5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大正デモクラシーとは何だったのか?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 19:56:54 ID:cEkwGIKS0
何だったのか?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 20:35:12 ID:N4EIepY9O
短小でもイクらしい

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 21:15:27 ID:4A3lf7jA0
桂太郎カワイソス

4 :日本人:2006/10/15(日) 21:42:04 ID:G54tRXWk0
薩長に負けた奥羽列藩同盟の逆襲。その筆頭が南部藩の家老の息子原敬。
今、小泉(旧姓鮫島)薩摩、安部長州、それに対する小沢一派は仙台藩、南部藩
、会津等の東国。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 22:25:49 ID:4A3lf7jA0
原はやっぱり神だな…。初の本格的な政党内閣でありながらその完成度の
レベルも高かったし。そんな政友会も田中義一が芯だあと辺りから劣化が
激しくなるわけだが 

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 22:27:12 ID:wZakzIMl0
普通選挙の実現であっけなく息切れしてしまった思想運動。
議会開設で息切れした自由民権運動とパターンがよく似てる。
政府のアメとムチの施しの方がはるかに上手だった・・・

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 23:27:11 ID:safyMkGxO
大正デモクラシーによる日本社会の変革は、
第二次大戦敗戦によるそれよりはるかに大きい。
大正デモクラシーこそが、日本の亡国への歩みの起点であった。
戦後の民主主義イデオロギー物語では、
このことは意図的に無視されるがね。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 05:20:49 ID:uTJAjn4p0
フェミニズムなんかもあの当時、現在にすら負けない程に燃え上がっていたそうだからな。
関東大震災、昭和恐慌となって流れは一変して行った…。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 07:50:22 ID:I/LJVFzL0
 今日の日本主義国家主義革新運動の直接の淵源は大正七、八年代
に求められてゐる。当時の国内に於けるデモクラシー運動及び社会
主義運動に対する反動として国粋運動が盛んとなり、大正赤心団、
縦横倶楽部、大日本国粋会、大日本赤化防止団、大日本正義団、建
国会等の愛国団体が簇出したのであるが此等団体の任務とするとこ
ろは国粋主義国家主義によつて西洋流のデモクラシー、社会主義思
想を排撃するにあつて、現状維持の消極的運動に堕し、彼等の中に
は往々にして既成政党の御用団体として活動し或は資本家の用心棒
として暴力を逞うし世人より擯斥されるものも少くなかつたが、此
の間に於て積極的革新的見解を持し外来異端思想の乗ずるの隙なか
らしめる為、国内改造を断行し、社会矛盾を克服して革新日本を建
設せんとの主張を為すものを生じた。即ち老壮会(大正七年十月)
猶存社(大正八年八月)に拠れる北輝次郎、大川周明、満川亀太郎
等の一派、興国同志会(大正八年四月)に拠れる上杉慎吉博士一派
及大衆社に拠れる高畠素之一派である。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 16:56:57 ID:A4wsOfnF0
>>8
戦前の中では一番民主的な時代だったんだろうな。フェミニズムもそうだし
時の元老山県有朋が死去した際にも「死もまた奉公」とか書いたり原敬首相
が暗殺された際にも「万歳」と言いながら配った号外売りもいたらしいし。
(ある種今以上・・。)それで両者ともこれと言ったお咎めなし。
皇室でみても太平洋戦争中のような天皇陛下万歳風潮は非常に薄く天皇や宮中のことを
たわいもない雑談で話すこともあったらしいし。天皇の病気持ちであることも公開している。
又皇太子(後の昭和天皇)の結婚時には当時の彼の背広姿や登山姿、馬車の御者をしている姿、
良子皇太子妃とテニスをする姿などが新聞や雑誌に載せられたらしい。
又、両者の趣味もテニス、ピアノ、園芸と当時モダンの代表的な趣味でと紹介され非常に
モダンであると記事になり「皇室もモダンに」などという感覚で一般国民には歓迎されたようだ。
そういう点では戦前の中では非常に民主的な時代だったと言えよう。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 22:05:08 ID:g0rwtKG5O
テレビで今やってる

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 22:07:39 ID:bprzXdSNO
その時歴史が動いた!

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 03:59:21 ID:Sk5fVEnN0
>大正デモクラシーとは何だったのか?

金持ち(財閥)がヤクザ者(政党人)を雇って

堅気の政府(藩閥政府)を乗っ取った・・・

ってことでしょう。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:29:16 ID:I9d/FwkY0
大正時代の方が戦後日本より西洋に近づいたというのは今や常識になりつつある

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 19:16:07 ID:ZDhzZ+vo0
 然るに世界大戦後から昭和の初期にかけて、我が日本
の政界・学界・思想界等の病的な欧米崇拝論者は・・・
・・国際政局裏面の認識を欠き、英・米・仏等の自利
的現状維持論、自己保存的平和論、仮装正義人道論等に
心酔して全く彼等の思想戦の術中に陥り、帝国本来の
姿と道義に基づく国是、国策を忘れて、自ら帝国を侮蔑し
て、軍国主義、侵略主義、帝国主義等と卑下しながら国
策の進路を誤らせ、好んで欧米迎合の対内外消極政策を
採り、内にあつては数次の軍備縮小を断行して外交の推
進力を弱化したのを始めとし、一切の方面に緊縮退嬰政
策を施し、遂には産児制限を高唱するものさへ現はれ、
外に対しては屈従外交によつて数多の理不尽な条約を
甘受し、欧米に媚び支那に媚びて自ら二十一箇条の廃
案、青島還附を提唱するものもあり、遂には日清・日
露の戦役に於ける苦心と犠牲とを忘れて在満権益放棄
論を主張する者さへ現はれ、外交国難、経済国難、人
口国難、思想国難の渦中に国民を投じて、全く民族的理
想を喪失せしめるに至つた。今日これを顧みれば実に満
洲事変、支那事変を未然に防止し得なかつた責任の大半
は、これら外来思想中毒者の負ふべきものであると信ずる。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 19:33:14 ID:T3i83K7RO
地域分布図
富山大荒れ、和歌山大荒れ
各地点々と飛び火

九州地域穏やか穏やか

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:50:58 ID:NShN+H8HO
その地域差は何に基づくの?
九州地方の主食は米じゃなくてタロイモ・キャッサバだったとか?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 22:04:38 ID:T3i83K7RO
>>17さーねー 田畑はあるだろうが 老女が巻きおこした暴動だし


その時歴史動いた(再放送)あるんじゃない?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 02:13:47 ID:byvoKJGS0
4年に及ぶ大戦の結果、
専制君主国家のロシアが崩壊して共産主義国家に、
立憲君主国のドイツ・オーストリアが崩壊して共和制国家になり、
もっとも民主的な立憲君主国イギリスと、
民主共和制のフランス・アメリカが生き残った。
(イタリアは・・・?)

この結果だけを見れば、
「立憲君主国は古い。戦争にも弱い(<=ここ大事)。
 自由民主主義最強!!!」
「立憲君主国が生き残るには、イギリス式に民主化しなきゃだめだ。
 下手に改革に失敗すると、ロシア式に共産化しかねない。」
という意識になる。

これは国民だけじゃなく、宮中・元老たちも持っていた共通認識。
だからこそ、さまざまな民主化が上下一致で一気に進んでいった。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 13:17:49 ID:2QuaNkaS0
大正時代へのアンチテーゼが昭和の激動

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 19:56:04 ID:8Nw7lOQV0
そして戦後は修正大正デモクラシー。



そして今、行き詰った(w

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 14:37:37 ID:uuSbOiFT0
>>8
現在のフェミニズムがこれから先どうなるかを考える上でもその歴史的事実は
何やら実に暗示的である。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 23:57:53 ID:guCBKJ9p0
大正デモクラシー期や当時のその流れでの政党内閣とか見ていて思うことは
政党内閣が結果的に日本に明治憲法の枠内であれ芽生えつつあったデモクラシー
を潰してしまったことだな。
加藤内閣の治安維持法制定や軍事教練必修化、現役将校の配属令や、田中義一内閣での
治安維持法改正、山東出兵、特高警察全国設置、3・15事件など、そして浜口内閣の金解禁政策などの
経済政策の失敗とそれによる格差社会と財閥の更なる巨大化、そして全政党内閣時代共通の党利党略に
走りすぎたこと。又、浜口内閣のロンドン条約調印に対して、政友会の犬養総裁が「統帥権の干犯」
と大批判したことなど数えればかなり数多くある。
そしてこれらが結果的に右傾化や軍部の台頭を許してしまい日本にわずかながら芽生えつつあった
デモクラシーをつぶしてしまうことになるのだから。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 09:09:41 ID:GV9yZ96+0
フランス革命同様一種の熱病みたいなものだなw

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 18:59:59 ID:hiw74kk/0
おれは伊藤博文の政友会と、桂太郎の憲政党の二大政党制を見てみたかったな〜〜

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 20:29:39 ID:5zi2ALwC0
 大正の中葉以後、第一次欧州大戦中の未曾有の好景
気を機会として、頓に擡頭し来つた自由経済と民主主
義政治の思想的風潮とが、つひに畏れ多くも大御心
を悩まし奉るの弊風を生じ、御訓戒の勅語を拝するに
いたつたことは、われら赤子として深くその罪に思ひ
をいたさねばならぬことであつた。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 16:36:11 ID:wv8IVbRP0
良く大正デモクラシーの反動と言われるが、
大正デモクラシーは英米流の民主主義というよりヨーロッパの社会主義も合流していたから
大正デモクラシーに軍部が合流し軍部に合わない部分を弾圧して行った結果ああなったと
考える事も出来る。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 21:27:12 ID:KPhwD1pI0
> 御訓戒の勅語

”国民精神作興ノ詔書”のことかな?
http://www.geocities.jp/nakanolib/shou/st12.htm

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)