5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天皇の権能について考察スレ4

1 :法の下の名無し:2006/01/05(木) 16:38:36 ID:y6e6YQOE
■国事行為に定められる行為は内閣の助言と承認の上で行われる訳だが
拒否した場合の効果について。
等々考察して行きましょう

天皇の権能について考察スレ3
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1130880518/
天皇の権能について考察スレ2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1127653731/
  天皇の権能について考察スレ  
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1122978133/


2 :法の下の名無し:2006/01/05(木) 17:29:26 ID:LhxuIgld
きた!2get

3 :法の下の名無し:2006/01/05(木) 17:49:45 ID:HPsCXwh1
天皇ネタは他の板でやれよ・・・。

4 :法の下の名無し:2006/01/05(木) 19:33:40 ID:fXalhtvc
他の板だとバカが幅を利かしてマトモな法律論にすらならない

5 :法の下の名無し:2006/01/05(木) 22:42:52 ID:SFPy1+z1
古来から旧憲法下までは天皇は自分を「朕」と称していた。
しかし、現憲法施行後は「私」と称している。
これは天皇の意思なのか?それとも政府による改称なのだろうか?
現憲法でも朕を使用しても憲法上問題ないと思うのだけど?

6 :法の下の名無し:2006/01/05(木) 22:57:49 ID:E/Vjcyy1
なぜ前のスレ止められたの?

7 :法の下の名無し:2006/01/05(木) 23:04:41 ID:SFPy1+z1
>>6
おそらく、スレタイの天皇の権能と直接関係ない国家元首の
戦争犯罪の訴追について粘着していた人がいたからでは?

8 :法の下の名無し:2006/01/06(金) 08:52:05 ID:Gkc6cgwO
過去3スレ全部スレスト

削除人は法学素人

9 :法の下の名無し:2006/01/06(金) 12:43:18 ID:WIudNh1a
>>7
国際法規に掛かるから、その発言も法学論なんだけどな

10 :法の下の名無し:2006/01/06(金) 16:58:23 ID:OdnsqUs3
今度止められたら、スレタイ工夫しようよ
「日本国憲法第一章について考察スレ5」とか

11 :法の下の名無し:2006/01/07(土) 14:25:06 ID:a37tCXKx
>>8
何か圧力が有るとか?

12 :法の下の名無し:2006/01/07(土) 15:42:11 ID:kSfwjVja
こんな話題は、政治思想板でやれよ・・・。

13 :法の下の名無し:2006/01/07(土) 16:32:06 ID:DDy9daS/
>>11
第二次大戦における天皇の戦争責任論争がぶり返す可能性。

14 :法の下の名無し:2006/01/07(土) 18:56:14 ID:faFBve89
名誉な位・階・勲章およびその他の栄典を授け与えること。
・・・憲法14条に違反しているのでは・・・

15 :法の下の名無し:2006/01/07(土) 19:15:28 ID:DDy9daS/
>>14
栄典の授与は第7条が根拠。

第14条3項 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、
現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

つまり、特権を伴わず、かつ、一代限りの、栄誉、勲章その他の栄典の授与は、無問題。

16 :法の下の名無し:2006/01/08(日) 13:59:54 ID:yQMY+gDF
(以下、『法哲学講義』(東京大学出版会、2002)19章より)
---
天皇は立憲君主でない。なぜならば、「立憲君主制下の君主は、形式的にはなお統治権や元首
性を保持しつつ、実際の政治を国民代表に委ねているのだが、天皇はそうした権限を保持して
いないからである。」「「国王は君臨すれども統治せず」というのが立憲君主制であるが、天
皇はもはや「国王」ではなくそれゆえ「君臨」していない」。「象徴天皇制をしばしばイギリ
スの立憲君主制の対応物だとする議論があるが、これはやはり正確ではないのである。」 
では、象徴天皇とはいかなる存在なのか。
「法的に見て天皇は、君主として国民の上位には立っていない、むしろ、「固有権」を持たず
 国民主権に服しているのであるから、国民相互間の名誉毀損以上の保護を受ける必要はないし
 畏敬の対象とはなりえない。この点で、たとえば皇室典範が「陛下」などといった秦の始皇帝
 にまつわる敬称を規定しているのは、奇怪という他ないだろう。」
「ヨーロッパの立憲君主や実権ある大統領ですら受けていない特別扱いを、象徴天皇が受ける法
 的根拠はないのである。そしてここでも、日本の「伝統」…や、象徴天皇をめぐる「国民意識」
 ないし既成事実が引き合いに出されてはならない。それらが前提にしている、「神聖な天皇」の
 否定の上に戦後日本の再出発があり憲法があるのだからである」。
「象徴天皇の「尊厳」とは、結局「ドイツ連邦大統領以下的」な機関のそれなのである。そのよう
 なものとして、象徴天皇は日本国憲法が「発明」した、世界にただ一つの特異な公務員としてある。
 この、「世界にただ一つの特異な公務員」という視点こそが、象徴天皇にまつわる神秘主義から、
 われわれが解放される決定的なカギなのである。」
---
長文の読めないDQN諸兄のために1行でまとめると、

「天皇は君主ではなく公務員である」

そして、こと国家公務員の採用に関して、門地・性別等の条件を課す事は即ち、
法の下の平等を統治の大原則とする、日本の国是に唾吐く、反日的行為そのもの
である事であることは、愛国者諸兄には今更言うまでもないだろう。

男系維持派 = 反日分子


17 :法の下の名無し:2006/01/08(日) 14:02:33 ID:2G1DH+Na
あぁ、冬休みか…

18 :法の下の名無し:2006/01/10(火) 08:59:16 ID:Bx8Gy/79
冬休み

19 :法の下の名無し:2006/01/10(火) 09:15:45 ID:LRLXRid+
>>16
誰の本か知らないけど論証が不十分だね。
現行憲法において天皇制が何のためにあるのかについての考察が足りない。

20 :法の下の名無し:2006/01/10(火) 18:49:19 ID:ouHXx2nh
>>16
ワセダの笹倉教授でしょ。
法学というよりもアジビラだね。

21 :法の下の名無し:2006/01/10(火) 18:50:46 ID:jaNY0/xX
>>19
何のためにあるの?

22 :大作謝れ:2006/01/10(火) 18:53:49 ID:2dCpNDDf
未だに嘘の噂を広められています。
実話も作りかえられて噂を流されています。
創価学会は約束を守る気はないのですか。
普通の生活の邪魔もされています。
ちゃんとした教育の話も嘘ばかり。
約束を守る気はないのですか。
飯島愛を一切TVに出すな!
オウムの内田恭子様にも一切関わらせんといてください。
それとダウンタウンも一切関わらせないで下さい。
浜田の読んでた文章明らかに意図的に作り変えていたよね。
明らかに関わっているよね。
もしかして子供は誰が罠にはめたの?
常識でTVでやること考えろ。
堂本剛・リカコ・薬丸・所・香取・草薙・飯島愛を一切TVに出すな!

去年の12月の終わりに、河内柏原のダイエーの駐車場で、
駐車中の車がこすられていました。
お願いですので草加様、もうやめていただけませんか。

それと毎晩家の前を異常にアクセルを吹かしたバイクが走っています。
やめてもらえませんでしょうか。
お願いですので草加様、もうやめていただけませんか。


23 :法の下の名無し:2006/01/10(火) 19:33:12 ID:LRLXRid+
>>21
当該国家への国民の忠誠を担保するため。
統治権の担い手の選択は調整問題としての側面を有するが,伝統的権威を有する君主は
国民の共通知識として統治権の担い手を選択する際のフォーカルポイントを示す。
したがって,天皇を掌中に収めることで対立政府に対抗できるしその出現を抑止もできる。
ただそういう効果は統治体勢が革命的に変更される際にはとても重要だけど安定してくる
微妙になってくる。ただ,手放しちゃうとそれを利用してめんどうを起こす輩が現われか
ねないからやっぱり手放すのは難しいんだよね。
他にも外交面とかいろいろと存在意義はあるんだろうけど。

24 :法の下の名無し:2006/01/10(火) 20:30:22 ID:LRLXRid+
たぶん上記のような天皇制のもたらす利益が憲法の定める原則(性や門地に関する平等主義,政教分離その他)
の例外を正当化する根拠になるんだろうな。

25 :法の下の名無し:2006/01/12(木) 00:11:23 ID:GSH9yzqr
age

26 :法の下の名無し:2006/01/12(木) 02:17:02 ID:i0UYDejV
法学板の方にちょいと教えていただきたいんですが。

(1)皇室典範の改正に天皇陛下がコメントするのは憲法違反か?
(2)皇室典範の改正に天皇陛下以外の皇族がコメントするのは憲法違反か?

別に一般の法律でもいいのでしょうが、いまは皇室典範が話題になってますんで…。

個人的には、単なるコメントであれば、それが世論に与える影響は別としても
政治的機能を行使しているとは言えず、(1)は憲法違反ではないのでは?と思っています。
さらに、憲法には天皇以外の記述がないので(2)もセーフではないかと。

すれ違いで申し訳ない。よろしくお願いします。

27 :法の下の名無し:2006/01/12(木) 05:19:52 ID:WH7vSHTg
>>26
私見としては、それでいいと思うよ。
天皇や皇族の発言に、事実上の影響力はあっても法的効果はないからね。
ただ、天皇や摂政には憲法尊重義務があるから、立法や行政に影響を及ぼすような
突っ込んだ意見を述べられることは好ましくないってぐらいかな。俺の感覚では。
皇族に関しては、99条の公務員に含まれるかって解釈になるんじゃないかねぇ。
一応、公務をやってるしね。

28 :法の下の名無し:2006/01/12(木) 12:45:32 ID:xUGvXPIn
>>27
幾ら国政に関する権能がryと言っても表現の自由等制限受けるのかね

29 :法の下の名無し:2006/01/12(木) 16:20:10 ID:zsfzq0Cp
慣習法を含めた実質的憲法のもとでは、天皇陛下による政治コメントは違法です。

30 :法の下の名無し:2006/01/12(木) 17:00:19 ID:0YRKCUG5
確かに影響は有るだろうが単なるコメント=国政に関する権能と言うのは如何な物か

31 :法の下の名無し:2006/01/12(木) 17:33:46 ID:zsfzq0Cp
内奏に対する天皇のコメントを漏洩するのはタブーとされているけど、これは何故?

32 :法の下の名無し:2006/01/12(木) 17:52:24 ID:uVz/zHkL
>>29
判例無いだろ言い切るなよ

33 :法の下の名無し:2006/01/12(木) 18:35:26 ID:+D5QFS/0
天皇は憲法に明文化しているから当然、皇位継承者は微妙としても、それ以外の皇族に
間して、戸籍と住民基本台帳への記載を除外して、選挙権(その他いろいろ)を奪っている
のは明らかに違憲だよな。判例が出ることはありえないだろうけど。

34 :法の下の名無し:2006/01/12(木) 20:11:42 ID:zsfzq0Cp
>>32
裁判所は実質的憲法に関して違憲審査はやってません
実質的意味の憲法はみんなの心の中にあるのさっ

35 :法の下の名無し:2006/01/12(木) 20:13:51 ID:zsfzq0Cp
>>33
誰かが皇族居住地の選挙区で立候補して落選して選挙無効を訴えれば、何がしか判例でるんでわ?
というわけで33さんは責任持って立候補してください。


36 :法の下の名無し:2006/01/12(木) 23:48:08 ID:K4A6gYRe
>>31
過去に防衛庁長官が記者に内奏での昭和天皇の発言をしゃべってしまい
国会で野党が天皇の政治利用と問題視し、長官辞任に発展したから。
ある意味、野党側が天皇のコメントを政治利用していると言えるけどな。
(政府攻撃に利用)

37 :法の下の名無し:2006/01/13(金) 00:40:47 ID:29TTXZDE
>>26
憲法の趣旨に照らせば少なくとも望ましくはない。
ただ違憲というか不当というかは少なくとも法律学としてはあまり意味がないと思う。
事実行為に過ぎないので違憲といったところで法的意味はない。

>>33
憲法の趣旨に照らせばむしろ望ましいのであって違憲というのは難しいのでは。

38 :法の下の名無し:2006/01/13(金) 18:48:49 ID:WASMyna6
>>37
何故?
人権尊重の趣旨からは皇族の表現之自由や参政権を認めるのが妥当そう。
多数説のいうとおり国民主権の国民に皇族を含めるとするならば、国民主権の趣旨からも同じ。

逆に「皇族の政治的発言や参政権は望ましくない」という発想は、「皇族の言動に影響されてしまう国民」というイメージを背景としており、いわば国民を愚民視している。
それこそ、国民の自由意思に正当性を認める国民主権の趣旨に反しているような気がする。

39 :法の下の名無し:2006/01/13(金) 23:39:05 ID:i9UiXed5
統一教会系の世界日報が女系天皇を絶賛 日本語版では反対
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1134312138/l50

40 :法の下の名無し:2006/01/14(土) 00:02:35 ID:OihKGIcD
>>38
何でもかんでも1つの利益を徹底すればいいんじゃない。複数の相対立する利益の
調整をするのが法学。漏れの「望ましい」は言い過ぎだったが,国民主権というなら
国民自身の伝統的権威から解放された自律的決定が重視されるべきとも言える。
皇族の言動が国民に全く影響しないと君は考えているのかい?それとも国民主権原理
は一定の事実認識を否定するものなのかい?国民主権は必ずしも国民に対する無条件
な信頼に基礎をおくものではないし,皇族の言動が国民に影響しうるという事実認識
を否定するものではない。

41 :法の下の名無し:2006/01/14(土) 13:35:51 ID:u4jUjHGv
>伝統的権威から解放された自律的決定が重視されるべき
というのは国民主権原理からは出てこんでしょ。それは特定の政治思想。

42 :法の下の名無し:2006/01/14(土) 17:38:18 ID:OihKGIcD
「とも言える。」だからね。ただ君主主権と対比だとそんなにおかしくはない。
君主が影響力を行使しまくるようなのは国民主権原理からは望ましくないという考えは
そんなに特殊じゃないんじゃないかな。

43 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 09:28:33 ID:OBkivvpw
外国の大使および公使を接見し
その信任状を受理する。
お正月に会っている儀式は
何て言うの?


44 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 09:29:42 ID:OBkivvpw
第7条の10
天皇が主宰する儀式とは?


45 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 23:06:17 ID:7VfWIB3B
>>43>>44
>>お正月に・・・・
新年祝賀の儀
>>第7条の・・・
内閣の助言と承認に基づいて行う国の儀式。
即位の礼、大葬の礼、親任式、認証式、信任状捧呈式、新年祝賀の儀、
勲章伝達式、宮中晩餐会など。

46 :法の下の名無し:2006/01/16(月) 22:05:58 ID:FJwuB86L
プゲライオンwwwwwプオウオポウッポプオポポウwww

47 :法の下の名無し:2006/01/17(火) 06:59:20 ID:lnVBF1SA
プゲライオンwwwwwプオウオポウッポプオポポウwww

48 :法の下の名無し:2006/01/17(火) 21:07:52 ID:U8njREP4
>>42 亀レス
「そんなに特殊じゃない」には同意。
でも、国民主権原理をさらに敷衍すると天皇は君主ではないし、皇族はますます君主ではないので、君主云々は日本には当てはまらない希ガス。



49 :法の下の名無し:2006/01/18(水) 05:25:13 ID:Ys1l+7mq
>>48
天皇は「君主」ではない、というのは誤り。君主かどうかはその定義によるから。
この文脈でいう「君主」を定義するのはめんどうだけど、気にくわなければ「元君主」
でもいいし「伝統的政治的権威」でもいい。

50 :法の下の名無し:2006/01/18(水) 05:27:34 ID:Ys1l+7mq
それに(天皇を含めた意味での)君主の近親者はカテゴリカルに君主に近い立場の人間なわけだし将来的に君主になる可能性も
ある。君主の政治的影響力を実質的に奪うために彼/彼女らについても一定の制約を課すというのは不合理ではあるまい。

51 :法の下の名無し:2006/01/19(木) 22:25:04 ID:UTDYSAEq
友よ、天皇陛下の御名のもと美しい日本国を築こうではないか。


           .,.v-ー''″ ミ,
         ,,/  ,,,,   ミ
       .,/   ,,|||||||,,  ミ.
       ,!′  ,,||||||||||||| .゙゙!;
      ノ   |||||||||||||||||  ゙`!;        日本人だけの特権!
      .\.,  "|||||||||||||"   ..ミ            世界の中心で天皇陛下万歳を叫ぶ!
        .\  "|||||||" ,.,v-r|i
         )   ""  ./ ′ .ミ,
         .)    .,r'′   ミ.
          .゙'ー‐'¨¨″     フ∧_∧
                    r(,,゚Д゚)
                     〉日本つ
                    ⊂、 ノ
                      し'

     天 皇 陛 下 万 歳 !

日出づる処の極東板より
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1135328170/

52 :法の下の名無し:2006/01/20(金) 12:43:00 ID:hBXTudnE
age

53 :法の下の名無し:2006/01/21(土) 17:13:45 ID:9SaaaSlW
>>49-50
うーん、ハッキリしないね。
では、憲法に「天皇は日本国の君主であり、日本国民の統合の象徴である」って明記して、
そのうえで政治的影響力を制限する措置をとったほうがいいかな。

54 :法の下の名無し:2006/01/22(日) 01:10:44 ID:SQpmZubN
>>53
「君主」と書く必要はないと思うよ。
日本国憲法は、歴史的な天皇制度のあり方、そして、天皇を統治権の総攬者とする明治憲法体制という
歴史的文脈を踏まえた上で、国民主権を前提としつつも天皇の政治的権威を利用し続けるために「国政
に関する権能」を有しない「象徴」としての天皇を規定することとしたわけだ。(もちろん他の考え方は
ありうるだろうが。)天皇制があり、天皇の地位に裕仁や明仁がいるのは偶然ではない。天皇に関する歴
史的文脈を踏まえた上でのもの。その歴史的文脈を意識して考えるなら、日本国憲法の統治体制にとって
天皇はとても便利である一方で、国民主権への脅威を原理的に内包する危険な存在でもあると言えるわけだ。
それを前提とするなら、天皇の政治的影響力を封じるような法律は(その限りで)憲法の趣旨に合致す
る(その際に犠牲となる利益を無視してはいけない)し、天皇や皇族が政治に関して何か発言をするこ
とは厳に慎まれるべきということになるんじゃないかな。

55 :法の下の名無し:2006/01/22(日) 02:45:39 ID:zAxwaIAf
天皇はきわめて例外的な存在として憲法に明文規定されているからともかく
として、皇族の精神的自由権、とりわけ表現の自由について法で制約する
のは、やはり民主国家としてまずいんじゃないかねえ。

56 :法の下の名無し:2006/01/22(日) 16:14:02 ID:SQpmZubN
表現の自由への法による制約は現在はないと思うけど何かあったっけ?
皇族の政治的な表現の自由への制約は事実上のものだと思うけど。
それによる犠牲となる利益(彼らの意見を民主的プロセスを通じて国政に
反映できない点)に>>55は着目してるんだろうけど別の不利益(彼らの意
見は非常に強力に反映されかねない点。)は無視するのかい?

57 :法の下の名無し:2006/01/22(日) 17:25:04 ID:lf4t6XVY
天皇と美智子妃が
サーヤの新婚生活を見て
情けないと思い
国会の議決を経ないまま
皇居の自分たちの私的財産「家財」を
黒田家に持っていったら
憲法8条に違反する。

昭和天皇が亡くなったときも
国民から香典をもらっても
国会の議決があったのだろうか?

皇室に献金・寄付をするのにも
国会の議決がいるのかな?


58 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 13:06:18 ID:/9kqj6nN
>>54 >>56
皇族の意見が非常に強力に反映されかねないことが、どういう点で「不利益」なのか、論証が足りないよ。
「歴史的文脈」一本槍でいくならば、どんな「歴史」なのかをせめて説明しないと。


59 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 19:31:41 ID:EMzOU4LE
>>58
>後段
天皇制の歴史はみなさんご存知だろう。義務教育で日本史を勉強しただろうし。
その歴史(正確には、国民の共通知識としての歴史)こそが天皇の権威の源だし、その国民主権
ないし民主制に対する脅威の根源でもある。
>前段
@合理的な政治的判断の障害になる→しかもそれが政治的に利用されかねない
A君主主権への何らかの形での回帰につながりかねない
思いつくのはこれくらいかな。他にもあるかもしれない。

60 :法の下の名無し:2006/01/26(木) 20:18:19 ID:MEbS0FEH
>>48
国民主権と君主制は矛盾しないでしょ。
主権を持つ国民を、君主が代表してて、それが国家の象徴なのだと解釈される。

61 :法の下の名無し:2006/01/27(金) 00:50:24 ID:xL2Q4/MV
スペインなんかは「国民主権」であり、かつ「国王は国家元首」と憲法に定まってるよね。

62 :法の下の名無し:2006/01/27(金) 02:11:46 ID:vUn6Mumm
>>60
それって公務員

63 :法の下の名無し:2006/01/27(金) 17:28:32 ID:XZoMj8Jr
7条解散について

最近、小嶋和司の『憲法概説』だったか
尾吹善人の『日本憲法』だったか忘れたけど、
ひとえに7条解散と言っても、
通説(宮澤・芦部)の言う7条解散と
政府の7条解散では
全然前提が違うことが書かれてたのを目にした。

政府の7条解散はあくまでも
「天皇の実質的決定権」をいまだに前提としているんだよね。

少し驚きました。

64 :法の下の名無し:2006/01/27(金) 19:07:41 ID:gFVCiEU/
実質的決定権。いい響きじゃないか

我らが輔弼いたします。
再び国政の場にお戻りくだされ。

天皇陛下万歳。

65 :法の下の名無し:2006/01/28(土) 17:33:21 ID:BNmyXhib
もしも皇族が犯罪を犯したら一般人のように裁判にかけられて刑務所行きになるのだろうか?

66 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 00:25:52 ID:TxWmZwDO
>>65
皇室典範第21条に皇族が就任する摂政について「摂政は
その在任中には訴追されない。ただし、これがため訴追の
権利は害されない」とある。
つまり摂政在任中は訴追されないと言う規定があることは、それ以外の
ときは訴追され、裁判で有罪になることもあるということ。
過去スレにもあったが天皇は第21条に基づいて、刑事訴追されない
と言うのが通説だったが、最高裁判例で民事についても対象にされないと
されたので、天皇が犯罪を犯しても訴追できないし、被害者は損害賠償
請求もできない。

67 :法の下の名無し:2006/01/29(日) 00:56:03 ID:LKfXLo9A
天皇=何をやっても検察は起訴できない。
その他の皇族=一般人同様に犯罪を犯せば、起訴、裁判。
但し、皇太子と皇后については最高裁が天皇に準ずるとして
刑事民事とも訴追の対象にされないと判断する可能性がある。

68 :法の下の名無し:2006/01/31(火) 22:49:53 ID:C5gPMC5w
>>66
戦前は、天皇は民事訴訟の対象だったんだけどねー。
その判例のおかげで天皇の神聖不可侵性は戦前以上になりました、とさ。

69 :法の下の名無し:2006/02/03(金) 14:08:42 ID:zJ3RtIjX
age

70 :法の下の名無し:2006/02/03(金) 15:58:17 ID:YndupV9n
>>66
>被害者は損害賠償請求もできない。

国に請求できない?

71 :法の下の名無し:2006/02/03(金) 16:16:13 ID:4CNKVF3S
>>70
国賠も不可

72 :法の下の名無し:2006/02/06(月) 15:31:30 ID:vw+oGKiX
何故不可なの??

73 :法の下の名無し:2006/02/07(火) 16:34:12 ID:vSb49vAV
ご懐妊が発表されましたね。

74 :法の下の名無し:2006/02/09(木) 14:47:31 ID:abJHcJVo
age

75 :法の下の名無し:2006/02/10(金) 09:17:57 ID:QFs4VbST
考えとして国事行為拒否した場合は滞ると思うんだけど
やっぱ形式的行為では無くこの国事行為により効力が発せられる訳だろ?

76 :法の下の名無し:2006/02/10(金) 11:32:01 ID:6MbWLa9+
だ〜か〜ら〜「国政に関する権限を有しない」に反する解釈はありえないの。

77 :法の下の名無し:2006/02/10(金) 11:44:59 ID:6MbWLa9+
権能だった。すまそ。

78 :法の下の名無し:2006/02/14(火) 16:15:04 ID:MLoe0Svo
>>76
細川内閣では指名後に災害が起き直ちに指揮を採る必要が有ったが天皇の親任式
が未だで有った為に前内閣が指揮採りました
この解釈は?

79 :法の下の名無し:2006/02/14(火) 19:15:59 ID:8zcYeHkf
親任式が遅れたの?内閣総理大臣への就任の日が親任式の日と同じに
してあっただけじゃないの?

80 :法の下の名無し:2006/02/14(火) 19:58:44 ID:TbDkRT8W
>>79
細川内閣が総辞職して国会では羽田氏を内閣総理大臣に指名
したが組閣に時間がかかり、深夜にずれ込む気配だったので
翌日に親任式を行うことにした。しかし、その日名古屋空港で
中華航空が墜落事故を起し、憲法第71条「前二条の場合には、
(総辞職した)内閣は新たに内閣総理大臣が(天皇)に任命される
まで引き続きその職務を行ふ。」に基づき、細川内閣が職務執行内閣
として行政各部を指揮しました。
また、国会で内閣総理大臣に指名された者を天皇に奏上するのも
親任式の助言と承認を与えるのも総辞職した内閣が行います。
新内閣が正式に職務執行を始めるのは、親任式認証式直後の
臨時閣議とされている。

81 :法の下の名無し:2006/02/14(火) 21:13:02 ID:8zcYeHkf
どういう法律構成だったなのかはよくわからないけどいずれにせよ天皇が自由に
できるような運用となっているとは言えないと思うよ。

82 :法の下の名無し:2006/02/16(木) 10:49:17 ID:+iRxL8qF
>>81
いずれにせよで片づけるなよw>80の事実論でも有るように国事行為は形式行為
ではなく、この行為によって効力が発せられる良い例
その上で棚晒し的な事実的な拒否権発動が可能かどうか考えたときに天皇に束縛権が及ぶか
微妙、そもそも合衆国憲法のように処理するまでの時間が定められて居ないし

83 :法の下の名無し:2006/02/16(木) 11:09:03 ID:SfNA9P4Z
いずれの事実も天皇が現に実質的な国政に関する権能を用いたと評価できるような
ものじゃないでしょう。
親任式が効力発生要件とされているかどうかはそれだけじゃわからない。
ルールが定められていないのは確かだけどそれは作らなきゃいけないというだけで
だからといって天皇が好きに出来るということは意味しない。
束縛権というのは何?

84 :法の下の名無し:2006/02/16(木) 11:49:07 ID:+iRxL8qF
親任式が効力発生要件とされているかどうかはそれだけじゃわからない

通常新内閣が採るべき指揮をこの事が行われて居ない為に憲法第71条
の規定を用いて前内閣が指揮すると言う緊急手段とってんのに、それだけじゃ
分からないっておまいさんw

85 :法の下の名無し:2006/02/17(金) 22:10:29 ID:DXlSMoHm
現行法制は天皇が内閣の助言に従わないという事態を想定していない。
学説がなぜこの問題を突き詰めて考察しないのか不可解だが

86 :法の下の名無し:2006/02/17(金) 22:57:42 ID:/UDwuX7P
実益がないからじゃないの?

>>84
いろいろな解釈はできるんじゃね?

87 :法の下の名無し:2006/02/18(土) 19:35:49 ID:qwE9Yca9
>>68
おいおい、戦前も天皇は民事裁判の対象じゃないぞ。
確かに、御料地が民事裁判の対象になることはあっても、それは宮内大臣を当事者とみなす。
しかし、それでも「天皇」個人が対象となるわけではない、「天皇の宮内省」が対象となるのである。

88 :法の下の名無し:2006/02/18(土) 20:18:20 ID:V9RF5ahS
訴訟担当?

89 :法の下の名無し:2006/02/19(日) 08:58:52 ID:eTNAN6/T
なんかで司法大臣が訟務担当したことなかったっけ。天皇関係で。

90 :法の下の名無し:2006/02/19(日) 12:27:37 ID:UcYlwIcy
ttp://www.zianplus.net/cgi-bin/vote+/vote.cgi?detail=%93V%8dc%82%c1%82%c4%91%b6%8d%dd%89%bf%92l%82%aa%82%a0%82%e9%82%cc%81H&room=1138521512

タブーっぽくて聞くに聞けないけど、聞いてみたいこと
天皇って存在価値があるの?

91 :法の下の名無し:2006/02/19(日) 13:04:49 ID:cL4IaRNI
>>90
法学的には答えられないだろ。

92 :法の下の名無し:2006/02/19(日) 19:41:11 ID:UDkh/HBe
>>90
>>23がその点について言及している。

93 :法の下の名無し:2006/02/20(月) 12:31:33 ID:TKpmA1MJ
天皇は君主じゃないというのが憲法学の通説でしょ。

94 :法の下の名無し:2006/02/21(火) 16:17:02 ID:ZMH8olXb
まあ、外交文書なんか見ると明らかに君主なわけだが。

(サンフランシスコ平和条約批准書)
日本国天皇(御名)は、この書を見る各位に宣示する。
日本国政府は、日本国の全権委員が連合国の全権委員とともに千九百五十一年九月八日にサン・フランシスコ市で署名した日本国との平和条約を閲覧点検し、これを批准する。
ここに、日本国憲法の規定に従い、これを認証し、その証拠として、親しく名を署し、璽を鈴せしめる。

昭和二十六年十一月十九日 奈良において

 御名御璽

                    内閣総理大臣 吉田 茂(印)
                    外 務 大 臣 吉田 茂(印)

(ベルサイユ条約批准書)
天佑ヲ保有シ萬世一系の帝祚ヲ踐メル日本國皇帝(御名)此ノ書ヲ見ル有衆ニ宣示ス
朕大正八年六月二十八日佛蘭西國「ヴェルサイユ」ニ於テ帝國全權委員ノ同盟及聯合國全權委員竝獨逸國全權委員ト共ニ署名調印シタル平和條約及附屬議定書ヲ閲覧點檢シ之ヲ嘉納批准ス
~武天皇即位紀元二千五百七十九年大正八年十一月七日東京宮城ニ於テ親ラ名ヲ署シ璽ヲ
鈴セシム

 御名國璽
                    外 務 大 臣 子爵内田康也



95 :法の下の名無し:2006/02/25(土) 00:50:34 ID:BqavC377
>>87
「天皇の宮内省」が対象となるなんて脳内学説はイラネ
戦前の憲法教科書、または百選の解説でも熟読したまえ。

96 :冷戦後の時代当然、天皇制は変化するだろう:2006/02/25(土) 15:21:58 ID:wIPM7i7s
>>23
長い屁理屈だな。
単に国内秩序の維持に資するからで良い。

天皇制度を論ずるにおいて秩序なる用語が
明示できない論説はほぼ無視して良い。
天皇制を語る上で最も重要な概念。
>>29
既に石原都知事下の教育委員が園遊会において得たお言葉
「国歌は強制しないほうがいい」と言うものは明確に地方自治
に干渉していると言える。地方自治は国政以上に民意が反映され易い
機構に(特に首長)なっているが、それへの明確な挑戦とも言える。
しかしこれについて内閣や議会で問題視
され、或いはマスコミや国民世論、言論界、での問題視或いは
行政訴訟と言う明確な反発はみられない。
つまり既に黙認され先例化したと言っていい。

天皇制は時代の保守化右傾化と共に、自衛隊同様、変容を始めたと見ていいだろう。
憲法解釈は当然変化せざるを得ない。
政治への影響力の有無、保守的な憲法学者の是非とは無関係に時代は変化する。
時代の変化に対応できない憲法解釈に未来は愚か現在の国民の支持さえ得られまい。
国民は将来お言葉どころか事実上の勅令さえ歓迎するようになるかもしれない。
右傾化は行きつくところまで行くだろう。
さて、一国の君主の意見として明文化された勅語と口頭での政治的発言になんの本質的な差があろうか?

「運命は従うものを導いていき、逆らうものを引きずって行く」〜セネカ〜


97 :法の下の名無し:2006/02/25(土) 16:48:07 ID:wIPM7i7s
>>495
層化とかか?ww
傀儡にしようと思ったら精神病と自閉症の方が
都合いいよな。

98 :法の下の名無し:2006/02/25(土) 16:50:40 ID:wIPM7i7s
ごめんね、誤爆したww

99 :481:2006/03/01(水) 17:21:55 ID:MH0q0uEf
社会版:
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1139132859/
の投稿222を読んでいただけないでしょうか?

社会生態学的に分析した場合、
オーム真理教が「皇室犯罪」と仮定した時には
東京大学農学部にて、サリンが製造され、
地下鉄で多数の命を奪っていた可能性も考えねばなりませんが、
万一その場合、毒物製造を担当した東京大学農学部の教員陣は
殺人罪で検挙されるべきかと思うのですが、
この点の検証は行われつつあるのでしょうか?

オーム真理教が「皇室犯罪」か否かで
地下鉄毒物殺人事件の当事者が違ってきます。
東京大学農学部がサリン製造を担当していたかどうか
慎重な検証が必要と考えます。

100 :481:2006/03/01(水) 21:27:28 ID:MH0q0uEf
社会版:
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1139132859/
の投稿222を読んでいただけないでしょうか? 明治維新時に孝明天皇父子の虐殺
及び長州藩の部落住民による『乗っ取り』があったため血統に正当性がない可能性が
高く、その歪が日本を亡国状況にしている可能性が否定できません。

また社会生態学的に分析した場合、
オーム真理教を「皇室犯罪」と仮定した時には
有機リン剤の専門研究室がある東京大学農学部にて、サリンが製造され、
地下鉄で多数の命を奪っていた可能性も考えねばなりませんが、
万一その場合、毒物製造を担当した東京大学農学部の教員陣は
殺人罪で検挙されるべきかと思うのですが、 この点の検証は行われつつあるのでしょうか?

オーム真理教が「皇室犯罪」か否かで 地下鉄毒物殺人事件の当事者が違ってきます。
東京大学農学部がサリン製造を担当していたかどうか慎重な検証が必要と考えます。
なお、この行政テロの被疑において、英米の関与があったのかもしれませんが、統治行為論により
他国の責任は不問にしてでも、この点の検証は求められると思います。何故ならば
米国の9・11で見られた行政サタニズムミーム(すなわち田中宇氏が主張しているように
米国当局自体がビンラディンである可能性が否定できない)が形を変えて何度も未だに繰り返されている
からです。これは日本国民にとっても米国国民にとっても大変なマイナスです。日米英とも今一度
国民主権に戻りサタンではなくイエス(仏)のミームによる国家再構築が求められるように思えてなりません。
社会生態学という学問の一環として上のスレッドをダウンロードして冷静かつ慎重に読んでいただけるよう
重ねてお願いします。今のまでは日米英ともサタン・ミームに支配されかねません。米国は基本的には
キリスト教国家ですが、これではキリスト教も何もあったものではありません。サタン教は撤廃すべきです。
社会生態学を今後あらゆる分野で育てていく必要があるよう思えてなりません。


101 :法の下の名無し:2006/03/02(木) 12:44:45 ID:Lxudd4I0
近年、英国王室においてDNA鑑定が必要であるという新聞報道が世界に配信されているが
社会生態学的に考えた場合、我が国の天皇機関説(美濃部達吉)でもこの点を明確にしないと、
国家全体で表と裏を大規模かつ悪質に使い分ける二重構造による歪が至る所で拡大し、
裁判所といった司法でさえも日本国憲法や法律が事実上機能しない状況が拡大しうるだろう。

日本国家の根幹に関わるこの問題について、学術論議等を冷静かつ慎重に行いたく存じます。
ご教授、賜れますようお願い申し上げます。

102 :法の下の名無し:2006/03/07(火) 20:49:32 ID:4j2f2u/K
>>93-94
君主でも君主でなくてもどっちでもいいことだろ・・・

103 :法の下の名無し:2006/03/12(日) 23:05:28 ID:5sg/v6vD
>>93
通説・政府見解は「定義による」じゃね?

>>94
あなたが天皇が君主になるように定義したというだけですよ。

>>96
秩序というのがいかなる秩序でそれがどのような理由で保たれるのかの説明がない。
君の主張の理解のしかたによっては、国民の忠誠の確保を中心的な理由とする>>23の主張
と違いはない。

104 :法の下の名無し:2006/03/13(月) 07:33:51 ID:1Pv2EtU0
>>103
忠義なんてものは江戸時代に強調され、明治憲法以前の軍人勅諭で
明言された儒教の理念に過ぎないよ。
天皇制は神道に求めるべきだろうな。



105 :法の下の名無し:2006/03/14(火) 12:13:35 ID:gJgG2LqX
>>104
( ゚Д゚)ポカーン

106 :法の下の名無し:2006/03/14(火) 14:02:06 ID:FU9GQlui
age

107 :法の下の名無し:2006/03/15(水) 03:57:24 ID:8EYaBa9E
政教分離なんてマヌケな法理で
天皇制が語れると考えている馬鹿は
大学では通用しても実務では通用しない。

108 :法の下の名無し:2006/03/18(土) 05:50:00 ID:72RMjoot
実務って違憲訴訟のこと?

109 :法の下の名無し:2006/03/27(月) 11:33:52 ID:VqTFs6JM
age

110 :法の下の名無し:2006/03/28(火) 09:41:31 ID:FWCQjDg3
おいおい、政教分離がマヌケな法理ってのはいいすぎだろw

111 :法の下の名無し:2006/03/29(水) 21:28:22 ID:3PzH34Xf
age

112 :法の下の名無し:2006/04/03(月) 03:11:31 ID:0m5x7uRt
昔は違ったかもしれないが、今は天皇はその名の通り日本の象徴
つまり、天皇がいるおかげで歴史をもつ文化的な国と位置づけられるわけだしな
ただそれを過剰に意識した右翼、左翼が存在してしまうから議論をかもちだすわけだろ?
例え途中でその血が途切れたという疑問があったにしても、歴史を持つ国であるためには必要な象徴であるさ

113 :Westie92:2006/04/03(月) 03:22:19 ID:45fuzBBr
Hello I'm french !

114 :法の下の名無し:2006/04/05(水) 17:44:45 ID:p92Fily9
天ちゃん

115 :ニセモノ皇族(長州藩部落住民系)に関する学術論議:2006/04/17(月) 08:00:05 ID:nismwJUr
内容(「BOOK」データベースより)
幕末は慶応二年十二月から翌三年夏にかけて、長州、岩倉の一味によって強行された、
孝明天皇父子弑逆事件とその徹底的な隠蔽、そして長州による大室寅之祐明治天皇スリ替え事件。
明治維新という未曾有の大改革によって誕生した大日本帝国なるものは、
それらの大謀略を経て築かれた偽政体であった。このような大異変は、
日本民族のそれまでの歴史の流れから、絶対に生まれるはずのない性質のものである。
それは何故なのか?なぜ、起きたのか?そしてその本質は何なのか?
今や、この問題に答えを出さなければならない秋は来た。
本書はこの平成の御代まで連綿と続く、西洋かぶれ売国奴政治屋の悪辣悪行をあぶり出し、
家畜・羊の群れと堕した現代日本人に強い覚醒を促す書である。

内容(「MARC」データベースより)
明治維新という未曾有の大改革によって誕生した大日本帝国とは、
大謀略を経て築かれた偽政体であった。「孝明天皇父子弑逆」
「大室寅之祐明治天皇スリ替え」など、長州売国奴が封印した日本史の超タブーを暴く。

参考文献:長州の天皇征伐〜日本の悲劇は全てここから始まった〜  太田龍
成甲書房、¥1,995 (税込) ISBN: 4880861898 ; (2005/10/20) 、以下URLはアマゾン書評(見る価値あり)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4880861898/503-4909883-0820712
皇族とか天皇が犯罪犯したらどうなるの? (偽皇族はオウム真理教殺人被疑あり)
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1137727591/l50http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1137727591/l50


116 :法の下の名無し:2006/04/18(火) 21:18:18 ID:dffdk+U9
当然、統帥大権とか、緊急勅令とかについて熱く語るスレだよな? な!

117 :法の下の名無し:2006/04/19(水) 09:51:40 ID:ENK2PDqq
そうなんか?

118 :法の下の名無し:2006/04/23(日) 21:29:06 ID:ntxiQfKb
学者の良心があれば八月革命説なんて真顔で主張できないだろ。

119 :法の下の名無し:2006/05/05(金) 10:43:02 ID:6uxh5zQX
にしても拒否する天皇は出て来そうだけどな

120 :法の下の名無し:2006/05/06(土) 02:24:06 ID:5SX47y82
そんなことしたら天皇制廃止論が盛り上げることは火を見るより明らかだが。

121 :法の下の名無し:2006/05/06(土) 17:06:23 ID:Oe+VCKCF
天皇をやめたくなったら国事行為を拒否

122 :法の下の名無し:2006/05/08(月) 13:31:42 ID:F8pIpGEl
>>120
まあ、そんな事は無いだろ右翼さんが黙って無いだろうし

123 :法の下の名無し:2006/05/08(月) 18:21:57 ID:ji+g6UhF
黙ってなくても盛り上がるだろ。

124 :法の下の名無し:2006/05/09(火) 22:17:28 ID:WPpa9eyO
質問なんですが、天皇陛下が国会の開会式で
「党利党略、私利私欲ではなく、国家国民の為に働いて下さい」
とか、拉致問題について
「非常に重大な問題であり、全ての拉致被害者が一日も早く家族と共に暮らせるようになることを切に望みます」
とか、そういう発言を仮にされた場合、憲法違反なんでしょうか?
物議は醸すかも知れないけど、自分はギリギリセーフだと思うんですが。

125 :法の下の名無し:2006/05/09(火) 23:25:35 ID:yix0WW/m
>>124
私的なお言葉になるかどうかがキーワードで

しかし園遊会でだったかな?都の教育委員に斉唱の強制は駄目と言ったのは

126 :法の下の名無し:2006/05/10(水) 04:16:12 ID:lWNUPZxd
そういう事実行為が憲法違反ということになんか意味ってあるの?
不法行為が問題になるわけでもないのに。

127 :法の下の名無し:2006/05/10(水) 06:25:39 ID:nIJfQxh4
>>125
そんなことは言ってない。

128 :法の下の名無し:2006/05/10(水) 10:17:30 ID:PUHdYwMb
>>127
そう言う事確か有ったぞ言い方はどうか知らんが

都知事も記者から質問攻めに有ってたもの見たし

129 :法の下の名無し:2006/05/10(水) 10:27:47 ID:x+f8bZFj
>128
この事だね、

国旗・国歌「強制でないのが望ましい」天皇陛下が園遊会で
http://www.asahi.com/politics/update/1028/003.html

 天皇陛下は28日の園遊会の席上、東京都教育委員を務める
棋士の米長邦雄さん(61)から「日本中の学校で国旗を掲げ、
国歌を斉唱させることが私の仕事でございます」と話しかけられ
た際、「やはり、強制になるということではないことが望ましい」
と述べた。

米長さんは「もうもちろんそう、本当に素晴らしいお言葉をいただ
き、ありがとうございました」と答えた。

言う事が180度変わるこの人も何だが確かに影響力は有るわな、
まあ憲法上でどうかと言っても憲法上問題はないと言う政府見解だっただろ

結局天皇に向かって行けるのは共○党位でないの

130 :法の下の名無し:2006/05/10(水) 11:51:12 ID:u8PVGWkG
>>128
日本語は正しく理解しような。
それでは天皇が言った言葉を真逆に捉えてるぞ。


131 :法の下の名無し:2006/05/10(水) 11:54:15 ID:u8PVGWkG
当時の実際のやり取りはこうなっている。

米長元名人: 「日本中の学校にですね、国旗を挙げて、国歌を斉唱させるというのが、私の仕事でございます。」

陛下: 「ああ、そうですか。」

米長元名人: 「今、がんばっております。」

陛下: 「やはり、あの、あれですね、その、強制になるというようなことでないほうがね、望ましいと・・・」

米長元名人: 「ああ、もう、勿論そうで・・・本当に、素晴らしいお言葉を頂きまして、ありがとうございました。」


ちなみに宮内庁の羽毛田信吾次長による園遊会後の説明でも、天皇に発言の趣旨を確認したとしたうえで
「陛下の趣旨は、自発的に掲げる、あるいは歌うということが好ましいと言われたのだと思います」 と述べている。

132 :法の下の名無し:2006/05/10(水) 12:44:51 ID:8DFiHkee
>>131
否定に必死な様だが

当時のニュースや総理への番記者の質問では一応に天皇が否定された旨
で報じられているが

133 :法の下の名無し:2006/05/10(水) 13:05:36 ID:u8PVGWkG
>>132
天皇の発言を、政治的に(思想的に?)都合よく利用したある意味典型例だろ。

君の言うとおり、マスコミ報道の大半は天皇の意向と真逆の報道をし、TVなども
天皇の声を消したり切ったりして、テロップ(スーパー)だけを強調して煽りまくって
たのは事実、おまけに後の修正(訂正)は、極々わずかしか流れてないしね。

つか、必死て何? 私は天皇支持者でも何でもないんだがw
極東や東亜から来た人なら、巣にお帰りなさい。

134 :法の下の名無し:2006/05/10(水) 14:02:03 ID:aCvjPo9J
憲法改正して天皇制を廃止するべきだな。

135 :法の下の名無し:2006/05/10(水) 14:17:25 ID:jfkX/FYQ
>>133
アカが必死だなw

136 :法の下の名無し:2006/05/10(水) 16:15:52 ID:lWNUPZxd
>>131
強制しちゃだめってことじゃん。何が逆なのかわからん。

137 :法の下の名無し:2006/05/10(水) 18:09:21 ID:u8PVGWkG
>>136
日本語勉強しなおせw
これをどう読んだら 「強制してはいけない。」 になるんだ?全然意味が違うぞ。

「 強制になるというようなことでないほうがね、望ましいと・・・ 」

この言葉は、本来自発的に掲げる、あるいは歌うということが当然な国旗国歌が
強制になる(強制にせざるを得ない)現状を憂いている言葉だよ。
君は逆説的表現も知らないのか?

138 :法の下の名無し:2006/05/10(水) 18:10:29 ID:u8PVGWkG
しかしまぁ こんな簡単な(普通の)日本語が理解できないとは
これがゆとり教育の結果か・・・

139 :法の下の名無し:2006/05/10(水) 18:26:43 ID:Eq/c2Ody
>>138
マスコミにも言いなよw

首相も理解出来てなかったと言う事か?

それと

本来自発的に掲げる、あるいは歌うということが当然な国旗国歌が
強制になる>>意味としては二つ取れるだろ、通達で招斉唱させる指導が
正当とするなら強制させる事は正当な行為で有り強制になると言う様な…
と言うのはこれを否定したとも取れる

140 :法の下の名無し:2006/05/10(水) 19:35:59 ID:18eWJmTs
いいかげんに他の板でその話をやってくれないかな?
ここは天皇の権能について語る所ですから。
またスレを止められるぞ。

141 :法の下の名無し:2006/05/10(水) 22:25:45 ID:lWNUPZxd
>>>137
説明ありがとう。藻前が日本語が苦手なことはわかった。
帰っていいよ。

142 :法の下の名無し:2006/05/10(水) 23:52:46 ID:bDuzIB8y
>>141
天皇叩きのアカも巣に帰りな。


143 :法の下の名無し:2006/05/10(水) 23:56:06 ID:g0DWtFiB
天皇の「象徴」性については、
現憲法1条は、何も現憲法1条の条文の存在を俟つまでもなく、
日本の永続した歴史の中における一事象(象徴性)を
単に再確認したにすぎないという見解があるが、
果たしてそうか?

明治憲法の制定も、天皇を国家君主たる地位に据えるために
さまざまな技法を用いて制定された経緯があるが、
そもそもかような地位を天皇に強要したところに、
誤謬があったとみるべきではないか。

個人的見解として、
今回の皇室典範改正問題は、
良くも悪くも、天皇と国民とが初めて直接に対峙することになる
きっかけとなると思う。


144 :法の下の名無し:2006/05/11(木) 08:52:56 ID:m4HDr7CP
↑良いこと言うね
俺もそう思うよ

145 :法の下の名無し:2006/05/11(木) 23:12:30 ID:W5ZsMbJH
>>143
>天皇の「象徴」性については、
>現憲法1条は、何も現憲法1条の条文の存在を俟つまでもなく、
>日本の永続した歴史の中における一事象(象徴性)を
>単に再確認したにすぎないという見解

現憲法を審議してた帝国議会の議事録その他を見る限り、政府はそういうスタンスだね。
つーかそれが一般国民の感覚だと思う。「断絶説」とか、「象徴天皇制は日本国憲法によって初めて誕生した」とか、馬鹿馬鹿しくてしょうがない。
初めて象徴天皇制度を「明文化」した、なら分かるけどね。

146 :法の下の名無し:2006/05/11(木) 23:29:42 ID:WI4LM31l
長らく象徴天皇制であったという主張に理由があったとしても、
「主権の存する日本国民の総意に基く」象徴天皇制は、
日本国憲法以前には存在しません。

147 :法の下の名無し:2006/05/11(木) 23:36:50 ID:W5ZsMbJH
>>146
>「主権の存する日本国民の総意に基く」象徴天皇制は、
>日本国憲法以前には存在しません。

確かにそうだね。
象徴天皇制度の「民主化」ってことになるのかな。
(昔からの象徴)天皇制度+国民主権=日本国憲法における象徴天皇制度
見たいな感じかな?

148 :法の下の名無し:2006/05/12(金) 00:12:55 ID:2pIwW46B
単に象徴だけなら、天皇に国事行為をさせる必要性はないからな。
天皇に首相任命、衆議院解散、法律の公布などの国事行為など
形式上とは言え、君主が行う行為を憲法が天皇に求めていること
自体、古来から継続する天皇制度を表してしていると言うことだろう。

149 :法の下の名無し:2006/05/12(金) 01:42:01 ID:Q/HXpI2E
>>148
それは君主の機能ではなく(君主に限った話ではなく)元首の機能だろ。

150 :法の下の名無し:2006/05/12(金) 05:34:45 ID:cFnoOB+l
>>137
穿ち過ぎだよw単に、強制でない方が望ましい、と言っているだけだろ。
素直に処罰を伴った国歌の強要を憂慮したと読むべきだよ。
現状ナショナリズムは世界的に顕著で、日本もその例に洩れない。
左翼の赤色教育を受けたにもかかわらず若い世代も(これは文字通り世界
的規模で行われているサッカーの影響が大きい)国歌の斉唱は自発的にやる。

殊更の強制は不要、と言う賢明な意見だよ。陛下は国の内外の実情に
良く通じていると言うことだ。どこぞやの右傾化便乗右翼とは違ってなww
余計な強要はこういった自発的な国意識の涵養を妨げると言うことだ。
左翼も馬鹿だが右翼も馬鹿なところに日本の不幸がある。
>>126
問題アリだと思うよ。地方自治への干渉だろ、事実上。
地方自治は直接の民意が国政より重視されている。
だから首長が公選されるわけだろ。その知事の政策に園遊会と言えども
否定的に発言するのは明らかに政治的な発言だよ。
園遊会が公開されるのを知らないわけはなく、確信犯だろうな。
背後に居るのは外務省出の多い宮内庁だろ。あまりナショナリズムを喚起
したくないと言う意向だろうな。北朝鮮外交でキリキリマイさせられているからなww

君主の命令は勅令勅語勅諭勅命等表現は違うが、明文化されずに口頭で伝えられても
政治的影響力は大きい。実際メディアは大騒ぎし、知事も引いていたくらいだ。

その後の都庁の処分の仕方(例えば処分が緩和或いは削減された等の事実があれば
)によっては明白に地方自治への干渉となり、これが先例化或延いては慣例になれば国民主権への
制限ともなりえるよ。天皇主権の萌芽と言っていいだろ。

左翼の馬鹿は自分に都合がいいからここいらをあまり批判せず、右翼の頓馬は皇室に指摘
されたもんだからおかしな解釈で誤魔化す始末。

洩れは発言の内容も陛下の発言の仕方も妥当と考えるけどね。
そもそも民意は制限されるべきと考えるんでね。
実際国政と地方自治を比較すると明白に国政では民意への警戒が見られる。
直接選挙が明らかに制限されている。

151 :法の下の名無し:2006/05/12(金) 09:49:58 ID:ElXiVXfk
選挙を経ていないやつが国家元首をやっていることが問題。
しかも国家元首なんていう激務を10年以上もやるようになる天皇制はやはりおかしいと見るべき。

152 :法の下の名無し:2006/05/12(金) 11:03:20 ID:lQWmYN3L
>>150
必死に否定してもな〜
君より頭の良い学者の見解でも否定したと解釈してる人が多いし

そいつらから論破してきたら?無理だと思うけど

153 :法の下の名無し:2006/05/12(金) 12:20:00 ID:LXobmktp
>>151-152
だからお前ら巣に帰れって。

154 :法の下の名無し:2006/05/12(金) 12:21:05 ID:LXobmktp
ありゃ一つ抜けてた。

>>150
お前もさっさと巣に帰れ。


155 :法の下の名無し:2006/05/12(金) 12:41:33 ID:iqGuP/j1
オマエモナー

156 :法の下の名無し:2006/05/21(日) 20:13:13 ID:5DU3Vm3s
>>143

>日本の永続した歴史の中における一事象(象徴性)を
>単に再確認したにすぎないという見解

それは江戸時代の征夷大将軍の任命などのように時の権力の正統化を
図ってきたってことでしょうか。

>>146
それは単に国民主権が最近完全に成立したってだけでは?
江戸時代の武家政権時代には天皇の象徴性は武家の意思が多分に盛り込まれていたのだけれど、
それが国民に代わっただけでは?

157 :法の下の名無し:2006/05/23(火) 19:52:22 ID:XuNxuqJe
天皇いらないっていうか氏ね

158 :法の下の名無し:2006/05/23(火) 20:46:27 ID:MjF5j52h
↑スレ違い

159 :法の下の名無し:2006/05/24(水) 09:52:21 ID:tG9JRY3a
>>157
きみは改憲論者か?

160 :名無的発言者:2006/05/24(水) 10:08:00 ID:3vvw57Z8

明治政府が作った皇室典範なんて糞!!!

161 :法の下の名無し:2006/05/24(水) 12:39:17 ID:g98zoxua
天皇制廃止して日本も共和制にすべきだ!天皇氏ね

162 :法の下の名無し:2006/05/24(水) 14:20:42 ID:Z8jmbo9u
>>161
祖国に帰れw

163 :法の下の名無し:2006/05/24(水) 15:34:50 ID:tG9JRY3a
>>161
チョーセンジン死ね!!

164 :法の下の名無し:2006/05/29(月) 23:13:21 ID:6XAHLQ+p
>>129

>言う事が180度変わるこの人も何だが確かに影響力は有るわな、

別に米長は「強制します」とは言ってないんだから、天皇の言葉とは矛盾しないだろ。

165 :法の下の名無し:2006/06/02(金) 12:48:52 ID:4Gvxnkpb
■「皇室と日本を考える」第一回学習会

幅広い皇室問題への基礎固め!研究なくして運動への信念無し!皇室への認識を深める学習を!!

紀子様の御懐妊をむかえ皇位継承問題がしばし沈静化している今、政局・法律論・経済・
大衆文化批評・社会学・歴史・宗教・政治思想・文学・神話など、多方面から知識をもちより、
相互の議論を通じて、皇室と日本への理解と皇位継承問題への認識を深めてゆきたいと考えています。

◆日時:6月10日(土)17時30分より。(約2時間ほど予定)
◆会場:豊島区生活産業プラザ(豊島区民センターの裏)7階第一会議室
 http://www.city.toshima.tokyo.jp/sangyo/ids/plaza/ids_plazab.html

●第一部 テーマ「皇統護持における罠と陥穽 〜消去法から見る真っ当なプロセス〜」
 ナビゲーター:元木田蔵(さよなら氏/鐵扇會會長)
 ※これまでの男系護持運動をふりかえり批判的に検討しながら旧皇族の皇籍復帰への
運動的論点を提示し、国民運動によって万世一系の皇位継承を守る具体的見通しをさまざまな
側面からみて、世論の喚起とその効果を論証的に推定し、運動の本質に迫ります。

●第二部 ディスカッション(18時30分頃より開始、約1時間ほど予定)
毎回、当日のナビゲーター役を囲んで質疑応答、感想等の気軽な話し合い、あるいは参加者同士
での討論などを行ないたいと思います。第一部に参加した方はぜひ第二部にも続いて御参加ください。

◆主催:「皇室と日本を考える」実行委員会
 共催:女系天皇に断固反対する会http://mixi.jp/view_community.pl?id=334458(ミクシィ内)
 協力:鐵扇會http://www.tetsusenkai.net
 参加費:無料  参加の事前連絡先:info@nihon.lar.jp
 ※尚、勉強会終了後、参加者懇親会を予定しております。飲食代適宜。
  お問合せ&連絡先:「皇室と日本を考える」実行委員会 info@nihon.lar.jp

166 :法の下の名無し:2006/06/02(金) 23:44:55 ID:LR3IZ1Kc
ポツダム緊急勅令はなぜ合憲なのか。
そもそも国民主権の新憲法のもと、天皇の勅令なんて認めてよいのか。

167 :法の下の名無し:2006/06/03(土) 11:13:38 ID:lNxXAGjb
>>166
統治行為論
国民主権の新憲法のもと>勅令は公布前だろ

168 :法の下の名無し:2006/06/10(土) 21:09:05 ID:voBvvFT6
天皇がこれだけのスペックならいいな。以下、『七つの威力』を羅列。
@人間の1000倍のパワー(400トンの物体を持ち上げる)
A走る速さはマッハ1(時速1200km)
B垂直に60mのジャンプ力
C皮膚の硬さは鋼鉄の100倍(6000度の超高熱に耐える)
D視力10(50m先にある1ミリ四方の物体に書かれてある文字が読める)
E10km先の猫の鳴き声が聞こえる
F反射神経速度は人間の30倍以上



169 :法の下の名無し:2006/06/12(月) 12:04:34 ID:h4zGClBp
E10km先の猫の喘ぎ声が聞こえる

に訂正しろ

170 :法の下の名無し:2006/06/16(金) 13:48:15 ID:RqpHfqlV
>>137
いや、だからさ
米長名人は「強制的に」歌わせる。とはいってないじゃない。
説得やキャンペーンなどを通じて「間接的にさせる」方法をとるかもしれない。

そうなると陛下の言う「強制」とは両立するんじゃないか。

米長元名人: 「日本中の学校にですね、国旗を挙げて、国歌を斉唱させるというのが、私の仕事でございます

171 :法の下の名無し:2006/06/16(金) 13:50:27 ID:RqpHfqlV
>>146
鎌倉時代は、「主権の存する鎌倉幕府による」象徴天皇制じゃないの?
主権者が変わっただけで。

172 :法の下の名無し:2006/06/20(火) 02:01:47 ID:kgo8o/SD
主権の明確な定義は困難だが鎌倉幕府に主権があるというのは困難だろう。
中世武家政権はあくまで天皇という名目上の君主の下での政権だ。

173 :法の下の名無し:2006/06/20(火) 19:26:50 ID:vWHGgndG
幕府という言い方自体が天皇を前提としていますね

174 :法の下の名無し:2006/06/29(木) 16:00:43 ID:m4lI4drE
その通りですね

175 :法の下の名無し:2006/06/29(木) 23:44:53 ID:eAaicQi6
「幕府」っていつの間に右大将(源頼朝)の居宅から征夷大将軍の統治機構に意味が変わったの?

176 :法の下の名無し:2006/06/30(金) 04:58:53 ID:IS3/kgiJ
>>175
中国風の呼称だったらしいよ。幕府殿、ね。
征夷大将軍が臨時の職ではなく常設になったからだろ。

177 :法の下の名無し:2006/07/02(日) 03:35:44 ID:G3giraMX
>>176
ではいつ常設になったの?源頼家から源実朝にかけてのあたりかしら?

178 :法の下の名無し:2006/07/02(日) 18:31:37 ID:PczVGMYG
日テレが、日本の皇室を相手にハリウッド映画も顔負けのテロリズムをやらかしましたよ。w

日本テレビ高校生クイズの司会者がパラシュートで赤坂ご用邸に落ちた模様
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1151827742/
【速報】「高校生クイズ」関東大会で2名が強風に煽られ赤坂御用地に着地 司会のオリエンタルラジオか
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1151827837/
日テレは赤坂御所襲撃事件の犯人を実名報道せよ
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/liventv/1151828264/
【不敬】日テレが空から赤坂御用地に侵入
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/liventv/1151832010/
日テレまた失態 赤坂御用地にパラシュート不時着
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1151829023/

179 :法の下の名無し:2006/07/03(月) 06:41:31 ID:ygZjgell
>>178
たいした不祥事でもないのに大騒ぎしすぎだ。

強風の中で企画を強行した番組責任者の判断が問われると思うが、けが人が出なくて何よりだったというのが普通の人間の反応だよ。



180 :法の下の名無し:2006/07/04(火) 23:03:51 ID:1a9vZhmm
秋田県立大および偽皇室のオウム殺人犯罪容疑
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1137727591/416-423

2 名前:藤本しゅういち :2006/06/22(木) 13:54:13 ID:r/NLr5NA0
ヤバイ!!教員の●盗もうとして捕まっちまったよ!! 誰か助けて!!もうショック!!
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/ojyuken/1151149645/

255 :非公開@個人情報保護のため :2006/06/15(木) 06:59:11
小説救急車殺人企画事件を考える
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/truck/1109449154/463-469

275 :↑しつこいキチガイ女め :2006/06/13(火) 17:08:16 ID:???
ヒットマンではなく 直接してやる。覚悟しろや。】ヒットマン ププ
http://www.akita-pu.ac.jp/bioresource/b_aisatsu.html

311 名前:実名攻撃大好きKITTY :2006/06/24(土) 19:13:31 ID:zgdswjAI0
それ俺の親友。マジショック…

188 名前:最低人類0号 :2006/06/22(木) 01:01:05 ID:2CWmvqaB
お前のせいで私の人生終わったよ。 このまま柵のついた窓がある病院で一生を終えるなんてイヤだ。
http://www.akita-pu.ac.jp/bioresource/dbe/rural/staff.html

176 :学籍番号:774 氏名:_____:2006/06/27(火) 15:34:50 ID:nPFLGkCv
●●殺人大学は、人の殺し方や死体の処理の仕方を教えている。

957 :学籍番号:774 氏名:_____:2006/06/26(月) 01:02:44 ID:8gqYcyr7
(括弧内補足:入学者激減により)来年度の収入見込みは絶望的であるがこのような状況化においても
学生の募集を続けていることは、学生の将来を無視した、学長の自己中心的な判断だと言える

601 名前:名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! :2006/06/26(月) 16:17:18 ID:ZaBaB4mj
まぁ、警視庁が動き出したってのは事実でしょ 事実出ないことをブログにのせる奴はいないし


181 :法の下の名無し:2006/07/08(土) 22:59:22 ID:8wa3szzm
>>172-173
でも「内閣総理大臣」という名称だって天皇を前提としてるでしょ。
「大臣」なんだし。

だからといって「天皇主権」とは言わないでしょ。

君主≠主権者なんじゃないかな。

182 :法の下の名無し:2006/07/08(土) 23:41:20 ID:7OMAggxz
>>181
それは関係ないと思う

183 :法の下の名無し:2006/07/09(日) 15:08:56 ID:1FASdOY9
女系天皇はもはや天皇ではない :竹田恒泰氏(旧皇族子孫)会見
ttp://www.youtube.com/watch?v=Cc-7Dvx3LCc&search=%E5%A4%A9%E7%9A%87

外国人記者クラブでの会見
見てない人は是非見てください
わかりやすくて、おもしろいです
外国人から「あなたの主張は、普通の近代国家に合わないし
男系継承のみを認めている皇室典範は違憲だと思いませんか」
等の質問もあります( ´∀`)

天皇陛下万歳( ´∀`)

184 :法の下の名無し:2006/07/30(日) 23:15:03 ID:6P98azPS
違憲厨

185 :法の下の名無し:2006/07/31(月) 18:14:49 ID:sG9ZDKFb
富田

186 :法の下の名無し:2006/07/31(月) 18:30:48 ID:4Ie0Mbpi
天皇等皇族及び秋田県立大関係者の逮捕がないと
オウム大量殺人が形を変えて繰り返される懸念があります。
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/govexam/1150799959/370-386


187 :法の下の名無し:2006/08/01(火) 22:05:30 ID:WJPjYjS4
8.5【東京】

■「皇室と日本を考える」第三回学習会       
◆8月5日(土)開始時間:13:30〜16:00 (最大延長60分)
◆豊島区勤労福祉会館 第四会議室
豊島区西池袋2-37-4 池袋南口から徒歩3分TEL:03-3980-3131
http://nihon.lar.jp/02.html
◆参加費:無料  参加連絡不要

●今月のテーマ
「天皇と日本とはいったい何か?
 〜神話と神道から、その在り方を考える〜/國山たかし」

※思想家たちを通じて、神道からみた"日本のあり方や根本"という基礎的概念を考えます。
 日本国についての思想家たちの間にある共通部分とそれぞれの特殊な部分とを浮き彫りにし、神話や神道と切り離せない天皇の意義を皆さんとともに考えたいと思います。

 その他、トークディスカッション等、ミニコーナーを予定してます。

◆主催:「皇室と日本を考える」実行委員会
共催:女系天皇に断固反対する会 (mixiコミュニティ)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=334458
協力:(財)国民精神研修財団 他
◆お問合せ&連絡先:「皇室と日本を考える」実行委員会 info@nihon.lar.jp
http://nihon.lar.jp/

質問要望などは下記のスレまでお願いします。
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1147608766/

188 :法の下の名無し:2006/08/03(木) 17:15:28 ID:mblqjKoR
>>186-187
UZAI

189 :法の下の名無し:2006/08/04(金) 02:10:13 ID:jKrCjDO3
『菊池信之メモ』の存在が確認される。

「だから私は亀田家を・・・それが私の心だ」

190 :法の下の名無し:2006/08/12(土) 23:37:25 ID:eHCDGI30
江沢民

191 :法の下の名無し:2006/08/22(火) 22:52:54 ID:bZVdg2ix
富田メモ

192 :法の下の名無し:2006/08/25(金) 17:44:33 ID:UJIRqm63
皇太子

193 :法の下の名無し:2006/09/20(水) 20:00:02 ID:54nQOR6R
面白いスレですね

194 :法の下の名無し:2006/09/20(水) 20:18:20 ID:UC1e3sbx
「平成の壬申の乱、2025年」
体外受精で天皇を作ることに倫理的異議を唱えた勢力が米国と中国を巻き込んで
起こった日本での160年ぶりの内乱だ。試験に出るぞ、覚えておけ!
「兄さん20と、双子25で争う、皇位継承」
語呂合わせで覚えろ。

2110年、東アジア共和国、大学入試試験、日本古文。

195 :法の下の名無し:2006/09/25(月) 17:07:24 ID:hifp5imI
つまんね

196 :法の下の名無し:2006/09/28(木) 22:24:41 ID:M+jTlZ31
天皇

197 :法の下の名無し:2006/09/30(土) 16:58:15 ID:GafkK/oi
天ちゃん

198 :法の下の名無し:2006/10/03(火) 09:23:11 ID:YtlqmTQQ
棚晒し的な処理は可能と思う

199 :法の下の名無し:2006/10/03(火) 09:40:20 ID:+4CsL1Ch
7条解散について

最近、小嶋和司の『憲法概説』だったか
尾吹善人の『日本憲法』だったか忘れたけど、
ひとえに7条解散と言っても、
通説(宮澤・芦部)の言う7条解散と
政府の7条解散では
全然前提が違うことが書かれてたのを目にした。

政府の7条解散はあくまでも
「天皇の実質的決定権」をいまだに前提としているんだよね。

少し驚きました。


200 :法の下の名無し:2006/10/04(水) 12:25:34 ID:I8ySE7lY
('A`)

201 :法の下の名無し:2006/10/04(水) 12:30:24 ID:+sHGcl3Y
この平成の世にいまだに天皇か

202 :法の下の名無し:2006/10/12(木) 22:41:17 ID:tFsnS6zU
エンペラー

203 :法の下の名無し:2006/10/13(金) 09:51:59 ID:gTV7jDbl
こう考えて見ると良くない?

例えば衆議院解散を閣議で決定する→上奏→詔書←この場合送付中に略奪に
有った場合、若しくは何等の理由で御名御璽が受けられない自体が起こった
場合
この場合でも天皇の行為は形式的行為で有って内閣の閣議決定を以て解散
とさせる事が出来るのか
と言う事から見て考えてみれば良いのでは?
自分は形式的行為ではなく天皇の詔書を以て解散とさせるべきとなると思うが
そうで有るなら、国事行為は、この行為で効力が発行する非常に重要な行為で
この行為が行える、ここから天皇には権能の存在が考察され

又明確な拒否では無く棚晒し的な処理で国事行為を実質的に拒否するのは
可能と考えるが

204 :法の下の名無し:2006/10/13(金) 12:20:12 ID:QZOqKwq8
天皇に「国事行為を行わないことを決定する権能」があるだろうか?

205 :法の下の名無し:2006/10/13(金) 12:59:33 ID:ArB7cWdK
>>204
拒否は出来ないのは内閣法制局の見解でも出て居るけど

憲法には何時何時までに処理すべしと言う規定が無い(米の合衆国憲法に
は規定が有るけど)依って棚晒し的に遅延させる事は可能では?

206 :法の下の名無し:2006/10/13(金) 21:43:14 ID:TQHO2PIn
相当な期間内に行う義務があるに決まってるだろ。
行為を留保する権限はない。

207 :法の下の名無し:2006/10/14(土) 10:04:14 ID:FL3w5/q2
>>206
規定されてるなら条文出してよ

208 :法の下の名無し:2006/10/14(土) 11:15:11 ID:qiA++0de
>>207
憲法4条1項を知らないの?

209 :法の下の名無し:2006/10/14(土) 11:37:01 ID:fKLaiJXm
天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。

は分かるけど、で、何時何時までに処理すべきとか何処に書いてあんの?
棚晒し的行為が国政に関する権能に当たるのか
棚晒し的な行為な訳で処理しない訳だから「国事行為のみのみを行ひ」
と言うのにも反しない



210 :法の下の名無し:2006/10/14(土) 13:29:37 ID:qiA++0de
>>209
「国政に関する権能を有しない」に反するだろ。

211 :法の下の名無し:2006/10/14(土) 22:31:46 ID:q9nrBEWI
>>209
天皇が衆議院の解散の国事行為を拒否する→衆議院が解散されない=
天皇による国政権発動になるでしょ?
天皇は国会が指名した者を内閣総理大臣に任命することを拒否→
指名された者が内閣総理大臣の職務ができない=天皇による
国政権発動になるでしょ?

憲法上の国事行為を天皇が拒否すると政治停滞や機能不全に陥る。
結果的に天皇が国政に関わったことになり憲法第4条違反となる。
よって、天皇には国事行為を拒否する権限はない。

212 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 08:25:40 ID:9zd1l0Xy
>>210>>211
だから国事行為の遂行の意志は示しても意図的に棚晒し的な処理は可能だろって書いてるだろ

合衆国憲法の様に裁定期日は定められて居ない訳で

それに拒否出来ないって言っても、拒否は事実行為で有って実際に行った
場合はどうなるんだよw

213 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 10:56:29 ID:CwaBvMkI
>>212
同じことを繰り返すなよ。
国政に関する権能を有しない以上は行為を留保するような権限は認められるわけないって言ってるんだよ。
実際に行った場合は解釈で何とかするしかないだろ。

214 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 11:12:55 ID:KeS+RtpJ
>>212
「やります、やります」と言いながら、一向に何もしないなら
その全体の態度でもって「拒否の意思が表明されている」と
解釈するのがむしろ自然。212自身も実はそう思っているから
「意図的な棚晒し」という言葉を使ってるのだが、ご自分で
気がついていないらしい。

それと、規範そのものと、規範の強制方法の有無(あるいは
強制方法の実効性の強弱)とは分けて考えましょう。

215 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 14:41:31 ID:J/L6cqLb
>>213
処理時間に関する規定が無い訳だが?

>>214
「意図的な棚晒し」と言うのはたとえ話で、本当に実行した場合に、これは
意図的な棚晒し行為で有ると言う事が分かるのは天皇本人だけなんだが
分かってるのか?
やりますやりますと言って行わない事に関する真偽は周りが決める事ではない

216 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 16:01:35 ID:4JfMEloB
仮に期限が書いてあったとしたらどうなるんだろうね。拒否られた場合。

217 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 17:14:45 ID:4sRjsbR7
>>216
処理期間の規定が有れば解釈上でこの期間を経過した時を以て成立とする
となると思いますよ
合衆国憲法上でも運用はこれと同じですが

218 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 21:39:11 ID:X3iAGcrM
>>212
憲法は、天皇が拒否や保留することを想定していないから
国事行為の期日を規定していないんだよ。
天皇に限らず、内閣の助言と承認にも期日が規定されていない。
内閣不信任案可決で総辞職した内閣が71条の「前二条の場合には、
内閣は、新たに内閣総理大臣が任命されるまで引き続きその職務を行ふ。」
を悪用して、新たに国会が首相に指名した者に対する天皇の任命に関する
助言と承認を天皇に与えなかったら、憲法上いつまでも総辞職した
内閣が職務執行内閣をして行政権を行使できる。
期日を規定しなかったのは憲法の不備と言うことは確か。
憲法施行後、そのような事態が発生していないので問題になっては
いないが。


219 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 21:42:49 ID:X3iAGcrM
それと天皇が拒否と言う行為に走ったら、内閣は皇族会議を
召集して天皇が職務執行ができないとして摂政を立てて
それらを回避すると思ういますよ。

220 :法の下の名無し:2006/10/15(日) 21:56:37 ID:CwaBvMkI
>>215
処理時間の規定が必要な理由を説明しなよ。
意図のいかんにかかわらずすぐにやる義務があるというのが「国政に関する権能を有しない」
の解釈として素直だろ。

221 :法の下の名無し:2006/10/16(月) 02:54:12 ID:1mBduHoe
>>218
既出だが、細川内閣崩壊時の時は国事行為(親任式)が遅れ第71条
が適用されたが?

>>220
直ぐにやると言う根拠が曖昧、君が言うのは粛々と処理すると言う性善説の上での空論
それと>219は君主押し込めと言う古典的手法だが広く媒体手段が確立されている昨今では
精神疾患等を主張しての摂政擁立は不可能

222 :法の下の名無し:2006/10/16(月) 04:14:27 ID:9mqS2i3h
>>221
性善説は関係がないし根拠はすでに示したとおり4条1項。
国政に関する権能を有しない以上は棚晒しにする権能などない。

223 :法の下の名無し:2006/10/16(月) 04:15:06 ID:9mqS2i3h
なお精神疾患を主張する必要はない。類推適用ということになろう。

224 :法の下の名無し:2006/10/16(月) 08:46:34 ID:RyKhP70w
>>222
だから処理時間が定められて居ないので処理する意志を示した状態での
遅延行為は可能と考えるが
>>223
国民(一部の熱狂的な右翼)が黙ってないだろw
正田邸解体工事だけでも、あの有様なんだが

225 :法の下の名無し:2006/10/16(月) 08:51:42 ID:RyKhP70w
>>222
粛々と行ってくれると言う性善説に立っているのは確かだろ
事実上の拒否行為は事実論で有って法的拘束力(強制力)を伴わない以上
意味が無いんだけど

226 :法の下の名無し:2006/10/16(月) 14:10:51 ID:ZawAUOR0
>処理する意志を示した状態での遅延行為は可能

事実としてはもちろん可能だが、問題はそれを違憲と判断する余地が
全くないかということで、もちろん違憲だと評価する余地は十分ある。
そして、肝心なのは、それを違憲と判断する権能はいかなる意味でも
天皇にはないということ。そこが象徴天皇制の骨法だろう。

天皇が違憲な行為をしていると見るかどうかは第一次的には内閣の権能
と責任となる。仮に法律上の争訟として訴訟にもちこめたとしても、
最高裁はおそらく判断を回避するから、内閣の判断の正当性は最終的
には政治過程のみを通して確保される。

とするとだ、内閣が天皇の行為の違憲性の判断をしなければならない
立場に立たされた時点で、すでに天皇が政治過程にどっぷりと関与して
しまったことになるわけなので、それ自体が反憲法的行為。自らの地位が
依って立つところの憲法秩序を自ら否定するわけだから、自己否定と
言っても良いだろう。そういうことをやらないだろうという前提を置く
のは、「性善説」によるのではない。そういう行動ははっきりいって
馬鹿のやることで、馬鹿が天皇になるという可能性を憲法に書き込ん
じゃうわけにいかないからだよ。

大統領なら、なんかの間違いで馬鹿を選出しちゃうこともあり得る
として制度を作っても良いし、むしろそうすべきだろうけど、天皇
っていうのはそういうもんじゃないし、そういうもんじゃないから
国民統合の象徴たり得るっていうのが天皇制を支える政治的合意
でしょ?


227 :法の下の名無し:2006/10/16(月) 14:23:49 ID:cbXZCphi
>>226
そう、憲法判断は裁判所は多分下せないし内閣が解釈の変更で対応するの
も不可能だろ
と言って、天皇の地位を剥奪若しくは強制力を持たせる為の改憲も不可能
な状態に陥る(これも国事行為に依って効力が出るので)

自分が言いたいのは一見>1の書いてる事は現実何書いてるの?程度なんだが
これから以後我の強い天皇が出ないとも限らない状態で(今の皇太子も我が強いが
それ以上に実行に移す天皇が現れないとも限らない)形式と言えども、その
行為で効力が発行される非常に重要な大権と言うべき案件を天皇に委ねて居る
現状において、この様な緊急事態が起こった場合に一体どうなるか、そこから
天皇の権能が見いだせるのではないかと言う考察仮定の話も意味が無くは
無いと思うと言う事だが

228 :法の下の名無し:2006/10/16(月) 14:33:55 ID:cbXZCphi
>>218
そう、内閣に処理期日が定められて居ないのも凄く問題と考える
現実不安定な情勢には無いが近隣諸国の情勢変化で大政翼賛的な思想の
内閣(若しくは首相)が出ないとも限らない。

この場合民意に従い内閣不信任が出ても新しい首相を任命しない事等も
考えられなくも無い

229 :法の下の名無し:2006/10/16(月) 15:29:26 ID:vbdap8JS
画像掲示板(エロ画像可)

動画と画像のサイト☆
無料サンプルも見れるだお!( ^ω^)ノ

(;´Д`*)ハァハァ...

http://aikawaami.erv.jp/
このURLをコピペして検索してお!

230 :法の下の名無し:2006/10/16(月) 20:05:49 ID:WLApCeON
>>221
話理解できている?
内閣不信任された内閣が第71条を悪用していつまでも
職務執行内閣として居座ることが憲法上起こりえると>>218
言っているわけだが。
なんで細川内閣の話がでるんだ?

231 :法の下の名無し:2006/10/16(月) 21:10:02 ID:9mqS2i3h
>>225
性善説というより天皇にはそんなインセンティヴがないということから
精神を病んだりでもしない限り特にエンフォースメントは必要ないとい
う判断だろう。
いずれにせよエンフォースメントの欠如をもって規範の欠如と捉えるの
は正しくない。
どのように事態を解決するにせよ、天皇が処理をペンディングすることで
国政に影響を与えることを認めるような解釈は不可能だ。

232 :法の下の名無し:2006/10/17(火) 15:41:58 ID:DjsnIGCJ
>>230
国事行為(親任式)に依って効力が発行される良い例
内閣がそもそもの助言と承認与えない自体が起こった場合も同じ事になると
言う例だが?

>>231
解釈は不可能でも処理する意志を示した状態での遅延行為は可能

233 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 01:54:13 ID:9h0OqSDV
>>232
遅延を許さない解釈を採るのになぜ遅延ができるんだよ。

234 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 01:56:20 ID:9h0OqSDV
>>232追記
やむを得ない事情でちょっと遅れたからってそれがどうしたの?
天皇が自由に左右できるという解釈が採られてるってことにはならないでしょ。

235 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 03:46:37 ID:Qu2ucisD
で、棚晒しが違憲・違法だとしても、天皇は訴追対象外で、
存命中の退位もできない。
結局はその天皇に「天皇としての能力無し」として
摂政を置くしか無いんだろ?

とすると、「天皇としての能力」ってのは、
「政府の奏上を粛々と淡々と処理する事」になるわけだ。

236 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 07:50:30 ID:9h0OqSDV
で?

237 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 10:57:38 ID:E3BMiG19
>>233
おーい、遅延行為は事実行為で有って遅延が出来ない理由にはなってないぞ
>>234
その行為で効力が発行される良い例後は上記に書いた通り
>>235
天皇としての能力無しで摂政?ってw置けるわけ無いだろ
精神疾患との類推規定で置けるように持って行く事も正田邸解体工事の時
以上の反対に遭うのは明らか(右翼や現職国会議員も巻き込んで)

238 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 18:57:48 ID:J/9QqAvx
>>237
皇室典範第16条の摂政設置要件に精神、身体の重患の他に
「重大な事故」によって自ら国事行為を行うことが出来ない場合
摂政が皇室会議の議によって設置される。
天皇が国事行為の拒否が重大な事故を解釈される可能性がある。
(憲法上、天皇には拒否権がないので拒否自体、重大な事故とも
いえる)
天皇が国事行為の拒否により、国家機能の麻痺や国民生活にも
影響が出るのであくまでも天皇が国事行為を拒否するのなら、
摂政設置に反対する国会議員は皆無だろう。
天皇が拒否した時点で国民主権の侵害にあたるからな。

239 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 20:14:08 ID:WFzQYhq6
>>238
これで言う「自ら国事行為を行うことが出来ない場合」と言うのは
疾患・危篤時の時を指すので有って処理の意志を示した上での遅延行為
は、この条項には当たらない

240 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 20:40:50 ID:luxUY7Ik
解釈しだいでなんとでもなるよ。
天皇の個人的信条により国事行為を拒否する=自ら(の意思により)
国事行為を行うことができないとか解釈できるし。
そもそも憲法には天皇に拒否権や遅延行為なんて認めている
条項がないし(=それらの行為を認めない)天皇がそのような
行動にでることを想定しないで制定されたから、実際にそういう
自体にならないと一部の法学の範囲でしかこのことは論じられない
よ。
もともと天皇の地位は第1条で国民の総意に基づいてあるのだから、
国民のためにする国事行為を拒否することじたい、国民の総意を
蔑ろにする行為とも言えるしな。
アメリカ合衆国憲法も制定時に想定しない不都合が起きてから
修正条項で対処してきたんだしな。(例、大統領選挙方法、
副大統領選挙方法、大統領の職務権限移譲方法など)

241 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 21:31:03 ID:8EbiTS0/
>>240
だから拒否では無くて処理する意志示した上での遅延行為

摂政も皇族の中から選ぶわけだが、現行の状態が進行した場合は
男子は居ない訳だが、女性が摂政になるのか?


242 :憂国者:2006/10/19(木) 21:39:58 ID:ycYSoEmI

日本国憲法第四条2に基づき委任する訳だが
2 天皇は、法律(国事行為の臨時代行に関する法律)の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。

内閣の助言と承認に基づいた天皇の委任(国事行為臨時代行への勅書の伝達)
勅書への署名捺印が必要なんだから、これも遅延させれば良いだけだろ

243 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 22:00:39 ID:8mQj2Rb5
>>242
間違っているよ。
第4条2項は摂政設置と全然関係ない規定。
天皇の外国訪問や入院した際、天皇の都合で国事行為を
委任できる規定。それに基づく法律は「国事行為の臨時代行に
関する法律」と言う法律で国事行為の委任代行をする。
つまり物理上、天皇が国事行為ができるが天皇の都合で
国事行為が出来ない場合に国事行為を委任するわけ。
摂政に関する規定は憲法5条で皇室典範にその設置方法
を委任していて、摂政の設置に天皇が関与(勅書への署名など)
は必要ない。皇室会議の議決で決定される。
憲法上、皇室典範の決定だけで天皇の都合に関わらず強制的に
天皇の公務を摂政に移譲させることができるのが5条の規定。
昭和天皇の場合はあくまでも病気入院であり、精神上に問題
ないとから皇太子を摂政とせず第4条とその法律に基づいて
天皇の臨時代行をした。
第4条=臨時代行
第5条=正規の代行

244 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 22:03:31 ID:8mQj2Rb5
>>241
摂政に限っては女性皇族も摂政になれる。
と言うか皇室典範を読めば質問するような質問ではない。

245 :法の下の名無し:2006/10/19(木) 22:13:24 ID:pdp/t1k/
遅延行為と言うか、「国事行為をします」と言う意思表示の権利もないのが
象徴天皇。内閣から書類が来たら、物理上の理由がない限り淡々と処理する
のが日本国憲法上の天皇でしょ。
周りが納得行く理由がなく、遅延行為をしただけで国民の主権を定めた
第1条と国政関与を厳禁している第4条違反になる可能性が大きい。

246 :法の下の名無し:2006/10/20(金) 01:07:06 ID:UOIKDTQl
>>237
>前段
解釈として法的に遅延とならない解釈を採るという前提であれば法的に遅延は生じない。
それはつまり事実上の遅延の試みは無駄に終わるという解釈を採るということだ。
それを採らないというのであれば前提と矛盾する。
>中段
上記ってどれ?いかなる場合においても天皇の行為が要件となるという解釈を
採ってることの説明なんかあった?
>後段
反対意見があるだろうから憲法に反する法律解釈をするの?

247 :法の下の名無し:2006/10/25(水) 22:37:34 ID:/SJeagBz
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161087664/
他の板の議論

248 :法の下の名無し:2006/10/26(木) 05:40:37 ID:/LHJXDOH
明仁氏の気配を最近、感じないのですが
ご存命でしょうか?

憲法1条のみの改正準備を進めないと、
またニセモノを天皇として即位させる事態になりかねません。

現在の偽皇太子も正当性がないのは明らか。オウム大量殺人への関与も無視できない水準です。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1137727591/
このまま即位させれば国が潰れかねません。

岩倉具視、伊藤博文らによる暗殺に斃れた孝明天皇の系統の復帰が出来ないなら、
憲法1条のみに限定して改正するしかないのではないでしょうか?
明らかなニセモノの即位は「美しき日本」とは対極的な状況であり
日本の黒社会化を促進させる危惧があります。

参考文献:長州の天皇征伐〜日本の悲劇は全てここから始まった〜  太田龍
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4880861898/503-4909883-0820712


249 :法の下の名無し:2006/10/31(火) 18:59:04 ID:usdOZCW6
日本国憲法無効宣言講演録・ようつべシリーズ!

http://www.youtube.com/watch?v=x4LqzGKRiCY
現行憲法無効宣言「帝国憲法75条違反」(8-1)南出喜久治 (16.6.12)
http://www.youtube.com/watch?v=5c4QGDLIHTw
国学の系譜・憲法と占領典範の無効宣言(13-1) 南出喜久治  (17.4.3)
http://www.youtube.com/watch?v=iAZrKw_APTw
靖国神社と現行憲法 南出喜久治 (7-1)  (17.12.11)

250 :法の下の名無し:2006/11/10(金) 22:44:00 ID:W/eKUjQz
天皇

251 :法の下の名無し:2006/11/23(木) 18:09:44 ID:+ZVlri8B
何はともあれ、『日本国憲法』を読んでみよう。
冒頭の「上諭」を読むと…

「朕は、日本國民の總意に基いて、新日本建設の礎が、定まるに至つたことを、
深く喜び、樞密顧問の諮詢及び帝國憲法第七十三条による帝國議會の議決を
經た帝國憲法の改正を裁可し、ここにこれを公布せしめる。  御名御璽」

だって。

こんなもん、誰がどう読んだって君主国の憲法じゃねえか!
「共和制だ」だの「どちらにも分類できない」だの、ふざけるな! 御名御璽っ!

252 :法の下の名無し:2006/11/23(木) 21:56:58 ID:DDZRDGtp
まあ、憲法に特定の一族に天皇と言う国家機関を世襲させる
ことを明記している時点で共和制はありえないな。

253 :法の下の名無し:2006/12/08(金) 10:05:59 ID:ZjvzchmB
あげ

254 :法の下の名無し:2006/12/08(金) 12:03:20 ID:n2WV1htv
>>245
いや、国事行為が助言通りになされなくとも法的効果に影響はないから
そこまで厳格にやる必要はない



255 :鹿爪:2006/12/29(金) 17:18:19 ID:TPU8kGdN
学習会やりますんでよろしくー
お暇な皆さん、がんがん叩きに来てくだされ。

■「皇室と日本を考える」第八回学習会@東京池袋

平成19年1月6日(土)13:20〜16:20

◎今月のテーマ:

「皇室典範とは何か?
   〜皇統護持運動はどう進めるべきか?/櫻井 雅輝」

小泉内閣下で女系を容認しようとした皇室典範改正問題は、
親王殿下がご誕生されたとは言え、根本的な問題は未だ解決されていない。
期が熟した今こそ、今後課題とすべき問題是正と皇統の安定化へ向う必要がある。
○憲法第二条、皇位規定の4大矛盾点
○皇室典範とは何か?明治典範と何が違うのか?
○皇室典範改正は、是か非か?
○皇室典範の本来あるべき姿とは?
以上、皇統護持運動を議論するうえで外せない項目を考えてみたい。

 参加費:無料 参加連絡:不要

■主催:「皇室と日本を考える」実行委員会
 (http://nihon.lar.jp/

詳しくは下記スレをご覧ください。

【皇位継承】万世一系の皇統を守る9【男系維持】
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1166609691/

85 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)