5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

白川静vs藤堂明保vs加藤常賢

134 :17:2005/08/04(木) 00:11:38 ID:edF8fQQD
>133

リンク先読ませていただきました。
私はソシュールの言語学については全くの素人ですので記事の内容について突っ込んだ議論はできませんが、
オリエント起源のアルファベット等々の文字体系の中で生活し、思考し、組み立てた定義を
そのまま極東で生まれた漢字に当てはめているのにはやはり疑問が残ります。
ソシュールの説が漢字や古代中国の思惟構造にも当てはまるということを証明するのが先ではないかと思うのです。
そうしないと、かつて中国史学者がヨーロッパ史から考察されたマルクスの唯物論をそのまま中国史にも当てはめ
論理の破綻をまねいた失敗の二の舞になってしまいます。

白川先生のソシュールに対する意見は中公新書の『漢字百話』の最初に書かれてます。

まあ、何にせよリンク先の論は紀元前1100年以上前の漢字に対して紀元前3世紀末の始皇帝を持ち出して
論を組み立てていることからして、中国史に対する認識不足・配慮不足が見受けられますな・・・

84 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)