5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中庸を、

1 :名無しさん@1周年:2001/01/16(火) 21:04
自力でなんとかして和訳しようと考えているのですが
何かよい、そして手に入れやすい日本の漢和字典ありませんか?

2 :>1:2001/01/17(水) 01:38
漢和と言えば、大漢和。

3 :名無しさん@入院中:2001/01/17(水) 02:30
大漢和は勉強もできて、なおかつ腕の筋力も鍛えられる。
一石二鳥だね。
以前は新編国歌大観もそうだったけど、今はCD版が
できたから、そっちを使っちゃうけど。

大漢和は良いと思うけど、使いこなすのが大変。
廣漢和の方が扱いやすいと思うな。
でも、結局、大漢和が必要になってくるかな。

4 :>3:2001/01/17(水) 14:22
一冊しかない分、大字源が実用的でない?

5 :名無しさん:2001/01/17(水) 15:43
>4
新字源で十分だろ

6 :1:2001/01/17(水) 17:55
みなさん、ありがとうございます。諸橋大漢和がいいのは
わかったんだけど、残念ながら懐がついてきてくれません。
出来れば比較的安価なものでお勧めのものがあればよろしく
おねがいします。

7 :諸橋大漢和は:2001/01/17(水) 18:30
間違いが結構あるから、それだけを使うのは論外。<BR>そもそも漢和辞典だけで訳本を作ろうってのが大間違い。

8 :>6:2001/01/17(水) 18:44
一番安価なのは、大漢和の揃った図書館にこもること。

9 :1:2001/01/17(水) 18:44
>>7
間違いというのはやってみなければわかりません。
吉川幸次郎が私の心の師匠なんです。だから、本当は
辞典も使いたくないんですけど。。。
で、どれか漢和字典について一言お願いします。

10 :1:2001/01/17(水) 18:45
>>8
図書館は椅子の座り心地が悪く、無理みたいです。
腰痛を悪化させ、医療費がかかる可能性が捨てきれないんです。

11 :名無しさん@入院中:2001/01/17(水) 19:01
>>7
その意見に同意。
大漢和の内容をすべて諸橋先生がチェックしているとは思えない。
これを越える漢和辞典の編纂を切に望む、だが難しいでしょうね。

わたしは普段、一冊本の新修漢和を使い、なければ廣漢和。


12 :1:2001/01/17(水) 19:03
>>11
その漢和を普段愛用なさっているのはどのような
理由があってのことなのでしょうか。参考までにお聞かせ下さい。

13 :名無しさん@入院中:2001/01/17(水) 19:04
>>11
新修漢和とは小柳司気太の新修漢和大字典のことね。

14 :名無しさん@1周年:2001/01/17(水) 19:09
俺は字統使ってるけどなかなかおもろい

15 :1:2001/01/17(水) 19:48
大漢和・廣漢和・大字源・新字源・新修漢和、と出てきたので、ここらで
様々な観点からみたランキングでも造ってください。

16 :1:2001/01/17(水) 22:37
字統も追加。漢語林もお願いします。
まだこんな状況でちゃんと中庸現代語訳できるかな。。。

17 :7:2001/01/18(木) 10:29
漢和じゃないけど、『佩文韻府』と『漢語大詞典』は基本。
とくに後者は、『大漢和』よりよほど信頼できる。
 「現代語訳」をするだけなら、適当な漢和辞典の「訓」と
漢文の文法書とを組み合わせればできるはず。
 そもそも「自力で」和訳する、というのがわからない。
既成の訳本ではダメなの?既成の『中庸』解釈に、何を
付け加えたいの?

18 :7:2001/01/18(木) 14:45
↑補足。

 訳本づくりで最初にすべき作業は、底本の選定と、
先行する訳本の精読です。
 自分が使う辞書の選定なんかは、末葉の問題です。

 何もない所からいきなり作業や研究をはじめても、
先行研究の作業をそのままなぞるだけに終わってしまう
可能性は極めて高いと思います。



19 :1:2001/01/18(木) 22:07
>>7
あなたの主観が入りこんでない文章の部分だけ参考にさせて
戴きます。で、私は今現在の時点でどの段階まで作業が進んで
いるかここで述べた記憶はありませんので、字典の選定が末葉
であるか否かは、諸々のご意見がありましょうが、ここでは不問
に付す、という方向性を付け加えさせて戴きたく思います。

20 :>16:2001/01/19(金) 00:59
やっぱり大漢和しかないでしょ。

このスレで「大漢和は間違いだらけ」って言われていることは、
「大漢和ですら間違いだらけ」と読み替えるべき。

ただ、中庸が基本的な語彙のみで記されているのなら小さな辞書でも
いけるという可能性はあるが。

大漢和、古書店でなら13冊5万円くらいであるはず。
小さな辞書2000円程度とてんびんにかけると、
普段は小さな辞書を使って、必要になったら大漢和を
コピーに走る、というのがベストでは?

21 :7:2001/01/19(金) 11:33
>19
  失礼しました。

  まともに底本を選定して、『中庸』本文の錯簡も補正して、
 拠るべき注釈(鄭注か朱注か)も選んでおられるのでしたら、
 「ただ一冊の漢和辞典を選んで、それのみによって訳本を作る」
 というのがいかに殆ういことか、改めて指摘させていただく
 までもないと思いますので、

  、というよりも、「ただ一冊の漢和辞典をびたい」という
 事でしたので、「今までの解釈を無視し、その漢和辞典の
 語釈のみによって『中庸』を理解する」という構想だと
 思いましたので、「18」のようなことを申しあげました。

 >私は今現在の時点でどの段階まで作業が進んで
 >いるかここで述べた記憶はありませんので、

  その通りです。失礼しました。

22 :7:2001/01/19(金) 11:55
>12

 気を取り直して、その辞典を使う理由を。

諸橋「大漢和」 日本語の語釈があって気軽に使える。
        ただし間違いが多いので、原典に戻って
        確認しないといけないのが面倒。
「漢語大詞典」 「大漢和」よりも新しい語彙に強くて、
        間違いも(比較的)少ない。
        日本語が使えないので初心者向きではない。
「佩文韻府」  語彙数では前2者よりも圧倒的に多い。
        用例(出典?)を挙げるのみなので、和訳には
        向かないかも。
角川「新字源」 ハンディな辞書のなかでは用例の掲げ方が
        適切。集団作業で編纂した割には、間違いも
        少ないほうだと思う。
        しかし所詮は小型の漢和なので、本格的な
        用途には向かない。
三省堂     ハンディ。実質的に原田種成の個人作業で
「新明解    作った辞書なのでクセがあるが、初学者には
 漢和辞典」  却って引きやすいかも(部首の配置など)。
        詳細さでは「新字源」に一歩を譲るが、
        どちらも小型辞書なので大差ないかも。
「字統」    漢和というよりは、むしろ漢代以前における
        文字の原義を考えた本。これよりはむしろ、
        今度復刊される同じ著者の「説文新義」の
        ほうが良いかも。
「広漢和」   「大漢和」の小型版のようなもの。置き場所は
        助かるが、中途半端なイメージは拭えない。
        置き場所を優先して内容は少なくても良い、という
        ユーザーなら、もっと小型の辞書を買えばいいし、
        置き場所に困っても大きな漢和が必要だ、という
        ユーザーなら「大漢和」を買うのではないだろうか。


23 :1:2001/01/19(金) 17:34
>>7
いろいろと誤解を受けて仕舞うような表現が多くこちらも反省しております。
種々の漢和についての評価、有難う御座いました。熟考の末、寂寞感の拭い去れない
私の懐具合により、『漢語大詞典』及び諸橋『大漢和』は図書館で、手元には何か
小型の字典を置く事に決定致しました。改めて感謝の意を表し、ここにこのスレの
終了を宣言を提案致します。

24 :名無しさん@1周年:2001/01/20(土) 01:13
========大感動!愛と涙と友情の最終レス========

     〜未だかつてこれほどまでに感動的な
             最終レスがあっただろうか?〜

 ★このスレッドを読んだ人達の声★
「何気なく開いたこのスレッドとの出会いから、
 新しい自分の可能性を信じようと思った。」(27歳、フリーター、女)
「感動した!勇気が湧いてきた!人生観が変わった!
 自分にも何かやれそうな気がした!」(24歳、会社員、男)
「落ち込んでる時にこのスレッドを見つけ、
 期待しないで読んだが、読んで涙が出た。」(21歳、学生、女)


これほどまでにみなさんに愛されてきたこのスレッドですが、
残念ながら、このレスで終了となってしまいました。
でも悲しまないでください。
このスレッドはいつまでも
あなたの心の中で生き続けているのですから…

25 :1:2001/01/20(土) 01:17
そんなに愛されてるのならまたageさせて戴きます。
心の中だけでなく実際に生きていきたいと思います。

26 :1:2001/01/21(日) 00:53
では、
  仁者人也
で、どこまで議論できるか逝きましょう。

27 :名無しさん:2001/01/22(月) 04:15
>吉川幸次郎が私の心の師匠なんです。だから、本当は 辞典も使いたくない

どういう意味でしょう。彼が辞書を馬鹿にしていたからですか?

http://www.sanseido-publ.co.jp/publ/kanjikai_jisan.html
全訳 漢辞海 ISBN:4385140456三省堂 (2000-01-10出版)戸川芳郎監修 NDC分類:813.2 本体価:\2,840
自著自讃『全訳漢辞海』 濱口富士雄
『漢辞海』は編集会議における勉強会の所産でもある。編集方針をより明確なものにし、また古漢語の品詞や語構成などに関する共通認識を確立するために、監修の戸川芳郎先生を中心に編者の佐藤進先生と私、そして協力をいただいた先生方のみならず三省堂の編集者も一体となった勉強会を一年以上も続けた。有意義なものであったが、実質的な編集作業はかなり遅滞したに違いない。編集部がよく見守ってくれたと感謝するとともに、それがあったからこそ類書の先を数歩も進む内容を盛ることができたと思われる。

『漢辞海』のコンセプトは、高校生の漢文学習を視野に収めつつ、しかも中国学や東洋史関係の専門家の需要をも十分に満たすというものである。そしてわれわれが常に意識したのが『支那文を読むための漢字典』(一九四〇)であった。それは中国の商務印書館が刊行した学生用の小型字典『学生字典』(一九一五)をほぼそのまま文語で訳出したに過ぎないものであるが、現在も専門家の間で重宝されている。すなわち『漢辞海』も専門家にも十分応えるべき内容を盛りつつ、高校生にも理解できるよう平明に解説することに力を注いだのである。その具体化の一つが例文の「全訳」であるが、これは例文をいかに読解したかという責任の所在の提示にもなる欠くべからざる処置であったと今更ながらに実感される。

『漢辞海』は日本漢字音の漢音・呉音について徹底して字音資料に拠るとともに国語学の最新の成果を吸収し、また慣用音とされた字音に関しても適切な根拠に基づいて漢音・呉音に位置付けるなど、佐藤先生の努力によって現在の学会水準を反映した初めての漢和辞書となった。また「和訓」に依存せず、あたかも英英辞典のごとくに説明することを目指した語義の記述、句法の詳細な解説、漢字の日本語用法の峻別なども意を得た形で実現できた。

 ところで『漢辞海』の特長は、品詞分類による語義の記述にあるが、特に古漢語の語法的な特質である「品詞の活用」という現象を語義の記述の中に位置づけたことにある。これは一定の語法環境の下で本来の品詞の性格を維持しつつ、別の品詞の語法機能を獲得する現象で、「動詞化」「名詞化」「連用化」として本来の品詞の中で際立たせた。

 たとえば形容詞の「少」は、主観的にある事柄が「少」であると判断する動詞的用法(意動用法)、すなわち「軽視する」という形容詞「少」の意義を含意した動詞に転化するが、形容詞「少」の語義解説中に「動詞化」と処理して、「軽視する」と解されることの語法上の在り方を明らかにしたのである。さらに、このケースでは「しょうトス」と訓読することも示した。また名詞が用言を修飾する事例では「連用化」として、たとえば「山積」の「山」は「やまのように」という意味であり、「やまノゴトクニ」と訓読することなどを示した。このような語法現象を踏まえた語義の解説は漢文を的確に理解する上ではなはだ有効な措置であろう。

 また漢語本来の品詞と和訓の品詞がずれる場合は《訓読では……として読む》と注記した。漢語は、様態の表現を形容詞が主に受け持つが、日本語は動詞で表現する。たとえば形容詞の「惰」「疲」などは訓では「おこたる」「つかれる」と動詞となる。ここにおいて漢語と日本語との差異に注目できるとともに、和訓に牽引されることなく漢語本来の意義を理解することが可能となるように工夫したのである。

「なりたち」に関しても『漢辞海』では一つの見識を貫いた。最近の甲骨金文による文字学の進展は眼を見張るものがあるが、いまだ個々の学説に分岐している現況において収録漢字すべてを体系的に記述することは不可能であり、一方便宜的にいくつかの文字説を摘録することも問題である。そこで古漢語辞典としての立場に立ち戻り、たとえ漢代の神秘思想に基づき、また篆書に依拠した字解であるため今日の文字学からは誤りとされる解説があろうとも、古来、中国人の文字観を形成し、しかも体系的に記述された『説文解字』をそのまま採用することこそが理にかなうと判断した。さらに語音の近似を根拠に語源解釈を行った『釈名』を訳出して中国人の言語意識をも了解できるよう配慮したのである。

(はまぐち・ふじお 群馬県立女子大学教授)


28 :名無しさん:2001/01/22(月) 04:16
http://www.sanseido-publ.co.jp/publ/kanjikai_hyosi.jpg

29 :名無しさん@1周年:2001/01/22(月) 08:11
>>27,28
三省堂の方ですか?

30 :7:2001/01/22(月) 10:14
>23
  つまり『漢辞海』は、どういう漢和なんですか?
  私のような初心者にもわかるように、簡単に説明して下さい。




31 :1:2001/01/22(月) 18:29
>>27
漢字海のよさが伝わってきませんでした。
できれば、コピぺじゃない、自分独自の
評価・考えをお聞かせ下されば、と思います。

32 :吾輩は名無しである:2001/01/23(火) 18:10
新字源萌え

33 :ふむ。:2001/01/23(火) 23:51
漢語林はだめなのかな?

34 :7:2001/01/25(木) 12:49

『漢語林』にくわしい人、特徴をわかりやすく
教えて下さい。

コピペ不可。



35 :1:2001/01/25(木) 22:18
>>7
私の印象では、漢語林は文字の語源なんかは
少々他の小型に比して書いてありますが、語彙
に乏しい雰囲気があります。

36 :ふむ。:2001/01/27(土) 00:21
>1
そうですね。同感です。
語彙は少ないですね。でも、ぼくは漢語林が好きですね。
1さんのおっしゃるように語源を大切にしているような気がします。
たとえば『新明解』では「芸(ゲイ)」の中に(ウン、ゲイ)と一括りにしていますが、漢語林はしっかり「芸(ゲイ)」と「芸(ウン、フォントがないので便宜的に用いました)」を別の親字として収録しています。
近頃では草冠を全て3画で書くことが普通になっているので、『新明解』の扱いも理解できるのですが、やはり漢語林のほうが漢字そのものに対する愛情が強く感じられるのは私だけでしょうか?
それと、『漢辞海』に関してですが、売り出された際に書店で手にしてみましたが、正直言って購買意欲をそそられるようなものは感じませんでした.そもそも高校生から専門家までというのが、こと漢文学にかぎらずどの専門分野にしても自家撞着していると思われます。


37 :1:2001/01/27(土) 15:27
>>36
なるほど、やはり「漢辞海」に関してはそれほど
見るべきところは無い様ですね。ということは、
27、28が三省堂関係者である可能性は多少上昇
したと言えるかな。

38 :ふむ。:2001/01/27(土) 23:03
>1
三省堂関係者がどうかはわかりませんが、自著自讃とあるのでしたら、執筆者の中のお一人ではないのでしょうか?
しかし、自著自讃って・・・。

39 :1:2001/01/27(土) 23:30
いやしくも字典の執筆者が斯かる場所に自著を
自賛せんが為にコピぺするとは.....
いや、そんなはずはありません。せいぜい、三省堂
社員程度がしそうなことでせう。

40 :ふっ:2001/01/28(日) 16:38
「漢辞海」はいい辞書だと思いますよ。

特に中国の古漢語の研究成果を取り入れたところとか、
品詞によって意味を分別しているところとか、
中辞典では六朝期の語彙を積極的に採用しているとか。
従来の欠点をかなり意識して作っているように思えます。


「漢語林」は『大漢和』の超小型版でその悪い点を引き
ずっていると思います。高校教育の現場では圧倒的に支
持され、中辞典のシェア1位ですが、辞典としてはよく
ないと思います。

41 :はぐれ院生:2001/01/28(日) 17:44
40さんの意見にほぼ同意、以下はつけたしのようなもので。

携帯辞書のデファクトはこれまで小川珠樹先生らが監修された「新字源」でしたが、
最近は新しく出た「漢辞海」が勢いを伸ばして来ています。
若手の研究者や院生で「新字源」にすでに乗り換えているひとをよく見かけます。
やはり辞書は古いものよりかは新しい研究成果が取り入れられたものの方が良いようです。
そういう意味では「新字源」、「漢語林」は瑣末なマイナーチェンジは施されているものの、
編集内容にはほとんど手を加えられてませんから。もう古い辞書なんですね。

本気で漢籍を読みたいなら『大漢和』や『漢語大詞典』ぐらいはそろえておくべきでしょうけれど、
すでに言及されてますようにこのような大型辞書には誤りが多いことはよく知られています。
これから手に入れるなら多少高くても『大漢和』の「修訂版」を、
『漢語大詞典』も単冊で用例や解釈の誤りを補訂した書物が出ていますから、
あわせて手にいれるべきでしょう。

個人的にはその中間に位置する『字通』をおすすめしておきましょう。
『説文解字』以来の体例を破って音読み順に排列されていますが、
なかなか使い勝手の良い中漢和辞典です。
『字統』は”字書”であって辞書ではありませんから、
漢籍を読みたいならばこちらを選びましょう。

あと、蛇足ですが、いわゆる四書のひとつである『中庸』はこれまで
くさるほど(失礼)読みつがれていますし、現代語訳も何種かあって
過去の研究をふまえた十全なものとなっています。
さらにあなたが『中庸』を翻訳しようとする意図はどこにあるのですか?

42 :はぐれ院生:2001/01/28(日) 17:55
>>41
×若手の研究者や院生で「新字源」に
○若手の研究者や院生で「漢辞海」に

訂正して読んでください。流し書きしたもんですんません。
あと「漢辞海」は中国語語学研究者も学生に購入を薦めていたことを付け加えておきましょう。
個人的には四角号マので引ける古い「漢語林」も愛用してますけど、
やはり見識の面で「新字源」には劣るなあと。
新進の「漢辞海」か権威の「新字源」ってとこですかね。携帯辞書だと。

43 : :2001/02/17(土) 00:36


44 :名無しさん@:2001/03/03(土) 03:37
推薦できるものはないが、がんばれー。
『中庸』好きだ。

45 :>44:2001/04/02(月) 16:59
なんで?

46 :age:2001/06/09(土) 09:18
こんなためになるスレッドはじめて読んだ。

47 :名無しさん@1周年:2001/06/09(土) 12:54
ここと『漢字検定おまえら持ってんの?』の内容重複してますね。
だれか統一してくださいな。
これらのスレ、埋もれさせるのはもったいない!

48 :よい子:2001/06/10(日) 09:09
漢和辞典をお探しの方はこちらでーす。

49 :名無しさん@1周年:2001/06/10(日) 16:31
>>7
諸橋「大漢和」 日本語の語釈があって気軽に使える。
        ただし間違いが多いので、原典に戻って
        確認しないといけないのが面倒。
「漢語大詞典」 「大漢和」よりも新しい語彙に強くて、
        間違いも(比較的)少ない。
        日本語が使えないので初心者向きではない。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「佩文韻府」  語彙数では前2者よりも圧倒的に多い。
        用例(出典?)を挙げるのみなので、和訳には
        向かないかも。
――――――――――――――――――−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
下二冊は漢籍が読めない方には無理です。
「佩文韻府」は出典検索につかってはいけましぇん。
『淵函類鑑』も同上の理由で。

で、基本的に先行研究の多い文献を素人が新たに訳すのはいかがなものかと思います。
漢籍読解の練習ならいいのですが。


50 :院生:2001/06/10(日) 18:44
>>49

49さんがあげてくれたものに、台湾中央研究院の検索サイトを
加えましょう。二十五史、諸子百家、文選・通典・芸文類聚な
ど検索できますから、語彙数ではかなりのものに。

用例を挙げるのみなので、和訳には向かず、BIG5コードがない
と使えないので初心者向きではない(笑)。けど、すごいっす!

51 :名無しさん@1周年:2001/06/11(月) 02:18
うーん、PCのある時代の学生さんはええなぁ〜。
上記書籍は全部自腹で購入したぜい

52 :名無しさん@1周年:2001/06/11(月) 03:32
>>51

んでも、ネット接続代を考えれば、本の方も持ってないと話にならないよ。

53 :7です。:2001/06/11(月) 09:07
上の>>49は私ではありません。

で、私は光ファイバーなので中央研究院も気にせず使えるのですが、
やはり他人が入力したテキストを、他人の設計した検索エンジンで
調べる、というのは、何となく信用できないので(万一間違うと、
こちらは信用と収入がかかってる)、やっぱり古い類書とかを
使ってしまいます。他人、とくに偉い先生から間違いを指摘されると
すれば、そっちからの可能性が高いですから。

まあ本代はたいへんですけど、数十万・数百万するわけではないんで。

54 :院生:2001/06/12(火) 01:29
>>53

類書のテキストはかなり信用できないと思うのですが。。。


もちろん中央研究院には外字があり、誤字があり、検索になぜか
かからない場合もあります。

55 :49:2001/06/12(火) 01:50
>>7の引用をした49であります。>>7の適切な説明に敬意を表して勝手に再録させていただきました。
>>54 当然原典にあたらず類書だけを挙げて論文なぞ書いてはいけませんよ。
だから、スレの意はどんな辞書がいいか、ってことなんじゃないの?

やっぱ『漢語大詞典』いいわぁ〜。
諸橋に比べて安いから買っちゃいなさいっ!
但し漢籍及び中国語の素養がないと読めませんよ。


56 :7:2001/06/12(火) 09:26
>>54
はあ。類書や辞書で出典を見つけて、それから原典に帰って確認するのは
当然の作業だと思っていたのですが、最近の若い人は、類書からそのまま
孫引きしますか。中国人(大陸)の論文みたいですね。

検索エンジンの打字よりは『佩文韻府』とかの類書のほうが、まだ信用は
できると思いますが。

>>55
『漢語大詞典』が読めない人は、恐らく非専門家でしょうから、
そういうまともな常識人には『漢語大詞典』は必要ないと思います。

57 :院生:2001/06/12(火) 11:44
>>55・56

もちろん自分は類書から引いて論文を書いたことはありません。
原典に当たるのは当然のことです。

類書も中央研究院と同様に、他人の手が入ってますし、引用の
際に勝手に改めることが間々ありますから、類書にあって原典
にない場合しか引きませんよね(『ーー』注引『〜〜』)。

7・53・56は同じ人なのでしょうか。。。53と56の意見が対立
しているように思えて。。。

58 :7=53=56:2001/06/12(火) 12:50
う〜ん。

「辞書や類書を引いてから原典に戻って確認する」
というのと、

 > 諸橋「大漢和」
 >   日本語の語釈があって気軽に使える。
 >   ただし間違いが多いので、原典に戻って
 >   確認しないといけないのが面倒。
 > 「漢語大詞典」
 >   「大漢和」よりも新しい語彙に強くて、
 >   間違いも(比較的)少ない。
 >   日本語が使えないので初心者向きではない
     (>>22)
というのは「矛盾」してますかね?(矛盾してない自信がない)
あ、『漢語大詞典』使えば出典確認しなくても良い、みたいに
とられる虞れがあるのか?

59 :院生:2001/06/12(火) 15:03
53の「やっぱり古い類書とかを使ってしまいます。」と
56の「最近の若い人は、類書からそのまま孫引きしますか。」で
混乱・勘違いしてしまいました。
#53は辞書や調べ物アイテムとして使う、という意味合いですね。

7=53=56さんは、
中央研究院はテキストに難があって使わない(56より)が、
それより信用できる類書は使う。その際は原典にあたる。
ということですね。(違う?)

60 :7:2001/06/12(火) 15:46
全く「使わない」ことはありませんが、やはり信用できませんね。
(気分の問題か?)

類書を「調べ物アイテムとして使う」、というのは、その通りです。
というより、「類書」と「辞書」とは、私の中では区別はありません。

あと、「その際は」ではなく、「いかなる場合も」原典にあたります。はい。

61 :49:2001/06/12(火) 16:26
はいっ!そぉ〜ですっ!でもスレとずれちゃったですね、はは。
インプってあんま使わないなぁ〜。
エンカンルイカンも使わないですね。
ギョランかサップゲンキですね、使うのは。あと玉海とか。
ルイジュウも使うかな。
ところでね、中庸を辞書一冊頼りに自分で訳すなんてことやめなさいね、はは。
先行研究に敬意を払い、中庸研究をすべて見渡した上で新しい発見があればその部分について語るほうがいいです。
それがまっとうな研究者ですのよ。



62 :名無しさん@1周年:2001/06/13(水) 00:34
1さんは研究者ではないのでは?
だとしたら、別に誰が何のために訳そうがいいじゃないですか。

63 :49:2001/06/13(水) 01:00
>>62
ハイ、その通り!老婆心乍ら御忠告申し上げたまで。
但是、万が一研究者の端くれならばそんなことはしてはいけませんぞ!


64 :名無し:2001/06/13(水) 12:37
でも、ここでも評判の高い『全訳漢辞海』(三省堂)、用例の確認
には中央研究院二十五史索引をフル活用したそうな。

65 :49さんへ:2001/06/13(水) 16:06
1さんと7さんの真摯なやりとりを読みました?

66 :49:2001/06/13(水) 17:50
>>65読んでますけど何か?

67 :sage:01/09/26 10:10
そろそろ落ちそうなので、救済age。

68 :名無しさん:03/01/05 02:17
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
Λ_Λ  | 君さぁ こんなスレッド立てるから          |
( ´∀`)< 厨房って言われちゃうんだよ             |
( ΛΛ つ >―――――――――――――――――――‐<
 ( ゚Д゚) < おまえのことを必要としてる奴なんて         |
 /つつ  | いないんだからさっさと回線切って首吊れ     |
       \____________________/

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)


69 :山崎渉:03/01/11 09:27
(^^)

70 :名無氏物語:03/01/31 15:08
で、そろそろ完成したんだろうか?

71 :山崎渉:03/04/17 09:32
(^^)

72 :山崎渉:03/04/20 04:43
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

73 :山崎渉:03/05/22 00:30
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

74 :山崎渉:03/05/28 14:55
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

75 :山崎 渉:03/07/15 12:47

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

76 :名無氏物語:04/02/10 00:51
sage

77 :名無氏物語:04/02/14 12:13
今だ!セクハラしながら77をゲットォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ

  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U


何見てんだゴルァ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  パ  ∧∧ ∧∧  パ
  ン (n。n*)゚Д゚)  ン
     (.ノ(し⊂ニノ ))
ミナイデェ > y ) /≡〜
     .し'し' U

78 :名無氏物語:04/10/21 19:28:34 ID:6frT78ci
那覇

79 :名無氏物語:04/11/25 07:31:46 ID:9ZFPGcxV




80 :名無氏物語:04/11/25 07:48:17 ID:VB+og2eU
80

81 :名無氏物語:04/11/30 07:51:41 ID:UuMckJ+G




82 :名無氏物語:2005/05/26(木) 22:09:55 ID:ZzV5SzCh
 ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ

  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U



83 :名無氏物語:2005/09/03(土) 06:52:34 ID:/WEbfgqM
こいつが最下位(495位)・・・昨日見た時よりスレッドが4個減っている・・・

84 :名無氏物語:2005/09/05(月) 16:27:35 ID:+5vQYOps
現在、スレッド497個

85 :名無氏物語:2005/09/06(火) 09:39:54 ID:THqnEsvb
糞スレが2つ立ったのだが、スレッドの総数は増えていないw

86 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 03:50:58 ID:cM3QZbtZ
http://www.thesun.co.uk/article/0,,2-2005390810,00.html

87 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 17:47:19 ID:hORv+NK4


88 :名無氏物語:2005/09/15(木) 09:05:39 ID:t8D0GLM/
遂にスレッドが500になった!

89 :名無氏物語:2005/09/15(木) 10:15:39 ID:bb2gl2Ui
あっ、本当だw

90 :名無氏物語:2005/09/15(木) 16:59:07 ID:E0qKS8n4
499個・・・

91 :名無氏物語:2005/09/16(金) 14:15:43 ID:k2yUhEj0
五百個になった

92 :名無氏物語:2005/09/17(土) 09:57:35 ID:KSZFeub8
499個に減っている・・・

93 :名無氏物語:2005/09/19(月) 16:20:16 ID:oHwSrgEy
スレッドが500個になったw

94 :名無氏物語:2005/09/20(火) 17:06:19 ID:gIecZIGi
501個になってる・・・

95 :名無氏物語:2005/09/20(火) 17:08:52 ID:gIecZIGi
502個になってた・・・

96 :名無氏物語:2005/09/27(火) 08:48:15 ID:fcl0dtU8
ジンゴ

97 :名無氏物語:2005/10/13(木) 09:24:46 ID:+VhOdcnE
スレッドが505個

98 :名無氏物語:2005/10/17(月) 09:16:21 ID:+76LMEBC
スレッドが501個に減った・・・

99 :名無氏物語:2005/10/17(月) 16:32:45 ID:1Xiw0u79
スレッドが500になってしまった!

100 :名無氏物語:2005/10/17(月) 16:33:44 ID:1Xiw0u79
ちょうど、100なのでゲットしておきます!

101 :DEATH zaqdadccec7.zaq.ne.jp:2005/10/17(月) 23:00:30 ID:5aEUlupG
DEATHfusianasan

102 :名無氏物語:2005/10/21(金) 03:26:07 ID:pI/Uzyhw
500位のスレッド

103 :名無氏物語:2005/10/21(金) 06:46:47 ID:kcNrb/+n
いつもなら「冬のばかもの」がageるのにネ・・・

104 :名無氏物語:2005/10/26(水) 19:44:54 ID:WnOJjm3X
test

105 :名無氏物語:2005/10/27(木) 17:36:49 ID:1OkPG+zn


106 :名無氏物語:2005/10/27(木) 17:38:42 ID:5BERWXUi
http://www.h3.dion.ne.jp/~jtm-js/ogura.htm

107 :  ◆.l3Q3ORut2 :2005/10/29(土) 01:19:46 ID:VW1cu3b/
?

108 :名無氏物語:2005/10/29(土) 09:04:22 ID:tdJUEjhY
遊ばれて・・・煩悩・・・ですねw

109 :  ◆NPNMilunpA :2005/10/29(土) 23:40:28 ID:vF1YaB/P
?

110 : ◆KyUpmG9.1. :2005/10/29(土) 23:52:00 ID:vF1YaB/P
?

111 : ◆d2uO8BR0kk :2005/10/29(土) 23:52:38 ID:vF1YaB/P


112 : ◆7UjVOSFSOI :2005/10/29(土) 23:53:25 ID:vF1YaB/P
お借りしてもいいですか?

113 :名無氏物語:2005/10/31(月) 09:12:07 ID:QszNNhGr
スレッドが505個に増えてるw

114 : ◆nBOb44xR8U :2005/11/01(火) 17:22:26 ID:i2gtuFUK


115 :名無氏物語:2005/11/03(木) 09:01:43 ID:SYOiBJOK
スレッドが503個に減った・・・

116 :名無氏物語:2005/11/06(日) 18:01:45 ID:LaU1ZR1z
504個

117 :名無氏物語:2005/11/10(木) 20:06:12 ID:Ir6k6hdb
昨日は505個に増えたのに、503個に減った。

118 :名無氏物語:2005/11/13(日) 10:18:33 ID:Mf3+l8wb
保守

119 :名無氏物語:2005/11/14(月) 20:46:38 ID:6OkjRXJi
スレッドが506個に増えているw

120 :名無氏物語:2005/11/16(水) 10:41:37 ID:zGjx8L0A
おや、二度目の還暦にたどり着きましたね・・・

121 :冬のオイラ(「勇俊):2005/11/23(水) 02:12:56 ID:VNKw1WkI
シータ     はっ!!
ムスカ     同じルートの鉄道が、君の県の古い地図にあった。…このヲタ本にもね…。
ムスカ     こいつはウテシが乗っているときにしか、働かない。
シータ     はぁっっ…うっ…。
ムスカ     廃線跡はヲタの期待を守り、いつの日にか埼玉の岩槻へ帰るときの道しるべとして現代に受け継がれたんだ。
シータ     そんな!あたし何にも知りません!…スタジアムが欲しいならあげます!…あたし達をほっといて…。
ムスカ     君は、埼玉高速をアトラクションか何かのように考えているのかね…。
ムスカ     埼玉高速はかつて、恐るべき負債で埼玉にあり、川口を支配した、恐怖の武州鉄道だったのだ!
ムスカ     …そんなものがまだ浦和美園をさまよっているとしたら、県民にとってどれだけ危険なことか、君にも分かるだろう。
ムスカ     私に協力して欲しい。埼玉高速に岩槻への延伸を決めさせる、呪文か何かを、…君は知っているはずだ。
シータ     …ほんとに知らないんです…。…パズーに会わせて…
ムスカ     私は、手荒なことはしたくないが・・・あの鉄道少年の運命は君がにぎっているんだよ…。
シータ     ええっ…!
ムスカ     君が協力してくれるんなら、あの鉄道少年を自由の身にしてやれるんだ。…ルシータ。…デエロ・ウリ・サイタマ。
シータ     …、どうして、それを…。
ムスカ     ウリは秩父の方言で『キュウリ』。デエロは『デンデン虫(かたつむり)』。・・・君は埼玉高速の正当な王位継承者、ルシータ王女だ。

122 :名無氏物語:2005/11/23(水) 08:28:00 ID:f9hzoYEu
二松の馬鹿にageられたのか・・・ 

123 :名無氏物語:2006/05/07(日) 22:08:54 ID:DqNKMaCz
なかさい

124 :名無氏物語:2006/10/10(火) 14:37:32 ID:7BF8inI1
(●`.ー´●)やっちありがとう                  

125 :名無氏物語:2006/10/10(火) 14:48:05 ID:lCNfrvpS


126 :名無氏物語:2006/11/01(水) 14:42:13 ID:WSv4yJWq
?(´・ω・`)      

127 :名無氏物語:2006/11/26(日) 17:05:29 ID:O8HXpW1D
(●`.ー´●)やっちありがとう                    

128 :名無氏物語:2006/12/11(月) 15:37:30 ID:66DW8oZS
?(´・ω・`)     

35 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>4>>5>>6>>7>>8>>9
>>1>>2>>3>>4>>5>>6★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)