5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

山への信仰

1 :天之御名無主:2005/04/19(火) 23:53:20
山にまつわる信仰についての総合スレッドです。
考察、思いつき、小ネタなど、古今東西を広くあつめて語りましょう。

 ◆山そのものへの信仰
 ◆神仏の住む世界としての山
 ◆彼岸(先祖/浄土/地獄)の世界観
 ◆山にまつわる自然現象/動植物への畏怖  などなど


  ※ うみやま比較など、『海への信仰』スレとの厳密性は問いませんが、
    山への信仰について考察を深めることを一義として、あえて単独スレ化しています。

2 :天之御名無主:2005/04/20(水) 00:01:51
仏教の須弥山、道教の蓬莱山、ギリシア神話のオリュンポス山、
実在か非実在かはともかくとして、神様が山に住むって考えるのは
世界に共通していますね。

3 :天之御名無主:2005/04/20(水) 00:43:09
山は、命の源である水を浄化してくれます。


4 :天之御名無主:2005/04/20(水) 01:17:52
山そのものへの信仰といえば三輪山が有名だな。
あと東国だと筑波山か。

筑波の耀歌(かがひ)のように、成人式や祝祭(セクース祭りともいふ)を
山の中腹の平らになったところでやったというようなことは全国的に見られる。

5 :天之御名無主:2005/04/20(水) 02:03:08
月山とか奥州出羽のも有名
修験では東京の高尾山も古くからの信仰対象だよね

6 :天之御名無主:2005/04/20(水) 02:10:59
柳田翁 「先祖の話」 によれば、人は死ぬと山へ帰るそうである。
最初は個人の魂であったものが何十年(33年)かすると、ついには
霊魂集合体へと融け込んで、晴れてご先祖さまになるんだそうだ。
それがお盆や彼岸なんかにちょくちょく顔を出してくれるらしい。

万葉集の挽歌における研究でも、故人の魂は雲か霧になって
山へ立ち上っていくというような表現が多く見られるとのこと。以下、例。

 こもりくの初瀬の山の山の際にいさよふ雲は妹にかもあらむ  柿本人麻呂 (巻3-428)
 大野山霧立ちわたるわが嘆くおきその風に霧立ちわたる    山上憶良   (巻5-799)

7 :天之御名無主:2005/04/20(水) 21:58:57
海の下まで山ですね。


8 :天之御名無主:2005/04/20(水) 22:29:43
山犬って狼と同じものなのかな?

9 :天之御名無主:2005/04/21(木) 22:49:09
ゴミを山に棄てると山頂の神サンチョに祟られると齢5つの娘が申しておりました。

10 :天之御名無主:2005/04/22(金) 00:37:33
>6 人は死ぬと山へ帰る

こういう思想って、全国的なんでしょうか?
うちの実家は見渡すかぎりの平野で、海も山も近くにはなかったんですけど・・・
我が家のご先祖さまはいったいどこへ帰っていくのかとても気になります。

11 :天之御名無主:2005/04/22(金) 12:49:53
日本人の死生観には、垂直説(山の上にいく、地の底にいく、お星様になる)と平行説(海の向こうへいく、山を越えた向こう側にいく)、さらに往生思想や輪廻転生などが複雑に入り交じっています。もちろん、お墓にいるという概念もあります。

12 :10:2005/04/24(日) 22:32:58
>11
ご回答ありがとうございます。
どうやら、うちのご先祖様はお墓に帰りそうです。
ここ何年かお墓参りしてないや、今年のお盆は行こう・・・

13 :天之御名無主:2005/04/24(日) 23:28:10
■ 聖書に見る、神と山の登場する場面

モーセがシナイ山で、神からの啓示を受ける。
(旧約聖書:出エジプト記19章1節〜20章21節 他)

エルサレムの東に面するオリーブ山の上に、神が立つ時が来る、との終末の預言。
(旧約聖書:ゼカリヤ書14章4節〜15節 イザヤ書64章1節 ミカ書1章3節)

人となった神であるキリスト・イエスは、山上で教えられたことがある。
(新約聖書:マタイ福音書5章1節〜2節 cf.ヨハネ福音書1章1節〜5節・14節)

ある高い山で、キリストの姿の変貌。エリヤとモーセが現われる。
(新約聖書:マタイ福音書17章1節〜8節 マルコ福音書9章2節〜8節 ルカ福音書9章28節〜36節)

イエスの十字架での死後、三日目に墓が空になった後に、ガリラヤにある山で
十一人の弟子が復活したキリストを礼拝。
(新約聖書:マタイ福音書28章16節〜20節)

十字架上で死に、葬られ、三日目に復活し、多くの人に目撃された後、
オリーブ山の山頂で弟子達の面前で空中に昇り、見えなくなったキリスト。
(新約聖書:使徒1章3節〜11節 cf.コリント人への手紙T15章3節〜8節 他)

14 :天之御名無主:2005/04/25(月) 21:58:36
>13

漏れは聖書は詳しくないが、山での奇跡が多いのか?
海や川や平野よりも。

15 :天之御名無主:2005/04/26(火) 01:28:41
神は天にましますから。

16 :13:2005/04/26(火) 13:14:35
>>14
海、川、平野、荒野での奇蹟の記述も多々あります。

このスレの趣旨に沿って、山での出来事をピックアップしました。
>>13で引用した箇所はどれも重要な意味を持ちます。

17 :天之御名無主:2005/04/26(火) 20:55:10
泰山VSシナイ山VSオリュンポス山

18 :天之御名無主:2005/04/29(金) 01:51:47
山の神は嫉妬深い

19 :天之御名無主:2005/04/29(金) 05:34:27
よく、山の神様  といいますが、山全体とか抽象的に
言われてる気がしますけど、具体的な山の神様って誰ですかね?
また、その神様は山を守る為にいるのか、山があるからいるのか
気になります。

20 :13:2005/04/29(金) 06:17:40
>>13

上から、次のような意味があります。

・神の恵みによりエジプトから脱出させられたモーセ率いるイスラエルの民と神との契約。
 十戒と神からの祝福の約束。

・歴史の終末。神による審判の日の預言。イエス・キリストの再臨。

・山上の垂訓

・キリストの神性の発露。キリスト受難・贖罪の啓示。
 父なる神、キリスト、聖霊の三位一体の啓示。

・キリストの神性の啓示。十字架の死と復活によるキリストの贖いの業の完了。
 復活のからだによる顕現。大宣教命令。三位一体の啓示。

・キリストの死、埋葬、復活、顕現、昇天。

21 :天之御名無主:2005/04/29(金) 11:27:55
>19
たとえば山の神ならオオヤマツミが、まさに 「山」 を司る神ですね。娘のコノハナサクヤヒメもそう。
逆に山があるからいるようなパターンは、葛城山のヒトコトヌシがそうですね。

ただ、ヒトコトヌシの場合、葛城氏の氏神の住んでるところが近所の山に想定されたのか、
もともとの葛城山信仰の神様が地元豪族の守り神にまつりあげられたのかは微妙でしょう。

三輪山のオオモノヌシなどは、 「三輪山の神」 とも、 「三輪山に住む神」 とも表現されますが、
もともとは山岳信仰が人格神として擬人化されたものだと思われます。

22 :天之御名無主:2005/04/29(金) 18:55:04
古代日本には古くから山垣(連峰)の信仰がありました。
日本アルプスや奈良盆地周辺、豊後半島に確認されます。

その理由は、ピラミット状遺跡の研究により、太陽や月
、星の天体運行の観測に優れていた為と考えられていま
す。農耕や占い、祭りのカレンダーに活用されたのでし
ょうね。
観測点(多くは神社・磐座)からみて、山脈のどの峰か
ら、春分・秋分・夏至・冬至等の定められた時期の定め
られた時間(日の出・日の入)に昇り降りするのか(ラ
イジングポント・シンキングポイント)をハッキリしやす
かったのでしょう。
つまり、天然の観測目盛の役割を果たしていたと思われま
す。

奈良盆地は東西に金剛葛城連峰、宇陀山地があり、三輪山
は西の山地の突端に位置します。気候も安定しているので
縄文期の天体観測には金剛葛城連峰の峰々がシンキングポ
イントとして使われたのではないでしょうか。


23 :19:2005/04/30(土) 04:13:21
>>21 ありがたいです(^−^)vにんっ
自分ももっと調べてみますね

24 :天之御名無主:2005/05/01(日) 12:45:26
女人禁制の山が有るのは、山の神が女だからなのでしょうか?

25 :求道心:2005/05/01(日) 18:07:26
南方先生の「山神オコゼ魚を好むということ」を読むと、山の神は狼らしい。しかし女神であると考えられることも、先生一流の類例として、熊野安堵峰近辺にて言い伝えられる山の神は女で、男が木の陰でオナニーしているのを見るのが大好きとの記事を収録。

個人的には山の神は、狩猟を司り、豊潤な山の幸の供給を求める信仰も多いと思う(アイヌのイヨマンテ等)。

以前、宮城山形県境の北沢又という名取川支流で釣りをしているとき、上流へ川をさかのぼると高さ2mぐらいの石碑に「山神」とだけ書かれたものがあった。なんとなく神域へ踏み込むのはちょっと・・とそれ以上上流へさかのぼるのは躊躇し、引き返したことがあったなぁ〜。

26 :天之御名無主:2005/05/02(月) 07:18:46
女人禁制はきっと仏教のせい

27 :天之御名無主:2005/05/03(火) 22:41:48
>>26

         ソ ー ス は ど こ ?
                                |三|
   , -ー‐‐─-、  ,-ー─‐‐-、              /_____\
   |     | i.  ,! |     |     |三|   |ギコーマン|
   ‐-------‐!ニ!‐-------‐     /_____\  |___醤⊂ヽ
   i/ ̄ ̄丶.i::;三;::i../ ̄ ̄ヽi    |ギコーマン|彡>:::(,,゚Д゚)ノ 
 卩||(゚д゚,,) | i::;三;::i | (,,゚д゚)||Ψ   |_醤油___| 彡.:(ノ::: ::: |
 ⊂||中濃 ヽ)::;三;:::::(ノ中濃||⊃ (゚Д゚,,)::<  |:::::::::::::::::|
  ̄ ̄ ̄ ̄⊂⊃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⊂⊃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          (ξ';;::;;)          (ξ';;::;;)


28 :天之御名無主:2005/05/14(土) 11:35:41
age

29 :天之御名無主:2005/05/14(土) 13:06:32
女人禁制ではないが、婆や翁、老、忌等の漢字のつく山はあまり
掘ったり、採石したりしないほうがいいよ。

やなものが出る確率高いから。

30 :天之御名無主:2005/05/14(土) 13:48:17
>>29
音を当ててるだけ場合もあるs。

31 :天之御名無主:2005/05/14(土) 15:03:34
青森だと岩木山信仰かな 山がが御神体

32 :天之御名無主:2005/05/14(土) 16:27:24
恐山は?

33 :天之御名無主:2005/05/14(土) 17:20:54
ピラミッドは?

34 :天之御名無主:2005/05/14(土) 19:47:50
>>29
それは、本当の事です。
うちも下請けの土建屋で採石屋とも懇意なのですが、あの
業界でもタブーだとか。
一応、届ける義務あるけど、色々と面倒が多いらしいので
まとめて砕石かけちゃうそうで。

某大手のT建設やK建設なんか、都庁六本木ヒルズで入札
してますが、値引くのは土代、セメント代。
自然とそういうところの物が集まっちまう。

色んなものが混じってるはずってきいてますよ。業魔の塔だってね。

35 :天之御名無主:2005/05/18(水) 08:03:18
age

36 :天之御名無主:2005/05/19(木) 20:12:30
あたし、どっちかといえば、”見える”ほうなんですが・・・

六本木ヒルは、いろんな方がいらっしゃいますね。
でも墓場跡は商いにはよいとかいうし・・・



37 :天之御名無主:2005/05/19(木) 20:45:01
>>36
視える話とかはオカ板でプリーズ

38 :天之御名無主:2005/05/20(金) 20:40:05
21世紀に、復活しそうな民俗習慣ですね。

むやみに知らない山には入らないことです。

39 :天之御名無主:2005/05/22(日) 19:47:34
白山信仰とか大峰山信仰とか、修験道や密教と結びついた修行の地
でもある。

40 :天之御名無主:2005/06/04(土) 12:57:24
密教や修験道と結びついた御山はたくさんありますよ。

41 :天之御名無主:2005/06/08(水) 19:54:46
山には地獄の側面もありますね。

恐山などが好例ですが、賽の河原だとか、血の池などと命名されたスポットが各地で見られます。
それと表裏の関係ですが、浄土ヶ岳といったような極楽イメージの命名も多く見られます。
険しく困難な道中と、達成感と絶景が待つ山頂という対比の実感が発想の根本かもしれません。

そのような肌感覚的な実感を宗教的に洗練させたのは、やはり修験道でしょう。
山頂に荘厳なお堂(恐山であれば地蔵堂)を建て、各スポットにふさわしい因縁話をつける。
そうして地獄から極楽まで通り一遍の三千世界を登山道に現出させたわけです。
同様の例としては、胎内巡りに擬す向きもありますね。

42 :天之御名無主:2005/06/08(水) 20:50:46
なぜ、登山するのかって?

そこに山があるからさ・・・

43 :天之御名無主:2005/06/09(木) 00:24:56
メソポタミアでは、もともと山というのは敵の象徴だった。
都市国家を害する存在はいつも山からやってきて、神々は山の敵と戦った。
しかしシリア・パレスチナ方面の影響により「山」は「海」に取って代わった。
この過渡期にあるのがティアマト=海。

44 :天之御名無主:2005/06/09(木) 15:16:36
やまは〜し〜に〜ま〜すか・・・・



すまん。どうしても言ってみたかった。

45 :天之御名無主:2005/06/10(金) 12:16:43
おら、山にいる神様だと「ひだる神」が好きだ

46 :求道心:2005/06/10(金) 22:39:12
>>45
憑かれると急激に腹が減るらしいね。

実は山のくぼみに二酸化炭素がたまり、それによる中毒ではという話を読んだことがある。症状が似ているらしい。

47 :45:2005/06/11(土) 12:40:27
>>46
峠ですので、そういったことは無いんですけどね。
近くに ぬた があるとかは、ちょこちょこ見たことありますけど。
峠は風の通りが良いので、ガス云々は関係ないですよ。

ふつうに、峠を登っているときはがむしゃらで、峠につきほっと安心して
腹が減った〜でしょう。

48 :天之御名無主:2005/06/11(土) 19:26:01
>>45 >>47
実は俺昔トライアスロンやっていて、12年前の宮古島大会でフィニッシュ前2km
でガス欠(体の中の糖質の枯渇状態)になった。柳田國男の妖怪談義の「ひだる神」
って完全にこれと同じことだと思う。
徒歩の旅の山歩きってエネルギー使うし、昔は糖質(グリコーゲン)と運動の因果関係
って当然知られていなかったから、こういう話が流布されたんだろうね


49 :45:2005/06/12(日) 08:42:12
 完 全 ね(w

50 :天之御名無主:2005/06/12(日) 17:02:05
「チョモランマ」も「サガルマータ」も女神の意味があるらしいけど、
あの辺にも山=女神の信仰があったのかな?

51 :問題提起@燃料投下:2005/06/12(日) 18:16:17
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/min/1097186173/945-

945 :天之御名無主 :2005/06/12(日) 00:22:32
よく山の神は女性と言われているけれど山の神である大山津見は男神のはず。
では、この女性の山の神って何者なのでしょう?


52 :問題提起@燃料投下:2005/06/12(日) 18:19:22
946 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/06/12(日) 01:16:34
>>945
日本国民のほぼ全員が記紀を読み、理解出来る様になって、まだ一世紀足らずでしょう。
中世〜近世にかけては記紀神話は(オリジナルの形では)ほとんど知られておらず、仏教
と習合した「中世神話」ほかが語られていました。
記紀に登場する神とは別な観念の方が、広がりを見せていた筈です。
近代になって原典回帰主義になり、名無しの女神を無理矢理大山津見神ほかに当て嵌め
た例もありますが、早い話が既存の信仰の破壊でしかありませんでした。
「何者」というのが記紀に典拠をお求めの上でのご発言だとすれば、無理だと申し上げる
より他にありません。


947 :ライダーマン ◆VQKJgiezS6 :2005/06/12(日) 01:22:58
>>945 イザナミ説が有力。リンクの上から3番目。
http://www.google.co.jp/search?q=%E5%B1%B1%E3%81%AE%E7%A5%9E%E3%80%80%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%8A%E3%83%9F&hl=ja&c2coff=1&rls=GGLD%2CGGLD%3A2005-02%2CGGLD%3Aja


948 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/06/12(日) 01:28:54
しかし、類似しているという理由で、記紀のイザナミに直結させる事には、
躊躇してしまうのですが・・・。


949 :天之御名無主 :2005/06/12(日) 02:34:25
山にだって男と女があるでそ。


950 :天之御名無主 :2005/06/12(日) 02:46:03
うん、「有力」ってほどじゃないよな。
民俗学の山の神研究でも記紀と結びつけるのはあまり知らない。

53 :問題提起@燃料投下:2005/06/12(日) 18:21:05
951 :ライダーマン ◆VQKJgiezS6 :2005/06/12(日) 13:34:24
「有力」という言葉使いは撤回しようか。
俺の中で「有力」という意味で、学会で「有力」というわけではない。

まず雛型があったと仮定。
山の神(機織などをしている)がタブーを犯した男(性交を迫る?)を追っかけてくる話型があって、
これ自身は「マンが日本昔話」なんかでも取り上げられていた。
その雛型からイザナミ・ヤマンバその他の類話へ進展したのかもしれない。
当然、その可能性もあるわけだが。

俺自身としては、口伝よりも文書になったときの伝承力のほうが強力だと思うので、
雛型はいったん記紀にとりこまれ、イザナミの話になり、
記紀が複製され伝播する過程で、各地の文書の保有者から口伝的に広まり、
ヤマンバなどに変形したものと推測したい。


952 :天之御名無主 :2005/06/12(日) 13:38:40
正直言ってその考えには賛成できないが、
個人的な仮説の展開はこのスレとは相容れないので

>>945ほか
山への信仰
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/min/1113922400/
こっちあたりへ。

54 :問題提起@燃料投下:2005/06/12(日) 18:21:35
953 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/06/12(日) 15:01:48
ここまでにしておきますが、質問スレですから、回答者の為にも、こちらで
はっきりさせておく事にしましょう。

>追っかけてくる話型があって、
「まんが日本昔話」というのは、「牛飼いと山姥」の事でしょうが、それが古代
から存在したという証拠はありません。
年神信仰との関り(大晦日に峠の神に供え物をして通った)に由来するという
説が妥当でしょうが、それも冥界とは直接の関係は見出せません。

>その他の類話へ進展したの『かもしれない』。
>その『可能性もある』わけだが
>口伝よりも文書になったときの伝承力のほうが強力だと『思う』ので、 (これには同意)
>記紀が『複製され伝播』する過程で、『各地の文書の保有者』から『口伝的に広まり』、
『 』内は、いずれもあなたの想像の産物であって、検証に耐えられません。
最後の段にある記紀の伝播についても、相当する写本やその影響を受けて成立
した史料の歴史的・地理的な積み重ねが確認出来ない事には、どうにも。
中世に流布していた神話・縁起を見た限りでは、時代・地域ごとにかなりの変遷
が見られ、またイザナミの冥界譚を扱ったものもありませんでした。
偶々これらの推測が全て的中しており、関連する史料も偶々現存していないが、
かつては存在したという「可能性」は皆無ではありません。
勿論、あなた個人が自説を展開される事自体は自由です。
しかし、初心者向けにそれを伝授されるのは、如何なものかと思われます。


954 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/06/12(日) 15:11:38
>回答者の為にも
質問者の為にも、です。失礼。こんな失礼な事は申しません。

55 :天之御名無主:2005/06/12(日) 23:17:43
963 :天之御名無主 :2005/06/12(日) 21:32:14
>記紀と山の神を結びつけた研究
『昔話の考古学』吉田敦彦著 中央公論社
http://members.jcom.home.ne.jp/tn_delamancha/sankou/ma-gyou/mu_013.html

文化人類学には吉田と大林がいるわけだが、正統派の民俗学から見ると異端だろうな。
ライダーマンと山野の違いってのはそういうことだろ。

56 :天之御名無主:2005/06/13(月) 01:03:35
>>51-55 おつ

>>54
>「まんが日本昔話」というのは、「牛飼いと山姥」の事でしょうが、それが古代
>から存在したという証拠はありません。

たぶん、違うタイトルだと思う。
ヤマンバよりもう少し普通っぽい機織の娘が化け物になって、
自分を犯した男を、無限に伸びる髪の毛をつかって追っかけてくる。

>年神信仰との関り(大晦日に峠の神に供え物をして通った)に由来するという
>説が妥当でしょうが、それも冥界とは直接の関係は見出せません。

そのへんもう少し詳しく教えてください。

57 :天之御名無主:2005/06/13(月) 04:45:47
>>55
吉田敦彦は>>53みたいな説ではないだろう。

58 :天之御名無主:2005/06/13(月) 22:15:22
位山の男神、川上岳の女神、舟山の女神

59 :天之御名無主:2005/06/14(火) 02:44:07
>>57 「昔話の考古学」読んだか?
伝播の方法論を直接説いているのではないが、類似点を指摘するのは伝播を念頭においているから。
同時多発説にしてしまうなら、わざわざ類似点を指摘する必要がない。

60 :天之御名無主:2005/06/14(火) 06:24:53
>>50
ヒマーラヤは男神だ

61 :天之御名無主:2005/06/14(火) 12:01:54
>>59
吉田敦彦は縄文時代から日本に殺される女神信仰があったと
説いているわけだが。その信仰がかたや記紀神話に文字として定着し、
かたや民話のなかに生き残っている。
記紀神話の神々が民話に入り込んだなどとは言ってない。

62 :天之御名無主:2005/06/14(火) 12:04:01
ついでに吉田の説は野本寛一のような民俗学者も支持している。
正統派(民俗学、山野)vs異端(文化人類学、ライダーマン)のような
妙な構図を創出するのはやめれ。

63 :天之御名無主:2005/06/14(火) 22:20:19
>>61きちんと読んでるようですな^^
吉田をちょっと離れて。

取り込まれて伝播する構図はもっと複雑なはずだが、紙と筆、文字の広がり方、識字率・
学僧といったものの増え方を決して無視できないものだと思っている。
寡聞にして、話型を方言のように地図の上に落としていく研究の成果があるのかどうか知らんが。

64 :天之御名無主:2005/06/15(水) 06:59:07
思うのは勝手だが。
まずは中世の文献あたりを渉猟することだな。

65 :天之御名無主:2005/06/15(水) 16:59:22
丸山顯徳は、沖縄で採集された、記紀神話に類似した民話の一部は
戦前の神話教育によるものだろうと推測している

66 :天之御名無主:2005/06/16(木) 00:15:54
>>61 そうそう、縄文の遺跡から壊された地母神の土偶が出てくる。
しかし、縄文人が弥生人に「殺される地母神の話」を伝えたかといえば、そうではあるまい。
縄文人とイコールかどうかはしらんが、原日本人たるアイヌの民話と、後世の倭人の民話は似て非なるもの。
話型の伝播は同一民族の広がり、同一文化の広がりに負うところが多い。

>>65 逆に言えば、もともと明治以前の琉球人がもっていた民話には記紀の影響が薄かったってことかな?
そこまで言うといいすぎか。

67 :天之御名無主:2005/06/19(日) 02:29:02
元々は山から来るイノシシやクマが怖かったが海から来る侵略者には足元にも及ばなかったわけだ

68 :がいやまん:2005/09/22(木) 10:50:53
日本の甕棺の歴史を見ると博多湾の「オノゴ」島辺りから始まり、「セブリ」山の朝日の
当る山麓を囲んでBC800-AAD200年の約千年、弥生文化の中心として栄えている。
「弥生時代甕棺墓の分布とその変還
http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/kenkyuusya/fujio/kyushu/kamekan.html#3
ところが古墳時代の到来と共に甕棺は消滅している。が、古代で1000年も続いた
文化とAD200-AD700年程度の古墳文化では神話の中味にもその衝突の痕跡が
残っているはずである。こうしたことを背景に山への信仰というこのスレタイを考える
とまず、「セブリ」山から英彦山、その先の宇佐という辺りで新旧文化の接触が
あったのかなと考えられる。山を信仰したのは旧勢力であったはずである。

69 :がいやまん:2005/09/22(木) 11:02:05
英彦山の祭神 は天忍穗耳命 配祀 伊弉諾尊、伊弉冉尊
http://kamnavi.jp/toyo/hikosan.htm
この天忍穗耳命の子孫が神武、《旧事本紀》には天忍穂耳(あめの
おしほみみ)尊の子とあり,降臨のようすが記されている。     

70 :がいやまん:2005/09/22(木) 11:55:28
「セブリ」はソホリの元となった言葉で、現代韓国語では新羅の古名であり、ソウルの
語源になっている徐伐(ソボル)等というが、甕棺は松菊里の時代なので、徐市の感じ
がする徐伐(ソボル)ではなく、ソシモリ(牛頭)か、または、園(田園)の神かなと思う。
はっきりしたことは解からない。

71 :がいやまん:2005/09/22(木) 19:38:04
記紀では天孫は日向の高千穂に降臨して東遷、大和に入ったと言う風に日本的
規模の話になっているが、日向の古墳時代が始まるのは甕棺時代の後であるから
話としてはセブリ山脈周辺の方が古いはずであり、これは大和を中心とする古墳
文化が九州に及び九州の伝承を取り込んだことによるものであろう。

72 :がいやまん:2005/09/22(木) 19:49:39
三韓を征圧しなくてはならない大和朝廷としてはセブリ山を高千穂とするより、
日向の高千穂を聖地とした方が対外略上、熊襲、沖縄などへの政策上有利と
判断し、あえて、日向神話を採用したんじゃなかろうか。

73 :がいやまん:2005/09/22(木) 20:03:46
神武の足取りが不明となる遠賀川流域から宇佐にかけての地方こそセブリ山脈および
洛東江の各種部族が集結していたのではないかという感じだ。あの辺は石炭産業に
おいて見られたように古代においても大陸の鉱山で食い詰めた連中が集中したのでは
ないかと思われる。そして山陰の出雲等に追い払われる。こうしたことがあったのかなー。
カグツチの神は生まれる時にイザナミのホト(タタラ用語にもある)を火傷させ、死に至ら
しめ、生まれるととすぐにイザナギに切り殺される。鉱山関係者入国禁止令なのか。

74 :がいやまん:2005/09/23(金) 08:16:25
オルドス、遼寧方面から半島南西、半島東南、九州北部、山陰、琵琶湖南部、
河内、大和へと移動する冶金文化の移動の背景には半島で始まった水田との
結合による農業生産力の飛躍的拡大がその何十倍もの規模で環境破壊をもた
らした、つまり、インダス文明とかインカ文明を崩壊させたものである可能性のある
環境破壊による各種の災害、洪水、水不足、疫病などがあった。イザナミの産道
火傷、カグツチの現在による処刑、スサノオの放逐、流刑、また、流刑地における
ヤマタノオロチ(足尾鉱山鉱毒事件と同じ)退治、等は余りにも急激に拡大する
自然破壊の結果の天災にに民衆が神の怒りを感じていたのではなかろうか。
ハリケーン・カトリーヌ、リタの来襲を目の当たりにしていまわれわれは新たな
神の怒りを受けつつあるのではないかと思う。

75 :がいやまん:2005/09/23(金) 08:19:39
神話学は考古学に正しい道を示すブレーンストーミングとして極めて重要である。
但し、選挙のようなもので所詮政治を動かすのは代議士というか、考古学者なので
あろうが。

76 :がいやまん:2005/09/23(金) 08:26:16
環境を大量消費する青銅器文明が列島に引き寄せられたのは木曽から紀伊半島
にかけての非常に生産性の高い木材資源にあったのではなかろうか。スサノオは
樹木の苗をもって北方から韓国を通過する際に韓国に苗を渡さずに日本に持ち込
んだというのは、半島南部の木材の成長力に限界があるということを言っているような
感がする。

77 :がいやまん:2005/09/23(金) 13:09:58
夜臼 -日田、野洲-飛騨、河内-紀州こうした冶金木材コンビナートと竜王山らしい
河内トミヤマ-初瀬川のトミヤマなどを見ると古代人が地名にこだわっていたのが
よくわかる。飛騨高山の鉛、滑川、三韓のナメリ御津などというのは黒曜石、翡翠
時代から三韓と倭国には国境がなかった、共同体であったことを物語るようだ。
九州のコンビナートは夜臼 から吉野ヶ里にでたが厳しい住民の攻撃を受け、東方
香春-日田(筑豊炭田のようなものか)の方に撤退、一部は出雲、近畿へと東進
したのであろう。

78 :がいやまん:2005/09/23(金) 18:30:51
漏れの考えでは、狗奴国というのは西郷隆盛と薩摩藩士等の勤皇倒幕の下級武士
のようなものが、纒向新体制でポストを得られず、東国に向けて進んだのではないか
と思う。現代の世の中もそうだが、稲作中心のモノカルチャーは毎日が偏差値テスト
であり、満州浪人のような特殊技術者などには白樺、青空、せせらぎの東北は夢の
大地であったに違いない。

79 :天之御名無主:2006/06/23(金) 12:51:34
保守

80 :天之御名無主:2006/06/23(金) 17:14:44
山中村 部落

81 :天之御名無主:2006/07/03(月) 09:30:38
暑いな

82 :天之御名無主:2006/10/31(火) 21:53:00
山岳信仰なんて民俗学の基礎中の基礎なのに何故にこんなに寂れているんだ?

83 :天之御名無主:2006/11/01(水) 11:48:33
日本史板のはもりあがってなかった?

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)