5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

金融法について語ってみるスレ

1 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 18:26:17 ID:gS/7Uf8C
皆さん、体系化に苦慮しております。

2 :法の下の名無し:2006/01/15(日) 21:44:24 ID:THY0b8rq
西原・木内

3 :法の下の名無し:2006/01/16(月) 01:04:10 ID:AGHKNxVR
木内先生の本のまえがきは壮絶だよね。

4 :法の下の名無し:2006/01/16(月) 06:39:16 ID:qiu+p4/3
金融事態理解できないんですが・・・。


5 :法の下の名無し:2006/01/16(月) 07:15:47 ID:peDLiJ8n
金融理解できる法学畑の人間は稀

6 :法の下の名無し:2006/01/16(月) 09:05:57 ID:WIVD0w58
日本で普通に法学やると、まずは大陸法系である日本の民法とかから入るだろうから
まじめに勉強した人達ほど、英米法の金融担保法に馴染めなくなるのでは。

7 :法の下の名無し:2006/01/16(月) 17:54:04 ID:ihp6KL8D
大学だと英米法講義も結構あるで

8 :法の下の名無し:2006/01/18(水) 07:58:43 ID:+mjpmGrc
まあでも、日本の学問の中では英米法って傍系だよね。

9 :法の下の名無し:2006/01/19(木) 11:49:39 ID:Fe3rCbQO
日本の学問の中では英米法って傍系
>>
英米法に精通した実務家・専門家は、どこも引き手あまたです。
学問の世界に行く方々は、社会に適応できない人でしょう。


10 :法の下の名無し:2006/01/21(土) 13:49:50 ID:YfuA8eLZ
>>9
そうかも知れんが、ここは「法学」板であって、「ビジネス」板じゃないんだから
しょうがないでしょ。
あ、俺は金融法語りたい口なんだが、証取法はともかく、担保法はまともな本すら
あんまり無いしね。

11 :法の下の名無し:2006/01/22(日) 17:18:11 ID:dfGpES4s
金融法って具体的に何をさすの?
金融法っていう法典があるわけじゃないよね?

12 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 09:24:44 ID:TaZX83c0
そうだな、まず金融法の定義をしないと。
一般には、民法の金融取引に絡むところ、抵当だとか質権、その他担保物権、
それから、会社法の資金調達・企業買収・合併などのところと証取法。
手形法は最近あまり実務に関係なさそうだが、街金とかだとまだ生きてる?
あ、民法の契約法も当然関係あるか。その辺になると国際私法も関係してくるね。
そして、現在の金融取引の主流であるアングロサクソンの金融取引関係法も
勉強しないと、って考えて行くと広くなりすぎるね。
あとは各種業法とか。でも、こんなとこかな?

13 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 10:28:37 ID:XxPo01EM
債権譲渡なんかも関係ありそう。

14 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 21:21:22 ID:TaZX83c0
債権譲渡は、集合債権の将来譲渡なんてのがプロジェクト・ファイナンスに絡んで
論点となっている。

15 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 22:44:18 ID:1VinsWz8
何か古くないか?

16 :法の下の名無し:2006/01/23(月) 22:46:03 ID:TaZX83c0
いやまだ国税との問題があるし、将来債権がそもそも何年まで認められるんだって
いう話もあるよ。

17 :法の下の名無し:2006/02/04(土) 12:28:26 ID:3P8jc9wj
民法では解決された議論だろ
国税との問題はそれ法律問題じゃねえだろうよ

18 :法の下の名無し:2006/02/04(土) 17:34:54 ID:YD7Rf0zi
国税債権と、将来債権譲渡担保の先後について裁判で争われているんだけど、
法律問題ではないと?

19 :法の下の名無し:2006/05/24(水) 00:10:45 ID:fBiCNJDc
ストラクチャードファイナンスについて語ろう

20 :法の下の名無し:2006/05/26(金) 08:07:48 ID:S6Hm52Dm
>>19
ストラクチャード・ファイナンスについて語ろう、と言っても何を語っていいか
わからんわな。何か特定の問題で悩みがあるのか、わからない点があるのか、
あるいはこれを論じたい、というものがあるのか?

21 :法の下の名無し:2006/08/12(土) 04:59:02 ID:qB+dIcBX
教授みたいだな

22 :法の下の名無し:2006/09/02(土) 21:56:26 ID:3HBkKZCS
今話題の上限金利引下げの話とかは金融法に入るの?入らないの?

むしろ経済学プロパーかな?

23 :法の下の名無し:2006/09/02(土) 22:41:03 ID:feeb1OT+

「文字だけの掲示板ではもの足りない」
「アバターサイトは面倒でよくわからない」
「自分だけのキャラクターを使いたい」

というユーザーの要望をかなえてくれる、そんなサイトができました。

メタコロニー
http://www.metacolony.com/

1. キャラクターをつくってみよう
トップページから「キャラクターをつくろう!」ページに進み性格診断を行います。
8つの質問に答え終わると、世界で一つだけのオリジナルキャラクターが出来上がります。

2. みんなの書き込みを見てみよう
各カテゴリ名をクリックすると、カードの一覧が表示されるので
気になるタイトルをクリックして書き込みを見てみましょう。

3. 自分のキャラクターで書き込みをしてみよう
キャラクターを作ってログインした状態であれば、各カードの最後には自分専用の
書き込みフォームが自動で表示されています。そこに何か一言書いてみましょう。

最初は簡単な自己紹介でかまいません。基本的な使い方はこれだけです。
一般的な掲示板を使ったことがあれば、すぐに使い方は覚えることが出来ると思います。
そして、キャラクターは書き込みをして経験値をためることによってレベルアップしていきます。
また、集めたアイテムはアイコンとして書き込みに使うことも出来ます。
他にも、書き込むことでいろいろなことが出来るようになる予定です。

世界にたった一つの自分だけのオリジナルキャラクターを作成することができるコミュニティ掲示板。
ゲーム、社会・芸能、趣味・スポーツ、仕事などさまざまなBBSが存在。

24 :法の下の名無し:2006/09/09(土) 08:38:44 ID:Nhhqpu8G
>>22
まあ金融ちゃあ金融だね。上限金利なるものが市場の原理に反する、という意見
があんまり出てこないのが気になるね。サラ金=諸悪の根源、だからそれを擁護
するような意見は言いにくいんだろうけど、例えばゼロ金利の時に20%超の金利
は暴利だろうけど、市場金利が10%の時に20%程度なら暴利をは言えんよな。

俺は上限金利自体に反対だが、せめて市場連動にしないとおかしい。

25 :法の下の名無し:2006/09/13(水) 09:39:57 ID:05rK5ZUL
私法学会が大阪なのに金融法学会が神戸って・・・

26 :法の下の名無し:2006/09/13(水) 21:59:34 ID:orO56rDj
電子債権法が制定されたら金融法が台頭してくる悪寒

27 :法の下の名無し:2006/09/17(日) 13:56:43 ID:UqnReztF
>>25
大阪でもキタなら問題なしだけど、堺の手前は厳しい。
飛行機が往復で取りにくいし、宿泊場所も悩みどころ。

>>12
定義に証取といっても、なんか民ポの独壇場。お呼びでねって幹事。

28 :法の下の名無し:2006/09/18(月) 14:59:00 ID:4wJ4g++L
>>12
債権法総則・契約法総則・消費貸借契約もね。

29 :法の下の名無し:2006/09/22(金) 09:34:08 ID:9qxRWO/0
>>27
私法学会を意識してキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!! じゃなくて
ミナミ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!! に宿とっちゃった。
めんどくせ〜な。海法に逃げようかなw

30 :法の下の名無し:2006/09/22(金) 09:35:22 ID:9qxRWO/0
>>26
昨年の私法学会の洗礼を受けて、
I先生がどんな顔をして発表するのか
何となく楽しみ。

31 :法の下の名無し:2006/10/21(土) 12:37:43 ID:OlGeL7L4
電子登録債権あげ

32 :法の下の名無し:2006/10/22(日) 00:25:46 ID:17GQpIhT
>>24
上限金利を撤廃した韓国がどうなったか知らないの?
ってかネタ?w

33 :法の下の名無し:2006/10/22(日) 19:01:26 ID:ACXVVKbd
贈与税扱いになる保険を所得税扱いにしたい場合どうすればいいですか?

34 :法の下の名無し:2006/10/24(火) 22:02:34 ID:iAul8vbW
>>32
国によって金融システム・商慣行・国民意識が異なるから
そんな短絡的に議論できないよ

浅はかな思考だねえ・・・


35 :法の下の名無し:2006/10/28(土) 17:41:44 ID:CM0InSMb
短絡的な議論はできないと言って違いを明らかにせずに議論を打ち切ってしまうのもまた浅はかだな。

36 :法の下の名無し:2006/11/02(木) 17:50:51 ID:q8nG/NIN
こんな過疎スレで議論がまともにできると思っているのもまた(ry

37 :法の下の名無し:2006/11/04(土) 13:55:14 ID:k5fNyJ26
>>32
>>34
>>35
そもそも消費者金融にまつわる悲劇は金利の高低だけじゃないだろ。上限金利の
規制の議論自体が短絡的な感じがする。

自己破産の制度があるんだから、高い金利で破綻してもそれ自体は自己責任。
でも、連帯保証の制度が悲劇を拡大しているんだよな。つまり自分自身の事業
や家計は全く問題ないのに破綻に追い込まれ、結局、高金利での借り換えなど
に際してさらに家族が全員連帯保証の輪に巻き込まれて一家心中とかね。

連帯保証を何とかしなければ高利貸しの悲劇なんてなくなるわけないよ。

それから上限金利は市場連動にしないとおかしいよ。市場金利が10%の時には
20%の金利なんて別段、高利でもなんでもない。

38 :法の下の名無し:2006/11/07(火) 23:42:55 ID:GioYYeRB
微妙に「金融法」の話題からはズレてるようにも思える


39 :法の下の名無し:2006/11/12(日) 08:34:05 ID:JlT9/t/4
消費者金融にまつわる法制度を論じるのは「金融法」ではないと?

40 :法の下の名無し:2006/11/20(月) 07:46:10 ID:0PGi83cb
消費者金融って何?
法律用語は貸金業ですけど、サラ金高利貸し側が言う消費者金融なんて造語使うのは
止めろよな。

41 :法の下の名無し:2006/11/20(月) 09:36:10 ID:eXdA1V1W
>>37
市場金利に連動ってのには賛成。

そもそも法定利率が年5分とか年6分ってのが今時どうよ?

42 :法の下の名無し:2006/11/20(月) 13:23:29 ID:h6Vaaimu
>>40
ここで消費者金融という用語を使うことに何の問題があるの?
そもそも貸金業と言っても個人向けと法人向けがあるのであり、法人向けも
以前商工ファンドのような中小企業向け融資の問題があって、もちろん個人向け
と同じ問題はありうるが、それでも別個で論じた方が良い部分も多かろう。

43 :法の下の名無し:2006/12/24(日) 02:19:04 ID:sbGvMeph
馬鹿な叔父と、つるんだ銀行に騙されて、
1000万以上の連帯保証債務を持った男を父親に持つ者が来ましたよ。

証拠も無いから、退職金は大部分が持ってかれたよ…

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)