5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

判例解説スレ Part 1.1

1 :法の下の名無し:05/02/27 09:32:13 ID:+Df286aC
判例の解説したり、語るスレッド。
自分で最新判例を解説したり、各紙の判例講釈への論評したりしてください。
ウヨク・サヨクで煽りあいは禁止。祭り判例がでてもN速民は流入しないでね。


最近の最高裁判決  : http://courtdomino2.courts.go.jp/judge.nsf/View1?OpenView

最高裁裁判例集   : http://courtdomino2.courts.go.jp/schanrei.nsf/WebForm2?OpenForm
最高裁の著名裁判  : http://courtdomino2.courts.go.jp/chomei2.nsf/View1?OpenView

知的財産権判決速報: http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/$About

知的財産裁判例集  : http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/$Help
労働事件裁判例集  : http://courtdomino2.courts.go.jp/roudou.nsf/ROUDOU?OpenPage
行政事件裁判例集  : http://courtdomino2.courts.go.jp/roudou.nsf

asahi.com:裁判 http://www.asahi.com/national/trial.html

前スレ(dat落ち)
判例解説スレ
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1094715994/

2 :法の下の名無し:05/02/27 15:30:18 ID:BnavTkMU
2222222222222222222222222222222222222222222222222

3 :法の下の名無し:05/02/27 15:33:02 ID:BnavTkMU
重複スレ。↓に移動汁。
ttp://school4.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1109428758/

4 :法の下の名無し:05/02/27 19:32:58 ID:UROzStwS
>>3
板ちがうじゃんw

5 :法の下の名無し:05/02/28 14:38:03 ID:udHyxS+T
>>1
スレたておつです。

6 :法の下の名無し:05/02/28 14:46:50 ID:udHyxS+T
>>1
前スレ、はってあるが必要あるのかい。
総スレ数2って、悲しすぎる。

7 :法の下の名無し:05/02/28 15:19:07 ID:udHyxS+T
>>3
違う板のスレと重複だから移動しろってのは面白いな。

8 :法の下の名無し:05/03/02 02:43:33 ID:vdJJZ2xY
判例 平成17年01月26日 大法廷判決 平成10年(行ツ)第93号 管理職選考受験資格確認等請求事件
要旨:
 1 地方公共団体が,公権力の行使に当たる行為を行うことなどを職務とする地方公務員の職を包含する一体的な管理職の任用制度を設け,日本国民に限って管理職に昇任するこ
とができることとすることは,労働基準法3条,憲法14条1項に違反しない
2 東京都が,管理職に昇任すれば公権力の行使に当たる行為を行うことなどを職務とする地方公務員に就任することがあることを前提とする一体的な管理職の任用制度を設け,
日本の国籍を有することをその昇任の資格要件としたことは,労働基準法3条,憲法14条1項に違反しない

内容:  件名 管理職選考受験資格確認等請求事件 (最高裁判所 平成10年(行ツ)第93号 平成17年01月26日 大法廷判決 破棄自判)
 原審 東京高等裁判所 (平成8年(行コ)第62号)

主    文
1 原判決のうち上告人敗訴部分を破棄する。
2 前項の部分につき被上告人の控訴を棄却する。
3 控訴費用及び上告費用は被上告人の負担とする。


9 :法の下の名無し:05/03/02 20:21:50 ID:yq3vdE4m
最高裁に上告されていた小田急高架訴訟が大法廷で審理されるようですね。
改正行訴法に合わせてようやく原告適格の判例変更でしょうかね。

10 :法の下の名無し:05/03/03 00:13:33 ID:tpRwYQ/d
>>9
なるほど、大法廷審理の理由は行訴法の改正ですか。

11 :法の下の名無し:05/03/04 22:51:34 ID:R1CkUX2R
行訴法9条2項の最後の考慮要素が効いてきたら、大喜びなんだけどな・・・。

12 :法の下の名無し:05/03/10 15:30:57 ID:CWSpqGfT

http://www.asahi.com/national/update/0310/TKY200503100157.html

13 :法の下の名無し:05/03/11 00:10:10 ID:/tc7ZqyI
>>12
ttp://courtdomino2.courts.go.jp/judge.nsf/dc6df38c7aabdcb149256a6a00167303/cac6139ba6a24caf49256fc0001f6a8a?OpenDocument
「抵当権設定登記後に抵当不動産の所有者から占有権原の設定を受けて
これを占有する者についても,その占有権原の設定に抵当権の実行として
の競売手続を妨害する目的が認められ,その占有により抵当不動産の交換
価値の実現が妨げられて抵当権者の優先弁済請求権の行使が困難となる
ような状態があるときは,抵当権者は,当該占有者に対し,抵当権に基づく
妨害排除請求として,上記状態の排除を求めることができるものというべき
である。」


14 :法の下の名無し:05/03/20 09:34:23 ID:ZG/nvgR3
『最高裁判例解説』
横書きになったんだな。

15 :法の下の名無し:05/03/20 21:32:50 ID:vkU2qMTg
>>14
法曹時報が既に横書きだからね。

16 :法の下の名無し:2005/03/24(木) 01:28:43 ID:PDqOxb6d
公務/自治カンケイblogアンテナ−判決速報
ttp://a.hatena.ne.jp/washita/?gid=147989

17 :法の下の名無し:2005/04/10(日) 01:38:10 ID:ISWsq39/
保守

18 :法の下の名無し:2005/04/13(水) 22:12:54 ID:AZ8RAb+A
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050413-00000168-kyodo-soci

国籍法の規定は違憲 母比国人の男児に日本籍

フィリピン人の母から生まれた後、日本人の父に認知された小学校2年の男児(7つ)=関東地方在住=が
「両親が結婚していないことを理由に国籍を認めないのは不当」と、日本国籍の確認を求めた訴訟の判決で、
東京地裁は13日、「国籍法は法律上の夫婦の子(嫡出子)と非嫡出子とに不合理な区別をしており、
法の下の平等を定めた憲法に反する」として、男児の請求を認めた。

19 :法の下の名無し:2005/04/14(木) 00:12:17 ID:JskCq48J
>>18
ほほ〜

20 :法の下の名無し:2005/04/20(水) 06:21:53 ID:bL4XP7VH
判例 平成17年04月19日 第三小法廷判決 平成12年(受)第243号、平成17年(オ)第251号 国家賠償請求上告,同附帯上告事件
http://courtdomino2.courts.go.jp/judge.nsf/dc6df38c7aabdcb149256a6a00167303/bd8754580eaa332d49256fe800215d08?OpenDocument

21 :法の下の名無し:2005/04/21(木) 22:50:51 ID:ZeHISxZV
判例 平成17年04月21日 第一小法廷判決 平成16年(行ヒ)第332号 遺族共済年金不支給処分取消請求事件
http://courtdomino2.courts.go.jp/judge.nsf/dc6df38c7aabdcb149256a6a00167303/909b21392b5ac0bc49256fea000d93b8?OpenDocument

22 :法の下の名無し:2005/04/26(火) 19:21:25 ID:cZtzeMla
判例 平成17年04月26日 第三小法廷判決 平成16年(受)第1742号 自治会費等請求事件
http://courtdomino.courts.go.jp/judge.nsf/dc6df38c7aabdcb149256a6a00167303/bff0cfcb7e1d48f249256fef001ee877?OpenDocument

23 :法の下の名無し:2005/04/26(火) 22:33:24 ID:ytKmfr1z
>>18の判決文って読める?

24 :法の下の名無し:2005/04/26(火) 23:05:49 ID:w6vFdwHL
みなさん!
史上最高の判例を紹介しよう。
と、いってもおなじみの判例。

最判昭62.4.21
「取締役であったものが心機一転して監査役の立場で監査することは可能である。」

横滑り監査である。
そもそも、会社法全体の趣旨は、健全な人間であれば、
横滑り監査など認めないものと理解するであろう。

であるから、認めるにはそれ相応の必要性が要求されると思うが、
必要性については、判例からはいまいちよく分からん。

しかも、上記が許容性の判断である。駄目押し的である。
最早、法解釈ではない。

もっとも、商法276は取締役を監査役に選任してはならないと
書いてはいない等と言っている。

書いてなきゃ、何しても良いのか。
正気の沙汰とは思えない判決ですが。

皆さんいかが♪




25 :法の下の名無し:2005/04/26(火) 23:10:04 ID:+mDHdhst
>>23
判例検索したらあったよ。
◆H17. 4.13 東京地方裁判所 平成15年(行ウ)第110号 退去強制令書発布処分取消等請求
http://courtdomino2.courts.go.jp/Kshanrei.nsf/webview/3CECE1820D05441349256FEB001A0A38/?OpenDocument

26 :法の下の名無し:2005/04/27(水) 01:47:59 ID:+bx1COyP
>>24
その判例、全文を読んだことがない(基本書での短い
引用しか知らない)けど、原則自由、特に弊害がある
ものは法によって規制という私的自治の原則からすれば、
妥当な結論じゃないの?

>書いてなきゃ、何しても良いのか。
書いてないのに規制される方が納得いかないと思われ。


27 :24:2005/04/27(水) 12:46:35 ID:kzwUHs/0
フー、、、勉強疲れたよ、飯食うあるよ。
>>26
>原則自由、特に弊害がある
>ものは法によって規制という私的自治の原則からすれば、
>妥当な結論じゃないの?

>書いてないのに規制される方が納得いかないと思われ。

なるほどなるほど。私が近視眼でしたよ。
最近視力が落ちてきてね。

でも、「心機一転」だけは法律家の使うべき言葉ではないよ。。。


28 :法の下の名無し:2005/04/27(水) 13:28:51 ID:kw3UiqH8
人の命は地球より重い、とか
ふんだりけたり、とかいろいろあるじゃん。
規範立ててる部分じゃないから別にいいんじゃないの。

29 :法の下の名無し:2005/04/27(水) 22:51:15 ID:V5Bzjsjt
>>27
じゃあ心機一転でなくてなんといえばいいんだ?
法律家だからって別に難しい単語を並べたてる必要もないだろうに。

30 :法の下の名無し:2005/04/27(水) 23:29:39 ID:+bx1COyP
きっと「曲学阿世の論」とかは良いんだよ。

というか、「被告人は,甲とセックスをした」とかが判決文に
書かれているこの御時世に、>>27は何を言っているんだw

31 :27:2005/04/27(水) 23:34:51 ID:x8nUACTi
>>28
そうですねー。

>人の命は地球より重い

これは死刑何チャラの判例ですね。
だけど、これを言ってるのは、確か、、、
具体的解釈論の前の部分だったよね。

>ふんだりけたり

勉強不足です。。。

私が挙げた判例は・・・

横滑り監査容認の法解釈らしいものが見当たらず
「心機一転」しか積極的理由が無いんだよね。
許容しうる唯一の理由が「心機一転」はちょっとね。

必要性で価値判断を示し・・・
許容性で法解釈・・・

と、オーソドックスに考えると、法解釈を展開すべきところで
「心機一転」は情けない。

>>29
以上。ということです。

>法律家だからって別に難しい単語を並べたてる必要もないだろうに。

素人みたいなこと言わんでチョ。


32 :27:2005/04/27(水) 23:42:55 ID:x8nUACTi
>>30
的ハズシ杉よん。

33 :30:2005/04/28(木) 00:05:40 ID:V5/zQ2Jw
>>32
>>27では、「心機一転」という表現が良くない
つまり言葉使いとして相応しくない、というようにしか、
読み取れないのだけど…

「心機一転」が判決理由なのは納得いかないという趣旨の
>>31の内容に>>27で受け止めるのは、俺はエスパー
じゃないから無理だよ。

あと、この判例なんだけど、判例百選にも入ってない(本屋で
立ち読みした)くらいだから、あんまり深く考えこまない方が
身のためだと思うよ。とりあえず、結論だけ覚えとけば?


34 :法の下の名無し:2005/04/28(木) 23:24:05 ID:jTL5BeKA
殺人事件公判「被告は弁護士の隣に」 東京地裁が決定


http://www.asahi.com/national/update/0428/TKY200504280219.html

35 :法の下の名無し:2005/05/21(土) 00:41:20 ID:NyQ+Hdxa
【保守】

36 :法の下の名無し:2005/05/21(土) 03:27:53 ID:+Euj7HS0
はじめまして法律板の皆様
日本、海外問わず、ドッキリカメラが訴えられた(製作会社またはTVが敗訴)
判例を探しています。
ご存知の方いらっしゃいましたら、お教えいただきたくお願いいたします。

37 :法の下の名無し:2005/05/22(日) 23:20:28 ID:vzU63bGv
有名な判例がある程度載っている携帯用のホムペ、もしくはアプリアッタら教えてください。

38 :法の下の名無し:2005/07/06(水) 21:25:14 ID:e1CpbQWo
判例 平成17年07月04日 第二小法廷決定 昭和15年(あ)第1468号 殺人被告事件
要旨:
 入院中の患者を退院させてその生命に具体的な危険を生じさせた上,
その親族から患者に対する手当てを全面的にゆだねられた者につき,
不作為による殺人罪が成立するとされた事例
http://courtdomino2.courts.go.jp/judge.nsf/dc6df38c7aabdcb149256a6a00167303/07a4b2d1df30a99049257036000ff581?OpenDocument

不真正不作為犯肯定説は判例・通説・定説に

39 :法の下の名無し:2005/07/12(火) 10:52:49 ID:r/mMuhiN
先行行為による不真正不作為犯か。
排他的支配の点は単独正犯性と捉えるべし。

40 :法の下の名無し:2005/08/01(月) 07:51:46 ID:kSHkxNs0
    冤罪事件:判決の検証。
http://black.ap.teacup.com/judge2005/

  主たる論点について整理いたしました。ご覧下さい。

41 :法の下の名無し:2005/09/14(水) 23:22:01 ID:6fhLPMvH
ほしゅ

42 :法の下の名無し:2005/09/30(金) 00:04:07 ID:JQE4KLKv
28日のクルド人の難民認定の東京高裁判例が見つかりません
どなたかお助けを!!!!!!!!!

43 :法の下の名無し:2005/11/05(土) 10:11:11 ID:3aATKlqy
最高裁の判決理由は、行政庁がおこなう実務等を拘束することになるのでしょうか。


44 :法の下の名無し:2005/11/06(日) 01:46:58 ID:3p5ZpRhT
事実上拘束、という程度なら拘束するかな

45 :法の下の名無し:2005/12/20(火) 18:47:55 ID:vjPk/RmX
高知落石事件の判決の意義ってどういう事なんでしょうか?
今一つよくわからなかったんですが。

46 :法の下の名無し:2005/12/31(土) 03:30:44 ID:xsw1/yTh
判例が大杉だ。
あと100年後は大変な量になるぞ。

47 :法の下の名無し:2006/01/05(木) 20:17:28 ID:8wNeo2YA
法学板の治安を回復させよう!

48 :法の下の名無し:2006/01/10(火) 08:27:23 ID:ybPwpfs6
こんなの見つけた。

判例モナー
http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1099839092/


49 :法の下の名無し:2006/01/13(金) 00:28:35 ID:jGHPyf0c
愛媛玉串料事件の判例を
・何が争われたか、裁判の経過など事件の概要
・控訴審、最高裁それぞれの事実認定と法律判断
を踏まえてうまくまとめたいです。
判例は量が多すぎて…
サイトとか本とかあったら教えてください。


50 :法の下の名無し:2006/01/13(金) 00:36:42 ID:4gADBixU
>>49
宿題は自分でやれ。

51 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 04:49:35 ID:+tH2nJzJ
age

52 :法の下の名無し:2006/02/05(日) 19:24:28 ID:WXrAhAZM
あげ

53 :法の下の名無し:2006/02/06(月) 11:54:59 ID:c4jZs4VA
少年法61条と知る権利について学説でどのようなことが挙げられますか?
なんか一見的な見方しかないような気がするんだけれど…

54 :法の下の名無し:2006/03/28(火) 03:25:55 ID:FWCQjDg3
>>53
スレ違い


55 :法の下の名無し:2006/05/27(土) 23:31:27 ID:fuzXqhUG
>>43
日本は英米のような判例法主義は取っていないから拘束されない。

56 :法百選:2006/06/11(日) 16:00:12 ID:LusQgdYo
法定地上権で争っています。
私は原告、境界確定後、相手の建物が越境しており、この越境部分「建物の5%弱)
」で法定地上権を主張されている。
裁判所の話からも弁護士の話からも過去に例がないらしい。
争点は相手方建物建設当時原告の土地には根抵当権設定があり法定地上権は成立しないものと見られていたが一度根抵当権を放棄しており、
その2ヵ月後に根抵当権が設定されている。
このわずかな期間を口実に法定地上権が成立するものか否か?
民法388条の条文どうり解釈すると成立。
しかし、合理性や当事者間の期待を考えれば不成立と思いますが誰か詳しい人教えてください。


57 :法の下の名無し:2006/06/12(月) 09:19:41 ID:vwI9aBrQ
法律相談なら法律相談板でどうぞ

58 :法の下の名無し:2006/06/17(土) 22:12:10 ID:5bonOm0w
どこかに海外の判例の訳文を置いてるページって無いでしょうか?
フランスとか、海外の判例を見たいんですが、フランス語は扱えなくて…

59 :法の下の名無し:2006/06/18(日) 02:10:00 ID:byn1l7gg
知的財産系統(著作権とか?)のおもしろい(興味のわきそうな)判例ないですかね?
よかったら教えてください。

60 :法の下の名無し:2006/06/19(月) 02:40:04 ID:ypuiRh6t
http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/0/4AA6855E6474346549256A7700082C4F/?OpenDocument
ときめきメモリアル・アダルトアニメ映画化事件
◆H11. 8.30 東京地裁 平成10(ワ)15575 著作権 民事訴訟事件
平成一〇年(ワ)第一五五七五号 著作権侵害差止等請求事件

本件ゲームソフトは、前記のとおり、架空の高校「きらめき高校」における
恋愛シミュレーションゲームであるが、登場人物である藤崎詩織は、
優等生的で、清純な、さわやかな印象を与える性格付けがされている。
本件ゲームソフトにおいては、ゲームプレイヤーの操作する男子生徒は、
学園生活や日常生活を通して、登場人物である藤崎詩織などと恋愛関係を
形成する設定がされているが、藤崎詩織が性的行為を行うような場面は存在しない。

他方、……本件ビデオは、本件ゲームソフトにおいて、
男子生徒が藤崎詩織から愛の告白を受けた最終場面の続編として設定され、
清純な女子高校生と性格付けられていた登場人物の藤崎詩織が、
伝説の樹の下で、男子生徒との性行為を繰り返し行うという、
露骨な性描写を内容とする、一〇分程度の成人向けの
アニメーションビデオとして制作されている。
……
被告の同一性保持権侵害行為の態様は、前記のとおり、…
その登場人物である藤崎詩織の性格付けに対する創作意図ないし目的を
著しくゆがめる、極めて悪質な行為であるということができる。


61 :法の下の名無し:2006/06/19(月) 12:42:11 ID:1CWzS9pb
>>60
せっかくの所申し訳ないですがそーいうのはちょっと…
できればエロは無しにしてもらえないでしょうか

62 :法の下の名無し:2006/06/28(水) 22:12:18 ID:NrfW0LJx
法学で剣道を拒否したせいで留年して退学させられそうになった事件取り上げられてたけど、
悲しいなorz
ほかの教科は優秀で格闘技以外の体育もがんばってたらしいのに・・
てか入学する前は格闘技が体育に入ってなかったんだろ?この人には全く非はないのに・・・
とりあえず一年間は無駄に過ごしたわけだが、裁判所が認めてくれてよかったよ

空気読めなくてごめん。でもじっとしていられなかったんだ

63 :法の下の名無し:2006/07/23(日) 14:02:47 ID:FESThVQ8
>>43>>44
最高裁の判例といいますか、法律の解釈については、同一事件なら裁判所法で法的に
拘束され、またその他の事案に付いては事実上拘束されると思います。
まあ、いずれにしろ最高裁判所の判例や法律の解釈は下級審を事実上拘束しますよね。

今後、それと相反する条例や規則また、行政指導の寄りどころとなる要綱や要領を
作成する意味はあるのでしょうか。

64 :法の下の名無し:2006/07/23(日) 16:57:22 ID:0o4H6ohr
>>63
無意味でしょ。それくらい常識でしょ。

65 :法の下の名無し:2006/07/23(日) 17:25:11 ID:8gmhZhHF
>>63
でも日本は英米と違って判例法主義ではないから判例とは異なる解釈、条例の作成や
過去の判例と異なる判決を下すことはありえます。最高裁判例違背を上告理由にでき
る等判例法の要素を多少取り入れてはいますが判例法主義そのものではないので判例
該当事件だけにしか拘束力はありません。

66 :法の下の名無し:2006/07/23(日) 21:08:15 ID:m4tfxFWl
>>65
理論的にはそうかもしれないですけど、実務つまり実際の民事訴訟や行政訴訟においては
>判例該当事件だけにしか拘束力はありません。
とはなっていませんよ。




67 :法の下の名無し:2006/07/23(日) 21:16:01 ID:eCMSTDgS
例えば労働局なんかも判例とは正反対の法解釈を取っています。
判例がさほど権威や拘束力がないことがわかります。
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/taisyoku/taisyoku01.html


68 :法の下の名無し:2006/07/23(日) 22:02:05 ID:Cu6RuzJ7
一つや二つの事例あげた程度でそんなこといわれてもねぇ
そりゃ探せばいくらでもみつかるけど

69 :法の下の名無し:2006/07/23(日) 22:58:02 ID:gzCqumn7
現在、公安委員会に申請した風俗店営業許可不許可処分の取り消し訴訟の係争中です。

かりに処分の取り消しの判決が確定した場合、当該事案について再申請しなければなりませんが、
@再申請するばあいには、申請し裁判になった申請図書をそのまま活用してよいのですか(当然日付は変えますが)
A「拘束する」とは勝訴したのですから、行政庁は再申請があれば判決どうりに許可を出す義務があると理解してよろしいのですか。

行政事件訴訟法に下記条文があります。
第三十三条  処分又は裁決を取り消す判決は、その事件について、処分又は裁決をした行政庁その他の関係行政庁を拘束する。


70 :法の下の名無し:2006/07/24(月) 18:45:26 ID:9ebA0Cjs
>>68
反例が1つでもあれば命題は否定される。

71 :法の下の名無し:2006/07/28(金) 23:12:05 ID:b7cfXJ96
特定の条文の法解釈論争のさいにはお互いに有利な判例を提示し合って対抗判例がない
(一方に有利な判例のみがある、判例で負けている、判例で不利な側)側は判例法主義
で対抗するということだな。

72 :法の下の名無し:2006/08/04(金) 23:19:00 ID:oI+GJV6W
判時は判例時報、判タは判例タイムズですが、
家月とか民集って何の略でしょうか?

73 :法の下の名無し:2006/08/05(土) 04:12:22 ID:XaqjeZ4/
>>70
まずその反例の存在によって否定されるべき命題が何なのかをもう一度考えてみな

74 :法の下の名無し:2006/08/05(土) 08:20:19 ID:Tq6khP5B
>>73
「判例には拘束力・権威がある」という命題

75 :法の下の名無し:2006/08/05(土) 08:37:57 ID:Tq6khP5B
指摘の趣旨を取り違えたかもしれないから念のため「反例によって否定される命題の例」をあげておく。
http://www.geisya.or.jp/~mwm48961/koukou/cond005.htm
「この部屋にいる生徒は,全員女子である」という命題が間違っていることを示す
ためには「この部屋にいるのは,全員男子である」ことを示す必要はなく,「男子
が一人いる」ことを言えばよい.
このように「全部が〜である」という判断が正しいのは,本当に「全部が〜である」
ときだけで,1つでもそうでない例が見つかればこの命題は間違いであることになります.

質問の趣旨はむしろ>>74だとは思うが。

76 :法の下の名無し:2006/08/05(土) 15:13:23 ID:axS1rBZ0
判例法は慣習法と同様に不文法に属するといわれるが判例集のような形で文字化しているから
準不文法というべきではないか。

77 :法の下の名無し:2006/08/09(水) 23:16:24 ID:4IMBzurI
そもそも判例を解説するスレなんだけどなぁ

>>74-75
「拘束力・権威がある」といえるためには
どのような状態が必要か、逆にいえばどの程度
の状態が存在すれば足りるかってことを考えてみな

もう相手にしないからあとは勝手にしな
過疎スレだからといってスレ違い上等じゃ困るが

78 :法の下の名無し:2006/08/10(木) 20:23:54 ID:76fe89HD
条件としては、裁判は過去の判例に従わなければならないという条文が存在することかな。

79 :法の下の名無し:2006/08/10(木) 22:52:55 ID:JV7vRlNz
要旨は、1度の事故による安全運転義務違反(道交法70条)で運転免許証の有効期間が2回連続で3年になったので
有効期間3年を取消し、原則である5年免許の交付を求めたもの。

千葉地裁判決
http://car.tm.land.to/robot/chisai-hanketsu.htm
行政手続法違反で、原告の請求認容

東京高裁判決
http://car.tm.land.to/saiban/kousai/kousai-hanketsu.htm
原判決取消し、請求棄却の逆転原告敗訴
ちなみに、裁判長は東京・世田谷区のオウム真理教信者の住民票受領拒絶は
違法として、処分の取消しと慰謝料を認めた赤塚信雄

上告理由
http://car.tm.land.to/saiban/saikousai/joukoku-riyuu.htm
上告受理申立
http://car.tm.land.to/saiban/saikousai/joukoku-jurimoushitate-riyuu.htm

最高裁第三小法廷は上告棄却の判断

東京12チャンネル事件最高裁判決等と比較検討していただければありがたい。
賢明な諸氏の見解を求む。


80 :法の下の名無し:2006/08/13(日) 16:09:05 ID:pBZpD11u
>>79
行政手続法違反で、原告の請求認容とも関係すると思うのですが、

ある条例で
第1項 原則の内容
第2項 例外の内容(いわゆる但し書き)

がありまして、最初から担当者が第2項でいきますよ(担当課長了解)といって内規に基づき
行政指導してきた事実にもあるのに、第1項に該当するから不許可にしますという処分を行った場合
裁量権の逸脱濫用に該当しますか。


81 :法の下の名無し:2006/08/14(月) 15:36:16 ID:w0Q59gSt
>>80
先に示した旭川国保賦課処分取消請求では、「国民健康保険法」81条の委任に基づき条例において賦課要件を裁量により定めることを認めている。
だが、この判例とは事案が異なる。
道交法での免許の付与及び更新に公安委の裁量はない。
完全な覊束に基づく処分。
おK?

82 :法の下の名無し:2006/08/15(火) 02:51:36 ID:oiHRjJHP
PTSDがキー

83 :法の下の名無し:2006/08/15(火) 14:31:17 ID:18Nx6pPH
育児板【独りで】虐待をやめたいと思う人 5【悩むな】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/baby/1151998845/

21 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2006/07/06(木) 17:15:49 ID:C9eIZrXF
さっき、オムツ替えてる時に吐いたりしたからイライラが一気に爆発してかなり強くお尻と太ももの後ろ側を叩きました
ベビは物凄く泣いて真っ赤になって声が擦れて出にくいのに、泣きまくっています。
それに、またイライラして頬を力任せにつねりました。ベビは泣きまずにずっといます。

28 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2006/07/06(木) 19:26:34 ID:ZMKP+FEy
毎日一緒にいると疲れてイライラしてひどい罵声とともに叩いてしまう。
外では優しいいいお母さんのところに生まれて幸せだね、何て息子に声をかけてくれる人がたくさんいる。
でもそれは外だけ、私は鬼母です。最近は息子はおびえています。さっきも頬が真っ赤になるまで叩いてしまった。

32 すぐカンシャクを起こし、ごはんを食べない一歳二ヶ月の赤を怒鳴りながらビンタしてしまいました。

61 赤のほっぺをつねってバタバタもがきながら泣いてる姿を見たら楽しくてスカッとした。
お尻もつねって青く腫れた。腫れた赤のお尻をまた指で弾く。
ギャン泣き通り越してひきつけ起こすかってくらい絶叫泣き。このまま、ひきつけ起こしてほしいよ。

78 赤は、叩いたりつねったりしたり眠らせなかったのでひきつけ?みたいな(過呼吸みたいなの)を起こし、
唇が紫っぽくなり顔が青白くなったので一時預かってもらえました。今は赤と離れてホッとしています。

149 夜旦那が仕事でいない間気持ちのコントロール出来ないで子供を蹴ったり殴ったりしてしまいます。

276 まだ産まれて12日目なのにイライラして叩いてスッキリしてしまった。あたしは心の病気?それとも育児疲れ?

既婚女性板【心の】旦那には絶対言えない過去【奥に】
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/ms/1154259322/
・援、風呂、整形、堕胎。言ってない   ・経験人数40人以上
・中学の頃円光・整形・家出・乱交やりまくり・風俗・家庭内暴力  他多数

84 :法の下の名無し:2006/08/16(水) 22:08:26 ID:jJEzrs1X
http://www.hiraoka.rose.ne.jp/C/050715S2.htm
昨年の最高裁の判決で行政指導自体が抗告訴訟の対象に。
行政手続き法や行政事件訴訟法自体は改正しないと思うが
行政訴訟に与えるインパクトはどのようになるのでしょうか。

85 :法の下の名無し:2006/08/20(日) 21:04:38 ID:CDi2IhxI
判例の射程とはどのような意味なのですか。


86 :法の下の名無し:2006/08/21(月) 16:37:39 ID:C6bTkGU4
>>85
個々の判決はあくまで「どんな事件において」「何が争点となって」という前提の下で「どんな判断が示されたか」が意味を持つものです。
別の事件でも有効なものなのか否かが大事な要素で、
これを「判決の射程距離」とも言いいます。

87 :法の下の名無し:2006/08/29(火) 19:32:10 ID:/bNAiEBF
判例特に、最高裁の法律解釈や法律判断は、同一法の条文で訴訟になった時、
どんな影響力を及ぼすのですか。


88 :法の下の名無し:2006/09/02(土) 20:44:03 ID:6J1ENmGi
>>77
判例は最高裁判例でさえ変更されることがあるのだから権威は低い。
最判昭和59・3・8
  「小作地に対して宅地並み課税がされたことによって固定資産税等の額が増加したことは,
法23条1項に規定する「経済事情の変動」には該当せず,それを理由として小作料の増額を
請求することはできないものと解するのが相当である。これに反し,農地所有者が宅地並み課
税による固定資産税等の額の増加を理由として小作料の増額を請求した事案において,小作料
の増額を認めた原審の判断を正当なものとして是認した最高裁昭和58年(オ)第1303号
同59年3月8日第一小法廷判決は,変更すべきものである。」
と判示する最大判平成13・3・28により変更

>>87にも関係するが最高裁判例違背を上告の根拠になる、判例変更には大法廷判決が必要となる等

89 :法の下の名無し:2006/09/04(月) 19:25:18 ID:mCLk/7H+
山口先生が違法性の鑑定されましたね。

90 :法の下の名無し:2006/09/05(火) 09:28:20 ID:v36PTCbD
しかも堀江裁判の傍聴したみたいだね。

91 :法の下の名無し:2006/09/06(水) 20:01:58 ID:IPq3tAf9
>>88
おう久しぶり
相変わらず頭わりいなw

92 :法の下の名無し:2006/09/06(水) 21:34:49 ID:Vte0Ztav
最高裁判例違背は上告理由になりますが、判例変更される前の古い判例に対する判例違背
を上告理由にするのはやっぱり無理なんですか?

93 :法の下の名無し:2006/09/06(水) 22:14:48 ID:rF5zTtje
あたりめーだろ。

94 :法の下の名無し:2006/09/09(土) 22:38:26 ID:cwqHCzAr
>>91
実際、判例があるにも関わらずその法解釈を認めないやつがいるんだよ。どんな法解釈で
論争しているかの内容はスレ違いになるから書かないが。

95 :法の下の名無し:2006/09/16(土) 22:15:09 ID:hXvfv/hn
最高裁の違憲立法審査権でさえその法律を無効にできるわけではないんだぞ。
尊属殺人罪にしても違憲立法審査権発動後20年後に法律改正になってやっと
尊属殺人罪が無効になった。

96 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 11:57:41 ID:AV6yfuYU
(最 高 裁 判 所 判 例 集 判 決 全 文 表 示)
1.「ピックアップ装置」事件
◆ H15.04.22 第三小法廷・判決 平成13(受)1256 補償金請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/63C0C6C63BFAD25F49256DB00026A1E1.pdf
2.「フレッドペリー」事件
◆ H15.02.27 第一小法廷・判決 平成14(受)1100 損害賠償,商標権侵害差止等請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/3D108006E0A9A48449256DAD002696C5.pdf
3.「BBS」事件
◆ H09.07.01 第三小法廷・判決 平成7(オ)1988 特許権侵害差止等
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/3FD1A34CA50ADF5049256A8500311DB5.pdf
4.「無限摺動用ボールスプライン軸受」事件
◆ H10.02.24 第三小法廷・判決 平成6(オ)1083 特許権侵害差止等
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/D1A36F798EA8CC1449256A8500311D97.pdf
5.「生理活性物質測定法」事件
◆ H11.07.16 第二小法廷・判決 平成10(オ)604 特許権侵害予防請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/5A6CF87433E4C6AC49256DC7000589F0.pdf
6.「大径角形鋼管の製造方法」事件
◆ H11.03.09 第三小法廷・判決 平成7(行ツ)204 審決取消
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/3BC34FEDD683ACC649256A8500311D68.pdf
7.「新規ポリペプチド類、その製造方法、そのポリペプチド類を含む医薬組成物およびその用途」事件
◆ H11.10.22 第二小法廷・判決 平成10(行ヒ)43 審決取消請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/50FC704D8F5C6E4949256ABF004793D1.pdf
8.「クロム酸鉛顔料およびその製法」事件
◆ H12.01.27 第一小法廷・判決 平成7(行ツ)105 審決取消請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/D89CB5B67BD5BD2049256ACD002689F9.pdf
9.「レール・デュ・タン」事件
◆ H12.07.11 第三小法廷・判決 平成10(行ヒ)85 審決取消請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/2BD2D9C68C5FF8C049256DC70026814F.pdf
10.「リノ」事件
◆ H12.02.24 第一小法廷・決定 平成8(あ)342 商標法違反被告事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/344C047A72FD8CE949256AD200058AB9.pdf


97 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 11:58:29 ID:AV6yfuYU
11.「桃の新品種黄桃の育種増殖法」事件
◆ H12.02.29 第三小法廷・判決 平成10(行ツ)19 審決取消請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/2299632DC045C30749256ACE0026899E.pdf
12.ゴナU事件
◆ H12.09.07 第一小法廷・判決 平成10(受)332 著作権侵害差止等請求本訴、同反訴事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/9D8C086D4E975B3749256AD400268140.pdf
13.「生ゴミ処理装置」事件
◆ H13.06.12 第三小法廷・判決 平成9(オ)1918 特許出願人名義変更届手続請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/09C26E266C66163249256B3A00267541.pdf
14.「小僧寿し」事件
◆ H09.03.11 第三小法廷・判決 平成6(オ)1102 商標権侵害禁止等
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/F72BAB3A2C1D4F9F49256A8500311DC6.pdf
15.後発医薬品事件
◆ H11.04.16 第二小法廷・判決 平成10(受)153 医薬品販売差止請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/AB240DD41982AA3C49256D2700058227.pdf
16.「半導体装置」事件(「キルビー」事件)
◆ H12.04.11 第三小法廷・判決 平成10(オ)364 債務不存在確認請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/E3E11CFBA14FFAF649256ACE00268977.pdf
17.「ときめきメモリアル」事件
◆ H13.02.13 第三小法廷・判決 平成11(受)955 損害賠償等請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/5FE75596B471FE4349256AD400268270.pdf
18.「カラオケ装置」事件
◆ H13.03.02 第二小法廷・判決 平成12(受)222 著作権侵害差止等請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/8B43627B13EF00C349256AD4002681FA.pdf
19.円谷プロ事件
◆ H13.06.08 第二小法廷・判決 平成12(オ)929、平成12(受)780 著作権確認等請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/543C6678D69CACBB49256DC700268057.pdf
20.「北の波濤に唄う」事件
◆ H13.06.28 第一小法廷・判決 平成11(受)922 損害賠償等請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/849DFAD0232B3C8549256DC900269847.pdf


98 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 11:59:24 ID:AV6yfuYU
21.「ETNIES」事件
◆ H14.02.22 第二小法廷・判決 平成13(行ヒ)142 審決取消請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/C58C13F2115911AC49256BF200267A0A.pdf
22.「パチンコ装置」事件
◆ H14.03.25 第二小法廷・判決 平成13(行ヒ)154 特許取消決定取消請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/62783D851F466B5F49256CB5000A0706.pdf
23.ゲームソフト事件
◆ H14.04.25 第一小法廷・判決 平成13(受)952 著作権侵害行為差止請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/FADCC2C2E18BC40249256CB5000A074E.pdf
24.「FM信号復調装置」事件
◆ H14.09.26 第一小法廷・判決 平成12(受)580 損害賠償等請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/6D9F5E2356ED4BA349256CFA00268738.pdf
25.「リパーゼ」事件
◆ H03.03.08 第二小法廷・判決 昭和62(行ツ)3 審決取消
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/75CB63A39AC99F3449256A8500311EAF.pdf
26.「ウオーキングビーム式加熱炉」事件
◆ S61.10.03 第二小法廷・判決 昭和61(オ)454 先使用権確認等請求本訴、特許権・専用実施権に基づく差止・損害賠償請求反訴
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/C74FA4F5BC2B8C8949256A8500311F2A.pdf
27.「磁気治療器」事件
◆ H07.03.07 第三小法廷・判決 平成6(行ツ)83 審決取消
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/C78E2BFBA41E201F49256A8500311E18.pdf
28.「しようざん」事件
◆ S43.02.27 第二小法廷・判決 昭和39(行ツ)110 商標登録出願拒絶査定不服抗告審判審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/C20EFADEA9BCA1F249256A850031236C.pdf
29.「メリアス編機」事件
◆ S51.03.10 大法廷・判決 昭和42(行ツ)28 審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/257A0E4683F7B10749256A85003120BD.pdf
30.「アースベルト」事件
◆ S63.07.19 第三小法廷・判決 昭和61(オ)30、昭和61(オ)31 模造品製造差止等
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/F9798F494B7E461049256A8500311EF5.pdf


99 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 12:00:11 ID:AV6yfuYU
31.「合成樹脂製造花」事件
◆ S43.04.04 第一小法廷・判決 昭和39(行ツ)62 実用新案登録無効審判の審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/A16DC87144BA2FAF49256A8500312358.pdf
32.「フエノチアジン誘導体の製法」事件
◆ S47.12.14 第一小法廷・判決 昭和41(行ツ)1 審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/71936E9F3BAE376049256A8500312189.pdf
33.「高速旋回式バレル研磨法」事件
◆ H04.04.28 第三小法廷・判決 昭和63(行ツ)10 審決取消
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/934C4EDEBB08344A49256A8500311E8C.pdf
34.「可撓性ホース」事件
◆ S49.03.19 第三小法廷・判決 昭和45(行ツ)45 審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/B786DE3A91152FCE49256A8500312136.pdf
35.「月の友の会」事件
◆ S57.11.12 第二小法廷・判決 昭和57(行ツ)15 審決取消
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/D71F1793C286075949256A8500311FA8.pdf
36.「SEIKO EYE」事件
◆ H05.09.10 第二小法廷・判決 平成3(行ツ)103 審決取消
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/B940661E2BD9E6D949256A8500311E55.pdf
37.「ポパイ」第三事件(ポパイ・マフラー事件)
◆ H02.07.20 第二小法廷・判決 昭和60(オ)1576 商標権侵害排除等参加
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/18214089E57CE8FF49256A8500311EBC.pdf
38.「ハイミー」事件
◆ S46.07.20 第三小法廷・決定 昭和44(あ)2117 商標法違反
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/C640AF5E61EB08AD49256A850030AB79.pdf
39.「シエトア」事件
◆ H03.04.23 第三小法廷・判決 昭和63(行ツ)37 審決取消
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/8D886D8FB0D1CDB749256A8500311EA4.pdf
40.「顔真卿自書建中告身帖」事件
◆ S59.01.20 第二小法廷・判決 昭和58(オ)171 書籍所有権侵害禁止
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/DFE979802F014DBB49256A8500311F7D.pdf


100 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 12:01:12 ID:AV6yfuYU
41.「ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー」事件
◆ S53.09.07 第一小法廷・判決 昭和50(オ)324 著作権不存在等確認及び著作権損害賠償
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/3173CA19E307758049256A8500312051.pdf
42.「パロデイ・モンタージュ写真」第一次事件
◆ S55.03.28 第三小法廷・判決 昭和51(オ)923 損害賠償
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/A457F8DF34085BF449256A850031201B.pdf
43.「ポパイ」第四事件(ポパイ・ネクタイ事件)
◆ H09.07.17 第一小法廷・判決 平成4(オ)1443 著作権侵害差止等
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/B41FEE4CBEB3754249256A8500311DAE.pdf
44.「パロデイ・モンタージユ写真」第二次事件
◆ S61.05.30 第二小法廷・判決 昭和58(オ)516 損害賠償
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/4E794946F52D90E949256A8500311F33.pdf
45.「マンパワー」事件
◆ S58.10.07 第二小法廷・判決 昭和57(オ)658 商号使用差止等
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/17D16AF173CCBADB49256A8500311F87.pdf
46.海賊版ビデオ販売事件
◆ H07.04.04 第三小法廷・決定 平成6(あ)582 著作権法違反、猥せつ図画頒布、同所持
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/9CE4782000B8D88149256A850030A951.pdf
47.「獣医用組成物」事件
◆ S52.10.13 第一小法廷・判決 昭和49(行ツ)107 審決取消
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/5EAC05562AD2622749256A850031207F.pdf
48.「橘正宗」事件
◆ S36.06.27 第三小法廷・判決 昭和33(オ)1104 審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/8E96FF3A7114B94449256A850031624D.pdf
49.「天井用埋込み灯」事件
◆ H07.02.24 第二小法廷・判決 平成3(行ツ)139 審決取消
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/0303470051AE38AB49256A8500311E1F.pdf
50.「乗合自動車」事件
◆ S39.06.26 第二小法廷・判決 昭和37(オ)380 審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/3F0F05D2994CE5AD49256A8500312510.pdf


101 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 12:02:01 ID:AV6yfuYU
51.「カラオケ装置」事件
◆ S63.03.15 第三小法廷・判決 昭和59(オ)1204 音楽著作権侵害差止等
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/2EE4C2872BEB092F49256A8500311EFB.pdf
52.「宝塚」事件
◆ S38.12.05 第一小法廷・判決 昭和37(オ)953 審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/4BFC935227B9ABB049256A850031610C.pdf
53.「中島造機」事件
◆ S43.04.18 第一小法廷・判決 昭和42(行ツ)47 登録実用新案の技術的範囲についての判定に対する行政不服審査法による異議申立についての裁決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/3B5A99D4E5143CF649256A8500312351.pdf
54.「原子力エネルギー発生装置」事件
◆ S44.01.28 第三小法廷・判決 昭和39(行ツ)92 審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/7FD8AED5EEA613C249256A85003122E3.pdf
55.「第二次箱尺」事件
◆ S61.07.17 第一小法廷・判決 昭和61(行ツ)18 審決取消
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/F363EDFDE6A1FFE049256A8500311F2E.pdf
56.「一眼レフカメラ」事件
◆ S55.07.04 第二小法廷・判決 昭和53(行ツ)69 審決取消
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/C698E52845E6DB9B49256A8500312015.pdf
57.「欧文字単一電報隠語作成方法」事件
◆ S28.04.30 第一小法廷・判決 昭和25(オ)80 抗告審判の審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/48B0A9AFBE54384349256A850041B021.pdf
58.「薬物製品」事件
◆ S52.10.13 第一小法廷・判決 昭和49(行ツ)107 審決取消
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/5EAC05562AD2622749256A850031207F.pdf
59.「地球儀型ラジオ」事件
◆ S44.10.17 第二小法廷・判決 昭和41(オ)1360 意匠権侵害排除、損害賠償請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/72BC53BDCBEF297649256A850031229D.pdf
60.本願商標「ダイエイ」事件
◆ S56.06.19 第二小法廷・判決 昭和53(行ツ)103 商標登録異議手続受継申立不受理処分取消
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/DBFA4B29E6BF7FBF49256A8500311FEB.pdf


102 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 12:02:51 ID:AV6yfuYU
61.「第三級環式アミン」事件
◆ H01.11.10 第二小法廷・判決 昭和61(行ツ)160 審決取消
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/6717EE9E3CC83B6149256A8500311EDB.pdf
62.「石灰窒素の製造炉」事件
◆ S43.12.13 第二小法廷・判決 昭和42(オ)881 損害賠償請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/3F6C216A3D43CC8349256A85003122FA.pdf
63.「装飾用下げ飾り」事件
◆ S35.04.21 第一小法廷・判決 昭和33(オ)817 意匠登録拒絶査定抗告審判審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/E3F34269F588279249256A850031630B.pdf
64.「大統領」事件
◆ S35.12.20 第三小法廷・判決 昭和33(オ)567 商標登録無効審判抗告審判審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/F0D0C3D9143710AE49256A85003162A4.pdf
65.「墜道管押抜工法」事件
◆ S48.04.20 第二小法廷・判決 昭和47(オ)395 特許権の通常実施権設定登録等請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/F5BE0BCCA0DC240149256A850031216E.pdf
66.「炭車トロ等に於ける脱線防止装置」事件
◆ S37.12.07 第二小法廷・判決 昭和36(オ)464 特許庁審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/DB40AC0D463606D949256A850031617C.pdf
67.「液体燃料燃焼装置」事件
◆ S39.08.04 第三小法廷・判決 昭和37(オ)871 審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/A68483D86BCB755A49256A85003124FC.pdf
68.「謝罪広告並びに慰藉料請求」事件
◆ S39.01.28 第一小法廷・判決 昭和34(オ)901 謝罪広告並びに慰藉料請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/A1B8384C609D158249256A85003160F3.pdf
69.「フットボール・チーム」事件
◆ S59.05.29 第三小法廷・判決 昭和56(オ)1166 不正競争行為差止等本訴、損害賠償反訴
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/7D60920BC1DEBAB749256A8500311F6E.pdf
70.「あられ菓子の製造方法」事件
◆ S47.12.14 第一小法廷・判決 昭和41(行ツ)46 審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/840C26CF1E2B3B4949256A8500312188.pdf


103 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 12:03:48 ID:AV6yfuYU
71.「耕転機に連結するトレラーの駆動装置」事件
◆ S55.05.01 第一小法廷・判決 昭和53(行ツ)27、昭和53(行ツ)28 審決取消請求、同附帯
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/97AE09514AE7A73149256A8500312019.pdf
72.「クリップ」事件
◆ H03.03.19 第三小法廷・判決 昭和62(行ツ)109 審決取消
73.「食品包装容器」事件
◆ S55.01.24 第一小法廷・判決 昭和54(行ツ)2 審決取消
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/0BCA55094B0DDC7749256A8500312020.pdf
74.「耕転機に達結するトレラーの駆動装置」事件
◆ S59.04.24 第三小法廷・判決 昭和57(行ツ)27 審決取消
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/E2E9FA8B80B5DC7349256A8500311F74.pdf
75.「長押」事件
◆ S56.06.30 第三小法廷・判決 昭和54(オ)336 実用新案権に基づく製作販売差止
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/C1A8FF96B0F05EF849256A8500311FEA.pdf
76.「窒化ガリウム系化合物半導体発光素子」事件
判例 平成15年10月31日 第小法廷判決 平成14年(行ヒ)第200号 特許取消決定取消請求事件
77.「半サイズ映画フィルム録音装置」事件
◆ S55.12.18 第一小法廷・判決 昭和53(行ツ)101 審決取消
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/7FD7CB5A0802830B49256A8500312006.pdf
78.本願商標「the Union」対引用商標「THE UNION READERS」事件 
◆ S59.10.23 第三小法廷・判決 昭和56(行ツ)99 審決取消
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/09F9EE0D552A723749256A8500311F66.pdf
79.「マクドナルド」事件
◆ S56.10.13 第三小法廷・判決 昭和54(オ)145 不正競争防止法に基づく差止
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/730A051AB62E648149256A8500311FE0.pdf
80.
◆ S36.08.31 第一小法廷・判決 昭和35(オ)684 実用新案出願拒絶査定に対する抗告審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/21579EF6E09B450849256A850031623C.pdf


104 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 12:04:44 ID:AV6yfuYU
81.「シンガー」事件
◆ S35.10.04 第三小法廷・判決 昭和33(オ)766 商標登録願拒絶査定抗告審判審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/E84E346BD80974F149256A85003162C7.pdf
82.「レッドスター」事件
◆ S43.02.09 第二小法廷・判決 昭和42(行ツ)32 商標登録取消審判の審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/D61E0630D994AC1249256A8500312376.pdf
83.「三枡」事件
◆ S36.06.23 第二小法廷・判決 昭和34(オ)856 審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/19228942EF0292B349256A850031624E.pdf
84.「PEACOCK」事件
◆ S39.06.16 第三小法廷・判決 昭和37(オ)955 審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/B34E9DC57929A59F49256A8500312519.pdf
85.「タカラ」事件
◆ S41.02.22 第三小法廷・判決 昭和38(オ)914 審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/6F2FC68EAB15931B49256A850031245E.pdf
86.「清酒「玉の光」」事件
◆ S42.05.02 第三小法廷・判決 昭和38(オ)469、昭和38(オ)470 審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/6F03D1C07597639D49256A85003123CA.pdf
87.「青星ソース」事件
◆ S43.02.09 第二小法廷・判決 昭和42(行ツ)32 商標登録取消審判の審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/D61E0630D994AC1249256A8500312376.pdf
88.「三国一」事件
◆ S43.11.15 第二小法廷・判決 昭和39(行ツ)54 商標無効審判審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/0883BA6CC9956E7149256A850031230E.pdf
89.「エリカ」事件
◆ S56.03.27 第二小法廷・判決 昭和55(行ツ)30 審決取消
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/988C4E464C51398349256A8500311FF8.pdf
90.「かせくり用舞輪」事件
◆ S47.07.20 第一小法廷・判決 昭和46(オ)410 意匠権不侵害等確認請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/AC6FD5D783666FEF49256A85003121A4.pdf


105 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 12:05:29 ID:AV6yfuYU
91.「ヤグルト」事件
◆ S39.01.23 第一小法廷・判決 昭和36(オ)114 審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/6444B6C26C5E513C49256A85003160FB.pdf
92.「ミュージックサプライ」事件
◆ S38.12.25 大法廷・判決 昭和34(オ)780、昭和34(オ)781 レコード使用禁止等請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/A0C9AE03CB55CA8049256A8500316102.pdf
93.「ミュージックサプライ」事件
◆ S38.12.25 第二小法廷・判決 昭和34(オ)780、昭和34(オ)781 レコード使用禁止等請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/7A8C7EE3A56F3A7649256A8500316103.pdf
94.
◆ S36.03.24 第二小法廷・判決 昭和35(オ)1072 審判官除斥申立事件決定取消請求
95.
◆ S44.02.13 第一小法廷・判決 昭和43(行ツ)78 審決(特許無効審判審決)取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/40B9903D120A2FB149256A85003122DD.pdf
96.
◆ S56.03.27 第二小法廷・判決 昭和55(行ツ)30 審決取消
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/988C4E464C51398349256A8500311FF8.pdf
97.
◆ S42.10.17 第三小法廷・判決 昭和41(行ツ)12 再審の審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/58F1D475728FF6B449256A850031239B.pdf
98.
◆ S45.12.17 第二小法廷・決定 昭和44(あ)2266 実用新案法違反
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/6AE36564BFE9713E49256A850030AB95.pdf
99.
◆ S43.04.04 第一小法廷・判決 昭和39(行ツ)62 実用新案登録無効審判の審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/A16DC87144BA2FAF49256A8500312358.pdf
100.「外遊はもうかりまっせ」事件
◆ S44.10.02 第一小法廷・決定 昭和43(あ)2800 名誉毀損
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/A7B670CE5825C6CA49256A850030ABD1.pdf


106 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 12:06:21 ID:AV6yfuYU
101.「ワックスマン」事件
◆ S38.04.16 第三小法廷・判決 昭和34(オ)1019 謝罪広告請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/E2F6C0C8D7613BBE49256A850031614F.pdf
102.「衆議院名誉毀損」事件
◆ S41.06.23 第一小法廷・判決 昭和37(オ)815 名誉および信用毀損による損害賠償および慰藉料請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/1B67246B4085A08E49256A8500312430.pdf
103.「南泉放談」事件
◆ S28.12.15 第三小法廷・判決 昭和27(あ)3760 名誉毀損
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/766A47419208528349256A850030D283.pdf
104.「皮革代用品製造方」事件
◆ S28.07.24 第二小法廷・判決 昭和26(オ)466 特許庁審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/A13A2EE67F3F48F449256A850031665C.pdf
105.謝罪広告請求事件
◆ S31.07.04 大法廷・判決 昭和28(オ)1241 謝罪広告請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/D51D3D75E8288DBC49256A85003164D7.pdf
106.公文書偽造収賄事件
◆ S31.07.02 第一小法廷・決定 昭和30(あ)4107 公文書偽造、収賄
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/17B1F576F469BFA149256A850030B034.pdf
107.入湯税ほ税事件
◆ S32.11.27 大法廷・判決 昭和26(れ)1452 入場税法違反
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/6DC88A3E38D52F3949256A850030AF5B.pdf
108.
◆ S33.06.14 第一小法廷・判決 昭和32(オ)1171 商品代金請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/A01C622F6596735B49256A85003163D4.pdf
109.
◆ S36.08.31 第一小法廷・判決 昭和35(オ)684 実用新案出願拒絶査定に対する抗告審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/21579EF6E09B450849256A850031623C.pdf
110.「ホワイトホース」事件
◆ S41.06.10 第三小法廷・決定 昭和40(あ)762 商標法違反
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/DE221A33D24706DA49256A850030AC83.pdf


107 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 12:07:17 ID:AV6yfuYU
111.「三愛」事件
◆ S42.04.11 第三小法廷・判決 昭和39(オ)1203 不正競争防止等請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/3A2793474B331D0349256A85003123D5.pdf
112.
◆ S43.04.23 第三小法廷・判決 昭和39(オ)902 損害賠償請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/B904C2A2D3819AA149256A8500312350.pdf
113.「袋包装機」事件
◆ S43.11.01 第二小法廷・判決 昭和40(行ツ)47 審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/847D3D68AD0304A249256A8500312314.pdf
114.
◆ S43.12.24 第三小法廷・判決 昭和43(オ)260 損害賠償謝罪広告請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/02EA150476E211B449256A85003122EB.pdf
115.
◆ S43.12.25 大法廷・判決 昭和40(オ)145 就業規則の改正無効確認請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/39A6B0F54CAC84FA49256A85003122E8.pdf
116.「抵当権設定登記抹消」事件
◆ S44.02.27 第一小法廷・判決 昭和41(オ)280 抵当権設定登記抹消登記手続等請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/786935B4DF8E518049256A85003122D7.pdf
117.
◆ S44.07.08 第三小法廷・判決 昭和43(オ)906 債務不存在確認等請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/555E0E7D870FAE8B49256A85003122AE.pdf
118.
◆ S45.12.18 第二小法廷・判決 昭和43(オ)1357 委嘱状不法発送謝罪請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/C0506DF8B4FFE4D249256A850031221C.pdf
119.
◆ S46.10.28 第一小法廷・判決 昭和40(行ツ)101 行政処分取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/D73CAFBB69C2181E49256A85003121E6.pdf
120.
◆ S49.02.05 第三小法廷・判決 昭和44(オ)934 地位確認等請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/EBD1343FB50F9A4749256A850031213F.pdf


108 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 12:08:19 ID:AV6yfuYU
121.「薬局開設不許可処分」事件
◆ S50.04.30 大法廷・判決 昭和43(行ツ)120 行政処分取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/B6B75A00313F026149256A85003120E9.pdf
122.「清酒特級」事件
◆ S53.03.22 第一小法廷・決定 昭和50(あ)1277 不正競争防止法違反
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/1F98FE282657B01649256A850030AABD.pdf
123.「地方税法違反」事件
◆ S55.10.31 第一小法廷・決定 昭和54(あ)1451 地方税法違反
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/56CC49868D5B108149256A850030AA70.pdf
124.「マレーシア航空機」事件
◆ S56.10.16 第二小法廷・判決 昭和55(オ)130 損害賠償
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/338CCF2FAF825A8C49256A8500311FDE.pdf
125.
◆ S63.01.26 第三小法廷・判決 昭和60(オ)122 損害賠償
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/1840F341FE86D87549256A8500311F02.pdf
126.「ColaCola」事件
◆ S31.07.03 第三小法廷・判決 昭和29(あ)2229 商標法違反
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/B3B57C1A47886C3F49256A850030B031.pdf
127.「サンヨー」事件
◆ S38.10.04 第二小法廷・判決 昭和36(オ)1388 商標権侵害禁止請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/FAB1C6056BC930AA49256A8500316126.pdf
128.「主婦の友」事件
◆ S30.07.05 第三小法廷・判決 昭和29(オ)251 商標登録願拒絶査定審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/B41E104D763769A349256A8500316554.pdf
129.
◆ S36.04.25 第三小法廷・判決 昭和30(オ)535 審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/0CEDCF52E56D80B249256A8500316270.pdf
130.「三羽鶴」事件
◆ S39.11.26 第一小法廷・判決 昭和38(オ)491 商標権不存在確認等請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/D104D9038720401E49256A85003124D9.pdf


109 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 12:09:16 ID:AV6yfuYU
131.軽二輪自動車事件
◆ S35.07.06 第二小法廷・決定 昭和32(あ)2524 贈賄、商業法違反、収賄
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/0F6688E178C389FC49256A850030ADE3.pdf
132.
◆ S30.10.18 第三小法廷・決定 昭和28(あ)4883 商標法違反
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/B833F990CDA0811449256A850030B0A3.pdf
133.
◆ S43.06.20 第一小法廷・判決 昭和40(行ツ)4 実用新案権利範囲確認審判審決取消請求
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/B5C4248EB73674CD49256A8500312345.pdf
134.「アマモト」事件
◆ S34.05.20 第二小法廷・決定 昭和34(あ)78 不正競争防止法違反
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/232D778FCD2E037049256A850030AE66.pdf
135.「菊屋」事件
◆ S35.04.06 大法廷・判決 昭和33(あ)342 不正競争防止法違反
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/E87143BC461F62CE49256A850030ADFF.pdf
136.
◆ H11.11.24 大法廷・判決 平成8(オ)1697 建物明渡請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/83B13B8A4C61E6D749256DC8000589E1.pdf
137.「LEONARD KAMHOUT」事件
判例 平成16年06月08日 第三小法廷判決 平成15年(行ヒ)第265号 審決取消請求事件
138.「脱ゴーマニズム宣言」事件
◆ H16.07.15 第一小法廷・判決 平成15(受)1793、1794 謝罪広告等請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/40404E5CF7B09C4849256FBE002679AD.pdf
139.「ギャロップレーサー」事件
◆ H16.02.13 第二小法廷・判決 平成13(受)866、867 製作販売差止等請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/30FD115A02C8A4A549256EDE0026A362.pdf
140.
◆ H16.04.08 第一小法廷・決定 平成15(許)44 移送申立て却下決定に対する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件


110 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 12:10:07 ID:AV6yfuYU
141.「生体高分子−リガンド分子の安定複合体構造の探索方法」事件
判例 平成17年06月17日 第二小法廷判決 平成16年(受)第997号 特許権侵害差止請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/74D198CA55CA6B3C4925702600059428.pdf
142.「RUDOLPH VALENTINO」事件
判例 平成17年07月11日 第二小法廷判決 平成15年(行ヒ)第353号 審決取消請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/58ECD5D69ECF46F44925703B0026A536.pdf
143.「eAccess」事件
判例 平成17年07月14日 第一小法廷判決 平成16年(行ヒ)第4号 審決取消請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/055C4ABC55F0BA7049257124002698D7.pdf
144.「国際自由学園」事件
判例 平成17年07月22日 第二小法廷判決 平成16年(行ヒ)第343号 審決取消請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/266505E148773C5C49257046002681F8.pdf
145.
判例 平成17年10月18日 第三小法廷判決 平成17年(行ヒ)第106号 審決取消請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/0572A8376F31CF884925709E0026880B.pdf
146.「天理教」事件
判例 平成18年01月20日 第二小法廷判決 平成17年(受)第575号 名称使用差止等請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/A94622EB117E25BA492570FC00479C27.pdf
147.
判例 平成18年01月24日 第三小法廷判決 平成17年(受)第541号 損害賠償請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/059EC7E80A44BA794925710000268CD4.pdf


111 :法の下の名無し:2006/10/18(水) 20:53:33 ID:9uFRfWs4
知的財産法 (※著作権法を除く)総合スレ 10
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1134565139/l50
特許法
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1092744809/l50
判例解説スレ Part 1.1
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1109464333/l50
【文化の】著作権総合スレッド・第5条【発展】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1152856851/l50
著作権法
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1121619776/l50
【新司試】 知的財産法-その4 【選択科目】
http://www2.2ch.net/2ch.html
知的財産検定Part3
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1146062166/l50
【著作権】【特許】知的財産権【侵害】【濫用】
http://qa.2ch.net/test/read.cgi/argue/1107015939/l50
【知的財産】中小企業支援/アニメ/ブランド商標 銀行が知財ビジネス活発化
http://oo.2ch2.net/read/news18.2ch.net/bizplus/1159031835/l50


112 :法の下の名無し:2006/10/22(日) 09:00:31 ID:3/OJSTME
特許権侵害差止請求事件【フラッシュメモリ特許侵害訴訟】New!
原告:株式会社東芝 被告:株式会社ハイニックス
東京地方裁判所 平成18年3月24日 平成16年(ワ)第23600号
http://www.suzuye.co.jp/hanrei/16wa23600.pdf
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20060327185227.pdf
特特許権侵害差止請求事件【インクカートリッジ・リサイクル訴訟】
原告:キャノン株式会社 被告:リサイクル・アシスト社
知的財産高等裁判所 平成18年1月31日 平成17年(ネ)第10021号
http://www.suzuye.co.jp/hanrei/17ne10021.htm
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/3F833955B41D23F64925710700290024.pdf
特許取消決定取消請求事件
原告:日本合成化学工業株式会社 被告:特許庁長官
知的財産高等裁判所 平成17年11月11日 平成17年(行ケ)第10042号
http://www.suzuye.co.jp/hanrei/17gyoke10042.htm
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20060706145456.pdf
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20060706105020-1.pdf
特許権侵害差止請求事件【一太郎裁判】
原告:松下電器産業株式会社 被告:株式会社ジャストシステム
知的財産高等裁判所 平成17年9月30日 平成17年(ネ)第10040号
http://www.suzuye.co.jp/hanrei/17ne10040.htm
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/4AC9E8ED0D080C574925710E002B12CE.pdf

113 :法の下の名無し:2006/10/22(日) 11:11:23 ID:jq+nGNwV
>>96-112
ココは判例解説スレ です。URLをコピペするだけのスレではありません。

 判例の解説したり、語るスレッド。
 自分で最新判例を解説したり、各紙の判例講釈への論評したりしてください。

と、1にも明示してありますが、理解できなかったのでしょうか。

もし、あなたが
自分で最新判例を解説したり、各紙の判例講釈への論評をすることが目的だとしたら、
>>112の 特許権侵害差止請求事件【フラッシュメモリ特許侵害訴訟】 について解説してください。

まさか、解説できずにURLを貼りっぱなしってことはないでしょうね?
もし解説できないのであれば、あなたはこのスレに書き込む資格がありません。




114 :法の下の名無し:2006/10/22(日) 20:39:46 ID:sJEMoPh2
論文答案を書く際の10の項目
@問いに対して答えをストレートに書く。
理由:周りくどい答案は、どこが重要なのか
判断できない。また、だらだらとした説明は
題意から外れやすい。
A自分の言葉で説明するのではなく、基本書の
キーワードを使って書く。
理由:自分の言葉で説明すると、説明が冗長
的になり、かつ、隙のある説明になる。一方、
偉い方の書いた基本書のキーワードを使った
説明は、説得力があり、採点者は違和感なく
採点できる。
B頭の中で考えた道筋を書く。
理由:論文は、問題を解く思考回路を見るテスト。
結論が逆でも、思考プロセスに説得力があれば、
高い点数がつく場合がある。
C根拠となる条文は明示して書く。
理由:法律の論文試験は、法律の条文をいかに
解釈し、事例に当てはめたを判断する試験。
根拠となる条文が明示されなければ、感想文と
同じ。
D改正部分を厚く書く。
理由:改正部分を厚く書くと、勉強している
ことが伝わり、好印象となる。

115 :法の下の名無し:2006/10/22(日) 20:40:50 ID:sJEMoPh2
E検討部分において、問題文の書き写しがない
ように書く。
理由:問題文をそのまま書き写すことは無意味。
意味のない書き写しは時間とスペースとインク
の無駄。
F審査基準の説明を反映させて書く。
理由:近年、審査基準の内容を聞いている問題が
多い。そのような問題に対しては、審査基準の
内容を書くことは、題意に沿ったものとなり、他の
答案との差をつけることができる。
G問題文は何度も読んで、しっかり答案構成を
してから書く。
理由:問題文を読み間違えれば、合格点は取ること
は不可能。問題文は3度は読む。答案構成が終わった
時点で1度読む癖をつけることを薦める。
H実務に考慮せず、問題文を法律的観点から条文
を照らし合わせて書く。
理由:自分の過去の実務を想像しながら書くと、
独り善がりの偏った答案になる場合が多い。
的外れの熱く書く部分については、採点者は
冷めた視点てから採点する場合が多い。
I字は丁寧に書く。
理由:これに関しては、いろんな事をいう人が
いるが、添削者の経験からは、きれいな字の
人は受かりやすい。何十通を採点する者の立場
にたって考えて欲しい。

116 :法の下の名無し:2006/10/23(月) 20:33:27 ID:wNWRBaEn
141.「生体高分子−リガンド分子の安定複合体構造の探索方法」事件
判例 平成17年06月17日 第二小法廷判決 平成16年(受)第997号 特許権侵害差止請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/74D198CA55CA6B3C4925702600059428.pdf
142.「RUDOLPH VALENTINO」事件
判例 平成17年07月11日 第二小法廷判決 平成15年(行ヒ)第353号 審決取消請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/58ECD5D69ECF46F44925703B0026A536.pdf
143.「eAccess」事件
判例 平成17年07月14日 第一小法廷判決 平成16年(行ヒ)第4号 審決取消請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/055C4ABC55F0BA7049257124002698D7.pdf
144.「国際自由学園」事件
判例 平成17年07月22日 第二小法廷判決 平成16年(行ヒ)第343号 審決取消請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/266505E148773C5C49257046002681F8.pdf
145.
判例 平成17年10月18日 第三小法廷判決 平成17年(行ヒ)第106号 審決取消請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/0572A8376F31CF884925709E0026880B.pdf
146.「天理教」事件
判例 平成18年01月20日 第二小法廷判決 平成17年(受)第575号 名称使用差止等請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/A94622EB117E25BA492570FC00479C27.pdf
147.
判例 平成18年01月24日 第三小法廷判決 平成17年(受)第541号 損害賠償請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/059EC7E80A44BA794925710000268CD4.pdf
148.
平成18年10月17日 第三小法廷 平成16(受)781特35条対価支払請求事件
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20061017155304.pdf

117 :法の下の名無し:2006/10/24(火) 21:35:10 ID:lsPGWJTh
判例法主義についての考えだが、英米では判例法主義を取っており、判例法の効力は成文法
に匹敵する。(成文法超えるとまではさすがにならないだろうが)日本のような大陸法の成
文法主義の国では判例法の効力は成文法よりは下になる。しかし成文法主義だからといって
判例法の効力が0というわけではない。成文法の効力や判例法主義の国での判例法の効力に
比べれば相対的に効力が低いだけであって効力が全くないというわけではない。

118 :法の下の名無し:2006/10/25(水) 00:40:06 ID:c2hpjnJM
初心者ですまんが、刑法は罪刑法定なのに判例で決めるんですか?

119 :法の下の名無し:2006/10/26(木) 22:20:16 ID:UIfZkSFd
判例法と通達・訓示ではどっちが効力は上なんでしょうか。自分としては成文法である通達・訓令の法が上と思うのですが。

120 :法の下の名無し:2006/10/28(土) 04:33:16 ID:+Dtk9e0O
>>118
C根拠となる条文は明示して書く。
>理由:法律の論文試験は、法律の条文をいかに解釈し、事例に当てはめた
>を判断する試験。根拠となる条文が明示されなければ、感想文と同じ。

裁判所がこれをするわけですよ。


121 :法の下の名無し:2006/10/28(土) 10:27:02 ID:hIoI9gWv
>>120
「刑法は罪刑法定なのに判例で決めるんですか」
という質問に対し、
>理由:法律の論文試験は、法律の条文をいかに解釈し、事例に当てはめた
>を判断する試験。根拠となる条文が明示されなければ、感想文と同じ。
と回答するとは、あなた池沼ですか?

122 :法の下の名無し:2006/10/28(土) 20:41:57 ID:jNCqSbF0
ごめんなさい118は117に対して感じたことです。
英米の刑法が興味あります。

123 :法の下の名無し:2006/10/29(日) 07:46:53 ID:GF1trE+L
知的財産法 (※著作権法を除く)総合スレ 10
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1134565139/l50
特許法
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1092744809/l50
判例解説スレ Part 1.1
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1109464333/l50
【文化の】著作権総合スレッド・第6条【発展】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1161573189/l50
【文化の】著作権総合スレッド・第5条【発展】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1152856851/l50
著作権法
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1121619776/l50
【新司試】 知的財産法-その4 【選択科目】
http://www2.2ch.net/2ch.html
知的財産検定Part3
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1146062166/l50
【著作権】【特許】知的財産権【侵害】【濫用】
http://qa.2ch.net/test/read.cgi/argue/1107015939/l50
【知的財産】中小企業支援/アニメ/ブランド商標 銀行が知財ビジネス活発化
http://oo.2ch2.net/read/news18.2ch.net/bizplus/1159031835/l50

124 :法の下の名無し:2006/10/29(日) 13:42:02 ID:Na+VfTWK
日本生態学会の超一流の数理生態学者(恐らく専門は絶滅生物学および「生態系のシミュレーション」)
  ↓
絶滅しない範囲で生態学的に殺人可能とされた人間数の算定(個体群生態学を駆使した魚類資源学の人間適用)
  ↓
国際捕鯨委員会での論議(欧米は反対)と殺人可能人数の確定(恐らく年に数万人レベル)
  ↓
日本生態学会の保全生態学者陣(東大農学部・鷲谷ら)による特定外来生物法の策定とデスノート殺人法としての違憲悪用
http://www.kasumigaura.net/usr/kikuchi/oyogerukasumigaura/pager/A0034.html
  ↓
殺害対象の国民のリストアップ(毎年、数万人;年金滞納者、健康保険高額利用者、税金滞納者、福祉費高額利用者、システム察知者、稼げない老人、
食用赤ん坊、アスベスト被害者等)。なお一部は無差別殺人(北日本流通の全てのタバコへの毒物混入工作など)
  ↓
役所(交通局、森林環境部)、警察、自衛隊、病院による殺害実行と自然死・自殺・事故死偽装(年間、数万人レベル)
  ↓
葬儀社等による遺体解体(少なくとも秋田県の場合は県民全員が死後に喰われるシステム)
  ↓
人肉、有機肥料、腎臓などの臓器リサイクル(腎臓1体300万円が相場)
人肉を国内先住民(蝦夷系)、在日系の食文化に提供 → CJD(一部はアルツハイマーとして誤診)
  ↓
年間、1兆円水準の闇市場
  ↓
警察や役所の裏金 →  複数の政党の政治家への闇献金(自民党も民主党も本質は同じ)

http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1141552515/106-111
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1161559670/l50
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1157543098/l50
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=history&vi=1161528338


125 :法の下の名無し:2006/10/29(日) 18:03:28 ID:tSeWKe9X
弁理士統一スレ Part57 岡目八目
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1161089838/l50
弁理士合格後、司法試験狙う人いる?
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1026640968/l50
週30時間以上勉強して弁理士試験合格を目指すスレ
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1142002775/
特許事務所、知財部現役、OBが本音を語るスレ2
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1135082978/l50
弁理士は「法律なんて関係ねぇ」と思っている。
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1147436864/l50
大学1年がマターリ弁理士試験突破を目指す
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1153647716/l50
【2007年受験】独学倶楽部【弁理士】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1148834152/l50
★税理士弁理士イラネ!司法書士こそ最強!★
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1150313315/l50
電験1種 vs 弁理士
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1147050164/l50
【難関資格】弁理士part55【に戻れるか?】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1158809325/l50
週30時間以上勉強して弁理士試験合格を目指すスレ
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1142002775/l50

126 :法の下の名無し:2006/10/30(月) 19:11:07 ID:IuUrf4fr
>>118
判例で決めることもなくもないかもしれない。判例変更と不遡及についてこんな判例もある。
「判例変更があった場合、行為時の判例では無罪でも処罰することは可能(最判平8.11.18)

127 :法の下の名無し:2006/11/01(水) 07:02:36 ID:BluPEhYH
知っておきたい主要判決 30.「ファービー」事件 著作権法違反被告事件
山形地判H11(わ)184号H13.9.26
仙台高判H13(う)177号H14.7.9
http://www.jpaa.or.jp/publication/patent/patent-lib/200302/jpaapatent200302_065-072.pdf
◆H14. 7. 9 仙台高等裁判所 平成13年(う)第177号 著作権法違反被告
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/221F19E9C74F885949256C1B00030F83.pdf
○玩具「ファービー」人形のデザインは美術の著作物に該当しないと判断された事例
◆H14. 7. 9 仙台高等裁判所 平成12年(う)第63号 著作権法違反被告
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/49DE295024D1F77F49256C1B00027516.pdf
○玩具「ファービー」人形のデザインは美術の著作物に該当しないと判断された事例

128 :法の下の名無し:2006/11/01(水) 15:52:10 ID:qHMogCln
儲かる資格として、
1.国家元首となる。
具体的には、天皇、皇帝、法王、王様になる。
2.政治家になる。
大統領、総理大臣、総統になる。
3.軍人になる。
将軍、大佐になる。
4.国家公務員又は地方公務員になる。
郵便局員、教師、警察官、消防士、医師等になる。
5.自分のできる能力を利用して、
バイトやパートを一生やり続ける。

129 :法の下の名無し:2006/11/05(日) 16:21:55 ID:Jh6jUnS0
判例の法源性に関する判例はありますか?

130 :法の下の名無し:2006/11/08(水) 16:08:14 ID:icQ/MpiN
知的財産法 (※著作権法を除く)総合スレ 10
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1134565139/l50
特許法
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1092744809/l50
判例解説スレ Part 1.1
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1109464333/l50
【文化の】著作権総合スレッド・第5条【発展】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1152856851/l50
著作権法
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1121619776/l50
【新司試】 知的財産法-その4 【選択科目】
http://www2.2ch.net/2ch.html
【甲さん】知的財産検定part4【試験乙】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1162718212/l50
【著作権】【特許】知的財産権【侵害】【濫用】
http://qa.2ch.net/test/read.cgi/argue/1107015939/l50
【知的財産】中小企業支援/アニメ/ブランド商標 銀行が知財ビジネス活発化
http://oo.2ch2.net/read/news18.2ch.net/bizplus/1159031835/l50


131 :法の下の名無し:2006/11/11(土) 09:32:27 ID:rxBTc8/o
弁理士統一スレ Part58 巣立ち
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1162338684/l50
【甲さん】知的財産検定part4【試験乙】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1162718212/l50
弁理士合格後、司法試験狙う人いる?
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1026640968/l50
週30時間以上勉強して弁理士試験合格を目指すスレ
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1142002775/
特許事務所、知財部現役、OBが本音を語るスレ2
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1135082978/l50
弁理士は「法律なんて関係ねぇ」と思っている。
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1147436864/l50
大学1年がマターリ弁理士試験突破を目指す
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1153647716/l50
【2007年受験】独学倶楽部【弁理士】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1148834152/l50
★税理士弁理士イラネ!司法書士こそ最強!★
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1150313315/l50
電験1種 vs 弁理士
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1147050164/l50
【難関資格】弁理士part55【に戻れるか?】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1158809325/l50
週30時間以上勉強して弁理士試験合格を目指すスレ
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lic/1142002775/l50


132 :法の下の名無し:2006/11/12(日) 08:39:58 ID:pCoMwRBc
特許の仕事早わかり
http://www.jazzsmile.com/patent-index.html
IPコミュニティー
http://ipcommunity.jp/
公務員試験network〜公務員試験のコミュニティサイト
http://koumuin-net.matrix.jp/
弁理士を目指せ!:弁コン参加登録画面
http://bencom.zive.net/bencom/htmladduser.php?url=http://
弁理士試験問題と弁理士試験問題解説
http://genki.1po1po.com/
◇ 知的財産業界の求人情報サイト 【知財お仕事ナビ】
http://www.chizai-job.com/
弁理士試験卒業したら特許事務所開業ゼミ
http://kaigyo-zemi.com/index.html

133 :法の下の名無し:2006/11/15(水) 06:35:01 ID:vaMKSYLI
最高裁HP未収録の最高裁判決
1.「NEOS」事件
判例 平成13年11月16日 第二小法廷判決 平成12年(受)第1666号 詐害行為取消請求事件
2.「水沢うどん」事件
判例 平成14年02月28日 第一小法廷判決 平成13年(行ヒ)第12号 審決取消請求事件
3.「RGBアドベンチャー」事件
判例 平成15年04月11日 第二小法廷判決 平成13年(受)第216号 著作権使用差止請求事件
4.「PALM SPRINGS POLO CLUB」事件
判例 平成13年7月6日 第二小法廷判決 平成12年(行ヒ)第172号 審決取消請求事件
5.「キャンディ」事件
判例 平成13年10月25日 第一小法廷判決 平成12年(受)第798号 出版差止等請求事件
6.「窒化ガリウム系化合物半導体発光素子」事件
判例 平成15年10月31日 第小法廷判決 平成14年(行ヒ)第200号 特許取消決定取消請求事件
7.以下、事件番号のみを記す。
昭和24(オ)133、昭和25(オ)80、昭和26(オ)745、昭和26(オ)754、
昭和27(オ)955、昭和28(オ)1311、昭和30(あ)2660、昭和30(オ)494、
昭和32(オ)985、昭和32(オ)988、昭和33(オ)607、昭和33(オ)817、
昭和34(オ)584、昭和35(オ)448、昭和36(オ)1180、昭和36(オ)464、
昭和36(オ)465、昭和36(オ)894、昭和37(オ)42、昭和37(オ)84、
昭和38(オ)1149、昭和39(行ツ)105、昭和39(行ツ)11、昭和40(行ツ)108、
昭和40(行ツ)31、昭和40(行ツ)78、昭和40(行ツ)88、昭和40(行ツ)90、
昭和41(オ)12、昭和41(オ)157、昭和41(行ツ)30、昭和41(行ツ)66、

134 :法の下の名無し:2006/11/15(水) 06:35:49 ID:vaMKSYLI
昭和42(オ)804、昭和42(行ツ)29、昭和42(行ツ)34、昭和42(行ツ)9、
昭和43(行ツ)58、昭和43(行ツ)77、昭和43(行ツ)99、昭和44(オ)397、
昭和44(行ツ)1、昭和44(行ツ)25、昭和45(行ツ)2、昭和45(行ツ)32、
昭和45(行ツ)5、昭和45(行ツ)95、昭和46(あ)882、昭和46(行ツ)62、
昭和46(行ツ)87、昭和46(行ツ)97、昭和47(オ)658、昭和47(オ)659、
昭和47(行ツ)26、昭和47(行ツ)3、昭和48(行ツ)26、昭和48(オ)603,
昭和48(行ツ)82、昭和49(オ)175、昭和49(オ)491、昭和49(行ツ)2、
昭和49(行ツ)81、昭和49(行ツ)93、昭和50(オ)54、昭和51(オ)538、
昭和51(行ツ)9、昭和52(行ツ)130、昭和52(行ツ)134、昭和52(行ツ)28、
昭和53(オ)1218、昭和53(行ツ)129、昭和53(行ツ)138、昭和53(行ツ)140、
昭和53(行ツ)27、昭和53(行ツ)28、昭和53(行ツ)47、昭和54(行ツ)134、
昭和54(行ツ)145,昭和54(行ツ)150、昭和54(行ツ)152、昭和54(行ツ)60、


135 :法の下の名無し:2006/11/15(水) 06:36:37 ID:vaMKSYLI
昭和55(行ツ)107、昭和55(行ツ)139、昭和55(行ツ)75、昭和56(オ)1166、
昭和56(行ツ)110、昭和56(行ツ)165、昭和57(オ)531、昭和57(オ)555、
昭和57(行ツ)147、昭和57(行ツ)154、昭和57(行ツ)99、昭和58(行ツ)101、
昭和58(行ツ)124、昭和58(行ツ)31、昭和58(行ツ)62、昭和59(行ツ)18、
昭和59(行ツ)251、昭和59(行ツ)286、昭和59(行ツ)316、昭和59(行ツ)342、
昭和59(行ツ)57、昭和60(オ)381、昭和60(オ)38、昭和60(行ツ)10、
昭和60(行ツ)120、昭和60(行ツ)174,昭和60(行ツ)186、昭和60(行ツ)202、
昭和60(行ツ)68、昭和61(行ツ)175、昭和62(行ツ)25、昭和62(行ツ)92、
昭和63(オ)1246、昭和63(オ)1285、昭和63(オ)1783、昭和63(オ)734、
昭和63(オ)896、昭和63(行ツ)119、昭和63(行ツ)138、昭和63(行ツ)139、
昭和63(行ツ)158、昭和63(行ツ)164、昭和63(行ツ)57、昭和63(行ツ)86、
平成1(行ツ)142、平成10(オ)1579、平成10(オ)881、平成10(行ツ)109、
平成10(行ツ)116、平成10(行ツ)29、平成10(行ツ)59、平成10(行ツ)61、
平成10(行ツ)81、平成11(行ツ)151、平成1(オ)1532、平成1(オ)1696、


136 :法の下の名無し:2006/11/15(水) 06:37:35 ID:vaMKSYLI
平成1(オ)1720、平成1(オ)1740、平成1(オ)733、平成1(行ツ)127,
平成1(行ツ)138、平成1(行ツ)140、平成1(行ツ)146,平成1(行ツ)163、
平成1(行ツ)165、平成1(行ツ)28、平成1(行ツ)3、平成1(行ツ)74、
平成1(行ツ)7、平成1(行ツ)86、平成2(行ツ)71、平成2(オ)1004、
平成2(オ)1720、平成2(オ)604、平成2(オ)706、平成2(行ツ)100、
平成2(行ツ)122、平成2(行ツ)13、平成2(行ツ)140、平成2(行ツ)181、
平成2(行ツ)188、平成2(行ツ)212、平成2(行ツ)21、平成2(行ツ)25,
平成2(行ツ)60,平成2(行ツ)68、平成2(行ツ)82、平成2(行ツ)92、
平成3(オ)1007、平成3(オ)1805,平成3(オ)828、平成3(オ)82、
平成3(行ツ)13、平成3(行ツ)150、平成3(行ツ)15、平成3(行ツ)204、
平成3(行ツ)205、平成3(行ツ)217、平成3(行ツ)21、平成3(行ツ)33、
平成3(行ツ)33、平成3(行ツ)37、平成3(行ツ)54、平成3(行ツ)94、
平成3(行ツ)98、平成4(オ)1491、平成4(オ)364、平成4(オ)674、
平成4(オ)797、平成4(行ツ)101、平成4(行ツ)124、平成4(行ツ)12、
平成4(行ツ)145、平成4(行ツ)18、平成4(行ツ)239、平成4(行ツ)3、
平成4(行ツ)71、平成5(オ)1443、平成5(オ)1507,平成5(オ)1985、
平成5(オ)1987、平成5(オ)79、平成5(行ツ)116、平成5(行ツ)124、
平成5(行ツ)148、平成5(行ツ)160、平成5(行ツ)179,平成5(行ツ)180、
平成5(行ツ)46、平成5(行ツ)65、平成5(行ツ)70、平成5(行ツ)71、


137 :法の下の名無し:2006/11/15(水) 06:38:40 ID:vaMKSYLI
平成6(オ)1102、平成6(オ)1326、平成6(オ)1684、平成6(オ)2142、
平成6(オ)225、平成6(オ)2311、平成6(オ)898、平成6(行ツ)125、
平成6(行ツ)128、平成6(行ツ)128、平成6(行ツ)184、平成6(行ツ)194、
平成6(行ツ)236、平成6(行ツ)237、平成6(行ツ)242、平成6(行ツ)25、
平成6(行ツ)50、平成6(行ツ)55、平成6(行ツ)93、平成7(オ)1719、
平成7(オ)1885、平成7(オ)2335、平成7(オ)2429、平成7(オ)2557、
平成7(オ)637、平成7(行ツ)139、平成7(行ツ)146、平成7(行ツ)157、
平成7(行ツ)27、平成7(行ツ)42、平成7(行ツ)73、平成7(行ツ)90、
平成8(オ)1022、平成8(オ)1796、平成8(オ)2263、平成8(オ)2553、
平成8(オ)730、平成8(オ)938、平成8(行ツ)133、平成8(行ツ)137、
平成8(行ツ)139、平成8(行ツ)179、平成8(行ツ)185,平成8(行ツ)234、
平成8(行ツ)247、平成8(行ツ)251、平成8(行ツ)59、平成8(行ツ)65、
平成8(行ツ)84、平成9(オ)1233、平成9(オ)1275、平成9(オ)1649、
平成9(オ)2323、平成9(オ)375、平成9(オ)40、平成9(オ)557,
平成9(行ツ)108、平成9(行ツ)110、平成9(行ツ)124、平成9(行ツ)173、
平成9(行ツ)185、平成9(行ツ)198、平成9(行ツ)224、平成9(行ツ)239、
平成9(行ツ)26、平成9(行ツ)43、平成9(行ツ)4、平成9(行ツ)51、
平成9(行ツ)57、平成9(行ツ)83

138 :法の下の名無し:2006/11/15(水) 06:39:42 ID:vaMKSYLI
上記最高裁HP未収録の最高裁判決を入手するには、
国会図書館において、「判例工業所有権法」、「最高裁判所民事判例集」、
「判例タイムズ」、「判例時報」、「知的財産権判例要旨集」等の判例集のほか、
「ジュリスト臨時増刊 重要判例解説」(昭和55年から現在まで)、
「特許判例百選」、「著作権判例百選」、「商標・商号・不正競争判例百選」
を借りて、該当判例部分を複写して入手するようにお願いします。
また、「判例体系CD−ROM」を使用して検索出力できるものもあります。
また、中央図書館でも所蔵されているかどうか、
中央図書館(例えば都立図書館の場合は、日比谷、中央、多摩)での所蔵の有無の
確認をお願いします。

139 :法の下の名無し:2006/11/15(水) 09:35:52 ID:JVYwWKXP
>>133-138
ここは判例解説スレです。
解説なしで事件番号をコピペするスレではありません。
解説をしないのであれば、書き込まないで下さい。非常に迷惑です。

140 :法の下の名無し:2006/11/25(土) 05:17:50 ID:b+A/eavC
スレずれだけど、民法で判例ベースの基本書や体系書ってないでしょうか?

141 :法の下の名無し:2006/11/25(土) 06:02:33 ID:YA4KN/5q
裁判所職員研修所(旧・裁判所書記官研修所)の
「民法総則講義案」「物権法講義案」「担保物件講義案」(司法協会)とかはどう?

142 :法の下の名無し:2006/11/25(土) 06:07:27 ID:b+A/eavC
>>141
ありがとうございます。
あーでも、それ古くないでしょうか?
多少古くても大丈夫ですか?


83 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)