5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天才の罪

1 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 19:19:09
私は天才である。
ウェクスラー式測定で軽く150を超える知能指数の持ち主だ。

だが私は今、仕事も辞め、恋人とも別れ、人付き合いも少なく、淡々と日々を送っている。
私は天才であるが故に、己の欲求をある程度抑える術を心得ている。
理性が本能を凌駕しつつある。
まだ若いので、強大な三大欲求に打ち勝てずにいるが、性欲は自己処理で満たせるレベルである。
睡眠や生きていくのに必要な食事を取るのに必要なコストは少ない。
世捨て人としての生活を送っていても、十分満たせるのである。

今私を苦悩させている問題は一つだ。
私は天才である。
この一つの事実が私を苦悩させる。
倫理的観点から見た場合、持てる者は持たざる者のために何かをするべきである。
社会的観点から見た場合、能力のある者はそれを社会のために活用するべきである。

私は天才である。
統計によれば、世の約99.999%は私より劣った知能の持ち主らしい。
十万人に一人の才能。
世界の人口が約65億だとして、世界に6万5千人しか存在しない中の一人。
人口約1億3千万の日本において、1300人しか存在しない中の一人。
その中で人口1200万人の東京において、120人しか存在しない中の一人なのだ。
そんな才能の持ち主が、ただこうして淡々と過ごしていて良いのであろうか。

私は神を信じない。天才だからだ。
だが、それでも私はこう呟いてしまう。
ああ、神よ。何故私を天才として生んだのですか。天才でなければ苦悩する事もなかったのに。

2 :神様:2005/11/30(水) 19:22:02
予は汝>>1に原罪と苦悩のみを授けたのだ。


3 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 19:26:24
天才とは知的障害者と同様に迫害されるマイノリティーなのだ。
幸福を感じている知的障害者は人を信じている。
あなたも同様に人を信じてみればよいだろう。
ひとはある意味では間違いなく平等なのだ。

4 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 19:26:51
ああ、神よ。
貴方が私をもっと欲深き者として生んだのであれば、私は私の才能を余す事無く利用し、己の欲求を満たしたでしょう。
貴方が私を民の導き手として生んだのであれば、私は私の生涯と才能を貴方に捧げたでしょう。

なのに何故、貴方は無欲な者として私を創造なさったのですか。
どんなに優れた兵士でも、命を下されない兵士に価値はありません。
力は目的と共になってはじめて力足り得るのではありませんか。

ああ、神よ。どうか私に主命を。

5 :マンコ太郎 ◆WtGw8HpwQ. :2005/11/30(水) 19:30:50
> 私は天才である。
> ウェクスラー式測定で軽く150を超える知能指数の持ち主だ。

で、正確な値は何?
ウェクスラー式測定で150を超えればあなたの言う「天才」なの?

> 私は天才であるが故に、己の欲求をある程度抑える術を心得ている。

> 今私を苦悩させている問題は一つだ。
> 私は天才である。
> この一つの事実が私を苦悩させる。

もう一度この部分を書き直したほうがよろしいのでは?

6 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 19:34:02
>>5はぴかぁ〜だな w

7 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 19:36:21
>>5
生まれながらに高い知能を有している故に天才と称した。
「頭が良い」とは主に「知能が高い」という意味で使われることが多く、また知能指数が150を超えるような人間は稀有な存在であるので、天才と称しても語弊はないと考えた。

私は高い知能を有している故に高い理性も持っている。本能的な感情に溺れる事もなく、理性をもって観念的に判断する能力に長けている。
だが、観念的に判断した場合、天才である私が何を成すでもなく世捨て人のように暮らしていく事は、許される事ではない。
私は天才故に、天才が世捨て人のように暮らす事は罪だと自覚できるのだ。

それ故私は苦悩する。

8 ::2005/11/30(水) 19:43:32
>>7
本地垂迹なのだから西行のように生きればよいのだ。


9 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 19:44:34
>>8
仏教だったのかよw

10 :神様:2005/11/30(水) 19:50:31
>>8
神も仏も天才も共通概念なのだよ。


11 :マンコ太郎 ◆WtGw8HpwQ. :2005/11/30(水) 19:52:35
> 生まれながらに高い知能を有している故に天才と称した。

詳細を求めたのに前の記述より曖昧になってますよー。

> 「頭が良い」とは主に「知能が高い」という意味で使われることが多く、また知能指数が150を超えるような人間は稀有な存在であるので、天才と称しても語弊はないと考えた。

頭が良いの先が天才なのでしょうか? 歴史上、想像力に長けた人間の方ががそう呼ばれているようであり、
「頭が良すぎる => 天才」はほとんどの場合は成り立っていないようですが。

> 私は高い知能を有している故に高い理性も持っている

「高い知能 ⇒ 高い理性 」はトリビアルではないと思います。

この板はすぐに投稿規制がかかってしまって、つまらないね。。。

12 :凡人:2005/11/30(水) 19:53:18
全ての人は未来に美しい地球を受け渡す使命を持って産まれます。
使う命の方法は貴方自身が貴方自身の得意とする事を使い見いだして下さい。
力を崇拝せず物事の理を悟り知能を育て知恵を産みだす事をお進めします。
神は全ての人の心に宿る良心と自然の営みのみです。

13 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 20:06:39
>>11
天才。天賦の才。つまり「生まれながらに備わっている才能。あるいはその才能の持ち主」とした場合、知能という生まれながらにある程度決定している要素において、類稀な高い数値を有している人間を「天才」と称する事に語弊があるだろうか?
私自身の知能指数についてだが、ウェクスラー式の測定においても毎回固定の数値が出てくるわけではないが、具体的には150〜160程度の知能指数を持っていると測定されている。

高い知能を有した人間は、往々にして高い想像力を持っている場合が多い。
君の言う「頭が良い」というのが「高い知能を持っている」という事であるならば、アインシュタインしかり、ゲーテしかり、天才と呼ばれた人々は皆高い知性を持っていた事になっている。

高い理性とは高い知能故に備わるものである。
高い知性とはすなわち高い思考能力や適応能力の事であり、高い理性とはすなわち高い思考能力のことでもあるので、高い知能を持っている人間は高い理性を持っているとなる。
理性的思考に高い知能は必ずしも必要ではないが、高い知性の持ち主は高度な理性的思考が行えるのである。

もちろん、高い知能を持っていても、それを凌駕するほどの感情や欲求も共に内包していれば、高い知性はそれらに抗えず理性的思考の妨げとなるだろう。

14 :天才:2005/11/30(水) 20:08:31
人々に感謝されたいだけです。


15 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/11/30(水) 20:15:05
>>14
君は本当に天才か?
人々に感謝される事に何の価値がある?
本当に人々に感謝されたいと思ったのならば、自らの妄想の中で感謝されている自分を思い描けば良いだけだ。
既に私は身体的欲求以外、妄想で全てを処理できる次元にまで達している。

16 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 20:19:04
こんな糞スレ立てる自己顕示欲は理性を越えてますねw
言う事は立派だが行動が伴っていなければ放漫なだけ
高い知能を誇っていてもそれを活かす
知識と土壌が無ければ大衆に飲み込まれるだけである


天才とは99%の努力と1%の才能である
アインシュタイン

17 :天才:2005/11/30(水) 20:20:05
ファルスにおいて真の天才ですが、なにか?


18 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 20:24:02
馬鹿になりゃいいじゃん

19 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/11/30(水) 20:24:20
>>16
ああ、君にはこの苦悩は理解して貰えないのだろうか。
たとえ私が十万人に一人の才能の持ち主だったとしても、世には百万人に一人の才能の持ち主もいるのだ。
そのような私より高い知性を持つ存在になら、私の苦悩を理解し解決する術を与えてもらえるかと期待しているのだが。

高い知能を誇っているのではない。
高い知能を持ちながら大衆に飲み込まれる事は罪であると知りながら、大衆に飲み込まれ世捨て人として生活を送りたいと願っている自分自身に苦悩しているのだ。

20 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 20:28:06
>>19はぴかぁ〜だな w

21 :マンコ太郎 ◆.scS57BSr6 :2005/11/30(水) 20:29:29

高い知能を有した人間は、往々にして高い想像力を持っている場合が多い。君の言う「頭が
良い」というのが「高い知能を持っている」という事であるならば、

> アインシュタインしかり、ゲーテしかり、天才と呼ばれた人々は皆高い知性を持っていた事
> になっている。

すみません、後者は認めますが、アインシュタインはウェクスラー式知能測定法で、標準以
上であろうとも、高いスコアを得ることはできなかっただろうと思いますよ。

> 高い理性とはすなわち高い思考能力

ここ不明。 実際、ここであなたが「高い理性」を自己で定義しちゃってる感じです。一般に、
論理的であり、非理性的---つまり自己のプリミティヴな欲に惑わされない---であることを
理性的であるというのは納得できるけれど、あなたはまだ性欲に打ち勝てずにいると暗示した
でしょう?


っと、つまらん言い合いはこれぐらいにして、あなたは何が悲しく、何に苦悩しているので
すか?詳しく説明してください。

22 :ぴかぁ〜 ◆q5y3ccmqnw :2005/11/30(水) 20:35:19
>私は天才である。
>ウェクスラー式測定で軽く150を超える知能指数の持ち主だ。

他に天才的なところはないの?
ウェクスラー式測定で軽く150だけが取り柄?

23 :マンコ太郎 ◆.scS57BSr6 :2005/11/30(水) 20:36:51
qt8VwpAW1cさん、ごめんなさい。
あなたも誰かさんと一緒で実力に伴なわないエゴをお持ちのようで、なんか
冷めてきてしまいました。

大体あなたの不満は低俗すぎます。

24 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/11/30(水) 20:40:49
所詮凡人たる君達には、天才であるところの私の苦悩は理解されず、ただの自己顕示と見られるだけなのかもしれないな。
私は天才であるが故に苦悩し、天才であることを呪っているというのに、君達はそれをただの自己顕示からのポーズだと笑うわけだ。
これこそファルスでなくて何だろう。

>>18
どうやって?
仮に薬物を使用して馬鹿になれたとしても、その直前まで私は、高い知能を持ちながらもそれを自ら放棄し馬鹿になることで自分ひとり救われることについての罪で苦悩しなければならないのだ。
ああ、神よ。

>>21
健全な生物である以上、また私が男である以上、精巣では私の意志に関係なく精子が作られる。
それを自己処理する事は妥当だと思われるが。
純理性たる存在にはなれていない。だが、かなりのレベルで私は己の感情や本能ではなく自らが有する高い知能によって理性的思考を手に入れているのだ。

私の考えを言語化する事は非常に困難であり、それが万人に上手く伝わるよう行えるかどうか自信は無い。
ただ、私は私が天才であるが故に苦悩している。
詳しくは再三このスレでも述べているはずなので、>>1>>4を読んで欲しい。

稀有な才能を持ちながらそれを必要としない人間として生まれてしまった事について私は悩んでいるのだ。
私は凡人以下の生活で満足できる人間である。なぜならそれは私が天才故に自らの欲望を抑える術を心得ているからだ。
だが私は天才故に凡人以下の生活で一生を終えてしまってはその才を無駄に殺す事になるとも知っている。それがどんなに罪深き事かも知っている。
それ故私は苦悩する。

25 :天才:2005/11/30(水) 20:46:48
世の中が楽しくてしかたないが、どうよ?

26 :ぴかぁ〜 ◆q5y3ccmqnw :2005/11/30(水) 20:46:49
>私は天才である。
>ウェクスラー式測定で軽く150を超える知能指数の持ち主だ。

他に天才的なところはないの?
ウェクスラー式測定で軽く150だけが取り柄?


27 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/11/30(水) 20:46:58
>>22
知能指数が最もわかりやすく理解されやすいと思ったので指標として挙げた。
ここで述べられる私の評価とは他者からの評価であり、凡人たる存在が俗世的な価値観で計った物なので、それをここで多く述べることに抵抗がある。

私が国立大学卒だろうが、小学校入学前に三ヶ国語を操っていようが、父と母が国立・有名私立大卒の人間だろうが、代々続く家の生まれだろうが、私が私の知能故に天才であるという事には大した影響が無いのである。

28 :ぴかぁ〜 ◆q5y3ccmqnw :2005/11/30(水) 20:48:43
>>27
だから、他の天才的なところおしえれ!
手から砂が出るとか?

29 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/11/30(水) 20:49:36
>>25
ああ、確かに。楽しいというと語弊があるかもしれないが、ただ毎日を何をするでもなく過ごしているだけで私は十分に満足できる。
物欲は高い知能によって抑えることが出来るし、それ以外の多くの欲も私の前では無力だ。心を乱される事もない。
最初にも述べたが、三大欲求のみ克服する事が出来ていないが、それすら食事をして寝て溜まったら自慰行為をすれば良いだけである。
何も不満はない。

ただ唯一、己が天才であるのにその才能を浪費しているという一点以外は。

30 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/11/30(水) 20:53:44
>>28
達成した所で何か賞金が出るわけでもないのに72時間一睡もしないで過ごせる。
ダイエットをしたいわけでもなく食料が無いわけでもないのに一週間水とチョコレート以外口にせず生きる事ができる。
セックスできる異性はいるのにオナニーのみで我慢する事ができる。ただし一年間これを続けたら別れを告げられたため記録は一年で止まっている。

31 :ぴかぁ〜 ◆q5y3ccmqnw :2005/11/30(水) 20:55:41
>>30
ぎゃは!ビックリ人間大集合やん。
ネタは良いから、他の天才的なところおしえれ!


32 :マンコ太郎 ◆.scS57BSr6 :2005/11/30(水) 20:57:30
>>24
> 健全な生物である以上、また私が男である以上、精巣では私の意志に関係なく精子が作られる。
> それを自己処理する事は妥当だと思われるが。

マスタベーションすること自体、自分の非理性を殺せていないということでしょう?
私はあなたの論理「高い理性とはすなわち高い思考能力」であるという偏った主観性
を前のレスポンスで突ついたのですよ。

> 私の考えを言語化する事は非常に困難であり、それが万人に上手く伝わるよう行えるかどうか自信は無い。
> ただ唯一、己が天才であるのにその才能を浪費しているという一点以外は。

あなた一般的に見れば天才でもなんでもないと思いますよ。
一番の問題は「己が天才であるのにその才能を浪費しているという一点」ではなく、
あなたが自分のことを天才だと勘違いしている一点であるかと存じます。
ですから、あなたは今後農民のように平和に生きていっても問題はありません。

あと、それでも勘違いし続けるのであれば、キーワード: Collective Intelligence、Intelligence Augmentation



33 :マンコ太郎 ◆.scS57BSr6 :2005/11/30(水) 20:58:33

このスレッドで誰か本物の天才でてこないかなー
そしたら面白いのに。

34 ::2005/11/30(水) 20:59:11
あんたがいるじゃん

35 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 21:02:07
ウェクスラー式測定で軽く150を超える知能指数の持ち主なんて、
ごまんとはいわんが、わんさかとはいるよ
たいしたことではないって
俺だって、そのひとりだもん
でも、国立旧一期くらいは勉強せんでも入れたけど
ま、そんなもんさ

36 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 21:05:58

 2ちゃんねるで 天才を自称するとはいい度胸だ。

 尊敬に値する。



37 :あっかんべ:2005/11/30(水) 21:06:11
天才は道徳に左右される。


38 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/11/30(水) 21:10:11
>>35
>>1にも書いたが、統計が正しかったとして、世界に6万5千人いる計算だからな。
65億の中の6万5千人。
東京だけで見ても120人。
十万人に一人の才能では、天才と言うほどの才能ではないということか。

39 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 21:13:06
>>38
東京だけで一時に120人のライプニッツがいたら、
それは凄いということでしょうね。

40 :ぴかぁ〜 ◆q5y3ccmqnw :2005/11/30(水) 21:14:16
十万人に一人は微妙だな。日本二位でも話題にならないからね。

41 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/11/30(水) 21:16:46
結局どんなに高い知能を有した人間も、一人では大した事は出来ない。
どんなに高い知能を有していても、それを活かす別な術、知能とは別な才能を持っていないと、天才にはなれない。

ということでよろしいか。
つまり私の場合与えられたのは高い知能だけで、それ以外の何か(強い欲望など、自己の行動に対する動機付け)を有していなかったから、ただこのまま埋没していくのみなのだな。
そしてそれは罪でなく、私が知能以外の別な才能を有していなかった結果であり、当然の事なのであろう。

42 :ぴかぁ〜 ◆q5y3ccmqnw :2005/11/30(水) 21:18:16
日本の1300位では、自慢にはならないよ。
とりあえず、日本一の〜の天才めざしな。

43 :35:2005/11/30(水) 21:22:09
>>41
おおかたは、そういうもんさ。
ことさら、悲観することでもないし、偉そうにいうことでもないと思うよ。

44 :ぴかぁ〜 ◆q5y3ccmqnw :2005/11/30(水) 21:22:27
オレは、100m自由形の日本1300位だぜ!!!!って、ないよ。

45 :十二使鳥:2005/11/30(水) 21:23:05
>>1
天才ぐらいで悩むなバ〜カ。
こっちは聖人だ。

46 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 21:24:23
>>44
函館から本州まで一気に泳ぎきったら、天才だよ

47 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 21:25:22
>>45
聖人には悩みはないのですか?

48 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 21:26:27
>>45
確か、衆生の悩みをすべて引き受けるのが聖人かと。

49 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 21:27:17
その聖人が、「天才ぐらいで悩むなバ〜カ」だってさ。

50 :十二使鳥:2005/11/30(水) 21:29:33
>衆生の悩みをすべて引き受けるのが聖人かと。
そりゃインチキだな。
理由は聞いてられねぇ
だ。

51 :十二使鳥:2005/11/30(水) 21:30:37
>>47
悩みなのか何なのかそれらしいのはあるな。

52 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/11/30(水) 21:31:58
統計的に99.99%の人間が私より下の知能指数であろうというだけであって、実際に日本に知能指数150以上の人間が1300人もいるかどうかはわかりません。
簡単なIQテストならともかく、きちんとした測定において150以上の知能指数など滅多に出るものでは無いらしいので、比較対照が少ないようです。
99.99%というのも、小数点二桁までしか出して無いからこの数値なだけで、実際に私より知能指数が高い人間を、私は15名程度しか知りません。
成人になると、私が知っているのは4人だけです。

今は無職でも、精子バンクに登録できるみたいですよ。これだけは天才でよかったなと思います。
この先一生働かないでも暮らしていけそうだし。

53 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 21:35:34
>>52 もういいよ、これ以上は惨めになるだけだ

54 :ぴかぁ〜 ◆q5y3ccmqnw :2005/11/30(水) 21:39:27
>>52
ってかさ、ぶつぶつと、天才なのになんで、そんなに頭悪いの?

55 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/11/30(水) 21:40:10
>>54
天才だからです。

56 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 21:43:14
>>1 おまえは天才に見られたいという願望丸出しだな、オイ
臨床心理やってる奴だったら誰でもすぐ見抜けるぞ

57 :ぴかぁ〜 ◆q5y3ccmqnw :2005/11/30(水) 21:45:28
>>55
なるほど、そっちの天才か!先に言えよ!ビックリした。

58 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/11/30(水) 22:01:23
>>56
ああ、矮小な知性しか持たない凡人にはそう見えてしまうかもしれませんね。
>>19>>24で述べましたが、これは仕方のないことなのかもしれませんね。
あなた方は他者をも自らの次元で語り、自らがそうであることを他者もそうであると錯覚してしまうのでしょう。

私が天才に見られることで何のメリットがありますか?
精神的充足を得られるとでも?
私は天才です。精神的充足ならば、既に妄想の世界で無限に得る方法を心得ています。

私は、私の苦悩をどうにかしたいだけなのです。ああ神よ。

59 :あっかんべ:2005/11/30(水) 22:06:37
ウェクスラー式測定で軽く150を超える人はなかなかいないし、
僕は>>1の人を「すごい!天才じゃん!」と正直に思ってしまいますけど。


60 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 22:09:54
1の自己申告が真実ならば1は天才だと思う。
人には持ってない荷物を背負うのは大変だろうが、強気で思うが侭前進したまえ。

61 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 22:10:08
>>57
久しぶりにぴかぁ〜が正しいことを言っているレスを見た
>>59
まあ私はウェクスラー式測定で170を越えているわけだがね

62 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/11/30(水) 22:10:34
>>59
ごめんなさい、軽くってのは語弊がありました。
正確には、150〜160程度です。
複数回測定した事がありますが、測定の都度多少変動するものなので、152〜160の間に収束してます。

63 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2005/11/30(水) 22:12:15
>>1
俺はこの世にたった一人だ。仲間がいるだけでも幸せだな。


64 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/11/30(水) 22:12:56
ちなみに私はかのヒトラーよりも知能指数が高いらしいですが、ヒトラー程デカイ事をやる気もなければ、やれそうにもありません。

65 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 22:15:40
>>64
それだけ頭が良いと話し相手を見つけるのに苦労するだろうね。
俺は>>1ほど頭はよくないが、それでも中々面白いと思える話相手が見つからなくて苦労しているよ。

66 :あっかんべ:2005/11/30(水) 22:15:57
>>58がいったこと

「あなた方は他者をも自らの次元で語り、
自らがそうであることを他者もそうであると錯覚してしまうのでしょう。」

これには僕も共感できます。

上でずらずら、>>1に対して反論述べてる人!

性格悪いの丸見えですよ!!

67 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2005/11/30(水) 22:16:53
ナザレのイエスのやったことに比べれば、ヒトラーなんてゴミ以下だろw

68 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 22:18:29
>>59,60,65 おまえら本当にそう思ってるのか? 1のレスを上から読み返してみろよ
矛盾が沢山見つかるし、奴の言っていることは総じて浅すぎるぞ

69 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 22:19:27
このスレを見れば分かる。
天才とはそれを妬む凡人によって滅ぼされる。
負けるな天才!!

70 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 22:20:43
>>68
頭がよいものが賢いとは限らない。そうは思わんかね。
1は天才かもしれないが愚か者のだろう。

71 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 22:21:06
このスレッドは>>1の自演が目立ちますね

72 :あっかんべ:2005/11/30(水) 22:21:11
69>>にまったく賛成!!!

73 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/11/30(水) 22:21:22
>>65
人付き合いが好きな方ではありませんが、大抵の場合どんな人と会話しても面白いですよ。
好きな映画やテレビの話のような世俗的な話題でも、楽しめます。
ただ、妄想である程度の欲求を満たせてしまう上、欲求自体を高い理性で制御できてしまうので、あまり人と会いたいとか話したいとか思う事がありません。

74 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/11/30(水) 22:22:32
>>70
自ら激しく同意。

私は天才ではあるが、同時に愚か者でもある。

75 :35:2005/11/30(水) 22:23:01
>73
それは、よくわかる。

76 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 22:23:53
それより1よ、俺、去年テレビでやってたIQテストで
70点だったんだけどどーすりゃいいのよ?

77 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/11/30(水) 22:28:28
>>76
今まともに社会生活が送れているならそれでいいのではないでしょうか。
知能が高くても、それを活かす手腕がなければ特に何もメリットありませんよ、多分。

多分人より努力しないで色々な事が出来てきたのだろうけれど、知能が高いせいか欲求も人より少ないから、隠遁生活を送るだけです。

78 :35:2005/11/30(水) 22:30:33
>77
1は、本当に天才の言葉だって信じられる。

79 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/11/30(水) 22:31:52
それと、テレビでやってるIQテストとかは信頼性が低いと思いますよ。

80 :35:2005/11/30(水) 22:34:59
でも、普通におべんきょしてたら、大学に残れたでしょ?
楽に生きれる選択を無意識にできるのも天才の属性では?

81 :十二使鳥:2005/11/30(水) 22:38:01
ついでにもう一レス

俺様はIQが低くても聖人だ(ど〜ん)

82 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 22:39:35
70の俺よりは高いだろ

83 :十二使鳥:2005/11/30(水) 22:41:26
実は計ったことはない。
が、たぶん低いだろうと自覚している。
結構とろくさいからな。

84 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 22:43:26
達成した所で何か賞金が出るわけでもないのに72時間一睡もしないで過ごせる。
ダイエットをしたいわけでもなく食料が無いわけでもないのに一週間水とチョコレート以外口にせず生きる事ができる。
セックスできる異性はいるのにオナニーのみで我慢する事ができる。ただし一年間これを続けたら別れを告げられたため記録は一年で止まっている。

達成した所で何か賞金が出るわけでもないのに72時間一睡もしないで過ごせる。
ダイエットをしたいわけでもなく食料が無いわけでもないのに一週間水とチョコレート以外口にせず生きる事ができる。
セックスできる異性はいるのにオナニーのみで我慢する事ができる。ただし一年間これを続けたら別れを告げられたため記録は一年で止まっている。

達成した所で何か賞金が出るわけでもないのに72時間一睡もしないで過ごせる。
ダイエットをしたいわけでもなく食料が無いわけでもないのに一週間水とチョコレート以外口にせず生きる事ができる。
セックスできる異性はいるのにオナニーのみで我慢する事ができる。ただし一年間これを続けたら別れを告げられたため記録は一年で止まっている。


85 :考える名無しさん:2005/11/30(水) 22:45:11

あれだな、誰かさんは妄想しすぎて仙人と天才がこんがらがっちまった、精神分裂症患者だな

86 :35:2005/11/30(水) 22:47:05
仙人と天才って結構、近しいよ。

87 :76:2005/11/30(水) 22:48:11
>十二使鳥
IQ検査サイトでやってみてくれる?
俺の記録は抜けないと思うよ。
70といえば軽度池沼だぜ。
かなりのショックだったよ。
いったい何時から軽度池沼だったのか。

88 :IQ170~:2005/11/30(水) 22:50:05
うわさの低能天才君はこんなことも言ってるな

54 :ぴかぁ? ?q5y3ccmqnw :2005/11/30(水) 21:39:27
>>52
ってかさ、ぶつぶつと、天才なのになんで、そんなに頭悪いの?


55 :1=4=7=9=13 ?qt8VwpAW1c :2005/11/30(水) 21:40:10
>>54
天才だからです。

89 :十二使鳥:2005/11/30(水) 22:54:39
>>87
やだ。
俺様はIQが低いのに聖人なんだぞー!
というのを売りにしているから
もし70より高かったら俺様の立場がなくなるからな。

90 :76:2005/11/30(水) 22:57:09
そーか。じゃあ
とりあえず俺が馬鹿王で決定だな。

91 :十二使鳥:2005/11/30(水) 22:59:48
いや、俺様がやらない以上
決定ではなく暫定だ。
それで手を打ってやる。

92 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/01(木) 00:15:06
>>80
特に自宅で勉強をしたことはありませんが、一応国立大学に入学まではできました。
周りと比較したら、楽だったといえば楽だったのかもしれません。
ただ、別に大学に行きたかったわけでもなく、荒波立てないためには行っておいた方が良いだろう程度の気持ちで行っただけなので。
もし受験勉強で苦労しなければ行けないのだったら、行かなかったと思います。

今隠遁生活を送っている自分にとって、学歴なんて何の意味もありませんから。

>>84
そんなに面白かったですか。
事実ですが、そんなに面白いとは思いませんが。

93 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 00:43:05
ええと、何の分野において天才なんですか?

94 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 00:44:39
天才であるが故頭の回転が速く人並みの話しができない。理性が本能を邪魔する。日常ではなく非日常とまではいかないがそれに近い世界を持ちながら生活してる。ツライヨ

95 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 00:49:22
積極的な価値感情を広い範囲の人々の間に永続的に、しかも
稀に見るほど強く呼び起こすことの出来る人格、って天才の
定義をどこかで見ました。誰だったかな…

96 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 01:13:19
えーと、IQ146の俺様がきましたよ。普通に生活できていますが何か?

97 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/01(木) 01:17:24
>>93
知能です

>>96
測定方法によって大きく差が出るので、具体的に何のテストでその数値が出たか書いた方が良いと思います。
もちろん高い知能を有していても普通に生活できるもいるでしょう。
高い知性と高い社会適応能力を有した一部の人間こそが、一般に天才と称される存在なのかもしれませんね。

98 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 01:18:49
天才は金・・現物・・を稼いでこそ自称できる・・・
勿論ビル

・・突き合いきれないやな奴・・精神科では「**症候群」という診断
でも「天才は天才」・・・結果として『大大大富豪』・・・経済資本主義
では「大金持ち以上」は・・・・全部「天才ぃ〜〜!!」ということになる。



99 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 01:19:35
毎日百回「普通に生活できてよかったね」と唱えなさい。


100 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 01:27:14
>>97
天才を自称するなら、その知能の高さをここで証拠を
証明してみて下さい。いまのあなたの書き込みだけでは
基地外の妄想か思い込みと何ら変わりはない。

あなたの知能が高ければそれを証明することぐらい
容易いはずだ。

101 :天才:2005/12/01(木) 01:37:33
予は全能であるので神に比類する。
ゆえに天才より無限に知能が高い。


102 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 01:45:57
知能は高いが金持ちではない。
会話でもそうだが、問いかけられると答えがでない。正確には答えは無数にありその中からひとつを選べない。
会話能力がひくいので知能を疑われたりしたものだ。しかし論陣張って相手を言い包めたりするのは得意。論述の組み立ては一瞬で済むが、言葉にするのがもどかしい。
知能が低いほうが言葉がすらすらと出やすいのではないかと思う。相手の問いに答える選択肢がすくないだろうし言葉にする躊躇もない。
口火を切る、一歩踏み出すという暗闇への跳躍と称したい馬鹿げた行為は知能が高くてはなかなか為せないもの。
これら会話の見切り等は分かってもらえる事無くつらく感じる。
時につめたく他人に共感する能力が低いように受け取られがちだが、実際は共感のしすぎで自分に辟易する。
共感力を殺したい。
知能が高いことは世間にはまったく役に立たない。むしろ対人コミュニケーションを不得手とする邪魔者である。
金持ちになるのに知能が高いことが必要とは思わない。強い意志、的確な判断、を持ちさえすれば知能が低くても成功できる。
知能が低いほうが強い意志、的確な判断、を為せる気がする今日この頃。
同郷で、アホのあいつがベンツ乗っているのを見て口惜しい・・・

103 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 01:46:14
>>101が天才であることはトリビアルですね。
素晴らしい。
感激しました!


104 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/01(木) 01:50:03
>>100
ここでそれを証明する事に何の価値も見出せない。
私は私自らの知能により天才として存在しているのであり、決して他者から天才と呼ばれるために存在しているわけではない。

>>102
自分より知能が低い人間が社会的地位を手に入れていようが金を稼いでいようが全く気にならない。
なぜなら私は自らの高い知能によってそれらの欲望を抑える術を心得ているからです。

105 :哲学者最高位 ◆zH5vyVK1vo :2005/12/01(木) 01:51:07
言いわけの天才が集うスレは、ココですか?

106 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 01:51:12
>>102は男性ですか、どうよ?


107 :天才:2005/12/01(木) 02:02:50
真理を語る予は卓越した神聖を具有する。


108 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 02:16:13
>>104
他者から天才と思われる必要がなければ相談する意味がないのでは?
自分を天才と思い込む根拠も他者の作った知能テストではないですか

109 :天才:2005/12/01(木) 02:17:39
諸君は他人であり恐怖である。


110 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 02:22:29
天才とはウンコの天麩羅を何より好む者である。
そうでない者は贋物の自称に過ぎないのである。

111 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/01(木) 02:23:14
>>108
>他者から天才と思われる必要がなければ相談する意味がないのでは?
他者から天才と思われることと、私の苦悩とは全く別の問題。
私は他者から天才と思われているから苦悩しているのではなく、私自身が天才故に苦悩しているのです。

>自分を天才と思い込む根拠も他者の作った知能テストではないですか
他者の作った知能テストを基準として知能が高かった故に天才だと称したことは事実です。
ですがそれは、他者から天才だと認められる必要があるかどうかとは関係がありませんよ。

112 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/01(木) 02:23:51
>>110
その定義でいうと、私は幸い天才には当てはまりません。

113 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 02:24:12
天才とはウンコの天麩羅を何より好む者である。
そうでない者は贋物の自称に過ぎないのである。


114 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/01(木) 02:25:02
天才たる私も三大欲求に打ち勝つ術はまだ手に入れていません。
眠くなりました。いまはこの欲求に身を任せ寝ます。
スレの主旨がずれてきた感がありますが。
今一度1〜13辺りを読み返していただけると幸いです。

115 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 02:26:42
>>112
いや、立派に当てはまっていることがすでに書き込みから露呈している。
それに気付かないというのも、真の天才には往々にしてあることなのである。

116 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 02:26:44
>>114は機械タンですか、どうよ?


117 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 02:27:58

もう一度、ここをおさえておこう。

天才とはウンコの天麩羅を何より好む者である。
そうでない者は贋物の自称に過ぎないのである。


118 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 02:28:24
>>115は自演だな w

119 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 02:30:28

もう一度、ここをおさえておこう。

天才とはウンコの天麩羅を何より好む者である。
そうでない者は贋物の自称に過ぎないのである。



120 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 02:32:59
>>119は女性ですか、どうよ?

121 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 02:36:39
     ,,.. -―‐- 、
.   ,.'´   , 、  `ヽ.
  /    i .i    ヽ
  |  _  .∨   _  ::|
  |  -=・=-X-=・=- |
  |    /∧\   /
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)


122 :天才:2005/12/01(木) 02:39:52
森羅万象、ことごとく、予は理解している。


123 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 02:50:59

もう一度、ここをおさえておこう。

天才とはウンコの天麩羅を何より好む者である。
そうでない者は贋物の自称に過ぎないのである。



124 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 03:02:49
ウンコ、つまり自分の体内から出て、体とは切り離された汚物ってこと
ウンコの天麩羅は、衣をつけて高温でパリッと油で揚げた食せないが、汚物に手間をかけたもの
天賦とは生まれたときから持ち合わせているもので、知能は知育されて脳の発達による

無知は天才を遠ざける

天があたえたもう才能=天賦を研くことにより石を玉にする
知性とは研石の役目を果たす

切磋琢磨せねば石は石のままで大衆に埋もれる
それもあり

125 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 06:54:50

もう一度、ここをおさえておこう。

天才とはウンコの天麩羅を何より好む者である。
そうでない者は贋物の自称に過ぎないのである。




126 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 07:48:07
で?

127 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 07:54:14
    ∧___∧
   /=・=-∴-=・=\
   |  ,,ノ(、_, )ヽ、,  |  
 /|   `-=ニ=- '  .|  それをアラ石株で乗り切るのが漢だわな
/  .ヽ、_ `ニニ´__ノ    
|    _____ ノ
∪⌒∪     ∪



128 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 07:56:00
悩める天才か。しかし、合目的的行動がとれぬ者が、果たして天才か?まず、スレッドを立てた理由が見当たらない。相談がしたいのか?凡人に?恐らくそのようなことはないだろう。最も合理的な解答は、虚言及び衒気だ。

129 :天才:2005/12/01(木) 08:01:42
現代は基軸通貨に裏打ちされた国民が経済活動をしている。
いわば汝らは公貨公民制の下にある。


130 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 09:13:17
それ矛盾してない?基軸通貨に裏打ちされてるにもかかわらず「公民」?インターナショナル否定?

131 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 09:18:30
>>130は女性ですか、どうよ?


132 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 09:22:21
131
それは秘密よ。

133 :天才:2005/12/01(木) 09:28:29
>>132の秘密や魅力こそが重要のなのです。
つまり、現代思想において秘密のない透明な主体の神話は崩壊したのです。


134 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 10:05:48
心理学的に天才の条件には、

その社会文化から超越した驚異的な所業を行う人とか
ある特定の領域において突出した才のある人とか

そんな定義があります。1−13あたり読んでみると、
どうやらウェクスラー式測定で150以上の数値を出せる能力
という点において天才の痕跡が認められます。

他の社会や文化の文脈で見ると意外とへいぼ…
いえ、ウェクスラー式天才ゆえの苦悩、同情申し上げます。

ちなみにそういった知能指数の高い人たちの追跡調査では、
みんな(天才という舞台から見れば)平凡な人生を
送っていたそうです。天才は平凡を好むのかもしれません。

135 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 11:01:50
退屈な凡人社会が豊かな天才を抑圧する。


136 :ふむ:2005/12/01(木) 12:19:32
天才バカボンを私は読んだことがある^^;

バカボンは主人公の名前です^^;

バカボンのパパは天才一家ですから^^;やっぱり天才です^^;

ママはパパの天才より人柄で結婚したのです^^;

バカボンもハジメちゃんも天才より人柄で人気ものです^^;

ドラえもんも知識はあるのですが^^;知恵がない^^;

のびたさんも人柄でドラえもんと仲良くしてます^^;

つまり 人柄が一番で次に食事で性欲で次にお金で その次に天才です

天才の順位はどーも下みたいです^^;

137 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 12:33:11
思想というものは、いつでも不透明性を取り払おうと画策してきたはずだ。思想が社会において敷衍されなければ、机上の空論ですらない。それは、ただの独善的な虚飾と呼べる。ファシズムなどがそれにあたるだろう。

138 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 12:41:51
>1はまぎれもなく秀才タイプ。
天才はそんな難しいことで苦悩しない。もっと簡単なことで苦悩しているのさ。

139 :ふむ:2005/12/01(木) 12:50:56
エレベーターのボタンが分からない天才がいましたね^^;

誰でしたっけ^^;有名人の天才^^;

140 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/01(木) 14:35:42
>>128
凡人に相談した所で何も解決しないであろうことは理解している。
だが玉石混合の言葉の通り、2chにも時々至宝の玉が混じっている事もあるのだ。
さらに言うなら、天才故の苦悩を察する事も出来ない凡人に、その苦悩を示してあげたかった。

>>134
高い知能の持つ人間は、往々にしてその知能により自らの欲望を抑える術を見につけている場合が多いと思われる。
必要以上に金を稼いだり、有名人になって平凡な日常を送る事すら苦労したりする事に対し、価値を見出さないのだ。
なぜなら、それらの金銭欲や地位欲といった物は、高い知能により生み出される万能の妄想力により脳内で満たされてしまうのだから。
ゆえに天才は、よっぽどの事が無い限り平凡なまま終わる。

>>136
その通りだ。

>>138
私の知能は天賦の才である。故に私は天才である。

141 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 14:41:59
>>140は天才ではない。


142 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 14:53:14
それを衒いと言うのだよ。ついでに言えば、玉石混淆である。意味は、善いもの悪いものが混ざりあって、区別がつかなくなること。天才を自負するなら意味くらい弁えておこう。天才だから、善悪の見分けがつくなんて屁理屈はなしよ。

143 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 14:55:21
>>140は機械だな w

144 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/01(木) 15:38:17
>>142
         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!   
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・   
                                             
            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、._     _
            ,. ‐'´      `‐、        __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   ≦         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦               ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/      l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l         レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /       riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
      /`゙i u       ´    ヽ  !        !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ !
    _/:::::::!             ,,..ゝ!       ゙!   ヽ '      .゙!  7     ̄    | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /        !、  ‐=ニ⊃    /!  `ヽ"    u    ;-‐i´
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /             ヽ  ‐-   / ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /             ヽ.___,./  //ヽ、 ー        

145 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 15:55:26
天才でもいいんじゃない?天才も悪くないよ。俺、天才って結構好きだなあ

146 :天ちゃい:2005/12/01(木) 17:49:36
>>1
新しいものを創りだす創造力を持ってないと俺は天才だとは認めんぞ

147 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 18:09:20
ところで>1はなんの天才なんだ?
この板にいるなら哲学か?
それともIQの天才か?

148 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 18:16:08

もう一度、ここをおさえておこう。

天才とはウンコの天麩羅を何より好む者である。
そうでない者は贋物の自称に過ぎないのである。



149 :天才:2005/12/01(木) 18:39:09
神が予を天才と認めておる。


150 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 18:43:28
神のお墨付きか?しかし、神の名を出されると、途端に天才より宗教家の趣が強まったな。



151 :天才:2005/12/01(木) 19:09:49
汝ら、予は神童である。


152 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 19:13:42
十で神童十五で才子。あなたは一体幾つ?仕事を辞めたとの記述から、神童と呼ぶに相応しい年齢ではないと推測するが。

153 :天才:2005/12/01(木) 19:29:13
汝ら、誤解をするな。
予は>>1のような、似非天才ではない。


154 :4:2005/12/01(木) 19:31:20
明晰性に対する拒絶を受けていたと思うのですがアドバイスしてもらえないでしょうか.
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1133281160/l50


155 :ふむ:2005/12/01(木) 19:34:34
キム タクを知っている^^;
天 才 が居てもいいぞよ^^;
ねぇ さいさん^^;

156 :馬鹿王:2005/12/01(木) 19:48:40
まだ天才なんかやってんのか

157 :大天災:2005/12/01(木) 20:04:28
まったく小さい天才どもだぜ

158 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 20:15:06
やればできるんだけど〜今はやらないだけで〜、みたいな?

159 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 20:34:45
>>158
そんなにお気楽でもないと思うよ

160 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 20:46:11
悠久の時を経て、私は貴方と出会うことができた。
この壊れてしまいそうな想いは、永遠に思える一瞬の前には余りにも無力だった。
貶める、嘗める、所謂螺旋階段の前を通ったら、キムチ臭がしましましまのおかげで俺は燃えてない。

161 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/01(木) 20:59:02
>>145 俺はあんま好きじゃないなぁ

>>146 今からウンコしてこようか?

>>147 >>1くらい読めよ。俺は俺の知能により天才なんだよ。

>>148 無自覚なだけで、俺もウンコの天婦羅好きなのかな?

>>149 俺の知能が俺を天才と認めている。

>>152 俺に聞いているのか>>151に聞いているのか、ハッキリしろ。
俺は既に成人している。

>>153 神の存在を証明できずに神により認められていると言う方がよっぽど似非だろう。
少なくとも俺はこのスレでは知能が極端に高い人間を天才と呼んでいる。

162 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/01(木) 20:59:34
>>154 「がんばれ」ってアドバイスじゃない?

>>156 やめたいんだけどね。自分の意思で知能を下げる事が出来ない。

>>157 一応身長175はあるよ。

>>158 いや、天才でも学習しなければ知識が得られないように、やればできるってもんでもないだろ。
今はやらないだけでもなく、元々やる気もないよ。

163 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 21:03:57

もう一度、ここをおさえておこう。

天才とはウンコの天麩羅を何より好む者である。
そうでない者は贋物の自称に過ぎないのである。



164 :馬鹿王:2005/12/01(木) 21:07:22
糞スレ揚げんなということだな?

165 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 21:08:37
あげてしまったものを鉄板でお好み焼きに白ということだよ?

166 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 21:11:45

しかしながら言うまでもなくウンコとは雲子、つまり雲の上の存在であるイエスキリストを指すわけだが、ここで問題なのはその絶対的非存在であるイエス様にも肛門は在るわけで、ならばそのイエス肛門から生まれいずるウンコとは如何なる存在なのか?
こうして【ドーナツの穴的キリストウンコ存在論】を展開せずして近代文学が終わるわけは無いのです。




167 :馬鹿王:2005/12/01(木) 21:14:37
アナルほど

168 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 22:06:15
で?

169 :大天災:2005/12/01(木) 22:54:32
175cmより175mmだぜ

170 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 23:10:27
なるほど、わかりました。
主が本当に、
神から高い知能と素晴らしい容姿を授かった事がよくわかりました。

ただ如何せん、
授かった容姿が現代の流行にそぐわない、大仏顔だった事は、私からも、お悔やみ申し上げます。

171 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 23:38:15

(・∀・)ニヤニヤ

172 :考える名無しさん:2005/12/01(木) 23:45:44
天才とは、
他人が認めて与えられ呼ばれる形容詞であって、「私が天才であるが故」などという言い方は、違うのではないか。
それは、
天才バカボンではないか。
真の天才は、
己を形容する時に天才の一言で言いくるめないであろうが如し…

173 :考える名無しさん:2005/12/02(金) 00:16:04
>>161
ウンコのどこが新しいんだよ?誰でも作れるわ。バカじゃねーのかお前は

174 :考える名無しさん:2005/12/02(金) 04:59:26
>1は天才が故に神を信じていないが自分を天才に産んだ神を恨むという、常人脳には到底、不可能であろう離れ業(ウルトラE)を難なくやってのける天才業師のような気がしてきた。


今、俺は>1の天才前頭葉の一部で未来永劫さまよい続けているような錯覚を覚えている。


>1よ働け

175 :考える名無しさん:2005/12/02(金) 06:21:26

>>148 無自覚なだけで、俺もウンコの天婦羅好きなのかな?

ようやく気付き始めたようだね?



176 :考える名無しさん:2005/12/02(金) 11:23:45
つーか天才って何?

177 :考える名無しさん:2005/12/02(金) 15:54:21
「罪」ということを持ち出す時点で天才とは程遠いような気がするね。

現代が「罪なき罰」の時代だということを見抜いた天才を私は知ってるよ。

178 :考える名無しさん:2005/12/02(金) 17:18:57
>>140
つまりあなたは高い知性の持ち主であり、
ウェクスラー式天才ではありますが、
いわゆる天才とは定義されえません。

179 :考える名無しさん:2005/12/02(金) 18:10:51








   ホゃんすね





180 :考える名無しさん:2005/12/02(金) 18:33:41
天才は凡人を見下さない。
天才は凡人(世界)を正確に理解できないだけだ。


凡人を見下すのは秀才。

181 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/02(金) 22:41:59
>>170 え、ごめん俺別に動物顔じゃないし、今の容姿で特に不満は無い。

>>172 ならば、私は素晴らしい知能を持った人間である。と言い換えればよろしいか。人はよく言葉のロジックゲームにはまり込むが、問題なのはいかに正しく表現するかではなく、表現しようとする意思ではないか。
どこぞのロッカーの台詞じゃないけど、天才って言ったほうがわかりやすい時は天才と言っても良いのではないか。たとえその言葉が不正確だったとしても。

>>173 俺がその日その時にしたウンコは、他にまたとない、二度と同じものが存在しえないウンコだけど?
そんなのを俺は毎日便所に流してるよ。みんなだってそうだろ?

>>174 えー、やだよ面倒くさい。働きたくないよ。金にも困ってないし。退職金も貰ってるし。
すごいどんぶり勘定だけど、今ある貯金とちょっとした副収入で、80くらいまでなら働かずに暮らしていけそうなんだよね。
ちゃんと税金も払ってるし、年金も納めてるし、許してよ。いやそりゃ労働の義務とかあるのかもしれないけどさ。

>>175 だが断る

>>176 俺の事

>>177 クリスチャンじゃないし神を信じてもいないし仏教徒でも無いけれど、罪という言葉が一番わかりやすいと思って使ったのだが。
もちろん普遍的な価値基準が存在しなければ、確固とした善悪が存在することもできず、結果万人共通の罪というものがなくなるんだろうけど。そういうことじゃない?

>>178 いわゆる天才の定義を説明して、それが万人共通である事を示してください。
あなたにとっての天才ではないというだけの事でしょ? 手元の辞書みたら、天賦の才を持つものは天才らしいですよ。そして高い知能とはそれだけで才能ではないのですか?

>>180 見下してないよ。俺より物を知ってる凡人はいくらでもいるし、俺より学力の高い凡人はいくらでもいるだろうし、俺より運動のできる凡人もいくらでもいるだろう。

182 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/02(金) 22:42:25
うわー、動物顔って。大仏顔の間違いね。

183 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/02(金) 22:45:30
大体俺って世界でも有数の知能指数を持ってるのは間違いないけれど、だからといって世界で有数の博識じゃないし、音楽の才能がそこまであるわけでもないし、運動がそこまで出来るわけじゃないし、知能以外じゃ大した才能ないっぽいんだよね。
欲望を抑えるとかなんだとかも、知能ゆえだろうし、他に俺が他の人より秀でてる所があったとしても、高い知能故にで、そのほかに特別な才能があるわけじゃないっぽいよ。
音感とかは後天的な物らしいし。

184 :ZERO:2005/12/02(金) 23:53:51
>>1よ、天才なら苦悩することは無い。思うがままに行動し、天才たる軌跡を残し、名を残せ。その名を識って初めて私はアナタが天才だったと識るでしょう(´Д`)

185 :ZERO:2005/12/03(土) 00:23:50
ちなみに、アナタがどれほど天才でも、私がそれを知りえなかったら天才だとは認められない(´Д`)
アナタは、今私の眼の前で美しい巣を作っている蜘蛛にも劣る。
…てか巣ー作んないでよ蜘蛛さん……

186 :1=4=7=9=13 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/03(土) 00:30:33
>>184-185
そりゃー誰でもそうでしょー。
人がなんと言おうと自分で判断するしかないわけで。
世界中が俺を天才だと認めても、貴方が俺を天才だと認めなければ、俺は貴方にとっては天才ではないままでしょう。
だから別に認めてくれなくて構わないです。

あと、蜘蛛の巣は壊してもまた次の日に作り出すと思うので、蜘蛛を捕まえるか殺すかしちゃった方がいいと思います。

187 :考える名無しさん:2005/12/03(土) 01:34:03
認められなくてもよいか。欲望を制御できるそうだが、私にはあなたの自己顕示欲はすこぶる強いように見受けられる。

188 :考える名無しさん:2005/12/03(土) 01:35:56
ていうか>>1がスレを立てた目的が不明瞭になってきたな

189 :考える名無しさん:2005/12/03(土) 02:16:37
>>7
>私は高い知能を有している故に高い理性も持っている。本能的な感情に溺れる事もなく、理性をもって観念的に判断する能力に長けている。
>だが、観念的に判断した場合、天才である私が何を成すでもなく世捨て人のように暮らしていく事は、許される事ではない。
>私は天才故に、天才が世捨て人のように暮らす事は罪だと自覚できるのだ。

>それ故私は苦悩する。

ここらじゃないかな?理性が感情をうわまわっていない様にみえるが……

190 :考える名無しさん:2005/12/03(土) 02:28:36
それで、糞天は食してみたのか?

191 :考える名無しさん:2005/12/03(土) 03:15:56
>>188
最初からネタスレだろ?w

192 :考える名無しさん:2005/12/03(土) 03:24:42
天才は笑ったりするんですか?
このスレに集う天才の皆さんが最近笑った事を教えてタモレ

193 :考える名無しさん:2005/12/03(土) 04:28:05
天才は、
大仏顔では笑えませんか…
私もあなたの大仏顔では笑えません…

194 :考える名無しさん:2005/12/03(土) 05:27:25






















それで、糞天は食してみたのか?


195 :ZERO:2005/12/03(土) 08:09:10
天才の片鱗も見えない切り返しどうもありがとう(´Д`)ならばアナタが認めなくても、私も天才を名乗りましょう。これでアナタは日本に650万人に一人の天才ですね。あと、蜘蛛さんは今朝方庭にはなしました。寒いけど頑張って頂きたいものです

196 :馬鹿王:2005/12/03(土) 11:10:37
>>162
天才1よ、側頭葉の使い方を覚えれば人は香ばしくなれる。
さらに頭頂葉の使い方を覚えれば人は真の痴力を得て、
その時はもはや一切は思考の積み木遊びにすぎん。

あと、揚げ糞にはporn酢かporn潮らしい。
SM板で聞いてきた。


197 : ◆qt8VwpAW1c :2005/12/03(土) 12:02:57
>>192 昨日夜、なんかおかしくてクスっと笑ったよ!
>>193 ずっと笑顔でいることなら簡単だよ! でも皇室の人みたいになるから嫌だよ!
>>194 食べてないよ!
>>195 庭に逃がしてもまた入ってくるよ! 天才の片鱗というのはそうそう他人から簡単にわかるものじゃないよ!
>>196 意識して使うなんてできないよ!

198 :考える名無しさん:2005/12/03(土) 12:26:00
欲求を抑える術を知っているのなら
何かをするにあたって必要になる欲求を高めることも可能じゃないの?
コントロールということで。

199 :ZERO:2005/12/03(土) 12:40:36
ここまでの流れで、1は自己陶酔型の自慢家では?
人と己を比較し、己を理解できない人を否定、(やんわり言葉を選んで)それをネタに自慰行為に励んでいるね。賛同『天才だね』なら苦悩して、否定『天才じゃない』なら批判して、共感『天才は辛いよ』ならスルーですか?

200 :ZERO:2005/12/03(土) 12:49:44
自分に都合のよい解釈をし、それが押し通せなくなれば、言葉巧みに相手を言い負かそうとする点では天才ですね。きっと政治屋か新手の詐欺師に向いてるよ(´▽`)絶対儲かる!だってアナタのレスは空っぽだもの。羊頭狗肉。

201 :ZERO:2005/12/03(土) 12:57:14
そうそう、また蜘蛛が入ってきたらまた逃がすよ。当然ねo(^-^)o

202 :ZERO:2005/12/03(土) 23:21:22
ここで少し建設的な意見を。私はアナタの悩みと似たような悩みを有する人を知っている(´Д`)それは『美しさは罪』と言う、または客観的にそうである女性(アイドル・ナルシストも含む)だ。そういう悩みを有する女性に1ならどう答える?

203 :ZERO:2005/12/03(土) 23:28:19
1が自分以上の天才からの回答を望むように、悩みを持つ女性に対して、その上をいく美女を演じ回答を考える。似たような他の話題から、教訓を得る。を試しては?もしかして、1の回転の良い頭なら、1の悩みのヒントに繋がる何かが見つかるかもよ?

204 : ◆qt8VwpAW1c :2005/12/04(日) 00:07:11
>>198 湧き上がる感情をコントロールする事は出来ても、湧き上がらないものをどうにかするのは難しいのです。
つまり、ちょっとでも性欲が湧けばそれをコントロールし男の人にでも挿入できますが、最初から全く性欲がなかったら立つ事すらないのです。

>>199-203 連投しすぎですよ。落ち着きましょう。もしくは一文に纏めましょう。
でも優しいボクは一個一個レス返すよ!

>>199 別にスルーしたつもりはないよ! 暇な時に面白そうな書き込みにレスしてるだけだよ!

>>200 言い負かそうともしてないよ! ただ異なる意見の人に対し説明してるだけだよ! っていうかこの程度で言い負かすとか言い出してて、哲学できるんですか!

>>201 その繰り返しになるから、バルサンとか焚いちゃったほうがいいよ! 防虫効果で入ってこなくなるらしいよ!

>>202 美しさは別に罪じゃないよ! 美しさには何の社会的義務もないよ!

>>203 そもそも前提を理解してないみたいだよ! よく読んで!
天才であり善人でもある僕は、自分が天才なのに凡百の民以下の生活水準で満足して、それ以上なにもしようとしない事が罪なのではないかと感じているんだよ!
でも何もする気もないんだよ! だってコストに見合ったリターンが得られないのを、天才たるボクは天才故に理解してしまうんだ!
普通なら「お金稼いだやったー」ってなるところが、ボクは自分の煩悩をある程度抑えられてしまう上に、その天才的知能による妄想で現実以上の楽しみを得てしまうから、お金稼いでも全然旨みがないんだよ!

美人さんの例で言うなら、美人なのに並以下の男と結婚して満足しちゃってる事に対し、「私美人なんだからこんな並の男じゃなく、もっといい男と付き合わないと罪じゃないのかしら」とか思ってるようなもんだよ!
で、美人さんの場合、倫理的に見ても法的に見てもそれは何の罪でもないよ!

205 : ◆qt8VwpAW1c :2005/12/04(日) 00:20:25
こんなボクだけど、たまには妄想のステージを外界から取り入れないと、妄想がマンネリ化してきて面白くなくなっちゃうから、時々本読んだり外の世界に触れたりはしてるよ。
それはボクの天才的知能によって処理されて、寝ているときやぼーっとしている時に、素晴らしい夢や妄想に変化してボクを楽しませてくれるよ。
こういうときばかりは天才でよかったーと思うよ。

言うなれば私は、私の天才的知能により誰もが持っている「内なる世界」とでも呼ぶべき世界を、常人より遥かに優れた形で構築してしまっている。
その世界は既に外界のそれに迫り、一部では遥かに凌駕してしまっている。
故に私は、多くの場面において――多くの人が外界からの刺激を渇望するような場面で――己の内なる世界からの刺激で十二分に満足することが出来る。
だが私がいかに優れた知能を有する天才だったとしても、無から有は生み出せない。
私の内なる世界を更に豊かな物にする為に、また私自身が内なる世界からの刺激に慣れ、飽きてしまわぬように、外界から内なる世界の構築材料となるべき刺激を補充してやらねばならないのだ。

私は当初このスレを、私の苦悩と罪について理解する者を得るためにたてた。
あわよくばその苦悩を打ち払う、天才たる私を超える神のような存在が現れる事を願って。
だが今、このスレの存在意義は私の中で変わりつつある。

206 :ZERO:2005/12/04(日) 00:23:07
落ち着きます(´Д`)旦~そしてありがとう、優しき天才。最後の文にアナタの悩みの答えが集約されてる気もしますが…
連投したのは試したのさ。その結果アナタの天才の片鱗が見えました。

207 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 00:23:54
>>1はオナニーの天才ってことでいいのかな?

208 :ZERO:2005/12/04(日) 00:51:49
近いと思いますが、ちょっと違うかも(´Д`)一人分の幸せを持ってる人かな。あーあと私は蜘蛛を退治しませんよ。蜘蛛以外もできるだけ。

209 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 01:31:05
天才にしては要領悪いよね

210 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 01:34:40
ボク=ぴかぁ〜

211 :IQ170~:2005/12/04(日) 01:34:50

つかもうこのスレはネタだって気付けよバカ共が

212 :iQ146:2005/12/04(日) 01:39:08
ネタって、>1が作り話をしているって事?
単なる自己顕示欲のつよい普通の偏屈なおやじでしょう。

213 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 02:22:05
このスレに関しては、ネタか否かという考察にすら至らなかった。一目瞭然である。スレ主はいみじくも、我々を楽しませるに足るネタを提供したと考えているのだろうか?仮にそうだとすれば、全くもって笑止としか言えぬ。

214 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 03:45:28
なかなか面白かった。ありがとう おやじ

215 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 03:59:01
1くん、別に社会に貢献しなくていいよ
君みたいな優れた人材が何かを取り組むで、最低一人は君にその役割を奪われる事になる

社会への貢献よりその一人への優しさを大切にしてね
そこに罪の意識なんて感じなくていいよ、ほんとゆっくりしてていいんだよ
それに君程度の中途半端な知能の人間が社会の為に何かしてる気を起こしても
それは大多数の方に笑顔を与えれるとしても
少数の人間を悲しませる結果を生むんだ

だから君はゆっくり生き
君の隣にいる人にだけでも笑顔を与えてあげればいいんだよ
君はそのままでいいんだよ

216 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 04:02:38
天才=完璧に近い人という俺の考えを崩してくれてありがとうございました。

217 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 04:25:55
何か怠慢さを感じる
>>1道徳とは何か理解してるか?

218 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 04:54:15
>>181
心理学において天才とは、狭義の意味において、
「名声」を天才の主要な要因とします(ゴールトン,1869)。
いわゆる社会的評価ですね(わたしはこれをいわゆる天才といいました)。
その後、遺伝学的天才研究(ターマンら)によって、
より寛容な基準としてIQ140以上の持ち主などを天才と定義しました。

重要なのは、広義の意味においては
天才に社会的価値は必然ではないということです。
私はあなたをウェクスラー式天才であると
確信しています。その文脈において間違いないでしょう。
それはそれで全く価値のあることです。しかしながら、
あなたの罪の意識、おそらく他の社会的文脈においても
その天才性を応用せねばならないという意識は
必然ではないですし、それを罪と自覚する必要も
ありません。それが私の主張です。例証すれば、
アインシュタインは物理学の天才ですが哲学の天才ではありません。
ウィトゲンシュタインはその逆です。
そしてあなたはウェクスラーテストの天才ではありますが、
現在のところ、その他の文脈では天才性を確認されていません。

ですからあなたはなんの罪悪感を抱く理由もありませんし、
むしろその文脈での天才性に誇りを持って社会に臨むべきです。
その行動があなたの罪の意識を氷解させてくれるのではないでしょうか?

ちなみに、天賦の才を自称しながら、神を信じないという辺りに
論理の天才ではないな、とは思いました(相当なぶれもありますしね)。
神様のいない天とはなんでしょう?
「他者に対する私の遺伝的優性」という形で解かれたほうが良いのでは?

219 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 08:50:21
「天」概念はかならずしも神を意味しないよぉ。

220 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 10:40:54
マジっすか?それははずかしい…

221 :馬鹿王:2005/12/04(日) 11:30:07
>>205
ワロタ。そして釣られた。
すでに結構、香ばしいじゃん。

人間にとってどんなイメージや観念や観想を妄想対象とした時
もっとも快感が強いのかすぐに調べはつくはず。
最終的には存在の存在というリアルな妄想の中で
つまりはリアルの中でその世界を当たり前に生きてくだけ。

なかなか面白かった。ありがとう 天才1。

222 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 11:43:21
>>218
>ちなみに、天賦の才を自称しながら、神を信じないという辺りに
>論理の天才ではないな、とは思いました(相当なぶれもありますしね)。

あのぉ、論理的に神の存在を証明できるのでしょうか?

223 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 13:15:06
それはゲーデルって香具師に聞け。

224 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 13:48:16
少なくとも神の存在について議論している時点で
神についての大まかなイメージは存在しているから
存在か否かの前に、まず大体の神概念があるとは言える

225 :マンコ太郎 ◆.scS57BSr6 :2005/12/04(日) 14:12:42
Reply-to:>>223
> それはゲーデルって香具師に聞け。

彼の証明の flaw はその証明に使用された仮定にあります
なんでもゲーデルが証明したからと言って正しいと解釈するとは
情けない


226 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:31:49
なにここ

227 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:31:53
ラルクのギターは罪だな

228 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:31:57
ラルクのギターは天才である。

229 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:32:00
ラルクのギターの人の天才っぷりの罪は大きい

230 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:32:01
ラルクのギターは天才である。


231 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:32:02
ラルクのギター天才だよねww

232 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:32:03
イタタタタ

233 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:32:16
天才と言えば


234 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:32:22
菅原道真以上の天才とは思えんな

235 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:32:26
ラルクこそ天才の罪だね

236 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:32:27
ラルクのギターの乳首は罪である

237 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:32:34
>>230がこのスレの結論だろ

238 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:32:37
何がラルクだよ・・・
ウンコして寝る

239 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:32:43








ラルクのギターが神な”件”
なんちゃってw

240 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:32:47
菅原道真のIQって高そうじゃね?

241 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:32:51
急に人増えたね

242 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:32:53
FA.

243 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:32:55
ラルクのアナルギターは天才

244 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:33:02
灰原哀

245 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:33:11
ラルクのギターは考える葦であるってことだ

246 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:33:14
混じれ酢すると菅原道真は学業の神

247 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:33:17
灰原wwwww

248 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:33:23
なんだなんだ?集団催眠かな??

249 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:33:22
は?ラルクのギター?
まー天才の罪かもしれんね

250 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:33:30
ラルクのギターと菅原道真ってどっちが天才だろう?

251 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:33:34
確かに天才ラルクのギターは罪だよね

252 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:33:42
で コナンの字刷れどこよ

253 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:33:44
>>250
ラルク

254 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:33:51
菅原道真に勝てる可能性を秘めた天才はラルクのギターぐらいだ。何故ならそオッパイ揉みたい。

255 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:33:52
ラルクのギターは今でこそ天才と呼ばれているが
彼は過去に男を襲い罪を犯したらしい

256 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:33:52
嵐?

257 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:33:53
ナショナルインバーターエアコンですかね?

258 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:33:56
>>252
ラルク

259 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:34:00
別府=神

260 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:34:10
ってか何でラルクなんだ?

261 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:34:34
っていうかこの中にラルクのギターいるんじゃね?

262 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:34:35
>>256
関ジャニ∞だとおもわれ

263 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:34:40
いーえ灰原哀 です

264 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:34:56
俺がラルクのギターだ

265 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:34:57
らるくっち

266 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:35:09
>>260
いや、普通に考えたら天才の話しててラルクのギターに流れ着くのは当然だろ

267 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:35:22
>>262
そうか?VIPりしたwwwww

268 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:35:26
ラルクヲタage厨ウザイ 
ルール守れよクズが 
おかげでラルクが嫌いになった 

269 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:35:31
テストザネイションIQいくつだった?

270 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:35:36
天才は黙ってギターでも食ってろ

271 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:35:37
ラルクスレから誘導されてきたんですけど、
ここって何か違くない?ほんとにここでいいの?

272 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:36:07
>>266
禿げ同

273 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:36:11
コナンは?

274 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:37:12
ラウンジの連中がVIPにスレを立ててVIPのせいにしてるんだよ
悪いのはラウンジ

275 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:37:25
>>222
論理的に証明できるなら神なんていらない。

276 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 14:37:33
ラウンコ死ねよ

277 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 15:17:29
誘導されたのか。。。

278 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 15:50:07
VIPのせいにして突撃
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1133670531/43

279 : ◆qt8VwpAW1c :2005/12/05(月) 00:04:29
>>206=208 不殺の心構えは素晴らしいと思うけれど、毎日暮らしてるだけで微生物殺しちゃったりしてる事を理解した上でやらないと、感情的に鯨食べちゃ駄目ーって言ってる人と同じになっちゃうよ……。

>>207 逆だよ……。高い知能を有する故に素晴らしい妄想ができるんだよ……。

>>209 天才だからって、要領良くないといけないなんてことないだろ……。

>>211 ネタって言葉には色んな意味があるけれど、少なくとも嘘は言ってないよ……。

>>212 おっさんじゃないよ……。仕事辞めたとか貯蓄があるとかでおっさんに見られてるのかもしれないけれど、天才だから若いけど貯蓄があるんだよ……。

>>213 楽しませようとは思ってないよ……。見た人が楽しんでいい気持ちになってくれれば嬉しいけれど、頑張って楽しませようとはしてないよ……。

>>215 天才の役割と凡人の役割は根本的に違うと思うよ……。これは天才だけじゃなく、それぞれ「自分にしか出来ない」というと言いすぎだけど、そういう部分があると思うよ……。

>>216 天才の定義が違うだけだよ……。大体「完璧」自体万人共通の定義はないよ……。

>>217 怠慢なのは事実だよ……。道徳とは何か、辞書的な意味でなら理解しているつもりだよ……。

280 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 00:13:13
君にしか出来ない役割なんて社会にはないよ
役割より肝心なのは、それで大多数の人が笑おうと苦い顔をする人も現われるて事

それは役割を奪うって意味でだけじゃないよ

だから君の悩み事態ただの思い上がり、社会に貢献する「必要」なんてのはないんだよ

今の儘ゆっくり生きて

281 : ◆qt8VwpAW1c :2005/12/05(月) 00:15:50
>>218
私は天才ですが無知なので天才が広義及び狭義でどういう定義がなされているのかを確実には知りませんが、貴方の言葉が正しいとすれば、私の病巣は明確ですね。
つまりわたしは、狭義の意味での「ウェクスラー式天才」であるのに、その「天才」を広義の意味での天才と勘違いし、
「(狭義の天才なのに)天才なんだから(広義の天才がそうであるように)なんらかの社会的道義とでも言うべき還元、人類への貢献といった事をしないと罪である」と思っているのが間違いなわけですから。

ですがあなたの挙げた例にはいささか疑問が残ります。
アインシュタインもウィトゲンシュタインも、共に「知能」という面から見ると天才とされています。
二人とも「知能が天才的に高かった故に」あれだけの事を成せたと一般的にはされていると思うのですが、いかがでしょうか。
もちろんどんなに知能が高くても、学習せねば多岐に渡る分野全てを極める事など出来ません。
いや、天才ですら、極められるのはせいぜい一つや二つでしょう。

アインシュタインは物理学を選んだ天才で、ウィトゲンシュタインは哲学を選んだ天才だった。ただそれだけの事ではないでしょうか?
つまり彼らは、生まれつき「物理学の天才」や「哲学の天才」だったのではなく、天才(この言葉が不適切なら知能面での天才と言い換えても構いません)が物理学を選んだ、哲学を選んだ、その結果それぞれの分野で大事を成したというだけの事ではないでしょうか。

>ちなみに、天賦の才を自称しながら、神を信じないという辺りに
>論理の天才ではないな、とは思いました
天賦の才という日本語が、仏教徒の日本人の間で使われる事についてどう思われますか?
無神論者が有事の際「神よ」と祈りの言葉を捧げる気持ちも理解できませんか?
「天才」についての意味も大事ですが、「天賦の才」という言葉の意味も多義に渡って使用される言葉なので、理解しておいた方がよろしいかと思われます。

282 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 00:16:49
私が君を天才だと思えないのは、君の発言が全く要領を得ないからだ。天才を自負するのなら、物事の要を見つめて解決策を見出だせばよい。くよくよと悩んでおらずにね。処理能力は凡人以下と見える。まあ、逃げ口上は天才的だが。

283 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 00:18:44
天才は社会に貢献する義務のある星で育ったのかな

1君は、自分が社会に貢献したいって欲望を自覚してないだけ
ゆっくりしたい欲望があるのも事実

ならじゃあ悩まず、何を選ぶか自分で決めたらいいよ

簡単な事だよ

284 : ◆qt8VwpAW1c :2005/12/05(月) 00:29:22
>>221
理解されないのはもどかしいですね。そして悲しいことです。

>人間にとってどんなイメージや観念や観想を妄想対象とした時
>もっとも快感が強いのかすぐに調べはつくはず。

言うなれば私は、私の天才的知能により誰もが持っている「内なる世界」とでも呼ぶべき世界を、常人より遥かに優れた形で構築してしまっている。
その世界は既に外界のそれに迫り、一部では遥かに凌駕してしまっている。

>最終的には存在の存在というリアルな妄想の中で
>つまりはリアルの中でその世界を当たり前に生きてくだけ。

故に私は、多くの場面において――多くの人が外界からの刺激を渇望するような場面で――己の内なる世界からの刺激で十二分に満足することが出来る。


あなたがこれを信じないのは勝手ですが、私にとって「それが現実であるか妄想の中であるか」というのは、大した違いではないのです。
なぜなら私は私の天才的知能によって、現実に迫り一部ではそれを凌駕するほどの妄想を手に入れているのですから。
違いがあるとすれば、私はまだ外界からの刺激に対応するスイッチを切る術を完璧には見につけていませんが、内界での刺激に対するスイッチを切る術はほぼ完璧に身につけているという、ただこれだけの差です。

285 : ◆qt8VwpAW1c :2005/12/05(月) 00:30:01
わかりやすく例を。
凡百の民がよく妄想する「スターになりたい」「アイドルになりたい」といったような願望。
(すみません。私はすでにこれらの願望自体が、願望を抱く過程を想像することは出来ても理解はできないので、月並みな例になってしまいます)
これらの願望を私が抱いたと仮定します。
そしてそれがすぐには実現不可能だった時、人はテレビに映る歌手を見たりライブに足を運んだり、カラオケで歌ったりして気を紛らわせるようですね。
私にはそれをする必要がありません。
なぜなら私は、今すぐにでも私の妄想の世界でスターにでもアイドルにでもなれるからです。
そしてそれは、私が現実世界でスターやアイドルになることと、なんら変わらない充足感を私に与えてくれるでしょう。
(そもそも私は現実世界でスターやアイドルになりたいと思った事がないので、今妄想の世界でスターになってもなんら感慨もないでしょうが)

私にとって、外の世界と内の世界は、限りなくイコールに近いのです。
さながらとても巧妙に作られたバーチャルリアリティの世界のように。

そして私は、それがバーチャルリアリティなのか現実なのかといった違いに、大した価値を見出しません。

286 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 00:33:27
その程度のヴァーチャルリアリティーなら、私を始めとした凡人にも出来ますよ

287 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 00:39:00
天才さま、私は応援してますよ。

288 : ◆qt8VwpAW1c :2005/12/05(月) 00:39:46
>>226-278 出張お疲れ様ナリ

>>280 君にしか出来ない役割は、あるナリ
君が社会人なのか学生なのか、はたまたニートなのかは知らない。
君が社会人だったと仮定して話を進める。
仮に明日君が会社を休んだとしよう。
君のやっている仕事は、確かに誰でも出来るような仕事だ。君が休んでも君以外の人が上手く業務をこなして、世界は回っていくだろう。
君が仕事を辞めれば、その分雇用される人が増え、喜ぶ人も出てくるかもしれない。

それでも、今こうやって書き込んだ君という存在はまたとなく、君以外には書けなかった事を君は書いたんだ。
だってそうだろう? 他の誰が、君と全く同じ2005年12月5日、0時13分13秒なんて素晴らしい時間に280をゲットしながら、哲学板のこんなスレにそんなレスが出来る?
君以外の誰も出来なかっただろう?
もちろん君が書き込まなければ、僕が280をゲットした。正直280ゲットに人生を賭けていると言える僕にとっては、君の言うとおり、君の行動によって悲しんだ人間となったわけだ。
大多数の人が君の書き込みを支持したとしても、こうして悲しんでいる僕がいる。

でも、それでも言わせてくれ。
その280ゲットは、僕には決して出来ない280ゲットだった。
世界中で、2005年12月5日、0時13分13秒なんて素晴らしい時間に280ゲットできたのは、君だけなんだ。
君にしか出来なかった事なんだから。

たとえ一見それで何も変わらなかったように見えても、自分が生きていても死んでいても世の中は何も変わらなかったと思ったとしても、君は生きているというただそれだけの事で繋がっているんだ。
僕と君も、たとえそれがどんなに細い糸だろうと、繋がっているんだ。
周りに全く影響を与えない生き方なんてない。生きてるだけで誰かが悲しむかもしれない。
でも、生きてるだけで誰かが喜んでくれるかもしれない。

だから、280ゲット、おめでとう。

289 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 00:40:08
今も自分が天才だという自分内部のバーチャルな世界に浸ろうとした所
例えそのような妄想を自分の中で築いても
快感に直接繋がる事がうまくいかず

今回、このような形で2ちゃんねるという媒体に頼るようになりました

他者の承認、理解を求めるが故に破綻しているものがございます

290 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 00:43:04
うんうん、そうだね、じゃあ、固有の役割というのはあるでいいよ

でも肝心なのはそこじゃない

291 : ◆qt8VwpAW1c :2005/12/05(月) 00:45:04
>>282 そもそも解決策が存在しない問題かもしれないナリ

>>283 勝手に拙者の欲望を決めないで欲しいナリ
社会という基準に照らし合わせたら、持つものは持たざる物に分け与えるのが前提ナリ
キリスト教的価値観に照らし合わせても、それが正解ナリ
倫理的に言っても、それが正解ナリ

無宗教国家日本において倫理が失われたと言われる現代の若者。
そんな現代の若者達には、拙者の話は理解してもらえないのかもしれないでござる。

292 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 00:50:57
何に照らし合わせようと、最後に決断を下してるの1君だよ

やらなきゃダメだって、別に貢献しないでいいのに

293 : ◆qt8VwpAW1c :2005/12/05(月) 00:51:07
>>289 せめて1-10程度のログは読んで欲しいでござる。
拙者、凡百の民達に天才だと認められる事には何の価値も感じてござらん。
愚民とは往々にして愚民であるが故に錯覚に陥り何の才能もない凡人を天才として崇め奉るもの。
拙者はそのような偶像になるのはお断りでござる。

>>290 武士には武士の、農民には農民の、そして天才には天才の道というものがあるのでござる。
だが拙者、天才として生まれながら天才の道を歩む事にやぶさかでござる。
言うなれば、諸国漫遊なんかしたくもないのに、水戸黄門になってしまっていたようなものでござる。
城で隠居暮らしを楽しみたいが、諸国漫遊をせねば全国津々浦々の水戸黄門の放送を待ち望んでいる方々に面目立たぬ。されど生来の出不精ゆえいかんともいたしがたし。
ああ、苦悩である。

294 : ◆qt8VwpAW1c :2005/12/05(月) 00:55:39
>>292 それはYouが凡人だから言える言葉だYo!
Meのような天才になると、最早成す事のレベルが違うんだYo!

ひょっとしたらオレの行動に全人類の存亡が関わってくるような場合もあるかもしれないぜ
そしてその可能性は天才であるが故に通常よりも遥かに高いぜ
そう思うと申し訳なくてご近所のおばさんにも顔合わせられないぜ

凡人は盗んだバイクで走り出してバイクの持ち主に迷惑かけるくらいが関の山だぜ
だけどオレくらいビックな天才になると、オレが何もしなかっただけでそれ以上の迷惑が全人類にかかるかもしれないぜ

ああ、苦悩である。

295 : ◆qt8VwpAW1c :2005/12/05(月) 01:04:38
じゃぁ今日もおやすみなさい

296 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 01:31:33
さて次は世界でも救う妄想というか設定でおねがいします

今と変わらずの姿勢、可能性と、根拠に乏しい断定を織り交ぜ物語っていただければOKです!

ではどうぞ

297 :ZERO:2005/12/05(月) 01:43:21
もちろんそうですよ(´Д`)何かを日々、犠牲にして生きてる。私にとって犠牲にする必要がなく、殺す以外の方法があるときは、そっちの方法を選んでいるだけ。だから私の選択を、別の側面からみて、間違いを指摘されても、私は自分の選択に従うのです。
天才1よ、少しばかり変わったね。意図的に変えてるのかもしれないが、はっちゃけた感じも悪くない(^-^)オヤスミ

298 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 01:46:32
天才故に人類の存亡に関わる一大事を起こす可能性を秘めている?故にって、君は無根拠で話を進めるねぇ。人類の存亡?割りと壮大なことを言うねぇ。まあ、妄想がどれほど突飛であろうと、脳みその中はひたすら個人の自由だからいいけどね。

299 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 01:49:02
図的に考えると、個人の脳みその中だけが自由だと考えられるのでしょうね。

300 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 02:33:09
天才を理解できるのは多分世界に数人しかいない。
それゆえこんなところで何を言っても無駄だろう。

301 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 02:38:14
>>300 良いこと言った!

302 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 03:31:26
理解された上での批判を分かってもらえないと誤認する事は、己の弱さ故か

ただ気が触れたのか

303 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 04:03:31
1に苦悩する〜とか問題だ〜とか書いてあるけど、天才なら苦悩なんかせずにあっさり問題解決出来るんじゃない?

304 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 04:14:15
天才はあバカでも判る事がわかんないんだな。
人と接する際、頭のいい奴は人を判断したがるので、それゆえに
人は嫌悪感を覚えて離れていく。
人間はそれぞれ違う環境で育ち、違う性格、違う顔をしている。
だからすべての人間を判断するのは到底不可能な事。

人間を判断する際には、相手を信じない限り無理な事で
猜疑心ばかりで他人の心を見る人間に他人は心を開かない。
自分と他人を違うなんて思わないように。

305 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 04:51:47
天才って、天賦の才?天賦の才がある人?

306 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 05:35:13
才能そのものは2chに書き込みできないと推測できる
書き込んでいる>>1は才能を持っている人ではないだろうか?

307 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 07:03:18
IQの話してんじゃないの?

308 :天才:2005/12/05(月) 07:42:51
全能者である予は俗人にとって才能そのももである。


309 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 11:16:26
はいはい

310 :天才:2005/12/05(月) 11:45:27
何でも言う事を聞くイエスマンを従えていても世界を制覇できる訳ではない。


311 :ふむ:2005/12/05(月) 13:09:58

私の過去の話をここにカキコです^^;
3年前に中国に行きました^^;そこでランプに出会いました^^;
広島での話です^^;店の中に入るとアラジンのランプと書いてある
「おじさん いくら?」と聞くと おじさん「これは 願い事が叶うランプ」
「1万です」と言う。私「負けて下さい」おじさん「いや!願い事がかなうランプだから」
負けてくれません^^;私は買うのをやめました 願い事が何でもかなうからです!
しかも 1万円は高いと思った^^; おじさんの願いは何なんでしょう^^;
アラジンの魔法のランプ あなたは欲しいですか^^;
なんでも願いがかなうランプですよ^^;

312 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 13:40:57
問題提起が曖昧でどうにもなりませぬ

313 :うめ:2005/12/05(月) 17:58:37
天才1さんはおいくつで何をしてる方でどんな風貌なのですか?

314 :天才:2005/12/05(月) 18:20:46
真の天才である予は天才1ではないが、サーファーである。


315 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 18:46:28
サーファー。サーフィンの天才なの?

316 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/05(月) 19:15:37
>>313 素晴らしい名前をありがとう。今後その名称を使わせていただくことにします。
二十代の男です。
テレビに出ている芸能人の方やカッコイイと言われているような方々にはあまり似ていません。
自分で自分の容姿を客観的に分析するのは困難だと思われがちですが、私は天才故に自分の容姿を客観的に評価する事が可能です。
肌に全く気を使ってこなかったので、肌が荒れ毛穴も目立ってしまっているので、そういうのが苦手な方からはかなり低い評価を受けると思います。
また身長も平均より高く、体格も筋肉質で骨太なので、そういうのが嫌いな方からはやはり低評価を受けると思われます。
服装など、特にお洒落などに強い興味があるわけでもなく、一般生活を営む上で周囲に不快感を与えたりしない程度の格好しかしていないので、いたって普通です。

ですが容姿に関しては概ね好評価を得る事が多く、好青年、いい人といった印象を与える術にも長けているようです。
現代女性の価値基準に照らし合わせるとしたら、平均以上ではあるけれど飛びぬけて良いわけでもないと言ったところでしょうか。

いずれにせよ、知能のように突出して良いわけではありません。
平均値を100と定めるとしたら、110や120といった所ではないかと思われます。知能指数であれば、正常値の範囲に入るレベルですね。

317 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/05(月) 19:28:20
知能に関わらず、文脈を読むということが出来ない人間が多いですね。
ただ煽りたいがためにそうしているのか、本当に読むことが出来ていないだけなのか。
後者だとしたら、やはり私は世界に絶望するしかないのです。

>>205で書いたように、今このスレの意味は変わりつつある。
おそらく天才を目にした事もなければましてや語ったこともない、存在すらも信じていないかもしれない貴方がたの発言に、私という天才が逐一レスを返す、そのための場となりつつあるのだ。

人は、特に凡人は、自らを低く見られると(それがたとえ事実だったとしても)怒りを感じるものらしいという事は、私も知っている。
だが私にはそういった感情はない。
君達のそういった感情による反応が面白く、意図的に「凡百の民」「愚民」といった言葉を使用してしまった事に関しては、君達の反応を見て楽しんでいたという意味で、紳士たる私にしては真摯な態度ではなかったなと反省している。

318 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 19:52:26
俺は昔から自分が頭が良いと感じてきたわけだが、
天才1さんの意見に同意できます。

別に紳士的になって人気者になる必要はありませんよ。
あなたに対して紳士的な態度を取らない人間に、
紳士的でいる必要はありません。
ここで馬鹿を徹底的に痛めつけなければなりません。
それが天才としての今の仕事のはずです。時には心を鬼にしてでも
愛の鞭で馬鹿どもをしばかなければならないこともあるのです。

馬鹿に馬鹿を認識させることが、
間接的に日本の利益になるわけですから。
それが神があなたにネットをやらせている理由です。
まずは、馬鹿に馬鹿と認識させることからはじめればよいと思います。

319 :ZERO:2005/12/05(月) 20:05:56
『天才1』って私も使ってたのに〜(´Д`)と悔しがってみる。

320 :うめ:2005/12/05(月) 20:08:34
私は本当に凡人ですが。何を、どういう人が天才かって思うのはみんな違うし、
天才1さんを天才だと思わない人がいても当然ではないでしょうか。
この世にせっかく時間を持って生まれてきたのに、俺の苦悩は誰にもわからないとか、
天才と凡人は違うとか、そんなひねくれたことをいってたらもったいないとおもいます。
絶望する気持ちはわからなくないけどもっと素直に生きたら?限りある時間なんだから
頭がいいなら自分を試す現場を自分で作ればいいのに。まず自分のことからではないですか。
私は哲学とかもよくわからなくて、ホントたまたもここの掲示板を見ただけなんですけど
こういう平凡な考えもあるってことも知ってくださいね。

321 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 20:12:11
あんたら境界例ですか。

TVドラマ「24」観られてはいかかでしょうか?骨太な天才ですよ。

322 :天才:2005/12/05(月) 20:17:32
汎用性こそ天賦の才のあかしである。
予が世界のデファクトスタンダードであるが、どうよ?


323 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 20:18:17
哲学的な議論で言い負かす事にどれ程の意味があるだろうか

この板内で自分より知識や知能の劣る相手に、君は馬鹿だからしゃしゃるのも程々にと
思わせた所で謙虚であるのはこの板や、哲学的な会話があがる時に限って

確かに論理的な思考能力が欠如している者は、多々見受けられる
この板より寧ろ日常に溢れている

だが、彼らはそれほどそのような能力を渇望していない
馬鹿でいい、あれこれつまらない悩みを抱え選民意識を持っている賢いとされる人よりも
例え馬鹿であっても幸せであれるならそれでいい

いいのだよ、馬鹿は馬鹿で天才と思いたい者は天才と思っていれば

ところで自称天才くんが秀でた才能を持っているなら、見せて欲しい、その力を

324 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 21:08:29
ようするに>>1は働けってことだよ

325 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 21:40:30
てかいつまで釣られてんだってことだよ

326 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 21:41:27
318は痛いね。馬鹿に馬鹿であることを認識させることが、間接的に日本の益となる。その、根拠は?極め付きが、神によって天才がこのスレをたてたという。神の言いなりか?合目的性の欠片すら見受けられない。

327 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 21:47:11
天才は、CHDに罹患したことはありませんか?

328 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 21:48:40
CHDって、何ですか?


329 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 23:24:20
虚血性心臓病のことです。心筋梗塞や狭心症が代表的で耳にされることも多いかと思います。タイプAの患者に特徴的に見られます。天才は、タイプAの特徴的な症状に類似した発言が多いので、もしかしたらと思って。

330 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 23:38:43
でだ。そろそろ糞天の感想を聞かせてくれ。

331 :考える名無しさん:2005/12/06(火) 00:18:03
Me ×
I ○

332 :考える名無しさん:2005/12/06(火) 01:45:35
>>317
>ただ煽りたいがためにそうしているのか、本当に読むことが出来ていないだけなのか。
>後者だとしたら、やはり私は世界に絶望するしかないのです。

高みにいる人間の孤独ですね。
グッド・ウィル・ハンティングの主人公みたいな感じなのかなあ。
私としては、凡百の馬鹿どもは放っておいて、
別次元のかなたの世界にまで突入して、
それから帰還して欲しいんですがねえ。
そして、その冒険譚を聴かせて欲しいんですよねえ。
凡百の馬鹿どもが、それでも馬鹿なりの才能を持っているのに、
そのわずかの才能すら浪費されていくのはまあ仕方ない。
でも、天才まで浪費されるのは、どうにもつまらない。
そう思うんですよね。

333 :考える名無しさん:2005/12/06(火) 01:51:24
凡庸ではない馬鹿が一番理解されにくいし大変やわな

334 :考える名無しさん:2005/12/06(火) 02:59:14
で?

335 :考える名無しさん:2005/12/06(火) 04:45:39
糞天食ったのか?

336 :火消しの田中:2005/12/06(火) 05:19:29
行動を起こせない天才よりも
行動を起こせる常人の方が価値があると思う
それに、天才と呼ばれる人間は
ただ知能指数が無駄に高かったわけでは無いはずだ
天才も評価されなければ頭のイイ人止まりでずよ

337 :考える名無しさん:2005/12/06(火) 05:25:47
自分の行動の影響を考慮して行動しない天才と、
何も考えずに行動する凡人。

338 :考える名無しさん:2005/12/06(火) 06:56:17
天才と何がしかの分野の技術がある人は異なる、
私もその道で卓越している人が天才であると先入見をもっていた、
天職という言葉がある、職業はそれぞれの人が神の摂理に従って与えられたという考えだそうだ、
天才は天職と同じ考え方だ、
その分野で優れている人は技術があると考えられる、
だが、技術者はその人が神の摂理に従って担っているとすると言い過ぎだ、ただその分野において優れているのだ、
天才と言うと、彼はその人に世界の摂理を見ている、
技術者では、彼はその分野で活かせると考えているのだ。
天才の罪は原罪ですかね。
技術者の罪はそのところの罪でしょうか。

339 :火消しの田中:2005/12/06(火) 10:04:39
337≫は、一理あると思います
しかし、物事を成すには危険や障害はつきものです
それには、それらに対処できる知識をもつ事ですね


340 :火消しの田中:2005/12/06(火) 10:36:25
<天才:天性の才能を持って生まれた人間>
苦悩する必要は無いと思う
人は人から必要とされ初めて意味があるもの
他人より理解力があったとしても
机の上だけでは意味をなさない
追究と活用の出来ない人間は新たな境地も探し出せない
悪用さえしなければいいと思う。

341 :考える名無しさん:2005/12/06(火) 10:39:33
ゴッホは、行動と言えるようなことは何もしていないが、
彼の描いた絵によって、多大な影響を及ぼしている。

ニーチェなども、同様であろう。他にも、このような事例は、
幾つもあるであろう。

凡人の行動による影響力より、
数千倍、数万倍の影響力があるように思う。

342 :火消しの田中:2005/12/06(火) 10:52:21
彼らは自らの表現とゆう行動に生涯を捧げている
それが現在になり評価されている
表現の追究、新たな表現の発見、その技法の活用をしている
私にも何を理解していたのかは解らないが
影響力=天才は何か違う気がする?

343 :考える名無しさん:2005/12/06(火) 11:07:59
>>336
> 行動を起こせない天才よりも
> 行動を起こせる常人の方が価値があると思う

>>342
> 彼らは自らの表現とゆう行動に生涯を捧げている
> それが現在になり評価されている

「行動を起こせる常人の方が価値がある」、普通、ゴッホやニーチェを常人とは言わないだろう。

344 :火消しの田中:2005/12/06(火) 11:09:41
よく読んで!!

345 :考える名無しさん:2005/12/06(火) 11:59:20
そもそも天才て何やねん

己には到底なし得ない事を出来る者や
自分が多大な影響を受けた相手を
総括してそう呼んでんのや知らんけど

俺にとってはな!
天才なんかよりおっぱいの方が遥かに偉大であります!
おまえら馬鹿シネ

346 :考える名無しさん:2005/12/06(火) 12:29:55
おっぱい=天才

この式は一見間違っているようであり
ただ乳房に異常に固執する
プシコの所業に見受けられるが
その実は、確かである!

即ち、俺は
おっぱい大好きすきすきすぅぅーーー!

でもお前等は全員馬鹿!

347 :ソフィスト:2005/12/06(火) 13:30:43
>>1
天才とはなにか?
定義はどうか知らないが、その定義っていうのも誰かが創ったものだし、結局哲学になるよね。
まぁそういうのを語り合ってるんだろうけど。
「天賦の才」とはよく言うし、天才1くんのソレはそれなんだろうと思うよ。
ただ、人の為にどうとか、そういうことに天才っていうのはあまり関係ない、と思うよ。
だから天才1くんは、「天賦の才」を持っているが、同時に”人間”としての凡庸な考えや、常識・道徳も持っていて、
「俺様の有り余る才能を発揮する場所がない、この俗世間では。」
ただそう思ってるってだけだろ?
そういうのを一部世間ではダメ人間って呼んでるよね。
哲学してみたら、”ソレ”以外、自分が凡庸なことに気づきはじめてしまった・・・行動しなけりゃ才能なんて意味がない・・・そういうことに気づいてしまった・・・それだけだろ?

「天賦の才」を発揮したら人の為になった・・・結果だろ?ただの結果だよ。
「人の為に何かをしたい」そう思って行動したら歴史になった・・・結果だよ。
何も出来なかった天才も多いと思うぜ。
まぁ分野は違うが オレも同様の天才だ。要するにダメ人間だ。

書いてある事が思ってることの全てではないだろうし、キミの意見や考え方には賛成・同感だがね。


348 :考える名無しさん:2005/12/06(火) 14:49:15
全てのおっぱいは偉大だ、
彼はおっぱいだ、
それ故に、彼は偉大だ。

349 :考える名無しさん:2005/12/06(火) 18:46:16
偉大でないおっぱいもある
むしろ罪深きおっぱいが多すぎる

350 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 00:26:18
おっぱいが偉大であることを認めるなら、
おっぱいでないとしか言えないだろう、
偉大でないとはおっぱいを単なる制度に引き下げる考え方だ。

351 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/07(水) 17:28:56
>>318 馬鹿の方が人生楽しいと思う。適度な馬鹿はその知能のレベルに比例した悩みしか感じないだろう。
だから馬鹿は素晴らしい。関わりたくはないけれど。

>>319 ごめんなさい。>>313を見たとき思いつきで書いたので、その前から使ってる人がいることに気がつきませんでした。

>>320 いや、別に今の生き方で不自由してないし、人生相談してるわけじゃないし。
別に俺を天才だと思わない人がいるのは勝手ですよ。人が何を考え何を想うかなんて自由でしょう。
ただ、俺は俺の知能ゆえに天才であるという事を俺は知っている。それだけで十分です。

>>321 見たことありません。テレビもあまり見ません。ごめんなさい。

>>322 僕は知能という面でしか天才でないから、貴方の方が素晴らしいと思います。

>>323 知能テストの結果でもうpすればいい?

352 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/07(水) 17:36:23
>>327-329 ないと思います。

>>330 ごめんなさいまだ食べてません。作ってもいません。

>>331 ジャニーさんに文句言ってください

>>332 あー、そう、その感じなんです。
せっかく天才なのに、その天才性を浪費させるのは勿体無いと思うんですよね。
元々質素な生活をしてきた人間なので。
今目の前にステーキと卵かけご飯があるとして、今食べたいのは卵かけご飯なんだけど、ステーキの方が値段高いしステーキ食べないと勿体無い、みたいな。
そんな感じです。

>>336 同意です。社会的に見たら行動してる人間の方が価値ありますからね。生産性という意味で。

>>337 そうなんですよ。質素な生活で良いと思っている人からしたら、ダイナマイト作ったのなんて迷惑以外の何でもないじゃないですか。
ましてや僕は、衣食住と本さえ確保されればある程度満足できるんですよ、天才だから。パソコンとかネットとかあるともっと楽しくなりますけれどね。
だから、科学の発展とか迷惑なだけなんです。僕にとって必要以上の技術は、僕を脅かす事はあっても僕に恩恵はないんです。

それを考えると、行動するのが馬鹿らしいんですよね。もし今から化学の道に進んで、すんごいウイルス開発しちゃって、それで世界が死滅したりしたら僕やばいじゃないですか。

353 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/07(水) 17:45:52
>>338 卓越した技術は、才能による所も大きいですが、本人の努力が大きいでしょう。
天才がその分野で努力すれば卓越した技術を得られるでしょうが、凡人が努力しても相当の技術は得られると思います。
そして、それぞれの技術力でしか計れない凡人からすると、努力した凡人の方が天才に見えてしまうこともあるかもしれませんね。

>>341 絵を描く事、書物を書くこと自体が行動ですよ。

>>343 だから、ゴッホやニーチェは行動した人たちです。天才かどうかは知りませんが。

>>345 このスレで僕は、常人より遥かに優れた高度な知能をも持つものを天才として使用しています。

>>346 いや、違うんですが。
>「俺様の有り余る才能を発揮する場所がない、この俗世間では。」
こんなこと全然思ってませんよ。天才たる僕が行動を起こせば、それ相応の事は成せると思っています。
よく僕の書き込みを読んで頂けましたか?
僕は才能を発揮する場がないと思っているのではなく、僕自身の幸せという事を考えた場合、社会で才能を発揮する必要がまるでないと思っているだけですよ。

それに、天才だから何かしなければ、というのは、持てる者が持たざる者に分け与えるとか、そういった考えや、純粋に「天才なのに浪費されていくのは社会全体の損失で勿体無い」という考えからですよ。
それを常識や道徳と呼ぶのかもしれませんが。

あと
>まぁ分野は違うが オレも同様の天才だ。要するにダメ人間だ。
あなたの言う「俗世間では余りある才能を発揮する場がない」というのは、単なるアホであり、決して天才ではないと思いますよ。
高い知能は大抵の事に役立ちますから。

つまりあなたと私は、まったく同様の天才ではありません。

354 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/07(水) 17:47:30
>>348 全てのおっぱいは偉大だ、
私はおっぱいではない、
されど、私は天才だ。

>>349 全てのおっぱいは偉大であるという前提の下では、偉大でないおっぱいは存在しない。
あるのは罪深くない偉大なおっぱいと、罪深い偉大なおっぱいなのだ。

>>350 まったくだ。我々はおっぱい侮辱罪で>>349を告発する。

355 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 18:55:22
卵かけ御飯とステーキなら、迷わずステーキを喰う!

356 :考える名無しさん:2005/12/07(水) 22:11:30
わたくしのIQは測定不能です。

357 :天才:2005/12/07(水) 22:13:03
予のIQはすべての人民を超越しておる。


358 :ZERO:2005/12/07(水) 23:14:25
気付いて頂けて幸いです(´Д`)
ときに、天才1が天才でなくなることはあるでしょうか?ずっと天才なのか、もっと天才になるのか、天才ではなくなってしまうのか…

359 :考える名無しさん:2005/12/08(木) 00:26:57
天才かぁ・・・劣った知能の持ち主かww(^−^
IQとかはあんまり関係ないと思うけど、150とか越えたら、
やっぱりそれは多分『天才』に分類されるんだろうね。
でも、天才だからって気にかける必要はないさww
もし何かしたいなら、本とか、自分の得意なものでその能力
役立てればいいのさ。残りの6万4千9百・・99人、
がなんとかしてくれるさww(+、特定の才能溢れる方々がね)

360 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/08(木) 00:28:40
>>355 むしょーに卵かけご飯が食いたい時ってあるやん。
もしくは安いカレーとステーキとかでもいいけど。

>>358 知能指数に依って天才と自称しているのだから、知能が下がったら天才じゃなくなるってことでしょう。
もっと知能が上がればもっと天才になれるでしょう。

361 :考える名無しさん:2005/12/08(木) 00:36:46
俺は今、むしょーにチキンラーメンが食いたい!

362 :考える名無しさん:2005/12/08(木) 22:33:03
社会人でない人間は社会に駆逐されるだけだ。己を満たすことはできないし、
当然周りを幸せにできる存在にすらなれない。きみが誰かと何かを分かち合うことができないからだ。
個人的には、きみにはこんな匿名掲示板でぼやいているだけで終わってしまうきみの人生が
とても勿体無いと思う(キミにとってでなくましてや社会的にでもなく、
キミとキミ以外とが関わることができないという事象そのものに対してね)。

凡百の民達に天才だと認められる事には何の価値も感じてござらん。などとキミは嘯くが、違うね。
認めたくないんだよ。感じてるのに、感じるのが理性に反する行為だから。
勝手に、自分は何に対しても情熱を抱けないという人間であるということにしているだけなんだ。

俺は1を越える天才だ。仕事も辞めてないし、彼女だって作る気がある(もっとも、これが一番厄介だが)。
俺がキミを超える存在たる所以が、ちょうどキミに対する忠告として適用されるので言っておこう。

>だが私がいかに優れた知能を有する天才だったとしても、無から有は生み出せない。
>私の内なる世界を更に豊かな物にする為に、また私自身が内なる世界からの刺激に慣れ、
>飽きてしまわぬように、外界から内なる世界の構築材料となるべき刺激を
>補充してやらねばならないのだ。

この辺にヒントがあって、実は俺も1と同じく、物事の嗜好性や意思を体感、体現する能力に
欠けているのだが、俺は上記のような外界から得た刺激を、自分のものにできる。ようするに盗むんだ。
いや、盗むというのも人聞きが悪いな。もともとその辺に有り触れている、みんなの物なんだから、
俺が使ってもいいわけなんだよ。この社会一般に言われる情熱や意思、やる気などを、自ら生み出さずに
外から取り入れ自分に重ねるんだ。そうやって社会人としての存在を保つ。今のキミにはできないことだろう。
一度それができるようになってから、また話をしようじゃないか。社会不適合者よ!

363 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/08(木) 23:18:15
>>302
いや、社会人だったこともあるわけで。

>俺は上記のような外界から得た刺激を、自分のものにできる。ようするに盗むんだ。
>いや、盗むというのも人聞きが悪いな。もともとその辺に有り触れている、みんなの物なんだから、
>俺が使ってもいいわけなんだよ。この社会一般に言われる情熱や意思、やる気などを、自ら生み出さずに
>外から取り入れ自分に重ねるんだ。

だから俺はそうした上で、さらに外界と接点を持ち続ける必要が無いから、コストを考えて遮断してるだけなわけで。

>そうやって社会人としての存在を保つ。今のキミにはできないことだろう。

とりあえず>>205の書き込みちゃんと呼んでください。

・内界が既に外界を凌駕し、通常外界から得る快楽や刺激を、全て内界で賄える
・無から有は生み出せない 内界とは元々無であり外界から材料を補充してやる必要がある
・ゆえに外界から読書などといった形で内界の材料となるものを得ている

つまり
>俺は上記のような外界から得た刺激を、自分のものにできる。
これと全く同じ事を僕も言っているのですよ。外界から材料を得たら、それを外界以上の物にして内界で構築できる、と。

さらに
>この社会一般に言われる情熱や意思、やる気などを、自ら生み出さずに
>外から取り入れ自分に重ねるんだ。そうやって社会人としての存在を保つ。
すでに外界よりも内界の方が優れた存在になっている以上、外で「社会人」という体裁を保つ事に何の価値もないのです。

>また話をしようじゃないか。社会不適合者よ!
社会不適合者なのは事実ですが、とりあえず発言をちゃんと読んでからまた話をしましょう。

364 :考える名無しさん:2005/12/08(木) 23:23:34
>>363
社会人であることに価値が無い、か。その結論は、天才にしては穴だらけだな。
自分をごまかしたい気持ちも分かるが。
俺も今日は疲れてるのでまた今度話そう。社会不適合者よ!

365 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/08(木) 23:28:28
働いたら負けかなと思ってる
貯蓄と副収入だけで生活していけてる今の自分は、勝ってると思います

366 :考える名無しさん:2005/12/08(木) 23:48:33
意外と努力家なんですね。

367 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 03:34:57
>>365
副収入って
何に対する副なんですか

368 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/09(金) 16:50:32
>>367
働いてた頃の習慣で副と呼んでいるだけで、実質今の収入はその副収入だけですね。矛盾してますね。
本業は天才で副業がある感じです。でも本業じゃ一円も入ってきません。あれおかしいな。

369 :367:2005/12/09(金) 17:05:38
副収入という言葉を使うから矛盾してるだけでしょう。
それが、実質の主な収入ってわけだと思います。
ただ、貴方にとってその収入は働いて得たものではないと。

370 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/09(金) 17:31:04
勤労の義務を果たしていない時点で日本人失格ですね

371 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 17:43:27
天才というだけで孤立もするだろうし、
日本人失格でも、今さらいいんでは?
ちょっと決め付け気味に言うと、
慣れ合いの曖昧なカテゴリの中で生きるつもりもないんでしょってw
一応、その嘆きのようなレスは、上の質問の明確な答えになってないが、
自分はそれを求める資格は別にないです
ただ、勤労の義務を果たしてないと言うことは、所得税も払っていない
所得税を払わずに収入を得ている君が羨ましいw

372 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/09(金) 17:53:15
納税の義務は果たしてますよ。
不労所得が基礎控除額以上にある時もあるので。
勤労の義務を果たしていない事が何故所得税も払っていない事に繋がるのか理解できません。

それとも所得税さえ納めていれば、不労所得でも勤労した事になるんでしょうか。

373 :天才:2005/12/09(金) 17:56:48
予は諸税をふんだんに収めている、尊敬される真の天才です。


374 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 19:30:36
やはり努力家なんですね。

375 :367:2005/12/09(金) 20:40:56
>>372
所得税を払っているなら、勤労の義務を果たしています。
勤労義務の憲法は、要は一揆を起こさず税金を払わせるための一項だから。
どうして日本人失格なんて言ってしまったんでしょう?

376 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 20:45:46
詰まる所、天才は努力家なんだろう。

377 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 22:16:05
エジソン?

378 :自称天才の立てたスレ:2005/12/09(金) 22:24:27

【2:3】安藤美姫の肛門の匂い
1 名前:考える名無しさん 2005/11/27(日) 21:39:21
哲学すぎるじゃないか



2 名前:考える名無しさん :2005/11/27(日) 21:42:15
逃げろ


3 名前:考える名無しさん :2005/11/27(日) 21:50:58
osikkokusai



379 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 03:19:23
なんか池沼ばかりのスレですねwwwwwwwwwwwww

380 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 04:37:47
はたしてほんとうにそうなのかな?(ぷっぷー

381 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 04:42:44
天才の定義をしてくれ

382 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 06:32:14





        人
       (__)  カタカタ
   〃∩ (__)  <お薬の時間ですよ〜
   ⊂⌒(,, ・∀・)
     `ヽ_っ_/ ̄ ̄ ̄/ ζ
         \/___/ 旦




383 :天才:2005/12/10(土) 13:28:29
世に貢献すべき事柄を埋もれさせたまま生涯を閉じて良いのか。
私が授かった知的山脈群を野ざらしにして良いものか。
私の関心は唯一、その疑問に対する回答なのです。
私は問いたい。神に。



384 :神様:2005/12/10(土) 13:38:54
天与の才を現実界で開花させるのが天才である。


385 :インス:2005/12/10(土) 14:15:31
このホームページ、インスピレーションの源だよ。

天才を開花させられるはず。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~homehome-world/

三分の一冗談だけど。



386 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 14:20:35
で?

387 :天才:2005/12/10(土) 16:52:14
時代が否定するから、私の居場所が限定されてしまうのです。
何者も私に意見を言ったり、苦言を呈することは許されないし
それはタブーなのです。
何故ならば、真の天才は全てを認識しているからです。
でもそれを披露するのは止めておきます。
哲学を豚に易しく解説しても何の意味もありません。
私の類稀なる才が、一般大衆により曇るのを恐れます。
それが何よりの恐怖であり、悲しむべき実在なのです。

388 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 17:08:20
>>387は女性ですか、どうよ?


389 :係長はトロイの木馬だった。 ◆JwMCYYQ666 :2005/12/10(土) 17:23:20
>>1は現実で会ったらけっこうおもしろいのではないかと思うのは僕だけ
でしょうか・・・?

390 :神様:2005/12/10(土) 17:58:25
汝ら、隣人の天才を愛せ!


391 :1:2005/12/10(土) 18:27:52
他人を真理に導くためにつかわせれた使者が天才である私の天命。



392 :韋駄天はふと考えた:2005/12/10(土) 20:27:47
ウェクスラー式測定って何?
天才式解説たのんます

「自分でクグれ」はなしね

393 :韋駄天はふと考えた:2005/12/10(土) 20:33:36
まぁ哲学スレに天才は数多いからね
スレの性質上
天才が集りやすい利点はあるね

ただし天才の中にもピンキリのランクはある
常人に近い思考回路の天才や
キチガイに近い思考回路の天才も
また多重人格が出る天才もいる

で、あなたはどの天才?

394 :韋駄天はふと考えた:2005/12/10(土) 20:39:01
>>383
日本は天才の墓場ですから

優れた天才よりも
不平不満を心に閉じ込める労働奴隷の方が評価される国ですから
天才には生まれた国と時代が悪かったわけです

395 :まさ:2005/12/10(土) 20:41:36
>>1
天才か試したい。信号の赤は何色?その理由を答えて。

396 :天才:2005/12/10(土) 20:41:55
予は象徴界のピンに位置する天才のなかの天才である。


397 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 20:43:30
天才の努力家か常人の怠慢屋か。その何れかだろう。私は後者。

398 :韋駄天はふと考えた:2005/12/10(土) 20:59:13
天才と常人を見分ける方法

天才は頼まれないと動かない(働かない)性質があるが
常人は頼まれもしないのに動きたがる(働く)性質がある

天才とは周囲から求められて始めて全才能を発揮しようとするが
常人は周囲から求められてもいないのに全才能を発揮する

399 :まさ:2005/12/10(土) 21:29:01
>>396
象徴界ってなんの集まり?宗教じゃん!
は〜あ相手にして損した。てっきり同類かと…
みんな〜ここは信者集めですよ〜
危険!危険!

400 :400:2005/12/10(土) 21:36:45
400はもらった

401 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 22:38:47
頭は余り良さそうには見えない。天才の努力家か常人の怠慢屋かに選択肢追加。愚鈍な空回り。君はこれだね。レス400を超えても要領を得た意見が見られないため、そう判断した。悪しからず。

402 :考える名無しさん:2005/12/10(土) 23:26:52
ウェクスラー式測定っていうのをやってみたいんだけど
どうすればできるのか教えてくれ

403 :まさ:2005/12/10(土) 23:30:11
>>1って、天才の証明できるのかな?


404 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 00:01:50
自分でわざわざ伝えなくとも、天才と言って良いほどの才能や知能が
あり、尚、欲深く無い人間なんてよ
そんなの居たら周りがほっとかんやろ
そういうのは利用出来るし持て囃されてしゃあないわ

それにも関わらず、ここに来る自称天才てのは
周囲に無碍に扱われてんのか知らんけど
自分で天才だと宣う以外に満たされないのか
天才、天才、うるさいのな

自称天才が此処に書く内容にも特別なものを感じないし
どうせ暇つぶしのネタみたいなこのスレなんかはな
哲板のなんたら式測定スレになってたらいいわ

俺は因みに前世でそれ測定したら、13やったわ
残念やわ

405 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 00:05:51
>>404
前世?

406 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 00:31:26
ああそうや、恥ずかしい結果を述べたのやからこれ以上そこに触れんでくれ

407 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 00:32:26
つまりとくわんだな

408 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 01:07:26
特湾w

409 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/11(日) 03:27:08
薄々わかってた事ですが、僕だけが香ばしくなるはずが、他の人のレスも香ばしいのが多くなってきましたね。

>>375 所得税を払う事と勤労の義務とは直接は関係ないのでは? 宝くじやパチンコでの収入も課税対象ですし。
納税の義務であり、勤労の義務とはまた別ですよね?
ようは労働力を余らせるのは罪であるという事だと認識しているのですが。僕が無知なだけで憲法でちゃんとそう決まってるならごめんなさい

>>381 既にしてます。このスレで僕は稀有な知能指数を有する者を天才としました。

>>385 怖くて見てません。

>>389 若造ですがそれでも良ければ今度飲みにでも行きましょうか。

>>392 自分でググれ。
ごめんなさいいわゆる知能指数を計るIQテストです。ウェスラー式知能検査のことです。
ビネー式も受けた事がありますが、こちらでは約160ほどでした。ですがビネー式はあまり重視されていないようです。

>>393 どの天才かはわかりませんが、知能が高い天才であります。
思考回路が一般と比較してどの程度異常なのか比べる術がないのでわかりません。

>>395 信号の赤は赤色です。なぜならあなた自身が問いかけで既に「信号の赤」と言っている時点でそれは赤と定義されているからです。
仮に「信号の『止まれ』は何色」と聞かれたとしても赤と答えます。なぜならそれが(一般的に)赤と定義されているからです。
「あなたの目に赤に見えているだけで本当は別な色なのではないか」と言われたら「そうかもしれません」としか答えられません。

>>398 できれば頼まれたくないですね。今の生活で満足してるのに「明日から科学者として2010年までに温暖化を止める方法を考えてくれ。君なら天才だから出来る」といわれても、面倒だからやりたくありません。

410 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 03:29:12






        人
       (__)  カタカタ
   〃∩ (__)  < 無職・引き篭もりも早く寝なさいよ
   ⊂⌒(,, ・∀・)
     `ヽ_っ_/ ̄ ̄ ̄/ ζ
         \/___/ 旦




411 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/11(日) 03:33:32
>>399 とりあえず「スレをちゃんと読む」という事から出来るようになったほうがいいと思います。
誰が>>1で誰が>>1じゃないのかの判断すらつかないのでは、今後2ちゃんねるを利用する上で周りを困らせるだけだと思いますよ。

>>401 要領を得た意見は既に>>1-20当たりで述べているつもりなのですが。
そっから後はただの惰性ですよ。
みなさんの書き込みに答えて対話しているだけです。既にスレの存在意義は変わっているのです。

>>402 ウェスラー式知能検査を行っている機関に行けば出来ます。おそらく有料になると思います。

>>403 このスレで僕は主にウェスラー式知能検査で150以上の数値を出すような人間を天才と定義した上で、天才という言葉を使っています。若干の例外はありますが。
なので僕が天才であることを証明するには知能検査、いわゆるIQテストを開示された状況で受けるのが最も手っ取り早いでしょう。
もちろんテレビ番組であるようなお遊びのIQテストなどではないもので。

>>404 僕は利用されるのも嫌なので隠遁生活を送っているのですが。

412 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 03:37:28
じゃあここにも出てきていらんし、期待に答えようと返答する必要もないやろ

にもかかわらず、てこった

413 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 03:42:41
宝くじに税金かかるのか?

414 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/11(日) 03:46:21
ここ数日皆さんのレスを見ていて、必要以上に「天才」という言葉を使うことに対する非難や「知能指数が高い」という事に対する湾曲した意見などが多いな、と思いました。

否定的な意見としては
・知能が高くともお前は駄目だ派
・お前は天才なんかじゃない派
・お前の書き込み見ても知能が高いと思わない。お前は知能低いんだ派

主にこの三種の否定的な意見が多いですね。
また論外ですが、僕の書き込みとそれ以外の「天才」さんの書き込みを混同しての否定的なレスも稀に見受けられます。

肯定的な意見としては
・天才に義務なんてない。お前がやりたくないならそれでいいじゃん派
・そもそもこの社会が間違ってるわけで天才のお前は悪くないよ派
・手始めに仕事してみなよ。がんばんなよ派

主にこの三種でしょうか。
最後のがんばんなよ派は、既にこちらの前提すら理解せずの意見なので、論外といえば論外ですが。


個々人の自由意志が尊重される社会においては、私の自由意志により私の行動が決定されるべきだとは思います。
ですから私が仮に全人類を救える(直接的にではなく間接的に)能力があったとしても、それを行使しないのもまた、私の自由でしょう。
ですがこれを社会的に見た場合どうでしょう。倫理的に見た場合どうでしょう。
また個々人の自由意志が尊重されると言っても、それは周りに迷惑をかけない範囲においてです。
救えるのに面倒だから救わないというのは、これは最早間接的な殺人と変わりがありません。
努力した結果救えなかったのであれば、許されるでしょう。
ですが救える可能性がある事を知りつつも、個人の満足、私自身の満足を優先して救わないというのは、最早周りへの迷惑と呼べるのではないでしょうか。

415 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 03:50:34
一生自分を責めながら、こたつでみかん食ってたらええわ

416 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/11(日) 03:54:24
>>412 知能指数というのは現代日本において貴方が思うほどは有効ではないようです。
例えば中卒だけど知能指数160の人間と、大卒だけど知能指数80の人間、一般社会おいて重宝されるのは主に後者です。
私の場合は大卒で知能指数も高いというパターンですが、幸い本人の意思が重視される社会なので、会社を辞めるという意思さえきっぱり持っていれば、引き止められる事はあっても最終的には退職できますよ。
それと同じで、隠遁生活を送るという強い意志さえあれば、簡単にドロップアウトできます。

その上でここでこうしてレスをつけているのは、僕にとってそれが「利用された」と感じる程の手間では無いからです。
また私への反応を私自身に直接的な害なく見られるという利点もあります。
なぜこれが利点になるのかは、>>205を読んで頂ければ理解できると思います。

>>415 書き込みの時も関西弁の人って珍しいと思ったのですが、やはり意識して関西弁で書こうとしているのですか。

417 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 03:57:40
>>413確か、宝くじに税金はかからなかったはず。

418 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 04:01:26
>>414仮定と可能性のみで論理的思考は成立しないだろう。仮定と可能性を真とする根拠が無い。君は本当に要領を得た意見が述べられないね。

419 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 04:03:10
で?

420 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 04:07:18
知能指数が高いと実務能力もやはりあるんですかね。
嗜好に関わらずなんでも幅広くこなせるものですか。


421 :天才:2005/12/11(日) 04:16:12
短い生涯を世のため人のためになることしかしないのが天才。


422 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 04:29:29
>>1
あなたの人生において、今までに何を達成しましたか?

423 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/11(日) 04:51:49
>>417 そうですね。言われてみれば宝くじは非課税だった気がします。
というわけで>>413さんごめんなさい。宝くじは非課税っぽいです。

>>420 自覚はないですが、知能指数の解説などが正しければ適応能力なども高いとなるはずなので、おそらく一般的な方々よりも早く適応してこなせるようになると思います。
例えば僕は大学受験時以外、自宅で勉強するという習慣もなければ予備校・塾などに通った事もありませんでしたが、学校の勉強が理解できないという経験をしたことはありませんでした。
これは知能が高かった故に授業内などで一度教われば瞬時に適応できた為だと思われます。
ですが記憶力などはそこまで突出して良いわけではないので、理解は出来ても覚えられないという事は多々ありました。
歴史年表や英単語の暗記といった分野などでは、一般的な人よりも多少優れている程度だったのではないかと思います。

>>422 どの程度のことなら「達成した」と言えるのでしょうか。
例えば僕がウェクスラー式知能検査で150以上を出した事は、「達成した」と言えるのでしょうか。
努力の結果成した事のみとなるなら、僕はおそらく平凡な事しか達成していないと思います。
なにせ>>205でも述べていますが、現実世界において時間をかけて何かを達成するよりも、内なる世界においてそれを達成してしまった方が(現実世界の時間で見て)早いのです。
もっとも外界を凌駕するほどの世界を手に入れられたのは、人格形成期を経た頃だったと思うので(ごめんなさい。いつ頃から確実に外界を凌駕するほどの物になっていたかはっきりとは覚えていません)それ以前は色々な事を外界に求め、色々な事を外界で成していたと思います。

424 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/11(日) 05:04:02
>>418 飛ばしてしまいました。ごめんなさい。
まずレスする前に質問なのですが、貴方のそのレスは>>414ではなく>>411の僕の書き込みに対してではないですか。
僕は>>401の貴方の書き込みに対し、>>411でしかレスしてませんよ。>>414は僕の「思ったこと」を書いただけであり、あなたの>>401に対するレスではありません。

そしてあなたは>>401において「要領の得た意見が見られない」とおっしゃいましたね。
それに対し僕は>>411で「要領なら既に>>1-20あたりで書きました」と答えたわけです。
「要領」とは話の肝心な部分、すなわちここでは「僕が何を言おうとしているか」であるわけです。
つまり「要領を得た話」には「論理的思考」も必要なければ「真」も必要ないのです。

貴方が「要領を得られない」と言っているのに対し、「要領はこれですよ」と提示さえ出来ればそれで良いのですから。
そしてそれを貴方が理解できるかどうかは、貴方と僕のコミュニケーション能力次第です。

ひょっとして貴方は「要領を得た話」が欲しいのではなく「論理的思考に基づいた話」が欲しいと言いたいのではありませんか。

425 :422:2005/12/11(日) 05:15:23
>>1
つまり、あなたはごく平凡な人なんでしょうね.

426 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 05:36:28
1に対して社会貢献を誰も望んでいないにも関わらず

自分に強迫観念を枷、罪の意識を感じる1

彼の内部に何があるかは知らないが、愛球という秤が与えた選民意識は
彼にありもしない罪を背負わせた

だがそれにより裁かれる事はないであろう、それは1の知る所であり
我々にはどうでもよい問題

だが今夜も1は
僕は天才に生まれたばかりに逃れられない十字架を背負った
という
我々はこのネタに対し愛球とは違う秤に彼を乗せ試した

結果、彼になにかあったのであろうか‥

高田純二著「横たわる筋書きと妹の彼氏」より抜粋

427 :神様:2005/12/11(日) 05:36:45
予は天才にニ物を与えず、卓越した才能を天与した。


428 :卓越した一物:2005/12/11(日) 05:42:17
世の中で何をするのですか。

429 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 05:52:57
1 あんたはアンカー使いすぎw

430 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 06:27:08
能動的思考とでも言えばいいのでしょうか、建設的思考に基づいた創造的な欲求はありますか。
それは妄想の中で完璧に処理してしまっているのでしょうか。
天才は非現実感が濃くなっていくのが常ですが、そのようなある種の欠落感・危機感から出発し、
発見、結実に至るのもやはり天才しかいないと思うのですが。
破壊か建設かは分かりませんが、創造欲求に従い構築に向かうべきだと思います。

431 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 06:30:11
            __ .____
          , ‐´:::::::,`',,''     `‐、
         /;;;;;:::::;;, /';'     ,゙゙'::::::::\
       /:::;;;;;ミミ; /      `゙';;:::::::::::ヽ
       /;;;;;';ミミミツ/;;;';';'';'';;''ヾ,'::::`::::::::::::::::}
      /:; ;::,__、,_____,:;:::. ;::::::::::::;'i
      i::; ;;::i          ゙|::'::. ;__;,-',‐;
      /;; ,: :{──────‐‐{;;;::, ;:ヽ‐'´::::ヽ
     /:. ;;':{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{:::: ::::`;::. `::::;゙i
     i;;, '' ,;:|____,..、____゙l;;,_ :::::. :::, :::::i゙      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /,,;'::';:l;`‐゜‐';i ;;;;;`ー゜‐';;;;;|:: `; `;;;::::`:::゙i    < ん〜?間違ったかな?
      'Y ;:::::゙i  ::::::l        {;;;_ ゙'゙゙:::::,';:: ::゙-,    \_______
.      / ,;; ';:゙i ::::::l         |::゙'';;;;.:.::::`;::.`::;;ゝ
      `'i;; ';:::゙i :::{__,,,ゞ ,    ,|;, ::;;;;`''::;':::`::::;;ゞ、_
.     _,‐´`ー!、 ;゙i, ¨ニニ ̄   ,‐':{:::';::::'::::::::',,,'''';;;;'    ̄ ̄
.   /   /`i; ;::゙、 '''    _,‐'::::::{;;;;:`;::.:::::::::;;ヾ_,,゙
  /    / / `i;:::゙;,_  ,,/:::::::  /`'';;:. ;;;;:ヾ ''''
       /  |  ゙ ソ;;''' ̄:::::::::::   i゙::::::' .::::'''ヾ


432 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 06:30:50


she's so wonderful

小松彩夏ちゃん
http://bbs.avi.jp/photo.php?kid=57910&wid=17202166



433 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 06:36:59
アミバか・・・こいつって本当はいい奴なの?

434 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 06:44:54
何点くらいでつか?

435 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 08:00:30
例えば料理を作るにしても調理の技術だけもっていてもだめなわけで材料もいるし
食べてくれる人だっているわけだ。
目標がないというのは立脚点がないから。
日本は才能の墓場なら外国にでればいいし、
愚民がうざければ知能の高い仲間をさがせばいいと思う。


436 :天才:2005/12/11(日) 08:30:13
予はマルチチュードの共通概念を実体化されるために降臨した。


437 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/11(日) 09:45:54
実験的に17時半頃に寝て午前0時に起きるという生活をしているのですが、時間の計算が楽でいいですネ
元々テレビをあまり見ない僕としては、ゴールデン番組が見れなくても困る事はないヨ
ただ図書館の閉館時間より前に眠くなっちゃうのが困るってとこかナ

>>425 ウェクスラー式知能検査で150以上という結果を達成しているので、そういう意味では平凡じゃないデス
もそれすら平凡だというなら、平凡かナ

>>426 誰かが望んでるかどうかは問題じゃないんだヨ

>>427 才能だけ貰ってもそれを使う目的が無ければ無用の長物だネ

>>428 特に何もしないヨ

>>429 ごめんネ

>>430 うーん、やっぱり大半は妄想の中で処理しちゃってるかナ
物語を作って僕の中で処理して楽しんじゃってる事が多いネ
音楽も嫌いじゃないし昔習ってた事があるから作曲したりもするけれど、やっぱり自分で歌ったりするだけで満足しちゃうネ

>>435 別に外国に出ようとも思ってないし、愚民がうざいとも思わないヨ
孤独だとは感じる事はあるけれど孤独が辛い事だとは思わないから、仲間を探そうとも思わないナ

>>436 頑張ってネ

438 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 12:08:35
もしも本当に天才だったら
その人に孤立したい、平凡でいたいという願いがあっても
周囲によって、いやいやながら世に出され、勝手に有名になってしまうものだ。
親兄弟、恋人、友人、教師がそれを許さない。

燃やして欲しかった作品を勝手に発表されてしまったカフカや、
「姉が勝手に応募して・・・」美男子コンテストに優勝してしまうイケメンなど。

もし、>>1に例えば作曲の才能があったら
鼻唄を聞いただけで、他人に録音されたりしても何らおかしくない。
>>1は何かそういう経験ありますか?

439 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 12:52:19
ていうか今天才1に友達は居るのか?

440 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/11(日) 13:17:40
>>438 小さい頃知能検査を何個も受けさせられました。知能指数が異常に高かった故の出来事です。
ちなみに僕には音楽の才能はさほどありません。
昔とあるコンサートホールで数名で演奏会をしたことはありますが(ちなみにその時のギャラは図書券五千円分だけでした)。
才能があったとしても周囲に隠そうと思えば、いくらでも隠せるものだと思いますよ。

小説を書きたいなら脳内で書けばいいし、絵を描きたいなら絶対に人に見られないように努力すればいいし、美男子コンテストに応募されても自分が出場辞退すれば良いだけです。
もし「孤立したい・平凡でいたい」などと願いながらも、それが叶わなかった人がいるのなら、結局その人は「孤立したい・平凡でいたい」という願いを叶える能力すらない凡人だったというだけの事でしょう。
僕は高い知能ゆえにどうやって僕の天才性を隠せば良いかをある程度知っています。

>>439 少ないけれどいるよ。

441 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 13:27:47
オマイらはオレから見れば猿にすぎん!!!

442 :天才:2005/12/11(日) 13:28:26
自説がすなわち、現実界の公理である。


443 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 13:44:13
>>442

それわ てんさいでわなくて 紙です。

444 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 13:50:42
俺はウェクスラー式測定で知能指数157を出した>>1と同じ天才だ。

俺も孤独だったが、唯一信頼出来る女性を見つけた。

俺は今楽しい。

命より大事な物を見つけたからだ。

445 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 13:53:19
哲板のネ申になると
こんな感じかあ。
果たして>>1は何になりたいんだろうなあ。
単位取るためだけに大学行ってるのはよくわかるんだけど。

446 :天才1 ◇qt8VwpAW1d:2005/12/11(日) 14:10:51
僕は自分を産んでくれた両親までも泣かせることができる天才だ。
僕は親の苦労なんて考えたこともない。
父はわたしのために一生懸命働いてくれたんだが、
なんとも不幸な親父・・・
僕はそれを踏みにじってやろうと電波になった。

そして僕ははここにいる。
僕はニーチェに影響を受けたんだが、僕の好きな言葉をみんなに教えてあげよう。

「たった一人で生きていこうとすれば、人は電波にならなければならない。」

そして僕は、偉大なる電波になった。
だがしかし、僕にも迷いがあったのです。
親の苦労のことなんかじゃない・・・

もっと重要なこと。
つまり、電波になるか機動戦士ガンダムになるかである。
僕は機動戦士ガンダムはニーチェより深いと思っている。
そして僕は機動戦士ガンダムに乗って、もっと重い天才の罪を背負うことになる。

ちなみに、僕の大親友である純一◆は、
今最も機動戦士ガンダムの思想を企てている男である。

watasinohokanotomodatimokidousensiganndamuninaritutuaru
kidousennsiganndamubannzai!!

447 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 14:13:59
>>446はひかるですか、どうよ?


448 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 14:23:01
軽トラックにフェラーリのエンジン積んだような
無駄にIQが高いだけの奴を天才とは言わないのだよ。


449 :ひかる◇bodgOoQOHA:2005/12/11(日) 14:35:56
>>446
機動戦士ガンダムの思想だと!!
名前が違うだろ。
ひかる主義だよ。
俺はちゃんと仕事をこなす人間だ!
書き込んで書き込んで書き込みまくる!
真面目に仕事を全うしている人間だよ。
六本木ヒルズの勝ち組の中の一人といっていい。

みんなのために働くのが大好きなんだ!!
浪費、消費、浪費、消費、浪費、消費
これが新永劫回帰説だ!
あくまで電波のための消費、みんなのために浪費。
母ちゃんのための浪費、父ちゃんのための消費。

世界で一番できのいい息子がひかるだ!!!!

450 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 14:45:24
俺は>>1以上の天才だけど、苦悩はしていない。
苦悩するような不完全な知性持つことも、それを捨てることも選択できる天才だからだ。

451 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 15:45:28
私は天才を軽んじている。神だからだ。
私は全知全能だ。それでも私はこう呟いてしまう。
神よ。何故、私は神として生まれてきたのですか。
神でなければ救いがたい者達をも救うというジレンマで
苦悩する事もなかったのに。


452 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 16:08:31






ホゃんすね








453 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 16:15:18
クラッカーの球をバチバチはじけさせ
棒を忙しく上下させ
勢いよく弾ませ
熱中できると天才ではないですよね?

454 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 16:51:10
このスレは、一体何だ?

455 :神様:2005/12/11(日) 17:02:37
ひかるが自意識の属性をさらすスレである。


456 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 17:35:39
で?

457 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 17:44:00
1 セロトニンレベルが落ちると・・
  自律神経レベルが落ちる(失調症)
  姿勢が乱れ、顔つきに締まりがなくなる(ボケッとした顔)
  無気力(それに伴う様々な障害(対人恐怖症とか)
  朝の起きが悪く、仕事に行く気にならない(普通は起きるとともにセロトニンが覚醒をする)
  他人とのコミュニケーションを拒絶して閉じこもる
  痛みに対して我慢できない
  少しのストレスでダメージを受けやすい
  不安や舞い上がる心を抑えられない
  動物虐待(ここまで来るとセロトニン神経レベルが落ちすぎ、要注意)

2 原因
  リズム活動をしない(リズム運動はセロトニンレベルを上げる)
  リズム(歩行、咀嚼等)を自動的に行いセロトニン力を強化している
  昼夜逆転生活(太陽光を浴びない) 
  長時間ゲーム、ネットをする(1日数時間、週4日以上ゲームをする習慣を数年続けると
  ゲーム脳(セロトニン欠乏脳)になる)
  引きこもると悪循環 セロトニン欠乏脳になる→引きこもる→リズム活動(セロトニンの元)をしない
  →更にセロトニン欠乏する(これに拍車をかけるのがゲーム、ビデオ、パソコン)

458 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 18:30:05
>>1のひかるは失調症だからな w


459 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 19:02:05
天才の罪ではなく、天才の自己嫌悪のほうが適当。何に罪悪感を抱いているのか分かんない。罪状が気になる。

460 :1:2005/12/11(日) 19:53:35
僕、ひかるの罪状は自意識過剰である。


461 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/11(日) 20:49:07
>>444 その女性が信頼できると信じ込んで幸せな一生を送る事を選択したんですね。

>>446 騙るならせめてトリップなんとかしましょうよ

>>448 このスレでは「ウェクスラー式知能検査で150以上の人間」と度々書くのが面倒なので「天才」と呼称しています。

>>450 苦悩の深さは知能の深さですよ。

>>451 ご愁傷様です。

>>453 わかりません。

>>459 >何に罪悪感を抱いているのか分かんない
再三述べています。

では遅くなってしまいましたがおやすみなさい。

462 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 21:16:36
>>461
似非天才の凡人は寝ることが楽しみだな w


463 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 22:09:02
おまえらが持つ薄っぺらい物指しで相手が天才か凡人かなんて計れるのかよ?ええ?
未熟な餓鬼が知った風な口聞いて罵り合ってんじゃねーよ。

464 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 22:12:28
糞天くったのか?

465 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 22:26:28
>>462
どうみても睡眠時間三時間程度じゃん。ちゃんと読んでる?

466 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 22:26:48
かわいそうに、愛する心をどこかに置いてきたんでしょうね
私も同類ですけどね

467 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 22:43:39
>>463
じゃあこのスレを解決すべく、君の持つ物差しで計ってみてくれ

468 :天才:2005/12/12(月) 01:07:47
てんさいは忘れたころにやって来る。


469 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 01:15:49
500は譲れない。いや、譲らない。

470 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 01:24:11
いや、いやも好きのうち。


471 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/12(月) 04:57:35
他人と話していると、愚鈍なだなぁと感じる事はあります。
以前恋人と話していた時に痛感しました。
A=Zという事を言いたい時に、A=Bから始まってY=Zまで全部説明しないといけない感じで、もどかしかったですね。

例えばA=Cだという事を話していた時。
A=B,B=C ここまで言えばA=Cだってわかりそうな物なのに、「だから何? どういうこと?」と聞かれ、さらにA=BでB=CなのだからA=B=CでA=Cでしょうと説明しても、「え、だからなんでA=Cになるの」と理解してくれない始末。
こういうとき、対話ってなんだろうって虚しくなりますよね。

472 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 07:39:02
>>471の精神構造では営業職の様態は統合失調をおこすな w


473 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 07:48:13
http://blog.livedoor.jp/v_omit/

474 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 07:52:09
で?

475 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 09:30:33
TBSで遣ってた、みのニュースソース↓
大学4回生在学中の
EQ知症、IQ基地害じゃねーかぁ!コピペで大学卒業しようと言う化けの皮を小6女児に暴かれて正体を晒したねぇコピペ大学生めがっ!
氏んじまえよなぁ…基地害共っやはり…やらかしやがったなぁこれが、基地害、コピペ大卒のEQ知症IQ精神異常コピペ大卒共の正体何だよ!
やはり…やらかしやがった苦笑可哀相な紗也乃ちゃん(;_;)…氏ねコピペ大学生共!萩野めぇ
大学生や大卒に人権はいらない過大評価で大学生や大卒異常者選別面接がザルに成っているよ今時の社会はぁ!

476 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 11:02:22
>>1がひかるであることはトリビアルである w


477 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 14:39:10
500は譲れない。いや、譲らない。

478 :なら、みんな天才〜:2005/12/12(月) 15:47:08
知能指数が異様に高くても、天才なんかではない。
IQが抜きん出て高いゴリラの何とかちゃんが、PCなどの道具を使って
バナナをいかに上手に自分の物にしても、ゴリラはゴリラ。
もっとも、バナナ取りの<天才>であるかもしれないけどね。

真の天才とは、何らかの創造を通して自己表現したその<創造物・創造的行為>
によって、他者から<天才と評価された>人々のことである。
自分の頭の中だけで、『自分は天才だあぁぁ・・』と叫んでも、単なるオナニーです。

芸術家であれ、科学者であれ、政治家であれ、企業家であれ、
何も創造しない、つまり、他者に何の影響も与えない人間は、ただの凡人デス。

ましてや、絵も描かない画家・文字にもしない文学者・研究発表もしない科学者・・etc、
つまり、頭の中に何か才能があるとしても、<結局何も創造できない>自称天才さんは
この世界に何億人といることでしょう。
天才は、<表現してこそ>天才であり、<気分だけ天才>では、何のこっちゃ??

479 :天才:2005/12/12(月) 17:20:30
天下を創造した予は神を超えた天才である。


480 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 17:38:50
500は譲れない。いや、譲らない。

481 :係長はトロイの木馬だった。 ◆JwMCYYQ666 :2005/12/12(月) 17:54:01
>>478はどっかから誘導されてきたのですか?
こういう人は鉄板ではあまり見かけませんねwww

482 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 18:07:29
>>478
他人から天才といわれたら天才なのか。
馬鹿の言うことはよーわからん。

483 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 19:45:18
宗教板でやっけくれ。哲学の恥だ。

484 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 20:19:35
いや人類の恥だから、死んでからまたやってたらええやろ

485 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 20:30:01
>>481
生駒山からやってきた。

486 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 20:47:18
1はウェクスラー式測定で150を出す=天才だと言っている
もしそうだとしたら、なぜウェクスラー式測定で150を出すことが天才なのか、
なぜ1はそう思っているのかを
この哲板の住人としては考えるべきなんじゃないか?

487 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 20:48:02
つまり天才とは他者との関係性に於ける名称に過ぎないと解読できる。
知能の測定結果について言う場合もね。

488 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 20:49:09
487は>>478

489 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 20:51:46
>>471
あたしはA=Cを耳もとなんども囁いてほしかったの

490 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 20:59:28
A≡Z

491 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 21:00:00
宗教にはまるなよ

492 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 21:00:48
>>487
まったく関係ない質問。




      女?



493 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 21:05:20
知能指数で天才かどうかは他者との比較で決めるんだろ?

494 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 21:32:07
http://ameblo.jp/user_images/1e/43/10001348246.

495 :天才:2005/12/12(月) 21:43:53
イオンエンジンを開発して人類を銀河系へ導くのだ。


496 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 21:44:49
>>494
シャチホコ張りやがってよぉ

497 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 22:57:32
500は譲れない。いや、譲らない。

498 :天才:2005/12/12(月) 23:14:22
500をとる者が天下を制す。


499 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 23:18:04
>>497はぴかぁ〜ですか、どうよ?


500 :考える名無しさん:2005/12/12(月) 23:20:41


501 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/12(月) 23:24:17
おはようございます。0時に起きる生活がまだ続いています。
でも今日一時間早く起きちゃったし、飽きてきたので明日からはまた普通に生活してみます。

>>489 そうだったんだ……。ごめんよ……。

>>491 特に特定の信仰対象は無いです。

>>493 そうですね、異能とか非凡とか言う場合も、他者、いわゆる一般と比較しての事ですしね。
第一知能指数自体が他者と比較した上で導き出される数値ですしね。

>>497-498 前フリありがとうございます。

502 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/12(月) 23:24:40
>>500 ちょwwwwおまwwwwwwwwww

503 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/12(月) 23:27:50
えーこれで>>498さんの意見を信じるなら、天下を制するのは僕じゃなくて>>500さんだということがハッキリしたわけですが。
天才にも、世界を制せないことくらい、ある……。

504 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 00:15:36
あ゛
盗られた

505 :天才:2005/12/13(火) 06:42:18
とられたらとりかえす。
これが、政治家たちの鉄則である。


506 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 06:50:30
それは政治家ではありません。
ワゴンセールと見間違えでつか。

507 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 08:35:00
で?

508 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 16:35:08
格ゲー強い?

509 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 18:21:39
600は譲れない。いや、譲らない。

510 :天才:2005/12/13(火) 18:51:30
織田信長は軍事に強かった。


511 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 19:34:15
512は譲りたい。ああ、譲りたい。


512 :天才:2005/12/13(火) 19:48:49
予は凡人から譲られた思考の空白を完璧にうめたのだ。


513 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 19:50:00
いいあほスレに成長したものよ(涙)

514 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 20:37:40
600は譲れない。いや、譲らない。

515 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 20:57:09
>>513は天才>>1ですか、どうよ?


516 :天才:2005/12/14(水) 02:29:26
世のため、人のため、予は日夜、活躍する。


517 :天才:2005/12/14(水) 12:34:54
>>515
今日は気分が良いので、大衆の質問に答えやう。
YESと申し上げておく。
予は天才であるが故、秩序を重んじるのでスレは安泰である。
また天才が何をしても、大衆はそれに従わなければならない。
何故ならば、途方もない叡智の支配下に置かれているから。


518 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 12:37:38
で?

519 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 12:43:54
>>517
天才はウンチの実体を食べたことがありますか、どうよ?


520 :天才:2005/12/14(水) 12:59:34
>>519
老廃物を素直に体外に排出することが理にかなっている。
それが答えである。
変に冒険心を掻き立てると、想定外の事態に遭遇して、その希有な
思考活動を低下させてしまう。
それが怖い。

521 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 13:01:23
天才は予じゃなくオラのほうが断然似合うよ。

522 :天才:2005/12/14(水) 18:01:55
一般大衆は予の崇高なる言葉に疑念を抱いてはならないし
盲目であらねばならない。
真理を詮索するものは、時間を無駄にしか使う術を心得ていない。

無駄に生えた若草は時を経ずして朽ち逝くのである。

523 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 18:22:22
>>522
天才はしごいたりするんですか?
教えてくださいまし。


524 :天才:2005/12/14(水) 18:30:58
>>523
君は品がないのだよ。だが答えねばなるまい。
<ロダン作考える人>の姿勢を保ち、おもむろにカントの書を開き、人生とは何ぞや?と思索しつつ
ナイチンゲールの裸体を想像しながら爆発する。
それが正攻法であり、傑出した哲学者としてのあるべき姿である。
天才の想像力は実存をも超越するものだ。

525 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 18:34:50
ゴボウさんも好きでつ!

526 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 18:40:04
で?

527 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 18:43:35
偽悪者め

528 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 19:03:21
600は譲れない。いや、譲らない。

529 :天才:2005/12/14(水) 19:10:54
決められたフレーズを繰り返すのは反復である。


530 :ZERO:2005/12/14(水) 20:38:57
久しぶりにみたら、天才が二人になっていませんか?(´Д`)トリップ無し誰…

531 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 21:04:04
天才スレってこんなに人気あるものなんだ;
一応意見を言っておこうかな。

・天才って言う文字。

・自分から自分のことを天才って言うこと。

・天才って呼ばれる。

・自分がある行為をやって、それを他人が見て
「おまえ天才だな。」って言ってきた。

上に挙げたそれぞれの区別はわかるよね?
それに自称天才が
自分で上のうちどれに当てはまるかぐらいわかるよね?

それに確率で言うなら。
ウェクスラー式測定で軽く150を超える知能指数の持ち主が
哲学掲示板に自分は天才である。
なんて書き込む確率は絶対に低いと思うよ。
てか掲示板に書き込むってことすらないと思うね。

532 :天才:2005/12/14(水) 21:08:05
大衆を魅了する予は天才にふさわしい。


533 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 21:19:50
>>531
天才でも神経病むことあるだろ

534 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 21:46:44
ん?

535 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 22:26:37
>1
あなたは死を怖れるか?


536 :ZERO:2005/12/14(水) 22:27:28
>>531
幾度となく見た、天才1を挑発し試すカキコ…(´Д`)私もやったっけなぁ…読み下げてくと回答してますよ。毎回根気よく。

537 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 23:20:22
最終回で視聴率35.7%を記録した人気テレビドラマ「GTO」(フジテレビ系)で、
主演の反町隆史、松嶋菜々子といった実力派俳優に伍(ご)して、
その存在感を示し異彩を放っていた俳優がいた。 

当時中学生だった中村愛美だ。相沢雅役といえば分かるだろうか。
ドラマでは、自尊心が強く、高圧的、それでいて時折見せる自分の弱さを虚勢で隠す、
極めて複雑な女子中学生を好演して、その才能を垣間(かいま)見せてくれた。
一時は俳優業から遠ざかっていたが、22歳になった今年、映画・ドラマを中心に
俳優として活躍し、今まさに本格派の仲間入りを果たそうとしている。
そんな中村愛美にインタビューをした。彼女の考える俳優論とは…?

<続きは下のURLで>

☆そ〜す★
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1539988/detail?rd

画像URL
http://image.news.livedoor.com/newsimage/1/9/1ca6c9f6f96a7e4f7d.jpg
http://image.news.livedoor.com/newsimage/2/f/299ddf150beb5db3a4.jpg

中村愛美公式サイト
http://www.gaea-inc.com/entertainment/nakamura.html


708 :名無しさん@恐縮です :2005/12/13(火) 11:56:42 ID:XGni6x6U0
>>1
正しくは、女子高生のときブルセラショップでのパンツ売りが発覚してブレイク。


538 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 23:46:53
天才は何故に大衆に叩かれるのだろう?ニーチェのいうところのルサンチマン?しかし、弱者が強者に楯突いたところで、徒労に過ぎぬ。せいぜい小さな口で噛み付くことしかできまい。天才に何らの影響も及ぼさぬ。虚しいな。

539 :考える名無しさん:2005/12/15(木) 00:11:23
多勢に無勢

540 :考える名無しさん:2005/12/15(木) 01:06:23
539
多勢に無勢の使い方間違ってるよ。少数の尊ぶべき私に、愚民が束になってかかってこようと無意味なり。

541 :考える名無しさん:2005/12/15(木) 01:14:39
多数決で負けるし、けんかでも負ける。それも無意味?

542 :考える名無しさん:2005/12/15(木) 01:22:21
ttp://sunny-girl.net/review/free/normal/pzl/zoo.html

543 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/15(木) 01:29:53
>>515 違います。僕はこのスレに最初は>>1、それ以降は1=4=7=9=13、さらにその名前の際に使った◆qt8VwpAW1cというトリップを使用してしか書き込んでいません。
僕以外にも多数の天才さんが出ていらっしゃいますが、それを止めるつもりもありません。
なぜなら天才という言葉を使うのは僕にだけ許された行為ではなく、言葉とは万人が自由に使用できる物だと思っているからです。
僕は僕の「知能指数が高い」という事を表す為に「天才」という言葉を使いましたが、言葉の定義は人それぞれなので、僕の使っている意味以外の意味で使っている人がいたとしても、それは僕が禁止できる事ではないと思っています。
コミュニケーションをとるために、僕が使っている「天才」というのはこういう意味ですよ、という事さえ伝われば良いわけで。

>>517 故に貴方の「YES」という答えは虚偽です。

>>519 >>517が僕であると偽って答えているので、貴方の質問は僕に対するものだと判断して僕も答えます。
糞天婦羅を食えと薦められましたが、まだ食べていません。今後食べる気も今の所ありません。

>>523 しごくには様々な意味がありますが、自慰行為の事を指していると判断して答えます。
します。

>>530 誰だか僕もわかりません。

このスレに散々天才という名前で書き込んでいる方がいらっしゃいますが、それを止めるつもりはありません。
またその方が1ですかと問われて嘘を答えるのも、その人の自由だと思うので、止める事はありません。
ですが、それ以外の方が僕と>>517さんなどの天才さんを混同して、天才さんの発言を僕の発言と取り違えて、僕の言ってることを誤解するという行為は迷惑なので、その辺注意して頂けると幸いです。

以前>>399でまささんに「宗教じゃん!」と言われましたが、>>396さんは僕ではないので、そういったことを僕に言われても困ります。

544 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/15(木) 01:54:54
>>531 人気があるかどうかわからぬが500を超えてるのは驚くばかりでござる。

>上に挙げたそれぞれの区別はわかるよね?
区別は可能ですが、具体的に仰りたい事がわかりません。
まず「天才って言う文字。」とのことですが、これは天才という言葉の辞書的な意味を指しているのか、ただ単に掲示板において天才という二文字を使う事が容易である事を指摘しているのか、
それとも天才という二文字で存在する概念は文字の概念であり現実の天才とはイコールではないと言いたいのか、など、様々な解釈が可能です。
ここが一番何を意図しているのかわかりませんでした。

その下の三つに関しては、天才の在り方についてのお話だと判断させて頂きます。
まず二つ目と三つ目は、自ら名乗る事と他者からそう呼ばれる事の違いですね。
ですが三つ目と四つ目の違いがよくわかりません。
三つ目も四つ目も、他者から天才だと言われている分には変わりがないと思われます。
違いは「自分がある行為をやった結果天才と呼ばれているのかどうか」ですが、これは行為という言葉の概念次第で、細かく言えば三番のように自分は特別何もしていなくて「天才」と呼ばれた場合でも、
本当に全く何もしていないという状況はあり得ないので、自らが気付かなかっただけで天才と呼んだ人からすれば天才と呼ぶだけの何かがあったのでしょう。
それが自分ないし別な人から見て大きな事であるかどうかは全く関係ありません。

545 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/15(木) 01:55:38
>>544の続きです

>ウェクスラー式測定で軽く150を超える知能指数の持ち主が
>哲学掲示板に自分は天才である。
>なんて書き込む確率は絶対に低いと思うよ。
それ以前に、150を超える人間自体が非常に珍しいので。
前にも述べましたが、私が知っている限りで知能指数150を超える人間は15名程度です(現在生きてらっしゃる方限定です。私はその内の2人としか面識がありませんが)。
さらに日本人に限定しますと2人だけです。
その2人の内1人とは面識がありますが、まだ未成年でインターネット利用者でもないと思われるので、現時点で私が知っている限りで2chの哲学板に書き込みをしているウェクスラー式測定で知能指数150と判断された人間はおそらく私だけですね。

で、確率が低い事が何か問題になるのでしょうか。
貴方がどいうった方かは存じませんが、例えば17歳の少年がバスジャック前に2chに書き込みするという可能性も、相当に低いと思われますが。
ですが2ch全体の一日の総書き込み量を考えると、天文学的確率で書き込みされる事があったとしてもなんら問題は無いと私は考えます。

それと知能指数の高い人間は掲示板に書き込む事すらないと思っていらっしゃるようですが、何か具体的な根拠はあるのでしょうか。
150以上と限定せず、知能指数130程度の人間なら相当数の人間がいると思いますが、彼らは全て掲示板などを利用しないという話は、少なくとも私は聞いた事がありません。

546 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/15(木) 02:09:38
>>533 拙者天才なれど未熟故神経を病みっぱなしでござる
むしろ知能指数の高い人間ほど苦悩は深くなると思ってるでござる
されど拙者は他人がどの程度苦悩しているかを知らぬので、ただ想像するばかりでござる

>>535 ある程度ですが、やはり漠然と恐れます。
食欲もありますし性欲もあります。高い知能指数を武器にある程度本能を凌駕する事は出来ても、完全に本能を無くす事は難しいです。
ですがそれが人間なのだと割り切って慎ましく日々を送らせて頂いております。

>>538 天才といえど個人はある意味で無力ですよ。
今ですら非常に高い知能指数を持つ私ですが(予断ですが日本の成人の中では間違いなくトップ3には入ると思っています)、それでもたった一人の犯罪者にすら勝てません。
今もし強盗が押し入ってきて刃物で刺されたら、私は簡単に死ぬでしょう。
ですから天才という身でありながらも社会に保護される事を求めるのです。
それは最早多大なる影響と言って良いでしょう。

>>541 戦い方によるでしょう。
三人よれば〜といいますが、確かに人数が多いほうが強い事もあります。
格闘技世界最強の男ですら、100人程度の成人男性に一斉にかかってこられれたら、勝てないでしょう。
ですが一対一でなら100人抜きできるかもしれません。
私がおそらく最も得意とする知能検査テストなどにおいても、知能指数100程度の人間が100人がかりで問題を解かれたら、恐らく私以上の数値が出るでしょう。
ですが私が正解できた一問を、100人がかりでも正解できないかもしれません。
CPUに例えるなら、マルチコアかシングルコアかの差とも言えるかもしれません。
私が150MHzのCPUだとしたら、100人の方は100MhzのCPU100個といったような。
並列作業できる物は圧倒的に後者の方が早いでしょう。ですがそうでない物に関してなら、前者に分があります。

547 :秀才:2005/12/15(木) 07:39:40
天才1さんどうも。
実は僕もそゆことに悩んでおります。
ウェクスラー式測定がなんなのか出てこないのでIQテストしてみました。
http://www.iqtest.dk/main.swf
ちなみにぼくは135でした。
皆さんはどうですか?
頭が良すぎると悩みすぎるのかな? 
僕も今世捨て人です、就職も決まりません、やる気がでないのです。
まわりがしょぼすぎて。
学歴が高くなくとも、顔が良くなくとも天才は存在し、
世間からはマイノリティの為に迫害されます。
疲れます。

548 :考える名無しさん:2005/12/15(木) 08:33:12
で?

549 :考える名無しさん:2005/12/15(木) 08:36:42
秀才と天才では次元が違う

550 :天才:2005/12/15(木) 08:52:02
秀才とは学校の宿題をよくやり、市販の問題集をたくさん解いた主体である。
しかし、すでに起こった未来を明確に大衆に伝えられるのは天才だけである。


551 :天才のパン:2005/12/15(木) 14:30:00
先生「天才のパンをついに完成させたぞ。」
先生「このパンを食べた者は、たちまち天才になることができるのだ。」
先生「そしてわたしはこのパンを食べ、ついに天才になった。」
助手「先生、僕もそのパンを食べたんです。」
先生「なに!?では、君も天才になったのかね?」
助手「いいえ、僕だけです。先生は食べてません。」
先生「君は何を言っているのかね?」
助手「気の毒に、世間の人は私が天才のパンを作ったと思っていますよ。」
助手「先生は、そのパンを作っていないし、食べてもいません。」
先生「君は私がこの天才のパンを作って食べていたところを見ていたではないか?」
先生「そうか、裏切ったな!」

10年後
助手だった人「先生、お久しぶりで。」
先生だった人「君は私に殴られたいのかね?」
助手だった人「先生にお礼を言おうと思っているのです。」
先生だった人「やっぱり殴られたいみたいだね。」
助手だった人「おかげさまで一財産築くことができました。」

突然、中年の男と小さな息子が入ってくる。

中年の男「いやもしかしてあなたはそうじゃないかと思って、後をつけてきたんです。」
中年の男「私は何度もあのパンを食べましたよ。味が深くて、いつも新鮮な感じがするんですよ。
これもあの古くならないものなのですね?」
中年の男「おいや?先生のそばにいるのは誰ですかい?」
助手だった人「私の過去の先生だよ。」
中年の男「あの詐欺野郎か!金の亡者めが!そこまでして金が欲しいのか!大体なんでこんな所にいるんだよ!まだ懲りないのか?」
助手だった人「言い返さないのか?先生。」
先生だった人「・・・・・」
小さな息子「もういいよ、天才のパンのことなんて。お父さんがバカみたいにその話しかしないから、嫌気がしてきたよ。もうおうちに帰ろうよ。」


552 :天才のパン:2005/12/15(木) 14:33:40
>>551つづき
突然一人の天才が入ってきた。

天才「つい今さっき完成させましたよ!私はパンはパンでも、
中にクリームが入っているものを思いついたんですよ。クリーム天才パン!!」

助手だった人「私を超えようとする者なんて・・・いるもんなんだな。」
中年の男「さっそく拝見させてもらおうかな。」
小さな息子「お父さん、もうパンにかかわりたくないよ!もう、おうちに帰ろうよ!」

先生だった人だけを残して一同退場。


先生だった人「本物の天才は私しかいないのだ。
大衆が認める?ばかばかしい。お金?そんな事どうでもいい。影響を与える?これはまさに私のものだ。
天才のよき理解者というのは自分以外にはいないのだ。かつて私の助手だった者よ!
おまえがお金が大好きだった事はよく知っていたのだ。だがおまえは私の天才を奪うことはできなかった。私はおまえのことをこれっぽっちも恨んではいなかったのだよ。」
先生だった人「む??なにやら、うっとうしいものがおいでなさったようだ・・・」

ささやき登場。

ささやき「あなたは天才なんかではないわ。天才のパンなんてもう過去のものよ。今のあなたには天才のパンなんて作れないわ。」
先生だった人「何を言う!?私は今だって昔の物と一寸の狂いのないものができるのだぞ!」
ささやき「あら、いやね。同じ物を作ってはいけないのよ。もし作ったとしたら、あなたはあの自分に従えていた助手とまったく変わらないわ。」
ささやき「それに言っておくけど、今のあなたは、あの中年の男と一緒なのよ。」
先生だった人「なんだと!?どういうことだ???」
ささやき「まったく自然なことだわ。今となっては、あなたは天才を拝む人なのよ。あの中年の男と変わらないのよ。」
先生だった人「ずいぶんと言ってくれるね。」
ささやき「あら、あなたもずいぶんと聴いてくださってるじゃありませんか。」
先生だった人「そうすると、私は無になってしまったのか・・・・」
ささやき「いいえ、振り出しに戻っただけですわ。」

553 :考える名無しさん:2005/12/15(木) 15:29:17
↑読むのマンドクセ
頭脳パンがどうした?

554 :考える名無しさん:2005/12/15(木) 19:46:00
>>547
133だった。34問目とかはわからなかった。
天才1さんにもやってもらいたいな。


555 :考える名無しさん:2005/12/15(木) 20:20:27
で?

556 :考える名無しさん:2005/12/15(木) 20:35:32
>>551
なにもかも解決されたな・・・
まったくそれが真理。

557 :考える名無しさん:2005/12/15(木) 20:40:01
すでに自明であるが、>1の言っていることは
全て正直。やはり、天才はおもしろい。
天才は高いレベル集団1000人の中にも、一人いる
可能性は低いからね。私が天才であると確信できる者
と逢ったのは初めて。

558 :考える名無しさん:2005/12/15(木) 20:43:29
>>557>>1の自演だな w


559 :考える名無しさん:2005/12/15(木) 21:02:08
この天才は、べつに才能を生かして何かをするわけでもないのか、つまらん

560 :考える名無しさん:2005/12/15(木) 21:51:15
600は譲れない。いや、譲らない。

561 :天才:2005/12/15(木) 22:03:34
全能である予の才能は全宇宙と渾然一体であるので
無限の時を経過しなければ大衆に知覚されることが無い。


562 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/15(木) 23:11:59
>>547 リンク先を見てきました。
このテストは数箇所おかしな部分がありますね。
似たような問題を知っていますが、20問目などはこの問題では正確な回答が得られないはずです。
一応やってきましたが、満点は150未満のようですね。

ですのでこの問題で130以上だったからといって、悩む必要はないと思いますよ。
本当に気になるならきちんとしたテストを受ける事をお勧めします。
それと就職が決まらないのは、単純に貴方に就職するだけの能力が無いのだと思います。対人能力など含めて、あらゆる能力という意味で使用しています。
僕は知能の面で見れば確かに天才ですが、実社会においてデメリットを被るほど迫害された記憶はありません。学校で行われた知能検査で高い点を出してしまった為、その後何度か知能検査を何度も受けさせられたくらいです。

>551-552 僕も人の事は言えませんが、長文ウザイと思います。

>>557 僕はこのスレにおいて正直である事だけを心がけています。

>>558 なので違います。

>>559 ごめんなさい。強いて言えばこの才能をもって一生を平穏無事に過ごしたいというだけです。
才能を持ちながらそれを世の為に使っていない時点で、僕はそれを罪だと感じます。
大金を持ちながら使わない人間がいたとしても、死後その財産は徐々に社会に出て行くので、罪だとは思いません。
ですがなんらかの能力なり才能なりを持ちながらそれを使わない人間は、持てる者なのにそれを役立てないという点で罪だと思います。

>>561 貴方の言っている事が全て真実だとしたら、貴方は僕を遥かに凌駕する天才です。

563 :考える名無しさん:2005/12/15(木) 23:16:25
才能でもなんでもないじゃん。

真の天才は、数学、理論物理で革命を起こすもの。
ほっといても自然にそうなるものなんだよ。
こんなところで悩んでるのは天才でもなんでもない。

564 :考える名無しさん:2005/12/15(木) 23:36:53
>>562
ウケるんだけどw
天才1も>>551>>552には気分を害した模様。
コメントしづらかったんだろ?
あんたの長文よりマシだよ。

565 :考える名無しさん:2005/12/15(木) 23:46:56
>>ALL
哲学に関しては詳しくないんだよね…。
ごめんね、力になれなくて…。

566 :考える名無しさん:2005/12/15(木) 23:51:07
テストやった。おれ110しかIQないのかwww
ワロス

567 :考える名無しさん:2005/12/15(木) 23:55:07
知能指数(IQ)69以下が精神遅滞
知能指数(IQ)70から80が境界知能
知能指数(IQ)80から90が平均の低め
知能指数(IQ)90から110が平均
知能指数(IQ)110から119が平均の高め
知能指数(IQ)120から129が優秀
知能指数(IQ)130以上が最優秀


568 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 00:00:47
天才でも馬鹿でも、人それぞれどーでもよい。安っぽいがレスして、些末な関心を見せよう。嘘、やっぱどーでもよい。

569 :秀才:2005/12/16(金) 00:30:47
こんばんわ。
天才1さんテスト受けたんですね? 屁理屈はいいです、知能指数は書かないんですね?
僕は画像残してますよ。
それと就職、うそですよ。 迫害も受けてないですよ。
そもそも自分が天才なんて言いふらす人が世間に・・・
ほいじゃまた。

570 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 00:58:52
IQ118でつた

571 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 01:36:38
で?

572 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 02:01:39
セーラーマーキュリーはIQ300

573 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/16(金) 03:23:19
>>564 いや、別に気分を害したって事はないですよ。長文書いてもらったのになんてレスすれば良いか悩んだだけです

>>569 書いてもいいですが、僕はこのテストの元となったであろうテストを既に知っているので、あまり意味がないんですよ。
例えば20番の問題は、本来色がついてるはずなんですね。じゃないと回答が正しく得られないんです。その他にも21問目などが本来の問題と違っていると思われます。
どちらにせよどこが本来と違うかをわかっている上に本来の問題の答えも一度やってある程度わかってしまっているので、意味がないのです。
それと再度言いますが、こういったネット上のIQテストのようなものにはあまり正確性がないので、本気で自分が知能指数が高いと感じるならちゃんと検査した方が良いですよ。
問題数が少なすぎることが原因で、1,2問間違えたら130台になってしまうようなテストでは、130以上の人間は130〜140の間で頭打ちになるだけですから。

ただ、このスレを立てた時点でこの手のネット上のIQテストをやって結果を晒せと言われるであろう事は予測していたので、その意味ではありがとうございます。
本当は>>100くらいまでには言われると思ったんですが。

574 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/16(金) 03:30:17
ああ、また屁理屈と受け取られてしまいかねないので。

簡単に言うと、このテストで満点の140以上と判定されたからといって、それをここに書くのが恥ずかしいんですよ。
それじゃまるで、動物占いの結果を嬉々としてブログに書き込んで、さらに友人の結果まで判断してああだこうだ言ってる一昔前の女子高生と同じに見られてしまうじゃないですか。

さすがに僕にも、多少の羞恥心はあります。
ですから決して僕自身の意思でいい加減なIQテストの結果を書いたのではないという事を、わかってください。

575 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 03:30:18
>>563
激しく同意

576 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 10:36:15
>>1
釣れますか?

577 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 17:28:03
天才さんは親切丁寧ですね。よかったら答えてね〜
考えるのも嫌な時はどうしますか?
何学部ですか?
ジョンレノンは天才だと思いますか?
格ゲーは強いですか?

578 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 18:55:07
質問の意図を考えてみた。どーでもよい質問を投げ掛けてる奴は、恐らく頭が悪い。自称天才は、スルーせずに懇切丁寧に質問に答えるのだろうか?それが僅少ながら気掛かりだ。

579 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 19:40:18
↑どうでもいい気掛かり

580 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 19:55:35
このスレを軽く読んだんだけど、天才さんは
色々変わってるね。例えば一人称が私→俺→僕
。しかも、俺のときは妙に言葉使いが汚いし。
(不快な書き込みがあったの?)
そんな天才さんにお願い。
死なないでください。あなたは人類の知的財産
であり、生きていれば必ずあなたに見合う結果
を遺します。それがあなたの望むものである
とは保障できませんが。


581 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 20:56:08
600は譲れない。いや、譲らない。

582 :天才:2005/12/16(金) 21:38:35
天才は譲れない。いや、譲らない。


583 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 21:44:21
天才に興味はない。それは譲ってやる。

584 :天才:2005/12/16(金) 21:48:38
凡人の器官に興味は無いが、予の崇高な器官なき身体は譲れない。


585 :天才:2005/12/16(金) 21:51:44
>>577
考えるのも嫌な時って、そのような状況に直面したことがないから答えようがないし
何学部って、専業学生は卒業済みであることより、とりあえず自由人だと言っておく。
次にジョンレノンについて、思想的には時代の娼婦のような存在であったし、ロックミュージシャンとして奇才であった
のだが、それもひとえにポールという稀代のメロディメーカーとの出会い、そして葛藤を抜きには語れないね。
私は格ゲーと哲学の共存は困難だと考えるのでやらないよ。
もしゲームをやってもたちどころにゲームオーバーだと思うよ。

私は僕であり予であると同時に俺でもある。
僕も人の子、ウェクスラー式測定で軽く150を超える知能指数の持ち主だといっても気分の
斑は如何ともし難いよ。


586 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 21:57:54
崇高な器官って、脳みそのこと?お言葉ですが、ハナから要りません。

587 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 22:18:24
で?

588 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 22:22:41
ん?

589 :天才:2005/12/16(金) 22:31:15
天才に嫉妬するのも自由なのだから、どうぞご随意にとしか言いようがないよ。
けれど一般大衆はこうした掲示板で天才の片鱗に接することができるのだから、感謝の言葉も
戴きたいくらいだよ。
ダヴィンチやモーツァルトそれにハイネなどの天才は多くのカスに影響を与えたのである。
けれども愚民どもはその偉業に応えたであろうか?
天才にはライバルが存在しないんだね。
傑出したヴィロードの才能と、遥か下方の努力の汗臭さにまみれた凡庸との対比。
君はどちらの作品を手にするだろうか?


590 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 22:38:11
>>589は自称天才のひかるだな w


591 :天才:2005/12/16(金) 22:49:08
天才である予に世間という悪魔は重荷を背負わせて知らぬ顔を決め込む。
退廃的だという理由だけで予を排除するのだ。
予は全ての決定権を握る主体者であり、何人といえども予に影響を与えることはかなわぬ。
それ故、天才人との称号を神から譲り受けた。
不安は才能の枯渇であり、畏れは予を生み出した神に対するもの。
そして罪悪感は、その傑出した才能を持たざる者や社会のために奉仕できないことである。


592 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 22:59:00
>>591
ひかる!
無理して社会のために奉仕しなくてもいいんだよ。


593 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 23:35:24
>>1
あなたの天才は、遺伝なのでしょうか?

594 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 00:21:40
ん(?_?)

595 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 00:57:32
あのー・・・

ウェクスラー式測定で150だという ソースは?

596 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 01:16:36
真の天才は、数学、理論物理で革命を起こすもの。
ほっといても自然にそうなるものなんだよ。
こんなところで悩んでるのは天才でもなんでもない。


597 :>1:2005/12/17(土) 01:17:37
    ,, -‐''" ̄ ̄`゙ ヽ、
   /          \
  /             i
 ノ         ___ノ
(____,,--‐‐'''"⌒:::::l.川
  . | -=・=-∵-=・=-、.:|川
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|リリ    
.   |   mj |=‐ァ'  .::::|(((
 彡\,〈__ノニニ´ .:::/ミミ  で、今年の軍手は何枚売れたんだい?
  /ノ  ノ -‐‐一´\


598 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 01:49:02
あっ、あっ、

599 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 01:49:49
COME COME

600 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 01:50:35
ずるいけど、600げっと。

601 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 05:30:14
で?

602 :天才:2005/12/17(土) 06:03:34
予はひかるなどではない、象徴界に君臨する真の天才である。


603 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 07:20:30
なんでこの板?

604 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 08:03:00
>>602
象徴界じゃなくて妄想界に君臨してるんだろ?w

605 :天才:2005/12/17(土) 08:18:40
魑魅魍魎が徘徊する妄想界は鏡像として遮断されるので、予の知性は世界一ピュアである。


606 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 08:45:05
私は天才である
だからこそ苦悩する
なぜ私のチンポは右曲がりなんだ
天才らしく天をつくようにいきりたってくれないのだ
あぁ神よ、なぜ私のチンポを右曲がりにしてしまったのだ

607 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 08:55:39
>>606は天才の女性ですか、どうよ?


608 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 12:00:10
自称天才の増加に伴い、希少価値逓減。

609 :天才:2005/12/17(土) 12:31:30
逓減された情報格差により、
今、大衆の現前に忽然と姿を現す予はまさに希少価値を体現する天才である。


610 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 13:10:23
天才さんの崇高さに感動しました。 )ファンより


611 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 15:30:04
愚民どもが彼を天才と煽り立てたとき、彼は天才と認められる



612 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 16:02:58
価値の逓減によって被害を受ける天才はいるか?天才それ自体が確固たる存在ならば、その価値は揺るぎない。

613 :天才:2005/12/17(土) 16:19:33
予の徳育をア・ポステリオリに大衆が認知することは真に悦ばしい。


614 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 17:06:27
酔狂が己を滅ぼす

615 :天才:2005/12/17(土) 17:12:15
風流は大衆の心に数寄をうみだすので、その共通概念が天才の確固たる基盤となる。


616 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 17:39:35
ア・ポステリオリに大衆に認知されたかったら、何らかの功績をあげればいいじゃん。そうなれば、大衆も悦ばしい。

617 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 17:43:10
>>616はアプリオリに女性ですか、どうよ?


618 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 17:45:51
女性ではあるが、アプリオリに女性ではないって誰さ? カルーセルマキとか?

619 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 17:47:41
ミジンコは水溜りが汚れてくると、全部が雌になるんだろ?

620 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 17:50:35
>>618はア・ポステリオリによって女性となったのではありませんよね?


621 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 18:54:58
で?

622 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 19:11:39
アポステリオリに女性・・・・・(;´Д`)ハアハア

623 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 19:49:45
ん?

624 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 23:32:25
>>1
IQが高くても,社会に適応できなければ落ちこぼれである。
自分が偉いという発想を捨てて,社会に適応できるように努力しろ。

私もウェクスラーを受けてIQ129だったが,大学に適応できなくて
退学してしまった。IQは重要ではない。

625 :考える名無しさん:2005/12/17(土) 23:46:47
>>1さん、出番ですよ!


626 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 00:26:10
社会に適応できない人は、IQの高低に拘らずいる。IQの高さを自負するのなら、社会を自分好みに変えてみたらどうかしら?それが出来なきゃ、宝の持ち腐れ。……社会を変えるのって天才でも困難??

627 :天才:2005/12/18(日) 00:38:39
困難に打ち勝つ精神を養う事が重要ですし、チャンスは必ず巡って来ます。


628 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 00:40:14
まずIQが高い≠天才なんだから
そもそもお話にならない。



629 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 00:47:58
>>1
あなたは本を書きなさい。
インターネット等で、人々を善導するための知識、意見を書きなさい。

630 :天才:2005/12/18(日) 00:48:01
       |; |〈  ヽ  ノ プラプラ
      ゝ;;;;;;;|:::: (-=・=-) |シ  
      从从/: \    / ノ   
        |; |〈  ヽ  ノ プラプラ
      ゝ;;;;;;;|:::: (-=・=-) |シ  
      从从/: \    / ノ   
        |; |〈  ヽ  ノ プラプラ
      ゝ;;;;;;;|:::: (-=・=-) |シ  
      从从/: \    / ノ   
        |; |〈  ヽ  ノ プラプラ
      ゝ;;;;;;;|:::: (-=・=-) |シ  
      从从/: \    / ノ   
        |; |〈  ヽ  ノ プラプラ
      ゝ;;;;;;;|:::: (-=・=-) |シ  
      从从/: \    / ノ  


631 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 00:48:08
やはり、天才とIQがただ高い人とは違うのね。

632 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 01:07:02
天才は人前でプラプラさせてるってこと?

633 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/18(日) 01:49:42
>>577 考えるのも嫌な時は、考えないように努力します。ですがあまり考えるのも嫌という状況を体験した事がないと思います。
おそらく、それでも考えてしまうような時は、寝るか楽な妄想をするかします。妄想も出来ないくらい悩んでいる時は、多分運動でもして疲れてから寝ます。
文学部卒です。文学部を選んだ理由は、一番就職などに役に立たなそうだったからです。
それと本を読むのはどちらかといえば好きだったので、より色々読めるだろうと思ったからです。
大学入学時の時点で既に僕には特に大願があったわけでもなかったのですが、親への義理立てという形で一応それなりに名のある大学を選びました。
文学部と同時に理系の学部も受け合格していたのですが、工学系はオイルっぽいイメージ、理学系は急がしくて大変なイメージがあったので避けました。
今考えると、理系に進んでいた方が面白かったかもしれないな、と思います。
ジョンレノンについては、彼に音楽的感性や才能があったかどうかを計る術が僕には無いので、彼が天才かどうかはわかりません。
でも平和を愛した姿勢は素晴らしいと思います。僕も基本的には平和主義者です。
格闘ゲームはあまりプレイしないので、どちらかというと苦手だと思います。

>>578 親切丁寧かどうかはわかりませんが、正直には答えます。
タイピングした文を読み返すのが面倒で、そのまま書き込んでいるので、あまり親切とは言えないかもしれません。
ブラインドタッチは出来るのですが、この時期寒さで手がかじかんでミスタイプが増えるので、困ります。

>>580 別に嫌な事があったわけではありません。毎回同じような書き込みでは僕が飽きるので、一人称を適当に変えて書き込んでいるだけです。
特に嫌な書き込みに対して一人称を変えているというわけではありません。

634 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/18(日) 02:04:15
>>582 少なくともこのスレ上においては僕が知能指数が極端に高い人間=天才として天才という言葉を使っているので、その点ご了承の上、出来れば僕にも譲ってください。

>>585 僕の偽者を演じたいなら、せめてトリップ何とかしましょうよ。

>>586 というわけで>>585は僕ではないので、>>585についての書き込みを僕に言われても困ります。

>>589 僕が勝手にスレ立てて勝手にレス返してるだけなので、別に感謝してもらう必要も影響を受ける必要もないと、僕は考えます。

>>593 祖父は知能指数が高い人間だったようですが、昔の事なので正確にはわかりません。
僕としては、これは遺伝ももちろんですが、むしろ幼少期の環境の影響が大きいと思っています。
両親は僕を大事に育ててくれたようで、妊娠中は多めにカルシウムを取るなど体の面でも気をつけてくれたようですし、話しかけたり本を頻繁に読んでくれたり、また自分で本を読めるようになってからは本を惜しげなく買い与えてくれたりと、色々してくれていたようです。
もちろんそれと生来の才能が融合して僕という高い知能を有する人間が形成されたのでしょうが。

>>595 出来ればすぐにでもソースを提示したい所なのですが、まず僕が料金を負担して知能検査を受け、それを貴方に監視してもらうという形でしか、証明する方法は思いつきません。

>>600 600も取り逃しました。

>>612 少なくとも僕自身は、自称天才さんが何人増えようと被害は被りません。
一つ迷惑がかかるとすれば、天才だと自称するのは勝手なのですが、さも僕であるかのようなレスを返すのは、読んでる人が僕と混同してしまうので勘弁願いたいです。

635 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/18(日) 02:06:20
>>624 ログを読んでください。知能指数が実社会において直接的に(学歴などのように)役に立たない事は知っています。
そしてまた僕は僕が天才であるとは思っていますが、僕が偉いとは思っていません。
さらに社会に適応する気もありません。僕は僕がしたいように生きているだけです。
僕が悩んでいるのは、決して社会が僕を認めないなどといった事ではなく(他者に認められる事を価値と感じるというのは漠然と理解は出来ても僕には存在しない感覚です)、
僕が天才でありながらそれを人の為に利用しなくて良いのかという善意からくる罪悪感についてだけです。

>>625 遅くなりましてごめんなさい。

>>626 僕にも簡単に社会を変える事は出来ないと思います。そして再三言っていますが、社会を変える気もありません。
僕は今の社会にそれほど不満はありません。それ以前に、何かに不満を抱くという事が殆どありません。理由はログで述べた妄想世界がどうこうとかそういう話です。

>>629 人の気持ちという物は、理論では動かない物だと感じています。
僕がこの高い知能をもって完璧なる人の道を説いたところで、悪徳をなす人は必ずしもいなくならないでしょう。
彼らにとって僕の説く道が正しいかどうかは問題ないのです。ただ他者の説く道と違う道を進む事を生きがいとしているのです。
それに僕は、他者を導く事が大事だとは思いません。あるがままに移ろい往くからこそ、僕は傍観者としてこの世界を楽しむ事が出来るのだと思っているので。
本を書くというのは、今後の収入を考える上で魅力的なアイデアな気がしますが、生憎僕には出版界との繋がりもないので、本を書いた所でそれが市場に出回る事は難しいでしょう。

>>631 それでは明確な天才の定義をお願いします。その用法の方が適当であるならば、僕は今後天才という言葉を使うのを控えようと思います。
僕は「天賦の才」として「天才」という言葉を使いました。そして僕の高い知能は僕の努力ではなく天賦の物だろうと考え、天才という言葉を使用しています。

636 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/18(日) 02:08:31
なんとなく今回全て僕で通してしまいました。
>>580にて一人称が変わっている事を指摘され、意識してしまい、変えられませんでした。ごめんなさい。

637 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 02:15:26
天才1さん、どうか私に道を示してください。

両親に「ちょっと出掛けてくる」と言ったきり、2ヶ月間も実家に
連絡ひとつせずに、彼女のマンションで引きこもっています。

平穏に実家に帰るには、どうすればよいでしょうか?


638 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 02:19:46
真の天才は、数学、理論物理で革命を起こすもの。
ほっといても自然にそうなるものなんだよ。
こんなところで悩んでるのは天才でもなんでもない。


639 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/18(日) 02:33:14
>>637 よくわかんねーけどよ、オメーが親に対し不誠実な行動を取っちまったことは、もう事実なわけだ。これは今更変えられねーよな。
もう「平穏無事」なんて存在しねーんだよ。オメーはそういうトコまで来ちまってる。悲しいかもしれないけれど、多分な。
したら、オメーは次どうしたいかを考えるしかねーんじゃねぇか?
何の連絡もせず二ヶ月もいなくなれば、そりゃ心配するだろう。怒られるだろう。下手したら捜索願いまで出されてたっておかしくねぇよな。
それでもオメーは今、実家に帰りたいと思っている。俺はよぉ、上手く言えねーけど、その「気持ち」が大事なんだと思うぜ?
帰りたいなら、帰らざるを得ないなら、まずする事があるだろう。
一本電話入れるだけだ。そりゃオメーのした事考えれば、電話もしづれーだろうな。会うのも怖ぇよ。
でもな、「いつか帰る」と考えてるなら、電話するのは一秒でも早い方がいいぜ。遅くなれば遅くなっただけ、余計に辛くなるだけだろうからな。
もちろんオメーがこのまま帰るの嫌になって、親がオメーの事を諦めるくらいまでバックレ続けるって手もあるだろうさ。オメーがそうしたいなら、俺は止めねー。オメーの自由だ。
だがもう一度言うぞ。もし少しでも帰ろうって気持ちがあるなら、キッツイハードルかもしれないけど、頑張って越えて電話しろ。すぐに帰れなくても電話だけは一度しておけ。
その後に更に高いハードルである、帰るという行為がオメーを待ってるけれど、でもな、このままダラダラしてたら、帰るためのハードルはドンドン高くなるだけだと、俺はそう思うぜ。

>>638 つまり数学者と物理学者で革命を起こした者以外は天才ではないという意見ですか。
随分狭義な使い方をするのですね。

640 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 02:37:26
天才さんはIQが高いから天才だと自認している。また、過去の天才と呼ばれた人たちはそれなりの偉業を残している。そして、自分も天才だから何かしたほーが良いかなと思ってる?何もしない自分に罪悪感を感じてる。それが悩み?

641 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 02:39:52
やっぱ天才さんって親切?

642 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 02:49:24
>>637です。
自分でも平穏無事に全てが上手くいくとは思っていませんでしたが、
天才1さんから説教を受ける事が出来まして、ガンバってハードルに
挑戦していく勇気が出てきました。

ホントに有難うございました。


643 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 03:18:12
>1 スレたてる板が違う。他板いってみ・・・

644 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 03:33:59 ?
歴史上の天才は偉いことをしたから天才って呼ばれている。
頭がいい=天才じゃなくて偶然が重ならないとどんなに頭がよかったって天才とは呼ばれないと思う。
壮大な考えを持つ前にまじめに働いて機会を待ったらどうですか?


645 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 03:37:01
天才ってIQ高い人じゃなくてある分野で突出した才能を開花させた人
のことじゃないの?1の人は天才じゃなくて地頭のいい人では?
別に地頭いい人なんていくらでもいるんだしIQに踊らされる必要
ないと思うが。実際地頭よくても使わずに年取ると差なくなってくるでしょ。

646 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 03:56:07
天才1さんを悪く言うなーっ!!
天才1さんの悪口は信者が許さん!!

647 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 04:01:24
地頭てなんだ? 江頭なら知ってっけど・・

648 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 04:10:23
世に出てる人だけが天才とは限らないでしょ
このスレ、哲学板にあるのに1以外の書き込んでる人のレベルが低すぎるな・・・
それにレスしてる1は天才かどうかはともかく偉いと思う

649 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 04:13:34
スレ自体が釣り

650 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 04:22:05
おいおい、この天才くん偉そうに説教垂れてるけどオノレにも
当て嵌まってるわ
人より特出した能力を持ち何もしないのが罪だと
自責の念に駆られる位なら何か功績を残してよ
すっきりした気分で余生すごしゃいいやろ

何が欲求を制御出来る理性よ、何が妄想で解決よ
そんな事出来るなら、得意のそれで自分で作った罪とか消化しときゃええわ

出来ないなら、ほら、何か形で自分に示しゃええ

そもそも、お前に期待なんて誰もしていない以上
お前が何もしない事を責めるのはお前自身だけだろ

それに何かお前が残した所でどうお前の行為を受け取るかは
後の人が決める事よ
まあ、お前さんは一生つまらん十字架を背負い
こたつでミカン食べながら僕って罪な奴っておもてたらええわ

651 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 04:23:17
きゃは☆ネタスレでむきになっちゃったぁ

652 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 04:24:30
メンヘル収容所

653 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 04:27:36
>>639

>つまり数学者と物理学者で革命を起こした者以外は天才ではないという意見ですか。
>随分狭義な使い方をするのですね。

少なくとも知能の面においては、その方が世間一般にも納得できるようですね。
まあもちろん、もっと緩い使い方もあるようですが、同時に
「天才という言葉が安易に用いられすぎている」
というセリフも既に陳腐になるほど聞かされています。
時間制限を設けて測れるような単純な機能の働きだけで判断する方が
よほど「狭義な」天才だと思われます。

654 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 04:58:25
まあこたつでミカン食べるの飽きたら
次はかなり愛球の高い1を名乗って、何かに励んでみたらいいわ

そんで、上には上がいる事を知り
ほんと一握り人間だけがある分野で天才と扱われる事実を前に
挫折し卑屈になって俺べつに天才ちごてええけど
世の中の殆どの奴より俺は頭ええわ
とか言ってたらいいわ

でも、でも、もしかしたらその愛球を生かして凄い事するかも
しれんしサインだけ先にもらえんかな
そしたらテレビで賢い日本人出てきたら
俺は息子に自慢するねん
俺あいつのサイン持ってるわてな
だから取り敢えずお前は死ねや

655 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 05:02:47
ココデスカ、シットヲ ブチマケル スレ?

656 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 05:06:33
いや違うやろ

釣られ方の研究所だと思うわ

657 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 05:20:55

「法学も論理学も知らない」の対偶は?



658 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/18(日) 05:52:22
おはおっす!

>>640 天才だから何かしないと、じゃなくて、才能を持つ者はそれを活かす義務があると思うんだよね!
過去天才と呼ばれてた人が何かしてたとかそういうのはどうでもいいんだ、結局のところさ。
才能を浪費してるのって、食べ物残して捨ててるのと同じくらい悪い事だと思うんだ!

>>641 てれる……

>>642 頑張ってください!

>>643 ホントはもっとテツガク的なお話になるかと思ってたんだけどね!

>>644 それは「他者から天才と認識されるかどうか」であり「天賦の才を持っているかどうか」とは全く関係ないことですよ!
辞書的な意味が絶対とは言いませんが、一般的に使われる意味に近いものが辞書的な意味だと思うよ!

>>645 僕は知能という分野で突出した才能をもっている事になるよ!

>>646 ありがたいけど信者は募集してないよ!

>>648 ありがとう!

>>649 君が釣りって言葉をどういう意味で使ってるかわからないけれど、僕自身はいつも全力マジレスだよ!

659 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/18(日) 06:05:19
>>650 偉そうにしたつもりはないよ!
もちろん僕の罪の意識は僕自身の問題だよ!
それに明確な答えが見つからない以上、僕は>>637に例えて言うなら、家に帰るつもりはないよ!

>>653 僕は「天賦の才(を持つもの)」として天才という言葉を使っているつもりだよ! ログにもあるから読んでね!
その上で、僕自身の高い知能は天賦の才だから、僕自身を天才だと称しているんだよ!
だから物理学に関して天賦の才がある人も天才だよ!
それとね、数学者や物理学者やで革命を起こす人間が必ずしも知能が高いとは限らないよ!
もちろん知能も関係するけれど、それは優れたサッカー選手が必ずしもそうでないサッカー選手より50m走が速いわけではないのと一緒だよ!
この場合の50m走の速さを測る為の物が、知能検査だよ!
だから
>少なくとも知能の面においては、その方が世間一般にも納得できるようですね。
というのは、間違いだよ! 知能と学力は同じじゃないよ!

>>654 だから、僕は既に知能という分野で一握りの人間になっているので、知能という分野において天才だよ!
サインは事務所に禁止されてるから駄目だよ!
死ねとか言うのも駄目だよ! タイーホだよ!

>>655 僕が知能指数の高い人間だったとして、それに嫉妬する理由がわからないよ!
一般的に知能が高いというのは無条件に良い事とされているように感じるけれど、僕はそうは思わないよ!
男性の身長も高い方が良いとされているけれど高ければ高いなりの苦労があるように、生活に困らないだけの知能があればそれでいいと思うよ! お金とかもね!
でもこういう風な事を言っても理解してもらえない場合が多いよ! 本気でそう思ってる? とか聞かれるよ!
もし僕がこういう事を考え、本気でこう思えているのが僕の高い知能のおかげなのだとしたら、その点に関しては知能が高くて良かったなぁ!
だって無用に妬んだりして嫌な気分になる事ないもんね!

660 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 06:15:49
2000年前に比べて現代があるのは無数の天才等のおかげか。
ジャンボが飛び、原発が発電し、TVがはびこり、。。。。。

661 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 06:22:56
数学者や物理学者やで革命を起こすほどの知能を、「文句なく高い」知能と称するんだよ、世間では。

662 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 06:25:48
>>少なくとも知能の面においては、その方が世間一般にも納得できるようですね。
>というのは、間違いだよ! 知能と学力は同じじゃないよ!

お笑い種。学校のお勉強とカンチガイしてないかな?
数学や理論物理で革命起こすような能力を「学力」とは言いません。
いわゆるお受験の能力とも関係ありません。


663 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 06:31:12
>>660
ほんとうに大天才なのは、節目節目で革命的な発想をした人。
無数はいない。
ただ、科学的知見は他に比べて高い普遍性をもつので、
時代を超えて受け継がれる。よって過去の天才による知見が蓄積されてくる。
それが「2000年前に比べて〜」の理由。

664 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 06:43:18
>世界の人口が約65億だとして、世界に6万5千人しか存在しない中の一人。
>人口約1億3千万の日本において、1300人しか存在しない中の一人。
>その中で人口1200万人の東京において、120人しか存在しない中の一人なのだ。

君は何でそんなに悩んでいるんだい?
世界に6万5千人もいるんじゃないか。
だったら凡人相手にこんなこと話してないで、その人達に直接具体的なアドバイス請えばよいじゃないか。
知能レベルが高いなら外国人と外国語で何の不自由もなく会話くらいできるんだろ?
知能レベルが凡人の私や私の友人達ででさえ2、3か国語喋れるんだからさ。

でも万が一、君が日本語しか喋れないとしても心配するなよ。
日本にだって1300人、東京にだって120人もいるんだから。結構沢山いるじゃないか。

希少価値でいったらマイケルジャクソンのような超セレブの方が数少ないよ。
マイケルのように超がつくほど疎外感を感じる立場の人でさえ悩みながら生きてるのに、
君みたいな知能レベルで凡人に理解されない・・・なんて、ちょっと贅沢じゃないか?
君だったら凡人に紛れてもそんなに目立つことはなかろう。
だってお外には6万5000人もの仲間がいるんだから!

>そんな才能の持ち主が、ただこうして淡々と過ごしていて良いのであろうか。

ところで君には行動力というものはないのか?


665 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 07:36:17
お、奇遇だな。俺もその120人のうちの一人だよ。
でも俺は157だからたぶんキミより勝ってるんだろうな。
キミも努力しだいで俺みたいになれるかもよ?頑張れ。

666 :天才:2005/12/18(日) 07:42:56
力の実体が予の行いに変様をあたえるとアポステリオリに世界の様態が動くのである。


667 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 07:50:44
おまえ天才のクセになんで666踏んだら
「オーメェェェエーン!!!」て叫ばないんだよ。

668 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/18(日) 10:37:22
>>661 知能が高くないと万有引力に気付かないのか? 否。
発見とはその時の発想や見方次第であり、決して知能のみに依存する物ではない。
知能が高い故に気付かない、気付けない事も、多分ある。
>>644が述べているが、様々な偶然が重なったから発見に繋がったのだ。
(もちろんそれらの要素の一つに知能もあるだろう。だがこれはなにも知能が高いことだけを意味しない。適度な知能という意味での偶然)

100年前と今では、今の物理学者の方が遥かに進んだ研究をしている。遥かに進んだ発見が日々成されている。
彼らは生まれる時代さえ異なれば、アインシュタインより先にそれを発見をしていたかもしれない。

科学者は知能が高いはず、何かを発見した人は知能が高いはず、お勉強が出来る子は知能が高いはず、これらの思い込みは、知能信仰とでも言うような物でしかない。

>>662 という事です。上を読めば私が何を意図して>>659であえて「学力」という言葉を使ったのかわかるだろう。

>>664 それはあくまで0.001%という数値について語っただけであり、実際の数は既に述べているようにもっと少数である。

>だったら凡人相手にこんなこと話してないで、その人達に直接具体的なアドバイス請えばよいじゃないか。
これも既に述べているが、このスレの存在意義は最早そんな所には無い。

>ところで君には行動力というものはないのか?
既に私にとっての行動は成されている。600を越えるログを読むことは酷かもしれないが、既出内容を再三述べるのも最初から読んでる人にとっては酷だと思われるので、一度私の発言だけでも目を通して欲しい。
トリップと>>1-15辺りを見れば全てわかるだろうから。

>>665 貴方の書き込みが真実で貴方が日本人でさらに成人だとしたら、私は初めて私より知能指数の高い日本人と対話する機会を得た事になる。
だがしかし私は私自身の置かれた状況などにより、現在日本に私より知能指数の高い成人の存在が確認されていない事を知ってしまっている。

>>667 私もキリ番ゲッターの登場以来キリ番らしいキリ番を取れていない。

669 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 10:39:19
で?

670 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 11:50:01
天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず。自由に生きなされ。知能の高さ故に何らかの責務が生じるなどということはあるまい。その才を活かすも殺すも貴殿次第。何人も貴殿を咎めることはせぬ。思いの儘にご自由に。

671 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 11:54:17
>>670は自由な女性ですか、どうよ?


672 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 12:06:22
今だにウーマンリバティーの時代なの?

673 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 12:35:44
1は「IQが150ある=天才である」かもしれないが
「『天才である』と主張する場」を確保する意志に乏しい
居場所を確保できなければ必然的に、強者が弱者から搾取するという現象が
淡々と行われていくだけであり、人間として感情をあらわにするような居場所も制限されていくだけだ
天才である自分を社会で発揮しない今の1は社会的弱者の側に分類される
1が才能を社会で発揮しないのは罪でも何でもなく、寧ろ他の人間に自分の貴重な居場所を
タダで譲っているようなものなので、善行である、とさえ言えるかもしれない
とにかく1はもう少し焦るべきだ、と俺は助言したい
時間だけは、全ての生き物に平等なのだから

674 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 12:40:43
で?

675 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 12:59:43
ん?

676 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 13:47:04
はぁ?

677 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 13:59:28
ふぉあ〜?



678 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 14:12:03
ほぉへぇー?

679 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 14:26:19
ふぁふぇ〜ふぉ?

680 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 15:43:25
オレ IQ220、ホンデ 200ミマンノ ヤツ ミルト カス、カワシソス(リャク

681 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 17:37:22
めろめろめぇーにょ?

682 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 17:38:18
(略)

683 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 18:37:26
>673 焦る必要は全く無いと思われます。1が真の天才ならば、
世間が放置しておくはずがありません。
1は、「三顧の礼」でお迎えが来るまで、ずっと待ってなさい。

684 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 18:56:31
そだな。
もし真の天才で必要とされるなら向こうから来るだろ。
ずっと待ってて来ないなら必要とされない天才だったってことだ。
後は好きに生きれば?

685 :普通:2005/12/18(日) 20:11:44
その天から授かった才能を、自分の為だけでなく
人の為に使う。それこそがあなたの信じない神が望むことだと思うよ。
まずは頂点を味わってみるがいい。
そしてどん底も経験せねばならない。
そして真理を見出してゆくことだろう。

686 :天才:2005/12/18(日) 20:18:36
予は頂点を極め、いけてる世界に君臨している。


687 :普通:2005/12/18(日) 20:35:52
天才さん。
あなたは確かに学力は誰よりも高く、エリートなのかもしれません。
しかし、どこかで心の隙間というか、寂しさを感じていませんか?
その空間を見栄とプライドと自己正当化で、なんとか自分が自分として
ここにいるんだ、と確かめているんじゃないでしょうか?


688 :普通:2005/12/18(日) 20:45:26
人をはかる基準って何でしょう?
知力でしょうか?地位でしょうか?名誉でしょうか?いいえ、違います。
心の豊かさ、その人が放つ愛の広さがその人の価値なのです。


689 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 20:49:10
>>688何でそんなこと知ってるの?

690 :普通:2005/12/18(日) 20:56:27
>何でそんなこと知ってるの?
人の生きる意味を霊界をも視野に入れ探求した結果、
そのような結論に至りました。
この世でいくらお金を溜め込もうと、高い地位を得ようと、
死んでしまえば、あの世にもってゆくことはできません。
それらは地上でのオモチャのように思います。
唯一あの世に持ってゆけるものは、人にした善と悪、
そして苦難や試練によって磨かれた自分自身のみです。

人生経験の豊富な人に聞いてごらんなさい。あなたにとって生きるとは?と。
みな口をそろえてこう言うはずです。人のために自分を役立てることこそ、生きる意味だと。
そこに真理があるんです。


691 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 21:15:21
>>690は普通の女性ですか、どうよ?


692 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 21:18:13
>>690哲学の分野で霊的なものを視野に入れる人久しぶりに会いました。最近は神が存在してないことが証明されたみたいにやたらと霊的なものを軽んずることがありますからね。

693 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 21:20:08
>>691は童貞ですか、どうよ?

694 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 21:20:46
やっぱ普通が一番てことだな

695 :天才:2005/12/18(日) 21:26:27
予の歩みし道程は苦難に満ちた世界であった。


696 :普通:2005/12/18(日) 21:50:57
>>690は普通の女性ですか、どうよ?
20代男性です。性格は女性のように繊細かもしれませんが。
>最近は神が存在してないことが証明されたみたいに
>やたらと霊的なものを軽んずることがありますからね。
神が存在していない事はどのように証明されたのでしょうか?
僕は神が存在することを確信しているのですが・・。







697 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 21:53:35
で?

698 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 22:08:50
>>696みたいって言ってるやんけ

699 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 22:10:32
>>696確信に到った経緯は?

700 :天才:2005/12/18(日) 22:22:01
きり番700を予が才能に任せてゲット。


701 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 23:29:25
>>696
神の存在や、霊的なものをを信じるのは自由だが、
信じていない人間に信じろというのは傲慢。
万人が納得できる神の存在を証明をすれば別だが。


702 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 23:40:46
>様々な偶然が重なったから発見に繋がったのだ

理論物理、純粋数学を知らない人間のほざく戯言だね。
まあ何を知能と呼ぶか、それに依存するけど、
君は君の信念を吐露し続けるがいいさw
一日足らずの短い時間で測定できるものが、果たして高度な知能と呼ぶに足るのかどうか・・・



>100年前と今では、今の物理学者の方が遥かに進んだ研究をしている。遥かに進んだ発見が日々成されている。
>彼らは生まれる時代さえ異なれば、アインシュタインより先にそれを発見をしていたかもしれない。

理論物理、数学の知見が、他のそれと全く異なることをご存じないから、
こういう戯言を言って恬として恥じないわけだ。
もちろん凌駕する人が皆無とは言えないが、
現在の数学物理学者は過去の業績の上に乗ってその上で研究していることをお忘れなく。

703 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 23:47:44
一日足らずの短い時間で測定できるものが、果たして高度な知能と呼ぶに足るのかどうか・・・

測定できるとしたら、正解も不正解も含めて、
全て設問作成者の想定内なわけだ。
つまり回答者が設問作成者を上回るのは、短時間にその回路が速く作動するという
ただその一点のみ。
もちろんそれが優れていることは、ある種の「知能」の優良を示すことは否定しない。
しかし、それが「高度の知能」の有無を判断する材料になるか、と問われるとどうだろうか?

704 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 00:01:30
>科学者は知能が高いはず、
>何かを発見した人は知能が高いはず、
>お勉強が出来る子は知能が高いはず

だれもこんなたわけたことは主張してないよ?
これらは誰が見ても笑止な主張。
各行の間に間違いの度合いにかなりのギャップがあるのに、
いっしょくたにしていることはこの際おいておくとして。

それとは別に、ゲーデルやノイマンの業績を本当に理解しえたのなら、
これが尋常ならざる知能なくしては成し得ないものであると感じるはず。
>>644の言うところは、知能の有無を問わない、ということではないよ?
高度の知能を持つことは必要条件であって、
それだけでは天才と呼ばれる偉大な業績をなし得るとは限らないということ。







705 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 00:07:59
感じるはず・・はずで決まるのかよ( ´∀`)

706 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 00:12:18
ウェクスラー式測定で軽く150を超える知能指数は天才の証のはず

ウェクスラー式測定で軽く150を超える知能指数は天才の証のはず

ウェクスラー式測定で軽く150を超える知能指数は天才の証のはず

ウェクスラー式測定で軽く150を超える知能指数は天才の証のはず

ウェクスラー式測定で軽く150を超える知能指数は天才の証のはず

707 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 00:14:39
( ´∀`)

708 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 00:48:13
天才って…
天に培われた才能って…
そもそも天って何だ?
天ってあくまで仮定の上での言葉じゃないのか?
天才の証って…
そんなの単なる妄想じゃないか
あんたは所詮、一人の人間に過ぎないんだ
そんな才能なんて
別に社会のために使おうが自分のためだけに使おうが
どうでも良いのだ

何も縛られることは無い


自由に生きろ




709 :天才:2005/12/19(月) 01:26:48
生きることと言論に自由を持っています。


710 :このスレ初:2005/12/19(月) 02:16:54
与えられた問題を素早く解いたり他人の思想を素早く理解するのは
秀才であって天才じゃない。
日本は開国以来こういう単なる輸入業者を天才扱いしてきたせいで、
世界的な科学者や思想家を生み出すことが出来なかった。
単に知能が高いだけで天才を自称するような1こそ有害な人間だ。

711 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 02:32:17
俺はセックスに生きる

それが俺の唯一の快楽なのだから…




好きとか、嫌いとか

最初に言い出したのは、誰なのかしら

駆け抜けていく(駆け抜けていく)

私の…

712 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 06:42:53
>>1
でこのスレ主の天才君は世界をまたに掛けて活動してるのですか?
もしまだしてないなら、それはどうしてですか?
日本国内に留まってる場合じゃないと思うのですが。
どうかご回答宜しくお願いします。

713 :梅毒 ◆datHeSgpH2 :2005/12/19(月) 07:09:42
要点はあなたが進むべき方向性・ジャンルのようなものを捜しているということでしょうか?
願望の核心は「知能とは別の才能」とかこういった発言に集約されそうですが。
あと得意または好きな分野ってなんですか?

良い回答を得るのにも絡む分野も多いし結構長い論考も必要かと思うので、難しそうですね。
まぁ半分遊びでやってると思うけど。面白いですが、答えという答えがほとんど出てないですね。
もう少し問題を具体的にして提示してみたらどうでしょうか。新しいスレ待ってますよ。



714 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/19(月) 07:30:05
おはようございます

>>673 そもそも僕の中での適材適所という観念が強すぎて、知能の高い人間と低い人間とでは社会における適した場違うという感覚が強いのです。
ですから、僕自身が何かを為す時は、恐らく知能の低い人とは違う場において行動する事が多くなると思われるので、今の僕は椅子を譲っているというより、知能の高い人間がつくべき椅子を空白のままにしているという状態だと考えています。
そして僕自身は僕が現在社会的弱者である事を十二分に認識し、またそれで構わないと考えています。
ですから社会復帰するためのお誘いは何度か頂いていますが、全てお断りしている状況です。

>>683 爪を隠す事に長けた鷹を、この社会は鷹だと考えません。
隠している以上どんなに才能があっても、それは凡人と同じなのです。

>>684 必要とされることを望まず避け続けているのです。自由意志が尊重される現代において、強制的に僕に何かをさせることは難しいでしょうから。

>>685 でもそれは僕の望む事ではありません。

>>687 「天才」という名前で書いている人と「天才1」という名で書いている僕とは別人です。

>>688 特に感じていません。

>>690 まず霊界の存在を明確に証明して頂かないと……。

715 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/19(月) 07:40:02
>>700 またキリ番を取られました

>>702 過去の人に勝利する術はありませんよ。仮に現代のとある物理学者が100年前に生まれていれば、現代の物理学はより進んでいたかもしれません。
でもそれを証明する事は不可能です。
歴史における偉業を成した人物というのは、その時、その場所において偉業を成しただけであり、違う時代、違う場所だったら何も成せなかった可能性というのが常に残ります。
それはつまり、あなたの言う偉業を成した天才というのは、時と場所という偶然に左右される存在であるという事です。
過去の物理学者も、それより過去の物理学者たちの業績の上にのって研究していることをお忘れなく。

>>703 まず、「知能検査=知能を測定する為のもの」という定義に異を唱えてらっしゃるようですね。
それは「一日足らずのスポーツテストで身体能力が測れたと言えるだろうか」と言っているのと同じですよ。
知能検査で測定したものを知能と定義して呼んでいる以上、それが知能なのです。
貴方がその定義を認めないのは勝手ですが。

>>706 まず「天賦の才を持つものを天才」と定義した上で「知能検査において突出した数値を出すのは才能」と考えた結果、ウェクスラー式測定で軽く150を超える知能指数は天才という風に言っているのです。
貴方の言うように「天才のはずだから」なんて論拠のない発言はしていませんよ。

>>708 既に自由に生きていますが。

>>710 天才定義論はもうお腹一杯です。

>>712 世に出ることを望んでいないのだから、世界を股にかける必要もありません。

>>713 それ以前に、このスレに書いて頂いている方たちには申し訳ないのですが、問題点と立脚点を理解せず自論を展開するだけの書き込みが多いので、参考にしようが無いのが現状です。
故に既に僕の中でこのスレの存在理由は変わっています。

716 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/19(月) 07:44:41
前々から感じていた事なのですが、天才や知能が高い、頭が良いといった言葉に過剰反応する方々がいらっしゃいますね。
「知能検査で高い数値を出したので僕は知能が高い」と言っている人間に対し「いやお前は知能が低いはずだ。高くなんてない」と言うだけの方が。
両者の言っている「知能」に隔たりがあるのでは会話になりません。
哲学板なのだから、もう少しその辺はまともに会話できるかと期待していたのですが。
知能が高い事を無条件に良い事だと考える人間には、正直うんざりです。
僕にとって知能が高い事は背が高い事と大差ありません。

717 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 08:19:57
なんかやりたいことってないの?
ライフワークはなに?


718 :普通:2005/12/19(月) 10:19:58
御馬鹿な自称天才1は知能と背の高さの差異を簡単に否定する。
そんな、うんざりした現実界の認識では世の中の役にたたない。
>>1はもっと、アカデミックな主張をしろ。


719 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 10:27:37
私は絶世の美女です。あまりにも美しく
目立つせいで中学生の時に視線恐怖症になり
ひきこもっています。

天才は絶世の美女に勝てますか?
私が心を解放して本気になれば、手に入らないものはないし
男の心など簡単に操作できるでしょう
これはなぜだかわかりませんが、確信しているのです。

もちろん、女性に性嗜好がある男性のみに対してのことですが…。

720 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 10:46:55
>>711
そこそこに金があって、セックスに明け暮れ、自分の嗜好するものを食し、呑んだくれ、常に片手にはタバコの煙をくゆらせる。今現在、私はかような生活を送っている。皆自分の好きなように生きれば良いのよ。

721 :普通:2005/12/19(月) 10:47:02
貨幣経済の側面で考えた場合、天才は稼ぐのが上手く浪費しないから、
現実界における消費の実体は天才を操作する女性でしょう。


722 :天才:2005/12/19(月) 11:00:57
>>719
予の鏡像界において絶世の美女>>719を意識すると、虜になりますし、勝てないなと思います。




723 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 12:09:05
>>719
残念だな、漏れにすら勝てないよ


724 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 13:00:17
>1
とりあえず、ログの内容も読まないのか読んでも理解出来ないのか、とにかく己を「天才」なんて称する奴は自分より劣った知能の持ち主である筈だ、みたいな立場から馬鹿みてぇにギャーギャー騒ぐ人が多いように見えます。同じような問いかけが余りにも多いですね。
いい加減に読んでて少しマンネリです。「天才」と使う所を、他の言葉に置き換えてみては如何ですか?そうした所で何も変わらないかもしれませんが(>_<)

725 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 13:16:31
バカガ テンサイヲ ナノル スレハ ココデスカ?

726 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 13:17:45
ダッタラ オレ テンサイ デス    ・・マチガイ ナイッ !!

727 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 13:37:17
天才1 ◆qt8VwpAW1c ハ オレヨリ バカ ナノカ、ト〜ヨ?

728 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 15:21:42
ごゆるりと

729 :天才:2005/12/19(月) 16:30:08
ゆたりとしたランチを築地で楽しんできました。
海鮮うにドンが美味かったです。


730 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 17:45:23
で?

731 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 18:05:39
>>1 自分が天才であるのに何の努力もしていないから、
本来凡愚の民が貴方から受ける筈だった恩恵を受けていない。
そのことに悩んでいるんですよね。
だったら、何かしたらいいと思うのですが。幸い貴方は欲求を
かなり押え込めることができると言っていらっしゃいますし、
それなら何か研究なり芸術なり、その知能指数を生かしてやられてみては
いかがでしょうか?欲は抑えられるのでしょう?ここは一つその知能指数
で何かやらかしちゃえばいいのでは?
私は知能指数が高いというのは天才の必要条件であって、十分条件ではない
と思いますが、どうやら貴方の見解はそうではないらしいですし。

732 :天才:2005/12/19(月) 18:41:31
日夜、高度なIQを駆使していなすが、なにか?


733 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 18:56:32
>>732
>いなすが
異種類のナスを研究してるんですね w


734 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 18:58:48
>>731
その手の提案はもうすでにしている。そして、>1の回答は
「僕は何かやらかす気はありません」である。
以下は私の>1に対する考えである。
もし間違っていれば>1自ら訂正してくれるだろう。
>1は三大欲求以外の欲求を持っていない。厳密にいえば、
理性が制御している。では、>1の好き嫌いはあるのか?
答えはYESである。しかし、それは相対的な好きであり、
嫌いなものがあるから、その結果、生じる<好き>にすぎない。
したがって、彼に興味のあるものを尋ねる、あるいは
、何かを提案することは彼にとって何ら意味を持たない。

735 :天才:2005/12/19(月) 19:05:34
予が興味あるものはグルメなウニである。
ウニは見た目では美味いかどうか、プロでも判別できないのだ。
しかし、予は仲買人から味見をしたその日一番美味しいウニを食べているのだ。


736 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 19:30:57
ウニとワニの区別つくよ〜になったのか?
YESなら説明してみろ

737 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 19:34:13
>>736オマエガヤレ w


738 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 19:48:30
天才よ、いと小さき者よ、
誇れ、いと小さき才能を。

嘆け、新たに創り出したる物の無きを。

739 :天才:2005/12/19(月) 19:51:28
>>738はバタフライ理論を客体化せよ。


740 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 19:52:01
知れ、我が業の偉大なるを。
そして 讃えよ。

741 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 19:55:19
風が吹けば桶屋だけでなく土建屋が儲かるかも。

742 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 19:58:48
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/3795/hensachi03.html

ここに出てくるIQ160ってもしかして1さん?

743 :天才:2005/12/19(月) 20:00:51
知れ、予の所作の偉大なるを。
そして、讃えよ。


744 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 20:05:39
>>716
>天才や知能が高い、頭が良いといった言葉に過剰反応
このスレ開いてる人間はみんな、天才という言葉に反応したから
きてやってるんだぞ。10人中10人が反応するのは当たり前だろ。アホか
1は社会的立場を自分から放棄したような言い方をするが、違うね。
お前はいくら頑張っても自分が社会で這い上がれないことに気付いたにすぎない。
自分を誤魔化すなよ。

1は「悔しい」とか思ったことないのかな?

745 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 20:59:31
で?

746 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 21:26:58
天才よ、我は天と土とを創れり。
蠢く物 地から湧くがため也。
汝は そから出でし物ならずや。

汝 未だ我が業を知らず。
汝の才 未だ足らざれば也。

747 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 21:33:08
違人

748 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 22:03:06
>>744
君のその反応が過剰反応なのよ

749 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 23:26:45
天才1さんは、ヴァーチャル空間の身体で性交して射精すると、現実空間の身体でも手を使わずに射精してしまうんでしょうか?
それとも、現実空間の身体は、ヴァーチャル空間の身体にリンクすることはないのでしょうか?
味覚や嗅覚や痛覚なんかもヴァーチャル空間で再現できるのでしょうか?
寝ているときに夢は見ますか?
見ているのであれば、
寝ているときの夢と覚醒時のヴァーチャル空間との間に違いはあるのでしょうか?
寝ているときの夢のなかで、これが夢であることを自覚して、夢の中で自由自在に動き回ったり、設定を変更したりできるんでしょうか?


私は、天才1さんの発言を拝見させていただいて、非常に豊かな内面生活を営まれているようで、驚嘆いたしました。
すっごく楽しそうですよね。

750 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 23:32:43
そういうショウあるよね。想像力のみで勃起して射精にいたるやつ。ぶっちゃけ凄い。

751 :天才:2005/12/20(火) 00:24:48
予は内面生活も非常に豊かである。


752 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 00:43:20
>>751
君つまんないから消えていいよ

753 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 00:54:15
>>752
君もつまんないから消えていいよ。

754 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/20(火) 01:06:34
どうもこんばんは。
>>717 強いて言えば読書と妄想です。

>>718 知能が高いのも背が高いのも、一般社会において直接的には役に立たないという意味で一緒ですよ。

>>719 僕は女性に対し、自分が制御できないほど欲情した事がありません。
また深い恋というものに落ちた事もありません。
もしそんな僕でも激しい恋が出来るのならば、してみたいですね。激しい恋を自らする事は出来るのですが、自らの意思と関係なくしてしまうという経験が無いので。

>>724 そうですね。質問していただける事自体はありがたいのですが、既出の内容が多すぎる気がします。
ご指摘通りだと僕も思います。

>>731 欲を抑えられる事と苦行に耐える事とは別ですよ。

>>734 概ねその通りです。
通常人間は欲求を満たす為に行動すると思われますが、僕の場合行動せずともその欲求を抑えるないし満たせてしまうので、行動する意義自体がないのです。

>>735 とれたてのウニを割って食べるのは好きです。ですがスーパーなどで売ってるウニは値段ばかり高くて美味しいと感じないので、僕はあまり好きではありません。

>>742 違います。僕は夜学に通った事はありませんし、また仮に夜学に通っていたとしても特にコンプレックスは抱かないと思います。
夜学だろうとなんだろうと、好きで入ってそこで勉強できるなら問題ないと思うので。もっとも学歴の為に大学に入る人間も多いようですが。
またこのサイトに書かれている条件に当てはまるIQ160の人間を、少なくとも僕は知りません。

755 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/20(火) 01:16:45
>>744 自分の言っている事を相手が理解せず、それに対して悔しいと思った事は過去何度かありますね。
例えば丁度上で学歴の話をしましたが、同じような事を違う大学に通う友人に言った所、僕自身は当時も本気で上記のように思ってましたし何の他意もなかったのですが、
「それはお前が某国立大に行っているから言えるんだよ」というような事を言われた時は、友人もまた学歴コンプレックスという物を抱えた人間なのかと思い、悔しいというか、悲しかったですね。
ですが激しい悔しさというのは子供の頃にしか感じた記憶がありません。

社会で這い上がれないと気付いたとのご指摘ですが、まずそれ以前に這い上がろうという気持ちを抱いた事が無いので、わかりません。

また反応と過剰反応は似ているようで異なると思われます。

>>749 刺激を受けずに射精は無理です。
肉体的刺激は全て再現不可能ですね。再現しようと努力した事もありませんが。
肉体的な快楽をあまり重視していないので、性欲処理でも射精できればそれで十分ですので。
ですので、性欲を満たすために妄想世界を使う事はあまりありません。
ですが淫夢のような物を見る事はたまにあります。
寝ている時の夢は夢と気付かない時と気付く時とがありますね。この点が妄想と違う所だと思います。
また大抵の場合、夢だと気付くと、その夢は悪夢とは言わないまでも、あまり楽しく無いであろう夢になる事が多いです。
これは恐らく僕が無意識下で、「現実にはそう上手く行かない」と思っている事が影響しているのかもしれません。
(スーパーマンのように空を飛ぶ夢を見ていて、途中で「ああ、これは夢だな」と思うと徐々に失速して墜落する、といった具合に)

>>750 それもまた一種の天才ですね。

>>752-753 つまらないか面白いかは主観的価値ですし、所詮2chのクソスレなんですから、大目に見ていきましょうよ。
僕自身あまり面白くないですし。

756 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 01:26:12
まずあたりまえのことですが、
・一般的な意味で(?)知能が高い
・知能検査によってわかる知能指数が高い
・天与の才がある
この3つは互いにどれも等しくないですね。
その上、そもそも人間の脳は誕生時はほとんど白紙の状態であることが
他の哺乳動物との著しい違いではなかったかしらん?
1さんも上の方で書いておられたように、
2歳くらいまでの育てられ方が知能の発達に大きな影響があると言われていますし、
また、単なる天与の才という意味でなく、歴史に残る芸術・学問上の天才と呼ばれる人達は、
成人するまでに鍛えられ発達した脳の特質によって
その成果が得られたのではないでしょうか。
知能面に限っても、普通、人が天才と賞賛するのは、
生のままのまっさらな脳ではないと思います。


757 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 01:38:55
知能検査で測定したものを知能と定義して呼んでいる とのことですが、
漠然と、知能が優れている、といった場合の知能は、
それこそ発言者によって解釈が違うと思います。
“知能テストで計測される知能指数”は文字通りの意味意外の何物でもなく、
それが世間一般で言われる天才かどうかは、疑問があります。
また、知能指数は計測時の年齢も加味してはじきだされるはずですが、
要するに大人の知能指数は、天与の脳力ではなく、
それまでの生育環境によって発達してできあがったその時点での脳の力なわけです。
もちろんその意味では、偉大な芸術・学術の足跡を残したと認められる天才も
私はこれが最も普通に言われる意味での天才だと思いますが、
やはり天与の才とは一致しないわけです。


758 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 01:53:01
つまりね、最近のレスを読んでてもかなりつまらんのですよ。「天才とはこういうもんだから、あんたはどうでしょ?」「自分が言う天才とはなんたらかんたら」って同じやりとりばっかりで。
>1には主張なり住人への質問なり何でも良いから、とりあえず自発的に何かに関して書き込んで欲しいかな。

759 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/20(火) 02:49:37
知能とか天才とかいう言葉に関しては、既に「便宜上知能検査において知能指数が高いと判定されたというのをここでは天才」とさせて貰うって断ってるんですけれどねぇ。
「天才」って言葉が気に入らないなら、「知能検査において知能指数が極端に高い人間」って言葉でもいいんですが、単に長いから面倒ってだけで。
ですから僕としても天才定義論はお腹一杯なんですよね。言葉の定義なんてお互いに通じればなんでもいいわけですし。

既出発言が繰り返されるから僕もそれに対し既出の答えを繰り返しているわけですが、それがお見苦しいようで、ごめんなさい。
ですがこのスレで僕は極力正直にレスを返す事をモットーとしているので、やっぱり既出でも「それは天才じゃない!」というような意見が書かれれば、一からご説明して差し上げたいのですよ。

僕自身の知能指数に対する考え方は、>>77に集約されてると思います。

僕が自発的に何かしろとの事ですが、>>205で書いたように僕にとってのこのスレの存在意義が変わってしまっているので、僕はこのスレにおいて受動的であることを徹底するつもりです。

760 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 03:44:01
知能指数が極端に高いってだけじゃどうってことないわけだから
何も悩む必要がないわけだよ。
はじめから意味がないわけだ。

>>77
まさにそのとおり。毒にも薬にもならないどーでもいい人間なんだから、
いちいちゴミスレ作ってゴミレスの応酬を誘う意味もないわけだよ。

761 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 03:50:47
言うなれば私は、私の天才的知能により誰もが持っている「内なる世界」とでも呼ぶべき世界を、常人より遥かに優れた形で構築してしまっている。
その世界は既に外界のそれに迫り、一部では遥かに凌駕してしまっている。

↑証明できないことは、ただの戯言と受け取られるだけ。
酔っ払いが酔ってないと言うのと同じだね。

762 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 03:53:56
言うなれば私は、私の天才的知能により誰もがあまり食べたくない「麻原将校のウンコ」とでも呼ぶべき味覚の世界を、常人より遥かに優れた形で構築してしまっている。
その世界は既に本物の脱糞したての麻原の軟便に迫り、一部では遥かに凌駕してしまっている。

763 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 05:00:18
ん?

764 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 06:42:12
まずはまともにオレと話せるくらいの理論を持っていないと話せるものも
話せないけどオレは優しいから答えてやってるよってことでしょ。

765 :天才:2005/12/20(火) 08:47:51
ディスクールにおいて天才であれば2chの世界では十全である。


766 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 10:32:20
−40度の寒気、三波構造が原因らしいですよ。
寒いわけですよね。
一番暗いのは夜明け前と聞いたことがありますが、
一番寒いのも夜明け前ですよね。

三波構造の寒気団・・・世界もまた盛り上がって参りましたね。

767 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 11:51:03
まず、天才って自ら唱えるべきものじゃないかと
どうして、こうも自称天才の方々がこうも多いのか非常に疑問に思える

後世の人からも評価されるような人材こそ
そういわれる資格のあるものと思う
それがどれだけの大罪であろうと功績であろうと


768 :天才:2005/12/20(火) 12:02:37
現実界には革命的な寒気団やってきても床暖房なので予もぬくぬくと盛り上がっておる。


769 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 13:15:23
>>1
ウェクスラー式測定で軽く150を超えるって
怪しげな表現だけど、数値はいくつなの?

天才が3桁の数字を忘れるとも思えないけど

770 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 14:43:53
それ故に 我難治らに告ぐ。
今度、何を言い、何を書こうかと思い煩うな。
ここの1を見よ。学ばず、働かず、役に立たず、
しかるに難治らの掲示板2ちゃんねるはこれを受け入れ給ふ。
難治らは1より優れたる者ならずや。

中略

1のことは1が考えれば足れり。


771 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 14:48:19
罪ゆえに傷つけてしまう

772 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 14:50:04
才ってのは財に通じて天才は「天の財産」のことだと思う
だから、生きとし生けるものすべてがいわゆる天才
みんなの中にも天から授かった類まれな才能が眠っているんじゃないですか
いでよ天才!

773 :天才:2005/12/20(火) 15:06:18
財の現実界で天才をいとなんでおります。

774 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 15:55:08
安易に「天才」という言葉を使用すべからず。
「天才」とは、未曾有の破天荒な業績を為したる者に対して、世間が
畏敬の念を込めて与える尊称。いまだ、何も為さざる「自称天才」
どもは、いつまでもここで能書きをたれてろ。
能書きを垂れるぐらいタダだからな。しかし、そのような類の人間を
世間では「奇人・変人」と呼ぶ。

775 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 16:09:56
変人大好き!!

776 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 17:18:28
>>1は自らが天才であることをひけらかす欲求は押さえられなかったみたいですね。

777 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 17:44:05
ひけらかしてんのかなー?だとしたら、可愛い!!柴田くんを思い出すよ。彼は今、どーしてんだろう?

778 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 18:42:59
>>767->>776 
これらの書き込みは、これまでの>1の発言を全く理解
していない、あるいは読んでいないかのどちらかですね。
このような書き込みばかりでは、そろそろ>1も回答に飽き
てしまうでしょう。個人的には>>758の意見に賛成なのですが、
>1はその気はないようですね。しかし、このままの調子だと
>1は回答をやめるか、>>758の望みどうりになりそうですね。

779 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 18:55:12
1の嘘つきケテー!

780 :天才:2005/12/20(火) 19:40:36
真理のディスクールに罪はないので、たとえ予に原罪があろうとも実体を語り続ける。


781 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 19:44:16
>>758
漏れは二回書き込んだ時に気付いたよ

釣りだって




良い意味で

だから、>>1は天才なんだよ





良い意味で

782 :天才:2005/12/20(火) 20:00:02
予の言説は漁師ヨハネのように大漁をめざして釣りをしているのでは決してない。


783 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 20:10:59
驚天動地の神童、柴田は今、何処?ロリコンでありながら、抜群の知能の高さ故に咎められることのない男。自らを神と称し、低能な人間を嘲笑する性格の悪さは天下一品!ああ、また、彼に逢いたい。ぶっ飛んだ彼の思想に触れたい。

784 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 20:13:51
で?

785 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 21:06:17
>>1
今私を苦悩させている問題は一つだ。
私は天才である。
この一つの事実が私を苦悩させる。
倫理的観点から見た場合、持てる者は持たざる者のために何かをするべきである。
社会的観点から見た場合、能力のある者はそれを社会のために活用するべきである。


上記のことの根拠が薄い希ガス。
なぜ活用する必要があるのかが問題なんだが。

786 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 21:14:21
う〜ん、どうなんでしょう。
ニーチェに影響を受けているとは思えない発言もありますが。
妄想と現実は明らかに違うと思います。
同じ事でも妄想での精神的充足と現実での精神的充足はまったく違います。

>>15とか感謝されたいなら自分の妄想で思い描けばいいというのは安易ですね。
自分の意識を変えることはできても他人の意識を変えることには失敗しています。
妄想で感謝されているのと実際感謝されているのでは精神的充足のレベルは変わってきます。
というかそれは「感謝」されていることにはなりませんよ。まぁ感謝というのはここでの例ですが。
現実ではやれないことを妄想して喜んでても結局は妄想ということですよね。
想像で小説ができるのなら、それを書くだけですから作家にもなれるのでしょうね。
うらやましいですよ、出版社のコネ云々は知りませんが。

単純な質問でも核心をついた問いには具体的に答えてはいませんね。
あなたが天才で世の中を憂いていて自身で苦悩しているのはわかりました。
欲望のコントロールにも成功しておられるのですよね。

苦悩の内容の詳細な記述をお願いします。言語化が困難であると存じてますが、
ある程度の所までは言語化した記述が可能かと思われます。曖昧すぎますよ。
詳細は>>1>〜>15ってのはなしね。>>4とかでも詳細の記述をお願いしますね。
言葉を換言したところで本質的なものは同じだと思っています。
詭弁的ではない回答をお待ちしています。

787 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 21:18:09
もちっと具体的な論拠が欲しいよね

788 :天才:2005/12/20(火) 21:39:31
予の苦悩とはいけてる事である。
つまり、最上のバランスの鏡像界に予が実存するために
常に感謝している苦悩である。


789 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 21:47:47
でも有機物

790 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 21:48:57
今さらだが、1の出身大学名を教えてくれないか?
行っていないのならその理由を、行っていたのならそこに行った理由を教えてくれ

791 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 21:59:08
天才1さんは、普段どんな妄想を消費していらっしゃるのですか?
恋愛ドラマの主人公になったり、海賊になってみたり、歴史上の人物になってみたりしているんでしょうか?
その妄想で、どんな感情を満足させているのでしょうか?

792 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 22:12:03
800は譲れない。いや、譲らない。

793 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 22:21:45
>>791は女性ですか、どうよ?


794 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 01:22:05
雪の降る町を天才も歩くのですか?


795 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 04:28:31
普通の人は天才に変状しない。


796 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 06:43:22
言うなれば私は、私の天才的知能により誰もがあまり食べたくない「麻原将校のウンコ」とでも呼ぶべき味覚の世界を、常人より遥かに優れた形で構築してしまっている。
その世界は既に本物の脱糞したての麻原の軟便に迫り、一部では遥かに凌駕してしまっている。


797 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 06:47:11
笑止千版。

     _,,;::-―ー-:;:,,、
    /''''''   '''''':::::::\  
    |::-=・=-;;;;;;;_-=・=-:::|       
    |  .:"ー=〓=-'`:::: |         
    \   `ニニ´ .::::::/   
 ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   |
言うなれば私は、私の天才的知能により誰もが持っていない「内なるちんぽ」
とでも呼ぶべきを、常人より遥かに優れた形で構築してしまっている。
その世界は既に外界のそれに迫り、一部では遥かに凌駕してしまっている。


798 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 06:58:30
                 _,,t-‐‐-、,-‐‐-、   
                     三'::::::............... .....::::::`y,.
                     ナ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
              | ̄|   V::::::::::::::::_{{ ({∫∬ノノjヾ:::::{
           | ̄| | ̄|   ナ::::::::::::::i`__,,,,,,,ァ_  _,,,,,_ t;;:ヌ
           |  | |  |  イヘ::::::(ヾ~!,ャt、 !'''i ィtン )=f }f
           |  | |  |  i {t)テ" ヘ' '___,イ ヽ_/ 介'
           |  | |  | _,rヘ_,j|!'     /ー--''!     |'
           |,.ィ―'''' ̄ /| |       /二ク     !    <オラウータンビーツ
           /;;:::'';;::''::;;:/ { ! 、     ヾニン   ノ\  
            /'''::::;r|''':::;;;|  | ! \       _,,./|::;;'''\    
        /:;;/ |;;;''::;;|   丶\  `__>-ー´   !;;;:'''::iヽ、
          i/   |'::;;;;''|      三 ―''"       !''::;;;;| /ヽ
        /⌒ヽ  |;;''':::;|       \            !;;::''|/  i
         /     \{'';;;::''}          ̄二ニ=    !::;;|   |
        /ヘ     |;;:::::;{            ‐-      !/   |
        /  i     |:::;;;''!             ー       !  / |
     /   l     |;;'';イ                   }   {、
     〉、      ∧テ{ ヽ  _   _,,,,;;;;;:::-==ニ;;;_   ノ __,イ´
      / \_    //レ!      ̄           ̄ { ̄  |
    /    `ー::v'´/ | i                     i    |
    i       / ̄   | |                     i、  |
    i       /    ||                         ヽ  |


799 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 08:55:03
ん?

800 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 09:07:51
>>798は800きり番ゲットを狙うぴかぁ〜だな w



801 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 09:22:36
百年に一人の天才のワタシが来ましたよ。

802 :普通:2005/12/21(水) 09:32:53
>>801オハヨウ

いけてる天才とは有史以来の現実界にあって超越論的属性を具有する主体である。


803 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 10:58:32
今北産業…はいいです。

外出かもしれませんが。天才のあなたはどんなことで心から笑いますか?具体的にお願いします。

804 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/21(水) 11:22:22
>>764 いやいや、そんな事は思ってませんよ。

>>769 ログを読んでください。測定の都度若干数値が上下します。
詳しくは>>62にて。

>>774 天才定義論はお腹一杯なので、今後天才ではなく「特異な知能を持った者」という言葉を使うようにしようと思います。

>>776 ログ読んでください。

>>778 確かに何度も同じ事を書くのは飽きますね。でも僕の方から皆さんに問いかけたい事は既に無いですし。

>>781 釣りの定義次第ですが(ry あとはログ読んでください。

>>785 僕の善意に苦しめられているだけです。あとはログ読んでください。

>>786 現実と妄想に対する価値の比重を理性によって制御する事により、妄想の中で感謝されているのも現実で感謝されているのもなんら変わらない精神的充足を得る事が出来るようになります。
それ以前に感謝される事に価値を置かないことも出来るのであくまで例ですが。

苦悩の内容は、一言で言えば、勿体無いというただそれだけのことです。
高い知能を持った存在がそれを社会に役立てる事もなく、誰の為に役立てるでもなく消えていくのは、勿体無い。それだけです。

>>790 具体名は挙げていませんが、既にある程度推測できる範囲で書いているのでログを読んでください。

805 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/21(水) 11:23:40
>>791 挙げられた例のような妄想はあまりしていません。恋愛が人生において必要だとも思っていませんし、歴史上の偉人となる事にも価値があるとは思っていません。
それ以前に願望自体、かなりの部分を抑えられてしまっているので、妄想世界において充足する必要があまりないのです。
どうしても現実で充足するのが面倒な願望があったときだけ妄想してます。
その内容は実に他愛も無い内容が多いですね。例えば現実でお金持ちになる事はメリットもありますがデメリットもあります。妄想世界においてそのデメリットをご都合主義で無いものとした上でお金持ちになる妄想をするとか、そういった実に他愛のない内容が多いと思います。

>>794 歩きます。好きです。

>>803 心から笑うというのが今一よくわかりません。子供の頃はそんな事も考えず笑っていたと思うのですが。
例えばテレビのお笑い番組などを見ても笑いますが、どこか笑っている自分を客観視している自分がいます。
笑うほど面白いと思っていない自分も同時に存在するのです。
ですからそういう意味では、「心から」笑ってると言えないと思います。なので心から笑う事は無いのかもしれません。
これは笑う事だけではなく恋愛やその他の事全てにおいてです。

ですが逆に、先ほど挙げられたような雪の降る街を歩くといった事だけでも笑える、泣ける、幸せになれる自分も存在します。
感情がある程度まで制御できてしまっているのだと思っています。

806 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 11:35:26
天才ってのは他の人からの評価としての称号でしかないと思うんだよね
IQどうとかってのは、論理的思考能力をはかるモノサシでしかないと思うんだよね
>>1はそういう意味で、頭の回転、すなわち論理的思考能力は高いとは思うんだよね
だから、理屈を瞬時に並べて、自分を納得させられるから、
劣等感なんてのとは無縁だし、物欲も簡単に抑えられるんだと思うんだよね
ところで、もともと好奇心はあると思うんだよね
だから興味のあることは自分の欲求として知ろうとして、その結果として
知識が溜まるから、勉強しなくてもそこそこ成績は良かったんだと思うんだよね
閑話休題、世の中で天才って呼ばれる人たちは、万能ではなくて、ある分野の天才だと思うんだよね
そういう人って、論理的思考能力をもって、自分の知的好奇心による
探求を進めた、単なる結果として世の中に影響を及ぼしたに過ぎないと思うんだよね

807 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 11:54:18
>>806は女性ですよね、どうよ?


808 :天才1 ◇qt8VwpAaho:2005/12/21(水) 12:34:08
>>806
自己の天才性を認識せざるを得なくなる時があるんだ。それは第三者の
僕に対する賞賛によるものではなくて、自身と他人が同じ場にいた際に起こるんだよ。
そうだね、一例を挙げれば認識能力が違いすぎるんだよ。
ある時友人に相談を持ちかけられたんだが、それは彼女と結婚すべきかどうかという他愛もない(僕には)
相談事だったのさ。
僕は答えたよ。
艱難辛苦を共有できる決意があるなら結婚して家庭を築くべきだとね。
「幸い君には両親や祖父母がいるのだから馴れ初めや、結婚後の辛かったこと嬉しかったことを
訊くことができるんだから大いに参考にすべきだ」と答えたんだよ。
そして夫婦がリスクを取れず共有できない相手だと思うなら破綻は避けられないだろうとも伝えた。
友人とはいえ他人に相談すべきことの是非をわきまえない人は嫌だね。


809 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 12:35:34
>>1
天才の悩みを持つ者です。
IQは軽く200を超えます。
日本では私だけのようです。
私の問題を解決できる人はありません。

1さん、あなたの指摘をしておきたいと思います。
IQ150〜160程度でできることはほとんどありません。
倫理的に社会的に なんの要請も無いということです。
苦悩を取り越し苦労と置きかえるべきです。

次に、あなたを産んだのは母親です。
母親が神と”Hした”という妄想は捨ててください。
お母さんへの冒涜です。
IQ150〜160程度では仕方のないことではありますが・・

従って あなたの苦悩が事実だとすれば
単に苦悩したがってるということになります。
IQ150〜160程度ではよくあることです。
悩みが無いのに悩んでみたい・・わかります。
つまり人並みなんです。
天才はそういうことでは悩みません
ほんとのこと言ってごめんなさい。

810 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 12:37:26
で?

811 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 12:47:41
それで、天才の罪とは?
悟るぐらいなら、天才でなくとも出来る。漏れは凡人以下だが、悟ってるよ。

生理現象(生命活動、維持に必要な事)以外なら大抵押さえられるのは普通では?


何しようが、意味の無い事が分かってるだけ?

812 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 13:04:47
>>806
>>809
>>811
醜いから、妬むのやめれ。
おめえらが、頭脳の良し悪しに劣等感を持っていることはよくわかったから。
天才1から面白い応答を引き出せるように、ない頭をもうちっと働かせろ。

813 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 13:18:39
>>812
ない1の頭から何を引き出すの?
無い、から引き出せるのは無いだけだろw

814 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 14:05:01
>>1
週何回オナニーしてます?
あと、抜いた後って知能衰えません?

815 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 14:17:27
>>1さん
自分が天才でもなんでもない普通の人間だということが受け入れられるのは
何歳ぐらいになりそうですか?それとも死ぬまで無理ですか?

816 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 15:05:53
>>813
わかったわかった。そういう重箱の隅をつついて得意になるのは馬鹿っぽいからやめれ。
このスレ主が、本当に天才かどうかなんてひとまずどうでもいいんだよ。
これまでの応答がつまんねえから、もうちっと楽しめるものになるように工夫しろと言ってんだよ。

で、愚民である私から天才1さんへ質問させていただきます。
【1】他の知能テスト高得点者と面識があるとのことですが、それは、知能テストの主催者に引き合わされたからなんでしょうか?
【2】知能テストで高得点をたたき出してしまったことで、特別な教育を受けるようにとの働きかけを受けなかったんでしょうか?
【3】ヒトラーに言及していますが、彼は知能テストなんて受けたことあるんですか? あるのであれば、知能指数はいくつだったのでしょうか?
【4】現在引きこもっているそうですが、生活に必要な作業以外の時間を妄想のみに使用しているのでしょうか? 妄想するときの姿勢は?
【5】知能指数150以上ともなれば、数学の教科書なんてすらすらっと理解できそうに思うのですが、どうですか?
たとえば、ベクトル解析とか位相幾何学とか量子力学とかヒモ理論とか、各教科書一週間くらいで理解できるんじゃないかと思ってしまいますがどうですか? できそうですか?
読んだことないからなんて言いっこなしですぜ?
【6】それだけの妄想世界を構築されているのですから、何の分野であれ、二年くらい研究すれば、革命的な業績を上げる事ができて、罪意識もなくなるんじゃないかと思ってしまうのですが、どうですか?
後はまた引きこもればいいわけですし。
【7】新型インフルエンザ大流行の危機が叫ばれていますが、これを回避するためにご尽力なさってはいかがですか? 一通り教科書を理解した後に、研究機関に乗り込んでいかれては?
つてがないからなんて言わないでよ。実演して売り込めばいいんだし。終わったらまた引きこもればいいわけですから。新型インフルエンザで死亡することは、天才1さんもお望みではないのですよね?
ウィルスについて言及していたので、訊いてみました。
【8】このスレにパート2は、ありますか?
【9】ひょっとして、このスレは、広告代理店かなんかの一企画ですか?

817 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 15:14:16
>>816
w!結局pまいが一番重箱の最奥、突っついてるじゃんよw

818 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 15:18:54
重箱の隅を楊枝でほじくるのは止めろって、言いたいんでしょ?杓子で払ってほしいの?現代、慣用句の誤用多いよね。あ、これこそ楊枝でほじくってるね。

819 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 15:25:38
重箱の隅をつついて得意になるのは

最近このフレーズはやってるな。

820 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 15:41:46
>>817-819
わかったわかった。
おめえらも馬鹿だが、俺も超馬鹿だから安心しろ。
天才1が気になるなら、彼の化けの皮でも剥いでみたらどうなのよ?

821 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 15:54:12
天才1さんはじめまして。正直、最初は「ん?」っと眉をしかめたんですが、読み進む内に「こりゃ本物かも」と思うようになりました。
実に多くの、ワケ分からん言いがかりその他をバッサバッサと乱麻を断つように裁いていかれる様は読んでいて痛快でさえありました。
特に、仰っていることの論理的整合性も終始一貫してほぼブレる所がなく、あれだけ色々な飛躍した、的外れなレスの集中砲火を浴びながらも混乱せずに一々的確に対応しておられた点には、「天才」の片鱗を見た思いがします。
これだけで既に状況証拠たり得るのではないかとさえ思いました。



もう一人の「天才」ワロス。アンタもおもろい

822 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 16:49:05
あほやこいつ‥

823 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 16:54:18
ネタやろか‥

824 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 17:12:06
808の書き込みとか思春期にある、ある種の万能感と変わらない物やわな

自分自身がここで、彼の友人と同じ事してる事に敢えて触れて
ほしかったのかもしれへんけども

825 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 17:20:27
なんでここで808が出てくるの?天才でない俺に教えてくだちい。

826 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 17:21:49
1さんは自分のIQの高さを社会に役立てていないことへの
罪悪感に悩んでいると書いていますが
IQが高い人こそが就くべき職業、もしくは社会的役割は何だと思いますか?

827 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 17:29:43
1に質問してる奴は自称天才の意見を聞き
そこから善くも悪くも得た物を突きたいのやろけど

あまり真剣やと笑えるわ



828 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 17:35:57
808を出したのは
彼が周囲の評価(愛球の測定結果や社会的な評価等)から得た物でなく
自分で天才だと思わざるおえない一例にこれだしたのやわ

で、自分が今やってる事がこれだわ

ほら、おもしろい

829 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 17:39:00
いや、808って誰なの?808=>>1?もしかしてネタ?ごめん馬鹿で。。。

830 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 17:52:35
>>827
まあ、そう言わずに君も参加してくれよ。
俺レベルじゃ大した質問できねえから。

831 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 19:01:33
1は、将棋もしくは囲碁の棋士になることを推奨します。
IQ150以上のその脳みそを、かなり酷使できて
苦悩する暇がなくなること、請合います。

832 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 19:47:47
で?

833 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 20:44:48
以前よりは意味のあるスレになってきたようですね。
>1の主張は先に>1自身が述べたように勿体無いに尽きますね。
 では、意味があるかは疑問ですが、その解決方法を議論してみます。
解決策1)
 勿体無いと思う対象を活用する。
これは…これまでの>1の発言をみるとできませんね。
解決策2)
 勿体無いと思う対象をなくす、または価値(勿体無いと思うほどの)
がないものであるとみなす。
前者は…強引ですから、やめましょう。
後者は…少し希望が持てますね。(以下、後者が可能か検証してみます)
 ところで、知能が高いということは一般的に価値のあることでしょうか?
もちろん場合分けは必要ですが、ここでは>>1での倫理的観点と社会的観点
の2つで十分ですね。
 まずは倫理的観点。人の役に立つ力を有しながら、それを人のために
使わないことは倫理に反します。(倫理の定義から)
 ここで、「知能が高い=人の役に立つ力」が成り立つか?・・・・・
・・・うすうす感づいていましたが、結局、結論は>1の心の持ちよう次第
となりそうですね。もっとはやく気づくべきでした。ここまで読んで頂いた
方々すいません。これが結論です。


834 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 21:13:22
>>833は気がついた女性ですか、どうよ?


835 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/21(水) 21:33:57
>>806 何を天才とするかについて、最早僕の意見は述べませんが、僕に関しては概ね合っていると思います。
劣等感や物欲という物とあまり縁が無いので、そういった感情を元に行動している人が理解できない時が時々ありますね。
具体的に言うと、お金が無いのに何かを買ってしまうとか、そういう事が頭ではわかっても、まったく共感できません。

>>809 貴方の受けたテストを教えていただけませんか。
僕の知る限り日本にIQ200を超えるような人間はいなかったと思うのですが、貴方ほどになると僕相手でも情報規制により存在が知らされないのでしょうか。

>>814 多いときは20回くらいしていた時期もあるかもしれませんね。
>>30で述べていますが、こういうことを試しにやってみようという理由だけでやる人間なので、何回自慰行為できるか挑戦してみようという理由でもう全くやりたくもないのに延々続けた事もあります。
最近は3回〜7回程度でしょうか。週によってバラつきが大きいと思うので正確には言えません。
健全な20代男性と同程度はしていると思います。

>>815 天才定義論の時に既に述べていますが、貴方が仮に「ミュージシャンとして世界で一番売れたら天才。それ以外は天才ではない」という定義をするのなら、今すぐ僕はその天才ではないと認めることが出来ますよ。
便宜上天才という言葉を使っているだけで、僕自身が貴方の定義する所の天才である必要は全くありません。

836 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/21(水) 21:34:47
>>816 順番に回答します。
1:直接的にはそうではありません。ですが存在を仄めかすという形で教わった事はあります。本当は駄目らしいですけれど。
2:そういう傾向がなかったとは言い切れませんが、それよりも両親、特に母親の学歴志向から来る働きかけの方が大きかったです。
3:本当に受けたことがあるかどうかは知りません。ですがヒトラーの知能指数は幾つ程度というのは何故かよく言われています。
4:引きこもっているわけではありません。散歩もするし図書館にも行くし、自称副業をしてお金を得たりもしています。妄想するときの姿勢は特に決まっていません。
5:出来そうな気はしますが、取り立てて記憶力が良いわけではないので、無理かもしれません。知能指数は高いのですが記憶力は平均レベルより少し良い程度だと思っています。
 学校の勉強などは確かに他の人より飲み込みが早かったとは思います。一日の授業中ずっと寝ていても、最後の授業中にその日の授業科目の教科書に目を通せば授業についていけなくなるという事はありませんでした。
6:そこまで興味のある対象がないというのが問題だと思います。
7:ウイルスについて言及した記憶がないのですが、新型インフルエンザにかかったらそれはそれで仕方がないと思うので、別に何かするつもりはありません。
 もっとも自分から積極的にかかろうとは思いませんが。
8:あるかもしれません。
9:違います。

837 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 21:37:48
で?

838 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/21(水) 21:42:21
>>821 ありがとうございます。
僕にも感情がないわけではないので、途中面倒になったり眠かったりで多少おかしな回答をしている部分もあるかと思います。
ですが一貫して正直に答える事を心がけているので、その点に関しては自信をもって言えます。
もう一人の天才さんのレスは、ウィットに富んでいて、僕も楽しく読ませていただいております。
彼の方が恐らくユーモアセンスの面で見れば、天才なのでしょうね。

>>824,>>829 よく見てもらえばわかりますが、>>808はトリップではないので僕ではありませんよ。

>>826 知能を活かせる仕事(職業という意味だけではなく)だと思います。具体的にそれは何かと問われると難しいですが。

>>831 将棋もチェスも囲碁も昔少し齧った程度にやっていましたが、あれはピアノ等と同じく幼少の頃からやっていないと駄目なものだと思ったので、今では趣味としてしかやっていません。

>>833 そうですね。僕自身が「知能を持った人間が社会に貢献しないことは何の罪でもなく、それによって世の中の人々が困ろうと僕は何も悪くない」と割り切れれば何も悩む必要は無いですね。
実際僕は僕自身の感情をある程度コントロールできるので、そういう風に考える事も出来ます。
と同時に、僕はおそらく非常に正義感の強い人間なので、それをすることが僕自身のアイデンティティに関わる行為にもなってしまうと思っています。

839 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 21:45:28
>>1
三ヶ国語って、日本語とあとは何?
今やっている副業で一生暮らしていけるそうだけど
それは1ぐらいの頭脳がないと難しいの?

840 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 21:59:08
ん?

841 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 22:18:57
>1への質問です。
1.尊敬している人は誰ですか?
2.好きな本は何ですか?(できればタイトルで)
3.子供を遺したいですか?
4.神が存在すると仮定した場合、あなたにとって神はどのような
 存在ですか?(神を否定する人には無理があるか…)
5.このスレも残り150ほどになりましたが、得たもの
 は何ですか?
                以上です。

842 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 22:21:37
この板にIQ150くらいの奴とかいないのかなぁ
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sci/1108981105/337

物理板の方にも自称IQ160以上の人が登場してるんですが
1さんはこの人をどう思いますか?自分と対等に話せそうだと感じますか?

また、>>668
>現在日本に私より知能指数の高い成人の存在が確認されていない事を知ってしまっている。
と書いてありますがこの人は違うんでしょうか?

843 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 22:27:07
付けたしです。
6.自殺をしようと思ったことはありますか?
 (おそらくないと思うけど…)

844 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 22:59:27
あれ、切り込み隊長はIQ190で大前研一はIQ216じゃなかったっけ?
彼らの存在は>>1に認知されてないの?

845 :814:2005/12/21(水) 23:00:43
>>835
20/7dayってすごいですね。

僕の知り合いで20/1day(実際見てませんが)をした人がいるのですが、
これを聞いた上でやってみたい、という好奇心の感情は生まれませんか?
あと、後者の質問は別にそういう意味で言っているわけでなく、
ただ、天才に抜いた後の憂鬱感は存在するのだろうかという、単なる自分の好奇心です。
僕は天才1のことを天才だと信じています。

ところで質問ですが、天才1さんは側頭葉を意識して使うなんてできないと言いましたが、
右悩と左悩を使い分けるということはできるのですか?

846 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 23:14:11
で?

847 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 23:29:36
例えば明日死ぬと分かる、あなたは今まで才能を社会に貢献させなかったことを後悔する可能性はありますか。

848 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 23:43:50
質問して宜しいでしょうか。
頭には色々な力がありますよね(「記憶力」「判断力」「洞察力」等々ですが)、それら各力の中で、高知能保持者(ここで言う天才)は、具体的にはどの力において秀でているのですか?
また、同じ高知能保持者でもその秀でた力はそれぞれに違っていたりするのでしょうか?
例えば高知能保持者Aは主に記憶力において、Bは判断力においてそれぞれ衆に抜きん出ている、といったように。
それとも、高知能保持者が優れているのは、そうした頭の持つ個々の力においてではなく、それら全てを総括したトータル的な力、謂わば「脳力」とでも言うべきものにおいてなのでしょうか?
それとも更には、我々凡人には想像もつかない、「知性」を突き抜けた何か、例えば、一瞥をくれるや否や、あらゆる思考の経路を一散に突き抜けてそのまま物事の本質を捉まえてしまう「悟性」とでも言うべきもの、を有している点においてなのでしょうか?
天才1さんはどのように自覚しておられますか?宜しくお願いします。



もう一人の「天才」もお願いしますw

849 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 23:56:47
前から感じていたが>>1は人が良すぎる。
おそらく>>1の中には>>848に対して過去ログ読め、と言いたい気持ちが発生してるでしょう。
だが応えてあげるという優しさにはお前ら見習え。

850 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 00:11:56
自称天才は罪深いね。
己を天才と証明する努力は素晴らしい。他者と差別化して自己顕示欲を満たす。
虚栄、そう虚栄こそヒューマニズム。自分は人間的なのだ。
ただ、自分は天才故に世捨て人になるんだよ。みんなとは違うから。まぁこんな感じだろ。

851 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 00:21:01
>850
いい加減ログ読んでから書き込めボケ。

852 :816:2005/12/22(木) 01:22:23
>>836
天才1さん。回答ありがとうございました。
いろいろ失礼な質問をしてごめんね。
天才1さんは、間違いなく知能が高い人だと感じてます。
まあ、馬鹿じゃこんな応答は絶対にできませんから。
持たない者が持てる者に嫉妬を感じるのは、許してやって下さいな。
知能が低いってのは、なかなかしんどいものですからね。
理解者を探していらっしゃるようですが、哲学板では厳しいんじゃないでしょうか?
>>842の人がマジレスなら、話し相手になるかもしれませんよね。

でも、広告代理店の一企画なんじゃないかという可能性もまだちょっと持ってます。
2チャンネル発のなんたらとかってことをやろうとしているんじゃないか、と。
陰謀論好きなもんで。

853 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 01:29:46
哲学は学問の中で最も高級な学問であるという一般論からここにやってきたんでしょう。
ちなみに俺は天才1の実際の知能がどうであろうと天才1は知能がとても優れた天才だと断定するよ。
別に天才1が残した過去ログを評価したからではない。天才1が自らを天才だと断定し続けてきたからだ。

854 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 01:55:02
>別に天才1が残した過去ログを評価したからではない。天才1が自らを天才だと断定し続けてきたからだ。


哲学板って、こんな奴ばっか…

855 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 02:00:56
こんばんは天才1さん。出来る事なら僕の悩みを聞いてください。
僕はかなりのアホです。アホなので、試みてみたいモノがあっても漠然とした恐怖を前に死ぬほど躊躇してしまいます。
その正体と解決方法等をアホなりに考えてて「恐るるに足らず」となんとかかんとか結論を導き出してみても、やっぱりもう一度試みてみようという段階になって「あ!さっきの嘘!怖いモノは怖い!」と一歩踏み出せない事が、多分他人と比べて余りにも多すぎるのです。
結果、色々な意味で何処までこの現状の墜落が続くのか、それこそ想像するのも恐いです。
稚拙な文章で申し訳ないですが、どうか意志の弱いアホの僕に、勇気の元になる、または人という点でも生き物という点でも最低な今より、少しは思い通りに事を進める為の何かの元を、天才1さんの助言によって分け与えてくれませんか?

856 :853:2005/12/22(木) 02:21:59
>>854
こんな奴とはどんな奴ですか?こんな奴だからあなたはどう思うのですか?
ちなみに私は断定はしますが信じてはいません。今のところ50%くらいです。(過去ログの評価においてです。)
というか天才1はそんなことどうでもいいと言っているから天才1が天才かどうか
話していること自体下らないというところでしょうが。だが私は気になってしょうがないのです。
天才1が本当に天才であるかどうか。何故なら私は凡人だからです。

857 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 03:05:16
実は1の自演が目立ってきたと言う事実w。
隠す術も知らない程度の知能ってこった。
理解できない者どもと、これからも馴れ合っていくことだな。

858 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 03:18:28
まあいいでしょう。これらが自演でないことを天才1さんさえ分かっていれば。彼には彼に対するあなたの評価などまるで無意味にして無価値なのだから。

859 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 03:36:12




   クリスマスはセックスしろよ!☆★☆





860 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 03:55:56
で?

861 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 04:00:14
僕は室内を覗かなくても「テレビがついているか否か」が分かる
天才です。

いるでしょ?マジで。小学校の頃の友人が同じだった。

862 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 04:04:14
ナルシストにとって、他者は己を写す鏡にしか思えない節があるんだって事か。

863 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 05:31:42
>>858
乙。w

864 :晴れ時々天才:2005/12/22(木) 07:54:45
>天才1よ
何事でも、やるべきだと自分が感じるならばやれ
やるべきだと自分で感じていながらそれをやらなければ
自分で自分を嫌いになってゆくだろう
そんな奴の行き着く先には
自分が自分の中に作り出す妄想の世界ですら究極の楽園を作り出せないだろう

865 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 10:53:59
取りあえず>>1に嫉妬

866 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 11:22:28
天才の悩みは、倫理的なものでしょ。殆どのレスが、天才という言葉に当惑して、疑心暗鬼に駆られたり、僻んだりしてる。天才の悩みは、天才だけでなく誰にでも起こりうるものだから、もーちょっと真面目に考えてやれよ。

867 :天才:2005/12/22(木) 11:26:50
予の諸般の悩みを哲板の皆様に読んでいただき感謝ですし癒されます。



868 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 11:35:21
天才1よ教えてくれ。
ナポリタンは何故赤いのか?

869 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/22(木) 12:07:25
>>839 小学校入学前に、日本語と英語と中国語を喋れました。
ですが中国語は小学生の頃以来使っていないので、今では喋る事も出来ないと思います。
英語も大学受験後使う機会が減り、最近では殆ど使っていません。
今やっている副業は別に高い知能が無くても出来るような事だと思います。

>>841 1:特にいません。
2:特にありません。
3:積極的に残そうとは思いません。
4:存在すると仮定した場合、どのような神なのかも仮定する必要があると思います。
 それがギリシャ神話に出てくるような神々なのか、キリスト教に出てくるような神なのか。
 キリスト教に出てくるような信仰の対象としての全知全能の神が存在するとするならば、当然僕もその神を崇めるでしょう。
5:皆さんからの多くのレスです。

>>842 彼が本当に知能指数160以上かどうかはさておき、彼の言っている事は概ね僕の境遇と似ていると思います。
僕自身は絶対音感は持っていても絵は上手くないですし、記憶力もそんなに良くないですが。些細な会話とかはよく覚えていますね。
ネイティブな発音は出来ません。これは絵もそうですが、頭で理解しても体をその通りに動かせるかどうかは別です。

>と書いてありますがこの人は違うんでしょうか?
知能検査には色々あり、種類によって結果も変わってきますので、彼がどうだかはわかりません。
ですが少なくとも僕と同じ機関で知能検査を受けて160以上と測定された人間ではないと思います。もちろんその存在を僕が知らないだけの可能性もありますが。

870 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/22(木) 12:19:41
>>843 最近はありませんが、過去何度もあると思います。
どれも脳内で死ぬ妄想をして解決してきました。

>>844 上の>>842に対するレスをもって返答とさせていただきます。

>>845 昔一日に何回セックスできるか試した事がありますが、10回も出来なかったですね。
なので20回というその数にも挑戦する気はおきません。
僕の場合、「誰かの記録を聞いてそれに挑戦する」という概念が殆どないのです。単純に自分が何回できるのか試してみているというだけで、他人と比べる事に意義を感じないので。
セックスでは存在せず自慰行為において存在するのが憂鬱感だとしたら、特に憂鬱感は存在しません。むしろセックスの方が終わった後など面倒だと感じます。

>>847 多少は後悔すると思いますが、それよりも明日死ぬという事の方が大きくて後悔している場合ではないと考えると思います。

>>848 いわゆる知能検査で測定されるものは、主に判断力と洞察力だと思います。
記憶力に関してはそこまで重視されていません。
これは僕自身があまり記憶力に自信がないため、そう思っているのかもしれませんが。
ですがやはり本来の目的は、トータル的な脳の能力を測る事だと思うので、高知能保持者はやはり統括的に脳力が優れていると言っても良いかもしれません。
そしてスポーツテストがそうであるように、総合点は高くても幅跳びが苦手な人間や、ボールを投げるのが苦手な人間がいて当然だと思います。

優れた知能を有する人間は、貴方の言う悟性に近い物を持つ場合も多いかもしれません。
ですがこれは優れた知能を有する全ての人間が持つという事ではなく、優れた知能を有した上で更に物事の本質まで考える傾向があって初めて得られる物だと思います。

871 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 12:25:13
で?

872 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 12:29:35
言うなれば私は、私の天才的知能により誰もが持っている「内なる世界」とでも呼ぶべき世界を、常人より遥かに優れた形で構築してしまっている。
などと能天気に信じてしまえる脳が羨ましいよ(wwww

873 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/22(木) 12:34:39
>>850 違います。

>>852 別に不快に感じてませんので、謝る必要はありません。
知能の高い人間からすると、知能が高くてもそれほど良い事はないと思うのですがね。平均程度のマジョリティに属するのが一番楽に生きられると思うので。
>>842に挙げられている人とは、一度対話をしてみたいですね。彼の書いている内容に僕の境遇と似通っている部分があるので。

広告代理店の企画や何かの企画という事はありませんよ。僕が単に2chが好きで、たまたま暇だったからスレを立てただけです。

>>853 お恥ずかしい話なのですが、中学生の頃など哲学にかぶれていた時期があります。
哲学という物が恐ろしく無価値でまた恐ろしく純粋な学問であると感じていたので、あえてこの板にスレを立てました(決して哲学を貶すつもりではありません。ただしここでいう哲学に、大学でやるような哲学は含まれていませんが)。
他者が自らを天才と断定するなら、自分もとりあえず(判断基準が他に無い以上)その他者を天才と断定する。という事でしょうか。

>>854 個人的には>>853さんの書き込みは面白いと思います。

>>855 恐怖を感じるのは貴方が恐怖を感じるだけの知性を持っているからだと思います。
その上でその恐怖が、貴方に実行させない事を選択させているのでしょう。
問題は、貴方が恐怖を感じるだけの知性を有しつつも、その恐怖を乗り越えるだけの知性を持っていない点だと思います。
何故恐怖を感じるのか、自分は何が恐ろしいのか、まず恐怖の対象と何故その対象に恐怖を抱くのかを把握し、そして自らの行動がその恐怖を感じる要素を乗り越えてやる程の事なのかを考えれば、自ずと結論は出ると思います。

例えば悪者に追いかけられ崖に追い詰められた時、崖から飛び降りなければ逃げ道が無く殺されるのは必至です。目的が生き延びる事である場合、死ぬ可能性のある飛び降りるという行為は怖いですが、それでもその場に留まるより生き残る可能性が上がるのだからと考え、
「飛び降りるのは死ぬかもしれないから怖いが、その場に留まるほうが(確実に死ぬので)もっと怖い」と思えたら、飛び降りるしか無いのではないでしょうか。

874 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/22(木) 12:41:17
>>856 その通りです。僕は僕自身が誰かの定義する天才像に当て嵌まらなくともなんら困る事はありません。

>>857 これまで僕はこのスレで正直である事だけを心がけてきたので、自演も成りすましでの書き込みも一切ありません。

>>859 今の所予定はありません。

>>866 その通りです。
今までそういった主旨の発言が無いのが不思議でした。
僕は僕の高い知能を社会なり世界なり他人なり、とにかく自分以外の何かの為に活用しないという事と僕自身の正義感との折り合いのつけ方から悩みを抱いていたわけです。
これは僕だけに起こり得る問題ではなく、それなりの正義感さえあればあらゆる人間に起こり得る平凡な問題だと思います。

>>868 まずケチャップが赤と定義された色であり、そのケチャップによって色づけされた物だから赤いのだと思います。
哲学的な答え方が良くわかりませんが、こんなもんでいいですか。

875 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 12:53:11
大変よく出来ました◎


876 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 13:14:04
真にその者が天才であるかを知るのは困難であるだろう
天才とは先天的な能力が常人を凌駕している者のことであってその者の生まれた環境・教育・経験・時代などの影響を受けていない状態を知らなければ判断はできないのである

877 :868:2005/12/22(木) 13:28:36
>>874
ご存知でないようなので、分かりやすく説明して差し上げます。
「赤方偏移」という現象があるのはご存知ですか。
宇宙空間において、地球から高速に遠ざかる天体ほどドップラー効果により、
そのスペクトル線が赤色の方に遷移するという現象です。
つまり、本来のナポリタンが何色であろうとも、ナポリタンが我々から
高速で遠ざかっているとすれば、毒々しく赤く見えるはずなんです。
そして、ナポリタンの反対側に回ると青く見えるのは何故かというと
運動の逆方向から観察することで、スペクトルが青方遷移していたからというわけです。

878 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 13:38:47
pまいら 先に天才の定義しれ!
じゃ、おれの定義な↓

  「天才とは偉業を成し遂げた人」

IQとか糞のことじゃない


879 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 13:47:31
天才1が書いた絵をうpしてもらえないでしょうか?
天才1が創造した想像の世界をなんとなくでいいから見てみたいのです。

880 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 14:11:04
激フイタ!
皆さん、聞いて下さい!今、哲学板の「無知の知」ってトコ行ったら、あのもう一人の「天才」さんが、
「内なる世界〜中略〜凌駕している」
という例のフレーズをカキカキしておられました!誰も住人のいないトコで!
ったく、最近来ないと思ったら、どこで何してるんですか・・・www


881 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 15:02:15
支離滅裂。宇宙空間を高速でナポリタンが遠ざかるかよ。

882 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 15:45:06
>>881
まあまあ。抑えて抑えて。例えなんだし。
いずれにしろ専門的な用語や難しい言い回し、意味のない横文字や抽象的な表現を一方的に使って得意になってるヤシって、総じて大したコトないことが多いから。
「言葉」は思考と、その伝達のための道具なんだから、伝わってなければその人が拙いってだけのコト。

883 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 16:02:49
ナポリタン冷めちゃうんじゃないのか?

884 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 16:16:57
日清のCMでラーメンも飛んでんじゃんw
そういやちょっと赤いかもw

885 :ハルチカ:2005/12/22(木) 16:34:27
天才でもバカでも人生は楽しく生きようぜ!!
金だけは稼いで遊べよ天才ヤロー☆

886 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 16:40:02
1さんこんにちは、僕の悩みを聞いてください。
心理学レベルの話なのですが、コミュニケーションする時にその人の闇の部分というか邪悪な所を感じると
敏感に反応してしまい恐怖感に襲われる時が多々あるのですがどうしたらいいでしょうか?
思考能力が高まれば高まるほど感じやすく、また頭から離れにくくなるような気がするのですがどう思いますか?
ここでは身体的・精神的なことは一定の状態として思考だけの問題として言っています。
思考能力を鍛えようとして色々知識などを得たりいっそう脳を使うようになって顕著になってきた
気がするのですが。こういったことはあるのでしょうか?


887 :晴れ時々天才:2005/12/22(木) 17:27:54
俺は>>864が初めての書き込みなんだな
>天才1よ、そこんとこヨロシク!

888 :晴れ時々天才:2005/12/22(木) 17:29:37
どうでもいいから帰る

889 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 18:00:43
どうせ人類はそのうち滅びちゃうんだから、その天才を世のために使用しなくても、罪悪感を感じる必要はないんじゃないかと思います。
世の中の何かを変えてしまうほどのことをしたところで、変える必要があったのかなあとも思いますし。
変える速度が速くなるだけで、それに意味があるのかなあとも思いますし。
変わったら変わったで、別の場所で別の問題がまた出現するんだろうし。
いくつか新パターンを追加したところで、意味があるとも思えないし。
現実に関わったところで、現実の進行速度は妄想より遅いですもんね。
と、馬鹿も考えてしまいます。
でも、馬鹿だから徒労である作業に精を出さなければなりません。
嗚呼悲しい

890 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 18:06:12

                     ヽ       ヽ      ヽ     ヽ    ヽ   ヽ ヽ
                   /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 /  /
  __,,,,,,,,_ 波動砲!! ./ /
 ((=゚Д゚=   ____/
 (O(∇)二ロ=:(∈(二(@
 (_)_)   ̄ ̄ ̄ ̄\    ;:;ジュッ    ;:ジュッ
              ヽ \
                ヽ \
                 ヽ  \_________________________
                     /       /      /     /    /   /  /


891 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 18:20:58
>851
お前みたいな仕切りたがり屋は、ヘソ噛んでイネ

892 :天才:2005/12/22(木) 18:45:06
2chを仕切る実体と宇宙を仕切る実体とは予の共通概念によって客体化される。





893 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 18:51:26
内なる世界が現実を凌駕するならば、内なる世界で自身の問掛けに答えてもらうというのはどうだろう。
二日程かけて過去ログを読ませてもらったんだが
天才であろうがなかろうが関係無しに
仮定として天才1が申告した能力を持っていたとする場合
その仮定で一から話を進めなければ
結論は出ないと思うがね

894 :天才:2005/12/22(木) 19:13:44
内なる象徴界を凌駕する事は万人の徒労であるから、予は現実界の崇高な天才なのである。


895 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 21:13:58
>>894
北ーーーーーっ!
もう一人の天才!
禿ワロス

896 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 21:52:27
>894
俺が思うに、あんた天才だろ?

897 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 22:34:53
絶対音感があるということですが、得意な楽器と楽曲を教えてください。
あと、何をもって絶対音感があると豪語するのかも。

898 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 00:28:36
900は譲れない。いや、譲らない。

899 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/23(金) 01:12:11
>>877 知っています。というか2chをやっている人間なら知っているのではないでしょうか。
ご存じないようなので、分かりやすく説明して差し上げます。
2chでは時折面白い文章がコピペされ流行する事があるのはご存知(ry

>>878 まず偉業とは何かから定義しないといけませんね。

>>879 絵はあまり得意ではありません。思った通りに描けたことが無いので。

>>881-883 こういった内容のコピペが昔流行ったのですよ。つまりナポリタンは高速で我々から遠ざかっているのである だったかそんな内容でした。
これの改変版で女性器の話なども一時流行りました。

>>886 陳腐な言葉ですが、人は神にも悪魔にもなれるのでしょう。
誰だって心に貴方の言うような邪悪な部分を内包しているのだと思います。それに恐怖感を感じるのはわかるとしても、それに囚われて支障を来たすのは何故ですか?
貴方も同じように心に闇を持っているのなら、目の前にいるその人は貴方となんら変わりはないと思いますが。
極端な話、僕らは物凄く危険な状態で生活しているのです。話をしている目の前の人間が突然包丁を取り出して襲い掛かってくる可能性は、常に0ではないと思います。
ですがそれを恐れていては生きていけないのも事実です。危険な状態であることを認識した上で諦めるしか無いのではないでしょうか。

>>887-888 こちらこそよろしく。そしてさようなら。

900 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/23(金) 01:13:55
>>889 滅びの時が来るのを先送りする事は出来ますし、もしかしたら滅ぶという前提自体間違っているかもしれません。

>>893 既に僕自身の中での答えは出ています。罪悪感が消える事と答えが出ることとは同じでは無いので。

>>897 ピアノなどの鍵盤楽器と、ギター、オカリナ等は趣味としてですが演奏する事が出来ます。
絶対音感があると言ったのは、突然ピアノの音を単音出されてもその音が何か(調律が狂っていなければ)当てることが出来るからです。
ただし一度に鳴る音の数が増えすぎると全てを聞き分ける事が出来なくなりますので、絶対音感の中でもあまり大した物ではありません。
絶対音感は、3〜4歳位から10年程度楽器を習っていた人間なら、大抵持っていると思いますよ。周波数レベルで聞き分けられるかどうかといった程度の差はありますが。

901 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 01:16:47
>>899
おまえホントに馬鹿だなw
天才というのは結果、実績でみるのよ
いったい なに考えてんだよw

物理スレはつぶしてきたから読んどけ
        ↓

この板にIQ150くらいの奴とかいないのかなぁ
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sci/1108981105/l50

902 :普通:2005/12/23(金) 01:17:14
天才にレスを譲り、その後背に立たず。
礼を持って天才に尽くす。


903 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 01:23:41
黙ってる馬鹿は良いね。迷惑な馬鹿はイヤだね。

904 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 01:29:28
天才1さん俺を笑わせてください。いやですか?ならいいです。

905 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 01:44:41
で?

906 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/23(金) 01:51:16
>>898 ごめんなさい900を取ってしまいました。

>>901 貴方の天才の定義と僕の使用している天才の意味が違うだけですよ。
過去で言えば>>110さんが糞天を好む者が天才であり、そうでない者は天才ではないという画期的な発言をしていますが、その定義では僕が天才ではないのと同じです。
また>>134さんによれば、心理学的天才の条件というのもあるそうです。
また>>218さんによればIQ140以上は天才とターマンさんが定義しているそうです。
再三述べていますが僕は「ウェスラー式知能検査で150以上の数値を出すような人間」と長々述べるのが面倒なので便宜上天才という言葉を使用しているだけです。
(天才の辞書的な定義では、天賦の才、あるいはそれを持つ者となっていたので、妥当な言葉だと感じたので)
貴方の定義が全人類共通ではない。ただそれだけの事です。
そして僕は一度も、僕が貴方の定義によるところの天才だとは主張していませんし、するつもりもありません。
まさか哲学板なのに天才の定義に関してこんなに何度もレスをする事になるとは思いませんでした。

リンク先を見てきましたが、V3dgRWoAさんが面白いですね。スレがつぶれてるとの事ですが、別につぶれているようには見えませんでした。

>>903 馬鹿かどうかは関係なく、迷惑は人は嫌だと思います。

>>904 嫌ではないので笑わせます。
毎晩民放テレビを見てください。お笑いブームだそうなので笑えるかもしれません。それで笑えなかったらごめんなさい。

907 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/23(金) 01:54:23
>>906ですが、ウェスラー式知能検査はウェクスラー式の間違いです。
脱字です。ごめんなさい。

次スレを立てるかどうか迷いますね。
僕としては哲学家たる皆さんの書き込みに対し、僕の150以上を誇る知能指数から得られる回答が少しでも役に立てば幸いなのですが。

908 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 01:59:11
で?

909 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 02:00:17
>>906
コテハンで天才名乗っといて なに寝とぼけてんだよw
天才というのは 誰がみても偉業といえることを
成し遂げ「た」人のことをいうのよ。
IQなんか関係無いってこと。

自分がなんの実績も無いのがわかってるんならさっさ
と名前変えれ、見てるほうが恥ずいw

910 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 02:09:43
俺は天才。
これ本当の話。
IQだいたい160位だけれども天才って逆に生きづらい。

911 :ぽっくん:2005/12/23(金) 02:11:02
天才とは天から授けられた才能のことである。
授けられたものはその才能を天のために還元しなければならない。
つまり自分のためだけにその才能を使ってはならない。

by ぽっくん(1765−)

912 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 02:19:31
天才を後天的に発生させることは可能か否か?

913 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 03:16:34
社会的には罪だが、これといってやる気もない。
なら、そのままでいれば良い。
罰がある訳でもない。
社会的に罪ではなく、>1自身が罪だとするなら、その時点で償おうとすれば良いのではないかと思う
何にせよ、能力があるから使わなければならないなんて事はこの国では無い
公共の福祉を害する事が無ければ、自由が認められているからだ。


914 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 04:19:19
なんか馬鹿っぽいなあ。
知能検査で計れる知能指数は、生まれてから身に付けたものがかなり含まれているわけだが。


915 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 05:55:35
>>901>>909
おめえ、うぜえよ
実績を出すことにトラウマでもあるのか?
天才なんてネタなのに、なに真に受けてんだよ?
心に余裕もてよ

916 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 06:13:02
能力がある奴は社会に貢献しなきゃいけないっつーのは、
貧しい時代の諺に支配されてるだけな気がしますですよ。
あと、自分が能力を発揮すれば社会にプラスになる、という
非常に楽観的で前向きな進歩史観を信じてる事も微妙に阿呆だと思いますです。
原爆が開発されて人間幸せになった、或いは不幸になった、とは、誰にも一言では言い切れませんです。
世界が高度になればなるほど、革新技術はより鋭く危険になる諸刃の剣であります。
1の人が頑張ったせいで、人類の意識を破壊しかねない最終真理とか発見されたりするとマジ迷惑なんで
むしろのんびりしていて下さいと頼みたい感じがしたりしなかったり。

スイカがスイカである事を証明する時に「緑色だからスイカ」なんて言う事は無いと思うです
緑色というのはスイカ(の皮)の一要素にすぎんわけで、知能指数が高かろうが感情抑制が高度だろうが
1の人は知能テストで高得点取れる(取る事において天才)、感情抑制において天才、とか
その当たり前の事実しか証明できんです。というか、そんな事は何度も1の人が言ってますね。
別に天才である事を証明したいわけでは無い、とか、珍しい才能だから天才なんだぞって言ってるし。

さてさて、珍しい才能だから天才、とか、そういうレベルの話なら、
身長2mのサラリーマンが「俺バスケットマンになったほうが人生活躍したんじゃね?ウヘヘ」
とか、飲み会で酒の肴にする程度だと思いますん。

917 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 07:27:44
>>869:天才1
>小学校入学前に、日本語と英語と中国語を喋れました。
>ですが中国語は小学生の頃以来使っていないので、今では喋る事も出来ないと思います。
>英語も大学受験後使う機会が減り、最近では殆ど使っていません。

これ絶対嘘でしょ?
何度か語学力について質問されてたのに流してたもんね。
小学校以前に喋れたってどの程度のレベルを話せてたのよ。
子供英会話教室程度のレベル?

何気に最近は使う機会がないとか言い訳してるし。
しかもそんだけIQ高くて、英語が受験英語レベルっていうのはどうよ?
大学で英文の文献読んだり、外国人とディスカッションするレベルとかまで
語学力あるんじゃないの、普通...
知 性 を 持 て 余 し て い る く ら い な ら ば。

私の周りの凡人でも2,3ヶ国語喋れる人ざらにいるよ。

918 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 07:34:59
ニーハオ、天才です。


919 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 08:49:47
何にしろ、役に立つのはステータスじゃない。
スキルが伴わないステータスに意味なんてない。
たかが非凡な頭脳を持っているだけで天才を名乗るなんぞ、便宜上でも傲慢過ぎる。
たかが非凡な頭脳が世の中の役に立てるなんて自惚れるな。
日本で何人しかいないなんて関係あるか。
誰だって一人しかいないんだから、>1が自身を特別視するのが前提としておかしい。
天才なんて大層な単語を使っているから縛られているんじゃないのか?


920 :天才:2005/12/23(金) 09:48:57

予のステータスは十全であるのでそのメタなスキルはマルチチュードに束縛されることがない。


921 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 09:51:14
マルチチュードって何?

922 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 09:56:31
>>921
多様なる主体です。


923 :普通:2005/12/23(金) 11:05:24
>>920
ヤ〜、天才!
相変わらずイケテますな w


924 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 11:40:15
>920はレス早いな。
天才改め暇人と改名したらどうだ?

925 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 11:48:12
http://www1.nisiq.net/~lala/idol/igawa2.jpg


926 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 12:27:10
次スレ立ててください
このスレは結構みんな楽しんでますよ。

927 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 12:32:20
なんだかんだ言って天才1 ◆qt8VwpAW1cは頭いいよ。
次スレたのむ!


928 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 13:07:58
で、天才は>>917の意見に対してどう答えるの?
レスが1000行く前までにご回答宜しくお願いします。

929 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 13:44:11
有馬だけ教えて。頼む。スレ違い分かってるけど、マジでこれだけ。1000行く前にお願い。

930 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 14:33:05
俺は英語、中国語、韓国語、スペイン語、ロシア語、イタリア語、ドイツ語…
数えだしたらキリがないほどの言語を話すことが出来るよ。

931 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 14:34:55
おれも鹿児島弁とか鹿児島弁とか鹿児島弁とかいっぱい

932 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 14:41:55
で?

933 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 14:49:15
>>92
え、違うの?

934 :933:2005/12/23(金) 14:50:27
ごめん、誤爆ね

935 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 15:02:40
学歴とか具体的なことを明らかにしないのは、特定されるのを恐れてのことですか?
ちなみに、出身地はどこですか?

936 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 15:03:08
たしかに、今先進国社会は、天井が見えた状態だと思います
社会的貢献、社会的発展の先に何があるのか、それぞれの中に
結論のようなものを抱いている人も多いでしょう
1はその中で、自己満足という結論を見出したのでしょう

しかし、誰もが社会の恩恵を受けて生きているのです
ジャングルの奥地に住む原住民などでさえ、村落を形成している以上
それは社会であり、そうすることでしか生きられないのです
1は、自分が生かされて生きているという事実に気付いているでしょうか
気付いているならば、そこで何かを感じないのでしょうか
とりあえず1の理論で行くと、1の代で血は途絶えることになる

ちなみに私は絶対音感について質問したものですが、得意な楽曲を
答えてくれなかったのは何故ですか?

937 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 15:40:59
コンポーザーの俺が来ましたよ。
絶対音感より相対音感を。究極的なハーモニーは、感情の絶対化を露呈するかもしないかもだな。
音楽に限った事ではないが、自称天才も本当に超越的な奴もいる。
総てに意味を見いだし、対位法として鳴らしてしまえ。やれるもんならだが。

938 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 15:50:49
「どうして人を殺してはいけないのですか?」なる質問に、
天才1ならどう答える?

939 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 16:18:56
何か国語を話せるかどうかなんて、そんなに大きな問題ではないと思うんですがね。
テマヒマをかけて習得し、定期的にそれを使う機会さえ持ち続けていれば大概の人には出来ることなんじゃないでしょうか。
みんなコストとリターンを天秤にかけた結果、自発的にそれをしていないってだけで。
もっとも、高知能保持者はこの際のコストが少ないのでしょうから、天秤の傾き具合も凡人のそれとはまた違ったものとなって来るのでしょうが。
何れにしろ、その人がリターンを0だと見做すなら、いくらコストが僅少でも天秤はコストの方に傾くのではないでしょうか。

940 :ぽっくん ◆5m18GD4M5g :2005/12/23(金) 17:05:56
IQが高いだの何だのは秀才にすぎない。才能に秀でているだけ。
真の天才は天賦の才を神に感謝し人間社会に還元する。自然に。

941 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 17:09:29
で?

942 :ぽっくん ◆5m18GD4M5g :2005/12/23(金) 17:12:08
ゆえに1が天才ならこれから頑張って還元しろよ。

943 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 17:18:55
>>942が華麗に締めた。

944 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 17:32:51
>932

945 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 19:17:44
>942は過去ログ読め。
読んでそれなら書き込むのを止めろ。


946 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 19:27:07
論語に、孔子と隠者が論戦している件、若しくは孔子が隠者を評している件がしばしば出て来ますが、今、天才1さんはその隠者の立場に近いのではないでしょうか?
孔子は、彼等を決して全否定していたワケではなく、その人物なり才なりは寧ろ評価していた。
しかし、いや、さればこそ、それを治世に役立てようともせず、己の身一つを清く保つために隠滅し世を捨てた彼等の、そんな姿勢を潔しとしなかった。(という文意のエピソードだったと記憶していますが、間違ってたらスマソ)

孔子には「天」があった。「天」から拝命した(と彼自身思っていた)使命、目的があった。しかし隠者達にも、そして今、天才1さんにも、恐らく「天」はない。
孔子には本当に「天」が観えていたのだろうか。そしてもし、「天」が脳内のものではなく、客観的に実在するものであるなら、それは孔子が世にズバ抜けた、所謂天才であることの何よりの証となるのでしょう。
しかし、今、我々凡人には「天」の存在を証明する手だてはない。
で、ある以上、我々は判断を保留するより他なく、従って、天才1さんの(高知能保持者でありながら世に還元しようとするワケではないという)姿勢を批判することは出来ないのではないでしょうか?

947 :天才:2005/12/23(金) 19:56:05

万人、広く認めるところであるが、予のメタな才能は天授である。


948 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 20:02:06
>>947
出たーーーーーっ!あなたは天才などではない





神だ!

949 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 20:13:05
>>948は女性ですか、どうよ?


950 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 20:20:58
なぜ?

951 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 20:52:51
だれ?

952 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 20:58:06
ん?

953 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 21:06:21
で?

954 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 21:39:26
なんだぜ?

955 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 22:22:01
なにが?

956 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 00:53:10
メリクリ

957 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/24(土) 01:02:59
はいこんばんは。

>>909 ログ読んで下さい。
でも900も超えてるから読むのも面倒ですね。
>天才というのは 誰がみても偉業といえることを
>成し遂げ「た」人のことをいうのよ。
これが貴方の定義であり、そしてその定義は決して万人共通ではないという事を>>906で示唆したつもりなのですが、伝わらなかったようですね。
これまでも何度も自らの天才定義を語り、僕がそれに適していないと主張なさる方はいらっしゃいました。そして僕はそれらの方に対し、それらの方が定義する天才に僕が当て嵌まっていないのならば僕はそれらの方にとって天才ではない。それで構わないと答えてきました。

名前を変えろとの事ですが、天才1というのはこのスレで頂いた名前ですので、軽々しく変えるつもりはありません。
どうしても天才1という名前が気に入らないのならば、「知能指数が150以上の1」とでも読みかえて読んでください。

>>913 何度も言っていますが、問題は僕自身の正義感です。
社会的に罪のある行為をしているというだけで十分なのです。

>>914 それについては既に述べています。ログを読んで下さい。

>>916 それについても既に述べています。ログを読んで下さい。
>身長2mのサラリーマンが「俺バスケットマンになったほうが人生活躍したんじゃね?ウヘヘ」
>とか、飲み会で酒の肴にする程度だと思いますん。
実際程度の差こそあれ同じ話だと思いますよん。と既に言っていますよん。

958 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/24(土) 01:12:19
>>917 
>何度か語学力について質問されてたのに流してたもんね。
質問されていた記憶がないのですが具体的にどこでしょうか。

>小学校以前に喋れたってどの程度のレベルを話せてたのよ。
日常会話程度ですが、環境のせいもあり喋っていました。
現地の同年代の少年と同程度には話せていたと思います。

>何気に最近は使う機会がないとか言い訳してるし。
そもそも中学以降殆ど日本人としか会話していない上に、最近は人と会話する事すら少ないから日本語を喋る機会すらも少ないんですよ。

>しかもそんだけIQ高くて、英語が受験英語レベルっていうのはどうよ?
受験英語レベルとは言っていませんよ。大学受験後使う機会が減ったと言っているだけです。
もっとも英文学科ではなかったので、英文の文献を読むのは年に数回もありませんでしたし、外国人とディスカッションする事もありませんでしたね。
現在ネイティブレベルに話せるのは間違いなく日本語だけだと思います。
それとIQと言語能力は必ずしも比例はしませんよ。知能指数が高いと言語習得も容易になるというだけです。

>私の周りの凡人でも2,3ヶ国語喋れる人ざらにいるよ。
僕の周りにもいますね。

>>928 との事なので詳しく答えてみました。

959 :ぽっくん ◆5m18GD4M5g :2005/12/24(土) 01:15:06
ただの秀才が天才だと勘違いしちゃうのは罪。

960 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/24(土) 01:19:52
>>935 特定されるのが嫌だからです。実際知能指数150以上という時点でかなり特定されているのですが、「僕しか知りえない事」を言わなければ、本当にこのスレにいるのが僕かどうかわかりませんし。
出身地は東京です。

>>936 その通りだと思います。高い知能を持つ僕ですら他人の力を借りねば生きる事すらままなりません。
得意な楽曲を答えなかったのは、特に得意な楽曲が無いためです。

>>937 そうですね。僕も相対音感の方が価値があると思います。

>>938 どうして人を殺してはいけないと思うのですか?
まず「殺してはいけない」というのが法的にか倫理的にかといった所から話して頂かないと、質問者の意図が掴めません。
もちろん実生活ではこんな事は言わないと思いますが。

>>939 その通りだと思います。例えば僕はセックスが出来る特定の恋人を持ちながら一年間セックスをしなかった(結果それが原因で別れた)ように、あらゆる事に対して感じるリターンが少ないのだと思います。

961 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/24(土) 01:24:29
>>946 ご高説ありがとうございます。不精ながら付け加えるならば、天の存在を証明する手立てがないと同時にまた天が存在しないと証明する手立ても持たない故に、僕は苦悩するのだと思います。


ところで、再三ログを読めといった書き込みが見受けられるようになりましたが、900を超えるようなスレのログを全部読む人間などいるのでしょうか。
もしくはこのスレが立った頃からいまだにスレを読んでいる人などいるのでしょうか。
このスレも終わりに近いので、最後に僕の方から問い掛けてみたいと思います。

962 :ぽっくん ◆5m18GD4M5g :2005/12/24(土) 01:27:20
読んでないよ。そんなに暇じゃない。即時的にレスする刹那主義が2ちゃんの醍醐味だろ。
一々過ぎ去ったレスにレスつけなくていいよ。
天才ならそれくらい悟れよ。

963 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 01:48:29
       ___
      ノ      ヽ
     /(・ )  ( ・)|
    |   ( _●_)  |∩
    |    ∪∪  |ノ |
    ヽ  `-=ニ=- ' /
     ヽ  `ニニ´  /

オランウータンビーツも知らんのか?




964 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 01:49:20
スレが読めない状態にあるのでもなく、情報はここに溢れています。たかが900程度、屁でもないのでは?
それがしんどいのなら、少なくとも雰囲気を掴む程度、せめてざっと読んでから質問なりするのがマナーであり、有意義なモノにする為に必要ではないでしょうか?それさえ出来ない人が多いようで。板やスレ毎の特性と言ったモノさえ踏まえられない人も居るみたいですね。
まぁ、僕は待ち望んでるんです。天才1さんから素敵なモノを引き出したり、およそ検討違いであるのに自己満足な快刀乱麻を成して格好つけれてるつもりのボケなんかではなく、天才1さんを着実に切り崩してくれたりする人を。
似て非なるモノで流れに新たな鼓動を吹き込んでくれるのなら良いのですが、質的に既出の質問と同等、またはそれ以下の文章なんざいらね。

965 :ぽっくん ◆5m18GD4M5g :2005/12/24(土) 01:57:30
そいつはすまない。全部にレスしてください。

966 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 02:03:05
あのさ、もっかいセックスしてくる

967 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 02:35:53
僕も次スレ、立てて欲しいですね。
ココんトコで新しく参入して来られた方も結構あるようですし、古くからの住人さんもまだ居座っている(もう一人の「天才」を初めとしてw)。
何だかんだ言って、1000まで行ったってのは注目度が高いからこそだと思います。
次スレでもう一丁、次の展開と行きましょうよ

968 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 03:12:03
お願いね p

969 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 07:03:18
>957で>913が公共の福祉について言及したが、それについては?
社会的な罪というが、社会は人によって形成され、法に従い生きなければ罰がある。
その言に従って考えると、法によって保証されている自由によって、才能を行使しなくてはならない理由がなくなる。
これでは駄目かね?


970 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 08:50:03
公共の天才は福祉の達人である。


971 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 09:48:25
1は結局、自分は「IQテストの天才」だけど現実社会での実務能力は
平凡そのものだから引きこもって毎日妄想していますってことだろ?
何も悩む必要は無いじゃないか。

972 :普通:2005/12/24(土) 09:54:28
象徴界の天才は過不足なく暮らしているので悩みのないのが悩みなのだ。


973 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 10:31:42
漏れ知能指数120以上あって学生時代は河合塾の全統模試で偏差値78とったこともあったが、仕事で失敗ばかりするし、世の中のこと全然知らん落ち零れのただの馬鹿だよ
iQに比例して有能で社会の役に立つなんて根拠のない絵空事だよ
そんなのより自己の性格と教養を磨くことの方がよっぽど重要




974 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 11:22:38
東京だけで120人もいたら普通じゃん

975 :天才1 ◆qt8VwpAW1c :2005/12/24(土) 11:31:37
>>962 僕自身の2chに対する考えとしては>>964さんの考えに近いです。
板やスレで分けられているのだから、その板そのスレに合った楽しみ方があります。
刹那性が2chの醍醐味であるのは間違いないのですが、それはあくまで2chの一部分しを表しているに過ぎません(流れの早い雑談系板など)。
テンプレが出来たりスレのローカルルールが定められていくスレの存在が、情報媒体としての2chの側面を証明しています。

というわけで。
>>969 ログを読んでください。

>>971 ログを読んでください。

>>974 ログを読んでください。

976 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 11:50:10
自己の能力や生活レベルの向上を必要としていない人間が社会に貢献
できると思い込んでる時点で1が馬鹿だと確定してるじゃん。

どの様な組織においても、やる気のない人間は必要とされてないって
事を知りませんか?
だから、1が責任感の強さから社会貢献していない事を罪だと感じる
必要ないよ。
だって、1は社会に必要ないから。

977 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 12:12:58
>>976は女性ですか、どうよ?


978 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 12:25:26
今日誕生日の俺ですが>>1さんは俺のことどう思いますか?
ちなみに二十歳になりました!

979 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 12:37:26
知能指数150〜160程度の若輩者だけれど、天才定義論は哲学板のスレでもうんざりしてるから、解決してみるよ。

>>378
>pまいら 先に天才の定義しれ!
既に>>1でされているよ。貴方がしなくとも>>1でされているよ。

>じゃ、おれの定義な↓
>  「天才とは偉業を成し遂げた人」
だから貴方の定義なんてどうでもいいよ。このスレには関係ないよ。

>IQとか糞のことじゃない
貴方が>>1の定義に異を唱えるのは勝手だけれども、言葉とは意思疎通の為の物であり意味が通用すれば定義なんてなんでもいいと僕は考えるよ。

まず>>1に「このスレでは自慰行為をウンコと、排泄行為をオナニーと呼びましょう。それが唯一のルールです。あとは適当に雑談を」と書かれていたら、スレに書き込み参加する以上僕はそれに従うよ。
それがスレッド型掲示板のルールだと思うよ。

ついでに言うなら、その者が天才であるかどうかと天才であると証明されているかどうかはイコールではないよ。もちろん他者にとってその者が天才であると証明されなければ天才だとは認識できないけれども。
貴方の理論で言うなら中性子は観測される事で初めて存在が証明されるのだろうけれど、観測されなくとも中性子が存在している事には変わりないよ。
もっとも量子力学の話になると別なのかもしれないよ。
物理板だから無理やり物理っぽくしてみたけれど、文学部卒で学校教育で物理を殆ど教えられた事が無い人間の言っている事だから、間違っているかもしれないよ。


980 : つづき :2005/12/24(土) 12:41:51
>>1の内容は以下↓

1ご冗談でしょう?名無しさん05/02/21 19:18:25 ID:eHU7/bEw
天才って事ね。

981 :938:2005/12/24(土) 12:46:00
>>960
>どうして人を殺してはいけないと思うのですか?
>まず「殺してはいけない」というのが法的にか倫理的にか
>といった所から話して頂かないと、質問者の意図が
>掴めません。

「どうして人を殺してはいけないと倫理的に思ってしまうのか」という方向で改めてお願いします。
ニーズが高い問いですから。

982 ::2005/12/24(土) 12:48:14
「あなたの意見はここが矛盾してる」とチマチマした指摘ばかりする
のは凡人。

天才は、説明が困難な事柄を新たに概念化しなおして、
新しい説明体系を作り上げて、その理論と作品で人に迫るのだ。

983 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 12:59:58
>>979のレス書いたひと↓
439天才1出張 ◆qt8VwpAW1c 2005/12/24(土) 04:41:15 ID:UWM9BqkO

>>979に対してのレスは↓となってた
441ご冗談でしょう?名無しさん2005/12/24(土) 12:50:04 ID:/k/nuw1s>>439
あはははw

天才の概念を「決定」するのは2ちゃんで「スレ立てるヤツ」・・だと?
スレ立て人の言を絶対真理としてしゃべれだと?
おまい神かよw だったら宗教板行け

あいたクチがふさがらない
顔洗って出直せw


984 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 13:10:17
>>982
IQ150〜160の天才さん、天才論議こっちでやってよ
こっちスレのほうがROMってるひと多いんだからさ、ね?

985 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 13:14:46
天才の扉

986 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 14:23:43
で?

987 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 14:37:27
天才さんにききたいんだけど俺の知り合いで昔知能指数が学校のテストで
高かったから駒沢公園で今はアイソトープ研究所になってる場所で
追加テストを受けたといってるんですが真偽の程はどう思われますか?


988 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 14:59:23
>>987
ちょ、ちょっと待ったーっ!w
>>1は「天才1」さん!
「天才」さんなんて呼び掛けたら、例のお方が来ちゃうでしょ!w
あーあ、なんて言ってる間にw↓

989 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 15:59:41
1000は譲れない。いや、譲らない。

990 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 16:10:33
南無阿弥陀仏

991 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 18:09:17
南無妙法蓮華経

992 :777 ◆NtxF1/6I9. :2005/12/24(土) 18:40:12
メリー・クリスマス♪

みんな、聖なる夜を楽しんでるかい?

パーティーで盛り上がってる人もいれば、

恋人と二人しっぽり濡れてる俺見たいのもいる。

とにかくみんな思い思いの夜を楽しんでいることだろうと思う。

そんな夜にだ、

『クリスチャンでもないのに、

 この日本、この現実、このご時世、この景気で浮かれ気分になってる奴あ〜ただのアホだ!』

何て思っている人にも楽しんで貰えそうなネタを考えて来たよ。

993 :777 ◆NtxF1/6I9. :2005/12/24(土) 18:53:56
なんとキリストさんの降誕祭だとかで仏教の国には無縁だと思われていたこのクリスマスイベントが、

我が『古事記』の中にそれとは違う表象で表わされていたのだよ。

それに気付いたのはね、

七福神が表わす姿の表象を古事記の中から見つけ出したかった訳よ。

でもそれが難解で難解で、これが何回目のトライなのかも解らなくなったよ。

ヒキから卒業したお陰で、いきなり酒の付き合いが増えて身も心も乱れっぱなしでね、

またやっとやる気になったんだけど、そしたらもうすぐクリスマスだった訳なのさ。

ついでにって訳ではなかたんだけど、

たまたまそこに現れた綾姿がね、なんとメリーさんのクリスマスらしかった訳なのさ。

994 :777 ◆NtxF1/6I9. :2005/12/24(土) 19:04:50
まだ確定には至らないのだけれど、いずれはっきりすると可能性だけは確信したよ。

それから古事記の表象というのはね、

『古事記が表わす文脈の流れを図形(綾姿)にして、歴史を視覚的に眺める』ということなのね。

歴史を視覚的に見てみるとね、いがいや以外森羅も結構単純な法則で編みこまれていた訳さ。

でもね、時間がないのよね、俺にも世界にも。

著作権なんてセコイ事は言わないで、みんなで解き明かしたいのよ。森羅万象をさ。


995 :777 ◆NtxF1/6I9. :2005/12/24(土) 19:13:46
・・・ごめん

邪魔が入った・・・

これがタイミングかな・・・

もし良かったら先に入って下さいね。

http://blogs.yahoo.co.jp/sinseihai

996 :777 ◆NtxF1/6I9. :2005/12/24(土) 19:16:50
言い忘れたけど・・・

おいらは天才じゃなくて馬鹿だからね。

997 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 19:30:06
天才1は読解能力が薄い為、つまらない。
余りにも質疑応答が食い違っているのが不快。
質問を投げ掛けた住人もそうは思わないんだろうか…

998 :998:2005/12/24(土) 19:40:56
998はもらった

999 :999:2005/12/24(土) 19:41:31
999はもらった

1000 :1000:2005/12/24(土) 19:42:05
1000はもらった

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

327 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.07 2022/05/23 Walang Kapalit ★
FOX ★