5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【NO?】殺すというのは【OK?】part2

1 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 12:58:23
前スレ:なぜ人を殺してはいけないのですか
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1111768261/
人を殺してはなぜいけないのかをたんたんと書いていても
おもしろくない(進展しない)ので議論しましょう。
社会のルールです→ じゃぁなぜ守らないといけない?
勝手に殺せば? → じゃぁなぜみんな殺さない&殺せない?
のようにどんどん突き詰めるようお願いします。
人を殺すことについてだけでなく「虫や猫を殺すのは?」など
殺すと言うことについて全般的に話し合ってください。


2 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 13:10:11
アイデンティティ、嫌悪、プライド、喪失への恐れや否定への恐れ。
殺す人にとって自己保存がぎりぎり叶わぬ時、現象となる。か。
存在誇示の終局的手段なのかもしれないと思いました。
つまり死への不安という1ケースがあるのかも。

3 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 13:48:22
>社会のルールです→ じゃぁなぜ守らないといけない?
守らないといけないとは言ってない。守らなければ大変な事になりますよ、と脅してはいる。
その脅しのために法律がある。
なぜこんなルールが出来たかといえば、このルールがあった方が大多数の人間が住み易いから。
>勝手に殺せば? → じゃぁなぜみんな殺さない&殺せない?
殺さない理由。殺したら服役しなければならないから。
殺せない理由。良心というすりこみ教育がなされているから。

4 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 14:49:26
良心という刷り込み教育が行われているにもかかわらず
虫や動物などは簡単に殺すのでしょうか?
やはり罰せられないから(殺虫罪みたいな)かな


5 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 15:06:41
>>4
もう少し勉強してこような

6 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 15:13:48
免疫というのは 自分から遠い遺伝子の細胞を
発見し攻撃し破壊するシステムだ。
親殺し、子殺しは 遺伝的に遠かったので起きる悲劇。

じゃ 戦争は?もちろん 遺伝的に遠い敵同士だからだ。

7 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 15:22:21
>>6
ある種の細菌は、遺伝子的には遠いにもかかわらず、体内で共存してるが?

8 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 15:35:47
>>6
物事を単純化して理解したい気持ちはよくわかる。
受験でもパターンを見つけ出す訓練をするしな。
でも何でも単純にすりゃいいってものじゃないのよ。

> 親殺し、子殺しは〜
のところの断言とか、何を根拠に言ってるのさ。
そりゃまあ内縁の夫ってやつが子供を虐待する事件なんてのあるけど
実の親子や兄弟でって事もあるやん。

9 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 17:41:07
じゃぁなぜ守らないといけない? →ルールを守ることで自分を守ってもらう→得だから
じゃぁなぜみんな殺さない? →刑罰を受ける→なんにも得はしないから
じゃぁなぜみんな殺せない?→本能だから
なぜ人を殺す人がいる?→自分にとって得だと判断したから/判断できないほど壊れたから
なぜネズミを殺さない?→食べれないから→なんにも得しないから
なぜネズミを殺す?→人の生活に害を及ぼすから→殺したほうが得だから
なぜ牛を殺す人がいる?→食べる人がいるから→得な人がいるから

10 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 17:47:53
なぜ自分の子供を殺す人がいる?
→自分が生きるために→短絡的にそれが得だと考え、判断ができないほど壊れたから

11 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 18:08:53
戦争(占領)ではなぜ人を殺すの?
1.損得勘定、欲望により外国の資源を奪う→略奪のため人を殺す→戦争に負ける→刑罰→損
2.損得勘定、欲望により外国の資源を奪う→略奪のため人を殺す→刑罰→を免れるため要人を殺す
→その国の政府を消滅させる→戦争に勝つ→刑罰を受けない→得
戦争(防衛)ではなぜ人を殺すの?→殺すか殺されるかの選択→自己防衛本能、殺したほうが得

12 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 21:09:26
ここらへんで議論打ち切ってよかんべ?
もうみんな出尽くしたって感じじゃねが?

13 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 21:15:42
>>12
議論は出尽くしても、新規の客が来ます。

14 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 23:08:44
殺す殺さないは、損得勘定で決まってるという感じでしょうか?

15 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 23:15:36
殺人犯に対してなら、少なくとも条件付でOK。宅間守がそのいい例

16 :ローカルルール審議中:2005/04/05(火) 00:09:16
<社会契約説>
もともと人間は自由で、何でもやっていいのが基本(自然状態)。
だが、それでは他人の自由で自分の自由(生命の自由とか)が
害されたりもする。
それは嫌だ。
そこで、みんなが集まって他人の自由を害さないよう各自の
自由・権利を制限する事を約束。そして、それを守らせる為に
国家を組織することも約束した(社会契約)。


我々はみな、フィクションではあるけどお互いに契約したことに
なっているのだよ。

17 :ローカルルール審議中:2005/04/05(火) 00:32:20
>>14
殺す殺さないに限らず、人間の意識的な行動は全てそう。

18 :ローカルルール審議中:2005/04/05(火) 04:41:01
>>16
つまり、「社会契約なんてどうでもいい」というような人間にとってさえ
「人を殺すなかれ」ということが「社会契約があるから〜」という仮定
なしに言い切ることができるかどうか。言い切れるならどのようなものであるのか。

19 :ローカルルール審議中:2005/04/05(火) 07:30:28
治安や福祉がしっかりしてて失業率が低いような状態じゃないと
社会契約によって守られてる実感があまりないだろうから
破ってもかまわんと思う人が増えちゃうかもね。

20 :ローカルルール審議中:2005/04/07(木) 05:54:39
やはり前スレのように曖昧で多様な解釈をさせるものでないと
このように、すぐに終着してしまうのだな。

21 :ローカルルール審議中:2005/04/10(日) 07:14:22
今の世の中では秩序が安定してるんで殺人はいけないだけなんじゃないの?
秩序が乱れてくれば生きていくために人を殺すことは仕方のないことなんじゃないの?
だから殺人が絶対的悪とは決め付けられないんじゃないの?

22 :ローカルルール審議中:2005/04/11(月) 11:27:58
人間って動物以下だな・・・。
動物界では飢餓の極限状況であっても、エサの奪い合いはあっても
進んで同じ種を殺戮していったりはしなかろう。共倒れになったと
しても。
動物でも守る掟やら秩序やらを人間が違反することを「悪」と決め
てもいいんじゃないか? タブーってやつ。

ちなみに、人間に近い猿は権力闘争の中で殺し合いがよく起こる。
類人猿だけに「悪」とか「凶暴」の要素があるのかもしれない。

23 :ローカルルール審議中:2005/04/11(月) 11:35:06
>>22
意味がよくわからん。
とりあえず「動物でも守る掟やら秩序やら」って具体的にはどういうもの?


24 :ローカルルール審議中:2005/04/11(月) 11:50:56
>>23
自分と同じ種を殺さないってこと。
エサとかメスの奪い合いで戦って傷つけ、結果的に死んじゃう
ことはあっても、殺意を持って殺すのは聞いたことがない。

25 :ローカルルール審議中:2005/04/11(月) 13:19:20
動物がやらないことをやると、動物以下なのか?
動物以上だとどうなるのか?

26 :ローカルルール審議中:2005/04/11(月) 13:39:11
ライオンの子殺しは殺意感じるね

27 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 20:14:56
もし人を殺しても良いという法律ができたら
殺しますか

28 :考える名無しさん:2005/04/30(土) 18:08:25
>>27
殺せる奴は殺すだろうね

29 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 20:06:51
>>9 >>10で結論出てるじゃん!!人間は動物と違うの!!人は殺しちゃ駄目なのに
蚊は殺していいのか?当たり前じゃん。漏れの血を吸いに来たから。正当防衛。
ある種の地球生物における生存競争。毒サソリや毒ヘビが噛み付いて来ても同じ。
ただ人間は動物と違う・・・。考える知恵をもっている。無益な殺生の意味を知っているし、
戦争や環境破壊が悪い事を知っている。

30 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 00:12:04
権利とか義務ってさ、まったく契約した覚えないのに科せられてるよね。
人権とか。納税とか。

こういうのってさ、例えば、
性別が女のガキ生ませて性奴隷として一生を過ごさせるのと同じだと思うんだけど。





とりあえず、スレタイ様に答えるなら、殺すというのはOKになるんだろうな。

31 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 10:20:47
>権利とか義務ってさ、まったく契約した覚えないのに科せられてるよね。
>人権とか。納税とか。
まあ、権利に関しては全く契約した覚えがないのに「与えられてる」、ということだね。
義務は、その権利を与える社会を維持するために必要だから、権利を享受する国民に課せられているわけだ。
だから、権利を放棄するなら、義務もないわけだ。

いちおう、権利というものを誰でもが求めてる、という前提でそれを与えるためのシステムとして社会は存在してるわけ。
だから、権利の内容や義務の内容については頻繁に議論が行われる。
で、権利と義務のバランスがまあ、大部分の人が納得する範囲に収まってるから、
暴動なり革命なりが起きることもなく、社会が成り立ってるんだろう。

>こういうのってさ、例えば、
>性別が女のガキ生ませて性奴隷として一生を過ごさせるのと同じだと思うんだけど。
「一生性奴隷」という義務を課すとして、それに相応する(バランスする)権利ってなんだ?
というか、順番としては、権利が先行してそれを実現するために義務がある。
(基本的人権を守るための諸制度、機関を作ったり維持するために必要だから納税の義務が課されるように)
じゃあ、「一生性奴隷」という義務を必要とする権利って何だ?
それが無いとしたら、それは、何の権利も与えずに、ただ義務だけ課すということで、
(その点では)「社会の義務」とは「同じ」じゃないんでないの?


32 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 16:31:29
すごいな
頭良くて羨ましい

33 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 01:35:13
たとえば、戦争とか、自分が生きていくためにとか、
「殺す」以外、どうしようもなかった人に(殺す以外の選択肢がなかった人に)
「殺すことが悪い」と非難することはできない。
だいたい、いつも善悪の判断をつけるのは、当事者ではなく、
事件にはまったく無関係の高みの見物している人たちだ。

善悪とは、ある人の意志によって「選択」がなされた場合のみに決められるはずだ。
どうしようもなくて、殺したんなら、自責の念にかられるべきだけど、
「これが生きる手立てなんだ」と思って、のうのうと生きていればいい。

34 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 01:36:39
じゃあ、好き好んで無用な殺生をした人は、非難することができるの?
…まぁできると思うけど、好きで殺生してるようなイカレた人間なんだ。
「殺すことが悪い」と非難したところで、意味はないよ。

愛の意味や、生命の不思議さ、
それから、「あなたという人間は一人しかいないんだ」
なんてことを、ていねいに教えて、
つまり、「こちら側」の人間にして、後悔させなきゃならないのかな?

35 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 01:37:44
本当は、俺、弱い人間って好きだし、
イカレた人間も好きだし、
どうしようもない過ちを犯した人間も好きなんだけど、
もっと言えば、「人間の意志していることはすべて善いことだ」
「人間は本当に悪いことを望むことはできないはずだ」
なんて性善説を俺は信じているんだけど、

まぁ、片っ端から死刑にするのが手っ取り早くていいのかな?

>>29
そうそう。人間は動物と違うの。
でも人間たちは、何が正しいか知っていても、正しい行いをするとは限らない。
例えば、基本的人権という「お話」を信じている人でさえ、
明日人を殺す側の人間になりえる。人間ってそういうもんだ(と僕は思う)。

36 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 09:55:25
>>34
非難は妥当だろう。
俺に、俺の属する社会に悪影響を与えたのだから。
ただし、殺した本人は悪いと思うことはないだろう。
「あちら側」の人間、もしくは「こちら側を越えた」人間であれば。

37 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 11:34:11
他人の人生を終焉させる権利はない。

38 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 11:51:03
他人の人生を終焉させるのに権利は要らない。

39 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 13:00:49
>>33
>「殺す」以外、どうしようもなかった人に(殺す以外の選択肢がなかった人に)
>「殺すことが悪い」と非難することはできない。
法律には正当防衛とか、緊急避難と言う概念がありますよ。

で、「止むを得ない」は「OK」とは「いけなくない」とは
同じ意味では無いということ。

40 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 13:18:44
殺人が良い悪い言う前に、どういう意味で良い悪いって使ってるのかを議論すべきじゃないか?

41 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 14:02:33
良い悪いというより
人を殺すことで自分が何か得をするかと考える
最終的に得をする人殺しなら正しいと認められる
それが戦争に勝つこと、逆に負ければ悪となる




42 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 14:42:13
そういう損得=善悪の考えだったら、
人間はその時々で最も有益な行動を起こすしかないから、
その人間にとって殺人は常に善にならないか。

43 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 15:59:25
不愉快です。自尊心を持ちなさい
by大江

44 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 00:10:31
>>42
なるね。
やった時点では。
しかし後になって
「あれは自分にとって損な(悪い)ことだった」
というように価値観が変化することもある。

45 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 06:21:56
というか、ジュースを買おうとして100円玉を自販機の下に落としてしまう行為は悪なのか

46 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 18:16:13
人を殺す理由が、一時的な怒りを納得させるためだったとする
それに対し自分が受ける弊害は、反抗されて大怪我を負うことや
逮捕されて十数年刑務所に入ること、犯罪者として社会的信用を無くすこと
一時的な怒りと、殺人行為によって自分が受ける刑罰を損得勘定すると割に合わない
だから人を殺さない。損するから殺さない




47 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 20:04:26
↑自分が得する場合、100%バレないなら殺すんだ

48 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 20:06:06
あ、それと100%自分が傷つかないなら

49 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 20:10:39
損という発想は正しいが、それでは得>損という事態になりうることを説明していない。
正常な精神を以てしても得>損にはなっている。事実社会的立場において上位の人間が、
損得によって人を殺しているからだ。

よってここは、一次的な怒りを抑制しえるものが、>>46で示される内容のものが、
可能性として示唆される恐怖が一次的な恐怖となって怒りを抑制するというのが正しい。

50 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 20:46:40
再婚で自分の人生をより有利にしようと考え、子供を殺す
保険金を得るために、完全犯罪を試みる、バレないと考える
およそリスクと得がバランスがとれるとの判断が殺人を可能にさせる
が、結果的には損をする。いわゆる判断ミス
相当の利益があり、罪を償わなくていいのであれば殺人は可能
たとえ数十万人殺すとしても、刑罰を処す政府機関を滅ぼしてしまえば
利益を得る場合に限り殺人は可能。それが戦争
正しい正しくないではなく、長期的に考えて損か得かの方が重要。





51 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 21:54:19
殺すという行為そのものに意味はありません。
したがって善悪や損得をもってその是非を論ずるのは無意味でしょう。



52 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 22:01:05
>>24
雄のゴリラは、血のつながっていない子どもゴリラを殺す。
なぜなら、子を持っていると、母親ゴリラが発情しないから。
逆に言えば、子どもを殺せば、母親ゴリラが再び発情をするから。

また、特に群の新ボスになったゴリラは報復を恐れる必要がないため
また、昔のボスの子の子どもが多いため
この子殺しを起こす確率が高い。

53 :訂正:2005/06/19(日) 22:01:56
雄のゴリラは、血のつながっていない子どもゴリラを殺す。
なぜなら、子を持っていると、母親ゴリラが発情しないから。
逆に言えば、子どもを殺せば、母親ゴリラが再び発情をするから。

また、特に群の新ボスになったゴリラは報復を恐れる必要がないため
そして、旧ボスの子どもは多いため
この子殺しを起こす確率が高い

54 :考える名無しさん:2005/06/20(月) 00:50:08
人類にのみ理性があるとするならば
自分の利益のために考えに考えぬいて
計画的に人を殺す行為は、理性的なのか
他の子供が天敵に見つからないように、弱って歩けなくなった自分の子供を
頭からガリガリ食べてしまう母親ライオンの行為は本能なのか
生活苦のため、自分が生きるために自分の子供を殺す母親の思考はなんなのか
今を生き、未来に賭ける行為とは
人間とは、動物とは


55 :考える名無しさん:2005/06/20(月) 04:52:11
何なのでしょーか!!(三枝風に)

56 :考える名無しさん:2005/06/20(月) 16:40:42
あのさ、自分が殺人して、100%バレないということは、
自分が殺されても 100%バレない可能性がありえる、
ということじゃないの。

57 :考える名無しさん:2005/06/20(月) 18:18:30
>>56
いいねえ、それ

58 :考える名無しさん:2005/06/20(月) 18:20:09
然り、然り

59 :考える名無しさん:2005/06/20(月) 21:01:54
板違いだが動物行動学の利己的遺伝子論的話題になっちょるな…
最大幸福原理での善悪基準てこと?

60 :考える名無しさん:2005/07/28(木) 02:22:09
あげ

61 :考える名無しさん:2005/07/28(木) 16:42:47
>>59
ちょっと違うのでは?

62 :自称神祇信仰者 ◆2LEFd5iAoc :2005/08/05(金) 16:39:55
自然には正義や善悪は存在しない。全ては人間が勝手に決めたこと。

本来人間と他の生物とで生命についてどれほどの違いが存在するのか?神の視点から見れば、あるいは科学的な
観点から言えば両者は全く同じではないか。虫たちにとっても命とはかけがえの無いものであり、死を恐れる気
持ちも変わらない。殺すという行為は対象が人だろうと他のものだろうと同じくらい罪の重い、あるいは全く普
通の行いではないか。

善悪と言うのは集団の中で、「集団の利益(自己満足含む)」のために、自然にあるいは意図的に(宗教とか道
徳とかで)構成員を洗脳することで作られた。そして「集団の利益」のために(EX自分が殺されたくないから)、
生命というものに価値を置き、生命を殺してはいけないということが決められた。しかしながら当然のことながら
全ての生命を殺さないなんて事は不可能である。そこで殺して良いものと悪いものを区別するために「ヒト」とい
う概念が生まれ、「ヒト」だけは絶対殺してはいけないと決められた。ここで問題となってくるのが、どこまでを
「ヒト」として捉えるかであり、当然のことながら集団の支配者に応じて決められていった。


63 :自称神祇信仰者 ◆2LEFd5iAoc :2005/08/05(金) 16:42:16
絶対君主の場合、「集団の利益」=自分の利益であり、「ヒト」というのは自分だけを意味し、人殺しも肯定された。
共和制になると、市民によって集団が構成されるようになり、「ヒト」は市民ということになったが、奴隷は「ヒト」
と判断されず殺人や売買も肯定された。大航海時代になっても、「ヒト」はまだ白人のみを表し、先住民族や黒人は殺
されても仕方が無かった。逆に彼らにとっては反乱を起し、白人を殺すことも正当な行いであった。現在「ヒト」は一
応全人類までに広がっている。しかし中絶胎児などでは「ヒト」かどうかはっきりと定まっていない。また戦争などの
場合も敵兵は例外的に「ヒト」から外され、殺人の対象となる。そして動物愛護運動の広がりによって、「ヒト」の範
囲と言うものが、サルや犬、鯨といったものにまで広がろうとしている。

善悪と言うものがこのように「集団の利益」に基づく洗脳によって決まっているため、集団が異なれば当然基準も異な
ってくる。そして自分たちの信じている正義と異なる正義をもった集団に対して、(洗脳されているため)嫌悪感を示
し争うことになる。

「自然には正義や善悪は存在しない。全ては人間が勝手に決めたこと」
この認識が無い限り、倫理の論争は永遠に続くことになる。

64 :自称神祇信仰者 ◆2LEFd5iAoc :2005/08/05(金) 16:43:17
まとめ
なぜ「ヒト」を殺してはいけない?→「集団の利益」のため
勝手に殺せば?→殺してはだめと洗脳されているから、普通は殺さない。
(戦争などで)洗脳が解けると殺すこともある。

反論があればお願いします

65 :THE グル :2005/08/05(金) 23:08:14
いいですか、
この手のスレは、
哲板でもたびたびよく見かけますが、
たいした議論ではないと思いますがね。
これもよく申し上げることですが、
なぜ「人」を殺してはいけないのか?という質問自体が、
そもそも質問として不完全なものであり、
命題の形を成していないため、
こんなものに回答を当てはめようとすることが欺瞞なんです。
これを正しく直すならば、
なぜ、味方を殺す必要があるのか?なんです。
どうかしましたか?

66 :考える名無しさん:2005/08/05(金) 23:11:41
人間同士が対立することがある以上、敵を殺してもいいという状況が発生するのは
やむをえない。世界全体がひとつの国家になって殺人や死刑が禁止されれば、絶対的に
人を殺してはいけないという状況になるかもしれないが、現状はそうではないので
絶対的に人を殺してはならないということにはならない。

67 :考える名無しさん:2005/08/05(金) 23:19:11
>>62-63
上出来だよ、カリクレス君

68 :考える名無しさん:2005/08/05(金) 23:41:50
「洗脳」という概念を仲介させる必要がようわからん。
「洗脳」言いたいだけちゃうんかと。

69 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 00:42:12
>>65
味方とはずいぶん抽象的すぎではないか
隣人が味方であるのか 家族が味方なのか
日本以外で住んでいる人だって味方なのか
時事で変動する価値観では返答にならない

つい、カッとなって。 よく聞く言葉

こういう板で戦争時の特殊的精神状況を
持ち出すこと自体良くわからんが >>過去のレス

70 :THE グル :2005/08/06(土) 00:54:30
>>69
いいですか、
この場合の味方とは、
当然のことながら、
自分にとっての「味方」なんです。
これは、
きちんと命題になっておりますから、
なぜ、人を殺してはいけないのかというような、
不完全な命題は退けなければならないんです。
まあ、
同じようなことは何度も申し上げておりますので、
具体的な論理的な詳しいご説明過程を割愛して最終的な命題の形を、
いきなり書いてしまいましたから、
ちょっと見ただけでは、
その意図するところが、
ご理解できない方がいらっしゃるのも無理はないんですがね。
どうかしましたか?

71 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 01:05:08
「なぜ味方を殺してはいけないのか?」

なんで???

72 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 01:07:43
詳しいあなたに聞きたいが
味方を殺す必要があるのか?と言う質問に
今まで回答できなかった理由は何であると思うのか

自分にとって利益がないと人はヒトを殺さない。
それに対して少し違うとは思うが

73 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 01:35:03
厳密には「利益があると予想しないと」だが。
別に殺人に限らない。

74 :THE グル :2005/08/06(土) 01:50:49
>>71
いいですか、
ごく簡単にご説明申し上げますと、
「なぜ、人を殺してはいけないのか?」という問いには、
この対象となる「人」が具体的に定められていないため、
それが「可」であるとか、
「否」であるという立場をとることが出来る様な命題になっておらず、
対象となる「人」が、
自分を今まさに殺そうとする敵であった場合でも含まれることになるために、
そう考えて「可」にする場合と、
「人」を敵ではない誰かに設定して考える場合の「可」では、
意味するところが大きく異なることがわかるんです。
また、
「人」が自分を殺そうとする意思を持つ敵がいて、
身を守るためには相手を殺傷する以外に方法がないときに、
それを選択したとしても当然この選択には道理が合うため、
問題(設問)として扱う上で「人」に敵を当てはめることは除外されるんです。
つまり、
「なぜ、敵を殺してはいけないのか?」という質問としてふさわしくないということになります。
そのため、
「なぜ、人を殺してはいけないのか?」という質問は、
「なぜ、味方を殺してはいけないのか?」という命題の形で聞いているということになるんです。
どうかしましたか?

75 :THE グル :2005/08/06(土) 02:04:06
>>72
いいですか、
>味方を殺す必要があるのか?と言う質問に
>今まで回答できなかった理由は何であると思うのか
とおっしゃっておられますが、
今まで多くの方が容易に回答できなかったのは、
むしろ当たり前でありまして、
問題自体が間違っていることに気づかず、
「なぜ、味方を殺す必要があるのか?」ではなく、
「なぜ、人を殺してはいけないのか?」の設問の方で考えてしまっていたために、
回答する人々の立場やその対象を絞ることが出来ず、
いつまでたっても問題自体に正対できなかったからというのが、
その理由であると考えられるんです。
どうかしましたか?

76 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 02:21:36
>>72
>味方を殺す必要があるのか?
味方殺しだからじゃないの?

77 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 02:31:37
つまり これは世論としてどうであるのか ではなく
やはり人の内面に対してだ うん 哲学

友人がある行動をしようとしていて
それに対して彼にとって損失が大きい場合に
説得して止めさせようとするよね

自分に対して損得がなくても行動することがある
また それは信頼が大きいほど
期待も大きいわけで こうであってほしいという感情が生まれる
期待の大きさ如何で 殺人はありえると思う

それは違う?

78 :THE グル :2005/08/06(土) 02:39:10
いいですか、
たいしたことではありませんが、
>>74の文章の18行目に脱字がありましたので、
付け足しておくんです。
>「なぜ、敵を殺してはいけないのか?」という質問としてふさわしくないということになります。
は、
>「なぜ、敵を殺してはいけないのか?」という問いは質問としてふさわしくないということになります。
なんです。
どうかしましたか?

79 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 02:49:32
命に関すること以外に、命を扱うということが帰結するのかということだ。
命に関することでないならば、命にかんすることが帰結しないように思われる。
どのような事柄から、命を扱うことが帰結するのか。
命を奪うこともできるし、命を奪うこともできないと考えられるのではないか。

80 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 02:59:00
>>79
どこかの教科書のコピー?
他人にもわかるように説明してください

81 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 03:08:33
>>80
出来事が原因を持つ、そして、その関係は或る法則に基づいている、
これらは認められるだろうか。

82 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 03:19:11
因果応報ですか。
つまり医者が適切な療養行為を行うことを外すと、
殺められる側に原因があり、その結果殺める人がいる。
それを表す法則があると?

83 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 03:27:05
>>82
すると、原因から考えると、殺められるものから、殺める人が生じる、と考えられる。
殺められるものから、殺める人が生じるという関係はどのような法則に基づいているのか。

84 :82:2005/08/06(土) 03:31:40
アンカー先はこっちでないでしょ

85 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 04:00:08
「人を殺さない、人を殺させない、人殺しを生む社会をつくらない」
こんなスローガンができてもいいんじゃないでしょうか?
by人殺し反対派

86 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 04:24:01
>>85
人殺しは誰でも基本的には反対だよ
非核運動とは違うから
ただ、一般化というか 肯定されだすと
そういうスローガンもできるかもしれない

ここには人殺しはしない と言いながら
飲酒運転をしてる人はいないと思うけどね

87 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 04:50:35
ここはポアについて議論するスレ

88 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 05:24:22
ポアンカレ?

89 :自称神祇信仰者 ◆2LEFd5iAoc :2005/08/06(土) 12:55:42
>>68
なぜ洗脳と言う言葉を仲介させるかと言えば、そうするしか説明のしようがないからです。
人間は単純に自己の利益によってのみ行動しているのではなく、善悪とか良心といったも
のが大きく影響しています。例えば蝶とか飛蝗とかを殺してもなんら不利益はありませんが、
かわいそうだからと殺すことをためらう人も多いはずです。そしてこの善悪の基準を教える
という行為が洗脳であり、別にそれ自体は悪い行いではありません。幼いころから繰り返し
人命の大切さを教え込み、また「ヒト」を殺すと罰せられると脅すことで洗脳し、善悪の
基準を作り上げているのです。軍隊に入り人間を殺すことを肯定されたとしても、それ以前
の洗脳が解けていなければ罪悪感に苛まれることになりますが、新たな洗脳を受け入れたな
らば平気で人間を殺せるようになります。

なぜヒトを殺してはならないかと言えば、人間がそのように決めたから。
そしてそのように洗脳して、洗脳された人間はまた新たな人間を洗脳していく。
「ヒトを殺してはならない」という教えは、ある意味最も世界に広まった宗教
であるともいえるのです。

90 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 13:35:29
結論

社会的にはNO
社会の規律を離れればなんだってOK

これ以上に言うことはないだろ

どうしてあまり殺人をしないのかというと、社会の規律以外には、
血を見たり、もがき苦しむ姿を見るのがキモいから。以上

91 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 15:46:16
>>89
>人間は単純に自己の利益によってのみ行動しているのではなく、善悪とか良心といったも
ようわからん。

自己の善悪とか良心といったものは自己の利益そのものじゃないの?




92 :自称神祇信仰者 ◆2LEFd5iAoc :2005/08/06(土) 16:50:18
>>01
確かに良心的な行動をとることによって自己満足を得るという意味では
自己の利益であるといえます。その場合でも、その良心の基準は洗脳に
よるため結局は同じです。

93 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 17:05:08
人が家畜を殺して食べるのは家畜より勝ってたから。人が虫を殺して捨てるのは虫より勝っていたから。
だけど、他の生物より勝っている強い人間ばかりではない。
弱い人間というのもたくさんいる。(頭が悪かったり、力がなかったり、障害を持ってたりetc..)
普通ならそんな人間は他の生物に殺されるか強い人間に従うかしかないのだけど(またはのたれ死ぬか)
ここで登場するのが「人を殺してはいけない」「すべては平等」などのルール。

これにより強い者の力を押さえて、弱い人間がたとえ他の生物よりも劣っていても
「他の生物より強い人」というグループに安心して入ってられるし、グループ内でも強い人に殺されることもない。
だから障害者やクソガキなど、どんなに弱くても「人」として牛や鳥を食し、虫を殺すことが出来る。

殺してはいけないというルールは弱い人間が人間として生きるために必要なものの一つ。


94 :凡人:2005/08/06(土) 17:43:04
人は地球上の生物で尤も下等な生き物、何故なら全てを産み育ててくれた
大切な地球を食い荒らすだけの生物、人間は全てを思いやる知能を備えた
生物です。人は誰でも人間だとの思い込みで生きています。正解は人間の間
の抜けた人間、つまり尤も下等な生物で有ることにも気が付かない人と言う
生物です。
他人の痛みも意識できぬ程、哀れな人は同じ人の中でも尤も下等な存在です。

95 :自称神祇信仰者 ◆2LEFd5iAoc :2005/08/06(土) 18:12:56
>>93
「弱い人間」が本当に弱い訳ではありません。一人一人の力が弱くても
団結すればかなり大きな力を持つことが出来ます。「弱い人間=民衆」
が数の力で法を支配することにより、「強い人間=殺人者」を抑えてき
たのです。

>>94
確かに人間も他の生物と同等の存在であり、両者を区別するものは人間の
優越感だけです。しかしながら、そのような人間優位主義が別に悪いわけ
ではありません。人間とその他を全く区別すること無く暮らしていける訳
ありません。同様に自分と他人を全く平等に見ることも不可能であり、他
人の痛みを自分の痛みと全く同等に意識して生活していくことはできませ
ん。このように自己と他者、味方と敵を区別することは、必要上不可欠な
ことであり、仕方のないことです。まあ自己満足程度に他人を思いやる気
持ちをもつことも社会人としては必要なことですが…。

96 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 18:20:34
>>94
地球を大切にしなければ下等になるのか?
地球を食い荒らすと言うけどどんなに荒れようと地球は地球だ。
「荒れている」とかの基準は人の作った価値観。
大切にするというのも基準は人の作った価値観。

97 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 18:29:18
>>96
井戸にゴミを捨てる奴は馬鹿だよ。


98 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 18:32:11
他でもない、このように表現できないだろうか、
我々は地球を大事にしたい、明確に意識していないのだけれども。

99 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 19:03:51
地球を破壊することで間接的に人類自信を破壊するから
地球を破壊したらいかんのでしょう。移住先があれば別だけどさ。

100 :考える名無しさん:2005/08/07(日) 01:44:48
人間は他の生物と比較して行動の幅が広い
これは遺伝子レベルにおいて変動が起きてるとは考えられない?
多くの人は知能があるから、順応性が突出しているからと考えてはいるが

科学者でも解明できていない、あるいは公表できない劣等遺伝子が
掛け合いをしている事実あるのならば その解を得ることは難解と感じている

原始的といわれるいくつかの欲求
それさえが劣等遺伝子の持つべき形とするならば
我々自身が種の絶滅の引き金を引くのも 近い将来にあるのかもしれない

101 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 07:10:53
そもそもこの問題は命題なのかい?
真か偽しかないのかな

102 :ぬえ:2005/08/22(月) 16:46:19
下等も何も、人も自然。
ヒトのものさしだけではかるな。

103 :凡人:2005/08/22(月) 18:41:53
地球と言う大黒柱を蒙昧意識の欲望がノコギリでゴリゴリ
と切っているのに知能を育てて止めないと崩壊しませんか?

104 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 22:58:04
そもそも「いけない」とは何だ?

105 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 23:03:08
倫理・道徳・躾・法・美意識

106 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 23:28:31
それじゃわからん。
わかった気にはなるが。

107 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 23:41:19
予想される報復が利益より大きい場合であろう。


108 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 23:45:37
>>104
禁止の意志表示。

109 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 01:09:33
法律があろうがなかろうが、
損得勘定があろうがなかろうが、
皆、平気で人を殺せるわけではないと思う。

平気でないということは、
殺すということは特別なことというわけだ。

110 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 09:17:47
人を殺してはいけないという教育を受けていなければ
平気で人を殺すこともあり得るのでは?

111 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 09:19:58
アフリカの少年兵は平気で人を殺す。毎日の仕事のような感覚だそうだ。


112 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 09:28:30
要は、教育・躾けでFA?

113 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 09:39:45
最初から「戦争の時には敵だけ殺していいですけどそれ以外は殺してはだめですよ」と教えた方がいいのかもしらん。


114 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 10:13:43
これは戦争ですよから教えるのかい?

115 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 10:17:34
今の教育はルソー式の「自然=善、文明=悪」の図式で教えているが、
「自然=悪、文明=善」の図式で教えたほうがベターだと思われるよ。
世界中にはまだまだ戦争(内戦)をしている国があります、日本は平和で
よかったですね、と教えるのはいいような気がする。そうすれば国連で
「校則が厳しすぎる」と訴えるような日本の少年少女もいなくなるかも知らん。


116 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 10:24:22
屠殺場の壁がガラス張りだったら、人々はみな、ベジタリアンになるでしょう。 ポール・マッカートニー
「仏教」「地獄絵図」ってキーワードで検索してみてください。
というよりしてほしいと思う。
ひよこはオスだとわかると数十匹袋に入れられて圧迫されて叩き殺される。
食肉される牛は最後涙を流すこともあるらしいです。
片脚を鉄のチェーンで縛られ逆さまに吊るされ、宙に浮く。悲鳴を上げる。
牛は自らの重い体重を支えられず、吊るされた脚は脱臼し骨が
バキとへし折れる音が解体場に鳴り響き、
牛の頭は人間が持ってきた解体する大きなまな板のよな台に首が乗って目は充血し、
パニックになり鳴きつずける。人間はノコギリのような刃物で首に切れ目を入れ、
その瞬間に動脈が切れ大量の血が滴る。。
・・・生きてる鶏を吊るして羽をむしりとり首を切って、
中には動脈でつながり意識ある鶏を熱湯に放り投げフタをする。
俺このサイトみてから改心した。「牛の作文1、2」ってコーナー見て
人間は戦争をやめろだとか平和を願ってるけど、
家畜の動物たちに待ってるのは地獄。安楽死させてると思ってた。
もしくはガスの中で意識薄れていく中で死んでいってると思った。
だけど、現実はそうじゃなかった。涙というよりショックで肉食べれなくなった。。
人一人がベジタリアンになると80の命が救われるらしいです。
俺は宗教あんま信じてるほうじゃないけどそんなんじゃなくて
普通にベジタリアンになろうと思った。
俺が食べないことで少しでも殺される数が減っていることに
なるならいいやなんて思った。。グロテスクな映像は見なくていい。
命ってなんなのか。文章だけでも読んでほしい。
ここを覗いた人が何かしら家畜たちに対して感じてほしい。
国道16号線を走っていた時、赤信号で止まって前のトラックの隙間から見えた
牛と目が合った。大きな瞳がすごく潤んで見えた。。
それから16年間肉は食べていません

って書き込みに泣いてしまった。

117 :109:2005/08/25(木) 00:39:30
人を平気で殺す人がいないとは言い切れない。

が、私はこう思う。
「人を殺していい」と教育(言葉でだけとは限らない)を
受けるから、殺せるのだ。(例えば、戦争・宗教・仕事・・・)

試しに、そこらの野良犬か野良猫を殺(そうと)してごらん。
(誰もそれを罪には問えないから安心して)
あなたは平気かな?

118 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 07:18:01
だから、
なんにも得しないから人は人を殺さないんだって
牛や鶏は食えるから殺す、犬や猫は食えないだろ
殺して食べなくても、毛皮が高く売れる動物は殺すだろ
ゴキブリやカラスは食えないけど殺したほうが環境にいいだろ
鯨を食べたり利用する人は殺すけど、食べない人は殺さないだろ
人を殺してなんになる?なにか得なことある?
そりゃあ、その人がエボラウィルスに感染してたら殺したほうがいいさ
誰にも止められない殺人狂や数万人を殺した独裁者なら殺したほうがいいさ
それは殺したほうが得だから、当然殺すべきもの、殺すことが善となる
それ以外に、人を殺したってなんにも得することなんてないじゃん
ていうか、人を殺そうとしたら反逆されて自分が傷ついたり
自分が逮捕されて自由を拘束されて損するだろ
だから殺さない、損するから殺さない
逆に、人を殺したって逮捕されずに、周囲からも罪に問われず
それなりの富や名誉を得られるなら率先して殺す
ようするに、それが戦争
最終的に得になるという確証があるのなら別に殺したっていいんだよ
ただ、通常は得にならないから殺さなだけなんだよ
根本的に良い悪いの問題じゃないんだよ


119 :THE グル :2005/08/25(木) 19:40:17
いいですか、
論旨が絞れてないですね。
どうかしましたか?

120 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 23:33:52
いいじゃん。別に。

121 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 23:39:15
ニンゲンというのは、
ヒトという動物=構造物が備えている、
環境を制御するための機能なわけだ。

他人を殺すということは、
ヒト構造物を破壊するということだが、それは、
そのヒト自身が持つ人間や、関係者である人間にとっては、
自分たちが制御している環境を侵害される行為に他ならない。

したがってこれは、所有権の侵害と同じ問題だ。
それも、最も重度なやつ。

国家には、ヒトを保護する義務がある。
だから、ヒトを破壊する行為を放置できない。
場合によっては、ニンゲンによる自身のヒトを破壊する行為、
自殺さえ抑制してかまわない。

欧米の場合、違う理由で、
自殺が禁止されてたりするが。

122 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 23:40:23
訂正:ヒト自身が持つ人間→ヒト自身が持つニンゲン

123 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 23:51:19
一神教徒が言うには、
ヒトは神の所有物なんで、
勝手に処分しちゃいかんのだとさ。


創造主の所有権侵害になるんだろな。
んで、自殺未遂は死刑だったりする時代もあったと。

親切なんだか、なんなんだか・・・。

124 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 23:54:16
人間は人間を殺して脳を食べていた時期もあるんです。動物を食べたほうがマシ。その程度です。


125 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 11:21:50
基本的人権剥奪の刑
ってのをつくりゃいいじゃんw

126 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 11:26:22
>>125
それってただの奴隷制じゃん。


127 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 11:34:56
>>125
同感。

>>126
因果応報というか自己責任だと思うが。
あ、殺人とか強姦とか他人の人権を著しく侵害した場合ね。

128 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 11:54:58
リンチ禁止→復讐禁止→死刑禁止(?)ってのが法が発達する流れだからね。


129 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 12:01:17
>>128
なんでそれが「発達」なんだ?

130 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 12:03:31
>>129
復讐の連鎖が拡大する度合いがだんだん小さくなるように発達するんです。


131 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 13:21:58
(法的な理由)
殺人がおkならば世界は殺し合いの恐ろしい世界になり、
安心して散歩もできない、そんな社会になるから
だから安全な社会を作るために法律で禁止

(道徳的な理由)
人の利益を永久に略奪する、たとえ後で後悔しても
とりかしのつかない行為であり身内を大変に悲しませ、
不愉快にさせる大変迷惑な行為だからである


132 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 13:41:55
>>126
いや、そこら中に良くいる珍しくもない動植物と同じ扱いw。
どうしようが誰からも非難されないし、関心も持たれない。
法律、条令にも違反しない。
邪魔な雑草や、うざい蝿と同じ存在と見なされる様になることです。

133 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 13:47:20
>>132
白人がインディアンを人間とみなさなかった時代の様だな。
そういうのは文化的なものだから、犯罪を犯したかどうかとかいう
人工的な基準では定着しないんじゃないかな?もっと、貧乏人の
DNAはなくなってもいいとか、大雑把な基準じゃないと。


134 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 13:56:13
殺人(戦争含)は人が地球上で暮らす限り無くなる事は無いでしょう。
なぜなら人の遺伝子を残す為には殺人(戦争)が必要だからです。
人口調節機能だからです。
人が増えすぎたのです。
世界全てのシステムを変えなければなりません。
地球を去らねばなりません。

135 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 14:04:27
まあ、事の是非はさておき、話を広げすぎでは?

136 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 14:33:03
殺害場である必要があるのだろうか。

137 :考える名無しさん:2005/09/06(火) 23:05:38
誘導

どうして人を殺してはいけないのですか?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1126001287/

138 :考える名無しさん:2005/09/06(火) 23:26:04
>>137
スレが先に立った方が優先です。
そちらは削除処理されますので移動してください。

139 :ゾンビ:2005/09/07(水) 15:26:26
そもそも何故殺す必要がある?
人の命を奪ってまで手に入れたものなんか俺はいらねーよ。
そりゃー日常で「死ね」とか思うこともあるけど。
そんなことをして残るのはなんなんだ。


140 :考える名無しさん:2005/09/10(土) 01:12:10
「いけない」という言葉は、誰かが誰かに禁止を要請する言葉。
要請を無視しうるかどうかは関係無い。

「殺してはいけない」と発しているのは社会。そしてそれに従わ
ない者には制裁を加える。ただそれだけのこと。これが『いけな
い』ということ。

なぜ社会がこのような要請を構成員にするかと言えば、殺人な
どの集団を乱す行為が頻発すると社会が不安定になるから。

この殺人等の行為を排除しようとする衝動はヒトの本能でもある。

ヒトのように集団を形成することで生存確率を上げてきた生物は、
仲間を攻撃する行為が頻発すると、集団の維持が難しくなるため、
これを抑制する本能が備わっている。

141 :考える名無しさん:2005/09/10(土) 01:13:33
この観点から考えても、「万人の万人に対する闘争」を「社会契約」により
終了させる話は、生物の歴史の一面を比喩的に表現した話だろう。

ただ、これが行われた時期としては、原始人の時代当たりを連想してしま
いがちだが、実際はもっと古く、無脊椎動物が群生し始めた時期、あるいは
単細胞生物がコロニーを造り多細胞生物へと形態を変えていく時期まで
遡るのだろう。

142 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 17:31:58
単細胞生物がコロニーを造り始めた時期に、「生存性を上げよう」と誰が考えたの?

143 :141:2005/09/10(土) 19:42:20
>>142
考えていないよ。
単に生存性が上がったから、生存し続けただけ。

144 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 20:09:58
>>1
レベルが低すぎます。

145 :141:2005/09/10(土) 20:26:02
つまり、こういうことだ。
   ○=●      __________
  ●===○   /
 ○===( ゚Д゚ )< 仲間を殺しては行けないぞゴルァ!
 ●====○  \
 ○====●     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ●====○
  ○===●
   ●=○
    ○●
    ●○  __________
   ○= /
  ( ゚Д゚ )< 井戸に落ちた子供は助けろやゴルァ!
 ○===\
 ●==== ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ○====●
 ●====○   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ○===( ゚Д゚ )< 寝る前に歯磨けやゴルァ!
   ●=○     \__________
    ○●
    ●○
   ○=●
  ●===○
 ○====●
 ●====○
 ○====●
 ●====○   __________
  ○===●   /
   ●=( ゚Д゚ )< また来週〜♪
    ○●    \__________
    ●○
   ○=●

146 : ◆GUGENiOq0w :2005/09/10(土) 20:28:48
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1117195172/24

147 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 20:29:10
SIGはテロ組織です。全国各地で迷惑行為、犯罪、テロを行っている創価、公明(ex.オウムの地下鉄サリン殺人、坂本弁護士一家殺人)
改革と称してかんじんなところは何も変えられない。今度の郵政改革もつめが甘い。
明日の選挙ではどんなことがあっても絶対にテロ団体公明に汚染された自民党には投票しないようにしましょう。自民、公明に投票すればあなたもテロリストと同じです。
創価の尊師池田が朝鮮部落出身です。「間違いない」なんていってる奴の存在自体が間違い

148 :考える名無しさん:2005/09/19(月) 00:34:33
某ドラマより引用
何かを殺すことで、そのことを悲しむ何かがいる。
その何かを悲しませる権利なんて誰も持っていない。
だから、殺してはいけない。

だってよ。


149 :考える名無しさん:2005/09/19(月) 03:34:41
私たちは直接「人を殺しちゃいけない」と思ってないような気がする。
ただ、刑務所に入るのが嫌だからとか、殺したあとの周りの態度が嫌だぽい
とか、殺したあとに自分の良心が痛んで不愉快な思いをするのが嫌だとか
そんな理由で二次的に「人を殺しちゃいけない」と思ってるだけで。
故に、死刑になるのとか、世間の目とかが気にならない人なら
その人にとって「人を殺しちゃいけない」とか思わないんだろーなぁ。


150 :考える名無しさん:2005/09/19(月) 04:04:55
>>140
同意します。
僕もそう思う。

151 :考える名無しさん:2005/09/19(月) 10:02:07
>>149
当人が思うか思わないかって、関係あるの?

152 :考える名無しさん:2005/09/19(月) 16:57:50
>From: [1000] 考える名無しさん <>
>Date: 2005/09/19(月) 16:49:43
>
>結論「人は殺してもいい」

      ,一-、
     / ̄ l |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ■■-っ < んなこたぁ〜無い
    ´∀`/    \__________
   __/|Y/\
 Ё|__ | /  |
     | У  |


153 :考える名無しさん:2005/09/19(月) 16:59:30
どうして人を殺してはいけないのですか?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1126001287/
の次スレはここではありません。念のため。

154 :考える名無しさん:2005/09/19(月) 17:02:57
    ∩
    _( ⌒)     ∩__ 
  //,. ノ ̄\   / .)E)
 /i"/ /|_|i_トil_| / /      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |ii.l/ /┃ ┃{. / /     < カタイこというなよ。
 |i|i_/''' ヮ''丿i_/       \_____
 i|/ ,ク ム"/ / ボイン
 |(  ヽ -====-\
 ゞヽ     三  ) )) ボイン
   \ヽ      ノ

155 :考える名無しさん:2005/09/19(月) 17:32:46
損得勘定で語るなら殺人は大いにアリ
というのはニュースを見ればわかる。

156 :考える名無しさん:2005/09/19(月) 22:08:25
>>155
どういう論理だ。それ。


157 :考える名無しさん:2005/09/19(月) 23:57:10
損得勘定が殺人の動機になる例はありふれてるってことだろ。

とりあえずお前ら、いっぺん阿久津先生にシバかれてこい。

158 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 00:04:22
>>157
そのことがこのスレの議論と何か関係あるの?

159 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 00:07:50
>>158
得になるなら殺してもいいってことでそ

160 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 00:08:10
シラネ

161 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 00:09:20
>>159
ある人がある行為を「得になる」と考えて行った場合、
必ずその行為はその人の得になるの?

162 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 00:15:15
>>161
そんなわけねーだろ。

163 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 00:15:23
>>161
この場合、行為を為す瞬間にどう思っていたかしか問題にならない。
大抵は、後悔するだろう。

殺人ではないが、三億円事件の犯人なんか
どうなんだろう? 笑いが止まらないかもねw

164 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 00:23:31
>>162
となると、仮に「得になるなら殺してもいい」が真だとしても、
>損得勘定が殺人の動機になる例はありふれてるってことだろ。
は、「殺人がいいかわるいか」とは無関係ということになると思うのですが。

>>163
>この場合、行為を為す瞬間にどう思っていたかしか問題にならない。
為す瞬間には、いくら「得になるだろう」と思っていたとしても、
実際には得をしていないのではないですか?
つまり、その場合は「得になるなら」という前提条件を満たしていないのでは?

165 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 01:13:24
>>1
正義ならOKかもしれない…

166 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 01:24:59
得が何に基づいているのかということでしょうか。
善いということが殺人の動機になることがある。
この場合、善いと考えているので殺したのだ。
或る場合には、善いから殺したとしても、
他の場合には、殺し損ねて苦しんでいることもあるのだ、
死んだらそれまでと思うこともあるだろうが、実際には、様々な条件が
考えられるでしょう。場合によっては、ひどく心苦しいことがあり得る。
そこで、全く善かったのかと疑問に思うわけです。
このような条件では善いのだが、別のことでは善からずというようなことが
あり、善いは個々の場合の動機になるのかと考えるでしょう。
そこで、最もなことを用意しておくと、そこから他のことが考えられるというのでしょう。
最も得であったり、共通する得なんてものが考えられるのか。

167 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 01:42:46
死に掛かっているので、見ていると心苦しいから、自殺し給え、
なんなら手を貸してあげようと考えられるのでしょうか。
君は自分の命を大事にし過ぎている、それだから、私も君の命大事に
巻き込まれて大変な思いをしている、何故、そんなに自らが大事なの
かねと考えるわけです。それとも、この世にそんな法などあったのか
と考えるわけです。或は、自らが命を大事だと考えているからなのか。
目の前で苦しまれるものから変化を強いられる場合があるのだ。
自分のところのものからきっちり引導を渡してあげようということも
あんまり回数が重なると、そんな確かなことがあるのかと気付いてし
まうわけです。

168 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 01:51:02
安楽死、尊厳死の問題か・・・

169 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 01:58:11
殺すと言うのは、楽をすると言う事に繋がる。
みんなが楽を求めていたら社会は発展しない。
それだけの事。
戦争も同じ。
人と人と言うスケールが、国と国になっただけ。

170 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 02:01:04
ご飯が食べられるから戦争に行くということがあるようです。
得というと、何から始まっていることなのかということが明ら
かであると、道徳に関わる必要があるのかを考えられるのでは
あるまいかということであり、安楽と尊厳ではない。
ご飯を食べなければならないのだが、殺すのも心苦しい、
多様なことをどうするのかを考えると、生命を大事にしている
のだから、殺すということを含み得るが、そんなことをしない
ということもあるのだ、ということでしょう。それを考えるに
は、最もなものを考えておくことで、必然のところまで行かず
とも解決することがあるのではあるまいか、ということ。

171 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 19:05:11
>>166
>得が何に基づいているのかということでしょうか。

もちろん、違います。
この場合、得そのものが何に基づくものであろうと、
どのようなものであろうと、あんまり関係ありません。
「ある結果を期待してある行為をすること」
と「その通りの結果になること」は同じかどうか、という話です。

「得になるなら殺してもいい」という前提が仮に成りたったとしても、
「得になると意図して行為すれば必ず特になる」が真でない限り、
「得になると意図した殺人はいいこと」は真になりません。

あなたが、「善いと考えているので殺したのだ」といったことが、
このスレの議論といくらかでもかかわりがあると主張なさりたいのならば、
「善いと考えているならば必ず善である」を証明しなければなりません。
そうしないと、「得になるなら殺してもいい」と、「善いと考えているので殺したのだ」は、
つながりませんから、意味の無い発言でしかありません。

172 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 19:16:02
>>163
警官の制服を着ていたので、誰も中身に注意を払わなかったという事件ですね。
犯人は結果に利益を出したのか、ということでしょうか。

>>171
この考え方だと、声を出すということで考えている通りのことになるようですね。
目から映像などを出し、他人に見せる能力は生まれ付き無いので、そのようなこと
はできません。

173 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 19:24:13
誤爆?

174 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 22:22:39
親戚に人殺しを勧められている人は
どうするのだろう?
http://blog.oricon.co.jp/ykukuca/archive/140

175 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 22:40:18
>>174
どうするって何が。

176 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 23:38:10
進化の産物だよな
なんでも進化論で説明できるって

177 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 00:03:21
よく 戦争の話になるけど、大体兵士の話でしょ。
でも「人殺しして良いのか?」
って問われないといけないのは、兵士じゃなくて戦争を始める
事を決めた人だと思うんだけど。

あと、損得の話じゃないよね。やっぱり。
気持ちが生き物を殺すことを嫌悪しているじゃない。
でも、それは教育のせいなのかな?
元々持っているものだと思いたいけどね。

178 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 00:06:11
気持ちが働くことを嫌悪してるから、働かなくていいですか?

179 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 00:09:44
労働から嫌悪されてる、というのが実態だろ

180 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 00:10:00
仕事しないと、ごはんが食べれないからさ。
少しくらい嫌でも我慢するかな。


181 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 00:15:04
中国奥地の労働者は時給30円で真面目に働いておる。

182 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 00:17:50
じゃあ、いけないかどうかと
嫌悪するしないって関係無いじゃん。

183 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 00:34:16
働くのが嫌なのと、殺すのが嫌なのって一緒じゃないと思うよ。


184 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 17:39:51
なんだかんだ言ってこの手のスレは地道に続いてるね

こんなん見つけた
ttp://homepage3.nifty.com/logical/column107.html

背理法を使って人を殺してはいけない理由を説明してる

185 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 18:13:14
君の鼻の先の毛穴は黒ズミが沢山ある。
僕が搾り出してあげたいんだが、暫く身を任せたまえ。

186 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 18:23:33
左右の指で間に挟み、
根元のところであるならば、
先ず皮脂の棒が、
次いで紡績工場の糸のような動物性の油が出る、
僕は君が化膿してさぞ痛かったろうと共感していたのだ、
君の鼻から飛び出している糸の長さだけ、君の不満は解消したのだろうし、
僕は清々しいいい気分だ、
少し痛いだろうけど、
君の為になることだ、何故なら、そんなものが体に善い訳があるのかい、
だから、僕のすることに我慢しなければならないのだ。

187 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 18:45:27
>>183
どう違う?

188 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 20:14:32
>>184
全然説明できてないね。

「人類全てが滅んでしまう」ことがなんで矛盾なんだ?
なんの説明もなく、まったく論理的でない。


189 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 22:23:56
誰かに殺されると思っていると夜に寝れないからお互いに殺され
ないように殺すのは良くないと決まりをつくった。

190 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 22:32:36
なぜわれわれは人を殺してはいけないと感じるのだろうか

答えはDNAだよな

191 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 22:34:45
【社会】中学生、ビルの谷間に住む子猫を親猫の前で踏み殺す…山口・下関★3
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1127300713/


192 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 22:37:18
>>190
酸が何か?

193 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 22:48:40
>>192
DNAがわれわれの感じ方を発現させているってことさ

194 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 22:57:56
>>193
その意味では、毎日の食事も我々の感じ方を発現させているんでは?

195 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 23:00:37
>>194
それが何か?

196 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 23:02:14
>>195
ということなら、
>>190
は、「答えはこの世界にあるなにかだ」程度の意味しかないということ。

197 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 23:03:43
>>196
もっと論理的に語ってください。

198 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 23:06:11
>>197
論理的に何か不足してますか?

199 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 23:09:24
>>198
というか、論理的に何も無い
まず、>>194が何を言いたいのかわからん。

200 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 23:09:38
殺されたくないから殺さない

201 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 23:14:08
殺すことには、すでにかなり重く多様な意味連関が付きまとっている。
たとえば、法律ね。
それを背負い込みたくないから、殺さない。

202 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 23:16:12
>>199
「酸が」われわれの感じ方を発現させているといえるのであれば、
糖分もたんぱく質もビタミンも、われわれの感じ方を発現させていると
いえるのではないかということですが?




203 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 23:24:16
>>202
酸ってDNAのことか?

DNAが食べ物(糖分、たんぱく質等)に対する感じ方(味覚)
を発現させているというのならまだ話がわかるが、

>>糖分もたんぱく質もビタミンも、われわれの感じ方を発現させていると

というのはどういう意味だ? 詳しく説明してくれ

204 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 23:33:05
>>203
>酸ってDNAのことか?
変なことを質問されますね。
>>193 - >>194
の流れで、それ以外だと解釈できますか?

>というのはどういう意味だ? 詳しく説明してくれ
ですから、感性や味覚を持つ我々の体の成り立ちには、
>> >>193 がいうような一種の酸も含め、
そのほかのたんぱく質や糖分など、さまざまな物質がかかわっていますよね?

それらの物質のなかの一つである一種の酸が、
感性や味覚を持つ我々の体の成り立ちにかかわっていることをもって、
その物質が感性や味覚を発現させているといえるのであれば、
それ以外の感性や味覚を持つ我々の体の成り立ちにかかわっている物質も、
その物質が感性や味覚を発現させているといえるのではないか?

という話です。


205 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 23:41:15
>>204
すまん、ちゃんとした日本語で論理的に語ってくれ。

206 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 23:44:29
>>205
ええと、じゃあ、順を追って確認しながら説明しましょう。

まず、人間の体が作られる過程では、たんぱく質や糖分、
そのほかさまざまな物質が必要なことはご存知ですか?

207 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 23:45:47
>>204
>>>>193 - >>194
>>の流れで、それ以外だと解釈できますか?

まあ、糖分やたんぱく質、ビタミンと並べられちゃ、食酢かなんかだと解釈しちゃうわな。

208 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 23:56:10
>>207
なぜですか?
糖分やたんぱく質、ビタミン、食酢と、>>193 の言う酸には、
そんなに大きな違いがあるのですか?

209 :考える名無しさん:2005/09/21(水) 23:59:57
>>208
なぜって? 
酸を食酢と解釈したらなんか問題があるのか?

210 :考える名無しさん:2005/09/22(木) 00:02:12
   ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧
  ( (-( -( - ( -д( -д)
  (つ(つ/つ//  二つ
ハァ─) .| /( ヽノ  ノヽっ ─・・・
   ∪∪とノ(/ ̄ ∪

                ∧
 ((  (\_ ∧ ∧ ∧ ∧ Д)っ
   ⊂`ヽ( -д-) _)д-) )  ノノ
  ヽ ⊂\  ⊂ )  _つ
スゥ──(/( /∪∪ヽ)ヽ) ノ ──
      ∪ ̄(/ ̄\)

     (\  ∧ ∧   カッ
      < `( ゚Д゚)
       \ y⊂ )
       /    \
       ∪ ̄ ̄ ̄\)


211 :考える名無しさん:2005/09/22(木) 00:35:43
>>209
食酢の話をしているときなら、なんの問題もありませんね。

212 :考える名無しさん:2005/09/22(木) 00:46:47
太陽が眩しくて殺したという話もあるから、酢の物が酸っぱ過ぎてというのも
あってよいかも。

213 :考える名無しさん:2005/09/22(木) 00:48:07
そういえば最近、やたらと酸っぱい物が食べたくなるのですが・・・・。

214 :考える名無しさん:2005/09/22(木) 00:50:31
おろした方がいいかも?

215 :考える名無しさん:2005/09/22(木) 00:51:42
大根?

216 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 07:36:36
>>194>>204
DNAはわれわれを作る指示書であって
食事のようなわれわれの体の材料、もしくは感覚器への外界からの刺激ではないよ

217 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 09:44:50
>>216
「酸」を「指示書」というのは、紙やインクを「哲学書」といったり、
合成樹脂や金属薄膜を「プログラム」というようなものだと思いますが。

そのような存在である
(つまり、単に、「我々の感じ方」のもととなる、我々の体の成り立ちに、「関与している」だけである)
「酸」それ自体が「指示書」であって、「我々の感じ方を発現させている」と

いえる(そのような解釈が妥当である)のであれば、

同様に、我々の体の成り立ちに、「関与している」だけである、
たんぱく質や糖分も、「我々の感じ方を発現させている」といえるのではないか?

と申し上げているのですよ。

218 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 10:09:13
DNAは個体によって異なるがたんぱく質はどの個体でも同じ
指示書と材料の違いがわかったかな?

219 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 10:15:10
「DNA」が個体によって異なるのですか!?

遺伝子DNAの塩基配列はもちろん異なりますが、
DNAそれ自体が異なるものであるとしたら、
交配のメカニズムは現在の学説では説明しきれないのではないでしょうか?


220 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 10:21:23
>>219
延期配列が異なるってことだよ
それくらいつっこめるなら>>217にもつっこんでね

221 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 10:25:16
>>220
しかし、「我々の感じ方を発現させている」のは、「塩基配列」じゃなくて「DNA」なわけでしょう?


222 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 10:27:35
>>221 の 補足

 >>193 が主張するところでは。


223 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 10:30:50
>>221
クラスとインスタンスを混同してるんじゃないの?

224 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 10:31:46
>>223
誤爆ですか?

225 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 10:59:37
>>224
誤爆じゃないよん

226 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 12:06:22
>>225
関連がまったく不明ですが・・・。
クラス、インスタンスというのは、それぞれ何のことを指していて、誰が、それらを混同しているというお話でしょうか?
また、それらを誰かが混同しているということが、今の議論とどういった関係があるのでしょう?

227 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 12:17:54
殺してはいけないとは書いてないからなあ
人殺すとタイーホとは書いてあるけど

228 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 12:40:45
>>227
藤木先生のご霊前に謝れ!

229 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 12:53:57
なんで藤木英雄先生をあえて取り出したのかはわからんけど、たしかに刑法学的にみて>>227はあまりにもヒドイ。
ただ小室直樹も『痛快憲法学』で「人を殺してはいけないとは書いてない」と言ってるし、こういう誤解をする人は多いのかもしれない。
でもそれは淋しいこと。

だいたい刑法制定時に「人を殺してはいけない。人を殺した者は・・・」「他人の財物を窃取してはいけない。他人の財物を窃取した者は・・・」
などといちいち書くと、文章が長くなり不体裁なので「一般人の普通の読解力によれば、刑法が刑罰に処せられるような行為を禁止していることは明らか」であるからあえて書かなくてもいいということになったもの。
現代人は普通の読解力も持っていないのか、といいたくなる。

通説によれば刑法に行為規範性があることは当然に認められていることであり、刑法は「人を殺してはいけない」と言っているのである。
法的にいけないことだから刑罰が科されるのであって、価値中立的なものに刑罰が科されるはずがない。

230 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 13:44:34
なんかいつになく盛り上がってるな

231 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 14:08:06
「すべからく」祭り以来かな。

232 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 16:30:59
>>229
じゃあ敢えて聞こう

なんで人を殺しちゃいけないの?

233 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 17:16:04
刑法レベルの話をしてるわけだから、刑法レベルの話をするよ。

生命法益を保護するため、殺人罪規定が置かれている。

234 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 18:42:09
                                 ,rテ7"ヽフヽ、- ュ 、  l l | |
                            , ,;:: 彡,r"''"⌒ゝ l゙`ヾ、 ` ゙ ` ミ ミ コ彡 ,, - ‐ ニ
                        | |r ''"=''" (-t''"くニゝ、 l .lヽ、==,、= =≡ '' "゙ | | |
                         | | | |    ヾ‐'     \ヽ リヽf´i゙トヽ. ヴァアァアァアァアァ
                                 \  //   \ ヽノリ゙r、! tゝ
                                  \(0  、、  \ く i l,r'"`ヽ >>1
                                   \  \_,, \`"(_,ノ \
                                  ,f⌒ヽ\,/´    \ \    \
            ,......,,,,、,..、_                ゞ- '′ ,ヘ、    ゝ、 \    \
          ,:ィ":::::::::::::::ヽ ヽ ̄`゙`ヽ、           \.  ,i `゙>‐ '' "´    ̄ \、,,.  )
     ,r''"~`゙`":::::::::::,r=''''''ヽ  \   ゙ヽ,,__          \,i  く、 _,,,,,,. - ‐ ''"^`○'"
     /:::::::::::::::::::::::::/     ノ`ヽ、ノ、   i__`ヽ、         ,i\ri-ノ
   ├ '⌒'ヽ::::::::::/      f  (0)\`ーく´  ` ゙i,        ,i′ ゙′
    l、    \リ      ヽ (0)   ヽ、    /        ,i′
   /`ヽ.-、  ノゝ- -テ‐ ''' (0)、    ヽ.   ,f′       ,i′
   /   i ,,.r‐<, i,  (   (0) `ヽ、  ヽ  `ヽ.       ,i′
  ,i′ ,y"   ゙i, t  ヽ.  (0)   ヽ  ゙i    ゙i        ,i′俺ハ俺デ色々ヤッテイルノサ
  l   /      l 人   ヽ(0)     ヽ ノ     l       ,i′
  i  i′   i  l ,/ ヽ、 (0)ヽ、     Y,  r=く-rュ、 , -、,i′
   t 丶 ノ ゙i, ,〃   `(0)  ヽ., ,r- ,..、t_, //lfハ ⊇) rテ"⌒)、

235 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 18:53:53
                ,.ィ'^)
              ,r'"t /,.ィ'"~)
            , -'=⌒):'^´ヽ,/_                     ,,. --―-- 、
          / (、,.ィ"、,,.r',.ィ'"´  )                 /;;;;;::::;;;;;;:::;;;;;;;`ヽ、
         /t__ /~´i  /'i´ ,>''´                /;;;:::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;゙i,
        ,/  ノ-‐ '^'ー〈__,ノ´                  ,/;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;゙i
        /`ー'" _,,..    フ                   i;;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::;;;;i
         l  ,.r '"  -‐ 'イ  ,. -‐ 、             /`il;::::;;r'"゙゙`ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::;;;l
        ト-' ,:''"´   ,ノ-‐'^ヽ ,,ノ             frュ/r‐ ' 、   ``''ー ''"ヽ、;;::::;;l
        l  ,,. - テ'"´ ゙) ,r''"              l (lj´  ヽヽ  )i r ''    );;;:::;リ
          l  :'′ /      /                 ヽl  、=='テ、 //  ,,..   ヽ;;;/'^i
          !     t,__ ,,.ィ'"                  l、  `'・=ヲ^T"し く,.,,_,,.   )ハノ
  ,r--―一゙iー-‐ '"´ / f、                   rj.|ヽ、ー'",、! ノ_ ト='・'- ,f,.ィ'"
  /.       l    ,'  ノ,)             __,,.. --一/ti ヽハ  ''y-、',.) ヽ  _,ノ( ポッケットノ
. /    ,.r-┴- = -‐'" i′   _,,,... -― '''"´      l tt, ゝf ,,,.,.,.'ー'´  ,rτ'ノ ノィ′ ナカカラ・・・
(_,,.:ィ'"         ')   /'´                 l ヽヽl゙i, ゙t`ー゙''ゝ ,ノノ''´/ ''ト:、,_
. `ヽ、           i  / ゙̄ヽ              t,  ヽヽヽ `゙゙´ノ´,,. = '" ,,ノ   ゙`'‐:、,,
  lヽ           l  /   ヽ              ヽ  `ヽ`二´="  ,./


236 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 21:19:07
バキ?

237 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 21:31:25
>>217
DNAを「酸」というのは、「哲学書」紙やインクをといったり、
「プログラム」を合成樹脂や金属薄膜というようなものだと思いますが。


238 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 22:47:48
>>219
>>「DNA」が個体によって異なるのですか!?

異なるよ。

>>遺伝子DNAの塩基配列はもちろん異なりますが、

ほら、異なっているやん(w

239 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 00:52:25
第一問:共通項と止揚の特徴を述べよ

240 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 02:50:29
>>237
なぜですか?
DNA は酸の一種ですが、哲学書は紙の一種でもインクの一種でもありませんよ?

>>238
>異なるよ。
では、なぜ、交配が可能なのですか?

>ほら、異なっているやん(w
あなた、DNAと塩基配列の違いを知らないのですか?


241 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 06:12:24
指示書と材料の違い自体まだ理解できていないようだね

242 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 06:33:02
>>240
>>DNA は酸の一種ですが、哲学書は紙の一種でもインクの一種でもありませんよ?

なぜですか?
哲学書は、紙とインク以外の何なのですか?

もし、紙に染込んだインクの形状の配列に特別な価値を見出しているのであれば、
その生物毎にユニークな塩基配列を持つDNAに価値が見出せないのはなぜですか?

243 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 06:41:54
>>240
>>>異なるよ。
>>では、なぜ、交配が可能なのですか?

ご自分で勉強なさってください。議論と関係ありません。

>>あなた、DNAと塩基配列の違いを知らないのですか?

【ディーエヌエー 5 [ DNA ] ⇒デオキシリボ核酸(かくさん) 】
〔deoxyribonucleic acid〕遺伝子の本体。デオキシリボースを含む核酸。
ウイルスの一部およびすべての生体細胞中に存在し、真核生物では主
に核中にある。アデニン・グアニン・シトシン・チミンの四種の塩基を含み、
その配列順序に遺伝情報が含まれる。
^^^^^^^^^^^^^^^↑^^^^^^^^^^^^^^^^^^

通常DNAと言うときは、その塩基配列で記述される遺伝情報を含むものを指します。




244 :飛べないカラス:2005/09/24(土) 10:39:00
人間コピー機を作って、それで作った自分のコピーを殺すのはいけないの?

245 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 11:23:29
>>244
誰にも知られなければ無問題ですが、
無意味です。

246 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 12:03:49
自分の赤ん坊を人知れず殺すのと、どこが違うのだ。

247 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 12:44:02
ラガー「まず人間のコピーが人間かどうか、自分のコピーが自分かどうか決めようぜ!」
ジーパン「なんじゃこりゃぁ!」

248 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 13:26:07
中絶は殺人ですか?

249 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 13:26:34
>>243
>ご自分で勉強なさってください。議論と関係ありません。
ええと、まともな本で勉強すると、地球上の生物のDNAは全て同一の物質で、
同種の間では交配が可能で、そのメカニズムも有る程度解析されており、
それはまさに、個体が違い、塩基配列が異なっても、DNAは共通であるがゆえに可能であるということがわかります。
個体間でDNAが違う物質であるというあなたの主張は本には載っていないので、
あなたから聞く以外に勉強するほうほうがありません。

>通常DNAと言うときは、その塩基配列で記述される遺伝情報を含むものを指します。
その文章を読む限りでは、そういう解釈はできませんが。
遺伝情報は遺伝情報、DNAはDNAです。
岩波の文庫を構成する、紙とインクが哲学でないのと同じです。


250 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 13:59:28
>>249
>>ええと、まともな本で勉強すると、地球上の生物のDNAは全て同一の物質で、

それでは何故、全ての生物で交配可能では無いのですか?

>>240
>>>異なるよ。
>>では、なぜ、交配が可能なのですか?

あなたのこの質問は、DNAが同じであれば交配可能であることを前提にしてませんか?

251 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 14:02:56
人間の世界のルールでは殺すのはダメになってんだろうな。
人間以外の動物や自然界などでは生きるか死ぬかの弱肉強食の世界なんで、
殺しちゃダメなんて次元ののものじゃないからな。

252 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 14:04:49
>>249
あと、DNAの解釈については、あなたの文章読解力にかなりの問題がありそうですね。

通常、会話の中でDNAという単語が出てきた場合、その遺伝子情報のことを指しています。
このスレの中でもあなた以外の人間は、そう意味で書いているでしょうし、読む方もそういう
意味と解釈して話を進めています。

独りよがりの解釈を押し付けて、無意味に議論を混乱させることが目的でしたら、あらし行為
以外の何者でもないので、ご遠慮していただきたいですね。

253 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 14:16:28
>>250
>それでは何故、全ての生物で交配可能では無いのですか?
塩基配列があまりに異なる場合は無理ということですね。
DNAが個体間で全て異なる場合は、塩基配列以前に、
必ず全ての個体間で交配不可能でなければならないはずですが、
現実の世界はそうではありませんよね?

>あなたのこの質問は、DNAが同じであれば交配可能であることを前提にしてませんか?
もちろん、前提にしてませんよ。

>通常、会話の中でDNAという単語が出てきた場合、その遺伝子情報のことを指しています。
ああ、つまり、DNAと遺伝情報の区別がつかないような人たちの会話で使われるような意味で、
使ったということですか。





254 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 14:16:50
幼稚園児の相手も大変だな(w

255 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 14:18:45

あらしはスルーの方向で対処したほうがよくないか?

256 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 14:23:50

きっと、COもCO2も同じ物質なんだろうな
彼にとってみれば(w

257 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 14:40:53
>>253
やはり、あなたの日本語の読解能力に問題があったようですね。

このスレをもう一度、DNAという言葉は遺伝子情報も含むと、頭
にインプットした上で読み直してから、議論に参加してください。

DNAという言葉の定義について語りたいのでしたら、適切な板に
移動して、そこで議論してください。

258 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 14:44:43
遺伝子とDNAの区別がつかない人は、安全側を取って
遺伝子と言う言葉を使ったほうがよいとおもわれるよ。
たとえばRNAを遺伝子とするような生物もいるので。


259 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 14:54:34
>>257
ええと、「あなたは」、DNAを「遺伝情報」という意味で使ったのであったとして、
これまでのレスを読み返したとして・・・・。

結局、何がいいたいのですか?
つまり、(酸ではなく)遺伝情報が、このスレのテーマとどんな関係があるのですか?


260 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 15:02:08
>>259
さあ? 

それは、そのレスを書いた人に直接聞いてみたらいかがですか?



261 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 15:09:16
>>258
確かに。そうすれば、君のような日本語のスキルが欠落したバカも湧いてこないだろうしな(w

262 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 15:16:05
>>260
つまり、DNAを「遺伝情報」という意味で使う「あなた」は、
特にこのスレのテーマについて発言していないということですね。

じゃあ、DNAをそのような意味に解釈して過去レスを
読みなおさなければならない理由はないように思いますが。

263 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 16:52:21
>>262
みんなに説明をしてもらって「DNA」という言葉の使われ方が理解できたようだね
おめでとう
最初のところを書き直してみるとこうなる

>>190
> なぜわれわれは人を殺してはいけないと感じるのだろうか

> 答えはDNA(遺伝子情報)だよな

>>192
> >>190
> 酸(DNA:遺伝子情報)が何か?


>>193
> >>192
> DNA(遺伝子情報)がわれわれの感じ方を発現させているってことさ

発現というのは一種の化学作用なので遺伝子情報という「概念」を指す名詞よりも
DNAという「物質」を指す名詞のほうがニュアンス的にしっくりくるんだけど
それはさておき論点と提示したのは以下の2点

一つはわれわれは殺人をいけないと感じているということ
そしてそれは発生によって実現されているということ

264 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 16:59:06
>>263
でも、 それは「あなたの」解釈ですよね。
ほんとうのところがどうであるかについては、あなたが、>>260 で教えてくださったように、
>>190 が答えてくれるのを待ちますよ。


265 :257:2005/09/24(土) 17:16:40
>>264
>>260は私ですが、>>263は私じゃないので、念のため。

>>>>190 が答えてくれるのを待ちますよ。

そうですか、ごゆっくり。

でも、そもそも>>190の内容をあなたが誤読してレスをつけたことから議論の混乱が
始まっているようですので、まずは読解力が無くて頓珍漢なレスをつけてしまったこ
とを謝って上で、改めて>>190に直接、問いかけて見てはいかがですか?




266 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 17:17:55
人を殺していけないスレから誘導されますた

ここはミチューリン主義の話?

つまらん!




267 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 17:25:05
何故害虫は殺してよいのに猫はだめなの2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1089429641/
自殺の是非について
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1094015857/
【NO?】殺すというのは【OK?】part2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1112587103/
中絶は、殺人である。死刑。
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1126017098/
自殺は殺人である
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1123406039/
人は殺すことは幸福になりうる
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1101804704/
殺人を悪とするのは自明のことではない
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1127238686/
どうして人を殺してはいけないのですか?2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1127472365/

268 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 17:30:26
>>265
まあとにかく、あなたは、>>190 ではないのでしょう?
あなたの「解釈」はわかりましたが、それは、わたしと、>>190 の問題ですよ。

>>259 - >>260 を読む限り、あなたは、
このスレの議論については何もご意見をお持ちでないようですから、
そのあなたが、他人の発言の解釈の問題だけをとりあげて、
ここで論じるのは場違いだと思いますよ。


269 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 18:24:11
>>1
重複につき誘導

どうして人を殺してはいけないのですか?2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1127472365/

270 :190=263:2005/09/24(土) 18:43:43
>>264
わかりにくくてスマソ
おれが190だよ
>>265氏を含め他の人は正しい理解をしているよ
わかってないのはあんただけだと思うね

>>269の誘導スレに移動したほうがいいのかな?

271 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 18:59:43
>>269
おまえ、 1の日付も見れないのか

272 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 18:59:53
>>270
じゃあ、>>259 の質問に答えてください。

273 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 19:05:53
>>271
どうして人を殺してはいけないのですか?→2週間で1000
【NO?】殺すというのは【OK?】part2 →5ヶ月で170

274 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 19:07:09
やあ、君、一人でよくがんばったね。

275 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 19:10:29
>>267多いなw

最近盛り上がってるけどなんかあったのかい?

276 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 19:18:56
>>272

君、君、その前にゴメンネは?

277 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 20:21:48
>>276
誤爆ですか?

278 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 20:57:10
往生際が悪いなぁ(w


279 :190=263:2005/09/24(土) 21:50:02
>>272
>>263に書いたけど?

> それはさておき論点と提示したのは以下の2点

> 一つはわれわれは殺人をいけないと感じているということ
> そしてそれは発生によって実現されているということ

280 :190=263:2005/09/24(土) 21:52:09
「それはさておき論点として提示したのは以下の2点」
でした
「として」が抜けていたよ

281 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 22:01:41
言語はどこから発生し発現しますか
デオキシリボ核酸はどこから発生し発現しますか
生命はどこから発生し発現しますか
世界はどこから発生し発現しますか
宇宙はどこから発生し発現しますか

体のしくみ(たとえば腕は反対側には曲がらない)により殺人の禁忌が規定されたりすんの?
血中pHにより殺人の禁忌が規定されたりすんの?
セロトニン優位型により殺人の禁忌が規定されたりすんの?
筋肉質により殺人の禁忌が規定されたりすんの?
臓器記憶により殺人の禁忌が規定されたりすんの?

笑止・・・

282 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 22:12:07
>>281
一体、何が言いたいの?

283 :190=263:2005/09/24(土) 22:14:17
>>281
外部刺激に対する反応は神経回路によって規定されているということで
いいと思うけど

ちなみに「発生」「発現」というのは生物学の用語なんで
たぶん君が思っているのとはちょっと意味が違うと思うよ
念のため

284 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 22:22:16
同じ刺激が同じ反応を引き起こすワケじゃない。
一杯目のうどんと二杯目のうどんが異なるのは明らかだ。

285 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 22:31:18
190=263だけどまた名無しに戻るなり
>>284
そうだね否定はしないよ

286 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 22:31:54
遺伝子と、殺人はOK/NGとが結び付かない

287 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 22:36:00
>>286   つまり、こういうことだ。
   ○=●      __________
  ●===○   /
 ○===( ゚Д゚ )< 仲間を殺しては行けないぞゴルァ!
 ●====○  \
 ○====●     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ●====○
  ○===●
   ●=○
    ○●
    ●○  __________
   ○= /
  ( ゚Д゚ )< 井戸に落ちた子供は助けろやゴルァ!
 ○===\
 ●==== ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ○====●
 ●====○   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ○===( ゚Д゚ )< 寝る前に歯磨けやゴルァ!
   ●=○     \__________
    ○●
    ●○
   ○=●
  ●===○
 ○====●
 ●====○
 ○====●
 ●====○   __________
  ○===●   /
   ●=( ゚Д゚ )< また来週〜♪
    ○●    \__________
    ●○
   ○=●                            判った?

288 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 22:40:39
持続的な貧困や不遇が犯行への敷居値を下げるのはわかりやすい。

289 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 22:43:44
ヒトがヒトを殺さないのは本能。

例えば『高いところで足がすくむ』、『ヘビやクモに嫌悪感を感じたり』
と同様なレベルの原始的なもので、脳内にこの機能を持つ回路が形
成されていると考えた方が自然でしょう。(あるいは、動物や昆虫が、
毒々しい色のキノコを食べることをためらうのと同じレベルの話?)

もちろん、どちらも育った環境や、訓練次第では克服することができる
程度の本能だけどね。


290 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 22:52:44
共通に具わっている土台を壊してしまおうと考える人がいるのかということのようだ、
これが無くなると、全ての自分が達成することが崩れてしまうということでしょうね、
例えば、支配や財産や正義や友情などでしょう。
この共通のものが否定されると、死人を支配することになるわけであり、財産を産出
することもなくなり、正義は言葉の綾であり、友人という人も無になるようだ。
他人が自分に対する信頼の足元を崩してしまうと、その人はその上に何事かを築き得
るのか、ということでしょうか。
それだけであり、そんなことを望む人は何かの間違いに違いでしょう。
そういうことで、やらないんじゃないの。

291 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 23:02:50
他人を虐げたり、尊大になりたいというのも分かる部分もあるようだが、
それは生きている人間にするものであり、死んだら死臭が蔓延して後始末
が必要になるようだ。とても肥沃なところであると、そのところから生み
出される財産の分だけ余剰が出来たり、耕作者が来るでしょうけど、人が
死んだら稼ぐやつもいなくなるのでそれをやってもしょうがないってこと
でしょうね。引越しとかなら分かるでしょうが、あの世への引越しとも行
かないでしょう。

292 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 23:09:08
>>289
   ━ ┃┃  ━ ┃┃     ━
ミミ ━      ━     ━━
ミミミ━━┛╋┓ ━━┛╋┓   ━━┛
ミミ    _____   彡彡彡彡彡彡
ミミミ  /  / \|/ ヽ \   彡彡彡彡彡
   /  /|  0|∠ |ヽ ヽ、    彡  ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
ミミ. |   |\ `−○-´ /| |      <
ミ  |  /|  |\ 三|三/| | |   _  < 遺伝子組み換え装置
ミ  |  | |_|__|\_|/|  |__| |  |_|  <
   | | |  | | ̄ | ̄| ̄| / /  (___ ノ  ∠
ミ __ ヽヽ\_/ ̄\___// / /    ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
ミ(___)−===(T)==   / 丿丿
 ヽ__   /人間力ヽ | /
       、  ,
      , -─- 、 ′
    /: : u:へ;;/ヽ\    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   /: : /: :| 。|。 |ヽヽ  ∫ こ、これを使うと…。
 ´ |: : i : u : :- ●- : : :|  ∠   ううん、考えただけでも
.   |.: :|:/\ 三 | 三 /:!   ∫   おそろしい。
 ′ ヽ:| : : : \_|__/:ノ    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    /━━━(t)━━i
   i  ___◯□◯ノ
   |  \ヽ二二ノ丿
    ヽ___/ ̄ヽ__i、
   └---┘ └--┘


293 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 23:10:12
               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
               |  人間力は?  |
               ヽ____  _ /
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ        ∨
    | 回収されたわ。|
    ヽ____  _ /      , -── 、
    , -、 /: :\ ∨        /____     ヽ
   /: : : ゝ┴─ '、        |⌒ヽヽ |__   i
.  |.: :./ , ── \        |・  | ̄ 6)  ノ
   |;/ / / ,,    ,,ヽ     d ー ′   \/
   |  |  (0l  _0) |      ヽ、_     l
   |  |     o) !         ∠二二ヽ
   ヽ、ヽ    ー┘ ノ         | i⌒ヽ |
    ┝━┯━o;┥       __|__|─ | |
    / \i __ i|.|      ⊂、  __ノ |
  @-(  ヽ◯,;;_ノ◯          ̄ |───|
    ('ゝ   )_)



294 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 23:41:08

 絵が増えたのは、日本語が不自由な人がいるから?

295 :じゃあ、俺も判りやすく:2005/09/25(日) 00:52:19
ヒトがヒトを殺さないのは本能。

例えば『高いところで足がすくむ』、『ヘビやクモに嫌悪感を感じたり』
と同様なレベルの原始的なもので、脳内にこの機能を持つ回路が形
成されていると考えた方が自然でしょう。(あるいは、動物や昆虫が、
毒々しい色のキノコを食べることをためらうのと同じレベルの話?)

もちろん、どちらも育った環境や、訓練次第では克服することができる
程度の本能だけどね。

   (     )          ゝ/     __ヽ
      | | |              /        | h 「ちょっと、ぶっ殺してくる!」
   , ── 、 __          i       |-||
 /         ヽ     /   ヽ      (|| | /^ヽ
/       /)ノ)ノ   //   \∧/   ノ /ヽノ
|      ///⌒ヽ   /   , ─/ ̄ ̄`─ ´ / ______/
ヽ     /)─|  ミ|      /  /     ,-─ ′ ─────/
∠   (| |.  ヽ__ノ>     ( ̄ノ/ 感情 /    −、        /
∠_ / ` /^\__ >      ̄ |─── |─┬┘ |───/
  ノ    (__          ヽ___ノ─┴ 、__ノ ̄ ̄/
 / ̄ ̄\┌─ ′ /^−、    -、_/  /_____ /
/ ̄ ̄ ̄⌒ヽ   (   丿  /   |  /─────/
        \  / ̄/   (__ノ ̄ ̄  //  /
 本能      \/  / 「いけません!」




296 :正常者:2005/09/25(日) 01:00:46
>>292 >>293 >>295

すばらしい。

297 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 01:01:32
まあ、本能で殺さないとしても、
本能でやらないことがかならずしもやってはいけないことかどうかはわからんしな。
火の使用をはじめとして、野生動物が本能的に裂けてることをやったおかげで、
今日の文明社会があるわけで。
まあ、文明社会自体を否定するような原理主義的な自然回帰主義の立場からいえば、
そのこともいけなかったことだった、ってことになるかもしれんが

298 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 01:22:50
原理主義的な自然回帰主義が間違っていると素直に認めろってw


299 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 01:28:02
とすると、本能でやらないことがかならずしもやってはいけないことかどうかはわからんということになる。

300 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 01:29:57
神(人智を超えた不可思議なもの)を畏れ先祖代々の知恵を尊重すればいいだけのことさ。



301 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 01:32:07
神(人智を超えた不可思議なもの)を畏れ先祖代々の知恵を尊重すればいいだけのことさ。



302 :じゃあ、俺も判りやすく:2005/09/25(日) 01:36:57
            「明日から殺人を解禁しようと思うんだ…」
                     ___, - 、
                   / _____)   _|_ l l .__|_ __
.                    | | /   ヽ ||    _|     |/   | 。 。 。
                    |_|  ┃ ┃  ||   (__    /|   ノ
 _|_ l l  __|_ __       (/   ⊂⊃  ヽ)        /  ̄ ̄ ̄ \
.. _|     |/   | 。 。 。 !   \_/  !        ( ( (ヽ      ヽ
(__    /|   ノ       ,\ _____ /、       | −、ヽ\     !
   ゝ/  ̄ ̄ ̄ \     /. \/ ̄\/   .\     |0  |─ |__   /  
   / _____ヽ    |  |  _┌l⊂⊃l  |  |    ┌ - ′  )   /
   | | /  ─ 、−、!    |  |  / ∋ |__|  |  |    ヽ   U  ヽ <
   |__|─ |   。|。 |    |  /`, ──── 、 |  |     ` ─┐  h ̄
   (  U` ─ o−i    ヽ /         \ .ノ_      .j ̄ ̄ |
    ヽ、 u┬─┬ノ / ̄ ./    U       ヽ- 、\    /   ̄ ヽ\
  // /ヽ─| | ♯|  /   i          U   | ..) ) \  i  ./   |\\
  | |  /  `i'lノ))┘/ , ─│        u    !-l⊂⊃l┐__ヽ__/\ / |   | |
  | |  |C |/ /| / ( (... .ヽ   u          /. |____|∈  __./ .|   | |
  |_|/ヽ、_/  ./   ` ─ /\           /ヽ      ̄ \-──| \|_|
   | |  |───/____i  l=======l  |_____ __\  |\ | |
   |/ ヽ── |______\  l二|^|二二|^|二l 丿______ |_丿 \|
  l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | |      | |.  | |   | |  | |         | |  ̄ ̄ ̄ l
   | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄.| |────| |.  | |   | |  | |.──────| | ̄ ̄ ̄| ̄|



303 :じゃあ、俺も判りやすく:2005/09/25(日) 01:37:32
              ☆         
          ☆               
                ☆       
                           
             ☆            
                           
               ☆       
                           
               ★☆     
                    ☆     


              , -.─.-. 、
               /_:_:_:_:_:_:_: : :\
      ____ l_─  _─  | : : :i
    //・|・\|、  ! |)|   |) | | : : :|
   //`-●− ′\| ` o  -´ ((_): :|
   / ─ |  ─   ヽ  -   ノ、: : :ノ  「あれ以来、星がきれいね…」
  _| 二. |  二    |>-、-_´ノ \´     
  (___|__    !へ  \二)⌒ヽ 
   ヽ         ̄ ̄ ( _  _   ノ|
    ヽ━6━━━━/⌒/⌒\  ̄  |
     | /___\ /  /     \   |
    , ┴ 、, ─ 、 ノ j/  /  丿   \__.|
   |   |   | ̄ /  /  / \    | : :\
   ヽ __ノヽ__ ノ(─(──-)\ ノ\  人: : : ヽ



304 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 02:10:00
>>303
なんか見えちゃいけない星まで見ちゃってないか?



305 :正常者:2005/09/25(日) 02:16:50
>>303
なんか感動した。
このドラえもんのAAを貼っている人、素晴らしい。

306 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 13:08:48
>>303
AAの表現力は凄いな、少女の悟りきった表情とドラえもんの
微妙な表情が対照的で絶妙。(まあ、AA自体はコピペだろうが)

でも、このネタ、わからんやつも多くないか?

307 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 13:25:03
確か文庫 「死の壁」 になぜ殺してはいけないか
書いてあったよ。
おおかた、
元に戻せないからだめとかだった。

308 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 13:28:37
想像や経験的なことからの比喩でなしに、死を前提に出来ていることなんてないからだ。
葬式を出すのは生きている人だし、死について考えるのも生きている人だ。
殺すなんてことは、死んだあとでも生きているように扱うってことなんだよ。

309 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 13:42:07
死んでしまったその瞬間から、生きている諸々の権利や扱いが無になり、
生きている仕方以外のものになるとすると、死の扱いをどのように知るの
だろうか。生きている以外のところで確立されている仕方があって、更に
我々のところのもの以外のものをどうにかして知っていることになるのだ。
だが、これらは一般的に知ることができないのだ。
知り得ない仕方で我々以外のものをどのように扱うのか、我々以外のもの
であるのだが、仕方というものを持っていないのであるまいか。
それらのことから、死は生きている仕方で扱うことになると考えられる。

310 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 13:57:27
>>306
わかんないよ。解説してよ。


311 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 14:56:57
>>310
死兆星

312 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 16:01:35
人を殺すことを許せば人を殴ったり、ものを盗むことも許されてしまう。そんなことになったらこの世はまともに暮らしていけるところじゃあなくなるから殺人は許されない

313 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 16:06:15
>>311
いや、そもそもあの女の子が誰なのかがわからん。


314 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 16:07:08
キル、マーダー、スーサイド、ブロークン

殺すのはオーケー?

315 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 18:08:33
>>304
いや、そんなことより、パンツ見えてないか?

316 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 19:26:27
新しい文字を作るということは文字に対する冒涜である、というのは本当ですか

317 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 20:08:15
釁韲湃閨犲

318 :考える名無しさん:2005/09/26(月) 00:24:55
http://media.excite.co.jp/book/daily/friday/020/

319 :考える名無しさん:2005/09/27(火) 17:13:40
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1127472365/l50

320 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 18:45:09
>>75
味方は生かしておいた方がいいことあるからだね。
それでも殺すのはその味方を生かしておくよりも、
殺した方がもっといいことがあるからだよね。
どうかしたので遅レスしたくなった。

321 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 20:48:15
俺は人を殺す準備ばんたん、本能は訓練でとっぱらう、
いやまてよ、本当に本能か?法律じゃなくて?
それとも法律がそうゆう回路を本能に作らすのか?、


322 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 20:50:10
義務感とか正義感とかのやらなくちゃ感だろ。

映画タクシードライバー見ろ。

323 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 21:09:04
義務感とか正義感とかで法律は出来ている、とされている、
ようするに似たようなもんだ、
そのために二時間の映画を
人に言われたからと見るつもりはない

324 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 21:16:20
殺害にいたる精神状況をたどることと、このスレのテーマに関係があるとは思えんが、

いずれにしても、殺人という行為自体には論理的な裏づけは無いだろう。
兵士として敵兵を殺すのは相手が敵だからであって、
兵士というのはそう行動するものであるから。
敵が出現してから、殺害の理由を考えてるようでは戦闘には勝てない。

325 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 21:25:21
このスレは戦闘に勝つことが目的なのか?
殺害の理由、敵だから、
言ってること矛盾してるぞ

326 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 21:29:19
だから、「殺害にいたる精神状況をたどることと」は、
スレのテーマに関係あるとは思えん、といってるだろう。

327 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 21:54:12
殺害にいたる精神状況をたどる事がこのスレと関係ないといっときながら
いずれにせよたどったのはアナタ、
”兵士として敵兵を殺すのは相手が敵だからであって”>”殺害の理由を考えてるようでは戦闘には勝てない”
というとんちんかんなことを言ったのも穴た
殺害の何たることがこのスレのテーマよ、
言ってみて、



328 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 22:07:47
だから誰も、「オレは辿らない」とは言ってないだろ。

「思えんが」 というのは、
「オレは関係あるとは思わない「が」、
 その話題で盛り上がってるみたいだから
 あえて(スレのテーマと関係ないことを承知で)付き合って言うなら」
という意味だよ。

329 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 22:30:04
子ロスはok

330 :考える名無しさん:2005/10/09(日) 10:13:37
どうゆうテーマだったら合ってるの、まだ答えてないよ。

331 :考える名無しさん:2005/10/09(日) 10:15:07
どうゆうテーマだったら合ってるの、まだ答えてないよ。

332 :考える名無しさん:2005/10/10(月) 08:32:04
スレタイって大事だな。わかりにくいとあっという間に埋もれていく。後から
出来たスレに追い抜かれて。

333 :考える名無しさん:2005/10/11(火) 12:21:19
人生楽ありゃ苦もあるさ〜♪

334 :考える名無しさん:2005/10/24(月) 20:31:54
続きをどうぞ

335 :高校生:2005/10/24(月) 20:58:46
だーかーらー
人を殺すことは人に殺されることと背中合わせ、だから人殺しはどこでもタブー
じゃあ動物は殺していいのか?
昔、黒人は奴隷として使われ、動物のようにあつかわれていた。
白人が白人を殺すのはだめ、
白人が黒人を殺すのはOKって時代もあったと思う。
ほかには、身分によっての差
貴族同士の殺しはだめ
貴族が平民を殺すのはOK
つまり人をころすとゆうことと自分がころされることは表裏一体なので
自分に近いものはころすことはできない。
白人は黒人を、貴族は平民を自分と全くちがう世界に生きている動物と
考えていた、しかし近年

336 :考える名無しさん:2005/10/24(月) 21:44:10
どうして人を殺してはいけないのですか?3
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1130157792/

337 :考える名無しさん:2005/10/24(月) 21:59:48
やはりルールが大きい気がします。江戸時代がいい例なのでは??

338 :考える名無しさん:2005/10/29(土) 06:16:48
なんかふと思った
好きすぎて殺したいって思うことってあるかもなぁ〜って。
独占したいのかなぁー
どこにも行かせたくないっていぅかさぁ・・・・・


339 :考える名無しさん:2005/10/30(日) 17:05:18
阿部定とかだな。

340 :考える名無しさん:2005/11/12(土) 02:46:22
似たスレがあるけどこっちのが先だよあげ

341 :考える名無しさん:2005/11/12(土) 03:54:07
自然人は法人の一種、
って考えたほうがいいわな。

自然人の権利を守るためには、
その自然人を機能させている構造である動物としてのヒト、
を、守る必要がある。

個人の意思とは無関係に、
公共の利益を守るためには、
自殺や自傷行為さえ、当事者の意思を無視してよい、
とか。

・・・思考の途中から書き始めたら、
わけわからんな。

342 :考える名無しさん:2005/11/12(土) 04:04:58
基本的に、我々、ニンゲンというのは、
動物の一種であるヒト構造物が持っている、
環境を制御するためのヒト構造物に従属する機能で、
その性質上、環境を支配して、操作したがる傾向がある。

んで、

本来は、ヒト構造物の従属機能にすぎないのに、
主観的には、自分というニンゲン機能が、このヒト構造物を所有している、
ように感じる。

つか、そういうふうに機能してる。

じゃあ、自分が支配してる体を、他人に壊されることを許容できるか、
あるいは、誰かが、別の誰かのヒト構造物を一方的に破壊することを容認できるか、
つったら、容認できない。

基本的な機能の傾向上、環境侵害に対しては、拒絶を示す。
場合によっては、自殺ですら。

343 :考える名無しさん:2005/11/12(土) 04:13:10
・・・あと、
窃盗とか、家宅侵入とか、レイプとかも、
環境侵害を受けたと感じれば拒絶反応を示す。

最近では、光が遮られてるだとか、
名簿屋が俺の情報をもってるだとか。

344 :考える名無しさん:2005/11/12(土) 04:18:33
殺す=自分が生きる

345 :考える名無しさん:2005/11/12(土) 04:20:01
この手の権利なんてのは、
時間がたつにつれて、どんどん増えてくに決まってるんで、
いちいち憲法なんぞに書き足すのは無駄。

基本だけおさえて、
あとは、個別に法律をつくればいいわな。

それと、
ニンゲンとしての権利を保障する一方、
ヒトを保護するルールも決めんと、

世の中は広くて、
自分の手足を切断したがる性癖のニンゲンも存在するし、
ヒトの形してなけりゃ、なにしてもいいかっつーと、
違う気もするし・・・って、

なんの話だっけ。

ああ、殺すことの可否か。
窃盗やレイプの親戚だわな。

そういや、たしか、
聖書にも書いてあった気がする。


346 :考える名無しさん:2005/11/13(日) 04:28:58
>>344
カルネアデスの板は、そういう「止むを得ない殺人」の典型だね。

347 :考える名無しさん:2005/11/13(日) 05:36:48
殺すのは格好がわるい
殺すのは格好がよい

殺すのは生きるため
殺すのは死ぬため

殺すのは楽しい
殺すのは窮屈だ

殺すのは楽にしたい
殺すのは楽になりたい

殺すのは怒り
殺すのは憐れみ

殺すのは得になる
殺すのは不利益

殺すのは
殺すのは


348 :考える名無しさん:2005/11/14(月) 11:57:00
/:::::::|/::::::::::|   ...|:::::|.i::::,,,---::::::::i:::::::i::::||:::iあっははは! なあに? この変なマンガ本の山は?
:|::::::::::::::::::::::i...ii  .i::::::ii::/.,,─-,,"ヽi:::::::i:::ii:::::|「おにいちゃん、もうダメッ……!!」って、何これ?
:i::,,-""""-::::i..i:i  |:::::::::::.i  .. i...i:::i:::::i:::ii:::::iあんた、いつもこんなの見て、その粗末なモノを一生懸命こすってるの?
i:i .,-""..ヽ::::ii:::i ..i"".. "..,,__丿ヾ:i::::i:::ii::::::|道理でイカ臭いわけだわ、このマンガ本。ページもガピガピだし。
i,,i |   ..|." ...i i         ...i::i::::ii::::::|どうせあんた、現実の女と寝たことなんてないんでしょう?
i::",,,ヽ ,,/   ii          ....i:::::i:::::::|こんな子供の裸見てオナニーなんて、人間として恥ずかしくないのかしらね。
::::::::""      i          ...|::::::::::::::i……あら、どうしたの。私に罵られて勃っちゃったわけ?
:::"        ..ヽ:::::::::::::      i::::::::::::::|幼女趣味だけじゃなくて、そっちのケもあるの? サイテーね。
ゞ        :::::::::.,,, --,,"    ,":::::::::::::|そんなサイテーなあんたは、せいぜいそこで一生しごいてなさい。え、何?
-".,,      --,,,"   ./    .,"::::::::::::::::l私にやって欲しいって? あっはははは、冗談でしょ? 私が? あんたのを?
::|::::ヽ       ."- .-"::::::::: /::::::::::::::::::::|誰がそんな汚いチンポに触ると思ってんの? 寝言は寝てから言いなさいよ。
::::i::::|:"--.,.,,,   :::::::::::::::::::::::::/:|:::::::::::::::::::::::iこうして見てあげてるだけで有難く思いなさい、ロリコン童貞!
::::::::::::::::::_,r-┤"--.,,,,,:::::::::::,-":::├、,:::::::::::::::::::lほらどうしたの。さっさと出せば? いつもやってるでしょ? あっははは!

349 :考える名無しさん:2005/11/14(月) 13:35:57
死刑論とかどう思うよ
http://blog.goo.ne.jp/saori-mauve/d/20051103

350 :重複につき誘導:2005/12/14(水) 19:11:48
新スレ立ちました。
移動お願いします。

どうして人を殺してはいけないのですか?5
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1134322234/


351 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

114 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★