5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

[仮想] 明治からやり直す [日本]

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 22:03:06 ID:kMIgwyI70
明治元年から日本の元勲として、帝国主義をやり直すのを考えるスレです。

1.大陸は要らない、満州&半島はロシアにあげる。当然、日清戦争はしない。
2.浮いた金で、ビッカース社から軍艦をたくさん買う。
2.台湾上海などは、経済方面のみにする。
4.オランダと戦争して、蘭印をもらう。

これで、経済を中国に依存することがなくなって、史実のようにアメリカと
中国問題でもめることが無い。
ブーメラン現象として、植民地の人間が本国に不法入国してこない、
現在の在日○○人問題が出てこない。(または現在のイギリスのような問題も無い。)
 
完全後出しじゃんけんのスーパー厨房スレッドです。
日本帝国は戦争など欧州や映画の中だけのこととして、移民問題に悩むことなく、
現在まで平和を謳歌するのです。どうでしょう?


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 22:13:04 ID:mGZtnCHAO


アメリカに勝てば大陸が日本のものとなり


つまらない妄想

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 23:22:44 ID:JRtB+Ymj0
1.大陸は要らない、満州&半島はロシアにあげる。当然、日清戦争はしない。

ニダ半島がロシアの勢力圏に落ちれば、当然ロシアの圧力をマトモに受ける
わけで、対馬か済州島あたりでロシアと衝突してた気が酢。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 23:27:02 ID:mGZtnCHAO
>>3

一時期ソビエト連邦じゃなかった?

5 :1:2006/06/14(水) 00:35:24 ID:HFlp1TgK0
大陸はあまりにも日本との価値観が違いすぎるからです。
日本は英米側の国です。(今も昔も)
そしてイギリスが、香港・マカオを押さえてロシアの不冬港&中国
の海洋進出を押さえたように、日本帝国は、旅順港、釜山、ウラジオを
抑えて、大陸人の進出を防ぐのです。
わざわざ、半島や大陸の内部に日本企業を建てる必要は無かったのでは?
と思っています。

6 :1:2006/06/14(水) 00:41:00 ID:HFlp1TgK0
日英同盟を結べばもうこちらのものです。
英国と利害一致がするし、いくらロシア艦隊、ソ連艦隊でも
日英の連合艦隊を相手にするのは大変です。
要は、史実のように大陸でロシアの砲兵部隊、戦車部隊、狙撃師団と戦うのは、
日本には荷が重過ぎるのです。

7 :1:2006/06/14(水) 00:46:31 ID:HFlp1TgK0
チハタンでは、鬼戦車t-34に勝てないのです。
大和なら、上陸船団を潰せるのです。
もし自衛隊が、冷戦期のソ連陸軍と満州で戦っても、勝てないのです。

8 :1:2006/06/14(水) 00:57:15 ID:HFlp1TgK0
アメリカは中国に行きたかったのです。無限のマーケットに夢と幻想を抱いていた。
実際の民度など気にせず、暴動や反乱の治安維持を、軍でできると思っていた。
ならば「どうぞどうぞ」と言ってあげればよかったのです。
日本はその間にインドネシアを経済発展させて
「インドネシアは日本の生命線」にすればよいだけのことです。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 12:43:15 ID:x3CD0qAl0
在日問題って外務省と右翼しか困ってないと思う
今後は少子化で後進各国から労働力を受け入れざるを得ず
問題の規模はこれから拡大する。現状の解決能力がなければ
今後もどつぼだ

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 13:47:10 ID:kHgPZNiW0
ニダ半島がロシアの勢力圏に落ちれば、当然ロシアの圧力をマトモに受ける
わけで、対馬か済州島あたりでロシアと衝突してた気が酢。

対馬海峡を挟んで日露の睨み合いがあったろう
その際、英米はロシアの太平洋進出阻止の為、日本を後押ししたろうね
但し、その見返りに日本は英米との間でかなり不利な条件で
様々な条約を押し付けられた気がする。


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 16:19:49 ID:933/+MFW0
@日本としては、ロシアと支那が太平洋に出てこられないような状況を作ることが重要。
 そのため沖縄を日本に編入し、樺太千島交換条約を締結。

Aその後に出来れば台湾も獲っておくのがベスト。当時の清は外国に食い物にされていたから
 交渉をうまくやれば、戦争をせずに台湾を手に入れられた可能性も。

Bもし日清戦争が不可避であったとしても、下関条約を結んだその足でロシア大使館へ赴き
 ロシアが三国干渉してこないうちに、遼東半島・樺太交換条約締結を持ちかける。
 ロシアはちょっと考えさせてくれと言うが、遼東半島の地理的重要性から受諾。

C日露間で朝鮮半島の扱いについて協議し、双方共に朝鮮の独立を尊重するという約束をするが
 ロシアはおそらくこれを守らない。交渉により、嘗ての日本領だった鬱稜島を日本に譲る代わりに
 日本は朝鮮がロシアに併合されることを承認する。これにより朝鮮民族はシベリアに強制移住。
 
Dロシア革命によりロシア帝国崩壊。半島には満州人の新国家が日支間の緩衝国として誕生。

E第一次世界大戦でドイツ領南洋諸島を占領。その後、日本の国連委任統治領へ。

F日本は永世中立国宣言をし、帝国領土は完成。西太平洋を牛耳る海洋国家として今日まで発展。

・・・以上が理想的なシナリオです。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 22:48:28 ID:B9t5ZnG/0
半島人をすべてシベリア移住させるなんてものすごい絵空事だね

13 :the1 ◆k0WpazA3as :2006/06/15(木) 04:09:42 ID:ubF8g0MU0
どうか無知な僕に、半島がロシアに渡ると不利な理由を
教えてください。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 07:43:33 ID:xu6WFZvi0
不利と云うより、日本の脅威では?

15 :the1 ◆k0WpazA3as :2006/06/15(木) 15:13:57 ID:Rt+52e890
>>14 何故脅威なのですか? 日本を侵略するには船が要るでしょう。
浦塩や釜山、旅順を占領してしまえば、船は出てこれないでしょう。
もしそれが無理でも、平時にはロシア海軍と同じ位、日本が船を持てば
良いのでは?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 22:04:55 ID:xu6WFZvi0
そもそもこのスレの前提は満州や朝鮮半島がロシアの勢力圏
に組み込まれているんだよね。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 23:04:49 ID:HTW4VBOe0
まず、当時の欧米各国が、日本人を「対等」の「人間」と見てなかった事を念頭に置かねばならない。
当時の日本人は「日本人」も「人間ですよ」と証明するために、アレコレと頑張ったのだから。


18 :the1 ◆k0WpazA3as :2006/06/16(金) 18:19:34 ID:E+lWmomB0
イギリスは対馬事件の際、立て篭ったられたロシア館を焼き払ってます。
西の果てでは、クリミヤ戦争がありました。
イギリスは日本のことを「こいつら使えるwww。」(ロシア防衛に。)
程度には思ってたと思います。

19 :the1 ◆k0WpazA3as :2006/06/16(金) 21:09:23 ID:E+lWmomB0
陸奥宗光は「朝鮮?イラネ」って言った訳だし。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 23:24:02 ID:8hrXt0ho0
もし朝鮮半島や満州がロシアの勢力圏に組み込まれれば

この地域でロシアからの独立運動が勃発してたろう

これに、日本や清、英、米などの国々はどう対応したろうか?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 00:28:48 ID:nSS7EbV40
ロシア・中国を外洋に出さないために、千島・台湾は必要不可欠。
樺太も天然資源が眠っており、アイヌや日本の勢力が及んでいた経緯からも
獲得しておくべき。朝鮮だが、釜山がロシアに落ちると
日本の大動脈、対馬・関門海峡が脅かされる。ために、
日本本土で戦闘しないようにするために前線基地の朝鮮は仕方なく必要か。

つまり…
日露戦争まで史実と同じで、
日露戦争→樺太全島と朝鮮の支配権を獲得。満州のロシアの権利は保持し続けることを認める。
辛亥革命→干渉し、英露と組んで、新政府に満州・蒙古・ウイグル・チベットの独立を認めさせ、
満州・モンゴル・ウイグルはロシアが、チベットは英国が支配権を得るようにし向ける。
第一次大戦→連合軍につき、欧州に陸戦隊を送り込む。
戦間期→大陸には進出せず、英米と協調路線を歩み続ける。
第二次世界大戦前夜→ドイツは友好関係にあった中国と組んで中独伊の枢軸完成。日英仏に宣戦。大戦が勃発。
やがて独ソ戦、さらにアメリカ租界への攻撃などでアメリカ参戦。枢軸は敗れる。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 13:44:40 ID:iZQ9iOSGO
しかしアメリカによる日本侵略はどう回避する?

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 13:45:36 ID:ttYYOzNd0
歴史にIFなんざねえよ

IFスレでやってろ

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 13:54:02 ID:B0Ww4Caq0
世界不況で、世界はブロック経済。
貿易命の日本は崩壊。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 14:39:58 ID:j5GfLE/x0
歴史とはIFも含めて語ること    だと思う。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 19:21:47 ID:W2VOOwZM0
とにかく汚鮮を防ぐこと。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 00:20:18 ID:wsZ7lCw20
朝鮮半島を植民地にする必要はあったか? 結論を言えば、なかった。

もちろん、朝鮮半島を「影響下」におく必要はあった。
よく「日本は海洋国家であり、大陸に進出する必要はなかった。
中国大陸にのめりこんだのが第2次世界大戦敗戦の原因。
朝鮮半島はマチガイの始まり」という意見もあるが
海洋国家として、獲得できる植民地など、当時のアジアにはもうなかった。
全部、英、仏、米がおさえていた。
特に英米と喧嘩する気がなければ海洋国家日本など不可能。
そして喧嘩していれば、40年ほど早く明治時代に敗戦になっただけの話だ。

日本に手に入るのは、朝鮮満州しかなかった。
さて手に入れるにしても李朝を潰して植民地にする必要があったのか?
本当はなかった。
アメリカは戦後の日本を支配してるが、日本政府を潰して直接統治はしてない。
同じやり方で十分だった。
日韓安保条約で、日本軍を朝鮮内に駐屯させて、外交を縛る。
適当な援助と指導で近代化を図る。それで十分だった。

併合は、ハッキリいって、当時の日本人の見栄だった。
日露戦役で大量の死人が出たのに、何も手に入りませんでしたでは
日本人の気持ちは納得しなかった。
戦略ではなく気分でやってしまったことのツケを我々は支払ってるのだ。



28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 02:09:05 ID:Z0GE0YU10
朝鮮半島及び朝鮮人は中国に差し出すべきだった。
そのほうが朝鮮人も大陸続きのよしみの中国人と調度よかったはず。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 05:44:37 ID:ZLtaLA1S0
中国北洋艦隊(定遠・鎮遠・済遠・致遠など)も長崎へ来て
水兵が上陸、暴れたからなぁ。

丁汝昌は北洋艦隊で日本を訪問し、瀬戸内海を通って呉に入港する時
「耕して山巓に致る、その貧や思うべし」と
日本をあわれんだ。


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 15:53:23 ID:g7h5tpDj0
半島も大陸もほっとけばよかった。
裏に財閥が暗躍するから無理か。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 21:39:28 ID:gYJMVUPW0
まあどっちみち露と英米のはざ間で日本は難しい舵取りを迫られてたろう。

32 :the1 ◆k0WpazA3as :2006/06/19(月) 19:50:35 ID:Mp9MIokM0
チハタンではt−34に勝てない。

33 :the1 ◆k0WpazA3as :2006/06/19(月) 19:51:56 ID:Mp9MIokM0
ソ連砲兵にぼこぼこにされる関東軍

34 :the1 ◆k0WpazA3as :2006/06/19(月) 20:09:51 ID:Mp9MIokM0
竹越與三郎「朝鮮よりもドレッドノート艦を要す。」1909年十月

「朝鮮を併合しやうと云う空名のために四、五億の金を、朝鮮に注ぐと云うことは、
決して国家に忠なる政治家のするべきことではない。もしこの余裕があるならば余は
十艘十五艘の大軍艦を造りたいと思ふ。」

「当局の政治家もし真に日本帝国の安危存亡をもってその念慮とするならば、
よろしく朝鮮併合するの愚案を捨てて、和が国家の安全を守る大艦を造ること
に力を注がねばならぬ。」

 

35 :the1 ◆k0WpazA3as :2006/06/19(月) 20:22:51 ID:Mp9MIokM0
去年、中川八洋の「歴史を偽造する韓国、日韓併合と搾取された日本」って
本を買ったんだけど、この人は、恐露症で、親米英なところがあって、
話半分に読まなきゃ行けないところがあるけど、併合につぎ込まれたお金とか
ものすごい額。(学校とか建築費とか)日本が本当に搾取された金額が載っててすごい。
朝鮮は中国に任せて、その中国をロシアとアメリカがにらむと言う形が望ましい。 

ttp://plaza.rakuten.co.jp/khiroba/diary/200411150000/

あとここも
ttp://youtube.com/watch?v=HotuV_KlLjA

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 21:58:54 ID:i57NDLhu0
前に中川は「CIAの手先」と右翼に街宣車で責められてたな。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 01:11:20 ID:ud2jbsHV0
>>35
搾取というより持ちだし超過な。
英仏も同様の事態に陥っているけどね。

38 :the1 ◆k0WpazA3as :2006/06/21(水) 01:51:47 ID:ndmQzHCU0
今もし韓国や北朝鮮が、西側の国になって
「今まですみませんでした。 どうかこれからやり直すので、援助してください。」
といっても、大勢の日本人は嫌がるだろう。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 01:56:37 ID:ndmQzHCU0
要は最前線を、鴨緑江にしたいのか対馬にするのかということなのです。

40 :the1 ◆k0WpazA3as :2006/06/21(水) 01:58:13 ID:ndmQzHCU0
39はボクです。名前入れ忘れた。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 07:34:53 ID:2V6hp5xd0
中川八洋によると、福田和也は極左アナーキストらしい
だまされた

42 :the1 ◆k0WpazA3as :2006/07/02(日) 01:45:24 ID:Wtwc3rn60
結局の所この板の人たちは、日本が独立を保つためには、
朝鮮を併合して、満州に前線を置き、北支に兵を進めるのがよいということでいいのね。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 02:14:50 ID:uR3n6b5R0
いいや、
俺は対馬で線を引くべきだったと思う。
汚鮮を防ぐのが一番。
朝鮮とは貿易程度と列強の情報を与える程度でよい。

44 :the1 ◆k0WpazA3as :2006/07/02(日) 02:32:51 ID:lHeEM91X0
大陸はもう何度も古代から国が崩壊して
社会や人間に対する「信頼」の念が無いんです。信頼し合うなら義兄弟の契りを交わす国なんですよ。
朝鮮に至っては「約束」の概念も無かった。そんな暗黒大陸を経済発展させて、人口を増やしたおかげで
世界中で犯罪や「アイムザパニーズ」を繰り返してるんです。日本帝国にとって、疫病神じゃん。
戦前の日本政府はどう考えてたんでしょうね。あきらかに奴らの人口の増えた現在、
日本人が迷惑してるんですけど、世界の人もか。法家の国だし。昔の人も「非人」っていってた。
いまの「ヒトモドキ」といっしょね。


45 :the1 ◆k0WpazA3as :2006/07/02(日) 02:44:20 ID:lHeEM91X0
ヨーロッパの人間も正確には、日本人とは違う規約の概念をもってる。異民族同志で過失が無いように
契約書や、武器もってないか確認の為、握手をする。「他人が見てる」って感覚。
支那とかはかつて、偉大な文化を持っていたようだけど、
もうとっくに滅びてない。国家が無いと言うことは未無法地帯でその人間の精神も近代人として完成してない。
人類の歴史のなかで、世界の地域でいえばアフリカと支那大陸は人間が発達しなかった
場所なんじゃないかと思う。うまくいえないけど。いつもそう思うときがある。

なんか1の考え方を述べるスレッドになってるね。スマソ

46 :the1 ◆k0WpazA3as :2006/07/02(日) 02:55:45 ID:lHeEM91X0
昔、笹川良一ってヤクザが、「人類皆兄弟、(ただし朝鮮は除く)。」
のような発言をしたらしい。つまりはそういうことです。

(なんか典型的なレイシストみたいなレスだな。) でもおかしいのは明らかにあちらなんですよ。

同じアジアでも、外蒙古が侵略されてヤバスってなったときにモンゴルの徳王って方が関東軍と
独立の接触を図ってきたことがある。タイやインドネシア、ビルマと協力も出来てる。
ほかのアジアの人たちと連携できるのに。つまりあの地域だけは人間が「出来」なかったんですよ。

47 :the1 ◆k0WpazA3as :2006/07/02(日) 02:59:21 ID:lHeEM91X0
スレの方向性が決まらないのでもうやめようと思う。


願わくば21世紀の日本は、旧世紀の遺物を帰国させますように。
                                 
                           −おわりー

48 :the1 ◆k0WpazA3as :2006/07/02(日) 03:34:17 ID:ouXpN7bh0
なんで朝鮮なんかを併合して、豊かにして、不法密入国者を増やして、日本人名を与えてやって、
アメリカと戦争したのだろう。そして現在にわたるまで居座り続ける民族。今日本にうまれてきた人には
何ら関係無いのに。 1のとうりになれば1940年ごろ
日本でp-51を装備した日本陸軍はアメリカ支援の国民党のなりゆきをみていただろうに。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 22:44:21 ID:8yBTt/8+0
>>48
ちょっとだけ
当時の日本は日本防衛の為
朝鮮半島を欲した
朝鮮防衛の為に満州を欲した
単純ですよ

それだけロシアを恐れていた
とゆうか、本土で戦う事を恐れていた
内地で戦うことよりも外地で戦う事を欲した

もともと日本はアメリカと戦争する気はないよ
ただ、アメリカはやる気満々だったのが誤算


50 :the1 ◆k0WpazA3as :2006/08/01(火) 14:24:00 ID:MWhbJXpA0
まだカタ落ちせずに残っていたとは…近代史板カソス。

>>49 いやだから、日本海や黄海でロシア軍と戦うのだが…。

51 :the1 ◆wv9p/HHc9U :2006/08/05(土) 07:43:51 ID:GWNcdTzK0
test

52 :the1 ◆iOoO72DWWw :2006/08/13(日) 06:45:41 ID:tvr5Wz270
test

53 :the1 ◆Hbm9CiKjy6 :2006/08/13(日) 06:53:43 ID:tvr5Wz270
てst

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 07:00:57 ID:1VKIJSM70
ageてみる。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 07:07:58 ID:feQ0elwE0
植民地にしないで併合して同じ人間として扱おうとしてごめんなさい。
朝鮮全土に植林して禿山をなくしてごめんなさい。
両班の反対があったにもかかわらず朝鮮全土に学校を立て、ハングルを普及させてしまってごめんなさい。
シャーマニズム治療を禁止し、近代医学を教えてしまってごめんなさい。
人頭税を取らなくてごめんなさい。
人口を倍にし、平均寿命を倍にしてしまってごめんなさい。
竹島(独島)を自国の領土だと勘違いさせてしまってごめんなさい。
インフラ整備に日本の国家予算の1/5も使ってしまってごめんなさい。
麦ではなく米を輸出室できるほど増産させ、主食にしてしてしまってごめんなさい。
清の属国だった立場から独立させ、華夷秩序から脱却させてしまってごめんなさい。
唐辛子を伝えてしまってごめんなさい。
「お金」の概念を教えてしまってごめんなさい。

http://plaza.rakuten.co.jp/khiroba/diary/200411150000/

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 09:32:05 ID:2x6DCVonO
薩長が政権取ったのが間違い

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 23:16:09 ID:3fx5/toZ0
やっぱり、江戸末期からやり直しか。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 23:22:28 ID:qoewQG400
王政復古の大号令もう一度だして錦の御旗
かかげて国会乗り込め!

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 13:15:22 ID:fn1KL5mC0
江戸時代
借金地獄に陥っていた武士を救うために幕府は徳政令で借金をチャラにした
現代で言うと、政治家や銀行の負債を税金で穴埋めにしてチャラにした事と同じ。
武士だけで一般国民は救わなかった。
スバラシイ江戸時代

60 :1:2006/08/20(日) 14:52:05 ID:oe3fy2vc0
よくわかったよ。つまり豊かな国にするには、内需(仕事)がなきゃダメなんだな。
でも植民地にすると必ず「ブーメラン現象」がおきるんだな。
イギリスはマレー系や、インド人、
フランスは北アフリカの黒人や、イスラム系。
かつての旧植民地人が、不法や合法にしろ居座ってる。
日本もそう。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 14:57:02 ID:oe3fy2vc0
アメリカの移民が出来なくなったからなんだなぁ。
大陸に投資したのは。新たな仕事先か。
あと安全保障上の問題か。
今の北鮮も日本独自に処理できない。もちろんアメリカとの連携、話し合いは重要だ。
左翼は「やっぱり日本はなにも出来ない。」といってアメリカと離反させようとするけど、
これからが戦後の日本が本当に独立してるか、意志決定できるかの見物だ。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 15:00:13 ID:oe3fy2vc0
大陸に深くかかわらないで、昭和12年くらいまでに「ラジオ作れよ。バイク作って売れよ。」
じゃ無理なのかなぁ。

63 :the1 ◆ZakQjLhOWc :2006/08/20(日) 15:03:20 ID:oe3fy2vc0
てst

64 :the1 ◆ZakQjLhOWc :2006/08/20(日) 15:06:47 ID:oe3fy2vc0
あっそうだ。兵器を売ればいいんだ。でもそうすると欧米と衝突するか。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 15:23:59 ID:hjnY60CUO
>>62
戦前の日本は技術的には三流国だよ。
それが一転したのは、戦後アメリカに至れり尽せりで教育してもらえてから。

66 :the1 ◆ZakQjLhOWc :2006/08/20(日) 15:35:47 ID:oe3fy2vc0
>>65
結局ルーズベルトかよ。ルーズベルトの奥さんのエレノアさんかよ。
大国の意志に振り回されたのかよ。
あとで政策が変わって、「あ。やっぱり赤は危険でした。日本は安全保障が欲しかったんですね。」
って言われても、「いまさらかよ!」と言いたくなる。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 15:42:14 ID:eNPTK3CIO
薩摩長州は

68 :the1 ◆ZakQjLhOWc :2006/08/20(日) 15:46:04 ID:oe3fy2vc0
>>67
スネーク「なんだって?」

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 18:50:41 ID:i7QCthePO
結局露助の奴隷になるか、大陸に撃って出るかしか選択肢はなかったんだな。

70 :the1 ◆ZakQjLhOWc :2006/08/25(金) 15:10:22 ID:YW7//alh0
>>69
このスレの場合、海上でロシアと戦うのだ。だから奴隷にはならないのだ。
ただ、樺太の間宮海峡の一番細い所はシベリア大陸と80kmと離れていない
多分60kmくらい。
列車砲やら重砲なら届く距離。あと逆に上陸されるかもしれないが。

71 :the1 ◆ZakQjLhOWc :2006/09/01(金) 20:42:13 ID:yMZmYrbl0
日本に来たら、雨がふって服がぬれた!謝罪しろ!


72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 01:33:04 ID:5LUThOu50
日本人って両極端な答えしか導き出せないね。
左翼は太平洋戦争を侵略だといい、右翼は太平洋戦争を解放だと言う。
両極端で歴史を冷静に分析しようとはしない。
だから常に同じ間違いを犯す。
反対論者は罵倒によって口を封じさせ、レッテル張りと個人攻撃で議論をしようとはしない。
だから太平洋戦争の総括を日本はできないのだろうが。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 01:38:20 ID:5LUThOu50
>>69

>結局露助の奴隷になるか
何でそのような結論に至るのか意味不明だな。
自国を客観視できないからこそ、
日本を破滅に導いた事をいい加減に気付くべきだろう。

仮に朝鮮半島の近くに帝政ロシアの軍港ができても、
奴隷にはなり得ない。
そもそも日本の一部分を占領する位ではないと、
とてもじゃないが奴隷化は不可能だろう。
奴隷化とはいわゆる植民地のような状態を言いたいのだろうが、
帝政ロシアの植民地になるには日本が征服されて
日本国内に帝政ロシア軍が駐留しなければ無理だ。
大体、朝鮮半島付近に軍港を築いても植民地以前の問題だろう。
植民地にならない所か、そんなので植民地になると思っているのか?

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 01:40:31 ID:5LUThOu50
>>66

当時の世界に置いては枢軸の方が危険だった。
枢軸の脅威が目前に迫っているのに、
存在すら解らない共産主義の脅威に気付ける筈はないだろう。
中国共産党は中国本土では微々たる勢力だし、政権すらとってない。
共産主義国などソ連だけで、脅威になる以前の問題だな。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 01:47:16 ID:5LUThOu50
>4.オランダと戦争して、蘭印をもらう。
当時の米国は東南アジアに権益を持っていた。
>>1は馬鹿なのか知らんが、
日本がオランダから権益を奪おうとすれば、
米国との対立は避けられない。
何故なら米国はオランダの領土が取られれば、
次は自国の領土が奪われる事になるかも知れないと疑うからだ。
フィリピンは米本土から非常に離れており、防衛には難しい土地である。
日本が手を出そうと思えば、地理的に近いから非常に容易だろう。
米国はその事を心配して、東南アジアで帝国主義的政策を進めれば
対立は避けられないだろうね。
故に東南アジアに触手を伸ばしている時点で間違いだよ。
それに蘭印など重要な領土ではなく、
戦中に日本が蘭印に触手を伸ばしたのはABCDラインを受けていたと言う
要因がある。
米国との対立がなければABCDラインを受ける事も無い訳で、
蘭印をかっぱらう必要性に追い込まれる心配もない。

故に東南アジアに触手を伸ばすのは間違いだし。
>>1の蘭印を獲得しようと言う考えがまず解らない。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 01:50:27 ID:5LUThOu50
それに何で蘭印をとる必要性があるんだ?
戦中にとろうとしたのは、米国と対立していたから。
米国との対立が回避できれば、とる必要性すらない。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 01:55:14 ID:5LUThOu50
世界地図などを見れば、半島と日本は距離が狭いように感じるが、
それは世界地図の話であって実際は何百キロと言う距離がある。
仮に半島に軍港を持っても、日本を植民地化させる事は難しかっただろう。

78 :the1 ◆ZakQjLhOWc :2006/09/02(土) 09:49:34 ID:JyRZyYnP0
では1にとらわれず、蘭印をとらないで、米国と対立せずに日本帝国が独立している
開国〜1950年代までををみなさん考えてください。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 12:22:06 ID:q+w1HV020
>>77
対馬海峡や関門海峡で通商破壊が行われれば日本には一隻も船が入れなくなるが?

80 :the1 ◆ZakQjLhOWc :2006/10/07(土) 14:26:47 ID:t+pa4Lb50
皆さんにお聞きしたいけど
国民のpop数を多くして、内需を拡大するのはいいけど、
臣民みんながそれぞれ「よい生活よいインフラ」を求めるから、
「結局のところそれ効率良いのかよ。」という議論が1940年代にあったはず。
だったら最初から半島を併合して、日本国民としてインフラ整備
教育とかの金かけるなよ。と言いたい。
「アメリカ、ソ連に負けない生産力、経済力をつけたい。その為には
多民族国家。大きな領土。」って時代だったのか。



81 :the1 ◆ZakQjLhOWc :2006/10/07(土) 14:30:53 ID:t+pa4Lb50
ゆくゆくはどの国家にも文句を言われない政治力
すなわち明治国家の悲願「攘夷」をしたかったのか。
日本帝国はどの程度本気だったのか。アメリカと友好したかったのか。
信玄に対する信長の様に、友好してるうちに生産や技術の力をつけて
資源も確保してジョジョに大国にしたかったのか。

いつか対立するつもりだったのか。
いつか対立するにしても、あまりにも開国が遅すぎるしアメリカは日本の脅威を必ず
取り除くことになると予想しなかったのか>明治の元勲。
そうは甘くないということがわからないのか?
だったらはじめから侵略されないくらいに近代化して、
領土は日本のみにして、大国は諦めて友好に努めれば、
戦争なんてしなくて良かったのに。


82 :the1 ◆ZakQjLhOWc :2006/10/07(土) 14:42:40 ID:t+pa4Lb50
大国化すると犯罪率も上がるでしょう。
ロシアとアメリカが良い例でしょう。一国に色々な民族がいるのだから。
ソ連はモンゴル人、ツングース人、アルメニア人など、
アメリカはヨーロッパ系以外に黒人やヒスパニック人
米英の両帝国は「白人が1等人」という意識があるでしょうが日本は皆「日本臣民」。
「日本人」として朝鮮人などが海外で悪さをするの我慢できないでしょう。
今でさえ犯罪を犯したら、「俺は日本人だ!」とやるのですよ。昔及び、もし今でも日本帝国だったら
と思うとぞっとしますよ。「いや、その頃には朝鮮人もきちんと礼儀正しくなってる。教化できる。」
という反論があるかもしれないですが。
そんな日本帝国ならいらないと思いましたがどうでしょうか?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 22:36:15 ID:aNBeXnMw0
朝鮮でも台湾でも、古い人は「日本統治時代は治安がよかった」という意見が大勢だと聞くが。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 00:31:55 ID:yb2b7Bis0
半島にロシア港が出来たら間違いなく日本にせめて来るだろう・・・
下手するとグレートゲームの舞台にされてただけ
そもそも日秦日露戦争なしに欧米と対等に話し合いが出来たと思うのが間違い
日秦以前の外交情勢を知らんのか

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 15:26:52 ID:k2rKxmTq0
>>80-82
すべて現代人が考えた後付け理屈だな
結果論のみで語っている

当時の日本の立場に立ち返ってみることだ。
当時は植民地を得ている国家こそが先進国で、植民地を持てない国家は二等国だ。
まして日本は有色人種で白人国家ですらない三等国。
どこの国が対等に付き合ってやろうなんて考えるのか?
逆に日本をどうやって属国にしようか考えているのが現状だ。
日清戦争で中国を下し、日露戦争で欧米と戦える力を実際に見せ付けた事で、
欧米列強は日本を植民地にすることは非常に難しい行為と気が付いた。
日本は植民地を持つ側になって、初めて欧米に認められる国家となったのだ。
それが当時の世界情勢。現代の日本のように「日本国土だけ守ります」という方針は、
諸外国から見たら「植民地を持てるほどの力を持たない弱小国です」という宣言でしかなく、
そんな弱小国は、いずれ他の国の植民地になるだけ。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 15:57:54 ID:k2rKxmTq0
>だったら最初から半島を併合して、日本国民としてインフラ整備
>教育とかの金かけるなよ。と言いたい。

 結果論で語っている。いまさらぐだぐだ言ったって後の祭り。

>「アメリカ、ソ連に負けない生産力、経済力をつけたい。その為には
>多民族国家。大きな領土。」って時代だったのか。
 
 その通り。ただし多民族国家である必要は無い。欲しいものは日本には無い鉱物資源であり、生産力=労働力である。日本人だけでやるよりも
他国人もいっしょに働かせたほうが生産力は上がる。

>ゆくゆくはどの国家にも文句を言われない政治力

 というよりも、対等に外交交渉したいので先進国の仲間入りしたかった。
政治力があっても劣等国のレッテルある限り意味が無い。

>すなわち明治国家の悲願「攘夷」をしたかったのか。
 明治国家の悲願は、欧米列強と対等国となり、不平等条約を解消する事。
攘夷など明治維新の頃には捨てている。
>日本帝国はどの程度本気だったのか。アメリカと友好したかったのか。
 なにが本気なのか?なぜアメリカなのか意味が解らない。

>いつか対立するつもりだったのか。
>いつか対立するにしても、あまりにも開国が遅すぎるしアメリカは日本の脅威を必ず
取り除くことになると予想しなかったのか>明治の元勲。

 対立するつもりなど無い。繰り返すが、日本の目標は近代化し欧米列強と対等の扱いを受ける事。
なぜ、そこでアメリカなのか?。もしかして、太平洋戦争の責任を明治の元勲に求めているのならとんだ間違い。

>そうは甘くないということがわからないのか?

なにがそう甘くないのかさっぱりわからない?
明治時代と昭和時代を一緒くたに考えていないか?
明治の大陸進出が太平洋戦争の原因になった訳ではない。まったく関係が無い。
太平洋戦争は、昭和時代に日本が中国へ進出した事件から、アメリカが利権を奪われる危険を感じ、
軋轢が高まった。そして日中戦争は日本政府トップの意思ではなく、軍閥が仕組んだ謀略から起こった。

>だったらはじめから侵略されないくらいに近代化して、
>領土は日本のみにして、大国は諦めて友好に努めれば、
>戦争なんてしなくて良かったのに。

 だから明治維新直後から急激な近代化を行っていた。
領土を日本のみにして大国になる事を諦めるということは、当時の政界情勢からあり得ない考え。
当時の常識として、食うか食われるかの二つに一つ。植民地ならない、つまり食われない国家という事は、
植民地を得ていく食う側の国家という事だ。現代の日本のように専守防衛なんて考え方は当時には無い。
というより日本はそれが出来る立場に無い(永世中立国家スイスは、それが出来る力関係の中で成立した)。
友好さえ努めれば戦争はないという妄想は捨てるべき。
国家に真の友人などいない。
第一次世界大戦後の国際連盟がその平和維持機能果たさなかった原因を探ると良い。
現代は、国際連合の平和維持機能が働き、弱肉強食の時代は過去の遺物となった。
その現代と第二次世界大戦以前の世界をごっちゃに語ってはいけない。 

87 :the1 ◆ZakQjLhOWc :2006/10/30(月) 19:18:06 ID:XCLkk1rz0
1.日本国籍は与えない。
2.日本に渡航禁止。(たしか史実でもやっていた。)
「渡航した者は、全員強制退去。もしくは処刑」くらいやって欲しかった。
鮮人はひとりも要らない。治安が悪くなる。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 19:24:50 ID:XCLkk1rz0
あとは、1939年9月の半ばに独逸国に対する宣戦の詔書を出して、陛下のサインをもらって、
リットン郷の満州国承認と引き換えに、アジアのイギリス権益をしつかり防衛する事と
大西洋に日本海軍の艦隊を派遣すれば、日本帝国は安泰。

89 :the1 ◆ZakQjLhOWc :2006/12/01(金) 05:08:38 ID:8XsDUjOr0
age

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)