5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本神話総合-第1話:天地開闢

104 :102:04/11/08 12:32:03
>>103
○東の方の野に、朝の光が射すのが見え始めて、 振り返ってみると、
 月は西の山に沈みかけている。
   このうたは朝方の情景描写のようですが、何か深い意味があるのでしょうか?
○与謝蕪村(1716~1783)
   江戸時代中期の俳人です。この場合あまり関係ないのでは?
当時の人々は、西の大陸とは行き来が出来ていたのでしょうが、
本州より東方には何も見つけていなかった。そのため、
日本(日の国)を世界の東に位置すると考えていたのではないでしょうか?
日の国は東とすると対局する月は西の大陸と考えてみました。
イザナギ・イザナミは大八島は作りましたが、西の大陸は作っていません。
もしかすると西の大陸を作る役割などは月読がになっていたのでは?
こんな感じはどうでしょう?
 

115 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)