5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本の裁判の問題点

474 :五十川卓司:2006/04/30(日) 20:13:40 ID:8DBbE8RL
故意に物陰から殺意の標的とした個人を突飛して、無関係な個人
が運転する車輌に衝突させて、その前者の個人を殺人して、交通
事故を偽装した場合、事実としては交通事故の有形であっても、
交通事件の無形が潜伏している場合が有ります。

このような殺意としての人心を、車輌と死体という物体から証拠
として抽象することは困難であり、その死体となった個人の生前
の環境や状況を捜査することにより、その殺意の具体を把握する
ことが可能となります。

家庭の遺族や職場の同僚が、その事情を知覚していても、殺人が
行為されている以上、後難を危惧して、証言を不作為する場合も
有るので、暴力団体が、政府や企業や家族等における不正犯罪や
不祥犯恥を隠蔽する工作を請負する資金源としている危険が有り
ます。

此処までが、事実として認定する対象となるでしょう。>>469-470

469 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)