5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ニーチェ 四

1 :伝説のあぼーん ◆AEROZYYyYM :2005/09/03(土) 20:59:48
ニーチェ
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1057392559/

ニーチェ 二
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1103805487/l50

ニーチェ 三
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1121174060/l50

96 :考える名無しさん:2005/09/10(土) 03:29:31
正直、あなたたちがなぜここまで熱くなってるのかまったくわからんw

16さんは「ニーチェが経験の無限性を「永遠回帰」という超越論的概念で定式化した、
という解釈」についてもっと詳しく書いてくれるとありがたい。
16さんに絡んでる人はほとんど揚げ足取りで、議論のための議論だけど、別にキリスト
教の偏屈な護教をしているとも見えない。
なんか意味のないケンカ。

97 :考える名無しさん:2005/09/10(土) 03:36:19
つまらぬ粘着はたしかに意味がないのでやめてもらいたいな。
哲学板にありがちなこどものけんかだ。

98 :考える名無しさん:2005/09/10(土) 03:42:38
こういう対応しかできない16にいったい何を期待してんだか
   ↓
41 名前:考える名無しさん 投稿日:2005/09/10(土) 01:06:37
>>38
>経験には無限の相がある、
どの経験に、どういう無限の相があるんだい?

43 名前:16 投稿日:2005/09/10(土) 01:11:56
>>41
この手合いは自分の認識の限界をその言表にすなおに反映させているので
ちょっとかかわりたくないな…


99 :考える名無しさん:2005/09/10(土) 07:29:25
<2ちゃんねる発不買運動>
以下の商品をよくチェックして覚え、買わない・類似商品で違うメーカーのものを選ぼう!
ただその製品が悪いわけではないのでイメージキャラクターが変わったら
今までどおりの御愛用をお願いします。

エイベックス所属アーティストのCM不買対象その1
<生活雑貨・化粧品>
●花王……… http://www.kao.co.jp/
 「ニベアボディ」/EXILE  http://www.kao.co.jp/products/nivea/item00.html
●ライオン……… http://www.lion.co.jp/
 「Banパウダースプレー」/大塚愛 トップページから製品情報→CM情報→ビューティケア製品
  「植物物語ハーブブレンド」/大塚愛 トップページから製品情報→CM情報→ビューティケア製品
●ユニリーバ……… http://www.nipponlever.com/
 「モッズヘアー」/hitomi  http://www.mods-style.com/
●資生堂……… http://www.shiseido.co.jp/
 ボディーソープ「クユラ」/観月ありさ http://www.ft-shiseido.co.jp/product/brand/kuyura/index.html
●マンダム………http://www.mandom.co.jp/
 「ルシードエル」/安室奈美恵 http://www.lucido-l.jp/index.html
●コーセー……… http://www.kose.co.jp/
 「VISEE(ヴィセ)」/安良城紅 http://www.visee.jp/
 「ファシオ」/BoA http://www.kose.co.jp/cosme/fasio/

100 :ニヒリスト撲殺隊 ◆uZSRkf9Mko :2005/09/10(土) 13:12:33
キリスト教の神とはブサイクである。
神が病人や罪人を愛するのは神を作り出したのが病人や罪人だから。
ニーチェはブサイクに死を宣告したのだ。
ブサイクがニーチェを持ち上げるのは自己破壊的である。
ブサイクは生命エネルギーを浪費も放蕩もできない。
ブサイクのそれは、レープなど犯罪しかない

101 :考える名無しさん:2005/09/10(土) 13:37:24
>>100
おまいさんは容姿以外のところのルサンチマンがひどすぎるよ。


102 :考える名無しさん:2005/09/10(土) 14:11:22
哲学徒同士の舌戦をもっとやってくれ。実力を測りスカウトし、他板へ喧嘩を売りに行かせる。

103 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 20:50:25
>>98
こんなことで怒って粘着したの?
そういわれても仕方ないんじゃない?
かなしい…

104 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 21:06:15
>16

名無しでsageで反論か


105 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 22:14:47
>>104
粘着きもっw

106 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 22:17:54
哲学板ではニーチェがはやってますな。
なぜ?

107 : .。.:*・゜&rlo;.。.:*・゜♦&rle; ◆W.VmDREAM. :2005/09/10(土) 22:49:39
>>104http://‫名無しでsageで反論か

http://もっと夢を…‥

108 :考える名無しさん:2005/09/12(月) 02:48:08
fsdgf

109 :考える名無しさん:2005/09/12(月) 22:45:24
議論の堂々巡りに永遠回帰を感じるよ
今言うこっちゃないだろけど
次回のスレタイは
【永遠回帰】ニーチェ【5巡目】
でどうよ

110 :考える名無しさん:2005/09/17(土) 13:30:06
ニーチェはハイネをかなり高く評価しているな。
でもハイネ自身は作品に自信が無くて回りの友達か誰かに評価を聞いてたりしてたようだが

111 :考える名無しさん:2005/09/17(土) 13:35:03
ニーチェは個々人が持つ形而上学を相対化し、いわばメタ形而上学を提唱した偉大な男さ。
しかしニーチェ主義者にはひどいのもいる。


112 :考える名無しさん:2005/09/17(土) 13:40:03
メタメタフィジックw ばーか


113 :考える名無しさん:2005/09/17(土) 13:45:26
>>112
物理学の場合は、原子で終わりと思ったら素粒子、素粒子で終わりとおもったらクォークとか、
別々に名前が付けられるのでやりやすい。哲学の場合も人類共通普遍の立場を考えるが、
個々の立場に名前を付けるのは難しい。なのであえてメタメタという名称を用いた。
クォークをミニミニ原子と呼ぶようなもので、不正確なのは承知だが、いい名称がないのでしかたがない。



114 :考える名無しさん:2005/09/17(土) 14:02:25
素粒子はメタ原子じゃねーからw
哲学内の個々の立場にはそれぞれだいたい名称があるからw

天然だな

115 :考える名無しさん:2005/09/17(土) 16:03:58
>>114
>素粒子はメタ原子じゃねーからw
ミニ原子って書いてあるじゃんよ。メタ原子じゃないって。

>哲学内の個々の立場にはそれぞれだいたい名称があるからw
名前が付いてるだけで関係があまりよく整理されてないと主張しているの。
ニーチェは、「俺の超人の考え以外の従来の形而上学は永劫回帰も含めて
すべてニヒリズムだ」、と主張したのであって。


116 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 12:47:00
>>109
スレタイセンスいいね

117 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 20:13:29
ニーチェってSEXは上手かったの?

118 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 08:32:05
>>117
淋病が脳に達した人の
テクなんて知ラネ

119 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 11:13:01
セックステクについては知らんけど、熱しやすく、そのせいで
モテないひとではあったみたいね。
1日前初めてあった女性に結婚を申し込んで振られたりとか。
そういうアホな自分自身を楽しむところもあったと思うけど。

120 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 11:38:47
たしか生涯で恋人が二人いたはず。
モテないっていうか、もともと女にそれほど興味がないんでしょ。
ツラトゥストラで「雌牛」とあげつらってるじゃん。

121 :【 淘汰圧 】:2005/09/25(日) 12:46:39
時に厳しい試練を与えながらも、ヒトをヒトへと導いた『自然の淘汰圧』、
これが擬人化されたものが創造主たる『神』なのではないだろうか。

これは特に、ひろく広まった一神教の神にその特徴を見いだすことができる。
「隣人を愛せ」「勤勉であれ」などの『神の教え』は、淘汰をくぐり抜ける
ために身につけるべき、生き物としての性質であったと考えることができる。

すなわち「一生懸命エサをとる」「仲間同士協調しあう」ことなどが、厳し
い生存競争を勝ち抜き進化を遂げるうえで要求されたのである。この遠い記
憶が『神の教え』として、人々の心の奥にしっかりと眠っているのだろう。

この自然のメカニズム、自分達を支配する目に見えない大きな力に気づいた
とき、生まれたのが創造主たる一神教の神だと考えられる。(一神教 >>122

一方、この概念を捕まえきれない段階では、この背後にある力に薄々気付き
ながらも、その表層的な現れである事象、山や太陽、海など個々の自然を信
仰の対象としたものと考えられる。(多神教 >>123



122 :【 淘汰圧 】:2005/09/25(日) 12:47:21
そもそもヒトは何故神を必要とするのか?

平たく言ってしまえば「苦しい時の神頼み」の対象として必要とするからだろう。

ヒトに限らず生き物は全て自然界の淘汰圧にさらされている。とりわけヒトは高
い思考能力を持つが故に、僅かな環境の変化や、偶然に左右される不安定な自ら
の立場を認識することができる。「一寸先は闇」。この精神的に不安定な状態を
少しでも軽減するため、何かに容赦を請わずにいられない。この容赦を請う行為
自体が精神を安定させる作用を持つ。

このとき、容赦を請うべき相手としては誰がもっとも適切だろうか?
当然、自分の生死を左右する力を持つ『自然の淘汰圧』そのものに直接お願いす
るのが一番だろう。自分たちを見張り、賞罰を与え、ある方向へと導く、目に見
えない大きな力。この自然のメカニズムにぼんやりとでも気付いた人間がいた。
それを擬人化して神に祭り上げた。これが一神教の神の起源だろう。



123 :【 淘汰圧 】:2005/09/25(日) 12:48:00
では多神教の神々についてはどうだろうか?

当然、この自然のメカニズムに気が付かず、漠然とでも淘汰圧という全体的な概
念を掴んでいなければ、これを神として祭り上げることもできない。自然科学の
分野でも、この概念が体系化されるには、ダーウィンの誕生を待たなければなら
ない。たとえ漠然としたものであっても、この自然のメカニズムに気付くには、
一種天才的なひらめきを必要するだろう。

この淘汰圧という概念がまだ無い場合、ヒトは淘汰圧そのものではなく、これの
表面的に現れる事象を信仰の対象とする。例えば、ある時は豊かな実りを与えあ
る時は大噴火して怒りを表す山であったり、ある時は作物に恵みの光をもたらし
あるときは日照りで苦しめる太陽であったり、あるときは豊かな海の幸を与え有
るときは荒れ狂い人の命を奪う海だったりする。そして、場合によっては身の回
りにある八百万全てのものを神として、祈りの対象とし、気休めでもお願いし、
精神の安定を図るのである。



124 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 14:04:51
>>61
出エジプト 34:14 あなたは他の神を拝んではならない。主はその名を『ねたみ』と言って、ねたむ神だからである。

125 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 15:05:27
日本語(ってゆっても漢字だけど)で「無」って英語の哲学用語で
なんて言うの。ニーチェの「虚無・ニヒル」じゃない「無」ね。
それからソレステって友達が言ってけどスペルが分らず
難儀してます。教えて君ですまんけど、辞書引いても出てこない、
のでよろしくお願い・・・

126 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 17:43:35
そもそもニヒルはニーチェ用語でもなんでもなくただのラテン語の「無」なんだが。
英語だとnothing, あるいはnothingnessだな。


127 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 18:48:56
そろそろ誰か永劫回帰を証明してくれよ
不可能じゃないはずだ

128 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 19:35:59
>>119
鳥肌実かよw

129 :考える名無しさん:2005/09/27(火) 13:49:04
>>121>>122>>123
お見事。

130 :考える名無しさん:2005/09/28(水) 00:31:03
>>127
回帰してるのさ。本当に。俺たちは過去幾度と無く同じ書き込みをし、未来永劫し続けるのさ。



131 ::2005/09/28(水) 19:54:46
証明してくれよw

132 :考える名無しさん:2005/09/28(水) 19:56:41
他人はジャンケンに何を出すと思う?

133 :考える名無しさん:2005/09/29(木) 19:17:18
ニーチェはエリートで高学歴なのに何であんな生き生きとした文章表現が出きるんですか?

134 :考える名無しさん:2005/09/29(木) 19:28:41
ホントに何であんな美しい表現ができるんでしょね。秋刀魚をたくさん食べたのかなあ。

135 :考える名無しさん:2005/09/30(金) 00:26:58
で、俺がニーチェの生まれ変わりであるという件についてなんだが
結論がそろそろでそうですよ。

136 :考える名無しさん:2005/09/30(金) 03:50:42
>>135
生まれ変わりに何らかの意義を見いだすことをバタイユは批判していたな。
Aの昨日の姿であるAhをAは弁別することができる。
だが前世を弁別することはできない、とか言って。

137 :考える名無しさん:2005/09/30(金) 21:36:39
>>136
バタイユってエロだけじゃなかったんだな

138 :考える名無しさん:2005/09/30(金) 21:39:03
ニーチェはニヒリズムを唱えてるのに文体があんなに扇情的なのはどういう事ですか?

139 :考える名無しさん:2005/09/30(金) 21:44:54
>>138
過去の哲学をニヒリズムとして切って捨てているだけで、本人はニヒリストじゃないからです。


140 :考える名無しさん:2005/10/01(土) 01:05:09
ツァラトゥストラでは、孔子やキリスト、仏陀のような熱心さで人に関わろうとしていきますよね!
ニヒリズムを抜け出た力強さを感じます。まさに超人!大好きですヾ(〃^∇^)ノ♪。

141 :考える名無しさん:2005/10/01(土) 02:10:44
仏陀のような熱心さというが、仏陀は自分の悟りを衆生に説くべきか否か迷ってた。

142 :考える名無しさん:2005/10/01(土) 17:39:25
仏陀が熱心だったって、たまにこういうデタラメ言う奴出てくるよな

143 :tatami:2005/10/01(土) 17:41:24
ほほほ
ニーチェはガキ ガキ
語る価値なし

144 :考える名無しさん:2005/10/01(土) 20:43:39
ツァラトゥストラって何度見ても
覚えられないぽ… ツァラトゥストラ ツァラトゥストラ ツァラトゥストラ…

145 :考える名無しさん:2005/10/01(土) 20:48:45
ここにいるニーチェ好きの奴はラスコーリニコフ

146 :考える名無しさん:2005/10/01(土) 21:45:11
そうかな?ばあちゃん殺したりしないよ?

147 :考える名無しさん:2005/10/01(土) 22:16:21
>>140-142
慈悲を先に説いたのは、ナーガールジュナでなく仏陀では?
悟りとは関係ないっしょ。

148 :141:2005/10/01(土) 23:33:35
>>147
梵天勧請を参照のこと。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%88%E8%BF%A6

149 :考える名無しさん:2005/10/01(土) 23:44:33
ラスコーリニコフ妹萌

150 :147:2005/10/02(日) 00:45:43
>>148
勉強になりました。
慈悲は、相手を同情し、手を差し伸べることだと思っていましたが、悟りに導くぐらいのニュアンスを感じて良いんですね?



151 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 02:21:34
ドストエフスキーって実存主義ですよね?
ニーチェは同じ路線で最後に飛び越えてあぼーん。

で、ニーチェより先はもう誰も怖くて探れてない感じ。

152 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 08:15:15
>>150
>慈悲は、相手を同情し、手を差し伸べることだと思っていましたが、
俺もそんなふうに思ってました。
実際世の中で仏教を引き合いに出して「慈悲」の教えを説くときも
そんな風に扱われてるんじゃないでしょうか。

仏教のあり方も奴隷道徳に取り込まれてしまってるのでしょうかねぇ・・・

153 :141:2005/10/02(日) 11:00:15
つか、仏教は色即是空という側面もあるので衆生が悟りに至らない世界も、
また釈迦の教えによって悟りに導かれた世界も皆「空」ではないか。
梵天勧請の説話にはそういう意味があると俺は思う。
手をさしのべるのはいいが、積極的に救いに行く押しつけがましさを持ってない。
仏典学んだことある奴の解釈は違うかも知れないが、仏教スレではないので。

154 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 20:41:30
>>151
ていうかニーチェが最深だから
あれより深くというよりニーチェを元にして何が出来るかの問題だろう

155 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 23:02:57
道徳、彼岸、ツァラトゥストラを買うことにしたよ
初ニーチェ

既読者はこの人から何が学べましたか?

156 :考える名無しさん:2005/10/03(月) 00:43:59
一通り読んだ。
西洋人はかわいそうだと思った。
俺らと頭ん中が違う。俺らより熱いんだ。
チョンみたいだ。

157 :考える名無しさん:2005/10/03(月) 00:49:25
>>156
環境が違うからな。キリスト教の弊害って強烈なんだろ。

158 :考える名無しさん:2005/10/03(月) 01:44:13
かわいそうだじゃ済まないとこがヤなんだよ。
アニメとかもう少しアメリカで普及してみ。
必ず反道徳的とか悪魔的とかいって、政治的に圧力かけてくるぜ。
そう信じ込むと他国の文化であれ、抹殺しないと気が済まない。
放っておくことができないんだよな、奴ら。

159 :考える名無しさん:2005/10/03(月) 08:27:37
西洋人ってさ、なんつーか
すごい遠回りしてるよな…ゴクロウサンって印象だ…

160 :考える名無しさん:2005/10/03(月) 08:35:09
だいたい奴らは、こんな場所で
日本人にヲチされてることすらわかない。

日本中は世界をヲチしまくってるけど
西洋人は自分たちしか見てない、見えない。

ニーチェとか”覚醒した西洋人”は著書では触れてなくても
大抵、東洋の思想、禅や仏陀の影響を受けている。

ほんとキリスト教の呪縛は強烈だよ
東洋人が優れているわけではなく、キリスト教が癌凶なんだよ
カワイソス西洋人、、、

161 :考える名無しさん:2005/10/03(月) 11:18:09
そうだね。まさにキリスト教は邪教ですね。

162 :考える名無しさん:2005/10/03(月) 13:03:21
ニーチェは口が悪いから誤解されやすいんだけど、マジでいいとこと突いてると思うよ。

163 :考える名無しさん :2005/10/03(月) 13:19:03
日栄

164 :考える名無しさん:2005/10/03(月) 18:19:24
西洋人の何がカワイソウなんだ?マジで。

165 :考える名無しさん:2005/10/03(月) 18:21:47
アメリカ人は可愛そうではないな。むしろ日本人の方が可愛そう。

166 :世界は日本を必要としている:2005/10/04(火) 01:46:01
フランスからの日本待望論
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_1/jog070.html

 日本の若者が祖国の文化の豊饒を十分に知らず、いや、日本
そのものが偉大な独立国家にふさわしい役割を国際場裡で果た
そうとしないありさまを見て(中略)、私は驚きと失望を禁じ
得ないのであります。[1,p50]

 著名な作家であり、フランス国営文化放送プロデューサーとして
紫式部から三島由紀夫まで多くの優れた日本文化紹介番組を送り出
したオリヴィエ・ジェルマントマ氏は語る。

 ジェルマントマ氏をかく言わしめるのは、今まで40近い国をめ
ぐり歩いた経験から、「我らが地球は、もしも文化的・精神的に新
飛躍をとげざる限り明日はないも同然」[2,p38]という現代文明に
対する痛切な危機感を抱いたからである。

 世界のひと握りの人間が死に金を積み上げて、その上にどっ
かとあぐらをかき、たらふく食って身動きもならないありさま
であるのにひきかえ、何億という老若男女が飢えて、食する物
なき惨状なのであります。かと思えば、先進諸国では、暴力、
人種間の怨恨、強姦、麻薬などが増大する一方、日本でさえそ
の例外ではないのです。これが「進歩」でしょうか。[2,p108]

 そして言う。「現代人をして守銭奴以外の何者かたらしめるため
には世界は日本を必要としている」と。[2,p38]

167 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 01:47:23
 一体、日本に何ができると言うのだろうか。ジェルマントマ氏は
自らの日本体験を語る。

 ある雨もよいの日、筑波山神社に詣でました。山中で迷い、
そのとき、再び神々の力を感じたのです。霧のなかにひとりさ
まよい、風と木々の生きた気配にかこまれたとき、直感として
胸に閃いたのです。私共の先祖ゴール人(もっと遡ればケルト
人)がキリスト教以前に持っていた信仰は、きっと、神道に近
いものだったに相違あるまい、と。

 そして、それこそはまさに、神道のなかに普遍的な姿が感じ
られる証というべきではありますまいか。この何かが、あなた
がた日本人には託されているのです。[2,p189]

 日本には、「風と木々の生きた気配」を感ずる文化がかろうじて
残っている。しかし、それ以外の国々では、科学の進歩の過程で、
「人間と天の間に有史前の最も遠い昔から結びあわされてきた絆」
[2,p107]が失われてしまった。

 いかに、いま、人間が霊性の世界を必要としているのか、そ
のことは、これを忘却したがゆえに窒息状態にある我々西欧人
が誰よりもよく知っている[2,p46]

168 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 05:24:32
フランスは最高ですよ

169 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 07:12:15
2chはフランス嫌い多いと思ってたけど。
ニュース極東なんかでは特に。フランス哲学が好きな人間からすれば寂しい。
……ここはニーチェスレだったっけ。

170 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 16:14:19
>>169
なんかすごくよくわかるよ、、、フランスの古典文学とか
好きな人も同じようなことをぼやいてる。
2chネラーは政治ネタがメインだからね。

>……ここはニーチェスレだったっけ。
ニーチェもフランスマンセーしてるし、だからいいんじゃない?

フランスはイスラム移民が100万人超えたあたりから
おかしくなってったね。。。マスコミも実質占拠されてしまった。
イラク戦争の時にフランスの立場が二転三転したのはそのせいだよ。
従来のフランス思想家の高尚な思想に確信犯的な弱者が寄生して
こんなフランスになってしまった…。日本も明日は我が身だよ。
生き急いだらいけないし、スイスみたいに民間防衛意識を
向上させないと、精神性ばかり高いのも危険。

171 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 17:55:50
精神性だけ高いのって見方を変えればただのアホウ

172 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 17:58:51
ニーチェは人類史上最もエキセントリックな人物だな

173 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 18:33:04
>>172
エキセントリックってすごくいい意味にしか理解できない俺は子供だな。

174 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 20:36:38
フランス革命の三色旗の意味の標語は「自由・平等・博愛」でしたね。
堕落系の難民の大好物ばかりだ。

175 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 20:53:14
>>170
イスラムってそんなに堕落した宗教だったのか

176 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 21:11:39
ゾロアスター教のアイデアを取り入れた、ユダヤ・キリスト教
の「善悪二元論者たち」は同罪だよ。同じ穴のムジナ。

177 :169:2005/10/04(火) 22:15:24
>>174
三色旗の色はパリ市の赤と義勇軍の青が王家の白を挟み撃ちにしているのだ!
……という話を聞いた。たぶんこっちが間違ってるが、こっちの説明の方が好きだ。

178 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 22:31:17
いや、合ってるよ。ブルボン家の白

179 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 23:33:03
>>177

自由・博愛・平等ではなく、中世からの3身分のシンボル(青=聖職者 白=貴族 赤=庶民)がもともとだったような。
白色革命とか、赤軍とか、といわれは一緒。

180 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 03:55:25
ニーチェの精神性は高かったんですか?

181 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 14:42:47
>>180
「精神性が高い」とは、具体的にはドーユーこと?哲学徒なら、きちんと
定義してね。

182 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 15:30:29
想像力の無い奴だなw

183 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 15:55:36
>>182
なーんだ。想像に過ぎなかったのか。それなら、百人百様。論じるに
足りん。

184 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 18:55:45
精神性なんて個人差ないと思う
ただどちらに傾いているかという問題でしょ

精神性高いのもいいけどさ
肉体の鍛錬も同時進行しないと
欲望が鬱積してきて処理するのが大変になっちゃうよ

思索するのもいいけど、動きながら、歩きながらした方がいいよ
風にあたった方がいいんだよ

そういえば、ニーチェってオナニー中毒だったんだよね…

185 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 19:14:40
オナニー中毒なのに女に興味ないってどういう事だ?

186 :考えない名無しさん:2005/10/05(水) 20:54:40
弱者は死ね 醜い者は死ね 群居動物は死ね・・・ブツブツブツ・・・

さて、オナニーして寝るとするか・・・。

あ、その前に風呂入んなきゃ。


187 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 00:28:04
ニーチェはニヒリズムを肯定してたり、「〜〜はニヒリズムである」といって批判してたりするけど、
前者を能動的ニヒリズム、後者を受動的ニヒリズムとしてとらえればいいのかな?

ところで平凡社ライブラリーでニーチェのアンソロジー出てたね。
「ニーチェ・セレクション」という本。

188 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 07:44:45
ニーチェの思考ってどうなってるのかわけわからん
正直

ニーチェ>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>アインシュタイン

だと思う

189 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 11:02:07
ニーチェの著作を全部読んだわけではないが、
既存の宗教や価値観に従うんじゃなくて、それらを自ら作り上げろと言ってる印象があるんだが、
みなさんどうでしょうか?


190 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 12:39:05
>>189
俺もそう思うときがある。

191 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 13:44:20
>>189
その価値観の基盤とすべき唯一の普遍事実を教えてくれたのが、ニーチェ。

192 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 15:59:33
>>189
心身が変成するとは、ものの見方と考え方が、今までと替るということです。
つまり、思考は、行動を支配するからです。
ですから、目標に向かって今までと異なる行動を起そうとする前に
遣ることは、思考回路を今までのものと替えることです。

更に、今まで他のひとたちから与えられた知識という「メガネ」を外してみる
のも、ひとつの方法かもしれません。
それと、ものを見る立場を替えてみるのも、ひとつの方法かもしれません。
その方法とは、ゾロアスター教のアイデアを取り入れた、ユダヤ・キリスト教
の「善悪二元論」から脱却することです。
脱却したら、今までとは異なる場所からものごとを見ることです。
その立場とは、縄文のこころで、あらゆるものに神が宿っている、と言う考え方です。
そのような非体制的立場では、二元論のレトリックの罠に陥ることはないでしょう。
そのことにより、思考回路のフレームが今までより広がることでしょう。

未来が輝いているとか天国があるとかは、他のひとが決めることではあり
ません。それは、あなた自身が決めることです。
あなたには、未来がどのように見えますか?
その見えた未来が、あなたの行くべき目的の地なのです。
そこへ辿り着くヒントは、外部にあるのではなく、あなたのこころの中にあるのです。
外部での物探しは止めて、あなたのこころの中を探してみましょう。

「求めよ、さらば与えられん。」と言う言葉は真実です。

193 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 16:02:59
日本の降伏直後1945〜 善悪二言論の終着駅〜

葛根廟駅近くの平原に逃れてきた婦女子を大半とする
2千余人の日本人避難民がソ連軍機甲部隊に追い付かれたんだ。
まず、戦車隊の14台が避難民を蹴散らし、踏み潰していった。
それを向かいの丘で見ていたソ連兵は「まるでマッチの軸
がはねられ、潰されるようであった」と証言。
さらに、自動車隊からソ連兵が降りて来て、 マンドリン(機関銃)掃射
を幼児にも情け容赦なく浴びせ掛け、最後に銃剣でトドメを刺していった。
あたり一面は血の海。なぶり殺しにされたのは千数百人。

満州のある都市での出来事。
侵攻したソ連軍は、日本人女性200人を一般人が大勢いる路上で
白昼堂々、強姦しはじめた。 4歳から70歳を超える老人までが輪姦された。
悲鳴、嗚咽、絶叫、その場は地獄となった。
舌を噛み切って自ら死を選ぶ者、噛み付いた挙句に撲殺される者、
中には性器を抉り取られて殺害された人もいたという。
たまたまある列車を覗いた者は悶絶した。
そこには日本人女性3名が素っ裸にされ、虫の息で横たわっていた。
一人は恥毛も十分に生え揃わないあどけなさを残す少女で、恥部が青黒く腫れ上がっていた。

『ソ連が満州に侵攻した夏』半藤一利(文芸春秋)より

これが善悪二元論のレトリックに陥ったキリスト教国の末路です。
敵を絶対的な悪魔として認識することでこんなにも残虐になれるわけです。
本当に恐ろしいことですよ、これは。ニーチェ没後、一体、何年経ったのでしょうか。
いい加減に気が付いて下さい。手遅れになりますよ?

194 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 19:13:18
>>184
ダライラマと一般人の精神性も個人差無いのかw

195 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 20:29:08
>>193
悪魔を強姦w

善悪二元論云々より、戦争の狂気と見るべきでは?


259 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★