5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人権擁護法17

566 :法の下の名無し:2006/01/28(土) 01:54:22 ID:uvO65iKG
 入居を拒否されてから、2年が過ぎました。裁判が進展し一つの社会問題として認知
されるにしたがって、私はだんだんと恐ろしくなってきました。それは、私を応援して
くれる方々が多くいる一方、正面から否定してくる方も少なくなかったからです。しか
も、否定してくるかがたがは、私の主張を主な情報源としています。つまり、外国人で
あることを理由に入居を拒否されることは、当たり前だと言っておらるのです。

東京都のある区議会議員は自身のブログを通して、『契約をするしないは、「相手」だ
けでなく「相手の属する母集団」を見て判断することは当たり前のこと』としながら、
『自分の属する母集団(韓国人)が今まで行なってきた契約違反や非常識な行動には目
もくれません。』と入居を拒否される原因は韓国人の側にあるとし、『「入居拒否=そ
の属する母集団が行ってきたことにより既に信用を失っている状況にある」のであり、
それを挽回するのはその母集団に課された当然の責務です。その責務を果たさず、権利
ばかりを主張するグロテスクさに多くの日本人は益々不信感を増していることにそろそ
ろ気付くべきです。』とまとめています。このように、私が入居を拒否されたのは、韓
国人に対する信頼が低いためであり、裁判を起こすよりも韓国人自身が反省する必要が
あるといい、今回のように差別を受けたことに対して声を上げることを、「グロテスク」
とさえ言い放っています。


384 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)