j10
植民地の何を何から防衛するって?誰に何をしてあげたって?

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 22:05:33 ID:xhypt2mZ0
ロシアや中国から、朝鮮を守っていたといっているわけだが。

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 22:09:32 ID:mFRO05j10
いや、自国の植民地を奪取されないように防衛するのは当然でしょうけど、それが何か?

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 22:11:46 ID:xhypt2mZ0
つまり、現地の為にしか金は使っていないって言っているんだけど?
イギリスなんて、植民地から金巻き上げて、他国との戦争費用にかえているくらい。

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 22:14:52 ID:xhypt2mZ0
630を見る限り、どうも、植民地から日本政府の上納したように書かれているけど、
現地軍の駐留費も支払っていなかっただけとわかる。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 23:05:01 ID:4bQSA70p0
結局古い論破されたコピペをループして貼るしか能がないんだよね、ホロン部ってw


695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 23:11:20 ID:fKNmZiOG0
勝利宣言乙。

696 :ダダ:2006/06/19(月) 00:07:01 ID:7g4q2bdA0
695号、人に 乙などといってる場合ではないぞ。


697 :ダダ:2006/06/19(月) 00:08:25 ID:7g4q2bdA0
甲乙丙よりも朴李金のおまえたちは今や瀬戸際にいる。



698 :ダダ:2006/06/19(月) 00:09:23 ID:7g4q2bdA0
おれをコテンパンに痛めつける論理を展開してくれ。


699 :ダダ:2006/06/19(月) 00:10:35 ID:7g4q2bdA0
おれを反韓から反日にさせる デリシャスな議論を頼む。



700 :ダダ:2006/06/19(月) 00:14:23 ID:7g4q2bdA0
どう考えても韓国側の論理は頭が悪い。
小学生とはいわないが中学生でも反論は容易だ。

特に大阪市大の朴一。

701 :ダダ:2006/06/19(月) 00:16:52 ID:7g4q2bdA0
こいつの意見をいろいろなテレビ番組でみるが
ほとんど中学生レベルである。

というか、スエズ運河のケースを持ち出した知的障害者はまだか?

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 00:18:13 ID:1LGkRCLh0
↑韓国もかなりイタイがお前のレスもキモイ

703 :ダダ:2006/06/19(月) 00:23:27 ID:7g4q2bdA0
880号、おまえは頭が悪そうだから少し質問してやるが。
明治43年〜昭和20年の日本の民間投資額の総額を言ってみろ。

アホがつまみぐいのデータを持ち出すんじゃあない。

704 :ダダ:2006/06/19(月) 00:27:01 ID:7g4q2bdA0
702号、おれのクソレスはスルーしていいぞ。

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 16:44:45 ID:DiCvyZSJ0
四の五の言わずに「ダダ」をNG登録すればいいだけのこと

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 22:46:52 ID:dqhlXPPQ0
三菱地所がNYのロックフェラーセンターをバカみたいな高値で買収して、
結局、大損こいて、投売りで撤退したことがあった。

三菱地所は大赤字だったわけだが、
あれは三菱地所がニューヨークに赤字覚悟でインフラ整備をしてやったんだから
ニューヨーク市民は三菱地所に感謝すべきなんだろうか?

ニューヨーカーには、三菱地所が単にバカだったようにしか見えないと思うが。



707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 23:03:13 ID:w0YVp5NH0
>>706
アホ?

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 23:10:41 ID:dqhlXPPQ0
>>707
楽でイイねえw

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 23:23:42 ID:9cu2NYjW0
ニューヨーク市民は別に謝罪と賠償を求めてないじゃん。「人類史上最悪の搾取と悪行」とも言ってないし。

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 23:29:16 ID:1tTjpwPx0
↑IDがニューヨークw

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 23:37:22 ID:w0YVp5NH0
つまり、>>706はアホで決定。

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 23:39:35 ID:5HiH/s4y0
三菱地所は将来的に儲かると思って投資した。
日本の場合は、最初から儲けなど期待していない。
ここが、欧米列強の植民地政策とは明らかに違う点。

奈良時代並みの状態から、どうやって儲けを出すのか・・・・現在の視点から見ても、かなり無謀といわざるを得ない。
普通に考えれば、軽く数百年はかかる気がするな。
これをわずか30数年で、ある程度のレベルまで持っていった日本の力はある意味凄いだろう。
ま、そのおかげで、東北や北陸などが犠牲になったわけだが。
自国民を見殺しにしても、植民地へ投資をしたのは、これまた希有な例かも知れない。

チョンどもは日本政府に感謝する必要はないかも知れないが、少なくとも東北人や北陸人には感謝すべき。
彼らの犠牲があったからこそ、今の朝鮮があるんだから。

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 23:47:20 ID:/4pAZJab0
植民地化以前から朝鮮に移住していったのは、長州をはじめとする西日本出身者が圧倒的だったからな
日本の植民地投資は、朝鮮に移住した日本人のため
つまりは東日本から西日本への所得移転にすぎない

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 00:04:34 ID:o5jiDxfl0
要するに、チョソンどもは歴史を捏造して日本人に論拠不明の加害者意識をうえつけ、
それによって日本人に偽造された贖罪意識から、チョソンどもに金を出させようとしているだけ。

それと、チョソン自身を被害者の立場に擬製することによって自己の正義感を欺瞞的に
演出し、それに酔うことによって自らの歴史の失敗を覆い隠そうとしているだけ。

これはもう歴史じゃなくて政治的プロパガンダになってるの。
まぁ、日本としては具体的事実を以って反論するしかない。

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 00:23:58 ID:n8l4Zcbg0
>日本としては具体的事実を以って反論するしかない。

敗戦時に、本国も出先も揃って公文書焼いちゃったからね
肝心の証拠を自分で消滅させておいて、持ち出してくる「事実」なるものが
証拠能力のあるものなのかは、いわずもがな

やましいことがなければ、日本は全部の書類残しておいたんじゃないの?


716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 00:30:07 ID:pZTxrQdF0
>>709
当時のアメリカ人の中には
「ニューヨークの象徴を日本に買われてしまった」
という意見もあったねえ

>ニューヨーク市民は別に謝罪と賠償を求めてないじゃん。

つまりは、相手が文句を言ってこないのなら、
こっちも「金を注ぎ込んであげた」とは言わないのか?

「金を注ぎ込んであげた」というのは売り言葉に買い言葉なのか?


717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 00:31:52 ID:o5jiDxfl0
具体的事実をどうぞ^^


718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 00:41:18 ID:o5jiDxfl0
>>715
>やましいことがなければ、日本は全部の書類残しておいたんじゃないの?

やましいことがないので、チョソンに関する書類だけは残しておきました。
それをもとに反論しています。

719 :709:2006/06/20(火) 00:52:49 ID:xiXgmLR70
>716
言わんとしてることがよくわからん。三菱は「金払ったんだから感謝しろ」と言ったのか?

ロックフェラーセンター買収も日韓併合もただ「合法だった」とは思ってる。
合法違法はともかく、精神的苦痛を与えたことが問題だ。ってことなら俺にはなんとも言えんけど。

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 01:03:54 ID:bV6VIQr20
儲けが出ない投資をするのは端的に「バカ」である証拠。
しかし日本の場合、儲けようとしないのではなく(儲けないのであれば任意の投資先として
アフリカや南洋諸島も選ばれているだろう)、見通しの甘さ・対外政策の失敗によって
植民地統治の期間が短かっただけか、外部経済性の評価を抜きに赤字か黒字かで
短絡的に評価するという愚行のどちらかにあてはまるのだろう。

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 01:12:32 ID:n8l4Zcbg0
>>718
朝鮮総督府文書の残存状況を知っての発言か?

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 01:25:47 ID:o5jiDxfl0
>>721

>718

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 01:33:49 ID:oODIeUE/0
>>721
あんたら朝鮮人は「史上最悪の搾取と悪行」が行われたって電波出してるじゃん
その割にはなぜだか食糧生産高が飛躍的に伸びて医療も普及して鉱工業生産高も
飛躍的に伸びて人口倍増してるじゃん
交通網整備して鉄道・港湾作って学校作ってハングル発掘して普及させて大学建てて
本国の士官学校に入校させて日本陸海軍の尉官以上になった者には現地軍でない
日本軍の指揮させて租税は優遇して(ry
いったいどの辺が「史上最悪の搾取と悪行」なのかがさっぱりわからんのよね@@;

別にあんたら朝鮮人が「日本に併合統治された」って事実だけをどうこう言うのはかまわん
あの時代弱けりゃ国を維持できなかっただけ
日本だって日露で負けてれば北海道対馬あたりは確実にロシア領になってた
ただそれだけのこと

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 02:02:45 ID:Jd1etD/u0
良いことしかしてない。
併合されたのは朝鮮人が愚民だったから。

むしろ奴隷にして残酷なこと
してやれば良かったんだよ。



725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 02:42:43 ID:bXIMiU0r0
「日本の朝鮮統治は史上最悪の搾取と悪行」と同程度に「日本の植民地はいい植民地で欧米植民地は悪い植民地」
「植民地じゃなくて併合」なんて言説もデンパ。

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 03:12:41 ID:Jd1etD/u0
たとえば当時イギリスの植民地であったインドは、
香辛料などの原材料を輸出して
イギリスを相手に多額の黒字を計上していた。
ところが黒字はルピーではなく、ポンドを使って決済され、
そのままイギリスの銀行に預けられていた。

だからイギリスはいくら植民地を相手に赤字を出しても平気だった。
イギリスの銀行に預けられたポンドを、イギリス国内で使えばいいからだ。
インドは名目上は債権が増え、お金持ちになったが、
そのお金をイギリスの銀行から自由に引き出し、自分の国では使えなかった。
お金の使い道は預金者ではなく、イギリスの銀行が決めていたからだ。
そしてもちろん、イギリスの銀行は国内の人々に貸し出した。

イギリス国民は植民地から輸入した品物で生活を楽しみ、しかも支払ったポンドも
イギリスの銀行に吸収され、イギリスのために使われるわけだ。
こうしてイギリスはどんどん発展した。

一方植民地はどうなったか。
たとえばインドは商品を輸出しても、その見返りの代金はポンドで
イギリスに蓄積されるだけだから、国内にお金がまわらなくなる。
どんどんデフレになり、不景気になった。

仕事がきつくなり、給料が下がり、ますます必死で働いて輸出する。
ところが黒字分の代金は、ポンドのまま名義上の所有としてやはり
イギリス国内で使われる。
こうしていくら黒字を出してもインドは豊かになれなかった。
そして、赤字を出し続けたイギリスは、これを尻目に繁栄を謳歌できた。


727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 03:15:08 ID:Jd1etD/u0
・イギリスはビルマ国王をセイロンに幽閉して王子達を銃殺、王妃は娼婦にした。
・フランスはマダガスカル王を流刑にした。
・アメリカはカメハメハの女王を一般市民にした。
・日本は日韓併合時に、朝鮮の王族の地位も保全され、皇室に準ずるものとして
身分まで保障してやった。
そもそも「侵略」して「植民地」にして「搾取」しようとする相手にする対応
じゃない。李王家を廃絶せず、「王」という称号もそのまま残している上、
主要両班は全て日本の華族、伯爵などの地位を与え、さらに貴族院議院に入って
いる元両班もいた。


728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 03:17:07 ID:Jd1etD/u0
日韓併合は韓国の要請で行なわれました

■アメリカを訪れた朝鮮全権大使、李成玉『李完用侯の心事と日韓和合』
現在の朝鮮民族の力量をもってすれば、とても独立国家としての体面をもつことはできない。
亡国は必死である。亡国を救う道は併合しかない。そして併合相手は日本しかない。
欧米人は朝鮮人を犬か豚のように思っているが、日本は違う。
日本は日本流の道徳を振り回して小言を言うのは気に入らないが、これは朝鮮人を同類視しているからである。
そして、日本人は朝鮮人を導き、世界人類の文明に参加させてくれる唯一の適任者である。
それ以外に我が朝鮮民族が豚の境涯から脱して、人間としての幸福が受けられる道はない。
日韓併合が問題になるのは、変な話だ。
我輩の併合観は欧米人の朝鮮人観を基に考察したのだ。


729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 08:55:15 ID:uOPRtRib0
コピペばっかりだなw

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 10:01:30 ID:fW2Rztju0
もしも敗戦が無かったら、日韓併合の100年後くらいでどうなっていただろう?
 ・法的に内地と同じ扱いになり、精神的にも完全に日本の一部になった
 ・法的に内地と同じ扱いになったがカナダケベック州のように中央政府に文句ばかり言う地域になった
 ・ベトナムのように独立戦争をして勝利し分離した
 ・アイルランドのようにすったもんだして分離した
 ・チェコスロバキアのように穏便に分離した
 ・やっぱり徴兵も参政権も無いままだった


731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 10:11:47 ID:uOPRtRib0
・アイルランドのようにすったもんだして分離した

これじゃないかな。
今でもテロがあったりさ

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 21:57:15 ID:7xguC3XYO
いや、それはないだろ。
今の沖縄みたいに内地に文句ばかり言うくせに、日本人としての地位にはしがみついて放さないってとこじゃない?
それかむしろ、かつて中国に犬のごとく忠実につかえ、儒教はじめ中国の文化制度コピーするのに夢中になったように、内地以上に日本化してたかも。

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 23:08:04 ID:TJcbAeEq0
どこの国に、このように先人の歴史を踏みにじり、一国の首相が謝り続けている国はありま
しょうか。インドネシアにおいてオランダが、戦後我が国に対して報復裁判をやっ
たでけでなく、現地の人にたいして数百年間ひどい植民地統治をしても、独立にさ
いしインドネシアに残した資産を買い取らせています。イギリスもフランスもアメリ
カもスペイン、ポルトガルも植民地に投資などせずに、植民地から搾取して太って
きました。そのような国々でもかっての植民地統治が悪かったと謝っている国はあ
りません。それが歴史とわかっているからです。恨むのであれば、自分達の国を自
分達で守ろうとせずに放棄した自分達の祖先を恨むべきでしょう。

 ましてや我々の先人は搾取どころか、世界最貧国だった朝鮮半島に莫大な投資を
してインフラを整え、学校をつくりハングルを普及させました。当時国内にその分
を投資しておけばもっとインフラが整える事ができたでしょう。朝鮮半島が日本に
集りまくって、感謝も何もないのは今も昔も変わりません。それを、戦後はすべて
奪われ、そして戦後の悪い事はすべて日本のせいにされ、謝れと言い続けられてい
ます。こんなバカな話はありません。自国の先人の屍により我々が生きている事が
できるのです。首相たるもの「朝鮮の人よ、支那の人よいいかげんにしろ。」と言
ってほしいものです。

ttp://www.tamanegiya.com/ahosyusyou.html

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 23:14:21 ID:16gfghrk0
>>731
それはないな。
あるとしたら、半島人が日本人なのだから、対等な待遇を要求すると、
連日デモでもしているんじゃないかと。
日本は同化主義だから、今のフランスみたいな状況になるかと思われ。


735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 23:16:33 ID:f38w3tXG0
>>732
俺もそう思うな。
チョンどもにそんな根性があったら、日本が手を出すまでもなく、とっくに改革に成功しただろ。

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 23:28:24 ID:mRYU3nrLO
自力で自分の国の独立を保つ事や近代化を計る事が出来ず、ましてや下に見ていた隣国に近代化を手助けされ、併合という形で独立を保つ事ができなかったコンプレックスがこんな幻想を見せるんだろうな…。



嫌な事実も認めてしまえば新たな未来が見えてくるよ。

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 23:36:57 ID:o5jiDxfl0
>>730
if における条件設定が、あまりにも幅広く曖昧すぎて解答不能だよ。
併合後から敗戦までの変化があまりにも大きかったと思うよ。

敗戦がなかったらというifだが、その条件が日米開戦しなかったという条件なのか、
日米開戦し、その戦争に勝利したという条件なのかで違ってくるしね、、、。
日米戦争に勝てたというifは考え難いし。

日米開戦しない場合、日中戦争から日米戦争へという流れの中で(この前提も検討が必要だが)
日中戦争があったのかどうかでも違うし、そうなってくると満州事変をどう
考えるかということになってくるし、、、。

ただ、・ベトナムのように独立戦争をして勝利し分離した
   ・チェコスロバキアのように穏便に分離した
   ・やっぱり徴兵も参政権も無いままだった
の三つは考えにくいような気がする。  まぁ、根拠不明だが^^ スマソ。

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 04:06:55 ID:TLVkQcNx0
>>716
恥の上塗りは楽しい?
朝鮮=ロックフェラーセンターという例えが
根本から間違ってるし、上手い例えをした!なんて
思い込んでるアホは君だけだぞ。

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 12:25:25 ID:rzWkZzMA0
君たち唯一のよりどころである安倍が祖父の代から統一協会と深いかかわりがあったことについて

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 12:29:10 ID:0vMIXmbx0
 土地調査をきっちりとやることにより近代的土地台帳を製作するということは、
近代国家としての根幹に関わってくる問題です。朝鮮は小作農より自作農への「農
地解放」の事ばかり騒ぎ立てますが、我が国においての農地解放は大東亜戦争終了
後の1946年です。朝鮮併合時1910年において我が国の全農家戸数541万
6937戸のうち、自作農家177万6873戸と自作農兼小作農家213万91
11戸を除く、小作農家は150万953戸もありました。1927年でも148
万8061戸もあり全農家の3割弱を占めていて、朝鮮より少しいいだけでした。
同じく小作耕地は277万3236町で自作農地324万3170町の46%を占
めていますので、同時期の朝鮮の小作農土地58%より少しだけ少ないだけです。


741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 12:30:18 ID:0vMIXmbx0
朝鮮人地主
日本人地主

1000町以上の水田を所有する者
10名
17名

500町以上の水田を所有する者
33名
47名

100町以上の水田を所有する者
756名
246名

50町以上の水田を所有する者
1454名
269名



742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 12:32:55 ID:0vMIXmbx0
ちなみに朝鮮人の反論の根拠によくなる日本人地主数についてはであるが、
これらの日本人地主の多くは朝鮮併合以前に朝鮮に進出した者であって、朝
鮮総督府の土地政策事業はもちろん東洋拓殖株式会社とは何も関係のない純
粋な事業として李朝末期に進出したものです。朝鮮における日本人の農家の
総人口は4万人(約1万戸1922年)で同年の朝鮮人農民総人口1434
万人のわずか0・3%であり、東洋拓殖株式会社の斡旋で移住した6000
戸(1911〜27年)のうち2000戸以上が帰国し、定着は38883
戸に過ぎなかった。そのために東洋拓殖株式会社は1927年に移住斡旋事
業を廃止した。日本人に不人気の最大の理由は、東洋拓殖株式会社(東拓)
が日本人むけの土地価格は、1911年で水田反あたり15円、1927年
で120円と、日本人に安く売らなかったからです。朝鮮人がよくいう安く
斡旋したなどということがいつものとおり嘘だというまたまた一つの例です。

 そして、朝鮮総督府は所轄していた「国有地」の田畑11万7000町(
1918年末)を、1920年から東拓には売却せずに、朝鮮人の従来から
そこで耕作している「縁故小作人」に安く売却した。朝鮮総督府の「国有地」
とは大韓帝国の国有地を引き継いだものであり、私有地を新たに「国有地」
にしたものではない。これらのことからだけでも、英国のアイルランド、オ
ランダのインドネシア、フランスのアルジェリアなど他国の植民地政策と我
が国の朝鮮半島における政策との違いがわかる。

(以上の主な引用先は「歴史を捏造する韓国」 中川八洋著 徳間書店P72
〜3、P78〜80よりですが、中川氏は数値などは「現代日本農地政策史研
究」細身大次郎著 御茶ノ水書房より引用)

ttp://www.tamanegiya.com/nonbee17.9-.html

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 12:40:53 ID:pho2r0lG0
トランプゲームにたとえるならババ抜きのババが20C初めの朝鮮半島だな
地下資源は無い
食糧生産も低い
港としての価値もロシア以外に無い
プライドだけは小中華思想で高い

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 12:52:00 ID:DYu44vf/0
>743
ただし地政学的価値は非常に高いよ。

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 13:41:03 ID:pho2r0lG0
>>744
それはそうだな
日英同盟のよしみで朝鮮は英国の保護下
釜山・馬山浦の2港を日本が租借(日本海の出入り口のみを制圧)
それなんて佐藤大輔的ifだけどこれが一番良かった気がする
朝鮮と関わるとろくなことにならない

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 16:52:20 ID:X1HoSD9P0
>>745
ああ、イギリス人も相当悪だけど、露助やチョンと違って対等と見做した国家との条約は最低限守るからな。
日本がある程度の国力を持ち自衛力がある限りは安心できる相手だと思うので、列強勢力に朝鮮半島を委ねるのな
ら一番信頼できる。
露助は「条約って何?」だしヤンキーは元々天然ダブスタなので列強に中国市場の開放を叫びつつ朝鮮市場から
日本を排斥しかねない。フランス人は現地民政策が拙劣だしドイツやオーストリアは海洋交易国家ではないので極
東は遠すぎる。
イタ公だと弱すぎて露助への防波堤にはなれっこない。
故に、日本が直接介入しない場合の選択肢はイギリス以外に有り得ない。

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 17:07:04 ID:DYu44vf/0
>746
イギリス人は儲からないことには手を出さないよ。
朝鮮半島は地政学的に危険すぎる上、イギリスの死活的な国益を左右する場所ではない。
朝鮮半島はイギリスにとってのアフガンでもスエズ運河でもケープタウンでもないんだ。
中国やロシアは人口が大きく少数の部隊で制圧することは難しい。
一方イギリス本国からは遠く有事即応は不可能だ。だからイギリスは日本と組むことにしたんだよ。
イギリスに言わせれば「ここは任せたからがんばってね!」ってところさ。

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 20:21:06 ID:vvGBTvQA0
         ハ,,ハ  
        ('(゚∀゚∩_ おいらをどこかのスレに送って!
      /ヽ   〈/\ お別れの時にはお土産を持たせてね!
     /| ̄ ̄ ̄|.\/
       | .モツ煮..|/
        ̄ ̄ ̄
現在の所持品:たばこ・ライター・コーヒー・ウィルス
電話加入権・「PartのかわりにRigelを流行らせよう」のログ
ドエット・シンナー

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 22:44:59 ID:xcRCfDbQ0
「こどもののみもの」をお持ち帰りいただきました。

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 10:43:06 ID:Ml1W7dPG0
>>747
まさに「極東の鶏肋」だな。地政学上の要地でありながら経済的には足手まといでしかないという。
だったら、日本が直接介入しないで済む選択肢はなかったのかもしれない。
それしかなければ、併合直後にホロコーストを行わなかったことにこそ日本の罪があると言わざるを得ない。

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 11:04:53 ID:tdMRQj8A0
>750
日本にとっては、朝鮮半島にロシアや清国からの干渉を拒む武装し独立した政権があり、
その政権と友好関係を保つことが出来ればそれでよかったんだよ。
ところが朝鮮をそのような方向に持っていくには近代化することが必要で、
近代化するには国民が近代化が不可避だと納得することが必要だったんだが、
それを推し進めるべきエリートが腐っていたということさ。
代わりに日本が近代化をやったが、腐ったエリートたちから封建的権利を取り上げたので恨まれる事になった。
やはり近代化というのは自力でやるもので他人から押し付けられるものではないのさ。
しかしながら弱く愚かな朝鮮が清やロシアに飲み込まれることは、日本の安全保障上許せなかった。
それで再び日清日露のような戦争が起こり血と金を大陸に捨ててくるくらいだったら、
朝鮮半島の近代化につぎ込んだほうが賢明だという判断は、ある意味しょうがないかもしれないなあ。

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 21:44:18 ID:r5m472os0
変に罪悪感を持たせるように学校で教えるのはおかしい
俺は中学のとき・・・

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 22:48:03 ID:jkkR+g7K0
>>751
それは日本の奢り高ぶりにすぎないね

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 22:48:50 ID:jkkR+g7K0
>>751
それは日本の奢り高ぶりにすぎないね
俺たちの優れたものを与えてやるって態度
中華思想となんにも変わらない

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 23:15:27 ID:tmvLrolf0
21世紀的思考でみれば日本が奢ってたよう思えるけど
19世紀末の状況考えれば海を挟んだ隣国がヘタレ極みなままだとはなはだ迷惑なだけ
もともと明治維新そのものが阿片戦争後の清にたいする西欧列強の扱いをみて
その反動と恐怖で成立した面もあるからね
日清戦争前に目覚めず終わっても眠りこけ日露戦争でも気がつかず果てには
ハーグ密使事件なんてまるで阿呆の極みのような事件をおこす
あきれはてたんじゃないの

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 00:16:51 ID:woAhs1sx0
>>754
いや、別に奢りではないと思うぞ?
単に朝鮮がしっかりしないと、日本が困るからだよ。
それこそ、死活問題のレベルで。

放置しておけば、朝鮮がロシア領になったのはほぼ確実。
チョンどもは、ロシア兵として日本侵略の尖兵と化しただろう。
もちろん、チョンどもは最前線に投入されて、ロスケの消耗品になるのは言うまでもない。

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 03:05:09 ID:H4/ZbDMx0
そういう妄想を言えば正当化されると思ったら大間違いなわけだが

758 :751:2006/06/23(金) 09:27:36 ID:SKu0hxyT0
なんで>751を読んでおごりという風に感じるのかなあ。
別に「近代化してやった」とも書いてないし「近代化は絶対善」とも書いてない。
日本は近代国家として徹頭徹尾自国の利益を最優先して考え、自国の安全保障のための
最小コストとして朝鮮の国家併合による近代化を選択したってことなんだがね。
ポイントとしては、近代化の是非はともかく近代化から逃げることは出来ない時代だった訳で、
日本だって好きで近代化したわけではないし、好んで朝鮮を近代化したわけではない。
逆に見るなら一進会などは朝鮮の近代化のために如何に日本を利用するか?
という運動だといえる。日本が全面的善意のみで行動したと考えるのはナイーブだが
朝鮮もホイホイ騙されたと考えるのも同様にナイーブ。

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 18:10:35 ID:jWCYwaOw0
今朝鮮が嫌われてるのは敗戦になった途端に態度が変わったからでしょ

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 21:03:47 ID:sLD3AVnI0
独立国家の構成要件は外交権と軍事力
日韓協約はこれらを奪いながら「大韓帝国の独立」云々を説いてみせる欺瞞

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 21:08:25 ID:/8PgrAql0
異民族支配なんてそんなもんでしょ。
近代化、文明化、旧体制からの開放とか全てがおためごかし。

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 23:15:32 ID:woAhs1sx0
>>760
外交権はともかく、当時の朝鮮に軍事力と呼べるものがあったのだろうか・・・・。

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 00:19:43 ID:lD/YhqbH0
>>759
いや、チョンがたくさん住んでいるから。

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 04:32:58 ID:WUPGNqTT0
>>760
欺瞞など存在しない。
日本人が、朝鮮人どもから内政権を取り上げず、大韓帝国の存続を認めていたことは決して忘れてはいけない。

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 19:55:03 ID:1rW7BaNS0
つーか併合されたのは自業自得w

列強は朝鮮の主権がどうとか全く考えてないよね。


766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 08:15:16 ID:HqfrqDb+0
オカ板にて予言者現る!!!

160 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2006/05/23(火) 11:38:57 ID:6WhF4rZB0
ワールドカップでオーストラリアvs日本戦で、1対3で日本が勝ち
日本やるじゃんと思ったら夢だった。
過去この手の夢は、100%逆になるので、3対1で日本が敗れると
このスレで予言してみる。

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1145066367/160

767 :併合前から次々主権を剥奪:2006/06/26(月) 09:34:46 ID:o57gJmqS0
1895 日清戦争に勝利。清に朝鮮の独立を認めさせる。1897年に大韓帝国と改名。

1904 日韓議定書を結ばせ、韓国内で日本軍が自由に行動。

1904 第一次日韓協約。韓国政府の財政・外交顧問に日本政府の推薦者をいれる。

1905 第二次日韓協約。韓国統監府を設置して外交権を取り上げる。

1907 ハーグ密使事件を機に、韓国の皇帝を退位させる。

1907 第三次日韓協約。内政権を剥奪。韓国の軍隊を解散させる。

1910 伊藤博文暗殺事件などを機に、韓国を併合。


・併合賛成(桂太朗など)併合反対(伊藤博文など)
・国際社会は併合を容認。

・保守派(王室など)は日本に抵抗、ロシアに接近。改革派(一進会など)は日本の併合賛成。
・軍隊解散後に、抗日の反乱。抑えられ義兵闘争。
・日本との併合に賛成した一進会も、併合した年に日本により解散。


768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 14:35:52 ID:V5Ft9Qxp0
外交権っていったって、結局ロシアの言いなりか、清の言いなりか、日本の言いなりか、さあどれをとる?
って程度の外交しかできなかったんじゃないの?
白人様か宗主国様ならガマンできるけど、倭奴にだけは我慢ならんってだけで。

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 14:52:58 ID:td0hFgLU0
植民地以前、李朝が困ってお金に変えたはずなのに、
今の韓国歴史教科書では
列強により収奪された、だもんなぁ。

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 16:02:34 ID:szrLvLBZ0
イギリスは朝鮮を植民地にしようとして朝鮮を調べた。

財政破綻状態、資源は何もない。農業、産業は振るわず、ようするに乞食同然の国だった。(これは本当)

こんな所を植民地経営したら赤字経営になるとわかり、撤退した。

イギリスは植民地経営のプロだった。

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 16:08:32 ID:szrLvLBZ0
日本は朝鮮を併合し巨額の財政負担を強いられた、終わり。

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 16:09:55 ID:xSyKZE6x0
だから日本も植民地にされなかったんだな。

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 16:55:13 ID:q0DfA+cq0
>>772
早速チョンがご登場w

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 16:58:44 ID:xSyKZE6x0
レッテル貼りきめえw

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 17:46:11 ID:EYWDdbYC0
チョンと呼ばれ否定できない>>772>>774は・・・

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 18:44:29 ID:xSyKZE6x0
否定してもレッテル貼り厨が「間違いでした、ごめんなさい」なんて
言うとは思えないからあえて否定しなかっただけですけど?w

ま、一応否定しとこうか。朝鮮人じゃないよ\(^o^)/

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 10:10:22 ID:I1aDqQLf0
>>757
既に蒙古の尖兵として北九州に襲来したと言う立派な実例があることはお忘れか?
日本人だったら小学校でも教わるお話なんだが。
もしかしてあなたは日本人じゃないとか?

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 14:22:33 ID:PEr293UA0
時代が違(ry

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 19:41:25 ID:TxlCy/e00
>>770
>イギリスは植民地経営のプロだった。

逆に考えてみる事も全体的な理解の一助になると思う。
要するに、日本は朝鮮半島を当時の欧米的な植民地とは看做さなかった。

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 20:11:33 ID:0CqfGZI+0
じゃあ、日本が朝鮮を併合できなかったifはどうか?

反日派の朝鮮諸勢力、清、帝政ロシアにより日本は朝鮮に 進出 できず。
清かロシアが朝鮮を侵略した状態で日清戦争なし、日露開戦
英、米、独の日本援護?
で、大陸進出なし、大東亜戦争なし?

利点は国内産業に持てる力を注げること?
それか列強に日本もつぶされてしまう?



781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 21:22:06 ID:oLotnj9M0
>780
日露戦争の勝利が無かったら日本は「一等国」扱いはされなかったろうと思う。
有色人種の覚醒に時間がかかったことに間違いは無いだろう。
ロシア革命もあの時点で成功したかどうかも怪しくなる。
世界史の流れそのものが大きく変わっただろうな。
ただ、朝鮮民族の立場から見て耐えられないのは、どういうifを設定しても
独立し富み強くなった朝鮮という状況が現実的な線として出てこないことなんだろうとは思う。

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 23:02:51 ID:0CqfGZI+0
マアー、清かロシアが朝鮮を侵略・領土化した場合朝鮮人は大規模に
虐殺されるか・大規模に皆殺しにされるか・ロシア犯罪者旅団により
強姦されて虐殺されるかで、何より日本に 在日が来ない!! だよね〜。

で、日露の状況だけど、マイナス面は日清の戦闘経験がなくなること、
大陸での陸上決戦がなくなること(マイナスかどうか?)でしょうか?
ただ日清日露に関係なくそれ以前から帝国陸海軍はヨーロッパの
軍事技術を学びとり艦船を購入していたわけで、またこのとき英、米、独は
ロシアと敵対(仏は好き)で、朝鮮併合なしだと日露戦争の勝利が必ず
無くなるものでしょうか?


783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 00:39:07 ID:sVA0JyS60
>清かロシアが朝鮮を侵略・領土化した場合朝鮮人は大規模に
>虐殺されるか・大規模に皆殺しにされるか・ロシア犯罪者旅団により
>強姦されて虐殺される

この妄想の根拠は一体何なのか。

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 02:21:38 ID:tmCbzw/e0
>>783
故地からの民族大移動はロシアの伝統芸だからまんざら妄想でもないだろ

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 02:49:38 ID:sVA0JyS60
は?

786 :780,782:2006/06/28(水) 09:51:29 ID:2+TX4KPD0
784ではないです
>>783
確かにそのとおりで第一にはわたしの願望によるものですが、一方
ロシア・中国が分離活動や反体制に対して非常に残酷な弾圧を
加えるのは、法輪功・文化大革命・チベット・チェチェン・スターリンと、(ウイグルは情報がないので省く)
(ttp://www.peacehall.com/cgi-bin/news/gb_display/print_version.cgi?art=/gb/china/2004/12&link=200412130343.shtml)
(現代の人民解放軍による女性の公開処刑)
どの時代でもいつまでたってもやっているわけで、朝鮮人が抵抗すれば
ほば起こりそうなものに思えるのですが、どうでしょうか?

それとそれはまあどうでもいいので日露の結果はどう変わるでしょうか?

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 12:17:09 ID:tmCbzw/e0
>>785
ごめん。あんた単なるバカだったんだね^^;

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 15:24:37 ID:sVA0JyS60
>>787
意味不明ですよ^^;

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 16:08:47 ID:gTiwPagSO
>>788は救いようがないアホだなw

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 17:26:22 ID:sVA0JyS60
>>789
人格攻撃ですかw

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 17:59:29 ID:nd9eVohy0
>>790
相手にするな!
無視しろ!

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 18:02:21 ID:W9buOTsO0
自作自演が始まったか?w

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 18:11:25 ID:sVA0JyS60
きめえw

794 :780,782:2006/06/28(水) 18:20:17 ID:2+TX4KPD0
もーみんなケンカすんなよー。
殺伐としたスレにようかんマン参上↓


     l'´ ̄`l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`l
    |   | u                |
    |   |     ヽ      /       |  
     |  :J |   ●  ヽ----/   ●  |
...   |   |         ヽ  /       |  
.    |   |           ヽ/       |
.     |   |                J   |
..   |   |                      |
    |  \               __    ト、
   ミ    \  ,.ミ'´ ̄ ̄``    `ヽ、| |
((  ミ   ミ  \'         、    ヽ|          力
   ミ、  ミ    \           i.     ゙、           勹
   |   ミ、 ,'                l
    L.___|_ l                l {    -─- 、
      |    l    -、         ヽ   ,. '´       ヽ
     |     !       ヽ         ヽ ,.'        ,、  ヽ
    ./´ ̄`V      ,ヽ、          ,' ,'  ; ,.  ,: , ハ :, , i
    / 、  |      /  、`ー     ノ! ; : ; /_'/./_/  Li_l  !
   ./   i   |       /   ヽ   ヽ 〃 /  | ;:「 ____...    リjリ
   !.     !     /     ヽ   {{ / (`| il| __..   ` ̄lノ i  
   `ー‐ゝ、 '    /      ヽ___,.-‐'"⌒゙| !| °,,,  ,  ̄/,: ハ
       `ー--‐'     ,. -‐'"´     リi从_   、 '''ノ_:_ノ ヽ  
   力          /"ー─------<二/  ´ヽ、-<r"/,ー、 丿
     勹      { 〈                )、 Y  `ゝ(_/_/./'
             } `ー----------─一--‐'´ ̄´




795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 18:47:08 ID:P69iNOF40
わけの分からんスレになりつつあるな

796 :香里園の守護神 ◆NEaRDPrK/Y :2006/06/28(水) 20:41:46 ID:y1n89dKK0
まあ実際に沿海州の朝鮮人が中央アジアに強制移住させられてるからな。

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 20:48:42 ID:GFmAo95g0
それだけじゃなんとも言えないね

>大規模に虐殺されるか・大規模に皆殺しにされるか・ロシア犯罪者旅団により
>強姦されて虐殺され

たわけじゃないからな

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 21:14:52 ID:P69iNOF40
>>797
おもいっきり強姦されてたようだが・・

北部の住民たちは、ロシア人に好意をもっていなかった。ロシア人には規律と自制とが
欠けていたからである。彼らはとくに、しばしば起こるロシア軍兵士と韓国女性との
衝突によって不和を来した。
私は、(日露)戦争の初期に、主として北部地方をずっと旅行したが、その最初の
数週間の間、私はどこでも、韓国の国民から日本軍に対する友好的話題ばかりを聞かされた。 
      マッケンジー 「朝鮮の悲劇」 p107

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 21:20:44 ID:GFmAo95g0
で、虐殺は?

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 21:22:49 ID:P69iNOF40
それを防いだのが日本だろ、結果論だが。

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 21:43:59 ID:P69iNOF40
マッケンジーの同書の、その部分の残りを資料として追記しておく。

労務者や農民たちも友好的であった。彼らは、日本が自国の地方官僚どもの圧政を
ただしてくれるようにと望んでいたからである。また、上流階級の人びとの大部分、
とくになにほどか外国の教育をうけたような人たちは、日本の約束を信じ、かつ
従来の経験から推して、自国の遠大な改革の実施は、外国の援助なしには
遂行し難いと確信しており、そのため日本に心を寄せていた。 p108

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 22:03:09 ID:GFmAo95g0
結局妄想でしかないんだな

803 :780,782:2006/06/28(水) 22:50:01 ID:2+TX4KPD0
>>797,799,802(GFmAo95g0)
何も新しい情報を記さずにただ決め付けの否定だけをする。
朝鮮人ですか?

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 22:56:37 ID:LLOlDc6b0
てか虐殺の定義は?植民地の獲得初期にありがちな抵抗勢力の
掃討に伴う死者は日本の植民地でも万単位で出てるが。

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 23:00:43 ID:LLOlDc6b0
ところで「日本の植民地が同時代の他の植民地にくらべて特殊」とする
学術的研究は結局ないんかね?


806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 23:01:37 ID:+srjxc7j0
てか、もうやめようよチョンなんていくら話ししても無駄だよ。

国交断絶が一番いい!!

807 :780,782:2006/06/28(水) 23:11:02 ID:2+TX4KPD0
>>804
武装した軍人・民間人の殺害でなく、非武装・無抵抗の民衆の殺戮という
性格の強い行動(そりゃあ何%からかはいえませんが)ではダメ?

808 :780,782:2006/06/28(水) 23:16:58 ID:2+TX4KPD0
とりあえず798さんは書名を挙げて強姦はあったんではないか?
と仰っている(反論ならその資料の真偽についてなどをやるべき)
またわたしはロシア・中国が分離活動や反体制に対して他の例では
非常に残酷な弾圧をしてきていることを挙げている(反論ならその
真偽についてなどをやるべき)
そのようにできないのであれば、

     ∧__∧    
    (・ω・`)  資料をご覧になって下さい
     と  ⊂)
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |              |

   ∧__∧    韓国に対する愛情はないのかーっ!
   <#`Д´>||| 
  (     O//バンッ!!
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |              |


     ∧__∧    
    (・ω・`)  資料を見て下さい
     と  ⊂)
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |              |

    ∧__∧    資料はそうだけれど…
    <;`Д´> 
   (つ/⌒と)
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |              |


     ∧__∧    
    (・ω・´)  ・・・、資料を見てくれ
     と  ⊂)
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |              |
    ((⌒⌒))
   ((((( )))))
     | |
    ∧_∧    研究者としての良心はあるのかーっ!
   ∩#`Д´>'') 
   ヽ    ノ
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |              |


…ということですね!?

809 :香里園の守護神 ◆NEaRDPrK/Y :2006/06/28(水) 23:17:16 ID:y1n89dKK0
>>798>>801
マッケンジーの本はその後の部分では日本に極めて否定的だけどね。

ああ、そうか、虐殺があったかなかったかが問題だったか。スターリン政権下で朝鮮人が
特別に虐殺されたという資料は今のところ知られていないと思う。まあ貨物列車で移送中に
数千人が死亡したと言われているが。

ってかスターリン政権下の虐殺なんて数知れないし、朝鮮人の虐殺だけ取り上げてあったかなかったか議論しても…

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 23:25:54 ID:LLOlDc6b0
>>807
非武装無抵抗の民衆を殺戮して
植民地統治上の何のメリットがあるのか疑問なのですが。

偏向した農業政策によって結果餓死者が大量に出たというケースはあるけど
無抵抗の民衆を特に意味なく殺戮したなんてケースが近代的植民地であるんかいな。

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 23:29:11 ID:GFmAo95g0
>>782
お前ただ在日認定したいだけちゃうんかと。

812 :780,782:2006/06/28(水) 23:42:47 ID:2+TX4KPD0
>>811
そうでないなら失礼、と言っておきます
>>810
それはどうでしょうか? 非武装のデモ隊に発砲、暴徒化を理由に
(住民の弱体化が狙いで)ジェノサイドってしょっちゅう聞くような気が

で、このロシア・中国の虐殺というのはこれらの国が朝鮮侵略・領土化した
場合に朝鮮で起こりそうか否かという仮定の話で、本当に語って頂きたい
日本の朝鮮併合化がなかった場合の日露の結果の話に戻って頂きたいのですが…

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 23:59:26 ID:P69iNOF40
>>810
>無抵抗の民衆を特に意味なく殺戮したなんてケースが近代的植民地であるんかいな。

事態が険悪となったアムリットサルでは、(一九一九年)四月十二日に集会禁止令が
出されたが、翌日はまだ市民に徹底していなかった。十三日はヒンドゥー暦の新年にあたり、
市の中心部にあるジャリアンワーラー・パーグという小公園には
(ガンジー逮捕に抗議する)二万人近い市民が集まっていた。そのとき突然、かねて
「理性よりも無知に訴えるような輩には、報いの日を来させてやるさ」と啖呵を
切っていた(イギリス人の)ダイヤー将軍が、 一五〇名の兵士(一00人は
ネパ―ル人の傭兵)を率いて現われ、参会者に解散を命じたが、そこは四方を塀に
囲まれた空地で、 一方に瓶の口のような狭い出口があるだけだった。群衆は
ただちに出口にむかって殺到したが、三分もたたないうちに、ダイヤー将軍は
この非武装の群衆に対して発砲命令をくだした。これが、政府側の調査委員会の
報告でも死者三七九、負傷者一二〇〇(会議派の調査では、死者一二〇〇、
負傷者三六〇〇)という、世にも残酷なアムリットサルの大虐殺事件である。
       森本達男 「インド独立史」  p113

ダイヤー将軍には、クライヴ以来の「帝国の功労者」の一人として、賞讃者たちから
二万ポンドの賞金が贈られたという。   「同上」 p114


814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 00:11:16 ID:cya/zira0
そりゃデモ隊で無抵抗じゃないじゃんw
デモ鎮圧で死者が出るなんて植民地政府に限らず強圧的な国家じゃ日常茶飯事だわな。

その死傷者数はインド側の主張で英印政府の記録資料、イギリス側の主張じゃ
「死傷者数」が379名となってる。このあたり三一事件に関する日韓対立と
相似が見られておもろいな。

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 00:16:16 ID:QnLD17SZ0
>>814
813をよく読めよw逃げる群衆に対して発砲してるわけだがww って笑い事じゃないけど。

>群衆はただちに出口にむかって殺到したが、三分もたたないうちに、ダイヤー将軍は
>この非武装の群衆に対して発砲命令をくだした。

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 00:26:37 ID:cya/zira0
デモを行うという民衆側の作為があって初めて起こった事件なわけだから
無抵抗とは言えんわな。

上記はインド側の言い分で、イギリス側がインド政府の度重なる要求にもかかわらず
当該事件に関する謝罪を一貫して拒否してるあたり、事実関係についても
イギリスには別の言い分がありそうだ。暴徒化して軍警に襲い掛かってきたので
やむをえず発砲したとか。

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 00:47:28 ID:tp0GvuMo0
まあ、ロスケの場合だったら、もっと酷いことになりそうだな。
「血の日曜日事件」なんか見ると。
自民族ですら容赦ないんだから、これが異民族だと・・・・。

>>814
となると、被支配者の朝鮮人は、デモもせず文句も言わず、ひたすら犬のように従順になるしかないね。
ま、つまりはロスケの完全な奴隷になるってことだ。
朝鮮民族が生き残るには奴隷しか道がなかった・・・・結論はこうだな。

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 00:49:04 ID:nhLaSaw20
なんだそりゃ

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 01:04:00 ID:tp0GvuMo0
在日って、一行レスしかできないの?
ロスケが日本人のように甘くないのは、歴史を見ればわかるだろうに。
今現在、チェチェンで起こっているのを見ても何も思わないのか?
反抗している連中だけでなく、老若男女関係なしに無差別に殺しまくっている。

 ttp://chechennews.org/basic/whatis.htm

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 01:21:08 ID:nhLaSaw20
また在日認定w

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 02:15:13 ID:QnLD17SZ0
三一暴動の時も、最初の十日間くらいは祭だったけど、その後は鎮静化したというからな。
基本的に朝鮮人の暴動は最初は強烈だけど押さえつけられるとすぐに従順になる。
中央アジアに移住した朝鮮人もかなりよく現地に適応したそうだし、その手のサバイバル能力が
朝鮮民族の優秀な点の一つなのかもな。

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 02:16:56 ID:JIqAO89Y0

★【2ch発】24時間インディー放送局誕生!!【真実】★

マスゴミが伝えない「真実」を伝えるべく、遂に2ch有志が立ち上がった!
反日勢力が隠す真実を徹底的に暴いて暴いて暴きまくります!
既に実験放送を済ませ、6/25仮放送スタート!そして来る7月、遂に本格放送開始!!
本格始動に向け、引続き賛同者、協力者、アイデア等を広く大募集中です!奮って御参加あれ!!


【ネット24】放送局を作るOFF2【自宅ミニFM】(運営、視聴方、番組案内、スタッフ募集!)
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1150774407/l50
【24tv】番組企画やアイデアを投稿OFF【ミニFM】(番組企画、アイデア投稿用スレ!)
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1151410310/l50

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 07:45:45 ID:C8bc4Kru0
>>822
とりあえず安倍&森派の統一協会疑惑について告白よろ

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 08:32:49 ID:BgxmSgXR0
>>823
なんだやっぱりチョンじゃないか

チョンは来んな。

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 16:20:25 ID:3IN9OJKc0
つカレリア
つチェチェン
つオストプロイセン

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 21:52:01 ID:cya/zira0
植民地かどうかは置いておくとして
工業化が著しかった異民族支配地域って
オーストリアのチェコとかソ連のカザフとかか?

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 22:00:25 ID:nhLaSaw20
インドは?

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 23:10:52 ID:PvfvLQlW0
         ハ,,ハ  
        ('(゚∀゚∩_ おいらをどこかのスレに送って!
      /ヽ   〈/\ お別れの時にはお土産を持たせてね!
     /| ̄ ̄ ̄|.\/
       | .モツ煮..|/
        ̄ ̄ ̄
現在の所持品:たばこ他48品圧縮.zip・どようび・ドエット
糞スレ・rigel・ギコペ・Jane・ニンバス2000

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 23:28:34 ID:ku29SHsq0
>>821
まあ、チョンどもにチェチェン人のような気概はないだろうね。
なんたって、半万年も属国だったんだから。

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 01:01:04 ID:IArYRGQW0
日本は何をやっても駄目だね

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 14:32:36 ID:nkVK3EOq0
朝鮮一般状況 (1937年)七月二十一日、七月二十二日 朝鮮総督電

一、管内一般特殊事項無く経過しつつあるも非常意識はいよいよ高調に達し
   出征軍人の見送り或るいはその家族の慰問救済等に各機関、各団体を挙げ目覚しき活動を続け
   特に朝鮮人間に在りては公職者、融和団体その他有志を中心とし国防観念著しく昂揚を示しつつあり
   各時局講演会は内鮮主催いずれも超満員の盛況を呈しつつあり

一、今回の事変に関し在満各地朝鮮人の人心は一般に平静にして支那の暴戻(ぼうれい)を憤慨し
   帝国の実力及び措置を絶対信頼し不安動揺の兆候なく慰問品の募集国防献金等に活動しつつあり

一、在留支那人は取引関係者が支那人に対する取引を警戒せると支那人自身の警戒とにより一般に営業は振るわず
   仁川、鎭南浦より帰国するもの増加し二十一日までに合計千八百三十二名に達せり

一、七月二十日朝鮮神宮広場に於いて挙行せる国防会議主催時局大会は豪雨中にも拘らず参加者二千余名に達し盛況を極めたり

一、都鄙を通じ銃後の赤誠を披瀝し国防献金を為し又は出征を熱望する朝鮮人続出し次第に増加の傾向に在り

一、鮮内鉄道につき軽微なる列車妨害八件ありしも軍隊輸送列車は何等支障なく妨害の原因いずれも子供の悪戯にして特に為にせんとするものにあらず

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 10:01:50 ID:tMaka+bE0
本当に子供の悪戯なのか、
「児戯に等しい」妨害工作だったのか。
気になるな。

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 10:14:16 ID:PDNwbHIv0
被害を受けたという証言があれだけあるんだからね

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 10:57:29 ID:yemEUNXF0
831さんの資料で注目すべき点は、かなり半島住民のメンタルな部分で内鮮一体が
進んでいたと思われるのではないかという部分だろう。
現にそういう主張もみられなくはない。



835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 00:50:27 ID:dhaM4CjU0
「黒い翼」と名乗る京都出身の在日が、ちくり板に粘着してます。
今年34歳の在日ニート。
京都は伏見区深草のチョン部落出身。名前は中谷(ハゲ)。
翼システム社員 法務部の元社員
自分がニートになったのは、会社や日本社会が悪い、と全部他責にする痛い大バカチョンです。
奴の建てたスレで叩いてやってください
(トリップのつけ方を知らないアホなのですでに一部荒らされているがw)

[小泉]純一郎[鮫島] →前スレよりバカチョンが小泉叩き
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/company/1150984162/l50

オムロンの裏事情 →最初は「通りすがり」というコテハン
途中「黒い翼」に変わる。
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/company/1142094830/l50

楽天をぶっ潰せ
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/company/1147809705/l50


836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 17:32:01 ID:RAyinrTR0
朝鮮一般状況 (1937年)七月三十一日、八月六日 朝鮮総督電

一、京城宗教団体連合時局講演会は二十六日基督教青年会館に於いて開催し
参会者一千名に達する盛況にして多大の効果を収め終了せり
なお各宗教団体が一致協力行動するが如きはかつて見ざる好事象なり

一、基督教、佛教、天道教その他宗教郷類似団体、儒教の支部は各地に於いて
宣伝ビラ散布、講演会開催、国防献金、国運隆盛武運長久祈願、出征軍人の歓送に努め
教徒の時局認識に努め指導に当たりつつあり

一、列車妨害事故七月二十三日より八月二日まで二百十一件ありたるもいずれも小児の悪戯程度のものして実害皆無なるも一層厳重警戒中なり

その他の言動
京城中学生某の言動「開戦の結果は領土が拡張し、学生の就職も容易となる故に開戦を希望す云々」

平壌方面の一鮮人は「事変に際し朝鮮は大いに緊張し在郷軍人は各方面から出征しつつある、朝鮮人も出征を志願する者続出している、之に反し台湾は冷静で不平を言いたくなる云々」

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 11:57:02 ID:KSHRfQ3j0
……私はいわゆる「責任内閣制」とはどんなものなのか、総長と次長とがどんな関係なの
か、をはっきり知った。
 それは官吏の棒給基準の問題について討論した国務会議だった。…(中略)…「給与令
草案」には、「日本人官吏」の棒給は「満州人」と区別され、前者は後者にくらべてほぼ
四十パーセント高く定められていたのである。とりわけ財政総長の熙洽は憤懣を押さえら
れず、まっさきに意見を述べた。「この議案はまったく話にならん。われわれは複合民族
国家なのだから、各民族は一律平等のはずだ。なぜ日本人が特別待遇を受けねばならんの
だ。親善国の国民だというなら、親善を示させばならん。どうして特別高い棒給をとるの
だ」…(中略)…その他の総長も、口々に、一視同仁とし、待遇に差をつけないようにと
いう希望を表明した。
 総務庁長官の駒井徳三は雲行きが思わしくないと見ると、総長たちの発言をとめ、諸案
の起草者である古海忠之に草案について答弁させた。…(中略)…大意は、平等を問題に
しようと思えば、まず能力が平等かどうかを見なければならない。日本人は能力が高いの
だから、当然棒給も高くなければならない。それに日本人は生活水準が高く、生来米を食
べている。「満」人のように高粱を食べていれば、暮らせるというわけにはいかない、と
いうのだった。彼はまた「親善を言うなら、日本人に少し棒給をよけいにとってください
ということこそが親善です」と言った。総長たちは、それを聞くと、口々に不満を表明し
た。
 …(中略)…熙洽は…また言葉を返した。「私は少しばかりの金をほしがるわけじゃな
いが、日本人はどこに王道楽土を建設するのかうかがいたいですな。満州人がいなくて建
設ができますか」
 駒井はこれを聞くと顔色を変えて怒り、テーブルをたたいてどなった。「きみは満州の
歴史を知っとるのか。満州は日本人が血と引き換えにとったものだ。ロシア人の手から奪
い返したものなんだ。きみはそれがわかっとるのか」

愛新覚羅・溥儀『わが半生』下、22〜25ページ

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 12:50:21 ID:W+7LCr4P0
尿野郎が射程に入りました!
★テポドン発射------------------------------------

                ,r'⌒  ⌒ヽ、.
   ,rn          f ,,r' ̄ ̄ヾ. ヽ.
  r「l l h.         ゞ‐=H:=‐fー)r、)
  | 、. !j          ゙iー'・・ー' i.トソ
  ゝ .f           l、 r==i ,; |'
  |  |            ー-.,-,━
  ,」  L_          ・.;;': :;;・ : '、 テポドン着弾!!
 ヾー‐' |         ・ ・; ;:: .. :
  |   じ、        ;; ;: ・; ;; 
  \    \.       _, ;; :
   \   ノリ^ー->==__,..-‐ヘ___
     \  ノ ハヽ  |_/oヽ__/     /\
      \  /    /        /  |.
        y'    /o     O  ,l    |


839 :funwaか:2006/07/07(金) 20:03:14 ID:2MY0doU+0
中国の属国として何百年と続いた乞食国家!乞食生活朝鮮!を、日本人の金を30
数年もらい続け!助けられ続け!豊かな生活が出来るようになった恩義も忘れ!
日本悪邪論を教育の基本とする、泥棒!強盗国家朝鮮!中国!に、何故に朝日は味
方ばかりか、スパイ同然にすり寄るのか!?

乞食国家朝鮮の首都、と、それより遡る事、32年、前、の日本の首都江戸の風景
を比べて欲しい!縄文時代から文明文化と清潔さ世界一の豊かな国、ニッポン!

上記日本の首都、江戸の写真より32年後でも、以下のように、文字も書けず読め
ず学校などの文明文化何一つ無い!朝鮮は乞食の国民ばかりの有様であった!!

日本統治前 1895年 朝鮮首都ソウル 南大門

1888朝鮮の首都、ソウルの街並み (これが首都の街と言えるのか!?乞食村
ではないか!)泥棒ばかりの乞食貧乏国家朝鮮!!これほどの落差が有ったのだ!!

わずか30数年の統治で、日本人の!人!モノ!金!血税を!惜しみなく注ぎ込み、
ここまで朝鮮をまともな国に日本はしてやったのだ!!その資金は政府が200兆
円民間は400兆円を超すと言われている!! その金を日本は統治が終わった後
も引き上げること無しに!全て朝鮮にプレゼントしてやったのだ!従軍慰安婦も!
強制連行も!有りもしない言葉まで作って大嘘をつく!!いったいどこをどう取っ
たら、「朝鮮人は日本人に酷い目に遭わされた!」と言えるのだ!?!?!\(`o'")\(`o'") !\(`o'")

莫大な日本国民の血税を投入し、乞食国家!朝鮮!を普通の国にしてやった朝鮮日本統治時代。
http://www.geocities.jp/furen1002/KoreaHistory.html
http://hw001.gate01.com/funwaか/ronkan.htm


840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 21:06:07 ID:zk14SOC20
フセインはなぜ突然クエートに侵攻したのか
あの時それを喜び利用したのは誰達だ

金正日はなぜ突然ミサイルを発射したのか
今それを一番喜んでいるのは誰だ

考えろ、誰が誰を脅しているのか
金正日が日米を脅しているのか
それともブッシュ一派と米のポチ小泉安倍一派がその事で日本国民を脅しているのか

どう考えるのもいい、だが次の事実を忘れてはいけない
日本のメディアは電通に支配されていて電通は実質アメリカに支配されている
テレビや新聞が何かを煽りだしたら絶対にそれを信じてはいけない

動画、統一教会主催合同結婚式に祝電を送る安倍晋三
ttp://www.youtube.com/watch?v=5sSv38hd6fs

動画、統一協会関連のイベントに群がる議員たち
国会議員の名前が続々登場編
ttp://www.youtube.com/watch?v=0f7StnoPKgw

動画、新しい歴史教科書をつくる会の会長小林正が統一協会イベントに参加
ttp://www.youtube.com/watch?v=2DMmr_C5Xl0

841 :妖怪・箱ティッシュ :2006/07/09(日) 15:18:16 ID:2dpx+qBM0
         _,,..i'"':,     妖怪 箱ティッシュ
         |\`、: i'、 
            \ \`_',..-i   オナニーして逝きそうになると
           \|_,. -┘    ティッシュが手元に無い。
  タタタッ    _ノ )  ノ    それは妖怪箱ティッシュの仕業です。
        ノ ///
       _//  | (_      弱点は水に濡れると死ぬ。
        .. レ´  ー`

奪ったティッシュは、このオイラのスレにあるのさ♪
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1150468063/

842 :たまねぎや:2006/07/09(日) 19:30:05 ID:PbzmFiFc0
土地調査をきっちりとやることにより近代的土地台帳を製作するということは、近
代国家としての根幹に関わってくる問題です。朝鮮は小作農より自作農への「農地
解放」の事ばかり騒ぎ立てますが、我が国においての農地解放は大東亜戦争終了後
の1946年です。朝鮮併合時1910年において我が国の全農家戸数541万6
937戸のうち、自作農家177万6873戸と自作農兼小作農家213万911
1戸を除く、小作農家は150万953戸もありました。1927年でも148万
8061戸もあり全農家の3割弱を占めていて、朝鮮より少しいいだけでした。同
じく小作耕地は277万3236町で自作農地324万3170町の46%を占めて
いますので、同時期の朝鮮の小作農土地58%より少しだけ少ないだけです。

下記の表は1930年の朝鮮における朝鮮人地主と日本人地主との比較です。


朝鮮人地主
日本人地主

1000町以上の水田を所有する者  500町以上の水田を所有する者
33名                10名
47名               17名


100町以上の水田を所有する者  50町以上の水田を所有する者
756名              1454名
246名              269名


843 :たまねぎや:2006/07/09(日) 19:33:20 ID:PbzmFiFc0
ちなみに朝鮮人の反論の根拠によくなる日本人地主数についてはであるが、
これらの日本人地主の多くは朝鮮併合以前に朝鮮に進出した者であって、朝
鮮総督府の土地政策事業はもちろん東洋拓殖株式会社とは何も関係のない純
粋な事業として李朝末期に進出したものです。朝鮮における日本人の農家の
総人口は4万人(約1万戸1922年)で同年の朝鮮人農民総人口1434
万人のわずか0・3%であり、東洋拓殖株式会社の斡旋で移住した6000
戸(1911〜27年)のうち2000戸以上が帰国し、定着は38883
戸に過ぎなかった。そのために東洋拓殖株式会社は1927年に移住斡旋事
業を廃止した。日本人に不人気の最大の理由は、東洋拓殖株式会社(東拓)
が日本人むけの土地価格は、1911年で水田反あたり15円、1927年
で120円と、日本人に安く売らなかったからです。朝鮮人がよくいう安く
斡旋したなどということがいつものとおり嘘だというまたまた一つの例です。
 そして、朝鮮総督府は所轄していた「国有地」の田畑11万7000町(
1918年末)を、1920年から東拓には売却せずに、朝鮮人の従来から
そこで耕作している「縁故小作人」に安く売却した。朝鮮総督府の「国有地
」とは大韓帝国の国有地を引き継いだものであり、私有地を新たに「国有地
」にしたものではない。これらのことからだけでも、英国のアイルランド、
オランダのインドネシア、フランスのアルジェリアなど他国の植民地政策と
我が国の朝鮮半島における政策とフ違いがわかる。

(以上の主な引用先は「歴史を捏造する韓国」 中川八洋著 徳間書店P7
2〜3、P78〜80よりですが、中川氏は数値などは「現代日本農地政策
史研究」細身大次郎著 御茶ノ水書房より引用)

http://www.tamanegiya.com/tyousenntokosakunouka.html


844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 23:19:24 ID:V6FOV+If0
>中川八洋


>チャールズ・ダーウィンの進化論(ダーウィニズム) に批判的な意見の持ち主で、
>著書『正統の哲学異端の思想―「人権」「平等」「民主」の禍毒』のなかで、
>「文明の政治社会の人間の祖先として『神の創造した人間』という非科学的
>な神話は人間をより高貴なものへと発展させる自覚と責任をわれわれに与える
>が、『サルの子孫』という非科学的な神話(神学)は、人間の人間としての自己
>否定を促しその退行や動物化を正当化する」と論じている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E5%85%AB%E6%B4%8B

中川八洋(筑波大教授)の差別的暴言
http://www.bekkoame.ne.jp/~pyonpyon/hotnews/1999/ht990915.htm

845 :たまねぎや:2006/07/10(月) 00:39:50 ID:yf9mtdQq0
ちゃんとした形の反論が欲しいものです。

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 01:12:35 ID:xglUL0ne0
【恐怖の風水兵器】

光復50周年記念事業に湧く青瓦台。喜ぶ庶民を見て微笑む金泳三大統領の元へ、
秘書官が青ざめた顔で飛び込んできた。

  秘書官「大変です、閣下! 恐ろしい事実が判明しました!」

なんと、白頭山天池の地中から、日韓併合時代のものと思われる、大量の鉄杭が
見つかったのである。

  金泳三「恐るべし!これぞまさしく、日帝が我ら韓民族の精気を断つために用いた
      “風水兵器”に相違ない!」

怒りに震える、金泳三大統領。
ただちに、大統領命令によって韓国陸軍2000名が緊急出動し、鉄杭は全て引き抜かれた。

・・・・すると不思議。
三豊百貨店のビルが自壊して大量の死者を出し、韓国経済は破産の危機に陥って
IMFに介入される羽目に。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/02/17/20040217000076.html

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 01:13:10 ID:xglUL0ne0
> 【韓国】 日帝残滓の座標系、東京基準から世界基準に・・・[1/31]

> 「1年後、韓半島(朝鮮半島)の座標が南東方向に365メートル移動する」
> 来年1月1日、韓国の国家座標計が「世界測地系」に公式に切り替えられることで、この一見
> あり得そうもない話が現実となる。
> ここ100年間使われてきた「東京測地系」は地籍図などの一部の分野を除いて廃止される。

 ソース:朝鮮日報
 http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/01/31/20060131000028.html

【韓国】100年間使われた教科書の日本作成山脈地図は「でたらめ」 (朝鮮似日報) 2005/01/07

> 日本統治時代に作成した地籍図90年ぶりに新しく作成

> 新しい山脈地図が製作された。
> 国土研究院は衛星映像処理及び地理情報システム(GIS)空間分析技法を
> 活用し、新しい韓半島の山脈地図を製作したと、6日明らかにした。

> 新たに製作された山脈地図は、日本が1903年に製作し、今まで使って来た
> 山脈地図(14山脈体系)とは違い、計48個の多様な山脈で形成されている。

 ソース:
 http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/01/07/20050107000014.html
  
もしかして「半島を精細に写した衛星画像」ってグーグルの無料画像だったりしてw
衛星画像を丸写しで地図を作成するしか脳が無いとは韓国には測量技術が存在しないとは・・
最近まで韓国は日帝に測量してもらって以来、ただのー度も自力で国土の測量なんて
やったことがないということですね。
自国の正確な位置を把握したこともない連中が、どのロで「竹島は古来 ウリたちのモノ二ダ!」
なんて言うのか・・・・

極めつけは・・・・・ 

【韓国】「建設用語を韓国語に」 日本語の“建設俗語”を清算
>各建設会社が現場で俗語として使用されている日本語の清算に乗り出した。

 ソース:
 http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/09/29/20050929000031.html

ちなみに野球用語と料理用語と法律用語も精算する予定だそうで。

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 13:56:47 ID:Yx+XTTyA0
>>たまねぎやさんへ

土地調査事業は1910年から行われましたが調査の完了した土地に関する所有権の裁定は
暫定的なものであり不服があれば異議を申し立てることができました。その結果としての
所有権変更(国有地から民有地への変更)は、かなり行われていたのです。

表19(下記)からわかる様に、全錫淡「朝鮮近代社会経済史」の土地に関する記述は間違いです。
チョソン特有の統計資料の恣意的な曲解、一部分の数値のつまみ食いによる事実の捏造にすぎません。
全錫淡は1908年から1912年末までの数値だけを取り上げて恣意的な議論を展開している
だけであり、1914年以降の土地所有権の変化を無視した暴論・詐欺と言わねばなりません。

杉本幹夫 「植民地朝鮮の研究」(pp55,56&pp405,406)、山本有造 「日本植民地経済史研究」
(p212)は全錫淡 「朝鮮近代社会経済史」の記述の事実検証を怠った単なるマゴ引きにすぎません。
土地に関する記述は 中川八洋 「歴史を捏造する韓国」が正しいのです。

また、内地(日本)から朝鮮経営費として補充金を交付されなければならないほど財政難であった
朝鮮総督府が、社会不安を引き起こしたり、小作料収入を見込めなくなるような小作権の剥奪を
行うはずもなく、従来からの農民に小作権は認められました。ただ小作料は引き上げられたようです。

「併合」直後から、帝国議会では一般会計の負担を軽減するために、朝鮮における増税や
駅屯上小作料引上げを求める意見があった。しかし総督府はまだ時機でないとし・・・
        堀 和生 「朝鮮における植民地財政の展開」 p204

そしてこの年(十四年)、駅屯上の小作料も四割引上げている。  「同上」  p205 (つづく)

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 13:57:41 ID:LjVwyGGL0
朝鮮人民軍のうっぷん晴らしにテポドン2号を含む弾道ミサイルを連射した北朝鮮の
金正日(キム・ジョンイル)総書記(64)。
軍幹部は「『なかなかやるじゃないか』と自画自賛しているようだが
末端の兵士は「銃を持った強盗」と化し、脱走を企て、越境して牛を盗むなど、
もはや崩壊寸前の状態だという。
中朝国境地帯では、多数の韓国人観光客が訪れ、視線が注がれる地域でもおかまいなしで
本来の任務をそっちのけ。川に入って投網を投げてその日のおかずを探したり、
のんびり家畜を追ったりする軍服を着た兵士の姿を頻繁に目撃することができる。
中国と北朝鮮の国境付近では、人民軍兵士の疲弊ぶりは相当なもの。宮塚教授は
「私の知り合いの中国に住む朝鮮族貿易商の家にも食料、場合によっては携帯電話をくれと
越境して兵士がやってきている。中国側から牛を盗んで北朝鮮に戻るということまで起きた」と
驚きの実態を明かす。とある観光地には若い国境警備隊員が出没。握手をさせてくれるかわりに、
観光客へはタバコやアイスクリームを無心するという「客寄せパンダ」のような
商売を覚えた兵士もいるという。
内部文書を読むと、古参兵が新兵に『あそこの畑から作物を取ってこい』と命じたり、
いじめたりする。銃を持った軍人が強盗になるから、人民にとっては普通の強盗より
よっぽど怖い」と末期的な状況を説明する。
ミサイル発射で沸き立つ軍幹部がいる一方で、多くの兵士は食うにも困る状況である。
日本が経済制裁の決議書を提出するが、こういった状況を考えると
万が一武力行使が起こった場合、果たして北朝鮮は武力で対抗できる状況にあるので
あろうか疑問視する幹部もいるという。またこのような状況で有事が
起こったとしても武力による降伏ではなく飢餓による戦意喪失を懸念する幹部もいる。

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 13:57:48 ID:Yx+XTTyA0
>>たまねぎやさんへ (つづき)

【表19】 駅屯土面積の変遷 (田、畑、その他を含む合計 単位: 町歩)
年度.月   合計
'08  118,900
'09.12  123,812
'10.12  118,948
'11.12  140,815
'12.12  152,297
'14.3  124,121
'15.3  123,642
'16.3  122,277
'17.3  120,622
'18.3  117,339
'19.3  115,317
出典)『朝鮮総督府施政年報』各年版 『朝鮮総督府統計年報』大正六,七年度 
備考 東拓への出資地は含まず (宮嶋博史 「朝鮮土地調査事業史の研究」による p483)
(但し、’08年度の数値は浅田喬二『日本帝国主義と旧植民地地主制』附表3-1から
山本有造 「日本植民地経済史研究」による)

表一九は、国有地の中核部分を占める駅屯土面積の変遷を示したものである。この表から
ただちに読み取りうるのは、一二年末までの駅屯土面積の増加と、それ以降の減少、とりわけ
一三年から一四年三月までの大幅な減少という事実である。この一三年から一四年三月に
至る間の大幅な減少について、大正二年(一九一三年)度の『施政年報』は次のように述べている。
・・・・又多年国有民有ノ区別明確ナラサリシ係争地中調査ノ結果民有卜認メテ還付シタルモノ
全羅南道・黄海道及京畿道等二於テ約二万二千余町歩アリ・・・すなわち駅屯土面積減少の
最大の原因は、国・民有紛争地における民有の認定によるものなのであった。 
       宮嶋博史 「朝鮮土地調査事業史の研究」 p483

土地調査局は一八年一一月四日をもって閉局されたが、「事業」の業務はこの時点ですべて
完了したわけではなく、 附帯事業は一九年においても行われ、また紛争地における不服申立を
審査する高等土地調査委員会の作業は二〇年代に入っても続けられた。  「同上」 p526

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 15:51:06 ID:JT2y5fx90
戦前の李氏朝鮮時代の歴史を韓国側から描いた書物(明石書店のがお薦め)
をひもといてみると,日本特に薩摩と長州が朝鮮半島を食い物にすることしか
考えてなかったことが分かります。

戦前の日本は朝鮮半島の人々を完全に思想コントロールしました。
だから,敗戦後,日本人が引き揚げると,そこには彼らの古来からの民間信仰と
儒教などの哲学しか残ってなかったのです。
儒教と共産主義と天皇制を結合させたのが金日成思想であり,北朝鮮の人たちが
それに向かっていったのは自明の理でした。
南朝鮮つまり韓国の人たちも同様で,心のすきまを埋めてくれたのが民間信仰と
カトリックだったのです。民間信仰の一つが統一協会であり,また韓国は人口の
半数近くが信者というカトリック大国でもあります。

そういう歴史的・思想的な背景を客観的に見れば,いま日本が北朝鮮に仕掛けている
脅迫は,実は韓国や中国に対する脅迫とも取れる訳ですね。
日本は北朝鮮を無視して,韓国統一省と中国にあとの処理を任せる,というのが
一番平和的かつ現実的な対処の方法かと思います。
日本は譲歩どころか5兆円もの軍事費を持つ軍事大国になってしまったことを
まず反省するところから始めなくてはなりません。北朝鮮は日本の鏡なのです。

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 17:12:15 ID:55CBUvtw0
>戦前の李氏朝鮮時代の歴史を韓国側から描いた書物
それなんて空想戦記?

853 :世界から多くの賞賛うけた日本の朝鮮併合:2006/07/16(日) 17:24:25 ID:DtCtmFWP0
私の見るところをもってすれば、伊藤侯の統治は最大なる賞賛に値するべきものであり、大変満足しております。
韓国国民は今やようやく、彼をもって自分達の友人であると知って、これを事実の上に現し始めました。
過去三年の間における韓国の進歩の大きいことは、実に私をして統監政治の最も熱心な支持者であることを告白せしめます。
私は伊藤侯の必ず成功すべきことを信じて疑わないものであり、
また、すべての宣教師及びその他の韓国における文明開発の義務を知る者は、
等しく伊藤侯の統治を支持しなければならないと思います。
宣教師 ハリス博士 

伊藤博文公は世界周知の如く日本の最も偉大かつ、有名な政治家である。彼の韓国赴任は、たいへんな自己犠牲であった。
伊藤公が、その韓国改善のプランを打ち明けたとき、私の心は躍った。
そこには改革、公正、斡旋があった。(李朝朝鮮)が犯したあらゆる誤りがそこでは救済されるはずであった。
「私は、自分が韓国国民と日本国民との間に立って、両者の間に正義がおこなわれるようにすべき立場に立っていると思う」と公はそう言明したのである。
カナダ人ジャーナリスト フレデリック・アーサー・マッケンジー 1906年 ロンドン・ディリーメール紙



854 :世界から多くの賞賛うけた日本の朝鮮併合:2006/07/16(日) 17:26:46 ID:DtCtmFWP0
韓国は日本の保護によって新生命、新光明に浴している。
高い政治道徳を重んずる進歩的であり、円滑である伊藤総監によって、韓国人は暗黒時代から光明世界に導かれ、
未開時代から文明時代に進むべく手を取られて進みつつあり、旧来の久しい悪政から免れ、
彼らの生命財産は確実に保護されつつあって、あらゆる面において、三年間に三倍の進歩を遂げた。
韓国在住  宣教師ラッド博士

朝鮮の王室と政府は腐敗堕落しきっており、頑迷な朋党は、人民の財を略奪している。
その上、人民はあまりにも愚昧である。
これでは国家独立の資格はなく、進んだ文明と経済力を持つ日本に統治させなければ、ロシアの植民地になるだろう。
伊藤博文総監の施策は、朝鮮人にとって有益で、人々は反対していない。
アメリカ人の朝鮮外交顧問  ドーハム・スティーブンソン

伊藤公近影
http://www.ndl.go.jp/portrait/datas/12_4.html

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 01:22:24 ID:B7eSoeKz0
>>851
#韓国は人口の半数近くが信者というカトリック大国
それ、なんて言う寝言?

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 02:36:53 ID:rboalcNk0
キリシタン多いってのはよく言われてるよね。

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 11:12:43 ID:Xe4Wu02R0
カトリックは4%とかそんなんだろ。ほとんどはプロテスタント。

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 11:19:39 ID:Q40OxXh+0
>>808吹いたw
文書や史料引きずり出すのめんどいから突っ込んだ事言わんが、
ころころ証言や歴史が変わる中国や韓国の言い分で作られた物なんて信用ならんだろ('A`)


859 :だつお:2006/07/17(月) 11:24:38 ID:DPzQEG0/0
第2条
@ 両締約国は、両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産、
権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する
問題が、1951年9月8日にサン・フランシスコ市で署名された
日本国との平和条約第四条(a)に規定されたものを含めて、
完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。
<中略>
B  Aの規定に従うことを条件として、一方の締約国及びその国民
の財産、権利及び利益であってこの協定の署名の日に他方の締約国
の管轄の下にあるものに対する措置並びに一方の締約国及びその国民
の他方の締約国及びその国民に対するすべての請求権であって同日
以前に生じた事由に基づくものに関しては、いかなる主張もするこ
とができないものとする。

http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/nikkannkyoutei.htm
日韓基本条約の関係諸協定、日韓請求権並びに経済協力協定(1965年6月22日)

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 15:11:42 ID:DBsYG1VJ0
プロテスタント(韓国語で改新ヘ)が18.6%、カトリック(天主教)は7%

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 21:27:44 ID:hWYJ64D/O
関係ないがブデチゲは…………






米軍の残飯を使っていたのが由来。
スパム・ソーセージ等

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 22:29:59 ID:CULp6NBp0
ものすごい数の自慰主観者だな...
まぁ、せいぜい半島に向けて白いモノでも飛ばして下さいナ。
あぁ、キモ☆

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 23:44:48 ID:B7eSoeKz0
>>862
つ鏡

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 00:34:17 ID:jZUHgNfo0
>>863
つクリネックス


865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 01:44:20 ID:amDskAgv0
だつお、funわか、チロリアンは
話が通じない人たちなんであぼーんするように

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 14:24:08 ID:MRPWGx240
だつおに至ってはネタコテだしね

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 21:15:47 ID:DiKM1KXA0
太平洋戦争関連に必ず
チロリアンがいるな
お前はコビペしかできんのかw

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 13:14:31 ID:Nr/BldZB0
何も申しません! 日本人であるなら是非このホームページをごらんになってくだ
さい。 中国、そしてその中国の卑劣な国策を常にマネをしている韓国の真の姿が
解るでしょう。そして、私達の日本がイカニ自分達、ニッポン人のエセマスコミや
朝鮮半島の国にどれほど騙され金をむしり取られ!愚弄されているかを! 
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/index.html
http://www.geocities.jp/furen1002/KoreaHistory.html
韓国はホントに反日か?
世界の最貧国!乞食国家!であった朝鮮を、莫大な日本の資金と物資を投入し近代
国家にしたか!?一次資料を元に韓国の近代史をしっかりと実証しています。

韓国は日本がつくった  WAC株式会社  黄文雄  980円
これ以上の本は無い!朝鮮の真実!!

是非日本人全ての国民に読んで欲しい!反日韓国の真実!

嫌韓流    晋遊舎  山野車輪    1000円  発売以来一年足らず
で、堂々60万部!の販売実績!!漫画だが、しっかりと一次資料を基に歴史を検証しています。

それにしても、日本の政官と左翼マスコミは、つくづく!売国奴!の腐りきったク
ソ野郎!ばかりだ!と、解ります。

ますます、充実! 反日韓国の実態!真実を証明する!!
嫌韓流2   晋遊舎  山野車輪    1000円    売れ行き爆発!!

産経新聞を読んで、朝日や毎日がまず書かない韓国や北朝鮮、中国の真の情報を知
ろう!まともな情報が欲しいなら、産経新聞を読むべし! 間違っても朝日毎日を
読むべからず!私が信用する週刊誌、週刊文春と週刊新潮、この二誌は日本でもっ
とも信頼出来る真実と正義の週刊誌である 恋愛マニュアル→f u n w a k a 論

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 13:53:58 ID:Nr/BldZB0
f u n w a k a 様
はじめてメールいたします。私は、OO県在住・2?歳の女性です。
f u n w a k a さんの、愛のある的確なアドバイスには、本当に感動しています。
偶然にもHPを見つけることが出来て、神様に感謝しているところです。いつも
は、「時事放談は後で…」と思って読んでいなかったのですが、今日は「是非」の
言葉に惹かれ、マスコミの項だけですが、全て読みました。結果、私のf u n w a
k a さんファン度は、またも上昇してしまいました(*^^*)。

私も、国の質を高めるためには、マスメディアの質を高めることが必須と考えてい
たので(教育も必須、と個人的には思っていますが)、同じ考えの方がいらして、し
かも、それが大好きなf u n w a k a さんで、とても嬉しくなってしまい、今メールを書
いています。まだ、マスコミの項と歴史の項をちょっとだけしか拝見していません
が、どちらからもf u n w a k a さんの大きな愛を感じました。f u n w a k a
さんは、この国のことを愛していらっしゃるんですね。f u n w a k a さんの愛
は、「恋愛」の枠を超えて、「博愛」にまで達しているのかなと、勝手ながら(^^;感じました。

だからこそ、色々とご無理をされてまでHPを運営なさっているのかな、とも思う
のです。たとえ見ず知らずの人でも助けてあげたい・幸せになって欲しい。そうい
う思いがHPから感じられます。とても暖かな気持ちになります。ありがとうござ
います。なんだかまとまらなくなってしまいましたが、今日、時事放談を拝見し
て、それまでの「なぜ恋愛とセックスのページに時事…?」という謎が、自分なり
に解けました。f u n w a k a さんがこの国を愛しているが故、時事についても
考えるのかな…と。すべては愛なのかな…なんて(^^ゞ。

愛にあふれたf u n w a k a さんから、私も元気をいただいています。これから
も、お元気で、公私に渡ってご活躍ください。(本当にお忙しそうなので、つい心
配してしまいます。特に今は季節の変わり目ですし…。)それでは、失礼いたします。どうぞお元気で。

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 14:02:24 ID:Nr/BldZB0
こんにちはf u n w a k aです。
応援メールありがとうございます。

>今日、時事放談を 拝見して、それまでの「なぜ恋愛とセックスのページに時事…?
> という謎が、自分なりに解けました。

私は読書も好きなのですが、色々な本を読むほどに今の日本の姿がとてもおかしな
状態になっているのが良く見えて来てしまいます。

>f u n w a k aさんがこの国を愛しているが故、時事についても考え
> のかな…と。すべては愛なのかな…なんて(^^ゞ。

ありがとうございます。
新聞には出ない世の中の真実を知るにつけ、また世界の不条理を知るにつけ、正義
漢とお節介の性格がムクムクと出てしまいます。
全く困ったものです(^^;) 出来るだけ頑張ってみようと思っています。
応援ありがとうございます。力が湧き出て来ます!!(^g^)


871 :作文「おじいちゃん」:2006/07/20(木) 01:19:34 ID:qhIbcXm50
なくなったぼくのおじいちゃんはお医者さんでした。
おじいちゃんは、昔、となりの国の病人を手術してガンを治してあげました。

だけど、おとなりの国は健康になったのに、後になって
「手術ミスだ!おかねよこせと!」とおじいちゃんを
責めたてたそうです。

ぼくは、最近まで手術に失敗したおじいちゃんが悪いんだと思っていました。
だけど、近所のお兄さんが
「おじいさんは、りっぱなお医者さんだったんだよ。」と教えてくれました。
いまでは、もう一緒に遊べないけれど
おじいちゃんの事を忘れずにいたいと思います。

○○小学校 3年5組 山田 太郎

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 01:29:20 ID:XY30Vysu0
>>871
真夜中までご苦労
だけどまったく面白くも何ともない
死んだら?

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 01:31:19 ID:jGdNgXv40
オマエモナー

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 02:35:27 ID:wSB6UYid0
日本が朝鮮を併合することによって得られる直接の利益は何もなかった。
なぜならば、併合前の朝鮮は奇怪な性格をした偏屈な主人の住むゴミ屋敷だったので。
このゴミ屋敷の主人は、絶えず異臭騒ぎやら、ボヤ騒ぎやらを引き起し隣人を悩ませて
そのために隣人は二度も戦争をする羽目になっていた。度々申しいれをしても効果は現れない。
とうとう我慢の限界を迎えてゴミ屋敷に乗り込んだ隣人は
溜まりに溜まったゴミを片っ端から片付けてやり
そしてゴミ屋敷の主人へは、ゴミはゴミ箱へ捨て決して溜めるな、用便は便所を作りそこで済ませよ、といったことを教えてやったのだ。
めでたしめでたし。

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 13:21:10 ID:fgjq+Nxk0
昭和天皇が靖国神社へ行かないのはA級戦犯が祭ってあるからと自ら言ったわけだしな

あんな戦争賛美コーナーのあるような穢れた場所に行かないのは正解だね

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 22:49:35 ID:9msfmX9m0
>>875
周囲にいたものメモが見つかっただけだろ?
発表したのは日経だし、捏造臭がプンプンする。

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 00:14:39 ID:Wqpluwl20
>>875
つーか、いつも疑問に思っているんだが・・・・。
中国はともかく、なんで韓国が靖国に文句をつけるんだ?
前の戦争では、韓国(=日本領朝鮮)はほとんど被害を受けていない。
また、朝鮮人に対する徴兵は末期まで行われておらず、またその頃には輸送船がなかったので前線には送られていない。
確かにそれ以前に志願制があったが、自分で勝手に志願したのだから、文句を言われるのはおかしいだろう。
要するに、朝鮮人は先の戦争にはほとんど関与していないってこと。
文句を言われる筋合いなど一つもないと思うが?

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 00:26:20 ID:MZ6nZaJN0
大韓民国はWW2における対日戦勝国だというのが
韓国政府の公式見解だから。

WW2中も朝鮮半島は日本によって軍事占領されており
既に存在していた大韓民国が日本と戦っていたと。

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 00:28:28 ID:MZ6nZaJN0
あるいはA級戦犯の異例→戦前の日本を肯定→朝鮮支配を肯定
と考えているのかもしらんが。

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 00:38:32 ID:Wqpluwl20
>>878
要するに、妄想を根拠に靖国批判しているわけか・・・・。
基地外には、マジで付ける薬がないね。
で、その基地外である朝鮮人の言っていることを真に受ける、左巻きの連中もまた基地外だな。

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 00:49:50 ID:g5W0m9q40
ポツダム宣言で、過去に中国から奪った領土の返還と、それとは独立項目として
「朝鮮の独立」という一項があったわけだろ

アメリカ様が朝鮮は奴隷状態だって認定して、その独立を入れたんだから、ポチどもはただ黙って従うかずじゃないのか?
ご主人様だぞ

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 01:08:11 ID:sqbyJlRx0
選挙権のある奴隷なんているのかね?
大戦末期には参政権を附与しているのだが。

アメリカでは黒人の参政権は第二次大戦以降だった。

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 01:11:38 ID:g5W0m9q40
>大戦末期には参政権を附与しているのだが。

大東亜会議だって、敗戦を見越したアリバイ作り(重光自身が言明している)。
大戦末期の植民地への参政権付与など、いわずもがな

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 01:16:03 ID:sqbyJlRx0
>>883
歴史を知らぬ大バカチョン
1920年には当時の首相原敬が参政権の附与を明言している。

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 01:28:10 ID:g5W0m9q40
原の構想と、敗色濃厚の大戦末期の植民地への参政権付与とでは、
全然意味合いが違うだろうけどね

そうそう、イギリスも相当早い時点で、インドの独立を「約束」してたっけw

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 01:29:17 ID:sqbyJlRx0
>>883
ついでに書いとってやる!
1934年には、当時の朝鮮総督宇垣一成も将来的な参政権の附与を明言している。

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 01:37:17 ID:g5W0m9q40
うんうん、それで、何で敗色濃厚になってから参政権付与したわけ?

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 01:42:36 ID:sqbyJlRx0
まぁ、方針どうりって事だろww


889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 01:46:57 ID:sqbyJlRx0
>>883
>そうそう、イギリスも相当早い時点で、インドの独立を「約束」してたっけw

ついでに、この辺のソースだしてくれんか?

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 01:54:33 ID:uuDg7/DC0
日本の朝鮮半島経営は全く残酷ではない。
どこが残酷なのか、さっぱり分からない。

韓国国定教科書にかいてある日本残虐論はすべて嘘。


891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 01:55:45 ID:sqbyJlRx0
結論がでたようなので寝ますww

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 05:00:44 ID:DKVu7HaB0
韓国国定教科書に書いてあるのは
日本残虐論以外でも超御都合主義。

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 10:55:59 ID:rVETmrhF0
>ID:sqbyJlRx0
夏厨は死んでねw

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 13:06:22 ID:MxCCUJo80
>>883は敗戦に言及するだけで非国民呼ばわりされた戦時中の日本の雰囲気を知らないのか…?

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 14:11:01 ID:EXlSsw590
戦前回帰派にお勧めの国家、大日本帝国

* 重臣上がりの8人なら大丈夫だろうと思っていたら軍部出身の20人に国を乗っ取られた
* 関東軍本部から徒歩1分の線路上で石原寛治が爆薬をセットしてラリっていた
* 足元がぐらつくので調べてみると荒木貞夫が皇道派を作っていた
* あくまでも試案のハルノートを提案されたら黙ったまま奇襲攻撃、3年8ヶ月経ったら無条件降伏していた
* 天皇機関説を批判した、というか宮中クーデター起こせばよかったと言う
* 外交官や軍人がドイツに招待され、男も「女も」全員親独派になった
* 近衛総理はまともだろうと思ったら、全閣僚の中で一番狂っていた
* 海軍の大半が艦隊思想と不可分論。しかし日本軍は海軍善玉という都市伝説から「海軍ほど危ない」
* 「わが国の亜細亜権益は最大限守ってあげたい」と言った総理大臣が自殺して裁判にでててこなかった
* 最近流行っている思想は「白兵最強」 兵隊だけ増やして現地には食料の補給すらしないから
* 叩かれてから1週間は強硬手段に出る確率が150%。強硬手段でまた叩かれて更なる強硬手段にでる確率が50%の意味
* 内閣における陸軍大臣による工作は1月平均1人、うち約1人が辞職を盾に内閣を流そうとする。

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 16:24:43 ID:DhWS5hTY0

ざっとこのスレ読んでみた感想。

当事者である日本人が「残酷」かどうかいっても結論なんか
でないんじゃないですか?
いろんな意見や立場の人がいて、それぞれに都合のいい“事実”を
ひっぱってくるわけだから。

イギリスのインド支配やフランスのアルジェリア支配に
比べるとどうなのかなって気はするけど。


897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 23:23:27 ID:MZ6nZaJN0
学問板でやる議論じゃないだろ。
まあこの板で言ってもなwwwwwwwwww

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 04:18:36 ID:C5d9Vhxp0
当事者ではないんだけどな。
別にこのスレの住人が支配してたわけじゃない。
(もし元総督府職員や元在鮮日本軍の人がいたなら失礼)
今喚き散らしてる韓国人だって自分が支配されたわけじゃない奴が多い。

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 10:11:21 ID:drCtM7b70
何千万の朝鮮人に内地人と対等な権利なんて与えたら
多分日本がのっとられたと思うが。

たった六十万の、参政権を持たない在日にすら
いいようにされてるのにさ。

良くも悪くも彼らの権利意識の強さ、声のデカさは日本人の比じゃないわけで
「一視同仁は陛下の御意思なので差別者は逆賊」
「皇室は朝鮮由来なので京城遷都」
とかになって朝鮮人の暴威に今以上に怯えてくらすことになりそう。

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 10:49:25 ID:8uiHvLzs0
東亜細亜近代史が詳しくhttp://ameblo.jp/kaigi-kokumin/

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 12:51:31 ID:n3imxybZ0
なんだそのくだらないネットウヨブログは

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 14:44:14 ID:gzp+Jjoi0
言葉の使い方の知らなく、礼儀も弁えない文章とも言えない文読んでるよりはいいでしょ。
書き方で一つで知能がわかるよ。


903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 17:02:04 ID:GqLM4Yt00
同化政策を推し進めて、教育やインフラに税金つっこむくらいなら
英国式に朝鮮に恣意的に特権階級を作って、現地人を分断して
間接的に支配したほうがよかったと思うんだがな


904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 17:37:05 ID:2LoBWT9w0
>>903
そんなことは朝鮮貴族を作った段階でやっとるだろう。

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 19:36:02 ID:ds+7GFGh0
>>902
日本語になっとらんよwww

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 20:07:02 ID:O4qLnLw90
朝鮮土人を文明化したあげた大日本は偉い(^○^)


907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 20:30:42 ID:2LoBWT9w0
>>906
下手くそな煽りだねwww

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 20:45:36 ID:WUvVhQ130
日本政府は併合以来、十年近く、朝鮮人の生命財産を保護し、国利民福を向上させる
点に於いて用意周到であった。
運輸交通、金融機関の整備、農工各種の産業の発達等旧朝鮮時代の悪政から
朝鮮人を解放し、夢想もしなかった恵沢をもたらした。
にも拘らず朝鮮人の性情が偏狭、我執に傾いているためか、口では感謝しながら、
心では淋しさを感じ朝鮮人の自尊心を傷つけるなどと思う者が多い。
更に朝鮮人は米国を自由郷、現世の楽園のように思っている者が多い。
しかし、そこには白人の天国であって、有色人種の人権はほとんど認められない。
パリ平和会議で、日本が人種差別撤廃を提唱したが、オーストラリアのヒュース首相が
強硬に反対し、それを真っ先に支持したのは米国のウィルソン大統領でなかったか。
米国の庇護に頼って光栄ある独立が達成できるなど不可能の事である。
日本統治下の朝鮮人は米国に比べて遥かに幸福であることを認識し、穏当な方法に
よって民権を拡大してゆくことを講ずべきである。

       閔元植 「朝鮮騒擾善後策−鮮民の求むる所は斯くの如し」


909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 20:55:01 ID:WWIJQ7GE0
根絶やしにする以外は、結論は同じだと思うよ。
どうやったって、捏造を元に恨んでくるさ。
だって、チョンだもの。

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 11:27:52 ID:bMZY6Lz70
白人は植民地の国民を家畜以下の扱いをした
しかし6、70年たったけどああだこうだと宗主国にいわない
条約を結んだらこれが普通だが中韓北はがきみたいだ

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 11:40:29 ID:9kBoiE2F0
>>910
>家畜以下の扱い
具体的にどんな?

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 11:47:41 ID:lRhiCAKq0
ウヨが涙目になってるw

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 16:55:24 ID:vxLjTfV60
朝鮮の植民地支配は、韓国人を今の文化的な国にする基礎を作ってやった!!

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 18:03:58 ID:k8zTW2/MO
>>911
簡単にレスれば愚民政策。オランダがインドネシアで行っていたように
教育を受けさせず、思考回路をさげて反発するのを防ぐ。独立や自治に目覚めるにはそれなりの教育が必要だから。
または名前や言葉を宗主国の言語に変えて、アイデンティティーを奪ったり、改宗させるのもやりかたです。

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 19:08:35 ID:SzP0CqYeO
英仏は植民地に学校立てまくりですが?

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 19:11:50 ID:H5bgJoit0
一部の親英仏派というか、中間搾取者であった上層部向けの教育機関のことかな?
日本の場合、全体のレベルをあげる裾野の広い教育政策だから、
目的も実態も大きく違うよ。

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 19:17:12 ID:WpaVRa7Q0
日本が未開で不潔な半島人、朝鮮塵に

尊厳ある人間として道徳感化を与えた功績は大きい。

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 19:43:38 ID:DQWFa9vA0
>>911
具体的な一つの事例。
イギリスの植民地オーストラリアで白人が原住民のアボリジニーに対してやったこと。

「週末の狩の成果は狐8匹、アボリジニを6匹」
「今日の収穫・・・・・アボリジニ17匹」

19世紀から20世紀のはじめにかけて数百万人のアボリジニが殺された。

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 23:09:20 ID:s+Cg+SaX0
>>904
ヒント:秩禄処分

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 23:41:47 ID:EclqwI4d0
アングロは物理的に排他的人種である
現世を自分たちだけの物と思っている
戦力、経済力、繁殖力に物言わせて
地球上に拡がった。 人体におけるガンのようなものである。

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 00:28:02 ID:qGUrqF5+0
>>75
>労働力不足をおぎなうため、

>勤労動員によって学生たちが軍需工場などにかりだされたほか、
当時は朝鮮人は日本人であって日本人も動員されたのだから当然では?

>占領地域から多数の朝鮮人や中国人を強制連行し、鉱山・港湾などで重労働に従事させた。

>朝鮮に対しては44年から徴兵制を適用、日本人に同化させる政策を強化し、日本語の使用や、

中国人はともかく朝鮮人は単に出稼ぎだね。 
朝鮮人で徴兵されたのは300人以下。あとは志願兵。
あと、併合なんだから日本国民だったんだよ?
朝鮮人を同化しなかったら朝鮮人はとんでもない民族のまんまだったね。
あと強制連行されたんなら祖国に帰ればよかったのにね。
帰還事業とかやってたのにね?

>日本的家制度を導入するとともに、氏名を日本風にするなどを強制した

氏名は朝鮮人が仕事がしにくいからといって要求したもの。
それだったら現在在日が使ってる通名は廃止して
犯罪者は朝鮮名を使って報道してください
って要求したらどうだね?

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 00:58:34 ID:dyov+chRO
日本が植民地に立てた大学って二つだけだよね。

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 02:11:18 ID:3yZN8C0z0
>>922
植民地はほとんど無いからな。

924 :捏造国家韓国の言い分なんて信じられない:2006/07/25(火) 05:26:29 ID:Kmnh3xIi0
韓国のテコンVは何か理由があって製作が遅れたのであり日本は、その製作段階のテコンVの設定等を盗作して先立ってマジンガーやガンダムなどの名作を生み出したと7割以上の韓国人は信じている。
よって、韓国ではテコンVは日本の卑怯剽窃の象徴、韓国の文化の優位性の象徴とされている。
だから向こうでトンチャモン(ドラえもんのパクリ)の話題を出すとほぼ間違いなく「テコンVを盗んだ日本にいわれたくない」と返される。
彼らにとってはそれが真実なのであり、どれほど事細かに説明しても「そう言う事実があった」と思い込んでいる。

特に20代の若者のほとんどはテコンVこそがオリジナルであり、ガンダム、マジンガーは汚い盗作であると公言してはばからない。
彼らにとってはガンダム、マジンガーなどの日本のロボットに対抗する砦であり、
「そのロボットの元になったテコンVはすごい、そしてそれを生み出した韓国すごい、日本ダサイ」がプライドなのだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%B3%E3%83%B3V
http://f57.aaa.livedoor.jp/~batorowa/manga/g.htm


925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 06:04:14 ID:w4c8etCN0
日本がこの地球上になかったら朝鮮なんかロシアかどっかの
奴隷だ
アジア、アフリカの全域も

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 00:41:01 ID:+mXgbGlI0
>>925
そうなっていれば良かったのに、
日本人って本当に馬鹿だったんだなぁ。

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 07:38:30 ID:ClaBavyD0
>>922
旅順工科大学
ハルピン学院(後の満州国立大学ハルピン学院)
満州医科大学
奉天農業大学
奉天工業大学
まだ沢山あるので以下参照


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E5%B7%9E%E5%9B%BD%E3%83%BB%E9%96%A2%E6%9D%B1%E5%B7%9E%E3%81%AE%E9%AB%98%E7%AD%89%E6%95%99%E8%82%B2%E6%A9%9F%E9%96%A2



928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 10:02:51 ID:76VSWE3R0
朝鮮に建てた大学は?

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 10:53:57 ID:aau/5wzjO
>>928 京城帝国大学
台湾には台北帝国大学
この二つは内地の帝国大学と同格

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 13:36:45 ID:ElLUlH/+P
そもそも植民地支配なのか?

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 15:42:41 ID:76VSWE3R0
577 名前:併合厨論破テンプレ[] 投稿日:05/02/01(火) 13:29:03 0
台北帝国大学助教授 富田芳郎著 
「植民地理」 昭和12年刊 叢文閣
31ページ

日本の植民地は朝鮮、台湾、樺太(以上は狭義の属領)、南洋諸島(委任統治領)
及び関東州であって、関東州が満州国駐箚の全権大使の監督の下に
外務省の管轄である外は皆拓務省の管轄する所であり、これらは
内地に対して外地と呼ばれている。


578 名前:併合厨論破テンプレ[] 投稿日:05/02/01(火) 13:29:40 0
戦前、東大で植民政策を担当していた矢内原忠雄は、最もオーソドックスな
植民政策学の教科書とされる『植民及植民政策』(1926)で
「属領」(ここでいうところの「植民地」)を次のように定義している。
(矢内原は「植民地」を若干異なる意味で使っているのだが
それに言及すると話がややこしくなるのでここでは触れない)

@国際法上の一国の領土で、その領土権は完全に自国に属する。
A歴史的に見て固有の領土でなく、新たに編入された地域である。
B通常は社会的構成の面において特殊性を帯びることが多い。
C完全に国家の固有的構成部分として合体されきっておらず、
 国家内部にあって特殊の法域、特殊の行政区域とされている。


932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 21:53:35 ID:UDv/LbVN0
植民地ではないだろう、日韓併合なのだから日本そのものになっただけ。
でもそれが失敗だった。
併合などせず、純粋に植民地化してインフラ投資など行わず、とことん人的
物的資源を欧米式に搾取してやればよかった。

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 23:52:44 ID:H4/0sBPfO
欧米の植民地統治の内容も知らん癖に勝手に貶めて
日本賛美に利用するカスがまたまた現れましたとさ。

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/27(木) 00:48:03 ID:Of7byXgO0
アホがまた現れましたとさ。

935 :ポトデン ◆hWRgSJZNdg :2006/07/27(木) 06:57:32 ID:MAreWuvTO
>>933 んじゃ 詳しく説明してもらおうか

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/27(木) 11:05:41 ID:z1y0eccJO
自分で調べろ

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 00:07:09 ID:GYEzkAuY0
>>935
そう言いたいだけで彼は全く知ってはいないので
そのような突っ込みは勘弁してやってください。

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 00:13:15 ID:RqERYGVy0
また渡部昇一厨か

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 00:31:34 ID:wEI3Iyg9O
インフラ整備なんざイギリスもフランスも
日本と比べ物にならないくらいやってるんだが。

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 00:38:56 ID:RqERYGVy0
例えば、重商主義の時代のインフラ整備が、その当時の社会でどのような重みを
持っていたのかということを無視して、それを後世の20世紀のものと直接比較した
りするんだよね、渡部教信者は

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 00:40:08 ID:CdQb3CSo0
>>939
くだらんループするな! なにォ泣いてるんだよwwwww

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 00:51:09 ID:jCnvC7fM0
そうそう 日本はさもいろいろと投入したかのように言ってるが
実際は壮絶なる搾取が行われていたのだ

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 00:53:13 ID:CdQb3CSo0
ジョン・ダワー氏は、吉田茂の安東領事時代の経験は
「朝鮮族は不毛な口論議論を好み、闘争心が旺盛で、和解をしたがらない
、しかも独善的で、単純な考えが行動に結ぶ習性を持っている、しかもその後始末をとらない」イメージ
を持つようになったことだったと書いている
(ジョン・ダワー『吉田茂とその時代』中公文庫)

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 06:54:45 ID:BKABUukd0
日本にはアメリカの利益であるアジアの安定のための駐留軍がいます。 それもこ
れもアメリカの産業の基幹部品の製造工場と日本はなっているからです。。つまり、
日本が滅ぼされればアメリカの利益にとって大きな損失なのです。 ですから安全
保障条約を日本と交わしているのです。 直接アメリカン被害が及ぶからですね。
。。。あくまでそれがアメリカの利益になるからです。 他国が他国の人民の為に
自国の人民の命を犠牲にしてまで人道的救助をし続けるなど、今の無法地帯の地球
社会ではあり得ません。 そんな夢想家は日本のアホ人権家だけ、 そんな戯言を
世界の外交交渉で言えば幼稚なおこちゃまだと笑い転げられるどころが、キチガイ
を相手にしてるヒマなど無いと、直ぐにどこかに去られてしまうでしょう(笑)
今、世界の警察官、自由と民主主義の盟主アメリカこそが我々に恩恵を最大限
にもたらしてくれる。 イラクの解放戦争をその一環。テロ以前の地球は僅か
20カ国前後の民主主義国と、残り110数カ国の民意封殺の独裁国家群の集
まりでした。アメリカやユーロのような徹底した民主国家か、それとも日本の
ような、わざとテロ支援を見過ごす準テロ支援国家や純粋テロ国家か、との二
者択一を迫られるでしょう。

もちろん直ぐにこのような世界の図式に成るとは思いません。 私の言うのは
今後50年スパンの話です。 しかし、必ずや世界はその流れに沿うように成
るでしょう。 世界は今初めて、真剣に一つの民主的地球号への歩みを始めたのです。

引用:HP、恋愛manual→f u n w a k a論  より。

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 07:47:46 ID:AHV7INI4O
近代史板、強制IDなんだね。

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 10:25:54 ID:BKABUukd0
昭和十年代当時、太平洋戦争に至る少し前、黄色い猿と蔑視していたアジアの黄色人種が、第一次世界
戦でロシアを打ち負かし欧米列強と互角に渡り合う力を付けたイエローモンキー日本を封じ込る為に、
当時からの世界最大の超大国アメリカが次々にアジアを侵略し、日本への石油や鉱物資源の80%を奪
取し、日本への輸出を禁止してしまったのだ。

鉱物資源が20%しか無いという事は、病院での薬は20%しかないという事なのだ。80%の人達は
死ぬか病気の悪化を座して待つしか無い。 病気に罹る以前に、食料が無い、農薬も肥料も、たった2
0%しか無いのだ。 ガソリンが無いのだから動かせる農機具も20%しか無い。 食料を運ぶトラッ
クも20%しか動かせない。 農家から都会まで残りの全てはリヤカーで運ぶしか無い。そんな事が可
能だろうか? 食料だけではない、リヤカーで都会へ工場や会社、店舗などへの物資の輸送など、0.
00001%も出来はしない。

こうして日本は、ただ、ただ、猿!汚し、気持ち悪し、憎しとしいう、アメリカやイギリスロシアなど
の白人人種の人種差別だけの意識により息の根を止められたのだった。

もちろんアメリカはそれを画策し、そのように仕掛けてきたのである。「日本よ!どうだ!俺達白人の
奴隷にしかおまえ達、猿には、方法は無いんだぞ!さっさと手を上げて降参し、他の猿共、同様俺達の
植民地に成れ!!」 そうした態度で、、陰に陽に迫って来たのだ。

このような立場に追い込まれたら何もせず、座して死を待つのだろうか??それとも世界中に物乞いを
して歩くのだろうか? それとも他のアジアの国々のように日本民族が白人の奴隷として扱われても良
いと思うのだろうか??当時のアメリカの政策は、ナチスヒットラーのユダヤ人根絶、アウシュビッツ
以上の人類史上まれにみる、一民族消滅を図る為の行為、愚劣な日本民族挑発行為だったのです。 こ
れに対抗し、生きるための行為、まさしく日本にとっての生きるための戦争、聖戦だったのです。

引用:HP、恋愛manual→f u n w a k a論  より。

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 11:56:01 ID:eZ5I3sb70
この制度の暗黒面を強調し過ぎるのは正しくありません。
商品作物の大規模導入が開発を促進し、米作の効率化をもたらした面もあり、
ジャワ島の人口は同制度が行われた期間(1830〜1870)に700万から1600万へと倍増しました。
#http://www.tcat.ne.jp/~eden/Hst/indonesia/orandaryou_higasiindo_no_kansei.html

国立フィリピン大学設置(1908):アテネオ・デ・マニラ大などは私立。
ラングーン大学設置(1920):1878年にカルカッタ大の支部としてカレッジ設置。
インドシナ大学設置(1917)
香港大学設置(1910)
シンガポール大:前身として2つのカレッジ、ジョージ7世医科大(1905)とラッフルズカレッジ(1928)があるが、
これが合併してマラヤ大になり、両国分立後に南洋大を吸収してシンガポール大に。

英国留学中、ジンナーはイギリスの法制度や社会を研究し、頻繁に下院議会を傍聴しました。
ここで彼はグラッドストーン首相の自由主義的な政策に影響され、インドの政治状況にも
目を向けるようになります。また、ロンドンではインドの民族主義者でパルシー(インド国内の
ゾロアスター教徒)のリーダーであるダダバハイ・ナオロージーと出会い、彼の選挙活動の
スタッフとして働きました。その甲斐あってか、ジンナーの留学中、ナオロージーはインド人として
初めて英国議会の下院議員に当選しました。
http://matsumat.hp.infoseek.co.jp/hero6/hero6_001.htm

フランス国民議会の植民地選出議員。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/ssmh/information/document/426matsuda.pdf

Rafael Crame准将、フィリピン警察軍司令官 米軍
http://corps.ph/features2003/pnp_noblemen1.php

Vicente Lim将軍 ウェストポイント卒 第41師団長 米軍
http://www.battlingbastardsbataan.com/bbbpics5.htm

Afridi Monowar Khan准将 英軍
http://www.generals.dk/general/Afridi/Monowar_Khan/Great_Britain.html

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 22:31:44 ID:GYEzkAuY0
>>946
第一次世界戦でロシアを打ち負かしたっけ?

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 23:15:44 ID:wEI3Iyg9O
コピペなんか相手にするな

950 :funわか:2006/07/30(日) 15:24:09 ID:qnD2JZsY0
何も申しません! 日本人であるなら是非私のホームページをごらんになって
ください。 中国、そしてその中国の卑劣な国策を常にマネをしている韓国
の真の姿が解るでしょう。そして、私達の日本がイカニ自分達、ニッポン人の
エセマスコミや朝鮮半島の国にどれほど騙され金をむしり取られ!愚弄され
ているかを! 6.3.20

韓国はホントに反日か?
世界の最貧国!乞食国家!であった朝鮮を、莫大な日本の資金と物資を投入
し近代国家にしたか!?一次資料を元に韓国の近代史をしっかりと実証して
います。

韓国は日本がつくった  WAC株式会社  黄文雄    980円     これ以上の本は無い!朝鮮の真実!!

是非日本人全ての国民に読んで欲しい!反日韓国の真実!

嫌韓流    晋遊舎  山野車輪    1000円    発売以来
一年足らずで、堂々40万部!の販売実績!!
漫画だが、しっかりと一次資料を基に歴史を検証しています。

それにしても、日本の政官と左翼マスコミは、つくづく!売国奴!の腐りき
ったクソ野郎!ばかりだ!と、解ります。

ますます、充実! 反日韓国の実態!真実を証明する!!
嫌韓流2   晋遊舎  山野車輪    1000円    売れ行き爆発!!

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/31(月) 01:35:55 ID:LiCAtWEU0
>>950
私のホームページってどこよ?
アホ!

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/01(火) 00:27:59 ID:XhaSUvu+0
植民地になった 後 は、日本もそれなりに良い政治もしたと思う。
しかし
植民地になる 前 の日本のやり方は結構酷い。
1904年、第一次日韓協約
1905年、第二次日韓協約
この2つの協約締結のやり方は、いくらなんでも日本が正しいとはいえない。

もし日本と韓国の立場が逆なら、、、日本人は怒るでしょう。
そうじゃない?

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/01(火) 01:07:10 ID:dzlH7t0S0
>もし日本と韓国の立場が逆なら、、、日本人は怒るでしょう
そういった屈辱的な立場にならないように、努力したのが日本。
それを怠ったのが朝鮮。
日本人が逆の立場なら、相手を責めはするものの、それ以上に
自らの過ちを責め、正そうとすると思う。

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/01(火) 01:53:41 ID:lsp4d4kf0
>>952
まあ、それ以前にロシアの手先になったりしたから、日本も怒ったんでしょう。
日本がどれほどロシアに恐怖を抱き敵視していたか、朝鮮が知らなかったわけではあるまいし。

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/01(火) 08:00:22 ID:IlFv+l+G0
>それ以前にロシアの手先になったりしたから

その前に、ロシアの手先になるようなことを日本はしていたわけで

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/01(火) 09:38:06 ID:6pLa8W9VO
教育に目を向けてもその西洋と日本では性質が違う。
西洋が植民地に対して行った教育はエリート層に向けられた教育であった。
そしてそのエリート層を挟んで統治を行った。
しかし、日本の場合では植民地の民に向けた教育であった。
また労働という視点から見れば西洋の場合、植民地→植民地(華僑など)の移動はあったが本国への移動はほぼなかった。
農業に関しても西洋の植民地で生産するものはコーヒー豆やサトウキビなどであり、さらにはモノカルチャー的な部分を多く含んだ。
日本の統治は主食の米を生産させたり、工業地域開発などモノカルチャー的な部分はあまりない。
このような統治の違いについては西洋の植民地には資源があったのにたいし朝鮮には石油やゴムもなかったことがあげられる。
加えて西洋が仮にアジアでの植民地を失ったとしても防衛の危機は起こりえなかったが日本が朝鮮半島を失えばロシアとの衝突の危機が迫る。
さらには日本=宗主国側が皇民化政策・創氏改名(=同化政策)などを行ったことも特筆すべきであろう。
また日本が植民地併合するにしても西洋を意識しなければならなかった(三国干渉のようなことが起きた場合、日本は諦める他なかったから)。
したがって日本と西洋の統治が違うというのもそれなりの理由があった。


957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/01(火) 12:12:11 ID:4I8JjN1B0
日本の同化政策はフランスのパクリだって

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/01(火) 20:03:38 ID:Mg95NmxA0
フランスほどうまくはないけどな

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/02(水) 00:53:51 ID:lJO41Vzs0
>>958
フランスって暴動無かった?

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/02(水) 11:04:33 ID:ipTAW6Y/0
>>958
ラフランスはさほど美味くないぞ。

961 :funわか:2006/08/03(木) 07:16:07 ID:nMP8BM7z0
何も申しません! 日本人であるなら是非このホームページをごらんになってくだ
さい。 中国、そしてその中国の卑劣な国策を常にマネをしている韓国の真の姿が
解るでしょう。そして、私達の日本がイカニ自分達、ニッポン人のエセマスコミや
朝鮮半島の国にどれほど騙され金をむしり取られ!愚弄されているかを! 
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/index.html
http://www.geocities.jp/furen1002/KoreaHistory.html
韓国はホントに反日か?
世界の最貧国!乞食国家!であった朝鮮を、莫大な日本の資金と物資を投入し近代
国家にしたか!?一次資料を元に韓国の近代史をしっかりと実証しています。

韓国は日本がつくった  WAC株式会社  黄文雄  980円
これ以上の本は無い!朝鮮の真実!!

是非日本人全ての国民に読んで欲しい!反日韓国の真実!

嫌韓流    晋遊舎  山野車輪    1000円  発売以来一年足らず
で、堂々60万部!の販売実績!!漫画だが、しっかりと一次資料を基に歴史を検証しています。

それにしても、日本の政官と左翼マスコミは、つくづく!売国奴!の腐りきったク
ソ野郎!ばかりだ!と、解ります。

ますます、充実! 反日韓国の実態!真実を証明する!!
嫌韓流2   晋遊舎  山野車輪    1000円    売れ行き爆発!!

産経新聞を読んで、朝日や毎日がまず書かない韓国や北朝鮮、中国の真の情報を知
ろう!まともな情報が欲しいなら、産経新聞を読むべし! 間違っても朝日毎日を
読むべからず!私が信用する週刊誌、週刊文春と週刊新潮、この二誌は日本でもっ
とも信頼出来る真実と正義の週刊誌である 恋愛マニュアル→f u n w a k a 論
http://hw001.gate01.com/funwaka/ron.htm




962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 12:53:42 ID:1kUfmUKgO
脅しをかけて締結した条約は合法
個人への脅しは認められないらしいが李完用は進んで国を売った売国奴になってるからね
朝鮮も清からロシアに事大して朝鮮皇帝がロシア公使館に移って執務するという状態


963 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/08/06(日) 12:00:29 ID:wVvgoPEq0
NAVERで見たんだが、韓国には100年(日本統治前)続く商店や企業が
全く存在しないらしい。韓国人が全くそのような会社を指摘できないから
間違いないと思う。サムソンやヒュンダイなんかもみんな70〜80年の
歴史。
 要するに日本統治前、半島には商業も産業も全く存在しなかった
というのが事実で、すべては日本統治下で起こったこと。
 しかも、終戦時、簡易保険の加入者が国民の半数に達していた。
 すげえ、「残酷な統治」もあったもんだ。


964 :名無しさん@お腹いっぱい :2006/08/06(日) 12:13:31 ID:1Jr+UGPG0
>>963
ある程度儲かると、その商店や会社を売り払ってしまうから歴史ある老舗
が無いのもこのためらしい。

日本にある老舗をあちらの人が見ると、儲かって無い店なんだなと思う
らしい。



965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 12:21:27 ID:cyaxNd490
悪徳リフォーム業者が、あくどい事して儲けてすぐ解散しちまうようなもんか

966 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/08/06(日) 12:58:42 ID:wVvgoPEq0
963>964,965
 職人仕事を蔑視するとか、ちょっと儲かると店ごと売り飛ばすとかいう
傾向があることは事実だが、それだけじゃないんだよ。店を売り
飛ばしたって何らかの形(商号等)は残るじゃない。
 そうじゃなくて、貨幣経済に基づく商業そのものがほとんど
存在しなかったんだよ。
 搾取の対象となるような経済現象そのものが皆無だったというのが
実体らしいわけです。

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 12:59:05 ID:JoItN2sQ0
>終戦時、簡易保険の加入者が国民の半数に達していた。

郵貯や簡保が戦争遂行に果たしていた役割を知らないのを誇っているのですか?

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 13:04:17 ID:sxY+mRNA0
日本のウヨの言うことって、実は欧米の典型的な植民地主義の主張なんだよね。
「我が国は殖民地に恩恵を与えた。だから決して悪いことをしたんじゃない」ってのはさ、
実は日本独自の主張じゃなく、欧米でもよく聞かれる殖民地正当化の主張なんだよね。
そのくせ欧米とは違うと言ってみたいという精神分裂症

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 13:18:13 ID:JoItN2sQ0
>>968
靖国参拝正当化論も同じ。
日本文化の独自性に立脚しているかと思えば、各国どこでも追悼している、と
日本非特別論も入り込んでくる混乱ぶり。

要は頭が悪いんだよ、ウヨって。

970 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/08/06(日) 18:22:57 ID:wVvgoPEq0
963>967,968,969

私は最低限の商業すら存在しなかった社会が35年後には国民の半分が
簡易保険に加入できる社会になったという事実を指摘しただけ。
 この事実に照らして、「徹底した収奪」とか「残酷な支配」とかいう
評価が妥当かどうかということです。
 ウヨとかサヨとかの問題ではないでしょう。
 併合(植民地ではない)が正当かどうかという問題でもない。
 頭が悪いのどっちか、頭が悪いからわからないのね?




971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 18:27:50 ID:na/jP1O/0
>>968
簡単に説明すると、内地の延長線上にあるか、
植民地として収奪または、経営して利潤をあげるか、
これが欧米の植民地と日本の違い、
アメリカの西部やイギリスのスコットランドやアイルランドに朝鮮は近い。
>>969
簡単に説明すると。
日本の独自性を根拠にしようと、
国際的な普遍性を根拠にしても、どちらでも正当化できるということですよ。

972 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/08/06(日) 18:49:27 ID:wVvgoPEq0
970の続き

 最後に一言。
 35年間でこれだけ社会を激変させたんだから、かなり無理をした
ことは容易に想像できる。旧弊にとりつかれた愚か者達にはかなり
厳しく当たっただろうね。
 そういう意味では、「プロセスは相当乱暴だった」という評価
であれば理解はする。
 変化についてこれない人たちには厳しい時代だったろうね。
 以上、終わりにします。971、ありがとう。

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 21:23:39 ID:67dcm28B0
>971
>アメリカの西部やイギリスのスコットランドやアイルランドに朝鮮は近い.

よく日本と朝鮮、イギリスとアイルランドの関係を酷似させる人がいるが
根本的に間違い。アメリカ、ヨーロッパの文化に貢献し偉大な足跡を残した
アイリッシュ(ケルト)の人たちに失礼です。

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 00:40:26 ID:Yq/tRRrrO
内地の延長線?
朝鮮は外地だよ

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 02:15:44 ID:DqPTbPgy0
お前ら、気狂いが居たら相手にするか?
しないだろ?なぜ、思考停止の因縁プサヨの相手をするのだ?

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 03:51:59 ID:ZEoFsEvE0
>>975

Korea under Japanese rule
http://en.wikipedia.org/wiki/Korea_under_Japanese_rule

国際社会では、日本が朝鮮半島に残虐な知性を施していたのが解説されているのだが・・・。

あなたがサヨと呼んでいる情報は、現実社会では国際的な常識なんですよ。


977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 07:32:29 ID:fltnSpNo0
>残虐な知性
・・・哲学的だな。まあ、がんばれ

あと、en.wikipedia.org/wiki/は、捏造し放題なのが知れ渡ってるから

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 08:18:45 ID:cTFwbP160
>>963
日本がただたんに企業や商店を
接収や商取引の制限をなど加えたから
歴史が古い企業や商店が存在しない
のではないの?

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 15:39:02 ID:vH+lEvzC0
充分な資本が必要など、起業に制限があったのは知っているが、
企業を摂取したなんて話聞いたこともないんだが。なにを根拠にそんなデマを?
つか日本や中国にあったような大商店や企業なんて、李氏朝鮮時代にあったのか?


980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 17:33:04 ID:+MeucxNd0
地元の民族資本を阻む会社令という法律があった
朝鮮では日本の中小企業も入れるために途中でなくしたが、
台湾では最後まであった

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 19:44:41 ID:fltnSpNo0
頼母子講(無尽)というか、ネズミ講の親戚みたいのが横行していた
金融秩序の維持と、大衆が蒙るかもしれない不測の損害を防止する、という観点から必要な処置

会社令:『会社設立・朝鮮以外で設立された会社の本支店設置について、朝鮮総督府の許可が義務付ける』
こういう仕事をこの人達にやれるだろうかーということが
認可するしないかの問題だから、朝鮮人でも資力のある人はできるだろうし
日本人でも資力のない人は大きなことを言ってみてもどうにもならない
朝鮮人にはこういう企業はやらせないというような制限は、特にありません。

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 21:19:19 ID:+MeucxNd0
>>981
会社令下による民族別申請許可割合

日本人90%超
朝鮮人8%程度

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 21:36:09 ID:fltnSpNo0
そもそも会社組織というものを理解する人間が少ないのですから
日本からの資本移転が大勢を占めるのは当たり前なのですが

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 22:04:58 ID:n6ukbCX10
>>982
会社令というのは、基本的に朝鮮の人達を保護するために作られたものです。
  以下資料::ホロン部の大好きな矢内原からww
企業の新形態として会社が漸次植民地に普及するに至る。併乍ら不健全なる投機的企業の
為めに原住者が不測の損害を被ることは有り勝ちのことである。朝鮮にては特に併合に際し
臨時恩賜金を受けたる朝鮮貴族の投機的投資を防ぐ目的を以て、会社企業の設立に対しては
許可主義をとり政府の特別なる監督に服せしめた(明治44年一月実施朝鮮会社令)。

然るに朝鮮に於ける資本主義的発達はかくの如き制限を無用有害たらしむるに至り、
大正九年四月一日を以て会社令は廃止せられた。植民地に於ける資本主義的企業は概ね
本国人の設立及支配下にある。蓋し原住者は必要なる資本乏しく、若くは経営の知識技能に
習熟せざるが故である。
        矢内原忠雄 「植民及植民政策」 p549

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 22:08:59 ID:Yq/tRRrrO
会社令が廃止されたのは三一独立運動が原因だよ

986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 22:35:41 ID:v9oGupXO0
現地人の未熟、後進を名目に権利を制限するのはどこの植民地でも同じなんだお

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 22:41:40 ID:fltnSpNo0
子供を放置する虐待を、ネグレクトと言います
そっちの方が良かったですか。

988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 23:19:18 ID:n6ukbCX10
さぁ〜〜^^、ホロン部、、、後がなくなってまいりました。

日韓歴史論争、現在のところ、資料の『質』&『量』および論理の展開力、整合性、説得力において
日本側が圧倒的に有利な展開です。ww 点差は300対2です。
9回裏二死満塁バッター、ノ・ムヒョン、カウントは2ストライク3ボール、
劇的満塁サヨナラ場外ホームランが欲しいものです。
明治大帝の朝鮮植民地化勅命などありますでしょうか?富田メモは出てくるでしょうか?
「朝鮮を植民地にせよ。それが私の心だ」ww
それともホロン部は、疑惑の亀田判定の再現期待か?ww

いずれにせよ、ソースつきでお願いします。ww

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 23:33:08 ID:v9oGupXO0
>>987
うはwwwwwwwwwキタコレwwwwwwwww
大人たる我々は子供たる彼らを善導してやらねばらなない

正に帝国主義の理屈そのものですな。

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 23:56:37 ID:DqPTbPgy0
>>987
そっちの方が良いようなので、
>>989は放置の方向で。

991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 23:59:09 ID:fltnSpNo0
>>989
ヒント1:放置してても、当時は合法
ヒント2:馬を水場に連れて行くことは出来ても、馬に水を飲むことを強制する事は出来ない
ヒント3:選択権が有ること自体、異例

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 23:59:50 ID:fltnSpNo0
>>991
ごめん・・・リロードしてなかった。

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 01:24:11 ID:ZtKFauv+0
まあ朝鮮は完璧に植民地だよね

994 :香里園の守護神 ◆NEaRDPrK/Y :2006/08/08(火) 19:47:38 ID:5i+063un0
>>982
間違い。

小林英夫「植民地への企業進出−朝鮮会社令の分析−」が総督府の施政年報、官報などから
作成した数表によれば朝鮮会社令(明治43年制令13号)施行下の企業設立許可件数は
発起人代表者が日本人/朝鮮人
1910-1914年度 85/28(小林p.137)
1915-1917年度 27/4(同p.156)
1918-1920年度 286/97(同p.165)

また、不許可及び申請取下件数は1910-1914年度 51, 1915-1917年度 17, 1918-1920年度 5(小林p.111)で
朝鮮人企業の不許可率は50%を越えていない。
ちなみに不許可企業の情報は1911年10月12日までは官報などで明らかになっているが11件中日本人企業と
朝鮮人企業が5件ずつ、不明が1件(大邱瓦斯会社)の割合、それ以降は不許可企業の情報は
公示されておらず、民族別割合も明らかになっていない(小林pp.116--117)。

一方、解散命令を受けた企業は7件存在するが、そのうち企業名が明らかになっている6件については
いずれも朝鮮人が代表者となっている(小林pp.119--121)。

朝鮮会社令の運用は、泡沫企業の濫立を抑止するとともに、同一の地域・業種の競合を回避するように
行われ、その際に総督府に関連の深い資本が優先的に取り扱われた面があるのは否めない。ただし、
数値を見る限りそれは局所的な事象で、全体としてみれば朝鮮会社令が朝鮮人資本の抑圧を
目的としていたとは考えにくい(朝鮮会社令による統制に対する不満は日本人からも噴出し、
ついに1920年には廃止に追い込まれる)。

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 03:24:54 ID:ioliV9sH0
ああ、そういう意味なのか
『全体の90パーセント以上がが日本系で占められている』という主張だと思ってた>>982

どうみても日本側資本による寡占を防ぐ目的だわな>>会社令

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 13:04:45 ID:x8NmJFUc0
漁業令について説明して

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 15:11:34 ID:QwjC2pZEO
日本の善政を逆恨みする
朝鮮人

998 :funわか:2006/08/09(水) 22:23:19 ID:YnfEawrI0
何も申しません! 日本人であるなら是非このホームページをごらんになってくだ
さい。 中国、そしてその中国の卑劣な国策を常にマネをしている韓国の真の姿が
解るでしょう。そして、私達の日本がイカニ自分達、ニッポン人のエセマスコミや
朝鮮半島の国にどれほど騙され金をむしり取られ!愚弄されているかを! 
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/index.html
http://www.geocities.jp/furen1002/KoreaHistory.html
韓国はホントに反日か?
世界の最貧国!乞食国家!であった朝鮮を、莫大な日本の資金と物資を投入し近代
国家にしたか!?一次資料を元に韓国の近代史をしっかりと実証しています。

韓国は日本がつくった  WAC株式会社  黄文雄  980円
これ以上の本は無い!朝鮮の真実!!

是非日本人全ての国民に読んで欲しい!反日韓国の真実!

嫌韓流    晋遊舎  山野車輪    1000円  発売以来一年足らず
で、堂々60万部!の販売実績!!漫画だが、しっかりと一次資料を基に歴史を検証しています。

それにしても、日本の政官と左翼マスコミは、つくづく!売国奴!の腐りきったク
ソ野郎!ばかりだ!と、解ります。

ますます、充実! 反日韓国の実態!真実を証明する!!
嫌韓流2   晋遊舎  山野車輪    1000円    売れ行き爆発!!

産経新聞を読んで、朝日や毎日がまず書かない韓国や北朝鮮、中国の真の情報を知
ろう!まともな情報が欲しいなら、産経新聞を読むべし! 間違っても朝日毎日を
読むべからず!私が信用する週刊誌、週刊文春と週刊新潮、この二誌は日本でもっ
とも信頼出来る真実と正義の週刊誌である 恋愛マニュアル→f u n w a k a 論


999 :funわか:2006/08/09(水) 22:25:07 ID:YnfEawrI0
何も申しません! 日本人であるなら是非このホームページをごらんになってくだ
さい。 中国、そしてその中国の卑劣な国策を常にマネをしている韓国の真の姿が
解るでしょう。そして、私達の日本がイカニ自分達、ニッポン人のエセマスコミや
朝鮮半島の国にどれほど騙され金をむしり取られ!愚弄されているかを! 
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/index.html
http://www.geocities.jp/furen1002/KoreaHistory.html
韓国はホントに反日か?
世界の最貧国!乞食国家!であった朝鮮を、莫大な日本の資金と物資を投入し近代
国家にしたか!?一次資料を元に韓国の近代史をしっかりと実証しています。

韓国は日本がつくった  WAC株式会社  黄文雄  980円
これ以上の本は無い!朝鮮の真実!!

是非日本人全ての国民に読んで欲しい!反日韓国の真実!

嫌韓流    晋遊舎  山野車輪    1000円  発売以来一年足らず
で、堂々60万部!の販売実績!!漫画だが、しっかりと一次資料を基に歴史を検証しています。

それにしても、日本の政官と左翼マスコミは、つくづく!売国奴!の腐りきったク
ソ野郎!ばかりだ!と、解ります。

ますます、充実! 反日韓国の実態!真実を証明する!!
嫌韓流2   晋遊舎  山野車輪    1000円    売れ行き爆発!!

産経新聞を読んで、朝日や毎日がまず書かない韓国や北朝鮮、中国の真の情報を知
ろう!まともな情報が欲しいなら、産経新聞を読むべし! 間違っても朝日毎日を
読むべからず!私が信用する週刊誌、週刊文春と週刊新潮、この二誌は日本でもっ
とも信頼出来る真実と正義の週刊誌である 恋愛マニュアル→f u n w a k a 論


1000 :funわか:2006/08/09(水) 22:25:59 ID:YnfEawrI0
何も申しません! 日本人であるなら是非このホームページをごらんになってくだ
さい。 中国、そしてその中国の卑劣な国策を常にマネをしている韓国の真の姿が
解るでしょう。そして、私達の日本がイカニ自分達、ニッポン人のエセマスコミや
朝鮮半島の国にどれほど騙され金をむしり取られ!愚弄されているかを! 
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/index.html
http://www.geocities.jp/furen1002/KoreaHistory.html
韓国はホントに反日か?
世界の最貧国!乞食国家!であった朝鮮を、莫大な日本の資金と物資を投入し近代
国家にしたか!?一次資料を元に韓国の近代史をしっかりと実証しています。

韓国は日本がつくった  WAC株式会社  黄文雄  980円
これ以上の本は無い!朝鮮の真実!!

是非日本人全ての国民に読んで欲しい!反日韓国の真実!

嫌韓流    晋遊舎  山野車輪    1000円  発売以来一年足らず
で、堂々60万部!の販売実績!!漫画だが、しっかりと一次資料を基に歴史を検証しています。

それにしても、日本の政官と左翼マスコミは、つくづく!売国奴!の腐りきったク
ソ野郎!ばかりだ!と、解ります。

ますます、充実! 反日韓国の実態!真実を証明する!!
嫌韓流2   晋遊舎  山野車輪    1000円    売れ行き爆発!!

産経新聞を読んで、朝日や毎日がまず書かない韓国や北朝鮮、中国の真の情報を知
ろう!まともな情報が欲しいなら、産経新聞を読むべし! 間違っても朝日毎日を
読むべからず!私が信用する週刊誌、週刊文春と週刊新潮、この二誌は日本でもっ
とも信頼出来る真実と正義の週刊誌である 恋愛マニュアル→f u n w a k a 論


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

421 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)