5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人生最大の発見★10

370 :韋駄天はふと考えた:2006/05/10(水) 01:29:20
338 名前: 韋駄天はふと考えた 投稿日: 2006/05/10(水) 01:26:09
私は、アインシュタインの相対性理論はなるほどと感心して一時は本を買い漁っては
理解しようとしました。
ところがわざと難しくしたのか通訳がヘタなのか知らないが、相対性理論が理解しに
くいような文面なのです。

本当にアインシュタインは相対性理論を理解しているのだろうか?
理解しているのなら、もっとわかりやすく説明できるはず。
もしかして理解していないからこそ難しい文面ではぐらかしているのでは?
何か「変だな」「何か違うぞ」と違和感みたいなものを感じてからは、
アインシュタインの研究はやめました。

相対性理論でいえば、地球から見て星空はすべて宇宙です。
そして宇宙のはるか遠くの惑星から見れば、地球もまた宇宙の一部です。
つまり地球の中で起きている出来事もまた、宇宙で起きていることと全く同じことが
起きないと相対性理論は成り立ちません。

望遠鏡で星空を観察して研究するのが宇宙を知る手がかりではないのです。
地球の中にも宇宙を知る手がかりはたくさんあるのです。
地球で起きている出来事や地球の地面や海中で起きていることも観察すれば、
そこから宇宙の仕組みを知ることができるのです。

なぜなら地球内部もまた宇宙の一部なのですから。これが相対性理論のはずです。

ところがアインシュタインは地球内部で起きている出来事を全く観察しなかった。
地球の外で起きている出来事だけに関心を奪われてしまい、地球の外だけを観察して
研究すれば宇宙の仕組みが解明できるという大きな間違いを犯してしまったのです。

これがアインシュタインの失敗です。

490 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)