5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本の裁判の問題点

1 :法の下の名無し:2006/01/08(日) 23:05:42 ID:tp6moq87
「日本の裁判は腐っている」とLED訴訟で和解させられた中村教授が言っていたが
ほんとに日本の裁判は腐敗しているのか?

2 :うんこたん:2006/01/08(日) 23:20:13 ID:ZRjZQv67
2げとー

3 :法の下の名無し:2006/01/09(月) 00:48:11 ID:i2PgsNVw
おかしな裁判官が増えてるのは確かだろうな。

4 :法の下の名無し:2006/01/09(月) 11:49:31 ID:yWfeXdbQ
裁判官がサラリーマン化している。
地裁の裁判官は高裁、最高裁の高裁の裁判官は最高裁の顔色を窺う。
でなきゃ再任が危ない。
「裁判官の独立」と言う憲法76条3項は空文に化している。

5 :法の下の名無し:2006/01/09(月) 11:53:32 ID:yWfeXdbQ
裁判官がサラリーマン化している。
地裁の裁判官は高裁、最高裁の顔色を
高裁の裁判官は最高裁の顔色を窺う。
でなきゃ再任が危ない。
「裁判官の独立」と言う憲法76条3項は空文に化している。

6 :法の下の名無し:2006/01/09(月) 15:01:52 ID:Dlp/CH9H
法の精神を弁えない裁判官が増えているようだね。
再任拒否を恐れたり、将来弁護士に転進することを考えたりして
上位の裁判官の顔色を窺ってるんだろう。


7 :法の下の名無し:2006/01/09(月) 16:52:27 ID:FT4nj02x
弁護士に転身するのに上の顔色を窺う件についてw

8 :法の下の名無し:2006/01/09(月) 17:06:14 ID:AvzGBZUN
裁判官=官僚だろ
大手弁護士事務所とかに天下り考えてる奴らが多いんだろな。
弁護士になると裁判に勝たしてもらうために
上位裁判官の機嫌を損ねないようにしないとな。
裁判受ける者のことなんか考えてやしない。


9 :法の下の名無し:2006/01/09(月) 17:32:49 ID:FT4nj02x
>大手弁護士事務所とかに天下り

これだけで爆笑ものですよ。弁護士に聞いてみなさい。

10 :法の下の名無し:2006/01/09(月) 17:40:50 ID:B5RiRZqZ
あの中村見て賛意表する気になる香具師はどうしようもないな

それに、裁判官がサラリーマン化しようがなんだろうが、上級審ではねられることわかってる判決下す裁判官の方がもっと迷惑だけどな




11 :法の下の名無し:2006/01/09(月) 18:31:58 ID:y4PEqf4c
まあ裁判官やってた奴なら天下りしないで自分で事務所開くだろう。


12 :法の下の名無し:2006/01/09(月) 18:34:48 ID:y4PEqf4c
上級審ではねられることわかってる判決でも、
それが真実に沿ってるなら俺は迷惑とは思わんがな。
勝訴したらそこで相手が上訴しなければなおさらだ。


13 :法の下の名無し:2006/01/09(月) 19:29:17 ID:O9TlKFnS
なにやら爆笑もののレスが多いなあw

14 :法の下の名無し:2006/01/09(月) 19:39:35 ID:JK9e4AAM
>>1自演すんなよボケェ!


15 :法の下の名無し:2006/01/10(火) 18:30:13 ID:rKCo3W8+
青色LED訴訟の、あの中村見て賛意表する気になる香具師はどうしようもないな
という香具師はどうしようもないな。

16 :法の下の名無し:2006/01/11(水) 13:52:23 ID:vm6CSL/9
この板の住人は99%法曹志望者。
問題点取り上げてもメリットないからこんなスレ栄えないと思うよ。
残念!

17 :法の下の名無し:2006/01/11(水) 17:11:22 ID:ddO5rjg3
裁判所って訴状受理しても受理証って出さないんですよね。
訴状出した、受理してないとかのトラブルって起きたことないのかな?
あったら問題。

18 :法の下の名無し:2006/01/12(木) 16:06:33 ID:1J0hQyZM
裁判官が司法試験の勉強だけ一生懸命やった奴だけで
人生経験も社会経験もない奴だけという点が大問題だ。
そんなことで一般社会の常識に沿ったまともな判決が下せるのか?
先ず無理だろう。
しかも、人格的にも低い奴らが裁判官になっている。
こういう奴が裁判官だと思うとゾッとする。

19 :法の下の名無し:2006/01/12(木) 16:41:10 ID:5ER4qG03
この手のスレって、いつも似たようなことしか書いてないよなw

20 :法の下の名無し:2006/01/12(木) 20:30:20 ID:6kSehdna
【病院・医者】DQN患者の症例報告 Case17
404 名前:卵の名無しさん 投稿日:2006/01/11(水) 20:47:23 ID:Sy64Sl8j0
http://www003.upp.so-net.ne.jp/medical/

久々に更新。
「マッチポンプ」
勘違いで同姓の病院から訴えられそうになり、
「司法過誤」
やけになって裁判所批判。

これからどうなるか、必見。

21 :法の下の名無し:2006/01/12(木) 23:24:43 ID:ZPHzf4H5
筑波メディカルセンターの医療過誤訴訟

ひどい裁判官がここにもいたか。まったく良識のない裁判官がウヨウヨだな。
外国の司法のことは知らんが、日本の司法がひどいのは事実だな。
そしてやはり「辞め弁予定の腰掛け判事」。
日本の裁判官の腐敗ぶりがここにも露呈している。

22 :法の下の名無し:2006/01/13(金) 15:51:50 ID:7BOQfxoj
昨年の12月だったか、振り込め詐欺被害者が、
金銭の振込先に指定された口座名義人を相手に訴訟を起こしたところ、
富山地裁の剱持淳子裁判官が「被告の氏名や住所を特定していない」という理由で
訴状を却下したことがあって問題になったな。
こんな見識のない裁判官も氷山の一角で他にもウヨウヨいるに違いない。
何を考えて裁判官になったのか、恐ろしいことだ。

23 :法の下の名無し:2006/01/14(土) 00:48:35 ID:y3MpssFb
裁判官という奴は昔の裁判官は知らないが
今の奴らは青色LED訴訟で中村教授も言っていたように
当事者が出した証拠や準備書面に仔細目を通さない。
だから真実をもとにした判決が下せない。
できる弁護士を雇えた当事者が勝つようにできている。
これでは裁判の公平はない。
なんとかしなきゃな。


24 :法の下の名無し:2006/01/14(土) 18:07:02 ID:A7JOnMba
ttp://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-060113-0014.html
裁判所書記官が「悪名高い」と原告を中傷
 建設中の徳山ダム(岐阜県揖斐川町)の用地取得をめぐる民事訴訟で、
岐阜地裁(三宅俊一郎所長)民事第1部の30代の男性書記官が、
担当裁判官へ提出したメモに「利権に食いつき、ひともうけをたくらんでいるとして悪名高い」などと、
原告をひぼう中傷する内容を記述していたことが13日、分かった。

 岐阜地裁によると、メモは書記官が審理の進行を管理するために作成。
公文書ではないため、管理規定はないが、裁判に関する書類と一緒に
ファイルに挟んで保存されていた。

 メモには原告側の弁護士についても
「原告との利害が一致して訴えに至ったのかもしれません」とあったが、
被告側の記述はなかった。
この書記官は「単なる憶測で書いてしまった」と釈明しているという。

 村瀬賢治総務課長は「裁判所の公平性に誤解を招く記述。
今後はないようにしたい」と話している。
同地裁では、担当書記官を変更し、処分を検討するとしている。

 同訴訟は、揖斐川町の男性が、徳山ダム建設のために岐阜県などに譲渡した
関連用地の登記移転手続きが契約通りではなかったとして、
昨年11月に登記手続きの抹消を求めて起こした。
 男性は02年にも同様の訴訟を起こしており、
その際にも男性書記官が担当していた。
[2006/1/13/14:09]

 前にも裁判所の職員が悪事を働らいていたという新聞記事をよんだことがある。
省庁だけじゃなく裁判所も腐敗してるな。
省庁は直接国民に被害は及ばないからいいが裁判所は当事者に直接だからな、
大改革が必要だ。


25 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 09:52:04 ID:Pvp/wkyt
日本の裁判は裁判官と検察と弁護士と裁判所職員、更には法律学者のためにあるのである。
日本の裁判は彼らの生活の糧であって国民のためにあるのではない。
彼らの食い物を奪うようなことは言わないように。

26 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 17:55:57 ID:rKklJcQr
もしも会社法にご関心がありましたら・・・

***100万人の会社法スレ***
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1137314809/

27 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 22:03:19 ID:haS0nc90
裁判所とは刑事事件はいざ知らず、民事は当事者間では解決ができないから
仕方なく第三者の判断をゆだねるシステム上の機関ではないのか?
それなのに偉そうに高いところから判決を下すこと自体、おかしい。
まあ、刑事事件のときと法廷が同じだから仕方なけどな。

28 :法の下の名無し:2006/01/21(土) 14:18:12 ID:v53WemBw
「つぎはぎ判決、わかりにくい」最高裁判事、高裁に苦言
2006年01月19日新聞各紙報道

 高裁判決の理由欄で、一審判決の一部の項目だけを示して「引用する」と書き、
それに続けて控訴審の判断を追加する、「引用判決」と言われる手法について、
最高裁第一小法廷の泉徳治裁判官は19日、「つぎはぎ的引用は避けるべきだ」と
異例の苦言を述べた。土地の明け渡しをめぐる訴訟の判決の補足意見で述べた。

 この裁判では、二審・高松高裁判決が一審・松山地裁判決を部分的に引用したが、
独自の判断部分と引用部分の事実認定が一部で矛盾していると上告審でわかった。

 泉裁判官は「つぎはぎ的に引用すると、論理構成や時系列に矛盾が生じるおそれがある。
二審判決を読んだだけでは全体の趣旨が理解できず、わかりやすい裁判という観点からも
望ましくない」と指摘。「コンピューターを使えば文章ごと簡単に書き写せるし、
その部分を太字にするなどして区別すれば、二審独自の判断部分の中にとけ込ませる
こともできる。自己完結型の判決文にすべきだ」と提案した。

 「引用判決」のスタイルは70年代以降広がり、現在もよく使われている。
しかし、当事者などから「わかりにくい」と苦情が相次いでおり、司法研修所は04年、
「控訴審判決を見ただけで、内容の理解が容易となるようにすべきだ」と提言する研究をまとめている。

 要するに高裁は一般の訴訟ではろくに審理していないのだ。
裁判官のレベルが低くて自判できないんだよ。訴訟にまともな解決を求めるのは
今の裁判体制では無理。はやく裁判官のレベルをあげる対策が必要だ。


29 :法の下の名無し:2006/01/21(土) 21:08:43 ID:IGwIGVz5
必ず人生経験とか社会経験とか法律論に疎いやつが論点を摩り替えるなw
そんな抽象的なものを出す時点で批判のための批判にしか見えんが

30 :法の下の名無し:2006/01/21(土) 21:45:43 ID:5xD8etJ+
アメリカ並みにスピード判決を出して欲しいとまでは望んではいません。
えん罪を招く恐れが充分にありますので、慎重に心がける態度は一貫して必要です。

ただ、公害や薬害などの民事訴訟の最高裁までの長さは気が遠くなりそうです。
どうしてそんなに長期化しなければならないのでしょうか?
10年、20年なんてざらではないでしょうか?
関係者や被害者の一部は鬼籍に入っていることも少なくないです。

足尾銅山の件もそういえばうやむやにされてしまっていましたね、昔の話ですが・・・。
あの時代と、根本的にはそれほど変わっていないのではないでしょうか?
臭い物にはふた、的なその場限りのおざなりで「保留案件」的な判決が多すぎます。

人間の寿命は限られていることは、今さら言葉にするまでもありません。
でも、人の命に関わる公害訴訟や薬害訴訟などは、原告側=被害者とその親族、の組み合わせが多いのです。
これを書いている間にも、長くない命を最高裁まで何としても生きのびてみせる・・・と最後の力を振り絞る方がいる
ことを、法曹関係者の方々は、他人事と思わないで心に留めて欲しいのです。

総論です、日本の裁判制度の長期化に素朴に疑問を投げかけたい!
失礼しました。

31 ::2006/01/22(日) 16:37:39 ID:I6q/Is5n
>>1
裁判官が裁量判決を多用するので、ルールがなきものとなっています。

32 ::2006/01/22(日) 16:42:33 ID:I6q/Is5n
>>17
> 裁判所って訴状受理しても受理証って出さないんですよね。
> 訴状出した、受理してないとかのトラブルって起きたことないのかな?
> あったら問題。

訴状の副本裁判所に持っていくと受け取りの日付けつき印を押してくれます。


33 ::2006/01/23(月) 00:40:40 ID:CEJdpjGR
>>32
> >>17
> > 裁判所って訴状受理しても受理証って出さないんですよね。
> > 訴状出した、受理してないとかのトラブルって起きたことないのかな?
> > あったら問題。
> 訴状の副本裁判所に持っていくと受け取りの日付けつき印を押してくれます。
訂正:副本でなく控えです。正本は裁判所が使う。副本は被告に送る。控えが自分の控えですから。

34 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 02:31:32 ID:7x4OT3SB
離婚の裁判に際し、相手方の弁護士に相談に行った。
いきなり、「話すことはない」と言い、それだけならまだしも、「離婚なんていくらでもあるので大したことないですよ」と言った。
 
私は医者だが、その女が癌になったら「1/3は癌で死ぬのですから。癌なんていくらでもあるので大したことないですよ」と言ってあげたい。

広島の弁護士は、互いに知り合いなので、依頼者の間に入って、自分らで勝手に落としどころを決める。
戦うのではないから、うちわの戦術はまったく話せないし、勝手な心証でどっちよりにするなど決めるようだ。
以前は、医者は利用者を頭ごしにしていると言われていたけれど、最近は、インフォームドコンセントで、利用者の意志を無視できなくなった。
だから、もはや日本に、このように利用者を頭ごしにしている、前近代的な業界は他にないだろう。


35 ::2006/01/23(月) 10:16:12 ID:CEJdpjGR
>>34
> いきなり、「話すことはない」と言い、それだけならまだしも、「離婚なんていくらでもあるので大したことないですよ」と言った。

時間がかかって儲からないと思ったのでは? 弁護士は正義の味方ではなく、できるだけ楽してできるだけいっぱい設けることを考えておる。
商売ですから。そこを勘違いしないでね。りっぱな弁護士をもとめても無理です。

> 私は医者だが、その女が癌になったら「1/3は癌で死ぬのですから。癌なんていくらでもあるので大したことないですよ」と言ってあげたい。

まったくです。弁護士への仕事は、みつからないように手抜き仕事しましょう。

> 広島の弁護士は、互いに知り合いなので、依頼者の間に入って、自分らで勝手に落としどころを決める。

裁判に持ち込まないで、短時間にいっぱい儲かるからです。

> 戦うのではないから、うちわの戦術はまったく話せないし、勝手な心証でどっちよりにするなど決めるようだ。

弁護士を信用してはいけません。裁判官も信用してはいけません。かならず、秘密録音するように。裁判を射程にいれて。

> 以前は、医者は利用者を頭ごしにしていると言われていたけれど、最近は、インフォームドコンセントで、利用者の意志を無視できなくなった。
> だから、もはや日本に、このように利用者を頭ごしにしている、前近代的な業界は他にないだろう。

国民ももっと勉強しなきゃあね。損害賠償請求訴訟の本人訴訟できるくらいに!



36 :法の下の名無し:2006/01/24(火) 10:59:08 ID:2Ob3sLlW
kさんへ。
弁護士などの業界が、こんな状態で「ひどいものだ」と思いましたが、逆に自分が歪んだ見方をしているという事もあり得るので、反対意見が来るかとも思ってました。
しかし、kさんの書き込みで、そうではないのがわかり安心しました。

(また、ここのスレの住人は法関係の方々と思いますので、それなりに勇気も要りました・・・)

この裁判で、当方、相手方の両弁護士から、重大な嘘を聞かされ、騙されて、ひどい目にあいましたが、その時の電話の内容は、記録がないのでどうにもなりません。
「かならず、秘密録音するように」という言葉を、もっと前に聞いておけばよかったと思います。
録音用の器具を購入しましたが、もう「あとの祭り」です。

弁護士は、平気で嘘をつきます。 医者が嘘をついて勝手な治療をしたら、あいつらは訴えてやると言うでしょう。
弁護士には、「胃ガンです。全摘出しましょう」と言い、「全摘してください」と言ったら、その言辞を人質に全適してあげましょう。
あとで「胃ガン? 誰がそんなことを言ったんだ?」ととぼければいいのですから。



37 :34です。:2006/01/24(火) 11:04:53 ID:2Ob3sLlW
kさんへ。
弁護士などの業界が、こんな状態で「ひどいものだ」と思いましたが、自分が歪んだ見方をしているという事もあり得るので、反対意見が来るかとも思ってました。
ここのスレの住人は法関係の方々と思いますので、反感を呼ぶかとも思いましたし・・
しかし、kさんの書き込みで、そうではないのがわかり安心しました。

この裁判で、当方・相手方の両弁護士から、重大な嘘を聞かされ、騙され、ひどい目にあいましたが、その時の電話の内容は、記録がないのでどうにもなりません。
「かならず、秘密録音するように」という言葉を、もっと前に聞いておけばよかったと思います。
その後は、録音用の器具を購入しましたが、もう「あとの祭り」です。

弁護士は、平気で嘘をつきます。 医者が嘘をついて勝手な治療をしたら、あいつらは訴えてやると言うでしょう。
弁護士には、「胃ガンです。全摘出しましょう」と言い、「全摘してください」と言ったら、その言辞を人質に全適してあげましょう。
彼らの手口にのっとれば、あとで「胃ガン? 誰がそんなことを言ったんだ?」ととぼければいいはずなのですから。



38 :34です:2006/01/24(火) 11:10:04 ID:2Ob3sLlW
(ここ、動きがおかしい。送信してないのに・・)

39 :法の上に立つ一般人:2006/01/24(火) 15:06:32 ID:E5uboTWu
↓こんなのを書こうとしました。よろしく

kさんへ。
弁護士などの業界が、こんな状態で「ひどいものだ」と思いましたが、自分が歪んだ見方をしているという事もあり得るので、反対意見が来るかとも思ってました。
ここのスレの住人は、法関係の方々と思いますので、反感を呼ぶかとも思いましたし・・
しかし、kさんの書き込みで、そうではないのがわかり安心しました。

この裁判で、当方・相手方の両弁護士から、重大な嘘を聞かされ、騙され、ひどい目にあいましたが、
その時の電話の内容は、録音してないのでどうにもなりません。
「かならず、秘密録音するように」という言葉を、もっと前に聞いておけばよかったと思います。
その後は、録音用の器具を購入しましたが、もう「あとの祭り」です。

弁護士は、平気で嘘をつきます。 
弁護士には、「胃ガンです。全摘出しましょう」と言い、相手が「全摘してください」と言ったら、その言辞を人質に全摘してあげましょう。
彼らの手口にのっとれば、あとで「胃ガン? 誰がそんなことを言ったんだ?」ととぼければいいはずですから。
医者が嘘をついて勝手な治療をしたら、あいつらは訴えてやると言うでしょう。
真実に対して、もっと厳しい場所にいるはずの弁護士が、あからさまな嘘をついていいのか?


40 :法の下の名無し:2006/01/25(水) 00:51:20 ID:AJhmWrKx
kさんが歪んでいるというオチで。

41 :法の上に立つ一般人:2006/01/25(水) 02:49:06 ID:Z3vxU6sF
法曹界に住む者として、人として、住人の方、言うことはないのでしょうか?? (青り)

それとも、証拠がなければ、何を言ってもいいっていうこと??

やはり、同じ業界人として、他の弁護士の虚言に対しての告発はしてくれないもの??

  (やはり前近代的だよ、この業界)



42 :法の下の名無し:2006/01/25(水) 02:53:11 ID:51WQuw+b
法律相談は板違いってのがLRだからスルーしてるだけだとおもうがw

43 :増補:DV法冤罪事件判決の誤り:2006/01/25(水) 22:33:16 ID:lbO70qXo
  冤罪事件:判決の検証
http://black.ap.teacup.com/judge2005/ (判決文)
 DV法冤罪事件:判決の誤り
http://green.ap.teacup.com/judge2006/ (増補分)


44 :法の上に立つ一般人:2006/01/26(木) 02:43:38 ID:JY+J+r4+
2ちゃんを勘違いしていない?

sage


45 :法の下の名無し:2006/01/26(木) 05:31:49 ID:elybjtAo
まずはおまいの2ちゃん観を書けよw

46 ::2006/01/28(土) 16:26:56 ID:VnFSZv0I
>>40
> kさんが歪んでいるというオチで。
もう30年近く、数十件裁判をこなしました。口頭弁論は数百回です。たいてい勝訴ですが、「「「しばしば」」」インチキ裁判がおこなわれています。
まあ、勝ったからほっとけみたいなものですが。勝訴側は控訴できませんので。
わたしの創った裁判例が市販の法律本に新聞にたくさん掲載されています。
経験者を大事にすべきです。



47 :法の上に立つ一般人:2006/01/29(日) 21:59:23 ID:B8uMqEzl
弁護士は、答弁書・陳述書を書けとは言うが、裁判には出席しなくていいからと
親切そうに言います。
しかし、陳述書の名前が誰かも知らないまま、したがって、詳細な状況は知らないまま
話し合っている形跡もありました。

何が 公正な裁判だと思いました。

法曹界の者が、まともだと言うことは、絶対ないことを、宣告してあげます。

3人の弁護士に会いましたが、3人とも、一般社会では 疑問符がつく方々ばかりでした。

   う〜〜〜〜〜 残念

48 :法の下の名無し:2006/01/30(月) 01:21:28 ID:0m3nPtgk
法曹がまともになるわけがない。
まともになれない理由はいくらでもあるが、反証がない。
弁護士法とかでも弁護士が正義の味方みたいな書き方されるけど、なんで権利行使するのに金がいるんだよ。
あーゆー方便で正義面するのが一番むかつく。
権利行使するためにお金もらってるサービス業に過ぎないんだから、正義のための仕事とは言わないで欲しい。
同じ、無料とかで活動してる弁護士と一緒にされるのは、理不尽だ。


49 ::2006/01/30(月) 21:21:22 ID:s2IhT1mf
>>39

> 「かならず、秘密録音するように」という言葉を、もっと前に聞いておけばよかったと思います。
> その後は、録音用の器具を購入しましたが、もう「あとの祭り」です。
> 弁護士は、平気で嘘をつきます。

数十年も裁判をしてるとね、賢くなって、弁護士の裏道や、裁判官の裏通りを歩くことができるように
なるんですよ。
証拠の作成で「あとから証拠つくり」もできるのです。
例えば、あとから電話して(もちろん秘密録音しながら)、きのうこういったよね? (相手が)うんーといえばそれで
あとづけの証拠造りなのです。
他のノウハウはたくさんあります。

頭を働かせて、働かせてー裁判はおとなの喧嘩です。ぼくのように慣れてくると「大人の遊び」ですけどね!

本人訴訟ができるようになっておけば強力な力になります。


50 :法の下の名無し:2006/01/31(火) 14:36:39 ID:zf85gg1a
>>32
はんこくださいと言わないとはんこくれないんですよ。
言わなくてもはんこ押すか受理証明書を出すべきだとおもうんだが。

51 :法の上に立つ一般人:2006/02/01(水) 11:52:06 ID:1HXJTEkd
これからは、法曹界の者には、わからないようにいろんなことをしてやります。
証拠がなければ、法に引っかからなければ、何をしてもいい奴ららしいので。


52 :法の下の名無し:2006/02/01(水) 14:12:18 ID:TcR4Dts8
法曹界がこの体たらくでは…
まったく暗い話ですね。鬱

53 ::2006/02/02(木) 01:03:34 ID:EUPayc9+
>>52
> 法曹界がこの体たらくでは…
> まったく暗い話ですね。鬱

そもそも、現在の憲法自体が審議を経ないで違法に作られた法です。いまの民法刑法も明治時代の法です。
放火に関しては明治時代の太政官布告をもってきて死刑判決をしている国です。

日本国は、法治国家ではありません。
国民よ! はやくそこにきずいてほしいのです。
人々が国会議員のけつをたたいて立法して国を変えるしかないのです。それともアメリカになるか?中国になるか?


54 :法の下の名無し:2006/02/02(木) 18:36:36 ID:zMq1Li25
>>53
激しく同感
法治国家とは名ばかり。そもそも警察が動くべきところで動かない。
動くべきところをほったらかして優先順位の低い件を一生懸命やる。
裏金つくりをやるのに一生懸命。
国民、市民のことは二の次。これでは暮らしにくくなるばかり。
それもこれも国会を始めとする議会が詐欺師達に乗っ取られているから。
先ず議会を市民、国民の手に取り戻すことだが、
その手段たる立法権を詐欺師達が握っている。
さてどうしたものか・・・。

55 :法の下の名無し:2006/02/02(木) 23:45:12 ID:ftssdOv7
生活保護の老夫婦で、夫の暴力や罵声を浴びせられ、外傷もあって、危ない妻が
助けを求めるように家裁に駆け込んだ時、ひとりでは暮らせないとか、嘘までついて
離婚させなかった者が、金持ちのわがまま者の妻が駆け込んだとき、金になると思ったら、
早々に、弁護士は付くわ、ファイナンシャルプランナーは動くわで、法的な正義なんかは
関心外であるという動きでした。

人間のクズです。おまいら



56 :法の下の名無し:2006/02/03(金) 07:14:52 ID:n7FudxMd
>>55
それが世の現実というものよ
「先物被害者なんとか」とかいうの弁護士が作って電話待ったら9割がライブドア株で損したって話で、連中馬鹿馬鹿しいと思ってる姿ありありジャン
マージンFXとかで損した金持ちからうまく巻き上げようと思って始めたのに・・・(残念)って思ってるよw

57 :法の上に立つ一般人:2006/02/05(日) 03:45:01 ID:bQoQgkLm
もともとは、何のために法曹界に入ろうと思うの??

  ・・どういう志を持った人たちが法曹界を目指すわけ??

「社会正義」とか、本当の被害者を助けるって言う意識はあるわけ??

58 :法の下の名無し:2006/02/05(日) 16:43:28 ID:HQtOFmjI
>>56
先物取引で損した人の愚痴を聞いてあげるのも社会的に意味のあることだとお
もうよ。被害者を孤立させない為にも。

59 :57 だけど:2006/02/06(月) 01:54:44 ID:wXMiR9s9
誰も、返事できないわけ??



60 :法の下の名無し:2006/02/06(月) 02:07:54 ID:Op6tyG28
入ろうと思うの?とか、目指すわけ?とかいう質問なら
司法試験板で聞いた方がいいんじゃない?

61 :48:2006/02/06(月) 02:41:48 ID:J4+5HonO
>>57
漏れが答えるよ。
漏れは現在司法浪人。志望理由は、今の合格者も法曹も「概して」嫌いだから。
かねがね人や社会に+な存在でなければ生きている価値はないと考えてます。そんな自分は、このスレのような憤りの塊です。でも、1000人に1人でもそうじゃない人間がいたら、培養できると思ってまつ。
1人が2人、2人が4人てな感じで。

で、なんで法曹が正義になれないかは、なんで官僚が利権的で勝手な行動するかと同じだと思ってまつ。
根本的にさ、何で勉強して職も名誉も得た人間が、弱者を助けようなんて思うのよ?思わないのが原則だと思うのよ。だって、苦しみも辛さも経験してなければ、自分の経験が普通な感覚になるから、他は別世界なわけで。
結局自律に任せるしかない業界にあって、そのことを自覚した人間が少しでも増えたり、その認識を一般大衆に広めたり。それしか現状打開できないと思うわけ。

59さん。すれ違いかもしれんが、こういう根本的疑問や原理的議論は、大切だと思うべよ。

62 :法の下の名無し:2006/02/06(月) 15:56:17 ID:7KwtSss5
>>55
ソースが讀賣で恐縮だけど、DV法ってざる法もいいところで、事がハッキリしてから(誰かが斬られた、死ん
だ、火だるまになった・・・など)でないと、本当の効力を発しないのだそうです。
また、警察に何度駆け込み訴えしても、その時点ではやんわりと帰されるのが落ちだそうで・・・。

今日の讀賣新聞の大阪版にはそう触れてありました。
何のための行政・警察なんでしょうかね?

63 ::2006/02/07(火) 00:14:04 ID:DOkxpnVT
>>62

> 何のための行政・警察なんでしょうかね?

自分たちがらくして飯食うため、それも大衆よりもよい生活するために、決まってんじゃん!



64 :法の下の名無し:2006/02/07(火) 00:31:31 ID:i5SP9hXn
だがその見極めは難しいのではないか?
些細な男女間のトラブルに悉く警察が介入しまくる社会が望みならともかく。

65 :法の下の名無し:2006/02/07(火) 03:39:31 ID:winY+RBW
実際問題として何でも警察にもってくるやつがいるから仕方ない。
立法が現実的な制度にしていないだけ。
昔なら地域コミュニティで解決されていた部分ができなくなっただけなんだが、そんなマージナルな部分は本来的に国家権力を排してきた領域だもの。
安月給で現場をかけずりまわってる警察に事件おしつけて、高給で書類見て正義面してる検察は初動捜査のせいにする。
介入しすぎれば市民の目が厳しくなるし、警察比例にも反する。

DVもストーカーも真剣に解決したいなら専門監督庁作るだろうが。警察ができる問題じゃねーよ

66 ::2006/02/07(火) 18:29:13 ID:DOkxpnVT
>>65

> 安月給で現場をかけずりまわってる警察に事件おしつけて、高給で書類見て正義面してる検察は初動捜査のせいにする。

警察官が安月給だなんて、どういう認識してんの。お金持ちの坊ちゃんかい?
中小企業の労働者よりはるかにめぐまれていることを知らないの?



67 :法の下の名無し:2006/02/07(火) 19:55:53 ID:ppbFeaRM
検察官との対比で、ってことだろ
どこのガキだかしらんがムゴイ日本語力だな

68 :法の下の名無し:2006/02/07(火) 23:15:18 ID:lNE1fR3L
悲惨な日本語力だ。
誤解を前提としても、職の批判対象性や生命の危険を考ると、中小企業と対比してるだけで思考の均衡を欠く。
警察官僚でもない限り、金だけであんな仕事はできん。現状ですら

69 :57 ?3/4? ̄?C:2006/02/08(水) 00:27:55 ID:gDgSCIuO
>>61 

法曹界には、幻滅していますが、61さんには期待したいと思います(当方、単純すぎかも知れませんが・・)
官僚も政治家も、みんな賢いのでしょうが、人の「賢さ」は、地球の資源のようなモノです

石油や、森林資源や・・何でも、誰かが独占して自分だけのために使うのは自分勝手と言うモノ。
偉い人は、その偉さをみんなのために役立てるべき。

自分のこともですが、使命感をもって働くのは、たくさんの生き甲斐という見返り
があることが、後々、わかると思います

建築会社の社長は、少々の地震でではびくともしないビルを建てることに誇りを持ち
1級建築士は、いい設計を書くことにプライドをもって、いい仕事を目指せばいいのにと思いませんか?

お金や名誉は、ついてくることだと思うのですが、どうでしょう??

医者は、患者のためにしっかり働くべき・・ 

ここのみんなは、頭いいんでしょうから・・

70 :法の下の名無し:2006/02/08(水) 01:20:52 ID:K6T5YOkD
>>69
個人が「お金や名誉は、ついてくる」と思うのは勝手だし、ひとつの考え方だが、
それを他人に押し付ける奴は、搾取する人間にしか思えないね。

お金に見合った仕事をする能力(あるいは仕事に見合った金を要求する能力)こそが、
社会を円滑に動かしている面があるのだから。

71 :69です:2006/02/08(水) 02:12:42 ID:PMWa2Jr7
たしかに、脳天気なことを書いた気はする。

>お金に見合った仕事

と言うが、法曹界の者の印象は、「もめ事を金に」しようという意欲満々で、
生保の者のDVはほったらかしで、金持ちの離婚には群がってるでしょう??

それが「お金に見合った仕事」なわけ??




72 :自殺を促す組織:2006/02/08(水) 02:13:42 ID:25M4JnT0
鬼畜探偵が行っている

人を自殺に追い込む

あるいは

精神病を患わせる工作より
http://antigangstalking.join-us.jp/
に書かれている内容の方が恐ろしく感じる。

ホラーやサスペンスが好きな人は読むと良いです。
社会の暗黒面を知りたい人にもおすすめ。


73 :法の下の名無し:2006/02/08(水) 07:06:53 ID:/w05eBbl
>>72
そのコピペ、昨日からあちこちでみかけるが、まだ通報されてないのか。
2ちゃんらしい風狂さ加減ではあるw

74 ::2006/02/08(水) 08:26:41 ID:BUyF5/aE
「つぎはぎ判決、わかりにくい」最高裁判事、高裁に苦言
2006年01月19日新聞各紙報道

 高裁判決の理由欄で、一審判決の一部の項目だけを示して「引用する」と書
き、それに続けて控訴審の判断を追加する「引用判決」と言われる手法につい
て、最高裁第一小法廷の泉徳治裁判官は19日、「つぎはぎ的引用は避けるべき
だ」と異例の苦言を述べた。土地の明け渡しをめぐる訴訟の判決の補足意見で述
べた。
 この裁判では、二審・高松高裁判決が一審・松山地裁判決を部分的に引用した
が、独自の判断部分と引用部分の事実認定が一部で矛盾していると上告審でわ
かった。
 泉裁判官は「つぎはぎ的に引用すると、論理構成や時系列に矛盾が生じるおそ
れがある。二審判決を読んだだけでは全体の趣旨が理解できず、わかりやすい裁
判という観点からも望ましくない」と指摘。「コンピューターを使えば文章ごと
簡単に書き写せるし、その部分を太字にするなどして区別すれば、二審独自の判
断部分の中にとけ込ませることもできる。自己完結型の判決文にすべきだ」と提
案した。
 「引用判決」のスタイルは70年代以降広がり、現在もよく使われている。
しかし、当事者などから「わかりにくい」と苦情が相次いでおり、司法研修所は
2004年、「控訴審判決を見ただけで、内容の理解が容易となるようにすべき
だ」と提言する研究をまとめている。

75 :61:2006/02/08(水) 11:30:38 ID:y5+rdcT/
>>71


76 :61:2006/02/08(水) 11:53:04 ID:y5+rdcT/
間違いた
>>71
脳天気でもいいと思うが。70のいうことも正しい。なんで資本主義が世界の覇権を握ったか考えたらいいと思う。
結局金持ちになりたいという欲は否定できないということが自覚されてきて、それをどうやって利用して社会を
発展させるかが資本主義の本質なんだよ。
だから、社会主義・共産主義は失敗したっしょ。人間の欲とか、そういう本質に逆らう制度じゃなくて、
それを利用する制度にしたわけ。
だから、疑問を抱いていることは大切だけど、それはあくまで個人の問題だと思うよ。あくまで価値観だから、どっちが正しいということはない。
漏れは「人権保障を実現するのに金がかかるなんて法の理念に反する」と思うけど、金を儲けることに悦を感じてそいつらが新しい
商売を生み出していることも否定できない。そういうことを利用するシステムが資本主義だから。
実際、法曹になるのに、みんなお金かけて予備校いった人が大半なんだよね。その人達がどんな奇麗事いってみても、お金で資格取得の効率を買ったお客さんなわけで、
その人達が法曹なわけよ。で、ローができて、そのお客さんを大学が横取りしたわけ。こういう登用制度から、お金なのよ。
「金でなんでもできると思うな」って言うやつはうさんくさいわけ。実際なんでもできる世の中だよ。外国いったらもっとよくわかる。
それが嫌なら自分は流されないで生きればいい。否定したければ、そんな社会の仕組みに与しちゃダメ。
要するに、自分が信じるスタンスで生きるべきだし、人に広めたければ、自分が嫌な姿勢に与せず、その考えを説く方向で考えた方がいいと思うよ。
文句いうよりどうしたら実践していけるか考えた方が建設的だと思うわけ。

77 :法の下の名無し:2006/02/09(木) 00:48:30 ID:GVClJBIQ
>>76
金という名の精神病



78 :法の下の名無し:2006/02/09(木) 01:11:30 ID:GVClJBIQ
70によれば
>個人が「お金や名誉は、ついてくる」と思うのは勝手だし、ひとつの考え方だが、
>それを他人に押し付ける奴は、搾取する人間にしか思えないね。

76によれば
>だから、社会主義・共産主義は失敗したっしょ。人間の欲とか、そういう本質に逆らう制度じゃなくて、
>それを利用する制度にしたわけ。

結局、搾取されないように、いい加減にしか働かず

自分の私腹は肥やす

っていうことになると、働きもないのに高給、高額の給与外支給をうけている

寄生虫のような官僚が、この世の中で一番いい人生を送っていうことになるなぁ

ああいう宦官になりたいとは思わないけどねぇ



79 :法の下の名無し:2006/02/09(木) 08:54:24 ID:9hn0EBsg
>>78
言いたいことが3点ほどある。
まず、あなたには読解力が無いこと。
>結局、搾取されないように、いい加減にしか働かず
>自分の私腹は肥やす
とは、70も76も言っていない。

次に、あなたは現実を知らないということ。
官僚(という言葉からは国家一種の人をさしているんだろう)は、
時給換算すれば、労働に拘束されている時間に比して俸給は少ない。

最後に。あなたはいったい何様ですかw

80 :法の下の名無し:2006/02/10(金) 03:43:13 ID:OUSxABWe
議論からはズレるかもだけど、
官僚と資本主義経済はわけて考えた方がいいよね。
国Tは終電なくなるまで働いてたりするし。一方、ロシア・中国の官僚は、汚職の代名詞なわけだし。
自ら生産する労働者とは違って、官僚は国家組織の歯車だから、私利私欲を生産性に利用することができない。
だから、公務員なんて頑張ろうが頑張るまいが同じってことになって、ほっておけば怠慢はでてくるんだろうと思う。
結局、これが法曹の質にも根底で繋がるんだけど、競争原理がないと怠けるんだよねぇ。公務員も法曹も。楽に稼げるし、良品質を追及する動機がないから。

ただ一方で、競争原理・資本主義を取り入れることは、儲け以外の部分を見捨てることにもなる。なぜなら、資本主義ってそもそも、儲けることを利用したシステムだから。
法曹が増えてこれからの弁護士は営業性が強まると思う。建築確認が経済性で支配されていい加減な検査になっちゃったのと一緒で、弁護士も自由競争一辺倒だと弊害が出る職業かと。
逆に、検察官や裁判官は、相変わらず独立独歩な職業だから、どんな仕事をしても是正しようがない。

ところで、民事の不法行為と同じ犯罪事実を対象とする刑事裁判に被告人の不法行為請求を併合できるようにしたらどうかと思うのだけど。
裁判による2次被害を懸念する被害者なんか多いんだから、一回的解決に資すると思う。
変則3面構造にしたらいいと思うのに。

81 :法の下の名無し:2006/02/10(金) 03:45:06 ID:OUSxABWe
agetuidenine

82 :法の下の名無し:2006/02/10(金) 23:44:53 ID:YyIYWX4N
>79

そう言うあなた様は、おまえさんではないですか???

裁判で、相手方の弁護士からも、自分方の弁護士からも虚偽の話を聞かされ
ひどい目にあった者です。

裁判に関わる者は、真実に忠実なのかと思って、全く騙されました。
法律を知っている者だから、法律に引っかからなければ、何をやってもいいと
思っている人種だと言うことが、後でわかったというわけ。

少なくとも、そう言う人種より、高級な人間ですが 何か?




83 :法の下の名無し:2006/02/10(金) 23:48:20 ID:OUSxABWe
セカンドオピニオンした方がいーよー。
弁護過誤事件は年々増えている

84 :法の下の名無し:2006/02/11(土) 00:01:32 ID:Uav7OzxV
>官僚(という言葉からは国家一種の人をさしているんだろう)は、
>時給換算すれば、労働に拘束されている時間に比して俸給は少ない。

なるほど、それで手当がたくさんつくんだ。空出張や一等地マンションとか・・


政治家でも官僚でも、国に益する働きのある者は、もっと高給でかまわないです。
でも国を害するようなことをした官僚も厚遇されているのは かなわないです。

血液製剤でHIVを国内に入れた官僚とか、かつての中国ヨイショの外務官僚とか

そうか、ここは法学部関係なので、この辺は法学部出身者だから、言ってはいけないのか??




85 :法の下の名無し:2006/02/11(土) 00:51:55 ID:WvA0kUvX
>>84
かつてじゃないです。チャイナスクールは最近も暴走しましたし、してます

86 :法の下の名無し:2006/02/11(土) 02:44:46 ID:WvA0kUvX
そうそう。思い出した。
「あいつは1日12時間勉強してるらしい」「○○さんは△△事務所だって」
「みんな尊敬するよ。俺も頑張ろう。」
こんな会話が飛び交う国立大って残念な感じしない?
これが現実

87 :法の下の名無し:2006/02/12(日) 10:25:39 ID:rUSjJvTB
他人の弁護はするけど、同業者の弁護はしないのか??

金にならないから??

88 :法の下の名無し:2006/02/12(日) 11:16:04 ID:B2/zq+Wv
菅原忠志少年裁判長の名判決!
ttp://blog.ameba.jp/user_images/5c/f6/10004328665.jpg

89 :法の下の名無し:2006/02/12(日) 11:46:13 ID:PD0ADgMw
インセンティブに逆らったらひどいことになるというのは人間がつくる社会を考える以上
動かしがたい事実。例外はあるけど、そこから目を背けてはいけない。

また、資本主義と官僚制は分けて考えた方がよいかもしれないということについては、
ジェイン・ジェジコブズ「市場の倫理 統治の倫理」を参照のこと。

>>88
「今は反省している」と続きそうな名文だな。

90 :法の下の名無し:2006/02/12(日) 13:16:11 ID:/hzdpnE+
>>88
感動的な名文だなw
この裁判長と現役裁判官の差異を論証してほしいくらいだ。おそらく大して変わらない気がするw




91 :法の下の名無し:2006/02/12(日) 20:50:07 ID:rn/3toSg
>>79
俸給の中身は何?
官僚は高額の退職金を得た上でさらに天下りしてまた退職金を貰う。
官舎は一等地に高級なマンションが与えられている。
タクシー代は知らんが、使ってもいないのに使ったことにしてかなり貰ってない?
表向きに給与は少なくても実質は相当高級なんじゃないのか?

92 :法の下の名無し:2006/02/12(日) 21:24:02 ID:meCz2iad
>>91

誰と比べて「高額」とか「相当高級」とか言ってるのかにゃ〜?
一応、学問板なんだからもうちょっと考えた方が良くはないかな?


93 :法の下の名無し:2006/02/13(月) 00:25:36 ID:Osj1ku5K
>>91
地理的必要性があるなら、それが高級であることを俸給の高さに結びつけるのは不当ではないでしょうか?
例えば、何かの際に備えて、首相官邸に10分以内でいける場所にいる必要性がある職に就いている人が、
10分以内でいける、地価の高い場所に住んでいたとしても、仕事との必要性から当然のことと思うんですが。

それとも、庶民に合わせて、多摩地区からえっちらほっちらタクシーで来いとおっしゃるんでしょうか?

94 :法の下の名無し:2006/02/13(月) 00:56:51 ID:PoO2ofA3
>>93
もちろん地理的に緊急の場合に備えた場所に住むのは問題ないだろう。
しかし、実際にはそうではないのに都心の1等地の豪邸や高級マンションに住んでいるのが実態。
マスコミの報道で既に知られているケースが多いよ。
そこに住む者にインタヴューしようとすると走って逃げ出すのは
住む者にやましいところがあるから。
でなければインタヴューに応じる筈。

95 :法の下の名無し:2006/02/13(月) 00:59:33 ID:PoO2ofA3
だいたい首相官邸に10分以内でいける場所にいる必要性がある職に就いている人は
首相官邸内に住めばいいんだよ。それくらいのスペースはあるだろう。
そんな人がそんなにたくさんいるわけもないから、わずかなスペースがあればいい。

96 :法の下の名無し:2006/02/13(月) 01:18:40 ID:Osj1ku5K
>>94
医療過誤が疑われた病院の職員にインタヴューしようとすると走って逃げ出すのは
職員にやましいところがあるから。
でなければインタヴューに応じる筈。

>>95
だいたい医療過誤の対応・賠償が大変という職に就いている人は、
医療過誤保険に入ればいいんだよ。それくらいの収入はあるだろう。
医療過誤訴訟を受ける人がそんなにたくさんいるわけもないから、わずかな保険金を払えばいい。

とか、数字なり、何なりの根拠もないのに書かれたらどう感じますかねえ。

97 :法の下の名無し:2006/02/13(月) 01:21:58 ID:Osj1ku5K
おっと、失礼。ついつい
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1139405334/l50
の話と混同してしまいましたよ。

98 :法の下の名無し:2006/02/13(月) 05:55:36 ID:k7CQRDES
>>92>>93
おまいらニュースみろよ!優遇されてるのは間違いないよ!
勤務所近くで安くってのは災害時出動の関係で合理的措置だけど、やつら緊急出動で呼んでもこないんだからw
東京都なんかそれで石原が激怒して、懲戒処分とかになってんだぞ。
しかも、常識で考えろよ。常識で。
なんで退職して当然の如く就職先が用意されてんだよwそれ自体がおかしいとおもわないかね。
しかも、高給というのは事実。初任給は大して変わらないか大手企業より少ないが、共済年金の優遇や、年功序列賃金で、官僚なら最終的に1000万超えないやつはいない。

仕事内容が高度だからある程度は許されるが、ある程度を拡大しすぎなんだよな。
官僚って自分らが国を動かしていると勘違いしてる。だから腐敗するんだよ。

99 :法の下の名無し:2006/02/13(月) 18:23:16 ID:i5Hdwmq7
先日、東京消防庁の幹部職員が都内一等地の広い敷地の高級官舎に住んでいるのを
4チャンネルだったか10チャンネルだったかで報道していたな。
実際に消防に携わる下級消防署員は都心から離れた粗末な木造アパートみたいなところの
2人部屋3人部屋に押し込められている。
これら職員も官僚といっていい。要するに官僚は地理的必要じゃなくていいところに住みたいだけ。
議員年金と同じ構図でお手盛りの優遇措置を講じてるだけなのは明白だよ。

100 :法の下の名無し:2006/02/13(月) 20:35:33 ID:FEsk2oEG
おまいら、アメリカだったら法廷侮辱罪じゃないのか?

469 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)