5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★南方熊楠★

1 :天之御名無主:2001/03/15(木) 00:29
故郷の和歌山では彼の扱いはどのようなものなのでしょうか?
歩いてまわりたいんですよ。神島も見たいし。
詳細キボンヌ。

2 :天之御名無主:2001/03/15(木) 02:28
結構男前だと思うのは私だけだろうか。

3 :天之御名無主:2001/03/15(木) 09:01
いえいえ、かなりの男前ですよ。
しっかし本当は美少年愛好家なんですよね。
たまんない。

4 :常民さん:2001/03/16(金) 23:59
子供の頃はキノコのおっさんと認識していました。

5 :天之御名無主:2001/04/21(土) 20:57
>>4

キノコ

粘菌ね(w

6 :天之御名無主:2001/06/05(火) 22:42
和歌山では博物館などができてるそうですが
地元の反応はどうなんですか?


7 :天之御名無主:2001/06/06(水) 00:29
熊楠は生まれた和歌山は嫌いだったようです。
紀南の田辺が事実上の地元みたいなものだったと思います。
和歌山を旅したことがありましたが、
北と南では極端に人間性が違う印象を受けました。
勿論、南の方が親切でした。

8 :天之御名無主:2001/06/08(金) 23:32
嫌いだったんですか?
合祀反対運動なんてみると、むしろ好きだったような
気がしてしてしまうんですが。何か本などありましたら
教えてください。

9 :天之御名無主:2001/06/09(土) 00:45
熊野とか南紀は好きだったのではないですか。
和歌山でも北と南では風土も人間性も結構違うようなことを、
県民性の本かなにかで読んだ記憶があります。

10 :天之御名無主:2001/06/09(土) 20:34
そうなんですね。ありがとうございます。
民俗学での熊楠の位置なんですが、結局は柳田との仲違いが
影響しているのか、あんまり大きくは語られないですよね。
結局、彼は粘菌類などの研究の方面では認められているんですかねぇ?
現在はどんな感じなんでしょうか。詳しい方、いらっしゃいません?

11 :天之御名無主:2001/06/09(土) 23:07
わかりやすい本だと、 縛られた巨人というタイトルの伝記がいいですよ!10年位前の本で、今手元に無いので筆者と出版社が不明で、ごめんなさい。でもおもしろい!私も田辺まで行きました。ご実家の前も通りました。記念館もありますよ。 館長さんが親切な方でした。

12 :天之御名無主:2001/06/09(土) 23:10
私も田辺行きました!ご実家の前まで行き、記念館も見ました。本は、縛られた巨人 という伝記がおもしろいです。

13 :初カキコ:2001/06/10(日) 01:22
お勧めは南方熊楠コレクション 河出文庫 全五巻 かな。
解説の中沢新一には異論もあるでしょうが、世界特にイギリスでの生活、南方曼荼羅や同性愛、粘菌やキノコ、柳田との交流と別れ、山人論などかなり多くの情報が手に入ると思います。

和歌山でも最後に落ち着いた田辺では、近所や一部の政治家と折り合いが悪く、実力行使で入獄したこともあります。また長男の病気などもあり必ずしも幸福な晩年ではなかったようですね。

14 :天之御名無主:2001/06/10(日) 01:30
>>10
>民俗学での熊楠の位置なんですが、結局は柳田との仲違いが
>影響しているのか、あんまり大きくは語られないですよね。
ただ、単に熊楠のものが使いづらいだけだと思うけど…。

15 :天之御名無主:2001/06/10(日) 02:24
鶴見和子の全集に南方熊楠の事書いた巻があるから、読めばきっと参考になるよ。

16 :天之御名無主:2001/06/10(日) 14:40
11>>
  新潮文庫  「縛られた巨人」南方熊楠の生涯
  著者名  神坂次郎  
  ISBN4-10-120912-X  667円
  平成11年 第五刷
 
 
  

17 :1=8=10:2001/06/10(日) 23:13
レスありがとうございます。
縛られた巨人は私も以前、読みました。
とてもおもしろかったです。

>11.12
田辺に行かれたんですね?いいなぁ。
記念館ってどんな雰囲気なんですか?現代的ですか?
>14
そうなんですか?確かに彼の文章は膨大な情報量の上に
話が脱線するというか、枝別れすることが多いですが
使いにくいということになるんでしょうか?



18 :名無し1:2001/06/11(月) 00:09
てんぎゃん?

19 :子熊:2001/06/11(月) 14:26
こんなところでその地名を見るとは…俺の出身地なんですよ

うちの親父が熊楠大好きでしたね
「熊楠は記憶力がよくて近所の人が持ってる百科事典を昼読んで
 夜思い出しながら書き下ろし、とうとう全部書き写した」
という話を子供の頃から何度と無く聞かされました

ただ一般の人が知っているレベルかというと
そこまで有名ではなかったですね
一応田辺駅前には田辺三大偉人、武蔵坊弁慶・合気道の植芝盛平とならんで
描かれている看板がありますが

>>18
懐かしいですね
郷土出身者ということで俺の周りでは何故かあの漫画人気がありましたよ(ワラ

20 :天之御名無主:2001/06/11(月) 23:02
記念館には様々な標本や手紙、原稿など沢山展示していました。ヒッチハイクして連れて行ってもらったので場所的にはよく覚えてません。神島は行けないそうですが記念館から少し見えたかな。

21 :天之御名無主:2001/06/11(月) 23:20
そういえば、熊楠の生涯をお芝居にした舞台、チラシ配布までいってたのに資金面か何かで中止になったような・・・ あれ、どうなったのかな??楽しみだったのにー

22 :天之御名無主:2001/06/11(月) 23:26
大学の時、八幡信仰についてのレポートの中に熊楠の説を入れたら、教授が面白がってくれました。ハナシのわかる人でした。

23 :天之御名無主:2001/06/12(火) 00:04
数年前 週刊少年ジャンプで熊楠の伝記漫画を連載してました
たぶん うけてはいなかったけど・・

24 :田辺人:2001/06/12(火) 00:34
水木しげるの「猫楠」が独特で面白かった。
飼い猫を狂言回しにした伝記もの。(角川文庫)

25 :子熊:2001/06/12(火) 02:46
>>23
てんぎゃんでしょ?
田辺ッ子にはめちゃくちゃうけてたよ(ワラ

26 :天之御名無主 :2001/06/12(火) 13:10
おいらは「縛られた巨人」と鶴見和子の「南方熊楠」
あとは「南方随筆」くらいしか読んだことないから、
あんまりエラそうなことは言えないが・・・

敢えて言うなら、なんつーか、確かに博覧強記ではあるが、
知識の体系化っつー点でイマイチ評価できない感じだなー。
膨大な文献からの情報は持ってても、それが有機的に結合してなくて、
新たな生成物も生まれない、って感じがする。
単なるスーパー物知りみたいな・・・粘菌研究は評価するけど。

和歌山での評判じゃないからさげとく。

27 :1:2001/06/12(火) 21:29
和歌山での評判でなくても是非、カキこんでください。

>21
それって山本政志監督の映画のことですか?
町田康主演で、資金面でやっぱり足りなくて、中止になっていると
聞きましたが。

>19
やはり地元のかたでしたら名前は当然知ってるという感じなんですね。
>20
神島には行けないのですか?交通手段という意味ではなくて
規制されているってことですよね?
>23
てんぎゃん。私も覚えています。ジャンプの伝説的マンガとして
語り継がれていると聞きましたが。
>24
猫楠おもしろいですよね。水木しげるも民俗学は好きなんですかねぇ。


28 :提供:名無しさん:2001/06/12(火) 21:56
別冊太陽の南方熊楠特集にのってた、
熊野の森でおどる白虎社の白い裸体が・・・
僕の頭からハナレナイ。あれから熊楠のファンに。


29 :天之御名無主:2001/06/12(火) 22:56
潮の『トム』にも熊楠漫画があったね。
『猫楠』はよかった。天皇が重巡に乗って
大層にやってくるあたりが特に。

30 :初カキコ2:2001/06/12(火) 23:21
皆さん 熊楠をただの博覧強記のように評価されてますが、
彼の中では首尾一貫したものがあったようですよ。テーマがあっちへ
飛び、こっちへ流れてジェットコースターのような浮遊感のある文章
で、起承転結が見つけにくいですけど。例えば長くなりますが
土宜法竜への書簡で
「今の学者(科学および欧州の哲学者の一大部分)、ただ個個のこの
心この物について論及するばかりなり。小生は何とぞ心と物が交わり
て生ずる「事」(人界の現象と見て可なり)によりて究め、心界と
物界はいかにして相異に、いかにして相同じきところあるかを知りた
きなり・・・科学のみで今日まで知れたところでは、輪廻ということ
はたしかにあるごとくも、科学のさわること能わざる心界に輪廻行わ
るるや否やという問いには、実に答えに苦しむ。何となれば、小生
今日悪念を生じたりとて明日別にこれがために懊悩せず。多くは忘れ
去るものなり。されば物界に生ずる、これこれの水をこれこれの温度
にたけば、これこれの蒸気を生じてこれこれの大いさのものを動かす
というとはかわり、心界に生ずる現象はあるいはつねに報あらぬもの
にやともおもわる。」
と説き、「心」と「物」が交わるとき「事」が生まれるが、この「事」
についての洞察が今の学問には欠けている、と喝破します。このあと
南方曼荼羅が展開されて行くわけですが、長くなりましたので反響が
ありましたら後日。


31 :初カキコ3:2001/06/12(火) 23:54
すんません、和歌山の評判じゃないですね。でも孫文との交流や
ネイチャーへの多数の論文掲載など、国際的な活躍を広い分野で
行った、何回でも再評価されるべき異能であったことは間違いない
と思います。

32 :天之御名無主:2001/06/13(水) 00:05
へえ!映画の企画もあったのかー。
舞台の配役は、ベテランの年配の役者さんのようでした。 神島は熊楠が訴えていた通り、貴重な植物の保護の為一般の人は入れないみたいです。たしか・・

33 :天之御名無主:2001/06/13(水) 01:10
初カキコさんおもしろい。
もっと語ってください。
みんな楽ばかりするので読む楽しみがないのですよ。

34 :天之御名無主:2001/06/13(水) 02:05
そういえば熊楠が孫文に三民主義のヒントを与えたのかも
しれないという話はどれくらい信憑性あるのかな?

35 :1:2001/06/13(水) 23:02
>30
初カキコさん、もっと語ってください。
確かに土宜法竜との書簡には宗教的要素が多いですよね。
でも曼陀羅をあまり深く理解することができなかったです。
よければ曼陀羅について語っていただけないですか??

>32
そうなんですか。神島いけないんですね。情報ありがとうございます。
>31
そうですよね!!彼の才能は絶対にもっと評価されるべきだと私も
思います!
>34
それは初耳です。確かに孫文とは英留学中に知り合い、確か日本でも
再会してますよね。そんなに影響を与えていたとは驚きです。


36 :初カキコ4:2001/06/14(木) 00:00
結構反響があってうれしいです。ただ、きょうはへとへとで。週末あたりに
頑張って書き込ませていただきます。
1さん33さん34さんありがとう。 おいらも曼荼羅の理解なんて殆どしていないので
我流になると思いますけど。 それにしても子育ての楽しさとしんどさよ。

37 :初カキコ5:2001/06/14(木) 20:50
少し元気が出たのでとりあえず語ってみます。

自分が理解している範囲内で南方曼荼羅を説明しようとしても無理があります。
絵もないし。それを承知で南方曼荼羅の構造について。
彼が言うところの大日如来(宇宙発生の根源的な力)から「心」と「物」が発生し、
二者が交わるところに「事」が生じる。「事」はその交わりが解けたとき「事」
自体が内在している力が「名(名前にあらず)」として何らかの痕跡を阿頼耶識
(深層意識)内に留める。「名」がもう一度意識上に顕在化するときそれは「印」
という具体的な象徴として立ち現れる。

具体的には多分こういう事だと思います。(違ってたら誰か赤ペン入れて)
「誰かが(心)富士山(物)を見て心を動かし、歌を作る(事)。歌が作者を離れ
人間に膾炙し(名)この歌を思い出して誰かが歌う、あるいは演奏する(印)。」
名=抽象的、印=具象的。
熊楠が「名」として挙げているものは宗旨、言語、習慣、遺伝、伝説などですが。

中沢氏はこういう例をあげています。
「建築家は自分の頭の中に生まれた、非物質的なプランを、土や木やセメントや鉄
を使って、現実化しようとするだろう。建築物そのものは「物」だけれども、それ
は「心界」で起こる想像や夢を実現すべくつくりだされた。つまり、それはひとつ
の「事」として、「心」と「物」があいまじわる境界面のようなところに現れてく
る現象に他ならないことになる。」
哲学の素養が全くない理系人間なので、多分間違いだらけの、しかも中沢氏の受け
売りばっかりです。
くわうるにあと、曼荼羅には「不思議」と「縁」というテーマがあるんです。ふう。


38 :初カキコ6:2001/06/16(土) 23:00
何だか民俗学に関係ないことばかり書いて結果的に「あらし」になってしまったよう
ですみません。最後にこの板でもしばしば話題になる山男についての南方の見解。
当初南方は柳田国男に対し山男に関する情報提供を約束しますが、徐々に関係が悪化
していき(特に「猥雑」に関する見解の相違があったようです)、「山男についての
結論」という書簡で、諸君らの(柳田一派の)いわゆる山男とは
「特殊の事情より止むを得ず山に住み、至って時勢遅れのくらしをなし、世間に遠ざ
かりおる男(または女)というほどのことなり。」と断じ、「そんなものが山男山女
なら、当国の日高郡山路村から熊野十津川には、山男が数百人もあるなり。」と揶揄
します。そして「小生らが従来山男(紀州にてヤマオヤジという、ニタともいう)と
して聞き伝うるは、(中略)丸裸に松脂を塗り、鬚毛一面に生じ、言語も通ぜず、生
食を事とする、いわば猴類にて二手二足ある(中略)学術的に申さば、原始人類とも
言うべきものなり。(中略)諸国に(日本以外にも)その存在説多きも、大なる猴類
を訛伝したらしく、(中略)「本草綱目」の怪類にあるべきものに限る。貴下や佐々
木氏の(中略)山男の何々といわるるは、(中略)やはり尋常の人間で、山民とか山
中の無籍者とかいうべきものなり。」と結論し、完全に柳田と袂を分かちます。しか
しこの文章を読むと、どことなく南方が寂しげに感じてしまうのは僕だけでしょうか。

39 :若葉マーク:2001/06/17(日) 13:27
初カキコ1〜6さん、大変勉強になりました。
ありがとうございます。難しいので、しっかりと本を読みたいと思います。
わたくしは熊楠初心者ですが、「曼荼羅には不思議と縁というテーマがある」と
いうのは、なんとなくわかります(わかります、なんて生意気ですが)。

40 :初カキコ7:2001/06/18(月) 00:03
若葉マークさま>
有難うございます。僕は原著が読みたい人なので、といっても全集は高
いし、できるだけ断片的でも熊楠の生の文章が書いてあるものというこ
とで前述の本を推薦しました。
南方曼荼羅、難しいですよね。てゆーか、彼は解りそうで解らないとこ
ろが惹きつけられるのかも知れないですねえ。

41 :初カキコ8:2001/06/18(月) 00:07
すみません、変な日本語で。惹きつけられる所以なのかもしれないで
すねえ。
それと、青空文庫にも熊楠の著作がありますよ。十二支考の虎、とか。

42 :天之御名無主:2001/06/18(月) 05:05
初カキコさん、たいへんありがとうございました。
興奮しました。ソクラテス以前の自然哲学、とくに
エンペドクレスやアナクシメネスなんかを思いだします。
おもしろい。

43 :1:2001/06/19(火) 16:41
初カキコさん、ありがとうございます!!
おもしろかったです。
できれば、不思議と縁についても語ってほしいです!
中沢さんというのは中沢新一さんのことですよね?
森のバロック、まだ読んでないですが、どうなんでしょう?
鶴見和子の『南方曼陀羅』だったかは、どうなんですか?
私は笠井清の(だったかな?)の『南方熊楠』とか
『十二支考』などしか読んだことがありません。
できれば、初カキコさんのお勧めもう少し教えてください。

44 :初カキコ9:2001/06/19(火) 17:53
博識な皆さんに少しでも喜んで頂けて感激です。実は前述の5巻以外には、
昔教養文庫(だったと思う)の鶴見和子さんの本(しかも今手元になし)、
現代教養の南方熊楠特集、雑誌その他の寄せ集め、漫画くらいが僕のソー
スなんです。お恥ずかしい限りですが。全集はいつか手に入れたいし、
神坂さんの本、「森のバロック」も未読なのです。 偉そうな奴ですよね
、俺って。   ぼろが出ましたね。

42さん>
そ そうなのですか?有り難うございます。名前だけは高校の時に幽
かに記憶が。

43さん>
有り難うございます。と言うわけで実に浅学な野郎なんです、私。こん
な私でよろしければ、2つのテーマ、週末にでもカキコさせて頂きます。

で、皆さんに教えて頂きたいことが。中沢(新一さんのことです、1さん)
の文章に難解なタームが多いのです。ご親切な方、教えて頂けませんで
しょうか。

セリー論理、エクリチュール、パロール、ファルコマン。
多分基礎的な言葉なんでしょうが。 宜しく御願いします。

45 :初カキコ10:2001/06/20(水) 22:14
間違い間違い
現代教養じゃなくって現代思想です。鶴見さんと谷川健一さんと宮田登さんという
豪華メンバーが南方を語っています。
1992 vol. 20-7です。 すみませんでした。

46 :1:2001/06/20(水) 22:35
他にもお勧めありましたら、どなたでも
結構なので教えてください。
>初カキコさん
現代思想って雑誌ですか?
その本は今でも手にはいりますか?

47 :初カキコ11:2001/06/20(水) 22:42
1さん>
バックナンバー問い合わせてだめなら書き込んでください。
よろしければコピーして送ります。 連絡手段をどうするかですが。(^o^)丿

48 :初カキコ11:2001/06/20(水) 22:53
ついでに言うと、松井龍五、四方田犬彦など14人が南方について語り、
巻末に「珍事評論2号」と「ロンドン抜書目録」が載っています。

ついでのついで
「ネイチャー」に並ぶ南方の投稿さき「ノーツ・アンド・クィアリース」
って、今でもあるのですか? あるなら読んで見たい。(^^ゞ

49 :1:2001/06/20(水) 23:02
一度、メールいただけますか?
何か南方熊楠情報ありまたら
どなたでも結構なのでメールください。

50 :天之御名無主:2001/07/04(水) 17:33
>>23
いや,あれ面白かったです
南方熊楠にずいぶん影響されたものです
10年位前?

51 :天之御名無主:2001/07/04(水) 19:38
>>44
エクリチュール、パロールは、gooの辞書ででるよ。
他二つは出ないけど。

52 :天之御名無主:2001/07/04(水) 19:57
>>50
確か「てんぎゃん」ってタイトルだったっけ。
最終話のとき「第一部・完」て書いていたけど全く音沙汰なし。
コミックバンチで復活も無いでしょう(藁

53 :天之御名無主:2001/07/04(水) 20:03
>>52
面白かったんだけどねぇ

54 :関連話題スレ:2001/07/06(金) 00:35
「南方熊楠」≫
http://mentai.2ch.net/min/kako/957/957187092.html

55 :初カキコ12:2001/07/07(土) 23:34
51さん>
有難うございます。早速しらべてみます。

こないだ伊勢の図書館に行ったら、南方関係の本が5冊あって、3冊借りました。
面白いです。

56 :天之御名無主:2001/07/14(土) 02:28
山本政志監督・町田康主演の「KUMAGUSU」、撮影再開!

57 :1:2001/07/26(木) 17:12
56さん>
まじですか?????2億足りないとか、町田康が雑誌で話していたのが
4.5年前だったと思うんですが。。。。やりましたね。

58 :天之御名無主:01/08/29 20:15 ID:nbxRQjl2
伝記をもう一冊
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/glance/-/books/4167314258/qid=999083557/ref=sr_sp_re_1_29/249-7474293-0113902
は、熊楠さんと同郷著者が結構思い入れがあって書いた本で結構好きです。

59 :天之御名無主:01/11/12 22:27
粘菌の天才?

60 :天之御名無主:01/11/21 20:16
日本人でNature掲載数が一番多い人でもあるね。
いまだに彼の記録を超える者は出ていない。

61 :天之御名無主:01/11/22 03:08
何件あるの?

62 :天之御名無主:01/11/24 19:54
今の若者こそ熊楠を読むべきでは。

63 :天之御名無主:01/11/24 20:38
いつでもゲロ吐ける

64 :天之御名無主:01/11/24 21:03
あの珍文は笑える。読んどいて損はない。抜き書き人生だな。

65 :天之御名無主:01/11/25 00:31
Natureにいっぱいあるから読んでみな

66 :天之御名無主:01/12/03 05:57
>>60
当時と今のNatureはかなり違う雑誌だから、
その数字で評価すんのは無理があるような・・・

熊楠を学者として評価すんのってかなり難しいですね。
鶴見和子の本も中沢新一の本も、結局筆者の思いを
熊楠に託して書いたような、とりとめの無い本だし。

面白い逸話だけは腐るほどあるんで、それで結局話は終わっちゃう。
まともに評価される日はくるのかなっつーか、
まともに評価できるところって本当にあるのかな、という気がしてきます。

67 :天之御名無主:01/12/03 21:33
あの曼陀羅の意味がわからん。
だれか解説して。

68 :天之御名無主:01/12/04 00:11
>>67
あれは熊楠本人にもよく分かってない。

69 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

70 :天之御名無主:02/01/19 21:57
 

71 :天之御名無主:02/01/20 20:56
>>56 確か竹中直人が熊楠役でしたっけ?

72 :天之御名無主:02/02/08 21:49
なにそれ

73 :天之御名無主:02/02/09 20:29
南方熊楠は開成高校出身。
お勉強だけじゃない本当の天才って感じ。

74 :天之御名無主:02/02/16 20:09
www.asahi-net.or.jp/~BH3H-SMJY/zuiso/banana.htm
何じゃこの強引な結論は…。

でも熊楠と宮武外骨のコンビは面白い。

75 :天之御名無主:02/02/16 22:45
>73
天才はそうだけど、彼がどれだけ精励刻苦したか知ってて言ってますか。

76 :天之御名無主:02/02/17 01:01
どれくらい?

77 :天之御名無主:02/02/18 21:50
てか100年前の開成高校ってどうなの?とりあえず今の開成とはかなり事情が違うと思うけど・・・
むしろ一高中退、留学先のランシング大学も中退ってのを見ると、
「お勉強」は苦手だったんじゃないだろらうか・・・

78 :天之御名無主:02/02/19 01:47
>>77
一高では三島由紀夫の祖父と同級だったようだね。

79 :天之御名無主:02/02/21 23:28
数学で落第したんじゃなかったけ?

80 :天之御名無主:02/02/21 23:37
この人って一度見たことは忘れないんじゃなかったっけ?
IQが高い人によくあるヤツ。

81 :天之御名無主:02/02/27 22:08
南方熊楠賞について、民俗学者スレで書いたけど、こっちで書くべきだったかな。

82 :天之御名無主:02/04/13 04:35
よくある

83 :天之御名無主:02/04/20 11:15
>>75
どれだけ?

84 :え?:02/04/25 12:25
熊楠ってホモだったの?

85 :くだん:02/04/25 19:40

「南方の牛」についての話題のスレってここですか?

86 :天之御名無主:02/08/25 23:20
>>52
「てんぎゃん」面白かったのに・・・
帝大の受講中熊楠が本をパラパラめくるだけで、内容を完璧に記憶したシーンが印象に残ってます
単行本も出てなかったような・・・

「ロンドンに居たとき孫文を助けた」とかいう類のほら話は、本人が自らを神話化させる意図をもって話したのか、
それとも、単にほら話が好きな本人の性向によるものか、どちらでしょうか

水木さんの「猫楠」ではドラマチックに話を盛り上げるため、その類のエピソードを入れてましたが

彼のうねうねした文章を読むと、18世紀的な博覧強記の人ではなく、知識同士が有機的に結び合って新たなものを生み出していく
まさにインターネット的な人だという印象を受けました
今の時代ならば田辺にこもって、2ちゃんにカキコんでるかもしれませんね

87 :天之御名無主:02/09/03 15:12
>>86
「てんぎゃん」は単行本出てるよ。一巻しか出なかった様だけど。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/408858421X/qid%3D1031033440/250-0839154-5392249
実は持ってたりする。

88 :天之御名無主:02/09/04 19:10
和文よりも欧文の論文を多く出したから日本では評価されなかったんだよね

89 :えとですね:02/10/29 21:00
>>86
確か実際に孫文は日本に来た時わざわざ熊楠に会いに田辺まで行ってます。
孫文に「東洋から西洋人を追い出せ」っていって 孫文が蒼くなった話は本当だと思います。
まあ 大げさに語る部分も多い人ですけど

90 :天之御名無主 :02/12/17 10:03
熊楠の遺品蔵書標本等現在調査中。
http://www.aikis.or.jp/~kumagusu/
ついでに記念館。
http://museum-dir.jst.go.jp/30-103/30-103.htm


91 :天之御名無主:02/12/31 10:26
熊楠が話すことが出来た19ヶ国語って具体的に何語ですか?

92 :紅白羽化脱線:02/12/31 21:06
てんぎゃんの二巻でてないの?一巻は持ってて探してたんだが。無駄足か

93 :世界一統:03/01/02 16:19
「丸」という短文論考について、
日本語に訳されている雑誌・書籍等あれば教えてほしい。
平凡社版全集にもみあたらなかった。

94 :天之御名無主:03/01/07 21:31
写真によってはヤクザのおっさんに見える。

95 :山崎渉:03/01/11 04:22
(^^)

96 :珪素鳥:03/01/13 00:43
熊楠は生物学が基礎かと。
http://www.aikis.or.jp/~keisotyo/center/kumagusu.htm


97 :天之御名無主:03/01/15 01:01
実は、昭和天皇のダチです。


98 :天之御名無主:03/01/21 08:49
熊楠に負けないくらい勉強しよう!!

99 :bloom:03/01/21 09:01


http://www.agemasukudasai.com/bloom/

100 :天之御名無主:03/01/21 09:53
100get

101 :天之御名無主:03/01/22 04:29
まんがのクマグスは2巻以上出ているのでしょうか。
続きが読みたい。

102 :天之御名無主:03/01/23 11:02
>>101
打ち切りになったみたいです。一巻までしか出ていません(涙

103 :天之御名無主:03/01/27 01:41
>>102
2巻は出てると思います。
その後打ち切りなのかな。
どちらにせよ、続き読みたかったなぁ。


104 :天之御名無主:03/02/11 13:49
粘菌age

105 :天之御名無主:03/02/22 12:46
「こわっぱ、現場を見にいかんか。」って・・・・。

106 :天之御名無主:03/02/23 10:17
南方熊弥は実は血がつながっていません。

南方常楠の親族も相続の対象外です。

107 :天之御名無主:03/02/23 10:32
「じゃあ、南方熊弥は誰の子だったの?」って?

関東の皇室(北朝方)が取り替えた昭和天皇の子。

妻の松枝はイギリスからの帰国後、関東(徳川家)におしつけられただけ。
娘の南方文枝も野中権造の娘だ。

南方家より隣の野中家にいるほうが多かった「困った女」。

本当の息子は関東(北朝方)で育てられ、唯一の本土決戦が行われた
沖縄に行ってる。



108 :天之御名無主:03/02/23 10:48
和歌山の変人学者・南方熊楠の残した知的所有権が相続争いの
種になったところで「意味なし」。

「個人では何も持っていない。」

日本の特許庁は無視、すべて海外に国際特許として申請している。

日本の本土決戦と原爆投下をちらつかせる連合軍のとの停戦交渉で
全部、英米と中国の宗家にばらまいてる。

109 :天之御名無主:03/02/23 10:53
(分家)南方常楠の家は何の話も聞かされていない。

110 :天之御名無主:03/02/23 11:06
何の裏事情も知らない(気づかない)アホどもがありもしない
独占利権をめぐって争いを続けてる。

ここで新たなトリック。

関東を一切信用していない南方熊楠は、国際郵便をすべて
田辺から中国の旧国民党(宗財閥)経由で送ってる。

勝手に中身を盗み見ていた人間が別系統で特許申請している。
蒋介石と対馬宗家。

「夢のまた夢」。
くだらん狂言と詐欺を組んでる連中、恥ずかしくない?

111 :天之御名無主:03/02/23 11:42
こちらも電波度が高い・・・

112 :天之御名無主:03/02/23 15:12
「じゃあ、南方熊楠の本当の息子は誰だったの?」

「大逆事件」で処刑された(はずの)幸徳秋水と
関東大震災時に死亡した(はずの)大杉栄。
南方熊楠とはまったくの赤の他人として育てられている。

戸籍上の息子、南方熊弥は日本帝國陸軍の諜報要員として、
「国賊」南方熊楠の身辺を(狂人のふりをして)探っていた。

113 :天之御名無主:03/02/23 15:32
南方熊楠と交流のあった国民党、宗家、孔財閥。

宗家に有名な宗家三姉妹がいれば、対馬の分家・対馬宗家にも三姉妹がいる。

仲は悪いが芸風と行動パターンはほぼ同じ。
郵送する途中で勝手に開封して盗み見て、別系統で特許申請。


114 :天之御名無主:03/02/23 15:42
>>113
>>南方熊楠と交流のあった国民党、宗家、孔財閥。
>>宗家に有名な宗家三姉妹がいれば、対馬の分家・対馬宗家にも三姉妹がいる。

中国の宗家三姉妹が田辺町界隈を徘徊すれば対馬宗家もスパイを送る。
「くん、くん、くん、金儲けのにおい。」

出入りするのは和歌山県田辺市の色町だ。芸者、花魁のふりして徘徊。

拠点にするのは和歌山の新宮辺り。蒋介石の親戚の蒋経国が亡命して住んでいる。

115 :天之御名無主:03/02/23 15:52
南方熊楠がさ、アメリカに留学すればロックフェラーやロスチャイルドも
スパイを送る。コールガールのふり。

イギリスに留学すれば英国王室やローマ法王がスパイを送る。

若き日のエリザベス皇太后がケーキ屋で店員のふりをしている。
別の店ではハプスブルク家の娘が店員をしている。
「甘いものに弱いようです。」

116 :山崎渉:03/03/13 13:00
(^^)

117 :天之御名無主:03/03/20 19:01
悲しいくらい誰もいない…

118 :天之御名無主:03/04/08 00:39
熊楠研究第5号よろしく

119 :天之御名無主:03/04/09 17:12
あげてみます。

120 :かおりん祭り:03/04/09 17:19
http://www.saitama.gasuki.com/kaorin/

  〜oノノハヽo〜
     ( ^▽^)/⌒\                       , −-
     ((ニ[二=(  こんなのがございま−−==≡≡す♪  ))
   /∧=:||  \_/                       `ー‐‐'
     じ/___/

121 :天之御名無主:03/04/11 23:48
今年度の熊楠邸の特別公開予定日です
4月26日土曜日 9時から12時
8月23日土曜日 10時から16時
11月22日土曜日 10時から16時
8月11月の特別公開では11時30分からと14時からの2回
顕彰会スタッフによる一斉説明会が開催されるようです。
通常公開は土日・祝日・年末年始を除く日の9時から16時です。
ただし邸内の整備などのため見学できない場合もあります。
遅ればせながら後藤氏のご冥福をお祈りします。
本郷先生、2ちゃんみてるわけないけど今回の受賞おめでとうございます。

122 :山崎渉:03/04/17 09:17
(^^)

123 :山崎渉:03/04/20 04:58
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

124 :天之御名無主:03/05/12 08:15
熊楠研究5号が送られてこない。また督促するか

125 :豆知識:03/05/12 09:51
<アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)←脳の機能的疾患(遺伝が要因)>
http://www3.ocv.ne.jp/~cochome/kaisetsu.htm#chigai
http://www.autism.jp/l-02-03-aspe3.htm
http://www.geocities.co.jp/Beautycare/5917/as/
●接し方のルールがわからず無邪気に周囲の人に対して迷惑なことをしてしまうこと
がある。人を傷つけるということには鈍感です。年配の先生に向かって「おばあさん
先生おはようございます」と明るい大声で挨拶する生徒もいる。こういった言動をす
る場合にも彼らには悪意はない。
●小さな声でひとり言を言ったり、考えていることを声に出して言うことがある。
●融通が利かないことも学校生活で問題になる。時間割の変更や突然の教師の欠勤と
いう事態で不安を感じたりかんしゃくをおこしたりする。あまりに規則に厳格なため
に、遅刻した同級生に延々と注意をしたり、修学旅行などで消灯時間をかたくなに守
り、他の生徒の顰蹙をかったりすることがある。
●行動・興味・活動のパターンが貧困で反復常同的なことも自閉症の特徴である。すな
わち、日常の活動の様々な面にわたって柔軟性のないルーティン(決まった手順や日課)
を押しつける傾向、これを慣れ親しんでいる習慣や遊びのパターンだけでなく、たいてい
は新しい活動にも押しつける。そしてルーティンや個人的な環境の細部の変化(家の中の
置物や家具の移動によるなど)に対する抵抗がみられることがある。
●揺れる木の葉を見続ける子どもは興味のレパートリーが狭いとも言え、視覚的な敏感さ
があるといっても良い。
●精神遅滞を伴うものと伴わないもので大きく分かれる。100%果汁のオレンジジュー
スを思い浮かべてください。それにだんだん水を加えて薄めて行くと終いには水にごく近
くなる。一口飲んで「オレンジジュースだ!」とわかるものは自閉症、水に近いけれどな
にかオレンジの味が混じっているのがアスペや高機能・・。その濃度はさまざま。濃いオ
レンジジュースであったとしても早期の療育や周りの対応によって水に近づいていくこと
は可能。しかし間違えてはいけないのはオレンジジュースが一滴でも落ちている場合は
「純粋な水」にはなれないのです。


126 :天之御名無主:03/05/20 13:55
南方マンダラ あれは凄いね。

127 :天之御名無主:03/05/20 14:05
☆★☆★♪大人の玩具激安販売店♪ ☆★☆★
ピンクローター190円から〜
オリジナル商品や新商品をどこの店よりも早く発売いたします!!
イスラエル軍も使用している本物ガスマスク!!
バイブ、ローター何でも大安売り!! 下着やコスプレなども大安売り!!
個人データも秘密厳守!!偽名で購入OK!
郵便局止め、営業所止めOK!
http://www.king-one.com/


128 :天之御名無主:03/05/20 18:59
とき法竜との往復書簡集 八坂書房の方 これをみていたら 復刻してくらはい

129 :山崎渉:03/05/21 21:50
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

130 :山崎渉:03/05/28 15:20
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

131 :土宜だろ:03/06/09 21:50
>とき法竜との往復書簡集 八坂書房の方 これをみていたら 復刻してくらはい

ていうか平凡社ライブラリーあたりに入らないかな、
こんどは客寄せ解説は抜きで。

132 :天之御名無主:03/06/27 19:35
熊楠先生の『十二支考』とフレイザーの『金枝篇』はわが読書人生において双壁をなす大傑作。どちらが上かときかれれば悩むが笑えるところがある十二支考の勝ち。

133 :天之御名無主:03/06/27 19:43
(σ・∀・)σゲッツ!!ならココ!
http://www3.kcn.ne.jp/~barozza/
いまどき荒らしも流行らない?
荒らしAGE!!

134 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/06/28 01:11
>132
そういえばどちらも1941年に亡くなっていたような。

135 :天之御名無主:03/06/28 08:31
↑ その通り。フレイザ―は5月に空爆死です。熊楠先生は12月に大往生。東西の碩学がともになくなるとは…熊楠の命日を学問の日又は読書の日として祭日にしよう!

136 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/06/28 08:37
柳田國男はフレイザーと会っていますね。南方先生は知りませんが。

137 :天之御名無主:03/06/28 09:38
会ったという話は聞かないが、金枝篇は読んでおり、よく引用していた。

138 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/06/28 09:43
>>137
まあ読んでないほうがよっぽど不自然な人でしたからね。

139 :”ヘ( ̄- ̄ ):03/06/28 10:14
http://www.k-514.com/sample/sample.html
拾ったサンプルムービー集めたよ

140 :天之御名無主:03/06/28 22:26
「牛」の草稿はみつからないのかな?

141 :天之御名無主:03/06/29 00:48
かんしゃく持ちって、どういうことだったんだろう?。
予備校時代のフラフラ病って何だったんでしょうか?。

142 :山崎 渉:03/07/15 12:32

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

143 :天之御名無主:03/07/19 05:14
行屎の流れは臭くして、しかも尋常の水にあらず。

144 :天之御名無主:03/07/20 17:51
>143
意味分からんが?
木村博士とのイギリス時代のエピソード?
弥勒世界では、糞尿は自然に地割れしてそこに入り、地割れが繋がった後に花が咲くらしいが。



145 :恐怖の人種劣等化工作:03/08/04 06:39




毎年、約1万組の日韓結婚。
それに伴なう朝鮮化した混血児。
年間、美しく清らかな日本の新生児約100万人のうち、
毎年、約1〜2万人の新生児に
容赦無く劣等人種の血が流し込まれている。

目的は日本人の朝鮮化(不細工・低脳・犯罪者化)だ。







146 :天之御名無主:03/09/21 16:09
age

147 :天之御名無主:03/10/18 15:26
オウチの花が咲いている

148 :やよい:03/10/18 15:47
http://life.fam.cx/a014/

149 :研究所コンペ結果:03/10/21 11:41
ttp://www.agara.co.jp/DAILY/20031021/20031021_001.html

150 :天之御名無主:03/10/22 21:06
南方熊楠邸保存顕彰会
http://www.city.tanabe.wakayama.jp/bunshin/kumagusu/

南方熊楠資料研究会
http://www.aikis.or.jp/~kumagusu/index.html

南方熊楠翻字の会・東京
http://www.tamy.net/kumagusu/honji/

151 :求道心:03/12/04 22:00
なぜか今日原田健一氏から本の広告が封筒で来た。
熊楠研究購入者には、全員に配布してんかな〜

152 :天之御名無主:03/12/06 00:04
大英博物館の閲覧室で外人をぶん殴ったらしいですね。

153 :天之御名無主:03/12/09 03:28
最近興味を持ったので熊楠関連本を探してたら、店員さんから
「昔はやったんだけどね〜」
って言われたぞ。
昔流行ったの?
というか、こういう言われ方って悲しいなオイ。
懲りずに探してますが。

154 :天之御名無主:03/12/09 14:13
ええ、昔流行りました。
すぐに冷めました。

155 :求道心:04/01/19 22:38
>>153
「十二支考」がかつて岩波文庫年間売上NO.1に輝いたことがあったと記憶。
何年度か忘れたが・・・

156 :天之御名無主:04/02/04 18:50
コミックの「てんぎゃん」の頃?

157 :天之御名無主:04/02/19 23:16
てんぎゃん面白かったよな

158 :天之御名無主:04/04/28 14:21
あげてみるか。

159 :天之御名無主:04/05/08 08:51
minakatella longifilaって粘菌があるそうだね。

160 :天之御名無主:04/05/21 18:51
フレイザーの完訳が出るそうで。

161 :求道心:04/06/19 22:18
簡約版は楽しく読めたが・・・

最近、あまりニュースを見ていなくてしらなんだが、田辺市が中辺路村・龍神村・大塔村・本宮町と合併するんやと!!今日はじめて知った。
なんかな〜熊楠先生の随筆や書簡に出てくる地名が消えるのは、悲しい。


162 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/06/20 00:36
消えるのは自治体名だけでは?それでも寂しいのですが。

163 :天之御名無主:04/06/20 14:26
東大予備門寮にて

正岡子規「西洋風のじゃがいもシチューをつくるぞなもし。」
南方熊楠「おいっ、ソースがねぇぞ!!」
夏目漱石「代わりに醤油でもぶち込め!」
一  同「ウマーーーーー!」

後に海軍に入隊した秋山真之。「これが俺様の考案した肉じゃがだ。」

肉じゃがの誕生の瞬間、たぶんこんなもん。

164 :天之御名無主:04/06/21 18:56
南方熊楠の映画の企画ってどうなったの?

165 :天之御名無主:04/06/21 19:59
>>163 ソースっねえ。

兎の缶詰喰いたい

166 :天之御名無主:04/06/24 17:14
インスタント焼きそばもソースかつどんもおなじようなもん。

「パクって何が悪いねん。金儲けしたいんやー!!」のところに流れる。

167 :天之御名無主:04/07/04 08:29
ttp://www.nhk.or.jp/sonotoki/sonotoki_yotei.html
その時歴史が動いた
南方熊楠 日本初の自然保護運動〜(仮)

168 :求道心:04/07/04 21:15
それは万難を排してでもみるべきやね。
ただ、その時歴史が動いたは内容が薄いので・・・_| ̄|○

すわ、第3次熊楠ブーム到来か!

169 :天之御名無主:04/07/09 22:35
没後50年ってことで流行ったんだよねえ。
あれから10年もたつのか。
文章のあちこちに出てくる言い回しが好きだ。
「熊公じゃないかえ、よい年をして」とか「父さま見やんせ」とかイイ!

170 :天之御名無主:04/07/21 22:21
世界遺産関連で取り上げたりブームで終わらすのは勿体ないよな。

171 :天之御名無主:04/07/21 22:44
今日のテレビ、よかったーー。
感動した!

172 :天之御名無主:04/07/21 23:05
ヱコロギー

173 :天之御名無主:04/07/22 06:09
見忘れたー。来週の金曜に再放送があるみたい。

174 :天之御名無主:04/07/22 10:28
柳田邦男×熊楠のやおい本が出るのも時間の問題だな。
この人、マジで美形だよね、若いころ。
この顔でホモなら、ホモの先進国英国ではさぞかし・・・

175 :天之御名無主:04/07/22 11:01
>>174
若い頃の写真をupしているサイト教えろ。

176 :天之御名無主:04/07/22 14:00
>>175
記念館のHPに載ってる

177 :天之御名無主:04/07/22 14:15
結構身長低くない?

178 :天之御名無主:04/07/22 14:16
>>174
美形というか、おっさんやないか?

179 :天之御名無主:04/07/22 21:30
眼光鋭く切れ長で、一種異容といえますな。

この手の眼は、ヴァイエルン国王ルートヴィヒII世のような狂人に見られがちかも。
天才と狂気は紙一重っつーことか?

180 :求道心:04/07/22 22:59
普通の学者の範疇では語れないのが熊楠先生の魅力では?
自分に狂人の気があったと語っていたし・・・

番組みたけど、神坂次郎はぐずぐずやったね。内容は結構よかったけど、やはり
45分かそこらではあまりにも短い。
神社合祀関連の文献読むと、柳田は熊楠先生が期待したほど協力はしなかったようやけど・・中央官僚ということで過度の期待をしすぎたんかな?
個人的には最後、神島をバックに昭和天皇の御歌で締めくくってほしかったな〜
それをすると左翼がうるさいんかな。

181 :天之御名無主:04/07/23 13:36
男色家?

182 :天之御名無主:04/07/25 14:50
日記によく「誰々(友人・美少年w)を夢に見た」って書いてあるね。
探せなかったけどたしかセックルしたって夢もあったと思った。
あと面白かったのが自分でたてた誓いがまるっきり守れてないところ。
4〜5日続けて「もうお茶は飲まない」とか書いといて次の日には
「茶2杯飲む」ってアンタ。
ほかにもお菓子は食べない、タバコをやめる、お酒飲まない等・・・
どれも失敗。

183 :天之御名無主:04/07/25 22:21
>>182
へへへh俺と似てるな、

184 :天之御名無主:04/07/27 14:41
>>182
美少年と寝た夢をよく見るのかw?

185 :天之御名無主:04/07/27 22:36
あの番組の最後に
「宇宙万物は無尽なり。
ただし人すでに心あり。
心ある以上は心の能うだけの楽しみを宇宙より取る。
宇宙の幾分を化しておのれの楽しみとす。
これを智と称することかと思う」
という熊楠の言葉が紹介されていたのですが、
それは彼のどの文章に載っているものか、どなたかわかりませんか?

186 :天之御名無主:04/07/28 21:47
>184
そう。夭折した年下の友人(美少年)と
「やる夢」をロンドン滞在時に2回見てる。

>185
明治36年6月30日 土宜法竜宛書簡。
ついでに「宇宙万物」でなくて「宇宙万有」。

187 :天之御名無主:04/08/10 10:34
age

188 :天之御名無主:04/08/28 20:14
神島に行ったことあります。

189 :天之御名無主:04/08/29 12:09
伊良湖岬から神島見たことあります。

190 :天之御名無主:04/08/29 23:13
神島ちがいだな。和歌山のは「かしま」。伊勢湾のは「かみしま」。
ちなみに「かみしま」は普通に人が住んでるし、連絡船も出てるので漏れも行ったことあるが、
「かしま」は一般の人間は立入禁止なので、本当に>>188が行ったっていうならちょと羨ますぃ。

191 :天之御名無主:04/08/30 23:38
普通の島でしたよ。

192 :天之御名無主:04/09/10 01:48
>>56 その監督は前々作で出演者を目当にJR大宮駅に集まった本物の暴走族をそのまま出演させた事がある。
熊楠といい政志といい実績のある人はどっか変わってるよ…

193 :求道心:04/09/29 21:28:57
「南方熊楠邸蔵書目録」刊行
定価5,500円・送料1冊450円

予約してしまった・・・

194 :天之御名無主:04/11/08 00:31:14
観光客で混むだろうけど、来春桜の季節辺りに熊楠巡りする予定。
神島にも渡ってみたいんだが
渡航許可をとるのは田辺市役所に問い合わせれば良いのかな。


195 :天之御名無主:04/11/09 10:31:53
>>194
とりあえず、役所で聞いてみたら良いのでは?
熊野の方は最近観光客も増えたみたいですが、
田辺の方は相変わらず静かなモノなので、楽かと思われます。

また、田辺までいらっしゃって、車等の足がお有りなら、
「田中神社の森」もオススメです。
何の事は無い小さなお社ですが、興味の有る方には面白い
のではないかと思われます。

196 :天之御名無主:04/11/09 21:26:26
2時間映画ではまず無理だなぁ

NHK大河ドラマでは放送禁止

197 :天之御名無主:04/11/09 21:36:04
東大予備門 

女から見ると「風と木の詩」「バトルロワイヤル」と「モンスター」を
足して「エンゼルハート」で割った世界

198 :天之御名無主:04/11/11 18:19:14
捏造したはずの歴史的人物が実在する



199 :天之御名無主:04/11/11 18:35:19
想像してごらん
「2ちゃんねる」と「BURST」と「パラダイスTV」を足したような人

こういうアウトローな世界にどっぷりと埋没する人物じゃなくて、醒めてみている人

しかも本人はタバコも吸わない、刺青も入れない



200 :天之御名無主:04/11/11 18:41:27
「横溝正史ぃ?あそことあそことあそこの娘に決まっとるだろ!?」

「中途半端な作品出しやがって!ゲロもウンコも出てこんやないか!」

201 :天之御名無主:04/11/11 18:46:22
「角川を呼べ!わしが書き直してやる!」

「せんせい、これ以上濃くしたら誰もついてきません!」

202 :天之御名無主:04/11/11 20:11:00

      ______   ______
    /:::::::::::::`´:::::::::::`ヽ.
   /::::::女マネージャー:::::ヽ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   |:::::::::::::;;;;;;;;ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::|
   |:::::::::;;ノ-=;    =--`;::::::|
   |:::::::/   ,;::   ;,.   i::::::|
   |::::::|`; イ:,`_^_^_´,ヽ  |::::::|
   |::::::|::. -<ー===一>- |:::::::|   私には権利があります。
____,ノ:::::::ゝ、 . `ー-一´  ノ:::::::::|   義務や迷惑なんて、知りません。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::ヽ;;,,,,.........,,,,,,´;;:::::;:;;::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::|\;""";/|;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ.

203 :天之御名無主:04/11/11 23:01:25
>>想像してごらん
>>「2ちゃんねる」と「BURST」と「パラダイスTV」を足したような人
>>こういうアウトローな世界にどっぷりと埋没する人物じゃなくて、醒めてみている人
>>しかも本人はタバコも吸わない、刺青も入れない

アンダーグラウンドにどっぷりな連中は「東」とか「森」で出てくる

おおよそ理解できるけど、境界線で止まれる人

204 :天之御名無主:04/11/11 23:12:31
>>203
>>想像してごらん
>>「2ちゃんねる」と「BURST」と「パラダイスTV」を足したような人
>>こういうアウトローな世界にどっぷりと埋没する人物じゃなくて、醒めてみている人
>>しかも本人はタバコも吸わない、刺青も入れない

都合のいいときは「アニキをなめんなよ!」
調子のいいときは「アイツがいなくてもやれるわい!」

銀行の保証人で勝手に名前が使われるギリギリのライン

205 :天之御名無主:04/11/11 23:27:19
想像してごらん

本人が死んだ後に刺青を施して偽装工作
遺体の解剖権を全国の大学、製薬会社に二重売り

「見てしまったすごい修羅場」

生前、石投げて迷惑かけまくったアホ女の群れ
生きてる間は遠くから毒づくだけ

206 :天之御名無主:04/11/11 23:41:33
あまりに騒ぎがひどいもんで「デスマスク」取って火葬

集まったアホ女どもに特上牛肉

先に死んだはずの夏目漱石、正岡子規
「最後に面白いもん見たなぁ」



207 :天之御名無主:04/11/12 00:00:52
正当な後継者はなぜか似ていない 葬儀にも呼ばれない

なぜだろう?

208 :天之御名無主:04/11/12 00:15:01
葬儀に参列するのは
「どうみても山本やろ!」
「どうみても相沢や!」



209 :天之御名無主:04/11/17 11:55:54
葬儀の話がなんのことやら分からない不勉強な漏れに
すまんが誰か解説してくれないか。

210 :天之御名無主:04/12/08 01:20:48
南方と、柳田は、性表現?で、意見の相違があったようだ。
柳田は世間の評判を意識して、差し控える方向で、南方は、全然差し控える気はなし・・・。
柳田も、「あれほどの人は、あらわれないだろう」といっていることを考えると、
南方の方が上をいってる。

父親は、女遊びなどはしない・・・(南方も父親を手本としている)
で、結婚してからも、女性は文枝さんのみ。
でも、兄の方は、女遊びをしていたのではなかったか・・・?


211 :天之御名無主:04/12/09 15:11:05
南方熊楠は…

脳に毛が生えている

らしい…。


NTT田辺支店の壁には…

でっかい熊楠の顔がある!!

実は熊楠は…

地元民には何をした人かあまり知られていない!!

弁慶は田辺で生まれたと言われているが…

かなり嘘くさい!!

以上、田辺人より。

212 :天之御名無主:04/12/12 11:37:00
昭和天皇を案内した話は
感動した

213 :天之御名無主:04/12/17 21:39:50
210にて、
松枝さんの間違いでした。スマソ
(文枝さんは娘で、松枝さんが妻)

214 :天之御名無主:04/12/20 19:31:19
熊楠の発狂してしまった息子さんが気になる
やはり親が癇癪気質?だと息子にも多大な影響を与えてしまうのであろうか

215 :天之御名無主:04/12/21 00:06:12
熊楠が期待しすぎたのが裏目に出たと思われる。
偉大な親父を持つと苦労するものだ…。

216 :天之御名無主:04/12/21 14:35:48
「天狗を見た」というのは本当か。

217 :天之御名無主:04/12/22 15:12:44
100年前の人物の幻想を追いかける

「アレってアレよね。」じゃない。

「アレってアレとアレとアレとアレの複合技よね。」

218 :天之御名無主:04/12/22 17:33:04
>>100年前の人物の幻想を追いかける
>>「アレってアレよね。」じゃない。
>>「アレってアレとアレとアレとアレの複合技よね。」

あてつけに子供を産む 子供に敵討ちをさせようとする

永遠に続く悪循環である

219 :天之御名無主:04/12/22 19:21:25
>>100年前の人物の幻想を追いかける
>>「アレってアレよね。」じゃない。
>>「アレってアレとアレとアレとアレの複合技よね。」


150年前なら
「アレってアレとアレとアレとアレのアレとアレと複合技よね。」

はたから見るとVシネマな関係に見えていたはずである

220 :天之御名無主:05/01/08 23:34:52
代々、南方さんでは「世界一統」という酒を造っているYO

221 :天之御名無主:05/01/22 19:14:38
粘菌上げ
An autoregulatory circuit for long-range self-organization in Dictyostelium cell populations
http://www.nature.com/nlink/v433/n7023/abs/nature03228_fs.html


222 :天之御名無主:05/01/22 19:26:10
「戸籍上の子孫・親戚として残るのは当人の生前、首を絞めて石投げまくった連中の末裔」


223 :天之御名無主:05/01/22 23:25:01
>>3
衆道の研究もしてただけで、本人は違うよ

224 :天之御名無主:05/01/23 00:38:58
当時はアイデンティティとセクシュアリティがまだ拮抗していなかっただけで。
「浄のセクソロジー」は読んだか?

225 :天之御名無主:05/01/23 06:04:56
てんぎゃんキタ━━━(゜∀゜)━━━!!!!

226 :天之御名無主:05/01/23 06:07:32
てんぎゃんキタ━━━(゜∀゜)━━━!!!!

227 :天之御名無主:05/01/23 14:06:28
http://www.h7.dion.ne.jp/~daimuro/images/tengyan-cover1.gif
http://www.h7.dion.ne.jp/~daimuro/gallery/tengyan00.jpg
てんぎゃんってどういう意味?

228 :天之御名無主:05/03/11 13:51:58
age

229 :天之御名無主:2005/04/02(土) 14:50:58
よくなくならないな、このスレッド。

230 :天之御名無主:2005/04/09(土) 17:58:54
熊楠たん火病ですか。

231 :天之御名無主:2005/04/09(土) 20:38:05
http://www.ryukoku.ac.jp/web/information05/kumagusu.html
結局、新発見の土宜法龍との手紙って何が書いてあったの?

232 :求道心:2005/04/09(土) 21:41:47
>>231
ほんまに!
じゃ八坂書房から出てる往復書簡集の増補版でも出るんかな?
熊楠研究第7号はもう製本中なので間に合わないが、8号ではぜひ研究成果の発表がなされることを期待。

233 :天之御名無主:2005/04/10(日) 01:22:29
昔、「なんぽうゆうなん」って読んでた

234 :天之御名無主:2005/05/16(月) 21:31:08
「熊」を「ゆう」と読めるだけエライな。
謡曲の「熊野」は「ゆうや」だが、ゆうやでは変換出来ない…。

235 :天之御名無主:2005/05/23(月) 19:58:00
裕也

236 :天之御名無主:2005/05/30(月) 02:14:56
乙。てんぎゃんアゲ

237 :天之御名無主:2005/05/30(月) 11:22:29
南方熊楠の「南島」研究がなぜ活字にならないのでしょうか?
作家の神坂次郎氏が大阪の古書店で「発見した」という例の
琉球から薩摩にかけての風俗研究文のことです。
その後、この貴重な文が埋もれてしまうのは、
甚だ勿体ない事と思って幾つかの出版社に問い合わせてみたのですが
はかばかしい結論は出ませんでした。
この文に就いて何か御存知の方が居らっしゃいましたならば、
是非とも御一報あれかし。

238 :天之御名無主:2005/05/30(月) 12:21:36
237番の追記です。
この熊楠の「南島」研究は、男色などの性風俗に
関する言及が多い極めて興味深いものでありますぞ。
色好い便りを鶴首致して居りますぞよ。

239 :天之御名無主:2005/05/30(月) 13:40:56
南方熊楠は歴とした男色愛好家ですよ。
衆道研究も彼自身の男好きのたまもの。
中年を過ぎてから妻帯して女色に堕してしまいましたが。
なんだか徳川家光の如き豹変ぶりではありますれど、
おそらく精力の衰えと関係があるのでしょうね。

240 :天之御名無主:2005/05/30(月) 14:58:40
>>237
とりあえず研究所に問い合わせてみたら?
市の方で出版してくれるかもしれん。

241 :求道心:2005/05/30(月) 21:42:04
>>237
神坂次郎が南方先生と沖縄の末吉安恭との交流について
一冊の本を書いているが、そこに希望のものがあるかどうか
わからない。

242 :天之御名無主:2005/06/02(木) 01:51:33
南方熊楠は南朝の子孫です

243 :天之御名無主:2005/06/02(木) 05:46:50
242番殿。
「南朝の子孫」ということは、後醍醐直系の末裔と
いう謂意かゑ?
して、その根拠は如何に。

244 :天之御名無主:2005/06/02(木) 09:47:43
>>237
おおむね、 >>241 が正解。
氏が古書店で購入したという書簡が全文掲載されている。
お好みの分野も、多少記述がある。

245 :天之御名無主:2005/06/02(木) 14:24:17
244番殿。
して、その書物のタイトルは何といふのでありませうか?
わらはにも教えてたもらぬか。
お願ひ申し上げる程に。

246 :天之御名無主:2005/06/03(金) 06:06:40
もうし、もうし。244番殿。
書名をお聞きいたして居りまする。
教えてたもらぬか。
これこの通り(と叩頭礼をする所作)。


247 :天之御名無主:2005/06/03(金) 06:56:13
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4884053044/qid=1117749302/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-9713813-4686740

248 :求道心:2005/06/03(金) 22:35:58
どちらかといえば、岩田準一との往復書簡の方が詳しかったりする。

249 :天之御名無主:2005/07/01(金) 05:56:11
南方熊楠は、やはり幕末に生まれたが故に男色に
深い関心を寄せたのでしょうか?
当時は薩摩に限らず、日本全国で衆道の伝統が続いていた
ので、彼が美しい若者に惹かれたとしても至極当然な事ですが・・・

250 :天之御名無主:2005/07/05(火) 11:29:02
彼の知識欲は「一切智」に集約される様に思う。
その纏めが南方曼荼羅ではなかったか・・・。

5月末に記念館と田辺の旧宅、松枝さんの出身である闘鶏神社へ行って来た。
旧宅は何か特別公開でもしていないと面白くない。
隣家が工事中だった。

男色については確認しようが無いが、かなり性風俗についても興味を持って
研究していたようなので、その内容の一つとして一般的通念とは異なる風習として
特に興味を持っていたと思われる。

彼の収集物を見るとき、得意な形状のものを特に興味を持って収集したことを
感じる。


251 :天之御名無主:2005/07/05(火) 12:03:47
> 隣家が工事中だった。

これがつまり、「顕彰館」ね。

252 :250:2005/07/05(火) 13:30:35
>>251
早っ!!
顕彰館なのか〜。工事現場のプレート読めばよかった。
バイクで行ったから良かったものの、クルマだと止める場所ないな。

闘鶏神社前の有料駐車場からタクシー使うか。

顕彰館が完成したらまた行こうと思う。
宿は白浜のエクシブ白浜に泊まったら、キレイで良かった。

記念館で本を買ったら、袋は「多屋孫書店(だったかな?)」。
これってあの多屋さんの一族なんでしょうか。

253 :天之御名無主:2005/07/28(木) 03:32:03
『十二支考』って、丑については何でないの??

254 :求道心:2005/07/28(木) 05:41:50
第二次大戦の物資不足で発表されず。
確か資料は集めていたと記憶しているが。

255 :253:2005/07/28(木) 08:42:05
>>254
なるほどー。
その資料群は無いの??
他人だと扱えないような状態だったりとか??

256 :天之御名無主:2005/07/28(木) 11:41:08
映画は子役が大人になってしまったため、撮るとしたら最初からウンヌンとの噂。
予告編(?)はおもしろそうでした。
テレビ朝日の深夜番組の地球TVの町田町蔵の特集の中の出演作の紹介で。
宴会で半裸で英語でスピーチで大ハマり。
森林を闊歩するシーンもハマってました。

257 :天之御名無主:2005/07/30(土) 00:12:14
『國文學』の熊楠特集(8月号)では四方田犬彦が、
今あるフィルムを編集してなんとかしろと書いてる。

258 :天之御名無主:2005/09/14(水) 00:00:37
ここって寂れてるね。

259 :天之御名無主:2005/10/29(土) 21:25:33
どのくらい書き込みがないと、
スレッドがなくなるの?

260 :天之御名無主:2005/11/16(水) 14:37:09
ゲスナー賞
http://www.yushodo.co.jp/gesner/

261 :天之御名無主:2005/11/22(火) 15:43:51
熊楠の男色相手は何人ぐらい居たのでしょうか?



262 :天之御名無主:2005/11/23(水) 10:36:10
熊楠の「十二支考」読んだ人います?

263 :天之御名無主:2005/11/23(水) 11:00:59
http://kei11.k-server.org/enter.htm

264 :天之御名無主:2005/11/23(水) 14:33:20
南方と柳田とどっちが偉い?

265 :天之御名無主:2005/11/24(木) 11:17:22
多くの人に研究内容を分かり易く広めたという点では、柳田のように思うが
常識に囚われない行動力と思考という点では南方、と思う。

偉いかどうかは「論文の数」「人物評」「個人の思い」「一般社会への還元度」
など、どう言い換えるかで変わるので、難しいですね。

266 :天之御名無主:2005/11/26(土) 05:18:44
南方の方が偉大に決まって居るぞ!!!
柳田は男道はもとより凡そ「性」に関する事象を避けようとした偽善者ぞ。
かかる小人物が何条以て熊楠に勝ることがあり得ようか?

267 :求道心:2005/11/26(土) 09:29:44
柳田の遠野物語は教科書に載ったりするが、南方先生の著作はたぶん載ることはないだろうな。文章としては、南方先生のほうが抜群に面白いのにもったいない。

どちらが偉いといわれても比べもんにならんでしょう。柳田はやはり日本国内だけの学者。確かに民俗学という学問の一分野を確立させたところは評価できる。しかし和歌山の田辺から世界向けて発信し日本人として一人で気焔を吐いた南方先生はあまりにも偉大だ。
日本の学者がヨーロッパに行き、行った先で「南方熊楠をしっているか?」と聞かれ、知らずに恥をかくといった逸話もあるぐらい海外での認知度は高かった。はたして柳田にそのような話はあるのか?

268 :天之御名無主:2005/11/27(日) 10:37:38
柳田でさえ熊楠には感服していたらしい

269 :天之御名無主:2005/11/27(日) 11:12:02
結局ケンカ別れしたみたいだけど。
サンカは存在する(柳田)、そんな者存在しない(南方)が原因なのかな。

270 :天之御名無主:2005/11/27(日) 12:10:04
熊楠は大英博物館に勤めてたから、英国で評価されているのは当然。
柳田との確執は神社合祀がきっかけジャマイカ

271 :天之御名無主:2005/11/27(日) 14:17:18
わざわざ昭和天皇が逢いに来たほどの人物だぞ。偉くないわけないだろ。

272 :天之御名無主:2005/11/27(日) 17:46:55
熊楠マンセ

273 :天之御名無主:2005/11/27(日) 19:39:31
熊楠の「男道」相手は何人ぐらい居たのでしょうか?
もちろんプラトーン風の天上愛も含めてですが・・・




274 :天之御名無主:2005/12/01(木) 08:44:58
>>271
昭和天皇が句を読んでたな。

雨にけふる神島を見て紀伊の国の
            生みし南方熊楠を思う

275 :天之御名無主:2005/12/01(木) 15:39:10
熊楠の「男道」相手は何人ぐらい居たのでしょうか?
もちろんプラトーン風の天上愛も含めてですが・・・

返答を待って居りますぞよ。




276 :◆efCnjqFIg6 :2005/12/01(木) 17:54:52
和歌山在住
熊楠博物館に行った事のある俺が来ましたよ。

認知度はイマイチじゃないかな?
あぁ居たなそんな人 みたいな。
ドクター中松的な扱いだな。案外そんなもんじゃね?
当たり前過ぎて有り難さが解らない。

彼の偉大さととんでも無さは知ってるがな。
行けば解るよ。
地元の人なんて学生位だった。

外の評価が高いってのはマジだな。

余談だけど
花岡青洲も同じような感じだった

277 :天之御名無主:2005/12/01(木) 20:57:22
「熊楠博物館」

初耳だ。ていうか、白浜町の記念館のことじゃないか、それ。
田辺市の「顕彰館」なら、まだ始まってない。

和歌山市の人は、自分とこより南は和歌山と思ってないとかいうが、
こういう状態なのか…

278 :天之御名無主:2005/12/01(木) 23:12:42
田辺の人間も大阪にはよく行くが和歌山市に行政・仕事絡み以外で行った人間は少ない。
鉄道の終点が大阪だし、和歌山市自体が自動車社会なので鉄道客には不便。
>>277和歌山市はど田舎県の顔よりも大阪のベッドタウンを選択した街だと思う。

花岡清州の子孫は明治以降没落して今は北海道で医者をやってると聞いた。

田辺で熊楠の女遊びの話は聞いたのだが本当かどうか分からない。
今では歓楽街で無いあたりが出るところ、ひょっとして?とも思う。

279 :◆efCnjqFIg6 :2005/12/01(木) 23:15:42
訂正サンクス
随分前だったからうろ覚えだ。
スマン、つーかすいません。
もう一度行ってみたいんですが、受験前なんで…

南と北の精神的対立は凄いですよ?
白井辺りは真ん中なんで微妙ですがね

話が逸れましたが、熊楠自体は社会の授業で触れるか触れないか位で、今の子は知らないかも知れませんね。
記念館に行けば大体の事は吹き込まれますよ?
有名な話ばかりですが、ファンなら是非訪れるべきかと

280 :天之御名無主:2005/12/08(木) 09:32:23
うん、顕彰館は楽しみにしている。前回の訪問時はまだ工事中だった。
奥さんの実家だった闘鶏神社も比較的近いね。タクシーで10分くらいかな。
記念館の屋上はなかなか気持ち良いね。

和歌山駅近くの世界一統も外だけ見てきたよ。(本人との関係は薄いけど)
俺は研究内容よりも、その生き方、ものの見方が好き。

281 :天之御名無主:2005/12/09(金) 00:22:00
熊楠の「男道」相手は何人ぐらい居たのでしょうか?
もちろんプラトーン風の天上愛も含めてですが・・・

返答を待って居りますぞよ。




282 :280:2005/12/09(金) 12:50:38
>>281
熊楠の研究者からの返事があるといいですね。

私が読んだ数冊の一般的な書籍からは、一人しか出てこないように思いますが、
彼は変な物が好きなので、ひょっとしてその一つとして研究した可能性もあるのでは
ないかなぁ・・・と想像してみる。

楽しい人ですね>熊楠さん

283 :天之御名無主:2005/12/09(金) 13:54:21
余の知っている限りにても数名の男色相手が居るぞよ。




284 :天之御名無主:2005/12/11(日) 09:45:18
女性はほんとに生涯で一人だったんだろうか…

285 :天之御名無主:2005/12/12(月) 12:55:25
当たり前ぢゃ!
熊楠が他のオンナと寝る訳が無いぞよ。


286 :天之御名無主:2005/12/16(金) 00:17:13
宗像伝奇は南方熊楠のモジリですか?

287 :天之御名無主:2005/12/16(金) 23:33:44
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/candy/1133614489/9

288 :天之御名無主:2005/12/20(火) 02:30:18
田辺に実家と呼べるものがある俺が来ましたよ
俺のひいおばあちゃんが小さい頃、熊楠の評判聞いたことあるそうな(実際見たことは無いらしい
「変人」だって。うん、分かりやすい
後、よくフンドシ一丁で山登ったりしてたんだそうだ

後、既出ならスマンが三木しげるの「猫楠」って漫画マジお勧め

289 :天之御名無主:2006/01/03(火) 02:51:06
俺の祖父は『熊楠』と同じ名字で、しかも故郷も和歌山の田辺らしい・・・
もしや・・・血の繋がりが・・・あるのか?
しかもしかも俺の従姉妹は、『熊楠』に似ている・・・
これって結構すごい・・・!?



290 :求道心:2006/01/06(金) 21:01:09
注文していた英文論考ネイチャー誌篇が到着。やっと拇印考が読める。
後は、ノーツ&キュリアース篇の発行を待つばかり。「丸」が読める日も近い?

291 :天之御名無主:2006/01/07(土) 12:32:05
>>289

>俺の祖父は『熊楠』と同じ名字で、しかも故郷も和歌山の田辺らしい・・・

熊楠自身は和歌山市から来た人で、結局田辺に係累はいなくなったので、おじいさまが
どちらから田辺に来られたかが興味深いところ。

>俺の従姉妹は、『熊楠』に似ている

それは、…幸せなことなんでしょうか…
すごいとは思うが。

292 :天之御名無主:2006/01/12(木) 10:53:30
>>291
南方という名字は、熊楠の父が和歌山市で入り婿になったときの名字じゃなかったか?
で、熊楠の父の出は、日高川沿いじゃなかったか?

293 :お前名無しだろ:2006/01/12(木) 16:14:06
詳しい方に質問です。

アリの研究をしていて、金玉を出したまま庭に座りこんで
アリが金玉にたかるのを待ったそうですが・・・何の本に出てますか?

水木しげるの「猫楠」ではチンチンのサオにアリがもぐりこんで大騒ぎしてましたが、
あれも本人の著書にそういう記述があるのでしょうか?

教えて君ですみません

294 :求道心:2006/01/14(土) 11:44:56
>>293
蟻の話は、南方先生と親交のあった不世出のジャーナリスト
宮武外骨が発行していた同氏初の日刊誌「日刊不二」の田辺
通信というコラムに出てる。読むなら、平凡社版全集の6巻を
みれば載ってるので。

尿道に入ったのはダニだったと思うが・・・何に載っていたか
まではちょっと思い出せない。日記か弟子宛の手紙だっだ
かなぁ〜。今、会社から指定されている資格試験が近く、
ちょっと調べている暇が無い。ごめんね。

295 :天之御名無主:2006/01/20(金) 12:38:30
山内忠義の衆道史譚には如何なるものが御座居ますかな?
是非とも教えて戴き度う御座ります。









296 :天之御名無主:2006/01/26(木) 10:44:52

マルチか・・・

297 :天之御名無主:2006/03/11(土) 05:10:19
保守

298 :天之御名無主:2006/03/11(土) 14:46:24
英語論文がまとめて出版されますな

299 :天之御名無主:2006/03/19(日) 19:47:14
http://www.agara.co.jp/DAILY/20060319/20060319_005.html
ニュース載ってました。

300 :天之御名無主:2006/03/20(月) 07:53:17
重ねて問う。
山内忠義の衆道史譚には如何なるものが御座居ますかな?
是非とも教えて戴き度う御座ります。



301 :天之御名無主:2006/03/23(木) 11:51:21
回答が無かったのは、知らない、という回答だと思って欲しい。

302 :天之御名無主:2006/03/23(木) 13:34:08
http://dl2.n1e.jp/DATA/MOVIE/1140722907/1140722907.jpg
大ニュース

303 :天之御名無主:2006/03/25(土) 07:20:04
水木しげるの猫楠よんだ

304 :天之御名無主:2006/03/27(月) 20:08:34
あんなモッサリした漫画と南方熊楠の実人生を一緒にして呉れる勿かれ!





305 :天之御名無主:2006/03/28(火) 12:05:03
いやー、画風はともかくとしてさ、人間界と霊界の境目を見ているようなとらえ方は
熊楠の一面を正確に見ているように思ったよ。

実際に話すと、すごく楽しい人だったらしい。
彼の実人生って、いろいろやっているけど気難しい生き方はしていないよね。

306 :天之御名無主:2006/03/30(木) 04:35:12
原田健一『南方熊楠』かった

307 :天之御名無主:2006/03/30(木) 21:52:11
あのモッサリした漫画には、
南方熊楠の人生で最も大事な「男色・男道」が
キチンと描かれていなかったゼッ!!!!!!




308 :天之御名無主:2006/03/31(金) 09:53:49
お前の狭隘な価値観を押しつけられる義務はない。

309 :天之御名無主:2006/03/31(金) 12:24:54
>>307
そんなにこだわるなら、自分で調べて書いたら?
もしくは別の書籍で研究したら?

一冊の本で全てを語りつくすのは難しいことくらい分かるだろうに、それを
自分の興味の範囲が書かれていないとギャーギャー騒ぐ・・・。

漫画しか読めないわけでもないだろうに、別の本調べて買いな。

とらえ方は人それぞれだけどね、あの漫画の連載は少年誌じゃなかったかな。
ちょっと話題として書きにくいし、作者が特に重要視しなかったのだろう。

310 :天之御名無主:2006/03/32(土) 08:43:11
>>309
とすれば、この漫画なぞ無価値ぢゃ!!!
テメエと同様にナッ!!!!!!!!



311 :天之御名無主:2006/04/02(日) 17:26:40
>>310
ああ、ホントに漫画(まんが)しか読(よ)めない人(ひと)だったんだ。
ごめんごめん。

312 :天之御名無主:2006/04/02(日) 17:52:18
くだらん煽りするなよ。

313 :天之御名無主:2006/04/19(水) 23:26:06
十二支考(上)ゲット。

314 :天之御名無主:2006/04/24(月) 02:32:11
熊楠ふぁんは現代語訳をされていないのを読んでるんすか
さっぱりです

315 :天之御名無主:2006/04/26(水) 07:53:16
ここはド白痴ばかりのスレのようだナッ!!!
テメエらド変態の痴愚魯鈍ども!
サッサと死に腐れーイッ!!!!!


316 :天之御名無主:2006/05/15(月) 14:09:32
南方熊楠もそうだけど、1867年生まれの有名人は多いね。

317 :名無し募集中。。。:2006/06/07(水) 01:36:25
当たり年やね

318 :求道心:2006/06/09(金) 22:01:50
熊楠研究がどうも8号で最終となる様子。悲しいね。刊行が遅れていて、まだ出版されへんけど。

319 :天之御名無主:2006/06/14(水) 09:49:17
何で8号で終いになるんや?

320 :天之御名無主:2006/06/14(水) 12:34:30
昨年91才で亡くなった祖父が、若い頃熊楠本人に会ったことがあったそうな。
当時林野庁(?)に勤めていて果無山脈の山中生活だったのだけど
そこに研究のためしばらくの間滞在していたらしい。
本当に家ん中ではすっぽんぽんだったって笑ってた。
真面目な話をちんぶらぶらさせながらするのがおかしくって・・・って。


321 :天之御名無主:2006/06/20(火) 23:40:48
そやから何で8号で終いになるんや?

322 :求道心:2006/06/21(水) 21:08:52
やっと熊楠研究8号到着。
今回が最終号になる理由は不明。おそらくは、購入者が予想より少ないからではないかと思う。1号は完売だが、2〜7号はまだ在庫がある様子。つまりは、資金不足が原因では?
後、考えられるのは他の投稿者が少なく、今一盛り上がらなかったのも一因と思料。

323 :天之御名無主:2006/06/22(木) 07:10:12
勿体ない話やナア。

324 :天之御名無主:2006/06/29(木) 00:07:35
7743Z9rMuI <= #r/1qJX!A
7SI3qB5KWc <= #*k{^^6e=
7si3lqU.tk <= #Isf/_mC@
7shiM9blQg <= #:sfk7_j'
7shiQHid/2 <= #%:(/!4ni
7SHIZ65mJM <= #p?0'-)@e
7SI3fiFKYo <= #9,ywh=~)
7743wl00G. <= #u7])L]0u
7si3zSmkYA <= #6;8g`6_C
7SI389Sfik <= #6~q,2st/
7743fxrpj. <= #ja#]c.cc
7si3oP1RHE <= #ieB^!q%-
7SHIpMGApc <= #U2,MD0NC
7shiswNIDQ <= #Cn&p]Eg~
7si3iClfdE <= #)C`.yNzR
7Si3pEg6T2 <= #\|]k-fR!
7si3YCzyUg <= #U-l?c8Ec
7si3geJIMI <= #Qw1MBc2g
7SHIDhU28w <= #4VRBpksY
7Si3Mm13o. <= #7K5edRzL
7Si3dmUd62 <= #ggJ!$,fG
7SHIWlZdxc <= #7yr#_\Y8
7743WPQJeA <= #+2Usah@Z
7Si33WkCYU <= #JI?HbXki
7Si3dLDyPE <= #PVKAyx{d
7shiq6jWGw <= #m;1[*fKQ
7SHIIRuHt. <= #Pav_HPTF
7shiOK/mhM <= #|P'-&o@/
7Si3KXcni. <= #}QwV#loc
7743YRx4.Y <= #]Qw_Vc`R
7743RMBIsw <= #xcP5-'gP
7shiVVMerE <= #SY#*\Qre

325 :天之御名無主:2006/07/11(火) 20:59:31
ほんまに勿体ないナァ!



326 :天之御名無主:2006/07/17(月) 05:38:35
JOJOの荒木が南方熊楠英文論考 読んでる写真がSBRのカバー写真に

327 :天之御名無主:2006/07/18(火) 20:20:40
>>326
なんのことかちっとも分からないので教えて下さい。
SBR ってなに?

328 :かつての初カキコ:2006/07/22(土) 15:03:22
>>326
おいらもみたよー

>>327
スティールボールラン JOJOの最新作です。

329 :天之御名無主:2006/07/22(土) 15:05:38

「百本目の蝋燭が消えたとき......何かが起こる!?
全ては霊の仕業?それとも......あなたはこの恐怖に耐えられますか?」


あなたの胸にひっそりと眠る、忘れられない記憶、不思議な体験。
今宵、あなたも語ってみませんか?
百話目を語るのはあなたかもしれません。

2006年7月22日(土)23:00〜 『百物語』 オカルト板にて開催

詳しくはhttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1153371115/にて

330 :天之御名無主:2006/07/23(日) 01:24:24
水木 
諸☆ 
☆野 
大塚

こいつら以外 マンがなんてよまねえのか ここの住人は

331 :天之御名無主:2006/08/01(火) 20:41:59
鶴見和子さんの訃報に接し、
謹んで哀悼の意を表します。

332 :天之御名無主:2006/08/20(日) 11:15:26
話題は変わりますが、質問があります。
法然の弟子で後鳥羽院の寵姫と密通したとして羅切された
のは誰だったでしょうか?
遵西ひとりだけだったのでしょうか。


333 :天之御名無主:2006/09/04(月) 13:05:08
小早川秀秋が片倉小十郎の尻を追いまわしたという衆道史話の出典を
教えて頂き度く存知まする。
文献名と典拠となった箇所(章、節、段、等々)を包まず御教示下さりませい。
よしなに頼み参らせます程に。
これこの通り(と拝礼する所作)。

334 :天之御名無主:2006/09/09(土) 17:36:52
柴田勝家が信長から
衆道に血道を上げぬように
と忠告されたという史譚の出典は
何という文献でありましたかのう?





335 :天之御名無主:2006/09/11(月) 05:33:13
来週9月17日日曜日深夜
NHK 02:00 ウイークエンド・ジャパノロジー 「南方熊楠」


336 :天之御名無主:2006/09/18(月) 14:28:59
↑台風情報のため、結局放送取りやめ。

337 :天之御名無主:2006/09/19(火) 13:22:46
再放送はいつ?

338 :天之御名無主:2006/09/20(水) 19:29:15
これって、オリジナルの国際放送は英語版だけだったんだろうけど
(ピーター・バラカンの英語はなかなかかっこよかった。
生命学というより宗教のヒトになっちゃった彼女はともかく)、
地上波は二カ国語放送らしいんだよね。
是非再放送実現を希望。

339 :天之御名無主:2006/09/20(水) 21:24:12
↑と思ったけど、南方の会は放送取りやめが決定みたい。
http://www.nhk.or.jp/nhkworld/japanese/japanology_j.html

340 :天之御名無主:2006/09/21(木) 08:50:42
なんで取りやめになるのぢゃ?


341 :天之御名無主:2006/09/21(木) 12:06:45
再放送希望

342 :天之御名無主:2006/10/13(金) 21:44:26
鶴見和子さんを偲ぶ会
2006年11月20日(月)
http://www.fujiwara-shoten.co.jp/inform.htm#%230611_turumi

343 :天之御名無主:2006/10/23(月) 11:01:37
昨日の読みうt利にあたけど
上のの科学博物館で「森羅万象の探求者」て企画だよ
11月26日まで 月曜休み

344 :天之御名無主:2006/11/15(水) 18:19:40
天狗age

345 :名無し募集中。。。:2006/11/19(日) 23:04:21
ミネルヴァ評伝選発売記念age

346 :天之御名無主:2006/11/21(火) 12:02:23
↑宣伝やめろ。日本史板にミネルヴァスレまで立てやがって。
削除依頼出すぞクソ社員め。

347 :天之御名無主:2006/11/24(金) 17:40:50
ミネルヴァ日本評伝選について語る
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1162209923/l50

のことなんだろうけど、社員とか宣伝とか臆断で叩くほどのことか?

348 :天之御名無主:2006/11/24(金) 20:27:26
社員乙。

349 :求道心:2006/11/26(日) 08:11:49
今、NHKをみたら、熊楠先生の自筆日記(ダルに取り付かれた話)や妖怪の話が・・・

350 :天之御名無主:2006/11/26(日) 09:43:45
>>349
NHK サイトの番組表見てもよく分からなかった。
26日午前の、どの番組のことですか?

351 :求道心:2006/11/26(日) 18:39:18
>>350
本日朝8:00〜関西もっといい旅「伝説いざなう妖怪の里・那智勝浦町」
たまたまテレビをつけたら、ダルに取り付かれた日記の画像が出た。有る意味ラッキーかな。

352 :天之御名無主:2006/11/27(月) 03:16:00
関西ローカルっぽいね
その番組。。。

353 :天之御名無主:2006/12/24(日) 21:34:01
南方熊楠忌は 12/29 です。

354 :求道心:2006/12/26(火) 20:51:19
今、十二支考を再読(もう何回目になるのやら)。
やはり面白すぎる。
なんでか干支が変わるときにはどうしても読みたくなってしまう。

355 :北方です:2007/01/07(日) 13:50:59
南方熊楠さんってカッコイイね〜

73 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)