5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

私はサンカ系?

1 :孤児:2001/06/04(月) 15:08
私の出身は三重の藤原・鈴鹿山脈の麓の部落です。
町名が「さざらい」というのですからサンカでしょうね。
親族は長身で色白で毛深く日本人離れしているので、
昔から、私は変な視線をを受け育ち、母は結婚差別を
受けたとか(内容は語らない)。下の記述はその根拠と
なるでしょうか?


 一帯を開いたのが藤原氏の後裔だったから藤原と名付けられたと考えるのが自然だが、調べてみると、藤原岳の名の方が古いと思われる資料も多い。
 藤原氏は「源平藤橘」四姓の実質筆頭であって、日本史上、最大の祖姓である。私は、4〜7世紀頃、天皇家の先祖とともに朝鮮半島から集団でやってきた鉄器と騎馬文化をもった民族の後裔と考えている。彼らは九州北部〜若狭に至る山陰地方に上陸して拠点を置き、九州・山陽道・関西・東海道に強大な勢力を広げ、米作文化をもたらした中国江南系の先住弥生人と激しく争いながら権力の主導権を奪い、円墳を遺した弥生人系ヤマト王朝から、方形墳を遺した騎馬民族系大和王朝に権力を移し変えた。その血筋は、一貫して天皇家とともに日本の貴族・武家支配階級の本流にあった。
 だが、藤原氏の祖とされる中臣鎌足が、高千穂降臨の案内役たる猿田彦命の随臣の第23世子孫と称したことは、藤原氏の出自に微妙な陰影を与えている。「大化改新」に大功のあった鎌足は、669年、天智天皇から居住地の奈良県高市郡藤原の地名をとって「藤原」姓を与えられ、これが全国の藤某姓の発端となった。
 藤原以外にも藤のつく佐藤、伊藤、近藤、武藤、斉藤、藤井、藤田、藤村、また黒田、落合、星野などの姓も藤原氏の変姓と考えられている。いずれも日本史に頻繁に登場する最大級の姓名で、武家の先祖は大抵、この一族に行き着くのである。
 かつて、私の仕事先に二之湯さんという珍しい名字の方がいて、出生地を聞いてみると藤原町であった。員弁街道沿いに同名の酒屋があった。この方は港でトラック運転手をしておられたが、風貌は人品骨柄卑しからず、濃い眉、優しく大きな目、エラの張った堂々とした人相で、剛胆にして沈着、まさしく古武士の風格をもった方であった。
 過去に、私は藤原氏の子孫とされる遠州の京丸藤原氏や平泉藤原氏のご子孫も拝顔したことがあるが、いずれも上に書いた特徴をもち、古武士を連想させる風格をお持ちであった。天皇・秦氏・紀氏など騎馬民族・貴族系の人相は薄い眉、切れ長の一重瞼が特徴なのだが、私の知る藤原氏の後裔と思われる人々は、どういうわけか目が大きい二重瞼の人が多く、天皇系の血筋の外見的特徴と似ていない。あるいは蝦夷の血が入っているのであろうか。

2 :りーまん:2001/06/04(月) 16:01
四日市市Y町ですか? 私の三重の出身なんで。
確かに山間の谷に存してますね。
素麺がおいしいところではなかったかな?
江戸時代より蕃がよく変わる集落ですよね。忍蕃、桑名蕃、
幕府直轄、化粧領とも言われた(この意味はわからん)


3 :酸化に会いたい。名古屋人。:2001/06/13(水) 18:07
賛歌みたいな人の噂を聞きました。
全然関係ない話ですが、聞いてください。
鈴鹿市北部に、四日市市と境を接する町で国分町と言うところがあります。
ここに十年以上も前から、ビニールテントを張って住んでいる一人の老人がいます。
彼は日雇い労働者ですが、竹篭細工が得意で、数千円で近所の人に作ってあげてるそうです。
噂ですが、かなり確かです。
詳しいことは、国分町の田中理容店の店主さんに聞いてください。
店に竹細工があります。

4 :俺は百姓の伊藤:2001/06/13(水) 20:53
思いっきり朝鮮顔だ。

5 :天之御名無主:2001/06/16(土) 12:17
でも、山窩って、定住しないんじゃないですか?
いつき山窩はそんなに古くないはずでは?その集落が江戸時代からあるとすれば
違うんではないでしょうか? 間違ってたらすみません。

6 :天之御名無主:2001/06/16(土) 18:42
山窩かどうか分かりませんが・・・
養子にきたという父方の祖父の実家に連れて行ってもらっことが一度だけあるのですが、とんでもなく山奥の集落で皆同じ姓(私の家とは違う姓でした)で親戚だったと記憶しています。
小学生の低学年(たしか2年生の夏)だったこともあり細かいところは思い出せないんですけど、当時住んでいた町から車で1時間離れた町を流れている川の支流をかなり遡って行くと、谷間の
支流に沿ってその集落がありました。
それぞれ山奥の集落とは思えないくらい立派な家でした。
当時私の住んでいた町には親戚も多く住んでいて、私の家が本家と呼ばれ、もう一軒、元本家と呼ばれる家があったのですが、どちらも男子が絶えると前述の集落にある家から養子をとっていたようです。
特に印象的だったのが、その集落の親戚が遠く離れた山梨のやはり山の中にいるという話です。
その詳しい場所は忘れてしまいましたし一度も行ったことはないのですが、当時は車で行けないような所だと聞いた記憶があります。

これは山窩と関係があるのでしょうか?

7 :6:2001/06/16(土) 20:49
書き忘れましたが、私は長野県出身です。
私は母に似たのか170センチそこそこですが、祖父、父、叔父、叔母、弟はみな長身です。
他の人と比べて特に毛深いとは思いませんが、顔の彫りが深いとよく言われます。


8 :名無しさん:2001/06/21(木) 17:03
サンカ(山の民)と呼ばれる人々の出自由来に
ついては、最近もさまざまな研究がなされているようです。
 従来民間に喧伝されているような、縄文以来の原日本民族ではなく
一種の被差別民だったようですが・・・。わたしも三角寛氏の書などで
抱いていた多少のロマンが、最近少々こわれつつあるところです(^^;。
 こちらが詳しいようです。↓但し膨大です。
ttp://members.tripod.co.jp/Accord/BIGLOBE/sanka.htm

9 :天之御名無主:2001/06/21(木) 17:14
あのぉ、小泉純一郎総理大臣は山裔だと噂で聞いた事があります。
ほんとでしょうか?

10 :8:2001/06/22(金) 13:53
あ、なんか別スレで超がいしゅつだったようですね。。。(上のサイト)
はづかし・・・スマソ。

11 :にゃ?:2001/06/23(土) 03:13
あげはちょう

12 :天之御名無主:01/10/26 23:33
登山板で
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/out/1003549026/

13 :天之御名無主:01/10/27 00:22
私もサンカには興味を持っています。私は平氏の落人の出身なのですが、このことの為に何百年も山に篭りきりの部落となっておりました。
私の村には神社があって、平氏の祖先を祭っています。
瀬戸内海にも近いせいもあって、私は海が大好きです。山の民と海の民という言葉があるのなら、私は海の民だと思います。
私の村の人間はみな、同じ風貌をしていて、他の部落からはすぐそれとわかるそうです。

14 :天之御名無主:01/10/27 00:26
わたしのチンポはサンカの特徴をもっていて、カリのエラがとても張っています。
最近は黒人のように黒くなってきました。
毎日、女のあそこを突付いて愛液まみれになっています。

15 :私はサンカ:01/11/26 22:48
13>平家落人といっても、侍の敗者などもありますが、東北から
 俘囚として強制移住された「日本人」が多いようで、東北以外で
は別所の者といいます。地名は別所だけでなく、色々あります。
 この板では無理でしょうが苗字と地名が分ればおおよそ判定できる
場合もあります。おおよその地名は?平氏の祖先?同じ風貌とは?

16 :私はサンカ:01/11/28 23:04
2>瞼は大切です。『シーボルトと日本』の手書き図に一重瞼や二重瞼
 により、先住民、中華系、朝鮮系、南方系の区別をしています。
知人にはそのプロがいて、瞼の下がり具合で日本にいる高句麗、新羅、
百済、渤海系などの区別をしてました。『サンカ選集』にも子供の顔
写真があります。ただし、瞼は17〜18歳までで、それ以外は変形
することもあり、当てにならない事が多いです。瞼以外にも判定基準
があります。漢人と百済人の系統は相当はっきりすることがあります。

17 :私はサンカ :01/12/02 21:11
1>この引用文はどなたの文でしょうか。どの本にあるのでしょうか?
 ほっておこうかと思いましたが、気になります。いい加減さや偽りが。

18 : :01/12/09 16:42

沖浦 和光『幻の漂泊民・サンカ』(文芸春秋社、2001年11月25日、)
http://bunshun.topica.ne.jp/search/html/3/57/94/4163579400.html

19 : :01/12/09 16:56
>>18について、中国新聞の記事より

かつて山野を漂白し、サンカと呼ばれた人々がいた。比較文化学者の沖浦和光・桃山学院大学
名誉教授は、最近の中国地方での調査から、なぞに包まれたその実像に迫る著書「幻の漂白民
・サンカ」(文藝春秋)を出版。近世末期に飢饉で荒廃した山村からの流民を起源とする仮説
を明らかにした。

20 :木地師か?:01/12/20 22:03
6>恐らく木地師でしょう。しかし小倉姓など苗字が分っても、木地師で
なくサンカかもしれません。居付きサンカも木地師として戸籍登録をし
ますので判別は難しいのです。個人情報wを上のメールに下さればある
程度の事はお知らせできます。木地師の風俗は鳩椋十の「サンカ調」と
つく小説を精読して下さい。

21 :-:01/12/20 22:48
うちは山奥じゃないが、思いっきりじいちゃんが濃ゆーい顔しとったぞ。
縄文か弥生っていったら弥生顔。朝鮮人には絶対いないタイプ。
あえていうなら東南アジア?でも肌の色は白かったそうだ。私も白い。
外人かと思った。でも先祖代代遠州っコ。なんじゃらほい。

22 :天之御名無主:01/12/21 11:49
なんのこっちゃ?

23 :天之御名無主:01/12/21 12:03
>>21意味不明だぞ。

24 :天之御名無主:01/12/21 23:24
夏目さんって名前は山窩ですか?

25 :天之御名無主:01/12/27 19:11
24>夏目雅子は百済系。
 理由は胸より下でなく上を見て下さい。
 漱石もそう。でも彼は自分を知らなかった。

26 :ヒロヒトラー天皇:01/12/27 21:59
朕は国家なり。

27 :ヒロヒトラー天皇:01/12/27 22:00
チョンと入り組んだ関西人よりはいいだぴょーん

28 :天之御名無主:02/01/06 03:42
先月号かその前の号の部落解放同盟の機関紙に
サンカ特集やっとるどえ。
サンカの人のインタビューものっとる。

29 :ひでよし:02/01/06 09:56
『部落解放 11月号』の「漂白に生きた人びと」ですね
僕もそれを読みました

沖浦和光氏は松平定信の『宇下一言』という自叙伝に

「天明のとし、諸国人別改められしに、まえの子のとしよりは、
諸国にて百四十万人減じぬ。この減じたる人、みな死にうせしには
あらず、ただ帳外れとなり、又は出家・山伏、又は無宿となり、又は
江戸へ出て人別にもはいらず、さまよいありく徒と成りにける」

とあることから、これらの「さまよいありく徒」の中から、「山野河川に
臥して瀬降り生活を営む「サンカ」が生まれたのではないか」という
説を書いておられます

30 :訂正です:02/01/06 09:58
「漂白に生きた人びと」 → 「漂泊に生きた人びと」

31 :天之御名無主:02/01/28 15:49
age

32 :天之御名無主:02/01/28 16:00
>>30
今更だがワラタ<漂白に生きた人々
クリーニングみてーだ

33 :ひでよし:02/01/28 16:57
言い訳をするわけではありませんが、「漂白」と「漂泊」って、
よく間違えませんか?もしかして、僕だけですか?

まあ、その話はこっちに置いといて、

沖浦氏は「サンカ」という語の初出が安政2年(1855)に広島藩の
文書であり、それ以前には山中を漂泊し、竹細工と川魚漁を生業と
するような存在が記録として見られないことを指摘しています
幕末期には度重なる飢饉のために都市へと流入する「にわか非人」
が急増したといわれていますので、その一部が山中へと逃散したと
いう可能性は高いと思います

しかし、「サンカ」が発生するより以前から、竹細工や川魚漁を生業と
する者もいたはずですし、山中へと逃散しても生活に適応できたのか
など、不明な点も数多くありますので、即断はできません

34 :天之御名無主:02/01/28 18:17
サンカには天皇より古い、宗教体系があるみたいなの!
もう一つのスレヲ見てチョ。

35 :天之御名無主:02/01/28 19:02
古来「鬼」と呼ばれた人たちは関係してるのでしょうか?
吉野の国栖とか葛城(土蜘蛛)とか..

36 :東沢美史:02/01/28 19:14
>>1の孤児さん、はじめまして。
去年からあなた様の書き込みを何度も読んでいて何らかのヒントに
なればと思って書かせていただきます。

私の家は東北安部家を祭祀するウズメ(サンカのようです)の信仰者です。
八幡太郎義家と戦ったこの安部一族の血筋に平泉藤原氏があります。

この地区の方は背丈があり、色が白くて目が大きいなどの特長はあります。
また、そういう方は一般イ多くいます(私自身はそうでないけど)。

鈴鹿近辺と奥州平泉藤原氏の地域と歴史的に人の交流はありましたし、
信仰の面でいえば明治の頃ですが私の家でさえありました(伊勢参りだけじゃなく)。
三重では大おじは車引き、大おばは巫女の口寄せの世話などの仕事してました。
その前から東北と三重県、私の家の場合鈴鹿の南のほうですが
そちらには受け入れる態勢があったのではと思います。
それが、部落とかサンカとか正確にはいえませんが。

また私の町など忍者の屋敷や地中に深くトンネルが
中世のお城に掘り廻らされてるところが多くある地区でして
伊賀の忍者との関係はありそうなんで関連調べたいとおもってます。

特に地元では今でも芭蕉の立ち寄った地をめぐって激論を交わす人が多
いのですが、芭蕉は伊賀の忍者だから仲間のいた地域を、朝廷に歯向かった
平泉をヒイキしたなどという考えを持つ人が東北では多いです。

それから>>33のひでよしさんの書き込みが気になりますが、
私のウズメ仲間の多くの信仰者は修験が禁止になった【廃仏毀釈】や
そのずっとあとの住みついた山々の御神域やお堂から追出される
【神社合祀令】が「サンカ」のように漂泊するようにになった
一番の原因だとおもっていました。

でも、サンカ関連の書籍を読む限り、サンカの発生に
「廃仏毀釈」や「神社合祀令」を原因とするような記述は読んだことが
ないので私共の地域だけかもしれませんが。

それでも、しかしなんですが、
三重県の場合は平成の今でも柳田や熊楠などの書籍の
出版があるように、この神社合祀令あたりを郷土史の文献などを参考に読めば
あるいはヒントがでてくるのではないでしょうか。

自然のめぐみを抱える豊かな山々のご神域はサンカが自由に生活できる
広大なものでありました。
しかし日本の府県で一番厳しく神社合祀令という名の、山に自然に住んでた
人々の追出し政策が行なわれたのが三重県でした。
一般にサンカ研究では触れられていないようですが、鈴鹿にいた、おお伯母の
話しから三重県の特殊な歴史事情もあるかとおもいましたので・・・。

37 :天之御名無主:02/01/28 22:19
>>33
ワラタってのは2ちゃんでは基本的に褒め言葉だから言い訳せずに素直に喜んでおいた方がいいと思うよ、
たといそれが変換ミスでも

38 :ひでよし:02/01/29 09:48
せっかくレスしてもらったので、返事だけはしておこうかなと
思っただけですので、別に気にしているわけではないんです
沖浦氏の説の続きを書いておいたほうがいいかなと考えて
いた時でしたので、いいきっかけになりました
(なんか、言い訳してるみたいだな・・・・)

まあ、その話はこっちに置いといて、

文久3年(1863)に備後国恵蘇郡で郡内の村に宛てて出された
「盗難防止のため見廻り組を作りさんかの者の追払いヲを命ずる
書付」が残されています

そこでは、最近は盗難が頻出しているが、それを捕まえてみれば、
「何れも山家之族」であったとし、見廻りを強化して「見当り次第」に
捕まえて調べることを命じています
それに続けて「山家」となった「無宿者」は、「所業之善悪ニ不相拘
男女老幼無差別坊主ニいたし、元来之坊主ハ両眉剃落」ようにと
命じています

39 :ひでよし:02/01/29 09:55
@「山家」が盗賊と同一視されていること
A「無宿者」が「山家」になったと考えられていること
B「男女老幼」とあることから、性別、年齢が幅広い集団であること
C「元来之坊主」とあることから、僧形の宗教者も含まれていること

これらの点に注目するべきなのではないでしょうか

40 :備後国:02/01/29 13:52
文化文政期、尾道で財をなした豪商に「灰屋」がある。当家は金融業として
知られているが、他家に先んじて文人墨客をもてなした。頼山陽、田能村竹田
と密に交流のあった、橋本竹下は特に有名。菩提寺は遊行で知られる時宗。

灰小屋、橋本旅館(橋の下)、竹細工、旅の文人、遊行の僧とサンカのキーワ
ードとの関連が多いのに驚いています。

41 :天之御名無主:02/01/29 23:22
21>>一説に東南アジヤ経由で日本に入った古代ペルシャ・イスラム系
というもいわれます。目がパッチリで色白で、美男美女が多いとも
聞きます。本来出雲族も朝鮮半島経由で入ったとの説もあります。天の
日槍を祀る新羅系を「朝鮮人」と嫌っている方もいるそうです。
 分りやすく言えばオスマビン・ラディンのようなタイプかもしれませ
ん。鈴木宗雄氏のようなのがいてもNPOの努力で、あちらでは日本人
を尊敬してるようですが、歴史的背景もあるようです。

42 :天之御名無主:02/03/08 10:29
ageとく

43 :天之御名無主:02/03/10 02:19
つうかさ、前の天chanが「漏れ挑戦系、、」と
いいそうになったが部下が止めたという話を聞いたことがある。
当時の幹部の話らしい。
詳しい人よろしく、、。

44 :天之御名無主:02/03/10 11:53
どう考えても、サンカの発生は江戸後期だと思うなあ。
漏れも「サンカ古代民族末裔説」にロマン感じていろいろ調べた結果
そんなこたぁない、と思い出した。

45 :天之御名無主:02/03/11 16:25
説教強盗の正体が「サンカ」だという説についてはどう思う?

46 :サンカ還元:02/03/11 20:31
ありゃ否定されたみたいよ。
江戸前期の「箕作り」といわゆるサンカ、一部重なってると
思うけど、「古代民族末裔」はちょっとなあ。
三角野郎の実態もわかってきたし。残念だけど
幕末発生説を今では信じてます。

47 :ひでよし:02/03/26 17:32
>>45
礫川全次氏は『サンカと説教強盗』(批評社、1992)で、特殊な道具・技能を用いる
窃盗犯を指す「山窩」が定着し、各地で「オゲ」「ミナオシ」「ポンスケ」などの様々な
名称で呼ばれていた竹細工や川魚漁を行う集団が「サンカ」と呼ばれるようになった
のではないかと書いておられます

それを踏まえた上で、「サンカ」の発生は近代以降とする説を書いておられるのです
が、沖浦氏の研究によって江戸時代後期に「サンカ」(「山家」と表記されることが多
かった)について書かれた史料があることが明かにされていますので、近代発生説
には問題があるようです

48 :ひでよし:02/03/26 17:37
礫川氏は倒幕によって活動の場を失った忍者が「サンカ」集団に流入した
可能性についても書いておられるのですが、忍者の実態にも不明な点が
多くありますので、即断はできないのではないでしょうか

49 :天之御名無主:02/03/27 13:53
ほのかに電波な匂いがするんで、古代人末裔説ってのも嫌いではないんだけどな

50 :天之御名無主:02/03/29 23:05
きょう、萩原健一主演「瀬降り物語」をレンタルビデオで見ました。
戦時中のサンカの暮らしぶりを描いたものでしたが、驚くべき内容でした。
これは概ね本当なのでしょうか?
このような人たちはいつまでいたんでしょうか?
今ではもういないのでしょうか?
ご存知の方、教えてください。

51 :ひでよし:02/04/03 11:38
昭和30年代ぐらいまでは山中を漂泊し、川魚漁や竹細工を行っていた
集団が全国各地にいたのは確かなようです
『部落解放 11月号』の特集(「漂泊に生きた人びと」)には、「サンカ」で
あった方へのインタビューなども載っていますので、一読をお薦めします
「瀬振り物語」に関しては未見であるために断言はできませんが、「事実」
を誇張した部分も多いのではないかと思います

ところで、「瀬振り物語」は「作品」としては面白かったですか?
機会があれば見てみたいのですが、TUTAYAにリクエストしても断られ
そうだし・・・・どうすればいいんでしょう?

52 :p:02/04/04 12:33
サンカは日本版ジプシーのような物と考えて良いのでしょうか

53 :☆キュストリン☆:02/04/04 13:14
ひょえー、なんか面白いなこのスレというか賛歌って。
個人的には西アジア→東南アジア説がロマン感じていいなぁ。
人類が東へ東へと移動した果てのひとつの(完全なとはいわないが)
終着点だもんな。日本人混血民族マンセーですは。

54 :天之御名無主:02/04/05 00:10
山猿のような生活を送ってたのですか?

55 :天之御名無主:02/04/06 08:39
>>51
レスをありがとうございます。
私は以前からサンカに興味があり、2ちゃんねるのサンカスレにたびたび話が出ていた映画「瀬降り物語」をレンタルビデオショップで見つけたときには小躍りしたくらいです。
1984年の東映作品で、萩原健一、内藤剛志(二人とも若い)、殿山泰司、早乙女愛、藤田弓子(なんと全裸を披露)らが出演しています。中でも萩原健一が抑えた演技で良かったと思います。
ストーリーは、サンカと村人たちとの接触と軋轢を描いたもので、特にどうというものではありません。
それよりもこの映画は、サンカに関する習俗、風習、宗教、思想、生活などかなり多くの情報を提供してくれて興味津々でした。
(でも、あんな吹きっさらしのテント生活で、厳しい冬を乗り越えられるとはとても思えないのですが…)
昭和30年代頃までいたらしいとのことですが、すると、その子や孫らはもう一般人化してしまっているんでしょうね。
今なら、その人たちから真実の様子が聞けるかと思いますが、誰か研究している人はいないのでしょうか?
ビデオが手に入ることをお祈りいたしております。


56 :俺も「瀬振り物語」見て〜:02/04/06 15:08
ここスゴくいいよ
http://www7.ocn.ne.jp/~iyasi/isyou.htm



57 :ひでよし:02/04/09 17:26
「瀬振り物語」ではなくて、「瀬降り物語」ですよ、って僕も間違ってますね
これは失礼しました

「漂泊に生きた人びと」によると、「サンカ」が移動を繰り返しながら川魚漁
を行っていたのは春から秋にかけてで、冬は箕や箒などの細工と行商を
行い、羅宇の挿げ替えや春駒などの門付け芸も行っていたそうです

「サンカ」にもそれぞれ帰るべき家があり、春祭りが終わると家を出て、秋
祭りには帰ってきていたそうですので、完全な漂泊民だったというわけでは
なかったようです

58 :天之御名無主:02/04/09 21:06
>57
なんと、サンカも家を持っていたんですか!
うーむ、またわからなくなってきたぞ。

59 :天之御名無主:02/04/13 18:26
>>56
川太郎とか山人とか、なんか明かに違うんじゃないかという名前もちらほら…

60 :天之御名無主:02/04/21 08:57
過去ログ倉庫から発掘してきた

http://piza.2ch.net/log2/min/kako/947/947184480.html
http://piza.2ch.net/log2/min/kako/950/950269950.html

61 :天之御名無主:02/04/21 17:12
やっぱり、サンカは幕末ごろに集団発生した、逃亡農民の末裔と思う。
いっとき三角、八切の影響受けて調べたけどねえ。

62 :天之御名無主:02/04/22 22:30
幻の漂泊民・サンカの最後の方で元サンカの人が
三角に対してかなり怒ってたな
『自分の娘の裸を写真に撮らせる親がいるか!』みたいなことを言ってるの
読んで、それもそうだなと思ったよ

63 :ひでよし:02/04/26 16:34
江戸時代には宗門改制度により、百姓・町人から穢多、非人まで、
すべての人々が幕藩権力によって「身分」として把握されていました
現在の戸籍に相当する人別帳から外れた人々は、「無宿」「野非人」
などと呼ばれて取り締まりの対象になっていました

瀬戸内海から九州北部にかけて分布していた「家船」と呼ばれた海を
漂泊していた漁民も、人別帳に記載され、五人組を組織し、盆と正月
には根拠地へと戻って来るように定められていました

64 :ひでよし:02/04/26 16:41
江戸時代の身分制度の中に「サンカ」を位置付けようとすると、
そこにはいくつかの疑問点が浮かび上がってきます

その一つが、宗門改制度から逸脱し、漂泊を繰り返す「サンカ」に
対して、幕藩権力はどのような対応を取っていたのかという点です
それについて記した文献史料は幕末期のものを除くと、現時点では
発見されていないようです

それは「サンカ」には独自の組織・文化があり、他の人々とはまったく
触れ合うことがなかったからでしょうか
それとも、それ以外の理由があるのでしょうか

65 :天之御名無主:02/05/06 00:43
>>63
>瀬戸内海から九州北部にかけて分布していた「家船」と呼ばれた海を
>漂泊していた漁民...
漁労民は全国の沿岸地帯にいたのに、瀬戸内海から九州北部だけに「家船」形態が
あったの?。家財というか、生活道具はどこに保管していたの?
日本海側の丹後半島の舟屋形態とは、どう違うの?


66 :65:02/05/06 01:18
丹後伊根 ttp://www5.nkansai.ne.jp/com/tankai/tangohanto.htm

67 :天之御名無主:02/05/08 17:45
 私の妻(というより妻の一族)は賛歌系です。
 妻は典型的な賛歌の形質的特性を持ち合わせて
います。娘の顔も典型的な賛歌顔です。見る人が
見れば絶対わかるとおもいます。
 なかなか、核心に踏込むことはできないのですが、
形質的特長以外に、見え隠れする家族史や
いろいろな状況証拠が最近不思議と1本の線として
つながってきました。
 ほぼ間違いないと確信しています。
 結構デリケートな問題なのでなかなか踏み込めないし、
どーでもよいことといえばどーでもよいことなのですが、
愛娘の出自に係わることですので、非常に興味があります。
 私自身に差別意識等はまったくなく、純粋に知的好奇心というか、
民俗学的興味というか、私と縁続きになった人たちに対する
至極当然の如く湧出してくる興味といえましょう。

 実は、妻自身、自分の出自というか、自分の祖先のことを
知まったくりません。
ってゆうかサンカのサの字も知らないでしょう。
 祖先の歴史・生い立ちを、封印されたが如く知らないのです。
 実父の幼少年期の生活等についても、一般の家庭ではありえない
と思いますが、まったく知らされていません。

 もっと詳しく書けるとよいのですが、すみません。
やはり非常にデリケートな問題をはらんでいると思いますので、
個人、一族を特定するようなことはかけませんでしたので、
「だからなんなの」レスになってしまいました。
スマソ






68 :天之御名無主:02/05/09 09:54
>妻は典型的な賛歌の形質的特性を持ち合わせて
>います。娘の顔も典型的な賛歌顔です。見る人が
>見れば絶対わかるとおもいます。

それって、「サンカ」の血統は人種的に違うってこと?
このスレのここまでの流れで否定されてるじゃん

69 :天之御名無主:02/05/09 12:45
「日本人ばなれした」ってどうよ?


70 :67じゃないけど:02/05/09 15:30
>>68
三角寛も
サンカの顔は、一見して見分けがつくって
いってるよ。

71 :天之御名無主:02/05/10 11:39
顔だけで分かるようなのが、秘密の組織を持ってるの?
それじゃ、バレバレなんじゃないの?

72 :天之御名無主:02/05/23 05:55
 典型的なサンカ顔ってどんな顔?

 >>56のリンク先のサンカの異称に三上って出てるけど、
 ウチの母親の実家も三上って苗字なんだけど、サンカ系なのかな??

73 :  :02/06/04 22:27
>瀬戸内海から九州北部にかけて分布していた「家船」と呼ばれた海を漂泊していた漁民...
この区域に住んでる漁民だけど見たこと無いよ。親父に効いたけど見たことも聞いたことも無いとのこと。
ただ、瀬戸内の漁民は移動が多いですね。うちも移住した漁民ですね。


74 :天之御名無主:02/06/07 02:45
私の前世はサンカです! の世界じゃないの、このスレ。

75 :天之御名無主:02/07/10 21:58
>>73
「家舟」はいまでも残ってますよ。
住民票の関係で自宅を陸地に持っているけど、そこに帰るのは年に一二度。
あとは「家舟」で暮らしている人たちがいます。

76 :天之御名無主:02/09/23 18:19
サンカは民族とかではなく、無宿人の末裔に過ぎない。
妙な幻想は捨てなさい。

77 :天之御名無主:02/09/24 08:53
 山のあなたの空遠く 幸い住むと人の言う

 ああ われ人ととめゆきて 涙さしぐみ帰りきぬ

 山のあなたになお遠く 幸い住むと人の言う....




78 :天之御名無主:02/09/29 02:52
日本酒の「黄桜」のCMで、高島礼子の相手役の男優。
サンカ顔

79 :天之御名無主:02/09/29 16:46
田中角栄、秀吉、小泉はサンカの三大有名人。あと学者に多いな。しかしホームレス見てると流浪する事にロマンなんて感じないよ。ありゃ大変だぜ。

80 :山崎渉:03/01/11 03:21
(^^)

81 :天之御名無主:03/01/26 06:53
>>1
しゃしんウプ汁!

82 :天之御名無主:03/02/19 20:46
員弁郡藤原町のことと思うが、
「さざらい」なる町名は見当たらないぞ。

83 :天之御名無主:03/02/21 05:56
四日市市でしょう。漢字で書けば礫井。
でもこれが何故サンカだという証拠になるのか。
川の堰を管理していたというなら、むしろ非人部落ではないか。
素麺、菜種油が特産というのも非常に興味をそそる。

84 :天之御名無主:03/02/22 00:23
Y市ならば、麓との形容は当たらないでしょう。
北勢地域にはサンカ伝説があるけど、
物証を示して欲しい。

85 :天之御名無主:03/02/23 09:26
実際に四日市市には下さざらい町という町名があります。
調べた限り三重県でこれ以外に「さざらい」なる地名は見あたらないです。
しかしここは海に近いですから、おっしゃるとおり麓という形容は
当てはまらない気がします。
まぁ小字などで「さざらい」という地名があるのかも知れませんが
私はこの地域の人間ではないのでそこまでは何とも。

86 :土佐の山奥:03/02/24 21:38
[土佐・いざなぎ流に生きた人々]http://members.tripod.co.jp/juntarou/
の中にサンカ族の記述がある。
鉢が森と川ノ内との間に、日御子川という大変美しい川が流れている。
川ノ内側の近くに、お花淵と呼ばれている大きな淵がある。
その時、たまさか通りかかった徳次と繁樹は、遺体を引き上げ村人に知らせ
警察に連絡を頼んだ。しかし、なにぶん山深い土地である、
おいそれと車が通るような道ではない。
徳次と繁樹は、火を焚き、お花さんの通夜をしながら夜を明かすことにし
た。
とっぷりと日も暮れ、山深くせまりくる闇は焚き火とてお互いの顔が見える
だけの恐ろしい風景であった。繁樹は、不安で身の縮む思いだったが、
祖父 徳次のあげる通夜の経は、むしろ慰めとなった。
しばらくすると、山犬か、狼が何頭も見え隠れする。
恐ろしさに、繁樹は徳次にしがみつき震えるばかりであった。
徳次は、何の表情も変えず『怖くないよ』と火に薪をくべながら言った。
持っていた握飯をポンと投げてやり、
「一緒に伽をしてくれたら、赤い飯を食わすぞ」といった。
其れからは決して彼らの前に姿を見せることはなかったが、
常に気配はしていたという。
やがて朝が来て、遺体を警察に渡すと、二人は川ノ内への帰宅を急ぐことに
した。
すると姿は見えないが、ごそごそとあとをついてくるものがいる。
徳次は『心配いらん、赤飯を食わしてやるけん』と見えぬもの達に言った。
やがて川の内の家に戻ると、すぐ赤飯を炊いて藪の中に入っていった。
しばらくすると、空の器だけを下げて帰ってきた。
この徳次なる人物は、そんな山深い里で何をして暮らしていたのだろうか。
良くは理解できないが、今ではもう一般の人の中に溶け込んでしまった
サンカ族の一人ではなかったかと思われる。
繁樹の記憶では、芋や山のものを料理するとき、
銀のお鍋を使っていたことや、山の知識や獣に話し掛けるなど、
普通ではなかったらしい。


87 :山崎渉:03/03/13 12:59
(^^)

88 :天之御名無主:03/03/29 17:26
ちょっと質問があるんですけど、ここって人来てるの?

89 :天之御名無主:03/03/29 18:32
居る

90 :参加:03/03/29 23:08
.

91 :出会いNO1:03/03/29 23:48
出会えるサイトNO1
   女性に大人気女性の方も訪問してね!!
http://asamade.net/cgi-bin/pc_i_j_ez-index.cgi
        代理店募集中
      http://asamade.net/web/
 




92 :88:03/03/30 01:00
>89
よかった。ちょっと気になっていることがあるんです。御意見お願いします。
今から十数年前、僕が小学2,3年ぐらいのときのことなんですが、
不思議な親子に出会ったんです。
父と息子の2人連れで、身なりはちょっと粗末な感じで普通とは違う仕立て、
変わった装飾があったように思います。でも不思議と外国人とは思いませんでした。
まず子供のほうを見かけて僕のほうから話し掛け、手を繋いで遊ぼうとすると
そこに父親とおぼしき人物が現れてその子を連れて帰って行ってしまいました。
その父親のほうはスラリとしていて、子供心にきれいな立ち姿だと思ったのを
憶えています。
たったこれだけのことなんですが、不思議な体験として妙に気になっています。
大人になって漂泊民というのがいるらしいと知ってから思い出したんですが
そういえば昔、祖母が「山には恐い人がいるから」とうちに来ても
山のほうを窺っていたこともありました。
ちなみに僕の住んでいる町に当時はホームレスはいませんでしたし、
今でも歩くには遠い駅前に一人か二人いるぐらいです。
場所は奈良と大阪の県境、生駒山の麓。山際にある住宅地です。

93 :天之御名無主:03/03/30 01:36
Hでしょ・・・もともとの奈良人ならだれでもしってるBじゃん

94 :88:03/03/30 01:58
>93
即レス感謝です。僕は大阪から引っ越してきたので地元の細かいことはわかりません。
昔のBはあんな感じなんでしょうか。
B地区はいくつか知ってますが、普通の身なりだと思うんですが。
Hって何ですか?

95 :山崎渉:03/04/17 09:28
(^^)

96 :山崎渉:03/04/20 04:51
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

97 :天之御名無主:03/04/27 02:38
民俗神話板ってどうしてレベルが低いんだろ…

98 :天之御名無主:03/04/27 11:20
その1 2ちゃんねるそのもののレベルが低い
その2 だれも興味を持たない過疎板
その3 文系なので2ちゃんねるを使いこなせる研究者が少ない
その4 民俗学自体レベルが低い

99 :天之御名無主:03/04/27 15:40
レベル低かろうがちょっとした経験談にも示唆的なものが有るって解らんのか?

100 :天之御名無主:03/04/29 04:11
僕ってサンカですか
1田畑や山を持ってますが部落です。戦後起業しました。比較的裕福です
2祖母の実家竹細工職人
3母の実家その昔河原の石を百姓に売ってた所らしい?
4祖父の時代に遠距離に血縁者がいます
5血縁者に部落なのに有力者も居たようです
6徳川系大名に付き従って居たぽいです。あと十手や刀があります。
7隠し名というか古い名前があります
8祖父はモロサンカでした。他に言い様がないよ・・・
9日常的に見た事のない親戚がよく訪ねて来たり・・・
そんななのに親が多くは教えてくれんのだよ!
あ、ちなみに今オラ無職・・・トホホ


101 :天之御名無主:03/05/03 04:16
>>100
忍者の子孫


102 :山崎渉:03/05/28 15:27
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

103 :山崎 渉:03/07/15 12:40

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

104 :天之御名無主:03/08/15 12:25
age

105 :山崎 渉:03/08/15 18:08
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

106 :天之御名無主:03/09/07 22:54
続報希望

107 :天之御名無主:03/09/09 10:50
宮崎にはサンカさんはいらっしゃるのでしょうか?
平家落人伝説の椎葉とか、五ヶ瀬あたりに多そうですし、
実際、宮崎市内中心部の裏路地で勝手に露店を開き、
何本も上積みした立派な鹿の角を売ってる人をみたことあります。
肌が真っ黒で痩せてながらも、スゴイ筋肉質の男性でした。
身なりは汚かった。
あれはきっとサンカだ!

108 :天之御名無主:03/09/15 04:04
滋賀県の山奥にも木地師が居たようですが、
電気がこないため昭和30年〜40年代に廃村となり
記録が失われつつあります。
多賀あたりだと、昔は三重県との繋がりが深かったらしいです。

109 :天之御名無主:03/09/28 22:38
質問ですが。蝮指が出きる人はサンカ系という話を聞いたのですが?蝮指と言うのは
指の第一関節?指先だけグキッと曲げる事を俺の地方ではそう呼んでます。
俺と親父が出きるんですが母はそれをやると凄く嫌がります。母は長野県出身です。
教えてください。

110 :109:03/09/28 22:40
母はなぜ嫌なのかは言わないんです。

111 :日本@名無史さん:03/09/29 16:47
あ!それ漏れもできるよ。
でもサンカ系ではないナァ・・。というかサンカってのを
初めて聞いた・・スマソ。
漏れ、九州だけどどうなんだろう?
家紋とかでも判るのかな?

112 :たか:03/09/29 20:14
すごいよかった…最高
http://navi-on.jp/0.php?p=24

113 :天之御名無主 :03/09/30 09:36
サンカ家系って家紋あるの?
それならわかりやすそうなかんじ。

114 :山崎 渉:03/09/30 19:54

    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン




115 :山崎 渉:03/09/30 19:56
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉




116 :山崎 渉:03/09/30 19:57
 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉


117 :山崎 渉:03/09/30 19:57

   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)




118 :山崎 渉:03/09/30 19:58
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―


119 :山崎 渉:03/09/30 19:58
(^^)


120 :天之御名無主:03/10/01 09:19
なんかさー、レスついてると思ったら
山崎渉だってのは激しくつまらないよな・・・。
あーあ。

121 :質問です。:03/10/11 20:56
日本人離れした…ということは
歌手の平井堅さんみたいな容姿?

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/13 18:52
縄文系とかとは藻ちっと離れた感じ・・・・なのかな?

123 : :03/10/13 19:02
<血液型O型のいかがわしい特徴> ( なんでも気を許していると調子に乗ってつけこんでくるぞ! )
■その道の達人をコケにして安心しようとする。多数派のときだけやたら強気。才能ある人間を歪んだ目でしか見れない。
■場所が変わると手のひらを返すように態度が豹変 ( あの連中の中じゃヘコヘコさせられてきたが、うちに来たら見ていろ! 礼儀を教えてやる。 )
■読みが浅い。粘着に睨まれる事を言っておいて関係ない人に振り向けバックレようとする姑息さ ( どうせ>>1さんはヒッキーでしょ? / 関西人だってジサクジエンしてるぜ )
■早とちりが多く、誤爆と気付いても釈明できない。イイ人を装って忘れる ( そういう土地柄だったのさ )  他人の勘違いは許せない。
■話題と関係ない個人攻撃で場の空気を険悪にする。なぜか次第に自分から耐え切れなくなりあきれて話題をコロコロ変える。
■いつの間に恩を貸してるように振舞うが、自分のためであると見抜かれる。恥ずかしさをごまかすために大袈裟にキレるが相手がキレると今度はビビる。
■顔が見えない相手と喋っているのに毒舌かつ強気。面と向かった相手には他人が言ったことに ( 俺が言ったんじゃないけど、Kさんがあなたをアホかとバカかと… ヒヒ) ネット弁慶。
■無理な人の真似をしケチをつけ、批判される所には現れない。観察される側になると極度に焦る( 直接対決が苦手。言い返されにくい状況を計算する )
■自分が企んでいるのに相手を悪人に仕立て上げて餌食にする。わざと攻撃を誘って自分の憎悪に酔いしれる。人の裏切りを許せないわりに自分の裏切りは覚えていない鈍感さ。
■世間に通用しないような事ばかりしつこく繰り返して自分に課した目標から逃げる。あげくのはてに相手にわからない方法でキレる。
■半端な人生経験で集団的にばかり相手を気にする ( 君のような人はウチでは… / ○さんによく似てるから駄目だろうね / 背が高い奴はどいつも… )


124 :天之御名無主:03/10/16 19:23

http://cgi.2chan.net/up2/src/f36919.jpg

125 :天之御名無主:03/11/19 00:44
梅鉢サンカってなんなんだろ?


126 :天之御名無主:03/11/24 01:09
私もそのナントカ手できます。
親が山窩の本読んでハマって「やってみろ」とか「蛇つかめるか。つかんでみろ。」とか言われて困りました。
北海道だからある意味気楽にサンカタクしてたのかもしれませんね。

だれがそんなやつに、
「あんたんちの二階の布団部屋の奥に蓑が2つつってあって、その用途は修理に出す為だ。」
とか
「はじめは一人だけ来ていたけどそのうち友達と称するやつが沢山来始めたので、
あんたの父親の後妻が慌てて縁切ったぜ。」とかおしえてやるもんかい。

127 :天之御名無主:04/01/16 01:30
うちの家は母方も父方も明治時代終わり頃に町に出てきて
薬売りやら漁師やら炭鉱マンやら職を転々と変え
今住んでるところに落ち着いたらしい
苗字は普通にそこら辺の地域にある苗字なので判別できないし
祖父が私のことを鬼と天狗の子供だからどうたらこうたらと言った事があったぐらいなので
サンカなのかそうでないのかよく分かんない
山奥って言っても炭焼き小屋とか色々あるし
ただ近親婚のせいか生まれつき片目が白内障みたいになってる(ノД`)シクシク

128 :天之御名無主:04/04/21 00:13
この板もこの有様か…

129 :天之御名無主:04/04/21 10:33
ここにもっと書き込みがあるといいなあと思ってるんだけど…
自分は全然サンカ系ではない。でもサンカにずっと興味があって
サンカの人の末裔がどうなっているのか本当に知りたいからさ。

130 :天之御名無主:04/05/09 01:45
俺の親父はサンカの末裔です。
平成の現在でも熊本の山奥に入り猪罠(いのししを原始的な罠で絞め殺す)を仕掛け取って来きます。
年に10頭前後は取れるみたいです。取れた猪は1頭12万前後で買い手が着くそうだ。
俺も帰省した際は必ず猪鍋を食べます。猪鍋はすき焼きより好物です。
たまに鹿が掛かる事もあるが外道と言い捨ててしまいます。
新鮮な場合のみ内臓(レバー)を生で食します。
鹿の肉も生刺しで食べた事があるが馬刺しよりさっぱりしてうまかった。
そんな親父ももうすぐ60だし山仕事がきつくなったと言っている。
そんな親父の息子の俺は東京でリーマンだ。


131 :天之御名無主:04/05/09 02:03
サンカの末裔と言っても俄かに信じがたいと思うので詳細をかく。
猪鍋の肉は、テレビで見るようなすき焼き風の薄切りではない。
毛を剃った痕が残る皮付きのぶつ切り肉を使う。
ほんとにうまいところは皮と皮下脂肪なのだ。
初めての人はとても食べられないだろうが小さい頃から食していれば皮のうまさを知っているので皮なしの肉は食べられなくなる。
夏は、川魚を取ってくる。うなぎやスズキなどこれも網など使わない。
親父はカナツキというがモリで取ってくる。
天然うなぎの油ののりは最高で1度食べると養殖物は食べられない。
鮎は投網(トアミ)でとる。天然あゆの相場を知ってる人は少ないだろうがこれが大き収入源だ。



132 :天之御名無主:04/05/09 02:33
>>130-131
ボヤキは雑談板へ。
>>1
癒しはメンヘル板へ。

此処は「学問・文系」の民・神板だ。
もっとあんたらに向いてる板は有るはずだが?


133 :天之御名無主:04/05/10 00:54
>>130-131

良レスですねえ!
こういったやや個人情報を含んだカキコというのは書きづらいところもあるでしょうけれど、
個人の体験であるだけに、やはり書籍などにはない活き活きとしたその場の情景が思われて、
都会で生まれ育った自分にも、なんだか懐かしいような熱いものが心に沸き上がるような感動を覚えます。

差しさわりがない範囲で結構ですので、またぜひお話を聞かせてください。


>>132

民俗学だからこそ、こうしたお話が有効なのだと思いますよ。
フィールドワークやインタビューがあったからこそ、今の民俗学に繋がっているのですから。

134 :天之御名無主:04/05/10 22:14
132はチェックのシャツの裾をズボンに入れて
でっかいレンズの銀縁眼鏡をぐいっと持ち上げてそうだな


135 :天之御名無主:04/05/11 18:35
>>130 いいなあ、猪鍋に天然ウナギ……(゚д゚ )

あ、そこじゃないか。話のポイントは。
以前、宮崎の椎葉村でのイノシシ狩のビデオを見た事があるんですが、
そのビデオはイノシシを捕獲した後、(収獲と無事を祈って)生のイ
ノシシ肉を神様に奉納したりしたんですが、130さんの地区では狩り
の前後に神事的なものを行ったりしましたか?

136 :(ε Д ε=З дЗ)メガネメガネ…:04/05/11 22:28
狩猟民族は差別されやすいの?
それとも農業をさせてもらえないから
狩りで生計を立てるしかなかったの?

137 :天之御名無主:04/05/11 22:53
>>136 サンカは狩猟民族ではない。江戸時代に誕生した集団。

138 :天之御名無主:04/05/12 16:22
>>130-131
へええ…。こういう話が聞きたかったんだよ!
お父さんは、一人で暮らしているのかな?
戸籍などはどうなっているのでしょうか?
今でもサンカ同士での連絡はあるのかな?
差し支えなければ、是非。もっといろいろ聞かせてください。


139 :天之御名無主:04/05/12 16:51
先祖は、山を降りて以来、馬の調教(・・・?と聞いたけど忘れた)を生業としていたらしい。
その後、馬の需要もなくなり山師(きこりの手伝い・狩猟)をしながら親父の代になる。
親父は、猟銃も所持している時期も合り猪狩りで生計を立てていた。
>>135の言うモノは猪の尻尾を山にささげると聞いた。
歳の初めに山に入る際は必ずお神酒をささげお祈りをしていた。

今まで食べた動物で後で知って驚いたのが、日本カモシカもだった。
臭みもなく筋張っていたがうまかった。

サンカは日本の秘境をしる最後の日本人だとおもう。
何も知らない愚民どもに差別される由縁はない。


140 :天之御名無主:04/05/12 17:59
おまえ3掛け?

141 :天之御名無主:04/05/12 23:06
馬の調教ですか。
馬喰(ばくろう。伯楽の転訛)でしょうかねえ?

いずれにしても情趣のある職業ですな。

142 :天之御名無主:04/05/13 03:59
一応聞いとくけど、>>133=>>138
で、自作自演ってことでいいよね?


143 :133:04/05/13 08:15
私は133だが、138ではないです。

私はあえて具体的な質問はしなかったんですよね。
プライベートなところに踏み込むようで気が引けたので、
ご本人の気の向いたときに差し障りない範囲で、って思ったので。

似たような内容のレスだけど、そこのスタンスが違いますね。

144 :天之御名無主:04/05/14 05:04
なんで偶に出てくる自称サンカってみんな偉そうなの?

145 :素朴な疑問:04/05/14 21:23
俺長身で毛深くて肌が浅黒いんだけど、俺ってどこから来たんだ??マジ疑問。
祖先は三重県と東北らしい。東北では武士だったとか。ちなみに苗字は藤原系
です。

146 :天之御名無主:04/05/15 06:31
ちょっと八切の影響受けて調べたことあったけど、
やっぱサンカ(世間師)ってのは江戸末期の流人に
狩人、木地師、世捨て人の一部が混入したんだと思う。
いろんな伝承はま、口承版「河原巻物」みたいなものか。

「太古から自然とともに歩んだ部族」てなものを期待したんだが。
あ、T元首相は「世間師」と言うか「バクロウ」みたいだ。

147 :天之御名無主:04/05/17 17:45
>>146
世間師=サンカと考えてしまっていいの?
宮本常一の本に出てくる世間師はサンカという感じじゃないと
思ったけど…

ところで、>>142-143
私が138です。133さんとは別人。

148 :天之御名無主:04/06/24 06:53
うちの母親などは「カワラ」と呼んでいた。これには差別的な意味合いが
込められている、「カワラコジキ」のことだろう。
戦前、戦後直ぐぐらまでは何処にでもいたようだ。
サンカの川漁は主に「流し鉤」が用いられる。一種の延縄漁法である。
恐らくドジョウあたりをエサにしてのウナギ漁だろう。
サンカはアユ獲りはしない、そういう不文律が存在したのだろう。
戦後、全国の川に堰やダムが多くできてそれに伴い、ウナギの自然遡上が
激減した。サンカが消え去っていった主因は、これではなかろうかと
私は推測するのであるが・・・

149 :霹靂:04/06/24 07:12
皆さんがサンカかどうかはわかりませんが 近年の差別なら童話地区出身じゃないの?サンカの方は薩摩とか丹波とか地域名を苗字にしてたんだよね 同地区に同じ苗字が多いのは子供が多かったのと地区ごとに苗名があったからでしょ

150 :天之御名無主:04/06/25 16:17
サンカは古代から反朝廷の立場であり、
血を守るために、朝廷から身を隠して
生きてきた。当然集団で生きていくわけには
行かないので、分散し生活するが、共通の目的は
朝廷を潰すこと。


151 :天之御名無主:04/06/25 16:22
竹細工は表の顔。
朝廷を潰す=何の意味か分かるよね。
現在では
政府を潰す=身を隠し、戸籍が無いことが都合がいい。
分かったかい?

152 :天之御名無主:04/06/25 16:34
だから、サンカは被差別部落(定住)と
同じ物ではない。
サンカは行動することが目的。
身を隠した存在ではあるが、歴史的事件には
必ず顔を出している、
古代〜現在まで。
サンカを積極的になぜ語られないか分かった?
これ以上語れない。


153 :天之御名無主:04/06/26 06:36
まだこんな寝言嘯いてるやつがいたんだね。
感心感心。


154 :霹靂:04/06/26 06:37
も少し詳しくお願いします 末裔はいますか?

155 :天之御名無主:04/06/26 07:09
>>150-152
で、その電波はどこから仕入れたんですか?

156 :天之御名無主:04/06/26 07:23
サンカが暗殺集団なんて聞いたことないよ。
忍びと勘違いしてるんじゃない?

157 :霹靂:04/06/26 07:53
でも まず御意見を聞いてみては? せぶり物語では若者が ハタムラを犯し やっちまいましたね ショウケンはおばちゃんとやっちまいました 朝廷をと言うより やってましたからね

158 :天之御名無主:04/06/26 18:04
カムイ伝の世界って、まだ現在でも残ってるの?
だとしたら、可能性あるんだが・・・

159 :天之御名無主:04/06/26 18:28
サンカを山の民と考えるのが間違い。
山に隠れた民族。
なぜ隠れなければいけなかったのかは
分かるよね。


160 :霹靂:04/06/26 18:31
カムイって漫画であったね 神威ってアイヌ語だっけ 良くわかんないなサンカってなんだろね五木寛之の本とか三角かんとか読んだ時期あったけど野望があったのかな?残党としたらなんのだろ?忍者じゃないし、アイヌじゃないし、出雲かな

161 :霹靂:04/06/26 18:52
なぜ隠れなければいけなかったのかわかりませんなんかの本では サンカ基金があったり子供たちに学問を教え 偉い人を作って民を復活でもさせようか に似たものもありましたが 誰か偉い人でらしき人や団体ってありましたかね

162 :天之御名無主:04/06/26 19:05
古代史から話さなければならないのか。
うんざり。
もしもだよ、現在がハングルを話す民族が
日本を支配したとして、男を殺し、女をレイプし
その子供を奴隷とする世の中だったら。
その中で日本語を守り純血を残すために、ハングルを
話す民族に復習しようとする人間がいたと言うこと。

このことを古代に置き換える。古代を勉強してね。

163 :天之御名無主:04/06/26 19:25
霹靂さん今気付いたあなたの書き込みこんなかんじでしょ?あなたは潜在的に
サンカの秘密に気付いているかも。



164 :霹靂:04/06/26 20:55
ふむ ちょっと過労気味だから頭ボーっとしててとにかく ありがとう あとでまた考えてみます俺ばかばかばかばか

165 :霹靂:04/06/26 20:58
あっ わかーったあ そうなのか…

166 :天之御名無主:04/06/26 21:00
せっかく書き込みしたのに反応が無いな。
ある程度サンカって理解したかな。
アマテラスの伝説、隠れただろ。
でも出てきたよな?。
サンカの言葉で同じ民族であることが確認
出来たから出て来た。
あくまでもサンカの伝説だよ。
電波と言えば電波。
後、シノガラ伝説。
これも電波だよ。
サンカではシノガラとは言わないからね。
今で言うネットワーク。


167 :天之御名無主:04/06/26 21:35
では、戦後でのサンカ。
語りましょうか。
語るまでも無い。
これが答え。
ヒントはすでに語ったよ。

168 :天之御名無主:04/06/26 21:53
霹靂さん、頑張って。
あなたの為に結論のみ語りました。
サンカは現在存在しませんが、民族としては存在します。
親日、心日は無く、反日と言う言葉は韓国、中国だけの思想ではありません。




169 :天之御名無主:04/06/27 03:00
>>168
頑張るったってクスリ飲んで病室でおとなしく
寝るぐらいしか無いだろ。

170 :天之御名無主:04/06/27 04:52
>>167
> 語りましょうか。
> 語るまでも無い。
> これが答え。

な、なんだ、こりゃ? w

今、サンカブームなの?
この話って定期的にブームが来るみたいだね
ま、あんまり熱くなりなさんなってこった

171 :天之御名無主:04/06/27 04:54
現代のサンカは新宿西口にたくさんいるぞ。

172 :霹靂:04/06/27 07:00
病院?ふざけんな! 本当失礼な奴
教えてくれた方 ありがとう 俺はわからないことを聞いただけじゃねえか で 民族としてはまだいるんだ それ誰ですか?

173 :霹靂:04/06/27 07:09
おい名無し169号の人ちょっと顔かせ おまえはゆるせねえよ 逃げるなよ!俺は歴史が好きだから書いてるんだよ なんでてめえに病院送りにされなきゃなんねえんだよおい てめえー おまえの知ってるサンカ教えろよ 書けなきゃ ただの嵐でいいな!書け

174 :霹靂:04/06/27 07:16
サンカが存在したと思われる期間は かなり長いわけでしょ でも現在は山にはいない でも民族はいると…全国に居たんでしょ?俺んち実はって人いないね…イラクに行った人は そうですかね

175 :霹靂:04/06/27 07:51
おい169早く謝罪しろよ人を基地外扱いしやがって

176 :天之御名無主:04/06/27 07:54
変なのが二匹紛れこんでるな

177 :天之御名無主:04/06/27 21:07
I'm!!! FoREveR bLOWin' BUBBLES!!!!!!


178 :霹靂:04/06/28 08:12
ワンワン これからも山崎をよろしくね 第一パン

179 :天之御名無主:04/06/28 10:45
山窩っていう言葉は、元は警察で使われていた用語、または犯罪学用語。
昔からいた漂泊民と繋がりがあった犯罪者集団に対して使われていました。
この言葉を、柳田國男がカタカナ表記にして、漂泊民一般に対して使って
しまったせいで、混乱が起こっているのだと思われます。

現代のサンカとか、怪しい話が飛び交ってますが、ほとんど信じる必要
ないです。

180 :天之御名無主:04/06/29 00:01
     ∧,,∧   ./.  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ζ (,,・∀・) /  < ちなみに下が2ちゃん荘の予想間取りです
  旦φ ,,,,,,, っ      \__________________
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |            |
_|______|_


┏━┫======┣┯━┓
┃            │収┃
┃            │  ┃
┃            │納┃
┃  約 8 畳   │  ┃
┃            ├─┨
┃            │W┃
┃            │ C ┃
┃          \ .┃
┠─┬───┐    ┃
┃冷│ 台..所 │玄関┃
┗━┷━━━┷、  .┛
            \


181 :天之御名無主:04/07/01 15:21
>>168
解放同盟は関係ありますか?

日本を荒しまくってますが。

182 :天之御名無主:04/07/01 16:37
>>181
ええかげんにしとけよ、われ。

183 :169:04/07/01 22:47
>>霹靂
おまえやっぱり基地外だなw
さっさと清新病院池!

184 :霹靂:04/07/02 06:38
先生!名誉を一汁しくキソンでふ あほかおまえ簡単には入れねんだよ 薬も飲んでねえし今は…サンカについて語れやボケッ!

185 :天之御名無主:04/07/02 18:51
山のことは山のプロに。

もし身近に営林署職員(ベテラン)もしくはOBがいたら話を聞いてみるといい。
ひょっとすると本人がサンカの家系というのも多いにありうる。
じゃなくても山の民の話は歴史も含めて非常に詳しい。

俺の知り合いの猟師のグループが全員親父の代まで営林署職員で、
信州の山奥で暮らしていた―災害で離村するまで。
彼らは彼らしか知らない山の道を遠く九州阿蘇まで語る。
本籍が九州、四国、紀伊半島の山間部にもっている。
信州までの間、親戚が遠江、三河、紀伊、四国の山間部に点在している。
但し、中には平家の落人伝説を伝える者もいる。

俺は彼らの一部は確実にサンカの系統とにらみながら、
彼らの獲ってくる猪や鹿、果ては熊のお相伴にあずかっている。
いきなり核心じゃ話してくれないからね。

186 :天之御名無主:04/07/02 21:10
>>182
こんなとこでなにイキってんの?ww

187 :霹靂:04/07/03 23:12
サンカはSEX大好き!ハッスルハッスル

188 :十頭の熊:04/07/07 22:00
>>1
サンカ昔から興味あります、奥日光にはもうおじいちゃんですがサンカの生き残り
いまだにササラやウメガイを自分で作ってる人います。

189 :天之御名無主:04/07/07 23:44
これ以上サンカに何を望むの。
結論出てるじゃない。
現代が分からないって?
天皇は万世一系ではないよ、
その都度、都度その時代の権力にのっとられているよ。
バーカ、今の支配者は部落から在日に変わったのよ。
サンカは在日に支配された。
日本は在日に支配された。

190 :天之御名無主:04/07/08 01:53
>>189
もういいから、ゆっくり寝て頭と体を休めとけ。


191 :天之御名無主:04/07/08 06:18
>>189
馬鹿はおまえ。
シノガラの育英資金による東大卒業生が多いとか、
純血を絶やさぬ為に毎日女上位で頑張ってるとか、
そんなの信じてんだろ・・・
いいかげんに目を覚ませYO !

192 :天之御名無主:04/07/08 17:19
三角のヨタを真に受けてる信奉者なんているんだねえ。
ネタなんだろーけど。

193 :霹靂:04/07/08 18:26
ネタでも写真は付いてたね あんた本みたことあんの?

194 :天之御名無主:04/07/08 18:31
やっぱりな。マジモンだったのか。
『サンカ社会の研究』だろ。そっちこそ、後書きや注釈読んだことあんの?
貧乏そうな娘に三角が銭握らせて撮った写真見て興奮しましたか?

195 :霹靂:04/07/08 19:30
ないよ つうか オマエが馬鹿に感じて説得無いが…?
まとも書けないのか?坊主 ホウケイか?

196 :十頭の熊:04/07/08 21:06
お前らが使ってるメシ、って言葉、ありゃもともとサンカのことばだぞ!
あとシャバとかね。

197 :天之御名無主:04/07/08 22:44
ふっ。三角も読んだことの無いイキりが、知ったふうな口きいて
暴れてるだけか。つまらん。

198 :天之御名無主:04/07/08 23:52

っちゅうか
>>189
は、三角じゃなくて八切の説じゃねーの?

どっちにしてもくだらんけどなぁ・・・

199 :天之御名無主:04/07/09 00:06
アホしかおらんか

200 :天之御名無主:04/07/09 00:27
>>196
娑婆っていうのはサハ(梵語)の訳語だろ。
内面的苦悩・天災地変に耐えなければならない意味。
「忍士」って訳されることが多い。
ちがうのか?

201 :天之御名無主:04/07/09 00:28
純血日本人説を主張し、三角を批判してるのが八切。


202 :天之御名無主:04/07/09 01:14
サンカの最新学くらいは読んでから来なよ

203 :十頭の熊:04/07/09 20:11
>>200
そうなんだよ、俺も最初はそう思ったんだ、そしたら仏教用語とは別に昔から
使われてたらしい、梵語=サンスクリット文字の中国読(違ってたらごめん)
なんだけど発音がむしろサンスクリット(古代インド)に近いらしい、
ここからは受け売りだか推測だか忘れたけど
インドを中心に西に行ったのがジプシーに代表される流浪の民(ジプシーもサンスクリット語を話す)
東がクグツ師(ジプシー同様芸能を司る、猿楽、能、すべてここからはじまる)
に代表されるサンカも含む流浪の民、
こんなのどう思う?

204 :天之御名無主:04/07/09 23:03
そこまで行くとキムタカっぽい。

205 :天之御名無主:04/07/10 01:09
>>166
なぜ隠れたかって、そうしないと出雲大社に祀られちゃうから?

206 :天之御名無主:04/07/10 02:57
>>205
アマテラス(=サンカ)のような純血日本人が渡来人に攻撃されていたから


207 :天之御名無主:04/07/10 04:00
じゃ、サンカは純血日本人で俺等は渡来人との混血ってこと?

208 :天之御名無主:04/07/10 08:57
八切の説ではそうなるんでしょ。
気にしなくていいとおもふ。

209 :天之御名無主:04/07/10 09:40
八切は上杉謙信を女と決め付けるおかしな人ですよ!

210 :天之御名無主:04/07/15 00:12
http://www.otl-3.org/up/filez/204.wmv

211 :天之御名無主:04/07/25 18:26
サンカの習俗・知識・ノウハウが失われたのは痛い。
山に逃げ込んで生き延びるということが格段に難しくなった。
国はサンカ保護地区を作っておくべきだった。

212 :天之御名無主:04/07/28 09:22
別のサイトで山嵩の末裔の住んでる村が九州にあると書いてあったんだけど
そこに行ってみればすべてが解明されるのでは?

213 :天之御名無主:04/08/19 13:11
ある村で職能者の募集をしている 竹細工木地屋等 つまりそれらの歴史編纂 技術伝承 ネット等による販売を目的としている 符牒がある人は写しの提出 ない人は技術試験がある 詳細わかれば報告する

214 :天之御名無主:04/08/20 02:12
山民よ終結せよ!

215 :天之御名無主:04/12/07 08:55:33
保守

216 :天之御名無主:04/12/13 21:11:38
別スレの>>977の引用

沖浦は、サンカの犯罪性に言及してる資料に関しては
「証拠もなにもないでっち上げである」と、「証拠」なしに断言するだろ?
つまり、サンカと犯罪性の問題は全て否定して、
サンカがハンセン病患者の世話をした話とかは、事実であると断言する。
科学的じゃないねー。
サンカのいい面も悪い面もニュートラルな視点で見ないと。
自分の思い入れを判断基準にされちゃー、その辺のトンでも本と変わらないよ。

217 :天之御名無主:04/12/13 21:24:27
>>216 沖浦は、(中略) 「証拠もなにもないでっち上げである」と、「証拠」なしに断言するだろ?

たしかに、 「〜であると、私は思う」 的なまとめ方が多いとは思った。
しかし、犯罪性に関する具体的な証拠は残っているのでしょうか?

明治期の警察文書等がそれにあたるとして、
沖浦氏はその信憑性を一章まるまる費やして反論してるじゃありませんか。
サンカ関連の文献資料がとぼしい以上、過去を知る人に聞き取り調査をおこなうしかない。
それでもわからない部分は推論になってしまうのはしょうがないと思います。
その結果として、 「〜であると、私は思う」 の多用になったのでしょう。

「〜である」 と断定したんなら非科学的でしょうが、推論部分はちゃんと明記している。
その推論に賛成できなかったら、読み手側で差し引いて考えることだってできるんだから問題ありませんよ。
(私から言わせると、 「氏の弟子は真実を知っている」 的な思わせぶりな言い回しの方がdデモっぽいです)

218 :天之御名無主:04/12/14 00:50:13
>>217
おまい、何が言いたいのかよくわかんないよ。
もう一度ちゃんと整理して書き込んでくれ。

沖浦のああいうレトリックが誤解を招きやすいっていうのは
有名な話だよ。
学問的に沖浦の説を読み解こうとすると、必ず誰でも感じること。
ただ、娯楽として読むのには問題ないと思うし、
俺もファンの一人だ。

弟子が真実を知ってるっていうのは
弟子の方がサンカの本質をとらえてるっていう意味。
俺が弟子本人だったりして。プギャ
まさか先生、こんなとこ見てないよねプゲラクス


219 :天之御名無主:04/12/14 01:48:32
>>218 おまい、何が言いたいのかよくわかんないよ。

そりゃ失礼しました。
「沖浦氏のレトリックが誤解を招きやすいっていうのは有名な話」 というのは存じませんでした。
>>216についても、そういう背景があってのお話かもしれませんが、私にとっては別段、それで
学問的な価値が下がるとも思いません。ましてや娯楽とまで蔑む必要はないと思いますが。

さて、>>>218さんが沖浦氏のお弟子さんを名乗っている真意を図りかねるのですが?
もし本当にそうなら、ここでは学会と違って沖浦氏に遠慮することなく語れますから、
サンカについて多いに語っていただければと思います。

(ところで、あの本の「あとがき」にサンカ資料を収集したお弟子さんの実名が出てたような……)

220 :天之御名無主:04/12/14 11:14:06
>>219
もっとサンカに関する本や論文を読んでくれ
そうすると沖浦のサンカ本の問題点が見えてくると思うよ
「歴史民俗学」の22は読んだ?
この人たちの沖浦への総攻撃は笑えるよ
学問的な批判じゃなく(以下略
マージナルの朝倉さんも
沖浦先生の説にはっきり異論を唱えて欲しかったよ
対談には期待したのにな

221 :出雲の人:05/01/09 13:41:17
 五木寛之の「風の王国」とかいう作品は確かサンカの人々が
主役だったかと。あれは彼の創作にせよ、似たような話は実際にあったので
しょうね。所詮、表に出るのは勝者の歴史、裏には様々な歴史が存在するのでしょう。


222 :天之御名無主:05/01/12 00:20:27
「さざらい」って単純に考えて「河原者」って意味じゃない?

223 :天之御名無主:05/03/19 13:13:17
刃物板で、ウメガイの使い方について聞いて見たけど、おおよそ実用にほど遠い形状なんだそうです。そんな刃物を後生大事に抱え、山を移動していた人達がいるとはとても思えない。

224 :天之御名無主:05/03/20 12:51:43
125 :本当にあった怖い名無し :05/02/13 10:36:52 ID:OOscnUVU0
先日、地元の渓流釣の解禁を受けて山奥へと岩魚を狙いに出掛けた。
一晩は山の中で過ごす積もりで、それなりの装備を持って昼から出掛け、
その日の夕方から釣り出した。
自分の秘密の場所なので他に釣り人も居らず、天子を五匹、岩魚を四匹釣って
川原の岩陰にツェルトを張って、飯を炊いて魚を焼き、
骨酒を作って飲んだりしながら過ごしていたら、
木々の間から人の話し声が聞こえてきた。

225 :天之御名無主:05/03/20 12:52:05
126 :本当にあった怖い名無し :05/02/13 10:39:11 ID:OOscnUVU0
もう辺りは真っ暗だったので、「こんな時間に上ってくるなんて珍しいな」と思い
話し声がする方を見ていると、男と女がこちらに向かってくるのが見えた。
近づいてくる彼らを見ていたら、明らかに普通の人間じゃない。
男は髭だらけの顔で、目が深く落ち窪んでいる。まるで原人のような風貌だ。
女は切れ長な目のキツそうな美人だが、まだ幼さを残している。
そして、何よりも奇天烈なのが服装だ。
男は襤褸切れのような布を何枚も巻き付けているだけ。
女は薄桃色の着物なのだが、だらしなく肌蹴ている。

226 :天之御名無主:05/03/20 12:52:26
127 :本当にあった怖い名無し :05/02/13 10:41:02 ID:OOscnUVU0
その場所は相当な山奥で、林道の執着点から川沿いに何キロも登ってきた所。
雪もかなり深く、この時期に入り込むのは俺のような酔狂な釣り人くらいのモノだ。
俺はあまりの異様な事態に、呆然と彼らが近づいてくるのを見ていた。
彼らは俺のいる川原の対岸に降りてくると、男の方が「今晩は。」と挨拶をしてきた。
異様な風体からは想像も付かない普通の挨拶に、
「アア、コンバンハ」とすっ呆けた声で応じてしまう俺。
彼は「寒いですなあ。火に当たらせてもらえんですか」と普通の声で言う。
俺は「ああ、どうぞ・・・。」と答え、彼らが川を渡ってくるのを呆然と見ていた。
男は女を抱き抱え、3メートルほどの川を一飛びにこちらへ渡り、俺の対面に座った。
すると、女が男から降りていきなり俺の膝に乗ってきた。
俺は驚いたが、男は何も言わないし、もういったい何が起こっているのか
理解の範疇を越え過ぎていて訳が分からず一言も発せられなかった。

227 :天之御名無主:05/03/20 12:52:54
128 :本当にあった怖い名無し :05/02/13 10:42:34 ID:OOscnUVU0
彼女は俺の膝の上で火に当たりながら、俺の手を握って来た。
女は意外なほど軽く、手は冷たく、体は冷え切っていた。
黒々とした髪からは若葉のような香りがし、銀細工のような飾りが一つ有った。
男が何処から出したか竹筒の水筒を口に運び、何かを飲んでいる。
俺もまた、先程作った岩魚の骨酒を飲もうかと片手を女の手から離して茶碗を掴んだ。
酒を一気に飲み干し、中の岩魚をもう一度火にくべて焼き始めると
女の腹がぐうと鳴るのが聞こえた。
「腹が空いてるのかい?」と聞くとこくんと頷いたので、先程釣った魚の残りを焼き、
炊いておいた飯を出して盛り付け、沸かした湯で出汁入り味噌を溶いて味噌汁を作り、
女に出してやった。男が「スマンですなあ。」と言うので「あなたもどうぞ」と男にも渡す。
二人はがっつく事もなく、むしゃむしゃと飯を食っている。

228 :天之御名無主:05/03/20 12:53:15
129 :本当にあった怖い名無し :05/02/13 10:45:05 ID:OOscnUVU0
その光景を見ていたら思考回路が戻ってきたので、俺は男に「貴方達は何者ですか?」
とストレートに尋ねてみた。
男は、「ワシはごろう、其れ(女)はきりょう。これから奥羽のおじきの所へ向かう所ですわ。」と答える。
「ハアぁ・・・。」俺は聞きたいのはそんな事じゃないんだが、と思ったが言えなかった。
飯も食い終わり、しばらくすると女は軽い寝息を立てて寝入ってしまった。
男も雪の上にゴロンと横になり、また竹水筒を口に運んでいる。
俺もかなり酒を飲んで眠くなってきたので、
マットの上で女を抱いたままシュラフに潜り込んで寝てしまった。

229 :天之御名無主:05/03/20 12:53:36
130 :本当にあった怖い名無し :05/02/13 10:46:20 ID:OOscnUVU0
翌朝、寒さで目が覚めると俺は一人でツェルトの中でシュラフに包っていた。
ハッと飛び起きジッパーを空け外を見ると誰もいない。
「なんだ、夢だったのか・・・?」と思いつつツェルトから這い出したら、
昨夜座っていたマットの上に銀細工の髪飾りと竹水筒が二つ置いてある。
髪飾りを手に取り「夢じゃなかったのか・・・?」と思いつつ竹水筒を開け、
一口含んでみると、爽やかな笹の香りのする酒だった。

230 :天之御名無主:05/03/20 12:54:18
これはサンカ?山人?

231 :天之御名無主:05/03/20 16:41:56
それ以前になんで銀細工の髪飾りと竹水筒を置いていったんだろ?彼等の格好から考えてもお礼にしちゃ度が過ぎている。

232 :天之御名無主:05/03/21 00:49:47
>>231
記述者が述べていない事実があるんだろう。

>木々の間から人の話し声が聞こえてきた。
といっているのにそれ以後、女の発言がいっさい描写されていない。

>女は薄桃色の着物なのだが、だらしなく肌蹴ている。
>マットの上で女を抱いたままシュラフに潜り込んで寝てしまった。
ってのもあやしいw
また、絶対に気付いたはずなんだけど、ある外見についての描写がない。
それに、女についての描写が男に比べて少なすぎる。
膝の上に乗っている怪しげな美女よりも、原人のような男に注意が向くはずがない。
あと、彼らに他に持ち物があったのか。
自分が他に何を持ってきてたのか。

露骨に述べる事はないが、何かがあった事をアピールしてるでしょ。

233 :ななしのこさん:05/03/21 01:00:12 ID:??? ?#
何気にそくれす。

>>1さんの所はおれもよく知ってるけど
サンカという言葉ははじめて聞いたな。
あそこのあたりは
まだ昔の雰囲気が残る良いとこだとおもうけど
やっぱ古い場所なんだね。
鼎だったかな?あそこの小学校は何気に良い雰囲気じゃない?



234 :天之御名無主:2005/03/26(土) 14:21:01
柳田国男が仮説の段階で研究を中止したサンカ(つまりいるかいないかわからない状態で研究中止)に関する著述をたまたま読んだ三角寛他が存在をデッチ上げたとしか思えないんだよな。

 (いくら仮説とは言え柳田がその存在に触れた文章を書いていれば、有名民俗学者のお墨付きとかいうハッタリに使えるからね。)

天人とかウメガイとか使っていたというけど、実際の遺物なんて残っていない。

 証拠がないのそんな連中が存在していたなんて思えないな。

 江戸時代に年貢を納められないので山に逃げ込んだ百姓とか山賊とか犯罪者とかがたまたま明治時代まで山で生活していて、その生き残りじゃないのか?

 サンカが存在していると主張する連中の掲げる証拠というのは他人が書いたうさん臭い文章ばっかなとこが笑える。

 証拠がないのは権力者(警察とか)が隠しているからだと言い張るんだもんな。

 これってオカルト信者が自説に根拠がないことを突っ込まれると、よくその言い訳に使う常套手段(秘密結社が証拠を隠しているとか、南極の氷の下にあるとか)なんだよな。



235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 22:08:29

浅墓だな。
少しは論理的に考えろ。

縄文人は全員弥生人になったのか?
弥生人は古墳時代どうなった子孫は全員奈良時代の貴族になったのか?

常に本来の山に住むままだったり
山に逃げ込む勢力は居るんだよ。
現代人も縄文系が4割だ、DNAでも勉強しろ間抜け。



236 :天之御名無主:2005/03/27(日) 00:28:21
>235山に逃げ込んだ縄文人がサンカになったと考えているようだが、それこそ論理的ではないな。縄文人とサンカを結び付けるような具体的な証拠はどこにもない。

237 :天之御名無主:2005/03/27(日) 00:45:25
追記


サンカ信者の典型的な論理展開はこうだ。


おそらく大陸から渡ってきた弥生人により原日本人は山に追いやられた。


山に逃げ込んだ人がいたんだから、おそらく山で放浪生活を続けたはずだ。


放浪生活を続けた人達がいたんだから、おそらく近代まで山に生活していた人達がいたはずだ。


山で生活していた人達がいたんだから、おそらくそれがサンカになったんだ。



全部仮説から仮説を導きだしているにしか過ぎないよ。客観的事実はまるでなし。オカルトと変らん。

238 :天之御名無主:2005/03/27(日) 10:20:59
 だれだれの子孫だ!っても、よくよく考えるとそれは最初の一滴
だけでそいつの血はその他の雑多な血が98%以上を占めてるんだよね〜


239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 22:00:40

馬鹿だな。

ほれ、
DNAのY染色体のYAPという変異の研究があるんだな。
table2
のV.W.で12f2が−でDFFRYがCなのは韓国と日本だけだ。

で、
2300年前の弥生渡来以前と書いてあるのは、
U.(引用次ページではUα.Uβ.)の縄紋人とT.だけなんだ。

論理的に、
それ以外のV.W.は弥生渡来とその混血と言う事だ。
引用では Yayoi immigrants from Korea と書いてあるな。
縄文人は39%だ。


http://medical.med.tokushima-u.ac.jp/jmi/vol49/pdf/v49_n1-2_p044.pdf




240 :天之御名無主:2005/03/28(月) 13:39:52
>>239
で、
分かりやすく言うとどういうこと?

241 :天之御名無主:2005/03/28(月) 17:42:12
>>239
どちらかと言えば日本の影響が半島に及んでるように見えるな。

242 :天之御名無主:2005/03/28(月) 22:55:02
日本人のDNAとサンカとどう関係あるんだよ。(藁日本人には半島からとはまた別のDNAがいるのはいい。それがサンカが存在した証明にどうしてなるんだよ。(大爆笑)

243 :天之御名無主:2005/03/28(月) 22:58:54
柳田国男の”山の人”については熊野の南方熊楠に否定されて、柳田が研究をやめたらしいが、そのお膝元の人間がサンカの妄想に取りつかれているのは面白い話しだと思う。

244 :天之御名無主:2005/03/28(月) 23:22:38
サンカを否定すると、キチガイじみたサンカ肯定論を書いてくる奴がいるのも面白い話しだと思う。まあ真性のキチガイなんだろうけど。

245 :事情ツウさんへ:2005/04/17(日) 10:53:18
事情ツウさんに質問したいです。小泉純一郎さまは『サンカ』系なのですか???

246 :事情ツウさんへ :2005/04/17(日) 10:54:19
『竹中』とかソレ系の苗字ですよね???

247 :天之御名無主:2005/04/17(日) 10:55:30
事情ツウ=情報ツウなんつって

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 12:48:16
柳田が山人研究を止めたのは南方熊楠に否定されたからではない。
南方は神社統合などで具体的に紀伊の被差別部落を良く知っていたから
柳田が本気かどうか度胸を試したんだな。

同じ頃、水平社が結成されて
とても学者風情の干与できる案件で無いと柳田はあきらめたわけだ。 
柳田は役人の経験もあれば人種問題も日韓併合の法整備や国際連盟や委任統治で関わったから
直ぐに分かったわけだ。

DNAで分かるのは1FやTの日本人はYAP+のアイヌより古い人種ということだ。
それに相当するのは考古学では後期旧石器時代人、
伝承では山人、天狗、鬼、
戸籍に載らない被差別民ではサンカしかない。


249 :天之御名無主:2005/04/17(日) 13:25:42
248を読むと、サンカって奥が限りなく深そうですね。怨念もアイヌ以上?
郵政民営化も歴史の必然なのかな…

250 :天之御名無主:2005/04/17(日) 21:02:16
>DNAで分かるのは1FやTの日本人はYAP+のアイヌより古い人種ということだ。
>それに相当するのは考古学では後期旧石器時代人、
ここまではいい。

>伝承では山人、天狗、鬼、
>戸籍に載らない被差別民ではサンカしかない。
なにこの飛躍ぶり



251 :サンカが恐ろしいのは:2005/04/17(日) 22:33:33
サンカに関係ない不可思議な事や、すばらしい古代の叡智がすべて
サンカに集約されてしまう事。
差別されていたとかアナウンスされれば、一般の人たちは
意味無くサンカに後ろめたさを持ってしまう。それが十分計算済みな事
サンカってなんか天皇制の裏表みたいですね。
か弱い一般人の味方みたいな顔してますけど…


252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 10:32:40
集約されるから正解だということだ。
ある資料からしか説は立てられないんだよ。

サンカに関係無いと証明できないくせに
非論理的なことを言うな。
馬鹿のくせに。

253 :天之御名無主:2005/04/18(月) 11:27:54
>>1

はい、あなたはサンカじゃなくてただの朝鮮人です!

254 :251:2005/04/18(月) 23:19:15
252さんはサンカ関係の方なんですか?
だったらイロイロ教えてください。
僕は最近のドラマで同じ人が、じゅんぐり出続けている事がサンカと
何か関係あるような気がしているのですが。ドウなんでしょうね?


255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/19(火) 00:31:52
サンカではない。
サンカに興味があるだけだ。

ドラマで同じ人が出続ける?
営業用だろ。
最近までは朝鮮系が多いと思うがなー。

被差別部落は昔から芸能が多いから
朝鮮系が多いのははわかるがなー。
ひところの松坂慶子とか名取裕子だろう。
今は和田明子か。
サンカ系はいるかー?

256 :251の電波脳では:2005/04/19(火) 00:52:52
チョット前まで花王のCMに出てた人がサンカ系だと妄想しています。
チョット禿げてきたら降ろされちゃいましたけど。
15年前くらいに「青春の門」っていうTVドラマがあって
この作品の若い主人公の男女は有名になるってジンクスがあって
彼が出てて、「この人が流行るかのかなー?」と思ったら
あれよあれよと売れちゃって、ここ最近出ずっぱりですよね。
役者とか作者を押さえられたら、わずかかもしれないですけど世論形成?
のようなことが出来るんですから、すごい事ですよね。
警察をおちょくってる「踊る大走査線」とかも、あやしいかも。
な〜んて事を寝不足の脳内でこしらえました。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/19(火) 00:56:28
踊る大走査線はそうだなー。
花王?だれだ?
青春の門?書いたのは居付きサンカらしいが。

258 :天之御名無主:2005/04/19(火) 12:11:21
音無なんてのも怪しいもんだと思うね。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/19(火) 14:06:14
なるほど、
佐藤浩一に杉田かおるか、
獣の匂いがするなそうかもしれんな。

花王は創業者が恵那郡福岡村で石鹸=当時は尿が材料
を作り始めたということからは
会社自体がサンカ系なんだろう。
ロッテは朝鮮系だしうまく出来てるな。


260 :天之御名無主:2005/04/24(日) 21:50:23
>248


なんかものすごく頭の悪そうな人の書いた文章だなあ。

どうして純粋な原日本人がいることが即サンカの存在を証明することになるのかわからんぞ。現在の日本人を調べて、原日本人のDNAを持っていれば、そいつはサンカだと言っているのと同じだろ。そいつはもしかしたら平凡なサラリーマンかもしれんぞ。

261 :天之御名無主:2005/04/25(月) 11:48:05

原日本人がいる→サンカだと、
馬鹿ではないか。

サンカ→原日本人といっているのだ。
傍証は江戸〜大正の無戸籍者の編入による人口増加。

馬鹿はひっこんどれ。

262 :天之御名無主:2005/04/27(水) 03:22:46
サンカ系ッてよく解らないのですが
倭人の事ですよねッ?!
私も、お爺さんが広島内陸部の出身で
私の特徴は、身長は176センチ
色白、乳輪はピンク、額は広く
眉は少し酷眉尻は上がり、奥二重で
歯は親知らずが生え揃っていますし
顔立ちが整っていて、鼻筋が太く通り
髪は、左後ろ髪がカールしたヨーロピアン足は人差し指が長く親不孝足のギリシャ足性格は個性的で嘗、繊細です。
私の姓は「島谷」で歴史上の人物は唯一
小笠原諸島の探検隊隊長の
幕府の武士、「島谷 市左衛門」 と言う人がいます。
関東には、
「大島谷」、「中島谷」、「小島谷」等々の姓を持つ人もいます。
関西では、「島谷」と「嶋谷」位しか見当たりません。
私の家は広島に幾つか在る島谷家の一応
本家で私は次男です。
関西の「島谷」と書く姓は、ほぼ全て発祥地は広島になります。
顔立ちの共通点は中国地域や四国に多い
二重、額が広く、顔立ちが整っていて
鼻筋が通り、性格は荒々しく個性的
先天性のハゲは父方の親戚には居ません。婆ちゃんは、旧姓「出石」おそらく近畿出身なので、出石民族の可能性がある。
しかし、婆ちゃんから家の島谷家に
五七の霧の家紋を譲り受け、婆ちゃんは
夏ミカンの木を育ててたから豊臣家の家系なのは間違い無いでしょう。
誰か「島谷 市左衛門」のその後しってたら
教えて、情けない事に私の父達は、ルーツに興味が無いため爺ちゃんの代の事までしかしりません。(T_T)
歴史家の方責めて「島谷 市左衛門」に詳しい方教えて下さい。


263 :天之御名無主:2005/04/27(水) 05:05:32
262訂正

「誤」五七の霧
「正」五七の桐
です。寝ぼけてました。


264 :天之御名無主:2005/04/27(水) 14:07:12
>>249
なかなか視点がシャープだね。
確かに山窩の謎を解明するためにも「郵政民営化」は欠かすことが出来ない。

265 :”削除”依頼板転載人@星猫:2005/04/27(水) 14:29:10
意味不明

61 :島谷 :2005/04/27(水) 13:41:46 HOST:07001160379212_mb wbcc3s07.ezweb.ne.jp
西村 博之様と削除ボランティア様方達へ
学問・文系=民族・神話学=私はサンカ系?の中の
名無しの「262」.「263」の重要削除
お願いいたします。

(私が書き込んだのですが…
あとから考えると、実生活の隣人に知られ特定される確率の高い内容なので
そうなると私自身だけで無く、家族にも
迷惑かけてしまい‥こまるので重要削除をお願いいたします。
できれば、この依頼の
書き込みの削除も、お願いいたします。)
私はサンカ系?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/min/991634884/

266 :島谷:2005/04/27(水) 16:28:17
星猫殿

私はこのような形で貴殿に対し、
訴訟を起こす事を誠に残念です。

つきましては、貴方がの側の弁護士を
立てる事をお勧めいたします。

尚、今後の話し合いは地方裁判所を通じ
弁護士との話し合いでのみでのとさせて
いただきます。

以上。

267 :”削除”依頼板転載人@星猫:2005/04/27(水) 17:39:47
とりあえず寝言はうちの個人情報をスーパーハカーにでも調べてもらってから
おっしゃってください(´ー`)y─┛~~

268 :”削除”依頼板転載人@星猫:2005/04/27(水) 17:57:12
あらあら
ちなみに埋め立ては鯖に負担をかける非常に悪質な行為です
続けたりするとプロバイダに連絡いったりして怒られちゃう場合があります(´ー`)y─┛~~

ついで

63 :あさげ :2005/04/27(水) 15:03:59 HOST:350249002465960 proxy113.docomo.ne.jp
念のため。削除依頼文は基本的に削除されません。


64 :  :2005/04/27(水) 16:18:33 HOST:210.196.130.62
どうして?


65 :阿梵明王 ◆HpcRk2ELiM :2005/04/27(水) 16:40:27 HOST:cthrsm007085.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
>>61
こちらは削除依頼スレではありません。お引き取り下さい。

#なお、当スレの61及び当該レスは、正式に削除依頼しても自己責任ゆえ却下です。

269 :天之御名無主:2005/04/28(木) 09:08:01
この一月前から‥ここの2ch見つけて、気になったコメント「2chの常連の大半は皆低脳」等々のスレに最近、私も感じてましたが‥まーーッサイト運営者連綿関係者側が先陣斬って程度の低い行為に24時間体制で耽りる‥このサイト
昔の、`96年当時の「イ○ターQ」のチャットルーム程度の低俗な輩のサイトだねぇッ〜糞星猫クン

270 :天之御名無主:2005/04/28(木) 09:12:28
この一月前から‥ここの2ch見つけて、気になったコメント「2chの常連の大半は皆低脳」等々のスレに最近、私も感じてましたが‥まーーッサイト運営者連綿関係者側が先陣斬って程度の低い行為に24時間体制で耽りる‥このサイト
昔の、`96年当時の「イ○ターQ」のチャットルーム程度の低俗な輩のサイトだねぇッ〜糞星猫クン



271 :天之御名無主:2005/04/28(木) 09:44:36
これからは、このサイト運営者連綿側を無視して尻目にこれも一層利用し関係者思しき糞が来たらバッシングし利用してやったるは…阿呆共ッ今後ともヨロシュウにのーッ

272 :天之御名無主:2005/04/28(木) 09:51:07
ハハハハハッ!












273 :天之御名無主:2005/04/28(木) 13:26:31
>>269-272
法廷でお会いしましょうね。

274 :天之御名無主:2005/04/28(木) 13:59:29
浅猫殿

ハハハハハッ!ハハハハハッ!

275 :天之御名無主:2005/04/28(木) 14:10:15
低脳、、

276 :天之御名無主:2005/04/28(木) 14:26:54
>>269-272の書き込みを見た知人が「この人、低脳?」って言ってました。
だから「ああ、2ちゃんねるの常連は大半がそうなんだ」と答えておきました。
知人は納得してました。

まあ、悪口でこのスレを埋め立てたいのなら止めません。
自己責任でご自由にどうぞ。
このスレがあって困るのは、どうせ>>262を書いた島谷さんだけでしょう。

277 :天之御名無主:2005/04/28(木) 14:45:37
そんなに、自分をネット上のありとあらゆるレスを転載出来ると自称するなら…

ネット上の私の過去に書き込んだレスを今ここに持ってこいッ!
正し、2チャンネル以外が条件だ。

そうだなヒントとして、まず‥2000年のマイクロソフトの掲示板の俺のレスだッ!
勿論、その時の俺のハンドルネームもなッさーッやってみなッ!

まさか、できねぇなんて言うなよッ!
自称ネット転載の神様よッ!

278 :天之御名無主:2005/04/28(木) 14:50:42
どうした?

お腹でもいたいか?ん?

早くしろよッ!ぼうずッ!

星猫転載神さんよ〜ッ!

279 :天之御名無主:2005/04/28(木) 15:18:58
誰か自称したのか?( ´,_ゝ`)プッ
妄想もいいかげんにしてくださいよ島谷さん。

>>277-278
>>276

280 :天之御名無主:2005/04/28(木) 15:22:36
つうか、この島谷さんは、私のことを星猫だと思ってるんだろうか。
何? 「アンタも俺のことを島谷だと思ってるだろ」って?
そりゃごもっとも。( ´,_ゝ`)プッ

281 :代理人:2005/04/28(木) 18:33:27
何か忍びないので……。これ使ってレスを削除すればいいです。
今度からは気をつけてください。


2ちゃんねるでの書込みの削除方法。

通常、インターネット掲示板には自分の書いたレスを削除するコマンドが
用意されています。2ちゃんねるもその例外ではありません。
規模の小さい掲示板ではレスごとにパスワードを入力して
ボタンを押したりする方式がありますが、2ちゃんねるほどの規模の掲示板になると、
それでは画面がごちゃごちゃして見づらくなります。
そこで、2ちゃんねるでは以下のような方法で、以前に書込みしたレスを
削除する方式をとっています。


1.名前欄に半角で"fusianasan"という文字を入力します。
 これは「おまえの目は節穴か?」などと言う場合に使われる節穴の意味で、
 つまり、他の人が削除対象のレスを見ようとしても見えなくなる事を意味しています。

2.次に本文として削除したいレスの番号を記入します。
 この時、他の人の書いた書込みの番号を入力しないように注意してください。

3.「書き込む」ボタンを押します。

4.これで、レスの削除は完了です。

5.サーバーの調子が悪いときには失敗することもあります。
 書き込みが消えていなかったら1.からやりなおしてみてください。

282 :天之御名無主:2005/04/28(木) 23:51:33
つーか、>>262-263は、削除してあげればいいのに。

個人が特定しやすいんでしょう?
今回の場合は、本人かもしれないけど、他人が勝手に嫌がらせで
書いちゃうことだってあるだろうに。

283 :07001160379212_mb:2005/04/29(金) 01:08:28
262.263.265.266.269.270.271.272.274.275.276.277.278.280

284 :07001160379212_mb:2005/04/29(金) 01:11:36
262-280

285 :07001160379212_mb:2005/04/29(金) 01:14:34
262-284

286 :07001160379212_mb:2005/04/29(金) 01:16:08
262-286

287 :07001160379212_mb:2005/04/29(金) 01:25:38
286

288 :07001160379212_mb:2005/04/29(金) 01:26:38
285

289 :07001160379212_mb:2005/04/29(金) 01:27:32
284

290 :07001160379212_mb:2005/04/29(金) 01:30:09
282

291 :天之御名無主:2005/04/29(金) 02:05:59
初めから薄、薄気付いいましたよッ!
281星猫の代理人さん‥
サブスクラバーID表示させて‥
俺の発信元これから、調べて…
これからの予定は…さあ、一体どうする
ご予定‥ん〜ッ!

サブスクラバーIDなんて普通にサイト運営している所なら読み取られてて当たり前
今更…そうか…サイト運営者(西村博之)とは、そこまでの付き合いじゃないのねッ!
ハッ‥安ッぽいッ…

292 :天之御名無主:2005/04/29(金) 02:14:35
それよりも…
もうタイムリミットだッ

てめえは、ただの腰抜けだったって事が
これで、ハッキリした訳だッ!

俺も暇じゃねーからな‥
じゃあなッ、ぼうずッ!


293 :天之御名無主:2005/04/29(金) 09:44:58
削除してもらえない腹いせで暴れるのはあなたの勝手ですが、
暴れれば暴れるほどこの問題が表面化してよけいな野次馬を
呼び込み、削除されなかった書き込みが目立つことになると
思いますが、それはあなたの本意なのでしょうか?>暴れてる人
削除依頼の判断が出て問題が終了しているこのスレで、
一体あなたは何をしたいのですか?>暴れてる人

>>282
知ったような口をきく前に、運営板を半年ROMってください。
「個人を特定しやすい」とありますが、私には誰のことだか
サッパリわかりません。
また、投稿者は「投稿者は、投稿に関して発生する責任が
全て投稿者に帰すことを承諾します」という項目を承諾したうえで
書き込んでいます。
自分で自分の情報を自分の責任で書いたのだから削除されるはずが
ありません。

294 :天之御名無主:2005/04/29(金) 10:15:17

とりあえずそういうことは、郵政民営化してからの問題だろ?
論点をすりかえるなよ。

295 :天之御名無主:2005/04/29(金) 11:34:33
昔、といっても伊勢湾台風前後のころ(昭和30年代)のこと。
私自身も幼かったので良く覚えていませんが・・・
神社の境内に「やかん」等の金物や「カゴ」等の竹細工の修理の一団が、たまにやってきてた。
場所は三重県の鈴鹿市の一寒村の小さな神社です。
彼らって、サンカだったのでしょうか?

296 :天之御名無主:2005/04/29(金) 12:26:39
なんか……ベタな2ちゃんネタが繰り広げられてますね。

>295
沖浦和光著 「幻の漂泊民・サンカ」 によれば、サンカといっても半定住している者と
流浪生活をつづける者がいるようで、冬などは家族とどこぞに定住してて毎年夏の数ヶ月だけ
ひとりでやってきて竹細工を繕って帰っていく男サンカの姿が珍しくなかったそうだ。

その一例として、熊野から吉野あたりに来ていた男サンカは在所が伊勢の方であったという。
とすれば、鈴鹿まで彼らがやってきたとしても全然不思議はない。あるいは鈴鹿山脈を越えた
近江方面というのも考えられるか。

まあ、南北縦長で部落差別を色濃くのこす三重県だけに該当の人物たちがどこから来た人間で、
本当にサンカだったのかどうかなんて今となっては知りようがないだろう。

297 :天之御名無主:2005/04/29(金) 15:52:56
竹製品を扱っているのがサンカの定住者達だろ

今はもうサンカいないよ

298 :天之御名無主:2005/04/30(土) 21:17:40
三重県の人間(40歳代)だが、サンカって初めて耳にしたが、このスレ見てびっくりした。
そういえば「あんな人達いたなあ・・」「一時期転校してきて、すぐ居なくなったあの子と家族・・」等々、サンカかもって思うと妙に研究心をかき立てられる。


299 :天之御名無主:2005/04/30(土) 21:28:38
若槻の手コキフ●ラの映像。
深夜番組で売れてない頃だからって、ちょっとこれは・・・
http://www30.tok2.com/home/kaicyou/sunbbs/sunbbs.cgi?mode=form

300 :天之御名無主:2005/05/02(月) 01:44:53
>> 一時期転校してきて、すぐ居なくなったあの子と家族・

それだけじゃあ特定できないでしょ。
親の借金苦かも知れないし、北朝鮮に拉致されたのかも知れないし、証人保護プログラムかも知れないし...


301 :天之御名無主:2005/05/02(月) 13:00:41
サーカスの子かもしれないし・・
旅役者の子かもしれないし・・

302 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/02(月) 17:52:09
研究心では駄目だなあ。

ビデオの旅芸人の記録か
Martin Brozkの『ジプシーの記録』くらい
見てから考えろ。

で、
その後わしにいじめられるのだ。

いや断食芸人でも良いぞ。
楽しみだなー。


303 :天之御名無主:2005/05/03(火) 01:00:53
ビデオみたい。
断食芸人ってなんですか?

304 :天之御名無主:2005/05/03(火) 23:17:37
>261


意味がわからんのだが、”もしサンカが実在していたら、それは原日本人である”と仮説を唱えたいのかね?いくら仮説を唱えてもサンカ実在の証拠にならんよ。アプローチの仕方が間違っているのでは。





>303


「断食芸人」はカフカの小説(題も断食芸人)に出てくる架空の芸人だ。

305 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/05(木) 14:40:47
なに仮説で充分だ。

明治・大正のサンカの記録は
それを証明している。
史料がない=実在しない
と沖浦氏は誤解しているんだな。

その理由が高度に情報化された近世日本で
江戸時代中期にさかのぼる記録がまったくない、
という理由だ。

この程度の論理ならサンカ=原住民の仮説で充分だ。

306 :天之御名無主:2005/05/07(土) 17:20:41
山窩焼きはマジうまいぞ!
この料理の由来もサンカと関係あるのか?

307 :264様へ:2005/05/07(土) 18:07:18
誉めて頂いて嬉しいです。
自分が郵政民営化がサンカと関係あると思ったのは(皆さんには笑わそうな本
ですが)加門七海の魔方陣シリーズを読んだからです。僕はすっかりハマリました。
民営化で郵便局に仕掛けられたマジカルは明らかに弱まると思えます。
ある意味、日本の歴史は天皇家とサンカ系の争いかも?というのは発想飛躍過ぎでしょうか?
(サンカ系と噂される小泉首相の愛子様に対するちょっとした発言が、
「この人そんなに皇室敬ってないなー」と思えたので…)

308 :天之御名無主:2005/05/08(日) 01:15:36
>305また訳のわからんことを。仮説は仮説であって、事実ではないぞ。

309 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/08(日) 01:28:25
事実?
タイムマシーンでも持ってるのか?

事実なぞ永遠にわからない。
一番根拠のある仮説がすべてだ。

史料がないから江戸時代中期以前はサンカは存在しないという
サンカは天明・天保の飢饉で山に入った人たちだという
沖浦氏の仮説は一番最初に落ちる。

明治・大正のサンカの習俗は江戸時代末期程度のものではないからだ。
蛇は生で皮をはいで生きたまま、米を石で蒸して食べるんだな。


310 :天之御名無主:2005/05/08(日) 01:37:07
>309


仮説を根拠があるものにするために、色々と証拠集めをするんでしょうが。

一番それらしいからと言って、それが本当なのかどうかわからんぞ。

311 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/08(日) 09:34:57
だから本当かどうかなど
永遠にわからないと言っているだろうが。

サンカに限らず、資料の限界がある考古学でもな。
自然科学と違って実験も検証も出来ないのだ。



312 :天之御名無主:2005/05/08(日) 11:29:33
サンカは戦前どころか戦後まで生き残っていたとかいう人もいますがね。

それでなんで実際にいたことを証明する証拠が全然見つからないのでしょう。(大爆笑)

313 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/08(日) 11:55:20


意味不明?
証拠はごろごろあるが?
明治政府の公式文書にも?

314 :天之御名無主:2005/05/08(日) 20:49:23
ないよ。あるというならどの明治政府の公式文書にあるのか教えてください。

元々サンカは山に隠れ住んでいる人間全体を意味する言葉であって、

 古来から存在する特殊な風俗習慣を有す民族を意味する言葉ではないと聞きましたけどね。

315 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/08(日) 21:23:45
安政2年の広島藩庄屋文書のサンカ追い払いの触書
明治4年の浜田県(島根県)の壬申戸籍を作る上でのサンカの扱いの問合わせ。
明治8年の浜田県の羅卒(警察)文書。
だよ。

特に沖浦氏は明治8年のは見つからないので
サンカ小説家三角寛の捏造と思っていたそうだ。

出版の前に見つかったので事なきをえたが
そうでなければ史料が無ければ存在しないという氏の論法を
氏自ら駄目な論証の例と証明することになり面白かったろうな。

316 :天之御名無主:2005/05/09(月) 00:20:56
だから山に隠れ住んでいる人の総称がサンカだったわけだよ。


今まで里に住んでいた農民が年貢が納められなくなり、山の洞窟に住み着いたり、山賊とかがお役人の手から逃れて山に住んでいたりした。

 この人達は事情があって山に隠れ住んでいたわけ。その呼び名がサンカ

家がなくて、野宿している人のことをホームレスと呼ぶが、ホームレスなんて民族は存在してはいないよね。

 それと同じこと。

 昔からの伝統で山に住んでいたわけじゃないよ。

 

317 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/09(月) 07:21:42
で、
山に隠れ住んだのはいつからだ?

318 :天之御名無主:2005/05/10(火) 04:45:19
まだこのスレあるんだ、
古代から存在する、反日(反朝廷)勢力が山で情報交換して
生活していた人をたまたま、、どこかの妄想学者がサンカって
呼んだだけじゃん、、税金(年貢)払わなくてもいいし、、、
その伝統、、今でも残ってるだろ、、在日とか同和とか、、
多分、、縄文系の住民も、、謝罪と賠償を要求してたんだろ!
暴力との引き換えに、、、


319 :天之御名無主:2005/05/10(火) 05:01:25
古代っていつからだ?

320 :天之御名無主:2005/05/10(火) 08:50:28
>>318
まぁね。

321 :天之御名無主:2005/05/10(火) 09:03:29
まぁ、アレだよ。 何で山に隠れてないと住んでいけなかったのか
考えれば一目瞭然だよ。普通なら、わざわざ隠れなくとも生きてける。

まぁ、アレよ、異常だった事にはかわりないわ。

そうそう、サンカとは当然呼ばれてなかったらしいけど、1950年代くらいまで、
東北の山奥で屠殺とかしてた人がいたんだってさ。
ある時、突然いなくなったらしい。 たぶん、北の楽園に行ったんだと思う。
そのサンカ思しき人達と接点があった日本人はまずいないらしい。



322 :天之御名無主:2005/05/10(火) 09:35:06

妄想だね。

北の楽園で自爆だ。

323 :天之御名無主:2005/05/10(火) 09:55:23
ま、
サンカは土蜘蛛、やつかはぎ、国栖の末裔だな。

記紀に書いてあるのに見落とした
沖浦氏は恥ずかしいだろうな。

324 :天之御名無主:2005/05/10(火) 11:52:54
>>322
妄想でも何でもいいけど、まぁ、サンカだとか、被差別部落だとか、在日朝鮮人だとか
ってのは共通点がありすぎます。

325 :天之御名無主:2005/05/10(火) 12:04:35
マガクモが ムレコを語る 悪事とは
  
  美事断割る アマノムラクモ


326 :天之御名無主:2005/05/10(火) 12:24:53
マガクモが オオミタカラを 泣かすとき
  
  みの確かさも 衣濡れけり

327 :天之御名無主:2005/05/10(火) 14:00:16
おおみたから
=大御田輩

天皇の田んぼを耕す奴隷
=官戸の農奴

328 :天之御名無主:2005/05/10(火) 16:22:08 ?#
また戦後の財界は「番町会グループ」というサンカ系!の財界人が私腹を肥
やすために政治を牛耳る(角栄もその駒の1つ)とあります。この本に出て
来る財界人の多くがサンカ系○○のようで、直接は部落出身、イツキサンカ
となります。関西財界の黒幕・小林中(こばちゅー)の本姓は「関根」だそ
うです。それで分りました、サンカ系の中に天皇制を担いだり、保守的・右
翼的な方が多い秘密が。大阪在住伊藤君ちの48代続く家系図を未だに返さ
ない伊藤博文の真似がしたいのでしょうか。
老人ホームで人生の幕を閉じようとしている「取り残された」サンカ系はなお
「角栄は我々の仲間だった」「前首相は・・・」と誇りにしていますのに。
 して見ると小泉首相(恐らく別所系)は、田中真紀子(シノガラの娘だか
らか熱烈人気?)を猿回しの猿の如く扱い、天皇制を残す事で私腹を肥やす
腐敗した一部サンカ最期の期待の星のような気がしてきます。

http://tmp.2ch.net/rights/kako/993/993786131.html

329 :天之御名無主:2005/05/10(火) 16:45:55



行動は言葉よりも声が大きい タルムードより

330 :天之御名無主:2005/05/10(火) 17:27:22
327》捏造  オオミタカラは農民に決まってるだろうが。

       誰が蓑を作ってきたんだよ。
       評判の手作りの漬物の樽をよく見ろよ。
       
  こいつはこの人たちの実直さや律儀さを馬鹿にしているということだな。

       
       

331 :天之御名無主:2005/05/10(火) 18:19:41
おおみたから?

大御田を耕すやから
=天皇の官戸の農奴
だが?



332 :天之御名無主:2005/05/10(火) 18:29:57
奴隷という言い方でこの人たちの前で大声で言ってくれ。

多くの者は考えたくないので、逃れるために本を読む。

タルムードより

333 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/10(火) 23:17:29
ま、
サンカは土蜘蛛、やつかはぎ、国栖の末裔だな。

記紀に書いてあるのに見落とした
沖浦氏は恥ずかしいだろうな。

334 :天之御名無主:2005/05/11(水) 00:25:06
恥ずかしい民ではないということだな。

335 :天之御名無主:2005/05/14(土) 23:57:42
>317


親の代からという人もいただろうし、おとついという人もいただろうね。

336 :天之御名無主:2005/05/15(日) 00:00:19
サンカ信者にサンカはいないと言うのは、織田無道に幽霊なんていないと言うのにも等しい。

337 :天之御名無主:2005/05/15(日) 12:08:45
サンカが存在していることを前提にして話しを進めるのは学問ではない。

338 :天之御名無主:2005/05/15(日) 14:37:01
年金を払ってないオレは現代のサンカ。

339 :天之御名無主:2005/05/15(日) 18:48:53
このスレの島谷は恥ずかしい奴だけどねッ!

340 :天之御名無主:2005/05/16(月) 22:00:53
江戸時代後期の事…幕命で巡検した武士は帰還後に幕臣に取り立てられていた。
「長崎県大百科事典」
◇島谷市左衛門 しまや いちざえもん?〜1690(元禄三)
泉州堺の人。
江戸時代前期の探検家。オランダ人
カスパル・スハルベルヘンによって
遠近法測量術を伝えられた
長崎奉行所与力・樋口清右衛門から
「規矩元法」の伝授を受け
島谷流航海術に優れる。
1669年(寛文九)
末次平蔵の命で唐船を模した船を造り
江戸に回航した。
1675年(延宝三)
幕命を受けて代官・伊奈忠易らを乗せて
伊豆下田を出港し、小笠原諸島を調査
・探検し珍獣、奇木を持ち帰り将軍に
献上した
◇末次平蔵政直すえつぐへいぞうまさなお長崎代官を務めた朱印船貿易家。
◇末次船絵馬
現在は長崎市歴史民族資料館に寄託。
◇スハンベルヘン出島商館外科医。
◇航海術・・・また、島谷市左衛門定重は1670年(寛文十)
『オランダ系航海術』を著した。
その子孫の島谷市左衛門尉父子は
1675年(延宝三)小笠原諸島探検を行った。彼らが長崎と関わりがあったと
考えられるのは


341 :天之御名無主:2005/05/16(月) 22:04:47
[…前の続き]

1688年(元禄元)
徳川光圀が蝦夷探検を試みた際、長崎からアストロラーベ(天文観測儀)を
初めとする天測具や磁石海図の類を
取り寄せ航海家・崎山市内を船頭に
している事から判断でき当時わが国でも
西洋式航海術が細々ながら存続していた事が知られる。

長崎人でない‥
島谷の意味名を持つ家柄‥親子代々、市左衛門と名乗る意味は‥?「島谷市左衛門」は一人では無い!?
江戸時代以降の島谷家について‥崎山市内〜徳川光圀〜水戸藩の筋や「島谷流航海術」等々‥色々‥調べ所は多い‥。
倭寇との関係があるらしいが、「泉州」で調べると、

「姓氏家系大辞典」
第二巻
●島谷 シマヤ シマタニ
泉州の名族にこの氏あり。
河盛仁平の女婿を島谷安三郎という。
また銀座由緒書に
「平銀見役、島谷八之助、島谷八次郎」等見え、また伊勢、志摩にも存す。
と少しですが、記録がありました。
時代的に松浦党など関係ありそうだ。
島谷姓三人を調べると何かわかりそうだな


342 :天之御名無主:2005/05/16(月) 22:06:29
[…前の続き]

[注釈]
>小笠原探検隊= 幕府巡検使
小笠原村民は「延宝巡検 隊」と呼ぶ。

>河盛仁平
(明治時代、堺の大商人)>銀座由緒書
(東京銀座の職員名簿録)
☆島谷市左衛門はここを「無人島」と命名。
と‥神社を奉納した事で後々で米国の小笠原諸島(bunin)の領有権を主張した際に‥先の件により日本側の領有権が認められた。

◎他サイト上で調べると
@倭寇朗詠集の松浦党との接点
*まず、和冦と元冦。
・元冦は
大陸の軍勢が日本を
攻め入る事。
・和冦とは
日本からアジアへ侵攻すだが朝鮮半島と中国以外では、オランダからの植民地解放軍(松浦党)だったらしいが‥鎖国により松浦党は撤収により‥
アジア諸国は再び植民地化される。
*松浦党、1350年頃、現代の長崎県佐世保の松浦の地を根拠地に松浦党=海賊(幹部は北九州の武士団で構成され、地元漁師民団・対馬島民で構成内、氏家は先導・指揮し氏家として嶋谷家が加わり「足利直冬」(当時、南朝を掲げ独立した九州の支配者)命で動いて居たようです。

後調べていないのは…
崎山市内〜徳川光圀〜水戸藩筋
「島谷流航海術」
の辺りが残っています。

以上。

343 :天之御名無主:2005/05/16(月) 22:09:24
君ら、
いい加減にしなさいよッ。


344 :天之御名無主:2005/05/16(月) 22:42:00
島谷家は英国的な貴族の家系になるね!

345 :島谷:2005/05/17(火) 00:26:41
少し来ない間に
ものすごい事に成ったますね!
最悪。
こうなるのが心配で消して欲しかったのに………………。
まっいっかッ!
過ぎ事言ってもしかたないなぁ。

あーあっ!

とうとう
ここまで調べてしまわれましたか…

まっ知りたかったも分かりましたので
有難うございました。

これで、余りハメが外せ無くなりそうです。

それでは、又…。

346 :天之御名無主:2005/05/18(水) 15:09:27
>>345
> それでは、又…。

もう来なくていいよ。また転載されて泣かされるぞwww


347 :天之御名無主:2005/05/19(木) 01:34:40
346おいっ!
エッタの糞ガキッか、それとも、チュン粕ッ!こんな所で先祖代々の恨み
はらしてんじゃねーぞっこらーっ!
我等の海賊こと、貴族様に失礼なんだよっ!
ヨツ

348 :350240003179825:2005/05/19(木) 01:48:34
ヨツ
それともジゲかよ
なあどれだチョン

349 :天之御名無主:2005/05/19(木) 01:59:28
346とりあえず死ね

350 :天之御名無主:2005/05/19(木) 07:44:28
>>347-348
差別発言として運営に通報しておきました。
>>349
脅迫として運営に通報しておきました。

こんどは「転載されて泣く」だけでは済まないですね。ご愁傷様です。

351 :天之御名無主:2005/05/19(木) 12:41:52
346.350何吠えてんの?
しらないの…
同和保護法とっくに
無いですよー!
同和さん!

352 :天之御名無主:2005/05/19(木) 13:06:08
346-350
ヒマ人
いちいち人の話に∞に
つっかかてんじゃないよウザいッ!

353 :通りすがり:2005/05/19(木) 13:12:35
このスレ
立て直したら?

放置している管理人の気が知れない

354 :天之御名無主:2005/05/19(木) 13:21:32
管理人又は、このレス立てた奴の…
全てのカキコミ一人芝居?
(個人的恨みによる犯行)

355 :天之御名無主:2005/05/19(木) 13:30:11
2ちゃん創始者=2ちゃんネラー総帥
自ら…さすがッ!文系ッ?

356 :通りすがり:2005/05/19(木) 13:37:59
サンカ系レスって
気分悪ッ!

357 :天之御名無主:2005/05/19(木) 13:42:57
ちがうよ!
悪いのは
転載マニアと
通報厨だって!!

358 :バヒューンツ!:2005/05/19(木) 13:50:36
通報厨あちこちで悪さしてんじゃねーぞっ!と…

359 :天之御名無主:2005/05/19(木) 15:44:24
このスレはサンカ系と
島谷家の自慢大会スレ
でしかーっ?

360 :天之御名無主:2005/05/19(木) 15:52:52
そうでしか。
なら厨房はジャマでしね(-.-)ъケシッケシケシッ?

361 :天之御名無主:2005/05/19(木) 15:53:36
今後の話し合いは弁護士を通じて行なうんじゃなかったんですか
サンカ島谷さ〜ん? ( ´,_ゝ`)プッ
>>266みたいなことを書いて実際に訴訟しないってことは、
脅迫とみなしていいんですよね?

このことも運営に通報しておきますね。

362 :天之御名無主:2005/05/19(木) 15:55:40
>>357
違うよ!!
悪いのはこのスレの島谷の顔と頭!!

363 :天之御名無主:2005/05/19(木) 16:09:54
(-.-)ъ更にケシケシッ…ふーッ(-。-)ъ
これで厨房は消えましたスレは残ってますが
無視して下さいでしッ!
(^_^)/
それでは自慢大会再会でしッ!

364 :天之御名無主:2005/05/19(木) 16:18:28
ワラタ

365 :天之御名無主:2005/05/19(木) 16:19:22
ワカタ

366 :島谷:2005/05/19(木) 16:46:37
自慢します。私は馬鹿です!!
このスレの>>266あたりから読んでください!!

367 :天之御名無主:2005/05/19(木) 16:52:17
>>363
はいはい、ウンコウンコ

368 :サンカします。:2005/05/19(木) 18:34:06
スッキリッ!

369 :sageもサンカし申す。:2005/05/19(木) 18:44:20
はーい!はーーい!
ゲロ下痢エロッ!

ガックリ!о(_ _)о

370 :(´,_ゝ`)プッもサンカしますか…:2005/05/19(木) 19:00:14
孤児です。
サンカは世界の覇者なのだッ!

371 :天之御名無主:2005/05/19(木) 19:04:07
やっぱりなッ!

372 :天之御名無主:2005/05/19(木) 19:33:44
362お前はオレか!?

373 :天之御名無主:2005/05/19(木) 20:30:52
再び
(-.-)ъケシケシッ…
さあ、どうぞッ!
\(^ー^)/ j

374 :天之御名無主:2005/05/19(木) 20:36:03
ワロタ

…ソイジャーッ!

375 :天之御名無主:2005/05/19(木) 20:58:09
気に食わない顔って
こんな顔


-、√
@∪@
_ー_
|∨|

376 :天之御名無主:2005/05/19(木) 21:11:49
サンカだからこな感じ


@@@@@@@@@
 ̄\/ ̄@
(`|´) |_↓_|
@\--/
@@@||@@@@

377 :天之御名無主:2005/05/19(木) 21:26:04
もう一度
サンカってこれでしょうか?

@@@@@@@@
 ̄\/ ̄@
(`|´)
|_↓_|
@\--/@
_||_

378 :天之御名無主:2005/05/19(木) 21:32:58
リモホ丸見えですよ島谷さん……。
何度も言うけど埋め立ては「荒らし」なので
止めてくださいね……。

379 :天之御名無主:2005/05/19(木) 21:35:28
えっサンカッて参加するって意味!?

380 :天之御名無主:2005/05/19(木) 21:43:58
そうそう
私、嶋谷でしたね
キミは孤児さんですね
何だこりゃ

381 :天之御名無主:2005/05/19(木) 21:45:13
私もこういうの好きなんです。

382 :天之御名無主:2005/05/19(木) 21:50:02
ストレスかいしょうに
成りすまし大好きでついこれからも
ヨロシク嶋谷川でした

383 :天之御名無主:2005/05/20(金) 17:30:47
ムーヲタほどカラカウの楽しい奴ないなッ。
ムーサンカヲタ変態チック…

384 :天之御名無主:2005/05/20(金) 20:49:10
はいはい、ウンコウンコ

385 :小泉氏がサンカ系:2005/05/25(水) 04:03:13
となんとな〜く思うんですが、あんな風に中国に強気に出れるのは
中国のサンカにあたる集団(客家?サンカ?)と話がついてるから、
普通の漢民族がギャーギャーわめいても痛くも痒くも無いのかもしれませんね。
インドにもサンカっていう集団が居るらしいですしね。
宗教方面でも天理や大本がそっち系統って噂があるけど…
深すぎますね、そっち系統って


386 :もののけ姫:2005/05/25(水) 11:09:09
サンカの祖先は、物部氏に行き着くらしいね。
蘇我氏との戦いに敗れて、逃げ回っているうちに流民化したらしい。
因みに、守屋はあの戦では死なず、湖北に逃れて
土地の女性と結婚して浅井長政の祖先になった…という伝説があります。
守屋を祀った神社もあるんですよ。

387 :趣味 神社巡り:2005/05/26(木) 21:43:46
その「守屋」神社ってホントの名前はなんて言うんでしょうか?
福井やその辺りの神社巡りに加えたいな…
秋田にも物部系の人たちが作ったと言われる「唐松神社」がありますね。
有名なニギハヤヒの肖像も所蔵してるそうですし。
ちょっとお参りしたいと思ってます(宮司さんの苗字が物部さん)

それにしても「サンカ」「物部氏」の最終目的って何なんでしょうね?
その日暮らしでノンキに生きてる感じはしませんし、
ユダヤ系みたく一種の「預言」成就のために生きてるような人生なのかな

388 :天之御名無主:2005/05/26(木) 22:14:47
守屋 ってのは長野の諏訪地方の大和にまつろう以前は神人として崇められて
た一族で大和に征服された後もさすがに神人ではいられなくなったらしいが、
地方の豪族として君臨し続けてた家らしい。こないだTVで言ってた。

389 :天之御名無主:2005/05/27(金) 23:18:07
>>388
モリヤってのは元々がムカデを表す言葉だろ?
だから、あの辺の民話で「百足と蛇が縄張り争いをして・・・」って話は蛇(稲作の神≒大和朝廷≒朝廷配下の三輪山勢力?)が…ってことじゃん。
御柱を引きずり回して新しいのに立て変えたりしてさ。

390 :天之御名無主:2005/05/29(日) 04:07:11
サンカなんて実在していないのだがな。まずそのことを証明してからにしろ。

391 :天之御名無主:2005/05/31(火) 10:45:39
実話ナックルズ読んだ?サンカの写真が載ってた

392 :天之御名無主:2005/06/01(水) 01:31:15
>>390
『現存してない』ってこと?それとも上記(ウエツフミ)的なのは居ないってことか?
だとしたら同意だけど
出自云々の話はともあれ『サンカ』と呼ばれた人達はかつて確実に存在したよな?

393 :天之御名無主:2005/06/02(木) 04:34:28
俺の友人の父親がサンカだったって。
ウメガイも持ってたそうだよ。
沖浦さんの本に出てる作田さんの親戚にあたるそうです。
サンカと呼ばれた人は存在するんだよ。


394 :天之御名無主:2005/06/04(土) 02:22:30
サンカという名称は存在したが、今このスレで妄想されているような、伝統的に山に隠れ住んだ民は存在していない。

サンカという言葉が文献に登場しても、それは世俗を離れ山に住んでいる犯罪者やホームレスを意味する言葉であって。特定の伝統的生活を送る集団を意味する言葉ではない。

395 :天之御名無主:2005/06/09(木) 10:05:10
まあ、このスレに出てくる島谷とかいう人が
日本語の不自由な頭のおかしな人というのはわかった。
入院先から出てこなければいいのに。

396 :天之御名無主:2005/06/15(水) 00:18:23
プロゴルファー猿ってサンカ?

397 :天之御名無主:2005/06/15(水) 18:03:19
知らないけど、たぶん違うんじゃない? 

398 :天之御名無主:2005/06/15(水) 19:33:08
サンカって頭の弱い?
小泉とか…笑ちゃうなっ!
ここってサンカ部落サイト??

399 :天之御名無主:2005/06/15(水) 19:37:13
ホームレスサイトか?!
(笑)拾った携帯でなにしてんの?
浮浪者の爺さんッ!

400 :天之御名無主:2005/06/15(水) 19:43:43
それとも、あれか!
最近のホームレスも、再就職訓練を
NPOがホームレスにパソコン教えて2chさせてんだなっ!(笑)

401 :天之御名無主:2005/06/15(水) 19:46:28
かわいそスギ、サンカスレのホームレスッ!

402 :天之御名無主:2005/06/15(水) 19:55:50
そういえば、
小泉総理って公園で見掛ける浮浪者に多い
顔立ちだなッ!

総理職去ったら…
即、浮浪者だなっありゃ!

403 :天之御名無主:2005/06/15(水) 20:12:36
一球さんってサンカ?あとドカベンの弁慶高校の面々

404 :天之御名無主:2005/06/15(水) 22:22:25
釣キチガイ三平も
そうだよなッ!
そういえば、サンカだなあれーっ!

405 :天之御名無主:2005/06/15(水) 22:27:24
サンカ=脆弱な低所得浮浪者

406 :天之御名無主:2005/06/15(水) 22:32:14
サンカ面には、鷲鼻多いなーっ!!
キモいっ!
あんな鼻の異性は、キモ過ぎてノーサンキューだなッ!!

407 :天之御名無主:2005/06/15(水) 22:35:18
ヤローの鷲鼻の奴は
チンコも折れてそうだッ!

408 :天之御名無主:2005/06/15(水) 22:43:22
サンカ=鷲鼻
古来からこんな遺子は、毛嫌いされ続けてますな…遺伝子病患者扱いか…いわゆる劣性遺伝子だなッ!

409 :天之御名無主:2005/06/15(水) 22:47:25
カメラ写りの悪いイメージから…
芸能界ではもうほとんど言い無い存在。

410 :天之御名無主:2005/06/15(水) 22:53:26
目が悪い遺子せいか…
メガネのフレームスタンドが鼻に出来たんだろうきっとッ!

411 :天之御名無主:2005/06/15(水) 22:56:57
コンタクトの有る
この時代に、時代遅れな鷲鼻だなーっ…てかッ!

412 :天之御名無主:2005/06/15(水) 23:22:25
鷲鼻=鍵鼻の事。

413 :天之御名無主:2005/06/15(水) 23:25:51
鍵鼻=鷲鼻って
あの出っ張りって
軟骨?頭蓋骨?!
どっちなの???

414 :天之御名無主:2005/06/15(水) 23:30:02
ラクダのコブと同じで
鼻の頭の油が貯まって
プ〜ンッと
お下劣に臭いッ!

415 :天之御名無主:2005/06/15(水) 23:44:56
鷲ぱなぁ〜っは…
ありゃ〜っ人間じゃ〜っねえなぁ〜っ!
米象虫のバケモンだなぁ〜っ!!
ありゃ〜っ!!

416 :天之御名無主:2005/06/16(木) 00:03:30
サンカの朝鮮人が、エラそーな事いっても
脱北朝鮮人の多和事レベルだなッ!
郵政法案も認められまい正に、尻切れトンボだなッ!

417 :異性:2005/06/16(木) 00:28:34
鷲鼻かっこいいなあ

418 :天之御名無主:2005/06/16(木) 09:47:26
朝鮮人は老人染みはあってもそばかすがないw


419 :天之御名無主:2005/06/19(日) 21:17:23
鷲鼻って鼻糞はほじくりやすいの?

420 :靖国≠熊野?:2005/06/20(月) 01:39:06
何年か前に熊野本宮に行きました。
家の帰ってきてネットを見たら、ちょうど行った前日に
小泉首相が来てたと知りました。境内に芳名帳がありましたが
あれに書き込んでたら小泉首相のも見れたのに…と残念に思っています。
サンカの存在は闇の中ですが、養護派もバッシング派の人々も
自分には直接関係なさそうなのに、滑稽なほど一生懸命ですよね。
サンカを応援する&敵対するシスティマテックな組織でもあるんでしょうか?
サンカが実在するならネットなんか駆使しそうですし。

421 :天之御名無主:2005/06/20(月) 21:31:14
つまり、まとめると、

まあ、このスレに出てくる島谷とかいう人が
日本語の不自由な頭のおかしな人というのはわかった。
入院先から出てこなければいいのに。

ってことだ。

422 :天之御名無主:2005/06/21(火) 01:14:29
京都周辺には未だにサンカの末裔が多く住む。
京都パープルサンカなるものにもファンが多い。

423 :天之御名無主:2005/06/21(火) 10:32:26
何だーっ?この421ッ!
このスレ見る限り、
物凄い粘着振りだなーっキモッ!
お前の方が精神病患者にしか見えんよっ!
醜態延々と曝し続ける
香具師。
(笑)…プッ!

424 :天之御名無主:2005/06/21(火) 10:38:43
(仮に)島谷って奴に
単純に
空かわれて、根に持っていやがんだの。
阿保だなーっ!

425 :天之御名無主:2005/06/22(水) 14:24:20
つまり、まとめると、


まあ、このスレに出てくる島谷(>>423-424)とかいう人が

61 :島谷 :2005/04/27(水) 13:41:46 HOST:07001160379212_mb wbcc3s07.ezweb.ne.jp
西村 博之様と削除ボランティア様方達へ
学問・文系=民族・神話学=私はサンカ系?の中の
名無しの「262」.「263」の重要削除
お願いいたします。

(私が書き込んだのですが…
あとから考えると、実生活の隣人に知られ特定される確率の高い内容なので
そうなると私自身だけで無く、家族にも
迷惑かけてしまい‥こまるので重要削除をお願いいたします。
できれば、この依頼の
書き込みの削除も、お願いいたします。)
私はサンカ系?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/min/991634884/

こんなこと書いてる日本語の不自由な頭のおかしな人というのはわかった。
入院先から出てこなければいいのに。


ってことだ。

426 :天之御名無主:2005/06/22(水) 15:48:54
どうみても、からかわれてるのは、
fushianasanにひっかかってる島谷のほうだろう?
8回もやっといて「初めから薄、薄気付いいましたよッ!」もないもんだ。
気づいていたならやるなよ。可哀想に、馬鹿なんだなwwwww

427 :天之御名無主:2005/06/22(水) 16:45:50
反応して書き込めば書き込むほど、自ら
「日本語の不自由な頭のおかしな人」を証明している
島谷さん(´・ω・) カワイソス

428 :天之御名無主:2005/06/23(木) 18:20:24
いやーっ…キモいーッ!、
ここの参加浮浪者らは…
サンカ浮浪者の話題を
そらそうと
関係無い人の名前だして頭狂ってるねっ!
浮浪者スレ、埋めようと必死ッ!!

基地害
鍵鼻
浮浪者サンカっ!

429 :天之御名無主:2005/06/23(木) 18:24:44
何を、
どうしようが

浮浪者は、浮浪者ッ!
鍵鼻は、鍵鼻ッ!
基地害は、ADHD=異常心理的確者なのねっ!

430 :天之御名無主:2005/06/23(木) 18:34:13
サンカ=邪推魔

431 :天之御名無主:2005/06/23(木) 18:35:54
サンカ=陰険・陰湿魔

432 :天之御名無主:2005/06/23(木) 18:38:23
安っぽい子悪魔ッ!
いや…基地害。

433 :天之御名無主:2005/06/23(木) 18:41:23
サンカDQNッ!

434 :天之御名無主:2005/06/23(木) 18:56:41
どうでも良いけどなーっ…暇だしぃー……ーっ…

435 :天之御名無主:2005/06/23(木) 19:06:55
やっぱりサンカの餓鬼も…ボキャブラリー
発想が乏しいな……
オウム返し…
おつむトホッホホッ…かッ…

436 :天之御名無主:2005/06/23(木) 19:23:15
人気無いスレッ!…だなーっ?
誰も、帰やしねーしっ!
厨房は、各日だしーっ!
いちいち、親に了承してもらって、中傷しに2チャンかーっ?!
お粗末なこってっ!
(苦笑っ!)

437 :天之御名無主:2005/06/23(木) 19:26:54
厨房の
中傷交換日記かっ!
段ボール小屋に…パソコンてかッ!!

438 :天之御名無主:2005/06/24(金) 13:50:11
リモホ見えてますよ。
自作自演おつかれさまです、島谷さん。

439 :天之御名無主:2005/06/24(金) 13:51:26
論理的に反論できないとすぐに人格攻撃。
日本語が不自由で頭のおかしな島谷さんは
やっぱり面白いなあ。

440 :天之御名無主:2005/06/24(金) 13:56:58
まあ、正直に言えば自分は、煽りにいちいち反応して出てくる
馬鹿を見るのが楽しいのであって、
その反応してる馬鹿が日本語が不自由で頭のおかしな島谷さんであろうが
日本語が不自由で頭のおかしな島谷さんでなかろうが、どうでもいい。

まあ、120%は日本語が不自由で頭のおかしな島谷さん本人だと思ってるけどね( ´,_ゝ`)プッ

441 :天之御名無主:2005/06/25(土) 18:03:29
お前らの、島谷の攻撃は不特定多数なのに、まるで個人攻撃しているサマの方が、日本語不自由か頭可笑しいだろ?
俺は、あくまで(仮に)島谷は、どうでも言い訳でお前らと、遊んでいるだけさっ!
言っておくが、島谷とスレった人物と、俺は知り合いであって、俺自信は島谷スレの人物じゃーっねーっから、舐めた態度何時までしてようが…
お前らは、俺の遊んび道具にすると、島谷スレをカキコしたアイツと話してあるから…この、中傷スレには、もうこねーゼッ!
とっ…説明しても、信じねーてっ判っているから話してみたっ!
クスクスクスッ!…ホントお前ら面白れーなッ!
これからも…
よ・ろ・し・く・なッ!!

442 :天之御名無主:2005/06/26(日) 10:11:10
>>422
>京都周辺には未だにサンカの末裔が多く住む。

鞍馬山とか丹波のあたりでしょうか?
面白そう。

443 :天之御名無主:2005/06/26(日) 11:34:51
>>441
>>440

444 :天之御名無主:2005/06/26(日) 19:36:06
日本語が不自由で頭のおかしな島谷さんの文を翻訳すると、


 お前らの個人攻撃しているサマのほうが、不特定多数に攻撃している島谷より、
 日本語が不自由で頭がおかしくみえる。
 俺は、島谷本人はどうでもよく、お前らと遊んでいるだけだ。
 言っておくが、島谷とスレを立てた人物と、俺は知り合いではあるが、
 俺自身は島谷ではないから、舐めた態度をいつまでしてようが、
 俺の知ったことではない。
 お前らは俺の遊び道具にすると、そいつらと話してあるから、
 こんな中傷スレにはもう来ない。

 ……なんてことを説明しても、どうせお前らは信じてないってわかっている。
 だから話してみた。
 クスクスクス。お前らホント面白いな。
 これからもよろしく。


こうなるのかな。「スレった人物」のあたりは怪しいが。
しかしまあ、一応、普通の文章っぽくはなったが、根拠のない決め付けや
論理的に破綻してる支離滅裂なところばかりで、結局、何を言いたくて
何をどうしたいのかがさっぱりわからない。

まあ何にせよ、この日本語が不自由で頭のおかしな島谷さんについては、
>>427>>440で全て事足りるな。
これからもこのスレのために、誰が見ても笑える電波ゆんゆんなレスを
し続けるがよかろう。

445 :天之御名無主:2005/06/26(日) 20:23:54
↑大分酒が入ってるみたいだな。
 ずっと飲みっぱなしか?


 島谷さんて誰?

446 :天之御名無主:2005/06/27(月) 07:42:01
島谷さんのことを「日本語の不自由な頭のおかしな人」なんて
吹聴してしまってすみません!!!(>_<)

だってそれ秘密だって知らなかったんです!!!

というか、>>441を読んで、日本語の不自由な頭のおかしな人の知り合いは
やっぱり日本語の不自由な頭のおかしな人だってことがよくわかりました!!!
類は友を呼ぶんですね!!!

あ!!! 同一人物なんですよね!!! 別人扱いしてすみません!!!(>_<)

447 :天之御名無主:2005/06/27(月) 12:41:26
外国の人類学者が京都に行ったらアジア系ユダヤ人がたくさん歩いてると
驚いてたそうです。沢口靖子さんが典型的なアジア系ヤダヤ人顔。


448 :天之御名無主:2005/07/05(火) 01:09:02
原日本人・・・なんか壮大なロマンを感じる(・∀・)イイ!!

449 :天之御名無主:2005/07/05(火) 12:52:34
ところが明治政府のサンカ狩りは、サンカからロマンと生業を奪い、
サンカも防衛上、芸能界・暴力業界そして詐欺業界に生業を移した
のではないか?

たとえば「原野商法」。サンカの人達は関わっていないのか。

http://www.asahi.com/national/update/0705/TKY200507040382.html

原野商法、再び被害 「転売話」高齢者誘う
2005年07月05日09時23分

 20〜30年前に値上がりがほとんど見込めない原野や山林を
高値で買わされた「原野商法」の被害者が、転売を持ちかけられたうえ、
別の土地を高値で買わされたり、整地や測量など高額な契約を
結ばされたりするトラブルが相次いでいる。被害者の大半は60歳以上の
高齢者。悪質な訪問リフォーム商法と同様に、判断力が乏しい高齢者が
高額な契約を結ばされたケースや、一つの契約を機にした「次々契約」
などもあるという。

(中略)

 「将来必ず値上がりする」などと偽り、値上がりする見込みがない原野や山林を
時価の数十倍から数百倍で売りつける原野商法。列島改造ブームに乗って1970年前後から
被害が急増、社会問題となった。

450 :天之御名無主:2005/07/05(火) 13:27:49
>>449
犯人がサンカだという根拠に欠ける。
こんなことでせっかくの古代日本ロマンを潰されたくない。

451 :天之御名無主:2005/07/10(日) 15:50:02
●ヨセフ・アイデルバーグは著書『大和民族はユダヤ人だった』の中で語る。
「伝統をよく調べてみると、日本人は帰らざるイスラエル10支族の子孫ではないかと思われる。・・・(中略)神道という神々の道を勉強し、しばし持者とし
て神社(京都の護王神社)に仕え、私は神社と古代ソロモン神殿の驚異的類似性を知るという、まれな機会を持った。・・・(中略)今日、アマテラスオオミカミ
に馬を捧げる日本の習慣が、古代ヘブライ人が太陽に馬を捧げる習慣からきたものかどうかは知らないが、神道の教義の幾つかはヘブライの古代宗教教
義とあまりにも似ているので、この類似性を単なる偶然の一致としてしまうのは難しい。」
 このヨセフ・アイデルバーグは、世界中を調査した結果、10支族は日本に行ったことを確信し、以来14年間ひたすらこの問題に取り組んできたという。

http://rerundata.hypermart.net/ura/hexagon/texts/textA4F/hatchJ/b1fha007.html

452 :天之御名無主:2005/07/10(日) 23:01:32
仮説だけじゃねえ。立証する証拠を提出できないとな。これはサンカを信じているバカも同じ。

453 :天之御名無主:2005/07/11(月) 23:53:18
【いったい】ノーヂ、シャー【とは】
1 :サンクヮ :2005/07/03(日) 21:09:37
周防にはノーヂといふ特殊生活者があり、豐後にはシャーといふ一風變つた部落がある。
しかしこれらは漂泊人ではない。

後藤興善 批評社復刻版『又鬼と山窩』 pp7-8(「山窩記」)

いったい、ノーヂ、シャーとは何もんなんだ?


454 :天之御名無主:2005/07/12(火) 20:18:33
>>406-411
天皇も鷲鼻

455 :天之御名無主:2005/07/17(日) 16:47:19
いや、馬鹿なのは島谷って奴だけだろ。

↓以下、馬鹿島谷の反論

456 :天之御名無主:2005/07/18(月) 02:15:19
うんこちんちん

457 :天之御名無主:2005/07/18(月) 04:31:01
世代分析。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1121059709/

ここの1と11を見ておけ!

【大卒】 大 卒 は 異 常 者 【禁制】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1121576032/

ここの53から見ておけ!

「大学だけは出ておけ」という風潮は
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1100785729/

ここの354から見ておけ!

458 :天之御名無主:2005/08/12(金) 12:14:43
スサノオ総理=今の総理

459 :天之御名無主:2005/08/31(水) 04:35:44
被差別部落ってまだあるの?
同和問題の話は聞くけど実際にこの地域がこうなってる  ってのは聞いたことないから




無知sage

460 :天之御名無主:2005/09/05(月) 02:02:20
>>459
地元の公立の図書館に行って同和関係の本嫁。
多分、君の周りにもいくらでもあるよ。もしかしたら藻前自身が・・・ってこともあったりしてなw

461 :ぶんけん博士:2005/10/22(土) 15:02:25
サンカの自他称の色々を調べました。

【自称】セケンシ  テンバシュウ  ハフリヤ  オタカラシュウ  ショケン  アイツキシュウ  ユビマガシ  サンケシュウ

【他称】てんば  さんか  ぽん  おげ  のやー  みなおし  みつくり  おげさん  かわらこじき  てんと  まめつ  

462 :天之御名無主:2005/10/22(土) 15:18:55
サンカなんて頭の中の妄想だけにとどめておけ。

463 :天之御名無主:2005/10/22(土) 18:22:32
三重県には山窩系の被差別部落があると聞いたことがある。

464 :天之御名無主:2005/10/22(土) 23:42:20
だからサンカなんていねえよ。ありゃ明治政府が山に隠れ住んでいる人間について総称して呼んだ名称。

465 :天之御名無主:2005/10/24(月) 04:06:13
サンカとひとくくりできる集団なんていない。サンカと聞くと同じ文化や信仰、生活習慣を持つ集団のように誤解される。
サンカなんて会社員に対する「自由業」くらいのおおざっぱな感じ。

466 :ぶんけん博士:2005/10/24(月) 14:56:31
最近、サンカの学問的な研究本が出ています。

どうやら、あいまいなサンカ像に終止符が打たれつつある学問状況のようです。

最近の書店に並ぶ2,3の書名をあげておきます。

@礫川全次『サンカ学入門』二千円。 @とAは批評社 刊行
 
A飯尾恭之『サンカ 回遊する職能民たち・実証編』、『同 考察編』各二千円。

B谷川健一編『サンカ 幻の漂泊民を探して』千五百円 河出書房新社 刊行。

これなどを読むと、「サンカなんかいない!!」と言えないです。
サンカ生活を昭和37年までしていた方々の、面談記事や写真、テント生活場所の調査などをしています。

464、465の大先輩の先生方も、これらの最近の書籍を一度、参考までにお読みしてくださると良いと思います。


467 :天之御名無主:2005/10/28(金) 11:41:26
>>466


本の数で実在が決まるのなら、宇宙人の研究本や超古代文明の研究本の方が数が多いので実在していることとなります。

468 :天之御名無主:2005/10/28(金) 13:17:09
    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / /
   |    ( _●_)  |ノ /
  彡、   |∪|    ,/   こいつ最高にアホ
  /    ヽノ   /´


469 :天之御名無主:2005/10/28(金) 22:14:20
山窩は存在したでしょ、ただ山窩という呼称が彼ら自信のものでなく、
明治に警察が山窩強盗としてつけた呼称だと読みました。

470 :天之御名無主:2005/10/28(金) 23:00:40
最近、立喰師の学問的な研究本が出ています。

どうやら、あいまいな立喰師像に終止符が打たれつつある学問状況のようです。

最近の書店に並ぶ1の書名をあげておきます。

@押井守『立喰師列伝』

これなどを読むと、「立喰師なんかいない!!」と言えないです。

立喰師生活を昭和37年までしていた方々の、面談記事や写真、テント生活場所の調査などをしています。



471 :天之御名無主:2005/10/29(土) 00:29:08
>>470
立喰師ってどんな人ですか?

472 :470:2005/10/29(土) 11:28:54
立ち喰いの店で因縁(もしくは褒めちぎる)をつけ、ただ食い、それともある程度の金品をせしめることで生計を立てている業界ゴロのような人達のことです。昔は立ち食い蕎麦だけでしたが、最近はファーストフード、カレースタンド等でもそのような連中が増えてきています。

473 :天之御名無主:2005/10/29(土) 14:04:57
でも江戸時代に蕎麦、天ぷら、寿司の屋台が出た時から立喰師は誕生していたらしいぞ。立ち喰い蕎麦だけになったのは文明開化後に蕎麦以外の屋台が消えた後のことだ。

474 :天之御名無主:2005/10/29(土) 19:38:22
通り名が”きつねコロッケのお銀”という名の女立喰師に遭遇したことがある。いい蕎麦の食べっぷりだった。

475 :天之御名無主:2005/10/30(日) 10:31:18
おお、なんと伝説の立喰師の話しが。こっちの方が民俗学的に面白いぞ。

476 :天之御名無主:2005/12/16(金) 23:51:06
サンカはフィクションです。
もう目を覚まして下さい。

477 :天之御名無主:2005/12/23(金) 20:47:54
家船の漂海民がいたんだから、サンカがいてもおかしくない。

478 :天之御名無主:2005/12/23(金) 20:56:55
ちょと前にテレビ(BS)の詩人の番組で3課を歌ってた。
昭和のはじめとかにはいたらしいよ、地元(関西)の人の証言で、川端にテント
を張って生活してたらしい。そして足が速かったらしい。

479 :天之御名無主:2005/12/23(金) 22:58:06
じいちゃんはガキの頃(昭和10年代)に、サンカが瀬降ってるのを見たと言ってた。
場所は足柄だったと思う。

480 :天之御名無主:2005/12/27(火) 01:36:20
うちの爺ちゃんはガキの頃、サンカの子と福島の川で遊んだって言ってた。
やはり時代は戦前。

481 :天之御名無主:2005/12/27(火) 23:55:13
東北にもサンカのトケコミがあるが、現在では普通の田舎にしか見えない。


482 :天之御名無主:2005/12/29(木) 20:28:07
サンカなんていない。いい加減に眼をさませ。語りたければオカ板に行けよ。

伝統文化を持った山の民の集団が歴史上延々と存在したのではなく、単に山に住んでいるホームレスのような人がいたってだけの話しだろ。それを勘違いして妄想しているだけだ。

 ウメガイにしても刃物板で前に聞いて見たが、実用性に乏しい刃物で、それを使って山で生活できないそうです。

483 :天之御名無主:2005/12/30(金) 00:09:40
祖父が子供のころサンカやその他の色んな人たちの存在はあたりまえに知られてたって
話を聞いた。時々やってきて作った物を売りに来たり修理したりしてたそうだよ。
関東(東京西部と千葉南部)なんで西ほど差別がなかったんだろうと祖父は言ってた。
その頃は何の事言ってるかよく分からなくて、行商みたいな人達なのかと思ってた。


484 :天之御名無主:2005/12/30(金) 11:31:53
山に住んでいた人(山賊とかね)がいたことは確かなんだけど。

そのような連中が過去から延々と続く伝統文化を有する独特の民族だったわけじゃない。サンカという言葉は昔の警察用語で、山窩と書き、山の洞窟等に居住する乞食等の総称のこと。サンカという民族がいたわけじゃない。


上に書いているような人はアルプスの少女ハイジに出てくるアルムおんじみたいなもんだよね。アニメにも描かれているが時たま村に降りてきて、チーズ売ったり、壊れたところを修繕してお金とか物もらっているシーンがあったでしょう。



1は自分が差別されているから、自分は特別な存在だと思い込みたい被害妄想のある人だ。だから架空の民族であるサンカが実在し、自分がその一員だと思い込むことで、自分の受けている差別を正当化しようとしているわけだ。

485 :天之御名無主:2005/12/31(土) 00:58:09
踊る大走査線上げ

486 :天之御名無主:2006/01/04(水) 11:03:03
宗教や文化が類似してるから同民族といってしまう、欧米人の幼稚さには参るね。
 照葉樹林文化論てのもあるし、いくらでも違う見方ができるよ。
夢まで理論付けようとするのは幼稚な行為だ。
山家民族はいたと思う。

487 :天之御名無主:2006/01/04(水) 22:07:04
おむすび上げ

488 :天之御名無主:2006/01/05(木) 14:46:12
民族(プ

部落だろ。
民族なんて概念は近代以降の産物。

489 :天之御名無主:2006/01/05(木) 14:50:45
いや、部族と言った方が正しいか。

490 :天之御名無主:2006/01/05(木) 17:57:59
サンカは実在した、三角も妄想だけであれだけ本書けないと思うけどな。


491 :天之御名無主:2006/01/07(土) 21:38:38

●やっぱり浮浪者集団のことを「山窩」といったのではないかと・・・
 民族とかではちょっと説明がきついでしょう。



492 :天之御名無主:2006/01/08(日) 12:38:59
残っている証拠(ウメガイやテンジンとか)がないのではどうしようもない。

写真ならライトセーバーも実在したことになっちゃうので証拠にはならん。

陰謀で隠されているから証拠がないという人もいるけど、この手の学問はまず仮説を証明する証拠やデータを提示しないと始まらない。

 つまりサンカの存在は証拠がないので証明されない以上、実在は主張できないし、そもそもそのこと自体が学問にもならんということ。

 秘密結社とか政府や三角の遺族の陰謀で証拠がないというのなら、まずは秘密結社や政府や三角の遺族を倒して、証拠を奪い取ってから語ってほしい。一番やりやすいのは三角の遺族だと思う。

 

 もっともありもしないサンカの存在をデッチ上げている連中に取っては全面否定されるとサンカ本で商売できないから困るというのが本音だろうね。だから時々ここを含めてあらゆるところで燃料投下してんだろ。

493 :天之御名無主:2006/01/08(日) 13:03:39
なんでライトセーバーが実在したことになるんだよ。 大丈夫か?

494 :天之御名無主:2006/01/08(日) 23:42:56
黒マントの男が振り回している写真があるぞ。

495 :天之御名無主:2006/01/09(月) 00:25:15
銃のついた乳母車が写っている写真もある。どうも江戸時代からカラー写真はあったらしい。貴重な資料だ。

496 :天之御名無主:2006/01/16(月) 10:15:57
浮浪者になったのが先か、山の民になったのが先かというのは無意味な議論。
部族化した浮浪者集団が独自の生活様式をもっていただけの話。

497 :天之御名無主:2006/01/16(月) 10:18:55
追加。
否定派も暫定派も視点が違うだけで同じ事を言っているに過ぎない罠

498 :天之御名無主:2006/01/20(金) 02:22:17


酒より焼酎age

499 :天之御名無主:2006/01/21(土) 02:00:51
もしかして…大ピンチ?自作自演?アゲ

500 :天之御名無主:2006/01/21(土) 10:22:13
 ありもしないサンカの存在をデッチ上げている連中に取っては全面否定されるとサンカ本で商売できないから困るというのが本音だろうね。だから時々ここを含めてあらゆるところで燃料投下してんだろ。

501 :デルフリ村住民:2006/01/21(土) 10:24:33
アルプスの麓に住んでいるものです。時々山に住んでいる白い髭をはやしたごつい体格の老人が、村にチーズを売りにきます。彼もサンカなのでしょうか?

502 :天之御名無主:2006/01/21(土) 12:58:38
「獣人雪男」(東宝V1955)の山の村人は、サンカがモデルらしいね

503 :天之御名無主:2006/01/21(土) 22:16:13
いるかいないかビミョーだと
一番存在感・影響力を発揮させやすいのかも。

日本版体育会系(善玉?)フリーメーソンって感じがする。


504 :天之御名無主:2006/01/22(日) 00:08:38
ダッシュ村の住人じゃないか?

505 :天之御名無主:2006/01/24(火) 00:04:01
浅田真央の一家は岐阜周辺のサンカか何かの出らしいと1年ぐらい前に町の噂で聞いたんだが
週刊誌を見ると親父は名古屋の伝説的なホストなんだってな。あまり関係ない?
もちろんどっちも噂だから断言しないけどね。

506 :天之御名無主:2006/01/24(火) 00:09:42
サンカはいたよ、爺ちゃんはサンカの子供とガキのころ(戦前)遊んだって言ってたもん。

507 :天之御名無主:2006/01/24(火) 03:46:24
>>505 顔つき見て、勝手に中国人だと思ってた。
だからオリンピックうんぬんはイヤな感じだった
(我ながら差別主義者だな)
でもサンカ関係だったら、あの統制の取れた
2ch内での人気も納得できる…かな?

サンカはSEX強いそうだから、あながち無関係じゃないかも。
寝よ…

508 :天之御名無主:2006/01/24(火) 08:42:48
セケンシだったという家は オレの実家の近くにいるよ。
昔かわらで 動物の皮をなめしていた。その後 事故車の解体屋 いまの孫の世代は 定住して
普通の会社員。よくアイヌ系と間違えられるそうです。ちなみにセケンシって特別な基準はないからね
いろんな人がいますよ でも昔みたいに マタギや竹細工や木地やさんで食べていけないので
ほとんど みんなと一緒に生活しているんじゃない。ちなみにサンカって言わないでね
サンカって周りの人からみた言い方 ぜんぶごちゃまぜにした それも馬鹿にした だから


509 :天之御名無主:2006/01/24(火) 08:43:55
セケンシだったという家は オレの実家の近くにいるよ。
昔かわらで 動物の皮をなめしていた。その後 事故車の解体屋 いまの孫の世代は 定住して
普通の会社員。よくアイヌ系と間違えられるそうです。ちなみにセケンシって特別な基準はないからね
いろんな人がいますよ でも昔みたいに マタギや竹細工や木地やさんで食べていけないので
ほとんど みんなと一緒に生活しているんじゃない。ちなみにサンカって言わないでね
サンカって周りの人からみた言い方 ぜんぶごちゃまぜにした それも馬鹿にした だから


510 :天之御名無主:2006/01/24(火) 13:07:59
サンカ(山家、三家)でもセケンシでも
そういう団体の事、知識として知ってる
人間って何%いるんだろう。
ホントは「0%」なのが国民にとって
いい事なのかな…


511 :天之御名無主:2006/01/28(土) 13:30:38
 ありもしないサンカの存在をデッチ上げている連中に取っては全面否定されるとサンカ本で商売できないから困るというのが本音だろうね。だから時々ここを含めてあらゆるところで燃料投下してんだろ。




512 :天之御名無主:2006/01/28(土) 13:33:06
>>508


動物の皮なめしは被差別部落での仕事です。その人達はサンカではない。

513 :天之御名無主:2006/01/28(土) 18:46:22
そうだったんだ >>508

514 :天之御名無主:2006/02/02(木) 21:55:15
>>512
サンカは川伝いに瀬降り(セブリ)ながら、箕や竹細工を売りに里まで降りて
くる。一方被差別部落の多くはその生業(皮なめし等)から河原周辺に点在す  るためサンカと接触する機会も多く、溶け込みサンカの多くは被差別部落
に同化していったとも考えられる。

部落に溶け込んだサンカが皮なめしをしていてもなんら不思議ではない。

515 :天之御名無主:2006/02/04(土) 23:06:01
なんかおかしな発言です。サンカの実在が証明されたのであればサンカが部落と同化したと次に考えることもできるでしょうが、


元々サンカという仮想の存在が実在しているかどうかもわからん段階で、その存在が実在したと考えて次の仮説(サンカが部落民に溶け込んだ)を考えるのはおかしいです。



516 :天之御名無主:2006/02/04(土) 23:08:14
山に暮らしていて、時々里に降りてきては、山で自分が作った物を売りにくるのではアルムおんじと同じです。そのこと自体はサンカの存在の証明にはなりませんよ。

517 :天之御名無主:2006/02/05(日) 00:33:40
サンカはフィクションだとおもいまーす

518 :天之御名無主:2006/02/05(日) 01:47:02
このスレには、サンカが存在した事を必死になって否定したい
方々がいらしゃる様ですが、あなた方にとって何か都合の悪い
事でも有るのでしょうか?

あまりに必死すぎると勘ぐられますよ。

519 :天之御名無主:2006/02/05(日) 13:20:41
サンカ否定派=国民に存在を知られたくないサンカ組織?


・・・・とか妄想してみる。

520 :天之御名無主:2006/02/05(日) 14:32:03
>>518


サンカは民俗学でも神話学でもないので、板違いです。出ていってくださいというのがよくないことなんでしょうか?これはどこの板でもあることですよ。


逆に言えばサンカの存在を必死になって肯定している連中がいるとしか思えないけど。


 ありもしないサンカの存在をデッチ上げている連中に取っては全面否定されるとサンカ本で商売できないから困るというのが本音だろうね。(矢追純一とか細木数子と同じ)だから時々ここを含めてあらゆるところで燃料投下してんだろ。




521 :天之御名無主:2006/02/05(日) 14:37:21
学問板なんだからもう少し学問的に語ってくれ。

妄想と仮説は違うぞ。

522 :天之御名無主:2006/02/05(日) 14:55:47
サンカの存在を必死になって肯定したがる奴がいるけど、今まで手に触れられるような証拠なんて提示した奴はいない。

 だから俺は存在を認めないし、証拠もないので学問的にも成り立たないと思う。今の所あくまで噂の段階に過ぎない。これでは学問的にも語れないし、学問的に語れないということなら板違い。

 悪いことは言わないからオカルト板他でもサンカスレ立てたらどうだ。


生活でがんじがらめで自由など感じたことがない人間が、実在しない漂泊民に対しあこがれを抱いて、それに対し信じたがる気持ちはわかるけどね。

実在する漂泊民であるロマニ(ジプシー)の生活にあこがれる人間が多いからねえ。

523 :天之御名無主:2006/02/05(日) 15:47:13
柳田国男なんかも調べてたでしょ。民俗学では定説だよ

524 :天之御名無主:2006/02/05(日) 16:37:31
サンカはフィクションだとおもいまーす
サンカはフィクションだとおもいまーす
サンカはフィクションだとおもいまーす
サンカはフィクションだとおもいまーす

525 :天之御名無主:2006/02/05(日) 19:45:42
今風にルンペンっていえよ。

526 :天之御名無主:2006/02/05(日) 20:10:39
サンカなんて噂話ばっかだろ。そんなもん証拠になるかよ。

527 :天之御名無主:2006/02/05(日) 20:14:22
>>523


柳田はサンカの研究なんかしていないよ。



サンカはある意味都市伝説とも言える。

528 :天之御名無主:2006/02/06(月) 00:34:35
サンカなんているわけ無いし、居てはなら無い。
この国に居ても良いのは、大和民族だけだ。

529 :天之御名無主:2006/02/06(月) 01:26:24
はいはいくまくま

530 :天之御名無主:2006/02/06(月) 01:39:59
いろいろ推測だけで語るのも面白いけどね
証拠が何も無いのよ

531 :天之御名無主:2006/02/06(月) 12:50:26
>>520

>サンカは民俗学でも神話学でもないので、板違いです。

サンカは民俗学でこそ語るべきテーマでしょ?
学問板だからいろんな説や意見が出てくるのは当然だと思うけど、
だからこそ面白いし議論する価値もあるんじゃない。

議論ごと排除しようとするおまえこそが・・・『板違い』。

532 :天之御名無主:2006/02/06(月) 13:42:23
>>527
網野善彦だったかも、柳田も記述してるはず。


533 :天之御名無主:2006/02/06(月) 22:49:22
いるけどいないとおもわせたい
いちだいぷろじぇくとしんこうちゅう
だから

やくざはざいにちばっかとおもわせたい
そっちにひなんがいけばいっせきにちょうだから

がいじんふえてもだいじょうぶ
じぶんたちだけじゅんけつまもれればいいから
(その割に前世はヨーロピアン)


534 :天之御名無主:2006/02/07(火) 01:23:42
日本は、単一民族の国です。
大和民族以外の天皇につらなら無い存在は居てはならない。

535 :天之御名無主:2006/02/08(水) 12:47:55
実在するか否かは別問題として、
「なぜサンカをめぐって言説が流布するのか」
は十分に民俗学的、社会学的に問題となりうる


536 :テンバ、ユサハリからの独り言:2006/02/09(木) 14:11:01
私は13歳までセブリで育ちました。昭和31年、静岡の施設「I」に引き受けて頂き中学1年に通いながら、小学生の勉強もしてきました。
仲間の子供も何人かおりました。本や学用品などは、田中角栄さんの関係者や三角寛さんが名前を入れたものがいただけました。
それは、とても嬉しかったです。仲間の助け合いが強く有ったです。
頭の優秀な緑さん、伸一さん、歌の番組で合格ばかりのアケちゃん・・・
皆、有名人になりました。お父さん、お母さんからは胸を張って生きて行け。そして・・・
テンバのチカラを世に見せ付けたら、それで良いと教えられてきました。
ユサハリのカヅ歌
カミのみなし・・・ツキの箕なおし・・ミの箕つくり・・・ヨツのさそい・・
イツのおーみ ・・・ムのチカラ・・・ナナツのテンバ・・・

私たちのことをテンバを何故「サンカ」と呼ぶのか、今でも判りません。私たちはユサハリとかテンバといいます。

537 :天之御名無主:2006/02/09(木) 17:18:27
貴重なお話をお聞かせ頂き、ありがとうございます。

「ユサハリ」「テンパ」という言葉は初めて聞きました。
地方によっても呼び方が違うのでしょうね。

自分たちの事を「セケンシ」と呼ぶという風に何かで読んだ事が
ありますが 山窩(サンカ)と同じように差別的なニュアンスが
あるので本当なのかどうか疑問でした。

お聞きしたい事は山ほどありますが、質問するのは控えておきます。

質問に答える形ではなく、貴兄自身が気が向いた時にまたお話を聞
かせて頂けたら幸いです。




538 :天之御名無主:2006/02/09(木) 18:02:01
関西 ケンシ、ショケンシ、
関東 ナデシ
 
地方により  テンバモン、ポン、ノアイ、オゲ、ヤマモン、カワラコジキ

ユサハリとはテントのような物

539 :天之御名無主:2006/02/09(木) 19:46:57
で、全国共通にルンペンと呼ばれている。

540 :天之御名無主:2006/02/09(木) 19:51:16
↑おまえがな!

541 :539:2006/02/09(木) 19:57:04
私はルンペンと呼ばれている。

542 :天之御名無主:2006/02/09(木) 21:41:05
ルンペンプロレタリアートか

543 :天之御名無主:2006/02/09(木) 21:58:09
山谷にたくさんいたからサンカと呼ばれたにすぎない。
別に山にこもって生活してきた訳じゃないさ。
ヤツラの生息範囲は、主に東京東部、足立・葛飾・墨田かな。

544 :天之御名無主:2006/02/09(木) 22:06:12
↑いい加減な事ぬかすなヴォケ!

545 :天之御名無主:2006/02/09(木) 22:27:04
足立区や葛飾区は・・・だよねぇ。江戸川区もどうかな。

546 :天之御名無主:2006/02/09(木) 22:59:35
>>536
田中角栄の名前が出ただけで眉つばってもんだ
角栄はサンカとは全然関係なし!頭が良くても進学できなかったただの貧乏人の
出だったということだ
出身地の近くに住んでるからわかる

547 :天之御名無主:2006/02/09(木) 23:33:26
宮崎には
間違いなくいるよ、
サンカ。

高山文彦も言ってる。
高千穂や椎葉や日之影あたり。

548 :天之御名無主:2006/02/09(木) 23:37:08
秀吉、角栄、小泉 がサンカなのは世間の常識。

田中角栄の親は、馬喰で世間師。

549 :天之御名無主:2006/02/09(木) 23:37:13
侮れないチカラ持ってると思うから興味ある。
ドラマとか見てても。政治見てても。
角栄もそうだけど、今の総理も同系列の一族だ
って2chでもチョット前は噂になってた。
そんな事言い続けてると抹殺されちゃう?

2ch内世論に…?

550 :天之御名無主:2006/02/10(金) 00:00:48
>>547

間違いなくいるって、
今もいるってこと?

551 :547:2006/02/10(金) 00:09:05
います

552 :547:2006/02/10(金) 00:14:47
ヒント
↓の >>635 >>636 あたり。
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/min/1084693498/l50

553 :テンバ、ユサハリからの独り言:2006/02/10(金) 08:22:44
お母さんに背負われて、三國峠、相模川、荒川、信濃河支流などでセブリを張っていました。
角栄さんは、いつもはスズメマワリをしておりました。
背負われていた人は娘さんです。他にケイコさんと呼ばれていた人もいました。
田中先生は、私たちの親方オオカワヤゾーさんと呼ばれておりました。
先生は生活施設への定着を薦められ、私が就職の世話をするから私について来い!!
と、セブリ仲間に安心を与えてくれました。小渕さんもその舎弟でした。
私たちテンバ、ユサハリの生活者にとっては田中先生は偉大なテンバの鑑です。

554 :天之御名無主:2006/02/10(金) 19:50:29
スズメマワリって何?

555 :天之御名無主:2006/02/10(金) 19:58:19
東京都民のただの都市伝説。農村では「そんなやつはいねえよ」だな。
平家の落人くらいだろ。

556 :天之御名無主:2006/02/11(土) 08:37:35
サンカはサンヤの住人。

557 :天之御名無主:2006/02/11(土) 08:55:00
いや、元々山で狩猟採集していた毛人の蝦夷が北海道へ逃げ遅れたのが
そう呼ばれてるだけ。
やつらは定住居留地を与えられて戸籍をもっても、毛深いからすぐわかる。

558 :天之御名無主:2006/02/12(日) 01:30:58
フィクションでーす
三角寛は生前虚言癖で有名でした

559 :天之御名無主:2006/02/12(日) 02:09:30
だーかーらー
宮崎には本当にいるってばっ!

560 :天之御名無主:2006/02/12(日) 04:17:57
宮崎には世間師も皇室関係の神さまもコオロギさんも
いっぱいいます。
「コオロギさ〜ん!!!」

561 :天之御名無主:2006/02/12(日) 09:42:52
宮崎にはサンカはいません。なんたってシーガイヤが潰れたり今、
地方経済どん底ですから。小泉政権には地方景気を何とかしてほしい。
残飯で生計を立てるサンカは大都市でしか住めなくなりますよ。

562 :天之御名無主:2006/02/12(日) 09:55:37
たまに、外見がどう見ても日本人じゃないだろうって人いるけど。
昔バイト先に白人顔・体型のやつがいて、ハーフ?って聞いたが本人は純粋日本人と言ってた。

日本にもインド・ヨーロッパ語族系多少入ってるんかな。

563 :天之御名無主:2006/02/12(日) 11:28:32
>>562
ここ読め
ttp://www.asahi-net.or.jp/~uv6y-ysd/sex1_1_15jp.htm

564 :天之御名無主:2006/02/12(日) 12:56:32
>>562
第二次大戦で敗北した時に、同意・無同意に関わらず、日本の大和撫子は
米兵の性的洗礼を浴びたからねぇ。認知してもらえず戸籍上そうなったの
も多かった。
ドイツもベルリン陥落の際の連合軍の狼藉はすごかった。今でもPDSD
になってる老婆もいるとか。

戦争に負けるとは、そういうことなのだ。

565 :天之御名無主:2006/02/12(日) 17:44:33
http://ebi.2ch.net/sisou/kako/980/980736904.html

サンカは「国つ神」の子孫とも、大和朝廷に滅ぼされた「土蜘蛛」の子孫とも
言われているが、元来、出雲で製鉄に従事していた連中が、サンカの日本に於ける
祖で有る。サンカ伝承によれば、出雲のサンカの多くは、砂鉄を鍛えた鉄剣を持ち
神武東征のお供をして、朝廷成立前には全国を平定し知事を置いたと言う。
朝廷成立後、彼等は拠点を丹波に移した。三角の「乱破道宗」(オオヤゾウと呼ぶ)は、
一条天皇の正暦年間に、当時の関白道隆が妾腹の子「道宗」を丹波の山奥に捨て、
彼とその家来が、丹波に移っていた出雲族の「みづくり」(蓑作り)と密接な関係を持ち
やがて「蓑作り」の長になる話だ。

穢多とサンカは、元来別物だが、家康が「弾」家当主を「初代弾左衛門」として、
関東二十八座の支配権を弾家に戻した当時、二十八座の中の十三座は、明らかにサンカ職業で有る。
サンカの「トケコミ」や「イツキ」「ヂツキ」の者は、江戸時代に既に穢多と同化している事は明らかだ。
現時点で、サンカと穢多を殊更違うと強調するのは無意味だ。

566 :天之御名無主:2006/02/12(日) 18:57:26
更に現時点で、ルンペンとサンカが異なると強調するのは無意味だ。


567 :天之御名無主:2006/02/12(日) 18:57:41
>>565さん
二十八座中の十三座に該当するものはなんですか。
穢多と山窩の違いを強調するのは考え物だと思いますが、やはり定住しない
という点では、区別して考える必要もあるとおもいます。
あくまで、山窩が存在したというのであればですが・・・

568 :天之御名無主:2006/02/12(日) 19:04:10
↑565はコピペでしょ。
 565の中の人に聞いても判らんよ。

569 :天之御名無主:2006/02/12(日) 19:08:46
そうでしたか、ご指摘ありがとうござました。

570 :天之御名無主:2006/02/12(日) 19:30:48
「こおろぎさ〜ん!!!」

興梠さん「は〜い!!!」

571 :天之御名無主:2006/02/12(日) 19:45:34
電波モン、テント張り・・・実は現代の恍惚の世迷人"ニート"の事じゃないか?

572 :天之御名無主:2006/02/13(月) 05:21:04
興木呂さんているよ。九州にはいっぱい。





それで?

573 :天之御名無主:2006/02/13(月) 20:21:29
高千穂には佐藤さんと工藤さんとこおろぎさん
がほとんどだっって聞いたからです。
サンカには関係ないです。

上のほうに高千穂がどうたらってあったもんで。

574 :天之御名無主:2006/02/13(月) 21:48:34
埼玉には金田さんや鈴木さんが多いからチョンが多いっていうのと
同じじゃないか。その理屈だと。
興梠という苗字ならみんなルンペンせないかんのか?

575 :天之御名無主:2006/02/14(火) 05:22:15
サンカ関係の本を読んでると、
読み手の先祖がサンカだったと、
どのようにでも解釈してしまえる箇所が
沢山みつかる。
俺は、角栄がサンカとかいう噂は
このあたりから生まれてきたんだなと
考えるようになりました。

576 :天之御名無主:2006/02/14(火) 09:18:29
差別される側の人間の心情として、自分等の先祖が
アマテラスとか秀吉とか言いたくなるものだ。

577 :天之御名無主:2006/02/14(火) 16:02:59
>>536 >>553
テンバ、ユサハリからの独り言 殿

アナタの書込みを信じたい気持ちでおりましたが、角栄自身がセブリ
をしていたかの様な話には正直落胆させられました。
(父親の代で溶け込んだサンカの血筋だというのなら話は判るが・・)
アナタがそれを見たのは何年頃で、そのとき角栄は何才位で、アナタ
は何才だったのでしょう。

田中角栄氏は大正7年新潟県刈羽群二田村生まれ。地元の高等小学校
に普通に入学して普通に卒業していますし兵役にも出ています。←戸
籍を持たないサンカが何故?

前の書込みから察するにアナタは昭和18年生まれと思われますが、ア
ナタが物心つくかつかないかの昭和22年の選挙で角栄は初当選してい
ます。
アナタのいう事が本当なら、田中角栄は国会議員をしながらセブリを
続けていたという事になってしまいます。

私は、サンカの存在をアタマから否定するような書込みも嫌いですが、
アナタのようにもっともらしい嘘を並べて喜んでいる様な輩はもっと
タチが悪いと思います。

反論があればどうぞ。




578 :天之御名無主:2006/02/14(火) 23:45:46
君の妄想にすぎんよ。ルンペンはルンペン。
過去も未来も、それ以上でもなければそれ以下でもない。

579 :天之御名無主:2006/02/15(水) 00:32:18
>>577>>537では?

あんまり人を信用するとろくな事はないよ。
世の中そんなもんよ。

特にこの手の話は眉に唾して聞かなきゃ。

580 :天之御名無主:2006/02/15(水) 00:34:55
角栄先生は会期中は永田町で天幕張って暮らしていたのか、もう少し考えろ

581 :天之御名無主:2006/02/15(水) 02:14:13
「アイアンキング」の不知火一族

582 :天之御名無主:2006/02/15(水) 09:40:21
大学の頃、フィールドでサンカの住居跡の洞穴を見に行ったことがあります。
面影は無く、花火のゴミやコンビニ袋が散乱してました。
なぜそこがそうなのか限定する理由も曖昧で失望しました。




583 :天之御名無主:2006/02/15(水) 21:15:16
参加する事に意義がある。

584 :天之御名無主:2006/02/15(水) 23:14:37
「テンバ、ユサハリからの独り言」氏は「金太」、「泉沢」でしょ。
うざいんだよね
もう、いいかげんヤメロ

585 :天之御名無主:2006/02/15(水) 23:49:14
道教や密教の山岳仙人信仰の、都市伝説みたいなもの。
地方では理解できないが、東京や大阪の大都市で花開いた厭世的
理想生活者の事なのでしょう。都会人のある種の驕りですよ。

地方に目を向けよ。大都市に収奪されどこにそんな理想郷がある?

586 :577:2006/02/16(木) 12:03:44
>>584
「金太」「泉沢」って誰ですか?
このスレには、過去にもいないようですが。

587 :天之御名無主:2006/02/16(木) 22:15:12
ブッシュ大統領もスズメマワリやセブリをしていたんだよ!

588 :天之御名無主:2006/02/17(金) 01:35:07
この一族って中国人を「祖国を占領した奴ら」
だからって激しく恨んでるって聞いたけど
もう恨んでないのかな?

589 :天之御名無主:2006/02/17(金) 02:22:45

この一族.......って どの一族?
祖国を占領した....って 誰の祖国?

日本は、中国なんぞに占領された事は歴史上一度も無いが・・・。
チベットかなんかと勘違いしとらんか?

590 :天之御名無主:2006/02/17(金) 06:57:56
ここ、人権板以下でワロス

591 :天之御名無主:2006/02/17(金) 18:48:33

文句言うなら、地元の大先生=高山文彦に言えよ!>宮崎のサンカども

592 :天之御名無主:2006/02/17(金) 20:01:34
「歴史民俗学」と云う雑誌に、セブリサンカの現役者であった加藤今朝松さんの取材記事が掲載されている。
その中で、自分たちの仲間で有名になった人に元首相「T」(田中角栄)がいると、インタビューで応えておる。
まんざら角栄さんのサンカ出身説も、サンカ部内者が応えている以上、確かでなかろうか。
それから、ユサバリ様の出鼻を挫いては、部内者の発言はしてもらえないと考える。
角栄さんの「私の少年時代」と云う本の中身は、分析すると、かなりゴマカシテ書いてあります。
やはり、セブリ生活していた時代があった・・・と、推定される。


593 :サンカファン:2006/02/17(金) 20:20:07
592さん。私も同感です。
説教強盗の妻木さんは出所後、内海桂子さんと泥棒除けのお札を演芸場で販売していた。
内海さんとセブリの河で、水掛遊びをしていたサンカの方が居たそうです。
やはり、かなりサンカ生活の方たちが、その後、頑張って溶け込んだ社会の中で生活されていたと思われます。
ユサバリのお方、お答え下さいませんでしょうか?信じております。

594 :天之御名無主:2006/02/17(金) 21:48:54
そして日本改造論でセブリやサンカの住処をダムで沈め、海岸を埋立て、
ルンペンと同義にさせたのは、その元首相「T」だったと?(大笑)
越山会に土建の聖地としてその後、「T」の郷里をコンクリと鉄骨で近
代化させたのは、不遇なセブリ時代への憎悪、貧乏の悪への憎しみがこ
もっていたのだろう(大笑)

「まぁそのぉ〜」と笑ってごまかすんだ(笑)

595 :天之御名無主:2006/02/17(金) 22:36:52
>>589
サンカについて色々書いてるナントカって
作家の本です。ネットで読めるようになってました。

サンカの一部に契丹?とかいう大陸系の人たちが
いて、同じ大陸系の藤原氏(桃源郷→藤原京)
を恨んでるって書いてありました。
自分でも書いてるうちにトンデモ話だと気づきました。

でもライブドア、東横イン、マンション偽装とかが
古代からの闘争だったら面白いですね。
そっち関係(六本木ヒルズ)VS藤原(東京ミッドタウン)とか

596 :天之御名無主:2006/02/18(土) 00:27:27
伊勢の創作、サンカに感動です。

597 :577:2006/02/18(土) 01:37:12
>>592
百歩譲って角栄氏がセブリをしていた時期があり、一部経歴を偽って
いたとしても、昭和22年に国会議員になった事は明らかなので、テン
バ・ユサハリの独り言氏の書込みに対する疑問を払拭する事にはなり
ませんよ。

>それから、ユサバリ様の出鼻を挫いては、部内者の発言はしてもら
 えないと考える。
 
 読む人を惑わす様ないい加減な発言ならないほうがいいのでは?



598 :577:2006/02/18(土) 01:39:43
>>593 サンカファン様
私は、否定派ではありません。
近年(昭和30年代)までは、確実に存在したと思っているし、表
には出なくても溶け込みの方々は現代社会の中でも生きていると
思っています。

私もあなた同様にサンカには大きな興味を持ち、魅せられてもい
ます。だからこそ、意図的に間違った情報を流す様な人間は許せ
ないのです。

私も、テンバ・ユサハリからの独り言氏のレスを待っています。

599 :天之御名無主:2006/02/18(土) 07:38:29
ルンペンは平安時代からいた訳だが・・・

600 :テンバ、ユサハリからの独り言:2006/02/18(土) 09:01:00
本人です。昭和17年生まれの、お婆さんです。パソコンを覚えたばかりです。
私は「536」は書かせて頂きました。施設の名前は伏せますが、伊豆半島の付根辺りにあります。

後日の記述の有りました「553」の方は、私の名前を語った別のお方です。
どうか、弁明をして頂けます様、お願い致します。

私のことはサンカのフィールド調査で訊ねてこられました1人の研究者に、すでにお話ししてあります。
その方が、私たちのことを仮名で紹介されると思います。

601 :天之御名無主:2006/02/18(土) 15:27:06
        ゴガギーン
             ドッカン
         m    ドッカン
  =====) ))         ☆
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |_____    ∧_∧   <  おらっ!出てこい>>553
     「 ⌒ ̄ |   |    ||   (´Д` )    \___________
     |   /  ̄   |    |/    「    \
     |   | |    |    ||    ||   /\\
     |    | |    |    |  へ//|  |  | |
     |    | |    ロ|ロ   |/,へ \|  |  | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
     | | | |〈    |    |     | |
     / / / / |  /  |    〈|     | |
    / /  / / |    |    ||      | |
   / / / / =-----=--------     | |


602 :天之御名無主:2006/02/19(日) 03:42:47
>>600
[テンバ、ユサハリからの独り言]さん。
その施設に昭和32〜33年に入所した子供はいましたか?
イニシャルはK・R(例えば木村律子)で、小学の低学年です。


603 :577:2006/02/19(日) 13:15:20
>>600
貴方のおっしゃる事が本当だとしたら、>>553を書いた人間に対し
新たに怒りを覚え、貴方には大変申し訳なく思います。
この先553が出てきて弁明する事も可能性として少ないと思われま
すので、この辺で矛を収めることにします。

皆様、(本物の)ユサハリ様 『お騒がせして、ごめんなさい』

          

604 :天之御名無主:2006/02/19(日) 14:22:02
ジサクジエン、まっさかり・・・
どっかでみた展開だ。

605 :天之御名無主:2006/02/19(日) 15:14:31
しかしルンペンであることにはかわらない。

606 :天之御名無主:2006/02/19(日) 15:42:54
>>605

525 :天之御名無主 :2006/02/05(日) 19:45:42
今風にルンペンっていえよ。
539 :天之御名無主 :2006/02/09(木) 19:46:57
で、全国共通にルンペンと呼ばれている。
566 :天之御名無主 :2006/02/12(日) 18:57:26
更に現時点で、ルンペンとサンカが異なると強調するのは無意味だ。
578 :天之御名無主 :2006/02/14(火) 23:45:46
君の妄想にすぎんよ。ルンペンはルンペン。
過去も未来も、それ以上でもなければそれ以下でもない。

君のサンカ=ルンペン説はよ〜〜〜〜〜く判った。
だから、もう出てこなくてイイよ!



607 :605:2006/02/19(日) 16:23:24
つーか、小生のレスは539だけだが。

608 ::2006/02/19(日) 17:03:45
Hと申します。今回、Iさん、Kさんから相談がありまして、私Hが書かせて頂きます。
600のユサハリさんたちの収容施設にて、往時の生活民俗などを調べさせていただいた者です。
この施設のことは、詳しく語れませんが、往時、○○市にあって歴代の市長が管理責任者で運営していた施設です。
当時の社会的な諸事情があって、一般生活〜社会に適応するための、生活保護を要する方々が多く収容されておりました。
性質上、多くの方たちの応援、協力などが頻繁にありましたのも事実です。
差し支えの無い範囲で、すでに、kさん、Mさんのことはある学会誌にサンカ生活聴き取りとして、仮名にて事例報告させて頂きました。
今回のSさん、Iさん、その他の保護されていた方々のことは、現在、関係者の方が社会生活をされておられます。
ので、公開できません。
その様な事情です。もう、この情報交換の場所には、Sさんも私も出てまいりません。
どうか皆さまの討議が、サンカの方たちの正論評価していただける事を願っております。



609 :天之御名無主:2006/02/19(日) 17:56:13
Hさん。有難う御座いました。

大変なご迷惑をお受けになり、申し訳なく思います。

このレスは、もう少しまじめに討議した方が良いと思いました。

私も不真面目なレスをしてきた1人として反省しております。

初心者の方が、まじめに参加してきても・・・受け入れましょう。

決して冷やかしたりせず、大きな気持でサンカできるレスにしたいと思います。

最後のお願いです。その、学会誌をおしえていただけませんか・・・ぜひとも読ませて頂きます。

610 :天之御名無主:2006/02/19(日) 18:44:57
>>607
あー、そりゃ悪かったね。ゴメンゴメン。

君のレスは「で、全国共通にルンペンと呼ばれている。」と
「しかしルンペンであることにかわらない。」・・・。 OTL

わざわざ出てきて恥じ晒す事も無かろうに・・・。
“一行煽りレス”しか書けないアフォはご退場願おうか。


611 :天之御名無主:2006/02/19(日) 19:15:49
「ルンペン」=ワークレス  「サンカ」=ワークでは無い
  ○=610の勝ち!!
  ×=607の負け**
乱してゴメン、ゴメン・・・609さん、ゴメンなさい。

612 :天神さんのお友達:2006/02/19(日) 21:37:55
今日 土手に家をたててお店をやっている方とお話したのですが、その土手には何件か
店が並んでいるのですが 昔は椰子をしていたそうです。ヤシの意味はもともと薬師 つまり山に入り薬草を取り 里に降り
薬を売る これが語源だそうです。また同和地区とも関係があるらしくともだちが 最近税金を徴収されて などと言っていました。
また 苗字や戒名にも 少し特徴があるそうです ちなみにその方のともだちは 里山が主な生活圏で今でも 出入りしていると言っていました、
あと 仲間に竹細工師は いますが木地やさんはあまり交流は無いそうです
ちなみに その人たちは 戦後 なし崩しに 土手に家を建ててしまったそうです
最初は すぐ動かせるようにと言われていたのに いつ居てしまったとのことです。
自分たちを テンバ テンジン ヤシ などと言うそうです
僕が 思うに山や野で 昔暮らしていた人 特別区別は無かったのではないのでしょうか
ぶらく うらやす 木地し みつくり またぎ ヤシ みんな仲間だったのではないでしょうか
いまは みんな普通にくらしてますが でも 市役所の助役さんが仲間なので
なにかと世話をやいてくれたり 少しはいまでもつながりがあり 助けあっているそうです

これ 関係ないかな


613 :天神さんのお友達:2006/02/19(日) 21:51:44
あっ テンバとは言ってませんでした あと うらやすは自分たちの巣のことです
うらがわは 自分たちの川 追伸でした

614 :577:2006/02/19(日) 22:46:21
>>608 H様
この度は研究者である貴兄にまで、お手を煩わせる結果となってしまい
心苦しい限りです。貴兄のますますのご活躍と、テンバ・ユサハリから
の独り言氏ならびに元ユサハリの皆様のご健勝を心より願っています。

また、サンカに興味があり真面目に討論(ROM)してきたこのスレの皆様
には結果的にとはいえ、元ユサハリの方の貴重なお話を聴く機会を奪
ってしまった事を改めてお詫び申し上げます。



615 :天之御名無主:2006/02/19(日) 23:28:29
三重はみえみえ。

616 :天之御名無主:2006/02/20(月) 01:24:08
もし「ひろゆきは世間師」だったら
それが一番のサプライズ!

無いと思うけど…

617 :天之御名無主:2006/02/20(月) 13:24:41
612 :天神さんのお友達様
貴重なご教示有難う御座いました。以下のこと、非常に勉強になりました。

「・・・あと 仲間に竹細工師は いますが木地やさんはあまり交流は無い・・・
ちなみに その人たちは 戦後 なし崩しに 土手に家を建ててしまったそうです ・・・・
自分たちを「 テンジン 」「 ヤシ 」などと言うそうです
僕が 思うに山や野で 昔暮らしていた人 特別区別は無かったのではないのでしょうか
ぶらく うらやす 木地し みつくり またぎ ヤシ みんな仲間だったのではないでしょうか 」

確か「テンジン」という炉辺の囲炉裏棒が、三角寛の写真に載ってたです。
テンジン・・・これは貴重な呼び名で、謎が1つ解けました。アリガトウ。

それから、614のお方、尊敬してしまいます。私もその真摯な態度、見習います。
どうか、これからもスレを待っております。

618 :天之御名無主:2006/02/20(月) 16:12:31
ルンペン騒ぎをして、済みませんでした。
私自身、反省してまともなことが書けます様に勉強します。
皆様、お恥ずかしい私でしたが、勘弁してください。
610の先輩、済みませんでした。
612、614、それとHさん・・・・皆さん、立派な方々で、済みませんでした。

619 :天之御名無主:2006/02/20(月) 18:03:19
別にご立派になる必要も無いし、書込みする為に勉強するって言うのも
なんか違う様な気がする。要は“不用な煽り”や“意図的な嘘”が無く
なれば後は自由でいいんじゃない。勉強しなけりゃ書込めないならこの
スレに誰もいなくなっちゃうよ。

テンバ・ユサハリの独り言さんや Hさんが登場してくれたおかげで、
“議論無用の完全否定派”も今のところ影を潜めてるし、618が改心して
くれたから他の“ルンペン廚”も出てきづらい。

このスレ的には健全な状態に向かいつつあると思うよ。

あと 618さん 610ではきつい事言ってゴメンね。


620 :天之御名無主:2006/02/20(月) 22:19:24
みえみえ


621 :天之御名無主:2006/02/20(月) 23:15:21
ヤツ→ヤシ→香具師って自然発生的なモノなのかな…

622 :天之御名無主:2006/02/21(火) 04:43:45
ま、完全にフィクションですがね

623 :天之御名無主:2006/02/21(火) 12:59:55
そういえば・・・・思い出しました。
草薙神社、中村神社、猿田彦さん・・・・・などで、鳥居の1番めの良い場所は
確かに竹細工売りの香具師が、店を張ってましたヨ! 皆が通るいい場所ですヨ!!
テキヤさんの組織でも、サンカ系のテキヤが力を持っていたのでしょうか?
612・613のお方の、レスが当たりでわないかと思います。

これまで、変な1行スレばかり書き込みまして、私も謝ります。皆さん済みませんでした。

624 :天之御名無主:2006/02/21(火) 21:07:05
うちの元社長が堀江っていうんですけど
そっち方面じゃないですよね?

625 :天之御名無主:2006/02/21(火) 21:23:37
>>619
ある意味 多少の荒らしや煽りは2chの華。
気の利いた1行レスや AAも味わい深いものがある。

あまり悪質なのは困り物だが、真面目な討論ばかりでも肩が凝る。
多少の事は受け流すだけの寛容な気持ちでお願いしたい。

いきすぎた“健全”ほどつまらん物は無い。
むしろ多少 不健全なくらいが健全だ。



626 :天之御名無主:2006/02/21(火) 22:37:52
日中の重要なパイプが自分たちの手に入れば、
今の総理はすぐにでも靖国参拝やめると思う。
今は自分たち以外のパイプを潰している最中だと思う。

中国との関係は優位に立ちたいけど、本気でけんかするわけないし
今の総理が全部考えてるわけないけど

627 :天之御名無主:2006/02/21(火) 23:22:35
625に禿同。

626は誤爆? 
それとも小泉ーサンカ絡み?

628 :天之御名無主:2006/02/22(水) 05:31:49
>>627

ソース無いのでガセネタとのことで決着がついている。
次カキコしながら、コテハン使い、レス工作していき違う方向に持っていくんだろW


まったく2ちゃんねるには呆れた、

629 :天之御名無主:2006/02/22(水) 07:20:20
呆れたならカエレ!

630 :天之御名無主:2006/02/22(水) 18:54:46

628が何の事を言ってるか、誰に噛み付いてるのか判らない。
627?626?625?

ま。イイカ! 呆れたならカエレ!

631 :天之御名無主:2006/02/22(水) 19:13:05
630さんに、同感!!で〜〜〜す。 630さんバンザ〜〜〜イ!!!

サンカのスレに、日本語でわかりやすく、自己主張の表現してくれヨ!!

せっかく、盛り上ってきたのに、残念で〜〜〜す!!<<自己主張!!

632 :びびる王毅はおもろい顔:2006/02/22(水) 19:31:42
この芸能人はサンカじゃないか?
って書いたら身の回りで変な事があった。
ここに書き込んだくらいで住所がわかるわけ無いけど
ちょっとびびった。
魔法のチカラ持ってるのかな????

633 :天之御名無主:2006/02/22(水) 21:19:19
そんな力があれば、ルンペンしてないって・・・

634 :天之御名無主:2006/02/22(水) 21:36:06

北ーーーーーーーーー!!ルンペン廚!!

635 :天之御名無主:2006/02/23(木) 08:42:46
623様、・・・・・>きっと、サンカの末裔の組織、シノガラが居ると思います。
この書き込みを、見ているのかもしれないネ!!
シノガラの皆さ〜〜ん  サンカのこと、教えて〜〜〜


636 :天之御名無主:2006/02/23(木) 16:04:27
何の確証もない勝手な想像ですが・・・。
612さんの《ヤシの意味はもともと薬師 つまり山に入り薬草を取り 里に降り薬を売る これが語源だそうです。》
ってカキコみてふと『富山の薬売り』の人の中にもサンカ系の人が結構いたんじゃないかって想像してみた。

日本の製薬の歴史も富山の薬売りも 元を辿れば修験道の人たちが薬草を採り煎じて携行した事に行き着くらしい。
修験道といえば山岳信仰 山の民であるサンカと接点があっても不思議じゃない。
また修験道と忍者には密接な関係があり(伊賀・甲賀地区にはたくさんの修験道の寺があったらしい)サンカと忍者も
サンカの最高権力者 乱裁道宗(アヤタチミチムネ)と忍者の最高権力者が同一人物だったという話もある。
修験者も 忍者も サンカも異なる集団である事は確かだが人的交流や重複も有ったと思う。いずれにしても確かなのは
三者とも薬草や薬には豊富な知識を持っていた事。そんな人たちの一部がその知識を生かし『薬売り』になったと考えて
もあながち的外れとも言えないと思うんだけど・・・。どうだろう?



637 :天之御名無主:2006/02/23(木) 16:07:36
つづき
昔実家にも半年か1年ごとに『富山の薬売り』の人が訪ねてきてたが子供心に日本国中股にかけて薬を売り歩く
このおっさん達は只物じゃないとニラんでた。五木寛之の『風の王国』で山野をものすごい速度で駆け巡るシー
ンがあったけど、このおっさん達が人目の無い山間部では柳行李を背負いながらものすっごいスピードで駆け巡
ってるのを想像すると・・・。  何かカッコいい!!

638 :天之御名無主:2006/02/23(木) 17:19:07
富山の薬売りと、僕は滋賀〜伊吹山の薬草売り(薬草獲り、も)、結構、広く行商してました。
僕のお婆さんの話では、遠い地方のニュース、近くの村の婚姻の話し、もうすぐ葬式のある家・・・
等の情報話しなど、間違いない話しを伝達していたそうです。
これなど、アヤタチ大親分を中心とした連絡網があり、仲間のネットワーク、組織があったんでしょうか?
サンカ・アヤタチ組織=富山の薬売り〜面白い見解だと僕は思います。

639 :天之御名無主:2006/02/23(木) 17:45:12
図書館で見た本だけど
景気いい頃、ヤ○○トのおばさんってハワイ旅行に
招待されてたんだって。
あの人たちの仕事って飲み物売るのもあるけど
色んな場所にズカズカ入り込んで情報を得ること
が重要な任務だって書いてあった。
公共機関にこんな本が…って驚いた。
ほとんどの人が知ってる常識なのかもしれないけど
薬売りとちょっと似てる。

640 :天之御名無主:2006/02/23(木) 21:55:35
中世まで、多くの山や谷は神域とされムラの禁足地とされていた事が
多く、また猟師や山師達は講を構えており、猟の期間・場所や猟の数
についての指定をしていた。
これは現代でも一部の地域では多くのしきたりが残っており、主にそ
の山の自然体系・食物連鎖を維持・管理する目的があったと、今では
考えられている。
しかし一部のムラや講に属さないサンカと呼ばれる流民は、このいい
つけ・しきたりを乱す事があった為、村民や生産者組織である講や、
支配権力者である武士から弾圧をうける事もあったものと思われる。
農村に残る鬼や山姥の伝説も多くはムラの共同体に従わない彼等下層
流民の類の記録だと分析されている。

641 :天之御名無主:2006/02/24(金) 21:02:19
京都では河原に住んでいる売春や芸能を生業とする流民をカワラモンと呼び
汚らわしい賎民として扱っていた。しかし当時の河原は市が立ち、経済活動
が盛んで、その技を歌舞伎や阿国踊りのようにパトロンを見つけて文化まで
磨き上げる成功者もいた。
彼らの多くは律令制の中で荘園から逃散した流民であったものだと思われる。
農村社会の中での居場所を失い、当時の大都市である京の都に流入したのだ
ろう。
律令時代の奈良・平安に流民の暴動・逃亡が数多く発生し、権力者の悩みの
タネとなていた。

642 :天之御名無主:2006/02/24(金) 21:42:32
金の芽がある金芽米!

643 :天之御名無主:2006/02/24(金) 22:56:04
>>636 >>637
真偽の程はともかくとして、大変興味深く拝見しました。
私も子供の頃『薬売り』の人が来ると興味津々で近くに座り込んでジッとみていると紙風船をくれたりして。(年がバレちゃうネ)
それと サンカって忍者っぽいと前から思ってたんだけどやっぱり関係があったんですね。自分でも調べてみます。
>>640 >>641
大変勉強になります。また教えてくださいね。
今度はテキストを書写すだけではなく、それに対して貴方がどう感じ どう考えているのかも書き添えて頂ければ素晴しいと思います。


644 :天之御名無主:2006/02/24(金) 23:22:29
>>641
阿国の時代には、荘園制はとっくに崩壊していたはず

645 :天之御名無主:2006/02/25(土) 00:06:27
m9(^Д^)←朝ズバのマークに似てる

646 :天之御名無主:2006/02/25(土) 18:05:27
m9(▼Д▼)←サンカはルンペンに似てる

647 :天之御名無主:2006/02/25(土) 18:47:04
m9(⦿Д⦿)↑ルンペンっていってる奴がルンペンだ!

648 :さっとこ:2006/02/26(日) 12:08:53
m9(~Д~)↑ムキになるのは親がルンぺンだからに決まっているよね。神国日本民族の恥だよね。

649 :天之御名無主:2006/02/26(日) 12:43:51
647さま。見事な“ルンペン返し”尊敬しちゃいま〜〜す。
かってに師匠と呼ばせてもらうオ。
それにしてもルンペン廚って何のためにこのスレに来てんのかなア
そんな事しか書けないんダタラ来なけりゃイイのに 恥ずかしくナイン?          


・・・死ねばイイのに。 




アッ!さっとこは自分の巣にカエレ!

650 :天之御名無主:2006/02/26(日) 13:57:22
サンカって大阪の山科なのかぁ?

651 :天之御名無主:2006/02/26(日) 13:58:03
大阪の西成に近い地域なら笑うw

652 :天之御名無主:2006/02/26(日) 14:10:52
山科区って京都だったなぁ
悪りぃ悪りぃwww
俺、東京出身だから大阪と京都区別着かないやァ…
京都のルンペン地域なんだなァ?在日B地域かァ?
もしかしてぇ…ヤベェ…退散!

653 :天之御名無主:2006/02/26(日) 14:36:45
っで…サンカつうのは漢字で
余り統一されていないがぁ
山家、山窩、讃歌、三家、参加、賛歌、惨禍、三課、酸化、
傘下、産科…
正しくは、山窩なのかぁ?

654 :天之御名無主:2006/02/26(日) 14:43:25
ガセスレw

655 :天之御名無主:2006/02/26(日) 14:49:08
そういえば、思い出しました。
神田の古書街で、何かサンカの本、無いでしょうか? 
   と訊ねてながらサンカの本を探していたら、
親切?な 古本屋のカミさんが“これもサンカの本ですヨ!” と薦められ・・・
 、志賀直哉の「山科の生活」を・・・訳もわからず買いました。
家で、よく見たらサンカのこと書いていない本でした。
カネ〜〜返せ!! おばさん!!! 
 所詮、自分の一般教養の無さにアキレテ おりまする。

ルンペンさん〜〜  イツまでも変なスレいれてるより、
ルンペンになったら、どうですか〜〜〜〜ア  

656 :天之御名無主:2006/02/26(日) 14:54:28
ハハハハ・・・・「山科の生活」 ハハ×10ジョウ

アアアアアアアアアアアアア〜〜〜〜〜

良かった。 オレより馬鹿がいた!!!

657 :天之御名無主:2006/02/26(日) 15:02:32
前の彼女に、「サンカ」って知ってる?
  「私、サンカの所属です。」
エ〜〜〜〜〜
  「○橋病院の産婦人課勤務、所属は サンカ です」
これもサンカ、山窩 でーーーーーあった。

658 :天之御名無主:2006/02/26(日) 23:16:10
サンカの語源は不明。
「山窩」も正確な発音(歴史的仮名遣いによる発音)だと
「サンクワ」だから語源的には違う、と言うことを後藤興善が言っていた気がする。
漢字は当てにならないと思われ。
個人的には「坂の者」→「坂者」→「さンか者」→「サンカ」だと思っている。
宿無しで川っぺりに住んでいた人々(サンカとは違う)を指して「河原モン」
という言葉も有ったのだし。

659 :落ちこぼれの院生:2006/02/27(月) 08:09:48
658様。「サンカ」の語源・・・なるほど!!!!

 「坂の者」→「坂者」→「さンか者」→「サンカ」

納得してしまいます。あなたは天才です。

尊敬してしまいます。師匠と呼ばせてください。


660 :天之御名無主:2006/02/27(月) 19:38:41
河原者と言うのも見下している言葉だが、
坂者(サンカ)と言うのも蔑みの感情で生まれた言葉。
だからよく言われるように、
サンカ自身が自分たちのことをサンカと言う事はない。
ショケンシといっている例はあったとなにかの本で読んだ。

しかし、「自分たち」という意識をどこまで持っているかが問題だと思ふ。
西日本から関東まで、「サンカ」一族があって統制があって、
十三の時(だったかな?)には丹波に行って術をおぼえて一人前になる、
などというのは面白いが、あまりに小説っぽいよね。

661 :天之御名無主:2006/02/27(月) 20:28:09
今流にいえば、不正占有者、不法滞在者だな。>サンカ・カワラモン

662 :天之御名無主:2006/02/27(月) 21:05:28
当然。それがサンカのゆえんだ。
ただ占有はしないよ。
山は誰のものでもない、という世界観で生きてるから。
だから山(大地のすべて)にある畑も誰のものでもない、
畑にある草・野菜も誰のものでもない、と
勝手に食っちゃって盗っ人呼ばわりされる。
サトモンからすれば間違いなく盗っ人だからね。

663 :天之御名無主:2006/02/27(月) 22:11:24
おお、正に幻の原始共産制。マルクス・レーニン主義の理想とするものだ。

664 :天之御名無主:2006/02/27(月) 22:48:07
社会学者の考える原始共産制とはぜんぜん違うと思うけどね。
「共に産する」わけじゃないモン。
要するに野生の獣と同じなわけだ。
畑の作物を食って、地主が「盗っ人!!」と怒っても知っちゃいねー。
社会だの主義だのに縛られることもなく
自分らのおきてにのっとって生きる。
大地が寝床、天が屋根、自然界とわが身のあいだに世界がある。
ああ、すばらしき流浪人生!!

665 :天之御名無主:2006/02/28(火) 00:13:37
冬は沖縄、春と秋は東京、夏は北海道と漂泊するサンカになりたい

666 :天之御名無主:2006/02/28(火) 02:41:24
こんなにバッシングされるのもカカカが権力をもってるから

667 :天之御名無主:2006/02/28(火) 08:32:24
山の民

668 :天之御名無主:2006/02/28(火) 10:07:54
和民

669 :天之御名無主:2006/02/28(火) 18:03:23
山の民とサンカは似て異なるものと考える

670 :天之御名無主:2006/02/28(火) 22:47:22
2chってすごい。
オタ系の板しか見てなかったけど、
サンカについての議論があるなんて。
でもさ、
サンカの存在をどうやって知ったの?
一般社会での認知度はかぎりなく0でしょ。
俺は八止の本を図書館で見つけて知ったんだけど、
基本的に被差別部落と同義だから公に語られることないっしょ。
俺(30代)と同年代以下で知ってたら奇跡だとおもう。
リアルサンカが忘れられてない時代を知ってる年配者スレ?

671 :天之御名無主:2006/03/01(水) 01:19:36
中上健次と栗本慎一郎の対談、ネットで読んだら
サンカに対する熱がちょっと冷めた。
「この集団も所詮、掌の上の人間じゃん」

672 :天之御名無主:2006/03/01(水) 18:39:53
「中上健次と栗本慎一郎」は、二人とも口先だけの不良評論家だ!!!
全く、サンカのフィールド調査も、資料勉学もした事の無い、人間。
口先だけの出任せで、害虫人間。
この二人は、日本のもっとも恥るべき、存在価値の無い人間だ。


673 :天之御名無主:2006/03/01(水) 20:51:30
東京23区には大きく12のルンペン組織があり、その生存権(別称:なわばり)を争っているという。

674 :天之御名無主:2006/03/02(木) 00:15:48
それは面白い続きを聞こうじゃないか

675 :天之御名無主:2006/03/02(木) 01:22:56
んな〜事は,他所(人権板)でやれ!

676 :天之御名無主:2006/03/02(木) 12:20:49
そうだね。673はサンカと関係ないもの。

677 :天之御名無主:2006/03/02(木) 20:39:33
673に関係あるのは山谷だけ。東東京は要注意だ。

678 :天之御名無主:2006/03/02(木) 21:14:33
古い爺さんの業務日誌「山番順廻帖」見てたら、
「河原者三家族、サンカ者七家族 本日 大井川渡り村もち山へ入る。
駐在へ連絡 明日勧告して 材を刈りした時は山狩りするなり」
昭和6年5月8日 の記述

これも山窩のことでしょうか?

679 :天之御名無主:2006/03/02(木) 21:20:02
どこの話だ? 鬼首村か? 八墓村か?

680 :天之御名無主:2006/03/02(木) 21:35:48
>678
それはサンカだね。
その頃サンカは警察から警戒してされていたから。
ただ、「河原者」「サンカ者」というのは
あくまで警察(里者)側が言っていたものだから、
どんな基準で二者を区別しているのかわからないね。
単に川にいるサンカの事を「河原者」と言ってる可能性もある。

681 :天之御名無主:2006/03/02(木) 22:38:47
大井川の向こう岸で天幕張っていた家族が三家族に、新たに加わった七家族ってこと
だよね。

682 :天之御名無主:2006/03/02(木) 23:01:55
参加者かよ

683 :天之御名無主:2006/03/03(金) 00:08:21
>>681
座布団一枚w
682のレスみてから気づいたw

684 :天之御名無主:2006/03/03(金) 00:43:10
村もち山さ荒らす流れもんは、ぶち殺すだ!!
御山さ土足で汚す不届きもんは、目鼻さ削いで吊るすだ!!

685 :天之御名無主:2006/03/03(金) 03:57:39
中上健次と栗本慎一郎の対談、ネットで読んだら
サンカに対する熱が、だいぶ冷めた。
「この集団も所詮、掌の上の人間じゃん」


686 :天之御名無主:2006/03/03(金) 09:23:13
p(^-^)

687 :天之御名無主:2006/03/03(金) 18:35:27
685 671 ワンパターンのコピー馬鹿だな 

もう、消えろ 自分の頭のレベルの低さを知れ

672様の意見の方が、正しい お前は馬鹿か



688 :天之御名無主:2006/03/03(金) 20:22:43
中上健次と栗本慎一郎の対談、ネットで読んだら
サンカに対してますます興味が湧いた…
「この集団こそホントのアウトサイダー集団だ」


689 :天之御名無主:2006/03/03(金) 21:28:05
むしろ、夜盗、山賊の子孫では? >サンカ

690 :天之御名無主:2006/03/03(金) 23:41:17
夜盗山賊がかならず漂泊の民ではあるまい?
サンカが夜盗や山賊仕事をするからって
「子孫」としていっしょくたにするのは無理がある。

夜盗、山賊をしていて里に住めなくなったひとびとが
「サンカ」という一集団になった、というなら
意味は分かるが、
しかしそれではサンカにある独特な文化(里とは違う)の
起源を説明できない。


691 :天之御名無主:2006/03/04(土) 10:11:05
夜盗山賊だった

腕や才覚のある奴は武士にのし上がり大名に

パンピーは検地刀狩で真っ当な人間に

徳川幕府に目をつけられたのは穢多・非人に

就労・納税さえの拒否して山野にこもった最低のニート

徳川幕藩体制300年の間に更生の機会なく脳内文化化

サンカ・カワラモンの誕生

692 :天之御名無主:2006/03/04(土) 12:20:32
山窩とは明治の行政用語(特に警察用語)と聞いたが、窩とは
洞窟に住む者って意味で、天幕住まいでは無いんだよね?
山禍みたいなイメージで命名したのかね?

693 :天之御名無主:2006/03/04(土) 12:46:58
ショーケン主演の映画「せぶり者」?は面白かったよ。
サンカの出産方法とか風習がよく描かれていた。

694 :天之御名無主:2006/03/04(土) 13:39:42
ショーケン主演の映画「せぶり者」?・・・・愛用ビデオ確かめたら「瀬降物語」(せぶりものがたり)
でした。 これは、いい映画だね〜 あんな里、山、川で生活できたらイイナ〜〜〜〜
下手に大○院へ逃げ込んでみたが、飯にありつけなくて・・・・ 彼女も逃げ・・・親も泣かし・・・・
オレは・・・・サンカ に 参加 した方がいいのか・・・・
誰か紹介して〜エ  サンカの仲間に入れてくださ〜い

695 :天之御名無主:2006/03/04(土) 13:53:00
夜盗・盗賊>>>明治の初め頃の新聞では「山賊」と表現されているのを数例見たことある。

692の先輩、「山窩とは明治の行政用語(特に警察用語)・・」

警察は、明治の何時頃から「山窩」と書いて表現したのか? 教えてください。

この板、サンカの最先端の情報が、飛び交っていて面白いで〜す。

696 :天之御名無主:2006/03/04(土) 14:05:05
678様 オレもその集団は680様と同じに、サンカと思う。
681様の、サンカの合計10家族のこと、正解かも、おれもそう思う。
694様、人生は黙っていても、なんとかなる、「捨てる神あれば拾う神あり」オレもそう思う。


697 :天之御名無主:2006/03/04(土) 14:10:04
世間(ショケン)師と言われる位だからな。
監督はまず配役筆頭に彼を思いついたんだろな。

良く描かれてると言われてもなあ…

698 :692 長文御免:2006/03/04(土) 15:30:04
>>695
いやいや、私は何も知りませんよ。
山窩は私はとって郷愁を伴うファンタジーに過ぎません。
ただ幼年期に、山窩との接触を想起させる、或るささやかな体験があり、
その体験からかなりの年月が経ってから、NHKの新日本紀行だったか?
(何年か前にもアーカイブスで再放送していた)そのドキュメンタリーで、
熊本県菊地郡周辺の山窩の生活痕跡を地域住民が証言している様子が
取材された番組がありました。
当時私は成人して東京に住んでいましたが、私の実家は菊地郡から
そう離れていない町にあったので、その番組や三角寛の著作に触発され、
帰郷の折にその辺りの山を歩き回って調べたことがあります。
やはり、幼児体験がずっと心の隅に引っ掛かっていたからでしょうね。
調査した時期は昭和45〜8年位だったかな?
調査と言っても、登山口の里の人にちょっと話を聞いて、カメラ持参で
山歩きする位だったんですが、あの辺の山は殆ど全部歩いてみました。
結果、何も山窩の手がかりは得られず、空振りに終わりましが、
それ以来山歩きが好きになっちゃいましたよ。

なお、いつ頃から山窩と呼ばれていたかに関しては[山窩 警察用語
 明治]等をキーにぐぐってみて下さい。

因みに私の幼児体験に関しては、宜しければ以下のレスを読んでみて下さい。

http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/out/1077625078/547-560

699 :深謝、長文御免さん:2006/03/04(土) 15:47:45
695です。貴重なお話しと、関連ページ情報有難う御座いました。
確か、大分県大野川でサンカの調査をした報告書が有ると聞きました。
私の職場の***生に聞いて、確認しておきましょう。
三角寛も大分で、帰郷の際、サンカのイカキ売りの女から、サンカの昔話しの
語り部を紹介してもらった等・・・の書き込みありますネ。
九州のサンカのこと、もっと教えてください。

700 :天之御名無主:2006/03/04(土) 16:06:26
>>698
貴方が熊本の御出身のようですのでお聞きします。
私の妄想ですが「五木の子守唄」はサンカとは関係ないでしょうか?
私は五木地方がどんな所か知りませんが、歌の内容を考えたら
一年に一度戻ってくるサンカの事を歌っているようにも取れるのですが。

701 :天之御名無主:2006/03/04(土) 16:13:07
はっか

702 :天之御名無主:2006/03/04(土) 16:48:17
ふくろうのお土産sage

703 :天之御名無主:2006/03/04(土) 20:44:14
明治中期の警察用語では、山窩は犯罪者と同義で用いられている。

704 :天之御名無主:2006/03/04(土) 22:34:07
>>699
書いた後、再度思い返してみましたが、NHKの該当ドキュメンタリーを何時の
時点で観たか、その時系列の記憶がかなり曖昧になっています。
当時は反体制学生運動が非常に盛り上がってまして、三角寛著作の他にも、
白土三平のカムイ外伝等色々な山窩関連の資料に接する機会はありました。

>>700
五木の子守歌は平家の落人の末裔が住む五木・五家庄地域の子守歌と
聞いています。
幼くして子守奉公に出された娘が、山奥の故郷を偲び、盆の藪入りを
待ち焦がれると言う設定ですが、実際はそんな境涯の娘が奉公先で
亡くなってしまい、彼女を悼んで、せめてその魂が盆に実家へ帰り
着いて欲しいと願った、娘を送り出した側の哀歌だった様な気がします。
漠然とながら、漂泊の民とされる山窩の唄ではないような気がします。
しかし確かに菊地郡から球磨郡にかけては、古墳群や謎の遺構トンカラリンと
その付近の集落、さらには三方を断崖絶壁に、正面を山に囲まれた竹田市、
深山の隠里のオーラを放つ五木・五家庄など、九州育ちの私から見ても
異質で非日常的な佇まいの空間が点在しています。

因みに私は幼児期は某新興工業都市に住んでいました。
そこは今でこそ産業が衰退しすっかり寂れてしまった様ですが、
当時は非常に活気がある町だったと記憶しています。
根拠のない仮説に過ぎませんが、もし山窩と呼ばれる民が実在したとして、
所謂[とけこみ]を企てる場合、当時のこの町の様に好景気で、
しかも由緒ある城下町の様な古いしがらみがなく、出自を問われにくい
新興都市を足掛かりの地
として選択するのは自然な成行の様な気がします。
更に彼らがそういう地でいくばくかの成功を遂げたら、次ステージを求め
再度移動するのかも知れません。
最終的に目指す地は、やはり首都圏、或いは外国なのかも知れませんね。

705 :天之御名無主:2006/03/04(土) 22:41:22
みの ほど知らず

706 :天之御名無主:2006/03/04(土) 22:43:18
ナンカ宇宙を目指してるみたいだけど
地球と運命を共同する民族だと
ぼくぁ、思うな〜

707 :天之御名無主:2006/03/04(土) 22:56:44












http://kouzoukaikaku.jp/

708 :天之御名無主:2006/03/05(日) 00:31:37
そもそも既に滅んだからな。サンカは。
今いるのは、ただの浮浪者だけだ。

709 :天之御名無主:2006/03/05(日) 00:36:46
http://kouzoukaikaku.jp/ が紫色になりました。

どうすれば青に戻りますか?

710 :700:2006/03/05(日) 12:16:33
>>704

詳しく解かり易い解説ありがとうございました。
私も大学時代、白戸三平の「カムイ外伝」は全巻もっていました。
色々批判はあるようですが、20年前に三角寛の
「サンカ研究」を読んだ時はかなりの衝撃をうけました。

711 :天之御名無主:2006/03/05(日) 12:54:59
日本のアカが理想とした原始共産制を宣伝するための架空の存在。

712 :天之御名無主:2006/03/05(日) 13:38:57
ルンペンと変わらないって。今となっては。

713 :天之御名無主:2006/03/05(日) 14:13:40
三角寛は、典型的な右翼思想の人物であることが明確になった。
共産主義を、頭から三角は受け入れない人物である。

三角寛の取材サンカの一部の人たちは、最近発見され、
サンカの研究者たちに取材されたと聞いている。
その記事によると、「ルンペン」ではなく、立派なトケコミ者になっていた。

せっかく良い雰囲気になってきたので「711=712」のルンペンさん!!
アラシはそこまで!! もう出てこなくていいヨ* シナドオクリにな〜れ

714 :天之御名無主:2006/03/05(日) 14:53:16
やめてぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!















ミキティバッシングはやめてぇぇぇぇぇぇぇ!!!

715 :天之御名無主:2006/03/05(日) 15:01:18
サンカに興味アリ… 昔し峠走ってた頃に山中で見掛けました 子孫の方なのか… 麓までフルブーストかけて下っても(オレのセブンで)40分はかかる山中 冬季閉鎖有の峠です 当方長野です。

716 :天之御名無主:2006/03/06(月) 00:11:22
>>715
出来るだけ詳しく

717 :天之御名無主:2006/03/06(月) 17:49:58
715です 続きですが…数年前からトンネル工事がはじまり、私達は入れなくなってしまいましたが、仲間内では有名でした… 定住していたようですが、何であんな山中に?まさかサンカの子孫? お話しする機会はありませんでしたが、ずっと気になっていました。携帯から長文すいません。

718 :天之御名無主:2006/03/06(月) 20:16:35
そんな純朴なイメージのサンカにも興味あるけど
東京相和とか政治とか、世の中のディープな所に住んでる
サンカにも興味あるなぁ

719 :天之御名無主:2006/03/06(月) 22:11:21
畜産界のドンとか、皮革業のフィクサーとか、宝飾原石の大元締めとか、創価学会の支配者とか・・・


720 :天之御名無主:2006/03/06(月) 23:24:46
初期創価にサンカがいたらしいですね。

勢力拡大に尽力したのかな?
大本で仕入れたノウハウ活用したのかな?
それとももともと宗教活動の裏側には…
って感じなのかな?

721 :天之御名無主:2006/03/07(火) 00:14:01
>>717さん
現在もサンカの人たちが昔のままの姿で生活しているとは考えられません。
なにか里に住めない事情がある人が、一時的に生活してるのではないでしょうか。
もし、サンカだったら民俗学的大発見ですよ。

722 :天之御名無主:2006/03/07(火) 09:47:03
>>720さんの文脈に従うと、戦時中に弾圧され解散した出口王仁三郎
率いる大本教に山窩の影響が濃厚ってことになるんでしょうか?
私は大本教に関しては、出口の親族が書いた[出口王仁三郎]の伝記本と
高橋一巳著の[邪宗門]しか読んだことがありませんが、そこには山窩
云々の記載はなかったと思います(想像はご法度です)が、大本教の
メンバーや創価学会の初期メンバーに山窩がいたと書かれている文献が
あるのなら、ソースをお教え頂ければ有り難いです。
今一つ、大本教解散後、本教団の人材は、戦後のPL、成長の家、
世界救世協会、天理、金光等など広く分散して行ったわけです。
で、ご説の意味は戸田城聖やその一番弟子の池田大作等の核グループの中に、
大本教の残党にして、山窩族の人物がいたという意味でしょうか?
そちらの関係の文献はまずないと思われますが、なんらかの論拠があれば
是非ご紹介下さい。
因みに私は特定の宗派、教団に組するものではありません。
とは言え、完全に無宗教、唯物論者という訳でもありませんが。

723 :天之御名無主:2006/03/07(火) 12:46:50
大本教解散したん? 綾部市に本山あるじゃん

724 :天之御名無主:2006/03/07(火) 14:26:42
大正10年の第一次大本事件で聖師王仁三郎以下ほとんどの幹部の
検挙投獄と神殿の強制解体を皮きりに、再建が済んで再び隆盛をなした
本教団に対する昭和10〜11年の第二次大本事件と二度の政府による
大弾圧を受け大本教は壊滅したと理解してます。
なにせ、日本は負ける、戦艦大和は沈む、爆撃により日本中火ダルマに
なると予言しちゃったもんだから、不敬罪と治安維持法違反で綾部、
亀岡の大本教聖地と神殿は数千発のダイナマイトで爆破されました。

終戦後生き残った王仁三郎を祭り上げ、愛善苑の名称で発足した教団は
まあ、私見ながら、脱け殻みたいなものかなと考えてます。


725 :天之御名無主:2006/03/07(火) 16:48:33
警察用語なんて所詮警察です。winnyを取り締まりつつwinnyをやるんです

726 :720:2006/03/07(火) 19:55:08
>>722
ソースはないです。
ただ創価関係は「八木なんとか」って人が
チラッと書いてたのを記憶してます。
サンカ関係では有名な人らしいですけど、
この人の説では「日本の何割がサンカ」(えぇっ!!)らしくて、
もし平成の現在、その方が生きてたら
「あゆもあややもサンカだ」って言いかねないくらいの
誇大でトンチンカンな面があった事も事実です。
大本の事もネットで「ふわ〜」っと
噂されてるのを見た程度です。
でも王仁三郎の「麦なんて食わないほうがいい
米を食えば勇気が出てくるから、そっちを食え」
の発言から、王仁三郎自身はサンカじゃないのは
ハッキリしてると思います。

もしシステマティックなサンカ勢力がそんざいするなら、
インターネット内の「匿名」の「巨大」掲示板なんて、
活躍するのにピッタリだと思って、いわゆる
「煽り」をしてみました。こんな過疎板には来てない可能性が
大きいですが(第一、こんな一平民が煽れる相手じゃないのかな…)
ネットや2ちゃんねる内の色んなパズルのピースを集めて、
ソースにするなんてもし言ったら、現実的じゃないって
笑われそうな話ですね(笑)
裏を知りたくなる人間のただの好奇心です。


727 :天之御名無主:2006/03/07(火) 21:03:43
>>724
戦艦大和は海軍の秘中の秘で、その存在は軍部の極限られた一部しか
いなかったし、戦時中も大和の存在は、帝国臣民にはまったく報道さ
れていなかったのだが?
沖縄特攻作戦で撃沈された時の生存者は、終戦まで無人島に隔離され
ている。戦艦大和が国民の目の前に現れたのは、戦後初めてだったの
である。

分かるわけがない。

728 :天之御名無主:2006/03/07(火) 21:14:49
アヤタチ(サンカの最高権力者)のことを『大本様』と呼んでいたサイトを見たことが有る。
王仁三郎自身がサンカだったという説もあるけど、サンカと大本教と創価の関係は???疑問だな。

>>726=720さん
八木(やぎ)じゃなくて 八切(やぎり)留夫 じゃない?
確か 3000万人居るって言ってたし・・・。



729 :天之御名無主:2006/03/07(火) 21:20:07
サンカと関係があったと自称しているのは、出口ではなく竹内巨麿のほう。
鞍馬で修行なんか、させてくれないんだが・・・

730 :天之御名無主:2006/03/07(火) 22:54:44
>>724 「愛善苑」って名乗ってたのは戦後の七年ほどだし、綾部に広壮な神殿が建ってまっせ?
まあスレ違いだし、大本信者でもないから別にいいけど

731 :724:2006/03/08(水) 01:35:00
>>727
ノストラダムスと一緒で、この手の予言書は事後、歴史情報が固定してから
読み解かれる(こじつけられる?)のが常ですから。
しかも残った予言書の中には、出口を有罪に持ち込むための特高による
捏造も多々混入しているそうです。
しかし天皇の人間宣言や敵国大勝利のお筆先には、出口に少なくともとんでもない度胸があったこと
は認めざるを得ませんな。
>>728
その大本が山窩の頭目と同義に用いられていたのが事実ならば
普通名詞の大本だったのかも知れませんね。
しかし八切氏の説、三千万人説は単に山間部で暮らしてる人や山間部
出身者の総数じゃないんですかね?

>>727
確かに、信者さんの立場としては(727さんが信者と言う意味ではない)
解散は暴言かも知れませんね、反省致します。
釈放(S20/9)後、愛善苑として再出発した大本教では、もはや聖師
王仁三郎の往年の迫力はなかった様です。
性器出して散策したり(これを信者の方は嬰涯の如き無垢の境地と解釈)、
書画をしたためたり以外には顕著な宗教活動は記録されていないようです。
肝心の予言、戦後〜二十世紀末にかけての口述予言も見事に外れ
(第三次世界大戦と壊滅的天変地異)てしまったようですし。
信者数は戦前の最盛期には7〜800万に上ったらしいのですが、
昭和27年に再度大本教と名称変更してから半世紀経つ現在でも20万
前後の信者しかいません。
だから強烈な先達ナオと王仁三郎の終焉と共に大本は終わったものと
理解していました。

仰る通りスレ違いなので、この辺で止めときますね。

732 :天之御名無主:2006/03/08(水) 02:56:30
ネットワークにはいれますように・・・・・

733 :天之御名無主:2006/03/08(水) 11:59:58
戦前から戦後にかけてのアヤタチ(大本様)は、終戦後に海外に移住したらしい。シノガラの資金はスイス銀行にプールされ
一時期は日本御三家(岸信介 皇室 大本様)と呼ばれたという。

現在のアヤタチ(大本様)はどんな人物で何処でどうして暮らしているのか?
シノガラ資金はどうなっているのか?
興味は尽きない。 




734 :天之御名無主:2006/03/08(水) 21:07:03
>>733
少なくともGHQの占領時代ではないな。
当時、日本籍を持つものは、海外渡航の際にGHQの許可が必要であり
持ち出せる金銭も限りがあり(というより当時の円は貨幣価値が天文学
的に低落し、通用しなかった)、金の流通にも制約が設けられていた。
更にはサンフランシスコ講和条約まで連合国への渡航は敵性外国人扱い
だった。
戦前にスイス銀行にもし口座を作っていたとしても、現金であれば数万
分の一の価値に下がっているので、ただの紙切れにすぎない。

735 :726:2006/03/08(水) 21:24:57
>>728 そうですね「八切」さんですね。うろ覚えだったもので…
「ヤギリ」って事は演歌の「矢切の渡し」とか関係あるんでしょうかね?

736 :天之御名無主:2006/03/09(木) 03:16:26
GHQのなかに日系アメリカ人(andサンカ)って
事もあったりして?

GHQ=

737 :天之御名無主:2006/03/09(木) 03:47:22
サンカって放浪するイメージあるけど、この人は違いますよね?

ttp://www.sanspo.com/shakai/top/sha200603/sha2006030802.html

そんな事よりこんな事して天皇陛下に怒られそうだけど???


738 :天之御名無主:2006/03/09(木) 04:10:54
↑なんで?

739 :天之御名無主:2006/03/09(木) 12:32:14
【ヒント】皇室=渡来人(弥生人)
     サンカ=原日本人(縄文人)

740 :天之御名無主:2006/03/09(木) 21:41:33
つまり原日本人はルンペンだったことになる!!

741 :天之御名無主:2006/03/09(木) 22:12:38
↑懲りないね〜。喪前も!
ココはもうイイから、早く人権板の工作に戻れ。

バイト代払わんぞ!! ゴルァ〜!!



742 :天之御名無主:2006/03/10(金) 03:29:50
今上天皇御在位10周年記念式典
天皇陛下の前で「バンザーイ」した芸能人

男は13日生まれ(ロックフェラーをあらわす。
ペニスをあらわすバナナも同様のアイテム)
女は5日生まれ(ロスチャイルドをあらわす。
女陰をあらわすバラや蘭も同様のアイテム)
が多かった。

つまり

世界の2大財閥さえも統べてしまう天皇の素晴らしさを
あらわす。ちなみに
この式典を仕切った某有名議員は政治的陰謀で政界を去った。
日本政界は惜しい人物を失った…

743 :天之御名無主:2006/03/10(金) 09:25:48
18はなにを表す?

744 :天之御名無主:2006/03/10(金) 11:34:17
フリーメースンネタは板違いかと・・・
山窩に関連する論証展開を希望致します。
対象が拡散すると議論内容が薄くなりかねません。
仕切るつもりはありませんがね・・・

745 :天之御名無主:2006/03/10(金) 17:03:27
>>744 最後の2行をご覧下さいませ

746 :天之御名無主:2006/03/10(金) 17:29:07
すみません、太閤さん見落として脊髄反射しておりました。
宜しければ、さらに深く論証願い度。

747 :天之御名無主:2006/03/10(金) 20:38:22
>>742
>惜しい人物を失った・・・

って 拉致問題を棚上げにして北朝鮮に米を送ったり、北方領土問題よりもロシアとの平和条約を優先したりした
売国奴でB出身の 野○広○ 先生のことですか?

748 :天之御名無主:2006/03/10(金) 21:32:31
>>742>>747のやり取りがな〜んか不自然でアヤスイ。
745の“最後の2行をご覧下さいませ”って別にあんまし山窩にカンケー無いし、にもかかわらず744=746も
“山窩に関連する論証展開を希望致します”って言っときながら納得するどころか“ さらに深く論証願い度”
って?なんかへんじゃね。だいたい“太閤さん”って


749 :748つづき:2006/03/10(金) 21:38:30
だいたい“太閤さん”ってどこにもそんなHN出てきてないし。
自作自演?微妙〜に話題をずらしていく工作?


750 :天之御名無主:2006/03/10(金) 21:55:48
すげーどーでもいい

751 :天之御名無主:2006/03/10(金) 22:08:42
伊奈波神社

752 :天之御名無主:2006/03/10(金) 22:09:41
サンカってあの北からの電波攻撃が怖くて山の中で何でも白く塗りたくる白装束の人達でしょ。


753 :天之御名無主:2006/03/10(金) 22:10:40
744.746.ですが、最初の一行もよく読んでませんでした、すみません。

ですから、確かにどうでもいいレスでした。はい

754 :天之御名無主:2006/03/10(金) 22:11:35
伊奈波神社

大山阿夫利神社

755 :天之御名無主:2006/03/10(金) 22:46:51
毒電波が怖くて、昔から山に篭るヒッキー、サンカ。

756 :天之御名無主:2006/03/10(金) 22:47:36
竹製品を昔から作っている集落はサンカと関係あるんですか?
もしそうだとしたら、ちょっと変わった風習のある地域を知っているんですが。

757 :天之御名無主:2006/03/10(金) 22:55:05
籠神社の横にも1軒あったよん

758 :天之御名無主:2006/03/10(金) 22:56:28
竹製品作ってても東北は関係なかったと思う

759 :天之御名無主:2006/03/10(金) 22:57:55
Desert Rose

760 :天之御名無主:2006/03/10(金) 23:04:46
そうです。東北(ついでに北海道)にも
サンカはひとりもいません。残念ながら。
「エド」と言って忌み嫌っていたそうです。

761 :天之御名無主:2006/03/10(金) 23:10:33
だけど東北が溶け込みを受け入れたと言うことはありえます

762 :天之御名無主:2006/03/10(金) 23:23:40
そうかぁ…でもわざわざ寒い所行って
かわいそ。
みんな岐阜や北愛知に総移動した
訳じゃないんだ。

763 :sage:2006/03/10(金) 23:39:17
「時効警察」面白いよね
ミノムシ男だってさ!!!













りょうって確かチャイニーズだよね



764 :天之御名無主:2006/03/10(金) 23:49:14
東京相和銀行がウンヌンされた事がありましたが、
現在はその件どうなってるんでしょうか?
東京スター銀行のATMがこんな田舎にまで
ありましたが、何か関係あるんでしょうか?
「情報ツウ」の方お願いします。


765 :天之御名無主:2006/03/11(土) 00:52:51
野中って部落出身だったんだ〜。
ツーことは小泉と野中の確執ってS対Bの対決だったて事か?

766 :天之御名無主:2006/03/11(土) 01:03:09
神戸の祖父より山より来る民は[チャセン=茶筅?]と称されていたと聞いた。

767 :天之御名無主:2006/03/11(土) 01:07:16
>>766
やっちゃったよ・・・・・・・・・

768 :天之御名無主:2006/03/11(土) 01:24:54
>>767
僕は何もやっちゃいないから、君が何かやったのかね?
寝小便とか。
だったら、僕に振られても困るんだがね。

769 :天之御名無主:2006/03/11(土) 01:51:16
怪我して一ヵ月ほど2ちゃんねるどころかインターネットしていなかったけど、今だにサンカを信じている人のカキコが湧いているね。

 このスレを最初から読めばサンカ(古代からの伝統を守り、山に住んでいる秘密結社めいた存在としてだが。警察用語としてのサンカは別)なんて存在はないことがわかるのだが。

770 :天之御名無主:2006/03/11(土) 01:54:25
 サンカの存在を必死になって肯定したがる奴がいるけど、今まで手に触れられるような証拠なんて提示した奴はいない。

 だから俺は存在を認めないし、証拠もないので学問的にも成り立たないと思う。今の所あくまで噂の段階に過ぎない。これでは学問的にも語れないし、学問的に語れないということなら板違い。

 悪いことは言わないからオカルト板他でもサンカスレ立てたらどうだ。

生活でがんじがらめで自由など感じたことがない人間が、実在しない漂泊民に対しあこがれを抱いて、それに対し信じたがる気持ちはわかるけどね。

実在する漂泊民であるロマニ(ジプシー)の生活にあこがれる人間が多いからねえ。

 ありもしないサンカの存在をデッチ上げている連中に取っては全面否定されるとサンカ本で商売できないから困るというのが本音だろうね。(矢追純一とか細木数子と同じ)だから時々ここを含めてあらゆるところで燃料投下してんだろ。





771 :天之御名無主:2006/03/11(土) 02:00:10
サンカ信者は、仮説に仮説を重ねて妄想しているようだが、元々のサンカ自体を証明できなければ、そこから類推できる仮説なんて、そもそも成り立たない。 

 柳田国男を含め、あらゆる人間が山の民について仮説を立てているが、誰一人として、その証拠を見つけた人はいないのだよ。

 三角寛はサンカ本を書いているが、それに関する証拠をその遺族が頑なに他の人に見せようとしないのは何故なんだ?そもそも証拠なんて始めから存在していないからではないのか?

772 :天之御名無主:2006/03/11(土) 02:03:42
改行の多さは必死さを表す

773 :天之御名無主:2006/03/11(土) 02:05:45
>>771
そのとうりだと思うね。
あの時代になぜ柳田国男という日本を代表する民俗学の権威がサンカ研究を
したのかを考えてみるのもいいかもよ。


774 :天之御名無主:2006/03/11(土) 02:12:37
山にいろんな妖怪伝説があったことから、そういう仮説を考えたんだろ。でも紀州に住んでいた南方熊楠に否定されて説を撤回した。

本当なら山に詳しく、且つ政府の意向に逆らう事を常とする在野の学者である熊楠がサンカ研究して、政府の役人でもあった柳田がそれを否定するのなら、

なんか怪しいものを感じるのだが、実際は逆だったわけだ。

775 :天之御名無主:2006/03/11(土) 02:14:43
それとウメガイとかいうサンカが使っていた刃物があるけど、刃物板で聞いたら、まったく実用的でないのだそうだ。

776 :天之御名無主:2006/03/11(土) 02:16:37
書ける

777 :天之御名無主:2006/03/11(土) 02:23:35
テンジンにしても変

 持ち運びに不便な自在鈎なんか、オートキャンプする奴だって持たないのに、漂泊民がそんなもんわざわざ常備すると思えん。

 河原の石積んで竃作れば充分。

778 :天之御名無主:2006/03/11(土) 02:29:42
冗談じゃなくて大きな勢力権力なのだと思う。
柳田を「学者として生きたいだろ?」って脅せるくらいの。
セブリ生活なんて一種のイメージ戦略で、重要ランクの人間は
あんなことしてるわけ無いって。

サンカって名前じゃなくても裏の権力はあると思う。
家康の「百姓は生かさぬように殺さぬように」って
そっち方面の合言葉かもね。ついでに
「世間の裏側は知らぬのままで過ごすように」も付け加えて。

779 :天之御名無主:2006/03/11(土) 02:53:34
>>769>>771 >>774 >>775 >>777
連続カキコ乙・・・。アマリニ必死すぎて笑えル〜〜〜ッ!
チョット来ないうちに盛り上がってたんであせっちゃタノ?
あんまり頑張ると傷口開いちゃいますヨ。モウオソイカラハヤクネナ!


780 :天之御名無主:2006/03/11(土) 02:57:24
そいつはデムパ。改行癖があるのか、わざとやってるのか知らんが。
>>482>>484>>492
ライトセーバーw

781 :天之御名無主:2006/03/11(土) 03:09:47
ライトセーバーw モウオソイカラハヤクネクネナ!




782 :770:2006/03/11(土) 11:16:40
前に、三角の本の写真をそのまんま鵜飲みにして、サンカは存在しているというバカがカキコしていたので、反論としてライトセーバー(スターウオーズに出てくるあれね。)も写真があるので実在しているのだなと書いたのだ。

 実際はライトセーバーなんて存在していないことは誰でも知っているし、このことから写真なんて証拠にならない。

 ライトセーバーでなくてもティラノザウルス(ジュラシックパーク)でもいいぞ。そんなあやふやな資料で実在を語るならUFOとどう違うのかわからん。

 これではサンカもオカルト的な物と変らない。

 

 そんなにサンカが実在しているというのなら写真なんかより眼で見える証拠を提示してくれよ。

 

 仮にいたとしても証拠がない状態では学問上の検証はできないので、民俗、神話板(一応ここは学問板である。)で語る内容ではないので板違いだと思う。

783 :770:2006/03/11(土) 11:28:08
 陰謀により研究がされないとか証拠が隠されているとかいう連中もいるけど、

証拠がないということ自体、学問や研究の対象とはならないのだな。証拠もないのに実在を語っても仕方ないのでは、それでは空想の産物であるウルトラマンやガンダムについて考察しているのと変らない。

 もしサンカの実在を信じるのならば、まず陰謀で証拠がないとゴネて、ありもしない妄想を延々と書くより、その陰謀を打ち破り、証拠を探してきてください。まずは証拠だよ。

784 :770:2006/03/11(土) 11:40:42
八切止夫の名前が出ているけど、この人は相当トンデモ。

「家康は二人いた」とか「上杉謙信は女だった。」とか思いつきでいろんな珍説を書いている歴史小説家だよ。サンカのことも彼に取っては歴史上の珍説で実在を検証しているわけじゃない。この人も仮説しか唱えていないわけだ。

785 :770:2006/03/11(土) 12:03:31
送金メール問題といっしょで、あると言っている奴の方が実在を証明しないといけない。

786 :天之御名無主:2006/03/11(土) 12:44:28
私の子供の頃の話です。
私の祖父は岡山県と鳥取県の県境近くの山村に住んでいました。
中学生のころの夏休みに祖父の家に遊びに行ったときの話です。
その頃従兄弟たちからある場所は怖い所だから行くなと言われてた。
「ほいた」だったか「ほいと」だったかがいるからだと。
私は祖父にその訳を聞いてみた。
祖父は「別に怖い所ではないが、あのあたりの人が竹製品で儲けて
いるから周りの人達が僻んで言ってるだけだよ」と教えてくれた。
多分祖父は子供の私のことを考えてそんな言い方をしたような気がする。
今は祖父は無くなっていないけど、10年位前に墓参りに行った時その近くを車で
走っていたら道路沿いに「竹製品売ります」の立て札が立っていた。

787 :天之御名無主:2006/03/11(土) 14:08:28
何でそんなに必死なんだろう
最後のサンカとか辰っあんのいた場所に行って聞き込みとかしてきてよ。
足で稼げよ。刃物板で聞いたとかどーでもいいから。
痕跡のあるものと空想は別だぞ。
送金メール問題持ち出すってことは770は侵害でも受けたの??
サンカの方ですか?

788 :天之御名無主:2006/03/11(土) 14:50:05
サンカを証拠の無い妄想などと、言ってる奴!!<<<レッドカード! この勉強もしてない馬鹿!!
最近の研究は、サンカの面談、取材、セブリの調査など、証拠をドンドン出して学問的に整理に
かかっているゾ!!
この間、本屋で買ってきて今読んでるが、そんなサンカ研究者はドンドン学問的に
サンカ学を固めてきたzzzzzzzzッゾ!!  もっと最近のサンカ学の勉強スロ!!
河出書房のサンカ本、批評社のサンカ本・・・・すごい内容だzzzzzzzzzzzzッゾ!!

789 :天之御名無主:2006/03/11(土) 15:01:35
>>788はそんなにサンカライフがしたかったら、電波少年的無人島生活か、サバイバーでもしろって。

都内ならルンペンだろうが。



790 :天之御名無主:2006/03/11(土) 15:19:37
サンカなんか居るはず無いしこの国に天皇家につらなら無いものは居てはなら無い。

791 :天之御名無主:2006/03/11(土) 15:34:01
サンカの面談、取材、セブリの調査>浮浪者に小銭を与えたり、ルンペンに
脅迫して集めたいいかげんな尋問だろが。右翼や共産主義者の研究は、民俗
学の研究とは程遠い。


792 :天之御名無主:2006/03/11(土) 15:35:18
それを証明してください
足で稼げ

793 :天之御名無主:2006/03/11(土) 15:49:53
>>789
プっ! 自分は天皇家とつらなってるって思ってんの? ばかじゃね。
“居てはならない”ならまずお前が日本から出てけ!!
ま、天皇家自体が渡来系だしな。

ソロソロ暖かくなってこのスレにも痛いのが(770とか)涌いてきたナ。

794 :天之御名無主:2006/03/11(土) 16:43:51
ここ2日間の、日本の恥ランキング。 と日本の誇りランキングの発表で〜す。


勉学もしてない馬鹿者を発表しま〜〜す。 
 1位は、以下の者です。 
 
770・771・782,783・187・790・791=は、1人の同じ者です。
  この世から消えろ!! 2度と書くな!! 日本に全く不要なゴミ人間


まともな人は、以下の先輩たちです。
 786・787・788・793 です。
この人たちはこの「頁」の宝ばかりか、日本の誇るべき人材です。


795 :天之御名無主:2006/03/11(土) 17:45:04
バンザーーーイ!!! 794様の分類見事でーーーす。全く同感、私もそう思う。
勉強もしてない右翼か?左翼か?。このレベルでは、どちらにも入れてもらえないゴミだ。
  こんな人間>>「770・771・782,783・187・790・791=は、1人の同じ者です。」

796 :天之御名無主:2006/03/11(土) 18:49:54
百二十五頁で終わった2人
燃える愛の途中で Ah すべて

Wine色を染める 重い空に嘆き
アスファルトのBedに ため息こぼれる
貴方の胸で やせたランプ灯し
終わりのない運命踊っていたけど

男と女は謎 あなたは別の
女を愛し 私は Ah 一人

生まれる前の星座で
あんなに愛し合って
ひとつの時代だけで失った
振り向く私はもう
化石になってもいい
貴方と次の星座で逢えるまで

このヒト自体はサンカな感じはしないけど
周りにはサンカ陣営がいっぱいいたイメージ


797 :天之御名無主:2006/03/11(土) 19:00:29
789は、本当にアホな男。 788を見習え。。。789は本当に日本のゴミ

798 :天之御名無主:2006/03/11(土) 19:01:43
NGワード推奨:ルンペン・ライトセーバー・770

799 :天之御名無主:2006/03/11(土) 19:09:46
サンカに興味があります。
詳しい本を教えてください。おねがいします。

800 :天之御名無主:2006/03/11(土) 19:20:45
自分も知りたいです!

801 :天之御名無主:2006/03/11(土) 19:33:07
このスレにも勉強してる人いるんでしょ?
詳しい本教えてください。

802 :天之御名無主:2006/03/11(土) 19:46:26
ナンカ荒れてるな

803 :天之御名無主:2006/03/11(土) 19:59:21
788です。私の今読んでるサンカの学術的な本のお勧め順位です。799と800のお方に推薦いたします。

@批評社 「回遊する職能民たち サンカ・実証編」飯尾恭之 ¥2,000円 新刊

A批評社 「回遊する職能民たち サンカ・考察編」飯尾恭之 ¥2,000円 新刊
  この2冊は、ビックリしました。広い地域のサンカの取材〜学問調査してます。

B河出書房新社 「サンカ 幻の漂泊民を探して」¥1,500円 新刊
  この本は、サンカ学の学者と、非サンカのライターが競い合っております。面白い本です。

批評社 「サンカ学入門」礫川漸次著 ¥2,000円 新刊
  この本は、文献取材からサンカを探っております。屋外取材はしていないが味があります。

現代書館 「漂泊の民サンカを追って」筒井功著 ¥2,300円 新刊
 この本は、関東地方のサンカを取材してます。学問的には劣ります。

804 :天之御名無主:2006/03/11(土) 20:02:27
天皇家に連なる者ならたくさんいるぞ。日本の全人口のかなりの%になるはずだ。

805 :天之御名無主:2006/03/11(土) 20:37:47
飯尾恭之なんて読んでるからだな。だめだな。

806 :天之御名無主:2006/03/11(土) 21:01:45
書いてる本人がサンカだったら
色々調節できそうだね、もしも。

肝心の所は永田メールみたいに
ぼやかしたりして。
「イメージ戦略は太古の昔から完璧です」ってか!?


807 :天之御名無主:2006/03/11(土) 21:09:38
ケェーーーーーーケッケッケッケッ!
本じゃなくてさーこの中に実際にサンカに会ったことある奴いるのかよ?
ケロケロケーーーーーロケロケロッピーーーーーーーーーー99!!!!!!!!!


808 :天之御名無主:2006/03/11(土) 21:20:07
>>807 あんまり深く調べると
森の木にブラ〜ンブラ〜ン状態になったり
と○うき○ょう湾の底行きになるって
「GON」って雑誌に載ってました。

809 :天之御名無主:2006/03/11(土) 21:21:19
「GON」ねぇ・・・・・

810 :天之御名無主:2006/03/11(土) 21:25:50
サンカが権力もってるってゆうけどさ、どの勢力がサンカだってゆうのさ?
裏に隠れてるっていっても表から金を持って来なきゃ権力も手に出来ないのでわ?

811 :天之御名無主:2006/03/11(土) 21:27:45
>>808
殺人鬼じゃねーかよ!

812 :808:2006/03/11(土) 22:07:56
民俗学者の赤松啓介氏の発言です。
(境界民族論序論より)
「GON」の特集は色々な本からの寄せ集めでした。
GHQに利用されたという話が本当なら
有能な集団だったんでしょうね。


813 :天之御名無主:2006/03/12(日) 00:06:52
真法隆 剛篤優(真実の教えが広まるほど、乱暴な者も優しくなれる) 

和英堅 邦勝央(遠い異国の者と仲良くする事が、わが国の繁栄につながる)

舞涼恭 秀史瞳(涼やかに恭しく舞い踊れ、その瞳に映る素晴らしき歴史とともに)   


814 :770:2006/03/12(日) 02:39:04
>>803

 それらの本にはサンカが実在する証拠としてどのような事が書かれているのか教えてください。”買って読め”は無しね。

 

 ありもしないサンカの存在をデッチ上げている連中に取っては全面否定されるとサンカ本で商売できないから困るというのが本音だろうね。(矢追純一とか細木数子と同じ)だから時々ここを含めてあらゆるところで燃料投下してんだろ。




815 :天之御名無主:2006/03/12(日) 02:50:04
便宜的に山窩っていうと、対象にある程度の規模の民族、血族、組織集団
などを想像してしまうけど、人別制度には移動止むなしとされる職業に関する例外はあったんでしょう?
例えば、マタギ、山伏、虚無僧、売薬行商人、香具師、旅芸人、タタラ衆等々
の移動型職業の人々。
それで、幕府は職能を束ねる組織に人別作業を委託一任し、源泉租税みたいな
形で徴収してたんじゃないかな?
例えば、香具師は神農道の家元が束ねるとかね、そう言えば昔の博徒には
神農道系の者も多いよね。
道はハイエラルキー組織だが、組合みたいな講や、あるいは結社や教団
みたいな形をとってたかも知れないし、
まあ、自分は素人で全然知識がないから、詳しい人に聞いてみたいな。
ただね、そんな風に全ての民を網羅する人別制度が確立されてたとして、
それから漏れて、深山に籠もり、なお現代迄生き延びて来たグループが
いたと仮定してる訳なんですか?
それとも、言わば特殊人別の職能組織の話なんですか?
こちらでの山窩なるもののお話は・・・

816 :天之御名無主:2006/03/12(日) 03:20:10

剣玉って関係ありますか?

817 :天之御名無主:2006/03/12(日) 03:49:43
妄想狂は決して頭は悪くないねw

まあ暇ならここ読んでみてよ(;^_^A

秋田クールー病を社会生態学的に考える。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1142055014/

818 :天之御名無主:2006/03/12(日) 04:09:48
妄想狂は決して頭は悪くないぜ

まあ暇ならここ読んでみてよ

社会生態学的に考える裏の権力NTTメール問題
ttp://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/00199503200/





819 :天之御名無主:2006/03/12(日) 05:42:09
壊れたレコードみたいな香具師がいるw
国立国会図書館行ってこいよドアホ

820 :天之御名無主:2006/03/12(日) 09:33:09
彼らは今、全身白ずくめで、北の毒電波と戦っています。ええそれは可哀相な特殊人別職能組です。

821 :770:2006/03/12(日) 13:17:13
>>803


788氏は本を買って読まれているようなので、詳しい質問をしてみる。


問1:788氏は”サンカ”なるものをどう定義付けしていますか?


問2:買われた各本で作者は”サンカ”をどう定義付けしていますか?

それぞれの作者の考えを個別に書いてください。


問3:実際にフィールドワークしてその結果を書いている本はどれでしょう?


問4:各本とも参考文献が存在していると思いますが、その本の名前を教えてください。


問5:各本とも”サンカ”が実在している証拠を挙げていると思いますが、それは何ですか?

822 :天之御名無主:2006/03/12(日) 13:32:10
何で上からものを言うのかねえ。
人に質問する前に同じ本を国会図書館に読みに行け。
同じものを読んでから質問しろ。

823 :天之御名無主:2006/03/12(日) 13:57:38
送金メールと同じであるという奴が証明しなくてはならない。


大体国会図書館は東京在住でないと行くのは無理だ。

答えられないのであれば”サンカ”の存在はインチキであると当人が認めたと考えるがいかがかな?

824 :天之御名無主:2006/03/12(日) 14:03:53
妄想と仮説と事実をいっしょにしてはいけないな。縄文時代の日本人の生活にしても遺物が見つかってこそ類推できるのであって、遺物すらない状態で、何が考えられるというのだろう?

825 :天之御名無主:2006/03/12(日) 14:11:57
>>803さま 私も質問です。「飯尾恭之」は検索したら考古学者でした。サンカの学者?
「礫川漸次」は出ません>>「礫川全次」のことでしょうか? これなら民俗を研究している方です。
「筒井勲」は出ませんですが>>>ペンネーム?
いま、判った本1〜3を、ネットで注文しました。有難う御座いました。明日来ましたら読んでカキコミ
ます。
この板は、本当に参考になります。このまま冷やかしナシで盛り上がることを期待します。

それと、「822」さまの発言。もっともです。私も同じ考えです。
「821」さん、そんな質問は(1個だけならまだしも)。本当に失礼です。
以前の初心者の方のように、この番にサンカされなくなりますよ!!

826 :天之御名無主:2006/03/12(日) 14:18:03
ありもしないサンカの存在をデッチ上げている連中に取っては全面否定されるとサンカ本で商売できないから困るというのが本音だろうね。(矢追純一とか細木数子と同じ)だから時々ここを含めてあらゆるところで燃料投下してんだろ。

 ここで書かれたことを鵜呑みにして本を盲信的に買う825みたいなのはいいお客さんなんだよな。


 いい加減インチキ商売は他に行ってやってほしいものだ。

827 :天之御名無主:2006/03/12(日) 14:19:40
しかし1の文章は完全にデンパなのだが。

828 :天之御名無主:2006/03/12(日) 14:22:14
自分の妄想で、相手の「本音」を適当に推測して
勝手に他人を貶すのは恥ずかしいことだよな
賛歌の実在云々以前の問題です

「本音」が事実だというのならきちんと証拠の一つでも出しましょう
自分で調べろというのはナシにしてね

829 :天之御名無主:2006/03/12(日) 14:38:31
803です。
814さん・821さん。@ABはサンカ遺跡を発掘調査して、
そこから出てきたサンカの物を調べています。飯尾さんは考古学の方の人です。
これはやはり考古学調査で、面談したサンカ本人の供述を証明しております。

礫川さんの本は、他の人のサンカ本を整理してます。色んなサンカの記述本を知るのに
役立ちます。

筒井さんの本は、三角寛の写真に写った人を何人も会って、聴き取りして書いております。
三角寛の取材したサンカの方が居た事を証明いたものです。

830 :天之御名無主:2006/03/12(日) 15:01:00
823=824=826〜828は同じ人間と思われ、アラシ専門でアチコチに現れております。

823=824=826〜828とうとう、この板にも現れ、自分の頭のワルサを露呈しているアラシ男です。

823=824=826〜828は人間のクズ! 日本の恥! もうこの板に来なくてイイ!!

この板の発起人として、823=824=826〜828を追放します。

823=824=826〜828を、今、逆探知してます。
もうすぐ判りますので、板の発起人としてアラシ犯罪で摘発させて頂きます。

831 :770:2006/03/12(日) 16:35:18
>>829


全然質問に答えられていません。きちんと回答をお願いします。時間はかかってもかまいません。追加で下記の回答もお願いします。


問6:自称サンカさんはサンカをどう定義付けられていますか?



いままでサンカがあるなしで議論がされるのは根本的にサンカという存在がきちんと定義付けられておらず、各人各人が勝手なサンカ像を思い描き、それに自分が調べたことをあわせて、サンカは実在すると考えているからだと思います。

 だから、妄想がふくらみ伝統的文化を有する民族なんて存在してもいないのにいるように思えるように誤解されています。


今の所”サンカ”は、警察用語で言うところの”山に居住する人々”という意味しかありません。もちろん警察が使う言葉なため犯罪者を意味する用語として使われました。

 木地師や竹細工を作る人、猟師他は仕事上、山に居住せざるおえません。

 また逃亡犯も隠れがとして山に居住する例もあったでしょう。

 古くは江戸時代に年貢が払えず逃亡した農民が山に住んで自給自足している

例もありました。


 こういう人達と三角寛等がデッチ上げた架空の存在である”サンカ”がごっちゃになり、何か特別な民族が存在しているかごとく錯覚に陥っているのです。


 

832 :770:2006/03/12(日) 16:35:58
続き:

飯尾さんが調べたのは山に住んでいる人の遺物を調べただけで、それがサンカの存在を実証しているわけではありません。

 磯川さんは単に他の人の本を調べただけでフィールドワークを一切していません。もしその他の人の本がデタラメなら磯川さんの本もデタラメになります。だからこそ参考文献は何と聞いているのです。


筒井さんについても、なぜ三角寛がインタビューした人物だけを再度聞き取りしているのでしょうか?同じ人に聞いても三角が聞いたことと同じことを答えるだけのことです。全然証明になりませんよ。

833 :770:2006/03/12(日) 16:38:45
>>830


持説を否定されるとアラシなんですかねえ?きちんとした学問板にまともに回答もできず、ただ噂話と思い込みを元に空想を膨らまし、それを書き込んでいるだけでしょう。それは学問ではありません。

 そうなると板違いです。

834 :770:2006/03/12(日) 16:47:26
国会図書館について書かれている人がいるので一言

 どういう意味で国会図書館の名を出してきたのかはわからないけど、

あそこは他から送られた本も捨てずに全て保存している。

だから本の中味が正しい、正しくないで保存の基準としているわけではありません。エロ本も送られれば原則保存します。他の公共の図書館ではデタラメな本やエロ本は排除しますが、国会図書館ではそういうことはしません。一番権威のない図書館と言えるでしょう。

 権威付けに国会の名を利用するのはやめておいた方が良いでしょう。

 逆にどんな本でもあるからデタラメなサンカ本でも捨てずに置いてあると書いたのならよくわかるんだけどね。

835 :770:2006/03/12(日) 16:51:49
>>829


>三角寛の取材したサンカの方が居た事を証明いたものです。


その人達が考える”サンカ”の定義を誤解し、三角に都合の良いような回答していただけなら、何の証明になりませんよ。三角に対し、答えた人がいたというだけの証明に過ぎません。




836 :770:2006/03/12(日) 17:03:07
1の文章をまた読んだ。

 藤原姓とサンカとどう関係あるのかさっぱりわからん。

自分は藤原家に縁深い地域に住んでいるが、顔の特徴から藤原と関係ないと書いているだけではないか?

 1の書いているのは自分が原日本人かもしれないと書いているだけだろ。自分が”サンカ”の子孫だと自称するなら、先祖代々”サンカ”の家系であることを証明する何かが存在するはず。

 サンカ本を読んでいないで、実家や親族の廻りをフィールドワークするとか家の物置を探してみなよ。


 

837 :天之御名無主:2006/03/12(日) 17:05:36
なんでココ急にレス増えたのかな?

なんでココ急にレス増えたのかな?
真相に近い書き込みがあったのかな?

真相に近い書き込みがあったのかな?
でもそれって存在するって証拠?

でもそれって存在するって証拠?




838 :天之御名無主:2006/03/12(日) 17:13:41
1は他でもいろんなスレに書き込んでいるようだけど、同じような妄想を抱いているので、すぐわかるな。古代史マニアが古代史に関して空想するのは結構なんだけど、デムパな持説に固執するのはどうかと思う。

839 :天之御名無主:2006/03/12(日) 17:22:37
芸能人にもサンカがいるって噂されてるけど、
厳密な階層社会とも聞く。
芸能人としてのランクとそっちの階級が
まちまちになったら都合悪くないのかな?

840 :天之御名無主:2006/03/12(日) 17:25:52
それはサンカと被差別部落出身者がごっちゃになっている。

被差別部落出身者が自分の出自を良く見せるためにサンカの出身であると自称する例があるようですね。ジプシーがエジプトから来たと言っていたのと同じ。

841 :天之御名無主:2006/03/12(日) 17:41:09
芸能人にもサンカが多いじゃなくて、もともとお上の管理外での風俗や売春は
サンカの生業だったんで、その延長線上なんだろ。芸能界ではチョン系やアイ
ノコ系の躍進の方がすごいく、旧来の階層ヒエラルヒーは既に崩壊しつつある。


842 :天之御名無主:2006/03/12(日) 17:56:27
祖神のスサノオが芸能(和歌とか)の神だから
それが影響してるのかと思ってた。


ジプシークィーン♪



843 :天之御名無主:2006/03/12(日) 18:04:02
誰が聞いても831〜835ヨ!! モウデテクルナ!! みんなの迷惑だ!!

お前は完全にイチャモン男ダ>831〜835のバカ男の負けだ!

831〜835ヨ!! お前はフィールドワークも何もしてないしてないダロ!!

831〜835は、他人のケチばかり指摘して生きてる、ダニ人間だ!!

もっともこの世の中で、悲しい男>831〜835ヨ!

口先ばかりの>831〜835の馬鹿男!!

831〜835は、この板の妨害人!! 日本人の不要品!!
 
お前>は831〜835は本当に本を勉強しているのか!!

本当にもっと勉強してから出て来い!!>831〜835
 
アホの>831〜835こそ、アラシだ!! 

844 :天之御名無主:2006/03/12(日) 18:41:20
>>834
お前はねじ取れてるの?
金出したくないなら無料で読めるところに行けって事だよ
本当はこのスレが正常に機能しないようにしたいだけなんでしょうね

おつかれ〜

845 :天之御名無主:2006/03/12(日) 18:46:15
なんで836は、入っていないのかな? 浮浪者かこいつ?

846 :天之御名無主:2006/03/12(日) 18:58:17
844様 バンザ〜〜〜AAAAA〜〜〜イイイイイ >>834はルンペンだ

834様 もう一度、国会図書館の趣意書を勉強しろ!
 
834は似非参加で、サンカ出来ずに酸化消失して惨禍になれ!


847 :天之御名無主:2006/03/12(日) 20:21:29
1さんのような被差別部落出身者が己の出身をごまかすのための悲しい方便がサンカなんだろ。 結論出ちゃったね。

848 :天之御名無主:2006/03/12(日) 20:56:23
「国会図書館」ってナンカの暗号?
どっちかっていえば宿敵「藤原氏」の管轄の場所っぽいけど…?

849 :天之御名無主:2006/03/12(日) 21:59:39
>>848
文無しの浮浪者でも使えるところという配慮だと思って読んでいたんだが?
ナンカの暗号?サンカの暗号?

850 :天之御名無主:2006/03/12(日) 23:10:16
国立国会図書館だよ
http://www.ndl.go.jp/
いってらっしゃい。

851 :天之御名無主:2006/03/12(日) 23:22:02
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/min/1122550517/67

こうゆうのは?裏側っぽい話だけど??
神社に寝泊りしてたって噂もあるし…

852 :天之御名無主:2006/03/13(月) 04:28:06


I S E V S F U J I

853 :天之御名無主:2006/03/13(月) 04:48:12
「国会図書館」ってナンカの暗号?
どっちかっていえば宿敵「SMAP」の管轄の場所っぽいけど…?


854 :天之御名無主:2006/03/13(月) 12:37:25
しつっこいな

855 :天之御名無主:2006/03/13(月) 14:11:15
831のような、まじめな先輩衆の揚げ足取りの、知ったかぶりの迷惑人
神出鬼没のアラシ専門犯の馬鹿も消えたことだし・・・・
ヤナギムシにやっとなった。

そういえば・・・・・・国会図書館って
国会図書館に竹細工組合とか箕作り組合とかの、組合名簿ってあるかナ〜〜
私は一度もいった事ないので、どなたかご存知ないですか?
もしかすると、三角寛のサンカの組合名簿があったりして・・・・
この頁の先輩学兄様、お教え下さ〜〜〜〜い

856 :天之御名無主:2006/03/13(月) 18:06:44
「サンカの宿敵、藤原SMAP」
○藤原正広+
○藤原拓哉+
○藤原吾郎+
○藤原 剛+
○藤原慎吾+

857 :天之御名無主:2006/03/13(月) 21:30:08
最近、個人情報保護法の制定のおかげで、公の図書施設では、個人の情報を
不特定多数に晒すような類の図書については一般閲覧できないようにする方
向になっています。


858 :天之御名無主:2006/03/13(月) 22:55:35
は  がむちゃくちゃ気になる

859 :天之御名無主:2006/03/13(月) 22:58:56
は?

860 :天之御名無主:2006/03/13(月) 23:37:36







ち→wasp

861 :天之御名無主:2006/03/14(火) 06:29:30
【特殊人別職能組】この名称なんだか気に入った!
さあ、集え特人職の衆!!

862 :天之御名無主:2006/03/14(火) 21:01:00
俺の爺さんがまだ元気だった頃に話してた事だが、まだ尋常小学校の頃に
赤城山で神所を荒らす不逞のサンカが出たという事で村人総出で、山狩り
し鉄砲で撃ってたとか。警察につきだした時の物乞いの珍奇な格好を覚え
ているといってたぞ。

863 :季節の話題:2006/03/14(火) 21:56:21
BOOKOFFから買ってきた本の60ページに
「ぽんすけさん」
って鉛筆書きしてあった。
「MiNiMa」っていう熱帯魚の雑誌。
もう買ってから半年近くたってるのに初めて気づいた。
春が近づいてるって感じた。

864 :天之御名無主:2006/03/15(水) 02:42:54
ご存知の方も多いとおもいますが・・・。
杉浦清石という方のHPに『最後の山窩』という文がありますので一読される事をお薦めします。
杉浦氏は大正生まれの(現役の)釣り人で、渓流釣りに関する著作も数冊ありたいへん文章の上手な方です。
『最後の山窩』は氏が若い頃(戦時中)秩父に渓流釣りに行った際に山窩と出逢った実体験を瑞々しい筆致で描いております。サンカに興味をお持ちの方には(多少の脚色があったとしても)貴重な文章だと思います。
http://www2.biglobe.ne.jp/~ufodo/seiseki/index.htm

つい数ヶ月前に、田山花袋の『帰國』をネット上で発見し読んだのですが、数日前に読み直そうと思い探したところ何処にも見当たりません。Web上にあるものはいつ消えてもおかしくないとは判っていたのですが…
“いつまでもあると思うな○○○○○”という教訓でしょうか?何故保存しておかなかったのか悔やまれます。

そんな事もあり、杉浦氏の『最後の山窩』もいつまでもネット上で読める訳ではない(大変失礼ではありますがご高齢でもありますしいつHPを閉鎖されるかも判りません)と思い立ち文章を保存し、皆様にも一読をお薦めした次第です。

今日は目障りな書き込みを見かけませんが、どなたかが“害虫駆除”してくださったのでしょうか。
ありがとうございます。

865 :天之御名無主:2006/03/15(水) 04:00:16
>>864
害虫じゃないもん
事実書いてるだけだもん
>>864
会った事も無い人間を害虫扱いできるくらい
サンカって偉いんですか?
>>864
あ〜スッキリした
大雪大好き


866 :天之御名無主:2006/03/15(水) 04:32:49
大雪(オオユキ)大好き(ダイスキ)

867 :南信の村の一教員:2006/03/15(水) 09:19:23
862さん、863さん、864さん
大変、興味深い、また面白い情報有難う御座いました。

サンカの検挙の為の山狩は、私の奥三河〜信州で古老の方からよく聞きました。
駐在の目の前で、いいカッコウして殴ってしまった青年団の人の家が、それからは火事にあったり
、子供さんが神隠しの行方不明になったり、牛が死んだり、不幸が重なり・・・
これは、ポン(サンカのこと)を虐めた祟りだ! と、村の噂語りになりましたそうです。
その家は、5年くらいで、一家、チリジリになってしまいました。

母からは、村に来るポン、乞食、宗教者は、大切にしてあげないとタタリがある!!
と、教えられ、私は今でもその心がけで村生活をしております。

このページを、皆さんで、まじめな先輩さん、宜しく盛り上げてゆきましょ。
私も、これからお邪魔します。

868 :天之御名無主:2006/03/15(水) 15:37:28
>>864
田山花袋、まだ読めるよ。保存したら
ttp://www.aozora.gr.jp/cards/000214/files/3240_6491.html

869 :天之御名無主:2006/03/15(水) 17:25:31
イメージ美化乙

870 :天之御名無主:2006/03/15(水) 20:08:07
サンカの人って一回結婚した人としか
Hしないんですよね。
以前読んだ本に妻に先立たれた人が
「風俗行ったら」っていう周りの言葉にも
従わず、すごい苦しんだって書いてありました。

これは今も厳密に守られてるんでしょうか?
今のふしだらな時代には必要な法律ですが。

871 :天之御名無主:2006/03/15(水) 20:09:31
864です。
868様 ご親切に有り難うございます。早速保存しました。
てっきりもう消えてしまったものと あきらめていました。
感謝します。

でも何故“田山花袋 帰國”で検索してヒットしなかったんだろ?

872 :天之御名無主:2006/03/15(水) 22:18:44
なんでだろ?

『最後の山窩』、興味深いものでした。紹介ありがとうございます。

873 :天之御名無主:2006/03/15(水) 23:27:02
とっても排他的なんでしょうね。



874 :天之御名無主:2006/03/16(木) 08:50:16
最後の山窩・・・なんだか野菊の墓と伊豆の踊り子と三角寛の
ミックスみたい。

ウメガイて簡単に里人には渡さないんじゃないかな?天神の話を
口外するのもタブーだと聞いていたがな。

875 :天之御名無主:2006/03/16(木) 10:10:17
>>874「梅の種の中に神様がいる」ってやつ?
誰か芸能人が言ってたなぁ

876 :天之御名無主:2006/03/16(木) 12:18:13
>>875
「梅の天神様食べたら罰があたってポンポン痛くなるぞ」って意味だろ?
それは違う話だよ。
ここでのテンジンは、炉の上の鍋吊り様の山窩独自の自在器具のことだろ?

877 :天之御名無主:2006/03/16(木) 13:45:50
>>876 そうなんだ。そのテンジンなら聞いたことある

それよりインチキユニセフ大使がやってる
「テンジン」のCMが目障りだ(そろそろ日本語覚えろ)
サンカでもどっかの天満宮でもいいから
圧力かけて辞めさせて欲しい。

878 :天之御名無主:2006/03/17(金) 00:32:01
田中角栄がサンカ出身との噂がありましたが、この噂はどこかの本に書かれていたことなのでしょうか?

879 :天之御名無主:2006/03/17(金) 00:45:01
それガセネタよん

880 :天之御名無主:2006/03/17(金) 08:34:45
サンカの隠し資金も銀行の話しもガセでしょうか?

881 :天之御名無主:2006/03/17(金) 21:01:06
神所やお寺の供物を盗んだりしていたから、隠し資金や財産があると
勘違いさてるだけだと思う。
本当に力を持っていたのは、江戸時代から屎尿汲取の事業権を持ってた
奴や食肉流通の要である家畜屠殺解体の事業を独占していた奴等さ。
サンカはただの浮浪者だよ。

882 :天之御名無主:2006/03/17(金) 21:52:51
兵庫県姫路市の河川敷で昨年10月、路上生活をしていた雨堤(あまづつみ)誠さん(当時60歳)が焼死した事件で、
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060317i507.htm?from=main5

の雨堤さんてホームレス、3科の出なのかな?ちょっと気になり名字が。

883 :天之御名無主:2006/03/18(土) 01:28:26
>>861


つまり被差別部落民ということですか。

1さんの住所の藤原町も同和地区が存在しますね。



884 :天之御名無主:2006/03/18(土) 01:54:20
>>882


うちの会社にも同じ名字の名の人がいるけど。サンカとは関係ないよ。

885 :天之御名無主:2006/03/18(土) 03:38:05
>>884
うんにゃ。・゜゜・。
必殺仕置き人をイメジしますた

886 :↑訂正:2006/03/18(土) 03:40:41
アンカーミス>>883だすた

887 :天之御名無主:2006/03/18(土) 11:34:36
>>883
それは定住地を持つ被差別部落民に失礼。サンカは流民で浮浪者の先祖。

888 :天之御名無主:2006/03/18(土) 14:02:02
サンカなんて、これでデッチ上げだとわかったね。

889 :天之御名無主:2006/03/18(土) 14:24:40
>>881


嘘つくな。屎尿汲取の事業権なんてありません。農民に直接売っていました。

(野菜を直接もらう等も)

家畜屠殺解体にしても、江戸時代は建て前上、肉食禁止なんで、公にそんな商売(利権)は存在していません。

890 :天之御名無主:2006/03/18(土) 14:40:26
>>864


実体験ではありません。実録だとつまらないので、創作も混ぜていると書いています。

引用すると、

”興味を お持ち戴くために多少脚色をいたしましたことをお許し下さい。

これを書くにあたり「田中勝也著 サンカの研究」という著書を岡野さん

から拝借し記憶を新たにしました。”


つまり、創作も混じっているということですな。

これでは実体験に基づく私小説のたぐいであって、何の証拠にもなりません。

 それに何かと言えば非国民呼ばわりをしていた時代ですよ。一升瓶(それほど裕福な時代ではありません。)下げて、兵隊に来てくれだなんて頼むわけがない。

891 :天之御名無主:2006/03/18(土) 15:06:56
>>880
ガチだよん!

>>881
神社や寺の供物をくすねたくらいで隠し資金ができるわけネーだろ。
シノガラ資金は虐げられて暮らしてきた山窩ならではの相互扶助システムだよ。
昔は月に一枚の箕を納めるだけでも良かったらしい。そのうちトケコミの中からも成功者が生まれ資金を増やしていった
と思われる。一方さまざまな資金の運用もされており第一次オイルショックの時にドル売りで飛躍的に資金額を伸ばした
とも云われている。


892 :天之御名無主:2006/03/18(土) 16:00:34
>>890
864を書いた者です。『最後の山窩』は確かにアナタの仰るとおり
何処までが実体験で 何処までが脚色なのか気になるところではあります。
文章の上手い方だけに筆が走り過ぎた(脚色過多?)のかもしれませんが、
それを差引いても興味深い一文だったので(多少の脚色はあったとしても)
という注釈付きで紹介させて頂きました。
けして何かの“証拠”として提示したものではありません。
アナタがこの一文をどのように読まれ、どのように感じたかはご自由です。



893 :天之御名無主:2006/03/18(土) 17:53:03
月に一枚の箕を納めるだけの組織がドルなんか持ってないって。

894 :天之御名無主:2006/03/18(土) 17:58:15
・゜゜・。ポンスケさん

895 :天之御名無主:2006/03/18(土) 18:18:46
ドルを持ってないと“ドル売り”出来ないと思ってる痛い奴見〜〜〜〜〜っけ!


896 :天之御名無主:2006/03/18(土) 21:13:52
・゜゜・。ポンスケさん




897 :天之御名無主:2006/03/18(土) 22:02:15
>>891その事はどの本に書かれていたのでしょうか?それが気になる。

898 :天之御名無主:2006/03/18(土) 22:30:16
>>892


フィクションを混ぜたことで実際のサンカの実像がぼやけてしまった。こういう事をされるのは、真面目なサンカ研究者にとっては迷惑です。

899 :天之御名無主:2006/03/19(日) 00:57:18
>>898
あなたが“真面目なサンカ研究者”なのか?“真面目なサンカ研究者”を装った毎度お騒がせの 荒らしクン なのか?は
このさい置いておくとして、例の文章を書いたご本人も脚色した事を宣言した上で書いているし、
864=892さんもそれを承知の上で、注釈付きで紹介しておられる。
研究者であるアナタが 一般人の書いた文章に目くじらを立てて“迷惑”とまで公言するのはいかがなものか?
どうしても実際のところを知りたければご本人に 聞取り調査 でもなさればよかろう。それが研究者というものでは?
アナタの“真面目なサンカ研究”の成果がいつの日か世に出ん事を期待致しております。


それにしても 書込みって 特徴出ちゃうモンだネ。 プププププッ!!




900 :天之御名無主:2006/03/19(日) 05:04:40
海の都へ・゜゜・。

901 :天之御名無主:2006/03/19(日) 10:41:36
>>899真実を語るとサンカなんて誰も信じてくれない。(当り前、元々嘘なんだから)という事なんでしょう。

902 :天之御名無主:2006/03/19(日) 10:59:33
>>891


田中角栄にしても、シノガラ資金にしても詐欺師のデッチ上げ。


高度成長時代に日本列島改造論を打ち出した田中角栄がサンカということにすれば、被害者をだましやすいのです。


ある金持ちがいたとします。

そこで詐欺師が、田中角栄はサンカの一員だと信じ込ませる。ここで自称サンカの一員から田中角栄からの裏情報だからといって、二束三文の原野が開発で土地の値段が上がるという偽情報を金持ちに流し土地を高値で買わせる。

 次にサンカの一員と称する人間はドロンと消える。ここで詐欺と思わせないため、その一員はサンカの裏情報をしゃべったので消された、もしくは逃亡したということにする。

 全て信じ切った被害者は、自分も殺されたんじゃたまらないので警察に通報しないし、他の人間にもしゃべらない。

 このため犯罪が発覚しない。


 なぜ田中角栄かと言えば、小学校卒で総理大臣になった等、色々と裏がありそうな人物で、裏勢力とつながっていてもおかしくない人物だったからです。

だから被害者にサンカだと信じ込ませるにはちょうどよかった。


 シノガラ資金も同様ですな。(昔M資金の詐欺も横行していたので、その手同様の詐欺でしょう。)

903 :天之御名無主:2006/03/19(日) 11:04:40
詐欺師にとってはサンカの存在詐欺のネタに使いやすい。

 このため実在するように思われたほうが良いのでネットで偽情報を流している可能性がある。

 ここでしつこくサンカの存在を肯定しようとしている連中がいるけど、また新たにサンカを使った詐欺でも考えているだろう。だから否定論が出てくると困るのだ。



とはあくまで邪推ですが。

904 :天之御名無主:2006/03/19(日) 11:08:00
三角寛の書物は詐欺師が被害者にサンカの存在を信じ込ませるに使われた。

このためだまされたと気付いた被害者は三角寛の遺族を逆恨みする。

 いまさらサンカなんていません、これはデッチ上げです。なんて言えないので、遺族はいまだに口をふさぎ、証拠を出そうとしない。



というのが真相

905 :南信の村の一教員:2006/03/19(日) 12:43:01
三角寛のサンカが怪しいと言うのでしょうか?
私の南信州〜奥三河の村々で、昭和35〜40年ごろまで箕の行商に来ていたのは、
サンカとかポン、ポン助などと呼ばれていました方は如何なんでしょうか?
これらの職業者たちは、神社の境内、川原で、確かにテントでの生活をしていました。
三角さんの「サンカの社会」(朝日新聞社)の掲載写真と同じ生活していまして、
写真のそのとうりの状況でした。・・・・多くの方に見せて、確認してます。
サンカが居ないなら、この人たちは、なんと言えば良いのでしょうか?
修学期の児童を、先輩の先生や、委員会、民生部などの方々が、駐在さんと調べて
、特殊期間教育児童として教育をしていたです。
サンカの否定者の研究者の方々、お教え下さい。

906 :天之御名無主:2006/03/19(日) 12:54:37
ついに登場  ポンスケ〜〜

・゜゜・。ポンスケさん  でたぞ〜〜  ・゜゜・。ポンスケさん

サア〜〜〜〜  答えろ この似非研究者901〜〜〜〜〜904 ヨ〜〜〜

・゜゜・。ポンスケさん  なんと きれいな表現「ポンスケさん」マンセ〜〜イ

907 :天之御名無主:2006/03/19(日) 13:36:36
そんな研究者だったのか、901〜904 ハ
知ったかぶりの901〜904に贈る、メッセージだ^^^^^東京湾に沈め!!!
 
        ([[[[[)<
  ([[[[[)<              ([[[[[)<
        ([[[[[)<
([[[[[)<                    ([[[[[)<
             ([[[[[)<

   ([[[[[)<  おおっとここでダンゴムシの大群が!  ([[[[[)<

        ([[[[[)<             ([[[[[)<
  ([[[[[)<                       ([[[[[)<
           ([[[[[)<
([[[[[)<   


908 :天之御名無主:2006/03/19(日) 13:50:45
>>907 ひとりで大変だな

909 :天之御名無主:2006/03/19(日) 15:02:14
海の都へ・゜゜・。

910 :天之御名無主:2006/03/19(日) 15:04:02
海の都へ・゜゜・。

911 :天之御名無主:2006/03/19(日) 16:14:30
>>904


まずはあなたの考えるサンカの定義をお聞かせください。


あなたが見たのは、山で得るものにより、何か生活用品を作り、それを里に出てきて販売し、収入を得ていた人のことでしょう。それをサンカと言うのであれば存在はしていたのでしょう。


それはあなたが見たのは、昔なら、まだ山での生活が出来たということであって、(言わば山でホームレス生活を送っていた人がいた。)それが原日本人であるかとか秘密結社があったということは言えないと思います。

 いまでもホームレスの人達は河原にテントを貼り、空き缶集め等で現金収入を得ています。あなたが見たのがそれとどう違うのでしょうか?

912 :天之御名無主:2006/03/19(日) 16:35:14
911さん >>>「904」て、自分のこと? それとも「915」の間違い?

文脈が、ツナガラナイデス ね?  日本語は正確に書きましょう〜
 
      ([[[[[)<
  ([[[[[)<              ([[[[[)<
        ([[[[[)<  時代錯誤で、オットトト
([[[[[)<                    ([[[[[)<
             ([[[[[)<

913 :天之御名無主:2006/03/19(日) 19:53:38
山から降りて来て物を販売するホームレス(警察用語でいうところのサンカ)について905さんは不思議なものを感じていた。

でもそれ以上はわからず、三角寛の書いた物を読むと一部は自分の遭遇した状況と同じであるとわかった。このため三角寛の書いた残りの部分(自分は実際に見聞きしていないところも)も真実だと思い込んでいるだけです。

914 :天之御名無主:2006/03/19(日) 20:06:14
(・[[[[[)< サカナ…

915 :天之御名無主:2006/03/19(日) 20:26:41
>>881
その権力を持っていたのは弾左衛門だろうが。
サンカとは関係がない。それはエタヒニンの元締めであって、漂白民ではない。

916 :天之御名無主:2006/03/19(日) 21:16:23
子供の頃サンカの親分にかわいがられた、って人もいたんだから
身分もあったんだろうね

917 :天之御名無主:2006/03/19(日) 21:17:34
>>913
家族連れだと、出産・授乳・子守・子供の病気等々、山での漂泊生活
にはとんでもない力量が要求されることは確かだ。
単に食いつめて浮浪生活を余儀なくされた者とは違う可能性がある。
無論そるが山窩とは断言出来ないが、浮浪者と断言することも出来ない。
なんかだるい。

918 :911:2006/03/19(日) 22:52:57
>>905


まずはあなたの考えるサンカの定義をお聞かせください。

あなたが見たのは、山で得るものにより、何か生活用品を作り、それを里に出てきて販売し、収入を得ていた人のことでしょう。それをサンカと言うのであれば存在はしていたのでしょう。

それはあなたが見たのは、昔なら、まだ山での生活が出来たということであって、(言わば山でホームレス生活を送っていた人がいた。)それが原日本人であるかとか秘密結社があったということは言えないと思います。

 いまでもホームレスの人達は河原にテントを貼り、空き缶集め等で現金収入を得ています。あなたが見たのがそれとどう違うのでしょうか?




919 :天之御名無主:2006/03/19(日) 23:03:01
>>917


何が書きたいのかよくわかりません。


 そりゃ山で生活している人間が、どう考えても互助組織がないと生活できない程、死亡率が低かったなんて統計でもあれば話しは別ですが、そういう記録はありません。

 弱い人間は山で野垂れ死にし、強く運の良い人間が生活しているのが眼についただけのことだと思いますが。

 それに山で生活できなければ里に降りればいい。

 それに昔は家族連れの乞食が存在していました。

 今では生活保護とか児童施設とかあるので、そういうホームレスが存在しないだけです。



920 :天之御名無主:2006/03/19(日) 23:32:32
テレビでやっていたのだが、夫婦のホームレス(元ホテルマン)が居て、妻の方が、街で拾った銀杏の実を路上で販売して金を稼ぐところとか放送されていた。

 サンカもそんな生活を送っていた人達だと思う。

921 :917:2006/03/20(月) 04:34:53
風邪薬で爆睡してました。すみません。

>>919:
>何が書きたいのかよくわかりません。

・演繹的なアプローチを否定しないで欲しい、と言いたいのです。

> そりゃ山で生活している人間が、どう考えても互助組織がないと生活できない程、死亡率が低かったなんて統計でもあれば話しは別ですが、そういう記録はありません。

・反証もありません。

> 弱い人間は山で野垂れ死にし、強く運の良い人間が生活しているのが眼についただけのことだと思いますが。

・それも合理的推論の一つですが、昭和30〜40年までに各地で目撃された
山の幸やその加工品販売を生業とする人々が全てルンペンであったと言う根拠としては弱いと思います。

> それに山で生活できなければ里に降りればいい。
・封建時代にですかぁ?
事の真偽はともかく、サンカは秘密結社的有り様を
前提に措かれた概念ですから、前提を崩すには、相手の物証や証言の信頼性を
崩すしかありません。
しかし貴方がそれを放棄しても、サンカ説の信憑性が高まる訳でもないけど。

> それに昔は家族連れの乞食が存在していました。
・それは昭和〜35年の大分・熊本地方、昭和〜40年の南信地方、の話ですか?

> 今では生活保護とか児童施設とかあるので、そういうホームレスが存在しないだけです。

・ですね。日本が民主国になってから山窩のトケコミも加速されたと聞いてます。

922 :天之御名無主:2006/03/20(月) 05:47:27
海の都へ

923 :天之御名無主:2006/03/20(月) 06:48:44
パラリンピック終わったね。

924 :CMクライシス:2006/03/20(月) 07:26:20
青い時計 
白い時計
赤い時計

925 :天之御名無主:2006/03/20(月) 11:06:18
>>921


あなたの書いているのは、山の生活は厳しいので、家族で生活するのは大変だ。このため、組織があって、その中で暮らしていたのではないかということかと思いましたけどね。違うんですか?


>山の幸やその加工品販売を生業とする人々が全てルンペンであったと言う根拠


別に山で生活しなくても、2、3日山にいて、何か拾ってきて、それを直接売る、加工するなどして販売すれば良いことなので、この事自体、別に山に定住した人がいる根拠にはなりません。

 例えばマタギは普段里に住んでいますが、狩りをする時は山小屋に住んでいます。でも普段は里の生活が主です。

 それと”全てがルンペンであった根拠”なんて要りません。私が書いたのはルンペンがそういう仕事をしている例もあると書いただけなんで、中には農村の人が副業として行っていた例もありますから。

 またどこかの流れ者が農家から盗んだからかもしれませんよ。

つまり、逆に言えば、蓑とか作り即販売しているから、それをサンカと決め付けるのは疑わしいのです。


>> それに山で生活できなければ里に降りればいい。

>・封建時代にですかぁ?


いつの時代にも乞食はいました。封建時代も関係ありませんね。

 それに家族連れの乞食なんて全国で見られたので何も大分、熊本、南信に限ったことではありません。


 

926 :天之御名無主:2006/03/20(月) 11:10:40
 サンカの存在を肯定したいのであれば、肯定しうる根拠をまず示してください。存在を示したいのであれば、まず存在しているという根拠を示してください。

 秘密結社にしても何しても本に書かれていることを鵜呑みにしているだけで、ここで書かれた体験談には一切そのようなことは書いてありません。他からの風説ばかりです。これで信用しろというのがまず無理です。

 

927 :天之御名無主:2006/03/20(月) 11:14:46
>> 今では生活保護とか児童施設とかあるので、そういうホームレスが存在しないだけです。

>・ですね。日本が民主国になってから山窩のトケコミも加速されたと聞いてます。


なんでもかんでもサンカに結びつけて解釈するのはやめた方がいいですよ。

単にホームレスでも子供は児童相談所に引き取られると書いただけなんですが。



928 :天之御名無主:2006/03/20(月) 11:16:04
そういえばなんでもかんでもユダヤの陰謀とか言っている人もいますね。

それとレベルが変わらんような気がします。

929 :天之御名無主:2006/03/20(月) 11:24:18
ひとりQ&A? 劇団ひとり?・・・。プゲラッ!

930 :天之御名無主:2006/03/20(月) 14:59:04
民神板はageて書き込むのが基本です。
sageて書いてる香具師って上がると何か都合でも悪いのかな?


そう、君の事だよ“荒らしクン”。

931 :天之御名無主:2006/03/20(月) 19:31:45
ところで1が何を書いているのかさっぱりわかりません。

932 :921:2006/03/20(月) 20:59:31
>>925>>926>>927
私も貴方と同様の考えに帰結しているのですよ。
しかし、私は自分が全ての資料に通暁したり、フィールド調査を少ししかしていないので、
態度を保留しています。
重ねて申しますが、貴方がここで声高に主張していることと、
ここをログしている私の
胸中に秘めた結論は同様のものです。
それを普通は常識と言います。しかし常識のごり押しで折角興味を持って
このことに取り組もうとしている人を挫いたりはしたくないだけです。
シュリーマンとトロイア遺蹟の例の様に、万一その非常識が真実の扉に
つながる可能性も、自分で納得行くまで精査していない場合は排除しない
というのが私の基本的姿勢ですから。
それが、公序良俗に反しない限りではありますが・・・

>>928
ユダヤ人陰謀論に関しては、事の真偽は別として、このことを体系付けた
ローゼンベルグの「二十世紀の神話」が実際にナチの政治信条「我が闘争」
の骨子となり、歴史的に大きな傷跡を残すことになりました。
ナチ結党時は嘲笑の対象にでしかなかったこの【非常識】な陰謀論は
そのわずか数年後、第二次世界大戦中のドイツでは、誰も否定しない
【常識】になっちゃいました。
貴方がユダヤ陰謀論やサンカ陰謀論を研究しつくされた上でのご指摘ならば
是非更にお話をお伺いしたいと思います。
知識がないのに頭から否定することが、意義を持ち得るとは、
私には思えません。

933 :921:2006/03/20(月) 21:06:39
↑の文章が変になりましたので校正します。
【しかし、私は自分が全ての資料に通暁したり、フィールド調査を少ししかしていないので、
態度を保留しています。】

     ↓

【しかし、私は自分が全ての資料に通暁したり、フィールド調査に
真剣に取り組んだりしているわけではないので、態度を保留しています。】

934 :天之御名無主:2006/03/20(月) 22:26:02
ムダな議論だなぁ。

935 :天之御名無主:2006/03/21(火) 19:08:52
932・933 ヨ! 
君は、自分の世界に統帥している。
サンカの研究者は、君とは違う!

もっとも大きな違いを、この際、指摘しておこう!!

君は、サンカを語るだけの歴史・民俗・社会学・・・などの、基本を先ず、学びなさい。
自ずから、自分の勉強不足からくる、恥ずかしさを知ることでしょう。

先ずは、先学の論文や著作を、学びなさい!!
君の「サンカのいない・・乞食だ! それ、ルンペンだ! ホームレスだ」
の、自己満足、他人排除の勉強不足からくる、見識の狭さに
自分自身の アホさ や 無知 に恥ずかしさを知るであろう!!

まだ、君は若いと見た!! 今からでも間に合う!! 先学の著作を勉強しなさい!!

936 :天之御名無主:2006/03/21(火) 19:59:02
おしっ!今の勢いなら5年目にしてやっと1000に届くね

937 :天之御名無主:2006/03/21(火) 20:19:51
よっし、2006/06/04 15:07 1000を獲るゾ

938 :天之御名無主:2006/03/21(火) 21:11:05
こんなルンペン史学のスレで1000なんてとっても・・・

939 :天之御名無主:2006/03/21(火) 23:23:52
「ルンペン」って言葉に拘るあんたの真意がよくわからん。 こんな言葉使うってことは、だいぶお年の方?

940 :天之御名無主:2006/03/22(水) 18:45:26
横レスすまないが大阪だとかちょっと古風な地域だとルンペンは若者言葉ですよ
流行語になった当時の人がこの板に居るとは思えないです><

941 :607:2006/03/22(水) 21:43:33
事前にいっとくが、小生ではないからな。上の方に"都内では"とあるから関東では?

942 :天之御名無主:2006/03/22(水) 22:49:03
三上寛のサンカ専集買っちまった、オマイラのせいだぞ
だけど、スゲーェ面白い

943 :天之御名無主:2006/03/22(水) 23:10:02
三上寛? 懐かしのフォークシンガー?

944 :天之御名無主:2006/03/23(木) 00:20:27
三角寛だろ、たしかにあれを見るとサンカはいたと思えるな。
サンカはいた、確かにいた、今もいるかもしれないと思える。

945 :天之御名無主:2006/03/23(木) 00:33:46
捏造が確定してるムー大陸よりは信憑性があると思う。

946 :天之御名無主:2006/03/23(木) 16:35:26
1000 になる前に オレにも言わせてクレーーー
このスレのお陰で、オレはサンカの本、13冊、合計二万九千六百円也 買った 
それ見てると、確かにサンカ族が「居る・またはこの前まで・居た」 と思う
ルンペンでもなく ホームレスでもなく 乞食でもなく 
やはり 「サンカ」族はいた 研究者の意見や見聞を学ぶと「サンカ」族は、
確かに 居たことが解かった  もうすぐ1,000だ ガンバロ

947 :天之御名無主:2006/03/23(木) 20:29:54
奇特な奴だな。

948 :天之御名無主:2006/03/23(木) 20:36:00
サンカ・ ポン・ ノアイ・ オゲ・ ナデシ・ セケンシ <これ皆同じ意味?

949 :天之御名無主:2006/03/24(金) 08:51:45
地方によって呼び方が違うんでしょう。

950 :天之御名無主:2006/03/24(金) 08:58:48
飯島Iさんは、本当に女子高生コンクリート詰め殺人事件の殺人者達と一緒に、
被害者の女の子に虐待を加えて、面白がっていたのでしょうか。
ぜひ、出演しているサンデージャポンの、 自称青木ゆうこりんに
事情説明して欲しいです。
この番組に出演しているので、説明義務があると思います。
ぜひ、サンデージャポンの放送中に、自称青木ゆうこりんさんが、
女子高生コンクリート詰め殺人事件の疑惑の件に関して、
飯島Iさんに質問してください。
最低限の義務だと思われます。
ぜひ真実を聞かせてください。


951 :天之御名無主:2006/03/24(金) 17:53:26
こっちでその番組やってないや…

952 :天之御名無主:2006/03/24(金) 21:48:08
三角寛は娘に言わせると山師だってさ。それに元朝日新聞記者。
信用できねえよ。
おそらく説教強盗を取材しているうちにサンカなんて思いついたんだろ。

953 :天之御名無主:2006/03/24(金) 21:54:57
サンカは三角寛が思いついた共産主義的ユートピア幻想と思われる。
その証拠に彼らは宗教を有していない。

954 :天之御名無主:2006/03/24(金) 21:57:09
>>932
あんた学問ってどんな意味だか知っている。

955 :天之御名無主:2006/03/24(金) 22:00:45
ラーメン食いたい

956 :天之御名無主:2006/03/24(金) 22:01:16
愛がないな。

957 :天之御名無主:2006/03/24(金) 22:03:08
サンカの正体は平家の落武者。財宝は平家の宝.ウメガイは実は槍の穂先でテンジンに
つけて槍として使用するのだ。

958 :天之御名無主:2006/03/24(金) 22:08:00
ここで出版されている書物を見ると、礫川全次って何者なのかよくわからん。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%E2I%90%EC%91S%8E%9F/list.html

959 :天之御名無主:2006/03/24(金) 22:09:24
サンカの正体はアガルタの住民。富士山にある地下都市から地上に舞い出て、蓑や笠やなんでもかんでも
路上で販売しているのだ。

960 :天之御名無主:2006/03/24(金) 22:10:38
>>947
俺が今までアイドル写真集に費やした金より少ない。
愛がないな。100万円ぐらい使えや。オラ!

961 :天之御名無主:2006/03/25(土) 00:36:50
>>932


常識のごり押しは大切です。証拠とかあるのならともかく、ありもしないことを語るのでは、学問とは言えません。学問は常識的な手法でなされるべきです。

 それにシュリーマンはトロイアの遺跡を発見した事で有名ですが、それは彼が行動したからです。そこにあった新しい遺跡を破壊したことはともかくとして、証拠となる遺跡を発見しました。

 ここでは何もせず単に妄想に耽っている輩がいるだけではありませんか。違いますかね。

962 :天之御名無主:2006/03/25(土) 00:39:47
別にそれでもいいんじゃない? 民俗・神話学板なんだし。

963 :天之御名無主:2006/03/25(土) 00:50:01
 なんでサンカ研究はタブーなのか考えて見る。

まずサンカと言われている連中が実は被差別部落の人間だと考えるとよくわかる。つまりサンカを研究し、彼らがいた地域を特定することは同和地区の特定にもつながるのだ。

 今日、同和地区を特定しこれを資料にしたものは差別を助長するものとして出版が禁じられている。

 そういう資料を解放同盟が認めるわけがない。そこでサンカの研究者がこれはサンカの資料であり、被差別部落とは関係がないと主張する。

 そうなると解放同盟はサンカ=被差別部落民であることを主張して出版中止に追い込まざる負えない。

 となると、出版中止に至るまでにその手の資料本は出版され世に出回ることとなる。

 ここで解放同盟がサンカ=被差別部落民であると公に認めれば、それはその資料について解放同盟がお墨付を与えたこととなり、資料の地域名はサンカの地区ではなく同和地区と捉えることができるのだ。

 だから解放同盟は裏から手を廻し、サンカの研究本の出版をやめさせようと

する。

 外から見るとなぜかサンカ研究はタブー視されているように見えるので、この事が誤解されているのだと思う。

964 :天之御名無主:2006/03/25(土) 00:55:22
三角寛の書物のせいで、サンカ本と称する被差別部落の位置が特定できる本が出版されることができるようになった。


このため差別を助長するネタ本を作られたことに憤りを感じた解放同盟の関係者は三角寛の遺族を逆恨みする。

 いまさらサンカなんていません、これはデッチ上げです。なんて言えないので、遺族はいまだに口をふさぎ、証拠を出そうとしない。



というのが真相



965 :天之御名無主:2006/03/25(土) 00:57:11
シュリーマンと言えばトロイアの遺跡と同時に”アトランティスのクロノス王より”と書かれた壷を発掘したことで有名だが、あの話しはどうなったんだろ?

966 :天之御名無主:2006/03/25(土) 00:59:49
スレ違い

967 :天之御名無主:2006/03/25(土) 01:04:41
>>953


かもしれませんね。仮に原日本人の末裔なら独特の宗教とその儀式に使うものを有していてもいいはずなんだが、そのことについてはだれも書いていないですな。

968 :天之御名無主:2006/03/25(土) 01:07:38
山を行き来する漂泊民がいなかったという理由として、今まで政権等に迫害を受けた人間がそういうことを一切行っていないことがある。


まず、大和政権や、それ以前に迫害を受けた原日本人がどうなったかと言えば、渡来人に溶け込むか、アイヌのように北海道で生活、これは村を作って定住している。

969 :天之御名無主:2006/03/25(土) 01:11:20
平家の落人も山に村を作り生活している。

隠れキリシタンにしても、隠れて信仰を続けていた。


結局、日本で山に生活し、つらい漂泊生活をわざわざすることなんてしなくてもいいということになる。そんな例しかないのに、いきなりサンカみたいな漂泊民がいますなんて、言われても信じられないね。

970 :天之御名無主:2006/03/25(土) 01:24:22
出版社にすればサンカ本なんて爆弾みたいなもの。そんなものを大手出版社が出すわけがない。

971 :天之御名無主:2006/03/25(土) 09:21:58
970さん そんなこと無いよ あまり独りよがりの事バッカ書いて < 見苦しい
自分の「教養の浅さ」と「勉強不足」を、自ずから知った方がヨイ
大手の河出書房からも、サンカの本が最近出た。昨日、本屋で見たヨ!!
小学館からも、近刊予告あり!! 岩波もサンカ本、昨年出している!!
本屋へ、一度言ってみた方が イイト オモウヨ!!!!!!


972 :天之御名無主:2006/03/25(土) 11:35:21
学研他のUFO本とどう違うと言うのだろう。

973 :天之御名無主:2006/03/25(土) 11:36:37
いくら有名出版社から出ているからと言って、内容が正しいなんて考えるのはおかしいね。

974 :天之御名無主:2006/03/25(土) 11:37:33
ところでサンカの宗教ってどんなもんなんだろうね。

975 :天之御名無主:2006/03/25(土) 11:39:31
ウメガイにしても、便利なら山に行き来している人が使いそうなもんだが、

実際はマキリと呼ばれる先の丸くなった(獣を解体できるようにもなっている。)薄い鉈が主流。

976 :天之御名無主:2006/03/25(土) 11:40:50
ウメガイに似たナイフとしては、アメリカにトラッカーナイフというのがある。大人気で品薄らしいけどね。俺も欲しい。

977 :天之御名無主:2006/03/25(土) 11:42:07
三上寛はフォーク歌手なんだが。

978 :天之御名無主:2006/03/25(土) 11:44:05
976の続き、実際山での万能ナイフを考えるとトラッカーナイフかマキリになると思う。ウメガイなんてどこから思いついたのかわからないが、

979 :天之御名無主:2006/03/25(土) 12:25:09
おそらく古代の銅剣でしょうな。

980 :天之御名無主:2006/03/25(土) 12:25:53
銅剣を短くしたもの。それがウメガイ

981 :天之御名無主:2006/03/25(土) 12:26:46
嘘は嘘でも一回実物作ってフィールドテストすりゃ良かったんだ。

982 :天之御名無主:2006/03/25(土) 12:27:36
そーすりゃ、ウメガイなんて使い物にならないと気付いたはずなんだがな。

983 :天之御名無主:2006/03/25(土) 12:28:20
三角寛は単に目立ちたがり屋だろう。

984 :天之御名無主:2006/03/25(土) 12:29:20
三角寛は記者だったが、学問がどういうものなのか良くわかってなかったと思われる。

985 :天之御名無主:2006/03/25(土) 12:30:08
説教強盗の取材で有名になったもんだから、有名人病になったと思う。

986 :天之御名無主:2006/03/25(土) 12:31:32
説教強盗の取材で、山に隠れ住む犯罪集団の事を知り、これはネタになると考えた。

987 :天之御名無主:2006/03/25(土) 13:12:05
どうやら“基地害”が埋め立て体制に入ったようです。

せっかく盛り上がっていた議論を“卑劣な工作員”によって終わらせてはなりません。
どなたか次のスレを建ててください。スレタイはこのままでもいいと思います。

988 :天之御名無主:2006/03/25(土) 13:21:54
山の民について知ってる方
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/min/949066103/

こっちに移動でいいんじゃない?

989 :天之御名無主:2006/03/25(土) 13:24:43
あい

990 :天之御名無主:2006/03/25(土) 13:25:30
反対意見は無しか。

991 :天之御名無主:2006/03/25(土) 13:26:11
誰だろう?

992 :天之御名無主:2006/03/25(土) 13:26:58
サンカ拳法についてご存じの方いませんか?

993 :天之御名無主:2006/03/25(土) 13:28:11
サンカは自分達の身を守るために特殊な武具を使った拳法を編み出したらしい。

994 :天之御名無主:2006/03/25(土) 13:34:23
俺はサンセイのハンタイなのだ。

995 :天之御名無主:2006/03/25(土) 13:35:01
1の書いていることが理解できない。

996 :天之御名無主:2006/03/25(土) 13:38:19
じゃあ消えろ

997 :天之御名無主:2006/03/25(土) 13:39:58
東京湾に沈みましょう。

998 :天之御名無主:2006/03/25(土) 13:50:15
漂泊の民・山窩<サンカ>に会ったことある?
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/out/1077625078/

こちらもドゾー

999 :天之御名無主:2006/03/25(土) 13:50:51
 どうやらどうやら“基地害”が埋め立て体制に入ったようですが埋め立て体制に入ったようです。

全く同感です。迷惑を最後までかける“基地害”に、神聖な終焉のページを汚されたくありません。

三角寛の資料は、東洋大学の論文管理課で保管されております。
今まで、それを15名(私を含む)の研究者が閲覧してきた履歴があります。
資料集を含め、ボウダイな数量の研究資料です。それを見れば三角は立派な研究者です。

そのほか三角の、ノート類、メモ帳、写真帖、原稿類、手紙・・・など約250キロの
三角資料が最近、発見され、現在東海地方の某大学内で整理中になっております。
私もその整理のお手伝いをしておりますが、三角寛という立派な学者像が出てきております。

もう少しで、このスレも完結されます。
謎の多い、「三角寛」そして「サンカ」 暫らくしましたら、ビックリするような展開が現れます。

社会学系の研究者の一人として、時々お邪魔をさせて頂いておりました。
随分とこのページで、楽しませて頂居てまいりました一人として、皆様に御礼申し上げます。

どうか、皆様におきましても「サンカ」の正統な評価、研究のご発展を心より祈念申し上げます。
また、発起人の先生、S様、H先生、マジな意見を展開されてきました先輩衆
 本当に有難う御座いました。私の名前は○川と申します。深謝 深謝 深謝です。

1000 :天之御名無主:2006/03/25(土) 13:50:55
999

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

271 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)